研究者総覧

金田 剛史 (カネタ ツヨシ)

  • 大学院理工学研究科 環境機能科学専攻 助教
Last Updated :2020/11/10

研究者情報

学位

  • 博士(理学)(大阪大学)
  • 修士(理学)(大阪大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ジベレリン   細胞伸長   微小管   植物ホルモン   細胞骨格   

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 植物細胞生理学
  • ライフサイエンス / 形態、構造
  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

経歴

  • 2007年04月 - 現在  愛媛大学理工学研究科 環境機能科学専攻助教・特任講師
  • 2005年04月 - 2007年03月  愛媛大学理学部特任講師
  • 1999年08月 - 2007年03月  愛媛大学理学部助手
  • 1997年04月 - 1999年07月  理化学研究所 国際フロンティア研究システムホルモン機能研究チーム基礎科学特別研究員
  • 1997年 - 1999年  Frontier Research Program, The Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN)
  • 1999年  - Faculty of Science, Ehime university
  • 1996年04月 - 1997年03月  大阪大学 理学部School of Science日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 1996年 - 1997年  Fuculty of Science, Osaka university

学歴

  • 1994年04月 - 1997年03月   大阪大学大学院   理学研究科   博士後期課程 生理学専攻
  •         - 1997年   大阪大学   Graduate School, Division of Natural Science   Department of Physiology
  • 1992年04月 - 1994年03月   大阪大学大学院   理学研究科   博士前期課程 生理学専攻
  • 1988年04月 - 1992年03月   大阪大学   理学部   生物学科
  •         - 1992年   大阪大学   Faculty of Science   Department of Biology

所属学協会

  • 日本植物学会   中国四国植物学会   日本植物生理学会   

研究活動情報

論文

  • Hikaru Utsunomiya, Masayuki Fujita, Fumio Naito, Tsuyoshi Kaneta
    Protoplasma 257 5 1387 - 1400 2020年09月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Asahi Hiraga, Tsuyoshi Kaneta, Yasushi Sato, Seiichi Sato
    CELL BIOLOGY INTERNATIONAL 34 2 189 - 196 2010年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Evans Blue staining indicated that actively growing tobacco BY-2 cells in the exponential phase died more rapidly than quiescent cells in the stationary phase when the cells cultured under agitation were placed under still conditions. Fifty percent cell death was induced at about 18, 26, 80 and 140 h for early, mid, late exponential- and stationary-phase cells, respectively. Actively growing cells became TUNEL (transferase-mediated dUTP nick end labelling)-positive more rapidly than quiescent cells, suggesting that the cell death evaluated by Evans Blue is accompanied by DNA cleavages. Electrophoresis of genomic DNA showed a typical 'DNA laddering' pattern formed by multiples of about 200 bp internucleosomal units. Chromatin condensation was first detected at least within 24 h by light microscopy, and then cell shrinkage followed. These findings suggest that the death of BY-2 cells induced by still conditions is POD (programmed cell death).
  • Naohito Tokunaga, Tsuyoshi Kaneta, Seiichi Sato, Yasushi Sato
    Physiologia Plantarum 136 2 237 - 249 2009年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    We have investigated the mechanism of lignification during tracheary element (TE) differentiation using a Zinnia elegans xylogenic culture. In the process, we isolated ZPO-C, a peroxidase gene of Z. elegans that is expressed specifically in differentiating TEs. ZPO-C is suggested to be involved in lignification of Z. elegans TEs in vivo and in vitro. Furthermore, a peroxidase gene of Arabidopsis thaliana (AtPrx66), which is homologous to ZPO-C, was identified. The expression profile and functions of the gene in planta remain to be investigated. In this study, we performed promoter::β-glucuronidase (GUS) assays to investigate the expression profiles and functions of the ZPO-C-like peroxidases in A. thaliana. We generated transgenic A. thaliana lines carrying AtPrx66, AtPrx47 or AtPrx64 (peroxidases showing high sequence similarity to AtPrx66) promoter::GUS reporter gene fusions. The GUS activities of AtPrx66, AtPrx47 and AtPrx64 promoter::GUS lines were arranged concentrically from the center to the periphery in the roots of seedlings. Furthermore, histochemical GUS assays using inflorescence stems showed that AtPrx66, AtPrx47 and AtPrx64 promoter-driven GUS were mainly expressed in the differentiating vessels, xylem parenchyma and sclerenchyma, respectively. These results suggest that the gene expressions of these three peroxidases, which showed high sequence similarity to one another, are differentially regulated in various tissues and organs. In addition, our results suggest that while AtPrx66 and AtPrx47 are associated with lignification of vessels, AtPrx64 is associated with lignification of sclerenchyma. © Copyright Physiologia Plantarum 2009.
  • Yasuo Watanabe, Hidenori Akita, Yuka Higuchi, Rie Tsujimatsu, Tsuyoshi Kaneta, Youichi Tamai
    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 72 4 1005 - 1014 2008年04月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    A Na+/H+ antiporter gene (C nu NHA1) was cloned from the salt-tolerant yeast Candida versatilis. C nu NHA1 encodes an antiporter with a typical yeast plasma membrane Na+/H+ antiporter structure. Transcription of C nu NHA1 in C. versatilis cells was dependent on the salinity of the culture. When C nu NHA1 was expressed in salt-sensitive Saccharomyces cerevisiae cells, increased salt-tolerance was observed, indicating that C nu nha1p possesses an Na+/H+ antiporter function, because the increased salt-tolerance was dependent on the extracellular pH. It appears that C nu nha1p mediates only the transport of Na+. In an S. cerevisiae transformant harboring a C nu NHA1-EGFP fusion plasmid in which the greater part of the C-terminal hydrophilic region of C nu nha1p was deleted by fusion with enhanced green fluorescent protein (EGFP), the C nu nha1-EGFP fusion protein was localized mainly in the plasma membrane, and the NaCl-tolerance of this transformant was greater than that of a strain harboring the entire C nu NHA1 gene.
  • N. Kuya, M. Kato, Y. Sato, T. Kaneta, S. Sato
    PROTOPLASMA 229 1 83 - 91 2006年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The cellular structures of statocytes implicated in gravisensing in primary and lateral roots of Vigna angularis were compared. The statocytes of lateral roots already had small amyloplasts immediately after they emerged from the primary root. Although these amyloplasts sedimented, the lateral roots showed much weaker gravitropism than primary roots, at least until they reached a length of about 30 mm. The nuclei were usually positioned in the upper end of the statocytes in both types of roots. Electron microscopic surveys showed that many tubular elements of endoplasmic reticulum (ER) were frequently localized in the lower end of the statocyte and they sometimes diverged or curved, suggesting that the ER forms a large reticulate complex. It is worth noting that statocytes with a large ER complex were found much more frequently in primary roots than in lateral roots. The amyloplasts were not always settled on this complex but were very frequently under it, especially in the primary roots. In lateral roots, they were usually localized under the ER complex when they were present. Thus, it is suggested that the differential development and organization of the amyloplast-ER complex system is involved in the differential gravitropism of the two types of roots.
  • Y. Makimoto, H. Yano, T. Kaneta, Y. Sato, S. Sato
    PROTOPLASMA 229 1 53 - 62 2006年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Fibrillarin is known to play an important role in precursor ribosomal RNA processing and ribosome assembly. The present study describes a fibrillarin homolog gene isolated from tobacco BY-2 cells and its expression during the cell cycle. The cDNA for a fibrillarin homolog, named NtFib1, was first cloned in Nicotiana tabacum with degenerate primers. It encodes 314 amino acids and the deduced amino acid sequence has some highly conserved functional domains, such as the glycine and arginine-rich (GAR) domain for nucleolar localization and the RNA-binding motif. The C-terminal region is highly conserved and has 7 beta-sheets and 7 alpha-helices which are peculiar to fibrillarin. Thus, it is suggested that the fibrillarin homolog of this plant species functions in the same way as the fibrillarin already known from human and yeast cells. Northern blot analysis of BY-2 cells synchronized with aphidicolin or a combination of aphidicolin and propyzamide showed that the histone H4 gene was specifically expressed in the S phase but NtFib1 mRNA remained at high levels during the cell cycle. Examination of the localization of NtFib1 protein tagged with green-fluorescent protein (GFP) suggested that some persisting in the mitotic apparatus was eventually incorporated into reconstructed nucleoli in late telophase. Newly synthesized GFP-tagged NtFib1 protein in the cytoplasm was added to the recycled protein in early mitosis. Highly concentrated actinomycin D completely inhibited the transcription of genes coding for rRNA (rDNA) but did not significantly suppress the amount of either NtFib1 mRNA or protein, although the NtFib1 protein was reversibly dislocated from nucleoli. Although hypoxic shock completely prohibited rDNA transcription, NtFib1 mRNA remained at the same level as in the control experiment, even after the 4 h treatment. These results indicate that the transcription of NtFib1 mRNA is not related to rDNA transcription and NtFib1 mRNA is resistant to disrupting factors during the cell cycle.
  • S Sato, H Yano, Y Makimoto, T Kaneta, Y Sato
    JOURNAL OF PLANT RESEARCH 118 2 71 - 81 2005年04月 [査読有り]
     
    The nucleolus is the most obvious structure in the eukaryotic nucleus. It is known to be a ribosome-producing apparatus where ribosomal (r) DNA is transcribed and the primary rRNA transcripts are processed to produce three of the four rRNA species. Electron microscopy has shown that the nucleolus consists of three major components, a dense fibrillar component (DFC), a granular component (GC) and a fibrillar center (FC). The DFC and FCs are integrated into a fundamental nucleolar substructure called the nucleolonema. The DFC corresponds to the matrix of the nucleolonema, and the FC is an electron microscopic counterpart of argyrophobic lacunae localized in the nucleolonema. The spherical FCs are intermittently arranged along the length of the nucleolonema in actively growing cells but are fused with each other to form tubular FCs when rDNA transcription is hampered. The RNase-gold complex does not bind to the FC but to the DFC and the GC, suggesting that rDNA transcription does not occur in the FC although both fluorescence in situ hybridization (FISH) and electron microscopic in situ hybridization reveal that the rDNA is specifically localized in the FCs. Immunogold-labeling after bromo-UTP (BrUTP) incorporation shows that rDNA transcription takes place in the boundary region between the FC and the DFC, and primary rRNA transcripts are expected to be processed outward within the DFC. Data have accumulated suggesting that the nucleolonema is a fundamental substructure of the nucleolus, and its skeleton is the tandem arrangement of the FCs, which are resting harbors or storages of rDNA. Ibis paper proposes that the transversal structural organization of the nucleolonema is centrifugally built up by several structural and functional domains: condensed and/or loosened rDNA, rDNA transcription zone, and transcript processing and ribosome assembly zones.
  • T Montoya, T Nomura, T Yokota, K Farrar, K Harrison, JGD Jones, T Kaneta, Y Kamiya, M Szekeres, GJ Bishop
    PLANT JOURNAL 42 2 262 - 269 2005年04月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Brassinosteroids (BRs) are essential for many physiological functions in plants, however little is known concerning where and when they are synthesized. This is especially true during flower and fruit production, To address this we have used a promoter-GUS reporter fusion and RT-PCR to determine the relative expression levels of the tomato Dwarf (D) gene that encodes a BR C-6 oxidase. In young seedlings GUS reporter activity was observed mainly in apical and root tissues undergoing expansion. In flowers GUS activity was observed in the pedicel joints and ovaries, whereas in fruits it was strongest during early seed development and was associated with the locular jelly and seeds. RT-PCR analysis showed that tissue-specific expression of Dwarf mRNA was consistent with that of the Dwarf:GUS fusion. In good correlation with the high local Dwarf activity, quantitative measurements of endogenous BRs indicated intense biosynthesis in developing tomato fruits, which were also found to contain high amounts of brassinolide. Grafting experiments showed the lack of BR transport indicating that BR action occurs at the site of synthesis.
  • T Nomura, GJ Bishop, T Kaneta, JB Reid, J Chory, T Yokota
    PLANT JOURNAL 36 3 291 - 300 2003年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Brassinosteroids (BRs) are growth-promoting plant steroid hormones, and in garden pea (Pisum sativum L.), the lka mutant is defective in BR perception. Here, we show that LKA encodes P. sativum BRI1 (PsBRI1), a homolog of BRI1, which is the Arabidopsis leucine-rich repeat receptor-like kinase/BR receptor. PsBRI1 was isolated by screening a pea cDNA library using Arabidopsis BRI1 cDNA as the probe. PsBRI1 is predicted to encode a 1188-amino-acid protein that has 78% similarity with Arabidopsis BRI1. Sequence analysis of PsBRI1 in the lka mutant led to the identification of a missense mutation that converts the highly conserved aspartic acid residue to asparagine, which is located in the leucine-rich repeat, just before the island domain that may bind BR or a BR-protein complex. The mutation identified in PsBRI1 co-segregated with the semi-erectoide lka phenotype. Transcript analysis of LKA/PsBRI1 indicates that it is ubiquitously expressed in pea and that the expression was downregulated by exogenous BR. The lka mutant was then utilized in further studies to analyze the independent actions of BR and gibberellin (GA) through the characterization of BR response on GA mutants and GA response on BR mutants.
  • T Montoya, T Nomura, K Farrar, T Kaneta, T Yokota, GJ Bishop
    PLANT CELL 14 12 3163 - 3176 2002年12月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Brassinosteroids (BRs) are plant steroid hormones that are essential for normal plant development. To gain better understanding of the conservation of BR signaling, the partially BR-insensitive tomato mutant altered brassinolide sensitivity1 (abs1) was identified and found to be a weak allele at the cur/3 (cu3) locus. BR content is increased in both of these mutants and is associated with increased expression of Dwarf. The tomato homolog of the Arabidopsis Brassinosteroid Insensitive1 Leu-rich repeat (LRR) receptor-like kinase, named tBri1, was isolated using degenerate primers. Sequence analysis of tBRI1 in the mutants cu3 and abs1 revealed that cu3 is a nonsense mutant and that abs1 is a missense mutant. A comparison of BRI1 homolog sequences highlights conserved features of BRI1 sequences, with the LRRs in close proximity to the island domain showing more conservation than N-terminal LRRs. The most homologous sequences were found in the kinase and transmembrane regions. tBRI1 (SR160) also has been isolated as the putative receptor for systemin, a plant peptide hormone. This finding suggests a possible dual role for tBRI1 in steroid hormone and peptide hormone signaling.
  • M Rebers, T Kaneta, H Kawaide, S Yamaguchi, YY Yang, R Imai, H Sekimoto, Y Kamiya
    PLANT JOURNAL 17 3 241 - 250 1999年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Gibberellins (GAs) are essential for the development of fertile flowers in tomato, and may also be required immediately after fertilization. In the GA-biosynthetic pathway, the reactions catalyzed by GA 20-oxidases have been implicated as site of regulation. To study the regulation of GA biosynthesis in flower and early fruit development, we isolated three tomato GA 20-oxidase cDNA clones, Le20ox-1 -2 and -3. The three genes showed different organ-specific patterns of mRNA accumulation. Analysis of the transcript levels of the three GA 20-oxidase genes, as well as those of copalyl diphosphate synthase (LeCPS) and GA 3 beta-hydroxylase (Le30H-2) during flower bud and early fruit development, revealed temporally distinct patterns of mRNA accumulation. Up until anthesis, transcripts were observed for LeCPS, Le20ox-1, -2 and Le30H-2, with an accumulation of Le20x-1 mRNA. In contrast to the high level of Le30H-2 transcripts in the fully open flower, mRNA levels of Le20x-1, -2 and LeCPS were reduced at this stage. After anthesis, LeCPS and Le20x-1 transcripts increased again. In addition, Le20ox-3 transcripts increased whereas the transcripts of Le30H-2 decreased to an un detectable level. In situ hybridization results demonstrated that during early stages of bud development, Le20x-2 transcripts were localized in the tapetum and placenta. The presented results supply novel data about localization of GA biosynthesis gene transcripts, and indicate that transcript levels of GA biosynthesis genes are all highly regulated during flower bud development.
  • PIMENTA M J, KANETA T, LARONDELLE Y, DOHMAE N, KAMIYA Y
    American Society of Plant BiologistsPlant Physiology 118 2 431 - 438 1998年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    S-Adenosyl-L-methionine:L-methionine S-methyltransferase (MMT) catalyzes the synthesis of S-methyl-L-methionine (SMM) from L-methionine and S-adenosyl-L-methionine. SMM content increases during barley (Hordeum vulgare L.) germination. Elucidating the role of this compound is important from both a fundamental and a technological standpoint, because SMM is the precursor of dimethylsulfide, a biogenic source of atmospheric S and an undesired component in beer. We present a simple purification scheme for the MMT from barley consisting of 10% to 25% polyethylene glycol fractionation, anion-exchange chromatography on diethylaminoethyl-Sepharose, and affinity chromatography on adenosine-agarose. A final activity yield of 23% and a 2765-fold purification factor were obtained. After digestion of the protein with protease, the amino acid sequence of a major peptide was determined and used to produce a synthetic peptide. A polyclonal antibody was raised against this synthetic peptide conjugated to activated keyhole limpet hemocyanin. The antibody recognized the 115-kD denatured MMT protein and native MMT. During barley germination, both the specific activity and the amount of MMT protein increased. MMT-specific activity was found to be higher in the root and shoot than in the endosperm. MMT could be localized by an immunohistochemical approach in the shoot, scutellum, and aleurone cells but not in the root or endosperm (including aleurone).
  • T Kaneta, T Kakimoto, H Shibaoka
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 38 10 1135 - 1141 1997年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Differential screening, aimed at the isolation of cDNA clones of mRNAs whose accumulation is influenced by GA(3), resulted in the isolation of a cDNA clone of an mRNA whose level was decreased by GA(3) in segments of epicotyls of Vigna angularis. The putative protein encoded by this cDNA resembled the 1-aminocyclopropane-1-carboxylate oxidases (ACC oxidases) identified in other plant species (about 80% homology at the amino acid level). Thus, the corresponding gene was designated AB-ACO1 (azuki bean ACC oxidase). GA(3) also decreased the activity of ACC oxidase in azuki bean epicotyls, but it did not decrease the rate of ethylene evolution. In fact, GA(3) increased the rate of ethylene evolution and the level of ACC. Thus, GA(3) seemed to increase the production of ethylene by promoting the synthesis of ACC.
  • T KANETA, T KAKIMOTO, H SHIBAOKA
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY 34 7 1125 - 1132 1993年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Actinomycin D inhibited the elongation of epicotyl segments from azuki bean seedlings that was induced by simultaneous treatment with IAA and GA(3). The drug also inhibited the elongation of the segments that was caused by IAA alone when it was applied together with IAA. When the segments were pretreated with GA(3) and then incubated with IAA, GA(3) promoted the elongation caused by IAA and brought about a predominance of transverse cortical microtubules (MTs) in the epidermal cells of the segments. The change in the arrangement of MTs caused by pretreatment with GA(3) was evident 1 h after the start of subsequent incubation with IAA when the effect of pretreatment with GA(3) on the elongation had not yet become apparent. Pretreatment with GA(3) did not cause any change in the arrangement of MTs when GA(3)-pretreated segments were not incubated subsequently with IAA. Although actinomycin D applied before treatment with IAA did not inhibit the IAA-induced elongation, the drug diminished the promotion of the elongation caused by pretreatment with GA(3) and prevented GA(3) from bringing about a predominance of transverse MTs when the drug was applied during the pretreatment with GA(3). GA(3)-induced synthesis of mRNA seems to be involved in the promotion by GA(3) of IAA-induced elongation and in the GA(3)-induced rearrangement of cortical MTs.

講演・口頭発表等

  • アサガオ形質転換体を用いたオーキシン応答性プロモーター GUS 解析  [通常講演]
    夜舩 友咲, 寺町 香穂, 金田 剛史
    日本植物学会第84 回大会 2020年09月 ポスター発表
  • アサガオの蔓の支柱に接する側の組織におけるACC 合成酵素遺伝子の発現  [通常講演]
    夜舩友咲, 金田剛史
    第61回日本植物生理学会年会(大阪) 2020年03月 ポスター発表
  • アサガオにおいて蔓の巻き付きに伴い発現が変化するエチレン生合成鍵酵素の遺伝子  [通常講演]
    夜舩友咲, 金田剛史
    中国四国植物学会第76会大会 2019年05月 口頭発表(一般) 広島
  • 形質転換タバコ培養細胞におけるシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質の細胞周期依存的な局在変化とホモログの発現  [通常講演]
    山下瞳, 宇都宮輝, 金田剛史
    第60回日本植物生理学会年会 2019年03月 口頭発表(一般) 名古屋
  • アサガオの巻き付きにエチレンは関与するのか? ―蔓におけるACC 合成酵素遺伝子の発現解析―  [通常講演]
    夜舩 友咲, 金田 剛史
    第60回日本植物生理学会年会(Japan-Taiwan Plant Biology 2019 (JTPB2019)共催) 2019年03月 ポスター発表 名古屋
  • アサガオの蔓の巻き付きとエチレンとの関連性の検討—ACC合成酵素遺伝子の発現解析—  [通常講演]
    夜舩友咲, 金田剛史
    第10回アサガオ研究集会 2019年03月 ポスター発表 茨城大学
  • ACC合成酵素遺伝子の発現から考えるアサガオの蔓の巻き付きにおけるエチレンの役割  [通常講演]
    夜舩友咲, 金田剛史
    日本植物学会第82回大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • アサガオの蔓の巻き付きの制御と植物ホルモンについて ―エチレンおよびオーキシンとの関連性の検討―  [通常講演]
    夜舩友咲, 船本みゆき, 金田剛史
    中国四国植物学会第75回大会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • アサガオの蔓の巻き付きはどのように制御されているのか? ―ACC合成酵素遺伝子の発現解析とオーキシン応答性プロモーター解析の検討―  [通常講演]
    夜舩友咲, 船本みゆき, 金田剛史
    第59回日本植物生理学会年会 2018年03月 ポスター発表 札幌市
  • アサガオの蔓の巻き付きに表層微小管は関与するのか?  [通常講演]
    夜舩友咲, 松本奈波, 蘭理恵子, 庄田彩乃, 金田剛史
    日本植物学会第81回大会 2017年09月 ポスター発表 野田市
  • アサガオの蔓におけるジャスモン酸生合成関連酵素の遺伝子の発現解析  [通常講演]
    夜舩友咲, 金田剛史
    中国四国植物学会第74回大会 2017年05月 ポスター発表 高知市
  • 植物細胞において中間径フィラメントモチーフタンパク質の局在は細胞周期依存的に変化する  [通常講演]
    宇都宮輝, 金田剛史
    中国四国植物学会第74回大会 2017年05月 口頭発表(一般)
  • 細胞周期を同調化したタバコBY-2細胞における植物の中間径フィラメントモチーフタンパク質の局在の変化  [通常講演]
    宇都宮輝, 藤田真幸, 金田剛史
    第58回日本植物生理学会年会 2017年03月 ポスター発表 鹿児島市
  • シロイヌナズナの中間径フィラメントモチーフタンパク質が形成する構造の細胞周期依存的な変化 ―タバコBY-2細胞の細胞周期の同調法を利用した解析―  [通常講演]
    宇都宮輝, 金田剛史
    中国四国植物学会第73回大会 2016年05月 口頭発表(一般) 米子市
  • アサガオの巻き付きにジャスモン酸は関与するのか  [通常講演]
    夜舩友咲, 庄田彩乃, 蘭理恵子, 金田剛史
    中国四国植物学会第73回大会 2016年05月 ポスター発表 米子市
  • ラセンイの茎のらせん伸長と微小管の配向との関係  [通常講演]
    馬越真由佳, 野村知華, 佐保美紀, 藤本祥子, 金田剛史
    中国四国植物学会第71回岡山大会 2014年05月 ポスター発表 
    筆頭著者及び演者は、馬越。
  • アサガオの支柱への巻き付きにおける表層微小管の関与  [通常講演]
    松本奈波, 金田剛史
    中国四国植物学会第71回岡山大会 2014年05月 口頭発表(一般) 
    筆頭著者及び演者は、松本。
  • タマネギの成長段階による6種のFT遺伝子の発現量の変化  [通常講演]
    田頭みなみ, 金田剛史
    第55回日本植物生理学会年会富山大会 2014年03月 ポスター発表
  • タマネギの鱗茎形成期におけるFT遺伝子の発現量の増加  [通常講演]
    田頭みなみ, 金田剛史
    中国四国植物学会第70回大会(徳島) 2013年05月 口頭発表(一般) 
    この発表を行った学生(M1)田頭みなみが「優秀発表賞(口頭発表部門)」を受賞
  • アズキ上胚軸の表皮細胞における表層微小管とアクチン繊維の相互作用:CHキネシン遺伝子のオーキシンによる発現量の増加  [通常講演]
    井上瞳, 金田剛史
    中国四国植物学会第70回大会(徳島) 2013年05月 ポスター発表
  • オーキシン及びジベレリン処理時のアズキ上胚軸における細胞質表層微小管とアクチンフィラメントの局在及びCHドメインを持つキネシン様タンパク質の発現  [通常講演]
    井上瞳, 金田剛史
    第54回日本植物生理学会年会(岡山) 2013年03月 ポスター発表
  • タバコBY-2培養細胞の静置培養により誘導される細胞死におよぼす細胞周期の影響  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第76回大会(姫路) 2012年09月 ポスター発表
  • タマネギにおける3種のFT遺伝子のクローニング及び日長による発現制御の違い  [通常講演]
    田頭みなみ, 金田剛史
    中国四国植物学会 第69回大会(島根) 2012年05月 ポスター発表 
    この発表を行った学生(4回生)田頭みなみが「優秀発表賞(ポスター発表部門)」を受賞
  • アズキ上胚軸におけるジベレリンによる細胞質表層微小管の配向変化に対してアクチンフィラメントの破壊が及ぼす影響  [通常講演]
    井上瞳, 金田剛史
    中国四国植物学会 第69回大会(島根) 2012年05月 口頭発表(一般) 
    この発表を行った学生(M1)井上瞳は「優秀発表賞(口頭発表部門)」を受賞
  • 形質転換タバコB Y - 2 細胞においてシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質IFMoP1 が形成する構造及び局在の細胞周期依存的な変化  [通常講演]
    内藤文雄, 藤田真幸, 佐藤成一, 金田剛史
    中国四国植物学会 第69回大会(島根) 2012年05月
  • 形質転換タバコBY-2細胞におけるシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質IFMoP1が形成する繊維構造の細胞周期依存的な変化及び微小管との局在関係  [通常講演]
    内藤文雄, 佐藤成一, 金田剛史
    第53回日本植物生理学会年会(京都) 2012年03月 ポスター発表
  • 植物細胞における中間径フィラメントモチーフタンパク質に関する研究  [通常講演]
    金田 剛史
    第3回愛媛大学学術フォーラム 2012年01月 その他 
    ポスター発表(萌芽研究成果発表)
  • アズキ「エリモショウズ」におけるカルス化を介した高率のシュート誘導法 ~形質転換体作製への応用をめざして~  [通常講演]
    久米 佐和, 金田剛史
    日本植物学会第75回大会(東京) 2011年09月 ポスター発表
  • ジベレリンによるアズキ上胚軸の伸長成長時の細胞質表層微小管とアクチンフィラメントの局在  [通常講演]
    井上 瞳, 金田剛史
    日本植物学会第75回大会(東京) 2011年09月 ポスター発表
  • シロイヌナズナのカルスにおけるタキソールの低濃度処理による成長抑制と高濃度処理による緑化回復  [通常講演]
    近藤 万季, 金田剛史
    日本植物学会第75回大会(東京) 2011年09月
  • ジベレリンによるアズキ上胚軸の伸長成長促進に関連した細胞質表層微小管の配向変化とアクチンフィラメント  [通常講演]
    井上 瞳, 金田剛史
    第68回日本植物学会中国四国支部大会(香川大会) 2011年05月 ポスター発表
  • アズキ上胚軸外植片を用いたカルス化を介する組織培養系によるシュート  [通常講演]
    久米 佐和, 宮田 麗香, 金田剛史
    第68回日本植物学会中国四国支部大会(香川大会) 2011年05月 ポスター発表
  • 形質転換タバコBY-2細胞においてシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質IFMoP1が形成する繊維の核周辺における複雑な挙動とその局在変化  [通常講演]
    内藤文雄, 藤田真幸, 久家徳之, 佐藤成一, 金田剛史
    第68回日本植物学会中国四国支部大会(香川大会) 2011年05月 ポスター発表
  • 形質転換タバコBY-2細胞の細胞質表層におけるシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質IFMoP1の局在及びその経時的変化  [通常講演]
    内藤文雄, 藤田真幸, 久家徳之, 佐藤成一, 金田剛史
    第52回日本植物生理学会年会(仙台) 2011年03月 ポスター発表
  • タバコBY-2 細胞の細胞周期と静置培養により誘導される細胞死との関係  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第74回大会(愛知) 2010年09月 ポスター発表
  • アズキ側根におけるオーキシン排出担体 VaPIN の発現の組織特異性の解析  [通常講演]
    久家徳之, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第74回大会(愛知) 2010年09月 ポスター発表
  • シロイヌナズナにおけるコルヒチンによるカルスの緑化阻害及び微小管破壊に対するジベレリンによる緩和作用  [通常講演]
    水澤真貴, 金田剛史
    日本植物学会中国四国支部第67回大会、山口 2010年05月 口頭発表(一般)
  • 形質転換体作製への応用を目的としたアズキの不定芽誘導法の改良  [通常講演]
    宮田麗香, 金田剛史
    日本植物学会中国四国支部第67回大会、山口 2010年05月 口頭発表(一般)
  • シロイヌナズナにおいてカルスの緑化を抑制するコルヒチンの作用に対するジベレリンの効果  [通常講演]
    水澤真貴, 金田剛史
    第51回日本植物生理学会年会(熊本) 2010年03月 ポスター発表
  • アズキ「エリモショウズ」の上胚軸切片を用いた組織培養による不定芽の誘導  [通常講演]
    宮田麗香, 金田剛史
    第51回日本植物生理学会年会(熊本) 2010年03月 ポスター発表
  • タバコBY-2細胞の静置培養による細胞死誘導とその要因について  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第73回大会(山形) 2009年09月 ポスター発表
  • 培地や増殖期がタバコBY-2 細胞の静置培養における細胞死の誘導に与える影響  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中国四国支部第66回大会高知大会 2009年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • シロイヌナズナの組織培養系においてコルヒチンの微小管破壊作用に対して微小管を安定化させるジベレリンの効果  [通常講演]
    水澤真貴, 金田剛史
    日本植物学会中国四国支部第66回大会、高知 2009年05月 ポスター発表
  • 組織培養によるアズキの上胚軸切片からの不定芽の誘導法  [通常講演]
    宮田麗香, 金田剛史
    日本植物学会中国四国支部第66回大会、高知 2009年05月 ポスター発表
  • シロイヌナズナの中間径フィラメントモチーフタンパク質の細胞内局在及び遺伝子発現の組織特異性  [通常講演]
    藤田真幸, 佐藤成一, 金田剛史
    第50回日本植物生理学会年会(名古屋) 2009年03月 ポスター発表
  • 正重力屈性におけるアミロプラストの発達及び微小管配列の関係  [通常講演]
    春田剛史, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第72回大会、高知 2008年09月 ポスター発表
  • 塩ストレスにより誘導されるタバコ培養細胞の細胞死について  [通常講演]
    戸田知沙, 子安舞衣, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物形態学会第20回総会・大会、高知 2008年09月 ポスター発表
  • 塩ストレスによるタバコBY-2細胞の細胞死  [通常講演]
    子安舞衣, 戸田知沙, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中国四国支部第65回大会、広島 2008年05月 口頭発表(基調)
  • Cyclosporin A が静置培養により誘導されるタバコBY-2細胞のプログラム細胞死に与える影響  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中国四国支部第65回大会、広島 2008年05月 ポスター発表
  • タバコBY-2細胞において発現させたGFP融合タンパク質を利用したシロイヌナズナ中間径フィラメントモチーフタンパク質の局在解析  [通常講演]
    藤田真幸, 佐藤成一, 金田剛史
    日本植物学会中国四国支部第65回大会、広島 2008年05月 ポスター発表
  • アズキ主根及び側根におけるオーキシン排出担体遺伝子VaPINのクローニングと発現解析  [通常講演]
    久家徳之, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第71回大会、野田 2007年09月 ポスター発表
  • アズキ発芽種子の上胚軸に現れる病変とその原因  [通常講演]
    小野真道, 佐藤康, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第71回大会、野田 2007年09月 ポスター発表
  • 静置条件下により誘導されるタバコBY-2細胞の細胞死と細胞構造  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会第71回大会、野田 2007年09月 ポスター発表
  • 核小体タンパク質フィブリラリンの分裂期における挙動  [通常講演]
    佐藤奈苗, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中四国支部大会鳥取大会 2007年05月 ポスター発表
  • アズキのオーキシン排出担体遺伝子のクローニングと主根と側根における発現  [通常講演]
    久家徳之, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中四国支部大会鳥取大会 2007年05月 ポスター発表
  • 静置状態により誘導されるタバコ培養細胞BY-2の細胞死の形態学的特徴  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中四国支部大会鳥取大会 2007年05月 ポスター発表
  • アズキ発芽種子上胚軸に見られる病変の特徴及びその原因  [通常講演]
    小野真道, 佐藤康, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会中四国支部大会鳥取大会 2007年05月 ポスター発表
  • アズキ発芽種子の上胚軸において細菌感染が誘導する細胞死  [通常講演]
    小野真道, 松葉麻梨子, 佐藤康, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第70回大会、熊本 2006年09月 ポスター発表
  • 静置培養により誘導されるタバコ培養細胞BY-2の細胞死  [通常講演]
    平賀旭, 佐藤康, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第70回大会、熊本 2006年09月 ポスター発表
  • アズキ主根及び側根における重力屈性と平衡細胞の関係  [通常講演]
    久家徳之, 佐藤康, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第70回大会、熊本 2006年09月 ポスター発表
  • 静置状態により誘導されるタバコ培養細胞BY-2のプログラム細胞死  [通常講演]
    平賀旭, 金田剛史, 佐藤康, 佐藤成一
    日本植物学会中国四国支部第63回大会、愛媛 2006年05月 ポスター発表
  • ジベレリンによるアズキ上胚軸の伸長促進におけるアクチンフィラメントの関与  [通常講演]
    金田剛史, 松本裕子, 佐木宣親
    日本植物学会中四国支部大会愛媛大会 2006年05月 ポスター発表
  • 低酸素で誘導される根における細胞死の特徴  [通常講演]
    巻田優花, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第69回大会、富山 2005年09月 ポスター発表
  • タバコ培養細胞におけるフィブリラリン遺伝子のクローニングとその発現  [通常講演]
    槙本祐治, 金田剛史, 佐藤成一
    日本植物学会第67回大会、札幌 2003年09月 ポスター発表
  • ジベレリンによって発現が誘導されるAtGAUR2遺伝子の解析  [通常講演]
    金田剛史, 白井美和, 柿本辰男
    日本植物生理学会2001年度年会 2001年03月 ポスター発表
  • レタス種子の発芽に関与するジベレリン生合成酵素遺伝子の発現の光制御とその局在  [通常講演]
    豊増知伸, 川出洋, 金田剛史, 三橋渉, 井上康則, 神谷勇治
    日本植物生理学会 1999年度年会・第39回シンポジウム 1999年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 光発芽レタス種子におけるジベレリン生合成酵素遺伝子の発現の局在  [通常講演]
    中南健太郎, 豊増友伸, 三橋渉, 倉橋敏裕, 金田剛史, 井上康則, 神谷勇治
    日本植物生理学会 1999年度年会 1999年03月 口頭発表(一般)
  • Gibberellin up regulated genes (GAUR1-5) in azuki bean epicotyls.  [通常講演]
    金田剛史, 神谷勇治, 柴岡弘郎, 柿本辰男
    第16回国際植物生長物質会議 幕張メッセ 1998年08月 ポスター発表
  • アズキ上胚軸切片においてGAによって発現量の増加する遺伝子の発現の組織特異性  [通常講演]
    金田剛史, 神谷勇治, 柴岡弘郎, 柿本辰男
    日本植物生理学会 1998年度年会、札幌 1998年05月 口頭発表(一般)
  • Five cDNA clones of mRNAs the amounts of which increased by GA3 in azuki bean epicotyls.  [招待講演]
    金田剛史, 柿本辰男, 柴岡弘郎
    Frontier Research Forum, Frontiers of Gibberellin Research (part IV) , Wako-shi, RIKEN 1997年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • アズキ上胚軸切片においてGA3によって発現量の増加する遺伝子の単離  [通常講演]
    金田剛史, 柿本辰男, 柴岡弘郎
    日本植物生理学会 1997年度年会 1997年03月 口頭発表(一般)
  • アズキ上胚軸切片においてジベレリンにより発現量の変化する遺伝子の解析  [通常講演]
    金田剛史, 柿本辰男, 柴岡弘郎
    日本植物生理学会 1996年度年会 1996年03月 口頭発表(一般)
  • Involvement of GA3-induced gene expression in GA3 promotion of stem elongation  [通常講演]
    金田剛史, 柿本辰男, 柴岡弘郎
    XV International Botanical Congress, Yokohama 1993年08月 ポスター発表
  • ジベレリンの茎の伸長促進作用における転写の関与  [通常講演]
    金田剛史, 柿本辰男, 柴岡弘郎
    日本植物生理学会 1993年度年会、金沢 1993年03月 口頭発表(一般)

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 植物細胞における中間径フィラメントの働きの解明
    日本学術振興会:科研費 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 金田剛史
  • ジベレリンによる植物細胞の伸長促進の作用機構
    日本学術振興会:特別研究員奨励費
    研究期間 : 1996年04月 -1997年03月 
    代表者 : 金田剛史
  • Cell Elongation Caused by Gibberellin in Higher Plant
    研究期間 : 1992年

担当経験のある科目

  • 細胞機能構造学愛媛大学大学院
  • 基礎生物学演習愛媛大学
  • 生命科学松山赤十字看護専門学校
  • 細胞学特論愛媛大学
  • 細胞学愛媛大学

社会貢献活動

  • 第20回 愛媛大学理学部サマースクール 親子で楽しむ科学実験
    期間 : 2019年08月25日 - 2019年08月26日
    役割 : 運営参加・支援 テーマ「葉脈でしおりを作って観察しよう」の実験準備・実施全般を担当。2日間。
  • 平成29年度教員免許状更新講習の講師
    期間 : 2017年11月04日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学
    教育関係者
  • 平成29年度サイエンスプリンセスプロジェクト「ひめこと回る研究室見学会」への協力
    期間 : 2017年08月05日
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学ダイバーシティ推進本部 女性未来育成センター主催
     理系女子による研究室紹介ツアー。担当学生が「ひめこ」として参加し、当研究室の紹介も共に行った。
  • 松山赤十字看護専門学校「生命科学」講義担当
    期間 : 2016年06月 - 2016年07月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 松山赤十字看護専門学校
     15回の授業の担当
  • 松山赤十字看護専門学校「生命科学」講義担当
    期間 : 2015年09月 - 2015年12月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 松山赤十字看護専門学校
  • 松山赤十字看護専門学校「生命科学」講義担当
    期間 : 2014年09月 - 2014年12月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 松山赤十字看護専門学校
  • 附属高校課題研究の指導
    期間 : 2013年04月 - 2013年09月
    役割 : 助言・指導
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高校
     高大連携事業。担当生徒は1名。
  • サイエンスプリンセスプロジェクト2013「ひめこと回る理系いりいろ見学ツアー」への協力
    期間 : 2013年08月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学ダイバーシティ推進本部 女性未来育成センター主催
     理系女子による研究室紹介ツアー。担当学生が「ひめこ」として参加し、当研究室の紹介も共に行った。
  • 第13回愛媛大学理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験−君もミニ博士になれる!−」
    期間 : 2011年08月
    役割 : 企画
    主催者・発行元 : 愛媛大学理学部
     委員長
  • 平成23年度教員免許状更新講習の講師
    期間 : 2011年08月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学
  • 女子高校生の理工系チャレンジ支援事業
    期間 : 2010年08月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学
     研究室訪問等
  • 愛媛県総合教育センター主催の「理数系教員指導力向上研修(探究心を高める高校理科教員ステップアップ研修)」の講師
    期間 : 2009年06月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県総合教育センター
    教育関係者
  • 松山北高等学校2年生を対象とした出張講義「植物の形の調節」の講師
    期間 : 2009年06月
    役割 : 講師
    高校生
  • 愛媛大学理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験−君もミニ博士になれる!−」
    期間 : 2008年08月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学理学部
     テーマ「葉脈でしおりをつくろう」の実験準備・実施全般を担当。2日間。
  • 第48回日本植物生理学会年会
    期間 : 2007年03月 - 2007年03月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 日本植物生理学会
    研究者 愛媛大学 総務・会場係
  • 愛媛大学理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験−君も豆博士になれる!−」
    期間 : 2006年08月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学理学部
     「葉脈でしおりをつくろう」実験補助および指導を担当
  • 県立松山南高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業「研究室体験」
    期間 : 2005年12月
    役割 : 講師
    高校生 愛媛大学研究室体験・理学部・生物学科・植物形態学研究室。2005年12月14日午後と12月21日午後の計6時間にわたって松山南高等学校の生徒3名の「研究室体験」を指導した。
  • 平成28年度 愛媛大学研究室体験(松山南高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業支援)
    役割 : 講師
    高校生 松山南高等学校生を対象に以下の活動を行った。 (1)研究室見学 * 実験室・植物培養室・学生部屋の見学。 * 研究内容の紹介: 「タマネギの肥大の仕組みについて」 「アサガオの蔓の巻き付きの仕組みについて」 (2)実験体験 * アズキの茎切片を用いた植物ホルモンの作用を調べる実験。 * 植物細胞の細胞骨格の観察。

メディア報道

  • 「News Ch.4」において指導学生が愛媛大で活躍する女性研究者として紹介される件での取材対応。
    報道 : 2014年02月
    番組・新聞雑誌 : 南海放送
    愛媛大学理学部 テレビ・ラジオ番組 「News Ch.4」において、指導学生の一人が愛媛大で活躍する女性研究者として紹介される件についての取材対応。
  • 指導している大学院生の「いよ×イチ(ニュース番組)」出演および研究室撮影への協力
    報道 : 2013年06月
    番組・新聞雑誌 : NHK
    愛媛大学理学部植物形態学研究室 テレビ・ラジオ番組 指導している大学院生の「いよ×イチ(ニュース番組)」出演および研究室撮影への協力。
  • 学生の学会賞受賞および研究内容についての取材対応
    報道 : 2013年06月
    番組・新聞雑誌 : 愛媛新聞
    愛媛大学理学部 新聞・雑誌 学生の学会賞受賞および研究内容についての取材対応。内容は、愛媛新聞に掲載。
  • 親子で楽しむ科学実験の取材対応
    報道 : 2011年08月
    番組・新聞雑誌 : 南海放送
    愛媛大学理学部 テレビ・ラジオ番組 親子で楽しむ科学実験の取材対応。テレビニュースで紹介された。
  • 親子で楽しむ科学実験の取材対応
    報道 : 2011年08月
    番組・新聞雑誌 : 読売新聞
    愛媛大学理学部 新聞・雑誌 親子で楽しむ科学実験の取材対応。記事は21日の朝刊に掲載。
  • 親子で楽しむ科学実験の取材対応
    報道 : 2011年08月
    番組・新聞雑誌 : 愛媛新聞
    愛媛大学理学部 新聞・雑誌 親子で楽しむ科学実験の取材対応。記事は22日朝刊に掲載。
  • SSH松山南高等学校活動協力
    報道 : 2011年08月
    発行元・放送局 : 愛媛大学理学部
     その他 第13回愛媛大学理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験−君もミニ博士になれる!−」において、松山南高の教員と生徒(生物部、化学部)による2テーマ担当の仲介。
  • 「親子で楽しむ科学実験」の取材協力
    報道 : 2008年08月
    番組・新聞雑誌 : 朝日新聞
    愛媛大学理学部 新聞・雑誌 「親子で楽しむ科学実験」実施中の取材及び写真撮影に応じた。実験中の親子の写真が地方欄に掲載された。

その他

  • 2019年05月 - 2019年05月  「中国四国植物学会第76会大会」における指導大学院生の「優秀発表賞(口頭発表部門)」受賞 
    令和元年5月11日(土),12日(日),広島大学で開催された「中国四国植物学会第76回大会」において,当研究室の大学院生1名が「優秀発表賞(口頭発表部門)」を受賞した。 テーマ: 「アサガオにおいて蔓の巻き付きに伴い発現が変化するエチレン生合成鍵酵素の遺伝子」 演者: 理工学研究科博士後期課程1年 夜舩友咲
  • 2017年05月 - 2017年05月  中国四国植物学会第74回大会」における指導大学院生の「優秀発表賞(ポスター発表部門)」受賞 
    平成29年5月13日(土),14日(日),高知大学で開催された「中国四国植物学会第74回大会」において,当研究室の大学院生1名が「優秀発表賞(ポスター発表部門)」を受賞した。 発表テーマ:「アサガオの蔓におけるジャスモン酸生合成関連酵素の遺伝子の発現解析」 演者:夜舩友咲
  • 2017年05月 - 2017年05月  中国四国植物学会第74回大会」における指導大学院生の優秀発表賞(口頭発表部門)受賞 
    平成29年5月13日(土),14日(日),高知大学で開催された「中国四国植物学会第74回大会」において,当研究室の大学院生1名が「優秀発表賞(口頭発表部門)」を受賞した。 発表テーマ:「植物細胞において中間径フィラメントモチーフタンパク質の局在は細胞周期依存的に変化する」 演者:宇都宮輝
  • 2016年05月 - 2016年05月  中国四国植物学会第73回大会における指導学生の優秀発表賞(ポスター発表部門)」受賞 
    平成28年5月14日(土),15日(日),米子市で開催された「中国四国植物学会第73回大会」において,当研究室の卒論生が「優秀発表賞(ポスター発表部門)」を受賞した。 発表テーマ:「アサガオの巻き付きにジャスモン酸は関与するのか」 演者:夜舩友咲
  • 2014年05月 - 2014年05月  中国四国植物学会第71回大会における平成25年度高大連携授業「附属高校課題研究」受講生の優秀発表賞(ポスター発表部門)受賞 
    平成26年5月10日(土),11日(日),岡山理科大学で開催された「中国四国植物学会第71回大会」において当研究室で附属高校課題研究を行った学生が優秀発表賞(ポスター発表部門)を受賞した。 発表テーマ:「ラセンイの茎のらせん伸長と微小管の配向との関係」 演者:馬越真由佳
  • 2014年05月 - 2014年05月  中国四国植物学会第71回大会における指導学生の優秀発表賞(口頭発表部門)受賞 
    平成26年5月10日(土),11日(日),岡山理科大学で開催された「中国四国植物学会第71回大会」において当研究室の4回生のが優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞した。 発表テーマ:「アサガオの支柱への巻き付きにおける表層微小管の関与」 演者:松本奈波
  • 2013年10月 - 2013年10月  第52 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(平成25年10月,松山)の中の「高校生オープン学会」における附属高校課題研究指導学生の優秀発表賞(ポスター部門)受賞 
    第52 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(平成25年10月,松山)の中の「高校生オープン学会」において,当研究室で高大連携授業「附属高校課題研究」で指導を受けた愛媛大学附属高校の生徒の研究発表が優秀発表賞(ポスター部門)を受賞した。 研究テーマ:「ラセンイの茎はなぜらせん状に伸びるのか」 演者:馬越真由佳
  • 2013年05月 - 2013年05月  中国四国植物学会第70回大会における指導学生の優秀発表賞(口頭発表部門) 
    当研究グループの理工学研究科博士前期課程1年の大学院生1名が,平成25年5月11日(土)~12日(日)に徳島大学で開催された中国四国植物学会第70回大会において,学会会員の投票による優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞した。 研究テーマ:「タマネギの鱗茎形成期におけるFT遺伝子の発現量の増加 」 演者:田頭みなみ
  • 2012年05月 - 2012年05月  中国四国植物学会第69回大会にける指導学生の優秀発表賞(口頭発表部門)受賞 
    当研究グループの理工学研究科博士前期課程1年の大学院生1名が,平成24年5月12日(土)~13日(日)に島根大学で開催された中国四国植物学会第69回大会において,優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞した。これらの賞は,中国四国植物学会において,主として本人が行った研究成果についてポスターまたは口頭発表を行った学生あるいは若手研究者(40歳未満の研究員や助教)の中から選出され,優秀発表賞(ポスター発表部門,口頭発表部門)として表彰されるもので,今回の大会から新たに創設されたもの。 発表テーマ:「アズキ上胚軸におけるジベレリンによる細胞質表層微小管の配向変化に対してアクチンフィラメントの破壊が及ぼす影響」 演者:井上瞳
  • 2012年05月 - 2012年05月  中国四国植物学会第69回大会における指導学生の優秀発表賞(ポスター発表部門)受賞 
    当研究グループの卒業研究生1名が,平成24年5月12日(土)~13日(日)に島根大学で開催された中国四国植物学会第69回大会において,それぞれ優秀発表賞(ポスター発表部門)を受賞した。この賞は,中国四国植物学会において,主として本人が行った研究成果についてポスターまたは口頭発表を行った学生あるいは若手研究者(40歳未満の研究員や助教)の中から選出され,優秀発表賞(ポスター発表部門,口頭発表部門)として表彰されるもので,今回の大会から新たに創設されたもの。 研究テーマ:「タマネギにおける3種のFT遺伝子のクローニング及び日長による発現制御の違い」 演者:田頭みなみ
  • 2008年03月 - 2008年03月  外国人研究者訪問 
    Theo Lange(ドイツ)
  • 2008年03月 - 2008年03月  外国人研究者訪問 
    Maria Joao Pimenta Lange (ドイツ)

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 細胞学
  • 2019, 前期, 学部, 基礎生物学演習
  • 2019, 前期, 学部, 生物学ゼミナールⅠ
  • 2019, 前期, 学部, 生物学特別演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 卒業研究Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019, 前期, 学部, 生物学実験III
  • 2019, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019, 前期, 修士, 細胞機能構造学
  • 2019, 前期, 修士, 生物環境科学高等実習Ⅱ
  • 2019, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019, 前期, 学部, 細胞学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.