研究者データベース

畑 啓生ハタ ヒロキ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名助教
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    畑 啓生
  • 氏名(カナ)

    ハタ ヒロキ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=131259

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2001年04月 - 2004年03月, 京都大学, 人間・環境学研究科, 相関環境学専攻
  • 1999年04月 - 2001年03月, 東北大学, 大学院理学研究科, 生命科学研究科
  • 1995年04月 - 1999年03月, 京都大学, 総合人間学部, 自然環境学科

学位

  • 博士(人間・環境学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本魚類学会
  • 日本生態学会
  • 日本進化学会

委員歴

  • 2018年04月 - 現在, 日本生態学会中国四国支部, 愛媛県幹事

経歴

  • 2016年07月 - 現在, 愛媛大学(准教授)
  • 2010年04月 - 2016年06月, 愛媛大学(助教)
  • 2008年 - 2010年,  近畿大学農学部(講師)
  • 2005年 - 2008年,  京都大学(日本学術振興会PD)
  • 2004年 - 2005年,  京都大学(日本学術振興会PD)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎生物学, 生態・環境

研究キーワード

  • 種間関係
  • 生態学

著書・発表論文等

論文

  • Hybridization between an endangered freshwater fish and an introduced congeneric species and consequent genetic introgression, HATA Hiroki, UEMURA Yohsuke, OUCHI Kaito, MATSUBA Hideki, PLOS ONE, 2019年02月, [査読有り], 1932-6203, 10.1371/journal.pone.0212452
  • Specialized movement and laterality of fin-biting behaviour in Genyochromis mento in Lake Malawi, Takeuchi Y, Hata H, Maruyama A, Yamada T, Nishikawa T, Fukui M, Zatha R, Rusuwa B, Oda Y, The Journal of experimental biology, 2019年02月, [査読有り], 0022-0949, 10.1242/jeb.191676
  • A comparison of body condition of the yellowstriped butterfish Labracoglossa argenteiventris in relation to parasitism by the cymothoid isopod Ceratothoa arimae, Ryota Kawanishi, Nobuhiko Kohya, Atsushi Sogabe, Hiroki Hata, Parasitology International, 2019年, [査読有り]
  • Hybridization between two bitterling fish species in their sympatric range and a river where one species is native and the other is introduced, Uemura Yohsuke, Yoshimi Shotaro, HATA Hiroki, PLOS ONE, 2018年09月, [査読有り], 1932-6203, 10.1371/journal.pone.0203423
  • 愛媛県松山平野における湧水性水域へのマツカサガイの試験的導入, 吉見 翔太郎・井上 幹生・畑 啓生, 保全生態学研究, 2018年06月, [査読有り]
  • 高緯度サンゴ群集域におけるコジリサンゴガニ属2種の記録, 平林 勲・畑 啓生, 南紀生物, 2018年06月, [査読有り]
  • Laterality is Universal Among Fishes but Increasingly Cryptic Among Derived Groups, Hori Michio, Nakajima Mifuyu, Hata Hiroki, Yasugi Masaki, Takahashi Satoshi, Nakae Masanori, Yamaoka Kosaku, Kohda Masanori, Kitamura Jyun-ichi, Maehata Masayoshi, Tanaka Hirokazu, Okada Norihiro, Takeuchi Yuichi, ZOOLOGICAL SCIENCE, 2017年08月, [査読有り], 0289-0003, 10.2108/zs160196
  • 愛媛県松山平野におけるイシガイ科貝類個体群の衰退, 桑原明大, 松葉成生, 井上幹生, 畑啓生, 保全生態学研究, 2017年05月, 1342-4327
  • Molecular phylogeny of obligate fish parasites of the family Cymothoidae (Isopoda, Crustacea): evolution of the attachment mode to host fish and the habitat shift from saline water to freshwater, Hata Hiroki, Sogabe Atsushi, Tada Shinya, Nishimoto Ryohei, Nakano Reina, Kohya Nobuhiko, Takeshima Hirohiko, Kawanishi Ryota, MARINE BIOLOGY, 2017年05月, [査読有り], 0025-3162, 10.1007/s00227-017-3138-5
  • Reciprocal Symbiont Sharing in the Lodging Mutualism between Walking Corals and Sipunculans., Igawa M, Hata H, Kato M, PloS one, 2017年01月, [査読有り], 1932-6203, 10.1371/journal.pone.0169825
  • Depth and substratum differentiations among coexisting herbivorous cichlids in Lake Tanganyika, Hiroki Hata, Haruki Ochi, Royal Society Open Science, 2016年11月, [査読有り], 2054-5703, 10.1098/rsos.160229
  • Oil extraction imperils Africa's Great Lakes., Verheyen E, Science (New York, N.Y.), 2016年11月, [査読有り], 0036-8075, 10.1126/science.aal1722
  • Spatial variation in the parasitic isopod load of the Japanese halfbeak in western Japan., Kawanishi R, Sogabe A, Nishimoto R, Hata H, Diseases of aquatic organisms, 2016年11月, [査読有り], 0177-5103, 10.3354/dao03064
  • A Tanganyikan cichlid Neolamprologus mustax selectively exploits territories of another cichlid Variabilichromis moorii due to its inter-individual variation in aggression, Haruki Ochi, Satoshi Awata, Hiroki Hata, Masanori Kohda, Hydrobiologia, 2016年05月, [査読有り], 1573-5117|0018-8158, 10.1007/s10750-016-2822-7
  • Diversification of functional morphology in herbivorous cichlids (Perciformes: Cichlidae) of the tribe Tropheini in Lake Tanganyika, Shinya Tada, Michio Hori, Kosaku Yamaoka, Hiroki Hata, Hydrobiologia, 2016年05月, [査読有り], 1573-5117|0018-8158, 10.1007/s10750-016-2761-3
  • Depth segregation and diet disparity revealed by stable isotope analyses in sympatric herbivorous cichlids in Lake Tanganyika., Hata H, Shibata J, Omori K, Kohda M, Hori M, Zoological letters, 2015年05月, [査読有り], 10.1186/s40851-015-0016-1
  • 分子系統地理が示す愛媛県松山平野におけるアブラボテの人為移入起源, 松葉成生, 吉見翔太郎, 井上幹生, 畑啓生, 魚類学雑誌, 2014年11月, 0021-5090, 10.11369/jji.61.89
  • Diet disparity among sympatric herbivorous cichlids in the same ecomorphs in Lake Tanganyika: amplicon pyrosequences on algal farms and stomach contents., Hata H, Tanabe AS, Yamamoto S, Toju H, Kohda M, Hori M, BMC biology, 2014年10月, [査読有り], 10.1186/s12915-014-0090-4
  • The phylogenetic position and phenotypic changes of a Chlorella-like alga during 5-year microcosm culture, Arno Germond, Hiroki Hata, Yoshiyuki Fujikawa, Toshiyuki Nakajima, European Journal of Phycology, 2013年12月, 09670262, 10.1080/09670262.2013.860482
  • Measuring and evaluating morphological asymmetry in fish: distinct lateral dimorphism in the jaws of scale-eating cichlids., Hata H, Yasugi M, Takeuchi Y, Takahashi S, Hori M, Ecology and evolution, 2013年11月, [査読有り], 10.1002/ece3.849
  • サンゴ礁を拓き,藻類を栽培するスズメダイ, 畑啓生, 科学, 2013年07月, 0022-7625
  • Species-diverse coral communities on an artificial substrate at a tuna farm in Amami, Japan., Hata H, Hirabayashi I, Hamaoka H, Mukai Y, Omori K, Fukami H, Marine environmental research, 2013年04月, [査読有り], 0141-1136, 10.1016/j.marenvres.2012.12.009
  • Speciation of fluvial forms from amphidromous forms of migratory populations, Koji Omori, Hidejiro Ohnishi, Hidejiro Ohnishi, Hideki Hamaoka, Hideki Hamaoka, Tadao Kunihiro, Tadao Kunihiro, Sayaka Ito, Michinobu Kuwae, Michinobu Kuwae, Hiroki Hata, Hiroki Hata, Todd W. Miller, Todd W. Miller, Keiichiro Iguchi, Ecological Modelling, 2012年09月, 03043800, 10.1016/j.ecolmodel.2012.06.006
  • 種間関係の生物学 共生・寄生・捕食の新しい姿 第3部 共生する生物の関係を紐解く 1 栽培共生とは, 畑啓生, 種生物学研究, 2012年03月, 0913-5561
  • 種間関係の生物学 共生・寄生・捕食の新しい姿 第3部 共生する生物の関係を紐解く 第6章 魚による農業:サンゴ礁におけるスズメダイとイトグサとの栽培共生, 畑啓生, 種生物学研究, 2012年03月, 0913-5561
  • Inheritance patterns of lateral dimorphism examined through breeding experiments in Tanganyikan cichlid (Julidochromis transcriptus) and Japanese Medaka (Oryzias latipes)., Hata H, Takahashi R, Ashiwa H, Awata S, Takeyama T, Kohda M, Hori M, Zoological science, 2012年01月, [査読有り], 0289-0003, 10.2108/zsj.29.49
  • Inheritance patterns of morphological laterality in mouth opening of zebrafish, Danio rerio., Hata H, Hori M, Laterality, 2012年, [査読有り], 1357-650X, 10.1080/1357650X.2011.626563
  • Food habits of the farmer damselfish Stegastes nigricans inferred by stomach content, stable isotope, and fatty acid composition analyses, Hiroki Hata, Hiroki Hata, Yu Umezawa, Ecological Research, 2011年07月, 09123814, 10.1007/s11284-011-0840-5
  • Jaw laterality and related handedness in the hunting behavior of a scale-eating characin, Exodon paradoxus., Hata H, Yasugi M, Hori M, PloS one, 2011年, [査読有り], 10.1371/journal.pone.0029349
  • Geographic variation in the damselfish-red alga cultivation mutualism in the Indo-West Pacific, Hiroki Hata, Hiroki Hata, Katsutoshi Watanabe, Makoto Kato, BMC Evolutionary Biology, 2010年06月, [査読有り], 10.1186/1471-2148-10-185
  • Advantage of harmlessness in gaining preferential access to a heterospecific territory, H. Ochi, H. Hata, M. Hori, Journal of Fish Biology, 2007年08月, 00221112, 10.1111/j.1095-8649.2007.01493.x
  • A novel obligate cultivation mutualism between damselfish and Polysiphonia algae, Hiroki Hata, Hiroki Hata, Makoto Kato, Royal SocietyBiology Letters, 2006年12月, [査読有り], 17449561, 10.1098/rsbl.2006.0528
  • Monoculture and mixed-species algal farms on a coral reef are maintained through intensive and extensive management by damselfishes, H. Hata, M. Kato, Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 2004年12月, 00220981, 10.1016/j.jembe.2004.08.009
  • Demise of monocultural algal farms by exclusion of territorial damselfish, HATA H, KATO M, Marine Ecology Progress Series, 2003年11月, 0171-8630, 10.3354/meps263159
  • Effects of habitat-conditioning by the damselfish Stegastes nigricans (Lacepède) on the community structure of benthic algae, H. Hata, H. Hata, M. Nishihira, S. Kamura, Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 2002年11月, 00220981, 10.1016/S0022-0981(02)00395-7
  • Weeding by the herbivorous damselfish Stegastes nigricans in nearly monocultural algae farms, Hiroki Hata, Makoto Kato, Marine Ecology Progress Series, 2002年07月, 01718630, 10.3354/meps237227
  • Territorial damselfish enhances multi-species co-existence of foraminifera mediated by biotic habitat structuring, H. Hata, H. Hata, M. Nishihira, Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 2002年04月, 00220981, 10.1016/S0022-0981(02)00029-1

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 沖縄県におけるなわばり性藻食スズメダイがサンゴと藻類群落との競争に与える影響, 高野 翔太、畑 啓生, 中国四国地区生物系三学会合同大会, 2019年05月
  • 魚類絶対寄生性を有するウオノエ科タイノエのミトコンドリアゲノム解析, 大西 満希、畑 啓生, 中国四国地区生物系三学会合同大会, 2019年05月
  • タンガニイカ湖における藻食魚類の機能形態にみ られる多様化と局所適応 , 畑 啓生, 日本生態学会 第66回大会, 2019年03月
  • コイ目タナゴ亜科における希少在来種と人為移 入種との交雑と引き起こされた遺伝子浸透, 植村 洋亮(愛 媛大・理), 大内 魁人(愛媛大・院理工), 松葉 成生(愛媛大・院理 工), 畑 啓生(愛媛大・院理工), 日本生態学会 第66回大会, 2019年03月
  • 四国西部・瀬戸内海沿岸河川におけるニホンウ ナギの分布, 山本 貫太(愛媛大学・理生), 三町 壮大(愛媛大学 大学院・理工), 植村 洋亮(愛媛大学・理生), 井上 幹生(愛媛大学 大学院・理工), 畑 啓生(愛媛大学大学院・理工), 日本生態学会 第66回大会, 2019年03月
  • 魚類の口内に寄生する等脚類タイノエの配偶シ ステム, *鈴木 絵美子(弘前大学), 武島 弘彦(東海大学), 畑 啓生 (愛媛大学), 川西 亮太(北海道大学), 曽我部 篤(弘前大学), 日本生態学会第66回大会, 2019年03月
  • 自然共存域と人為移入由来地域におけるタナゴ亜科2種の交雑, 植村洋亮・畑啓生, 日本魚類学会, 2018年10月
  • 魚に寄生するウオノエを探してアマゾン川へ, 畑 啓生, 平成30年度 大学連携市民講座 「大学から見た世界あれこれ」, 2018年08月, 招待有り
  • 魚に寄生するウオノエ, 畑 啓生, 西条自然学校夜の学校, 2018年04月, 招待有り
  • マラウィ湖産ヒレ食シクリッドの捕食行動の左右性, 竹内勇一、畑啓生、丸山敦、山田拓人、西川巧馬、Richard Zatha, Bosco Rusuwa, 2018年03月
  • 魚食・鱗食・ヒレ食のシクリッド3種における口部形態の左右差の比較, 西川巧馬、丸山敦、畑啓生、Richard Zatha, Bosco Rusuwa, 2018年03月
  • 魚類絶対寄生者ウオノエ科等脚類の進化史, 10th Indo Pacific Fish Conference, 2017年10月, Tahiti, French Polynesia
  • マラウィ湖に生息するヒレ食シクリッドの左右性, 竹内勇一、畑啓生、丸山敦、山田拓人、西川巧馬、Richard Zatha、Bosco Rusuwa、小田洋一, 日本動物学会, 2017年09月
  • 魚をめぐる生きものたちのつながり, 畑 啓生, 大学連携市民講座「大学から見た世界あれこれ」, 2017年08月, 坂の上の雲ミュージアム
  • 魚類絶対寄生性のウオノエ科等脚類の系統進化:寄生様式の多様化と淡水域への侵出, 畑啓生(愛媛大学), 曽我部篤(弘前大学), 川西亮太(北海道大学), 日本生態学会第64回全国大会, 2017年03月, 東京
  • 魚類絶対寄生者ウオノエ科等脚類の系統と寄生様式の多様化, 曽我部篤, 川西亮太, 畑啓生, 日本生態学会, 2016年03月, 仙台
  • タンガニイカ湖のシクリッドにみられる生息場所の特殊化と多様化, Cichlid Science, 2015年09月, Graz, Austria
  • 世界の古代湖〜魚たちの楽園〜, 畑 啓生, 坂の上の雲ミュージアム・大学連携市民講座「世界を見よう、世界を知ろう」, 2015年08月, 招待有り, 坂の上の雲ミュージアム
  • 松山の絶滅危惧種ヤリタナゴを国内外来種アブラボテとの交雑から守れ!自然再生地を用いた希少種の保全, 畑 啓生, 日本動物学会・中国四国植物学会・日本生態学会 中国四国地区生物系三学会合同大会公開シンポジウム「淡水魚をめぐる水辺の生物多様性−その機器と保全への取り組み−」, 2015年05月, 招待有り, 愛媛大学
  • 幻の魚をさがして, 畑 啓生, 坂の上の雲ミュージアム市民講座「大学からアジアを見る」, 2014年09月, 坂の上の雲ミュージアム
  • 愛媛県における国内外来種アブラボテ−在来種ヤリタナゴをどう守る?−, 松葉成生,吉見翔太郎,大内魁人,井上幹生,畑啓生, 第7回全国タナゴサミット, 2014年01月, 招待有り, 茨城県
  • 生態系における一次生産者と消費者とのネットワーク関係, International Conference on Natural Science and Geological Aspect of Gorontalo, 2012年09月, 招待有り
  • サンゴの森を拓き海藻を栽培する魚:なわばり性藻食魚と食藻との栽培共生, 畑 啓生, 第4回愛媛大学学術フォーラム, 2012年07月, 招待有り, 愛媛大学
  • スズメダイの栽培共生にみられるインド-太平洋における地理的モザイク構造, 国立科学博物館国際シンポジウム2009, Origin of biodiversity by biological interactions, 2009年11月, 招待有り, 国立科学博物館
  • 魚類の左右性, The 8th Indo-Pacific Fish Conference, 2009年06月, Fremantle, Australia
  • 農業する魚:共生の海サンゴ礁で見られる新たな栽培共生, 畑 啓生, 共生科学研究センターシンポジウム, 2008年12月, 招待有り, 奈良女子大学
  • タンガニイカ湖のシクリッドの藻園内にみられる特異なシアノバクテリア群集, International symposium on systematics and diversity of fishes, 2008年05月, Tokyo
  • サンゴ礁で藻類を栽培するスズメダイ, 畑 啓生, NGO法人OWS海のトークセッション第28回, 2006年12月, 招待有り, 丸の内さえずり館
  • スズメダイとの栽培共生が介在したイトグサ類の多様化, 畑 啓生, 第38回種生物学シンポジウム, 2006年12月, 招待有り, 奥琵琶湖マキノセミナーハウス
  • スズメダイとイトグサとの絶対栽培共生, 2006 Conference, Australian Coral Reef Society, 2006年08月, Mission Beach, Australia
  • なわばり性スズメダイと藻類との相利関係, 7th Indo-Pacific Fish Conference, 2005年05月, Taipei
  • サンゴ礁のなかの畑−スズメダイが営む藻園−, 畑 啓生, 民族自然史研究会第38回例会, 2005年01月, 招待有り, 京大会館
  • サンゴ礁の中の藻園−なわばり性スズメダイ類に栽培されるイトグサ属藻類−, 畑 啓生, 2004年度藻類談話会, 2004年11月, 招待有り, 奈良女子大学

MISC

  • 自然共存域と人為移入由来地域におけるタナゴ亜科2種の交雑, 植村洋亮, 畑啓生, 日本魚類学会年会講演要旨, 51st, 117, 2018年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802242884400205
  • 希少タナゴ類における在来種と人為移入種との交雑:遺伝子浸透の実態, 植村洋亮, 大内魁人, 松葉成生, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 66th, ROMBUNNO.P1‐466 (WEB ONLY), 2019年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902210724438867
  • 愛媛県松山市重信川水系および西条市渦井川水系のコイを対象にしたコイヘルペスウイルスの感染実態調査, 志水将人, 仲山慶, 畑啓生, 北村真一, 今城雅之, 日本水産学会大会講演要旨集, 2017, 147, 2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702220809398260
  • マラウィ湖産ヒレ食シクリッドの捕食行動の左右性, 竹内勇一, 畑啓生, 丸山敦, 山田拓人, 西川巧馬, ZATHA Richard, RUSUWA Bosco, 小田洋一, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 65th, ROMBUNNO.P2‐225 (WEB ONLY), 2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802210634093474
  • タンガニイカ湖における藻食魚類の機能形態にみられる多様化と局所適応, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 66th, ROMBUNNO.P2‐179 (WEB ONLY), 2019年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902229838390148
  • マラウィ湖の鰭食い魚における捕食行動の「利き」, 山田拓人, 畑啓生, 丸山敦, 西川巧馬, ZATHA Richard, RUSUWA Bosco, 福井眞生子, 小田洋一, 竹内勇一, 日本動物行動学会大会発表要旨集, 37th, 66, 2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802225300777404
  • 魚類絶対寄生者ウオノエ科等脚類の系統と寄生様式の多様化, 曽我部篤, 川西亮太, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 63th, P2‐235 (WEB ONLY), 2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217586456984
  • 魚食・鱗食・ヒレ食のシクリッド3種における口部形態の左右差の比較, 西川巧馬, 丸山敦, 畑啓生, ZATHA Richard, RUSUWA Bosco, 小田洋一, 竹内勇一, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 65th, ROMBUNNO.P1‐170 (WEB ONLY), 2018年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802285752403791
  • 四国西部・瀬戸内海沿岸河川におけるニホンウナギの分布, 山本貫太, 三町壮大, 植村洋亮, 井上幹生, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 66th, ROMBUNNO.P1‐403 (WEB ONLY), 2019年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902240069299271
  • 魚類絶対寄生性のウオノエ科等脚類の系統進化:寄生様式の多様化と淡水域への侵出, 畑啓生, 曽我部篤, 川西亮太, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 64th, ROMBUNNO.P2‐J‐316 (WEB ONLY), 2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270270773848
  • 魚類の口内に寄生する等脚類タイノエの配偶システム, 鈴木絵美子, 武島弘彦, 畑啓生, 川西亮太, 曽我部篤, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 66th, ROMBUNNO.P1‐072 (WEB ONLY), 2019年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902263929750530
  • 高緯度サンゴ群集域における造礁サンゴ表在性カニ類の群集構造, 平林勲, 畑啓生, 日本甲殻類学会大会講演要旨集, 53rd, 72, 2015年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602213644673163
  • 高緯度サンゴ群集域におけるコジリサンゴガニ属2種の記録, 平林勲, 畑啓生, 南紀生物, 60, 1, 42‐47, 2018年06月, 0389-7842, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802222322814594
  • 国内外来種が引き起こす在来種との交雑と遺伝子浸透:松山平野の在来ヤリタナゴと移入アブラボテの事例, 畑啓生, 松葉成生, 大内塊人, 桑原明大, 吉見翔太郎, 石井麻友, 井上幹生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 62nd, B2-30 (WEB ONLY), 2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502262378476376
  • 愛媛県松山平野における湧水性水域へのマツカサガイの試験的導入, 吉見翔太郎, 井上幹生, 畑啓生, 保全生態学研究, 23, 1, 99‐114, 2018年05月, 1342-4327, 10.18960/hozen.23.1_99, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802234387785616
  • タンガニイカ湖Tropheini族シクリッドの藻食における機能形態の多様化, 多田真也, 山岡耕作, 堀道雄, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 61st, PA2-032 (WEB ONLY), 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240216745019
  • タンガニイカ湖で共存する藻食シクリッドの生息場所と餌資源にみられるニッチ分化, 畑啓生, 田辺晶史, 山本哲史, 東樹宏和, 柴田淳也, 大森浩二, 幸田正典, 堀道雄, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 61st, PA3-050 (WEB ONLY), 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502286428378385
  • 松山平野における在来ヤリタナゴと移入アブラボテの交雑と遺伝子浸透, 松葉成生, 大内魁人, 吉見翔太郎, 畑啓生, 日本魚類学会年会講演要旨, 46th, 76, 2013年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302226245613256
  • タンガニイカ湖のなわばり性藻食シクリッド類の多種共存:メタゲノミクス解析を用いたシクリッド類の藻食性における特殊化と種間の多様化の解明, 畑啓生, 田辺晶史, 山本哲史, 大久保智司, 東樹宏和, 宮下英明, 幸田正典, 堀道雄, 日本生態学会大会講演要旨集, 60th, 84, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302212911682119
  • 愛媛県における在来種ヤリタナゴと国内移入種アブラボテの交雑, 松葉成生, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 60th, 216, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302233271226429
  • イバラカンザシゴカイの色彩多型を決定する要因―宿主サンゴの色彩と捕食者密度の影響―, 市川将永, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 60th, 185, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302256721093599
  • クロロフィルfをつくるシアノバクテリアの多様性, 大久保智司, 石川輝, 畑啓生, 宮下英明, 藻類, 60, 2, 87, 2012年07月, 0038-1578, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202263087140626
  • 近赤外光培養によって分離されたクロロフィルf産生シアノバクテリアの多様性, 大久保智司, 石川輝, 畑啓生, 宮下英明, 日本微生物生態学会講演要旨集, 27th, 55, 2011年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302225728666648
  • インド‐太平洋の栽培共生, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 54th, 185, 2007年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224436871470
  • KY06‐11航海報告:深海性ネクトンの船上培養, 小西聡史, 三輪哲也, 小山純弘, 喜多村稔, 永原朋幸, 山本康晶, 鈴木迪世, 北田貢, 伊藤寿茂, 奥野光, 猿渡敏郎, 佐藤圭一, FRIEDRICH Oliver, VON WEGNER Frederic, 中島美冬, 畑啓生, 川端建徳, 北谷龍樹, 吉木朝子, しんかいシンポジウム予稿集, 23rd, 143, 2007年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258615575738
  • 魚による農業 : サンゴ礁におけるスズメダイとイトグサとの栽培共生, 畑 啓生, 種生物学研究, 種生物学研究, 35, 151, 171, 2012年03月, 09135561, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030177548
  • なわばり性スズメダイ類と糸状紅藻イトグサ類との栽培共生, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 52nd, 298, 2005年03月, 10.14848/esj.ESJ52.0.721.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205518727845
  • 栽培共生とは, 畑 啓生, 種生物学研究, 種生物学研究, 35, 172, 174, 2012年03月, 09135561, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030177607
  • クロソラスズメダイの藻園管理における除藻, 畑啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 49th, 179, 2002年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902144256615120
  • 102p-7 近赤外光培養によって分離されたクロロフィルf産生シアノバクテリアの多様性(102p 極限環境/分類/系統解析/ゲノム,口頭発表), 大久保 智司, 石川 輝, 畑 啓生, 宮下 英明, 日本微生物生態学会講演要旨集, 日本微生物生態学会, 日本微生物生態学会講演要旨集, 27, 2011年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009974030
  • 水域における一次生産者藻類と,藻食者との食う-食われる関係に見られる種特異性と多様な共生関係を含むネットワーク構造, 畑 啓生, 研究助成金受給者研究報告集, 日揮・実吉奨学会, 研究助成金受給者研究報告集, 30, 185, 187, 2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019635259
  • フィールドワーカーの眼 生物による栽培--沖縄のサンゴ礁におけるクロソラスズメダイの藻園, 畑 啓生, エコソフィア, 民族自然誌研究会, エコソフィア, 19, 64, 69, 2007年, 13440462, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015537316
  • スズメダイ類による藻園の集約的管理と粗放的管理, 畑 啓生, 日本生態学会大会講演要旨集, 日本生態学会, 日本生態学会大会講演要旨集, 50, 0, 211, 211, 2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005446459

その他研究情報

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.