研究者データベース

吉松 靖文ヨシマツ ヤスフミ

所属部署名教育学部 特別支援教育
職名教授
Last Updated :2019/06/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    吉松 靖文
  • 氏名(カナ)

    ヨシマツ ヤスフミ

所属

所属・職名

  • 部署

    教育学部 特別支援教育講座
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1993年04月 - 1995年03月, 九州大学, 教育学部, 研究生
  • 1989年04月 - 1992年03月, 九州大学大学院, 教育学研究科博士後期課程, 教育心理学専攻
  • 1987年04月 - 1989年03月, 九州大学大学院, 教育学研究科, 教育心理学専攻
  • 1982年04月 - 1987年03月, 九州大学, 文学部

学位

  • 教育学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本特殊教育学会
  • 日本LD学会

委員歴

  • 2018年06月 - 現在, 日本LD学会, 広報委員長
  • 2018年06月 - 現在, 日本LD学会, 常任理事
  • 2018年04月 - 現在, ペアレント・メンターえひめ運営委員会, 委員
  • 2017年04月 - 現在, 愛媛LD研究会, 会長
  • 2017年 - 現在, 愛媛県教育委員会, 広域特別支援連携協議会会長
  • 2012年 - 現在, 今治市教育委員会, 特別支援連携協議会委員
  • 2011年 - 現在, 伊予市教育委員会, 特別支援連携協議会委員
  • 2007年04月 - 現在, 松山市教育委員会, 特別支援教育推進協議会会長
  • 2007年04月 - 現在, 新居浜市, 発達支援推進協議会アドバイザー
  • 2006年 - 現在, 松前町教育委員会, 特別支援連携協議会委員
  • 2006年 - 現在, 東温市健康推進課, 2歳児教室相談員
  • 2006年 - 現在, 伊予市, 子ども子育て相談相談員
  • 2005年04月 - 現在, 愛媛県教育委員会, 広域特別支援連携協議会委員
  • 2005年 - 現在, 東温市教育委員会, 特別支援連携協議会委員
  • - 現在, 愛媛県高機能自閉症・アスペルガー症候群親の会, スーパーバイザー
  • 2005年 -2006年, 日本発達心理学会, 常任編集員, 日本発達心理学会
  • 2003年04月 -2004年03月, 愛媛県教育委員会, 特別支援教育モデル事業委員

経歴

  • 2015年04月 - 2019年03月, 愛媛大学(校長)
  • 2014年04月 - 現在, 愛媛大学(教授)
  • 2002年04月 - 2014年03月, 愛媛大学(准教授)
  • 1995年04月 - 2002年03月, 愛媛大学(助教授)

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 特別支援教育 発達障害 自閉症スペクトラム LD ADHD 子育て支援

著書・発表論文等

論文

  • Characteristics of the Understanding and Expression of Emotional Prosody among Children with Autism Spectrum Disorder, 吉松 靖文, Autism Open Access, 6, 4, 1, 6, 2016年04月
  • 症心身障害児に適切に対応できる特別支援教育教員養成プログラムの開発 ー医療的ケアを中心とした学際的知識・技能の養成ー, 吉松 靖文, , 大学教育実践ジャーナル, 13, 27, 32, 2015年03月
  • 漢字の書字学習に困り感をもっ児童への支援の在り方 一得意な言語性能力を活かした指導実践例から-, 曽我部 昌美・長尾 秀夫・吉松 靖文・苅田 知則・樫木 暢子, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 31, 119, 124, 2013年
  • 「障害」のあるところ, 吉松 靖文, 発達教育

作品

MISC

  • RAINMAN toolkit: A tool for assisting children with autistic spectrum disorders, CSUN's 20th Annual International Conference, Mar. 2005 (in print), 0, 2005年
  • 移動携帯端末による自閉症児のための多機能タイムエイドの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, 104, 636, 25, 30, 2005年
  • コミュニケーション障害児におけるモニタリングの障害, 現代のエスプリ, 314, 117, 125, 1993年
  • 教育学部生に対する情報教育の意義について, 九州大学教育学部紀要, 37, 41, 45, 1992年
  • ことばにおくれのある自閉的幼児の指導法IV-家庭でできる指導プログラムの開発-
  • 身体への注意の焦点化が自閉症児にもつ意味, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室紀要, 19, 95, 100, 1995年
  • 自閉的な子どものこころとからだ, そして訓練, ふぇにっくす, 48, 5, 10, 1995年
  • 思春期以降の自閉性障害児者のための同窓会活動について, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 20, 77, 81, 1996年
  • 自閉性障害児者の余暇活動に関する研究-余暇活動の実態調査, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 21, 105, 108, 1997年
  • 療育に関わる専門家の考え方についての研究(第3報)-統合保育の成果,新しい療育の模索(共著), 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 20, 107, 129, 1996年
  • 精神薄弱者更生施設における集団構造の定量的分析に関する研究, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 22, 45, 51, 1999年
  • 知的障害者更生施設における集団構造の定量的分析に関する研究, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 23, 83, 86, 2000年
  • 自閉性障害児の見たての使用に関する一考察, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 24, 2001年
  • 発話のない自閉症児に対する劇遊びの適用, 愛媛大学教育学部障害児教育, 25, 2002年
  • 思春期自閉性障害児における社会的行動と心の理解の発達―劇活動の適用を通して―, 愛媛大学教育学部障害児教育研究室研究紀要, 26,111-118, 2003年
  • BREWアプリを用いた自閉症児の為の生活支援ツールの開発, 電子情報通信学会技術研究報告, 105, 505, 1, 6, 2006年
  • BREWアプリを用いた発達障害児のため生活支援ツールの研究開発, 社団法人電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告, Vo.106, No.485, 49, 54, 2007年
  • 高機能自閉症児の時間感覚に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, 105, 505, 2006年
  • 0, 2005年
  • Vo.106, No.485, 49, 54, 2007年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.