詳細検索はこちら

堀 利栄ホリ リエ

所属部署
大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttps://sites.google.com/site/rieshorilabweb/home
生年月日
Last Updated :2019/02/07

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:愛媛大学の堀です。堀は仕事名です。専門は、地質学、微化石・層序学で中生代を主に研究しています。

学位

  • 理学博士

経歴

  •   2018年04月,  - 現在, 愛媛大学, 学長特別補佐
  •   2017年04月,  - 現在, 愛媛大学評議員
  •   2018年12月,  - 2018年12月, リール大学(フランス), Invited Research speaker
  •   2011年04月,  - 2011年10月,  ルンド大学(スウェーデン), 客員教授
  •   2007年,  - 2014年10月, - 愛媛大学大学院理工学研究科, 准教授
  •   2005年,  - 2007年,  愛媛大学大学院理工学研究科, 助教授
  •   1994年,  - 1997年,  東雲短期大学, 非常勤講師
  •   1994年,  - 2005年,  愛媛大学理学部地球科学教室, 助手
  •   1996年,  - 1996年, 文部省, 研究開発動向調査研究員
  •   1992年,  - 1994年,  愛媛大学教養部, 非常勤講師
  •   1990年,  - 1991年,  通産省工業技術院地質調査所地質部
  •   1990年,  - 1992年,  日本学術振興会, 特別研究員

所属学協会

  • 日本地質学会
  • 日本古生物学会
  • ニュージーランド地質学会
  • ニュージーランド王立協会
  • International Association of Radiolarian Palaeontologists

委員歴

  •   2016年 - 現在, 日本惑星科学連合, ダイバーシティ推進委員会
  •   2005年, 日本地質学会, 代議員
  •   2007年, 日本地質学会, 男女共同参画委員会委員長
  •   2007年 - 2009年, 日本地質学会, 評議員

研究活動情報

研究分野

  • 地質学, 付加体地質
  • 層位・古生物学, 微化石・層序学

研究キーワード

    地質学, 層位・古生物学

論文

MISC

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Living Radiolaria+: trophic habits and skeletogenesis
    堀 利栄, Séminaire Laboratoire d'Oceanologie et de Geosciences UMR8187LOG,   2018年12月20日, 招待有り
  • The origin and paleoenvironmental significance of deep-sea radiolarites from Panthalassa : a recorder of geological events
    堀 利栄, Journée Scientifique IRePSE 2018, University of Lille,   2018年12月10日, 招待有り
  • 有殻海洋プランクトンの環境適応と骨格形成戦略
    堀 利栄, 第34回国際生物学賞記念シンポジウム,   2018年11月22日, 招待有り
  • Evolution of siliceous plankton and radiolarite – its relation with the carbon and silicon cycles and global climate
    Peter Oliver Baumgartner, Maximilien Bôle, Masayuki Ikeda, S. Rie Hor, 国際古生物学会,   2018年07月12日, 招待有り
  • アカンタリア目骨格成分の元素分析
    藤井麻緒・堀 利栄・大藤弘明・仲村康秀, 日本古生物学会 第167回例会,   2018年02月04日
  • 両極分布を示す前期三畳紀コノドントWapitiodus
    山北聡・竹村厚司・相田吉昭・堀利栄・高橋聡・Hamish Campbell・Bernhard Spörli, 日本古生物学会 第167回例会,   2018年02月04日
  • 久万層群から発見されたアスナロビシ属果実化石について
    塚腰実・岡本隆・堀利栄, 日本古生物学会 第167回例会,   2018年02月03日
  • ゴンドワナ由来の三畳紀〜ジュラ紀放散虫フォーナ
    相田 吉昭・堀 利栄, The 167th Regular Meeting The Palaeontological Society of Japan,   2018年02月02日, 招待有り
  • 道後・東道後温泉におけるpH値と地殻変動の潮汐応答
    山本明彦・堀利栄・日野愛奈, 第17回日本地質学会四国支部総会・講演会,   2017年12月16日
  • A growth model and strategy of forming siliceous skeletons of living Spumellaria (Radiolaria)
    Rie S. HORI, Takenobu SHINKI, Akihiro IWAKIRI, Atsushi MATSUOKA, Noritoshi SUZUKI, Kaoru OGANE, Akihiro TUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月26日
  • Panthalassa and Neotethys – two siliceous giants facing the break-up of Pangea
    Peter O. BAUMGARTNER, Rie S. HORI, Maximilien BÖLE, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月25日, 招待有り
  • Triassic-Jurassic boundary of a bedded chert sequence from the Chichibu Belt, Shikoku, Japan
    Rie S. HORI, Natsuko YOSHIDA, Junichiro KURODA, Nanako O. OGAWA, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月25日
  • Early Triassic conodont provincialism and its implication for the paleoceanography of Tethys and Panthalassa
    Satoshi YAMAKITA, Atsushi TAKEMURA, Yoshiaki AITA, Rie S. HORI, Satoshi TAKAHASHI, Jack A. GRANT-MACKIE, K. Bernhard SPÖRLI, Hamish J. CAMPBELL, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月24日
  • Biosiliceous facies and flux change of the Early Triassic bedded chert from Arrow Rocks, New Zealand, Panthalassa ocean
    Yoshiaki AITA, Natsuko KIKUCHI, Kenta KUSABA, Takumi MARUYAMA, Satoshi YAMAKITA, Atsushi TAKEMURA, Rie S. HORI, Satoshi TAKAHASHI, Megumi SAITO, Yoshimi KUBOTA, K. Bernhard SPÖRLI, Hamish J. CAMPBELL, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月24日
  • Radiolarite versus pelagic carbonate sedimentation during the Jurassic-Cretaceous transition, Panthalassa-Tethys- Atlantic-Protocaribbean-paleofertility and ocean circulation
    Peter O. BAUMGARTNER, Jörg MUTTERLOSE, Rie S. HORI, Maximilien BÖLE, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月24日, 招待有り
  • A study on chemical composition of living acantharian (Radiolaria) shell
    Fujii Mao, Rie S. HORI, Yasuhide NAKAMURA, Hiroaki OHFUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月23日
  • The cell division of the phaeodarians―the first step to clarify the life cycle―
    Yasuhide NAKAMURA, Rei SOMIYA, Akihiro TUJI, Dhugal J. LINDSAY, Hiroaki OHFUJI, Rie S. HORI, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月23日
  • Ultrafine structure and molecular phylogeny of living radiolarians –with a view to clarifying the fossil phylogeny–
    Yasuhide NAKAMURA, Izumi IWATA, Rei SOMIYA, Daiske JONDA, Akihito TUJI, Noritoshi SUZUKI, Rie S. HORI, Hiroaki OHFUJI, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月23日, 招待有り
  • Secular variations of oxygen and silicon isotopes in Mesozoic radiolarites from Panthalassa and Tethys - proxies for paleotemperature and paleoproductivity
    Maximilien BÖLE, Peter O. BAUMGARTNER, Rie HORI, Masayuki IKEDA, 国際放散虫研究集会, 新潟,   2017年10月23日
  • 愛媛県秩父累帯層状チャート中の三畳系—ジュラ系境界
    堀 利栄・吉田夏子・黒田潤一郎・小川奈々子, 日本地質学会第124回大会,   2017年09月16日
  • Activities supporting STEM education for pre-university students - The science princess project at Ehime University Japan
    堀 利栄・藤井麻緒, ジェンダーサミット10,   2017年05月25日
  • 蛍光試薬を用いた海洋プランクトン珪質殻形成過程の研究
    堀 利栄, 四国5大学連携シンポジウム,   2016年11月18日
  • 放散虫スプメラリアの珪質殻における成長モデル
    堀 利栄・新木雄之・岩切彰宏・松岡 篤・鈴木紀毅・大金 薫・辻 彰洋, 日本地質学会第122回桜上水大会,   2016年09月12日
  • Progress and problems of gender equality in Japanese academic sciences and geoscience
    堀 利栄, Goldschmidt,   2016年06月28日, 招待有り
  • A study on chemical composition of living acantharian (Radiolaria) shell
    藤井麻諸、堀利栄、大藤宏明, JpGU,   2016年05月22日
  • 海洋無酸素事変(OAE)のトリガーとしての火成活動と日射量変動 ジュラ紀Toarcian OAEの例
    池田昌之・ 堀利栄・ 池原実・ 宮下怜・千野将史・Bole Maximilleum,・Peter Baumgartner, 地球環境史学会年会,   2015年11月, 招待有り
  • Sinemurian Oceanic event recorded in the deep-sea sediments from the western Panthalassa
    中国地質大学(北京)・北京大学地学前線,   2010年
  • Multidisciplinary study on the Triassic-Jurassic boundary sequences from SW Japan
    中国地質大学(北京)・北京大学地学前線,   2010年
  • O-178 ニュージーランド,アローロックスからの三畳紀最前期Induan期の放散虫化石群集(17.古生物,口頭発表,一般講演)
    竹村 厚司, 青野 遼, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨,   2007年09月01日
  • P-10 兵庫県生野地域の丹波帯ジュラ紀古世付加コンプレックスの地質と放散虫化石(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演)
    澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2006年09月08日
  • P-9 高知県横浪半島五色ノ浜に分布する四万十帯白亜系層状チャートの検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演)
    庵谷 奈津子, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2006年09月08日
  • P-8 微化石フォーナの三畳紀末絶滅要因の再検討(1.ジュラ系十,口頭およびポスター発表,一般講演)
    堀 利栄, 秋國 健一, 池原 実, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2006年09月08日
  • O-12 P/T境界における放散虫類の変遷 : アローロックスからの三畳紀最前期の放散虫群集について(2.地球史とイベント大事件-2,口頭およびポスター発表,一般講演)
    竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 堀 利栄, 榊原 正幸, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, 青野 遼, 竹村 静夫, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨,   2006年09月08日
  • マツバイを用いたファイトレメディエーションによる重金属に汚染された水環境の浄化
    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,   2006年
  • 環境基準を超える砒素を溶出する泥岩のモエジマシダによるファイトレメディエーションに関する実験(26.環境地質)
    渡邉 彩, 榊原 正幸, 佐野 栄, 井上 雅裕, 堀 利栄, 近藤 敏仁, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • 兵庫県生野地域における丹波帯三畳紀? : ジュラ紀付加コンプレックス(2.ジュラ系+)
    澁谷 奨, 堀 利栄, 榊原 正幸, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • ニュージーランド北島Arrow Rocks島に於けるチャート : 砕屑岩層の化学組成と三畳紀前期無酸素事変(OAEs)(2.ジュラ系+)
    堀 利栄, 榊原 正幸, 前田 朋子, 樋口 靖, 藤木 徹, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 竹村 厚司, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • P-263 愛媛県砥部町のAsに富む変質安山岩における熱水変質作用および環境岩石学的研究(29. 環境地質)
    千葉 悦子, 中井 芳恵, 近石 沙知子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 佐野 栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2004年09月10日
  • P-261 モエジマシダによる自然由来のAsを高濃度に含む土砂の浄化に関する基礎的実験 : ファイトレメディエーション技術の実用化への展開(29. 環境地質)
    渡邉 彩, 高木 梢, 榊原 正幸, 井上 雅弘, 堀 利栄, 佐野 栄, 久保田 領志, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2004年09月10日
  • P-240 愛媛県西条市における市之川礫岩とF含有量からみたアンチモン鉱床の形成過程(27. 岩石鉱物一般)
    平岡 良崇, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2004年09月10日
  • P-148 四国西部柳谷地域における北部秩父帯の玄武岩類と遠洋性堆積岩類の初生的関係(18. 付加体)
    辻 智大, 米倉 栄子, 榊原 正幸, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2004年09月10日
  • P-76 愛媛県西海町南東部海域における珪質プランクトンの季節変動(11. 海洋地質)
    堀 利栄, 蔭山 順司, 天野 敦子, 井上 卓彦, 岩本 直哉, 井内 美郎, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2004年09月10日
  • P-132 ニュージーランド北島アローロックスから産出した前期三畳紀 Induan (Griesbachian∿Dienerian) のコノドント化石
    山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 堀 利栄, 榊原 正幸, 藤木 徹, 大金 薫, 竹村 静夫, 坂本 慎吾, 小玉 一人, 中村 洋一, Campbell Hamish, Sporli K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2003年09月10日
  • P-17 ニュージーランド北島アローロックスにおけるペルム紀中-後期の遠洋性堆積物の岩相変化
    竹村 静夫, 坂本 慎吾, 竹村 厚司, 西村 年晴, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 堀 利栄, 榊原 正幸, 大金 薫, 鈴木 紀毅, 小玉 一人, Sporli K. Bernhard, Campbell Hamish J., 日本地質学会学術大会講演要旨,   2003年09月10日
  • O-18 ニュージーランド北島における三畳紀/ジュラ紀境界
    堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Grant-Mackie Jack A., Sporli Bernbard K., 日本地質学会学術大会講演要旨,   2003年09月10日
  • P-71 ニュージーランド北島ポヌイ島より産するジュラ紀高緯度帯放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演)
    相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • P-70 ニュージーランド北島パキヒ島層状チャートから産出した三畳紀末放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演)
    堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 小玉 一人, 榊原 正幸, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 竹村 静夫, 大金 薫, 古谷野 隆行, 佐竹 敦, 坂本 慎吾, 中村 洋一, 酒井 豊三郎, Campbell Hamish J., Sporli Bernhard K., 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • P-69 ニュージーランド北島モツカワヌイ島から産出する三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演)
    鎌田 祥仁, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 黒崎 要子, 那須 由紀恵, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • P-34 松山平野の基盤構造と2001年芸予地震における住宅被害との関係(9. 第四紀末期における沖積低地の形成史と災害・環境地質の諸問題,ポスター発表,一般講演)
    市原 寛, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • P-68 ニュージーランド北島,ワイパパ帯の緑色岩類とチャート・石灰質岩類の初生的関係(10. 地域地質・地域層序,ポスター発表,一般講演)
    榊原 正幸, 佐竹 敦, 藤木 徹, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 酒井 豊三郎, 竹村 静夫, 鎌田 祥仁, 山北 聡, 鈴木 紀毅, 中村 洋一, 小玉 一人, 古谷野 隆行, 大金 薫, 坂本 慎吾, Campbell Hamish, Sporli Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月
  • 下部ジュラ系放散虫化石層序とIGCP458(トリアス・ジュラ系境界事件)
    日本地質学会日本地質学会第109年学術大会プレシンポジウム予稿集,   2002年
  • P-34 ニュージーランド北島・南島における中生代高緯度帯放散虫群集の研究(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表)
    相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamlsh, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2001年09月20日
  • P-33 ニュージーランド北島アローロックスにおける下部三畳系層状チャートの化学組成(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表)
    藤木 徹, 前田 朋子, 堀 利栄, 相田 吉昭, 竹村 厚司, 山北 聡, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish J., SPORLI K. Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2001年09月20日
  • P-32 ニュージーランド北島アローロックスより産出する前期三畳紀放散虫化石(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表)
    鎌田 祥仁, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2001年09月20日
  • P-31 ニュージーランド北島アローロックスで新たに発見された下部三畳系(10. 地域地質・地域層序,ポスターセッション,一般発表)
    竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, 堀 利栄, 鎌田 祥仁, 鈴木 紀毅, 榊原 正幸, 藤木 徹, 知公 寿人, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 中村 洋一, CAMPBELL Hamish, SPORLI Bernhard, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2001年09月20日
  • P-29 2001年芸予地震における松山市周辺の家屋被害の特徴(7,ポスターセッション,一般発表)
    堀 利栄, 榊原 正幸, 小松 正幸, 大野 一郎, 愛大地球系芸予地震学生調査グループ, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2001年09月
  • P-27 ニュージーランドWaipapa帯Arrow Rocksにおけるペルム/三畳系境界付近の地球化学的検討(その2)
    堀 利栄, 樋口 靖, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 山北 聡, Rogers Karyne, Campbell Hamish, Spoli K. Bernhard, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1999年10月05日
  • P-26 ニュージーランド北島Waipapa帯北部, Arrow Rocksにおける下部三畳系コノドント生層序と,日本の深海成ペルム/三畳系境界層との岩相比較
    山北 聡, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Spoli K. Bernhand, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1999年10月05日
  • O-293 北海道中軸部,白亜紀付加体から復元された空知海台の形成年代および岩石化学的性質
    榊原 正幸, 堀 利栄, 木村 学, 池田 倫治, 甲本 智之, 加藤 宏海, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1999年10月05日
  • 112 ニュージーランド北東の上部ペルム系〜下部三畳系層状チャートの地球化学的研究
    樋口 靖, 堀 利栄, 相田 吉昭, 酒井 豊三郎, 小玉 一人, 竹村 厚司, Campbell H., Sporli K.B., 日本地質学会学術大会講演要旨,   1997年09月30日
  • 111 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部 Mahinequa 半島の三畳系中部〜上部の放散虫化石層序
    相田 吉昭, 竹村 厚司, 堀 利栄, SPORLI K.B., 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1997年09月30日
  • 110 ニュージーランド北島Waipapa Terrane北部,Arrow Rocks の層序とペルム紀-三畳紀放散虫化石
    竹村 厚司, 相田 吉昭, 堀 利栄, 樋口 靖, Sporli K.Bernhard, Campbell Hamish, 小玉 一人, 酒井 豊三郎, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1997年09月30日
  • 105. 三畳紀・ジェラ紀放散虫イベントと古環境変化速度
    堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1995年03月20日
  • (13) 層状チャートにおける有律互層形成のメカニズム
    堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1995年03月20日
  • 114. ニュージーランド北島カヒア海岸における下部ジュラ系ムリヒク層から産出した放散虫化石 : 予報
    堀 利栄, 相田 吉昭, Grant-Mackie J.A., 日本地質学会学術大会講演要旨,   1994年09月20日
  • 28. 四国西部大久喜地域におけるみかぶ緑色岩中のチャートブロックの産状と放散虫化石
    堀 利栄, 榊原 正幸, 村上 尚義, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1993年03月25日
  • 7. 層状チャート中のToarcian Oceanic Event
    堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1993年03月25日
  • 194 チャート砕屑岩コンプレックスのはぎ取り付加テクトニクス
    木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1991年03月25日
  • 24 トリアス紀-ジュラ紀境界付近におけるマイクロスフェリュールの変動
    趙 章熙, 堀 利栄, 梅田 裕之, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1990年09月25日
  • 23 層状チャートにみられるジュラ紀古世後期(Toarcian期?)の海洋変化
    堀 利栄, 益田 晴恵, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1990年09月25日
  • 229 ジュラ紀古世後期放散虫化石の群集変化
    堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1989年04月25日
  • 371 褶曲・スラスト覆瓦構造をなすチャート砕屑岩シークエンスの変形過程 : 美濃帯犬山地域の例
    木村 克己, 堀 利栄, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1988年04月02日

特許

  • 重金属超集積植物栽培部材および重金属回収方法, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 特願2010-018302, 特開2010-193882
  • 重金属に汚染された媒体の浄化方法, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 井上 雅裕, JP2007000033, WO2007-091382
  • 重金属に汚染された媒体の浄化方法, 榊原 正幸, 佐野 栄, 堀 利栄, 井上 雅裕, 特願2007-557754, 特許第5216967号
  • 重金属に汚染された媒体の浄化方法, 伊東 佳彦, 中川 伸一, 横濱 充宏, 日下部 祐基, 田本 修一, 榊原 正幸, 井上 雅裕, 堀 利栄, 佐野 栄, 永島 玲子, 北島 信行, 近藤 敏仁, 特願2006-022480, 特開2007-203146

受賞

  •   2006年, 学生奨励賞
  •   2007年, ポスター賞
  •   2010年, 優秀講演賞

競争的資金

その他

  •   2018年02月, 日本古生物学会 第167回例会 シンポジウム「ゴンドワナ生物相—その進化と特異性—」, 日本古生物学会 第167回例会. (2018年2月2日) 愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホールで開催された特別シンポジウムを企画しコンビナーとして参加した。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.