研究者データベース

近藤 久雄コンドウ ヒサオ

所属部署名大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名助教
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    近藤 久雄
  • 氏名(カナ)

    コンドウ ヒサオ

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
  • 職名

    講師

学歴等

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 応用物理学会
  • 日本物理学会

委員歴

  • 2010年04月 - 2014年03月, 日本物理学会四国支部, 会計委員
  • 2012年04月 - 2012年09月, 第73回応用物理学会学術講演会, 運営委員
  • 2002年 - 2004年, 日本物理学会, 四国支部会計委員, 日本物理学会
  • 2005年 - 2005年, 日本物理学会, 第61回年次大会実行委員会委員, 日本物理学会

経歴

  • 2006年 - , - 愛媛大学理工学研究科

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 物理学, 物性Ⅰ, 光物性

研究キーワード

  • 光物性物理学

著書・発表論文等

論文

  • Cavity polaritons in an organic single-crystalline rubrene microcavity, Y. Tsuchimoto, H. Nagai, M. Amano, K. Bando, H. Kondo, Applied Physics Letters, 2014年10月, [査読有り], 0003-6951, 10.1063/1.4883485
  • Cavity polaritons in a single-crystalline organic microcavity prepared at room temperature using a simple solution technique, K. Bando, H. Nagai, M. Amano, K. Kanezashi, S. Kumeta, H. Kondo, Applied Physics Express, 2013年10月, [査読有り], 1882-0778, 10.7567/APEX.6.111601
  • Cavity polariton dispersion of a single-crystalline anthracene film embedded in a microcavity, H. Kondo, K. Tongu, Y. Yamamoto, S. Yamamoto, H. Kurisu, physica status solidi (c), 2009年01月, [査読有り], 1862-6351, 10.1002/pssc.200879853
  • Optical responses in single crystalline organic microcavities, H. Kondo, Y. Yamamoto, A. Takeda, S. Yamamoto, H. Kurisu, Journal of Luminescence, 2008年05月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/j.jlumin.2007.12.011
  • Cavity modes of exciton-polaritons in an organic crystal with distributed Bragg reflectors, H. Kondo, A. Takeda, T. Tomikawa, H. Kurisu, S. Yamamoto, M. Matsuura, Journal of Luminescence, 2006年07月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/j.jlumin.2005.12.021
  • Biexciton lasing of submicron-sized ZnO particle in a Fabry-Perot cavity, Y. Harada, H. Kondo, S. Hashimoto, American Institute of Physics Journal of Applied Physics, 2005年11月, [査読有り], 0021-8979, 10.1063/1.2128690
  • Dynamical behaviour of quantum cutting in alkali gadolinium fluoride phosphors, H. Kondo, T. Hirai, S. Hashimoto, Journal of Luminescence, 2004年06月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/j.jlumin.2004.01.011
  • Energy migration and relaxation through Gd<sup>3+</sup> sublattice in NaGdF<sub>4</sub>, H. Kondo, T. Hirai, S. Hashimoto, Journal of Luminescence, 2003年05月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/S0022-2313(02)00633-6
  • Energy transfer through Gd<sup>3+</sup> sublattice in the fluoride phosphors, H. Kondo, T. Hirai, S. Hashimoto, Journal of Luminescence, 2001年12月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/S0022-2313(01)00292-7
  • Composition dependence of the four A bands for thin-solid films of KBr<sub>1-x</sub> I<sub>x</sub> : Tl<sup>+</sup>, HASHIMOTO S, MORI M, ICHIMURA N, KONDO H, HARADA Y, Thin Solid Films, 2001年, [査読有り], 0040-6090, 10.1016/S0040-6090(00)01893-9
  • Time resolved spectroscopy of KI under one-photon excitation by an AnF excimer laser, N. Ichimura, H. Kondo, S. Hashimoto, International Journal of Modern Physics B, 2001年, [査読有り], 10.1142/S021797920100869X
  • Photoluminescence spectra of ZnO fine particles embedded in thin alkali halide crystals, Y. Harada, H. Kondo, N. Ichimura, S. Hashimoto, Journal of Luminescence, 2000年05月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/S0022-2313(99)00422-6
  • Formation of high density color-centers and laser ablation in alkalihalide crystals, ICHIMURA N, KONDO H, HARADA Y, HASHIMOTO S, Journal of Luminescence, 2000年05月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/S0022-2313(99)00303-8
  • Sample preparation and photoluminescence of ZnO particles embedded in thin alkali halide crystals, Harada Y, Kondo H, Ichimura N, Hashimoto S, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS, 1999年11月, [査読有り], 0021-4922, 10.1143/JJAP.38.L1318
  • Sample preparation and photoluminescence of ZnO particles embedded in thin alkali halide crystals, Japanese Journal of Applied Physics, 1999年, [査読有り], 0021-4922|1347-4065, 10.1143/jjap.38.L1318
  • Radiation effects of ArF excimer laser in alkali iodide crystals, N. Ichimura, N.Kida, Y. Harada, H. Kondo, S. Hashimoto, N. Ohno, Radiation Effects and Defects in Solids, 1999年, [査読有り], 1042-0150, 10.1080/10420159908226231
  • Spatial propagation of high density excitons localized at a stacking disorder plane in BiI<sub>3</sub>, KONDO H, MINO H, AKAI I, KARASAWA T, Physical Review B, 1998年11月, [査読有り], 0163-1829, 10.1103/PhysRevB.58.13835
  • Lateral transport and dynamical behavior of quasi-two-dimensional excitons at high density along a stacking disorder plane in layered BiI<sub>3</sub> crystals, KONDO H, KAWAI T, KARASAWA T, AKAI I, KOMATSU T, Journal of Luminescence, 1996年, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/0022-2313(95)00188-3
  • Space-and time-resolved study of the nonlinear optical responses on the exciton in a quasi two-dimensional system in BiI<sub>3</sub>, T. Karasawa, I. Akai, T. Kawai, H. Kondo, H. Mino, T. Komatsu, Progress in Crystal Growth and Characterization of Materials, 1996年, [査読有り], 0146-3535, 10.1016/0960-8974(96)83620-5
  • Nonlinear Optical Responses due to the Lateral Transport of Excitons in a Quasi Two-Dimensional System in Bill<sub>3</sub> Crystals, KONDO H, KAWAI T, KARASAWA T, Solid State Communications, 1995年04月, [査読有り], 0038-1098, 10.1016/0038-1098(95)00029-1
  • High density exciton behavior and bi-exciton states on the stacking fault excitons in BiI<sub>3</sub>, KONDO H, KARASAWA T, AKAI I, ICHIDA M, KOMATSU T, Journal of Luminescence, 1994年04月, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/0022-2313(94)90243-7
  • Non linear optical spectra of confined and localized excitons in mesoscopic domain and quasi-2D stacking fault inferface in BiI<sub>3</sub> crystals, AKAI I, KONDO H, ICHIDA M, KARASAWA T, KOMATSU T, Journal de Physique (]G0004[) Colloque C5, supplem(]E85EE[)nt au Journal de Physique (]G0002[), 1993年10月, [査読有り], 1155-4339, 10.1051/jp4:1993593
  • Exciton-phonon interaction in the two-photon absorption Process in RbI, FUJITA H, KONDO H, NISHIMURA H, OKADA T, KARASAWA T, KOMATSU T, Journal of Luminescence, 1992年, [査読有り], 0022-2313, 10.1016/0022-2313(92)90051-A
  • Exciton localized in mesoscopic domains produced by stacking fault in BiI<sub>3</sub>, T. Komatsu, T. Iida, K. Murayama, M. Ichida, H. Kurisu, H. Kondo, I. Akai, T. Karasawa, Molecular Crystals and Liquid Crystals, 1992年, [査読有り], 10.1080/10587259208047012

講演・口頭発表等

  • アントラセン微小共振器におけるポラリトン発光, 野島尚人、古川雅文、近藤久雄、阪東一毅、小田勝, 第29回光物性研究会, 2018年12月
  • 溶液浸透法によるハロゲン化鉛ペロブスカイト化合物単結晶薄膜の作製とその光学応答, 中林冴斗、黒田夏海、近藤久雄、小田勝, 第29回光物性研究会, 2018年12月
  • 有機無機層状ペロブスカイト型半導体微小共振器における光学応答, 三橋健太郎、朝日敏夫、近藤久雄、小田勝, 第29回光物性研究会, 2018年12月
  • 微小光共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの発光評価, 荒井淳志、細川拓哉、小田勝、近藤久雄, 第29回光物性研究会, 2018年12月
  • 微小共振器中における溶液分散コロイド状半導体量子ドットの光物性, 荒井淳志、細川拓哉、小田勝、近藤久雄, 第79回応用物理学会秋季学術講演会, 2018年09月
  • アントラセン結晶中の励起子寿命における再吸収効果の再考, 堀匡紘、田村尚樹、阪東一毅、近藤久雄、河相武利, 第28回光物性研究会, 2017年12月
  • アントラセン微小共振器における非線形ポラリトン発光, 野島尚人、古川雅文、近藤久雄, 2017年度応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会, 2017年07月
  • コロイド状半導体量子ドットにおける増幅キャリア抽出法の新開発Ⅱ, 小田勝、矢野岳人、赤木啓人、近藤久雄, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017年03月
  • 有機無機層状ペロブスカイト型化合物を活性層とする微小共振器の作成とその光学応答, 吉田明弘、朝日敏夫、古川雅文、近藤久雄、阪東一毅, 第27回光物性研究会, 2016年12月
  • 単結晶微小共振器におけるポラリトン発光, 古川雅文、吉田明弘、野島尚人、近藤久雄、阪東一毅, 第27回光物性研究会, 2016年12月
  • 有機微小共振器における振電結合発光の解釈, 外山直希、大塚和仁、阪東一毅、近藤久雄, 第27回光物性研究会, 2016年12月
  • コロイド状半導体量子ドットにおける増幅キャリア抽出法の提案と開発, 矢野岳人、赤木啓人、小田勝、近藤久雄, 平成28年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2016年12月
  • 有機無機層状ペロブスカイト型半導体微小共振器の作成とその光学特性, 朝日敏夫、古川雅文、吉田明弘、河瀬広樹、阪東一毅、近藤久雄, 第26回光物性研究会, 2015年12月
  • 有機結晶微小共振器における活性層厚の単分子層揺らぎ観測, 大塚和仁、外山直希、阪東一毅、近藤久雄, 第26回光物性研究会, 2015年12月
  • キャビティポラリトンによるパルス伝搬の変化, 藤原徹、井手悠輔、山内豪、朝日敏夫、近藤久雄、阪東一毅, 日本物理学会第70回年次大会, 2015年03月
  • 微小共振器によるパルス伝搬速度の遅延, 藤原徹、井手悠輔、山内豪、朝日敏夫、近藤久雄、阪東一毅, 第25回光物性研究会, 2014年12月
  • 溶液浸透法による(C4H9NH3)2PbI4薄膜結晶の作成, 山内豪、朝日敏夫、井手悠輔、藤原徹、近藤久雄、阪東一毅, 第25回光物性研究会, 2014年12月
  • 有機半導体単結晶微小共振器におけるポラリトン発光特性, 大塚和仁、天野真光、土本悠太、阪東一毅、近藤久雄, 第25回光物性研究会, 2014年12月
  • 共振器ポラリトンの位相シフトを反映した透過光の量子干渉, 天野真光、大塚和仁、阪東一毅、藤原徹、近藤久雄, 第25回光物性研究会, 2014年12月
  • アントラセン単結晶薄膜における強励起発光スペクトル, 井手悠輔、藤原徹、山内豪、朝日敏夫、近藤久雄, 第25回光物性研究会, 2014年12月
  • ルブレン単結晶微小共振器における共振器ポラリトン, 大塚和仁、土本悠太、永井輝、天野真光、阪東一毅、近藤久雄, 日本物理学会2014年秋季大会, 2014年09月
  • 有機半導体単結晶微小共振器の作製と共振器ポラリトンの観測, 土本悠太、永井輝、天野真光、阪東一毅、近藤久雄, 第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月
  • AlGaAs/AlAsタイプII量子井戸中の電子及び正孔の波動関数, 野村貴俊、下村哲、白方祥、近藤久雄、福澤薫, 第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月
  • アントラセン微小共振器における時間分解発光スペクトル, 井手悠輔、藤原徹、山内豪、朝日敏夫、近藤久雄, 第24回光物性研究会, 2013年12月
  • 有機半導体ルブレン単結晶微小共振器における共振器ポラリトン, 土本悠太、永井輝、天野真光、阪東一毅、近藤久雄, 第24回光物性研究会, 2013年12月
  • 溶液成長されたアントラセン単結晶微小共振器における室温での共振器ポラリトン発光の観測, 天野真光、永井輝、土本悠太、阪東一毅、近藤久雄, 第24回光物性研究会, 2013年12月
  • 溶液から成長されたアントラセン単結晶による共振器ポラリトンの観測, 天野真光、永井輝、阪東一毅、近藤久雄, 日本物理学会2013年秋季大会, 2013年09月
  • MBE growth of AlGaAs/AlAs staggered quantum wells on high index substrates and drastic improvement of optical properties, Satoshi Shimomura, Takatoshi Nomura, Yuki Tani, Taisuke Jinno,Sho Shirakata, Hisao Kondo, Tadashi Fukuzawa , he 40th International Symposium on Compound Semiconductors, 2013年05月
  • 溶液結晶成長法を用いたアントラセン微小共振器の作製, 永井輝、粂田祥平、金刺啓悟、天野真光、阪東一毅、近藤久雄, 第23回光物性研究会, 2012年12月
  • 溶液から結晶成長したアントラセン微小共振器の作製, 永井輝、粂田祥平、金刺啓悟、阪東一毅、近藤久雄, 日本物理学会2012年秋季大会, 2012年09月
  • 溶液成長によるアントラセン結晶微小共振器の作製, 阪東一毅、永井輝、金刺啓悟、粂田祥平、近藤久雄, 第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月
  • AlGaAs/AlAsタイプII量子井戸のMBE成長とAlAs膜厚依存性, 神野泰輔、谷勇気、福澤薫、白方祥、近藤久雄、下村哲, 第73回応用物理学会学術講演会, 2012年09月
  • アントラセン単結晶薄膜を用いた微小共振器におけるキャビティポラリトン, 近藤久雄, 日本化学会中四国支部化学講演会, 日本液晶学会分子配向エレクトロニクスフォーラム講演会,光電子材料研究会, 合同講演会, 2012年05月
  • Role of energy migration Gd3+ ions in quantum cutting process in NaY1-xGdxF4:Eu3+, T. Hirai, H. Kondo, T. Kawai, 4th International Workshop on Photoluminescence in Rare earths: Photonic Materials and Devices 2012, 2012年03月
  • アントラセン微小共振器の角度分解発光スペクトル, 渡邉佑樹、竹吉礼、近藤久雄, 第22回光物性研究会, 2011年12月
  • 有機微小共振器における真空ラビ分裂エネルギーの活性層厚依存性, 近藤久雄、釜保志、田中修平、渡邉佑樹, 日本物理学会2011年秋季大会, 2011年09月
  • アントラセン単結晶微小共振器における真空ラビ分裂エネルギーの活性層厚依存性, 近藤久雄、釜保志、田中修平、渡邉佑樹, 日本物理学会第66回年次大会, 2011年03月
  • アントラセン単結晶を活性層とする微小共振器におけるキャビティポラリトン分散の活性層厚依存性, 釜保志、田中修平、渡邉佑樹、近藤久雄, 第21回光物性研究会, 2010年12月
  • スピンコート法によるテトラセン微小共振器の作製とキャビティポラリトンの観測, 三木尚仁、鈴木里奈、近藤久雄, 第21回光物性研究会, 2010年12月
  • スピンコート法によるテトラセン微小共振器の作製とその光学応答, 三木尚仁、近藤久雄、青竹達也、勝田修平、山田容子, 第71回応用物理学会学術講演会, 2010年09月
  • 有機微小共振器の作製とその光学応答, 近藤久雄, 第1回有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会, 2010年09月
  • Active layer thickness dependence upon cavity polaritons in a single-crystalline anthracene microcavity, H. Kondo, Y. Kama, S. Tanaka, S. Yamamoto, H. Kurisu, 9th International Conference on Excitonic and Photonic Processesin Condensed and Nano Materials, 2010年07月
  • アントラセン単結晶微小共振器における異方性キャビティポラリトン分散, 近藤久雄、田中修平、釜保志、山本節夫、栗巣普揮, 日本物理学会第65回年次大会, 2010年03月
  • スピンコート法による有機微小共振器の作製とその評価, 手塚理恵、三木尚仁、近藤久雄, 第20回光物性研究会, 2009年12月
  • アントラセン単結晶を用いた微小共振器におけるポラリトンモードの入射角分散, 田中修平、釜保志、栗巣普揮、山本節夫、近藤久雄, 第20回光物性研究会, 2009年12月
  • 有機単結晶を用いた微小共振器におけるキャビティポラリトンモードの入射角依存性, 近藤久雄、釜保志、田中修平、山本節夫、栗巣普揮, 日本物理学会2009年秋季大会, 2009年09月
  • 有機微小共振器におけるキャビティポラリトン分散II, 近藤久雄、頓宮敬介、山本幸広、山本節夫、栗巣普揮, 日本物理学会2008年秋季大会, 2008年09月
  • Cavity polariton dispersion of a single-crystalline anthracene film embedded in a microcavity, H. Kondo, K. Tongu, Y. Yamamoto, S. Yamamoto, H. Kurisu, 8th International Conference on Excitonic Processes in Condensed Matter, 2008年06月

MISC

  • Time-resolved spectroscopy of KI under one-photon excitation by an ArF excimer laser, Nobuko Ichimura, Hisao Kondo, Satoshi Hashimoto, International Journal of Modern Physics B, 15, 3797, 3800, 2001年12月, 02179792, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035842051&origin=inward, We investigated the absorption spectra of KI under excitation by an ArF excimer laser at 11 K. The laser light excited the sample through a one-photon process. Stable F centers were formed with excitation at a power level above ∼2 mJ/cm 2. From the time-resolved absorption spectrum, it is evident that the F centers are generated within 50 ns after the time of initiation of the laser pulse. The width of the F band at 50 ns was broader than that of the stationary F band at 11 K, suggesting the temperature increase of the crystal. We discuss the relaxation process in KI under dense electronic excitation.

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.