Researcher Database

SAGAMI, Takehito

FacultyFaculty of Education School Clinics
PositionAssociate Professor
Last Updated :2019/08/19

Researcher Profile and Settings

Profile and Settings

Name

  • Name

    SAGAMI, Takehito

Affiliations

Affiliation & Job

  • Section

    Faculty of Education
  • Job title

    Associate Professor

Education, Etc.

Education

  • 2001
  • 1996
  • 1993
  • 2001, Hyogo University of Teacher Education, Graduate School, Division of School Education
  • 1996, Fukuoka University of Education
  • 1993, Fukuoka University of Education, Faculty of Education

その他基本情報

Association Memberships

  • THE JAPAN PEER SUPPORT ASSOCIATION

Committee Memberships

  • 2011 -
  • 2009/04 - 2018/03
  • 2009 -

Academic & Professional Experience

  • 2020/04 - Today
  • 2019/04 - 2020/03, School Councelor, Matsuyama City Katsuyama Junior High School
  • 2007 - , Associate Professor, Ehime University
  • 2005 - 2007, Ehime University
  • 2003/04 - 2019/03, School Councellor, Matsuyama City Mituhama Junior Highschool
  • 2002 - 2004, Ehime University
  • 2001 - 2002, School Councellor, Tokusshima Pref Itano Town Kamiita Junior Highschool
  • 2000 - 2001
  • 2000 - 2001
  • 1999 - 2000
  • 1998 - 2000
  • 1998 - 1999
  • 1998 - 2002
  • 1996 - 1998
  • 1995 - 1998
  • 1994 - 1995
  • 1993 - 1994

Research Activities

Research Areas, Etc.

Research Areas

  • Psychology, Clinical psychology, Brief Therapy

Research Interests

  • School Councelling
  • WOWW Approach
  • Solution-Focused Brief Therapy
  • Brief Therapy
  • Clinical phychology

Book, papers, etc

Published Papers

  • ブリーフセラピーの学びをどのように臨床現場で活かしていくのか?, 相模健人, 長谷川明弘, 石丸雅貴, 増尾佐緒里, ブリーフサイコセラピー研究, ブリーフ, 2018/03, [Refereed], 1880-5132, 10.20748/jabp.26.2_35
  • The Effect of Concept Reframing, Emotion and Acceptance by Changing Mental Imagery - Three Case Studies on NLP Submodalities Change Work of Fear of Failure -, Michi NAKASHIMA SAGAMI Takehito, 2017/11
  • インターネット依存と仮想的有能感及び自己開示の深さとの関連, 中野隆之, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2016/07, 1347-3999
  • The improvement of university students' attendance attitude in the working-on-what-works approach, SAGAMI Takehito, ブリーフサイコセラピー研究, ブリーフサイコセラピー研究, 2015/10, [Refereed], 1880-5132
  • 2015/05, [Refereed], 2185-1530
  • A Study of the Deaf Identity Formation through Analyses of Life Histries, 長尾 知之, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2015, 1347-3999
  • WOWWアプローチにおいて大学院生のコーチ体験がカウンセリング技法習得に及ぼす影響, 相模健人, ブリーフサイコセラピー研究, ブリーフサイコセラピー研究, 2014/12, [Refereed], 1880-5132
  • Research on acquisition of the counseling technique in faculty education : On a basis student's comment, 相模 健人, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2014/10, 13497243
  • スクールカウンセリングにおいて不登校生徒を抱える保護者にソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーを用いた二事例, 相模健人, 教育保健研究, 2014/06, [Refereed], 1342-002X
  • A relationship between superfluous consideration and cognition of false self-expression of "the self" and "friends" and self-esteem among high school pupils, 芳野 未沙, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2014, 1347-3999
  • Bullying correspondence which a school teacher performs : Based on interview, 小黒 桃愛, 鷹見 霞, 相模 健人, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2013/10, 13497243
  • 初マラソンにおける市民ランナーの競技不安とその対処に関する研究~TEM図を用いて~, 宮崎寛子, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2013/07, 1347-3999
  • Study for adolescence's loneliness and internet communication, 篠田 知美, 相模 健人, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2012/10, 13497243
  • 登園拒否児童とその母親にSolution‐Focused Brief Therapyを用いた一事例:解決像とゴールの設定および親子同席面接を中心に, 相模健人, ブリーフサイコセラピー研究, ブリーフサイコセラピー研究, 2012/10, [Refereed], 1880-5132
  • Investigation of the relationship between the collective efficacy and school adjustment for junior high school student's club activities, 小林 祐介, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2012, 1347-3999
  • An effect of WOWW approach practice in a university class : Based on students' score of class understanding, ISHIMARU Masaki, SAGAMI Takehito, Japanese journal of brief psychotherapy, ブリーフサイコセラピー研究, 2011/10, [Refereed], 18805132
  • Benefits and Challenges of ICT Educational Counseling : The Assessment on the Based of Students' Feedbacks, 相模 健人, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2011/10, 13497243
  • 2011/08, [Invited], 0385826X
  • Training counseling method to graduate school students of education by the setting of ICT educational counseling, 長尾 秀夫, 相模 健人, 苅田 知則, 山口 充, 大学教育実践ジャーナル, 大学教育実践ジャーナル, 2011/03, [Refereed]
  • 2010, [Refereed]
  • The effect of solution-focused approach in carrier counseling by using e-mail: qualitative analysis by KJ-method, 石丸 雅貴, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2010, 13473999
  • 臨床心理面接技法習得にチームアプローチを用いた学習効果に関する研究 −KJ法を用いて, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2010/10, 13497243
  • 教育学部における学校カウンセリング分野教育に関する研究 −カウンセリングマインドを持つ教員及びスク−ルカウンセラー養成のための教育システムの開発−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要 第56 巻, 愛媛大学教育学部紀要, 2009/10, 13497243
  • 大学授業におけるWOWW アプローチ実践の試み −学生の感想をもとに−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要 第56 巻, 愛媛大学教育学部紀要, 2009/10, 13497243
  • 大学生のアパシー傾向と親の養育態度との関連についての研究, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2008/10, 13497243
  • A study about the transformation of the sense of fulfilment by composition and the feedback using e-mail, 西藤 佳奈, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2008, 13473999
  • スケーリング・クエスチョンを用いた授業研究 その1 −授業評価の観点の検討−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2007/10, 13497243
  • A parctical study of improving the teaching method (part 2) A qualitative analysis of students' statements with lecture's assessment by using the KJ method, 相模 健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2007, 13473999
  • The study of developing an educational strategy focusing on concrete counseling techniques in faculty of education : hope and vision for establishing a new field on the basis of the results of my previous researches, 相模 健人, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2006/10, 13497243
  • 被虐待経験,いじめを受けた経験が青年期後期の自己肯定意識に及ぼす影響に関する研究, 中村真実, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006/07, 1347-3999
  • 介護職員の高齢者とのコミュニケーションによる職業意識の変化に関する研究, 西山香織, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006/07, 1347-3999
  • 2006, 13473999
  • 2006, 13473999
  • 学校システムと連携しながらウノを用いてかかわった相談室登校児童の事例, TAKEHITO SAGAMI, 日本家族心理学会家族心理学研究, 家族心理学研究, 2005/05, [Refereed], 0915-0625
  • 学生の意見、アイデアを取り入れた授業方法の改善に関する研究 その5 −解決志向アプローチの質問方法を用いて−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2005/10, 13497243
  • 解決志向アプローチのための事例データベース作成の試み, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2005/10, 13497243
  • 大学生における自己開示傾向とハーディネス性格特性の関連についての研究, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2005/10, 13497243
  • 2005
  • A study of an improvement in the teaching methods. Fouth report : Utilizing Solution-Focused-Therapy for obtaining the student's opinion and their ideas, Sagami Takehito, Watanabe Kou, Bulletin of the Faculty of Education Ehime University, 愛媛大学教育学部紀要, 2004/10, 03898539
  • 反社会行動を繰り返す青年期アスペルガー障害者の心理アセスメントに関する事例報告, 山内加奈子, 加藤匡宏, 相模健人, 佐藤公代, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004/07, 1347-3999
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の生活の質(QOL)の向上に関する研究, 松井いづみ, 相模健人, 加藤匡宏, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004/07, 1347-3999
  • The therapeutic effect of Sensory integration training on a child with Asperger syndrome, Ikeda Ayumi, Kato Tadahiro, Sagami Takehito, Bulletin of the Faculty of Education, Ehime University. Section I, Educational sciences, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2004/02, 03898539
  • The therapeutic effect of Sensory integration training on a child with high functional autism, Ikeda Ayumi, Kato Tadahiro, Sagami Takehito, Bulletin of the Faculty of Education, Ehime University. Section I, Educational sciences, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2004/02, 03898539
  • 2004, 13473999
  • スクールカウンセラーの学校システムへのジョイニングの実際―自らの体験を振り返って−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2004/10, 03898539
  • 学生の意見、アイデアを取り入れた授業方法の改善に関する研究 その3 −解決志向セラピーの質問方法を用いて−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要第?部 教育科学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2004/02, 03898539
  • 暴力行為を起こす児童に対してスクールカウンセラーが学校システムと連携した一事例 その1―1年時学級担任とその指導教諭との面接―, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003/06, 1347-3999
  • 暴力行為を起こす児童に対してスクールカウンセラーが学校システムと連携した一事例 その2―両親と2年時学級担任との面接―, 相模健人, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003/06, 1347-3999
  • 神経難病患者の在宅医療・福祉サービスと患者の生活の質に関する研究 第1報 神経難病患者の生活実態調査, 加藤匡宏, 向井陽子, 相模健人, 秋山智, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003/06, 1347-3999
  • 神経難病患者の在宅医療・福祉サービスと患者の生活の質に関する研究 第2報 神経難病患者の介護と臨床心理士の役割, 向井陽子, 加藤匡宏, 相模健人, 秋山智, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003/06, 1347-3999
  • 2003/02, [Refereed]
  • A Study of Mother Image in A Student with School Refusals : By Means of Interview and Psychological Assessment, Matsuo Miya, Sagami Takehito, Journal of Naruto School Guidance and Counseling, 鳴門生徒指導研究, 2003, 09175180
  • 小学校での担任教師からみた「気がかりな子」に対する対応についての研究 ― インタビュー手法を中心に ―, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要第?部 教育科学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2003/09, 03898539
  • 学生の意見、アイデアを取り入れた授業方法の改善に関する研究 その2 −解決志向セラピーの質問方法を用いて−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要第?部 教育科学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2003/09, 03898539
  • 学生の意見、アイデアを取り入れた授業方法の改善に関する研究 その1−解決志向アプローチの質問方法を用いて−, TAKEHITO SAGAMI, 愛媛大学教育学部紀要第?部 教育科学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 2003/02, 03898539
  • 小学生の「家族イメージ」に関する研究, 新藤克己, 田中雄三, 相模健人, 精神神経学雑誌, 2001/04, [Refereed], 0033-2658
  • The Movement of the Systems Approach Based on the Literature Study, Sagami Takehito, Tanaka Yuzo, Journal of Naruto School Guidance and Counseling, 鳴門生徒指導研究, 2001, 09175180
  • 2001, 13434403
  • 2001, [Refereed]
  • スクールカウンセラー導入と教師のストレス度, 島原一恵, 相模健人, 田中雄三, 精神神経学雑誌, 2000/08, [Refereed], 0033-2658
  • スクールカウンセリングにおいて解決志向アプローチを用いた1事例, 相模健人, 田中雄三, 精神神経学雑誌, 2000/08, [Refereed], 0033-2658
  • A Case Study of the Psychotherapeutic Technique,"the Insect Extermination"to a Maladjusted Child in a School Counseling Setting, Sagami Takehito, Tanaka Yuzo, Journal of Naruto School Guidance and Counseling, 鳴門生徒指導研究, 2000, 09175180
  • スクールカウンセリングにおいて解決志向アプローチを用いた2事例, TAKEHITO SAGAMI, 九州神経精神医学, 2000/12, [Refereed], 0023-6144
  • スクールカウンセリングにおけるコラボレーション面接記録法の作成, TAKEHITO SAGAMI, 家族心理学研究, 家族心理学研究, 2000/11, [Refereed], 09150625
  • A Case Study of School Refusal Child using Family Therapy Approach focused on Parents' Relationship, Sagami Taketo, Journal of Naruto School Guidance and Counseling, 鳴門生徒指導研究, 1999, 09175180
  • 不登校児童に対する家族・学校・専門機関のシステミックな連携に関する一事例, TAKEHITO SAGAMI, 福岡教育大学附属教育実践研究指導センター教育実践研究, 教育実践研究, 1998/03
  • 1997/05, [Refereed], 09150625
  • 1997
  • 1996
  • 1996, [Refereed]

Books etc

  • 2017/08
  • 2008
  • 2004
  • 2006
  • 2008

Conference Activities & Talks

  • 2018/10
  • 2018/09
  • 2018/08
  • 2018/07
  • NLPのメンタルイメージと知覚位置を用いた,失敗恐怖軽減と自己受容の改善研究, 中嶋美知, 相模健人, 日本ブリーフサイコセラピー学会大会, 2018/07
  • 2017/11
  • 2017/11
  • 2017/11
  • 2017/07, 招待有り
  • 2017/07, 招待有り
  • 2017/07
  • 2017/07
  • 2017/07
  • 2016/09
  • 2016/09
  • 2016/07
  • 2016/07
  • 2015/09
  • 2015/09
  • 2015/09
  • 2015/09
  • 2015/09
  • 2015/09
  • 2015/07
  • 2014/08
  • 2014/08
  • 老年期夫婦にソリューション・フォーカスド・ブリーフセラピーを用いた一事例, 相模健人, 黒沢幸子, 日本ブリーフサイコセラピー学会大会, 2014/08
  • 2014/08
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 児童自立支援施設における処遇職員と心理職との連携に関する研究 心理職の導入を中心に, 川本 浩史, 相模 健人, 犯罪心理学研究, 2012/03
  • 2012
  • 2012
  • 2012
  • 2012
  • 2012
  • 2012
  • 親子関係および学校適応感が非行許容性へ及ぼす影響について 不信感を媒介として, 築地 史奈, 相模 健人, 犯罪心理学研究, 2011/03
  • 児童自立支援施設における非行児童に対する「育て直し」過程に関する研究, 渡部 隆, 相模 健人, 犯罪心理学研究, 2011/03
  • 2011
  • 2011
  • 2011
  • 2011
  • 2011
  • 2011
  • 2010
  • 2010
  • 2010
  • 2010
  • 2010
  • 大学教育におけるWOWWアプローチ, 石丸雅貴, ソリューションランド, 2010, 口頭発表
  • 2010
  • 2010
  • 2009
  • 2009
  • 2009
  • 2008
  • 2008
  • 2008
  • 2007
  • 2007
  • 摂食障害傾向と家族イメージとの関連についての研究, 中上真由美, 日本家族心理学会第24回大会, 2007, 発表15分質疑応答5分、2007年6月17日、立正大学。
  • 2007
  • 2006
  • 2006
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2004
  • 2004
  • 2004
  • 2004
  • 2003
  • 2003
  • 2002
  • 2002
  • 2000
  • 2000
  • 2000
  • 1999
  • 1999
  • 1999
  • 1998
  • 1998
  • 1997
  • 1997
  • 1996
  • 1995

Misc

  • 性非行少年に対する治療教育プログラムに関する一考察―児童福祉施設における実践から―, 笹山さやか, 相模健人, 犯罪心理学研究, 日本犯罪心理学会, 51, 特別号, 4, 5, 2014/03, 0017-7547, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402246971206641
  • An effect of team approach for the purpose of acquiring Solution Focused Therapy -Analysis of KJ method, 57, 33, 43, 2010
  • Web based Coaching of students from Ehime University engaged in volunteer activities with schoolchildren who do not attend classes but spend all day in the sickbay ("school sickbay attendee" - SSA) Using the scaling question as part of Solution-Focused・・・, The Japanese Association for the Study of Guidance and CouncelingThe Japanese Journal of the Study of Guidance and Counceling, 9, 89, 97, 2010, Web based Coaching of students from Ehime University engaged in volunteer activities with schoolchildren who do not attend classes but spend all day in the sickbay ("school sickbay attendee" - SSA) Using the scaling question as part of Solution-Focused Approach

愛媛大学教員活動実績

プロフィール(A)

免許資格(A09)

  • 2019, 2, 公認心理師

教育活動(B)

論文指導(B07)

  • 2016, 6, 6
  • 2017, 6, 6
  • 2018, 8, 7

論文審査(B10)

  • 2016年, 3
  • 2017年, 3
  • 2018年, 6

学外非常勤(B11)

  • 2019年
  • 2018年, 放送大学
  • 2018年, 人間環境大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.