研究者総覧

井口 秀作 (イグチ シユウサク)

  • 法文学部 人文社会学科(社会科学) 教授
Last Updated :2020/09/16

研究者情報

学位

  • 法学修士

J-Global ID

研究キーワード

  • 憲法改正   憲法   国民投票制   直接民主制   constitution   referendum   Direct Democracy   

研究分野

  • 人文・社会 / 公法学

経歴

  • 2020年03月 - 現在  愛媛大学法文学部 人文社会学科教授
  • 2012年04月 - 現在  愛媛大学法文学部教授
  • 2005年04月 - 2012年03月  大東文化大学大学院法務研究科助教授、教授
  • 2001年04月 - 2005年03月  大阪産業大学人間環境学部助教授
  • 1994年04月 - 2001年03月  大阪産業大学教養部講師、助教授

学歴

  •         - 1994年   一橋大学   法学研究科   憲法学
  •         - 1994年   一橋大学   Graduate School, Division of Law
  •         - 1989年   一橋大学   法学部   公法
  •         - 1989年   一橋大学   Faculty of Laws

所属学協会

  • 民主主義科学者協会法律部会   憲法理論研究会   全国憲法研究会   日本公法学会   

研究活動情報

論文

  • 憲法改正国民投票と国政選挙の同時実施に関する覚書
    井口 秀作
    愛媛法学会雑誌 45 1=2 51 - 63 2019年03月
  • 違憲国賠訴訟における判断構成
    井口 秀作
    大東ロージャーナル 13 23 - 45 2017年03月
  • 憲法改正をめぐる政治と理論
    井口 秀作
    憲法問題 27 100 - 111 2016年05月
  • 大阪市住民投票と憲法改正国民投票
    井口 秀作
    市政研究 188 47 - 55 2015年07月
  • 最高法規・憲法改正手続
    井口 秀作
    法律時報増刊『改憲を問う』 134 - 139 2014年12月
  • 日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律
    井口 秀作
    法学教室 411 58 - 63 2014年12月
  • 住民投票、国民投票法、憲法96条改正問題を整理する
    井口 秀作
    都市問題 104 21 - 26 2013年08月
  • 憲法96条改正論の諸相
    井口 秀作
    422 4 - 13 2013年07月
  • 憲法九六条「先行論」の不当性
    井口 秀作
    月刊自治研 646 24 - 30 2013年07月
  • 国会における憲法論議をめぐって
    井口 秀作
    アジェンダ 39 14 - 17 2012年12月
  • 憲法審査会の動向
    井口 秀作
    法と民主主義 468 34 - 37 2012年05月

書籍

  • 人権主体性と津久井やまゆり園事件ー憲法の視点から
    井口 秀作 
    いのちを選ばないで(大月書店) 2019年12月
  • 憲法改正手続としての国民投票
    井口 秀作 
    安倍改憲・壊憲総批判 憲法研究者は訴える(八月書館) 2019年12月
  • レフェレンダムにおける「問い」について
    井口 秀作 (担当:単著)
    憲法の普遍性と歴史性(日本評論社) 2019年08月 20
  • 憲法改正概念・考
    井口 秀作 (担当:単著)
    憲法の思想と発展(信山社) 2017年08月
  • 憲法訴訟論と法科大学院
    井口 秀作 
    市民生活と現代法理論(成文堂) 2017年03月
  • 発議要件の緩和と「国民投票法」
    井口 秀作 (担当:単著)
    改憲の何が問題か(岩波書店) 2013年05月
  • フランス憲法判例Ⅱ
    井口 秀作 (担当:共著, 範囲:立法者の消極的権限逸脱と合憲性優先問題)
    信山社 2013年03月
  • ニューアングル憲法
    井口 秀作 (担当:共著, 範囲:天皇制、国民主権)
    法律文化社 2012年06月
  • 地方民主主義活性化のための住民投票の位置付けの再検討
    井口 秀作 (担当:単著)
    地方自治の憲法理論の新展開(敬文堂) 2011年05月
  • 諮問的レファレンダムの可能性
    井口 秀作 (担当:単著)
    憲法理論の再創造(日本評論社) 2011年03月
  • 新版・体系憲法辞典
    青林書院 2008年
  • ここがヘンだよ日本の選挙
    学習の友社 2007年
  • いまなぜ憲法改正国民投票法なのか
    蒼天社出版 2006年
  • 「法文化環境」の可能性
    文化環境のスペクトル(三修社) 2004年
  • フランスの憲法判例
    信山社 2002年
  • レフェレンダムによる人権保障の可能性
    フランスの人権保障(法律文化社) 2001年
  • The possibility to ensure human rights by referendums.
    2001年
  • フランス型「立憲主義と民主主義」論の一側面
    二一世紀の立憲主義(勁草書房) 2000年
  • Constitutionalism and Democracy in France.
    2000年
  • 日本国憲法史年表
    勁草書房 1998年
  • フランス第五共和制憲法におけるレフェレンダム
    憲法の歴史と比較(日本評論社) 1998年
  • The referendum in the 5th Republic
    1998年

講演・口頭発表等

  • 違憲国賠訴訟の憲法訴訟としての可能性  [通常講演]
    井口 秀作
    憲法理論研究会2017年12月月例研究会 2017年12月
  • 憲法改正をめぐる政治と理論  [通常講演]
    井口 秀作
    全国憲法研究会2015年秋季研究集会 2015年10月 口頭発表(一般)
  • 「民主過程」をめぐる憲法学説  [通常講演]
    井口 秀作
    全国憲法研究会2007年秋季研究集会 2007年10月 口頭発表(一般)
  • 憲法改正国民投票制をめぐって  [通常講演]
    井口 秀作
    憲法理論研究会2005年6月例会 2005年06月 口頭発表(一般)

MISC

  • 「合同発案による国民投票」と2019年5月9日フランス憲法院判決
    井口 秀作 愛媛法学会雑誌 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要) 46 (1=2) 117 -126 2020年01月
  • 違憲国賠訴訟の憲法訴訟としての可能性
    井口 秀作 憲法理論叢書 (26) 83 -96 2018年10月
  • 改憲手続と国民投票をめぐって
    井口 秀作 法と民主主義 (527号) 28 -33 2018年04月
  • このまま改憲国民投票でよいのか
    井口 秀作 マスコミ市民 (589) 59 -65 2018年02月
  • 〈書評〉『「憲法改正」の比較政治学』(駒村ほか編)
    井口 秀作 憲法研究 (1) 163 -169 2017年11月
  • 憲法改正の発議と国民投票・国政選挙の同時実施について
    井口 秀作 アジェンダ (58) 13 -17 2017年09月
  • 諮問的レファレンダムの可能性
    井口秀作 法律時報 82 (9) 102 2010年
  • 2009年学界回顧・憲法
    井口秀作, 松田浩 法律時報 2009年 (81) 13 2009年
  • 「民主過程」をめぐる憲法学説
    井口秀作 憲法問題 (19) 2008年
  • 2008年学界回顧・憲法
    井口秀作, 高佐智美 法律時報 80 (13) 6 2008年
  • 書評:杉井静子著「あなたと考える憲法・国民投票法」
    日本の科学者 42 (1) 2007年
  • 〈憲法改正手続き法案〉制定前に考えるべきこと
    月刊社会民主 (620) 2007年
  • もう一度「憲法改正手続法案」の意味を考える
    井口秀作 軍縮問題資料」 (317) 2007年
  • 改憲「国民投票法案」の性格と政治的意味
    井口秀作 インパクション (157) 2007年
  • 何のための「国民投票法案」なのか
    井口秀作 世界 (765) 2007年
  • 「国民投票法」と国民主権
    井口秀作 法律時報 79 (7) 2007年
  • 国民投票法重要条文解説
    井口秀作, 西土彰一郎, 内藤博光 法学セミナー (634) 2007年
  • 憲法改正国民投票法とその周辺
    法と民主主義 (406) 2006年
  • 憲法改正国民投票法案をめぐって
    法学セミナー 51 (3) 2006年
  • 憲法の話題と論点「郵政解散劇」・「二院制と衆議院の解散」
    法学セミナー 51 (4) 2006年
  • 「国民投票法案」の批判的検討
    法律時報増刊「続・憲法改正問題」 2006年
  • 憲法改正国民投票制をめぐる現況
    憲理研叢書 14 2006年
  • 「国民投票法案」に浮上した新たな問題点
    世界 (758) 2006年
  • 憲法改正国民投票制に関する覚え書き
    大阪産業大学産業研究所産研叢書24「平和学論集Ⅲ」 157ー178 2005年
  • 憲法改正国民投票制をめぐる立憲主義と民主主義
    大東ロージャーナル (1) 2005年
  • 国民主権と直接民主制に関する覚え書き
    大阪産業大学 人間環境論集 2, 25-38 2003年
  • Local Information Disclosure System after Information Disclosure Law
    Journal of Osaka Sangyo University,Social Science (114) 21 -30 2000年
  • 情報公開法以降の自治体情報公開制度
    大阪産業大学論集社会科学編 (114) 21 -30 2000年
  • Right to know and human dignity
    The Law Review of Kansai University 47 (2) 76 -166 1997年
  • The structure of the semi-direct govenment
    Journal of Osaka Sangyo University Humanities (91) 1997年
  • The problem and the reform of the referendum in France
    69 (3) 89 1997年
  • フランスにおけるレフェレンダムの課題と改革
    法律時報 69 (3) 89 1997年
  • 市民の「知る権利」の保障と個人の尊厳の確保
    孝忠延夫, 井口秀作 関西大学法学論集 47 (2) 1997年
  • いわゆる「半直接制」の構造
    大阪産業大学論集 人文科学編 (91) 1997年
  • 日本国憲法九条の平和主義
    大阪産業大学産業研究所産研叢書5 1996年
  • フランス一九五八年六月三日憲法的法律における国民投票制
    一橋論叢 112 (1) 82 1994年
  • J・カダールの「半直接民主制」論
    一橋研究 18 (3) 41 1993年
  • フランス第五共和制憲法11条による憲法改正について
    一橋研究 18 (2) 1 1993年
  • Note on the constitutional referendum in the Japanese Constitution
  • Note on the sovereignty and the direct democracy
    Journal of Human Environmental Studies 2, 25-38
  • 2010年学界回顧・憲法
    井口秀作, 大藤紀子, 中島宏 法律時報 82 (13) 6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Study on Direct Democracy
    The Other Research Programs

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーA
  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーB
  • 2019, 前期, 学部, 日本国憲法
  • 2019, 前期, 学部, 法律学概論
  • 2019, 前期, 学部, 法律学専門演習
  • 2019, 前期, 学部, 法律学専門演習
  • 2019, 前期, 修士, 統治機構論特論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.