研究者データベース

三宅 洋ミヤケ ヨウ

所属部署名大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名准教授
Last Updated :2019/11/25

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    三宅 洋
  • 氏名(カナ)

    ミヤケ ヨウ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設工学コース
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 1999年04月 - 2002年03月, 京都大学, 大学院理学研究科, 生物科学専攻
  • 1997年04月 - 1999年03月, 北海道大学, 地球環境科学研究科, 生態環境科学専攻
  • 1993年04月 - 1997年03月, 北海道大学, 農学部, 森林科学科

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本生態学会
  • SOCIETY FOR FRESHWATER SCIENCE
  • 応用生態工学会
  • 土木学会
  • 日本陸水学会
  • ECOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA

委員歴

  • 2018年10月 - 現在, 愛媛県, 愛媛県石鎚山系生物多様性保全計画検討委員会委員(委員長:2019年3月~)
  • 2018年04月 - 現在, 応用生態工学会, 会誌編集委員会 副委員長
  • 2018年04月 - 現在, 応用生態工学会, テキスト刊行委員会 委員
  • 2018年03月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, 肱川流域学識者会議
  • 2014年04月 - 現在, 応用生態工学会, 将来構想委員会 委員
  • 2014年04月 - 2018年03月, 応用生態工学会, 会誌編集委員会 委員
  • 2012年10月 - 現在, 公益財団法人リバーフロント研究所, 河川・海岸環境機能等検討委員会 委員
  • 2012年04月 - 現在, Landscape Ecology and Engineering, Editor
  • 2010年05月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, リバーカウンセラー
  • 2008年07月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, 四国のみずべ八十八カ所実行委員会愛媛県部会 委員
  • 2007年11月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, 重信川流域学識者会議
  • 2007年06月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, 山鳥坂ダム環境検討委員会 委員
  • 2005年04月 - 現在, 国土交通省四国地方整備局, 河川・渓流環境アドバイザー
  • 2005年04月 - 現在, 重信川の自然をはぐくむ会, 構成員
  • 2004年10月 - 現在, 香川県, 香川県ダム環境委員会 委員(委員長:2015年10月~)
  • 2004年04月 - 現在, 松山市, 石手川ダム水源地域ビジョン推進委員会 委員
  • 2014年05月 - 2016年03月, 応用生態工学会, テキスト刊行委員会 委員
  • 2014年01月 - 2015年12月, 日本陸水学会, 評議員
  • 2011年09月 - 2015年09月, 応用生態工学会, 幹事
  • 2009年10月 - 2015年09月, 愛媛県, 野生動植物保護推進員
  • 2013年04月 - 2015年03月, 土木学会, 環境システム委員会 委員兼幹事
  • 2012年06月 - 2015年03月, 愛媛県, レッドデータブック改訂委員会淡水魚類分科会 分科会員
  • 2011年05月 - 2013年05月, 土木学会, 四国支部 幹事, 土木学会
  • 2011年04月 - 2013年03月, 土木学会, 環境システム委員会 委員, 土木学会
  • 2011年02月 - 2011年03月, 愛媛県南予地方局大洲土木事業所, 小田川のかわづくり検討会 委員
  • 2005年04月 - 2009年03月, 土木学会, 環境システム委員会 委員兼幹事, 土木学会
  • 2005年07月 - 2008年07月, 東温市, 環境審議委員会 委員
  • 2006年07月 - 2008年05月, 土木学会, 環境賞選考委員会 委員, 土木学会
  • 2005年11月 - 2008年03月, 土木学会, 四国支部 四国の土木技術者における合意形成運営技能の評価方法に関する研究調査委員会 委員, 土木学会
  • 2005年09月 - 2006年09月, 日本陸水学会, 将来計画検討委員会 委員, 日本陸水学会
  • 2003年04月 - 2005年03月, 日本生態学会, 大規模長期生態学専門委員会 委員, 日本生態学会
  • 2003年04月 - 2005年03月, 独立行政法人国立環境研究所, 客員研究員
  • 2011年 -
  • 2011年 -
  • 2006年 - 2008年
  • 2005年 - 2008年
  • 2005年 - 2007年
  • 2005年 - 2006年
  • 2004年 - 2005年

経歴

  • 2013年10月 - 現在, 愛媛大学(准教授)
  • 2006年04月 - 2013年09月, 愛媛大学(講師)
  • 2004年04月 - 2006年03月, 愛媛大学(講師)
  • 2002年06月 - 2004年03月, 岐阜大学(助手)
  • 2002年04月 - 2002年06月, 国立苫小牧工業高等専門学校(非常勤講師)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎生物学, 生態・環境, 群集
  • 生物資源保全学, 生物資源保全学, 生物多様性保全
  • 土木工学, 土木環境システム, 環境生態
  • 環境学, 自然共生システム, 生態工学

研究キーワード

  • 河川生態学
  • 保全生態学
  • 応用生態工学

著書・発表論文等

論文

  • 平地河川における出水攪乱に対する底生動物群集の反応, 福﨑 健太・目崎 文崇・三宅 洋, 土木学会論文集G(環境), 2019年10月, [査読有り]
  • 重信川で発生した記録的出水に対する底生無脊椎動物群集および魚類群集の反応, 角田 康祐・三宅 洋・渡辺 裕也・井上 幹生, 応用生態工学, 2019年07月, [査読有り]
  • Comparison of DNA metabarcoding and morphological identification for stream macroinvertebrate biodiversity assessment and monitoring, Ecological Indicators, 2019年06月, [査読有り]
  • 全国河川の流量レジーム特性と決定要因, 渡辺 裕也・吉村 研人・赤坂 卓美・森 照貴・三宅 洋, 応用生態工学, 2019年01月, [査読有り]
  • Global patterns and drivers of ecosystem functioning in rivers and riparian zones, Scott Tiegs et al. (incl. Yo Miyake, 99th of 151 authors), Science Advances, 2019年01月, [査読有り]
  • Evaluating a pattern of ecological character displacement: charr jaw morphology and diet diverge in sympatry vs. allopatry across catchments in Hokkaido, Japan, Shigeru Nakano, Kurt D. Fausch, Itsuro Koizumi, Yoichiro Kanno, Yoshinori Taniguchi, Satoshi Kitano and Yo Miyake, Biological Journal of the Linnean Society, 2019年, [査読有り]
  • Vertical migration in streams: seasonal use of the hyporheic zone by the spinous loach Cobitis shikokuensis, Ryota Kawanishi, Ryota Dohi, Asuka Fujii, Mikio Inoue and Yo Miyake, Ichthyological Research, 2017年11月, [査読有り], 10.1007/s10228-017-0576-5
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した松山市における都市河川の親水性評価, 目崎 文崇・三宅 洋・泉 哲平, 土木学会論文集G(環境), 2017年10月, [査読有り]
  • 次世代シーケンス解析による瀬切れ河川の水生昆虫複数種を対象とした流域内交流パターンの網羅的評価, 八重樫 咲子・泉 昴佑・三宅 洋・渡辺 幸三, 土木学会論文集G(環境), 2016年12月, [査読有り], 10.2208/jscejer.72.III_489
  • 河川水辺の国勢調査を保全に活かす―データがもつ課題と研究例, 末吉 正尚・赤坂 卓美・森 照貴・石山 信雄・川本 朋慶・竹川 有哉・井上 幹生・三橋 弘宗・河口 洋一・鬼倉 徳雄・三宅 洋・片野 泉・中村 太士, 保全生態学研究, 2016年11月, [査読有り]
  • ダムおよび瀬切れによる河川分断化がエルモンヒラタカゲロウの地域間交流に及ぼす影響の遺伝的評価, 八重樫 咲子・不破 直人・山崎 久美子・三宅 洋・渡辺 幸三, 土木学会論文集G(環境), 2015年06月, [査読有り], 10.2208/jscejer.71.III_115
  • The role of the hyporheic zone for a benthic fish in an intermittent river: A refuge, not a graveyard, R. Kawanishi, M. Inoue, R. Dohi, A. Fujii, Y. Miyake, Aquatic Sciences, 2013年06月, [査読有り], 10151621, 10.1007/s00027-013-0289-4
  • 集水域の土地利用および河畔林伐採が山地河川の刈取食者に及ぼす影響, 三宅 洋・荻原 啓司・金沢 康史, 土木学会論文集G(環境), 2013年06月, [査読有り], 2185-6648, 10.2208/jscejer.69.74
  • Input, retention, and invertebrate colonization of allochthonous litter in streams bordered by deciduous broadleaved forest, a conifer plantation, and a clear-cut site in southwestern Japan, Mikio Inoue, Sei ichi Shinotou, Yusuke Maruo, Yo Miyake, Limnology, 2012年07月, [査読有り], 14398621, 10.1007/s10201-011-0369-x
  • Impacts of water storage dams on substrate characteristics and stream invertebrate assemblages, Yo Miyake, Tsuyoshi Akiyama, Tsuyoshi Akiyama, Journal of Hydro-Environment Research, 2012年05月, [査読有り], 15706443, 10.1016/j.jher.2012.01.006
  • 森林河川から農地河川への傾度に沿った河川性動物の群集構造および魚類食性の変化, 潮見 礼也・三宅 洋・上田 竜士・井上 幹生, 土木学会論文集B1(水工学), 2012年02月, [査読有り], 2185-467X, 10.2208/jscejhe.68.I_697
  • 山地河川における人間活動がアマゴの生息密度改変を介して底生動物に及ぼす間接的影響, 上田 竜士・菊地 修吾・三宅 洋・杉原 達也・井上 幹生, 土木学会論文集B1(水工学), 2012年02月, [査読有り], 2185-467X, 10.2208/jscejhe.68.I_691
  • Light intensity regulates growth and reproduction of a snail grazer (Gyraulus chinensis) through changes in the quality and biomass of stream periphyton, Tamihisa Ohta, Yo Miyake, Tsutom Hiura, Freshwater Biology, 2011年11月, [査読有り], 00465070, 10.1111/j.1365-2427.2011.02653.x
  • 河川の流量減少が外来性底生動物の侵入過程に及ぼす影響, 山根 直也・酒井 亨・三宅 洋, 土木学会論文集G(環境), 2011年10月, [査読有り], 2185-6648, 10.2208/jscejer.67.II_29
  • Habitat factors affecting the distribution and abundance of spinous loach, Cobitis shikokuensis, in southwestern Japan, Ryota Kawanishi, Mikio Inoue, Motohiro Takagi, Yo Miyake and Takaaki Shimizu, Ichthyological Research, 2011年07月, [査読有り], 13418998, 10.1007/s10228-011-0208-4
  • 光環境勾配に対する河川性刈取食者群集の反応, 杉原 達也・三宅 洋, 応用生態工学, 2011年01月, [査読有り], 1344-3755|1882-5974, 10.3825/ece.13.113
  • Impacts of water storage dams on substrate condition and stream invertebrate assemblages, 三宅 洋, Proceedings of the 8th International Symposium on Ecohydraulics 2010, 2010年09月, [査読有り]
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響, 中野 裕・藤井 信慈・井上 幹生・三宅 洋, 環境システム研究論文集, 2009年10月, [査読有り]
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動, 中野 裕・土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会環境システム研究論文集, 2008年10月, 1345-9597|1884-8125, 10.2208/proer.36.445
  • Relationships between length and weight of freshwater macroinvertebrates in Japan, MIYASAKA Hitoshi, GENKAI‐KATO Motomi, MIYAKE Yo, KISHI Daisuke, KATANO Izumi, DOI Hideyuki, OHBA Shin‐ya, KUHARA Naotoshi, Limnology, 2008年04月, [査読有り], 1439-8621, 10.1007/s10201-008-0238-4
  • Diatoms in Ishite Stream, near the Komenono Forest Research Center of Ehime University, Japan, Taisuke Ohtsuka, Yusuke Nakamura, Shin-ichi Nakano and Yo Miyake, Diatom, 2007年12月, [査読有り], 09119310, 10.11464/diatom1985.23.0_29
  • コンクリート基質-自然基質間における河川性底生動物の群集構造の比較, 金澤 康史・三宅 洋, 応用生態工学, 2006年12月, [査読有り], 1344-3755|1882-5974, 10.3825/ece.9.141
  • 瀬切れが河川性底生動物の生息場所環境および群集構造の流程に沿った変化に及ぼす影響, 峰松 勇二・土肥 唱吾・三宅 洋, 環境システム研究論文集, 2006年10月, [査読有り], 1345-9597, 10.2208/proer.34.47
  • 瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較, 土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, 環境システム研究論文集, 2006年10月, [査読有り], 1345-9597, 10.2208/proer.34.57
  • Food selectivity on microalgae by Cheumatopsyche spp. (Trichoptera, Hydropsychidae) in a reservoir-stream system, 三宅 洋, Proceedings of the Second Japan-Korea Joint Symposium on Limnology, 2005年09月, [査読有り], 10.14903/jslim.2005.0.6.0
  • 河畔林の伐採が河川性底生動物の群集構造に及ぼす影響, 森 照貴・三宅 洋・柴田 叡弌, 日本生態学会誌, 2005年08月, [査読有り], 00215007, 10.18960/seitai.55.2_377
  • Effects of frequent streambed disturbance on the diversity of stream invertebrates, Yo Miyake, Yo Miyake, Tsutom Hiura, Shigeru Nakano, Archiv fur Hydrobiologie, 2005年04月, [査読有り], 00039136, 10.1127/0003-9136/2005/0162-0465
  • Succession in a stream invertebrate community: A transition in species dominance through colonization, MIYAKE Y, HIURA T, KUHARA N, NAKANO S, Ecological Research, 2003年09月, [査読有り], 0912-3814, 10.1046/j.1440-1703.2003.00573.x
  • Effects of substratum stability on diversity of stream invertebrates during baseflow at two spatial scales, Yo Miyake, Shigeru Nakano, Freshwater Biology, 2002年02月, [査読有り], 00465070, 10.1046/j.1365-2427.2002.00798.x
  • Dissolved and particulate carbon dynamics in a cool-temperate forested basin in northern Japan, Hideaki Shibata, Hiromune Mitsuhashi, Yo Miyake, Shigeru Nakano, Hydrological Processes, 2001年07月, [査読有り], 08856087, 10.1002/hyp.241
  • Redd superimposition by introduced rainbow trout, Oncorhynchus mykiss, on native charrs in a Japanese stream, TANIGUCHI Y, MIYAKE Y, SAITO T, URABE H, NAKANO S, Ichthyological Research, 2000年05月, [査読有り], 1341-8998, 10.1007/BF02684235

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 平地河川における出水攪乱に対する底生動物群集の反応, 福﨑 健太・目崎 文崇・三宅 洋, 第47回環境システム研究発表会, 2019年10月, 東京都北区(東洋大学赤羽台キャンパス)
  • Effect of sewerage development on the water quality and invertebrate assemblages in the Shigenobu River, The 23th meeting of the Ecology and Civil Engineering Society, 2019年09月
  • 都市河川において河岸植生が底生動物の出水攪乱への反応に及ぼす影響, 福﨑 健太・上田 航・三宅 洋, 応用生態工学会第23回広島大会, 2019年09月
  • 河床安定性の定性的評価による出水攪乱が平地河川の底生動物に及ぼす影響の解明, 上田 航・福﨑 健太・三宅 洋, 応用生態工学会第23回広島大会, 2019年09月
  • 間欠流区間における底生動物・魚類の群集動態:水制の保全機能の検討, 角田 康佑・三宅 洋・井上 幹生, 応用生態工学会第23回広島大会, 2019年09月
  • 子供を河川に誘引する底生生物相の把握, 小笠原 りさ・目崎 文崇・三宅 洋, 応用生態工学会第23回広島大会, 2019年09月
  • 市民参加による「全国水生生物調査」データの川づくりへの利用可能性・活用方法の検討, 三宅 洋, 令和元年度河川基金研究成果発表会, 2019年08月, 公益財団法人 河川財団, 東京
  • Global patterns of organic-matter decomposition in riverine ecosystems demonstrated through peer sourcing, Tiegs, S.D., D. Costello, M. Isken, G. Woodward, P.B., McIntyre, E. Chauvet, A. Flecker, M.O. Gessner, N. Griffiths, and the CELLDEX Consortium, The 11th Symposium for European Freshwater Science, 2019年07月
  • Effect of sewage development on the water quality and invertebrate assemblages in the Shigenobu River, The 25th Annual Meeting of the Shikoku branch of Japan Society of Civil Engineers, 2019年06月
  • 重信川本川および周辺水域における出水攪乱に対する底生動物の反応, 角田 康佑・大畑 沙紀・三宅 洋, 土木学会四国支部第25回技術研究発表会, 2019年06月
  • 河床安定性の定性的評価による出水攪乱が平地河川の底生動物に及ぼす影響の解明, 上田 航・福﨑 健太・三宅 洋, 土木学会四国支部第25回技術研究発表会, 2019年06月
  • 平成30年7月豪雨に伴う大規模出水に対する河川性底生動物群集の反応, 福﨑 健太・牧野 洸和・三宅 洋, 土木学会四国支部第25回技術研究発表会, 2019年06月
  • 子供を河川に誘引する生物相の把握, 小笠原 りさ・目崎 文崇・三宅 洋, 土木学会四国支部第25回技術研究発表会, 2019年06月
  • A global study of nutrient controls on organic-matter processing, Costello, D., Mathie, D., S.D. Tiegs, and the CELLDEX consortium, Annual Meeting of the Society for Freshwater Science, 2019年05月
  • Responses of stream invertebrate and fish assemblages to an extreme flood event in a Japanese river, Kosuke Sumida, Yo Miyake, Yuya Watanabe and Mikio Inoue, Society for Freshwaer Science 2019 Annual Meeting, 2019年05月
  • 子供を河川に誘引する生物相の把握, 目崎 文崇・三宅 洋, 応用生態工学会第22回研究発表会, 2018年09月
  • 重信川で発生した記録的出水による魚類・底生動物群集の変動, 角田 康祐・三宅 洋・渡辺 裕也・井上 幹生, 応用生態工学会第22回研究発表会, 2018年09月
  • 出水攪乱による平地河川の底生動物群集の変動, 福﨑 健太・三宅 洋・目崎 文崇, 応用生態工学会第22回研究発表会, 2018年09月
  • 日本国内河川の流量・攪乱レジーム特性, 三宅 洋, 水源地生態研究会・山地河道勉強会, 2018年08月, 招待有り
  • Dolly Varden jaw morphology diverges in sympatry with whitespotted charr versus allopatry in two Hokkaido catchments, 9th International Charr Symposium, 2018年06月
  • Global patterns and controls of organic-matter decomposition in streams and riparian zones revealed through crowdsourcing, Society for Freshwater Science 2018 Annual Meeting, 2018年05月
  • 重信川で発生した記録的出水による魚類・底生動物群集の変動, 角田 康祐・三宅 洋・渡辺 裕也・井上 幹生, 土木学会四国支部第24回技術研究発表会, 2018年05月
  • 出水攪乱による平地河川の底生動物群集の変動, 福﨑 健太・三宅 洋・目﨑 文崇, 土木学会四国支部第24回技術研究発表会, 2018年05月
  • 市民参加型調査により得られた河川生物データの有用性の評価, 目崎 文崇・松田 桃子・三宅 洋, 土木学会四国支部第24回技術研究発表会, 2018年05月
  • シンポジウム「河川景観ネットワークの時空間変化 -湧水と氾濫原の変化が生物群集に与える影響に注目して-」コメンテーター, 三宅 洋, 第65回日本生態学会大会, 2018年03月
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した松山市における都市河川の親水性評価, 目崎 文崇・三宅 洋・泉 哲平, 第45回環境システム研究発表会, 2017年10月
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した 都市河川の親水性評価, 三宅 洋・目崎 文崇・泉 哲平, ELR2017, 2017年09月
  • 国内河川における攪乱レジームが底生動物の多様性に及ぼす影響, 渡辺 裕也・吉村 研人・赤坂 卓美・森 照貴・三宅 洋, ELR2017, 2017年09月
  • 研究集会「ダムによる流況の変化と分断化:生態系の再生を目指して」コメンテーター, 三宅 洋, ELR2017, 2017年09月
  • パネルディスカッション「水と大地が織りなす豊かな里山をどう守り、どう活用するか」コーディネーター, 三宅 洋, 第31回全国水環境保全市町村連絡協議会全国大会「名水サミットin西予」, 2017年07月, 招待有り, 全国水環境保全市町村連絡協議会・西予市, 愛媛県立歴史文化博物館(西予市)
  • 研究内容の紹介, 三宅 洋, 第1回田園ロマンの里づくり推進委員会, 2017年06月
  • Merging ecosystemand food-web understanding of the consequences of terrestrial subsidies in a forested stream, Society for Freshwater Science 2017 Annual Meeting, 2017年06月
  • Global-scale patterns and drivers of organic-matter decomposition in streams and riparian zones, Society for Freshwater Science 2017 Annual Meeting, 2017年06月
  • 子供にとって魅力的な生物に着目した都市河川の親水性評価, 目崎 文崇・三宅 洋・泉 哲平, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会, 2017年05月, 土木学会四国支部, 愛媛大学
  • 河川周辺の土地被覆が底生動物に及ぼす影響の解明, 泉 哲平・筒井 大貴・三宅 洋, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会, 2017年05月, 土木学会四国支部, 愛媛大学
  • ダム建設による国内河川の流量レジームの改変, 渡辺 裕也・椋田 勇希・赤坂 卓美・森 照貴・三宅 洋, 土木学会四国支部第23回技術研究発表会, 2017年05月, 土木学会四国支部, 愛媛大学
  • Spatio-temporal change of eel habitat distribution in Japan -The linkages between forests, rivers,SATOYAMA and sea-, Satoshi Kameyama, Yoichi Kawaguchi, Mikio Inoue, Yo Miyake and Seiichi Nohara, 第64回日本生態学会大会, 2017年03月, 日本生態学会, 早稲田大学
  • 日本の河川に生息する魚類の分布と攪乱レジームとの関係性, 川西 亮太・吉村 研人・渡辺 裕也・三宅 洋・井上 幹生・赤坂 卓美, 第64回日本生態学会大会, 2017年03月, 日本生態学会, 早稲田大学
  • LOVE RIVER -これからの重信川-, 三宅 洋, 第20回重信川フォーラム, 2017年02月
  • 日本国内河川の流量・攪乱レジームと底生動物の反応, 三宅 洋・吉村 研人・渡辺 裕也・森 照貴・赤坂 卓美, 日本陸水学会第81回大会, 2016年11月
  • 日本の河川における国外外来魚の分布と攪乱レジームとの関係性, 川西 亮太・吉村 研人・渡辺 裕也・三宅 洋・井上 幹生・赤坂 卓美, 第49会日本魚類学会年会, 2016年09月, 日本魚類学会, 岐阜大学
  • Eel river restoration project in Japan: the linkages between forests, rivers, SATOYAMA and sea, International Conference2016: Toward the Best Practice of River Restoration and Maintenance, 2016年09月
  • 国内河川における攪乱レジームと底生動物相の関係, 渡辺 裕也・吉村 研人・赤坂 卓美・森 照貴・三宅 洋, 応用生態工学会第20回大会, 2016年09月
  • 重信川水系における攪乱レジームと河川動物群集の関係, 泉 哲平・吉村 研人・井上 幹生・三宅 洋, 応用生態工学会第20回大会, 2016年09月
  • 河川性底生動物の干上がり避難場所の解明, 森本 彩夏・吉村 研人・三宅 洋, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会, 2016年05月
  • 国内河川における攪乱レジームと底生動物相の関係, 渡辺 裕也・吉村 研人・赤坂 卓美・森 照貴・三宅 洋, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会, 2016年05月
  • 重信川水系における攪乱レジームと河川動物群集の関係, 泉 哲平・吉村 研人・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会, 2016年05月
  • Flow regime and invertebrate community response across Japanese rivers, Scoiety for Freshwater Science 2016 Annual Meeting, 2016年05月
  • 日本の河川における魚類群集と攪乱レジームとの関係性, 川西 亮太・吉村 研人・渡辺 裕也・三宅 洋・井上 幹生・赤坂 卓美, 第63回日本生態学会大会, 2016年03月
  • 瀬切れ河川における水生昆虫の遺伝的多様性, 八重樫 咲子・戸髙 涼太郎・三宅 洋・渡辺 幸三, 第50回日本水環境学会年会, 2016年03月
  • ダムおよび瀬切れによる河川分断化がエルモンヒラタカゲロウの地域間交流に及ぼす影響の遺伝的評価, 八重樫 咲子・不破 直人・山崎 久美子・三宅 洋・渡辺 幸三, 第52回環境工学研究フォーラム, 2015年11月
  • 長期流量データ解析による国内河川の攪乱レジームの評価, 三宅 洋, 第18回河川生態学術研究発表会, 2015年11月
  • 長期流量データ解析による国内河川の攪乱レジームの評価, 吉村 研人・赤坂 卓美・三宅 洋, 応用生態工学会第19回大会, 2015年09月
  • 次世代シークエンシングとDNA種分類法を用いた河川底生動物群集の種多様性評価, 泉昂佑・Maribet Gamboa・三宅 洋・渡辺 幸三, 応用生態工学会第19回大会, 2015年09月
  • 不安定な環境に生きる-河川生物と攪乱-, 三宅 洋, 平成27年度今西生物部夏講座「地域の自然と環境を考える」, 2015年08月
  • 次世代DNAシークエンシングとDNA種分類法を用いた河川底生動物群集の種多様性評価, 泉 昂佑・Maribet Gamboa・三宅 洋・渡辺 幸三, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会, 2015年05月
  • 攪乱レジームに基づく国内河川の分類, 吉村 研人・岡田 裕成・赤坂 卓美・三宅 洋, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会, 2015年05月
  • 日本全国の河川を対象とした流況-樹林化関係の解析, 三宅 洋・吉村 研人・岡田 裕成・赤坂 卓美, 第62回日本生態学会大会, 2015年03月
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響評価, 山崎 久美子・不破 直人・三宅 洋・渡辺 幸三, 第42回環境システム研究論文発表会, 2014年10月
  • 河川生態系における攪乱研究の現状と課題, 三宅 洋, 応用生態工学会第18回大会, 2014年09月
  • 河道内氾濫原の保全・再生 -諸外国における事例-, 三宅 洋, 応用生態工学会第18回大会, 2014年09月
  • 大規模流量データ解析による河川攪乱レジーム特性の広域的把握, 吉村 研人・三宅 洋・中西 哲, 応用生態工学会第18回大会, 2014年09月
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響評価, 山崎 久美子・不破 直人・三宅 洋・渡辺 幸三, 応用生態工学会第18回大会, 2014年09月
  • DNA-based assessment of species richness of stream macroinvertebrate community using next generation sequencing, 三宅 洋, The 2nd Symposium of Benthological Society of Asia, 2014年06月
  • 次世代DNAシークエンシングを用いた河川底生動物群集の種多様性評価技術の開発, 泉 昂佑・Maribet Gamboa・三宅 洋・渡辺 幸三, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会, 2014年05月
  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響の評価, 山崎 久美子・不破 直人・三宅 洋・渡辺 幸三, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会, 2014年05月
  • 大規模流量データ解析による河川攪乱レジーム特性の広域的把握, 吉村 研人・三宅 洋・中西 哲・今田 慎太郎, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会, 2014年05月
  • Channel incision mediates the effect of flood disturbance on fish and invertebrates, 三宅 洋, Joint Aquatic Science Meeting 2014, 2014年05月
  • なぜ生物多様性か? -保全理由と河川での研究方法-, 三宅 洋, 平成26年度今治西高等学校生物部春講座, 2014年04月
  • 河川生態系における保全重要地の検討, 赤坂 卓美・森 照貴・竹川 有哉・石山 信雄・井上 幹生・三橋 弘宗・河口 洋一・鬼倉 徳雄・三宅 洋・片野 泉・一柳 英隆・中村 太士, 第61回日本生態学会大会, 2014年03月
  • 長期流量データを用いた広域流況解析の重要性, 三宅 洋, 第16回河川生態学術研究発表会, 2013年11月
  • 愛媛県内河川の底生動物相と河川環境, 三宅 洋, 平成25年度今治西高等学校生物部秋季自然科学講座, 2013年11月
  • 河道掘削工事が河川性底生動物に及ぼす影響, 今田 慎太郎・守口 祥平・三宅 洋・井上 幹生, 第41回環境システム研究論文発表会, 2013年10月
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響, 山崎 久美子・三宅 洋・今田 慎太郎, 第41回環境システム研究論文発表会, 2013年10月
  • 河道内氾濫原の保全・再生 -諸外国における事例-, 根岸 淳二郎・三宅 洋, 応用生態工学会第17回研究発表会, 2013年09月
  • 二極化発生区間および解消区間における魚類・底生動物群集の出水攪乱への反応, 今田 慎太郎・三宅 洋・井上 幹生, 応用生態工学会第17回研究発表会, 2013年09月
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響, 山崎 久美子・三宅 洋・今田 慎太郎, 応用生態工学会第17回研究発表会, 2013年09月
  • 今治市内河川の底生動物相 -なぜそこにその虫がいるのか?-, 三宅 洋, 平成25年度今治西高等学校生物部企画1「水環境と水生生物に関する春講座」, 2013年05月
  • 河道掘削工事が魚類・底生動物群集に及ぼす影響, 今田 慎太郎・三宅 洋・井上 幹生・守口 祥平, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会, 2013年05月
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響, 山崎 久美子・三宅 洋・潮見 礼也・今田 慎太郎, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会, 2013年05月
  • 水生動物を用いた”川の健康診断”:全国および地域スケールでの試み, 赤坂 卓美・森 照貴・竹川 有哉・石川 信雄・井上 幹生・三橋 弘宗・河口 洋一・鬼倉 徳雄・三宅 洋・片野 泉・一柳 英隆・中村 太士, 第60回日本生態学会大会, 2013年03月
  • 森林河川から農地河川への傾度に沿った河川性動物の群集構造および魚類食性の変化, 潮見 礼也・三宅 洋・上田 竜士・井上 幹生, 第40回四国魚類研究会, 2013年03月
  • 河道掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響, 今田 慎太郎・三宅 洋・守口 祥平・井上 幹生, 第40回四国魚類研究会, 2013年03月
  • 重信川における市民・大学・行政の連携による流域再生活動, 三宅 洋, 平成24年度 国土交通省分野における生きものにぎわいづくり, 2012年11月
  • 不安定な環境に生きる:流況と河川生物の関係, 三宅 洋, 第1回 河川生態学セミナー:流量変動が河川生態系に及ぼす影響について, 2012年10月, 招待有り
  • 底生動物データを用いた愛媛県50河川の評価, 潮見 礼也・三宅 洋, ELR 2012, 2012年09月
  • 愛媛県道後平野における外来底生動物フロリダマミズヨコエビの分布状況と決定要因, 山根 直也・三宅 洋, ELR 2012, 2012年09月
  • 河川生物に対する渓畔林の餌資源供給機能 -天然林と人工林とでの比較-, 竹林 佑記・井上 幹生・三宅 洋, ELR 2012, 2012年09月
  • 河床掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響の把握, 今田 慎太郎・三宅 洋・潮見 礼也・井上 幹生, ELR 2012, 2012年09月
  • Seasonal use of the hyporheic zone by spinous loach, Cobitis shikokuensis, in an intermittent river, southwestern Japan, 三宅 洋, The 97th Annual Ecological Society of America Meeting, 2012年08月
  • Effects of light intensity and periphyton biomass on colonization pattern of stream invertebrates, 三宅 洋, 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年07月
  • 河床掘削工事が河川性動物群集に及ぼす影響の把握, 今田 慎太郎・潮見 礼也・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会, 2012年05月
  • 間欠河川における底生動物の流程分布の長期的変動および指標種の抽出, 山根 直也・門田 浩太・三宅 洋, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会, 2012年05月
  • 出水攪乱が底生動物に及ぼす影響の河川間比較, 潮見 礼也・仁子 明英・三宅 洋, 土木学会四国支部第18回技術研究発表会, 2012年05月
  • 山地河川における人間活動がアマゴの生息密度改変を介して底生動物に及ぼす間接的影響, 上田 竜士・菊地 修吾・三宅 洋・杉原 達也・井上 幹生, 第56回水工学講演会, 2012年03月
  • 森林河川から農地河川への傾度に沿った河川性動物の群集構造および魚類食性の変化, 潮見 礼也・三宅 洋・上田 竜士・井上 幹生, 第56回水工学講演会, 2012年03月
  • 河川の流量減少が外来性底生動物の侵入過程に及ぼす影響, 山根 直也・酒井 亨・三宅 洋, 第39回環境システム研究論文発表会, 2011年10月
  • 集水域特性が河川生物の群集構造および相互作用に及ぼす影響, 潮見 礼也・三宅 洋・上田 竜士・井上 幹生, 応用生態工学会第15回研究発表会, 2011年09月
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?, 山根 直也・酒井 亨・三宅 洋, 応用生態工学会第15回研究発表会, 2011年09月
  • 集水域特性が河川生物の群集構造およびその相互作用に及ぼす影響, 潮見 礼也・上田 竜士・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会, 2011年09月
  • 愛媛県50河川の調査による集水域特性が底生動物に及ぼす影響の解明, 上田 竜士・岩井 昇平・三宅 洋, 土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会, 2011年09月
  • 干上がり河川におけるベントスおよびハイポレオスの流程分布, 酒井 亨・林 悠允・三宅 洋, 土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会, 2011年09月
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?, 山根 直也・酒井 亨・三宅 洋, 土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会, 2011年09月
  • Effects of light intensity and periphyton biomass on colonization pattern of stream invertebrates, 三宅 洋, North American Benthological Society 2011 Annual Meeting, 2011年05月
  • 河川の流量減少は外来性底生動物の侵入を促進するか?, 山根 直也・酒井 亨・三宅 洋, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会, 2011年05月
  • 愛媛県50河川の調査による集水域特性が底生動物に及ぼす影響の解明, 上田 竜士・岩井 昇平・三宅 洋, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会, 2011年05月
  • 干上がり河川におけるベントスおよびハイポレオスの流程分布, 酒井 亨・林 悠允・三宅 洋, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会, 2011年05月
  • 集水域特性が河川生物の群集構造およびその相互作用に及ぼす影響, 潮見 礼也・上田 竜士・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第17回技術研究発表会, 2011年05月
  • 貧栄養塩河川において光がコントロールする付着藻類の栄養塩含有率がグレイザーの成長および再生産に与える影響, 太田 民久・三宅 洋・日浦 勉, 第58回日本生態学会大会, 2011年03月
  • 重信川の地下にすむ生物 -瀬切れからどうやって逃げるか-, 三宅 洋, 第14回重信川フォーラム, 2011年02月
  • 生態学の知識を河川管理に生かす, 三宅 洋, 平成22年度四国多自然川づくり担当者会議, 2010年10月
  • 水生昆虫にとって洪水はないほうがいい? -実はそうでもないんです-, 三宅 洋, 応用生態工学会第14回札幌自由集会, 2010年09月
  • 重信川における外来生物フロリダマミズヨコエビの分布域拡大状況および侵入条件, 杉原 達也・江頭 麻美・三宅 洋, 応用生態工学会第14回研究発表会, 2010年09月
  • 河床間隙水域は攪乱時の避難場所として無脊椎動物に利用されるか?, 酒井 亨・中野 裕・井上 幹生・三宅 洋, 応用生態工学会第14回研究発表会, 2010年09月
  • 山地河川における人間活動が底生動物群集に及ぼす影響, 上田 竜士・杉原 達也・菊地 修吾・井上 幹生・三宅 洋, 応用生態工学会第14回研究発表会, 2010年09月
  • Impacts of water storage dams on substrate condition and stream invertebrate assemblages, 三宅 洋, The 8th International Symposium on Ecohydraulics 2010, 2010年09月
  • Importance of hyporheic refugia during drying to persistence of a benthic fish population in an intermittent braided river, southwestern Japan, 三宅 洋, Joint Meeting of ASLO & NABS 2010, 2010年06月
  • Responses of macroinvertebrates to flood and drying disturbances: A test of the hyporheic refuge hypothesis in a Japanese intermittent river, 三宅 洋, Joint Meeting of ASLO & NABS 2010, 2010年06月
  • 重信川における外来生物フロリダマミズヨコエビの分布域拡大状況および侵入条件, 杉原 達也・江頭 麻美・三宅 洋, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 2010年05月
  • 河床間隙水域は攪乱時に無脊椎動物の避難場所として利用されるか?, 酒井 亨・中野 裕・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 2010年05月
  • 山地河川における人間活動が河川性底生動物群集に及ぼす影響, 上田 竜士・菊地 修吾・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第16回技術研究発表会, 2010年05月
  • 表流水が枯渇する河川におけるヒナイシドジョウの個体群維持機構:避難場所としての河床間隙域の重要性, 川西 亮太・井上 幹生・三宅 洋, 第57回日本生態学会大会, 2010年03月
  • 変動する環境に生息する河川生物:洪水・干上がりの機能, 三宅 洋, 土木学会四国支部技術講習会, 2010年02月
  • アメリカから重信川をみる, 三宅 洋, 第13回重信川フォーラム, 2010年02月
  • 重信川における河川生態系の現状と保全, 三宅 洋, 応用生態工学会松山 現地勉強会-重信川の自然再生-, 2009年10月
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響, 中野 裕・藤井 信慈・井上 幹生・三宅 洋, 第37回環境システム研究論文発表会, 2009年10月
  • 集水域特性が河川最下流部の底生動物群集に及ぼす影響, 中島 健吾・二神 真介・三宅 洋, 応用生態工学会第13回研究発表会, 2009年09月
  • 光環境勾配に対する河川性底生動物群集の反応, 杉原 達也・中島 健吾・三宅 洋, 応用生態工学会第13回研究発表会, 2009年09月
  • 表流水枯渇時における河床間隙域の魚類による利用-ヒナイシドジョウでの事例-, 川西 亮太・井上 幹生・三宅 洋, 応用生態工学会第13回研究発表会, 2009年09月
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響, 中野 裕・藤井 信慈・井上 幹夫・三宅 洋, 応用生態工学会第13回研究発表会, 2009年09月
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響, 中野 裕・藤井 信慈・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 2009年05月
  • 河川最下流部の調査による集水域特性が河川性底生動物群集に及ぼす影響の把握, 中島 健吾・二神 真介・三宅 洋, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 2009年05月
  • 光環境勾配に対する河川性底生動物群集の反応, 杉原 達也・中島 健吾・三宅 洋, 土木学会四国支部第15回技術研究発表会, 2009年05月
  • 人工林流域における樹冠から河川生物への餌資源の供給, 井上 幹生・三宅 洋・坂本 正吾・篠藤 誠一, 第120回日本森林学会大会, 2009年03月
  • 重信川の瀬切れが河川生物に及ぼす影響, 三宅 洋, 第11回重信川フォーラム, 2009年02月
  • 希少種ヒナイシドジョウの分布様式:流域の土地利用が与える影響, 川西 亮太・井上 幹生・三宅 洋, 第56回日本生態学会大会, 2009年02月
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動, 中野 裕・土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, 第36回環境システム研究論文発表会, 2008年10月
  • 河川最下流部の環境・生物調査による愛媛県29河川の集水域の評価, 中島 健吾・土肥 唱吾・三宅 洋, ELR2008, 2008年09月
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動, 中野 裕・土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, ELR2008, 2008年09月
  • Influence of drought on the longitudinal distribution of stream invertebrates, 三宅 洋, The 56th Meeting of the North American Benthological Society, 2008年05月
  • 重信川の瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動, 中野 裕・土肥 唱吾・峰松 勇二・三宅 洋, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会, 2008年05月
  • 河川最下流部の環境・生物調査による愛媛県29河川の評価, 中島 健吾・土肥 唱吾・三宅 洋, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会, 2008年05月
  • 集水域の土地利用および河畔林伐採が河川性底生動物に及ぼす影響, 荻原 啓司・金澤 康史・三宅 洋, 土木学会四国支部第14回技術研究発表会, 2008年05月
  • 河川性グレイザーにとって明るいことはいいことか?, 三宅 洋・崎村 紀彰・金澤 康史, 第55回日本生態学会大会, 2008年03月
  • 愛媛県重信川流域におけるヒナイシドジョウの分布様式, 川西 亮太・井上 幹生・三宅 洋・清水 孝昭・高木 基裕, 2007年度日本魚類学会年会, 2007年10月
  • 瀬切れ区間における河川性魚類の移動, 土肥 唱吾・井上 幹生・三宅 洋・三谷 哲史, 応用生態工学会第11回研究発表会, 2007年09月
  • 河畔林の伐採が河川性底生動物の群集構造および採餌量に及ぼす影響, 金澤 康史・三宅 洋・崎村 紀彰, 応用生態工学会第11回研究発表会, 2007年09月
  • 瀬切れが河川性底生動物群集の流程分布に及ぼす影響, 峰松 勇二・三宅 洋・木村 沙織, 応用生態工学会第11回研究発表会, 2007年09月
  • 重信川の瀬切れが河川生物の分布に及ぼす影響, 三宅 洋, 第9回重信川フォーラム, 2007年06月
  • 河畔林の伐採が河川性底生動物の群集構造および採餌量に及ぼす影響, 金澤 康史・崎村 紀彰・三宅 洋, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会, 2007年05月
  • 重信川の瀬切れが河川性底生動物群集の流程分布に及ぼす影響, 峰松 勇二・木村 沙織・三宅 洋, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会, 2007年05月
  • 重信川下流瀬切れ区間における河川性魚類の移動, 土肥 唱吾・三谷 哲史・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第13回技術研究発表会, 2007年05月
  • 流域攪乱が河川性底生生物群集へ及ぼす影響, 神山 塁・森 照貴・三宅 洋, 第54回日本生態学会大会, 2007年03月
  • 瀬切れが河川性底生動物生息場所環境および群集構造の流程に沿った変化に及ぼす影響, 峰松 勇二・土肥 唱吾・三宅 洋, 第34回環境システム研究論文発表会, 2006年10月
  • 瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較, 土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, 第34回環境システム研究論文発表会, 2006年10月
  • 集水域特性が河川性底生動物の生息場所環境および群集構造に及ぼす影響, 三宅 洋・三橋 弘宗・秋山 侃, 日本陸水学会第71回大会, 2006年09月
  • 土地利用と水質との関係, 大森 浩二・佐貫 方城・松濤 一平・宮坂 仁・大西 秀次郎・堤 純・井上 幹生・三宅 洋, 日本陸水学会第71回大会, 2006年09月
  • コンクリート基質-自然基質間における河川性底生動物の群集構造の比較, 金澤 康史・三宅 洋, 応用生態工学会第10回研究発表会, 2006年09月
  • Effects of catchment characteristics on habitat environment and community structure of stream invertebrates, 三宅 洋, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, 2006年06月
  • コンクリート基質-自然基質間における河川性底生動物群集の群集構造の比較, 金澤 康史・三宅 洋, 土木学会四国支部第12回技術研究発表会, 2006年05月
  • 重信川における河川性底生動物の流程分布:瀬切れと水質の影響, 峰松 勇二・土肥 唱吾・三宅 洋, 土木学会四国支部第12回技術研究発表会, 2006年05月
  • 重信川下流の瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較, 土肥 唱吾・峰松 勇二・井上 幹生・三宅 洋, 土木学会四国支部第12回技術研究発表会, 2006年05月
  • 河川性底生動物の群集構造と落葉分解速度との関係, 神山 塁・森 照貴・三宅 洋, 第53回日本生態学会大会, 2006年03月
  • 重信川の瀬切れが河川生物の時間的・空間的分布に及ぼす影響, 三宅 洋, 第8回重信川フォーラム, 2006年02月
  • 農地開拓や河川改修が河川生物群集に与える影響, 三宅 洋, 毎日新聞朝刊(えひめエコウォッチング), 2005年12月, 招待有り
  • 複数の貯水ダムが河川性底生動物の流程分布に及ぼす影響, 三宅 洋・細田 大三郎・渡邊 智紀, 応用生態工学会第9回研究発表会, 2005年10月
  • Food selectivity on microalgae by aquatic insects in a reservoir - stream system, 三宅 洋, The Second Japan-Korea Joint Symposium on Limnology, 2005年09月
  • 洪水撹乱が底生動物に及ぼす影響の改変河川-自然河川間における比較, 三宅 洋・榎本 祐介・昌子 公太, 日本陸水学会第70回大会, 2005年09月
  • 貯水ダムが底生動物に及ぼす影響の支流流入による緩和, 渡邊 智紀・細田 大三郎・三宅 洋, 土木学会四国支部第11回技術研究発表会, 2005年05月
  • 貯水ダムが河川性底生動物群集に及ぼす影響, 三宅 洋・細田 大三郎・渡邊 智紀, 第52回日本生態学会大会, 2005年03月
  • 貯水ダムが河川性底生動物群集に及ぼす影響 ―複数ダム群を対象にしたパターン化の試み―, 三宅 洋, 応用生態工学会第8回研究発表会, 2004年10月
  • 河畔林の断続的な伐採が河川性底生動物の群集構造に及ぼす影響, 森 照貴・三宅 洋・柴田 叡弌, 第51回日本生態学会大会, 2004年08月
  • 人間活動が河川生物に及ぼす影響について, 三宅 洋, 第5回重信川フォーラム, 2004年05月
  • 頻繁な河床撹乱が河川性無脊椎動物の多様性を高める, 三宅 洋・日浦 勉・中野 繁, 応用生態工学会第7回研究発表会, 2003年10月
  • 平水時の砂礫移動が河川性無脊椎動物の多様性に及ぼす影響, 三宅 洋・中野 繁, 応用生態工学会第6回研究発表会, 2002年09月
  • 分類群間における移動能力の差が河川性無脊椎動物群集の遷移を引き起こす, 三宅 洋, 第26回水生昆虫研究会, 2002年09月
  • 間活動が河川性魚類におよぼす影響~色々な空間的スケールで考える~, 三宅 洋, 日本製紙株式会社勇払工場社員勉強会, 2002年06月, 招待有り
  • 頻繁な撹乱が河川性ベントス群集の多様性を高める, 三宅 洋, 第49回日本生態学会大会, 2002年03月
  • Succession in a stream grazer assemblage under different resource level: circumstantial evidence for competitive exclusion, The 49th Meeting of the North American Benthological Society, 2001年06月
  • Trade-off between competitive and colonizing abilities in stream mayfly grazers, 三宅 洋, The 49th Meeting of the North American Benthological Society, 2001年06月
  • 藻類食水生昆虫群集における多様性の維持機構, 三宅 洋・日浦 勉・久原 直利・中野 繁, 第48回日本生態学会大会, 2001年03月
  • 河川性ベントス群集における多様性-撹乱関係, 三宅 洋, 第48回日本生態学会大会, 2001年03月
  • Effects of substrate stability on community diversity of stream invertebrates, 三宅 洋, A food web conference, 2000年12月
  • 河床の安定性が無脊椎動物群集の多様性に及ぼす影響, 三宅 洋・中野 繁, 第47回日本生態学会大会, 2000年03月
  • 石が動けば多様性が上がる:河床の安定性がベントスの種多様度に及ぼす影響, 三宅 洋・中野 繁, 45回日本生態学会大会, 1998年03月

MISC

  • 河川分断化が底生動物3種の遺伝的分化へ及ぼす影響評価, 山崎 久美子・不破 直人・三宅 洋・渡辺幸三, 第42回環境システム研究論文発表会講演集, 159, 164, 2014年10月, 1345-9589
  • 流量変動に伴う生息場所サイズの変動が河川性底生動物に及ぼす影響, 山崎 久美子・三宅 洋・今田 慎太郎, 第41回環境システム研究論文発表会講演集, 329, 336, 2013年10月, 1345-9589
  • 河道掘削工事が河川性底生動物に及ぼす影響, 今田 慎太郎・守口 祥平・三宅 洋・井上 幹生, 第41回環境システム研究論文発表会講演集, 329, 336, 2013年10月, 1345-9589
  • 底生動物による愛媛県50河川の環境評価, 三宅 洋, 月刊愛媛ジャーナル, 平成25年4月号, 84, 87, 2013年04月
  • 人間にとって安全で快適な川でありながら,生態系も健全な状態に保たれている川のあり方を生き物の目から考える, 三宅 洋, 愛媛大学「研究室からこんにちは!」5, 5, 26, 43, 2011年06月, 978-4901108935
  • 四国の多様な河川環境と生物相, 三宅 洋, 河川文化, 52, 24, 25, 2010年12月
  • 重信川瀬切れ区間の河床間隙水域における動物相の把握, 三宅 洋・中野 裕・土肥 唱吾・峰松 勇二, 工学ジャーナル, 8, 77, 83, 2009年03月, 18811582
  • 重信川の瀬切れが河川性動物の分布に及ぼす影響, 土肥 唱吾・三谷 哲史・峰松 勇二・木村 沙織・井上 幹生・三宅 洋, 工学ジャーナル, 7, 133, 145, 2008年03月, 18811582
  • 底生動物にとって砂礫はどれくらい動けばいいのか?, 三宅 洋, 河川, 66, 12, 63, 65, 2007年12月
  • ダムが底生動物に与える影響の支流流入による緩和, 渡邊 智紀・細田 大三郎・三宅 洋, 工学ジャーナル, 5, 163, 172, 2006年03月, 13489895, We conducted a field survey in Hida River basin in Gifu prefecture on September, 2004, to reveal the impacts of storage dams on stream invertebrate assemblage and the mediation of the impacts by the confluence of tributaries. Study sites were established in upstream and downstream reaches of 4 storage dams, in 4 tributaries that confluent downstream of each dam, and in downstream of each confluence. The water depth and the value of the DCA axis 1, which indicates community structure of stream invertebrates, were lower, and the standing crop of particulate organic matter was higher in the downstream of the dams. However, these values in the downstream of confluence were similar to those in upstream of dams and in tributaries, implying that the impacts of storage dams were mitigated by the confluence of tributaries. We suggest that the confluence of tributary in downstream of dam mitigates the changes in the flow regime and the deposition of the organic matter caused by storage dams.
  • 知床半島西岸河川の水質環境, 野崎 健太郎・三橋 弘宗・岸 大弼・三宅 洋・河口 洋一・谷口 義則, 知床博物館研究報告, 5, 31, 36, 2002年03月
  • 知床半島の河川におけるオショロコマおよびサクラマスの個体群の現状, 谷口 義則・岸 大弼・三宅 洋・河口 洋一・岩田 智也・三橋 弘宗・野崎 健太郎・村上 正志・西川 絢子・加藤 千佳・中野 繁, 知床博物館知床博物館研究報告, 21, 43, 50, 2000年03月
  • 河畔林から河川にかけての炭素動態, 浪花 彰彦・田中 夕美子・中野 繁・三宅 洋・本守 香陽子・柴田 英昭・藤戸 永志・三橋 弘宗, 北方森林保全技術, 17, 36, 40, 1999年10月, 13445855

その他研究情報

受賞

  • 2018年10月, 日本魚類学会, Ichthyological Research誌2018年度論文賞, Vertical migration in streams: seasonal use of the hyporheic zone by the spinous loach Cobitis shikokuensis
  • 2002年03月, 日本生態学会, 日本生態学会第49回大会優秀ポスター賞, 頻繁な撹乱が河川性ベントス群集の多様性を高める

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2017年, 前期, 学部, 工学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 微積分Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 生態系保全工学
  • 2019年, 前期, 修士, 生物多様性と人間活動
  • 2019年, 前期, 学部, 生態系保全工学

論文指導(B07)

  • 2018年, 4, 0, 3, 0, 1, 1, 0, 0
  • 2016年, 4, 0, 2, 0, 0, 0, 0, 0
  • 2017年, 4, 0, 2, 0, 1, 1, 0, 0

論文審査(B10)

  • 2018年, 2


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.