研究者データベース

三上 了ミカミ サトル

所属部署名法文学部 人文社会学科(社会科学)
職名准教授
Last Updated :2019/11/22

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    三上 了
  • 氏名(カナ)

    ミカミ サトル

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部 人文社会学科
  • 職名

    准教授

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • The conditions for successful knowledge transfer in development-aid training programs: Successful knowledge transfer in training programs, 三上 了、古川光明, International Journal of Training and Development, 2018年06月, [査読有り]
  • Outsourced Technical Cooperation Reconsidered: Agency Problems in the Support of Decentralized Public Service Delivery in Sierra Leone, 三上 了、古川光明, JICA Research Institute Working Paper, 2016年03月, [査読有り]
  • Informing Citizens about Development Aid: A Single-blinded Randomized Controlled Trial to Estimate the Impact of Information to Change Japanese Attitudes towards ODA, 三上 了, JICA Research Institute Working Paper, 2014年11月, [査読有り]

講演・口頭発表等

MISC

  • Legitimacy and effectiveness in Thailand, 2003–2007: perceived quality of governance and its consequences on political beliefs, Satoru Mikami and Takashi Inoguchi, International Relations of the Asia-Pacific, 8, 3, 279, 302, 2008年, 10.1093/irap/lcn012
  • One-step vs. Two-step Method of Multilevel Regression with Limited Number of Clusters: A Comparison of the Results Using Real Survey Data, Satoru Mikami, AsiaBarometer Project Series, 7, 33, 51, 2008年
  • Macro-Political Origins of Micro-Political Differences: A Comparison of Eleven Societies in East and South Asia, Takashi Inoguchi, Sanjay Kumar and Satoru Mikami, Japanese Journal of Political Science, 8, 3, 387, 408, 2007年
  • Social Capital in East Asia: Comparative Political Culture in Confucian Societies, Takashi Inoguchi, Satoru Mikami and Seiji Fujii, Japanese Journal of Political Science, 8, 3, 409, 426, 2007年
  • マクロ政治変動の帰結に対する『構造』と『行動』の影響 ── 多項ロジスティック回帰による経験的検証, 三上 了, 日本比較政治学会年報, 8, 113, 137, 2006年
  • 民主制と独裁制の生存条件 ── 離散時間型生存分析による体制別危険因子の再検証, 三上 了, 年報政治学, 2005-II, 146, 169, 2003年
  • 政治変動理論の棚卸し(三) ── マクロレベル理論を中心に, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 74, 91, 123, 2003年
  • 政治変動理論の棚卸し(二) ── ミクロレベル理論を中心に, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 73, 57, 86, 2003年
  • 政治変動理論の棚卸し(一) ── 因果連鎖の混乱を解きほぐすための従属変数の整理, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 72, 37, 62, 2003年
  • 二〇世紀におけるステイト・レベル政治ユニット規格化リスト ── ラセット=シンガー=スモール+ウィッコフ・リスト再考, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 70, 65, 95, 2002年
  • 移行論におけるデモクラシー ── いわゆる手続き的定義についての一考察, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 63, 83, 113, 2000年
  • 『定着論』再考 ── その両義性が意味するもの, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 61, 169, 190, 1999年
  • 政治変動分析方法としての『移行民主化』論 ── その貢献と限界, 三上 了, 早稲田政治公法研究, 60, 111, 135, 1999年
  • 8, 3, 279, 302, 2008年, 10.1093/irap/lcn012
  • 7, 33, 51, 2008年
  • 8, 3, 387, 408, 2007年
  • 8, 3, 409, 426, 2007年

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 政策科学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 政策科学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 国際協力論
  • 2019年, 前期, 学部, 海外フィールド実践Ⅱ
  • 2019年, 前期, 学部, 国際協力論基礎演習
  • 2019年, 前期, 学部, 国際協力論専門演習
  • 2019年, 前期, 学部, 海外フィールド実践Ⅱ
  • 2019年, 前期, 学部, 国際協力論専門演習
  • 2019年, 前期, 学部, 国際協力論卒業演習
  • 2019年, 前期, 修士, 国際協力論特論
  • 2019年, 前期, 修士, 国際協力論課題研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.