研究者データベース

高橋 学タカハシ マナブ

所属部署名社会共創学部 産業イノベーション学科
職名教授
Last Updated :2020/05/22

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    高橋 学
  • 氏名(カナ)

    タカハシ マナブ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/read0183369/avatar.jpg

所属

所属・職名

  • 部署

    社会共創学部 産業イノベーション学科
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1993年, 長岡技術科学大学, 工学研究科
  • 1993年, 長岡技術科学大学

学位

  • 博士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • 中国・四国工学教育協会
  • SOFC研究会
  • 日本塑性加工学会
  • 日本材料学会
  • 日本機械学会
  • The Society of Materials Science, Japan
  • The Japan Society of Mechanical Engineers.

委員歴

  • 2016年04月 - 現在, 新居浜ものづくりブランド, 新居浜ものづくりブランド委員
  • 2015年04月 - 現在, 日本複合材料学会, 地区幹事
  • 2017年04月 - 2019年05月, 日本材料学会, 理事
  • 2018年04月 - 2019年03月, 日本材料学会四国支部, 支部長
  • 2017年05月 - 2018年05月, 日本材料学会第66期通常総会・学術講演会実行委員会, 委員
  • 2017年04月 - 2018年03月, 日本材料学会四国支部, 副支部長
  • 2015年04月 - 2017年03月, 日本材料学会, 代議員
  • 2015年04月 - 2017年03月, 日本機械学会中国四国支部, 副支部長
  • 2015年04月 - 2016年03月, 日本機械学会, 会員部会委員
  • 2014年04月 - 2016年03月, 日本機械学会中国四国支部, 地区幹事
  • 2013年04月 - 2016年03月, 日本機械学会中国四国支部, 商議員
  • 2010年 - 2011年, 日本機械学会, 第88期 機械材料・材料加工部門運営委員会構成員, 日本機械学会
  • 2010年 - 2011年, 日本機械学会, 日本機械学会イノベーションセンター研究協力事業委員会RC248分科会, 日本機械学会
  • 2008年 - 2010年, 日本機械学会, 日本機械学会 中国四国支部学生会会員校 担当, 日本機械学会
  • 2008年 - 2009年, 日本機械学会, 第86-87期バイオエンジニアリング部門運営委員会構成員, 日本機械学会
  • 2009年 - , 日本材料学会, 査読委員, 日本材料学会
  • 2009年 - , 日本材料学会, 四国支部 会計幹事, 日本材料学会
  • 2008年 - , 日本材料学会, 疲労部門委員会 幹事, 日本材料学会
  • 2006年 - 2006年, 日本材料学会, 企画事業委員会委員, 日本材料学会
  • 2004年 - 2006年, 日本機械学会, 材料力学部門拡大運営委員会委員, 日本機械学会
  • 2006年 - , 日本機械学会, 日本機械学会 校閲委員, 日本機械学会
  • 2005年 - 2005年, 日本材料学会, 四国支部 庶務幹事, 日本材料学会
  • 2005年 - 2005年, 日本機械学会, 第83期材料力学部門第5技術委員会委員, 日本機械学会
  • 2004年 - 2004年, 日本機械学会, 第82期会員部会委員, 日本機械学会
  • 2004年 - 2004年, 日本機械学会, 第82期材料力学部門第8・9技術委員会委員, 日本機械学会
  • 2004年 - , 日本機械学会, 中国四国支部 代議員, 日本機械学会
  • 2001年 - , 日本材料学会, 四国支部 常議員, 日本材料学会

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 材料力学、機械材料

研究キーワード

  • バイオメカニクス
  • セラミックス/金属接合
  • 接触強度
  • セラミックス
  • 破壊力学
  • 材料強度
  • Biomechanics
  • Ceramic-metal joint
  • Contact strength
  • Ceramics
  • Fracture strength
  • Strength and fracture of materials

著書・発表論文等

論文

  • 前十字靭帯再建術における改良型エンドボタンの開発と力学的検討, 高橋敏明, 高橋学, 日本整形外科スポーツ医学会雑誌, 日本整形外科スポーツ医学会雑誌, 2019年08月, 1340-8577
  • Biomechanical study of optimum anchorage in dome-shaped high tibial osteotomy, Toshiaki Takahashi, TAKAHASHI Manabu, Haruyasu Yamamoto, Hiromasa Miura, Journal of Orthopaedic Surgery, Journal of Orthopaedic Surgery, 2018年08月, [査読有り], 2309-4990, 10.1177/2309499018792406
  • 脆性破壊のための確率論的モデルとシャルピー吸収エネルギーの統計的性質, 松田 伸也, 高橋 学, 日本金属学会誌, 日本金属学会誌, 2018年02月, [査読有り], 0021-4876, 10.2320/jinstmet.J2017049
  • Investigation of crack generation in a notch during diameter-enlargement working method processing, Xia Zhu, Hironori Takahashi, Keiji Ogi, Manabu Takahashi, Nagatoshi Okabe, Key Engineering Materials, Key Engineering Materials, 2015年, 1013-9826, 10.4028/www.scientific.net/KEM.656-657.473
  • Controlling wrinkling and flatness during the processing of the bend section of a pipe by applying vibration to the mandrel, Xia Zhu, Narumi Wada, Keiji Ogi, Hiroshi Kurosu, Manabu Takahashi, Hiromasa Senba, Key Engineering Materials, Key Engineering Materials, 2015年, 1013-9826, 10.4028/www.scientific.net/KEM.656-657.600
  • Fracture-induced amorphization of polycrystalline SiO2 stishovite: a potential platform for toughening in ceramics, Norimasa Nishiyama, Fumihiro Wakai, Hiroaki Ohfuji, Yusuke Tamenori, Hidenobu Murata, Takashi Taniguchi, Masafumi Matsushita, Manabu Takahashi, Eleonora Kulik, Kimiko Yoshida, Kouhei Wada, Jozef Bednarcik, Tetsuo Irifune, SCIENTIFIC REPORTS, SCIENTIFIC REPORTS, 2014年10月, [査読有り], 2045-2322, 10.1038/srep06558
  • Estimation of foreign-object damage to silicon carbide plates by silicon nitride spherical projectiles, Manabu Takahashi, Shigeki Yashiro, Keiji Ogi, Nagatoshi Okabe, 20TH EUROPEAN CONFERENCE ON FRACTURE, 20TH EUROPEAN CONFERENCE ON FRACTURE, 2014年, [査読有り], 2211-8128, 10.1016/j.mspro.2014.06.017
  • Fatigue damage in diameter-enlargement part formed by cyclic bending and axial compressive Load, Xia Zhu, Kenichiroh Hosokawa, Keiji Ogi, Manabu Takahashi, Nagatoshi Okabe, 20TH EUROPEAN CONFERENCE ON FRACTURE, 20TH EUROPEAN CONFERENCE ON FRACTURE, 2014年, [査読有り], 2211-8128, 10.1016/j.mspro.2014.06.242
  • Basic research on new near-net-shape working method for processing multistage shaft, Xia Zhu, Kei Ji Ogi, Manabu Takahashi, Nagatoshi Okabe, Kazuki Mori, Applied Mechanics and Materials, Applied Mechanics and Materials, 2014年, 1660-9336, 10.4028/www.scientific.net/AMM.473.35
  • Deformation behaviors of partial diameter-enlargement part worked under combination loading of torsion and pressure, Xia Zhu, Kei Ji Ogi, Manabu Takahashi, Kazuki Mori, Nagatoshi Okabe, Applied Mechanics and Materials, Applied Mechanics and Materials, 2014年, [査読有り], 1660-9336, 10.4028/www.scientific.net/AMM.473.30
  • S45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>接合体の熱疲労寿命に及ぼす温度範囲および中間層厚さの影響, 攝津暢浩, 松下正史, 高橋学, 水井洸佑, 岡部永年, 大藤弘明, 材料システム, 材料システム, 2013年03月, 0286-6013
  • Synthesis of nanocrystalline bulk SiO2 stishovite with very high toughness, Norimasa Nishiyama, Satoshi Seike, Teruo Hamaguchi, Tetsuo Irifune, Masafumi Matsushita, Manabu Takahashi, Hiroaki Ohfuji, Yoshio Kono, SCRIPTA MATERIALIA, SCRIPTA MATERIALIA, 2012年12月, [査読有り], 1359-6462, 10.1016/j.scriptamat.2012.08.028
  • Fracture analysis for ceramic ball in backflow valve, M. Takahashi, N. Okabe, Y. Abe, K. Fujiki, R. Kanbayashi, FATIGUE & FRACTURE OF ENGINEERING MATERIALS & STRUCTURES, FATIGUE & FRACTURE OF ENGINEERING MATERIALS & STRUCTURES, 2012年04月, 8756-758X, 10.1111/j.1460-2695.2011.01619.x
  • Influence of brazing filler metal diffusion on the mechanical strength of SUS304/Cu/Si 3N 4 Composite, Nobuhiro Settsu, Masafumi Matsushita, Manabu Takahashi, Masaki Tanimoto, Hiroaki Ohfuji, Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan, Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan, 2012年02月, 0514-5163, 10.2472/jsms.61.197
  • 熱負荷を受けるS45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>接合体の疲労損傷および機械的特性, 攝津暢浩, 岡部永年, 高橋学, 松下正史, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 焼入れ炭素鋼の焼前れ発生に関する破壊力学的検討, 田中大樹, 高橋学, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • Fatigue strength of shaft with diameter enlarged partially by cyclic bending and axial compressive loading, Xia Zhu, Nagatoshi Okabe, Keiji Ogi, Manabu Takahashi, Applied Mechanics and Materials, Applied Mechanics and Materials, 2012年, [査読有り], 1660-9336, 10.4028/www.scientific.net/AMM.217-219.2346
  • 繰返し熱負荷を受けるCu/AlN複合基板の機械的強度特性, 攝津暢浩, 高橋学, 松下正史, 岡部永年, 材料, 材料, 2012年, 0514-5163, 10.2472/jsms.61.530
  • S45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>複合材料の機械的特性に及ぼす熱負荷条件の影響, 攝津暢浩, 高橋学, 松下正史, 黄木景二, 堤三佳, 材料, 材料, 2012年, 0514-5163, 10.2472/jsms.61.292
  • Empirical models for matrix cracking in a CFRP cross-ply laminate under static- and cyclic-fatigue loadings, Keiji Ogi, Manabu Takahashi, Shigeki Yashiro, Polymer Composites, Polymer Composites, 2011年10月, 0272-8397, 10.1002/pc.21192
  • 肝臓の応力緩和挙動に及ぼす流体特性の影響, 高橋学, 黄木景二, 松枝正樹, 金沢工業大学材料システム研究所材料システム, 金沢工業大学材料システム研究所材料システム, 2011年01月, 0286-6013
  • セラミックスのための熱衝撃後の残存強度予測, 松田伸也, 黄木景二, 高橋学, 尾上拓史, 日本機械学会, 日本機械学会, 2011年, 1884-8338, 10.1299/kikaia.77.126
  • セラミック球の斜め接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋学, 重吉正志, 仲田知裕, 小松純任, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2010年10月
  • Fracture strength distribution of porous ceramics under quasi-static load, Shinya Matsuda, Manabu Takahashi, ENGINEERING FRACTURE MECHANICS, ENGINEERING FRACTURE MECHANICS, 2010年09月, [査読有り], 0013-7944, 10.1016/j.engfracmech.2010.06.005
  • 肝臓組織の損傷挙動に及ぼす負荷速度の影響, 高橋学, 黄木景二, 田中大介, 日本機械学会日本機械学会論文集A編, 日本機械学会日本機械学会論文集A編, 2010年05月, 0387-5008, 10.1299/kikaia.76.625
  • Experimental characterization of high-speed impact damage behavior in a three-dimensionally woven SiC/SiC composite, Keiji Ogi, Tomonaga Okabe, Manabu Takahashi, Shigeki Yashiro, Akinori Yoshimura, Toshio Ogasawara, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, 2010年04月, [査読有り], 1359-835X, 10.1016/j.compositesa.2009.12.005
  • 確率的SCGモデルに基づくトランスバースクラックに対する疲労限度線図, 黄木 景二, 高橋 学, 日本複合材料学会日本複合材料学会誌, 日本複合材料学会日本複合材料学会誌, 2010年, 0385-2563, 10.6089/jscm.36.129
  • A probabilistic static fatigue model for transverse cracking in CFRP cross-ply laminates, Keiji Ogi, Shigeki Yashiro, Manabu Takahashi, Shinji Ogihara, Composites Science and Technology, Composites Science and Technology, 2009年03月, [査読有り], 0266-3538, 10.1016/j.compscitech.2008.11.023
  • 740 熱電モジュールの熱疲労寿命の向上(疲労寿命・評価,疲労損傷の機構解明と評価,オーガナイスドセッション1), 摂津 暢浩, 高橋 学, 黄木 景二, 出口 智也, 岡部 永年, 土肥 俊介, 堤 三佳, 学術講演会講演論文集, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • Non-invasive monitoring of temperature distribution inside materials with ultrasound inversion method., Ikuo Ihara, Manabu Takahashi, IJISTA, IJISTA, 2009年, [査読有り], 10.1504/IJISTA.2009.025108
  • セラミック軸受球の静・動的接触強度特性, 高橋 学, 鍛治川 晋也, 松田 伸也, 黄木 景二, 岡部 永年, 材料, 材料, 2009年, 0514-5163, 10.2472/jsms.58.338
  • セラミックス/金属接合部材のせん断破壊挙動, 重本丈治, 高橋学, 松田伸也, 井川貴史, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2008年09月
  • 損傷許容発現先進無気孔型SiCの熱衝撃破壊特性, 松田 伸也, 高橋 学, 尾上 拓史, 黄木 景二, 松下 正史, 岡部 永年, 大藤 弘明, 日本機械学會論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 日本機械学會論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 2008年08月, 0387-5008
  • 719 セラミック球-球接触によるリングクラック発生強度特性(セラミックス材料I,一般セッション), 高橋 学, 鍛治川 晋也, 岡部 永年, 学術講演会講演論文集, 学術講演会講演論文集, 2008年
  • Strength Property and Mechanics Model of Ring Crack Initiation caused by Sphere Indentation in Dense Ceramics with Damage Tolerance Ability, 2008年
  • Study for Loading Rate Dependence on Strength Properties of Advanced Pore-Free SiC with Damage Tolerance, Journal of the Society of Materials Science, Japan, Journal of the Society of Materials Science, Japan, 2008年, 0514-5163, 10.2472/jsms.57.292
  • Study for the origin of fracture of advanced pore-free silicon carbide with damage tolerance, Shinya Matsuda, Masafumi Matsushita, Manabu Takahashi, Hiroaki Ohfuji, Nagatoshi Okabe, Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan, Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan, 2008年01月, [査読有り], 1882-0743, 10.2109/jcersj2.116.126
  • 損傷許容性発現先進無気孔型SiCの球圧子押込みによるリングクラック発生強度特性, 松田伸也, 高橋学, 松下正史, 岡部永年, 大藤弘明, 材料, 材料, 2008年, 0514-5163, 10.2472/jsms.57.1138
  • 損傷許容発現先進無気孔型SiCの熱衝撃破壊特性, 松田 伸也, 高橋 学, 尾上 拓史, 黄木 景二, 松下 正史, 岡部 永年, 大藤 弘明, 日本機械学会日本機械学会論文集A編, 日本機械学会日本機械学会論文集A編, 2008年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.74.1156
  • 損傷許容性発現先進気孔型SiCの球圧子押込みによるリングクラック発生強度特性, 日本材料学会材料, 日本材料学会材料, 2008年, 10.2472/jsms.57.1138
  • 損傷許容性発現先進無気孔型SiCの強度特性に対する負荷速度依存性の検討, 松田伸也, 高橋学, 岡部永年, 日本材料学会材料, 日本材料学会材料, 2008年, 0514-5163, 10.2472/jsms.57.292
  • Si粒子分散による先進無気孔型SiCの破壊特性, 松田 伸也, 高橋 学, 岡部 永年, 日本機械学会日本機械学会論文集 A編, 日本機械学会日本機械学会論文集 A編, 2007年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.73.926
  • Development of reformative surgery method using partial freezing for the liver, M. Takahashi, S. Nomura, M. Jindai, S. Shibata, X. Zhu, Y. Watanabe, K. Kawachi, N. Okabe, JOURNAL OF BIOMECHANICAL ENGINEERING-TRANSACTIONS OF THE ASME, JOURNAL OF BIOMECHANICAL ENGINEERING-TRANSACTIONS OF THE ASME, 2006年12月, 0148-0731, 10.1115/1.2244577
  • セラミックスの接触強度に及ぼす丸棒接触および水平力の影響, 阿部 豊, 岡部 永年, 高橋 学, 日本機械学会論文集,A編, 日本機械学会論文集,A編, 2006年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.72.2038
  • 飛翔球衝突によるセラミック平板の損傷挙動, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 秋月 洋輔, 柴崎 司郎, 日本機械学会論文集A編, 日本機械学会論文集A編, 2006年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.72.2045
  • 圧縮負荷下における肝臓の機械的性質, 高橋 学, 黄木 景二, 田中 大介, 中西 高英, 渡部 祐司, 岡部 永年, 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 日本機械学会論文集. A編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. A, 2005年02月, 0387-5008
  • プラスチック製止血帯を用いた軟器官の変形シミュレーション, 金沢工業大学材料システム研究所材料システム, 金沢工業大学材料システム研究所材料システム, 2005年
  • セラミックス/金属接合部品の残存接合強度に及ぼす接合構造の影響, 朱 霞, 岡部 永年, 高橋 学, 中橋 昌子, 日本材料学会材料, 日本材料学会材料, 2005年, 0514-5163, 10.2472/jsms.54.741
  • セラミックスの球-平板接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 松井 實, 材料 = JOURNAL OF THE SOCIETY OF MATERIALS SCIENCE, JAPAN, 材料 = JOURNAL OF THE SOCIETY OF MATERIALS SCIENCE, JAPAN, 2004年10月, 0514-5163
  • ガラスの接触強度と確率論的評価, 高橋 学, 岡部 永年, 泉 直浩, 材料, 材料, 2004年02月, 0514-5163
  • 愛媛大学 医・理・工学連携「医療先端技術研究会」 : 境界学問への挑戦, 高橋 学, 日本機械学会誌, 日本機械学会誌, 2004年, 0021-4728
  • Strength estimation of ceramic-metal joints with various interlayer thicknesses, TAKAHASHI M, OKABE N, ZHU X, KAGAWA K, Fatigue & Fract. of Eng. Mater. & Struct., Fatigue & Fract. of Eng. Mater. & Struct., 2003年, 8756-758X, 10.1046/j.1460-2695.2003.00581.x
  • Probabilistie strength estimation for ceramic-metal joints with various interlayer thicknesses, Manabu Takahashi, Nagatoshi Okabe, Xia Zhu, Ken Ichiro Kagawa, Materials Science Research International, Materials Science Research International, 2002年09月, 1341-1683, 10.2472/jsms.51.9Appendix_109
  • Reliability of Strength and Long-Term Life for Ceramics/Metal Jointing Parts under Neutron Irradiation, 日本材料学会, 日本材料学会, 2002年, 10.2472/jsms.51.9Appendix_101
  • Probabilistic Strength Estimation for Ceramic-Metal Joints with Various Interlayer Thicknesses, 日本材料学会, 日本材料学会, 2002年, 10.2472/jsms.51.9Appendix_109
  • セラミックス/金属接合部材の破壊強度データベースと強度解析, 材料, 材料, 2002年, 10.2472/jsms.51.61
  • セラミックス/金属接合部材の中間層厚さに対する破壊確率論的強度推定, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 賀川 賢一郎, 日本材料学会材料, 日本材料学会材料, 2001年, 0514-5163, 10.2472/jsms.50.7
  • 繊維機械におけるセラミック部品の強度・信頼性の向上 -セラミックディスクの破壊メカニズムの解明-, 阿部幹夫, 岡部永年, 高橋学, 材料, 材料, 2001年, 0514-5163, 10.2472/jsms.50.284
  • セラミックス/金属接合部材の最適中間層厚さに関する検討, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 賀川 賢一郎, 小林 英男, 日本材料学会材料, 日本材料学会材料, 2000年, 0514-5163, 10.2472/jsms.49.905
  • 小球衝突に対するセラミックス部材の破壊形態と強度特性について, 岡部 永年, 高橋 学, 森澤 希, 伊藤 洋茂, 日本機械学会論文集A編, 日本機械学会論文集A編, 2000年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.66.1758
  • セラミックス/金属接合材の残留応力と疲労強度特性, 岡部 永年, 高橋 学, 朱 霞, 賀川 賢一郎, 丸山 美保, 材料, 材料, 1999年, 0514-5163, 10.2472/jsms.48.1416
  • 負荷速度依存性を考慮したセラミックス/金属接合部材強度の確率論的評価, 高橋学, 岡部永年, 小林英男, 材料, 材料, 1999年, 0514-5163, 10.2472/jsms.48.1288
  • セラミックス/金属接合部材の破断時間強度と信頼性評価, 材料, 材料, 1998年, 10.2472/jsms.47.1221
  • アルミナの疲労き裂伝ぱにおけるき裂先端応力拡大係数Ktipの有効性と結晶粒径の影響, 宮下 幸雄, 武藤 睦治, 高橋 学, 植松 敬三, 日本機械学会論文集 A編, 日本機械学会論文集 A編, 1996年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.62.1985
  • Fatigue Crack Growth Behavior of Surface Crack in Silicon Nitride, ASTM STP 1184, ASTM STP 1184, 1995年
  • Fatigue crack growth behavior of surface cracks in silicon nitride, Yoshiharu Mutoh, Manabu Takahashi, Akira Kanagawa, ASTM Special Technical Publication, ASTM Special Technical Publication, 1994年10月, 1040-3094
  • Effect of Grain Size on Fatigue Crack Growth in Silicon Nitride and Alumina, Plastic deformation of Ceramics Engineering Foundation, Plastic deformation of Ceramics Engineering Foundation, 1994年
  • FATIGUE-CRACK GROWTH IN SEVERAL CERAMIC MATERIALS, Y MUTOH, M TAKAHASHI, M TAKEUCHI, FATIGUE & FRACTURE OF ENGINEERING MATERIALS & STRUCTURES, FATIGUE & FRACTURE OF ENGINEERING MATERIALS & STRUCTURES, 1993年08月, 8756-758X, 10.1111/j.1460-2695.1993.tb00126.x
  • Significance of Ktip in Fatigue Crack Growth Behavior of Silicon Nitride, Advanced Materials '93 I/A Transactions of the Materials Research Society of Japan, Advanced Materials '93 I/A Transactions of the Materials Research Society of Japan, 1993年
  • セラミックスの疲労き裂伝ぱ特性に関する基礎的研究, 学位論文, 学位論文, 1993年
  • Mechanisms of Fatigue Crack Growth in Silicon Nitride, Theoretical Concepts and Numerical Analysis of Fatigue. MCEP Ltd. , Bermingham, Theoretical Concepts and Numerical Analysis of Fatigue. MCEP Ltd. , Bermingham, 1992年
  • Fatigue Crack Growth of Long and Short Cracks in Silicon Nitride, Fatigue of Advanced Materials MCEP Ltd., Fatigue of Advanced Materials MCEP Ltd., 1991年
  • Effect of Surface Finish on Fatigue Strength in Silicon Nitride, Mechanical Behavior of Materials-VI Pergamon Press, Oxford, Mechanical Behavior of Materials-VI Pergamon Press, Oxford, 1991年
  • 異なる試験法による数種の構造用セラミックスの破壊靭性評価, 宮原 信幸, 武藤 睦治, 田中 小一紘一, 高橋 学, 日本機械学会論文集A編, 日本機械学会論文集A編, 1991年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.57.1326
  • 数種のセラミックスの静疲労および繰返し疲労き裂伝ぱ特性, 高橋 学, 武藤 睦治, 日本機械学会論文集A編, 日本機械学会論文集A編, 1991年, 0387-5008, 10.1299/kikaia.57.2615
  • 窒化けい素における長いき裂と短いき裂の疲労き裂伝ぱ挙動, 高橋 学, 武藤 睦治, 岡本 寛巳, 老川 恒夫, 材料, 材料, 1991年, 0514-5163, 10.2472/jsms.40.588

講演・口頭発表等

  • セラミックス軸受球の多重リングクラック発生推定モデルの構築, 近土大起, 高橋 学, 日本材料学会四国支部学術講演会, 2019年04月
  • TEMPO酸化セルロースナノファイバーによるゲルの作製と強度評価, 西村聡太, 浅野将平, 高橋 学, 日本材料学会四国支部学術講演会, 2019年04月
  • 超音波塑性変形に及ぼす加工条件の影響, 中島望, 高橋学, 日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM), 2018年09月
  • Application of weibull statistics to strength data for porous fine ceramics, The 6th Int'l Conf. on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials and the 54th Summer Symposium on Powder Technology, 2018年07月
  • Weibull Statistics for Strength Data of Porous Ceramics - ISO Proposal –, 42nd International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites, 2018年01月
  • 各種のセラミックス多孔質体の曲げ強度分布, 安田公一, 大西宏司, 小野 孝, 北 英紀, 高橋 学, 高橋洋佑, 田中 論, 樽田誠一, 本多沢雄, 光岡 健, 武藤浩行, 森本健司, 山本周一, 吉澤友一, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2017年09月
  • Bending Strength Test of Porous Ceramics using Small Size Specimen, Honda Sawao, Yasuda Kouichi, Ono Takashi, Kita Hideki, Takahashi Manabu, Takahashi Yosuke, Tanaka Satoshi, Seiich Taruta, Mitsuoka Takeshi, Muto Hiroyuki, Yamamoto Shuichi, Yoshizawa Yu-ichi, 41st International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites, 2017年01月
  • マイクロCTによるセラミック多孔体の内部構造評価, 田中 諭, 安田公一, 小野 孝, 北 英紀, 高橋 学, 高橋洋佑, 樽田誠一, 本多沢雄, 光岡 健, 武藤浩行, 山本周一, 吉澤友一, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2016年09月
  • 地域社会に密着した教育組織における工学教育について, 八木秀次, 高橋学, 山本智規, 有光 隆, 工学教育研究講演会, 2016年09月, 招待有り
  • 高気孔率セラミックス多孔体の曲げ試験, 安田公一, 小野孝, 北英紀, 高橋学, 高橋洋佑, 田中諭, 樽田誠一, 本多沢雄, 光岡健, 武藤浩行, 山本周一, 吉澤友一, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 2016年08月
  • Application of 3-parameter Weibull Distribution to Porous Ceramics, Yasuda Kouichi, Kita Hideki, Takahashi Manabu, Takahashi Yosuke, Tanaka Satoshi, Honda Sawao, Mitsuoka Takeshi, Muto Hiroyuki, Yamamoto Shuichi, Yoshizawa Yu-ichi, 9th International Conference on High Temperature Ceramic Matrix Composites and Global Forum on Advanced Materials and Technologies for Sustainable Development 2016, 2016年06月
  • 炭素鋼マルテンサイトのき裂進展抵抗に及ぼす 旧オーステナイト粒径の影響, 桑野直弥, 高橋 学, 第14回日本材料学会四国支部学術講演会, 2016年04月
  • 薄板セラミックスの強度試験法の比較, 渡壁尚幸, 高橋学, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM), 2016年02月
  • Statistical Analysis on Strength Data of Porous Ceramics, Yasuda Kouichi, Kita Hideki, Takahashi Manabu, Takahashi Yosuke, Tanaka Satoshi, Honda Sawao, Mitsuoka Takeshi, Muto Hiroyuki, Yamamoto Shuichi, Yoshizawa Yu-ichi, 40 International Conference and Exposition on Adovancerd Ceramics and Composites, 2016年01月
  • Experimental Reliability on Bending Strength Test of Porous Ceramics, Honda Sawao, Yasuda Kouichi, Kita Hideki, Takahashi Manabu, Takahashi Yosuke, Tanaka Satoshi, Mitsuoka Takeshi, Muto Hiroyuki, Yamamoto Shuichi, Yoshizawa Yu-ichi, 40 International Conference and Exposition on Adovancerd Ceramics and Composites, 2016年01月
  • Observation of internal structures in porous ceramics by micro x-ray CT, Tanaka Satoshi, Yasuda Kouichi, Kita Hideki, Takahashi Manabu, Takahashi Yosuke, Honda Sawao, Mitsuoka Takeshi, Muto Hiroyuki, Yamamoto Shuichi, Yoshizawa Yu-ichi, 40 International Conference and Exposition on Adovancerd Ceramics and Composites, 2016年01月
  • 脆性破壊に対するシャルピー吸収エネルギーの統計的性質と確率論的モデル, 松田伸也, 高橋学, 井上聡, 西田友久, 信頼性シンポジウム講演論文集, 2016年
  • スティショバイトの破壊誘起固体アモルファス化:最硬酸化物におけるナノスケール変態強化, 西山宣正, 西山宣正, 若井史博, 大藤弘明, 為則雄祐, 村田秀信, 谷口尚, 松下正史, 高橋学, KULIK Eleonora, 吉田貴美子, 和田光平, BEDNARCIK Jozef, 入舩徹男, 高圧討論会講演要旨集, 2015年10月
  • 多孔質セラミックスの曲げ強度分布に関するラウンドロビン試験, 安田公一, 北英紀, 高橋学, 高橋洋佑, 多々見純一, 田中諭, 本多沢雄, 光岡 健, 武藤浩行, 山本周一, 吉澤友一, 第28回日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2015年09月
  • ビッカース圧子押込みおよびFEM解析を用いたセラミックスのき裂先端破壊靭性評価, 高橋学, 前田直人, 日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM), 2015年09月
  • 多孔質セラミックスの曲げ強度分布に関するラウンドロビン試験, 安田公一, 北英紀, 高橋学, 高橋洋佑, 多々見純一, 田中諭, 本多沢雄, 光岡健, 武藤浩行, 山本周一, 吉澤友一, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月
  • 3 dimensional observation of porous ceramics by x-ray computer tomography, 39 International Conference and Exposition on Adovancerd Ceramics and Composites, 2015年01月
  • Experimental verification of bending test on porous ceramics, 39 International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites, 2015年01月
  • 多孔質セラミックスの曲げ強度に関するラウンドロビン試験, 安田公一, 北英紀, 高橋学, 高橋洋佑, 多々見純一, 本多沢雄, 田中諭, 武藤浩行, 山本周一, 第27回日本セラミックス協会秋季シンポジウム, 2014年09月
  • 多孔質セラミックスの曲げ強度に関するラウンドロビン試験, 安田公一, 北英紀, 高橋学, 高橋洋佑, 多々見純一, 本多沢雄, 田中諭, 武藤浩行, 山本周一, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 2014年08月
  • スモールパンチ試験において試験条件の破壊形態に及ぼす影響, 高橋学, 安藤有佑, 西山佳孝, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM), 2013年
  • 修正IF法による破壊靭性試験の試み, 前田直人, 高橋学, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2013年
  • 超音波振動による塑性変形の促進, 坂田大貴, 高橋学, 黄木景二, ZHU Xia, 古川貴大, 加藤大典, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM), 2012年02月
  • 熱負荷を受けるS45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>接合体の疲労損傷および機械的特性, 攝津暢浩, 岡部永年, 高橋学, 松下正史, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • セラミック軸受軌道の転がり接触によるき裂進展解析, 土肥俊介, 高橋学, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 超音波振動による塑性変形挙動, 加藤大典, 高橋学, 黄木景二, ZHU Xia, 坂田大貴, 古川貴大, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 繰返し熱負荷を受けるCu/AlN複合基板の残存強度特性, 三好佑紀, 攝津暢浩, 高橋学, 松下正史, 仲田知裕, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • スモールパンチ試験における破壊モードに及ぼすセラミックス板厚の影響, 西山佳孝, 高橋学, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 焼入れ炭素鋼の焼前れ発生に関する破壊力学的検討, 田中大樹, 高橋学, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 繰り返し熱負荷を受けるS45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>接合体の熱疲労寿命評価, 水井洸佑, 攝津暢浩, 高橋学, 松下正史, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2012年
  • 超高靱性高硬度を有するSiO<sub>2</sub>スティショバイト・ナノ多結晶体の合成, 西山宣正, 清家郷詩, 入舩徹男, 大藤弘明, 河野義生, 松下正史, 高橋学, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集, 2011年09月
  • 超音波塑性加工の基礎研究, 古川貴大, 黄木景二, 朱霞, 高橋学, 岡部永年, 八原将時, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2011年02月
  • 低サイクル熱負荷を受けるセラミックス/金属複合基板の残存強度評価, 仲田知裕, 高橋学, 摂津暢浩, 松下正史, 日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM), 2011年
  • セラミック軸受球の球‐球接触破壊に関する研究, 西山佳孝, 高橋学, 小野拓磨, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2011年
  • 温度・拘束圧の負荷期間に依存するベレア砂岩の透水力学特性の評価, 鈴木崇史, 安原英明, 木下尚樹, 高橋学, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 2011年
  • 熱負荷を受けるS45C/Cu/Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>接合構造体の機械的強度特性, YANG Ting Hao, 摂津暢浩, 黄木景二, 高橋学, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2011年
  • 焼入れ炭素鋼の焼割れ発生に関する破壊力学的検討, 田中大樹, 高橋学, 長代大樹, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2011年
  • セラミック球の斜め接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋学, 重吉正志, 仲田知裕, 小松純任, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2010年10月
  • 繰返し熱負荷を受ける熱電変換素子の疲労寿命解析, 摂津暢浩, 高橋学, 黄木景二, 日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM), 2010年09月
  • 1605 繰返し熱負荷を受ける熱電変換素子の疲労寿命解析(OS16. 表面・薄膜・接合部の力学と信頼性評価(2),オーガナイズドセッション講演), 摂津 暢浩, 高橋 学, 黄木 景二, 計算力学講演会講演論文集, 2010年
  • ドーム状高位脛骨骨切り術におけるスペーサの設置効果, 高橋学, 木本温敬, 高橋敏明, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2010年
  • Simulation of Deformation Behavior of Shaft’s Cross Section Partially Enlarged and Controlled by Cyclic Bending and Axial Compressive Loading through Metal Mold, 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, 2010年
  • Design Optimization of Rotating Shaft Type Supporter for Knee Osteoarthritis, 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics, 2010年
  • Numerical and Experimental Characterization of High-Speed Impact Damage in CFRP Unidirectional and Cross-Ply Laminates, The proceedings of the 7th Asian-Australasian Conference on Composite Materials, 2010年
  • Effect of stress ratio on fatigue transverse cracking in a CFRP laminate, The proceedings of the Fifth International Conference on Fatigue of Composites, 2010年
  • A non-contact temperature sensing with ultrasound and the potential for monitoring heated materials, Ikuo Ihara, Manabu Takahashi, Hiroyuki Yamada, Proceedings of IEEE Sensors, 2009年12月, A new non-contact method for measuring both surface and internal temperature distributions of heated materials is presented. A laser-ultrasound technique that enables non-contact ultrasonic pulse-echo measurements is employed in this work. An effective inverse method is developed to determine the temperature distributions quantitatively. To demonstrate the practicability of the developed method, some experiments with aluminum and steel plates heated up to 150 °C are carried out. Using the laser-ultrasound, surface acoustic waves and longitudinal waves of heated plates are measured to estimate the surface and internal temperature distributions, respectively. It is verified that the ultrasonically determined results almost agree with those measured using an infrared radiation camera or thermocouples. Thus, the ultrasonic method is believed to be effective in the in-situ or in-process monitoring of temperature distributions of materials being processed at high temperatures. ©2009 IEEE.
  • Fracture Strength Behavior for Ceramics/Metal Jointing Structure due to Varying Amount of Metal Brazing Alloy, N. Settsu, M. Takahashi, N. Okabe, K. Ogi, X. Zhu, Proceedings of 12th International Conference on Fracture, 2009年12月, The strength reliability of the ceramics/metal joints in the vacuum interrupters was studied focusing on the thermal stress around the ceramics/metal joints due to mismatch of thermal expansion coefficients between ceramics and metal. It was found from the experiment results that the residual strength of the joint depends on the amount of metal brazing alloy used as a jointing material. Firstly, in the present work, the thermal stress around the ceramics/metal joints was calculated using finite element analysis. Next, the effect of the amount of metal brazing alloy on the residual strength of the joint was investigated on the basis of a fracture mechanical approach. Finally, the amount of metal brazing alloy minimizing the strength reduction of the joint is determined using the results of the numerical analysis.
  • サーモモジュールの熱疲労寿命解析, 堤三佳, 黄木景二, 高橋学, 攝津暢浩, 岡部永年, 日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM), 2009年10月
  • 電子デバイス接合体の破壊強度に及ぼすせん断負荷の影響, 高橋学, 重本丈治, 攝津暢浩, 黄木景二, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2009年09月
  • 多孔質セラミックスの静疲労破壊特性とその寿命評価法の検討, 小野拓磨, 松田伸也, 高橋学, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • 熱電モジュールの熱疲労寿命の向上, 摂津暢浩, 高橋学, 黄木景二, 出口智也, 岡部永年, 土肥俊介, 堤三佳, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • ソーダガラス球の破面形成に及ぼす接触応力の影響, 横目大八, 高橋学, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • 飛翔体衝突を受けたセラミックス材料の表面損傷解析, 中岡善治, 高橋学, 松田伸也, 黄木景二, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • ドーム状高位脛骨骨切り術における固定法の力学的検討, 木本温敬, 高橋学, 高橋敏明, 山本晴康, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • セラミック軸受球のリングクラック発生に対する衝撃強度特性, 重吉正志, 高橋学, 摂津暢浩, 岡部永年, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • 多孔質セラミックスの熱衝撃破壊特性, 長代大樹, 尾上拓史, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2009年05月
  • 715 多孔質セラミックスの静疲労破壊特性とその寿命評価法の検討(セラミックス・複合材の疲労,疲労損傷の機構解明と評価,オーガナイスドセッション1), 小野 拓磨, 松田 伸也, 高橋 学, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 515 ソーダガラス球の破面形成に及ぼす接触応力の影響(セラミック,破壊の発生・進展とその解析・評価・計測,オーガナイスドセッション7), 横目 大八, 高橋 学, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 514 多孔質セラミックスの熱衝撃破壊特性(セラミック,破壊の発生・進展とその解析・評価・計測,オーガナイスドセッション7), 長代 大樹, 尾上 拓史, 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 409 ドーム状高位脛骨骨切り術における固定法の力学的検討(生体・医療材料II,生体・医療材料,オーガナイスドセッション10), 木本 温敬, 高橋 学, 高橋 敏明, 山本 晴康, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 308 飛翔体衝突を受けたセラミックス材料の表面損傷解析(インパクト,材料・構造の衝撃問題,オーガナイスドセッション9), 中岡 善治, 高橋 学, 松田 伸也, 黄木 景二, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 303 セラミック軸受球のリングクラック発生に対する衝撃強度特性(衝撃試験法,材料・構造の衝撃問題,オーガナイスドセッション9), 重吉 正志, 高橋 学, 摂津 暢浩, 岡部 永年, 学術講演会講演論文集, 2009年
  • 1508 サーモモジュールの熱疲労寿命解析(OS15.電子デバイス・電子材料と計算力学(2),オーガナイズドセッション), 堤 三佳, 黄木 景二, 高橋 学, 撮津 暢浩, 岡部 永年, 計算力学講演会講演論文集, 2009年
  • 402 繰返し熱負荷を受ける熱電モジュールの強度解析(締結・接合部の力学・プロセスと信頼性評価), 高橋 学, 攝津 暢浩, 黄木 景二, 岡部 永年, 機械材料・材料加工技術講演会講演論文集, 2009年
  • J0103-1-1 電子デバイス接合体の破壊強度に及ぼすせん断負荷の影響(電子情報機器,電子デバイスの強度・信頼性評価と熱制御(1)), 高橋 学, 重本 丈治, 攝津 暢浩, 黄木 景二, 年次大会講演論文集, 2009年, Shear loading tests were executed to ceramics/metal joints used for an electronic device in various temperatures and loading rates. Fracture origin of the joints is formed from ceramics of interfacial neighborhood. According to FEM analysis, it is clarified that the driving force for the failure is not a shear stress but a tensile stress. The tensile stress dramatically decreases from just beneath the surface to interior portion. Slow crack growth behavior in nominal shear stress was estimated using fracture mechanics in the different conditions of loading rates.
  • 繰返し熱負荷を受ける熱電モジュールの強度解析, 高橋学, 攝津暢浩, 黄木景二, 岡部永年, 日本機械学会機械材料・材料加工技術講演会論文集(CD-ROM), 2009年
  • セラミックス接合構造体の破壊強度に及ぼすろう材量の影響, 攝津暢浩, 高橋学, 岡部永年, 黄木景二, ZHU Xia, 破壊力学シンポジウム講演論文集, 2009年
  • 高周波焼入れによる環状切欠き材の焼割れ解析と破壊力学検討, 井上宏樹, 生田文昭, 堀野孝, 高橋学, 岡部永年, 破壊力学シンポジウム講演論文集, 2009年
  • 疲労トランスバースクラッキングの確率的SCGモデルと応力比の効果, 黄木景二, 高橋学, 矢代茂樹, 破壊力学シンポジウム講演論文集, 2009年
  • Improvement of fatigue life for thermoelectric module subjected to thermal loading, The Proceedings of 2nd Asian Symposium and Material Processing AND 4th International Conference on Recent Advances in Materials, Minerals & Environment, 2009年
  • Experiment and shape design of frame of new type OA knee supporter, Z. Q. Wu, M. Takahashi, Y. Motokubo, Y. Sogabe, T. Okada, J. Yamasaki, Society for Experimental Mechanics - 11th International Congress and Exhibition on Experimental and Applied Mechanics 2008, 2008年12月, It is reported that about 30% of Japanese over 60 years old suffer osteoarthritis of the knee, and a lot of them need knee brace or supporter in daily life. A new type supporter is invented for this disease by one of the authors. In this study, the shape optimization of the frame of a soft type supporter is researched. The design objective is to create holes in the design domain so that the frame can be fixed to the flexible cloth cover strongly and stably. It can also reduce the weight of the supporter, and improve the air permeability. However, the generation of the hole can cause a decrease in the rigidity of the frame. It is also important to guarantee the enough stiffness in load direction so that it can carry out the function. For this purpose, a topology optimization approach is introduced to the design. A FEM model is established, and the boundary condition of FEM model is determined by the experiment of patients with the supporter. The SIMP (Simple lsotropic Material with Penalization), which is a topology optimization technique, is used in numerical analysis. In order to save the computation time, we also improved the SIMP. Numerical example illustrate effectiveness of our approach. © 2008 Society for Experimental Mechanics Inc.
  • サーモモジュールの疲労破壊と影響因子の検討, 堤三佳, 黄木景二, 高橋学, 攝津暢浩, 日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM), 2008年10月
  • 優れた損傷許容性を有する脆性固体の曲げ破壊強度分布の予測, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2008年09月
  • 損傷許容性を有する多孔質セラミックスの曲げ強度に及ぼす寸法効果依存性, 林浩平, 松田伸也, 高橋学, 堤三佳, 黄木景二, 草野恭昭, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2008年09月
  • 損傷許容性を有するセラミックスの熱衝撃破壊特性, 尾上拓史, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 長代大樹, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2008年09月
  • マルコフ過程で表現した確率モデルによる損傷許容性セラミックス材料の強度分布特性評価, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2008年08月
  • 損傷許容性セラミックス材料の強度特性に及ぼす有効体積および負荷速度の影響, 松田伸也, 高橋学, 林浩平, 岡部永年, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2008年05月
  • セラミック球―球接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋学, 鍛治川晋也, 岡部永年, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2008年05月
  • 722 サーモモジュールの疲労破壊と影響因子の検討(OS4.電子デバイス・電子材料と計算力学(4),オーガナイズドセッション), 堤 三佳, 黄木 景二, 高橋 学, 攝津 暢浩, 計算力学講演会講演論文集, 2008年
  • GS0707 セラミックス/金属接合部材のせん断破壊挙動(GS07-02 接着・接合2,GS07 接着・接合), 重本 丈治, 高橋 学, 松田 伸也, 井川 貴史, M&M材料力学カンファレンス, 2008年, セラミックス/金属接合部材の接合部近傍に一定負荷速度にてせん断応力を負荷した.接合部材は接合界面ではなくセラミックス側からき裂が発生しており,せん断破壊はセラミックス側での破壊が支配的であった.そこで,従来のき裂進展特性式がモードIIでも成立つと仮定してセラミックスのせん断遅れ破壊モデルを提案した.その結果,両対数グラフに整理されたせん断破壊応力とせん断応力速度は直線関係にあり,ゆえにこのモデルの妥当性が示された.また破壊モードに関わらずき裂進展に対する抵抗値は同等であることが明らかとなった.
  • GS0604 損傷許容性を有するセラミックスの熱衝撃破壊特性(GS06-02 脆性材料・セラミックス2,GS06 脆性材料・セラミックス), 尾上 拓史, 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 長代 大樹, M&M材料力学カンファレンス, 2008年, 本研究では,損傷許容型セラミックスの熱衝撃破壊特性を明らかにすることを目的としている.著者らは,Hasselmanの熱統一理論に基づき,熱衝撃破壊発生確率を考慮した熱衝撃前後の機械的特性から熱衝撃特性を評価できる確率論的残存強度予測モデルを提唱した.そこで多孔質SiCを用いて液中急冷熱衝撃試験を行い,その後4点曲げ試験により残存強度及びヤング率を評価した.その結果,理論線と良く一致し,評価法の妥当性を明らかとした.またこのことは,損傷許容型セラミックスの熱衝撃破壊もまた,グリフィスの理論に準じており,熱衝撃後の残存強度のばらつきは潜在欠陥のばらつきに支配されていることを示唆している.
  • GS0602 損傷許容性を有する多孔質セラミックスの曲げ強度に及ぼす寸法効果依存性(GS06-01 脆性材料・セラミックス1,GS06 脆性材料・セラミックス), 林 浩平, 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 堤 三佳, 草野 恭昭, M&M材料力学カンファレンス, 2008年, 本研究では損傷許容型セラミックス材料の評価法の確立を目的としている.そこで第一段階として気孔径の異なる多孔質セラミックスを用いて,任意の負荷速度において3点曲げおよび4点曲げ試験を行った.その結果,SL#5では低負荷速度において逆寸法効果が見られた.この原因は,損傷許容性は,寸法効果が大きくまた負荷速度が遅くなれば顕著に創出されるためであると考えられる.
  • GS0601 優れた損傷許容性を有する脆性固体の曲げ破壊強度分布の予測(GS06-01 脆性材料・セラミックス1,GS06 脆性材料・セラミックス), 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, M&M材料力学カンファレンス, 2008年, この論文の目的は損傷許容型脆性固体材料の曲げ強度分布特性を評価することである.実験として,SiC系多孔質セラミックスを用いて常温下での4点曲げ試験を行った後に破壊強度をワイブル線図に整理した.そして従来から提言されている2母数ワイブル分布に基づく確率論的遅れ破壊モデルによって評価したが良い一致を示さなかった.そこで破面観察を行うと,従来のセラミックスとは異なり多くの粒界損傷が見られ,これにより優れた損傷許容性が発現していると考えられる.そこで,粒界損傷の変化を確率過程として表すことを考えマルコフ過程に基づいた確率論的遅れ破壊モデルを提唱して評価した.その結果,実験結果と良い一致を示した.
  • 1442 マルコフ過程で表現した確率モデルによる損傷許容性セラミックス材料の強度分布特性評価(S07-1 セラミックスおよびセラミックス系複合材料I,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境), 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 年次大会講演論文集, 2008年, In the present study, 4-point bending test was carried out by using porous ceramics to investigate statistical properties of damage-tolerant ceramics. Distribution of the bending strengths plotted on a Weibull probability paper was nonlinear and was very similar to superposed distribution. Consequently, the bending strength distribution was analyzed by cluster fracture probabilistic model with the basis of Markov process assuming the LLS rule. It is found that the probabilistic model agreed well than the 2-parameter Weibull distribution. Therefore this indicates that the bending strength distribution controls cluster size.
  • 722 損傷許容性セラミックス材料の強度特性に及ぼす有効体積および負荷速度の影響(セラミックス材料II,一般セッション), 松田 伸也, 高橋 学, 林 浩平, 岡部 永年, 学術講演会講演論文集, 2008年
  • 逆止弁におけるセラミック球の接触破壊機構の解明, 高橋学, 岡部永年, 上林塁, 藤木健吾, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2008年
  • CFRP平板における飛翔体衝突損傷解析, 三好且洋, 黄木景二, 岡部朋永, 矢代茂樹, 高橋学, 吉村彰記, 複合材料シンポジウム講演要旨集, 2008年
  • CFRP平板における飛翔体衝突損傷解析, 三好且洋, 黄木景二, 岡部朋永, 矢代茂樹, 高橋学, 吉村彰記, 日本材料学会四国支部学術講演会講演論文集, 2008年
  • 半導体素子接合モジュールにおける製造時および運転時の熱応力解析, 出口智也, 黄木景二, 高橋学, 土肥俊介, 日本機械学会計算力学講演会講演論文集, 2007年11月
  • セラミックボールの接触荷重に対する破壊力学的検討, 鍛治川晋也, 松田伸也, 高橋学, 林浩平, 岡部永年, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2007年10月
  • 多孔質セラミックスの破壊特性に及ぼす損傷許容性の影響, 林浩平, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 堤三佳, 松下正史, 岡部永年, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス(CD-ROM), 2007年10月
  • 先進無気孔型SiCの基礎的特性に及ぼす温度の影響―熱衝撃破壊特性―, 松田伸也, 高橋学, 黄木景二, 松下正史, 尾上拓史, 林浩平, 大藤弘明, 岡部永年, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2007年09月
  • 半導体接合モジュールにおける残留応力および形状最適化解析, 出口智也, 豊田繁, 高橋学, 岡部永年, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2007年02月
  • 先進無気孔型SiCの球接触によるリングクラック発生強度特性, 松田伸也, 高橋学, 松下正史, 大藤弘明, 岡部永年, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2007年02月
  • 飛翔球衝突におけるセラミックスの衝撃強度特性, 秋月洋輔, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 柴崎司郎, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2007年02月
  • P048 多孔質セラミックスの破壊特性に及ぼす損傷許容性の影響(フェロー賞表彰対象ポスターセッション), 林 浩平, 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 堤 三佳, 松下 正史, 岡部 永年, M&M材料力学カンファレンス, 2007年, Porous ceramics is expected to be applied as cleanup filter under high temperature environment since it has high damage tolerance ability. We have investigated effect of damage tolerance ability on fundamental fracture properties by carrying out 4-point bending test under loading rates. As the result, at above loading rate of 0.5mm/min, strengths increased with increasing loading rate. Because it is only depended at slow crack growth of one of the flaws in this material. In contrast, at the loading rates below 0.5mm/min, strengths also increased. It is considered that resistance to crack growth increased due to release of accumulated internal energy since grain boundary markedly fails with decreasing loading rate. These phenomenon was explained by unified strength estimation method considering effect loading rate.
  • 721 セラミックボールの接触荷重に対する破壊力学的検討(GS.A 先端材料の破壊と強度), 鍛治川 晋也, 松田 伸也, 高橋 学, 林 浩平, 岡部 永年, M&M材料力学カンファレンス, 2007年, The quantitative estimation is required since the fatal defect called a ring crack will occur when a ceramic ball is used for ceramic bearing. We considered the application of stress intensity factor and effective volume by performing FEM analysis and the contact examination of balls. As the results, it did not depend on ball size for the scatter of ring crack initiation load, and it was clarified that a ring crack progressed aslant to the ball surface. The stress intensity factor was discussed based on these results. It was clearly showed that the crack length involved in the formation of a ring crack was approximately 1.5μm, without dependence of ball size. This analytical result is well agreement with an experimental result. Therefore, it was proved theoretically that it is not necessary to consider the influence of effective volume in ring crack initiation of a ball.
  • 204 先進無気孔型SiCの球接触によるリングクラック発生強度特性(材料力学I), 松田 伸也, 高橋 学, 松下 正史, 大藤 弘明, 岡部 永年, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2007年
  • 209 半導体接合モジュールにおける残留応力および形状最適化解析(材料力学II), 出口 智也, 豊田 繁, 高橋 学, 岡部 永年, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2007年
  • 221 飛翔球衝突におけるセラミックスの衝撃強度特性(材料力学IV), 秋月 洋輔, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 柴崎 司郎, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2007年
  • 2743 先進無気孔型SiCの基礎的特性に及ぼす温度の影響 : 熱衝撃破壊特性(S18-1 セラミックス(1),S18 セラミックスおよびセラミックス系複合材料), 松田 伸也, 高橋 学, 黄木 景二, 松下 正史, 尾上 拓隻, 林 浩平, 大藤 弘明, 岡部 永年, 年次大会講演論文集, 2007年, Advanced Pore-Free SiC (APF-SiC) with super-high strength is expected to be used as engineering structural materials since it has damage tolerance ability by preceding failure of metallic silicon particles In the present study, thermal shock tests of this material were carried out to characterize the fracture behavior. The residual strength after thermal shock was also measured. It is found that the critical temperature difference ΔT_c of this material is larger than that of conventional SiC due to smaller size of pre-existing flaws. As the result, the validity of the Griffith's theory was experimentally confirmed. In addition, the damage tolerance behavior in thermal-shocked materials is not observed because the metallic silicon particles may he failed by thermal shock.
  • 110 半導体素子接合モジュールにおける製造時および運転時の熱応力解析(OS01.電子デバイス・電子材料と計算力学(2)), 出口 智也, 黄木 景二, 高橋 学, 土肥 俊介, 計算力学講演会講演論文集, 2007年
  • 先進無気孔型SiCの破壊面における微細観察およびマッピング分析, 松田伸也, 大藤弘明, 松下正史, 高橋学, 岡部永年, 日本材料学会四国支部総会学術講演会講演論文集, 2007年
  • 液中プラズマ化学蒸着法によるSiC薄膜の生成, 土岡達也, 豊田洋通, 野村信福, 高橋学, 大成啓介, 日本材料学会四国支部総会学術講演会講演論文集, 2007年
  • Effects of Loading Rate on Fracture Properties of Advanced Pore-free SiC Dispersing Si Particles, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics '07, 2007年
  • Characterization of foreign object damage in ceramics and ceramic matrix composites, SAMPE JapanProceedings of JISSE-10, 2007年
  • 無孔性セラミックスの破壊メカニズム, 松田伸也, 高橋学, 岡部永年, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2006年09月
  • セラミックボールの逆流防止弁における接触強度解析, 阿部豊, 岡部永年, 高橋学, 豊田繁, 藤木健伍, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2006年09月
  • 球接触を受けるガラス板のき裂発生に関する一考察, 高橋学, 岡部永年, 小鉢貴弘, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2006年05月
  • 飛しょう球衝突による炭化ケイ素の破壊挙動, 秋月洋輔, 高橋学, 岡部永年, 柴崎司郎, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2006年02月
  • 圧縮場における肝臓の損傷メカニズムの解明, 田中大介, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2006年01月
  • 肝臓の圧縮負荷・応力緩和条件下における有限要素解析, 中西高英, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2006年01月
  • 207 飛翔球衝突による炭化ケイ素の破壊挙動(材料力学V), 秋月 洋輔, 高橋 学, 岡部 永年, 柴崎 司郎, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2006年
  • 530 圧縮場における肝臓の損傷メカニズムの解明(GS-13 計算バイオメカニクス,一般セッション,学術講演), 田中 大介, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2006年
  • 肝臓の圧縮応力緩和シミュレーション, 松枝正樹, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 日本材料学会四国支部総会学術講演会講演論文集, 2006年
  • セラミックスの衝撃強度特性, 秋月洋輔, 高橋学, 岡部永年, 日本材料学会四国支部総会学術講演会講演論文集, 2006年
  • 球接触によるガラスのラジアルクラック発生挙動, 上林塁, 高橋学, 岡部永年, 日本材料学会四国支部総会学術講演会講演論文集, 2006年
  • セラミックスの球-平板接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 松井 實, 工学ジャーナル, 2005年03月, Fracture mechanics based considerations were made for investigating the ring-crack formation of ceramic plates contacted with a ceramic sphere under a combined normal and tangential indentation load. The intrnsic tensile strength of the ceramic plate did not dictate the onset of ring-crack formation. The size of pre-existing defects (being less than one micron) that may result in the ring-crack initiation were somwhat smaller than the grain size of the ceramic plate. On the other hand, the stress gradient induced beneath the contact was significantly dependent on the contact angle of normal/tangential combined load; when the contact angle is increased, the mean dimension of defects which lead to ring-crack initiation becomes large, whereas the location of the induced crack is progressively away of the contact circle. The stress gradient induced beneath the contact was taken into account for calculating the stress intensity factor of the pre-existing surface defect. The fracture toughness value thus estimated for the ceramic plates satisfactorily predicted the onset of ring-crack formation of all the ceramic plates examined.
  • 圧縮負荷下における肝臓の機械的性質, 高橋学, 黄木景二, 田中大介, 中西高英, 渡部祐司, 岡部永年, 日本機械学会論文集 A編, 2005年02月
  • 肝臓の圧縮強度特性, 田中大介, 岡部永年, 高橋学, 黄木景二, 草川明訓, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2005年02月
  • ガラスの接触破壊特性, 小鉢貴弘, 高橋学, 岡部永年, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2005年02月
  • 圧迫された血管の断面形状と止血評価, 中西高英, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2005年02月
  • プラスチック製止血帯を用いた軟器官の変形シミュレーション, 黄木景二, 高橋学, 渡部祐司, 岡部永年, 中西高英, 材料システム, 2005年02月
  • 肝臓圧縮特性による変位速度の影響, 田中大介, 高橋学, 黄木景二, 草川明訓, 岡部永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2005年01月
  • 局部凍結における豚肝臓の熱物性値の検討, 横石都慶, 高橋学, 黄木景二, 小椎尾一成, 岡部永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2005年01月
  • 肝臓止血器具の形状および材質の検討, 中西高英, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2005年01月
  • 219 圧迫された血管の断面形状と止血評価(バイオエンジニアリングII), 中西 高英, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2005年
  • 218 肝臓の圧縮強度特性(バイオエンジニアリングII), 田中 大介, 岡部 永年, 高橋 学, 黄木 景二, 草川 明訓, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2005年
  • 204 ガラスの接触破壊特性(材料力学V), 小鉢 貴弘, 高橋 学, 岡部 永年, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2005年
  • 534 肝臓圧縮特性による変位速度の影響(GS-15 : 軟組織(1)), 田中 大介, 高橋 学, 黄木 景二, 草川 明訓, 岡部 永年, バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集, 2005年
  • 533 局部凍結における豚肝臓の熱物性値の検討(GS-15 : 軟組織(1)), 横石 都慶, 高橋 学, 黄木 景二, 小椎尾 一成, 岡部 永年, バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集, 2005年
  • 532 肝臓止血器具の形状および材質の検討(GS-15 : 軟組織(1)), 中西 高英, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集, 2005年
  • CF/PESのジュール発熱特性評価, 藤村雅博, 田曽裕三, 黄木景二, 白石哲郎, 高橋学, 岡部永年, 複合材料シンポジウム講演要旨集, 2005年
  • セラミックスの球‐平板接触疲労によるリングラック発生寿命評価, 高橋学, 岡部永年, 朱霞, 国方浩司, 松井実, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2004年10月
  • セラミックスの球‐平板接触によるリングクラック発生強度特性, 高橋学, 岡部永年, ZHU X, 松井実, 材料, 2004年10月
  • 豚肝臓の熱物性値の検討, 横石都慶, 岡部永年, 高橋学, 黄木景二, 朱霞, 安藤健次, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2004年05月
  • ガラスの接触強度と確率論的評価, 高橋学, 岡部永年, 泉直浩, 材料, 2004年02月
  • 肝臓の機械的特性, 田中大介, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, XHA Z, 中西高英, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2004年01月
  • 模擬肝臓の熱物性値の検討, 安藤健次, 高橋学, 黄木景二, 岡部永年, 横石都慶, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2004年01月
  • セラミックスの球-平板接触疲労によるリングラック発生寿命評価(O.S.1-2 樹脂・金属・セラミックスの疲労と破壊,O.S.1:先進材料の力学解析と強度・機能性評価), 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 國方 浩司, 松井 實, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2004年
  • 226 肝臓の機械的特性, 田中 大介, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 朱 霞, 中西 高英, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2004年
  • 225 模擬肝臓の熱物性値の検討, 安藤 健次, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, 横石 都慶, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2004年
  • 612 豚肝臓の熱物性値の検討(生体・医療材料-III,生体・医療材料,オーガナイスドセッション12,第53期学術講演会), 横石 部慶, 岡部 永年, 高橋 学, 黄木 景二, 朱 霞, 安藤 健次, 学術講演会講演論文集, 2004年
  • ガラスの接触強度に及ぼす球径の影響, 高橋学, 岡部永年, 泉直浩, 構造物の安全性および信頼性, 2003年11月
  • 肝臓の切離抵抗と冷却特性, 高橋学, 岡部永年, 野村信福, 神代充, 柴田論, 渡部祐二, 河内寛治, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 2003年09月
  • 模擬肝臓の冷却特性と物性値の検討, 高橋学, XHA Z, 岡部永年, 野村信福, 安藤健次, 横石都慶, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2003年08月
  • チップ部品実装構造における残存接着強度と信頼, 岡部永年, ZHU X, 高橋学, 紀井毅, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2003年08月, In this research, packaging structures in which chip parts were bonded to the ceramics substrate of Alumina (Al_2O_3) or nitride aluminum (AIN) with electro-conductive adhesive etc. through a thick film conducting electricity, was studied. For the structures, the bonding remaining strength, considered the residual stress caused in a bonding process based on fracture mechanics, was evaluated, and the influences of both the ceramics substrate and the thick film conductor's thermo-physical property on the strength were examined. Moreover, to examine the decrease behavior of the bonding residual strength by heat cycle loads in-service, thermal cycle tests, the verification tests of a peeling strength, and the simulation analyses of those tests were done, and the peeling fracture strength and the fracture life were predicted. As a result, the mechanism of trouble generated in-service is clarified from the viewpoint of fracture mechanics, the validity of remedies is confirmed, and the present research is useful for the new development of the product.
  • 圧子圧入法による残留応力測定法の補正値に及ぼす材質および応力場の影響, 高橋学, 岡部永年, 松田洋子, 町田隆志, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2003年08月, To widely use "Residual stress measurement for engineering ceramics by indentation fracture method" industrially, the investigation of detailed magnification factor is indispensable. The influences stress distribution on magnification factor and application and magnification factor of this measuement to several ceramic materials were was discussed. The magnification factor which were almost equal to JSMS-SD-4-01 were obtained by considering indent load dependency under stress field of uniformal compression. The magnification factor is almost equivalent in both Si_3N_4 and Al_2O_3. On the other hand, the magnification factor increased with increasing indent load under gradient stress field.
  • 306 肝臓の切離抵抗と冷却特性, 高橋 学, 岡部 永年, 野村 信福, 神代 充, 柴田 論, 渡部 祐二, 河内 寛治, 材料力学部門講演会講演論文集, 2003年
  • THE STRENGTH DEGRADATION BEHAVIOR BY HEAT CYCLIC LOADS IN PACKAGING STRUCTURES OF CHIP PARTS, Proceedings of the 9th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM9), 2003年
  • チップ部品実装構造における接着強度と信頼性, 岡部永年, ZHU X, 高橋学, 黄木景二, 紀井毅, 日本機械学会計算力学講演会講演論文集, 2002年10月
  • 3次元有限要素解析によるセラミックス/金属接合材の強度評価, 高橋学, 岡部永年, 木村雅俊, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2002年10月
  • 球接触によるセラミックスのリングクラック発生強度評価, 高橋学, 岡部永年, 松井実, 国方浩司, 吉田成宏, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2002年10月
  • セラミックスの残留応力測定に及ぼす圧子荷重の影響, 高橋学, 岡部永年, 松田洋子, 町田隆志, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2002年10月
  • ソーダガラスの接触強度評価と球径の影響, 高橋学, 岡部永年, 泉直浩, 西田裕紀, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2002年10月
  • 肝臓の伝熱特性とモデル解析, 高橋学, XHA Z, 岡部永年, 野村信福, 安藤健次, 中田祐介, 日本機械学会年次大会講演論文集, 2002年09月
  • 丸棒接触によるセラミックスの破壊強度評価, 高橋学, 岡部永年, 西川勇樹, 梶原周悟, 日本学術会議材料研究連合講演会講演論文集, 2002年09月
  • 球接触によるセラミックスのリングクラック発生強度評価, 高橋学, 岡部永年, 松井実, 国方浩司, 日本学術会議材料研究連合講演会講演論文集, 2002年09月
  • 球接触を受けるソーダガラスの強度評価と球径の影響, 高橋学, 岡部永年, 泉直浩, 日本学術会議材料研究連合講演会講演論文集, 2002年09月
  • 冷却特性が肝臓切離抵抗に及ぼす影響, 野村信福, 神代充, 柴田諭, 高橋学, 岡部永年, 渡辺祐二, 河内寛治, 日本伝熱シンポジウム講演論文集, 2002年06月
  • 圧子圧入法によるセラミックスの残留応力測定法の適用評価, 高橋学, 岡部永年, 片岡宏之, 町田隆志, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2002年05月
  • 信頼性工学 セラミックス/金属接合部材の破壊強度データベースと強度解析, 高橋学, 岡部永年, 平田英之, 白木尚人, 小林英男, 材料, 2002年01月
  • ガラスの接触破壊と強度信頼性, 高橋学, 岡部永年, 泉直浩, 材料・構造信頼性シンポジウム講演論文集, 2001年11月
  • セラミックスの丸棒接触強度評価 曲げ試験片の場合, 高橋学, 岡部永年, 西川勇樹, 梶原周悟, 日本材料学会学術講演会講演論文集, 2001年05月
  • STRENGTH DAMAGE OF CERAMICS/METAL JOINTS BY NEUTRON IRRADIATION, Proceeding of the 2nd EU-ECN Joint Seminar 2001, 2001年
  • MECHANICAL DAMAGE BEHAVIOR IN CERAMICS/METAL JOINTS BY NEUTRON IRRADIATION, Proceedings of the 10th International Conference on Fracture (ICF10), 2001年
  • CONTACT STRENGTH PROPERTIES AND ITS EVALUATION OF CERAMICS IN CONTACT WITH ROUND BAR, Proceedings of the 10th International Conference on Fracture (ICF10), 2001年
  • セラミックス/金属接合部材の統一的評価法に基づく接合強度設計, 高橋学, 岡部永年, ZHU X, 大西博隆, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 2000年10月
  • 繰返しおよび静接触応力を受けるセラミックスの強度特性, 高橋学, 岡部永年, 林和正, 日本学術会議材料研究連合講演会講演論文集, 2000年09月
  • セラミックス/金属接合強度に及ぼす中間層厚さの影響 破壊力学的手法を用いた最適中間層厚さの導出, 高橋学, 岡部永年, 賀川賢一郎, ZHU X, 愛媛大学工学部紀要, 2000年02月
  • セラミックス/金属接合強度に及ぼす中間層厚さの影響 -破壊力学的手法を用いた最適中間層厚さの導出- (共著), 愛媛大学愛媛大学工学部紀要, 2000年
  • Applications of Ceramic-Metal Joining Technology to Mechanical and Electrical Components, Proceedings of 1st EHIME-ECN joint meeting seminar 2000, 2000年
  • Strength estimation of ceramic/metal joints with various interlayer thicknesses, Proceedings of the 13th European Conference on Fracture, Fracture Mechanics: Applications and Challenges (ECF13), 2000年
  • 真空バルブのセラミックス/金属接合構造体の強度寿命信頼性と構造最適化, 岡部永年, 高橋学, 堤三佳, ZHU X, 広部耕太, 丸山美保, 溶接構造シンポジウム講演論文集, 1999年12月
  • セラミックスの丸棒接触強度特性とスラスト力の影響, 高橋学, 岡部永年, 町田元成, 松村隆, 阿部豊, 日本機械学会計算力学講演会講演論文集, 1999年11月
  • セラミックス/金属接合強度に及ぼす中間層厚さと残留応力の影響, 高橋学, 岡部永年, 西川勇樹, ZHU X, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 1999年10月
  • 傾斜接触荷重に対するセラミックス板のリングクラック発生強度評価, 岡部永年, 高橋学, 堤三佳, 大西高明, 住森賢二, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 1999年10月
  • セラミックス/金属接合部材の破断時間強度特性と確率論的評価, 高橋学, 岡部永年, 小林英男, 愛媛大学工学部紀要, 1999年02月
  • Optimization of the Structural Design for a Component with Metal/Ceramic Joints, Proceedings of the 6th Japan International SAMPE Symposium, 1999年
  • Residual Stresses and Fatigue Strength in Ceramic/Metal Joints, Proceedings of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics’99 (ATEM’99), 1999年
  • 信頼性工学 セラミックス/金属接合部材の破断時間強度特性と信頼性評価, 高橋学, 岡部永年, 小林英男, 材料, 1998年12月
  • セラミックス/金属接合材の残留応力と疲労強度特性, 賀川賢一郎, 高橋学, 小坂井守, 岡部永年, 小林英男, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 1998年11月
  • 接触荷重に対するセラミックスの強度特性, 岡部永年, 松井実, 高橋学, 大西高明, 疲労シンポジウム講演論文集, 1998年10月
  • セラミックス/金属接合強度の熱劣化挙動, 高橋学, 岡部永年, 小林英男, 日本機械学会全国大会講演論文集, 1998年09月
  • セラミックス/金属接合材のクリープ強度特性と寿命推定, 高橋学, 岡田友数, 荻山博之, 岡部永年, 小林英男, 日本機械学会通常総会講演会講演論文集, 1998年03月
  • CFCCの破壊強度特性と損傷許容性, 岡部永年, 高橋学, 細木真保, 遠矢将大, 岡村隆成, FRPシンポジウム講演論文集, 1998年
  • Fracture strength properties and damage tolerance of continuos fiber ceramic composites, First Asian-Australasian Conference on Composite Materials(ACCM-1), 1998年
  • 温度履歴依存性を考慮したセラミックス/金属接合部材強度の確率論的評価, 高橋学, 荻山博之, 岡部永年, 長谷川裕一, 小林英男, 材料・構造信頼性シンポジウム講演論文集, 1997年12月
  • セラミックス/金属接合強度に及ぼす中間層厚さと接合反応層の影響, 高橋学, 柏山真人, 荻山博之, 岡部永年, 小林英男, 南信之, 日本機械学会通常総会講演会講演論文集, 1997年03月
  • セラミックス/金属接合材の環境強度特性, 高橋学, 荻山博之, 岡部永年, 海見俊之, 岡田友数, 日本機械学会創立100周年記念中国四国支部記念式典・講演会講演論文集, 1997年
  • 窒化けい素の引張負荷下の疲労き裂伝ぱ挙動, 高橋学, 荻山博之, 武藤睦治, 日本機械学会シンポジウム講演論文集, 1996年12月
  • アルミナの疲労き裂伝ぱにおけるき裂先端応力拡大係数K<sub>tip</sub>の有効性と結晶粒径の影響, 宮下幸雄, 武藤睦治, 高橋学, 植松敬三, 高温材料基礎討論会講演要旨集, 1996年12月
  • セラミックス/金属接合材の強度に及ぼす試験条件の影響, 高橋学, 長谷川裕一, 荻山博之, 岡部永年, 小林英男, 日本機械学会全国大会講演論文集, 1996年09月
  • セラミックス/金属接合材の強度に及ぼす負荷速度の影響, 高橋学, 長谷川裕一, 荻山博之, 岡部永年, 小林英男, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集, 1996年09月
  • 窒化けい素の引張圧縮負荷下の疲労き裂伝ぱ挙動, 高橋学, 荻山博之, 長谷川裕一, 武藤睦治, 日本機械学会通常総会講演会講演論文集, 1996年04月
  • 窒化けい素の引張負荷下の疲労き裂伝ぱ挙動, 高橋学, 武藤睦治, 荻山博之, 日本機械学会全国大会講演論文集, 1995年08月
  • Strength Distribution of Various Porous Ceramics, 2015 International Conference and Exposition on Adovancerd Ceramics and Composites

作品

MISC

  • 531 肝臓の圧縮負荷・応力緩和条件下における有限要素解析(GS-13 計算バイオメカニクス,一般セッション,学術講演), 中西 高英, 高橋 学, 黄木 景二, 岡部 永年, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2005, 0, 361, 362, 2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006205601
  • 2736 セラミックボールの逆流防止弁における接触強度解析(S28-2 セラミックスおよびセラミックス系複合材料(2),S28 セラミックスおよびセラミックス系複合材料), 阿部 豊, 岡部 永年, 高橋 学, 豊田 繁, 藤木 健伍, 年次大会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 年次大会講演論文集, 2006, 0, 201, 202, 2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006634352, Ceramics have the properties of high-stiffness, proof-corrosion, and light-weight superior to metal materials and so have been applied to a ball and a race in high performance ball bearing and etc. As a recent expansion of this application, a ceramics ball has been applied to the backflow valve, which is comprised in automotive fuel supply system. However, it must be considered sufficiently that ceramics balls can be kept a high confidence over long-term without being broken down by cyclic contact loadings, which generate between a ceramics ball and housing on switching of the backflow valve. In this investigation, the stress analysis by FEM was conducted for clarifying failure mechanism due to cyclic contact stress. As result of analysis, high stress place was seen in contact side neighborhood of a ball and housing. Ceramics is brittle material, predominant of the fracture is a microscopic crack in materials. Therefore, author clarified that an initial surface microscopic crack was a starting point of fracture.
  • 3952 無孔性セラミックスの破壊メカニズム(S21-2 静的強度評価,S21 ナノ・マイクロ構造体の強度物性と信頼性), 松田 伸也, 高橋 学, 岡部 永年, 年次大会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 年次大会講演論文集, 2006, 0, 899, 900, 2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006634701, Pore-free ceramics (PFC) material was investigated mechanical properties and fracture behavior such as 4-point bending and static fatigue at room temperature. Arranging by relationship between bending strength and fracture probability, Weibull modulus of PFC decreases compared with regular same ceramics. It is attributable to different fracture mechanics. PFC has binder exists instead of a potential defect and they are distributed minutely and uniformly. When a specimen is loaded, a lot of cracks occur in boundary between binder and ceramic grain and strain energy is released. Some clusters are formed by some cracks&#039; uniting. The scatter of fracture strength that depends on the size of the cluster is caused. As for static fatigue test of PFC, the time dependence fracture wasn&#039;t caused. In addition, all experimental values are more than average of bending strength. Fracture model above can explain this behavior to which crack coalescences stop.
  • 438 球接触を受けるガラス板のき裂発生に関する一考察(変形と計測,一般セッション), 高橋 学, 岡部 永年, 小鉢 貴弘, 学術講演会講演論文集, 日本材料学会, 学術講演会講演論文集, 55, 349, 350, 2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006651495
  • 504 模擬肝臓の冷却特性と物性値の検討, 高橋 学, 朱 霞, 岡部 永年, 野村 信福, 安藤 健次, 横石 都慶, 年次大会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 年次大会講演論文集, 2003, 0, 53, 54, 2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002526052, To execute surgical operations on livers in short time and to reduce the stress on the patients, we propose a soft freezing method for liver surgical procedures. In this surgical procedure, a tumor surrounding the liver is frozen in order to ease the excision and prevent hemorrhage. The effects of cooling velocity and freezing temperation on the excision force by the scalpel on the liver are carried out experimentally as a basic research into partial freezing surgical procedures. In this study, to excise a cancer using free excision curve, the development of the cooling needle and the investigation of the cooling function were carried out using a liver of a pig. The physical properties value was reversely analyzed by using the finite element method based on the heat transfer characteristic data of a mock liver. In addition, the proposed estimation equation can express the relation between arbitrary cooling time and distance and temperature.
  • 109 セラミックスの残留応力測定に及ぼす圧子荷重の影響, 高橋 学, 岡部 永年, 松田 洋子, 町田 隆志, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2002, 0, 17, 18, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002480850
  • 114 球接触によるセラミックスのリングクラック発生強度評価, 高橋 学, 岡部 永年, 松井 實, 国方 浩司, 吉田 成宏, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2002, 0, 27, 28, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002480855
  • 115 ソーダガラスの接触強度評価と球径の影響, 高橋 学, 岡部 永年, 泉 直浩, 西田 裕紀, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2002, 0, 29, 30, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002480856
  • 120 3 次元有限要素解析によるセラミックス/金属接合材の強度評価, 高橋 学, 岡部 永年, 木村 雅俊, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 中国四国支部総会・講演会 講演論文集, 2002, 0, 39, 40, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002480861
  • 825 チップ部品実装構造における接着強度と信頼性, 岡部 永年, 朱 霞, 高橋 学, 黄木 景二, 紀井 毅, 計算力学講演会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 計算力学講演会講演論文集, 2002, 0, 787, 788, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002488277
  • 204 肝臓の伝熱特性とモデル解析, 高橋 学, 朱 霞, 岡部 永年, 野村 信福, 安藤 健次, 中田 祐介, 年次大会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 年次大会講演論文集, 2002, 0, 15, 16, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002524539, To execute surgical operations on livers in a short time and to reduce the stress on the patients, we propose a soft freezing method for liver surgical procedures. In this surgical procedure, a tumor surrounding the liver is frozen in order to ease the ease the excision and prevent hemorrhage. The effects of cooling velocity and freezing temperature on the excision force by the scalpel on the liver are carried out experimentally as a basic research into partial freezing surgical procedures. In this study, to excise a cancer using free excision curve, the development of the cooling needle and the investigation of the cooling function were carried out using a liver of a big. The physical properties value was reversely analyzed by using the finite element method based on the heat transfer characteristic data of a mock liver. In addition, the proposed estimation equation can express the relation between arbitrary cooling time and distance and temperature.
  • 410 圧子圧入法によるセラミックスの残留応力測定法の適用評価, 高橋 学, 岡部 永年, 片岡 宏之, 町田 隆志, 学術講演会講演論文集, 日本材料学会, 学術講演会講演論文集, 51, 115, 116, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004471491
  • 212 セラミックスの丸棒接触強度評価 : 曲げ試験片の場合, 高橋 学, 岡部 永年, 西川 勇樹, 梶原 周悟, 学術講演会講演論文集, 日本材料学会, 学術講演会講演論文集, 50, 195, 196, 2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002287163
  • セラミックス/金属接合部材の最適中間層厚さに関する検討, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 賀川 賢一郎, 小林 英男, 材料, 社団法人日本材料学会, 材料, 49, 8, 905, 911, 2000年08月, 0514-5163, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002302389, A major problem in ceramic/metal joint is thermal expansion coefficient mismatch between ceramics and metal. This thermal expansion coefficient mismatch causes serious residual stresses at the interface of the ceramic/metal joint, which generated during joint-cooling process. Then, an interlayer, which is ductile metal such as copper, nickel and so on, is inserted between ceramics and metal because of relaxing the residual stress. It should be considered that thickness of interlayer have significant influence on the joint strength with considering the residual stress.&lt;br&gt;In this study, it paid attention to the thickness of interlayer, and the optimum thickness of Interlayer was discussed from a viewpoint of the stresses based on simulation model analysis as well as 4 point bending tests, considering the residual stresses, which were analyzed using three-dimensional plasto-elastic finite element method. As a result of the analysis, residual stress increased with decreasing of the interlayer thickness. The superposing stress of the applied bending stress and the residual stress showed minimum value in the case of the interlayer thickness of 0.2mm. On the other hand, paying notice to the result of the bending test as well as the analysis, the joint specimen showed the highest bending strength in the case of the interlayer thickness of 0.2mm. Furthermore, the scatter of joint strength is apparently small in this thickness compared with in the other thickness.
  • セラミックス/金属接合強度に及ぼす中間層厚さの影響--破壊力学的手法を用いた最適中間厚さの導出, 高橋 学, 岡部 永年, 賀川 賢一郎, 愛媛大学工学部紀要, 愛媛大学工学部, 愛媛大学工学部紀要, 19, 13, 22, 2000年02月, 0285-6107, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004431561
  • 534 セラミックス/金属接合部材の統一的評価法に基づく接合強度設計, 高橋 学, 岡部 永年, 朱 霞, 大西 博隆, 材料力学部門講演会講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 材料力学部門講演会講演論文集, 2000, 0, 401, 402, 2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002487598
  • セラミックス/金属接合材の残留応力と疲労強度特性, 岡部 永年, 高橋 学, 朱 霞, 賀川 賢一郎, 丸山 美保, 材料, 社団法人日本材料学会, 材料, 48, 12, 1416, 1422, 1999年12月, 0514-5163, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002293687, Cyclic tensile fatigue tests were conducted for Si&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;N&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;/S45C joint specimens with copper interlayer at room temperature in order to clarify fatigue strength properties of ceramic/metal joint, considering the influence of residual stress in ceramics induced during joining process. Not only the joining process residual stress but also the residual stress behavior due to cyclic tensile loading was analyzed by using the three-dimensional elastic-plastic finite-element method. All experimental data obtained in this study were tried to arrange as the relationship between the normalized testing stress and the effective loading time by using the unified estimation method with considering effective volume and effective loading time. However, even if using the unified estimation method, the normalized strengths in the cyclic fatigue tests were clearly lower than normalized tensile strength at fracture probability of 50%. The difference of both normalized strengths was caused by the increase of the residual stress redistributed during cyclic fatigue tests. The redistributed residual stress was due to the reversible plastic deformation made in the interlayer of copper, but tended to saturate after second cycles. Then, if modifying not only the effective loading time but also the time-strength by using the unified estimation method against the superposing stress of the testing stress and the redistributing residual stress in cyclic fatigue tests, the cyclic tensile fatigue strengths agreed well with the normalized tensile strength for ceramic/metal joints as well as for monolithic ceramics. All cyclic fatigue strengths containing tensile fracture strength can be estimated well as the normalized strength with scatter properties of Weibull distribution.
  • セラミックス/金属接合部材の破断時間強度特性と確率論的評価, 高橋 学, 岡部 永年, 小林 英男, 愛媛大学工学部紀要, 愛媛大学工学部, 愛媛大学工学部紀要, 18, 73, 82, 1999年02月, 0285-6107, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004431514
  • セラミックス/金属接合部財の破断時間強度特性と信頼性評価, 高橋 学, 岡部 永年, 小林 英男, 材料, 社団法人日本材料学会, 材料, 47, 12, 1221, 1226, 1998年12月, 0514-5163, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002293503, Room and high temperature four point bend tests for Si&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;N&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;/SUS304 joints were carried out at constant loading.Fracture surfaces of the interlayer of joints were observed using SEM to discuss the fracture mechanism at high temperature. Furthermore, the fracture strength distribution was estimated on the basis of the unified estimation method considering the fracture mechanism.&lt;br&gt;(1) Failure of brazed Si&lt;sub&gt;3&lt;/sub&gt;N&lt;sub&gt;4&lt;/sub&gt;/metal joints in high stress level was occurred at a flaw in ceramics near bonding interface. On the other hand, failure of the interlayer in low stress level was occurred due to creep rupture. Creep rupture of joints was dominated on steady-state creep of the interlayer. Then, creep rupture life also could be predicted from minimum creep strain rate in interlayer by using both equation of Monkman-Grant and Norton&#039;s law.&lt;br&gt;(2) The fracture strength of the joints could be evaluated considering the temperature dependence of strength as follows:&lt;br&gt;&amp;sigma;&lt;i&gt;&lt;sub&gt;f&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&amp;middot;&lt;i&gt;t&lt;sub&gt;eff&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&lt;sup&gt;1/&lt;i&gt;n&lt;sub&gt;j&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&lt;/sup&gt;=&amp;sigma;&lt;i&gt;&lt;sub&gt;f&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;exp[(-&lt;i&gt;Q&lt;sub&gt;i&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;/&lt;i&gt;k&lt;/i&gt;)(1/&lt;i&gt;T&lt;/i&gt;+273-1/&lt;i&gt;T&lt;/i&gt;&lt;sub&gt;&amp;theta;&lt;/sub&gt;+273)]&lt;sup&gt;&lt;i&gt;m&lt;sub&gt;i&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;&lt;/sup&gt;&amp;radic;ln(1-&lt;i&gt;P&lt;sub&gt;f&lt;/sub&gt;&lt;/i&gt;)&lt;sup&gt;-1&lt;/sup&gt;&lt;br&gt;(3) Reliability structural design of joints had better determine the stress level and proof life considering failure of the interlayer with small scatter of rupture lives.

その他研究情報

受賞

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 新入生セミナーA
  • 2019年, 前期, 修士, 機械工学講究Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 産業技術調査
  • 2019年, 前期, 学部, 産業イノベーション論
  • 2019年, 前期, 学部, 産業イノベーション論
  • 2019年, 前期, 学部, 産業イノベーションセミナーⅠ
  • 2019年, 前期, 学部, ものづくり実験
  • 2019年, 前期, 学部, プロジェクト実践演習
  • 2019年, 前期, 学部, ものづくりセミナーⅠ
  • 2019年, 前期, 学部, 微積分
  • 2019年, 前期, 学部, 微積分
  • 2019年, 前期, 学部, 材料と強度


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.