研究者データベース

堀 利栄ホリ リエ

所属部署名大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名教授
Last Updated :2019/07/24

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    堀 利栄
  • 氏名(カナ)

    ホリ リエ

基本情報

  • プロフィール

    愛媛大学の堀です。堀は仕事名です。専門は、地質学、微化石・層序学で中生代を主に研究しています。
  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=148623
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学位

  • 理学博士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本地質学会
  • 日本古生物学会
  • ニュージーランド地質学会
  • ニュージーランド王立協会
  • International Association of Radiolarian Palaeontologists

委員歴

  • 2018年 - 現在, 日本地質学会, 代議員
  • 2016年 - 現在, 日本惑星科学連合, ダイバーシティ推進委員会
  • 2005年, 日本地質学会, 代議員, 日本地質学会
  • 2007年, 日本地質学会, 男女共同参画委員会委員長, 日本地質学会
  • 2007年 -2009年, 日本地質学会, 評議員, 日本地質学会
  • 2005年
  • 2007年
  • 2007年

経歴

  • 2018年04月 - 現在, 愛媛大学(学長特別補佐)
  • 2017年04月 - 現在, 愛媛大学評議員
  • 2018年12月 - 2018年12月, リール大学(フランス)(Invited Research speaker)
  • 2011年04月 - 2011年10月,  ルンド大学(スウェーデン)(客員教授)
  • 2007年 - 2014年10月, - 愛媛大学大学院理工学研究科(准教授)
  • 2005年 - 2007年,  愛媛大学大学院理工学研究科(助教授)
  • 1994年 - 1997年,  東雲短期大学(非常勤講師)
  • 1994年 - 2005年,  愛媛大学理学部地球科学教室(助手)
  • 1996年 - 1996年, 文部省(研究開発動向調査研究員)
  • 1992年 - 1994年,  愛媛大学教養部(非常勤講師)
  • 1990年 - 1991年,  通産省工業技術院地質調査所地質部
  • 1990年 - 1992年,  日本学術振興会(特別研究員)
  • 2007年 -
  • 2005年 - 2007年
  • 1994年 - 1997年
  • 1994年 - 2005年
  • 1992年 - 1994年
  • 1990年 - 1991年
  • 1990年 - 1992年

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 地球惑星科学, 地質学, 付加体地質
  • 地球惑星科学, 層位・古生物学, 微化石・層序学

研究キーワード

  • 地質学
  • 層位・古生物学

著書・発表論文等

論文

  • Elemental composition and ultrafine structure of the skeleton in shellbearing protists—A case study of phaeodarians and radiolarians, Yasuhide NAKAMURA,, Izumi IWATA, Rie S. HORI, Naomi UCHIYAMA, Akihiro TUJI, Masaki J. FIJITA, Daiske HONDA, Hiroaki OHFUJI, Journal of Structural Biology, 204, 1, 45, 51, 2018年10月, 1047-8477, 10.1016/j.jsb.2018.06.008
  • Carbon cycle dynamics linked with Karoo-Ferrar volcanism and astronomical cycles during Pliensbachian-Toarcian (Early Jurassic), Ikeda Masayuki, Hori Rie S., Ikehara Minoru, Miyashita Ren, Chino Masashi, Yamada Kazuyoshi, GLOBAL AND PLANETARY CHANGE, 170, 163, 171, 2018年11月, 0921-8181, 10.1016/j.gloplacha.2018.08.012
  • Gazelletta kashiwaensis sp. nov. (Medusettidae, Phaeodaria, Cercozoa), Its Morphology, Phylogeny, Distribution and Feeding Behavior, Yasuhide NAKAMURA, Rei SOMIYA, Masaru KANDA, Atsushi YAMAGUCHI, Akihiro TUJI and Rie S. HORI , Journal of Eukaryotic Microbiology, 65, 6, 923, 927, 2018年11月, 1066-5234, 10.1111/jeu.12516
  • Triassic and Jurassic radiolarian response to global catastrophic events in the Panthalassa Ocean, as recorded in the Mino Belt, central Japan, 尾上 哲治・堀 利栄・小嶋 智, Sci. Rep., Niigata Univ. (Geology), 32, 29, 69, 2017年
  • Magnetic properties of iron minerals produced by natural iron-and manganese-reducing groundwater bacteria, Abrajevitch, A., Kondratyeva, L. M., Golubeva, E. M., Kodama, K., and Hori, R. S., Geophysical Journal International, 206, 2, 1340, 1351, 2016年08月, 0956-540X, 10.1093/gji/ggw221
  • Volcanism and deep-ocean acidification across the end-Triassic extinction event, Masayuki Ikeda, Rie S. Hori, Yuki Okada, Ryoichi Nakada, Ryoichi Nakada, Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 440, 725, 733, 2015年12月, 00310182, 10.1016/j.palaeo.2015.09.046
  • New high latitude Capnuchosphaera species (Triassic Radiolaria) from Waipapa Terrane, New Zealand, Rie S. Hori, Koji Takayama, Jack A. Grant-Mackie, Bernhard K. Spörli, Yoshiaki Aita, Toyosaburo Sakai, Atsushi Takemura, Kazuto Kodama, Revue de Micropaleontologie, 58, 13, 28, 2015年01月, 00351598, 10.1016/j.revmic.2015.02.001
  • Radiolarian taxonomy and biostratigraphy; in memory of Professor Kojiro Nakaseko (1925-2011), Atsushi Takemura, Rie S. Hori, Revue de Micropaleontologie, 58, 1, 2, 2015年01月, 00351598, 10.1016/j.revmic.2015.03.001
  • Geochemistry of an Aptian bedded chert succession from the deep Pacifi c basin: New insights into Cretaceous oceanic anoxic event (OAE) 1a, Junichiro Kuroda, Natsuko Ihoriya, Rie S. Hori, Nanako O. Ogawa, Minoru Ikehara, Masaharu Tanimizu, Naohiko Ohkouchi, Special Paper of the Geological Society of America, 511, 305, 328, 2015年01月, 00721077, 10.1130/2015.2511(16)
  • パンサラッサ海深海堆積物における三畳系—ジュラ系境界層の地球化学的検討., 岡田 有希・ 堀 利栄・池田昌之・池原 実, 大阪微化石研究会誌 特別号 第15号,, 15, 219, 232, 2015年
  • Effects of Karoo-Ferrar volcanism and astronomical cycles on the Toarcian Oceanic Anoxic Events (Early Jurassic), Masayuki Ikeda, Masayuki Ikeda, Rie S. Hori, Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 410, 134, 142, 2014年09月, 00310182, 10.1016/j.palaeo.2014.05.026
  • Primary relationships of basaltic intrusive rocks and siliceous sedimentary rocks in the Northern Chichibu Belt, Shikoku Island, southwest Japan, Tomohiro Tsuji, Masayuki Sakakibara, Rie S. Hori, Journal of Asian Earth Sciences, 79, 31, 41, 2014年01月, 13679120, 10.1016/j.jseaes.2013.09.016
  • A probable shark dorsal fin spine fragment from the Early Triassic of the Arrow Rocks sequence, Whangaroa, northern New Zealand, J. A. Grant-Mackie, S. Yamakita, T. Matsumoto, R. S. Hori, A. Takemura, Y. Aita, S. Takahashi, H. J. Campbell, New Zealand Journal of Geology and Geophysics, 57, 295, 299, 2014年01月, 00288306, 10.1080/00288306.2014.889722
  • Pseudopodial silica absorption hypothesis (PSA hypothesis): A new function of pseudopodia in living radiolarian polycystine cells, Kaoru Ogane, Noritoshi Suzuki, Akihiro Tuji, Rie S. Hori, Journal of Micropalaeontology, 33, 143, 148, 2014年01月, 0262821X, 10.1144/jmpaleo2013-028
  • Evolutionary patterns and palaeobiogeography of Pliensbachian and Toarcian (Early Jurassic) Radiolaria, Špela Goričan, Elizabeth S. Carter, Jean Guex, Luis O'Dogherty, Patrick De Wever, Paulian Dumitrica, Paulian Dumitrica, Rie S. Hori, Atsushi Matsuoka, Patricia A. Whalen, Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 386, 620, 636, 2013年09月, 00310182, 10.1016/j.palaeo.2013.06.028
  • Rock magnetic record of the Triassic-Jurassic transition in pelagic bedded chert of the Inuyama section, Japan, Alexandra Abrajevitch, Alexandra Abrajevitch, Rie S. Hori, Kazuto Kodama, Geology, 41, 803, 806, 2013年07月, 00917613, 10.1130/G34343.1
  • Sulfur isotope profiles in the pelagic Panthalassic deep sea during the Permian-Triassic transition, Satoshi Takahashi, Kunio Kaiho, Rie S. Hori, Paul Gorjan, Takahiro Watanabe, Satoshi Yamakita, Yoshiaki Aita, Atsushi Takemura, K. Bernhard Spörli, Takeshi Kakegawa, Masahiro Oba, Global and Planetary Change, 105, 68, 78, 2013年06月, 09218181, 10.1016/j.gloplacha.2012.12.006
  • An open ocean record of the Toarcian oceanic anoxic event, D. R. Gröcke, R. S. Hori, J. Trabucho-Alexandre, D. B. Kemp, L. Schwark, Solid Earth, 2, 245, 257, 2011年12月, 18699510, 10.5194/se-2-245-2011
  • Early Triassic (Induan) Radiolaria and Carbon-isotope ratios of a deep-sea sequence from Waiheke Island, North Island, New Zealand, Rie S. Hori, Satoshi Yamakita, Minoru Ikehara, Kazuto Kodama, Yoshiaki Aita, Toyosaburo Sakai, Atsushi Takemura, Yoshihito Kamata, Noritoshi Suzuki, Satoshi Takahashi, K. Bernhard Spörli, Jack A. Grant-Mackie, ElsevierPalaeoworld, in press, 166, 178, 2011年08月, 1871174X, 10.1016/j.palwor.2011.02.001
  • Lead isotopic record of Barremian-Aptian marine sediments: implications for large igneous provinces and the Aptian climatic crisis, Junichiro Kuroda, Junichiro Kuroda, Masaharu Tanimizu, Rie S. Hori, Katsuhiko Suzuki, Katsuhiko Suzuki, Nanako O. Ogawa, Maria L G Tejada, Maria L G Tejada, Millard F. Coffin, Rodolfo Coccioni, Elisabetta Erba, Naohiko Ohkouchi, ElsevierEarth and Planetary Science Letters, in press, 126, 134, 2011年07月, 0012821X, 10.1016/j.epsl.2011.04.021
  • Magnetization carriers and remagnetization of bedded chert, ABRAJEVITCH Alexandra, HORI Rie S., KODAMA Kazuto, ElsevierEarth and Planetary Science Letters, 305, 1-2, 135, 142, 2011年05月, 0012-821X, 10.1016/j.epsl.2011.02.047
  • An open marine record of the Toarcian oceanic anoxic event, European Geosciences UnionSolid Earth Discussion, 3, 385, 410, 2011年
  • Direct observation of the skeletal growth patterns of polycystine radiolarians using a fluorescent marker, OGANE K., TUJI A., SUZUKI N., MATSUOKA A., KURIHARA T., HORI R.S., ElsevierMarine Micropaleontology, 77, 3-4, 137, 144, 2010年12月, 0377-8398, 10.1016/j.marmicro.2010.08.005
  • A marine osmium isotope record across the Triassic-Jurassic boundary from a Pacific pelagic site, KURODA Junichiro, KURODA Junichiro, HORI Rie S., SUZUKI Katsuhiko, GROECKE Darren R., OHKOUCHI Naohiko, Geological Society of AmericaGeology, 38, 12, 1095, 1098, 2010年12月, 0091-7613, 10.1130/G31223.1
  • Stratigraphy of Triassic-Jurassic boundary sequences from the Kawhia coast and Awakino gorge, Murihiku Terrane, New Zealand, Kenichi Akikuni, Vivi Vajda, Rie S. Hori, Jack A. Grant-Mackie, Minoru Ikehara, Micropaleontology PressStratigraphy, 7, 7, 24, 2010年11月, 1547139X
  • Global radiolarian zonation for the Pliensbachian, Toarcian and Aalenian, Elizabeth S. Carter, Špela ̌ Goričan, Jean Guex, Luis O'Dogherty, Patrick De Wever, Paulian Dumitrica, Rie S. Hori, Atsushi Matsuoka, Patricia A. Whalen, ElsevierPalaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 印刷中, doi:10.1016/j.palaeo.2010.08.024, 419, 2010年11月, 00310182, 10.1016/j.palaeo.2010.08.024
  • 新潟県蒲原山地の足尾帯泥岩から見出された前期ジュラ紀放散虫化石, 内野 隆之, 堀 利栄, 地質学雑誌, 地質学雑誌, 116, 8, 441, 446, 2010年, 0016-7630, 10.5575/geosoc.116.441
  • Late Triassic phaeodarian Radiolarian from the Northern Chichibu Belt, Shikoku, Japan, HORI Rie S., YAMAKITA Satoshi, DUMITRICA Paulian, 日本古生物学会, 13, 1, 53, 63, 2009年04月, 1342-8144|1880-0068, 10.2517/1342-8144-13.1.053
  • The potential of eleocharis acicularis for phytoremediation: Case study at an abandoned mine site, Nguyen Thi Hoang Ha, Masayuki Sakakibara, Sakae Sano, Rie S. Hori, Koichiro Sera, Clean - Soil, Air, Water, 37, 3, 203, 208, 2009年03月, 18630650, 10.1002/clen.200900009
  • 紀伊半島西部黒瀬川からのペルム紀古世放散虫化石の産出, 大阪微化石研究会編集委員会大阪微化石研究会誌 特別号, 特別号, 14, 537, 544, 2009年
  • 四国中西部の北部秩父帯中の炭酸塩ノジュールから産出した前期ジュラ紀放散虫化石, 大阪微化石研究会誌編集委員会大阪微化石研究会誌特別号, 特別号, 14, 497, 505, 2009年
  • 四万十帯白亜系層状チャートにおけるOAE1a無酸素水塊の深度予測とD13Corg・微量元素変動, 大阪微化石研究会編集委員会大阪微化石研究会誌 特別号, 特別号, 14, 297, 315, 2009年
  • Pseudopodial features and feeding behavior of living nassellarians Eucyrtidium hexagonatum Haeckel, Pterocorys zancleus (Müler) and Dictyocodon prometheus Haeckel, Kazuhiro Sugiyama, Rie S. Hori, Yoshitaka Kusunoki, Atsushi Matsuoka, Paleontological Research, 12, 3, 209, 222, 2008年09月, 13428144, 10.2517/1342-8144-12.3.209
  • Lower Jurassic (Hettangian-Sinemurian) radiolarian assemblages from black cherts in the Wakai accretionary complex, Ikuno area, Tamba Terrane, Southwest Japan, Susumu Shibutani, Rie S. Hori, Micropaleontology Project, Inc, New YorkStratigraphy, 5, 1, 83, 98, 2008年07月, 00262803
  • Lithostratigraphy of the oruatemanu formation, waipapa terrance, arrow rocks, northland, new zealand, The oceanic permian/triassic boundary sequence at arrow rocks(oruatemanu island), northland, new zealand: geology and paleontogy GNS Science Monograph 24, 17, 44, 2007年
  • Platinum group element anomalies and bioevents in the Triassic-Jurassic deep-sea sediments of Panthalassa, Rie S. Hori, Toru Fujiki, Eriko Inoue, Jun Ichi Kimura, ElsevierPalaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology, 244, 1-4, 391, 406, 2007年02月, 00310182, 10.1016/j.palaeo.2006.06.038
  • Sorption of antimony in stream water by weathered and altered rock, Sakae Sano, Masayuki Sakakibara, Etsuko Chiba, Rie Hori, Contaminated Soils, 12, 149, 158, 2007年12月
  • Late Induan (Dienerian) Permian Nassellarians from Arrow Rocks, Northland, New Zealand, GNS Science, New ZealandGNS Science Monograph, 24, 109, 116, 2007年
  • A conodont biostratigraphic framework of a Permian/Triassic ocean-floor sequence in the accretionary Waipapa Terrane at Arrow Rocks, Northland, New Zealand, GNS Science, New ZealandGNS Science Monograph, 24, 69, 86, 2007年
  • The depositional environment of the Induan(Early Triassic) biosiliceous sequence(Units2b and 3 of the Oruatemanu Formation), Arrow Rocks, New Zealand, GNS Science, New ZealandGNS Science Monograph, 24, 45, 68, 2007年
  • Results of multidisciplinary studies of the Permian/Triassic ocean floor sequence (Waipapa Terrane) at Arrow Rocks, Northland, New Zealand, GNS ScienceGNS Science Monograph, 24, 219, 229, 2007年
  • Paleomagnetic results from Arrow Rocks in the framework of Paleomagnetism in Pre-Neogene Rocks from New Zealand, GNS Science, New ZealandGNS Science Monograph, 24, 177, 196, 2007年
  • Geochemistry of the Oruatemanu Formation, Arrow Rocks, Northland, New Zealand, GNS ScienceThe oceanic permian/triassic boundary sequence at arrow rocks(oruatemanu island), northland, new zealand: geology and paleontogy GNS Science Monograph 24, 24, 123, 156, 2007年
  • Preliminary report on early Triassic acritarchs from Arrow Rocks, Northland, New zealand, GNS ScienceThe oceanic permian/triassic boundary sequence at arrow rocks(oruatemanu island), northland, new zealand: geology and paleontogy GNS Science Monograph 24, 24, 117, 121, 2007年
  • Global correlation of the radiolarian faunal change across the Triassic-Jurassic boundary, CARTER Elizabeth S., HORI Rie S., NRC CanadaCanadian Journal of Earth Sciences, 42, 5, 777, 790, 2005年05月, 0008-4077, 10.1139/e05-020
  • 四国の三畳系層状チャートから産出したLingularia sp.(腕足類), 堀 利栄, キャンベル ヘーミッシュ, 地質學雜誌, 地質學雜誌, 110, 12, 758, 764, 2004年12月, 00167630, 10.5575/geosoc.110.758
  • 兵庫県生野地域から産出する放散虫化石, 大阪微化石研究会放散虫研究集会論集, 13, 59, 68, 2004年
  • Lithofacies of Middle to Late Permian pelagic sedimentary rocks at Arrow Rocks, North Island, New Zealand, 大阪微化石研究会, 13, 21, 28, 2004年
  • モエジマシダによる砒素を溶出する泥岩のファイトレメディエーション, 第14回環境地質学シンポジウム論文集, 255, 258, 2004年
  • 愛媛県砥部町万年地域における砒素に富む変質安山岩の風化作用と地表水の砒素濃度の関係, 第14回環境地質学シンポジウム論文集, 129, 134, 2004年
  • 硫砒鉄鉱を含む変質安山岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関する基礎的実験, 第14回環境地質学シンポジウム論文集, 11, 20, 2004年
  • Triassic Radiolaria from Kaka Point Structural belt, Otago, New Zealand, R. S. Hori, J. D. Campbell, J. A. Grant-Mackie, The Royal Society of New ZealandJournal of the Royal Society of New Zealand, 33, 1-4, 39, 55, 2003年03月, 03036758
  • ヒ素に富む変質安山岩の環境岩石学的研究, 第13回環境地質学シンポジウム論文集, 199, 204, 2003年
  • 環境岩石学によるファイトレメディエーション技術の実用化への展開-ヒ素に富む安山岩地域の開発を例として-, 第13回環境地質学シンポジウム論文集, 205, 210, 2003年
  • Triassic radiolarians from the ocean-floor sequence of the Waipapa Terrane at Arrow Rocks, Northland, New Zealand, Atsushi Takemura, Yoshiaki Aita, Rie S. Hori, Yasushi Higuchi, K. Bernhard Spörli, Hamish J. Campbell, Kazuto Kodama, Toyosaburo Sakai, New Zealand Journal of Geology and Geophysics, 45, 45, 289, 296, 2002年09月, 00288306
  • ニュージーランドの中生代テレーンに残された放散虫記録 ー南半球高緯度域の古海洋環境の解明をめざしてー, 日本古生物学会古生物学トピックス, 2, 1, 16, 2001年
  • ニュージーランド北島、ワイパパテレーンの放散虫化石, 日本古生物学会古生物学トピックス, 2, 17, 24, 2001年
  • 付加体層状チャート : 化学組成からのアプローチ(付加体地質学の手法)(ジュラ紀付加体の起源と形成過程), 堀 利栄, 樋口 靖, 藤木 徹, 地質学論集, 地質学論集, 55, 43, 59, 2000年01月, 03858545
  • 北海道中軸部,白亜紀付加体から復元された空知海台の形成年代および岩石化学的性質, 榊原 正幸, 堀 利栄, 木村 学, 池田 倫治, 甲本 智之, 加藤 宏海, 地質学論集, 地質学論集, 52, 1, 15, 1999年09月, 03858545
  • Permian Albaillellaria(Radiolaria)from a limestone lens at the Arrow Rocks in the Waipapa Terrane(North land, New Zealand), Geodiversitas, 21, 4, 751, 765, 1999年
  • ニュージーランド北島の保存良好な放散虫化石を産する中生代リン酸塩および石灰質ノジュール, 酒井 豊三郎, 相田 吉昭, 樋口 靖, 堀 利栄, 小玉 一人, 竹村 厚司, Hamish J. Campbell, Jack A. Grant-Mackie, Christopher J. Hollis, Bernhard Sporli K., 地質学雑誌, 地質學雜誌, 104, 2, (]G0005[)-(]G0006[), VI, 1998年02月, 00167630
  • Preliminary report on the lithostratigraphy of the Arrow Rocks, and geologic age of the northern part of the Waipapa Terrane, New Zealand, 大阪微化石研究会放散虫研究集会論集, 11, 47, 57, 1998年
  • Petrologic characteristics and geologic age of green rocks including chert xenoliths in the Pippu area, central Hokkaido, Japan, Masayuki Sakakibara, R. S. Hori, Michiharu Ikeda, Misa Umeki, Journal - Geological Society of Japan, 103, 953, 961, 1997年12月, 10.5575/geosoc.103.953
  • 北海道中央部比布地域のチャートゼノリスを含む緑色岩類の岩石学的特徴および形成年代, 榊原 正幸, 堀 利栄, 池田 倫治, 梅木 美妙, 地質学雑誌, 地質學雜誌, 103, 10, 953, 961, 1997年10月, 00167630, 10.5575/geosoc.103.953
  • A new Early Jurassic radiolarian fauna from the Murihiku Supergroup of the Otago coast, New Zealand, R. S. Hori, J. D. Campbell, J. A. Grant-Mackie, New Zealand Journal of Geology and Geophsics, 40, 397, 399, 1997年09月, 00288306
  • ニュージーランド北島Arrow Rocksからの放散虫化石, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, SPORLI K. b., CAMPBELL H. j., 坂井 豊三郎, 形の科学会報, 形の科学会報, 12, 1, 1997年06月, 09156089
  • The Toarcian radiolarian event in bedded cherts from southwestern Japan, Rie S. Hori, Marine Micropaleontology, 30, 159, 169, 1997年03月, 03778398, 10.1016/S0377-8398(96)00024-2
  • 層状チャ-トの化学組成と堆積環境 (総特集 日本列島の付加体堆積岩), 堀 利栄, 月刊地球, 月刊地球, 19, 3, 145, 150, 1997年03月, 03873498
  • 北海道中央部上江丹別地域の神居古潭変成岩類から産出したジュラ紀放散虫化石とその地質学的意義, 池田 倫治, 堀 利栄, 榊原 正幸, 地質学雑誌, 地質學雜誌, 103, 2, 167, 169, 1997年02月, 00167630, 10.5575/geosoc.103.167
  • 層状チャートの化学組成と堆積環境, 月刊地球, 19, 3, 145, 150, 1997年
  • Preliminary report on Lower Jurassic Radiolaria of Gondwana origin from the Kawhia coast, New Zealand, HORI R S, AITA Y, GRANT‐MACKIE J A, The Island Arc, 5, 2, 104, 113, 1996年01月, 1038-4871, 10.1111/j.1440-1738.1996.tb00017.x
  • Rh管球を用いた蛍光X線による岩石中の微量成分の定量, 堀 利栄, 樋口 靖, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学理学部紀要, 2, 27, 36, 1996年, 09195203
  • 蛍光X線分析法による珪酸塩岩石の主要分析, 吉崎 正, 田村 洋子, 佐野 栄, 堀 利栄, 小松 正幸, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学理学部紀要, 2, 15, 25, 1996年, 09195203
  • 蛍光X線による微量成分分析のための珪質岩石試料の調整, 樋口 靖, 堀 利栄, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学理学部紀要, 2, 1, 14, 1996年, 09195203
  • 北海道中軸帯南部静内地域における神居古潭コンプレックスのチャート・砕屑岩シークエンス, 堀 利栄, 榊原 正幸, 地質學雜誌, 地質學雜誌, 100, 8, 575, 583, 1994年08月, 00167630, 10.5575/geosoc.100.575
  • A chert-clastic sequence spanning the late Triassic -early Cretaceous Period Kamuikotan Complex in the Shizunai area, south centeral Hokkaido, Japan, 地質学雑誌, 100, 8, 575, 583, 1994年, 10.5575/geosoc.100.575
  • Evidence from radiolarian chert xenoliths for post-Early Jurassic volcanism of the Mikabu greenrocks, Okuki area, western Shikoku, Japan, M. Sakakibara, R. S. Hori, T. Murakami, Journal of the Geological Society of Japan, 99, 10, 831, 833, 1993年12月, 10.5575/geosoc.99.831
  • Origin of cyclicity in Triassic-Jurassic radiolarian bedded cherts of the Mino accretionary complex from Japan, R. S. Hori, Chang-Fee Cho, H. Umeda, The Island Arc, 3, 55, 65, 1993年12月, 10384871, 10.1111/j.1440-1738.1993.tb00084.x
  • 深海堆積物中のToarcian海洋事変 (遠洋性堆積物中のP/T(ペルム・トリアス紀)境界の研究-2-<特集>), 堀 利栄, 地質調査所月報, 地質調査所月報, 44, 9, p555, 570, 1993年09月, 00167665
  • A model of ocean-crust accretion for the Superior province, Canada, G. Kimura, J. N. Ludden, J. P. Desrochers, R. Hori, Lithos, 30, 337, 355, 1993年01月, 00244937, 10.1016/0024-4937(93)90044-D
  • Offscraping accretionary process of Jurassic chert-clastic complexes in the Mino-Tamba belt, central Japan, KIMURA K, HORI R, Journal of Structual Geology, 15, 2, 145, 161, 1993年01月, 0191-8141, 10.1016/0191-8141(93)90092-O
  • ジュラ系下部におけるPantanelliidae科の産出頻度, 大阪微化石研究会誌 特別号, 9号, 101, 108, 1993年
  • 深海堆積物中のToarcian事変, 地質調査所地質調査所月報, 44, 9, 555, 570, 1993年
  • Radiolarian Biostratigraphy at the Triassic/Jurassic period boundary in bedded cherts from the Inuyama Area, Central Japan, R. Hori, Journal of Geosciences, Osaka City University, 35, Art.4, 53, 65, 1992年12月
  • オマーン山地のバテナオリストストロームと中生代放散虫化石, 大阪微化石研究会大阪微化石研究集会論集, 8, 21, 34, 1992年
  • 層状チャートのリズムとその起源について, 月刊地球, 13, 8, 543, 551, 1991年
  • 地球史を通じた大陸の平均化学組成の変化と超大陸の形成・分裂, 月刊地球, 13, 6, 428, 440, 1991年
  • 地球史46億年 (プレ-トテクトニクス以後の地球科学<特集>), 丸山 茂徳, 磯崎 行雄, 堀 利栄, 科学, 科学, 60, 10, p628, 637, 1990年10月, 00227625
  • 905. 西南日本における下部ジュラ系放散虫化石帯, 堀 利栄, 日本古生物学會報告・紀事 新編, 日本古生物学會報告・紀事 新編, 159, 562, 586, 1990年09月, 00310204
  • Early Jurassic radiolarians from the Mt. Norikuradake area, Mino Terrane, Central Japan, R. Hori, T. Otsuka, Journal of Geosciences, Osaka City University, 32, Art.6, 137, 161, 1989年12月
  • 863. 西南日本犬山地域下部ジュラ系チャート層から産出した放散虫化石について, 堀 利栄, 日本古生物学會報告・紀事 新編, 日本古生物学會報告・紀事 新編, 151, 543, 563, 1988年10月, 00310204
  • Parahsuum (Radiolaria) from the Lower Jurassic of the Inuyama Area, Central Japan, R. Hori, A. Yao, Journal of Geosciences, Osaka City University, 31, Art.3, 47, 61, 1988年01月
  • Some characteristic radiolarians from Lower Jurassic bedded cherts of the Inuyama area, Southwest Japan, Transactions and proceedings of the Palaeontological Society of Japan, New Series, 151, 543, 563, 1988年
  • 13, 59, 68, 2004年
  • 2, 1, 16, 2001年
  • 2, 107, 115, 1997年
  • 44, 9, 555, 570, 1993年
  • 8, 21, 34, 1992年

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Structural difference between phaeodarians and radiolarians (unicellular zooplankton), Yasuhide Nakamura (NMNS), Rie S. Hori (Ehime Univ.), Akihiro Tuji (NMNS), Hiroaki Ohfuji (Ehime Univ.), Noritoshi Suzuki (Tohoku Univ.) and Katsunori Kimoto (JAMSTEC), JpGU, 2019年05月26日
  • Living Radiolaria+: trophic habits and skeletogenesis, 堀 利栄, Séminaire Laboratoire d'Oceanologie et de Geosciences UMR8187LOG, 2018年12月20日, 招待有り
  • The origin and paleoenvironmental significance of deep-sea radiolarites from Panthalassa : a recorder of geological events, 堀 利栄, Journée Scientifique IRePSE 2018, University of Lille, 2018年12月10日, 招待有り
  • 有殻海洋プランクトンの環境適応と骨格形成戦略, 堀 利栄, 第34回国際生物学賞記念シンポジウム, 2018年11月22日, 招待有り
  • Evolution of siliceous plankton and radiolarite – its relation with the carbon and silicon cycles and global climate, Peter Oliver Baumgartner, Maximilien Bôle, Masayuki Ikeda, S. Rie Hor, 国際古生物学会, 2018年07月12日, 招待有り
  • アカンタリア目骨格成分の元素分析, 藤井麻緒・堀 利栄・大藤弘明・仲村康秀, 日本古生物学会 第167回例会, 2018年02月04日
  • 両極分布を示す前期三畳紀コノドントWapitiodus, 山北聡・竹村厚司・相田吉昭・堀利栄・高橋聡・Hamish Campbell・Bernhard Spörli, 日本古生物学会 第167回例会, 2018年02月04日
  • 久万層群から発見されたアスナロビシ属果実化石について, 塚腰実・岡本隆・堀利栄, 日本古生物学会 第167回例会, 2018年02月03日
  • ゴンドワナ由来の三畳紀〜ジュラ紀放散虫フォーナ, 相田 吉昭・堀 利栄, The 167th Regular Meeting The Palaeontological Society of Japan, 2018年02月02日, 招待有り
  • 道後・東道後温泉におけるpH値と地殻変動の潮汐応答, 山本明彦・堀利栄・日野愛奈, 第17回日本地質学会四国支部総会・講演会, 2017年12月16日
  • A growth model and strategy of forming siliceous skeletons of living Spumellaria (Radiolaria), Rie S. HORI, Takenobu SHINKI, Akihiro IWAKIRI, Atsushi MATSUOKA, Noritoshi SUZUKI, Kaoru OGANE, Akihiro TUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月26日
  • Panthalassa and Neotethys – two siliceous giants facing the break-up of Pangea, Peter O. BAUMGARTNER, Rie S. HORI, Maximilien BÖLE, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月25日, 招待有り
  • Triassic-Jurassic boundary of a bedded chert sequence from the Chichibu Belt, Shikoku, Japan, Rie S. HORI, Natsuko YOSHIDA, Junichiro KURODA, Nanako O. OGAWA, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月25日
  • Early Triassic conodont provincialism and its implication for the paleoceanography of Tethys and Panthalassa, Satoshi YAMAKITA, Atsushi TAKEMURA, Yoshiaki AITA, Rie S. HORI, Satoshi TAKAHASHI, Jack A. GRANT-MACKIE, K. Bernhard SPÖRLI, Hamish J. CAMPBELL, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月24日
  • Biosiliceous facies and flux change of the Early Triassic bedded chert from Arrow Rocks, New Zealand, Panthalassa ocean, Yoshiaki AITA, Natsuko KIKUCHI, Kenta KUSABA, Takumi MARUYAMA, Satoshi YAMAKITA, Atsushi TAKEMURA, Rie S. HORI, Satoshi TAKAHASHI, Megumi SAITO, Yoshimi KUBOTA, K. Bernhard SPÖRLI, Hamish J. CAMPBELL, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月24日
  • Radiolarite versus pelagic carbonate sedimentation during the Jurassic-Cretaceous transition, Panthalassa-Tethys- Atlantic-Protocaribbean-paleofertility and ocean circulation, Peter O. BAUMGARTNER, Jörg MUTTERLOSE, Rie S. HORI, Maximilien BÖLE, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月24日, 招待有り
  • A study on chemical composition of living acantharian (Radiolaria) shell, Fujii Mao, Rie S. HORI, Yasuhide NAKAMURA, Hiroaki OHFUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月23日
  • The cell division of the phaeodarians―the first step to clarify the life cycle―, Yasuhide NAKAMURA, Rei SOMIYA, Akihiro TUJI, Dhugal J. LINDSAY, Hiroaki OHFUJI, Rie S. HORI, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月23日
  • Ultrafine structure and molecular phylogeny of living radiolarians –with a view to clarifying the fossil phylogeny–, Yasuhide NAKAMURA, Izumi IWATA, Rei SOMIYA, Daiske JONDA, Akihito TUJI, Noritoshi SUZUKI, Rie S. HORI, Hiroaki OHFUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月23日, 招待有り
  • Secular variations of oxygen and silicon isotopes in Mesozoic radiolarites from Panthalassa and Tethys - proxies for paleotemperature and paleoproductivity, Maximilien BÖLE, Peter O. BAUMGARTNER, Rie HORI, Masayuki IKEDA, 国際放散虫研究集会, 新潟, 2017年10月23日
  • 愛媛県秩父累帯層状チャート中の三畳系—ジュラ系境界, 堀 利栄・吉田夏子・黒田潤一郎・小川奈々子, 日本地質学会第124回大会, 2017年09月16日
  • Activities supporting STEM education for pre-university students - The science princess project at Ehime University Japan, 堀 利栄・藤井麻緒, ジェンダーサミット10, 2017年05月25日
  • 蛍光試薬を用いた海洋プランクトン珪質殻形成過程の研究, 堀 利栄, 四国5大学連携シンポジウム, 2016年11月18日
  • 放散虫スプメラリアの珪質殻における成長モデル, 堀 利栄・新木雄之・岩切彰宏・松岡 篤・鈴木紀毅・大金 薫・辻 彰洋, 日本地質学会第122回桜上水大会, 2016年09月12日
  • Progress and problems of gender equality in Japanese academic sciences and geoscience, 堀 利栄, Goldschmidt, 2016年06月28日, 招待有り
  • A study on chemical composition of living acantharian (Radiolaria) shell, 藤井麻諸、堀利栄、大藤宏明, JpGU, 2016年05月22日
  • 海洋無酸素事変(OAE)のトリガーとしての火成活動と日射量変動 ジュラ紀Toarcian OAEの例, 池田昌之・ 堀利栄・ 池原実・ 宮下怜・千野将史・Bole Maximilleum,・Peter Baumgartner, 地球環境史学会年会, 2015年11月, 招待有り
  • Sinemurian Oceanic event recorded in the deep-sea sediments from the western Panthalassa, 中国地質大学(北京)・北京大学地学前線, 2010年
  • Multidisciplinary study on the Triassic-Jurassic boundary sequences from SW Japan, 中国地質大学(北京)・北京大学地学前線, 2010年
  • O-178 ニュージーランド,アローロックスからの三畳紀最前期Induan期の放散虫化石群集(17.古生物,口頭発表,一般講演), 竹村 厚司, 青野 遼, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨, 2007年09月01日
  • P-10 兵庫県生野地域の丹波帯ジュラ紀古世付加コンプレックスの地質と放散虫化石(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006年09月08日
  • P-9 高知県横浪半島五色ノ浜に分布する四万十帯白亜系層状チャートの検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 庵谷 奈津子, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006年09月08日
  • P-8 微化石フォーナの三畳紀末絶滅要因の再検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 堀 利栄, 秋國 健一, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006年09月08日
  • O-12 P/T境界における放散虫類の変遷 : アローロックスからの三畳紀最前期の放散虫群集について(2.地球史とイベント大事件-2,口頭およびポスター発表,一般講演), 竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, 青野 遼, 竹村 静夫, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006年09月08日
  • マツバイを用いたファイトレメディエーションによる重金属に汚染された水環境の浄化, 第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, 2006年
  • 環境基準を超える砒素を溶出する泥岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関する実験(26.環境地質), 渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 井上 雅裕, 堀 利栄, 近藤 敏仁, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005年09月10日
  • 兵庫県生野地域における丹波帯三畳紀? : ジュラ紀付加コンプレックス(2.ジュラ系+), 澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005年09月10日
  • ニュージーランド北島Arrow Rocks島に於けるチャート : 砕屑岩層の化学組成と三畳紀前期無酸素事変(OAEs)(2.ジュラ系+), 堀 利栄, 榊原 正幸, 前田 朋子, 樋口 靖, 藤木 徹, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005年09月10日
  • P-263 愛媛県砥部町のAsに富む変質安山岩における熱水変質作用および環境岩石学的研究(29. 環境地質), 千葉 悦子, 中井 芳恵, 近石 沙知子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 佐野 栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
  • P-261 モエジマシダによる自然由来のAsを高濃度に含む土砂の浄化に関する基礎的実験 : ファイトレメディエーション技術の実用化への展開(29. 環境地質), 渡邉 彩, 高木 梢, 榊原 正幸, 井上 雅弘, 堀 利栄, 佐野 栄, 久保田 領志, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
  • P-240 愛媛県西条市における市之川礫岩とF含有量からみたアンチモン鉱床の形成過程(27. 岩石鉱物一般), 平岡 良崇, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
  • P-148 四国西部柳谷地域における北部秩父帯の玄武岩類と遠洋性堆積岩類の初生的関係(18. 付加体), 辻 智大, 米倉 栄子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
  • P-76 愛媛県西海町南東部海域における珪質プランクトンの季節変動(11. 海洋地質), 堀 利栄, 蔭山 順司, 天野 敦子, 井上 卓彦, 岩本 直哉, 井内 美郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
  • P-132 ニュージーランド北島アローロックスから産出した前期三畳紀 Induan (Griesbachian∿Dienerian) のコノドント化石, 山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 堀 利栄, 榊原 正幸, 藤木 徹, 大金 薫, 竹村 静夫, 坂本 慎吾, 小玉 一人, 中村 洋一, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003年09月10日
  • P-17 ニュージーランド北島アローロックスにおけるペルム紀中-後期の遠洋性堆積物の岩相変化, 竹村 静夫, 坂本 慎吾, 竹村 厚司, 西村 年晴, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 堀 利栄, 榊原 正幸, 大金 薫, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Sporli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003年09月10日
  • O-18 ニュージーランド北島における三畳紀/ジュラ紀境界, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Grant-Mackie Jack A., Sporli Bernbard K., 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003年09月10日
  • P-71 ニュージーランド北島ポヌイ島より産するジュラ紀高緯度帯放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002年09月10日
  • P-70 ニュージーランド北島パキヒ島層状チャートから産出した三畳紀末放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002年09月10日
  • P-69 ニュージーランド北島モツカワヌイ島から産出する三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 鎌田 祥仁, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 黒崎 要子, 那須 由紀恵, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002年09月10日
  • P-34 松山平野の基盤構造と2001年芸予地震における住宅被害との関係(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,ポスター発表,一般講演), 市原 寛, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002年09月10日
  • P-68 ニュージーランド北島,ワイパパ帯の緑色岩類とチャート・石灰質岩類の初生的関係(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 榊原 正幸, 佐竹 敦, 藤木 徹, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 酒井 豊三郎, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 鈴木 紀毅, 中村 洋一, 小玉 一人, 古谷野 隆行, 大金 薫, 坂本 慎吾, Campbell Hamish, Sporli Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002年09月
  • 下部ジュラ系放散虫化石層序とIGCP458(トリアス・ジュラ系境界事件), 日本地質学会日本地質学会第109年学術大会プレシンポジウム予稿集, 2002年
  • P-34 ニュージーランド北島・南島における中生代高緯度帯放散虫群集の研究(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamlsh, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001年09月20日
  • P-33 ニュージーランド北島アローロックスにおける下部三畳系層状チャートの化学組成(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 藤木 徹, 前田 朋子, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish J., SPORLI K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001年09月20日
  • P-32 ニュージーランド北島アローロックスより産出する前期三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 鎌田 祥仁, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001年09月20日
  • P-31 ニュージーランド北島アローロックスで新たに発見された下部三畳系(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001年09月20日
  • P-29 2001年芸予地震における松山市周辺の家屋被害の特徴(7,ポスターセッション,一般発表), 堀 利栄, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 愛大地球系芸予地震学生調査グループ, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001年09月
  • P-27 ニュージーランドWaipapa帯Arrow Rocksにおけるペルム/三畳系境界付近の地球化学的検討(その2), 堀 利栄, 樋口 靖, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, Rogers Karyne, Campbell Hamish, Spoli K. Bernhard, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999年10月05日
  • P-26 ニュージーランド北島Waipapa帯北部, Arrow Rocksにおける下部三畳系コノドント生層序と,日本の深海成ペルム/三畳系境界層との岩相比較, 山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Spoli K. Bernhand, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999年10月05日
  • O-293 北海道中軸部,白亜紀付加体から復元された空知海台の形成年代および岩石化学的性質, 榊原 正幸, 堀 利栄, 木村 学, 池田 倫治, 甲本 智之, 加藤 宏海, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999年10月05日
  • 112 ニュージーランド北東の上部ペルム系〜下部三畳系層状チャートの地球化学的研究, 樋口 靖, 堀 利栄, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 小玉 一人, 竹村 厚司, Campbell H., Sporli K.B., 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997年09月30日
  • 111 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部 Mahinequa 半島の三畳系中部〜上部の放散虫化石層序, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 堀 利栄, SPORLI K.B., 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997年09月30日
  • 110 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部,Arrow Rocks の層序とペルム紀-三畳紀放散虫化石, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Sporli K.Bernhard, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997年09月30日
  • 105. 三畳紀・ジェラ紀放散虫イベントと古環境変化速度, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1995年03月20日
  • (13) 層状チャートにおける有律互層形成のメカニズム, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1995年03月20日
  • 114. ニュージーランド北島カヒア海岸における下部ジュラ系ムリヒク層から産出した放散虫化石 : 予報, 堀 利栄, 相田 吉昭, Grant-Mackie J.A., 日本地質学会学術大会講演要旨, 1994年09月20日
  • 28. 四国西部大久喜地域におけるみかぶ緑色岩中のチャートブロックの産状と放散虫化石, 堀 利栄, 榊原 正幸, 村上 尚義, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1993年03月25日
  • 7. 層状チャート中のToarcian Oceanic Event, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1993年03月25日
  • 194 チャート砕屑岩コンプレックスのはぎ取り付加テクトニクス, 木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1991年03月25日
  • 24 トリアス紀-ジュラ紀境界付近におけるマイクロスフェリュールの変動, 趙 章熙, 堀 利栄, 梅田 裕之, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1990年09月25日
  • 23 層状チャートにみられるジュラ紀古世後期(Toarcian期?)の海洋変化, 堀 利栄, 益田 晴恵, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1990年09月25日
  • 229 ジュラ紀古世後期放散虫化石の群集変化, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1989年04月25日
  • 371 褶曲・スラスト覆瓦構造をなすチャート砕屑岩シークエンスの変形過程 : 美濃帯犬山地域の例, 木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1988年04月02日

MISC

  • 久万層群から発見されたアスナロビシ属果実化石について, 塚腰実, 岡本隆, 堀利栄, 日本古生物学会例会講演予稿集, 167th, 26, 2018年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802212829838923
  • 放散虫類アカンタリア目骨格成分の元素分析, 藤井麻緒, 堀利栄, 大藤弘明, 仲村康秀, 日本古生物学会例会講演予稿集, 168th, 32, 2019年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902252772670668
  • ゴンドワナ由来の三畳紀~ジュラ紀放散虫フォーナ, 相田吉昭, 堀利栄, 日本古生物学会例会講演予稿集, 167th, 6, 2018年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802259341539791
  • 両極分布を示す前期三畳紀コノドントWapitiodus, 山北聡, 竹村厚司, 相田吉昭, 堀利栄, 高橋聡, CAMPBELL Hamish, SPOERLI Bernhard, 日本古生物学会例会講演予稿集, 167th, 29, 2018年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802283164179588
  • アカンタリア目骨格成分の元素分析, 藤井麻緒, 堀利栄, 大藤弘明, 仲村康秀, 日本古生物学会例会講演予稿集, 167th, 32, 2018年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802283710836930
  • ニュージーランド北島,モツタプ島に分布する中部三畳系層状チャートの生物源シリカ相の変遷, 鬼丸舜平, 相田吉昭, 中澤克昴, 山北聡, 竹村厚司, 堀利栄, 高橋聡, BERNHARD SPOERLI K., CAMPBELL Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 124th, 265, 2017年09月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802224808963789
  • 愛媛県秩父累帯層状チャート中の三畳系―ジュラ系境界, 堀利栄, 吉田夏子, 黒田潤一郎, 小川奈々子, 日本地質学会学術大会講演要旨, 124th, 124, 2017年09月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802262634131402
  • 東道後・道後温泉水におけるpH値の長期変動と周期解析, 堀利栄, 日野愛奈, 山本明彦, 日本地質学会学術大会講演要旨, 124th, 176, 2017年09月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802237183821209
  • パンサラサ海に堆積したアローロックス島の前期三畳紀層状チャートにおける生物源シリカ相とそのフラックス変動, 相田吉昭, 菊池那津子, 草場研太, 丸山巧, 山北聡, 竹村厚司, 堀利栄, 高橋聡, 斎藤めぐみ, 久保田好美, SPOERLI K. Bernhard, CAMPBELL Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 124th, 123, 2017年09月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802275157581521
  • 前期三畳紀のチャートギャップ期に形成されたチャート層の珪質生物源堆積相について, 相田吉昭, 草場研太, 丸山巧, 山北聡, 竹村厚司, 堀利栄, CAMPBELL Hamish, SPOERLI K. Bernhard, 日本古生物学会例会講演予稿集, 166th, 25, 2017年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702290599583204
  • パンサラサ海に堆積したアローロックス島の前期三畳紀層状チャート層における生物源シリカ相とそのフラックスの変遷, 相田 吉昭, 久保田 好美, Sporli Bernhard, Campbell Hamish, 菊池 那津子, 草場 研太, 丸山 巧, 山北 聡, 竹村 厚司, 堀 利栄, 高橋 聡, 齋藤 めぐみ, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2017, 0, 2017年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006589329
  • 地球惑星・環境科学と高校理科教育, 木村学, 西山忠男, 佐々木晶, 堀利栄, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 公益財団法人 日本学術協力財団, 学術の動向, 2017, 1, ROMBUNNO.O02‐04 (WEB ONLY), 1_73, 2017年, 1342-3363, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802277548894504
  • ニュージーランド北島,モツタプ島に分布する中部三畳系層状チャートの生物源シリカ相の変遷, 鬼丸 舜平, 相田 吉昭, 中澤 克昴, 山北 聡, 竹村 厚司, 堀 利栄, 高橋 聡, Sporli Bernhard, Campbell Hamish, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2017, 0, 2017年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006589618
  • 東道後・道後温泉水におけるpH値の長期変動と周期解析, 堀 利栄, 日野 愛奈, 山本 明彦, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2017, 0, 2017年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006589433, 【台風のためプログラム中止】台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地から今回に限りJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「台風のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)
  • 愛媛県秩父累帯層状チャート中の三畳系-ジュラ系境界, 堀 利栄, 吉田 夏子, 黒田 潤一郎, 小川 奈々子, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2017, 0, 2017年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006589331
  • 放散虫スプメラリアの珪質殻における成長モデル, 堀 利栄, 新木 雄之, 岩切 彰宏, 松岡 篤, 鈴木 紀毅, 大金 薫, 辻 彰洋, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2016, 0, 2016年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005612448
  • 三畳紀-ジュラ紀境界変動 ー中和される海洋モデルの提唱, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2014, 0, 2014年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005476468
  • ニュージーランド,アローロックスにおける深海相Smithian~lowest Anisianの岩相層序・コノドント生層序:Spathian 海洋底無酸素事変, 山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 高橋 聡, 池田 昌之, Sporli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2014, 0, 2014年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005476499
  • ニュージーランド北島,モツタプ島に分布する中部三畳系層状チャートの堆積過程, 相田 吉昭, 田村 隼人, 山北 聡, 竹村 厚司, 堀 利栄, 高橋 聡, Spörli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2013, 0, 2013年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005467794
  • 海洋無酸素事変のトリガーとしての火成活動と日射量変動:犬山地域下部ジュラ系層状チャートからの示唆, 池田 昌之, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2013, 0, 2013年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005467796
  • ニュージーランド遠洋P/T境界層における環境変動解析, 堀 利栄, Sporli K. Bernhard, Grant-Mackie Jack A., Campbell Hamish, Hollis Chris, 池田 昌之, 池原 Ikehara, 小玉 一人, 山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 高橋 聡, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2013, 0, 2013年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005467946
  • 高精細SEMによる中部三畳系層状チャートの堆積過程の観察:ニュージーランド,モツタプ島の事例, 相田 吉昭, 田村 隼人, 山北 聡, 竹村 厚司, 堀 利栄, 高橋 聡, Spörli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2013, 0, 2013年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005468139
  • 東道後温泉組成の時系列変化‐地殻変動との対応関係の検討, 日野 愛奈, 佐野 栄, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2013, 0, 2013年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005468173
  • 中生代の巨大火成岩区の噴火と古環境変動, 黒田 潤一郎, 堀 利栄, 鈴木 勝彦, 大河内 直彦, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2012, 0, 2012年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005451629
  • 中生界含放散虫層状チャート研究の展望, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2012, 0, 2012年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005451998
  • O-12 ジュラ紀古世海洋環境変動 : 繰り返すOAEs(1.ジュラ系+,口頭発表,一般講演), 堀 利栄, 南林 慶子, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 115, 2008年09月, 10.14863/geosocabst.2008.0.70.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007059950
  • 5万分の1地質図幅「加茂」地域の足尾帯珪質泥岩から見出された後期三畳紀放散虫化石, 内野 隆之, 堀 利栄, 地質調査研究報告, 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター, 地質調査研究報告, 62, 3, 191, 196, 2011年, 1346-4272, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003379254,     Late Triassic radiolarian fossils were extracted from siliceous mudstone in an accretionary complex of the Ashio Terrane in the Kamo district (Quadrangle series 1:50,000 of the Geological Survey of Japan), Niigata Prefecture, Japan. The siliceous mudstone occurs as a block within a muddy matrix. The siliceous mudstone also belongs to the upper unit of the Senmi Complex, which is distributed widely in the Kanbara Mountains within the Kamo district. The fauna in the siliceous mudstone consists mainly of species of the genera Canoptum, Betraccium, Cantalum and Fontinella, including Canoptum sp. cf. C. rhaeticum, Fontinella sp. cf. F. clara, Fontinella sp. cf. F. primitiva etc. Based on radiolarian biostratigraphy of these taxa previously documented elsewhere, the radiolarian fauna studied was dated to the Late Triassic (Rhaetian). This is a first report of Triassic radiolarian fossils from clastic rocks of the Ashio Terrane in the Kanbara Mountains; thus, this find contributes to reconstructions of oceanic plate stratigraphy of the Ashio Terrane in this region.
  • O-236 マツバイによる鉱山周辺の重金属汚染された水環境の浄化(27.環境地質,口頭発表,一般講演), 榊原 正幸, 大森 優子, チーホアンハー グエン, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 115, 2008年09月, 10.14863/geosocabst.2008.0.293.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007060006
  • 層状チャートのオスミウム同位体記録からみた三畳紀‐ジュラ紀境界の海洋環境変動, 黒田 潤一郎, 堀 利栄, 鈴木 勝彦, 大河内 直彦, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2011, 0, 52, 52, 2011年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004596377
  • O-14 深海堆積物における上部三畳系有機炭素同位体層序(ジュラ系+,口頭発表,一般講演), 堀 利榮, 秋國 健一, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 114, 2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006435249
  • ニュージーランド北島,ワイパパテレーン付加体中の遠洋性堆積物層序と高緯度帯放散虫群集産出の意義(2.ジュラ系+), 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 112, 0, 2005年09月, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004572110
  • ニュージーランド北島アローロックスにおける古生代/中生代直後の放散虫群集の変遷, 竹村 厚司, キャンベル ヘイミッシュ, 小森 はる奈, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 相田 吉昭, 堀 利栄, 高橋 聡, 池田 昌之, スポーリ バーナード, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2011, 0, 54, 54, 2011年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004596399
  • ヒ素およびアンチモンに富む岩石粉末試料のPIXEによる定量分析, 榊原 正幸, 菅原 久誠, 千葉 悦子, 世良 耕一郎, 堀 利栄, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学理学部紀要委員会, 愛媛大学理学部紀要, 16, 1, 6, 2010年, 09195203, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006527595
  • ニュージーランド・ワイパパ帯下部三畳系層状チャートにおける古海洋環境イベントの解析, 堀 利栄, Sporli K. Bernhard, Grant-Mackie Jack A., 小玉 一人, 池原 実, 山北 聡, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 高橋 聡, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2010, 0, 116, 116, 2010年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004595367
  • 古生代後期緑色岩の火成活動の形成年代・形成場に関する制約-四国西部における北部秩父帯の地質学的検討-, 辻 智大, 渋谷 奨, 榊原 正幸, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2009, 0, 210, 210, 2009年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004594911
  • 5万分の1地質図幅「加茂」地域(新潟県蒲原山地)に分布する足尾帯の地質と付加年代, 内野 隆之, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2009, 0, 378, 378, 2009年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004595096
  • 上部三畳系~下部ジュラ系層状チャートの有機炭素同位体層序, 堀 利栄, 秋國 健一, 南林 慶子, 工藤 薫子, 村上 由記, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2009, 0, 92, 92, 2009年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004595340
  • ニュージーランド北島,ラキノ島より産出した中~後期三畳紀放散虫およびコノドント化石, 相田 吉昭, 堀 利栄, 高橋 聡, K. Bernhard Sporli, 山北 聡, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2009, 0, 93, 93, 2009年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004595341
  • 四国北部秩父帯の炭酸塩ノジュールからのジュラ紀前期放散虫化石, 竹村 厚司, 岸本 紗矢子, 竹村 静夫, 堀 利栄, 山北 聡, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2009, 0, 94, 94, 2009年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004595342
  • 白亜紀中期の古環境変動研究, 黒田 潤一郎, 鈴木 勝彦, 谷水 雅治, 堀 利栄, Tejada Maria Luisa L., 柏山 祐一郎, 小川 奈々子, 大河内 直彦, 日本地球化学会年会要旨集, 一般社団法人日本地球化学会, 日本地球化学会年会要旨集, 56, 0, 304, 304, 2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005053987, 白亜紀の中期(BarremianからTuronian)は、顕生代で最も温暖な時代Greenhouse age である。この時代を特徴づける地質イベントとして、「海洋無酸素イベントOceanic Anoxic Event (OAE)」が挙げられる。OAEは、テチス海や大西洋、太平洋など世界中の海洋底に有機炭素に富む黒色頁岩が堆積するイベントであり、白亜紀の中頃に繰り返し発生した。その中でも、前期AptianとCenomanian-Turonian 境界におきたOAE-1aとOAE-2は、汎世界的に有機質黒色頁岩が堆積することから、最大級のOAEと考えられている。このOAEは寒冷化した新生代では認められない。OAEの出現メカニズムについては古くから盛んに議論されてきたが、発生機構、維持機構についてわかっていない。私たちはさまざまな同位体記録を用いてOAEと大規模火山活動との関連について検討してきた。本講演では、火山活動がグローバルな環境変動のトリガーになっていることを明らかにする試みについて詳細に紹介する。
  • マツバイによる鉱山周辺の重金属汚染された水環境の浄化, 榊原 正幸, 大森 優子, グエン チー・ホアン・ハー, 佐野 栄, 世良 耕一郎, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2008, 0, 293, 293, 2008年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005007749
  • ジュラ紀古世海洋環境変動~繰り返すOAEs~, 堀 利栄, 南林 慶子, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2008, 0, 70, 70, 2008年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005008052
  • オントンジャワ海台火山活動と白亜紀の海洋環境変動, 黒田 潤一郎, 谷水 雅治, 堀 利栄, 鈴木 勝彦, 小川 奈々子, 大河内 直彦, 日本地球化学会年会要旨集, 一般社団法人日本地球化学会, 日本地球化学会年会要旨集, 55, 0, 398, 398, 2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005053664, 白亜紀のAptianからTuronianにかけて、海洋底に有機質泥が堆積する海洋無酸素イベントOceanic Anoxic Event (OAE)が繰り返し発生した。その中でも、前期AptianにおきたOAE-1aは汎世界的に有機質泥が堆積する最大級のOAEである。このOAE-1aの年代(約120 Ma)は地球最大の洪水玄武岩であるオントンジャワ海台の形成時期(123~119Ma)に近く、このため両者の関連が注目されてきた。オントンジャワ海台の火山活動とOAE-1aの関連を調べることで、大規模な火成活動と地球表層環境変動とのリンクを理解することができる。しかし、両者の時間的関連や因果関係について未解明の問題が多く、前者については年代学的・層序学的精査が、また後者については数値モデル実験などを用いた検討が必要である。本研究では、Aptian前期にテチス海や太平洋で堆積した遠洋性堆積物の炭素、鉛、オスミウム同位体比を測定し、OAE-1aの層準の周辺でオントンジャワ海台の形成に関連した大規模火山活動の痕跡が認められるかどうかを検討し、両者の同時性を層序学的に評価した。用いた試料はテチス海西部の遠洋性堆積物(イタリア中部ウンブリア州)、太平洋中央部の浅海遠洋性堆積物(シャツキー海台のODP198-1207Bコア)および深海遠洋性堆積物(高知県横波半島の四万十帯チャート;庵谷ほか、印刷中)の3サイトの遠洋性堆積物を使用した。これら3サイトにおいて、微化石および炭素同位体比変曲線からOAE-1aの層準を正確に見出した。横波半島の四万十帯チャートは、OAE-1aのインターバルを含む数少ない太平洋の深海底堆積物である(庵谷ほか、印刷中)。イタリアセクションのOs同位体比はOAE-1aの開始時およびその数10万年前の2回、明瞭なシフトが認められ、同位体比の低いOsの供給が増加したことが明らかになっている(Tejada et al., submitted)。特にOAE-1aの開始時に起きたOs同位体比のシフトは極めて大きく、数10万年間続くことから、オントンジャワ海台の形成に関連したマントルからの物質供給でのみ説明可能である。今回、低いOs同位体比が横波チャートにも認められることが明らかになった。先に述べたOs同位体比の変動は地球規模のものと結論付けられる。一方、海洋での滞留時間の短いPbはOsと異なり、サイト間で同位体比が異なる。イタリアのセクションでは当時のユーラシア大陸地殻に近いPb同位体比を示し、同位体比の大きな変動は認められない。これに対し、横波チャートのPb同位体比はオントンジャワ海台玄武岩の同位体比にほぼ一致し、オントンジャワからの物質供給が活発であったことを示している。シャツキー海台の堆積物のPb同位体比はイタリアセクションと横波チャートの中間的な値を示す。また、シャツキー海台の堆積物には、OAEが開まる時期にオントンジャワ海台からの物質供給が増加したことを示唆するPb同位体比の変化が認められた。このように、Pb同位体組成には当時の古地理(オントンジャワ海台からの距離、深海/浅海)に対応した違いが認められた。本発表では上記の新知見に加えて、3サイトのPb同位体比と古地理分布からオントンジャワ海台からの物質供給プロセスなどを検討する。
  • O-178 ニュージーランド,アローロックスからの三畳紀最前期Induan期の放散虫化石群集(17.古生物,口頭発表,一般講演), 竹村 厚司, 青野 遼, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 114, 2007年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006435412
  • 深海堆積物における上部三畳系有機炭素同位体層序, 堀 利栄, 秋國 健一, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2007, 0, 129, 129, 2007年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004594164
  • 愛媛県砥部町の万年変質安山岩体のボーリングコアにおける硫化鉱物の産状および砥素濃度, 榊原 正幸, 中井 芳恵, 千葉 悦子, 近石 沙知子, 佐野 栄, 堀 利栄, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学理学部紀要, 11, 27, 37, 2005年03月, 09195203, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004715624, Mode of occurrences of sulfide minerals and As concentrations of samples from a HORIzontal boring core of Mannen altered andesite in the Tobe Town, Ehime Prefecture, Japan, has been investigated based on petrography, mineralogy and geochemistry. The Mannen altered andesite intrudes into the vicinity of boundary between the Sanbagawa metamorphic rocks and the Middle Miocene Kuma group. The andesite body has undergone extensive hydrothermal alteration, and has domains of a high concentration of As, S and Sb. Index alteration minerals are pyrite, arsenopyrite, marcasite, stibnite, quartz, opal, carbonate minerals, chlorite, illite and kaolinite. In the Mannen arrear textures of sulphide minerals can be divided into the following six types; sparse, sand spot pool and vein, and black-ink-drawing types. The black-ink-drawing type is characterized by the abundance in marcasite and arsenopyrite. The high concentration domains in arsenic are in general agreement with that characterzed by sulphide minerals of the black-ink-drawing type. Sb, S and As are extremely added and Na_2O, MgO, CaO and FeO are depleted in the Mannen andesites during the hydrothermal alteration on the basis of isocon analyses.
  • 新第三紀熱水活動によって形成された愛媛県西条市・市之川角礫岩における砥素およびアンチモンの挙動, 榊原 正幸, 平岡 良崇, 堀 利栄, 木村 一成, 中島 杏子, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学理学部紀要, 11, 65, 80, 2005年03月, 09195203, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004715628, In this paper, formation process of Ichinokawa breccia and antimony-arsenic mineralization in the breccia in the Ichinokawa area of Saijyo City, Ehime Prefecture, Japan, has been studied on the basis of geological, petrological and geochemical data. We have focussed on "hydraulic fracturing" process for the genesis of the Ichinokawa conglomerate. Ichinokawa conglomerate can be divided mainly into Ichinokawa breccia and Myojin Group. Carbonate-rich breccia and sandstone filling fractures are also found in the Sanbagawa schists adjacent to the Ichinokawa breccia. High-angle breccia zones, the Ichinokawa breccia, cut across the Sanbagawa schistocity. The Ichinokawa breccia consist principally of breccias which have been partly altered and veined by quartz, carbonate minerals and pyrite, and matrix of carbonate-rich sandstone. Schist clasts (up to 10 m across) in the breccia are angular but not variably rotated. Breccias are both clast- and matrix-supported and show evidence for single fracturing and healing by hydrothermally precipitated minerals such as carbonate minerals, pyrite, stibnite, pyrite and quartz. Two Sb and As-rich zones in the Ichinokawa breccia along the Ichinokawa River are about 10-30 m wide adjacent to the Sanbagawa schists. As and Sb values of carbonate matrix in the breccia are extremely high. These observations suggest that the the Ichinokawa breccia formed through a hydrofracturing process associated with hydrothermal fluid infiltrated into Sanbagawa metamorphic as precursor of the antimony ore forming. Hydrothernal fluid seems to have caused mineralization of carbonate minerals and sulfide minerals. Afterwards, the Myojin Group was accumulated above on the Ichinokawa breccia.
  • 愛媛県砥部町の万年変質安山岩体の化学的風化における主要・微量元素の挙動, 千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 中井 芳恵, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学理学部紀要, 11, 39, 46, 2005年03月, 09195203, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004715625, The weathering process of Mannen altered andesite in Tobe Town, Ehime Prefecture, Japan, has been investigated based on geology, petrography and geochemistry. The Mannen andesite intrudes into the Sanbagawa metamorphic rocks and the Middle Miocene Kuma group. The andesite dyke have undergone extensive hydrothermal alteration and mineralization, and has domains of a high concentration of As, S and Sb. Index alteration minerals are pyrite, arsenopyrite, marcasite, stibnite, quartz, carbonate, chlorite, titanite and illite. The weathering types in the near surface of the Mannen andesite is divided into five based on the degree of progress of weathering. That results show that domains of sulphide minerals-rich altered andesite are extremely weathered. CaO, Fe_2O_3, MgO, Pb, Cu, Sb, S and As are depleted in weathered parts of the Mannen andesite based on isocon analysis. Especially, Fe_2O_3, S and As are extremely depleted in weathered parts of sulphide minerals-rich altered andesites. It shows that sulphide minerals in the andesite are decomposed by interaction of surface water and microbial activity, and these elements are leaching away to surrounding environments.
  • 砒素を溶出する泥岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関するポット実験, 渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 近藤 敏仁, 井上 雅裕, 堀 利栄, 鈴木 哲也, 竹花 大介, 愛媛大学理学部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学理学部紀要, 11, 13, 18, 2005年03月, 09195203, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004715622, Phytoremediation is the use of plants for the in situ cleanup of contaminated soils, sediments, and ground water. Pot-scale experiment evaluated phytoremediation by Pteris vittata L. (Chinese brake fern) for mudstone containing arsenic (12.3 mg/kg-DW) of the Hakobuchi Group in the Yubari City, central Hokkaido, Japan. In this experiment, fronds of Pteris vittata L. were taken after 18 weeks growth in soil. The following properties became clear after examining the experimental results. (1) The brake fern can growth in the soil made from mudstone containing arsenic. (2) The highest arsenic concentrations in the frond of Pteris vittata L. growing in the soil are about 3000 mg/kg-DW. (3) The fern removed arsenic about 10 % from mudstone. The results suggested that the brake fern has a great poten tial to be used for phytoremediating soils with low concentration of arsenic.
  • Lithology of the ARG Section, North Island, New Zealand, 兵庫教育第学, 24, 3, 25, 31, 2004年
  • Occurrence of Jurassic radiolarian fossils from the Kamuikotan metamorphic rocks in the Kamietanbetsu area, central Hokkaido, Japan, and its geological significance, M. Ikeda, R. S. Hori, M. Sakakibara, Journal - Geological Society of Japan, 103, 167, 169, 1997年12月, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0031394027&origin=inward
  • 123 下部ジュラ系放散虫化石帯 : 特に美濃帯犬山地域を例として, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 94, 0, 1987年04月, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003035655
  • O-12 P/T境界における放散虫類の変遷 : アローロックスからの三畳紀最前期の放散虫群集について(2.地球史とイベント大事件-2,口頭およびポスター発表,一般講演), 竹村 厚司, 青野 遼, 竹村 静夫, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006, 0, 2006年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006198715
  • 116 美濃帯犬山地域の下部ジュラ系放散虫化石層序, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 93, 0, 1986年04月, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003030761
  • P-8 微化石フォーナの三畳紀末絶滅要因の再検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 堀 利栄, 秋國 健一, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006, 0, 2006年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006198955
  • 123 日本のジュラ系放散虫化石帯の年代, 八尾 昭, 松岡 篤, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 93, 0, 1986年04月, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003030768
  • P-9 高知県横浪半島五色ノ浜に分布する四万十帯白亜系層状チャートの検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 庵谷 奈津子, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006, 0, 2006年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006198956
  • 美濃帯犬山地域の下部ジュラ系放散虫化石層序, 堀利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 93rd, 212, 1986年04月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902010949916437
  • 日本のジュラ系放散虫化石帯の年代, 八尾昭, 松岡あつし, 堀利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 93rd, 219, 1986年04月, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902028621969793
  • 上月-龍野帯(上郡帯)西北部の地質 : 古生代, 後藤 博弥, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 92, 0, 1985年03月, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003039130
  • P-10 兵庫県生野地域の丹波帯ジュラ紀古世付加コンプレックスの地質と放散虫化石(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演), 澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2006, 0, 2006年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006198957
  • ニュージーランド北島Arrow Rocks島に於けるチャート : 砕屑岩層の化学組成と三畳紀前期無酸素事変(OAEs)(2.ジュラ系+), 堀 利栄, 鈴木 紀毅, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 榊原 正幸, 前田 朋子, 樋口 靖, 藤木 徹, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005, 0, 2005年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004572111
  • 兵庫県生野地域における丹波帯三畳紀? : ジュラ紀付加コンプレックス(2.ジュラ系+), 澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005, 0, 2005年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004572438
  • 環境基準を超える砒素を溶出する泥岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関する実験(26.環境地質), 渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 井上 雅裕, 堀 利栄, 近藤 敏仁, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2005, 0, 2005年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004572662
  • 愛媛県西条市・市之川礫岩の環境岩石学的研究, 千葉 悦子, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集, 日本鉱物科学会, 日本岩石鉱物鉱床学会 学術講演会 講演要旨集, 2005, 0, 26, 26, 2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005019843, 本研究では,愛媛県西条市,市之川中流域に分布する市之川礫岩を対象として,環境岩石学的検討を行い,熱水変質作用および地表付近の環境における主要・微量元素の移動・再濃集プロセスについて考察した.市之川礫岩の礫はすべて熱水変質作用を受けていることから,礫岩形成後に熱水変質作用を被り,熱水沈殿物としてドロマイトを主とする基質が沈殿したと考えられる.その際,As,Sb,Sなどが添加,SiO2,Fe2O3,MgOなどが溶脱した.黄鉄鉱が多く形成されていることからAs,SbおよびSは黄鉄鉱として岩石中に固定されたと考えられる.その後,表層風化の過程で,黄鉄鉱が分解・溶脱し,S,Fe2O3,AsおよびSbが岩石中から溶脱したと考えられるが,風化部でFe2O3,AsおよびSbが増加している.これらの元素は風化部で褐鉄鉱中に含有されていると推定される.また,黄鉄鉱の分解とともにドロマイトが溶脱し,CaOおよびMgOが減少したと考えられる.
  • P-76 愛媛県西海町南東部海域における珪質プランクトンの季節変動(11. 海洋地質), 堀 利栄, 蔭山 順司, 天野 敦子, 井上 卓彦, 岩本 直哉, 井内 美郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004, 0, 2004年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040129
  • P-148 四国西部柳谷地域における北部秩父帯の玄武岩類と遠洋性堆積岩類の初生的関係(18. 付加体), 辻 智大, 米倉 栄子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004, 0, 2004年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040201
  • P-240 愛媛県西条市における市之川礫岩とF含有量からみたアンチモン鉱床の形成過程(27. 岩石鉱物一般), 平岡 良崇, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004, 0, 2004年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040293
  • P-261 モエジマシダによる自然由来のAsを高濃度に含む土砂の浄化に関する基礎的実験 : ファイトレメディエーション技術の実用化への展開(29. 環境地質), 渡邉 彩, 高木 梢, 榊原 正幸, 井上 雅弘, 堀 利栄, 佐野 栄, 久保田 領志, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004, 0, 2004年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040314
  • P-263 愛媛県砥部町のAsに富む変質安山岩における熱水変質作用および環境岩石学的研究(29. 環境地質), 千葉 悦子, 中井 芳恵, 近石 沙知子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 佐野 栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2004, 0, 2004年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040316
  • O-18 ニュージーランド北島における三畳紀/ジュラ紀境界, 堀 利栄, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Grant-Mackie Jack A., Sporli Bernbard K., 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003, 0, 2003年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040369
  • P-17 ニュージーランド北島アローロックスにおけるペルム紀中-後期の遠洋性堆積物の岩相変化, 竹村 静夫, 堀 利栄, 榊原 正幸, 大金 薫, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Sporli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 坂本 慎吾, 竹村 厚司, 西村 年晴, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003, 0, 2003年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040781
  • P-132 ニュージーランド北島アローロックスから産出した前期三畳紀 Induan (Griesbachian∿Dienerian) のコノドント化石, 山北 聡, 大金 薫, 竹村 静夫, 坂本 慎吾, 小玉 一人, 中村 洋一, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 堀 利栄, 榊原 正幸, 藤木 徹, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2003, 0, 2003年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003040893
  • P-34 松山平野の基盤構造と2001年芸予地震における住宅被害との関係(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,ポスター発表,一般講演), 市原 寛, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002, 0, 2002年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430919
  • P-68 ニュージーランド北島,ワイパパ帯の緑色岩類とチャート・石灰質岩類の初生的関係1999年8月イズミット地震の湖底地震断層の音波探査結果(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 榊原 正幸, 山北 聡, 鈴木 紀毅, 中村 洋一, 小玉 一人, 古谷野 隆行, 大金 薫, 坂本 慎吾, Campbell Hamish, Sporli Bernhard, 佐竹 敦, 藤木 徹, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 酒井 豊三郎, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002, 0, 2002年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430953
  • P-69 ニュージーランド北島モツカワヌイ島から産出する三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 鎌田 祥仁, 那須 由紀恵, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 黒崎 要子, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002, 0, 2002年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430954
  • P-70 ニュージーランド北島パキヒ島層状チャートから産出した三畳紀末放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 堀 利栄, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002, 0, 2002年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430955
  • P-71 ニュージーランド北島ポヌイ島より産するジュラ紀高緯度帯放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演), 相田 吉昭, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2002, 0, 2002年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430956
  • P-29 2001年芸予地震における松山市周辺の家屋被害の特徴(7, 2000年鳥取県西部地震・2001年芸予地震での地質災害と地質環境-液状化-流動化被害を中心として-,ポスターセッション,一般発表), 堀 利栄, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 愛大地球系芸予地震学生調査グループ, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001, 0, 2001年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430274
  • P-31 ニュージーランド北島アローロックスで新たに発見された下部三畳系(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 竹村 厚司, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001, 0, 2001年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430276
  • P-32 ニュージーランド北島アローロックスより産出する前期三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 鎌田 祥仁, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001, 0, 2001年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430277
  • P-33 ニュージーランド北島アローロックスにおける下部三畳系層状チャートの化学組成(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish J., SPORLI K. Bernhard, 前田 朋子, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001, 0, 2001年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430278
  • P-34 ニュージーランド北島・南島における中生代高緯度帯放散虫群集の研究(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表), 相田 吉昭, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamlsh, SPORLI Bernhard, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2001, 0, 2001年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009430279
  • O-293 北海道中軸部,白亜紀付加体から復元された空知海台の形成年代および岩石化学的性質, 榊原 正幸, 堀 利栄, 木村 学, 池田 倫治, 甲本 智之, 加藤 宏海, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999, 0, 1999年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003029186
  • P-26 ニュージーランド北島Waipapa帯北部, Arrow Rocksにおける下部三畳系コノドント生層序と,日本の深海成ペルム/三畳系境界層との岩相比較, 山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Spoli K. Bernhand, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999, 0, 1999年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003029250
  • P-27 ニュージーランドWaipapa帯Arrow Rocksにおけるペルム/三畳系境界付近の地球化学的検討(その2), 堀 利栄, 酒井 豊三郎, 樋口 靖, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, Rogers Karyne, Campbell Hamish, Spoli K. Bernhard, 小玉 一人, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1999, 0, 1999年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003029251
  • ニュージーランド北島,ワイパパテレーン北部の海洋底堆積物層序, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, K. Bernhard Spörli, Hamish Campbell, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1998, 0, 1998年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005430297
  • 北海道中軸部白亜紀付加体から復元された空知海台の年代およびその形成場, 堀 利栄, 榊原 正幸, 木村 学, 池田 倫治, 甲本 智之, 加藤 宏海, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1998, 0, 1998年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005430683
  • 110 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部,Arrow Rocks の層序とペルム紀-三畳紀放散虫化石, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Sporli K.Bernhard, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997, 0, 1997年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003028332
  • 111 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部 Mahinequa 半島の三畳系中部〜上部の放散虫化石層序, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 堀 利栄, SPORLI K.B., 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997, 0, 1997年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003028333
  • 112 ニュージーランド北東の上部ペルム系〜下部三畳系層状チャートの地球化学的研究, 樋口 靖, 堀 利栄, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 小玉 一人, 竹村 厚司, Campbell H., Sporli K.B., 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1997, 0, 1997年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003028334
  • (13) 層状チャートにおける有律互層形成のメカニズム, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1995, 0, 1995年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003030089
  • 105. 三畳紀・ジェラ紀放散虫イベントと古環境変化速度, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1995, 0, 1995年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003030217
  • 114. ニュージーランド北島カヒア海岸における下部ジュラ系ムリヒク層から産出した放散虫化石 : 予報, 堀 利栄, 相田 吉昭, Grant-Mackie J.A., 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1994, 0, 1994年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003029670
  • Triassic-Jurassic Radiolarian-Bearing Sequences in the Mino Terrane, Central Japan, In Guide Book for InterRad VII Field Excursion, 88, 1994年
  • 愛媛県砥部町の岩盤・土壌・河川水・地下水の砒素汚染およびその環境浄化に関する研究, 平成14年度理学部長裁量経費研究成果報告書(愛媛大学), 1, 104, 2003年
  • 北海道中央部,神居古潭コンプレックスにおける塩基性岩類とチャートの初生的関係, 基礎研究(A)付加体形成における緑色岩の意義 研究報告, 2, 107, 115, 1997年
  • Basaltic sheet intruding into Middle-Late Permian pelagic sedimentary rocks ar Arrow Rocks, Waipapa terrane, North Island, New Zealand, 日本地質学会地質学雑誌, 109, 12, XXIII-XXIV, 2003年
  • 住宅被害とその集中地域, 愛媛大学愛媛大学芸予地震学術調査団報告書, 113, 140, 2002年
  • 愛媛県西条ー新居浜地域における中央構造線と斜面災害の関係, 愛媛大学自然災害学術調査団2004年愛媛県下における自然災害学術調査報告書, 26, 42, 2004年
  • 新居浜多喜浜南部丘陵地における斜面災害の地質学的検討, 愛媛大学自然災害学術調査団2004年愛媛県下における自然災害学術調査報告書, 43, 50, 2004年
  • 微化石層序に関するグローバルスタンダードの構築 ーT/J境界ー, 基盤研究(C)(1)研究成果報告書, 1, 324, 2003年
  • 北海道の休廃止鉱山周辺における自生植物の重金属耐性および集積能力, 第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, 426, 430, 2007年
  • マツバイによる廃止鉱山残土堆積場の重金属汚染された水・底質環境の浄化, 第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, 130, 133, 2008年
  • Accumulation of heavy metals by Eleocharis acicularis in an abandoned mining site of Hokkaido, Japan, 第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, 550, 553, 2008年
  • 重金属汚染された水・堆積物におけるマツバイによるファイトレメディエーションおよびファイトマイニング, 第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集, 525, 530, 2009年
  • 7. 層状チャート中のToarcian Oceanic Event, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1993, 0, 76, 77, 1993年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003034884
  • 28. 四国西部大久喜地域におけるみかぶ緑色岩中のチャートブロックの産状と放散虫化石, 堀 利栄, 榊原 正幸, 村上 尚義, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1993, 0, 1993年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003034987
  • 194 チャート砕屑岩コンプレックスのはぎ取り付加テクトニクス, 木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1991, 0, 1991年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003027412
  • 23 層状チャートにみられるジュラ紀古世後期(Toarcian期?)の海洋変化, 堀 利栄, 益田 晴恵, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1990, 0, 1990年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003026765
  • 24 トリアス紀-ジュラ紀境界付近におけるマイクロスフェリュールの変動, 趙 章熙, 堀 利栄, 梅田 裕之, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1990, 0, 1990年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003026766
  • 229 ジュラ紀古世後期放散虫化石の群集変化, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1989, 0, 1989年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003031846
  • 31a-TA-1 ジュラ紀・三畳紀チャート中のスフェルールIV(宇宙線(宇宙物質,μν)), 趙 章熙, 堀 利栄, 三尾野 重義, 梅田 裕之, 中西 章夫, 鯨井 秀之, 年会講演予稿集, 一般社団法人 日本物理学会, 年会講演予稿集, 44, 0, 1989年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009792638
  • 371 褶曲・スラスト覆瓦構造をなすチャート砕屑岩シークエンスの変形過程 : 美濃帯犬山地域の例, 木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 一般社団法人 日本地質学会, 日本地質学会学術大会講演要旨, 1988, 0, 1988年, 1348-3935, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003031529
  • 上月‐竜野帯(上郡帯)西北部の地質, 後藤博弥, 堀利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨, 92nd, 189, 1985年, 1348-3935, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902025237862060
  • 88, 1994年
  • 109, 12, XXIII-XXIV, 2003年
  • 545, 548, 2006年
  • 1, 324, 2003年
  • 426, 430, 2007年
  • 103, 10, 953, 961, 1997年, 10.5575/geosoc.103.953
  • 52, 1, 15, 1999年
  • 1993年
  • 130, 133, 2008年
  • 550, 553, 2008年
  • 525, 530, 2009年
  • 2009年
  • 2009年
  • 2009年

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金

その他

  • 2019年05月, ダイバーシティ推進のためのJpGUセッション企画・実施, JpGUにおいて、AGU-EGU-JpGU Union sessionとして「地球惑星科学分野の ダイバーシティ推進状況~ 国際的な視点から ~」(Gender Topics) をコンビナーの一人として立ち上げ、実施した。
  • 2018年02月, 日本古生物学会 第167回例会 シンポジウム「ゴンドワナ生物相—その進化と特異性—」, 日本古生物学会 第167回例会. (2018年2月2日) 愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホールで開催された特別シンポジウムを企画しコンビナーとして参加した。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.