研究者データベース

竹下 英次タケシタ エイジ

所属部署名大学院医学系研究科 医学専攻
職名准教授
Last Updated :2019/04/11

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    竹下 英次
  • 氏名(カナ)

    タケシタ エイジ

所属

所属・職名

  • 部署

    地域消化器免疫医療学講座
  • 職名

    准教授

その他基本情報

所属学協会

  • 日本門脈圧亢進症学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本内科学会
  • 日本超音波学会
  • 日本消化管学会

経歴

  • 20150900, 20160300, 愛媛大学医学部附属病院(講師)
  • 20160400, 99990000, 愛媛大学大学院(准教授)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 内科系臨床医学, 消化器内科学

著書・発表論文等

論文

  • Eating Behaviours and Prevalence of Gastroesophageal Reflux Disease in Japanese Adult Patients With Type 2 Diabetes Mellitus: The Dogo Study., Takeshita E, Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Senba H, Yamamoto Y, Arimitsu E, Yagi S, Utsunomiya H, Tanaka K, Ikeda Y, Matsuura B, Miyake Y, Hiasa Y, Canadian journal of diabetes, 42, 3, 308, 312, 20180600, 1499-2671, 10.1016/j.jcjd.2017.07.007
  • Molecular characterization and distribution of motilin family receptors in the human gastrointestinal tract., Takeshita E, Matsuura B, Dong M, Miller LJ, Matsui H, Onji M, Journal of gastroenterology, 41, 3, 223, 230, 20060300, 0944-1174, 10.1007/s00535-005-1739-0
  • Earlier recurrence of esophageal varices, following therapy, in patients with primary biliary cirrhosis (PBC) compared with non-PBC patients., Takeshita E, Matsui H, Shibata N, Furukawa S, Yokota T, Murakami H, Ikeda Y, Hiasa Y, Matsuura B, Michitaka K, Onji M, Journal of gastroenterology, 39, 11, 1085, 1089, 20041100, 0944-1174, 10.1007/s00535-004-1447-1
  • Esophagogastric varices as a prognostic factor for the determination of clinical stage in patients with primary biliary cirrhosis., Takeshita E, Kumagi T, Matsui H, Abe M, Furukawa S, Ikeda Y, Matsuura B, Michitaka K, Horiike N, Onji M, Journal of gastroenterology, 38, 11, 1060, 1065, 20030000, 0944-1174, 10.1007/s00535-003-1196-6
  • Usefulness of laparoscopy and intraductal ultrasonography in a patient with isolated immunoglobulin G4-related sclerosing cholangitis., Ohno Y, Kumagi T, Imamura Y, Kuroda T, Koizumi M, Watanabe T, Yoshida O, Tokumoto Y, Takeshita E, Abe M, Harada K, Hiasa Y, Clinical journal of gastroenterology, 11, 1, 62, 68, 20180200, 1865-7257, 10.1007/s12328-017-0787-3
  • Diagnostic Challenge in Pancreatic Sarcoidosis Using Endoscopic Ultrasonography., Azemoto N, Kumagi T, Koizumi M, Kuroda T, Yamanishi H, Ohno Y, Imamura Y, Takeshita E, Soga Y, Ikeda Y, Onji M, Hiasa Y, Internal medicine (Tokyo, Japan), 57, 2, 231, 235, 20180100, 0918-2918, 10.2169/internalmedicine.9084-17
  • Comparison between real-time tissue elastography and vibration-controlled transient elastography for the assessment of liver fibrosis and disease progression in patients with primary biliary cholangitis., Koizumi Y, Hirooka M, Abe M, Tokumoto Y, Yoshida O, Watanabe T, Nakamura Y, Imai Y, Yukimoto A, Kumagi T, Takeshita E, Ikeda Y, Hiasa Y, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 47, 12, 1252, 1259, 20171100, 1386-6346, 10.1111/hepr.12861
  • Upregulated absorption of dietary palmitic acids with changes in intestinal transporters in non-alcoholic steatohepatitis (NASH)., Utsunomiya H, Yamamoto Y, Takeshita E, Tokumoto Y, Tada F, Miyake T, Hirooka M, Abe M, Kumagi T, Matsuura B, Ikeda Y, Hiasa Y, Journal of gastroenterology, 52, 8, 940, 954, 20170800, 0944-1174, 10.1007/s00535-016-1298-6
  • Histological assessment of the efficacy of drug-eluting beads in portal tumor thrombosis of hepatocellular carcinoma., Imai Y, Hirooka M, Koizumi Y, Nakamura Y, Watanabe T, Yoshida O, Tokumoto Y, Takeshita E, Abe M, Tanaka H, Kurata M, Kitazawa S, Hiasa Y, Radiology case reports, 12, 1, 179, 184, 20170300, 10.1016/j.radcr.2016.11.006
  • Differences in the risk of fatty liver for onset of impaired fasting glucose according to baseline plasma glucose levels., Miyake T, Hirooka M, Yoshida O, Furukawa S, Kumagi T, Koizumi M, Yamamoto S, Kuroda T, Arimitsu E, Takeshita E, Abe M, Kitai K, Matsuura B, Hiasa Y, Journal of gastroenterology, 52, 2, 237, 244, 20170200, 0944-1174, 10.1007/s00535-016-1234-9
  • Age and Prevalence of Esophageal Reflux Disease in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: The Dogo Study., Ikeda Y, Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Senba H, Yamamoto Y, Arimitsu E, Yagi S, Utsunomiya H, Tanaka K, Takeshita E, Matsuura B, Miyake Y, Hiasa Y, Digestive diseases and sciences, 61, 12, 3530, 3536, 20161200, 0163-2116, 10.1007/s10620-016-4311-2
  • Carbonic Anhydrate I Epitope Peptide Improves Inflammation in a Murine Model of Inflammatory Bowel Disease., Yagi S, Abe M, Yamashita M, Mori K, Yamanishi H, Arimitsu E, Yamamoto Y, Takeshita E, Ikeda Y, Hiasa Y, Inflammatory bowel diseases, 22, 8, 1835, 1846, 20160400, 1078-0998, 10.1097/MIB.0000000000000781
  • Low alcohol consumption increases the risk of impaired glucose tolerance in patients with non-alcoholic fatty liver disease., Miyake T, Kumagi T, Hirooka M, Furukawa S, Yoshida O, Koizumi M, Yamamoto S, Watanabe T, Yamamoto Y, Tokumoto Y, Takeshita E, Abe M, Kitai K, Matsuura B, Hiasa Y, Journal of gastroenterology, 51, 11, 1090, 1100, 20160300, 0944-1174, 10.1007/s00535-016-1194-0
  • Usefulness of a New Three-Dimensional Simulator System for Radiofrequency Ablation., Hirooka M, Koizumi Y, Imai Y, Miyake T, Watanabe T, Yoshida O, Takeshita E, Tokumoto Y, Abe M, Hiasa Y, PloS one, 11, 2, e0148298, 20160000, 10.1371/journal.pone.0148298
  • Recurrence of hepatitis-associated aplastic anemia after a 10-year interval., Muta T, Tanaka Y, Takeshita E, Kobayashi Y, Tokuyama T, Ueda Y, Joko K, Fujisaki T, Yokota E, Internal medicine (Tokyo, Japan), 47, 19, 1733, 1737, 20080000, 0918-2918, 10.2169/internalmedicine.47.0933
  • 10年6ヵ月の経過観察中に過形成性ポリープから発生した隆起型早期胃癌の1例, 竹下 英次, 松井 秀隆, 松浦 文三, 小林 雄一, 横田 智行, 村上 英広, 池田 宜央, 二宮 朋之, 堀池 典生, 恩地 森一, Gastroenterological Endoscopy, 45, 3, 247, 252, 20030300, 0387-1207, 10.11280/gee1973b.45.247
  • インターフェロン投与によりMPO-ANCA関連血管炎症候群を発症したC型肝硬変の1例, 渡辺 崇夫, 大野 芳敬, 竹下 英次, 小林 雄一, 田中 良憲, 上甲 康二, 大城 由美, 日本消化器病学会雑誌, 105, 12, 1787, 1793, 20081200, 0446-6586, 10.11405/nisshoshi.105.1787
  • ラジオ波焼灼術とRituximab投与を行った肝原発MALTリンパ腫の1例, 濱田 麻穂, 田中 良憲, 小林 雄一, 竹下 英次, 上甲 康二, 日本消化器病学会雑誌, 103, 6, 655, 660, 20060600, 0446-6586, 10.11405/nisshoshi.103.655
  • 内視鏡的食道静脈瘤治療時の栄養管理における分岐鎖アミノ酸高含有経腸栄養剤の有用性, 芝田 直純, 松井 秀隆, 竹下 英次, 横田 智行, 檜垣 直幸, 村上 英広, 池田 宜央, 南 尚佳, 松浦 文三, 恩地 森一, 日本消化器病学会雑誌, 102, 7, 880, 887, 20050700, 0446-6586, 10.11405/nisshoshi.102.880
  • 早期梅毒性急性肝炎の1例, 行本 敦, 小泉 洋平, 渡辺 崇夫, 吉田 理, 徳本 良雄, 廣岡 昌史, 沼田 結希, 竹下 英次, 阿部 雅則, 日浅 陽一, 日本内科学会雑誌, 107, 6, 1095, 1099, 20180600, 0021-5384
  • 神経線維腫症I型に合併した無症候性十二指腸乳頭部神経内分泌腫瘍の1例, 黒田 太良, 熊木 天児, 小泉 光仁, 畔元 信明, 大野 芳敬, 山本 安則, 竹下 英次, 藤山 泰二, 水野 洋輔, 日浅 陽一, Gastroenterological Endoscopy, 59, 12, 2732, 2739, 20171200, 0387-1207, 10.11280/gee.59.2732
  • 経カテーテル的動脈塞栓術を施行した胃十二指腸動脈および固有肝動脈分岐部に発生した未破裂肝動脈瘤の1例, 今井 祐輔, 廣岡 昌史, 小泉 洋平, 中村 由子, 渡辺 崇夫, 吉田 理, 徳本 良雄, 竹下 英次, 阿部 雅則, 日浅 陽一, 日本消化器病学会雑誌, 114, 1, 99, 103, 20170100, 0446-6586, 10.11405/nisshoshi.114.99
  • 腹腔鏡下肝生検にて診断しえたFontan術後肝合併症の3例, 小泉 洋平, 廣岡 昌史, 今井 祐輔, 中村 由子, 渡辺 崇夫, 吉田 理, 徳本 良雄, 竹下 英次, 池田 宜央, 檜垣 高史, 阿部 雅則, 石井 榮一, 日浅 陽一, 肝臓, 57, 12, 656, 665, 20161200, 0451-4203, 10.2957/kanzo.57.656
  • ダクラタスビル・アスナプレビル治療中にALTの上昇なく急激な肝予備能低下により治療を中止した1例, 渡辺 崇夫, 徳本 良雄, 小泉 洋平, 今井 祐輔, 吉田 理, 廣岡 昌史, 竹下 英次, 山本 安則, 小泉 光仁, 三宅 映己, 阿部 雅則, 日浅 陽一, 肝臓, 56, 3, 109, 112, 20150300, 0451-4203, 10.2957/kanzo.56.109
  • PEG-IFN α-2b/Ribavirin併用療法で肝サルコイドーシスが悪化したC型慢性肝炎の1例, 大野 芳敬, 渡辺 崇夫, 竹下 英次, 小林 雄一, 田中 良憲, 上甲 康二, 肝臓, 50, 6, 280, 288, 20090600, 0451-4203, 10.2957/kanzo.50.280
  • 原発性胆汁性肝硬変における食道静脈瘤とその治療, 松井 秀隆, 竹下 英次, 恩地 森一, Gastroenterological Endoscopy, 47, 5, 1077, 1084, 20050500, 0387-1207, 10.11280/gee1973b.47.1077
  • 腹腔鏡が診断,治療に有用であったFitz-Hugh-Curtis症候群の1例, 木阪 吉保, 竹下 英次, 三宅 映己, 廣岡 昌史, 南 尚佳, 松井 秀隆, 池田 宜央, 道尭 浩二郎, 渡部 祐司, 恩地 森一, Gastroenterological Endoscopy, 46, 7, 1368, 1372, 20040700, 0387-1207, 10.11280/gee1973b.46.1368
  • 根治手術可能であった,Spiegel葉より発生した肝細胞癌の1例, 平岡 淳, 木阪 吉保, 竹下 英次, 広岡 昌史, 熊木 天児, 黒瀬 清隆, 堀池 典生, 藤山 泰二, 小林 展章, 恩地 森一, 肝臓, 45, 1, 21, 25, 20040100, 0451-4203, 10.2957/kanzo.45.21
  • 腹水を合併するasymptomatic primary biliary cirrhosisの2例, 日浅 陽一, 徳本 良雄, 古川 慎哉, 竹下 英次, 松井 秀隆, 道尭 浩二郎, 堀池 典生, 恩地 森一, 日本消化器病学会雑誌, 100, 12, 1400, 1404, 20031200, 0446-6586, 10.11405/nisshoshi1964.100.1400
  • 食道静脈瘤に対する改良型透明フードの使用経験, 村上 英広, 松井 秀隆, 二宮 朋之, 竹下 英次, 横田 智行, 小林 雄一, 池田 宜央, 道尭 浩二郎, 堀池 典生, 恩地 森一, Gastroenterological Endoscopy, 45, 1, 43, 47, 20030100, 0387-1207, 10.11280/gee1973b.45.43

講演・口頭発表等

  • 大腸憩室出血例の診断・治療・予後の現状, 竹下 英次, 壷内 栄治, 八木 専, 宇都宮 大貴, 丹下 和洋, 渡辺 崇夫, 川村 智恵, 小西 佳奈子, 花山 雅一, 宮本 裕也, 池田 宜央, 日浅 陽一, Gastroenterological Endoscopy, 20180400
  • 2型糖尿病患者におけるGERDおよび治療抵抗性GERDへ関与する因子の検討, 竹下 英次, 古川 慎哉, 池田 宜央, 八木 専, 宇都宮 大貴, 日浅 陽一, 日本消化器病学会雑誌, 20170900
  • 静脈瘤破裂例からみた静脈瘤破裂の危険因子・緊急処置に関する検討, 竹下 英次, 八木 専, 宇都宮 大貴, 丹下 和洋, 川村 智恵, 小西 佳奈子, 小泉 洋平, 廣岡 昌史, 阿部 雅則, 池田 宜央, 日浅 陽一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20170800
  • 無症候性PBCにおける門脈圧亢進症性胃症の合併は、症候性進展への危険因子である, 竹下 英次, 山本 安則, 宇都宮 大貴, 八木 専, 有光 英治, 徳本 良雄, 廣岡 昌史, 阿部 雅則, 池田 宜央, 日浅 陽一, 日本消化器病学会雑誌, 20160900
  • 脾臓摘出術およびPSEによる消化管への影響, 竹下 英次, 池田 宜央, 廣岡 昌史, 小泉 洋平, 山本 安則, 徳本 良雄, 阿部 雅則, 日浅 陽一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20160800
  • H.pylori除菌不成功例の特徴に関する検討, 竹下 英次, 池田 宜央, 壷内 栄治, 山本 安則, 有光 英治, 宇都宮 大貴, 八木 専, 日浅 陽一, 日本消化器病学会雑誌, 20160300
  • Budd-Chiari症候群に合併した食道静脈瘤の特徴に関する検討, 竹下 英次, 布井 弘明, 山本 安則, 壷内 栄治, 小泉 洋平, 徳本 良雄, 廣岡 昌史, 阿部 雅則, 池田 宜央, 日浅 陽一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20150800
  • 当科における肝硬変の成因別での臨床像に関する検討, 竹下 英次, 上甲 康二, 田中 良憲, 小林 雄一, 大野 芳敬, 渡辺 崇夫, 肝臓, 20080400
  • 内視鏡的静脈瘤治療に使用したシアノアクリレートモノマーの治療後の移動に関する検討, 竹下 英次, 松井 秀隆, 檜垣 直幸, 恩地 森一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20050700
  • 改良型透明フードを用いた内視鏡的硬化療法,アルゴンプラズマ凝固療法の治療成績に関する検討, 竹下 英次, 松井 秀隆, 檜垣 直幸, 恩地 森一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20050700
  • 門脈圧亢進症の内視鏡による病態診断と治療 原発性胆汁性肝硬変の病期別にみた静脈瘤の出現状況と治療効果, 竹下 英次, 松井 秀隆, 池田 宜央, Gastroenterological Endoscopy, 20050400
  • 原発性胆汁性肝硬変(PBC)における静脈瘤治療後の易再発性, 竹下 英次, 檜垣 直幸, 松井 秀隆, 恩地 森一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20040700
  • 食道胃静脈瘤からみた原発性胆汁性肝硬変の特徴, 竹下 英次, 松井 秀隆, 恩地 森一, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20030700
  • 原発性胆汁性肝硬変における食道静脈瘤の特徴, 竹下 英次, 松井 秀隆, 恩地 森一, 二宮 朋之, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 20020700
  • 原発性胆汁性肝硬変患者の治療後食道静脈瘤の易再発性, 竹下 英次, 松井 秀隆, 小林 雄一, 横田 智行, 村上 英広, 池田 宜央, 二宮 朋之, 松浦 文三, 道尭 浩二郎, 恩地 森一, Gastroenterological Endoscopy, 20020300

MISC

  • インフリキシマブ投与後に肺結核を発症した潰瘍性大腸炎の1例, 行本 敦, 岡本 傳男, 花山 雅一, 小幡 善保, 竹下 英次, 清家 裕貴, 市川 幹郎, 愛媛医学, 愛媛医学会, 34, 1, 55, 60, 20150300, 0286-3677
  • 小網原発GISTの1例, 橋本 悠, 岡本 傳男, 花山 雅一, 行本 敦, 小幡 善保, 谷平 哲哉, 竹下 英次, 清家 裕貴, 市川 幹郎, 南予医学雑誌, 市立宇和島病院生活協同組合, 15, 1, 88, 96, 20141100, 1344-8536
  • 乳癌胃転移の3例, 上野 義智, 竹下 英次, 宮本 安尚, 清家 裕貴, 岡本 傳男, 市川 幹郎, 岡田 憲三, 中西 護, 南予医学雑誌, 市立宇和島病院生活協同組合, 14, 1, 54, 61, 20131100, 1344-8536
  • アザチオプリンによる急性呼吸促迫症候群が疑われた潰瘍性大腸炎の1例, 村上 英広, 兒玉 明洋, 竹下 英次, 清家 裕貴, 宮本 安尚, 岡本 傳男, 市川 幹郎, 愛媛医学, 愛媛医学会, 31, 4, 205, 210, 20121200, 0286-3677
  • CDDP+CPT-11療法が有効であった胆嚢原発小細胞癌の一例, 清家 裕貴, 竹下 英次, 壷内 栄治, 村上 英広, 岡本 傳男, 南予医学雑誌, 市立宇和島病院生活協同組合, 12, 1, 81, 86, 20110900, 1344-8536
  • 肝癌のラジオ波焼灼術(RFA)におけるReal-time Virtual Sonography(RVS)とソナゾイド造影超音波併用の有用性について, 上甲 康二, 田中 良憲, 小林 雄一, 竹下 英次, 大野 芳敬, 渡辺 崇夫, 肝臓, (一社)日本肝臓学会, 49, Suppl.2, A578, A578, 20080900, 0451-4203
  • 【ダブルバルーン内視鏡の手技の工夫と応用】 ダブルバルーン内視鏡検査における内視鏡一人挿入法のための手技の工夫, 池田 宜央, 桧垣 直幸, 村上 英広, 鳥巣 真幹, 竹下 英次, 芝田 直純, 松井 秀隆, 道堯 浩二郎, 堀池 典生, 恩地 森一, 消化器科, (有)科学評論社, 45, 6, 571, 572, 20071200, 0289-8756
  • 血小板輸血の判断に苦慮した出血性胆嚢炎を合併した抗HLA抗体を有する特発性血小板減少性紫斑病(ITP)における胆嚢および脾臓摘出術の1症例, 和泉 賢一, 牟田 毅, 大野 芳敬, 竹下 英次, 小林 雄一, 堤 敬文, 西崎 隆, 尾崎 牧子, 西山 記子, 横田 英介, 松山赤十字病院医学雑誌, 松山赤十字病院医学雑誌編集部, 32, 1, 21, 24, 20071200, 0385-3888
  • モチリン受容体とグレリン受容体のヒト消化管における発現の解析, 竹下 英次, Pharma Medica, (株)メディカルレビュー社, 23, 12, 77, 79, 20051200, 0289-5803
  • 【炎症性腸疾患】 潰瘍性大腸炎におけるリンパ球除去療法の検討, 池田 宜央, 檜垣 直幸, 鳥巣 真幹, 竹下 英次, 芝田 直純, 横田 智行, 村上 英広, 松井 秀隆, 堀池 典生, 恩地 森一, 消化管の臨床, うず潮フォーラム事務局, 10, 51, 53, 20050200, 1341-1802
  • 原発性胆汁性肝硬変患者の臨床病期決定における食道胃静脈瘤合併の重要性, 竹下 英次, 熊木 天児, 松井 秀隆, 阿部 雅則, 古川 慎哉, 池田 宜央, 松浦 文三, 道尭 浩二郎, 堀池 典生, 恩地 森一, 医学と薬学, (株)自然科学社, 51, 2, 276, 279, 20040200, 0389-3898
  • 薬剤起因性腸炎の一例, 岡本 渉, 小堀 陽一郎, 竹下 英次, 芝田 直純, 池田 宣央, 南 尚佳, 松井 秀隆, 堀池 典生, 恩地 森一, 阿部 康人, 植田 規史, 平田 真美, アレルギーの臨床, (株)北隆館, 22, 12, 982, 982, 20021100, 0285-6379

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.