研究者データベース

小川 敦司オガワ アツシ

所属部署名プロテオサイエンスセンター
職名准教授
Last Updated :2019/10/19

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    小川 敦司
  • 氏名(カナ)

    オガワ アツシ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    プロテオサイエンスセンター 生体分子工学部門
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2003年04月 - 2006年03月, 京都大学大学院, 工学研究科, 合成・生物化学専攻
  • 2001年04月 - 2003年03月, 京都大学大学院, 工学研究科, 分子工学専攻
  • 1997年04月 - 2001年03月, 京都大学, 工学部, 工業化学科

学位

  • 工学博士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本化学会
  • 日本化学会・生体機能関連部会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会
  • 無細胞生命科学研究会
  • 「細胞を創る」研究会

経歴

  • 2013年04月 - 現在, 愛媛大学(准教授(PI))
  • 2010年04月 - 2013年03月, 愛媛大学(講師(PI))
  • 2008年12月 - 2013年03月, 愛媛大学(上級研究員(PI))
  • 2008年12月 - 2010年03月, 理化学研究所(客員研究員)
  • 2006年04月 - 2008年12月, 理化学研究所(基礎科学特別研究員)
  • 2003年04月 - 2006年03月, 日本学術振興会(特別研究員DC1)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 複合化学, 生体関連化学

研究キーワード

  • 生体関連化学
  • RNA工学
  • タンパク質工学
  • 生体分子工学
  • バイオ工学
  • バイオテクノロジー
  • 生命科学

著書・発表論文等

論文

  • Mutation of the start codon to enhance Cripavirus internal ribosome entry site-mediated translation in a wheat germ extract., Ogawa A, Takamatsu M, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 2019年11月, [査読有り], 0960-894X, 10.1016/j.bmcl.2019.126729
  • In vitro selection of a 3' terminal short protector that stabilizes transcripts to improve the translation efficiency in a wheat germ extract., Ogawa A, Kutsuna A, Takamatsu M, Okuzono T, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 2019年08月, [査読有り], 0960-894X, 10.1016/j.bmcl.2019.06.058
  • Detection of Gold Nanoparticles Aggregation using Light Scattering for Molecular Sensing, Yuki Yano, Masamichi Nisougi, Yuki Yano-Ozawa, Tsuyoshi Ohguni, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Tsuyoshi Asahi, Tamotsu Zako, Analytical Sciences, 2019年06月, [査読有り], 13482246, 10.2116/analsci.18P571
  • Modification of carbon metabolism in Synechococcus elongatus PCC 7942 by cyanophage-derived sigma factors for bioproduction improvement, Naruhiko Sawa, Tsuneyuki Tatsuke, Atsushi Ogawa, Yasutaka Hirokawa,Takashi Osanai, Taizo Hanai, Journal of Bioscience and Bioengineering, 2019年02月, [査読有り], 13891723, 10.1016/j.jbiosc.2018.07.019
  • Canonical translation-modulating OFF-riboswitches with a single aptamer binding to a small molecule that function in a higher eukaryotic cell-free expression system, Atsushi Ogawa, Yuta Murashige, Hajime Takahashi, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2018年08月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2018.06.041
  • Artificial OFF-Riboswitches That Downregulate Internal Ribosome Entry without Hybridization Switches in a Eukaryotic Cell-Free Translation System, Atsushi Ogawa, Hiroki Masuoka, Tsubasa Ota, ACS Synthetic Biology, 2017年09月, [査読有り], 21615063, 10.1021/acssynbio.7b00124
  • Ligand-responsive upregulation of 3' CITE-mediated translation in a wheat germ cell-free expression system, Atsushi Ogawa, Yuta Murashige, Junichiro Tabuchi, Taiki Omatsu, Molecular BioSystems, 2017年02月, [査読有り], 1742206X, 10.1039/c6mb00748a
  • Biofunction-assisted DNA detection through RNase H-enhanced 3' processing of a premature tRNA probe in a wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Junichiro Tabuchi, Yasunori Doi, Masashi Takamatsu, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2016年06月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2016.05.091
  • Rational optimization of amber suppressor tRNAs toward efficient incorporation of a non-natural amino acid into protein in a eukaryotic wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Yuki Namba, Mai Gakumasawa, Organic and Biomolecular Chemistry, 2016年01月, [査読有り], 14770520, 10.1039/c5ob02533h
  • Biofunction-assisted aptasensors based on ligand-dependent 3′ processing of a suppressor tRNA in a wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Junichiro Tabuchi, Organic and Biomolecular Chemistry, 2015年06月, [査読有り], 14770520, 10.1039/C5OB00794A
  • Engineering of ribosomal shunt-modulating eukaryotic on riboswitches by using a cell-free translation system, Atsushi Ogawa, Methods in Enzymology, 2015年01月, [招待有り], 00766879, 10.1016/bs.mie.2014.10.033
  • Investigation of end processing and degradation of premature tRNAs and their application to stabilization of in vitro transcripts in wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Yasunori Doi, Organic and Biomolecular Chemistry, 2015年01月, [査読有り], 14770520, 10.1039/C4OB02221A
  • Thermodynamics-based rational design of DNA block copolymers for quantitative detection of single-nucleotide polymorphisms by affinity capillary electrophoresis, Ayumi Kimura, Naoki Kanayama, Atsushi Ogawa, Hideaki Shibata, Hideo Nakashita, Tohru Takarada, Mizuo Maeda, Analytical Chemistry, 2014年11月, [査読有り], 00032700, 10.1021/ac503522f
  • Identification of short untranslated regions that sufficiently enhance translation in high-quality wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Junichiro Tabuchi, Yasunori Doi, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2014年08月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2014.07.004
  • Rational design of artificial ON-riboswitches, Atsushi Ogawa, Methods in Molecular Biology, 2014年01月, [招待有り], 10643745, 10.1007/978-1-62703-755-6_12
  • Theophylline-dependent riboswitch as a novel genetic tool for strict regulation of protein expression in cyanobacterium synechococcus elongatus PCC 7942, Yoichi Nakahira, Atsushi Ogawa, Hiroyuki Asano, Tokitaka Oyama, Yuzuru Tozawa, Plant and Cell Physiology, 2013年10月, [査読有り], 00320781, 10.1093/pcp/pct115
  • Ligand-Dependent Upregulation of Ribosomal Shunting, Atsushi Ogawa, ChemBioChem, 2013年09月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.201300362
  • Dumbbell-shaped DNA analytes amplified by polymerase chain reaction for robust single-nucleotide polymorphism genotyping by affinity capillary electrophoresis, Hideaki Shibata, Atsushi Ogawa, Naoki Kanayama, Tohru Takarada, Mizuo Maeda, Analytical Chemistry, 2013年06月, [査読有り], 00032700, 10.1021/ac400900b
  • Multiple-input and visible-output logic gates using signal-converting DNA machines and gold nanoparticle aggregation, Atsushi Ogawa, Yukiko Susaki, Organic and Biomolecular Chemistry, 2013年05月, [査読有り], 14770520, 10.1039/c3ob40313k
  • A concept for selection of codon-suppressor tRNAs based on read-through ribosome display in an in vitro compartmentalized cell-free translation system, Atsushi Ogawa, Masayoshi Hayami, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Journal of Nucleic Acids, 2012年11月, [査読有り], [招待有り], 20900201, 10.1155/2012/538129
  • Rational construction of eukaryotic OFF-riboswitches that downregulate internal ribosome entry site-mediated translation in response to their ligands, Atsushi Ogawa, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2012年02月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2011.12.118
  • Improvement of in vitro-transcribed amber suppressor tRNAs toward higher suppression efficiency in wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Yasunori Doi, Nobuto Matsushita, Organic and Biomolecular Chemistry, 2011年12月, [査読有り], 14770520, 10.1039/c1ob06351k
  • Multiple-Catalytic Sensing of Nucleic Acid Sequences by Utilising a DNA-RNA-DNA Chimeric Antisense Probe and RNase H with a Eukaryotic Cell-Free Translation System, Atsushi Ogawa, ChemBioChem, 2011年04月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.201000744
  • Rational design of artificial riboswitches based on ligand-dependent modulation of internal ribosome entry in wheat germ extract and their applications as label-free biosensors, Atsushi Ogawa, RNA, 2011年03月, [査読有り], 13558382, 10.1261/rna.2433111
  • RNA aptazyme-tethered large gold nanoparticles for on-the-spot sensing of the aptazyme ligand, Atsushi Ogawa, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2011年01月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2010.11.048
  • Isothermal sensitive detection of microRNA using an autonomous DNA machine recycling output as input, Atsushi Ogawa, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2010年10月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2010.08.055
  • Aptazyme-based biosensors using a eukaryotic cell-free translation system., Atsushi Ogawa, Nucleic acids symposium series, 2009年12月
  • Methods in Molecular Biology, Vol. 540: Riboswitches: Methods and Protocols. Edited by Alexander Serganov., Atsushi Ogawa, ChemBioChem, 2009年11月, [招待有り], 10.1002/cbic.200900519
  • Biofunction-assisted sensors based on a new method for converting aptazyme activity into reporter protein expression with high efficiency in wheat germ extract, Atsushi Ogawa, ChemBioChem, 2009年10月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.200900497
  • Easy design of logic gates based on aptazymes and noncrosslinking gold nanoparticle aggregation, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Chemical Communications, 2009年08月, [査読有り], 13597345, 10.1039/b910288d
  • Detector-free and Multiple Sensing of Various Molecules Using Gold Nanoparticles and Aptazymes, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Chemistry Letters, 2009年07月, [査読有り], 10.1246/cl.2009.848
  • Simple and rapid colorimetric detection of low-weight molecules using aptazymes in combination with noncrosslinking gold nanoparticle aggregation., Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Nucleic acids symposium series, 2008年12月
  • Simple and rapid colorimetric detection of cofactors of aptazymes using noncrosslinking gold nanoparticle aggregation, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2008年12月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2008.10.051
  • A novel label-free biosensor using an aptazyme-suppressor-tRNA conjugate and an amber mutated reporter gene, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, ChemBioChem, 2008年09月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.200800294
  • 機能性核酸を用いたターゲット分子簡易検出システムの開発, 小川 敦司、前田 瑞夫, 日本化学会 生体機能関連化学部会 NEWS LETTER, 2008年08月, [招待有り]
  • An artificial aptazyme-based riboswitch and its cascading system in E. coli, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, ChemBioChem, 2008年01月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.200700478
  • Development of a new-type riboswitch using an aptazyme and an anti-RBS sequence., Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Nucleic acids symposium series, 2007年12月
  • Aptazyme-based riboswitches as label-free and detector-free sensors for cofactors, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2007年06月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2007.03.033
  • In vitro selection of RNA aptamer against Escherichia coli release factor 1, Shinsuke Sando, Atsushi Ogawa, Teruyuki Nishi, Masayoshi Hayami, Yasuhiro Aoyama, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2007年03月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2006.12.013
  • Termination-free prokaryotic protein translation by using anticodon-adjusted E. coli tRNASer as unified suppressors of the UAA/UGA/UAG stop codons. Read-through ribosome display of full-length DHFR with translated UTR as a buried spacer arm, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, ChemBioChem, 2006年02月, [査読有り], 14394227, 10.1002/cbic.200500397
  • In vitro selection of RNA aptamers for the Escherichia coli release factor 1., Atsushi Ogawa, Teruyuki Nishi, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Nucleic acids symposium series, 2005年12月
  • In vitro read-through polysome/ribosome display of full-length protein ORF and it's applications., Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Nucleic acids symposium series, 2005年12月
  • Theoretical analysis of Lewis basicity based on local electron-donating ability. Origin of basic strength of cyclic amines, Tomohiko Ohwada, Hajime Hirao, Atsushi Ogawa, Journal of Organic Chemistry, 2004年10月, [査読有り], 00223263, 10.1021/jo0486589
  • Aptamer selection for the inhibition of cell adhesion with fibronectin as target, Atsushi Ogawa, Naotoshi Tomita, Naoko Kikuchi, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2004年08月, [査読有り], 0960894X, 10.1016/j.bmcl.2004.05.042
  • Orbital Interactions between a C 60 Molecule and Cu(111) Surface, Atsushi Ogawa, Masamitsu Tachibana, Masakazu Kondo, Kazunari Yoshizawa, Hiroshi Fujimoto, Roald Hoffmann, Journal of Physical Chemistry B, 2003年11月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp0303220
  • Hole trapping at N6-cyclopropyldeoxyadenosine suggests a direct contribution of adenine bases to hole transport through DNA, Chikara Dohno, Atsushi Ogawa, Kazuhiko Nakatani, Isao Saito, Journal of the American Chemical Society, 2003年08月, [査読有り], 00027863, 10.1021/ja035887o
  • Sulfur-gold orbital interactions which determine the structure of alkanethiolate/Au(111) self-assembled monolayer systems, Masamitsu Tachibana, Kazunari Yoshizawa, Atsushi Ogawa, Hiroshi Fujimoto, Roald Hoffmann, Journal of Physical Chemistry B, 2002年12月, [査読有り], 10895647, 10.1021/jp020993i
  • [2+1] Cycloaddition reaction of bis(iodozincio)methane with 1,2-diketones: Face-to-face complex of bis(iodozincio)methane and 1,2-diketones as a reaction intermediate, Seijiro Matsubara, Katsumi Ukai, Hideo Fushimi, Yutaka Yokota, Hideaki Yoshino, Koichiro Oshima, Kiyoyuki Omoto, Atsushi Ogawa, Yasunori Hioki, Hiroshi Fujimoto, Tetrahedron, 2002年10月, [査読有り], 00404020, 10.1016/S0040-4020(02)00975-4
  • Lewis acidity of gallium halides, Atsushi Ogawa, Hiroshi Fujimoto, Inorganic Chemistry, 2002年09月, [査読有り], 00201669, 10.1021/ic020268m
  • Suppression of DNA-mediated charge transport by BamHI binding, Kazuhiko Nakatani, Chikara Dohno, Atsushi Ogawa, Isao Saito, Chemistry and Biology, 2002年04月, [査読有り], 10745521, 10.1016/S1074-5521(02)00119-9
  • Reexamination of orbital interactions in Diels-Alder reactions, Atsushi Ogawa, Hiroshi Fujimoto, Tetrahedron Letters, 2002年03月, [査読有り], 00404039, 10.1016/S0040-4039(02)00164-8

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • リボスイッチ媒介化学コミュニケーション型の真核系超巨大人工細胞, 髙橋 萌、小川 敦司, 「細胞を創る」研究会12.0, 2019年10月
  • ナノDNA応答性真核系人工リボスイッチの構築, 伊藤 優、小川 敦司, 「細胞を創る」研究会12.0, 2019年10月
  • 異なる2種のナノ粒子の架橋による混合色輝点の形成を利用したトロンビン検出, 吉村 健、矢野 湧暉、矢野 雄暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、齋藤 伸吾、吉本 敬太郎、座古 保, 日本分析化学会第68年会, 2019年09月
  • 高密度固定化DNAを介した核酸アプタマー修飾金ナノ粒子を用いた夾雑試料中からの分子検出, 矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 日本分析化学会第68年会, 2019年09月
  • Gene expression in a super-giant liposome encapsulating a wheat germ extract, Hajime Takahashi, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2019, 2019年09月
  • マルチターンオーバー型真核系リボスイッチの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2019(第14 回), 2019年06月
  • 固定化DNAを介して核酸アプタマーを修飾した金ナノ粒子によるトロンビンタンパク質の検出, 吉村 健、矢野 湧暉、矢野 雄暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、古性 均、齋藤 伸吾、吉本 敬太郎、座古 保, 第79回分析化学討論会, 2019年05月
  • 固定化DNAを介した核酸アプタマー修飾金ナノ粒子を用いた選択的分子検出の検討, 矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 第79回分析化学討論会, 2019年05月
  • Development of a strictly controlled inducible gene expression system for plastids by using synthetic riboswitches, Rika Yamane, Atsushi Ogawa, Yuzuru Tozawa, Takashi Shiina, Yoichi Nakahira, Gordon Research Conference (Chloroplast Biotechnology 2019), 2019年01月
  • 人工リボスイッチを基盤とした葉緑体遺伝子発現誘導系の改良, 山根 里佳、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆、中平 洋一, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月
  • 金ナノ粒子凝集を用いたトロンビン検出におけるアプタマーの影響評価, 吉村 健、矢野 湧暉、矢野 雄暉、小川 敦司、前田 瑞夫、古性 均、齋藤 伸吾、吉本 敬太郎、座古 保, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月
  • 暗視野イメージング画像の色分解による標的分子検出に向けた夾雑系での金ナノ粒子輝点解析法, 矢野 湧暉、矢野 雄暉、二艘木 優充、中西 文香、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月
  • 標的分子の選択的検出を目的とした金ナノ粒子表面修飾の検討, 矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、朝日 剛、前田 瑞夫、座古 保, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月
  • 小麦無細胞系におけるRNA3’末端保護配列のin vitro selection, 忽那 茜、奥園 達也、高松 将史、小川 敦司, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月
  • 鎖置換反応を必要としないIRES基盤真核系人工OFFリボスイッチの開発, 升岡 宏紀、太田 翼、髙橋 萌、小川 敦司, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月
  • 省エネ型・IRES基盤真核系人工OFFリボスイッチの開発, 升岡 宏紀、太田 翼、髙橋 萌、小川 敦司, 第13回無細胞生命科学研究会, 2018年10月
  • コムギ無細胞系におけるmRNA安定化および翻訳効率上昇を指向した3’末端保護配列のin vitro selection, 忽那 茜、奥園 達也、高松 将史、小川 敦司, 第13回無細胞生命科学研究会, 2018年10月
  • 選択的バイオセンシングのための金ナノ粒子表面修飾の検討, 矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 日本分析化学会第67年会, 2018年09月
  • 暗視野イメージング画像の色分解による標的分子検出に向けた金ナノ粒子凝集解析法, 矢野 湧暉、二艘木 優充、矢野 雄暉、中西 文香、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 日本分析化学会第67年会, 2018年09月
  • Artificial OFF-riboswitches that downregulate internal ribosome entry without hybridization switches in a wheat germ extract, Hiroki Masuoka, Tsubasa Ota, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2018, 2018年09月
  • In vitro selection of a 3’ protector that stabilizes mRNA to increase the translation efficiency in a wheat germ cell-free expression system, Akane Kutsuna, Tatsuya Okuzono, Masashi Takamatsu, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2018, 2018年09月
  • EVALUATION OF THEOPHYLLINE-DEPENDENT SYNTHETIC RIBOSWITCHES FOR STRICT CONTROL OF PLASTID GENE EXPRESSION, Rika Yamane, Atsushi Ogawa, Yuzuru Tozawa, Takashi Shiina, Yoichi Nakahira, INTERNATIONAL PLANT MOLECULAR BIOLOGY 2018, 2018年08月
  • 暗視野イメージング下での金ナノ粒子の散乱分光による標的分子の検出, 矢野 湧暉、二艘木 優充、矢野 雄暉、中西 文香、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 第78回分析化学討論会, 2018年05月
  • 暗視野顕微鏡を利用したナノ粒子凝集体の観察による有色サンプル中での分子検出, 矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保, 第78回分析化学討論会, 2018年05月
  • 人工リボスイッチを活用した葉緑体遺伝子発現誘導系の評価, 山根 里佳、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆、中平 洋一, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月
  • Rational design of artificial riboswitches that function in a eukaryotic expression system, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2017, 2017年09月, 招待有り
  • Ligand-responsive upregulation of 3' CITE-mediated translation in wheat germ extract, Yuta Murashige, Junichiro Tabuchi, Taiki Omatsu, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2017, 2017年09月
  • 金ナノ粒子凝集の単一クラスター解析を用いた疾病マーカーmiRNAの高感度検出, 矢野 湧暉,二艘木 優充,小川 敦司,朝日 剛,前田 瑞夫,座古 保, 日本分析化学会第66年会, 2017年09月
  • 人工リボスイッチを活用した葉緑体遺伝子発現制御系の評価, 山根 里佳、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆、中平 洋一, 第35回日本植物細胞分子生物学会, 2017年08月
  • 暗視野顕微鏡を用いた金ナノ粒子凝集の単一クラスター解析によるマイクロRNAの高感度検出, 矢野 湧暉,二艘木 優充,小川 敦司,朝日 剛,前田 瑞夫,座古 保, 第77回分析化学討論会, 2017年05月
  • 人工リボスイッチを基盤とした葉緑体遺伝子発現誘導系, 中平 洋一、山根 里佳、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年12月
  • 鎖置換を利用しない真核系人工ONリボスイッチの合理設計, 村重 裕太、田渕 潤一郎、大松 大希、小川 敦司, 「細胞を創る」研究会9.0, 2016年11月
  • アプタマー修飾金ナノ粒子凝集の単一クラスター観察による高感度分子検出, 座古 保、 矢野 湧暉、大國 烈、二艘木 優充、前田 瑞夫、小川 敦司、 朝日 剛, 日本分析化学会 第65年会, 2016年09月
  • Facile design of artificial riboswitches that ligand-dose dependently upregulate translation without hybridization switches in a wheat germ extract, Yuta Murashige, Junichiro Tabuchi, Taiki Omatsu, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2016, 2016年09月
  • 人工リボスイッチを用いたタバコ葉緑体遺伝子発現誘導系, 中平 洋一、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆, 第34回日本植物細胞分子生物学会, 2016年09月
  • 省エネ型真核リボスイッチの設計, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2016, 2016年06月
  • 金ナノ粒子凝集の一分子観察による、タンパク質高感度検出, 座古 保、大國 烈、二艘木 優充、前田 瑞夫、小川 敦司、朝日 剛, 第76回分析化学討論会, 2016年05月, 招待有り
  • Utilization of the theophylline-dependent engineered riboswitches for strict control of plastid gene expression in tobacco, 中平 洋一、小川 敦司、戸澤 譲、椎名 隆, 第57回植物生理学会年会, 2016年03月
  • コムギ胚芽抽出液中におけるtRNA末端processingを利用したaptamer基盤センサー(aptasensor)の開発, 田渕 潤一郎、小川 敦司, BMB 2015, 2015年12月
  • Riboswitch制御でのシアノファージ由来Sigma factorによるシアノバクテリアの糖代謝改変, 沢 稔彦、小川 敦司、田附 常幸、廣川 安孝、小山 内崇、花井 泰三, 第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会, 2015年12月
  • Rational engineering of ribosomal shunt-modulating eukaryotic ON-riboswitches, Atsushi Ogawa, Pacifichem 2015, 2015年12月
  • Biofunction-assisted aptasensors based on ligand-dependent 3' processing of a suppressor tRNA in a wheat germ extract, Junichiro Tabuchi, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2015, 2015年09月
  • RNAプロセシングを利用したシュードリボスイッチの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2015, 2015年06月
  • Hybridization switch-freeの真核系ONリボスイッチを創る, 小川 敦司, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014年09月
  • コムギ胚芽抽出液中で高い翻訳促進効果を発揮する短い非翻訳領域, 田渕 潤一郎、土居 靖典、小川 敦司, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014年09月
  • Identification of short untranslated regions that sufficiently enhance translation in wheat germ extract, Junichiro Tabuchi, Yasunori Doi, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2014, 2014年09月
  • 分子応答性RNAプロセシングシステムの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2014, 2014年06月
  • 小麦胚芽無細胞翻訳システムを利用した真核系人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 第1回合成生物学研究部会セミナー, 2014年03月, 招待有り
  • 人工リボスイッチを基盤としたラン藻の新規遺伝子発現制御技術, 中平 洋一、小川 敦司、浅野 宏幸、小山 時隆、戸澤 譲, 第55回日本植物生理学会年会, 2014年03月
  • 人工リボスイッチを用いたラン藻のための新規遺伝子発現制御技術, 中平 洋一、小川 敦司、浅野 宏幸、小山 時隆、戸澤 譲, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月
  • 真核系無細胞翻訳システムを利用したshunting基盤人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 新学術領域「合成生物学」:第4回領域全体会議, 2013年10月
  • t-Riboregulator: Regulation of Nonsense Suppression by Modulating 3' Processing of Suppressor tRNA, Yasunori Doi, Atsushi Ogawa, CBI Annual Meeting 2013, 2013年10月
  • Theophylline-dependent Riboswitch as a Useful Genetic Tool for Synthetic Biology in Cyanobacteria, Yoichi Nakahira, Atsushi Ogawa, Hiroyuki Asano, Tokitaka Oyama, Yuzuru Tozawa, CBI Annual Meeting 2013, 2013年10月
  • Assessment and Applications of tRNA processing in Wheat Germ Extract by Using a Nonsense Suppression System, Yasunori Doi, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2013, 2013年09月
  • Theophylline-dependent synthetic riboswitch is a useful genetic tool for strict regulation of protein expression in cyanobacteria, Yoichi Nakahira, Atsushi Ogawa, Hiroyuki Asano, Tokitaka Oyama, Yuzuru Tozawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2013, 2013年09月
  • コムギ無細胞システムを利用した真核リボスイッチの合理設計, 小川 敦司, 第15回日本RNA学会年会, 2013年07月, 招待有り
  • 無細胞翻訳システムを利用した真核系人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 第190回応用化学セミナー, 2013年06月, 招待有り
  • ラン藻のための新規遺伝子発現制御技術の開発, 中平 洋一、小川 敦司、淺野 宏幸、小山 時隆、戸澤 譲, 第54回日本植物生理学会年会, 2013年03月
  • 小麦胚芽抽出液中で働くsuppressor-tRNAの人工進化, 土居 靖典、松下 修門、小川 敦司, 第7回無細胞生命科学研究会, 2012年11月
  • IRES依存翻訳を利用した真核系リボスイッチの合理設計, 小川 敦司, 第7回無細胞生命科学研究会, 2012年11月
  • Rational Design of IRES-Based Eukaryotic ON-Riboswitches, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2012, 2012年09月
  • Evaluation and Regulation of tRNA Processing by Using Terminal-Premature Suppressor tRNAs in Wheat Germ Extract, Yasunori Doi, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2012, 2012年09月
  • 合成生物学基盤技術を指向した人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2012, 2012年06月
  • 真核系無細胞翻訳システムを利用したShunting基盤人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 新学術領域「合成生物学」:第3回領域全体会議, 2012年05月
  • 小麦胚芽抽出液中で働くsuppressor-tRNAの人工進化, 土居 靖典、松下 修門、小川 敦司, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011年09月
  • IRESを用いた真核系リボスイッチの合理的設計, 小川 敦司, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011年09月
  • Artificial Evolution of Unmodified Suppressor tRNAs toward Higher Suppression Efficiency in Wheat Germ Extract, Yasunori Doi, Nobuto Matsushita, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2011, 2011年09月
  • 無細胞翻訳システムを利用した人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 生体機能関連化学部会若手の会・第23回サマースクール, 2011年07月, 招待有り
  • 真核生物の翻訳系で働く「分子応答性遺伝子発現制御システム」の合理的設計, 小川 敦司, 第10回バイオテクノロジー国際会議, 2011年07月
  • 無細胞生命システムを利用した新しいバイオテクノロジーの開発, 小川 敦司, 第4回稲盛フロンティア研究セミナー, 2011年04月, 招待有り
  • Biofunction-assisted sensors based on artificial riboswitches in wheat germ extract, Atsushi Ogawa, Pacifichem 2010, 2010年12月
  • Controlling Salt Resistance of Oligonucleotide-tethered AuNPs with Their Diameter for Their Electrosteric Stability-based Visible Sensing Systems, Atsushi Ogawa, The 7th International symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2010年11月
  • Development of New Biotechnologies Utilizing Biomolecules and Biofunctions, 小川 敦司, 24th Luncheon Seminar, 2010年10月, 招待有り
  • Aptazyme-Based Biosensors Utilizing Wheat Germ Extract, Atsushi Ogawa, Protein Island Matsuyama International Symposium 2010, 2010年09月
  • 小麦胚芽の無細胞翻訳システムを用いたリボスイッチ型・アプタザイム基盤バイオセンサー, 小川 敦司, 第5回無細胞生命科学研究会, 2010年09月
  • 無細胞生命システムを利用したニューバイオテクノロジー, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2010, 2010年05月
  • 真核生物の無細胞翻訳システムを用いたアプタザイム基盤バイオセンサー, 小川 敦司, 日本化学会第90春季年会, 2010年03月
  • Aptazyme-Based Biosensors Using a Eukaryotic Cell-Free Translation System, Atsushi Ogawa, The 6th International symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2009年09月
  • 無細胞翻訳システムを用いた新しいバイオテクノロジーの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2009, 2009年05月
  • Molecule-Dependent Gene Regulation, 小川 敦司, 3rd Luncheon Seminar, 2009年04月, 招待有り
  • 分子応答性タンパク質発現システムの開発, 小川 敦司、前田 瑞夫, 第3回無細胞生命科学研究会, 2009年03月
  • アプタザイム基盤人工リボスイッチの開発, 小川 敦司、前田 瑞夫, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月
  • 機能性核酸アプタザイムを用いた新規遺伝子発現制御法・分子検出法の開発, 小川 敦司, 第37回環境分子科学研究会, 2008年10月, 招待有り
  • サプレッサーtRNA基盤リボスイッチシステムの開発, 小川 敦司、前田 瑞夫, 第3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008年09月
  • 非架橋型金ナノ粒子凝集反応を用いた小分子の迅速・簡便検出, 小川 敦司、前田 瑞夫, 第57回高分子討論会, 2008年09月, 招待有り
  • Simple and Rapid Colorimetric Detection of a Cofactor of an Aptazyme Using Noncrosslinking Gold Nanoparticle Aggregation, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, Joint Symposium of 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2008年09月
  • 機能性核酸を用いた小分子検出および遺伝子発現制御, 小川 敦司, 京都大学青山研セミナー, 2008年06月, 招待有り
  • アプタザイムを利用した小分子検出システムの開発, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2008, 2008年06月
  • Development of a New-type Riboswitch Using an Aptazyme and an anti-RBS Sequence, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007年11月
  • Aptazyme-based riboswitches, Atsushi Ogawa, Mizuo Maeda, 234th ACS National Meeting, 2007年08月
  • 新規リボスイッチシステムの開発とその応用, 小川 敦司, 新世代の生物有機化学研究会2007, 2007年06月
  • 蛋白質翻訳システムの応用に向けた化学的アプローチ, 益 啓貴、速水 将勝、小川 敦司、西 輝之、山東 信介、青山 安宏, 日本ケミカルバイオロジー研究会第1回年会, 2007年05月
  • アプタザイムを利用した新規リボスイッチの開発, 小川 敦司、前田 瑞夫, 日本化学会第87回春季年会, 2007年03月
  • 蛋白質翻訳システムの応用に向けた化学的アプローチ, 益 啓貴、速水 将勝、小川 敦司、西 輝之、山東 信介、青山 安宏, 日本化学会第87回春季年会, 2007年03月
  • Read-Through Polysome/Ribosome Display of Full-Length Protein ORF Using Pseudo-Native mRNAs with a 3'-Untranslated Region (UTR) as a Buried Spacer Arm, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Pacifichem 2005, 2005年12月
  • Ribosome Display in the compartmentalized reversed phase micelle, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Anglo-German-Japanese Biochemistry Meeting, 2005年09月
  • 大腸菌解離因子(RF1)に特異的に結合するRNAアプタマーのIn vitro selection, 西 輝之、小川 敦司、速水 将勝、山東 信介、青山 安宏, 第20回生体機能関連化学シンポジウム, 2005年09月
  • In vitroでsuppressor tRNAをセレクションする, 小川 敦司、山東 信介、青山 安宏, 第20回生体関連化学シンポジウム, 2005年09月
  • In vitro Read-Through Polysome/Ribosome Display of Full-Length Protein ORF and it’s Applications, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2005年09月
  • In vitro selection of RNA aptamers for the Escherichia coli release factor 1, Atsushi Ogawa, Teruyuki Nishi, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2005年09月
  • Read-through ribosome/polysome display and its application to the in vitro selection of suppressor tRNAs, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, 230th ACS National Meeting, 2005年08月
  • 天然mRNAを鋳型とする全長タンパク質ディスプレイ法の開発, 小川 敦司、山東 信介、青山 安宏, 遺伝子・デリバリー研究会5周年記念国際シンポジウム, 2005年05月
  • 天然mRNAを鋳型とする全長タンパク質ディスプレイ法の開発, 小川 敦司、山東 信介、青山 安宏, COE拠点領域(生体関連物質化学)融合集中講義, 2005年02月
  • プロテインコードを拡張する:蛋白のグリコシル化を触媒するリボザイム, 小川 敦司、菊地 直子、山東 信介、青山 安宏, 日本化学会第84回春季年会, 2004年03月
  • 機能性オリゴヌクレオチド:アプタマー、リボザイムの進化と機能獲得, 小川 敦司、菊地 直子、富田 尚利、山東 信介、青山 安宏, COE拠点領域(生体関連物質化学)融合集中講義, 2003年12月
  • Short ODN inhibits cell-adhesion, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, The 4th International Forum on Chemistry of Functional Organic Chemicals (IFOC-4), 2003年11月
  • DNAが細胞接着を阻害する, 小川 敦司、山東 信介、青山 安宏, 第1回生体機能関連・バイオテクノロジー合同シンポジウム, 2003年10月
  • Short ODN inhibits cell-adhesion, Atsushi Ogawa, Shinsuke Sando, Yasuhiro Aoyama, Japanese-German Biochemistry Meeting, 2003年09月
  • 銅(111)表面とそれに吸着するフラーレン分子間の軌道相互作用解析, 小川 敦司、立花 正満、吉澤 一成、藤本 博, 分子構造総合討論会2002, 2002年10月
  • ジベンゾビシクロ[2.2.2]オクタトリエンのDiels-Alder反応における面選択性についての理論的研究, 小川 敦司、大和田 智彦、藤本 博, 日本化学会第81回春季年会, 2002年03月
  • Au(111)表面上のアルカンチオレート自己組織化単分子膜におけるS-Au結合に関する理論的研究, 立花 正満、吉澤 一成、小川 敦司、藤本 博、Roald Hoffmann, 日本化学会第81春季年会, 2002年03月
  • N6-シクロプロピルアデニンの一電子酸化反応, 小川 敦司、中谷 和彦、齋藤 烈, 日本化学会第79春季年会, 2001年03月

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 制御分子を触媒とするマルチターンオーバー型真核系人工リボスイッチの開発, 小川 敦司
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), ターゲット依存的金ナノ粒子凝集散乱光の一分子観察を利用した超高感度分子検出, 座古 保
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽)), 疾患特異的タンパク質の分解誘 導システムの開発・応用, 東山 繁樹
  • 愛媛大学, リサーチユニット, 先端ナノ・バイオ分析研究ユニット, 座古 保
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 省エネ型真核リボスイッチの合理的構築, 小川 敦司
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(若手研究(A)), 分子応答性RNAプロセシングシステムの開発と人工シュードリボスイッチへの応用, 小川 敦司, 生体関連化学, 若手研究(A), 愛媛大学
  • 愛媛大学, 理工学研究科共同研究支援経費, ナノ粒子の一分子計測を取り入れた高感度分子検出法の開発, 座古 保
  • 愛媛大学, 研究活性化事業(拠点形成支援), RNA科学の拠点形成, 堀 弘幸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), 真核系無細胞翻訳システムを利用したshunting基盤人工リボスイッチの開発, 小川 敦司, 動的・多要素な生体分子ネットワークを理解するための合成生物学の基盤構築, 新学術領域研究(研究領域提案型), 愛媛大学
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 葉緑体ppGppシグナルの人工構築による植物緊縮制御の解析, 戸澤 譲, 小川 敦司, 植物分子生物・生理学, 基盤研究(C), 愛媛大学
  • 文部科学省, 科学技術振興調整費, 無細胞生命システムを利用した新しいバイオテクノロジーの開発, 小川 敦司
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 非リボスイッチ型・分子応答性タンパク質発現バイオセンサーの開発, 小川 敦司, 生体関連化学, 若手研究(B), 独立行政法人理化学研究所->愛媛大学
  • 理化学研究所, 基礎科学特別研究員研究費, 新しい分子進化法の開発とタンパク質解析技術・機能制御技術への応用, 小川 敦司
  • 日本学術振興会, 特別研究員奨励費, 細胞内タンパク質のバーコードラベル化-タンパク質間相互作用解析を指向して-, 小川 敦司


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.