研究者総覧

三宅 洋 (ミヤケ ヨウ)

  • 大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 准教授
Last Updated :2021/01/16

研究者情報

学位

  • 博士(理学)(京都大学)

論文上での記載著者名

  • Yo Miyake

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90345801

J-Global ID

研究キーワード

  • 応用生態工学   保全生態学   河川生態学   

研究分野

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 群集
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 生物多様性保全
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木環境システム / 環境生態
  • 環境・農学 / 自然共生システム / 生態工学

経歴

  • 2020年12月 - 現在  愛媛大学工学部附属環境・エネルギー工学センター准教授(兼任)
  • 2020年12月 - 現在  愛媛大学工学部附属社会基盤iセンシングセンター准教授(兼任)
  • 2020年12月 - 現在  愛媛大学社会連携推進機構・地域協働センター南予准教授(兼任)
  • 2013年10月 - 現在  愛媛大学大学院理工学研究科准教授
  • 2006年04月 - 2013年09月  愛媛大学大学院理工学研究科講師
  • 2004年04月 - 2006年03月  愛媛大学工学部講師
  • 2002年06月 - 2004年03月  岐阜大学流域圏科学研究センター助手
  • 2002年04月 - 2002年06月  国立苫小牧工業高等専門学校都市環境工学科非常勤講師

学歴

  • 1999年04月 - 2002年03月   京都大学   大学院理学研究科   生物科学専攻
  • 1997年04月 - 1999年03月   北海道大学   地球環境科学研究科   生態環境科学専攻
  • 1993年04月 - 1997年03月   北海道大学   農学部   森林科学科

所属学協会

  • ECOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA   日本陸水学会   土木学会   応用生態工学会   SOCIETY FOR FRESHWATER SCIENCE   日本生態学会   

研究活動情報

論文

  • 河川性底生動物量がウナギ生息量に及ぼす影響
    熊谷 悠志, 上田 航, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会論文集G(環境) 76 6 II_115 - II_120 2020年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Magnitude and direction of stream-forest community interactions change with time scale
    Amy M. Marcarelli, Colden V. Baxter, Joseph R. Benjamin, Yo Miyake, Masashi Murakami, Kurt D. Fausch and Shigeru Nakano
    Ecology 101 8 e03064  2020年08月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Amy M. Marcarelli, Colden V. Baxter, Joseph R. Benjamin, Yo Miyake, Masashi Murakami, Kurt D. Fausch, Shigeru Nakano
    The Bulletin of the Ecological Society of America 101 3 e071715  2020年07月 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating a pattern of ecological character displacement: charr jaw morphology and diet diverge in sympatry versus allopatry across catchments in Hokkaido, Japan
    Shigeru Nakano, Kurt D. Fausch, Itsuro Koizumi, Yoichiro Kanno, Yoshinori Taniguchi, Satoshi Kitano, Yo Miyake
    Biological Journal of the Linnean Society 129 2 356 - 378 2020年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 平地河川における出水攪乱に対する底生動物群集の反応
    福﨑 健太, 目崎 文崇, 三宅 洋
    土木学会論文集G(環境) 75 6 II_143 - II_149 2019年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 重信川で発生した記録的出水に対する底生無脊椎動物群集および魚類群集の反応
    角田 康祐, 三宅 洋, 渡辺 裕也, 井上 幹生
    応用生態工学 22 1 35 - 49 2019年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Joeselle M. Serrana, Yo Miyake, Maribet Gamboa, Kozo Watanabe
    Ecological Indicators 101 963 - 972 2019年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    © 2019 Elsevier Ltd Conventional morphology-based identification is commonly used for routine assessment of freshwater ecosystems. However, cost and time efficient techniques such as high-throughput sequencing (HTS) based approaches may resolve the constraints encountered in conducting morphology-based surveys. Here, we characterized stream macroinvertebrate species diversity and community composition via metabarcoding and morphological analysis from environmental samples collected from the Shigenobu River Basin in Ehime Prefecture, Japan. We compared diversity metrics and assessed both approaches’ ability to evaluate the relationship between macroinvertebrate community and environmental variables. In total, we morphologically identified 45 taxa (3 families, six subfamilies, 31 genera, and five species) from 8,276 collected individuals from ten study sites. We detected 44 species by metabarcoding, with 35 species collapsed into 11 groups matching the morphologically identified taxa. A significant positive correlation between logged depth (number of HTS reads) and abundance of morphological taxa was observed, which implied that quantitative data could be used for subsequent analyses. We recovered a considerably high rate of relative abundance detection of the morphologically identified samples. Recovery of samples by incidence or presence/absence count were considerably low, with a high rate of false-negative detection specifically for species with scarce representation in the community sample. Given the low taxonomic resolution of the morphological assignment in this study, we report that metabarcoding does not reflect the majority of the species naturally occurring in our site, which could further be proven by performing refined morphological assessment of the samples. However, abundance-based detection proved to be efficient with 92% of the individuals correctly demonstrated. We conclude that DNA metabarcoding provides a practical and cost-effective approach especially for rapid biological monitoring of freshwater macroinvertebrate communities, but further improvements in the detection of scarce samples should be considered to increase the sensitivity of detecting most, if not all, of the species present in the environment.
  • Global patterns and drivers of ecosystem functioning in rivers and riparian zones
    Scott Tiegs e, l, ncl, Yo Miyake, o, authors
    Science Advances 5 eaav0486  2019年01月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 全国河川の流量レジーム特性と決定要因
    渡辺 裕也, 吉村 研人, 赤坂 卓美, 森 照貴, 三宅 洋
    応用生態工学 21 2 75 - 92 2019年01月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Ryota Kawanishi, Ryota Dohi, Asuka Fujii, Mikio Inoue, Yo Miyake
    ICHTHYOLOGICAL RESEARCH 64 4 433 - 443 2017年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Vertical hydrological connectivity between the surface stream and benthic and hyporheic zones plays a key ecological role in the biodiversity of lotic ecosystems because it allows surface and benthic organisms to use the hyporheic zone as a seasonal habitat and refuge. Use of the hyporheic zone by surface/benthic organisms has been well studied in invertebrates, but little is known about the importance of this connectivity for fishes. We investigated streambed surface and hyporheic densities (5-10, 15-20 and 20-25 cm below the streambed surface) of a stream fish, Cobitis shikokuensis, over a 20-month period in the Shigenobu River, southwestern Japan, to test the hypothesis that it uses the hyporheic zone for spawning and overwintering. In total, 1,804 individuals (13-58 mm total length) were captured from 33 streambed surface samplings and 102 individuals (10-46 mm total length) were present in 1,147 samples of 57 hyporheic samplings. Population densities in both zones peaked in late summer-early autumn due to the recruitment of age 0+ fish and a female with eggs was found in the hyporheic zone during the reproductive season. Both 0+ and older fish were absent from the streambed surface during winter, and fish densities were also lower in the hyporheic zone at this time. However, the vertical distribution of the fish tended to be skewed towards the deeper hyporheic layers from autumn to spring. These findings indicate that C. shikokuensis vertically migrates between the streambed surface and the hyporheic zone for spawning, rearing and overwintering, suggesting that the integrity of vertical hydrological connectivity in lotic systems is crucial for certain fish species.
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した松山市における都市河川の親水性評価
    目崎 文崇, 三宅 洋, 泉 哲平
    土木学会論文集G(環境) 73 6 II_69 - II_75 2017年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 次世代シーケンス解析による瀬切れ河川の水生昆虫複数種を対象とした流域内交流パターンの網羅的評価
    八重樫 咲子, 泉 昴佑, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    土木学会論文集G(環境) 72 7 III_489 - III_496 2016年12月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 河川水辺の国勢調査を保全に活かす―データがもつ課題と研究例
    末吉 正尚, 赤坂 卓美, 森 照貴, 石山 信雄, 川本 朋慶, 竹川 有哉, 井上 幹生, 三橋 弘宗, 河口 洋一, 鬼倉 徳雄, 三宅 洋, 片野 泉, 中村 太士
    保全生態学研究 21 2 167 - 180 2016年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 八重樫 咲子, 不破 直人, 山崎 久美子, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    土木学会論文集G(環境) 71 7 III_115 - III_121 2015年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    本研究では,愛媛県重信川のエルモンヒラタカゲロウ(Epeorus latifolium)の流域内遺伝子流動を明らかにした.重信川は流域中で貯水ダム,堰・砂防ダム,自然環境下で存在する瀬切れによる河川分断化が発生している河川である.遺伝子流動の解析にはミトコンドリアDNAのCytochrome Oxidase subunit I領域を対象としたDNA多型分析を用いた.その結果,貯水ダム,瀬切れによって分断された集団間では有意な遺伝的分化は認められなかった.一方で堰・砂防ダム分断区間では有意な遺伝的分化が認められた(遺伝距離=0.311-0.841,P<0.001-0.01).これは短距離に多数存在している堰・砂防ダムによってエルモンヒラタカゲロウの移動が阻害された可能性を示す.ただし,堰・砂防ダムで分断された地点間は標高差が大きいことから,地点間の水温差が成長速度の違いを生み,生殖分離が発生していた可能性もある.また,本研究で対象とした貯水ダムは湛水面積0.5km2と比較的規模が小さいため,エルモンヒラタカゲロウの移動阻害が発生しなかったと考えられる.さらに,瀬切れ区間で遺伝的分化が見られなかったことは,重信川で恒常的に自然発生する瀬切れに適応して移動する生活史を地域個体群が有している可能性を示唆している.
  • 山崎 久美子, 不破 直人, 三宅 洋, 渡辺幸三
    第42回環境システム研究論文発表会講演集 159 - 164 2014年10月
  • 山崎 久美子, 三宅 洋, 今田 慎太郎
    第41回環境システム研究論文発表会講演集 329 - 336 2013年10月
  • 今田 慎太郎, 守口 祥平, 三宅 洋, 井上 幹生
    第41回環境システム研究論文発表会講演集 329 - 336 2013年10月
  • R. Kawanishi, M. Inoue, R. Dohi, A. Fujii, Y. Miyake
    AQUATIC SCIENCES 75 3 425 - 431 2013年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    In lotic systems, the hyporheic zone has been suggested as a potential refuge for aquatic organisms during disturbances (hyporheic refuge hypothesis). However, the supporting evidence is unclear, especially regarding the survival of hyporheic refugees and their contribution to the recovery of post-disturbance populations. Moreover, few studies have focused on the importance of the hyporheic refuge for aquatic vertebrates such as fish. In this study, we present evidence that the hyporheic zone acts as a refuge for a small benthic fish (Cobitis shikokuensis) following surface drying in an intermittent river. We examined its survival during and recolonization after dry periods by direct hyporheic sampling and mark-and-recapture surveys. When the streambed dried, hyporheic sampling was conducted 58 times across 33 locations in the intermittent reach and 31 individuals of C. shikokuensis were captured from extracted hyporheic water. Mark-and-recapture surveys revealed that recolonizers after re-wetting included C. shikokuensis individuals that had survived dry periods in the hyporheic refuge. The condition factor of C. shikokuensis significantly declined after dry periods, suggesting that most recolonizers suffered from physiological stress, probably within the hyporheic refuge. These results clearly support the long-debated, hyporheic refuge hypothesis, and provide a striking example of the critical role of the hyporheic zone in population maintenance of lotic organisms.
  • 三宅 洋, 荻原 啓司, 金沢 康史
    土木学会論文集G(環境) 69 2 74 - 83 2013年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    本研究は,土地利用による栄養塩濃度の増加と河畔林消失に伴う光量の増加が河川性底生動物の刈取食者に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした.愛媛県石手川上流域に位置する土地利用密度が異なる2支流の河畔林現存区および消失区にて調査を実施した.この結果,河畔林消失区では,開空度と付着藻類の生産性が上昇し,刈取食者の量および分類群数が増加することが示唆された.一方,土地利用による栄養塩濃度の上昇が刈取食者に及ぼす影響は見られなかった.対象河川では全体的に河川に到達する光量が少なく,付着藻類生産が光量により強く制限されていたことがこの原因と考えられた.複数の人間活動要因に注目してそれらの影響を把握する本研究の手法は,多様化する人間活動が河川生態系に及ぼす影響を理解する上で有効であると考えられた.
  • Mikio Inoue, Sei-ichi Shinotou, Yusuke Maruo, Yo Miyake
    LIMNOLOGY 13 2 207 - 219 2012年08月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    In headwater streams, conifer plantation forestry may affect stream communities through the quantity and quality of basal resources (allochthonous litter). We compared (1) the seasonal patterns of litter input from the riparian canopy, (2) those for the abundance of benthic and drifting litter in streams, and (3) the density of litter-associated invertebrates among streams bordered by deciduous broadleaved forest, a plantation of Japanese cedar (Cryptomeria japonica), and a clear-cut site, to extract the characteristics of conifer-plantation streams in terms of litter dynamics and benthic invertebrates. The results illustrate differences in litter input and in-stream processes between the broadleaved and plantation sites, although the total annual inputs from canopy were similar. In the broadleaved site, high litter storage was limited to winter, probably because pulsed inputs of litter in autumn were retained on the streambed but rapidly processed. In contrast, litter input was more constant at the plantation site, and litter was stored throughout the year. Although the litter-patch-specific density of total invertebrates was similar between the broadleaved and plantation sites, estimates of the reach-scale, habitat-weighted density considering differences in the coverage area of litter patches revealed considerable differences. Although the habitat-weighted density of total invertebrates was lower at the plantation site than at the broadleaved site in winter, it was noticeably higher at the plantation site in summer, owing to the seasonal stability of benthic litter abundance. Our results emphasized the importance of considering the spatiotemporal availability of benthic litter when assessing the effects of conifer plantations on stream ecosystems.
  • Yo Miyake, Tsuyoshi Akiyama
    JOURNAL OF HYDRO-ENVIRONMENT RESEARCH 6 2 137 - 144 2012年05月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Our objective was to evaluate the effects of darn construction on the substrate and stream invertebrate assemblages below dams. Few studies have directly measured both substrate characteristics and stream invertebrate assemblages in stream reaches above and below dams. We measured a range of habitat characteristics and collected samples of stream invertebrates in the reaches above and below a series of water storage dams in three river systems. The invertebrate assemblages in the reaches downstream of the storage darns were significantly different from those in the upstream reaches. The downstream sites were grouped in the domain in which the values for the second axis of the non-metric multidimensional settling (NMS) were high. This difference was associated with changes in the characteristics of the substrate below the dams. Stone embeddedness and the frequency of stone movement were higher in the upstream reaches than in the downstream reaches (two-way ANOVAs). Stone embeddedness and stone movement were also negatively correlated with the NMS axis 2. Our results suggest that the condition of the substrate is an important determinant of the invertebrate assemblages up and downstream of dams. Given this, we believe that it is important to measure substrate characteristics when evaluating the effect of storage dams on stream ecosystems. (C) 2012 International Association for Hydro-environment Engineering and Research, Asia Pacific Division. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 潮見 礼也, 三宅 洋, 上田 竜士, 井上 幹生
    土木学会論文集B1(水工学) 68 4 I_697 - I_702 2012年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    We conducted a field survey in 8 tributaries of the Shigenobu River to elucidate the influence of catchment land use on fish and invertebrate assemblages and feeding habit of fish. Fish and invertebrate assemblages were dominated by high-temperature and pollution tolerant taxa in agricultural streams. Dominant omnivorous fish, <i>Phoxinus oxycephalus jouyi</i>, selectively fed on periphyton in agricultural streams while it utilized various food items in forest streams. We concluded that changes in water temperature and nutrient concentration would generate synchronous changes in community structures of fish and invertebrates and, moreover, fish feeding, along the forest-agricultural gradient.
  • 上田 竜士, 菊地 修吾, 三宅 洋, 杉原 達也, 井上 幹生
    土木学会論文集B1(水工学) 68 4 I_691 - I_696 2012年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The construction of erosion control dams and the alteration of riparian forest are known to have strong influences on the density of salmonid fish that dominate in mountain streams. Our objective was to elucidate the indirect effect of the dam construction and riparian alteration on stream invertebrates through the alteration of salmonid fish (<i>Oncorhynchus masou ishikawae</i>) density. The densities of two dominant invertebrate species, Baetis <i>yoshinensis</i> and Baetis <i>thermicus</i>, were low at study sites with high O. <i>masou</i> density. In conclusion, our study suggested that human activities indirectly affect stream invertebrates via changing fish abundance in mountain streams.
  • Tamihisa Ohta, Yo Miyake, Tsutom Hiura
    FRESHWATER BIOLOGY 56 11 2260 - 2271 2011年11月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    1. The light : nutrient hypothesis (LNH) proposes that herbivore growth rates are maximised at intermediate light-to-nutrient ratios. A reduction to light intensity (i.e. decreased light-to-nutrient ratio) should lead to reduced food availability for herbivores while excessive light intensity in oligotrophic environments (i.e. increased light-to-nutrient ratios) should increase the C : N and C : P ratios of producers. However, this hypothesis has not yet been supported by studies on stream ecosystems. 2. We tested the LNH by experimental application of controlled natural gradients in light intensity to oligotrophic laboratory channels that included periphyton and the freshwater snail Gyraulus chinensis. 3. The results in this oligotrophic environment indicate that light regulated the flow of matter between trophic levels and grazer reproduction by controlling C : P ratios of the producers.
  • 山根 直也, 酒井 亨, 三宅 洋
    土木学会論文集G(環境) 67 6 II_29 - II_36 2011年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    本研究は愛媛県重信川で侵入が確認されている外来性底生動物2種(サカマキガイおよびフロリダマミズヨコエビ)について,近年の分布状況を把握するとともに,流量減少に対する耐性を明らかにすることを目的とした.経年的な流程分布調査により,両種ともに汚濁が進行した重信川本流の中下流部に多く生息することが明らかになった.さらに,フロリダマミズヨコエビは近年分布域を上流側に拡大していることが分かった.流量低下の進行にともない実施した短期的な調査により,フロリダマミズヨコエビは一般的な底生動物と同様に流量低下により個体数が減少することが示された.一方,サカマキガイの相対密度が流量減少に伴って上昇したことから,同種は流量減少に対する耐性が高く,流量減少により侵入が助長される可能性があると考えられた.
  • Ryota Kawanishi, Mikio Inoue, Motohiro Takagi, Yo Miyake, Takaaki Shimizu
    ICHTHYOLOGICAL RESEARCH 58 3 202 - 208 2011年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    We examined habitat factors related to the distribution and abundance of the spinous loach Cobitis shikokuensis, an endangered benthic fish, in the Shigenobu River system, southwestern Japan. In the study river, the spinous loach was distributed widely along the main stem, from headwater to near the mouth, whereas it was rarely found in tributary streams. Classification tree analysis showed that the presence/absence of spinous loach was explained by a combination of percent pebble and length of river fragment between artificial barriers. Spinous loach incidence was high in sites with abundant pebble (> 27.7%), but low in sites with short river fragment (a parts per thousand currency sign0.97 km) even if pebbles were abundant. A regression tree model for loach density retained only percent pebble as a single best predictor, with sites with higher percent pebble (> 40.4%) having higher density. These results suggest that substrate condition is an important factor determining the distribution and abundance of spinous loach and also that habitat fragmentation by artificial barriers has great potential to threaten the spinous loach population in this river. Considering the highly fragmented situation of the study river and prevention of upstream migration by barriers, we conclude that maintenance of suitable habitats in upper reaches has high priority for conservation of the spinous loach.
  • 杉原 達也, 三宅 洋
    応用生態工学 13 2 113 - 122 2011年01月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    本研究では, 河畔林の伐採を含む河畔植生の差異が引き起こす光環境の変異を小さな空間的スケールで把握し, これに対する付着藻類および刈取食者群集の反応を明らかにすることを目的とした. 調査は愛媛県重信川水系の岩屋小屋川で行った. 河畔林の伐採区域を含む約1,200mの河川区間に, 約17mおきに瀬の流心部に調査地点を設定し, 底生動物およびその生息場所環境を調査した. 開空度には, 河畔林の伐採区, 現存区という河川区間スケールよりも, それ以下の小さな空間的スケールで, 河川区間スケールに近い規模の変異が見られた. この変異は, 林相および下層植生の差異によって引き起こされていると考えられた. 刈取食者の生息密度, 生物体量および分類群数は, 開空度の高い場所で大きな値を示した. 開空度の高い場所では藻類の一次生産量が増加し, 多くの刈取食者が生息していたものと考えられた. また, 開空度の高い場所では生息密度の高い分類群が多く, 多くの分類群においてサンプルに出現する確率が高まったため, 分類群数が増加したものと考えられた. 付着藻類量の決定要因は不明瞭であった. 一般に, 河川内の光量が増加すれば付着藻類の一次生産量は増加すると予想されるが, 刈取食者の摂食によって付着藻類の現存量は抑制されていた可能性が示唆された. 本研究により, 山地河川には河川区間以下の空間的スケールにおいても, 刈取食者群集が反応する程度の光環境の変異があることが示された. この結果は, 山地河川のより統合的な生態系保全を考える上で有用な情報を提供するものと思われる.
  • Impacts of water storage dams on substrate condition and stream invertebrate assemblages
    三宅 洋
    Proceedings of the 8th International Symposium on Ecohydraulics 2010 1835 - 1842 2010年09月 [査読有り]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響
    中野 裕, 藤井 信慈, 井上 幹生, 三宅 洋
    環境システム研究論文集 37 29 - 38 2009年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    渇水に伴う河川流量の減少は,生息場所の減少や生息場所環境の改変を介して全ての栄養段階に属する河川生物に強い影響を及ぼす事が示唆されている.本研究では,渇水時に孤立する淵と,恒常的に表流水が存続する淵との間で河川生物群集の時間的な変化を比較し,瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした.また,魚類の食性分析を行うことにより,瀬切れが捕食-被食関係に及ぼす影響を把握することも目的とした.本研究により,孤立した淵では,恒常的に表流水が見られる淵とは異なる河川生物群集が成立することが明らかになった.孤立化の影響は高次消費者である魚類において最も顕著であり,生息密度や生物体量のみならず食性にも変化が起こることが明らかになった.
  • 三宅 洋, 中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二
    工学ジャーナル 8 77 - 83 2009年03月
  • 中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会環境システム研究論文集 36 445 - 455 2008年10月 研究論文(学術雑誌) 
    瀬切れ河川では, 流量変動は河川生態系の特性を決定する重要な要因であると考えられている.本研究は, 洪水による瀬切れ解消前後に河川性魚類および底生動物とそれらの生息場所環境に関する調査を行い, 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動の特徴を明らかにすることを目的とした.瀬切れ区間では洪水に伴う表流水の回復後に魚類および底生動物の移入とこれに伴う個体数の増加が確認された.このうち魚類に関しては, 下流の恒常的に存在する区間から移入したものと考えられた.しかし, 流量減少に伴う表流水の消失により, 最終的に魚類および底生動物は死滅した.本研究により, 瀬切れ河川に生息する河川動物群集は流量変動に伴って大きく変動することが明らかになった.
  • Hitoshi Miyasaka, Motomi Genkai-Kato, Yo Miyake, Daisuke Kishi, Izumi Katano, Hideyuki Doi, Shin-ya Ohba, Naotoshi Kuhara
    LIMNOLOGY 9 1 75 - 80 2008年04月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Relationships between weight (W; dry weight) and length (L; head capsule width, total body length (L; head carapace length) were examined in 31 Japanese freshwater macroinvertebrate taxa, using the form W = aL(b). The relationships were expressed as data of the lowest taxonomic level and data of higher taxonomic levels. The length-weight relationships obtained in this study were similar to those obtained in North America and Europe at the lowest taxonomic level, whereas they could be different from those obtained in North America and Europe at the higher taxonomic levels. We suggest that researchers should make their own regressions for a target taxon or use the regression for the same taxon as possible lower taxonomic level in the local area.
  • 土肥 唱吾, 三谷 哲史, 峰松 勇二, 木村 沙織, 井上 幹生, 三宅 洋
    工学ジャーナル 7 133 - 145 2008年03月
  • 大塚 泰介, 中村 優介, 中野 伸一, 三宅 洋
    Diatom : the Japanese journal of diatomology 23 29 - 48 日本珪藻学会 2007年12月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Diatoms from Ishite Stream near the Komenono Forest Research Center of Ehime University in Matsuyama, Ehime Prefecture, Japan, were studied. Samples were collected from the surface of pebbles and a cobble on 14 November 2003 and 22 November 2005. Based on light microscopy of cleaned diatom frustules, we identified a total of 99 diatom taxa belonging to 39 genera. A checklist including nine unidentified taxa is provided herein, along with light micrographs. Achnanthes minutissima var. robusta Hust. is raised to species level with its transfer to the genus Achnanthidium, i. e., as Achnanthidium robustum (Hust. ) Ohtsuka comb. nov. et stat. nov. Synedra ramesi Hérib. is transferred to a morphologically more suitable genus, as Ulnaria ramesi (Hérib. ) Ohtsuka comb. nov. Many taxa that have never or rarely been reported from Japanese rivers are noted here. A review of light micrographs in past literature, however, reveals that most of these taxa have in fact been known to occur in Japanese rivers, but have been either unidentified or identified as other taxa heretofore.
  • 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    環境システム研究論文集 34 57 - 66 2006年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    瀬切れによる河川の連続性の遮断は, 河川生物の流程に沿った移動を阻害し, それらの群集構造を改変すると予想される. そこで本研究は, 人為的な要因により発生している瀬切れ区間の上流-下流間で, 河川生物群集の比較を行い, 瀬切れが河川生物の空間的分布に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした. この結果, 瀬切れが魚類の分布に及ぼす影響は明瞭ではなかった. 一方, 底生動物の分類群の一部は瀬切れによる影響を受けている可能性があることが示唆された. しかし, 底生動物に関しては, 瀬切れの発生に関わらず, 生息場所環境が群集構造を決定している可能性が考えられた.
  • 峰松 勇二, 土肥 唱吾, 三宅 洋
    環境システム研究論文集 34 57 - 66 2006年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    渇水にともなう瀬切れの発生は河川の連続性を遮断し, 河川生態系に影響を及ぼすことが危惧されている. 本研究では, 人間の影響で瀬切れが拡大・長期化している愛媛県重信川で, 河川環境および河川性底生動物の流程に沿った変化を調査し, 瀬切れが底生動物に及ぼす影響を解明することを目的とした. その結果, 瀬切れは水質には影響を及ぼしたが, 底生動物に及ぼす影響は明瞭には見られなかった. また, 下流域の人間による土地利用が河川の水質を改変し, 底生動物の流程に沿った変化に強い影響を及ぼすことが示された.
  • 渡邊 智紀, 細田 大三郎, 三宅 洋
    工学ジャーナル 5 163 - 172 2006年03月 
    We conducted a field survey in Hida River basin in Gifu prefecture on September, 2004, to reveal the impacts of storage dams on stream invertebrate assemblage and the mediation of the impacts by the confluence of tributaries. Study sites were established in upstream and downstream reaches of 4 storage dams, in 4 tributaries that confluent downstream of each dam, and in downstream of each confluence. The water depth and the value of the DCA axis 1, which indicates community structure of stream invertebrates, were lower, and the standing crop of particulate organic matter was higher in the downstream of the dams. However, these values in the downstream of confluence were similar to those in upstream of dams and in tributaries, implying that the impacts of storage dams were mitigated by the confluence of tributaries. We suggest that the confluence of tributary in downstream of dam mitigates the changes in the flow regime and the deposition of the organic matter caused by storage dams.
  • 金澤 康史, 三宅 洋
    応用生態工学 9 2 141 - 150 2006年 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    本研究では護岸建設により出現する人工的なコンクリート基質と, 自然基質である礫および岩盤との間で, 生息場所環境および河川性底生動物の群集構造を比較し, コンクリート基質の物理的な生息場所特性とそこに成立する底生動物群集の特徴を明らかにすることを目的とした.<br>物理的環境の比較により, 基質の表面流速は礫で最も小さいことが示された. 礫河床は粗度が高く, 流水に対する抵抗が大きくなるため, 粗度が低いコンクリート基質および岩盤よりも流速が小さくなったものと考えられた.<br>底生動物の生息密度はコンクリート基質で最も高く, 多様性の一要素である均等度は礫で最も高かった. また, 非計量的多次元尺度法 (NMS) の結果から, コンクリート基質上ではフタバコカゲロウが優占していることが明らかになった. コンクリート基質上に特徴的な底生動物群集が成立したのは表面形状の単純化とフタバコカゲロウの増加が原因だと考えられた.<br>表面流速の増加に伴い, 底生動物の生息密度は増加し, 分類群数および均等度は減少した. また, 流速の大きい生息場所では, フタバコカゲロウと強い正の相関関係の見られるNMS軸2の値も高かった. よって, コンクリート基質上の流速の増加が, 他の自然基質とは異なる底生動物群集が見られる原因だと考えられた.<br>本研究により, コンクリート基質上では自然基質とは異なる底生動物群集が成立していることが示された. この原因としては, コンクリート護岸の建設による生息場所環境とその複雑性の改変が考えられた. 本研究の結果は, 護岸などの河川構造物は人間生活の安全性・利便性を高める上で必要なものである反面, 河川生物群集に影響を及ぼしているという一例を示しているものと思われる. 今後は, 基質特性が底生動物群集に影響を及ぼすメカニズムを解明する必要があると考えられる.
  • 三宅 洋
    Proceedings of the Second Japan-Korea Joint Symposium on Limnology 37 - 43 2005年09月 [査読有り]
     研究論文(国際会議プロシーディングス) 
    We examined food selectivity on microalgae by aquatic insects in Hiji Steram, Ehime, whose main water source is a eutrophic reservoir, from July to August 2004. Abundance and composition of planktonic and epilithic algae, those of aquatic insects and their gut content were determined, followed by estimation of food selectivity using Chesson's alpha index. One of the dominant species in aquatic insects was the filter feeder <I> Cheumatopsyche </I> spp. (Hydropsychidae) during the study period. For phytoplankton, <I> Coelastrum </I> (Chlorophyceae) and <I> Microcystis </I> spp. (Cyanophyceae) were dominant throughout the study period and in August, respectively. Food selectivity of the insect on <I> Coelastrum </I> was negative, suggesting inedibility of <I> Coelastrum </I> for the insect. Positive food selectivity was detected for <I> Microcystis </I> in July, but, in August, the insect showed negative selectivity on <I> Microcystis </I>. In August, there were positive food selectivities on <I> Pediastrum </I> (Chlorophyceae) and <I> Synedra </I> (Bacillariophyceae), both of which were less dominant at the upper station. Thus, <I> Microcystis </I> is edible but not preferable prey for the insect. These results suggest that <I> Cheumatopsyche </I> spp. graze on <I> Microcystis </I> when there is no other edible prey available, and that the insect show selective grazing on some eukaryotic microalgae such as <I> Pediastrum </I> and <I> Synedra </I>.
  • 森 照貴, 三宅 洋, 柴田 叡弌
    日本生態学会誌 55 2 377 - 386 2005年08月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    岐阜県北部を流れる2つの小規模河川において、河畔林が現存する河川区間(現存区)と河畔林が伐採された河川区間(伐採区)との間で環境特性および底生動物の群集構造を比較した。相対光量子束密度および底生動物の生息密度は現存区よりも伐採区で高かった。刈取食者および捕食者に属する底生動物の生息密度は現存区より伐採区で高かった。光量の増加に伴う付着藻類の一次生産量の増加が、底生動物(特に刈取食者)の増加を引き起こしたものと考えられた。付着藻類量は伐採区よりも現存区で多かった。刈取食者の生息密度が増加するに伴い摂食圧が増大したために、付着藻類の現存量が減少したものと考えられた。河畔林の部分的な伐採により底生動物の群集構造が変化していた。伐採による群集構造の変化は、コカゲロウ属の生息密度の変化と強い関係があるものと考えられた。河畔林の部分的な伐採は、光環境の改変を介して、高次の栄養段階に属する底生動物の群集構造に影響を及ぼすことが明らかになった。
  • Y Miyake, T Hiura, S Nakano
    ARCHIV FUR HYDROBIOLOGIE 162 4 465 - 480 2005年04月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    We conducted a field experiment to reveal the effects of frequent streambed disturbance on the diversity of stream invertebrates in a local habitat patch in a Japanese stream. We used wire mesh baskets as experimental substrata and manipulated five levels of disturbance frequency (every 2, 4, 8, 16 or 32 days) in order to describe the pattern of the diversity of the stream invertebrates under different disturbance frequency and to explore possible factors generating the pattern. The total abundance and taxon richness recovered during 8-day and 2-day periods between each experimental disturbance, respectively, indicating that the stream invertebrates were highly resilient to disturbance due to their high mobility. The evenness of the invertebrate community was high in streambed patches with frequent disturbance. Patterns of the absolute abundance among the different disturbance frequency treatments differed substantially among nine common taxa. The absolute abundance of the most common taxon, Chironominae, was low in streambed patches where the disturbance frequency was high and intermediate, suggesting their low colonizing ability owing to their low mobility, compared with other common taxa. These results suggested that the diversity, in terms of evenness, of stream invertebrates in a local habitat patch is maintained by frequent streambed disturbance when the most common taxon has low colonizing ability. Our study demonstrated that differences in colonizing ability, caused by different mobilities, among community members may have a prominent importance when investigating the relationships between disturbance frequency and the diversity of organisms that have high mobility and actively colonize an opened patch.
  • Y Miyake, T Hiura, N Kuhara, S Nakano
    ECOLOGICAL RESEARCH 18 5 493 - 501 2003年09月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    A field experiment was conducted using ceramic plates as experimental substrates to describe the colonizing pattern of a stream invertebrate community after disturbance, and to ascertain the importance of colonizing ability for succession in a Japanese stream. We employed the simultaneous removal design in which plates were periodically set in place (1, 2, 4, 8, 16 and 32 days before sampling) and all plates were sampled on the last day of the experiment, to diminish the influence of seasonal change in stream invertebrates. Total abundance and taxon richness reached a plateau after 4-16 days of colonization. In contrast, the relative abundance of six common taxa and community structure changed throughout the 32 days of colonization. Differences in the colonizing ability of the stream invertebrates were evident. Taxa with high mobility, such as the mayflies Baetis thermicus, Paraleptophlebia japonica, Cinygmula sp. and Drunella sachalinensis, colonized faster than those with low mobility ( e. g. the caddisfly species Brachycentrus americanus and the chironomid midge Diamesinae spp.). The abundance of the most common taxon, Baetis, decreased at late stages of colonization, possibly because of low periphyton biomass. Consequently, we concluded that a difference in colonization ability among taxa is an important factor causing succession in stream invertebrate communities in local habitats.
  • 野崎 健太郎, 三橋 弘宗, 岸 大弼, 三宅 洋, 河口 洋一, 谷口 義則
    知床博物館研究報告 5 31 - 36 2002年03月
  • Y Miyake, S Nakano
    FRESHWATER BIOLOGY 47 2 219 - 230 2002年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    1. The effects of substratum stability on the diversity of stream invertebrates were assessed at two spatial scales in a Japanese stream during baseflow, from May to June 1998. Deposition and erosion were examined separately as distinct elements of substratum stability by a newly developed method using small steel pins. Stream invertebrates were sampled after 28 days of measurement of substratum stability. We also measured physical environmental variables, current velocity and depth, and food resource parameters including periphyton and particulate organic matter (POM) standing crops. 2. At the scale of the habitat patch, the effects of substratum stability on invertebrates were overwhelmed by those of POM standing crop. Moreover, higher taxon richness at high abundance may simply result from a higher likelihood of more taxa being included in samples. Therefore, this small scale revealed no role for substratum stability in explaining spatial pattern of community diversity. 3. At the reach scale (n = 10), taxon richness and evenness peaked at an intermediate level of deposition, whereas invertebrate abundance did not show any significant relationship. This result, and the pattern of relative abundance of common taxa, implies that the diversity of stream invertebrates was determined by subtle substratum movements and by the habitat preference of each taxon. 4. The difference in the determinant of community parameters between the habitat patch and the reach affirm the importance of a cross-scale analysis to choose an appropriate spatial scale for investigating the community structure of stream invertebrates. Prominent effects of substratum stability, particularly the deposition of substratum particles, during baseflow suggest that subtle and constant movement of small substratum particles can contribute to determine the diversity of stream invertebrates.
  • H Shibata, H Mitsuhashi, Y Miyake, S Nakano
    HYDROLOGICAL PROCESSES 15 10 1817 - 1828 2001年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    When evaluating forest functions and their responses to climate change, it is important to clarify carbon dynamics in forested basins. Carbon fluxes in litter fall, throughfall, soil solution, groundwater and stream water were determined from November 1997 to October 1998 for a forest stream ecosystem in a cool-temperate forested basin in the Tomakomai Experimental Forest, Hokkaido University, northern Japan. The annual carbon input to the stream by litter fall was 0(.)23 gC m(-2) year(-1), with the greatest flux in the autumn. Owing to biological decomposition of litter in the stream, the carbon concentration in stream particulate organic matter (>0(.)45 mum) decreased as particle size decreased. The upstream carbon flux was 1(.)9 gC m(-1) year(-1), and the annual carbon output in stream water was 7(.)6 gC m(-2) year(-1), mainly as dissolved inorganic carbon (DIC), resulting in net carbon output in stream water of 5(.)7 gC m(-2) year(-1). The mean dissolved organic carbon (DOC) concentration in soil solution was higher than that in throughfall and stream water. The estimated annual carbon flux from soil in deep (about 1(.)5 m) soil solution was 4(.)4 gC m(-1) year(-1). About 40% of DOC in soil solution was decomposed and converted to DIC in groundwater. These results indicate that carbon dynamics in the forest stream were affected strongly by decomposition of organic matter in the soil-groundwater-stream continuum and by the hydraulic conditions, which are characterized by a large pool of groundwater and high soil permeability. Copyright (C) 2001 John Wiley & Sons, Ltd.
  • Y Taniguchi, Y Miyake, T Saito, H Urabe, S Nakano
    ICHTHYOLOGICAL RESEARCH 47 2 149 - 156 2000年05月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Spawning redd superimposition of introduced spring-spawning rainbow trout, Oncorhynchus mykiss, on native, fall-spawning Dolly Varden, Salvelinus malma, and white-spotted charr, S. leucomaenis, were examined in a small stream in Hokkaido, Japan. The stream reaches in which Dolly Varden and white-spotted charr redds were observed in fall 1997 greatly overlapped with the reaches in which rainbow trout redds were recorded in spring 1998. Spawning microhabitats were also similar between trout and the two charr species. Thirteen and 3% of Dolly Varden and white-spotted charr redds, respectively, were superimposed by rainbow trout redds. The eggs or alevins in the disturbed charr redds were potentially damaged because charrs were not likely to have emerged from the redds before the superimposition occurred. In sufficiently great abundance, introduced rainbow trout may negatively impact native charr populations by dislodging the latter's spawning redds.
  • 谷口 義則, 岸 大弼, 三宅 洋, 河口 洋一, 岩田 智也, 三橋 弘宗, 野崎 健太郎, 村上 正志, 西川 絢子, 加藤 千佳, 中野 繁
    知床博物館知床博物館研究報告 21 43 - 50 2000年03月
  • 浪花 彰彦, 田中 夕美子, 中野 繁, 三宅 洋, 本守 香陽子, 柴田 英昭, 藤戸 永志, 三橋 弘宗
    北方森林保全技術 17 36 - 40 1999年10月

書籍

  • 河川生態系の調査・分析方法
    三宅 洋, 永山 滋也 (担当:分担執筆, 範囲:2.2攪乱を表す)
    講談社 2019年09月 ISBN: 9784065169995 437 122-141
  • 河道内氾濫原の保全と再生
    三宅 洋, 根岸 淳二郎 (担当:分担執筆, 範囲:4.1諸外国における事例)
    技報堂出版 2019年09月 ISBN: 9784765534758 193 113-128
  • 学部共通実験
    三宅 洋, 坪田 隆宏 (担当:分担執筆, 範囲:実験2 浮体による河川流速の計測)
    学術図書出版社 2019年07月 ISBN: 9784780607666 41 pp. 15-17 
    愛媛大学工学部学部共通実験担当グループ 編
  • 河川生態学
    三宅 洋 (担当:分担執筆, 範囲:第4-1節 流量変動・攪乱の重要性)
    講談社 2013年01月 ISBN: 9784061552326 354 169-191
  • 愛媛県東予地方川虫ハンドブック
    三宅 洋 (担当:監修)
    西条自然学校 2011年03月
  • 森林の科学 -森林生態系科学入門-
    三宅 洋 (担当:分担執筆, 範囲:森林河川に生息する水生昆虫)
    朝倉書店 2005年09月 ISBN: 9784254470383 218 108-109
  • 「川と森の生態学」中野繁論文集
    三宅 洋 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 北海道の河川におけるイワナ属2種の分布 -多重スケールにわたる複合要因を考慮した解析-)
    北海道大学図書刊行会 2003年01月 ISBN: 9784832980211 380 23-47

講演・口頭発表等

  • Land use impact on water quality and stream invertebrates in Indonesia
    Satrio Budi Prakoso, Yo Miyake, Wataru Ueda, Hatma Suryatmojo
    The 2020 web meeting of the Ecology and Civil Engineering Society 2020年12月
  • 河川性底生動物量はウナギ生息量の制限要因か?  [通常講演]
    熊谷 悠志, 上田 航, 三宅 洋, 井上 幹生
    応用生態工学会2020年度Web研究発表会 2020年12月 口頭発表(一般)
  • 平地河川における出水攪乱が底生動物の群集動態に及ぼす影響  [通常講演]
    上田 航, 福﨑 健太, 三宅 洋
    応用生態工学会2020年度Web研究発表会 2020年12月 口頭発表(一般)
  • 河川性底生動物量がウナギ生息量に及ぼす影響  [通常講演]
    熊谷 悠志, 上田 航, 井上 幹生, 三宅 洋
    第48回環境システム研究論文発表会 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 河川性底生動物量がウナギ生息量に及ぼす影響  [通常講演]
    熊谷 悠志, 上田 航, 三宅 洋, 井上 幹生
    土木学会四国支部第26回技術研究発表会 2020年05月 その他
  • 上田 航, 福﨑 健太, 三宅 洋
    土木学会四国支部第26回技術研究発表会 2020年05月 その他
  • 平地河川における出水攪乱に対する底生動物群集の反応  [通常講演]
    福﨑 健太, 目崎 文崇, 三宅 洋
    第47回環境システム研究発表会 2019年10月 口頭発表(一般) 東京都北区(東洋大学赤羽台キャンパス)
  • Effect of sewerage development on the water quality and invertebrate assemblages in the Shigenobu River  [通常講演]
    Satorio Budi Prakoso, Yo Miyake
    The 23th meeting of the Ecology and Civil Engineering Society 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 都市河川において河岸植生が底生動物の出水攪乱への反応に及ぼす影響  [通常講演]
    福﨑 健太, 上田 航, 三宅 洋
    応用生態工学会第23回広島大会 2019年09月 ポスター発表
  • 河床安定性の定性的評価による出水攪乱が平地河川の底生動物に及ぼす影響の解明  [通常講演]
    上田 航, 福﨑 健太, 三宅 洋
    応用生態工学会第23回広島大会 2019年09月 ポスター発表
  • 間欠流区間における底生動物・魚類の群集動態:水制の保全機能の検討  [通常講演]
    角田 康佑, 三宅 洋, 井上 幹生
    応用生態工学会第23回広島大会 2019年09月 ポスター発表
  • 子供を河川に誘引する底生生物相の把握  [通常講演]
    小笠原 りさ, 目崎 文崇, 三宅 洋
    応用生態工学会第23回広島大会 2019年09月 ポスター発表
  • 市民参加による「全国水生生物調査」データの川づくりへの利用可能性・活用方法の検討  [通常講演]
    三宅 洋
    令和元年度河川基金研究成果発表会 2019年08月 ポスター発表 東京 公益財団法人 河川財団
  • Global patterns of organic-matter decomposition in riverine ecosystems demonstrated through peer sourcing  [通常講演]
    Tiegs, S.D, D. Costello, M. Isken, G. Woodward, P.B, McIntyre, E. Chauvet, A. Flecker, M.O. Gessner, N. Griffiths, the CELLDEX Consortium
    The 11th Symposium for European Freshwater Science 2019年07月 口頭発表(一般)
  • Effect of sewage development on the water quality and invertebrate assemblages in the Shigenobu River  [通常講演]
    Satrio Budi Prakoso, Yo Miyake
    The 25th Annual Meeting of the Shikoku branch of Japan Society of Civil Engineers 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 重信川本川および周辺水域における出水攪乱に対する底生動物の反応  [通常講演]
    角田 康佑, 大畑 沙紀, 三宅 洋
    土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 河床安定性の定性的評価による出水攪乱が平地河川の底生動物に及ぼす影響の解明  [通常講演]
    上田 航, 福﨑 健太, 三宅 洋
    土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019年06月
  • 平成30年7月豪雨に伴う大規模出水に対する河川性底生動物群集の反応  [通常講演]
    福﨑 健太, 牧野 洸和, 三宅 洋
    土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • 子供を河川に誘引する生物相の把握  [通常講演]
    小笠原 りさ, 目崎 文崇, 三宅 洋
    土木学会四国支部第25回技術研究発表会 2019年06月 口頭発表(一般)
  • A global study of nutrient controls on organic-matter processing  [通常講演]
    Costello, D, Mathie, D, S.D. Tiegs, the CELLDEX consortium
    Annual Meeting of the Society for Freshwater Science 2019年05月 口頭発表(一般)
  • Responses of stream invertebrate and fish assemblages to an extreme flood event in a Japanese river  [通常講演]
    Kosuke Sumida, Yo Miyake, Yuya Watanabe, Mikio Inoue
    Society for Freshwaer Science 2019 Annual Meeting 2019年05月 口頭発表(一般)
  • 子供を河川に誘引する生物相の把握  [通常講演]
    目崎 文崇, 三宅 洋
    応用生態工学会第22回研究発表会 2018年09月 ポスター発表
  • 重信川で発生した記録的出水による魚類・底生動物群集の変動  [通常講演]
    角田 康祐, 三宅 洋, 渡辺 裕也, 井上 幹生
    応用生態工学会第22回研究発表会 2018年09月 ポスター発表
  • 出水攪乱による平地河川の底生動物群集の変動  [通常講演]
    福﨑 健太, 三宅 洋, 目崎 文崇
    応用生態工学会第22回研究発表会 2018年09月 ポスター発表
  • 日本国内河川の流量・攪乱レジーム特性  [招待講演]
    三宅 洋
    水源地生態研究会・山地河道勉強会 2018年08月 その他
  • Dolly Varden jaw morphology diverges in sympatry with whitespotted charr versus allopatry in two Hokkaido catchments  [通常講演]
    Shigeru Nakano, Itsuro Koizumi, Kurt D. Fausch, Yoshinori Taniguchi, Satoshi Kitano, Yo Miyake
    9th International Charr Symposium 2018年06月 口頭発表(一般)
  • Global patterns and controls of organic-matter decomposition in streams and riparian zones revealed through crowdsourcing  [通常講演]
    Scott Tiegs, David Costello, Mark Isken, Guy Woodward, Peter B. McIntyre, Eric Chauvet, Alexander Flecker, Mark Gessner, Natalie Griffiths, The CELLDEX Consortium
    Society for Freshwater Science 2018 Annual Meeting 2018年05月 口頭発表(一般)
  • 重信川で発生した記録的出水による魚類・底生動物群集の変動  [通常講演]
    角田 康祐, 三宅 洋, 渡辺 裕也, 井上 幹生
    土木学会四国支部第24回技術研究発表会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • 出水攪乱による平地河川の底生動物群集の変動  [通常講演]
    福﨑 健太, 三宅 洋, 目﨑 文崇
    土木学会四国支部第24回技術研究発表会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • 市民参加型調査により得られた河川生物データの有用性の評価  [通常講演]
    目崎 文崇, 松田 桃子, 三宅 洋
    土木学会四国支部第24回技術研究発表会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • シンポジウム「河川景観ネットワークの時空間変化 -湧水と氾濫原の変化が生物群集に与える影響に注目して-」コメンテーター  [通常講演]
    三宅 洋
    第65回日本生態学会大会 2018年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した松山市における都市河川の親水性評価  [通常講演]
    目崎 文崇, 三宅 洋, 泉 哲平
    第45回環境システム研究発表会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した 都市河川の親水性評価  [通常講演]
    三宅 洋, 目崎 文崇, 泉 哲平
    ELR2017 2017年09月 ポスター発表
  • 国内河川における攪乱レジームが底生動物の多様性に及ぼす影響  [通常講演]
    渡辺 裕也, 吉村 研人, 赤坂 卓美, 森 照貴, 三宅 洋
    ELR2017 2017年09月 ポスター発表
  • 研究集会「ダムによる流況の変化と分断化:生態系の再生を目指して」コメンテーター  [通常講演]
    三宅 洋
    ELR2017 2017年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • パネルディスカッション「水と大地が織りなす豊かな里山をどう守り、どう活用するか」コーディネーター  [招待講演]
    三宅 洋
    第31回全国水環境保全市町村連絡協議会全国大会「名水サミットin西予」 2017年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 愛媛県立歴史文化博物館(西予市) 全国水環境保全市町村連絡協議会・西予市
  • 研究内容の紹介  [通常講演]
    三宅 洋
    第1回田園ロマンの里づくり推進委員会 2017年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Merging ecosystemand food-web understanding of the consequences of terrestrial subsidies in a forested stream  [通常講演]
    Amy Marcarelli, Colden Baxter, Joseph Benjamin, Yo Miyake, Kurt D. Fausch, Masashi Murakami, Shigeru Nakano
    Society for Freshwater Science 2017 Annual Meeting 2017年06月 口頭発表(一般)
  • Global-scale patterns and drivers of organic-matter decomposition in streams and riparian zones  [通常講演]
    Scott Tiegs, David Costello, David Szlag, Diana Ethaiya, Mark Isken, Consortium CELLDEX
    Society for Freshwater Science 2017 Annual Meeting 2017年06月 口頭発表(一般)
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した都市河川の親水性評価  [通常講演]
    目崎 文崇, 三宅 洋, 泉 哲平
    土木学会四国支部第23回技術研究発表会 2017年05月 口頭発表(一般) 愛媛大学 土木学会四国支部
  • 河川周辺の土地被覆が底生動物に及ぼす影響の解明  [通常講演]
    泉 哲平, 筒井 大貴, 三宅 洋
    土木学会四国支部第23回技術研究発表会 2017年05月 口頭発表(一般) 愛媛大学 土木学会四国支部
  • ダム建設による国内河川の流量レジームの改変  [通常講演]
    渡辺 裕也, 椋田 勇希, 赤坂 卓美, 森 照貴, 三宅 洋
    土木学会四国支部第23回技術研究発表会 2017年05月 口頭発表(一般) 愛媛大学 土木学会四国支部
  • Spatio-temporal change of eel habitat distribution in Japan -The linkages between forests, rivers,SATOYAMA and sea-  [通常講演]
    Satoshi Kameyama, Yoichi Kawaguchi, Mikio Inoue, Yo Miyake, Seiichi Nohara
    第64回日本生態学会大会 2017年03月 口頭発表(一般) 早稲田大学 日本生態学会
  • 日本の河川に生息する魚類の分布と攪乱レジームとの関係性  [通常講演]
    川西 亮太, 吉村 研人, 渡辺 裕也, 三宅 洋, 井上 幹生, 赤坂 卓美
    第64回日本生態学会大会 2017年03月 ポスター発表 早稲田大学 日本生態学会
  • LOVE RIVER -これからの重信川-  [通常講演]
    三宅 洋
    第20回重信川フォーラム 2017年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 日本国内河川の流量・攪乱レジームと底生動物の反応  [通常講演]
    三宅 洋, 吉村 研人, 渡辺 裕也, 森 照貴, 赤坂 卓美
    日本陸水学会第81回大会 2016年11月 口頭発表(一般)
  • 日本の河川における国外外来魚の分布と攪乱レジームとの関係性  [通常講演]
    川西 亮太, 吉村 研人, 渡辺 裕也, 三宅 洋, 井上 幹生, 赤坂 卓美
    第49会日本魚類学会年会 2016年09月 ポスター発表 岐阜大学 日本魚類学会
  • Eel river restoration project in Japan: the linkages between forests, rivers, SATOYAMA and sea  [通常講演]
    Satoshi Kameyama, Yoichi Kawaguchi, Mikio Inoue, Yo Miyake, Seiichi Nohara
    International Conference2016: Toward the Best Practice of River Restoration and Maintenance 2016年09月 ポスター発表
  • 国内河川における攪乱レジームと底生動物相の関係  [通常講演]
    渡辺 裕也, 吉村 研人, 赤坂 卓美, 森 照貴, 三宅 洋
    応用生態工学会第20回大会 2016年09月 ポスター発表
  • 重信川水系における攪乱レジームと河川動物群集の関係  [通常講演]
    泉 哲平, 吉村 研人, 井上 幹生, 三宅 洋
    応用生態工学会第20回大会 2016年09月 ポスター発表
  • 重信川水系における攪乱レジームと河川動物群集の関係  [通常講演]
    泉 哲平, 吉村 研人, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第22回技術研究発表会 2016年05月 口頭発表(一般)
  • 国内河川における攪乱レジームと底生動物相の関係  [通常講演]
    渡辺 裕也, 吉村 研人, 赤坂 卓美, 森 照貴, 三宅 洋
    土木学会四国支部第22回技術研究発表会 2016年05月 口頭発表(一般)
  • 河川性底生動物の干上がり避難場所の解明  [通常講演]
    森本 彩夏, 吉村 研人, 三宅 洋
    土木学会四国支部第22回技術研究発表会 2016年05月 口頭発表(一般)
  • Flow regime and invertebrate community response across Japanese rivers  [通常講演]
    Yo Miyake, Kento Yoshimura, Yuya Watanabe, Terutaka Mori, Takumi Akasaka
    Scoiety for Freshwater Science 2016 Annual Meeting 2016年05月 口頭発表(一般)
  • 日本の河川における魚類群集と攪乱レジームとの関係性  [通常講演]
    川西 亮太, 吉村 研人, 渡辺 裕也, 三宅 洋, 井上 幹生, 赤坂 卓美
    第63回日本生態学会大会 2016年03月 ポスター発表
  • 瀬切れ河川における水生昆虫の遺伝的多様性  [通常講演]
    八重樫 咲子, 戸髙 涼太郎, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    第50回日本水環境学会年会 2016年03月 ポスター発表
  • ダムおよび瀬切れによる河川分断化がエルモンヒラタカゲロウの地域間交流に及ぼす影響の遺伝的評価  [通常講演]
    八重樫 咲子, 不破 直人, 山崎 久美子, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    第52回環境工学研究フォーラム 2015年11月 口頭発表(一般)
  • 長期流量データ解析による国内河川の攪乱レジームの評価  [通常講演]
    三宅 洋
    第18回河川生態学術研究発表会 2015年11月 口頭発表(一般)
  • 次世代シークエンシングとDNA種分類法を用いた河川底生動物群集の種多様性評価  [通常講演]
    泉昂佑, Maribet Gamboa, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    応用生態工学会第19回大会 2015年09月 ポスター発表
  • 長期流量データ解析による国内河川の攪乱レジームの評価  [通常講演]
    吉村 研人, 赤坂 卓美, 三宅 洋
    応用生態工学会第19回大会 2015年09月 ポスター発表
  • 不安定な環境に生きる-河川生物と攪乱-  [通常講演]
    三宅 洋
    平成27年度今西生物部夏講座「地域の自然と環境を考える」 2015年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 攪乱レジームに基づく国内河川の分類  [通常講演]
    吉村 研人, 岡田 裕成, 赤坂 卓美, 三宅 洋
    土木学会四国支部第21回技術研究発表会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • 次世代DNAシークエンシングとDNA種分類法を用いた河川底生動物群集の種多様性評価  [通常講演]
    泉 昂佑, Maribet Gamboa, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    土木学会四国支部第21回技術研究発表会 2015年05月 口頭発表(一般)
  • 日本全国の河川を対象とした流況-樹林化関係の解析  [通常講演]
    三宅 洋, 吉村 研人, 岡田 裕成, 赤坂 卓美
    第62回日本生態学会大会 2015年03月 口頭発表(一般)
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響評価  [通常講演]
    山崎 久美子, 不破 直人, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    第42回環境システム研究論文発表会 2014年10月 口頭発表(一般)
  • 河川生態系における攪乱研究の現状と課題  [通常講演]
    三宅 洋
    応用生態工学会第18回大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響評価  [通常講演]
    山崎 久美子, 不破 直人, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    応用生態工学会第18回大会 2014年09月 ポスター発表
  • 大規模流量データ解析による河川攪乱レジーム特性の広域的把握  [通常講演]
    吉村 研人, 三宅 洋, 中西 哲
    応用生態工学会第18回大会 2014年09月 ポスター発表
  • 河道内氾濫原の保全・再生 -諸外国における事例-  [通常講演]
    三宅 洋
    応用生態工学会第18回大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • DNA-based assessment of species richness of stream macroinvertebrate community using next generation sequencing  [通常講演]
    三宅 洋
    The 2nd Symposium of Benthological Society of Asia 2014年06月 口頭発表(一般)
  • 大規模流量データ解析による河川攪乱レジーム特性の広域的把握  [通常講演]
    吉村 研人, 三宅 洋, 中西 哲, 今田 慎太郎
    土木学会四国支部第20回技術研究発表会 2014年05月 口頭発表(一般)
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響の評価  [通常講演]
    山崎 久美子, 不破 直人, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    土木学会四国支部第20回技術研究発表会 2014年05月 口頭発表(一般)
  • 次世代DNAシークエンシングを用いた河川底生動物群集の種多様性評価技術の開発  [通常講演]
    泉 昂佑, Maribet Gamboa, 三宅 洋, 渡辺 幸三
    土木学会四国支部第20回技術研究発表会 2014年05月 口頭発表(一般)
  • Channel incision mediates the effect of flood disturbance on fish and invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    Joint Aquatic Science Meeting 2014 2014年05月 口頭発表(一般)
  • なぜ生物多様性か? -保全理由と河川での研究方法-  [通常講演]
    三宅 洋
    平成26年度今治西高等学校生物部春講座 2014年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 河川生態系における保全重要地の検討  [通常講演]
    赤坂 卓美, 森 照貴, 竹川 有哉, 石山 信雄, 井上 幹生, 三橋 弘宗, 河口 洋一, 鬼倉 徳雄, 三宅 洋, 片野 泉, 一柳 英隆, 中村 太士
    第61回日本生態学会大会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 長期流量データを用いた広域流況解析の重要性  [通常講演]
    三宅 洋
    第16回河川生態学術研究発表会 2013年11月 口頭発表(一般)
  • 愛媛県内河川の底生動物相と河川環境  [通常講演]
    三宅 洋
    平成25年度今治西高等学校生物部秋季自然科学講座 2013年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響  [通常講演]
    山崎 久美子, 三宅 洋, 今田 慎太郎
    第41回環境システム研究論文発表会 2013年10月 口頭発表(一般)
  • 河道掘削工事が河川性底生動物に及ぼす影響  [通常講演]
    今田 慎太郎, 守口 祥平, 三宅 洋, 井上 幹生
    第41回環境システム研究論文発表会 2013年10月 口頭発表(一般)
  • 河道内氾濫原の保全・再生 -諸外国における事例-  [通常講演]
    根岸 淳二郎, 三宅 洋
    応用生態工学会第17回研究発表会 2013年09月 口頭発表(一般)
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響  [通常講演]
    山崎 久美子, 三宅 洋, 今田 慎太郎
    応用生態工学会第17回研究発表会 2013年09月 ポスター発表
  • 二極化発生区間および解消区間における魚類・底生動物群集の出水攪乱への反応  [通常講演]
    今田 慎太郎, 三宅 洋, 井上 幹生
    応用生態工学会第17回研究発表会 2013年09月 ポスター発表
  • 今治市内河川の底生動物相 -なぜそこにその虫がいるのか?-  [通常講演]
    三宅 洋
    平成25年度今治西高等学校生物部企画1「水環境と水生生物に関する春講座」 2013年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響  [通常講演]
    山崎 久美子, 三宅 洋, 潮見 礼也, 今田 慎太郎
    土木学会四国支部第19回技術研究発表会 2013年05月 口頭発表(一般)
  • 河道掘削工事が魚類・底生動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    今田 慎太郎, 三宅 洋, 井上 幹生, 守口 祥平
    土木学会四国支部第19回技術研究発表会 2013年05月 口頭発表(一般)
  • 水生動物を用いた”川の健康診断”:全国および地域スケールでの試み  [通常講演]
    赤坂 卓美, 森 照貴, 竹川 有哉, 石川 信雄, 井上 幹生, 三橋 弘宗, 河口 洋一, 鬼倉 徳雄, 三宅 洋, 片野 泉, 一柳 英隆, 中村 太士
    第60回日本生態学会大会 2013年03月 ポスター発表
  • 河道掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    今田 慎太郎, 三宅 洋, 守口 祥平, 井上 幹生
    第40回四国魚類研究会 2013年03月 口頭発表(一般)
  • 森林河川から農地河川への傾度に沿った河川性動物の群集構造および魚類食性の変化  [通常講演]
    潮見 礼也, 三宅 洋, 上田 竜士, 井上 幹生
    第40回四国魚類研究会 2013年03月 口頭発表(一般)
  • 重信川における市民・大学・行政の連携による流域再生活動  [通常講演]
    三宅 洋
    平成24年度 国土交通省分野における生きものにぎわいづくり 2012年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 不安定な環境に生きる:流況と河川生物の関係  [招待講演]
    三宅 洋
    第1回 河川生態学セミナー:流量変動が河川生態系に及ぼす影響について 2012年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 底生動物データを用いた愛媛県50河川の評価  [通常講演]
    潮見 礼也, 三宅 洋
    ELR 2012 2012年09月 ポスター発表
  • 河床掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響の把握  [通常講演]
    今田 慎太郎, 三宅 洋, 潮見 礼也, 井上 幹生
    ELR 2012 2012年09月 ポスター発表
  • 河川生物に対する渓畔林の餌資源供給機能 -天然林と人工林とでの比較-  [通常講演]
    竹林 佑記, 井上 幹生, 三宅 洋
    ELR 2012 2012年09月 ポスター発表
  • 愛媛県道後平野における外来底生動物フロリダマミズヨコエビの分布状況と決定要因  [通常講演]
    山根 直也, 三宅 洋
    ELR 2012 2012年09月 ポスター発表
  • Seasonal use of the hyporheic zone by spinous loach, Cobitis shikokuensis, in an intermittent river, southwestern Japan  [通常講演]
    三宅 洋
    The 97th Annual Ecological Society of America Meeting 2012年08月 ポスター発表
  • Effects of light intensity and periphyton biomass on colonization pattern of stream invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting 2012年07月 口頭発表(一般)
  • 出水攪乱が底生動物に及ぼす影響の河川間比較  [通常講演]
    潮見 礼也, 仁子 明英, 三宅 洋
    土木学会四国支部第18回技術研究発表会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 間欠河川における底生動物の流程分布の長期的変動および指標種の抽出  [通常講演]
    山根 直也, 門田 浩太, 三宅 洋
    土木学会四国支部第18回技術研究発表会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 河床掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響の把握  [通常講演]
    今田 慎太郎, 潮見 礼也, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第18回技術研究発表会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 森林河川から農地河川への傾度に沿った河川性動物の群集構造および魚類食性の変化  [通常講演]
    潮見 礼也, 三宅 洋, 上田 竜士, 井上 幹生
    第56回水工学講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 山地河川における人間活動がアマゴの生息密度改変を介して底生動物に及ぼす間接的影響  [通常講演]
    上田 竜士, 菊地 修吾, 三宅 洋, 杉原 達也, 井上 幹生
    第56回水工学講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 河川の流量減少が外来性底生動物の侵入過程に及ぼす影響  [通常講演]
    山根 直也, 酒井 亨, 三宅 洋
    第39回環境システム研究論文発表会 2011年10月 口頭発表(一般)
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?  [通常講演]
    山根 直也, 酒井 亨, 三宅 洋
    応用生態工学会第15回研究発表会 2011年09月 ポスター発表
  • 集水域特性が河川生物の群集構造および相互作用に及ぼす影響  [通常講演]
    潮見 礼也, 三宅 洋, 上田 竜士, 井上 幹生
    応用生態工学会第15回研究発表会 2011年09月 ポスター発表
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?  [通常講演]
    山根 直也, 酒井 亨, 三宅 洋
    土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 干上がり河川におけるベントスおよびハイポレオスの流程分布  [通常講演]
    酒井 亨, 林 悠允, 三宅 洋
    土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 愛媛県50河川の調査による集水域特性が底生動物に及ぼす影響の解明  [通常講演]
    上田 竜士, 岩井 昇平, 三宅 洋
    土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 集水域特性が河川生物の群集構造およびその相互作用に及ぼす影響  [通常講演]
    潮見 礼也, 上田 竜士, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • Effects of light intensity and periphyton biomass on colonization pattern of stream invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    North American Benthological Society 2011 Annual Meeting 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 集水域特性が河川生物の群集構造およびその相互作用に及ぼす影響  [通常講演]
    潮見 礼也, 上田 竜士, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第17回技術研究発表会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 干上がり河川におけるベントスおよびハイポレオスの流程分布  [通常講演]
    酒井 亨, 林 悠允, 三宅 洋
    土木学会四国支部第17回技術研究発表会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 愛媛県50河川の調査による集水域特性が底生動物に及ぼす影響の解明  [通常講演]
    上田 竜士, 岩井 昇平, 三宅 洋
    土木学会四国支部第17回技術研究発表会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?  [通常講演]
    山根 直也, 酒井 亨, 三宅 洋
    土木学会四国支部第17回技術研究発表会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 貧栄養塩河川において光がコントロールする付着藻類の栄養塩含有率がグレイザーの成長および再生産に与える影響  [通常講演]
    太田 民久, 三宅 洋, 日浦 勉
    第58回日本生態学会大会 2011年03月 ポスター発表
  • 重信川の地下にすむ生物 -瀬切れからどうやって逃げるか-  [通常講演]
    三宅 洋
    第14回重信川フォーラム 2011年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 生態学の知識を河川管理に生かす  [通常講演]
    三宅 洋
    平成22年度四国多自然川づくり担当者会議 2010年10月 口頭発表(基調)
  • 水生昆虫にとって洪水はないほうがいい? -実はそうでもないんです-  [通常講演]
    三宅 洋
    応用生態工学会第14回札幌自由集会 2010年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 山地河川における人間活動が底生動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    上田 竜士, 杉原 達也, 菊地 修吾, 井上 幹生, 三宅 洋
    応用生態工学会第14回研究発表会 2010年09月 ポスター発表
  • 河床間隙水域は攪乱時の避難場所として無脊椎動物に利用されるか?  [通常講演]
    酒井 亨, 中野 裕, 井上 幹生, 三宅 洋
    応用生態工学会第14回研究発表会 2010年09月 ポスター発表
  • 重信川における外来生物フロリダマミズヨコエビの分布域拡大状況および侵入条件  [通常講演]
    杉原 達也, 江頭 麻美, 三宅 洋
    応用生態工学会第14回研究発表会 2010年09月 ポスター発表
  • Impacts of water storage dams on substrate condition and stream invertebrate assemblages  [通常講演]
    三宅 洋
    The 8th International Symposium on Ecohydraulics 2010 2010年09月 口頭発表(一般)
  • Importance of hyporheic refugia during drying to persistence of a benthic fish population in an intermittent braided river, southwestern Japan  [通常講演]
    三宅 洋
    Joint Meeting of ASLO & NABS 2010 2010年06月 ポスター発表
  • Responses of macroinvertebrates to flood and drying disturbances: A test of the hyporheic refuge hypothesis in a Japanese intermittent river  [通常講演]
    三宅 洋
    Joint Meeting of ASLO & NABS 2010 2010年06月 口頭発表(一般)
  • 山地河川における人間活動が河川性底生動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    上田 竜士, 菊地 修吾, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第16回技術研究発表会 2010年05月 口頭発表(一般)
  • 河床間隙水域は攪乱時に無脊椎動物の避難場所として利用されるか?  [通常講演]
    酒井 亨, 中野 裕, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第16回技術研究発表会 2010年05月 口頭発表(一般)
  • 重信川における外来生物フロリダマミズヨコエビの分布域拡大状況および侵入条件  [通常講演]
    杉原 達也, 江頭 麻美, 三宅 洋
    土木学会四国支部第16回技術研究発表会 2010年05月 口頭発表(一般)
  • 表流水が枯渇する河川におけるヒナイシドジョウの個体群維持機構:避難場所としての河床間隙域の重要性  [通常講演]
    川西 亮太, 井上 幹生, 三宅 洋
    第57回日本生態学会大会 2010年03月 ポスター発表
  • 変動する環境に生息する河川生物:洪水・干上がりの機能  [通常講演]
    三宅 洋
    土木学会四国支部技術講習会 2010年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • アメリカから重信川をみる  [通常講演]
    三宅 洋
    第13回重信川フォーラム 2010年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 重信川における河川生態系の現状と保全  [通常講演]
    三宅 洋
    応用生態工学会松山 現地勉強会-重信川の自然再生- 2009年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    中野 裕, 藤井 信慈, 井上 幹生, 三宅 洋
    第37回環境システム研究論文発表会 2009年10月 口頭発表(一般)
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    中野 裕, 藤井 信慈, 井上 幹夫, 三宅 洋
    応用生態工学会第13回研究発表会 2009年09月 ポスター発表
  • 表流水枯渇時における河床間隙域の魚類による利用-ヒナイシドジョウでの事例-  [通常講演]
    川西 亮太, 井上 幹生, 三宅 洋
    応用生態工学会第13回研究発表会 2009年09月 ポスター発表
  • 光環境勾配に対する河川性底生動物群集の反応  [通常講演]
    杉原 達也, 中島 健吾, 三宅 洋
    応用生態工学会第13回研究発表会 2009年09月 ポスター発表
  • 集水域特性が河川最下流部の底生動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    中島 健吾, 二神 真介, 三宅 洋
    応用生態工学会第13回研究発表会 2009年09月 ポスター発表
  • 光環境勾配に対する河川性底生動物群集の反応  [通常講演]
    杉原 達也, 中島 健吾, 三宅 洋
    土木学会四国支部第15回技術研究発表会 2009年05月 口頭発表(一般)
  • 河川最下流部の調査による集水域特性が河川性底生動物群集に及ぼす影響の把握  [通常講演]
    中島 健吾, 二神 真介, 三宅 洋
    土木学会四国支部第15回技術研究発表会 2009年05月 口頭発表(一般)
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    中野 裕, 藤井 信慈, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第15回技術研究発表会 2009年05月 口頭発表(一般)
  • 人工林流域における樹冠から河川生物への餌資源の供給  [通常講演]
    井上 幹生, 三宅 洋, 坂本 正吾, 篠藤 誠一
    第120回日本森林学会大会 2009年03月 口頭発表(一般)
  • 重信川の瀬切れが河川生物に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋
    第11回重信川フォーラム 2009年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 希少種ヒナイシドジョウの分布様式:流域の土地利用が与える影響  [通常講演]
    川西 亮太, 井上 幹生, 三宅 洋
    第56回日本生態学会大会 2009年02月 ポスター発表
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動  [通常講演]
    中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    第36回環境システム研究論文発表会 2008年10月 口頭発表(一般)
  • 河川最下流部の環境・生物調査による愛媛県29河川の集水域の評価  [通常講演]
    中島 健吾, 土肥 唱吾, 三宅 洋
    ELR2008 2008年09月 ポスター発表
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動  [通常講演]
    中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    ELR2008 2008年09月 ポスター発表
  • Influence of drought on the longitudinal distribution of stream invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    The 56th Meeting of the North American Benthological Society 2008年05月 ポスター発表
  • 集水域の土地利用および河畔林伐採が河川性底生動物に及ぼす影響  [通常講演]
    荻原 啓司, 金澤 康史, 三宅 洋
    土木学会四国支部第14回技術研究発表会 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 河川最下流部の環境・生物調査による愛媛県29河川の評価  [通常講演]
    中島 健吾, 土肥 唱吾, 三宅 洋
    土木学会四国支部第14回技術研究発表会 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 重信川の瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動  [通常講演]
    中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 三宅 洋
    土木学会四国支部第14回技術研究発表会 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 河川性グレイザーにとって明るいことはいいことか?  [通常講演]
    三宅 洋, 崎村 紀彰, 金澤 康史
    第55回日本生態学会大会 2008年03月 ポスター発表
  • 愛媛県重信川流域におけるヒナイシドジョウの分布様式  [通常講演]
    川西 亮太, 井上 幹生, 三宅 洋, 清水 孝昭, 高木 基裕
    2007年度日本魚類学会年会 2007年10月 口頭発表(一般)
  • 瀬切れが河川性底生動物群集の流程分布に及ぼす影響  [通常講演]
    峰松 勇二, 三宅 洋, 木村 沙織
    応用生態工学会第11回研究発表会 2007年09月 ポスター発表
  • 河畔林の伐採が河川性底生動物の群集構造および採餌量に及ぼす影響  [通常講演]
    金澤 康史, 三宅 洋, 崎村 紀彰
    応用生態工学会第11回研究発表会 2007年09月 ポスター発表
  • 瀬切れ区間における河川性魚類の移動  [通常講演]
    土肥 唱吾, 井上 幹生, 三宅 洋, 三谷 哲史
    応用生態工学会第11回研究発表会 2007年09月 ポスター発表
  • 重信川の瀬切れが河川生物の分布に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋
    第9回重信川フォーラム 2007年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 重信川下流瀬切れ区間における河川性魚類の移動  [通常講演]
    土肥 唱吾, 三谷 哲史, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第13回技術研究発表会 2007年05月 口頭発表(一般)
  • 重信川の瀬切れが河川性底生動物群集の流程分布に及ぼす影響  [通常講演]
    峰松 勇二, 木村 沙織, 三宅 洋
    土木学会四国支部第13回技術研究発表会 2007年05月 口頭発表(一般)
  • 河畔林の伐採が河川性底生動物の群集構造および採餌量に及ぼす影響  [通常講演]
    金澤 康史, 崎村 紀彰, 三宅 洋
    土木学会四国支部第13回技術研究発表会 2007年05月 口頭発表(一般)
  • 流域攪乱が河川性底生生物群集へ及ぼす影響  [通常講演]
    神山 塁, 森 照貴, 三宅 洋
    第54回日本生態学会大会 2007年03月 ポスター発表
  • 瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較  [通常講演]
    土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    第34回環境システム研究論文発表会 2006年10月 口頭発表(一般)
  • 瀬切れが河川性底生動物生息場所環境および群集構造の流程に沿った変化に及ぼす影響  [通常講演]
    峰松 勇二, 土肥 唱吾, 三宅 洋
    第34回環境システム研究論文発表会 2006年10月 口頭発表(一般)
  • コンクリート基質-自然基質間における河川性底生動物の群集構造の比較  [通常講演]
    金澤 康史, 三宅 洋
    応用生態工学会第10回研究発表会 2006年09月 ポスター発表
  • 土地利用と水質との関係  [通常講演]
    大森 浩二, 佐貫 方城, 松濤 一平, 宮坂 仁, 大西 秀次郎, 堤 純, 井上 幹生, 三宅 洋
    日本陸水学会第71回大会 2006年09月 口頭発表(一般)
  • 集水域特性が河川性底生動物の生息場所環境および群集構造に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 三橋 弘宗, 秋山 侃
    日本陸水学会第71回大会 2006年09月 口頭発表(一般)
  • Effects of catchment characteristics on habitat environment and community structure of stream invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    International Conference on Ecological Restoration in East Asia 2006年06月 ポスター発表
  • 重信川下流の瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較  [通常講演]
    土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋
    土木学会四国支部第12回技術研究発表会 2006年05月 口頭発表(一般)
  • 重信川における河川性底生動物の流程分布:瀬切れと水質の影響  [通常講演]
    峰松 勇二, 土肥 唱吾, 三宅 洋
    土木学会四国支部第12回技術研究発表会 2006年05月 口頭発表(一般)
  • コンクリート基質-自然基質間における河川性底生動物群集の群集構造の比較  [通常講演]
    金澤 康史, 三宅 洋
    土木学会四国支部第12回技術研究発表会 2006年05月 口頭発表(一般)
  • 河川性底生動物の群集構造と落葉分解速度との関係  [通常講演]
    神山 塁, 森 照貴, 三宅 洋
    第53回日本生態学会大会 2006年03月 ポスター発表
  • 重信川の瀬切れが河川生物の時間的・空間的分布に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋
    第8回重信川フォーラム 2006年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 農地開拓や河川改修が河川生物群集に与える影響  [招待講演]
    三宅 洋
    毎日新聞朝刊(えひめエコウォッチング) 2005年12月 メディア報道等
  • 複数の貯水ダムが河川性底生動物の流程分布に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 細田 大三郎, 渡邊 智紀
    応用生態工学会第9回研究発表会 2005年10月 口頭発表(一般)
  • Food selectivity on microalgae by aquatic insects in a reservoir - stream system  [通常講演]
    三宅 洋
    The Second Japan-Korea Joint Symposium on Limnology 2005年09月 ポスター発表
  • 洪水撹乱が底生動物に及ぼす影響の改変河川-自然河川間における比較  [通常講演]
    三宅 洋, 榎本 祐介, 昌子 公太
    日本陸水学会第70回大会 2005年09月 ポスター発表
  • 貯水ダムが底生動物に及ぼす影響の支流流入による緩和  [通常講演]
    渡邊 智紀, 細田 大三郎, 三宅 洋
    土木学会四国支部第11回技術研究発表会 2005年05月 口頭発表(一般)
  • 貯水ダムが河川性底生動物群集に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 細田 大三郎, 渡邊 智紀
    第52回日本生態学会大会 2005年03月 ポスター発表
  • 貯水ダムが河川性底生動物群集に及ぼす影響 ―複数ダム群を対象にしたパターン化の試み―  [通常講演]
    三宅 洋
    応用生態工学会第8回研究発表会 2004年10月 ポスター発表
  • 河畔林の断続的な伐採が河川性底生動物の群集構造に及ぼす影響  [通常講演]
    森 照貴, 三宅 洋, 柴田 叡弌
    第51回日本生態学会大会 2004年08月 口頭発表(一般)
  • 人間活動が河川生物に及ぼす影響について  [通常講演]
    三宅 洋
    第5回重信川フォーラム 2004年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 頻繁な河床撹乱が河川性無脊椎動物の多様性を高める  [通常講演]
    三宅 洋, 日浦 勉, 中野 繁
    応用生態工学会第7回研究発表会 2003年10月 ポスター発表
  • 分類群間における移動能力の差が河川性無脊椎動物群集の遷移を引き起こす  [通常講演]
    三宅 洋
    第26回水生昆虫研究会 2002年09月 口頭発表(一般)
  • 平水時の砂礫移動が河川性無脊椎動物の多様性に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 中野 繁
    応用生態工学会第6回研究発表会 2002年09月 ポスター発表
  • 間活動が河川性魚類におよぼす影響~色々な空間的スケールで考える~  [招待講演]
    三宅 洋
    日本製紙株式会社勇払工場社員勉強会 2002年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 頻繁な撹乱が河川性ベントス群集の多様性を高める  [通常講演]
    三宅 洋
    第49回日本生態学会大会 2002年03月 ポスター発表
  • Succession in a stream grazer assemblage under different resource level: circumstantial evidence for competitive exclusion  [通常講演]
    Naotoshi Kuhara, Shigeru Nakano, Yo Miyake, Hitoshi Miyasaka
    The 49th Meeting of the North American Benthological Society 2001年06月 ポスター発表
  • Trade-off between competitive and colonizing abilities in stream mayfly grazers  [通常講演]
    三宅 洋
    The 49th Meeting of the North American Benthological Society 2001年06月 ポスター発表
  • 河川性ベントス群集における多様性-撹乱関係  [通常講演]
    三宅 洋
    第48回日本生態学会大会 2001年03月 口頭発表(一般)
  • 藻類食水生昆虫群集における多様性の維持機構  [通常講演]
    三宅 洋, 日浦 勉, 久原 直利, 中野 繁
    第48回日本生態学会大会 2001年03月 口頭発表(一般)
  • Effects of substrate stability on community diversity of stream invertebrates  [通常講演]
    三宅 洋
    A food web conference 2000年12月 ポスター発表
  • 河床の安定性が無脊椎動物群集の多様性に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 中野 繁
    第47回日本生態学会大会 2000年03月 口頭発表(一般)
  • 石が動けば多様性が上がる:河床の安定性がベントスの種多様度に及ぼす影響  [通常講演]
    三宅 洋, 中野 繁
    45回日本生態学会大会 1998年03月 口頭発表(一般)

MISC

  • 三宅 洋 月刊愛媛ジャーナル 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 平成25年4月号 84 -87 2013年04月
  • 人間にとって安全で快適な川でありながら,生態系も健全な状態に保たれている川のあり方を生き物の目から考える
    三宅 洋 愛媛大学「研究室からこんにちは!」5 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 5 26 -43 2011年06月
  • 三宅 洋 河川文化 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 52 24 -25 2010年12月
  • 三宅 洋 河川 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 66 (12) 63 -65 2007年12月

受賞

  • 2018年10月 日本魚類学会 Ichthyological Research誌2018年度論文賞
     Vertical migration in streams: seasonal use of the hyporheic zone by the spinous loach Cobitis shikokuensis 
    受賞者: Ryota Kawanishi;Ryota Dohi;Asuka Fujii;Mikio Inoue;Yo Miyake
  • 2002年03月 日本生態学会 日本生態学会第49回大会優秀ポスター賞
     頻繁な撹乱が河川性ベントス群集の多様性を高める JPN 
    受賞者: 三宅 洋

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 都市河川の流量・底生動物特性とそれらの動態に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C一般)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 市民参加による「全国水生生物調査」データの川づくりへの利用可能性・活用方法の検討
    河川財団:河川基金(一般的助成)
    研究期間 : 2018年04月 -2019年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 環境収容力推定手法開発事業
    水産庁:水産庁
    研究期間 : 2018年04月
  • 大規模流量・生物データ解析による攪乱レジーム-河川生物群集関係の解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C一般)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 瀬切れとダムが河川底生動物の地域間交流に及ぼす影響:次世代DNA解析を活用した全生息種の網羅的評価
    河川財団:河川基金(一般的助成)
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 渡辺 幸三
  • 大規模DNA情報を活用した正確かつ迅速な種多様性評価技術の開発
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤B一般)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 渡辺 幸三
  • 河道掘削工事は河川生態系の復元に貢献するか?
    愛媛大学:研究活性化事業
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 河川地下に潜伏する無脊椎動物:河床間隙水域は干上がりからの避難場所か?
    日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 : 2010年04月 -2013年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 瀬切れの拡大・長期化は外来生物フロリダマミズヨコエビの侵入を助長するか?
    河川環境整備財団:河川整備基金(一般的助成)
    研究期間 : 2010年04月 -2011年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 最下流部の環境・底生動物調査による愛媛県51河川の河川環境および流域特性の評価
    愛媛大学:研究開発支援経費(萌芽的研究)
    研究期間 : 2008年04月 -2010年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 渇水に伴う物理的撹乱が河川性底生動物に及ぼす影響の解明
    河川環境整備財団:河川整備基金(一般的助成)
    研究期間 : 2005年06月 -2006年05月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 河川規模を考慮した食物網構造の解明
    河川環境整備財団:河川整備基金(一般的助成)
    研究期間 : 2005年06月 -2006年05月 
    代表者 : 加藤 元海
  • 鋳型としての集水域 ―河川生物群集の支配的決定要因の提言―
    愛媛大学:研究開発支援経費(萌芽的研究)
    研究期間 : 2004年04月 -2006年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 貯水ダムが河川性底生動物群集に及ぼす影響の複数ダム間比較による解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 : 2004年04月 -2006年03月 
    代表者 : 三宅 洋
  • 河畔林由来の倒流木が河川性無脊椎動物の安定性に及ぼす影響
    河川環境整備財団:河川整備基金(一般的助成)
    研究期間 : 2002年06月 -2003年05月 
    代表者 : 三宅 洋

委員歴

  • 2020年10月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   総合評価委員会地域小委員会委員
  • 2018年10月 - 現在   愛媛県   愛媛県石鎚山系生物多様性保全計画検討委員会委員(委員長:2019年3月~)
  • 2018年04月 - 現在   応用生態工学会   テキスト刊行委員会 委員
  • 2018年04月 - 現在   応用生態工学会   会誌編集委員会 副委員長
  • 2018年03月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   肱川流域学識者会議
  • 2014年04月 - 現在   応用生態工学会   将来構想委員会 委員
  • 2012年10月 - 現在   公益財団法人リバーフロント研究所   河川・海岸環境機能等検討委員会 委員
  • 2010年05月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   リバーカウンセラー
  • 2008年07月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   四国のみずべ八十八カ所実行委員会愛媛県部会 委員
  • 2007年11月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   重信川流域学識者会議
  • 2007年06月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   山鳥坂ダム環境検討委員会 委員
  • 2005年04月 - 現在   重信川の自然をはぐくむ会   構成員
  • 2005年04月 - 現在   国土交通省四国地方整備局   河川・渓流環境アドバイザー
  • 2004年10月 - 現在   香川県   香川県ダム環境委員会 委員(委員長:2015年10月~)
  • 2004年04月 - 現在   松山市   石手川ダム水源地域ビジョン推進委員会 委員
  • 2014年04月 - 2018年03月   応用生態工学会   会誌編集委員会 委員
  • 2017年10月 - 2017年10月   独立行政法人水資源機構関西・吉野川支社   平成29年度(第20回)四国ブロック施術研究発表会審査委員
  • 2014年05月 - 2016年03月   応用生態工学会   テキスト刊行委員会 委員
  • 2014年01月 - 2015年12月   日本陸水学会   評議員
  • 2011年09月 - 2015年09月   応用生態工学会   幹事
  • 2009年10月 - 2015年09月   愛媛県   野生動植物保護推進員
  • 2013年04月 - 2015年03月   土木学会   環境システム委員会 委員兼幹事
  • 2012年06月 - 2015年03月   愛媛県   レッドデータブック改訂委員会淡水魚類分科会 分科会員
  • 2011年01月 - 2014年12月   Landscape Ecology and Engineering   Editor
  • 2011年05月 - 2013年05月   土木学会   四国支部 幹事   土木学会
  • 2011年04月 - 2013年03月   土木学会   環境システム委員会 委員   土木学会
  • 2011年02月 - 2011年03月   愛媛県南予地方局大洲土木事業所   小田川のかわづくり検討会 委員
  • 2005年04月 - 2009年03月   土木学会   環境システム委員会 委員兼幹事   土木学会
  • 2005年07月 - 2008年07月   東温市   環境審議委員会 委員
  • 2006年07月 - 2008年05月   土木学会   環境賞選考委員会 委員   土木学会
  • 2005年11月 - 2008年03月   土木学会   四国支部 四国の土木技術者における合意形成運営技能の評価方法に関する研究調査委員会 委員   土木学会
  • 2005年09月 - 2006年09月   日本陸水学会   将来計画検討委員会 委員   日本陸水学会
  • 2003年04月 - 2005年03月   独立行政法人国立環境研究所   客員研究員
  • 2003年04月 - 2005年03月   日本生態学会   大規模長期生態学専門委員会 委員   日本生態学会

担当経験のある科目

  • 新入生セミナーA愛媛大学
  • 環境生態学国立苫小牧工業高等専門学校
  • 基礎セミナー愛媛大学
  • 新入生セミナー愛媛大学
  • コース初歩学習科目愛媛大学
  • 自然との共生「河川と人間活動」愛媛大学
  • 基礎微積分I愛媛大学
  • 微積分愛媛大学
  • 微積分I愛媛大学
  • 基礎微積分愛媛大学
  • 環境ESD指導者養成講座I愛媛大学
  • 環境ESD指導者養成講座II愛媛大学
  • 物理学実験愛媛大学
  • 基礎生態学愛媛大学
  • 生態学愛媛大学
  • 生態系保全工学愛媛大学
  • 建設倫理愛媛大学
  • 環境建設工学特別演習I愛媛大学
  • 環境建設工学特別演習II愛媛大学
  • 環境建設総合演習愛媛大学
  • 環境建設デザイン演習I愛媛大学
  • 環境建設デザイン演習III愛媛大学
  • 社会デザイン演習I愛媛大学
  • 社会デザイン演習II愛媛大学
  • 社会デザイン演習III愛媛大学
  • 卒業論文愛媛大学
  • 生態系保全工学特論愛媛大学
  • 生物多様性と人間活動愛媛大学
  • 都市環境工学特論XII愛媛大学

社会貢献活動

  • グローバルスタディーズ「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2021年01月15日 - 2021年01月15日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 高大連携プログラム(2年生)
  • 水生生物調査
    期間 : 2020年12月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 松山市立椿中学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 水生生物調査
  • 重信川水生生物調査(岡田小学校)
    期間 : 2020年09月15日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
  • 重信川水生生物調査
    期間 : 2020年09月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
  • 重信川水生生物調査
    期間 : 2020年07月31日 - 2020年07月31日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
  • グローバルスタディーズ「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2020年01月24日 - 2020年01月24日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 高大連携プログラム(2年生)
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2019年10月18日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成31年度水生生物による水質簡易調査
    小学生
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2019年09月30日 - 2019年09月30日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成31年度水生生物による水質簡易調査
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2019年09月03日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成31年度水生生物による水質簡易調査
    小学生
  • 特別展・博士たちのいきもの図鑑
    期間 : 2019年05月29日 - 2019年08月12日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 愛媛大学ミュージアム
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 愛媛大学開学70周年・ミュージアム開館10周年記念特別展
  • 生物探検隊
    期間 : 2019年07月25日 - 2019年07月25日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 自然と遊ぼDAY!「森と湖に親しむ旬間」
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2019年06月12日 - 2019年06月12日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成31年度水生生物による水質簡易調査
  • グローバルスタディーズ「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2019年01月25日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 高大連携プログラム(2年生)
  • 河川生態系保全における攪乱の重要性
    期間 : 2018年11月19日 - 2018年11月19日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 水資源機構吉野川本部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 環境学習会
  • 出水攪乱と多自然かわづくり
    期間 : 2018年11月15日 - 2018年11月15日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度四国多自然川づくり担当者会議
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2018年09月27日 - 2018年09月27日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度水生生物による水質簡易調査
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2018年09月07日 - 2018年09月07日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度水生生物による水質簡易調査
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2018年09月06日 - 2018年09月06日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度水生生物による水質簡易調査
  • 生物探検隊
    期間 : 2018年07月26日 - 2018年07月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 自然と遊ぼDAY!「森と湖に親しむ旬間」
  • 水生生物による水質簡易調査
    期間 : 2018年05月30日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度水生生物による水質簡易調査(重信川出合地点,さくら小学校)
  • グローバルスタディーズ「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2018年01月12日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 高大連携プログラム
  • 生物探検隊
    期間 : 2017年07月28日 - 2017年07月28日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 自然と遊ぼDAY!「森と湖に親しむ旬間」
  • 第1回田園ロマンの里づくり推進委員会・基調講演
    期間 : 2017年06月28日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 西予市
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回田園ロマンの里づくり推進委員会
  • 第10回広瀬霞自然観察会・講師
    期間 : 2017年06月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第10回広瀬霞自然観察会
  • LOVE RIVER -これからの重信川-
    期間 : 2017年02月08日 - 2017年02月08日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第20回重信川フォーラム
  • 高大連携プログラム(2年生)
    期間 : 2016年12月16日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : グローバルスタディーズ「人間の活動III 工業と環境」
  • 河川調査研修
    期間 : 2016年08月07日 - 2016年08月07日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 河川調査研修
  • 第9回広瀬霞自然観察会・講師
    期間 : 2016年06月03日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第10回広瀬霞自然観察会
  • 環境教育学「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2015年11月27日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    高校生
  • 平成27年度今西生物部夏講座「地域の自然と環境を考える」
    期間 : 2015年08月10日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    高校生
  • 生物探検隊
    期間 : 2015年07月31日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    小学生
  • 環境教育学「人間の活動III 工業と環境」
    期間 : 2014年12月05日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学附属高等学校
    高校生
  • 生物探検隊
    期間 : 2014年07月29日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    小学生
  • 平成26年度春講座
    期間 : 2014年04月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    高校生
  • 平成25年度 秋季自然科学講座
    期間 : 2013年11月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    高校生
  • 今西・新浜西生物部合同企画「大三島河川・大島干潟の水生生物合同調査」
    期間 : 2013年11月09日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    高校生
  • 生物探検隊
    期間 : 2013年07月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    小学生
  • 平成25年度生物部企画1「水環境と水生生物に関する春講座」
    期間 : 2013年05月25日 - 2013年05月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県立今治西高等学校生物部
    高校生
  • 平成24年度 国土交通省分野における生きものにぎわいづくり 四国地方セミナー
    期間 : 2012年11月20日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省
  • 第1回 河川生態学セミナー:流量変動が河川生態系に及ぼす影響について
    期間 : 2012年10月31日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 独立行政法人土木研究所自然共生研究センター
    研究者
  • 平成22年度重信川の自然をはぐくむ会総会
    期間 : 2011年02月17日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • 第14回重信川フォーラム
    期間 : 2011年02月17日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • 平成22年度四国多自然川づくり担当者会議
    期間 : 2010年10月25日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局
  • 札幌の川、ざわめく自然を体験しよう! ~研究者といっしょに魚とり~
    期間 : 2010年09月23日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 応用生態工学札幌
    小学生
  • 生物探検隊
    期間 : 2010年07月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    小学生
  • 土木学会四国支部技術講習会
    期間 : 2010年02月19日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 土木学会四国支部
    社会人・一般
  • 第13回重信川フォーラム
    期間 : 2010年02月17日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • 応用生態工学会松山 現地勉強会-重信川の自然再生-
    期間 : 2009年10月17日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 応用生態工学会松山
  • 第11回重信川フォーラム
    期間 : 2009年02月19日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • あいだい博
    期間 : 2008年08月28日 - 2008年08月29日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 愛媛大学
  • 生物探検隊
    期間 : 2008年07月25日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所石手川ダム出張所
    小学生
  • 水生生物調査講習会
    期間 : 2007年10月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    小学生
  • 第9回重信川フォーラム
    期間 : 2007年06月27日
    役割 : 情報提供
    市民団体
  • 水生生物調査講習会
    期間 : 2006年08月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    小学生
  • 第8回重信川フォーラム
    期間 : 2006年02月21日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • 水生生物調査講習会
    期間 : 2005年05月21日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    小学生
  • 総合的な学習の時間(1年生)
    期間 : 2004年10月08日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 松山市立松山南第二中学校
    小学生
  • 第5回重信川フォーラム
    期間 : 2004年05月25日
    役割 : 情報提供
    主催者・発行元 : 重信川の自然をはぐくむ会
    市民団体
  • 日本製紙株式会社勇払工場社員勉強会
    期間 : 2002年06月04日 - 2002年06月04日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 日本製紙株式会社勇払工場
    企業

メディア報道

  • 「時代を歩く.えひめ現場ルポ.重信川の瀬切れ拡大」
    報道 : 2011年08月21日
    発行元・放送局 : 愛媛新聞
     新聞・雑誌
  • 研究室からこんにちは
    報道 : 2010年04月17日
    発行元・放送局 : 南海放送
     テレビ・ラジオ番組
  • 「みんなどう思う? 重信川で瀬切れが拡大」
    報道 : 2008年11月01日
    発行元・放送局 : 愛媛新聞
     新聞・雑誌
  • 激,拡大する「瀬切れ」
    報道 : 2008年10月05日
    発行元・放送局 : 愛媛新聞
     新聞・雑誌
  • 激,①「瀬切れ」拡大:川に異変 消える生物
    報道 : 2008年09月27日
    発行元・放送局 : 愛媛新聞
     新聞・雑誌
  • Riverwebs
    報道 : 2007年
    発行元・放送局 : Freshwaters Illustrated
     その他
  • 地域のニュース(えひめ),えひめエコウォッチング
    報道 : 2005年12月08日
    発行元・放送局 : 毎日新聞
     新聞・雑誌

学術貢献活動

  • 環境調査業務への指導・助言
    期間 : 2018年01月19日 - 2018年03月31日
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 株式会社四電技術コンサルタント
  • 平成27年度水域生物を指標とした瀬切れ河川影響評価検討報告書
    期間 : 2015年 - 2016年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成26年度水域生物を指標とした瀬切れ河川影響評価検討報告書
    期間 : 2014年 - 2015年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成24年度小田川環境調査業務報告書
    期間 : 2012年 - 2013年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 愛媛県南予支局
  • 平成24年度水域生物を指標とした瀬切れ河川影響評価検討報告書
    期間 : 2012年 - 2013年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成23年度小田川環境調査業務報告書
    期間 : 2011年 - 2012年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 愛媛県南予支局
  • 平成23年度水域生物を指標とした瀬切れ河川影響評価検討報告書
    期間 : 2011年 - 2012年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成22年度瀬切れが及ぼす河川環境への影響検討業務委託報告書
    期間 : 2010年 - 2011年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成21年度瀬切れが及ぼす河川環境への影響検討業務委託報告書
    期間 : 2009年 - 2010年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成20年度瀬切れが及ぼす河川環境への影響検討業務委託報告書
    期間 : 2008年 - 2009年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成19年度瀬切れが及ぼす河川環境への影響検討業務委託報告書
    期間 : 2007年 - 2008年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成18年度砥部川合流点下流地区水面再生検討業務委託報告書
    期間 : 2006年 - 2007年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局
  • 平成17年度砥部川合流点下流地区水面再生検討業務委託報告書
    期間 : 2005年 - 2006年
    種別 : 学術調査
    主催者・責任者 : 国土交通省四国地方整備局

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2017, 前期, 学部, 工学入門
  • 2019, 前期, 学部, 微積分Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 生態系保全工学
  • 2019, 前期, 修士, 生物多様性と人間活動
  • 2019, 前期, 学部, 生態系保全工学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.