研究者データベース

松原 英世マツバラ ヒデヨ

所属部署名法文学部 人文社会学科(社会科学)
職名教授
Last Updated :2019/11/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    松原 英世
  • 氏名(カナ)

    マツバラ ヒデヨ

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1994年04月 - 2000年03月, 関西学院大学大学院法学研究科博士課程後期
  • 1992年04月 - 1994年03月, 関西学院大学大学院法学研究科博士課程前期
  • 1988年04月 - 1992年03月, 関西学院大学法学部法律学科

学位

  • 博士(法学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本刑法学会
  • 日本犯罪社会学会
  • 日本法社会学会

委員歴

  • 2017年01月 - 現在, 日本犯罪社会学会, 常任理事
  • 1999年10月 - 2002年09月, 日本犯罪社会学会編集委員, 日本犯罪社会学会
  • 1999年 - 2002年

経歴

  • 2012年10月 - 現在, 愛媛大学法文学部教授 
  • 2013年01月 - 2013年03月, Law School, University of Auckland, Visiting Scholar
  • 2010年08月 - 2011年03月, Center for the Study of Law & Society, UC Berkeley, Visiting Scholar
  • 2003年10月 - 2012年09月, 愛媛大学法文学部助教授/准教授 
  • 2001年04月 - 2004年03月, 日本学術振興会特別研究員 
  • 2002年08月 - 2003年07月, Center for the Study of Law & Society, UC Berkeley, Visiting Scholar
  • 2003年 - 2007年

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 〔テーマセッション〕刑事政策学の復Ⅴ:いかにすればポスト/ニーズを増やす/高めることができるか(オーガナイザー&司会), 松原英世, 日本犯罪社会学会, 2019年10月
  • 〔テーマセッション〕日本の死因究明制度について考える(司会,報告「日本の死因究明の現状」), 松原英世, 日本犯罪社会学会, 2019年10月
  • 〔パネルディスカッション〕裁判員経験者と考える裁判員制度十年の歩みと今後の展望(パネリスト), 松原英世, 主催:愛媛大学法文学部、後援:松山地方裁判所, 2019年10月
  • 〔講演〕更生保護について考える, 松原英世, 第69回「社会を明るくする運動」伊予市(中山地区)大会:犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ, 2019年07月, 招待有り
  • The Public Sense of Justice in Japan:A Study of Attitudes towards Punishments, 松原英世・松澤伸, The 46th annual conference of the Western Society of Criminology, 2019年02月
  • Justice Revisited:Japanese Attitudes Toward Severe Punishment, Miyuki Vamadevan Arimoto・松原英世, The 46th annual conference of the Western Society of Criminology, 2019年02月
  • 〔テーマセッション〕刑事政策学の復権Ⅳ:刑事政策学のこれから(オーガナイザー&司会), 松原英世, 日本犯罪社会学会大会, 2018年10月
  • 刑罰政策における公衆の意識構造, 松原英世・松澤伸, 日本犯罪社会学会, 2018年10月
  • The Public Sense of Justice in Japan: A Study of Attitudes toward Punishments, 松原英世・松澤伸, Research Committee on the Sociology of Law Annual Meeting 2018, 2018年09月
  • 〔シンポジウム〕刑罰政策に関する公衆の法意識:人々は刑罰をどのように使いたいと考えているのか(オーガナイザー,報告「研究概要」「考察」), 松原英世, 2018年07月
  • 〔シンポジウム〕日本の死因究明制度の現状とこれから(オーガナイザー,報告「新法施行後の死因究明制度の運用状況と問題点」), 松原英世, 科学研究費挑戦的萌芽研究「地方における死因究明制度の実態に関する研究」・広島医療社会科学研究センター共催シンポジウム, 2018年06月
  • 死因究明関連二法のインパクト, 松原英世, 日本法社会学会, 2018年05月
  • 犯罪とはどういうものか 処罰はどのようになされるのか, 松原英世, 現行刑事法研究会, 2017年11月
  • 〔シンポジウム〕刑法学の方法について(オーガナイザー,司会&コメンテーター), 松原英世, 中四国法政学会, 2017年10月
  • 〔テーマセッション〕刑事政策学の復権Ⅲ:刑事政策学のアイデンティティーを求めて(オーガナイザー&司会), 松原英世, 日本犯罪社会学会, 2017年09月
  • 〔ミニ・シンポジウム〕児童虐待防止プロジェクトの取組みと課題:香川県における多職種連携の試み(コメント), 松原英世, 中四国法政学会, 2016年11月, 香川大学
  • 〔テーマ・セッション〕刑事政策学の復権Ⅱ:社会の変容と刑事政策学の意義(コメント), 松原英世, 日本犯罪社会学会, 2016年10月, 甲南大学
  • 学会奨励賞受賞講演, 松原英世, 日本法社会学会若手ワークショップ, 2016年05月, 立命館大学
  • 刑事司法研究をとおして《法》を見る, 松原英世, 日本法社会学会, 2016年05月, 立命館大学
  • 市民の規範意識と裁判員裁判, 松原英世, 2016年度早稲田大学法学部横川敏雄記念公開講座「裁判員裁判と刑法」, 2016年07月, 早稲田大学
  • Crime and Penal Policy in Japan, 松原英世, Workshop on Crime and Disaster at University of Canterbury, 2015年12月, University of Canterbury
  • 人々は刑罰をどのように使いたいと思っているのか? それは刑事政策とどのように関係しているのか?, 松原英世・岡本英生, 日本犯罪社会学会, 2015年11月, 桐蔭横浜大学
  • 災害後の治安を確保するために:社会統制論と制裁論の視点から, 松原英世, 日本犯罪心理学会, 2015年09月, 東北大学
  • 大震災時における犯罪状況, 松原英世, 中四国法政学会, 2014年10月, 島根大学
  • 規制のハーモナイゼーションと刑法観の変化, 松原英世, 日本刑法学会関西部会, 2014年07月, 甲南大学
  • Harmonization of Sanction and Criminal Law, 松原英世, Asian Criminological Society 6th Conference, 2015年06月, Osaka University of Commerce, Japan
  • On Factors Affecting People's Penal Preference, 岡本英生・松原英世, Asian Criminological Society 6th Conference, 2014年06月, Osaka University of Commerce, Japan
  • The Relationship between Our View of Criminal Punishment and the Penal Policy, 松原英世, Asian Criminological Society 7th Annual Conference, 2014年06月, City University of Hong Kong, Hong Kong
  • 2015年06月
  • 2014年06月

MISC

  • 塀のない刑務所の意義, 松原英世, 法学セミナー, 764, 1, 5, 2018年08月
  • 学界回顧2016・刑事政策, 松原英世, 法律時報, 88, 13, 58, 64, 2016年
  • 学界回顧2015・刑事政策, 松原英世, 法律時報, 87, 13, 71, 77, 2015年
  • 学界回顧2014・刑事政策, 松原英世, 法律時報, 86, 13, 70, 76, 2014年
  • 書評・浜井浩一著『実証的刑事政策論:真に有効な犯罪対策へ』(岩波書店・2011), 松原英世, 犯罪と非行, 177, 200, 204, 2014年
  • 施設参観記録(6)〔雄郡寮〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 40, 3=4, 111, 115, 2014年
  • 大学生の規範意識について, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 40, 3=4, 77, 86, 2014年
  • 施設参観録(5)〔岩国刑務所〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 40, 1=2, 191, 197, 2014年
  • 翻訳・Levi, Michael & Tom Horlick-Jones「経済・企業犯罪研究からみた福島原発事故」, 松原英世, 斉藤豊治編『大震災と犯罪』(法律文化社), 162, 179, 2013年
  • 施設参観録(4)〔韓国ソマン刑務所〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 39, 3=4, 279, 288, 2013年
  • 施設参観記録〔松山刑務所〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 38, 1=2, 109, 113, 2012年
  • 施設参観記録〔尾道刑務支所〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 38, 3=4, 37, 41, 2012年
  • 施設参観録(3)〔松山学園〕, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 39, 1=2, 53, 59, 2012年
  • 松山における少年補導組織について:少年補導センターと少年サポートセンター, 松原英世, 愛媛法学会雑誌, 35, 1=2=3=4, 239, 254, 2009年
  • 書評・河合幹雄著『安全神話崩壊のパラドクス:治安の法社会学』(岩波書店・2004), 松原英世, 法社会学, 63, 255, 261, 2005年
  • アメリカ環境保護法にみる企業活動のコントロール, 松原英世, 法と政治, 49, 2=3, 201, 212, 1998年
  • 翻訳・Consedine, Jim & Helen Bowen eds.『修復的司法:現代的課題と実践』(関西学院大学出版会), 前野育三・高橋貞彦監訳
  • 71, 142, 158, 2009年

その他研究情報

受賞

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 刑事政策
  • 2019年, 前期, 学部, 法律学専門演習
  • 2019年, 前期, 学部, 公共政策総合演習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 学部, 犯罪学
  • 2019年, 前期, 学部, 法律学専門演習
  • 2019年, 前期, 学部, 公共政策総合演習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 修士, 犯罪各論特論
  • 2019年, 前期, 修士, 犯罪各論課題研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.