詳細検索はこちら

中山 晃ナカヤマ アキラ

所属部署
英語教育センター
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://web.eec.ehime-u.ac.jp/nakayama/public_html/index.html
生年月日
Last Updated :2017/10/19

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:学士課程の英語教育における、英語学習の順次性や系統性を考慮した全学部学科統一の英語教育プログラムの構築を目指した企画・開発及び実践・研究を行っています。具体的には、初年次英語教育においては、English for General Academic Purpose(EGAP)、二年次以降は、Generalを省いたEAPまたは、English for Liberal Arts (ELA)、そして3・4年においては専門の英語(English for Specific Academic Purpose:ESAP)へと上手く橋渡しできるようなプログラムです。海外語学短期研修(1~2回生向き)や長期留学プログラム(3回生以上)も組込みことで、既習スキルを統合できるような実用度の高いプログラムにしたいと考えています。
    科研費研究者番号:70364495

学歴

  • 2000年 - 2006年, 国際基督教大学大学院, 教育学研究科, 教育方法学専攻
  • 1996年 - 1999年, 姫路獨協大学, 言語教育研究科, 言語教育専攻
  • 1992年 - 1996年, 桜美林大学, 文学部, 英語英米文学科

経歴

  •   2009年,  - 現在, 愛媛大学, 教育・学生支援機構英語教育センター, 准教授
  •   2008年,  - 2010年, 文教大学, 大学院言語文化研究科, 非常勤講師
  •   2007年,  - 2009年, 足利工業大学, 工学部共通課程英語研究室, 准教授
  •   2007年,  - 2009年, 高崎経済大学, 経済学部, 非常勤講師
  •   2003年,  - 2009年, 足利工業大学, 学生相談室, 学生相談カウンセラー
  •   2003年,  - 2007年, 足利工業大学, 工学部共通課程英語研究室, 専任講師
  •   2000年,  - 2003年, 東京工芸大学, 芸術学部, 非常勤講師
  •   2000年,  - 2003年, 多摩リハビリテーション学院, 言語療法学科, 非常勤講師
  •   2000年,  - 2003年, 国際基督教大学, 教育研究所, 助手(非常勤)
  •   1999年,  - 2000年, 国際基督教大学, 教養学部語学科, 副手(非常勤)
  •   1999年,  - 2000年, 国際基督教大学, 大学院教育学研究科, 副手(非常勤)
  •   1996年,  - 1999年, 兵庫県立山崎高等学校, 英語科, 臨時講師(常勤)

所属学協会

  • 大学英語教育学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本認知科学会
  • 四国英語教育学会(全国英語教育学会)
  • 日本学校心理士会(愛媛支部)

研究活動情報

研究分野

  • 外国語教育
  • 教育心理学

研究キーワード

    外国語教育, 英語教育, 学習観, 学習方略, 外国語活動, ソーシャルスキル, 特別支援学級, 外国語学習観, 小学校英語教育, 交流学習, 読解方略

論文

  • 愛媛大学SEA(Study English Abroad)プログラム構築に係る報告
    中山 晃, 大学教育実践ジャーナル, (15) 61 - 65,   2017年03月
  • 学童保育における学生主体の学習支援プロジェクト:初年度の進捗報告
    富田英司・市本早香・城戸海輝・中山 晃, 大学教育実践ジャーナル, (15) 53 - 59,   2017年03月
  • 国際交流プログラムを評価するルーブリックの開発
    富田英司・近森憲助・中山晃・大谷千恵・山本昭夫・小野由美子, 大学教育実践ジャーナル, (13) 9 - 15,   2015年03月
  • 松岡美幸・中山晃.(2014).「特別支援学級と交流学習での外国語活動の試み」JES Journal, Vol.14, p.36-49
    JES Journal, (14) 36 - 49,   2014年
  • Mutsuko, N., Nakayama, A., Orimoto, S., & Heffernan, N. (2014). Seeking the benefits of E-testing in assessing students' English Proficiency. Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, Vol.12, 9-16.
    Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, (12) ,   2014年
  • Matsumoto, H., Hiromori, T., & Nakayama, A. (2013). Toward a tripartite model of L2 reading strategy use, motivations, and learning beliefs. System - An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics, 41, 38-49.
    System - An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics, (41) 38 - 49,   2013年
  • Nakayama, A., & Doi, K. (2013). Developing a model of Anxiety-related factors in foreign language activities in Japanese elementary school. Educational Studies (International Christian University Publication I-A), vol. 55, p. 303-316.
    Educational Studies, (55) 303 - 316,   2013年
  • Nakayama, A., & Heffernan, N. (2013). The influence of goal orientations and language experiences on the behaviors of Japanese university students learning English as a foreign language. Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, vol.11
    Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, (11) ,   2013年
  • 塚田初美・吉田広毅・中山晃.(2013).「ソーシャルスキル・トレーニング(SST)を導入した特別支援学級での外国語活動」『JES Journal』第13号, 4-18.
    JES Journal, (13) ,   2013年
  • 物井尚子・中山晃・三浦優生 (2013). 「特別な教育支援を必要とする児童に対する外国語活動の可能性」 「言語と人間」研究会(編)『ことばと人間』第9号, 127-143.(研究ノート)
    ことばと人間, (9) 127 - 143,   2013年
  • 中山晃 (2013). 「4技能の統合プロセスを追う:愛媛大学「英語プロフェッショナル養成コース」を事例として」『大学英語教育学会 中国・四国支部紀要』第10号, 80-91.(シンポジウム特集論文)
    大学英語教育学会中国・四国支部紀要, (10) 80 - 91,   2013年
  • Yoshida,H., Tani, S., Uchida, T., Masui, J., & Nakayama, A. (2013). Structural Analysis of Anxiety in Online Cooperative Learning. International Journal of e-Education, e-Business, e-Management and e-Learning. Vol.3, No.5. pp.381-385.
    International Journal of e-Education, e-Business, e-Management and e-Learning, 3, (5) 381 - 385,   2013年
  • Matsumoto, H., Nakayama, A., & Hiromori, T. (2013). Exploring the development of individual difference profiles in L2 reading. System - An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics, 41, 994-1005.
    System - An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics, (41) 994 - 1005,   2013年
  • Kalmbach, J.-M., & Nakayama, A. (2012). From School to University: the Student Admission System in Finland. Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, vol.10, 33-37.
    Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, (33-37) 33 - 37,   2012年
  • 久保稔・金森強・中山晃.(2012)「ICTを利用した特別支援学級における外国語活動」『JES Journal』第12号, p.4-18.
    JES Journal,   2012年
  • Hiromori.T., Matsumoto, H., & Nakayama, A.(2012). Profiling Individual Differences of Successful and Unsuccessful L2 Readers. Journal of Asia TEFL, vol.9, No.2, pp.49-70.
    Journal of Asia TEFL, 9, (49-70) 49 - 70,   2012年
  • Matsumoto, H., & Nakayama, A. (2012). Investigating Strategy Use, Motivation, Beliefs, and Proficiency Together in L2 Reading. The JACET International Convention Proceedings 2012, p.336-339.
    The JACET International Convention Proceedings 2012, (336-339) 336 - 339,   2012年
  • Nakayama. A., Heffernan, N., Matsumoto, H., & Hiromori, T. (2012). The Influence of Goal Orientation, Past Language Studies, Overseas Experiences, and Gender Differences on Japanese EFL Learners’ Beliefs, Anxiety, and Behaviors. Apples - Journal of Applie
    Apples - Journal of Applied Language Studies, 6, (2) 19 - 39,   2012年
  • 松本広幸・折本素・中山晃 (2011). 「単位の実質化と自律的学習者の育成を目指すe-ラーニングの活用」『大学英語教育学会 中国・四国支部紀要』第8号 p. 75-85.
    大学英語教育学会中国・四国支部紀要, (75-85) 75 - 85,   2011年
  • Shinohara, K., & Nakayama, A. (2011). Modalities and directions in Synaesthetic metaphors in Japanese. Cognitive Studies, vol.18, No.3, 491-507.
    認知科学, 18, (491-507) 491 - 507,   2011年
  • Matsumoto, H., Orimoto, S., Nakayama, A., & Heffernan, N. (2011). The Effects of E-learning on the Enhancement of English Proficiency and the Autonomous Learning of English. 『四国英語教育学会紀要』 第31号, p.13-24.
    四国英語教育学会紀要, (13-24) 13 - 24,   2011年
  • 中山晃・篠原勇次・飛田ルミ・清水尚 (2009). 「足利工業大学における英語のカリキュラム改革の試み」『足利工業大学 研究集録』 第43号, p. 97-103.
    足利工業大学研究集録, (97-103) 97 - 103,   2009年
  • 篠原和子・川原繁人・中山晃・松中義大 (2007). 「音表象と身体性」「言語と人間」研究会(編)『ことばと人間』第6号 p. 1-12.
    ことばと人間, (1月12日) ,   2007年
  • Nakayama, A. (2007). Affective and Cognitive Factors among EFL Learners. In K. Bradford-Watts. (Ed.), JALT2006 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. p.184-191. (Online Version, Article No. E073).
    JALT2006 Conference Proceedings, (184-191) 184 - 191,   2007年
  • Nakayama, A., & Yamashita, T. (2006). Gender Differences in Language Learning Beliefs: Focus on Japanese Learners of English as a foreign language and Chinese Learnersof Japanese as a second language. Educational Studies (International Christian Universit
    Educational Studies, (227-232) 227 - 232,   2006年
  • Nakayama, A., Munson, K., & Munson, B. (2006). The Messenger Project: A classroom activity. In K. Bradford-Watts, C. Ikeguchi, & M. Swanson. (Eds.) JALT2005 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. p. 819-827. (Online Version, Article No. E119).
    JALT2005 Conference Proceedings, (819-827) 812 - 827,   2006年
  • 中山晃 (2005). 「日本人大学生の英語学習における非言語学的要因のモデル化とその検討」「言語と人間」研究会(編)『ことばと人間』第5号 p. 33-47.
    ことばと人間, (33-47) 33 - 47,   2005年
  • 中山晃 (2005). 「日本人大学生の英語学習における目標志向性と学習観および学習方略の関係のモデル化とその検討」『教育心理学研究』第53巻 第3号 p. 320-330.
    教育心理学研究, 53, (320-330) 320 - 330,   2005年
  • Nakayama, A., Ochiai, M., Inada, K., Mori, M., & Kuramoto, K. (2005). The Gap between Teachers' and Learners’ Beliefs. In K. Bradford-Watts, C. Ikeguchi, & M. Swanson. (Eds.) JALT2004 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. p. 139-149. (CD-ROM Version).
    JALT2004 Conference Proceedings, (139-149) 139 - 149,   2005年
  • Nakayama, A., Ochiai, M., Inada, K., Mori, M., & Kuramoto, K. (2004). Teachers’ Beliefs in Language Teaching. In M. Swanson & K. Hill. (Eds.) JALT2003 Conference Proceedings. Tokyo: JALT. p. 231-240. (CD-ROM Version).
    JALT2003 Conference Proceedings, (231-240) 231 - 240,   2004年
  • 吉田広毅・中山晃 (2004). 「三次元マトリックス構造マルチメディア教材の開発:ナビゲーションの課題を中心として」『常葉学園大学研究紀要 (外国語学部)』 第20号,p. 337-354.
    常葉学園大学研究紀要(外国語学部), (299-308) 299 - 308,   2004年
  • Nakayama, A., & Yoshida, H. (2003). The Influence of Achievement Goal Orientation on Learner’s Choice of strategies. Educational Studies (International Christian University Publication I-A), vol. 45, p. 137-149.
    Educational Studies, (137-149) 137 - 149,   2003年
  • 中山晃・吉田広毅・長谷川奈津 (2003). 「日本語学習者の目標志向性と学習信念、学習方略の関係」『JALT日本語教育論集』第7号 p. 95-106.
    JALT日本語教育論集, (95-106) 95 - 106,   2003年
  • 吉田広毅・中山晃・長谷川奈津 (2003). 「日本語学習動機の分析:中国留学生を対象として」『JALT日本語教育論集』第7号 p. 63-72.
    JALT日本語教育論集, (63-72) 63 - 72,   2003年
  • 中山晃 (2003). 「クラスルームアクティビティーとしての英語によるホームページ作成の試み:発信型英語教育を目指す一活動の実践報告(ケーススタディー)」『(東京工芸大学芸術学部紀要)芸術世界』, vol. 9, p. 69-72.
    芸術世界, (69-72) 69 - 72,   2003年
  • Nakayama, A. (2002). The web design project: A classroom activity. In M. Swanson, D. McMurray, & K. Lane. (Eds.) The Proceedings of PAC3 at JALT2001 Conference. Tokyo: JALT. p. 739-744. (CD-ROM Version).
    The Proceedings of PAC3 at JALT2001 Conference, (739-744) 739 - 744,   2002年
  • Nakayama, A., Yoshida, H., Yamada, T., & Hasegawa, N (2002). Measurement of Learners' Beliefs about Japanese Language Learning: A Preliminary Study. JALT Journal of Japanese Language Education, No. 6, p. 19-26.
    JALT Journal of Japanese Language Education, (19-26) 19 - 26,   2002年
  • Yoshida, H., Nakayama, A., Yamada, T., & Hasegawa, N. (2002). The Influence of Achievement Goal Orientation on Foreign Language Learning Strategies: Focus on Japanese Language Learners. JALT Journal of Japanese Language Education, No. 6, p. 37-44.
    JALT Journal of Japanese Language Education, (37-44) 37 - 44,   2002年
  • Nakayama, A. (2001). The children’s book project: A classroom activity. In R. Long, K. Lane, M. Swanson, & G. V. Troyer. (Eds.) The Proceedings of the 26th Annual International Conference of the Japan Association for Language Teaching (JALT2000 Conference
    JALT2000 Conference Proceedings, (274-278) 274 - 278,   2001年
  • Nakayama, A. (2001). The Influence of Self-assessment on Learner Motivation. Educational Studies (International Christian University Publication I-A), vol. 43, p. 219-234.
    Educational Studies, (219-234) 219 - 234,   2001年
  • Nakayama, A. (2000). The Relationship between Visual Mental Images and Prototype Effects in Categorization -a preliminary study-. ICU English Studies, vol. 9, p. 43-53.
    ICU English Studies, (43-53) 43 - 53,   2000年

MISC

  • 英語科(外国語活動)
    中山 晃, 教育出版教育研究所 研究報告 教師アップへの挑戦 学び続ける教師・授業の中野評価と支援 編, (16) 48 - 53,   2016年07月
  • 遠隔交流学習における交流学習不安に応じたファシリテーションの検討
    吉田広毅, 谷誠司, 内田智子, 増井実子, 中山晃, PCカンファレンス論文集(CD-ROM), 2015,   2015年
  • 西岡由都・三浦優生・苅田知則・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第6回特別支援教育の考えを生かした,通常学級での外国語活動」『英語教育』Vol.63, No.6, 54-56.
    英語教育, 63, (6) 54 - 56,   2014年
  • 原田沙耶香・三浦優生・苅田知則・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第5回合同学級での外国語活動」『英語教育』Vol.63, No.5, 54-56.
    英語教育, 63, (5) 54 - 56,   2014年
  • 松岡美幸・苅田知則・三浦優生・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第4回表情と感情の一致を目指した実践例」『英語教育』Vol.63, No.4, 54-56.
    英語教育, 63, (4) 54 - 56,   2014年
  • 塚田初美・三浦優生・苅田知則・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第3回自立活動と接点を持った外国語活動の実践事例」『英語教育』Vol.63, No.3, 54-56.
    英語教育, 63, (3) 54 - 56,   2014年
  • 久保稔・三浦優生・苅田知則・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第2回ICTを活用した実践事例」『英語教育』Vol.63, No.2, 54-56.
    英語教育, 63, (2) 54 - 56,   2014年
  • 三浦優生・角田麻里・苅田知則・中山晃(2014)「ユニバーサルデザインの外国語活動へ 特別支援学級での実践から 第1回児童の特性を理解する」『英語教育』Vol.63, No.1, 54-56.
    英語教育, 63, (1) 54 - 56,   2014年
  • 折本素・中山晃(Eds.)「英語学習の順次性・系統性を考慮した大学英語教育プログラムの構築 −共通テストの拡充、英語プロフェッショナル養成コースの拡充、E-learningシステムの拡充を通して−」『平成24年度〜平成25年度 愛媛大学教育改革推進事業成果報告書』
    平成24年度〜平成25年度 愛媛大学教育改革推進事業成果報告書,   2014年
  • 中山晃(2008)「外国語学習者の言語学習観への介入可能性とその学習行動への影響」『研究成果報告書 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 平成17−19年度』
    研究成果報告書(科研費),   2008年
  • 中山晃(2011)「小学校英語教育における児童生徒の非言語学的要因に関する基礎的研究」『研究成果報告書 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 平成20−22年度』
    研究成果報告書(科研費),   2011年
  • Nakayama, A. (2002). An Essay on Linguistic Theory and Adult Foreign Language Learning.『姫路獨協大学特別研究報告論集』p. 105-118.
    姫路獨協大学特別研究報告論集, (105-118) 105 - 118,   2002年
  • Hiraoka, K., Strain, J. E., Strain, S., Ikemura, D., Tabuchi, Y., Sawai, M., Yoshinari, Y., Higuchi, S., & Nakayama, A. (2002). Does foreign language learning change images of self, culture, and the world? Factors that influence and improve English grades
    姫路獨協大学特別研究報告論集,   2002年
  • 外国語学習者の言語学習観への介入可能性とその学習行動への影響
    研究成果報告書 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 平成17-19年度,   2008年
  • 小学校英語教育における児童生徒の非言語学的要因に関する基礎的研究
    研究成果報告書 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 平成20-22年度,   2011年

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 量的データを分析する
    中山 晃、西出崇、清水栄子, SDコーディネーター養成講座&IRer養成講座,   2016年10月15日
  • 自主シンポジウム『学習者の「問い」に基づいた授業実践は何をもたらすか -「問う力」の育成は自律的な学習者を育てるのか ー(「気づき」が生み出す「問い」と,その先にある学びの「必然性」)
    パネラー:小山義徳、野崎浩成、たなかよしこ、河住有希子、中山晃, 日本教育心理学会第58回総会,   2016年10月09日
  • The Influence of developmental changes of learner beliefs on L2 self-concept: A case study
    中山 晃、ファハティー・サラ、マギー・グレン、吉田広毅,   2016年09月24日, 招待有り
  • 教育データ解釈入門I&II
    中山 晃, SPODフォーラム2016,   2016年08月26日
  • パネルディスカッション「愛媛大学における先進的な英語教育の取り組み」(スーパーグローバルハイスクールでの教育経験を共有する)
    中山 晃, カワモト・ジュリア, マギー・グレン, 平成28年度JACET中国・四国支部春季研究大会,   2016年06月04日, 招待有り
  • Nakayama, A.(2015, December). Remedial Education for English Teaching: A Case Study at Ehime University. Paper presented at JCA Chugoku-Shikoku Chapter Annual Meeting. At Fukuyama University. On December 12th.
    第18回 日本コミュニケーション学会中国四国支部大会 於 福山大学 宮地茂記念館
  • 中山晃.(2015)「特別支援学級での外国語活動:評価に関する一考察」平成27年度JACET中国・四国支部秋季研究大会 於 松山大学
    平成27年度JACET中国・四国支部秋季研究大会 於 松山大学
  • Nakayama, A., Tomida, E., Chikamori, K., Ono, Y., Yamamoto, A., & Ohtani, C. (2015, September). How Japanese university students deal with cultural disequilibrium: a special focus on the process of constructing their beliefs about cross-cultural experienc
    JUSTEC2015
  • 中山晃.(2015, June)「英語プロフェッショナル養成コースの学生によるSA活動とその効果」第27回四国英語教育学会愛媛研究大会 於 愛媛大学
    四国英語教育学会
  • 竹村典子・苅田知則・中山晃(2014)「通常学級における視覚認知に困難のある児童に対する学習支援の検討」『第28回 言語発達障害研究会』予稿集 p.31
    第28回 言語発達障害研究会 於 倉敷中央病院
  • 足立友菜・苅田知則・石丸利恵・中山晃(2014)「通常学級における発達障害の疑いのある児童に対する支援 -合理的配慮の提供に向けた個別支援とカンファレンスの報告 -」『第28回 言語発達障害研究会』予稿集 p.30
    第28回 言語発達障害研究会 於 倉敷中央病院
  • Tomida, E., Chikamori, K., Nakayama, A., Ono, Y., Otani, C., & Yamamoto, A. (2014, September). Developing evaluation framework for short-term international exchange. Paper presented at the 26th Japan-U.S. teacher education consortium at Tokyo Gakugei Univ
    JUSTEC2014
  • Nakayama, A., Faherty, S., & Yoshida, H. (2014, August). The developmental changes of learner beliefs and L2 self-concept: a case study focusing on a Japanese university EFL learner with high proficiency. Paper presented at the international conference on
    International Conference on Motivational Dynamics and Second Langauge Acquisition
  • Nakayama, A., Heffernan, N., & Miura, Y. (2014, August). Foreign language activities for Japanese elementary school students who need special educational assistance. Poster presented at AILA World Congress 2014. Brisbane, Australia.
    AILA World Congress 2014
  • Barclay, S. & Nakayama, A. (2014, August). The roles of student assistants in tertiary-level EFL classrooms in Japan. Poster presented at AILA World Cngress 2014. Brisbane, Australia.
    AILA World Congress 2014
  • 長崎睦子, 折本素, ニール・ヘファナン・中山晃(2014, August). 「愛媛大学 Study English Abroad (SEA) プログラム創設に向けた試み」(グローバル人材育成のための大学英語教育の取り組み『第2弾』 第2分野 留学生派遣プログラム) JACET第53回国際大会 於 広島市立大学
    JACET 53rd International Convention
  • 折本素, 長崎睦子, ニール・ヘファナン・中山晃(2014, August). 「英語学習の順次性・系統性を考慮した大学英語教育プログラムの構築に向けた試み」(グローバル人材育成のための大学英語教育の取り組み『第2弾』第1分野 到達目標とその評価) JACET第53回国際大会 於 広島市立大学
    JACET 53rd International Convention
  • 中山晃.(2014)「ティーチング・ポートフォリオの作成を通して英語教育活動を振り返る」平成26年度JACET中国・四国支部春季研究大会 於 広島市立大学
    JACET中国・四国支部春季研究大会 於 広島市立大学
  • Nakayama, A., Yoshida, H., Matsuoka, M., Kubo, M., & Tsukada. H. (2014, March). Foreign Language Activities for Japanese elementary school students with Special Educatoinal Needs. Poster presented at the annual meeting of American Association for Applied
    AAAL2014
  • シンポジウム「司会:中山晃、話題提供者:久保稔・塚田初美・西岡由都、指定討論者:三浦優生・中山晃.(2013, November).「特別支援学級における外国語活動 −実践上の工夫とその応用− 」
    平成23〜25年度 (独)日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C) 最終年度成果報告(一般公開型研修・研究会) 於 愛媛大学
  • Nakayama, A., Yoshida, H., & Faherty, S. (2013, September). How the developmental changes of learner beliefs affect L2 self-concept: a case study focusing on a Japanese university EFL learner with high proficiency. Poster presented at BAAL2013, at Heriot-
    British Association of Applied Linguistics (BAAL2013) at Heriot-Watt University, Edinburgh, Scotland, UK
  • Yoshida, H., Tani, S., Uchida, T., Masui, J., & Nakayama, A. (2013, August). Structural Analysis of Anxiety in Online Cooperative Learning. Paper presented at ICAIT2013 in Singapore.
    ICAIT2013 at Singapore
  • シンポジウム「司会:中山晃、話題提供者:秦敬治・松本広幸・中山晃.(2013, August).「ティーチング・ポートフォリオの作成を通して英語教育の理念と教育活動を振り返る:英語教師としてのライフ・ストーリーと自己実現へ向けたプロセスの再考」」
    大学英語教育学会(JACET) 第52回国際大会 於 京都大学
  • 折本素・長崎睦子・中山晃・Heffernan, N・秦敬治.(2013, August).「愛媛大学共通教育副専攻型発展科目『プロフェッショナル養成コース』の創設と現状」
    大学英語教育学会(JACET) 第52回国際大会 於 京都大学
  • Nakayama, A., Heffernan, N., Shimizu, E., & Kurita, K. (2013, August).[Symposium]Teaching Portfolios: for revisiting one's life story as an English teacher and the process for self-actualization. Proceedings of the 55th Annual Meetings of the Japanese Ass
    The 55th Annual Meetings of the Japanese Association of Educational Psychology, at Hosei University, Ichigaya Campus
  • 松岡美幸・中山晃.(2013, July).「特別支援学級と交流学習での外国語活動の試み」
    第13回 小学校英語教育学会 『沖縄大会要綱集』p. 62 於 琉球大学
  • 川崎理恵・塚田初美・中山晃.(2012,November).「特別支援教育に生かすことのできる外国語活動」
    『第6回 Let's Enjoy English -小学校外国語活動研修会(AEEN設立10周年記念大会)-』 旭川英語教育ネットワーク(AEEN) 於 旭川市立近文小学校
  • Matsumoto, H., & Nakayama, A. (2012, September). Investigating Strategy Use, Motivation, Beliefs, and Proficiency Together in L2 Reading. Paper presented at JACET2012(51st International Conventoin), Aichi Prefectural University.
    JACET(大学英語教育学会)『The JACET51st(2012) International Convention Book』 p.129. 於 愛知県立大学
  • 塚田初美・吉田広毅・中山晃.(2012, July).「ソーシャルスキル・トレーニング(SST)を導入した特別支援学級における外国語活動」
    第12回 小学校英語教育学会 『千葉大会要綱集』p. 47 於 千葉大学(西千葉キャンパス)
  • 折本素・中山晃.(2012, June).「愛媛大学英語教育センターの英語教育改革:単位の実質化に向けた取り組みと発展科目の導入について」
    大学英語教育学会中国・四国支部 2012年度支部研究大会 於 愛媛大学
  • Miura, Y., Nakayama, A. & Heffernan, N. (2012, June). Foreign Language Activities for Japanese Students in Special Needs Education. Poster presented at Insights into applied linguistics: languaging, agency, and ecologies, at University of Jyv?skyl?, Finla
    Insights into applied linguistics: languaging, agency, and ecologies, at University of Jyv?skyl?
  • シンポジウム「4技能の統合(司会:池野修, パネリスト:池野修, 中山晃, 三熊祥文」(中山晃 「4技能が統合されていくプロセスを追う:愛媛大学における英語プロフェッショナル養成コースの学生を事例として」)
    大学英語教育学会中国・四国支部 2012年度支部研究大会 於 愛媛大学
  • 中山晃(2012, May).「大学ではどのように英語を教えているのか? −愛媛大学における初年次英語教育を例として−」
    平成24年度愛媛県高等学校教育研究会英語部会研究協議会(平成24年5月9日) 於 愛媛県立松山南高等学校
  • 塚田初美・久保稔・中川麻衣子・篠原沙耶香・中山晃.(2011,November).「特別支援に生かすことのできる外国語活動:提案と実技演習」
    『第5回 Let's Enjoy English(小学校外国語活動研修会)』 旭川英語教育ネットワーク(AEEN) 於 旭川市立近文小学校 
  • 松本広幸・中山晃・廣森友人 (2011, August).「L2読解における読解方略と動機づけ,学習観の関係: 共変動モデル構築へ向けて」
    全国英語教育学会 第37回山形研究大会 於 山形大学小白川キャンパス
  • 久保稔・金森強・中山晃.(2011, July)「ICTを利用した特別支援学級における外国語活動」
    小学校英語教育学会 第11回大阪大会 『大会要綱』 於 大阪教育大学(柏原キャンパス)
  • Nakayama, A.,Matsumoto, H., Heffernan, N., & Hiromori, T. (2011, June). The Influence of Past Language Studies and Overseas Experiences on Current EFL Learning of Japanese University Students. Poster presented at New Dynamics of Language Learning: Spaces
    New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at University of Jyv?skyl?
  • Matsumoto, H. & Nakayama, A. (2011, June). Can the concurrent use of text organization and main idea strategies facilitate EFL reading performance? Poster presented at New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at
    New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at University of Jyv?skyl?
  • Yoshida,H., Nakayama, A., & Heffernan, N. (2011, March). The Effectiveness of Nintendo DS on Japanese EFL Learners. Poster presented at the meeting of American Association for Applied Linguistics (AAAL2011). Chicago, IL.
    American Association for Applied Linguistics (AAAL2011). Chicago, IL.
  • 中山晃 (2010, September).「学生の授業外学習時間に寄与する情意的要因と習熟度」
    『2010年度 JACET全国大会 要綱』 p.178-179. 於 宮城大学
  • 中山晃 (2010, August). 「特別支援学級での外国語活動における留意点と教員支援に関する基礎調査」
    『第52回日本教育心理学会総会 発表論文集』p. 509 於 早稲田大学
  • 中山晃 (2010, July). 「英語活動における児童の目標志向性と学習観,不安,方略について」
    小学校英語教育学会 第10回北海道大会 『大会要綱』 p. 55. 於 北海道工業大学
  • Nakayama, A. (2010, June). EFL for school children in Japan: new challenges in elementary schools. Poster presented at the International Conference on Who needs languages?
    The International Conference on Who needs languages?
  • Micro and macro perspectives into language education policies & 28th Summer School of Applied Language Studies. University of Jyv?skyl?, Finland.
    Micro and macro perspectives into language education policies & 28th Summer School of Applied Language Studies. University of Jyv?skyl?, Finland, 7-10 June 2010
  • Nakayama, A. (2010, March). The Belief-Mediation Model: a latent factor model of Japanese intermediate EFL learners. Paper presented at the meeting of American Association for Applied Linguistics (AAAL2010). Atlanta, GA.
    American Association for Applied Linguistics (AAAL2010). Atlanta, GA.
  • 松本広幸・中山晃 (2009, September).「愛媛大学の英語教育プログラム:コミュニケーション能力の更なる向上を目指して」
    『2009年度 JACET全国大会 要綱』 p.393-394. 於 北海学園大学
  • パネルディスカッション「e-Learningによるリメディアル教育の展開(司会:野澤和典, パネリスト:小野博, 中山晃, 鞍掛哲治」(中山晃 「目的の再考:コンテンツとターゲット」)
    2009 PC Conference(CIEC研究大会, 8月9-11日) 於 愛媛大学
  • Nakayama, A. (2009, June). English for special needs education in Japan: problems and challenges. Poster session presented at LPLL2009 (Language Policy and Language Learning), Limerick, Ireland.
    LPLL2009 (Language Policy and Language Learning: New paradigms and new challenges), 18-20 June 2009, University of Limerick, Ireland.
  • Tobita, R., & Nakayama, A. (2008, August). Effective way of using voice-recognition software to improve communication skills.
    AILA2008 (15th World Congress of Applied Linguistics), 24-29 August, University of Duisburg-Essen, Germany.
  • Nakayama, A, Tobita, R., Shinohara, Y., & Shimizu, T. (2008, August). The Influence of Past Language Studies and Overseas Experiences on Current English Learning.
    AILA2008 (15th World Congress of Applied Linguistics), 24-29 August, University of Duisburg-Essen, Germany.
  • Nakayama, A. (2008, July). Belief and Anxiety in EFL learning.
    ALAA2008, 4-6 July, University of Sydney, Australia.
  • 中山晃 (2007, September). 「中学校入学以前に受けた英語教育と大学入学以前の海外滞在経験がその後の英語学習に及ぼす影響」
    『2007年度 JACET全国大会 要綱』 p.190-191. 於 安田女子大学
  • Shinohara, K., Nakano, J., & Nakayama, A. (2007, August). Synaesthetic Metaphors in Japanese: an experimental study on the direction of extension.
    2nd UK-Cognitive Linguistics Conference in Cardiff, from August 27-30, UK.
  • Nakayama, A. (2007, July). The Influence of Past Language Studies Experience on Current English Learning.
    ALAA Congress 2007 in Wollongong, from July 1-3, Australia.
  • Tobita, R. & Nakayama, A. (2007, May). Utterance improvement using voice-recognition software
    18th International Symposium on Theoretical and Applied Linguistics in Thessaloniki, from May 4-6, Greece.
  • Nakayama, A., Tobita, R., Shinohara, Y., & Shimizu, T. (2007, May). The Relationship between affective and cognitive factors among Japanese EFL learners.
    18th International Symposium on Theoretical and Applied Linguistics in Thessaloniki, from May 4-6, Greece.
  • Nakayama, A., Tomida, E., Chikamori, K., Ono, Y., Yamamoto, A., & Ohtani, C. (2015, September). How Japanese university students deal with cultural disequilibrium: a special focus on the process of constructing their beliefs about cross-cultural experienc
    JUSTEC2015
  • Tomida, E., Chikamori, K., Nakayama, A., Ono, Y., Otani, C., & Yamamoto, A. (2014, September). Developing evaluation framework for short-term international exchange. Paper presented at the 26th Japan-U.S. teacher education consortium at Tokyo Gakugei Univ
    JUSTEC2014
  • Nakayama, A., Faherty, S., & Yoshida, H. (2014, August). The developmental changes of learner beliefs and L2 self-concept: a case study focusing on a Japanese university EFL learner with high proficiency. Paper presented at the international conference on
    International Conference on Motivational Dynamics and Second Langauge Acquisition
  • Nakayama, A., Yoshida, H., Matsuoka, M., Kubo, M., & Tsukada. H. (2014, March). Foreign Language Activities for Japanese elementary school students with Special Educatoinal Needs. Poster presented at the annual meeting of American Association for Applied
    AAAL2014
  • Nakayama, A., Yoshida, H., & Faherty, S. (2013, September). How the developmental changes of learner beliefs affect L2 self-concept: a case study focusing on a Japanese university EFL learner with high proficiency. Poster presented at BAAL2013, at Heriot-
    British Association of Applied Linguistics (BAAL2013) at Heriot-Watt University, Edinburgh, Scotland, UK
  • Nakayama, A., Heffernan, N., Shimizu, E., & Kurita, K. (2013, August).[Symposium]Teaching Portfolios: for revisiting one's life story as an English teacher and the process for self-actualization. Proceedings of the 55th Annual Meetings of the Japanese Ass
    The 55th Annual Meetings of the Japanese Association of Educational Psychology, at Hosei University, Ichigaya Campus
  • Miura, Y., Nakayama, A. & Heffernan, N. (2012, June). Foreign Language Activities for Japanese Students in Special Needs Education. Poster presented at Insights into applied linguistics: languaging, agency, and ecologies, at University of Jyv?skyl?, Finla
    Insights into applied linguistics: languaging, agency, and ecologies, at University of Jyv?skyl?
  • Nakayama, A.,Matsumoto, H., Heffernan, N., & Hiromori, T. (2011, June). The Influence of Past Language Studies and Overseas Experiences on Current EFL Learning of Japanese University Students. Poster presented at New Dynamics of Language Learning: Spaces
    New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at University of Jyv?skyl?
  • Matsumoto, H. & Nakayama, A. (2011, June). Can the concurrent use of text organization and main idea strategies facilitate EFL reading performance? Poster presented at New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at
    New Dynamics of Language Learning: Spaces and places - intentions and opportunities, at University of Jyv?skyl?
  • Nakayama, A. (2007, April). The Relationship between EFL learners' affective and cognitive variables.
    ISLS2007 conference in Hawaii, from April 2-4, USA.
  • Nakayama, A. (2006, November). Affective and cognitive factors among EFL learners.
    JALT2006 at Kita Kyushu International Conference Center, Fukuoka, from November 2 to 5, Japan.
  • Nakayama, A. (2006, October). The Influence of Goal Orientations on the Choice of Learning Strategy: Focus on Chinese Learners of Japanese as a Second Language.
    SLRF2006 at the University of Washington in Seattle from October 6 to October 8, USA
  • 中山晃 (2006, August). 「学習観介在モデルの共分散構造分析による検討」
    『社会言語科学会 第18回大会 発表論文集』 p. 176-179. 於 北星学園大学
  • Nakayama, A. (2006, June). Testing a latent factor model of non-linguistic factors among Japanese EFL learners.
    Joint AAAL-ACLA/CAAL 2006 Conference in Montr?al, Canada.
  • 中山晃 「言語学・言語教育のための統計学入門」
     「言語と人間」研究会 第32回春季セミナー 於 国民生活センター 2006年3月27〜29日
  • 中山晃 (2005, October). 「メッセンジャーを使ったチャットによる英会話の実践」
    『第12回日本教育メディア学会年次大会 発表論文集』p. 212-214. 於 東京学芸大学
  • Munson, K., Nakayama, A., & Munson, B. (2005, October). The messenger project: a classroom activity.
    31st Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT2005), at Granship Shizuoka, Japan.
  • Kawahara, S., Matsunaka, Y., Nakayama, A,. & Shinohara, K. (2005, October) An experimental study of sound symbolism in Japanese.
    New Directions in Cognitive Linguistics (NDCL), at University of Sussex, UK.
  • 川原繁人・篠原和子・中山晃・押田眞介・金子育世・大舘実子・松中義大 (2005, July). 「日本語の音韻素性が喚起するイメージについての実験研究」
    『日本認知科学会第22回大会 発表論文集』p. 228-229. 於 京都大学
  • Kawahara, S., Shinohara, K., Nakayama, A., & Matsunaka, Y. (2005, July). Articulatory gestures and embodiment: Sound symbolism in Japanese.
    The International Conference on Postcognitivist Psychology. Supported by The British Psychological Society Scottish Branch. At University of Strathclyde in Glasgow, UK.
  • Nakayama, A. (2005, July). Non-linguistic Factors related to EFL learning in Japan.
    AILA2005 Conference in Madison, Wisconsin, USA.
  • 中山晃 (2005, May). 「外国語学習における非言語学的要因のモデル化とその応用について」
    「言語と人間」研究会 (2005年度 5月例会) 於 立教大学
  • Nakayama, A. (2005, April). Gender Differences in Language Learning Beliefs: Focuson Japanese Learners of English as a foreign language and Chinese Learners of Japanese as a second language.
    ISLS2005 conference in Montr?al, Canada.
  • Nakayama, A., Ochiai, M., Inada, K., Mori, M., & Kuramoto, K. (2004, November). The Gap between Teachers' Beliefs and Learners'.
    30th Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT2004), at Tezukayama University, Nara, Japan.
  • Nakayama, A. (2004, May). The relationship among non-linguistic factors in EFL learning.
    2004 American Association for Applied Linguistics (AAAL2004) conference in Portland, Oregon, USA.
  • Nakayama, A., Ochiai, M., Inada, K., Mori, M., & Kuramoto, K. (2003, November). Teachers’ Beliefs in Language Teaching.
    29th Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT2003), at Granship Shizuoka, Japan.
  • 中山晃 (2003, October). 「ジェンダーと外国語学習観の関係について:EFL学習者とJSL学習者を対象としたBALLIによる調査結果をもとに」
    『第12回社会言語科学会大会 発表論文集』p. 156-161. 於 大阪大学
  • 中山晃 (2003, June). 「外国語学習における目標志向性と学習観および学習方略の関係」
    『日本認知科学会第20回大会 発表論文集』p.348-349. 於 電気通信大学
  • Nakayama, A. (2002, November). Language Learners’ Beliefs and Strategy Use.
    28th Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT), at Granship Shizuoka, Japan.
  • 中山晃 Factors Related to Language Learning: Focus on affective and cognitive factors.「言語学習にかかわる諸要因−情意的・認知的要因を中心に−」
    横浜国立大学環境情報学府招待講演(メディアコロキウム)於 横浜国立大学 2002年7月12日
  • 吉田広毅・中山晃・長谷川奈津 (2002, June). 「大学生の英語学習動機に関する基礎的研究」
    第5回ICU言語研究会ワークショップ 於 大学セミナーハウス
  • Nakayama, A. (2001, November). Web Page Design Project: Classroom Activity.
    27th Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT), at Kitakyushu International Conference Center, Fukuoka, Japan.
  • 中山晃・吉田広毅 (2001, September). 「高校生の英語読解方略尺度の作成と検討」
    『第43回日本教育心理学会総会 発表論文集』p. 291. 於 名古屋国際会議場
  • 吉田広毅・長谷川奈津・中山晃 (2001, June). 「高校生および大学生の使用する英語リーディング方略に関する規範的研究」
    『第4回ICU言語研究会ワークショップ 発表論文集』p. 32-35. 於 大学セミナーハウス
  • 中山晃・吉田広毅 (2001, June). 「日本人大学生の英語学習における学習信念に関する一考察」
    『第4回ICU言語研究会ワークショップ 発表論文集』p. 36-39. 於 大学セミナーハウス
  • 中山晃 (2001, March). 「英語学習における学習観・学習信念に関する基礎的研究 −英語を専門課程としない医療福祉系専門学校生を対象に−」
    『第7回社会言語科学会大会 予稿集』p. 125-130. 於 国学院大学
  • Nakayama, A. (2000, November). Children Book Project: Classroom Activity.
    26th Annual International Conference on Language Teaching hosted by Japan Association for Language Teaching (JALT), at Granship Shizuoka, Japan.
  • 中山晃・吉田広毅 (2000, September). 「達成目標志向性の学習方略の選択に及ぼす影響に関する一考察 −高校生の英語学習を中心に−」
    『第42回日本教育心理学会総会 発表論文集』p. 173. 於 東京大学
  • 中山晃 (2000, September). 「言語学習における学習方略と学習者への助言・介入」
    平成12年度JALT日本語教育支部研究発表会 於 東京学芸大学
  • 中山晃 (2000, July). 「カテゴリーのプロトタイプ論に関する一考察 知覚情報の理解と想起について」
    『日本認知科学会第17回大会 発表論文集』p. 212-213. 於 静岡文化芸術大学
  • 中山晃・吉田広毅 (2000, June). 「外国語学習における単語学習方略尺度の作成と検討 −英語を外国語として学習する大学生を対象として−」
    『第3回ICU言語研究会ワークショップ 発表論文集』p. 10-15. 於 大学セミナーハウス
  • 吉田広毅・中山晃 (2000, June). 「英語リーディング方略尺度の作成とその検討 −日本人大学生を対象として−」
    『第3回ICU言語研究会ワークショップ 発表論文集』p. 16-20. 於 大学セミナーハウス
  • 中山晃 (1999, June). 「自己評価の学習者動機への影響 高校3年生を対象に」
    『第2回ICU言語研究会ワークショップ 発表論文集』p. 1-8. 於 大学セミナーハウス
  • Nakayama, A. (1999, March). 「The Influence of self-evaluation on learner motivation: Third-year high school students」
    『第2回卒論・修論研究発表セミナー(関西英語教育学会・語学ラボラトリー学会関西支部・大学英語教育学会関西支部 共催)発表論文集』p. 105-112. 於 大谷大学

競争的資金

  • 特別支援学級での外国語活動:その質的および客観的評価法に関する基礎的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 中山 晃
  • 交流学習不安の相違に対応したオンライン・ファシリテーションに関する実験的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 吉田 広毅, 研究初年度であった平成25年度には、当初の計画通り、国際交流学習のテーマおよび具体的な学習内容を決定するとともに、交流学習に用いるグループウェアを選定し、学習環境を設定をした。具体的には、交流学習を実践するグループウェアとして利用者数の多いFacebookを使うこととし、そこで実践するアクティブティとして、①アイスブレークのための相互他己紹介と、②協働して設定したテーマに基づく課題探索型学習と発表を設定した。また、交流学習に際して学習者が抱える不安要因として、①コンピュータ不安、②オンライン学習不安、③コミュニケーション不安の3要因を明らかにした上で、交流学習不安尺度を作成した。初年度の作業の手続きとして、①交流学習に関わる諸条件の整理:1ヶ月(平成25年4月)、②交流学習の基本方針の検討:1ヶ月(5月)、③交流学習の内容の検討:3ヶ月(6~8月)、④交流学習に用いるグループウェアの選定と環境設定:2ヶ月(9~10月)、⑤交流学習不安の調査:1ヶ月(11月)、⑥調査結果の入力・集計・分析:2ヶ月(12~翌1月)、⑦交流学習不安尺度の作成:2ヶ月(2~3月)という工程で研究を実施した。交流学習不安は、調査対象から自由記述で聞き取り、KJ法により分類するボトムアップ的手法で明らかにし、尺度作成のための追調査を経て、最終的に13項目から成るオンラインでの交流学習不安尺度を作成した。また、次年度からの交流学習に備え、学習で用いるグループウェアを選定し学習環境を設定するとともに、学習内容を検討した。
  • 特別支援教育での外国語活動における留意点と教員支援に関する基礎的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 中山 晃, リズムチャンツや感情と表情を一致させるための活動など,児童の特性に合わせて特別支援学級内で実施したアクティビティーを通して,「自己肯定感が高まり情緒が安定したこと」や「他者の表情から気持ちを読み取る方法を理解したこと」,「アクティビティーや日常会話時の表情が豊かになったこと」などの効果がみられた。また,ICTを活用しながら特別支援学級における自立活動とより接点をもった活動を仕組むことで,自立活動と外国語活動の両方の活動に相乗効果が期待できるという先行研究結果をあらためて支持することができた。
  • 英文読解に成功する学習者像を求めて:動機づけ,学習観,方略の統合的視座から
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 松本 広幸, 本研究では,英文読解方略指導を含む授業実践を通して,英文読解方略使用,動機づけ,一般学習観の関連性を探り,読解力の向上をはじめその効果について検証した。主な研究成果として,英文読解方略使用,動機づけ,一般学習観には概して有意な関係性が認められ,英文読解方略の指導は読解力の向上だけではなく,動機づけや学習観などの関連要因にもプラスの影響を与えうることが判明した。また,これらの個人差要因の初期状態により,その後の発達や要因間の相互作用に違いが生じることも示された。
  • 小学校英語教育における児童生徒の非言語学的要因に関する基礎的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 中山 晃, 認知発達という過渡期にある児童の外国語活動に対する好意度や不安は,クラス内における他者との関係や授業形態,授業内容などの要因により変化しやすいことがわかった。また、比較的安定した児童個人内の特性によっても、外国語活動の授業における不安や否定的評価に対する恐れが規定されうることも分かった。
  • 外国語学習者の言語学習観への介入可能性とその学習行動への影響
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 中山 晃, 研究最終年度となった平成19年度は,研究初年度及び次年度に収集したデータに統計分析を施し(一部は既に分析済み),さらにその結果を公表する目的で,海外及び国内にて研究発表を行った。さらに,最終年度後半には,これまでの3ヵ年の研究成果の総括する目的で,研究成果報告書を作成した。本研究課題の中心テーマであった学習観とその周辺要因を含めた潜在変数モデルは一定の水準で収集したデータと適合し,学習動機要因と学習方略要因の間に学習観を介在させることにより,目的変数である学習方略要因の予測の精度が上がることが示された。このことは,学習観に対する教育的介入という操作によって,学習方略を変容させることができることを示唆している。過去経験(本研究で扱った変数は「小学校英語教育経験」と「大学入学以前の海外滞在経験」の2つ)が,どの程度その後の学習観や学習行動に影響を及ぼしているのかという観点でカテゴリカル回帰分析を行った。結果,本研究の調査参加者に関する限り,大学入学以前の海外滞在経験のみが学習観と学習方略に有意な影響を及ぼしていることがわかった。本研究結果に関する限り,小学校において英語教育を受けたとしても,そのこと自体では,数年後,どのように大学で英語を学ぶかという行動の予測はできないことを考えると,海外留学など実際に英語を日常生活で使用しなければならないという切迫感や必要性というこれまでも議論されてきた根本的な英語教育の問題が,学習者の英語学習行動を理解し,かつ効果的に教育を行う上で重要な課題であることが改めて確認されたといえる。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.