研究者総覧

西 耕生 (ニシ コウセイ)

  • 法文学部 人文社会学科(人文学) 教授
Last Updated :2020/09/16

研究者情報

学位

  • 文学修士(大阪市立大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 国語国文学   かなふみ   平安文学の受容   Literary History   Japanese poetry(WAKA)   Japanese Literature   

研究分野

  • 人文・社会 / 日本文学

研究活動情報

論文

  • 古語「なにとなく」再考―不特定から悉皆・普遍におよぶ副用語―
    愛文 55 1 - 21 2020年03月 [査読有り]
  • 「ものゆかしがり」する心―狭衣の設定・異文・引歌にかんする覚書―
    西 耕生
    愛媛大学法文学部論集 人文学編 48 1 - 31 2020年02月 研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 関屋の結構―源氏物語における〝かなふみ〟の形相―
    西 耕生
    文学史研究 59 1 - 17 2019年03月 [査読有り]
  • 「山ふみ」と「山めぐり」―古典文学と山林修行―
    西 耕生
    四国遍路と世界の巡礼 4 29 - 38 2019年03月 [招待有り]
  • 「ゆくとくと」と「ゆくゆくと」―源氏物語関屋巻作中歌私注―
    西 耕生
    愛媛国文研究 68 1 - 20 2018年12月
  • 「繭こもり」と「うたた寝」のあいだ―源氏物語常夏巻の引歌とその展相―
    西 耕生
    愛文 53 1 - 12 2018年03月 [査読有り]
  • 「繭こもり」の「花園」―源氏物語常夏巻における父と娘と引歌と―
    西 耕生
    福井大学言語文化学会『国語国文学』 57 1 - 14 2018年03月 [査読有り]
  • 「みてこそかたよりに」異見―源氏物語胡蝶巻末本文復原私按―
    西 耕生
    愛文 51・52合併号 1 - 16 2017年03月 [査読有り]
  • 「かのいさよひ」の「秋のこと」(下)―「有明」の意匠と葵の位相―
    西 耕生
    文学史研究 57 33 - 52 2017年03月 [査読有り]
  • 「かのいさよひ」の「秋のこと」(上)―「有明」の意匠と葵の位相―
    西 耕生
    文学史研究 56 93 - 106 2016年03月 [査読有り]
  • 「うきつこつみ」―『西行聞書』私注抄―
    西 耕生
    愛媛国文研究 63 17 - 23 2013年12月 [招待有り]
  • 「くれなゐの末摘花」の心―蓬生の女君の形象について―
    西 耕生
    伏見稲荷大社『朱』 55 123 - 143 2011年12月 [招待有り]
  • 「物忘れ」せぬ主人公―源氏物語末摘花巻頭をめぐって―
    西 耕生
    愛媛国文研究 60 58 - 69 2010年12月 [招待有り]
  • 「あさか山難波津」の沓冠歌をみちびく序―曾禰好忠集本文復原私按―
    西 耕生
    文学史研究 50 1 - 22 2010年03月 [査読有り]
  • 「世界を未知化する」文学―その言語と文学史および文学研究にかんする覚書―
    西 耕生
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 27 45 - 74 2009年09月
  • 「くろがねの秋の風鈴」考―蛇笏と古典―
    西 耕生
    愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 人文学科編 25 105 - 139 2008年09月
  • 「いもうと、せうとといふ」契り―清少納言が描こうとした則光との関係
    西 耕生
    國文學 解釈と教材の研究 52 6 96 - 101 2007年06月 [招待有り]
  • 「頭中将の常夏」と伊勢物語二十一段―「いづこをはかりとか我も尋ねむ」私注―
    西 耕生
    文学史研究 47 84 - 98 2007年03月 [査読有り]
  • 「花のかげ」覚書―夕顔若紫両巻の連続性と躬恒の引歌―
    西 耕生
    愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 人文学科編 22 51 - 75 2007年03月
  • 古典に潜在する現在性(アクチュアリティ)―附、言語文化教材としての『伊勢物語』私見―
    西 耕生
    愛媛国文研究 56 64 - 78 2006年12月 [招待有り]
  • 「ことばかすかにして」覚書―古今集仮名序における喜撰評―
    西 耕生
    文学史研究 46 49 - 68 2006年03月 [査読有り]
  • 夕顔と若紫の巻序―惟光の形象と少納言の乳母―
    西 耕生
    愛文 41 13 - 30 2006年03月 [査読有り]
  • 「尼君」をとりまく人びと―夕顔の発端と「海人」の縁語―
    西 耕生
    福井大学言語文化学会『国語国文学』 45 1 - 12 2006年03月 [査読有り]
  • 古代語としての「へち」―「宇治」と「憂し」の掛詞をめぐって―
    西 耕生
    愛文 40 1 - 7 2005年03月 [査読有り]
  • 平安文学語彙にみる「辺路」の位相―附、四国遍路初見文書の再検討―
    西 耕生
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 18 61 - 94 2005年02月

書籍

  • 愛媛大学四国遍路・世界の巡礼研究センター (担当:分担執筆, 範囲:第2講 四国遍路と古典文学)
    筑摩書房 2020年04月 ISBN: 9784480073099 281p 29-47
  • 『歴史と文学の資料を読む』
    創風社出版 2008年
  • 『四国遍路と世界の巡礼』
    (担当:分担執筆, 範囲:「四国遍路」溯源―古語と地名解釈)
    法藏館 2007年05月
  • 四国遍路と世界の巡礼-人的移動・交流とその社会史的アプローチ-平成14年~16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2)研究成果報告書
    (内田九州男) 2005年
  • 『論集 源氏物語とその前後 3』
    西 耕生 (担当:分担執筆, 範囲:もうひとつの藤袴巻―『このついで』の主題―)
    新典社 1992年05月

講演・口頭発表等

  • 中世歌学秘伝書をよむ(其五)―和哥六義之事―  [招待講演]
    西 耕生
    2019年度 庚申庵 地域文化講座 2019年07月
  • 河野美術館名品展―古典の世界、芸能の世界―  [招待講演]
    西 耕生, 神楽岡幼子
    今治市河野美術館 開館五十周年記念 第12回文化講演会 2018年12月
  • 中世歌学秘伝書をよむ(其四)―伊勢作の伝承歌をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    2018年度 庚申庵 地域文化講座 2018年10月
  • 源氏物語の「繭こもり」―常夏巻における父と娘と引歌と―  [招待講演]
    西 耕生
    平成29年度秋季大会 福井大学言語文化学会 2017年12月
  • 中世歌学秘伝書をよむ(其三)―「志賀寺の根本」伝承をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    平成29年度 庚申庵 地域文化講座 2017年11月
  • かなふみのからくり―伊勢物語「狩の使」の段をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    2017年度 大阪市立大学国語国文学会 総会 2017年07月
  • 「カタワレ時」と「たそかれ時」のあいだ ―『君の名は。』にみる古典モチーフ―  [招待講演]
    西 耕生
    愛媛県高等学校教育研究会 図書部会 総会 2017年05月
  • 中世歌学秘伝書をよむ(其二)―若紫に惹かれる光源氏の歌―  [招待講演]
    西 耕生
    平成28年度 庚申庵 地域文化講座 2016年07月
  • 中世歌学秘伝書をよむ―「秋の夕暮」をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    平成27年度 庚申庵 地域文化講座 2015年11月
  • 『西行聞書』を読む―歌語「すがる」をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    平成26年度 庚申庵 地域文化講座 2014年06月
  • 海幸山幸説話と和歌―日本紀の受容について―  [招待講演]
    西 耕生
    平成25年度 庚申庵 地域文化講座 2014年02月
  • 「物忘れ」せぬ主人公―源氏物語末摘花巻頭をめぐって―  [招待講演]
    西 耕生
    愛媛県高等学校教育研究会 国語部会『愛媛国文研究』第60号記念号・夏季特別教材研究会 2010年08月
  • 『源氏物語』へのいざない―今治市河野美術館館蔵品による―  [招待講演]
    西 耕生
    今治市河野美術館 開館四十周年記念 企画展示・第4回文化講演会 2008年08月
  • 古典に潜在する現在性―附、言語文化教材としての『伊勢物語』私見―  [招待講演]
    西 耕生
    愛媛県高等学校教育研究会 国語部会『愛媛国文研究』第56号特別研究会 2006年08月
  • 夕顔の物語と伊勢物語二十一段  [招待講演]
    西 耕生
    愛媛県高等学校教育研究会 図書部会 総会 2006年05月
  • 源氏物語を読む「心ばへ」―古典文学のおもしろさ―  [招待講演]
    西 耕生
    福井大学言語文化学会 公開講演 2004年10月

作品等

  • 四国遍路と世界の巡礼、その歴史的諸相の解明と国際比較
    2007年
  • 四国遍路と世界の巡礼
    2002年 -2004年

MISC

  • 狭衣大将の高野粉河詣(その往路)—伝慈鎮筆本『狭衣』をめぐって—
    西 耕生 へんろ〔伊予鉄不動産株式会社「へんろ」編集部〕 (432) 5 -5 2020年03月 [招待有り]
  • 「かなふみ」をめぐる覚書―漢字仮名交じり文のかなた―
    西 耕生 平成29年度 愛媛大学法文学部人文学講座研究推進経費 事業成果報告書《共同研究プロジェクト》愛媛の文学芸能に関する文化誌研究―地域資料からみた〈混淆〉― 3 -8 2018年03月
  • 「まなび」と「山踏み」―ヘチをめぐる文学語誌―〔四国遍路と世界の巡礼~愛大研究センター通信~⑧〕
    西 耕生 へんろ〔伊予鉄不動産株式会社「へんろ」編集部〕 (406) 5 -5 2018年01月 [招待有り]
  • 「しか寺の根本」伝承に関する覚書―西行聞書の歌注を緒として―
    西 耕生 平成28年度 愛媛大学法文学部 人文学講座研究推進経費 事業成果《共同研究プロジェクト報告書》愛媛の文学芸能に関する文化誌研究―地域の言語文化資源の位相と展開― 3 -6 2017年03月
  • 『西行聞書』歌注本文対観―はしがき―
    西 耕生 平成27年度 愛媛大学法文学部人文系担当学部長裁量経費 研究報告書(事業成果)《共同研究プロジェクト》愛媛の文学芸能に関する基礎的研究―文化の展相と翻訳の位相― 3 -5 2016年03月
  • 『西行聞書』歌注本文対観(下)
    西 耕生 愛媛大学法文学部論集 人文学科編 (40) 1 -36 2016年02月
  • 『西行聞書』歌注本文対観(上)
    西 耕生 愛媛大学法文学部論集 人文学科編 (39) 21 -64 2015年09月
  • 『西行聞書』にみえる源氏物語の作中歌―中世歌学における古典受容の一様相―
    西 耕生 平成26年度 愛媛大学法文学部人文系担当学部長裁量経費 研究報告書(事業成果)《共同研究プロジェクト》愛媛の文学芸能に関する基礎的研究―文化の連続と言語の非対称性― 3 -7 2015年03月
  • 「うきつこつみ」―今治市河野美術館蔵「西行聞書」私注抄―
    西 耕生 平成25年度 愛媛大学法文学部人文系担当学部長裁量経費 研究成果報告書《共同研究プロジェクト》愛媛における文学芸能に関する萌芽的研究―地域の人文学資源の伝播と転成― 3 -7 2014年03月
  • 今治市河野美術館蔵「西行聞書」所引和歌覚書―『狭衣』作中歌の異文について―
    西 耕生 平成24年度 愛媛大学法文学部人文系担当学部長裁量経費 研究成果報告書《共同研究プロジェクト》愛媛における文学芸能に関する萌芽的研究―地域の人文学的資源の創出と伝播― 3 -7 2013年03月
  • Language of "Exformation" : Literature which Metamorphoses Our Worlds into the Unknown
    THE FACULTY OF LAW AND LETTERS, EHIME UNIVERSITY, MATSUYAMA, JAPANTHE BULLETIN OF THE FACULTY OF LAW AND LETTERS. HUMANITIES (27) 45 -74 2009年
  • A Study on "An Iron Wind Bell in Autumn" : An Attempt at Interpretation of Dakotsu IIDA's Haiku
    THE FACULTY OF LAW AND LETTERS, EHIME UNIVERSITY, MATSUYAMA, JAPANTHE BULLETIN OF THE FACULTY OF LAW AND LETTERS. HUMANITIES (25) 105 -139 2008年
  • The Shade of Beautiful Cherry Blossoms : An Essay on the Sequence Between "YUGAO" Chapter and "WAKAMURASAKI" Chapter in the Tale of Genji
    THE FACULTY OF LAW AND LETTERS, EHIME UNIVERSITY, MATSUYAMA, JAPANTHE BULLETIN OF THE FACULTY OF LAW AND LETTERS. HUMANITIES (22) 51 -75 2007年
  • 葉月物語絵巻詞書注釈稿(中)
    西 耕生 愛媛大学法文学部論集 人文学科編 (12) 149 -163 2002年02月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 四国遍路と世界の巡礼
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2002年
  • 日本古典文学における〝かなふみ〟の展相
  • Study on Japanese Literature in the Heian Period

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーA
  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーB
  • 2019, 前期, 学部, 教育実習事前・事後指導
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学概論Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学概論
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学概論Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 日本文学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 修士, 日本古典文学論課題研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.