詳細検索はこちら

高田 裕美タカタ ヒロミ

所属部署
大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/09

研究者基本情報

学歴

  • 1989年04月 - 1989年08月, 広島大学大学院, 生物圏科学研究科博士課程後期, 生命機能科学専攻
  • 1987年04月 - 1989年03月, 広島大学大学院, 生物圏科学研究科博士課程前期, 生命機能科学専攻
  • 1983年04月 - 1987年03月, 愛媛大学, 理学部, 生物学科

経歴

  •   2013年04月,  - 現在, 愛媛大学大学院, 理工学研究科, 准教授
  •   2007年04月,  - 2013年03月, 愛媛大学大学院, 理工学研究科, 助教
  •   1989年09月,  - 2007年03月, 愛媛大学, 理学部, 教務職員

所属学協会

  • 日本発生生物学会
  • 日本動物学会

委員歴

  •   2016年 - 現在, 日本動物学会, 愛媛県委員

研究活動情報

研究キーワード

    棘皮動物, 胚形成, 細胞分化, 形態形成, 原腸形成

論文

  • Estimating the mode of egg production in the spotted seahorse Hippocampus kuda to establish optimal captive breeding conditions
    62, 199 - 201,   2014年
  • Ovarian structure and mode of egg production in the seaweed pipefish Syngnathus schlegeli.
    60, (1) 85 - 88,   2013年
  • Nervous system disruption and concomitant behavioral abnormality in early hatched pufferfish larvae exposed to heavy oil.
    19, 2488 - 2497,   2012年
  • Basic reproductive biology of the barbed pipefish Urocampus nanus (Syngnathidae) under laboratory condition
    59, (1) 77 - 82,   2012年
  • A novel population of secondary mescenchyme cells in embryos of the keyhole sand dollar Astriclypeus manni.
    53, 625 - 638,   2011年
  • Involvement of Delta and Nodal signals in the specification process of five types of secondary mesenchyme cells in embryo of the sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus.
    53, 110 - 123,   2011年
  • The morphological maturation level of the esophagus is associated with the number of circumesophageal muscle fibers during archenteron formation in the starfish Patiria (Asterina) pectinifera.
    219, (1) 42720 - 42720,   2010年
  • A monogamous pipefish has the same type of ovary as observed in monogamous seahorses
    4, 362 - 365,   2008年
  • Construction of the water pollution monitor system using the molecular mechanisms of starfish embryogenesis.
    愛媛医学, 26, 217 - 222,   2007年
  • Number of esophageal muscle fiber changes during normal embryogenesis in sea bats.
    愛媛医学, 26, 159 - 164,   2007年
  • Subequatorial cytoplasm plays an important role in ectoderm patterning in the sea urchin embryo.
    48, 101 - 115,   2006年
  • Behavior of pigment cells closely correlates with the manner of gastrulation in sea urchin embryos.
    21, 1025 - 1035,   2004年
  • Gastrulation in the sea urchin embryo: A model system for analyzing the morphogenesis of a monolayerd epithelium.
    46, 309 - 326,   2004年
  • Pigment cells trigger the onset of gastrulation in tropical sea urchin Echinometra mathaei.
    46, 23 - 35,   2004年
  • Behavior and differentiation process of pigment cells in a tropical sea urchin Echinometra mathaei. Development Growth and Differentiation
    45, 473 - 483,   2003年
  • Timing of early developmental events in embryos of a tropical sea urchin Echinometra mathaei.
    20, 617 - 626,   2003年
  • Specification of secondary mesenchyme-derived cells in relation to the dorso-ventral axis in sea urchin blastulae.
    45, 129 - 142,   2003年
  • Process of pigment cell specification in the sand dollar Scaphechinus mirabilis.
    44, 113 - 125,   2002年
  • Role of cell contact in the specification process of pigment founder cells in the sea urchin embryo. Zoological Science
    19, 299 - 307,   2002年
  • Cell adhesion and the negative cell surface charges in embryonic cells of the starfish Asterina pectinifera.
    23, 2087 - 2095,   2002年
  • Ectoderm exerts the driving force for gastrulation in the sand dollar Scaphechinus mirabilis. Development Growth and Differentiatio
    43, 265 - 274,   2001年
  • Gonad structures in tow species of Pisidium (Bivalvia:
    60, 183 - 188,   2001年
  • Behavior of pigment cells in gastrula-stage embryos of Hemicentrotus pulcherrimus and Scaphechinus mirabilis.
    43, 699 - 707,   2001年
  • Shrinkage and expansion of blastocoel affect the degree of invagination in sea urchin embryos.
    18, 1097 - 1105,   2001年
  • Cellular basis of gastrulation in the sand dollar Scaphechinus mirabilis.
    199, 287 - 297,   2000年

講演・口頭発表等

  • ハタゴイソギンチャクの刺胞放出のしくみ
    日本動物学会中国四国支部大会,   2015年
  • クロウミウマの卵巣構造と卵生産様式
    四国魚類研究会,   2013年
  • ウニ胚のセロトニン陽性細胞分化はWntとNotchシグナルによって制御される
    日本動物学会学会,   2012年
  • 脊椎動物における小脳神経回路の起源
    日本動物学会第82回大会,   2011年
  • 重油とその構成物質暴露による硬骨魚類の初期発生と行動に及ぼす影響
    中国四国支部愛媛県例会,   2011年
  • 棘皮動物初期胚の細胞分化と形態形成におけるNotchとNodalの役割
    中国四国支部愛媛県例会,   2011年
  • 正形類と歪形類のウニ胚における二次間充織細胞specification過程の相違
    日本動物学会第81回大会,   2010年
  • ウニ胚原腸陥入時に発現が変化する2種の遺伝子について
    日本動物学会中国四国支部愛媛県例会,   2010年
  • スカシカシパンにおける二次間充織細胞の新しいサブポピュレーション
    日本動物学会第80回大会,   2009年
  • カクレクマノミとハタゴイソギンチャクの分布状況と宿主認識のしくみ
    日本動物学会中国四国支部愛媛県例会,   2009年
  • パプアキンイロクワガタはどのようにして宝石の輝きを生み出すのか
    日本動物学会中国四国支部愛媛県例会,   2009年
  • ヨウジウオ科魚類イシヨウジの卵巣構造と卵生産様式について
    第35回四国魚類研究会,   2008年
  • ウニ胚における二次間充織由来細胞specificationの過程
    日本動物学会第79回大会,   2008年
  • ウニ胚の原腸陥入にはたらく力
    日本動物学会第79回大会,   2008年
  • スカシカシパンにおける色素細胞の新しいサブポピュレーション
    日本動物学会中国四国支部愛媛県例会,   2008年
  • ハスノハカシパン胚における背腹軸の確立
    日本動物学会,   2007年
  • ウニ初期胚における頂板specificationの過程
    日本動物学会,   2007年
  • ヨウジウオ科魚類イシヨウジにおける卵巣構造と卵生産様式
    日本動物学会中国四国支部愛媛県例会,   2007年
  • ウニ胚初期卵割期の分裂装置の大きさを決定する要因
    日本動物学会,   2006年
  • 鉱物性汚染物質によるヒトデ幼生食道輪状筋への影響
    日本動物学会,   2005年
  • ウニ初期胚の割球間接着
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2005年
  • ウニ胚における色素細胞の前駆細胞決定のタイミング
    日本動物学会中国四国支部体会,   2004年
  • ウニ胚原腸陥入時の細胞動態
    日本動物学会,   2004年
  • 胚発生を指標とした海洋汚染モニタリングシステムの開発II:イトマキヒトデ幼生食道輪走筋繊維数の変化
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2004年
  • ウニ胚外胚葉のパターニング
    日本動物学会第74会大会,   2003年
  • ウニ胚の原腸陥入開始に関わる瓶型細胞は色素細胞である
    日本動物学会,   2003年
  • ウニ胚原腸陥入時の細胞形態及び細胞数
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2003年
  • ウニ胚後期卵割パターンと二次間充織細胞の決定
    日本発生生物学会第35回大会,   2002年
  • ウニ類における原腸陥入様式と色素細胞の挙動
    日本動物学会第73回大会,   2002年
  • ムラサキウニにおける色素細胞系譜確立のタイミング
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2002年
  • ウニ胚の動植軸に沿ったパターニングは二重勾配による?
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2002年
  • バフンウニの色素細胞は背側割球から多く作られる
    日本動物学会第72回大会,   2001年
  • イトマキヒトデ胚細胞の接着性と表面荷電
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2001年
  • ハスノハカシパンの原腸陥入時に見られるアクチン繊維の分布
    日本発生生物学会第33回大会,   2000年
  • ウニ胚の原腸形成には胞胚腔内の膨圧変化が関与する
    日本動物学会第71回大会,   2000年
  • ハスノハカシパンにおける色素細胞分化
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   2000年
  • ハスノハカシパンはにおける原腸陥入のしくみ
    日本発生生物学会第32回大会,   1999年
  • ウニ胚色素細胞の初期分化過程
    日本発生生物学会第32回大会,   1999年
  • シジミ属3種の生殖腺の構造
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   1999年
  • ハスノハカシパンにおける原腸陥入機構
    日本発生生物学会第29回大会,   1996年
  • バフンウニの骨片形成細胞分化決定因子の解析
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   1996年
  • バフンウニの初期卵割における割球間接着開始機構の解析
    日本動物学会中国四国支部松山例会,   1996年
  • ウニ胚の背腹軸は32〜64細胞期に確立する
    日本動物学会第66回大会,   1995年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.