研究者データベース

野見山 桂ノミヤマ ケイ

所属部署名沿岸環境科学研究センター
職名准教授
Last Updated :2020/05/31

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    野見山 桂
  • 氏名(カナ)

    ノミヤマ ケイ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/read0156221/avatar.JPG
  • URL

  • ORCID ID

    0000-0002-8012-3806

所属

所属・職名

  • 部署

    沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2008年, 熊本県立大学

学位

  • 環境共生学

その他基本情報

所属学協会

  • 日本毒性学会
  • 環境ホルモン学会 [正式名称;日本内分泌撹乱化学物質学会]
  • 日本セトロジー研究会
  • SETAC
  • 日本水環境学会
  • 日本環境化学会
  • SETAC

委員歴

  • 2018年04月 - 現在, 日本内分泌撹乱化学物質学会, 評議員
  • 2018年 - 現在, Dioxin2019, 実行委員
  • 2017年 - 現在, 日本環境化学会, 国際企画部会 副幹事
  • 2017年 - 現在, 日本環境化学会, POPs部会 副幹事
  • 2016年04月 - 現在, 文部科学省共同利用・共同研究拠点形成「化学汚染・沿岸環境研究拠点(LaMer), 事業推進担当者
  • 2016年04月 - 現在, 日本環境化学会, 評議員
  • 2014年 - 現在, 日本環境化学会, 学会実行委員
  • 2016年04月 - 2019年05月, 水環境学会, 中国・四国支部会幹事長
  • 2016年05月 - 2017年05月, PRIMO19, 学会実行委員
  • 2014年 - 2014年, ICAEC2014, 実行委員
  • 2008年04月 - 2012年03月, 文部科学省グローバルCOEプログラム「化学物質の環境科学教育研究拠点」, 事業推進担当者
  • 2012年 - 2012年, SETAC Asia/Pacific 2012, 実行委員

経歴

  • 2015年 - 現在, 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門 准教授
  • 2013年04月 - 現在, 愛媛大学 大学院理工学研究科(理学系)分子科学コース兼任
  • 2011年 - 2015年, 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門 講師
  • 2008年 - 2011年, 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 生態環境計測分野 (農学部環境保全コース兼任) 助教
  • 2008年 - 2011年, Center for Marine Environmental Studies (CMES) Ehime University. Environmental chemistry and ecotoxicology
  • 2011年 - , - Center for Marine Environmental Studies (CMES)
  • 2007年04月 - 2008年03月, 日本学術振興会 熊本県立大学 特別研究員(DC2)化学
  • 2005年04月 - 2007年03月, 福岡大学 資源循環・環境システム研究所 リサーチ・アシスタント
  • Environmental chemistry and ecotoxicology

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 環境・農学, 環境負荷、リスク評価管理
  • 環境・農学, 生物資源保全学
  • 環境・農学, 環境影響評価, 毒性学
  • 環境・農学, 化学物質影響, 微量化学物質
  • 環境・農学, 放射線影響, 微量化学物質

研究キーワード

  • PPCPs
  • スペシメンバンク
  • ペット動物
  • 野生生物
  • 環境汚染
  • ミトコンドリア
  • 核内受容体
  • プロテオミクス
  • メタボロミクス
  • オミクス
  • トキシコロジー
  • wildlife
  • PCBs
  • PBDEs
  • 異物代謝
  • 環境分析化学
  • 水環境化学
  • Environmental Analytical Chemistry
  • Aquatic Environmental Sciences

著書・発表論文等

論文

  • Altered hepatic cytochrome P450 expression in cats after chronic exposure to decabromodiphenyl ether (BDE-209)., Kraisiri Khidkhan, Hazuki Mizukawa, Yoshinori Ikenaka, Shouta M M Nakayama, Kei Nomiyama, Nozomu Yokoyama, Osamu Ichii, Mitsuyoshi Takiguchi, Shinsuke Tanabe, Mayumi Ishizuka, The Journal of veterinary medical science, The Journal of veterinary medical science, 2020年05月, [査読有り], 10.1292/jvms.20-0140
  • Tissue distribution and characterization of feline cytochrome P450 genes related to polychlorinated biphenyl exposure., Khidkhan K, Mizukawa H, Ikenaka Y, Nakayama SMM, Nomiyama K, Yokoyama N, Ichii O, Darwish WS, Takiguchi M, Tanabe S, Ishizuka M, Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP, Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP, 2019年12月, [査読有り], 1532-0456, 10.1016/j.cbpc.2019.108613
  • First nationwide investigation and environmental risk assessment of 72 pharmaceuticals and personal care products from Sri Lankan surface waterways, Keerthi S. Guruge, Prasun Goswami, Rumi Tanoue, Kei Nomiyama, R. G.S. Wijesekara, Tilak S. Dharmaratne, Science of the Total Environment, Science of the Total Environment, 2019年11月, [査読有り], 0048-9697, 10.1016/j.scitotenv.2019.07.042
  • Effects of PCB exposure on serum thyroid hormone levels in dogs and cats, Kohki Takaguchi, Hiroyuki Nishikawa, Hazuki Mizukawa, Rumi Tanoue, Nozomu Yokoyama, Osamu Ichii, Mitsuyoshi Takiguchi, Shouta M.M. Nakayama, Yoshinori Ikenaka, Tatsuya Kunisue, Mayumi Ishizuka, Shinsuke Tanabe, Hisato Iwata, Kei Nomiyama, Science of the Total Environment, Science of the Total Environment, 2019年10月, [査読有り], 0048-9697, 10.1016/j.scitotenv.2019.06.300
  • Targeted metabolome analysis of the dog brain exposed to PCBs suggests inhibition of oxidative phosphorylation by hydroxylated PCBs., Nomiyama K, Eguchi A, Takaguchi K, Yoo J, Mizukawa H, Oshihoi T, Tanabe S, Iwata H, Toxicology and applied pharmacology, Toxicology and applied pharmacology, 2019年08月, [査読有り], 0041-008X, 10.1016/j.taap.2019.114620
  • Protecting the environment from psychoactive drugs: Problems for regulators illustrated by the possible effects of tramadol on fish behaviour., Tanoue R, Margiotta-Casaluci L, Huerta B, Runnalls TJ, Eguchi A, Nomiyama K, Kunisue T, Tanabe S, Sumpter JP, The Science of the total environment, The Science of the total environment, 2019年05月, [査読有り], 0048-9697, 10.1016/j.scitotenv.2019.02.090
  • Alterations in urinary metabolomic profiles due to lead exposure from a lead-acid battery recycling site., Eguchi A, Nomiyama K, Sakurai K, Kim Trang PT, Viet PH, Takahashi S, Iwata H, Tanabe S, Todaka E, Mori C, Environmental pollution (Barking, Essex : 1987), Environmental pollution (Barking, Essex : 1987), 2018年11月, [査読有り], 0269-7491, 10.1016/j.envpol.2018.06.071
  • Effects of 4-Hydroxy-2,3,3',4',5-Pentachlorobiphenyl (4-OH-CB107) on Liver Transcriptome in Rats: Implication in the Disruption of Circadian Rhythm and Fatty Acid Metabolism., Ochiai M, Iida M, Agusa T, Takaguchi K, Fujii S, Nomiyama K, Iwata H, Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, 2018年09月, [査読有り], 1096-6080, 10.1093/toxsci/kfy123
  • 薬物・環境化学物質代謝の種差と甲状腺機能, 野見山 桂, 日本甲状腺学会雑誌, 日本甲状腺学会雑誌, 2018年04月, [査読有り], [招待有り]
  • Determination of free thyroid hormones in animal serum/plasma using ultrafiltration in combination with ultra-fast liquid chromatography-tandem mass spectrometry., Tanoue R, Kume I, Yamamoto Y, Takaguchi K, Nomiyama K, Tanabe S, Kunisue T, Journal of chromatography. A, Journal of chromatography. A, 2018年03月, [査読有り], 0021-9673, 10.1016/j.chroma.2018.01.044
  • Lead exposure in raptors from Japan and source identification using Pb stable isotope ratios, Chihiro Ishii, Shouta M. M. Nakayama, Yoshinori Ikenaka, Hokuto Nakata, Keisuke Saito, Yukiko Watanabe, Hazuki Mizukawa, Shinsuke Tanabe, Kei Nomiyama, Terutake Hayashi, Mayumi Ishizuka, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2017年11月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2017.07.143
  • Uptake and Metabolism of Human Pharmaceuticals by Fish: A Case Study with the Opioid Analgesic Tramadol, Rumi Tanoue, Luigi Margiotta-Casaluci, Belinda Huerta, Tamsin J. Runnalls, Kei Nomiyama, Tatsuya Kunisue, Shinsuke Tanabe, John P. Sumpter, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2017年11月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.7b03441
  • Soil contamination by halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons from open burning of e-waste in Agbogbloshie (Accra, Ghana), Nguyen Minh Tue, Akitoshi Goto, Shin Takahashi, Takaaki Itai, Kwadwo Ansong Asante, Kei Nomiyama, Shinsuke Tanabe, Tatsuya Kunisue, JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT, JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT, 2017年10月, [査読有り], 1438-4957, 10.1007/s10163-016-0568-y
  • Anthropogenic and Naturally Produced Brominated Phenols in Pet Blood and Pet Food in Japan, Hazuki Mizukawa, Kei Nomiyama, Susumu Nakatsu, Miyuki Yamamoto, Mayumi Ishizuka, Yoshinori Ikenaka, Shouta M. M. Nakayama, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2017年10月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.7b01009
  • Polybrominated diphenyl ethers (PBDEs) and their hydroxylated and methoxylated analogues in the blood of harbor, Dall's and finless porpoises from the Japanese coastal waters, Mari Ochiai, Kei Nomiyama, Tomohiko Isobe, Tadasu K. Yamada, Yuko Tajima, Ayaka Matsuda, Akira Shiozaki, Takashi Matsuishi, Masao Amano, Hisato Iwata, Shinsuke Tanabe, MARINE ENVIRONMENTAL RESEARCH, MARINE ENVIRONMENTAL RESEARCH, 2017年07月, [査読有り], 0141-1136, 10.1016/j.marenvres.2016.11.004
  • Uridine Diphosphate-Glucuronosyltransferase (UGT) 2B Subfamily Interspecies Differences in Carnivores, Takamitsu Kondo, Yoshinori Ikenaka, Shouta M. M. Nakayama, Yusuke K. Kawai, Hazuki Mizukawa, Yoko Mitani, Kei Nomiyama, Shinsuke Tanabe, Mayumi Ishizuka, TOXICOLOGICAL SCIENCES, TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2017年07月, [査読有り], 1096-6080, 10.1093/toxsci/kfx072
  • Species- and Tissue-Specific Profiles of Polybrominated Diphenyl Ethers and Their Hydroxylated and Methoxylated Derivatives in Cats and Dogs, Kei Nomiyama, Kohki Takaguchi, Hazuki Mizukawa, Yasuko Nagano, Tomoko Oshihoi, Susumu Nakatsu, Tatsuya Kunisue, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2017年05月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.7b01262
  • Aqueous secondary formation of brominated, chlorinated, and mixed halogenated pyrene in presence of halide ions, Kenshi Sankoda, Izumi Toda, Kazuhiko Sekiguchi, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2017年03月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2016.12.044
  • Organohalogen Compounds in Pet Dog and Cat: Do Pets Biotransform Natural Brominated Products in Food to Harmful Hydroxlated Substances?, Hazuki Mizukawa, Kei Nomiyama, Susumu Nakatsu, Hisato Iwata, Jean Yoo, Akira Kubota, Miyuki Yamamoto, Mayumi Ishizuka, Yoshinori Ikenaka, Shouta M. M. Nakayama, Tatsuya Kunisue, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2016年01月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.5b04216
  • In Vitro and in Silico Analyses for Predicting Hepatic Cytochrome P450-Dependent Metabolic Potencies of Polychlorinated Biphenyls in the Baikal Seal., Yoo J, Hirano M, Mizukawa H, Nomiyama K, Agusa T, Kim EY, Tanabe S, Iwata H, Environmental science & technology, Environmental science & technology, 2015年12月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.5b03890
  • Uridine Diphosphate-Glucuronosyltransferase (UGT) Xenobiotic Metabolizing Activity and Genetic Evolution in Pinniped Species., Kakehi M, Ikenaka Y, Nakayama SM, Kawai YK, Watanabe KP, Mizukawa H, Nomiyama K, Tanabe S, Ishizuka M, Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, 2015年10月, [査読有り], 1096-6080, 10.1093/toxsci/kfv144
  • Uptake and Tissue Distribution of Pharmaceuticals and Personal Care Products in Wild Fish from Treated-Wastewater-Impacted Streams., Tanoue R, Nomiyama K, Nakamura H, Kim JW, Isobe T, Shinohara R, Kunisue T, Tanabe S, Environmental science & technology, Environmental science & technology, 2015年10月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/acs.est.5b02478
  • Organohalogens and their hydroxylated metabolites in the blood of pigs from an open waste dumping site in south India: association with hepatic cytochrome P450., Mizukawa H, Nomiyama K, Kunisue T, Watanabe MX, Subramanian A, Iwata H, Ishizuka M, Tanabe S, Environmental research, Environmental research, 2015年04月, [査読有り], 0013-9351, 10.1016/j.envres.2015.02.012
  • Residue profiles of organohalogen compounds in human serum from e-waste recycling sites in North Vietnam: Association with thyroid hormone levels., Eguchi A, Nomiyama K, Minh Tue N, Trang PT, Hung Viet P, Takahashi S, Tanabe S, Environmental research, Environmental research, 2015年02月, [査読有り], 0013-9351, 10.1016/j.envres.2015.01.007
  • Seasonal and diurnal variation of organic UV filters from personal care products used along the Japanese coast, Sankoda K, Murata K, Tanihata M, Suzuki K, Nomiyama K, Shinohara R, Archive of Environmental Contamination Toxicology, Archive of Environmental Contamination Toxicology, 2015年02月, [査読有り], 0090-4341, 10.1007/s00244-014-0106-7
  • Blood levels of polychlorinated biphenyls and their hydroxylated metabolites in Baikal seals (Pusa sibirica): Emphasis on interspecies comparison, gender difference and association with blood thyroid hormone levels, Daisuke Imaeda, Kei Nomiyama, Tatsuya Kunisue, Hisato Iwata, Oyuna Tsydenova, Masao Amano, Evgeny A. Petrov, Valeriy B. Batoev, Shinsuke Tanabe, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2014年11月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2014.03.089
  • Toxicological Assessment of Polychlorinated Biphenyls and Their Metabolites in the Liver of Baikal Seal (Pusa sibirica), Kei Nomiyama, Shusaku Hirakawa, Akifumi Eguch, Chika Kanbara, Daisuke Imaeda, Jean Yoo, Tatsuya Kunisue, Eun-Young Kim, Hisato Iwata, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2014年11月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/es5043386
  • Simultaneous determination of polar pharmaceuticals and personal care products in biological organs and tissues, Rumi Tanoue, Kei Nomiyama, Haruna Nakamura, Terutake Hayashi, Joon-Woo Kim, Tomohiko Isobe, Ryota Shinohara, Shinsuke Tanabe, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2014年08月, [査読有り], 0021-9673, 10.1016/j.chroma.2014.06.016
  • Halogenated phenolic contaminants in the blood of marine mammals from Japanese coastal waters, Kei Nomiyama, Chika Kanbara, Mari Ochiai, Akifumi Eguchi, Hazuki Mizukawa, Tomohiko Isobe, Takashi Matsuishi, Tadasu K. Yamada, Shinsuke Tanabe, MARINE ENVIRONMENTAL RESEARCH, MARINE ENVIRONMENTAL RESEARCH, 2014年02月, [査読有り], 0141-1136, 10.1016/j.marenvres.2013.08.016
  • Simultaneous detection of multiple hydroxylated polychlorinated biphenyls from a complex tissue matrix using gas chromatography/isotope dilution mass spectrometry, Akifumi Eguchi, Kei Nomiyama, Mari Ochiai, Hazuki Mizukawa, Yasuko Nagano, Katsuhiro Nakagawa, Kouki Tanaka, Haruhiko Miyagawa, Shinsuke Tanabe, TALANTA, TALANTA, 2014年01月, [査読有り], 0039-9140, 10.1016/j.talanta.2013.10.031
  • Accumulation of hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCBs) and implications for PCBs metabolic capacities in three porpoise species, Mari Ochiai, Kei Nomiyama, Tomohiko Isobe, Hazuki Mizukawa, Tadasu K. Yamada, Yuko Tajima, Takashi Matsuishi, Masao Amano, Shinsuke Tanabe, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2013年08月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2013.04.024
  • Occurrence and Source of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons (CI-PAHs) in Tidal Flats of the Ariake Bay, Japan, Kenshi Sankoda, Tomonori Kuribayashi, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2013年07月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/es3044483
  • Halogenation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by Photochemical Reaction under Simulated Tidal Flat Conditions, Kenshi Sankoda, Kei Nomiyama, Tomonori Kuribayashi, Ryota Shinohara, POLYCYCLIC AROMATIC COMPOUNDS, POLYCYCLIC AROMATIC COMPOUNDS, 2013年05月, [査読有り], 1040-6638, 10.1080/10406638.2013.770406
  • Species-specific differences in the accumulation features of organohalogen contaminants and their metabolites in the blood of Japanese terrestrial mammals, Hazuki Mizukawa, Kei Nomiyama, Susumu Nakatsu, Shuuji Yachimori, Terutake Hayashi, Yutaka Tashiro, Yasuko Nagano, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL POLLUTION, ENVIRONMENTAL POLLUTION, 2013年03月, [査読有り], 0269-7491, 10.1016/j.envpol.2012.11.004
  • Different profiles of anthropogenic and naturally produced organohalogen compounds in serum from residents living near a coastal area and e-waste recycling workers in India, Akifumi Eguchi, Kei Nomiyama, Gnanasekaran Devanathan, Annamalai Subramanian, Kesav A. Bulbule, Peethambaram Parthasarathy, Shin Takahashi, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENT INTERNATIONAL, ENVIRONMENT INTERNATIONAL, 2012年10月, [査読有り], 0160-4120, 10.1016/j.envint.2012.05.003
  • Plant Uptake of Pharmaceutical Chemicals Detected in Recycled Organic Manure and Reclaimed Wastewater, Rumi Tanoue, Yuri Sato, Mild Motoyama, Shuhei Nakagawa, Ryota Shinohara, Kei Nomiyama, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2012年10月, [査読有り], 0021-8561, 10.1021/jf303142t
  • Evidence for in situ production of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons on tidal flats: Environmental monitoring and laboratory scale experiment, Kenshi Sankoda, Kei Nomiyama, Takayuki Yonehara, Tomonori Kuribayashi, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2012年07月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2012.03.017
  • Inter-species Differences of Hydroxylated Polychlorinated Biphenyls (OH-PCBs) in the Blood of Small Cetaceans., Ochiai M, Nomiyama K, Isobe T, Matsuishi T, Yamada T.K, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 2012年, [査読有り]
  • 生活関連化学物質による水環境汚染: 医薬品類による河川の汚染実態, 野見山桂, 田上瑠美, 篠原亮太, 産業と環境, 産業と環境, 2012年, [招待有り]
  • Anthropogenic and naturally occurring polybrominated phenolic compounds in the blood of cetaceans stranded along Japanese coastal waters, Kei Nomiyama, Akifumi Eguchi, Hazuki Mizukawa, Mari Ochiai, Satoko Murata, Masayuki Someya, Tomohiko Isobe, Tadasu K. Yamada, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL POLLUTION, ENVIRONMENTAL POLLUTION, 2011年12月, [査読有り], 0269-7491, 10.1016/j.envpol.2011.08.035
  • Organohalogen compounds and their metabolites in the blood of Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) and scalloped hammerhead shark (Sphyrna lewini) from Japanese coastal waters, Kei Nomiyama, Yukiko Uchiyama, Satoko Horiuchi, Akifumi Eguchi, Hazuki Mizukawa, Sawako Horai Hirata, Ryota Shinohara, Shinsuke Tanabe, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2011年10月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2011.06.092
  • Residues of pharmaceutical products in recycled organic manure produced from sewage sludge and solid waste from livestock and relationship to their fermentation level, Miki Motoyama, Shuhei Nakagawa, Rumi Tanoue, Yuri Sato, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2011年07月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2011.03.048
  • Identification of Triclosan Intermediates Produced by Oxidative Degradation Using TiO2 in Pure Water and Their Endocrine Disrupting Activities, K. Sankoda, H. Matsuo, M. Ito, K. Nomiyama, K. Arizono, R. Shinohara, BULLETIN OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, BULLETIN OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, 2011年05月, [査読有り], 0007-4861, 10.1007/s00128-011-0249-4
  • Organohalogen Contaminants and their Hydoxylated Metabolites in the Blood of Japanese Terrestrial Mammals., Mizukawa H, Nomiyama K, Nakatsu S, Yachimori S, Hayashi T, Tashiro Y, Tanabe S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 2011年, [査読有り]
  • Polychlorinated Biphenyls and Their Hydroxylated Metabolites (OH-PCBs) in the Blood of Toothed and Baleen Whales Stranded along Japanese Coastal Waters, Kei Nomiyama, Satoko Murata, Tatsuya Kunisue, Tadasu K. Yamada, Hazuki Mizukawa, Shin Takahashi, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2010年05月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/es1003928
  • Determination and Characterization of Hydroxylated Polychlorinated Biphenyls (OH-PCBs) in Serum and Adipose Tissue of Japanese Women Diagnosed with Breast Cancer, Kei Nomiyama, Tomonori Yonehara, Saori Yonemura, Megumi Yamamoto, Chihaya Koriyama, Suminori Akiba, Ryota Shinohara, Minoru Koga, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2010年04月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/es9012432
  • Hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCBs) induce vitellogenin through estrogenic activity in primary-cultured hepatocytes of the Xenopus laevis, Kei Nomiyama, Yuji Nomura, Tohru Takahashi, Yukiko Uchiyama, Koji Arizono, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2010年02月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2009.12.018
  • 下水汚泥・畜産廃棄物を原料とした再生肥料(コンポスト)中の医薬品の存在, 水環境学会誌, 水環境学会誌, 2010年, [査読有り]
  • Behavior of Endocrine Disrupting Chemicals in Johkasou Improved Septic Tank in Japan, S. Nakagawa, H. Matsuo, M. Motoyama, K. Nomiyama, R. Shinohara, BULLETIN OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, BULLETIN OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, 2009年09月, [査読有り], 0007-4861, 10.1007/s00128-009-9755-z
  • Hydroxylated polychlorinated biphenyls in the blood of Baikal seals (Pusa Sibirica), Imaeda, D, Kunisue, T, Iwata, H, Tsydenova, O, Takahashi, S, Nomiyama, K, Amano, M, Petrov, A.E, Batoev, B.V, Tanabe, S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 2008年, [査読有り]
  • Oxidative degradation of BPA using TiO2 in water, and transition of estrogenic activity in the degradation pathways, Kei Nomiyama, Teiji Tanizaki, Toyokazu Koga, Koji Arizono, Ryota Shinohara, ARCHIVES OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, ARCHIVES OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY, 2007年01月, [査読有り], 0090-4341, 10.1007/s00244-005-0204-7
  • Particulate polycyclic aromatic hydrocarbons in the urban atmosphere of Kumamoto, Japan under mild weather, JI Hezhe, ZHANG Daizhou, SHINOHARA Ryouta, FUJIIE Wataru, KOGA Minoru, SHI Zongbo, NOMIYAMA Kei, Earozoru Kenkyu, Earozoru Kenkyu, 2007年, [査読有り], 0912-2834, 10.11203/jar.22.135
  • 酸化チタン光触媒を利用した水環境中におけるポリ塩化ビフェニル(PCBs)の酸化に伴う水酸化PCBs(OH-PCBs)の生成メカニズム: 生成するOH-PCBsの化学構造と内分泌攪乱性の解明, 野見山 桂, 有薗 幸司, 篠原 亮太, 水環境学会誌, 水環境学会誌, 2007年, [査読有り]
  • Endocrine effects generated by photooxidation of coplanar biphenyls in water using titanium dioxide, Kei Nomiyama, Teiji Tanizaki, Koji Arizono, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, CHEMOSPHERE, 2007年01月, [査読有り], 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2006.06.01
  • LC/ESI/MSを用いた陰イオン界面活性剤LASとLAS生分解生成物の環境中挙動及び毒性評価に関する研究, 前田 絵梨子, 野見山 桂, 篠原 亮太, 環境化学, 環境化学, 2006年, [査読有り], 0917-2408, 10.5985/jec.16.239
  • 下水汚泥または畜産廃棄物から製造したコンポスト中に含まれるエストロゲン及びアンドロゲンの残留と内分泌攪乱性評価, 本山 充希, 古閑 豊和, 野見山 桂, 中川 修平, 松尾 英樹, 篠原 亮太, 環境化学, 環境化学, 2006年, [査読有り], 0917-2408, 10.5985/jec.16.615
  • Production mechanism of hydroxylated PCBs by oxidative degradation of selected PCBs using TiO2 in water and estrogenic activity of their intermediates, K Nomiyama, T Tanizaki, H Ishibashi, K Arizono, R Shinohara, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2005年11月, [査読有り], 0013-936X, 10.1021/es050791a

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 野生動物における有機ハロゲン化合物の代謝・動態と甲状腺ホルモンへの影響,, 野見山 桂, 第20回日本毒性学会生涯教育講習会, 2019年06月, 招待有り
  • 地球規模で考える環境汚染 医薬品と環境問題を考える, 野見山 桂, コープ 一般講演会, 2019年02月, 招待有り
  • 自然写真を通して環境問題を考える, 野見山 桂, コミュニティ・カレッジ 環境講座, 2019年01月, 招待有り
  • Contamination status of organohalogen compounds in pet cats, cat food and house dust from Thailand, Shimasaki, M., Mizukawa, H., Takaguchi, K., Saengtienchai, A., Ngamchirttakul, A., Pencharee, D., Khidkhan, K., Ishizuka, M., Ikenaka, Y., Nakayama, S. M. M., Kunisue, T., Tanabe, S., Nomiyama, K., 28th Symposium on Environmental Chemistry, 2019年
  • ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明, 池中良徳, 一瀬貴大, ニマコ・コリンズ, 市川 剛, 野見山 桂, 長谷川 浩, 中山翔太, 星 信彦, 平 久美子, 石塚 真由美, 第28回環境化学討論会, 2019年
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の長期曝露がイエネコへ及ぼす影響, 田中啓介, 野見山 桂, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 第28回環境化学討論会, 2019年
  • PCBs 曝露によるネコ肝トランスクリプトームへの影響, 水川葉月, Hoa Thanh Ngyuen, 岩田久人, 野見山 桂, 池中良徳, 中山翔太, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, Kraisiri Khidkhan, 田辺信介, 石塚真由美, 第28回環境化学討論会, 2019年
  • Toxicokinetic parameters causing the discrepancy between the measured and predicted bioconcentration factors of pharmaceuticals and personal care products in fish, Tanoue, R., Nakayama, K., Kondo M., Nomiyama, K., Kunisue, T., Tanabe, S., Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) Europe 29th Annual Meeting, 2019年
  • 極性汚染物質による高等動物の汚染実態とリスク評価の試み (ハロゲン化フェノール類とPPCPs汚染解析事例から), 野見山 桂, 酪農学園大学特別講義, 2018年12月, 招待有り
  • Polychlorinated biphenyl exposure increased thyroid hormone excretion in dogs, 野見山 桂, 2nd Chemical Hazard Symposium, 2018年12月
  • Characterization of CYP genes related-PCBs exposure in cats, 野見山 桂, 2nd Chemical Hazard Symposium, 2018年12月
  • Comparison of effects on comprehensive gene expression by PCBs exposure in Cats and Dogs, 野見山 桂, 2nd Chemical Hazard Symposium, 2018年12月
  • 環境汚染化学物質の最前線, 野見山 桂, 愛媛大学グローバルサイエンス(eGS), 2018年11月
  • Effects of PCB exposure on thyroid hormone levels in serum of dogs and cats., 野見山 桂, SETAC North America 39th Annual Meeting, 2018年11月
  • Simultaneous determination of neurotransmitters and their precursors/metabolites in animal brain tissue., 野見山 桂, SETAC North America 39th Annual Meeting, 2018年11月
  • 地球規模で考える環境汚染 ~ 環境汚染が私達の暮らしを壊す。 環境について考えてみませんか ~, 野見山 桂, コープ 一般講演会, 2018年09月, 招待有り
  • 医薬品類およびパーソナルケア製品由来化学物質(PPCPs)による水圏生態系の汚染実態, 野崎一茶, 田上瑠美, 野見山 桂, 国末達也, 田辺信介, 第21回日本水環境学会シンポジウム, 2018年09月, 招待有り
  • PCBs as an environmental obesogen in dogs: evidence from hepatic transcriptome, metabolome, and lipidome analyses, 野見山 桂, 38th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2018), 2018年08月
  • Pilot study on the toxicological assessment of organohalogen compounds in pet cat (Felis catus) serum using metabolomics approach, 野見山 桂, 38th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2018), 2018年08月
  • Tissue distribution and CYP expression related-PCBs exposure in cats., 野見山 桂, 38th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2018), 2018年08月
  • Contamination status and global comparison of organohalogen compounds and their related compounds in the pet cats in Thailand., 野見山 桂, 38th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2018), 2018年08月
  • Effects of polychlorinated biphenyls (PCBs) in cats: Exhaustive gene expression analysis approach., 野見山 桂, 38th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2018), 2018年08月
  • ポリ塩化ビフェニル曝露によるイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性への影響, 高口倖暉, 野見山 桂, 西川博之, 水川葉月, 田上瑠美, 草木桃子, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第45回日本毒性学会学術年会, 2018年07月
  • 3) 薬物・環境化学物質の代謝活性化と甲状腺ホルモンへの影響, 野見山 桂, 環境ホルモン学会第 32 回講演会, 2018年06月, 招待有り
  • 沖縄本島南部の河川水における医薬品類およびパーソナルケア製品由来化学物質の存在, 田上瑠美, 国末達也, 向井幸乃, 後藤哲智, 田代 豊, 野見山 桂, 田辺信介, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • LC-MS/MSを用いた脳中甲状腺ホルモンの高感度分析法の開発, 小野純華, 高口倖暉, 田上瑠美, 国末達也, 田辺信介, 野見山 桂, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • 有機ハロゲン化合物曝露によるネコの生化学マーカーの変化および甲状腺機能に及ぼす影響評価, 水川葉月, Khidkhan. K, 高口倖暉, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 池中良徳, 中山翔太, Tsendayush, S, 野見山 桂, 田辺信介, 石塚真由美, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • 野生哺乳類における硫酸転移酵素の動物種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山 桂, 石塚真由美, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • タイ王国におけるペットネコ血清およびペットフード中有機ハロゲン化合物と類縁化合物の汚染実態, 島﨑真琴, 野見山 桂, 水川葉月, Saengtienchai, A, Ngamchirttakul, A, Pencharee, D, 星野光希, 山本恭央, 高口倖暉, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 国末達也, 田辺信介, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • ネコのin vivo BDE209 長期曝露試験による体内動態の解明および甲状腺ホルモンへの影響評価, 田中啓介, 野見山 桂, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 第27回環境化学討論会, 2018年05月
  • 医薬品類およびパーソナルケア製品由来物質 (PPCPs) によるアジア途上国の水環境汚染と水生生物への影響評価, 野崎一茶, 田上瑠美, 野見山 桂, 国末達也, 田辺信介, 磯部友彦, 日本水環境学会年会, 2018年03月
  • 自然写真を通して環境問題を考える, 野見山 桂, 愛媛大学校友会人材活用センター講演会, 2018年03月, 招待有り
  • 哺乳類の残留する有機ハロゲン代謝物の脳移行とリスク評価への試み, 野見山 桂, 第19回環境ホルモン学会研究発表会「若手の会キックオフシンポジウム」ー若手研究者のキャリア・ライフプランのためのReferencesー, 2017年12月, 招待有り
  • 野生生物に残留するハロゲン化フェノール類の蓄積特性と毒性影響評価, 野見山 桂, 第5回バイオシグナル研究会「生命環境と生物シグナル応答-基礎から応用まで-」, 2017年10月, 招待有り
  • Persistent organic pollutants (POPs) in dolphin species, 10th International Meeting of Asian Society of Conservation Medicine, 2017年10月
  • Molecular mechanisms underlying species differences in transactivation potencies of seal and dog estrogen receptors by OH-PCBs., The 7th Joint Forum of Environmental Sciences 2017, 2017年09月
  • Contamination status and risk assessment of pharmaceuticals and personal care products (PPCPs) in freshwater fish from Asian developing countries., The 7th Joint Forum of Environmental Sciences 2017, 2017年09月
  • Occurrence of 72 pharmaceuticals and personal care products (PPCPs) in surface water from India, Indonesia, and Japan., The 7th Joint Forum of Environmental Sciences 2017, 2017年09月, 招待有り
  • Serum biochemical responses in cats exposed to organohalogen compounds., Chemical Hazard Symposium (Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology), 2017年08月
  • PCB-induced disruption of thyroid hormone homeostasis in dogs and cats. Chemical Hazard Symposium, Chemical Hazard Symposium (Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology), 2017年08月
  • Evolution and enzymatic activity of Phase II drug metabolism enzymes in Carnivores., Chemical Hazard Symposium (Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology), 2017年08月
  • Uptake and metabolism of opioid analgesic tramadol in fish, and a linkage between internal concentrations and behavioural effects., Chemical Hazard Symposium (Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology), 2017年08月
  • Exploration of lead exposure related biological pathways in Vietnamese acid-lead battery recycling workers., Chemical Hazard Symposium (Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology), 2017年08月
  • DecaBDE might be associated with inhibition of thyroid hormone levels in serum of Japanese cats., 野見山 桂, International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2017), 2017年08月
  • Identification for the biotransformation of BDE209 by in vivo toxicokinetic analysis in Felis catus., International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2017), 2017年08月
  • Tissue distribution of polychlorinated biphenyls and their metabolites in dog and cat., International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2017), 2017年08月
  • In vivo exposure to PCBs in cats: Analysis of metabolic capacities and effects on the thyroid hormone homeostasis., International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2017), 2017年08月
  • Pharmaceutical and personal care products in freshwater fish from Asian developing countries., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Organophosphate flame retardants in wild birds – development of analytical methods and interspecies comparison., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Effects of PCB-exposure on thyroid hormone homeostasis of dogs and cats., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Identification for the biotransformation of BDE209 by in vivo toxicokinetic analysis in Felis catus., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Investigation of biochemical changes in cats exposed to organohalogen compounds., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Uptake and metabolism of human pharmaceuticals by fish – a case study with opioid analgesic tramadol., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • UDP-glucuronosyltransferase (UGT) among pinnipedia and other carnivores., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Structure-activity relationships of Bikal seal estrogen receptors and environmental pollutants., 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • Nontargeted comprehensive analysis for persistent organohalogen compounds in finless porpoises from Seto Inland Sea., 野見山 桂, 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO19), 2017年06月
  • 野生生物に残留するハロゲン化フェノール類の蓄積特性と毒性影響評価, 野見山 桂, 第26回環境化学討論会, 2017年06月, 招待有り
  • 医薬品類およびパーソナルケア製品由来物質(PPCPs)によるアジア途上国の水環境汚染の実態解明と魚類への移行/残留性評価, 野崎一茶, 田上瑠美, 野見山 桂, Annamalai,A, Bulbule,K. A, Parthasarathy, P.・Viet, P. H, Tuyen,L. H, Sudaryanto, A, 磯部友彦, 国末達也, 田辺信介, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • 魚類におけるヒト用医薬品類の取り込みと代謝および情動関連行動との関連解析〜オピオイド系鎮痛剤と抗うつ剤を例として〜, 田上瑠美, Margiotta-Casaluci, L, Sumpter,J, 野見山 桂, 国末達也, 田辺信介, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • 血清中メタボローム解析によるイエネコのPCBs毒性影響評価, 野見山 桂, 西川博之, 水川葉月, 髙口倖暉, Sainnoxoi, T, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 石塚 真由美, 池中良徳, 中山翔太, 江口哲史, 国末達也, 田辺信介, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • イエネコのin vivo長期曝露試験:デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の生体内変化, 田中啓介, 野見山 桂, 水川葉月, 髙口倖暉, 田上瑠美, Saengtienchai, A, Sainnoxoi, T, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚 真由美, 国末達也, 田辺信介, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • イエネコのin vivo 長期曝露試験:デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)は甲状腺機能亢進症を引き起こすのか?, 水川葉月, 野見山 桂, 池中良徳, 中山翔太, Saengtienchai, A, Sainnoxoi, T, 横山 望, 笹岡一慶, 市居 修, Khidkhan, K, 高居名菜, 滝口満喜, 田辺信介, 石塚 真由美, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • PCBs 曝露がイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性へ及ぼす影響, 髙口倖暉, 野見山 桂, 西川博之, 水川葉月, 田上瑠美, 芳之内 結加, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚 真由美, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)暴露によるネコ甲状腺機能への影響評価~甲状腺ホルモンの脱ヨード化と代謝能の解析~, 水川葉月, 高居名菜, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 野見山 桂, 高口倖暉, 西川博之, 池中良徳, 中山翔太, Sainnoxoi, T, 田辺信介, 石塚 真由美, 第26回環境化学討論会, 2017年06月
  • In vitro and in silico assessment of cytochrome P450-dependent biotransformation capacity of PCBs in the Caniformia; the Baikal seal vs the beagle dog., Iwata, H, Yoo, J, Tamura, S, Hirano, M, Nomiyama, K, Tanabe, S, SETAC North America 37th Annual Meeting/7th SETAC World Congress, 2016年11月, Orlando, FL, USA
  • Cross omics analysis for PCBs toxicity in the dog brain - Effect on mitochondrial functions, Takaguchi, K, Nomiyama, K, Yoo, J, Mizukawa, H, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, SETAC North America 37th Annual Meeting/7th SETAC World Congress, 2016年11月, Orlando, FL, USA
  • Characteristic for biotransformation of polychrolinated biphenyls in cats., Mizukawa, H, Maehara, M, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Nomiyama, K, Nishikawa, H, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M, Takaguchi, K, Tanabe, S, Ishizuka, M, SETAC North America 37th Annual Meeting/7th SETAC World Congress, 2016年11月, Orlando, FL, USA
  • Accumulation features of organohalogen compounds and their hydroxylated metabolites in pet cats and dogs: effects on thyroid hormones homeostasis., Nomiyama, K, Yamamoto, Y, Mizukawa, H, Eguchi, A, Nakayama, S. M, Ikenaka, Y, Ishizuka, M, Kunisue, T, Tanabe, S, SETAC North America 37th Annual Meeting/7th SETAC World Congress, 2016年11月, Orlando, FL, USA
  • A sensitive and reliable analytical method for free thyroid hormones in animal serum using ultrafiltration in combination with UHPLC-MS/MS., Tanoue, R, Kume, I, Yamamoto, Y, Nomiyama, K, Tanabe, S, Kunisue, T, SETAC North America 37th Annual Meeting/7th SETAC World Congress, 2016年11月, Orlando, FL, USA
  • Accumulation features of PCBs and their metabolites in American alligator., Nomiyama, K, Nishikawa, H, Lowers, R, Guillette, L. J, Tanabe, S, The 3rd Biennial Symposium, 2016年11月, NASA, Kennedy Space Center FL, USA
  • Quantitative structure-relationships (QSAR) models for prediction of gas chromatography retention of methoxylated polychlorinated biphenyl using regularized multiple linear regressions, Eguchi, A, Nomiyama, K, Takaguchi, K, Mori, C, The 9th International PCB Workshop, 2016年10月, Kobe, Japan
  • Hepatic transcriptome analysis to assess the effects of polychlorinated biphenyls on beagle dogs., Tamura, S, Agusa, T, Hirano, M, Eguchi, A, Nomiyama, K, Tanabe, S, Kim, E, Iwata, H, The 9th International PCB Workshop, 2016年10月, Kobe, Japan
  • Risk assessment of disruption of estrogen receptor signaling pathway by OH-PCBs in Baikal seals: application of in vitro and in silico approaches., Yoshinouchi, Y, Hirano, M, Nomiyama, K, Tanabe, S, Kim, E, Iwata, H, The 9th International PCB Workshop, 2016年10月, Kobe, Japan
  • Disruption of mitochondrial functions by PCB exposure in the dog brain: Toxicological assessment using cross omics., Takaguchi, K, Nomiyama, K, Eguchi, A, Claret, L. M, Kusaki, M, Yoo, J, Mizukawa, H, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, The 9th International PCB Workshop, 2016年10月, Kobe, Japan
  • In vivo analysis of PCB metabolic capacities and effects on the thyroid hormone in cats., Mizukawa, H, Maehara, M, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Nomiyama, K, Nishikawa, H, Takakuchi, K, Saengtienchai, A, Sainnoxoi, T, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M. M, Tanabe, S, Ishizuka, M, The 9th International PCB Workshop, 2016年10月, 招待有り, Kobe, Japan
  • Contamination status of organohalogen compounds and their hydroxylated metabolites in pet cats and dogs: effects on thyroid hormones homeostasis., Nomiyama, K, Yamamoto, Y, Mizukawa, H, Takaguchi, K, Takiguchi, M, Eguchi, A, Nakayama, S, Ikenaka, Y, Ishizuka, M, Kunisue, T, Tanabe, S, 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN 2016), 2016年08月, Firenze, Italy
  • Structural preference of OH-PCBs to activate the Baikal seal estrogen receptors., Yoshinouchi, Y, Hirano, M, Nomiyama, K, Tanabe, S, Kim, E. Y, Iwata, H, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Assessment of metabolomics potential of polychlorinated biphenyl congeners in the beagle dog liver by in vitro and in silico approaches., Yoo, J, Hirano, M, Nomiyama, K, Kim, E. Y, Tanabe, S, Iwata, H, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Proteomics analysis for PCBs toxicity in the dog brain., Takaguchi, K, Nomiyama, K, Claret, L. M, Kusaki, M, Yoo, J, Mizukawa, H, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Influence of lipid compositions on the brain distribution of PCBs and OH-PCBs in striped dolphins., Ochiai, M, Nomiyama, K, Isobe, T, Yamada, T. K, Tajima, Y, Amano, M, Iwata, H, Tanabe, S, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Toxicological assessment of PCBs and hydroxyl-metabolites (OH-PCBs) in the brain of dogs using metabolomics approach., Nomiyama,K, Eguchi, A, Mizukawa, H, Yoo, J, Takaguchi, K, Yamamoto, Y, Oshihoi, T, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Elucidation of accumulated status of bioaccumulated organohalogen compounds in the finless porpoise from Seto Inland Sea, Motogi, K, Nomiyama, K, Goto, A, Ochiai, M, Tajima, Y, Yamada, T. K, Isobe, T, Kunisue, T, Tanabe, S, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Uptake and tissue distribution of pharmaceuticals and personal care products in wild fish from treated-waste water impacted streams., Tanoue, R, Nomiyama, K, Nakamura, H, Kim, J. W, Isobe, T, Shinohara, R, Kunisue, T, Tanabe, S, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Halogenated flame retardants and polychlorinated biphenyls in wild avian species from Japan., Fumoto, M, Tue, N. M, Goto, A, Nakatsu, S, Nomiyama, K, Tanabe, S, Kunisue, T, International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology ? To Accelerate a Global Network of Environmental Researchers, 2016年03月, Matsuyama, Japan
  • Biotransformation potencies of polychlorinated biphenyls in cats., Mizukawa, H, Maehara, M, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Nomiyama, K, Nakayama, S. M. M, Tanabe, S, Ishizuka, M, Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology ? Expand and Deepen the Knowledge of Environmental Research ?, 2016年03月, Sapporo, Japan
  • Proteomic analysis for PCBs toxicity in the dog brain., Takaguchi, K, Nomiyama, K, Claret, L. M, Kusaki, M, Yoo, J, Mizukawa, H, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology ? Expand and Deepen the Knowledge of Environmental Research ?, 2016年03月, Sapporo, Japan
  • Toxicological assessment of PCBs and OH-PCBs in cat using metabolomics approach., Nishikawa, H, Nomiyama, K, Eguchi, A, Mizukawa, H, Ishizuka, M, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M. M, Tanabe, S, Joint Seminar on Environmental Chemistry and Toxicology ? Expand and Deepen the Knowledge of Environmental Research ?, 2016年03月, Sapporo, Japan
  • Toxicological assessment of PCBs and OH-PCBs in the brain of dogs using metabolic approach., Nomiyama, K, Takaguchi, K, Eguchi, A, Mizukawa, H, Yoo, J, Tamaru, S, Oshihoi, T, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, The 9th International PCB Workshop, 2016年, 招待有り, Kobe, Japan
  • Metabolic capacities of polychlorinated biphenyls (PCBs) in cats and dogs., Mizukawa, H, Nomiyama, K, Tanabe, S, Maehara, M, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M. M, Ishizuka, M, 8th International Toxicology Symposium in Africa, 2016年, Giza, Egypt
  • Uptake and tissue distribution of pharmaceuticals and personal care products in wild fish inhabiting treated-wastewater impacted streams., Tanoue, R, Nomiyama, K, Kim J. W, Isobe, T, Kunisue, T, Tanabe, S, 6th Joint Forum of Environmental Sciences, 2016年, 招待有り, National University, Gwangju, Korea
  • PCBsの in vivo 曝露によるビーグル犬の肝トランスクリプトームとメタボロームへの影響, 田村沙弥, 阿草哲郎, 平野将司, 江口哲史, 野見山 桂, 田辺信介, 金 恩英, 岩田久人, 環境ホルモン学会第19回研究発表会, 2016年, つくば市
  • UGT2Bサブファミリーに着目した食肉目におけるグルクロン酸抱合能の動物種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部 薫, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山 桂, 石塚真由美, 平成28年度内外環境応答・代謝酵素研究会, 2016年, 静岡市
  • 野生動物及び実験動物におけるグルクロン酸抱合酵素の動物種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, Saengtienchai, A, Beyene, Y, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部 薫, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山 桂, 石塚真由美, 第159回日本獣医学会学術集会, 2016年, 藤沢市
  • アジア途上国を対象とした生活関連化学物質による魚類汚染, 野見山 桂, 田上瑠美, 野崎一茶, 藤井定彦, 田辺信介, 国末達也, 第19回日本水環境学会シンポジウム,, 2016年, 秋田市
  • 下水処理水に残留する生活関連化学物質の魚への取り込みと排泄〜脳移行と残留性の解析〜, 田上瑠美, 仲山 慶, 野見山 桂, 田辺信介, 国末達也, 第22回日本環境毒性学会研究発表会, 2016年, 松山市
  • クロスオミックスによるイヌ脳のPCBs毒性評価, 高口倖暉, 野見山 桂, Claret, L. M, Jean, Y, 水川葉月, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 日本プロテオーム学会, 2016年, 東京
  • 茨城県に集団座礁したカズハゴンドウ(Peponocephala electra)に残留するPCBs, OH-PCBs の脳内負荷量と母子間移行, 落合真理, 野見山 桂, 磯部友彦, 山田 格, 田島 木綿子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 日本セトロジー研究会第27回, 2016年, 長岡市
  • メタボロミクスアプローチを用いたイヌ脳へのOH-PCBs 毒性機序の解明, 野見山 桂, 高口倖暉, 江口哲史, 水川葉月, Jean, Y, 田村沙弥, 忍穂井 智子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • 野生鳥類におけるPOPs および代替難燃剤の汚染実態と蓄積特性, 麓 光央, 後藤哲智, Tue, N. M, 中津 賞, 野見山 桂, 田辺信介, 国末達也, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • 日本近海沿岸に漂着した鯨類に残留する生物蓄積性有機ハロゲン化合物の網羅分析, 元木一貴, 野見山 桂, 後藤哲智, 落合真理, 江頭佳奈, 田島 木綿子, 山田 格, 磯部友彦, 国末達也, 田辺信介, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • クロスオミックスによるイヌ脳へのPCBs 毒性評価:ミトコンドリア機能へ及ぼす影響解析, 高口倖暉, 野見山 桂, Claret, L. M, 草木桃子, Jean, Y, 水川葉月, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • 有機ハロゲン化合物によるコンパニオンアニマルの汚染実態と甲状腺ホルモンへの影響評価, 野見山 桂, 山本恭央, 水川葉月, 江口哲史, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚 真由美, 国末 達也, 田辺信介, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • ネコにおけるポリ塩化ビフェニル(PCBs)の異物代謝機構解明と甲状腺ホルモンへの影響評価, 水川葉月, 前原美咲, 横山 望, 市居 修, 滝口満喜, 野見山 桂, 西川博之, 池中良徳, 中山翔太, 高口倖暉, 田辺信介, 石塚 真由美, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • 水酸化PCBs によるバイカルアザラシ エストロゲン受容体転写活性化能とその分子機構, 芳之内 結加, 平野将司, 野見山 桂, 田辺信介, 金 恩英, 岩田久人, 第25回環境化学討論会, 2016年, 新潟
  • Impact of anthropogenic and naturally occurring brominated compounds in veterinary field., Mizukawa, H, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M. M, Nomiyama, K, Maehara, M, Tanabe, S, Ishizuka, M, Leading Symposium on Chemical Hazard and Adaptability in Animals - The Current Challenge of Young Researchers, 2015年12月, Sapporo, Japan
  • Toxicological assessment of polychlorinated biphenyls and their metabolites in the Baikal seal (Pusa sibirica)., Nomiyama, K, Hirakawa, S, Kanbara, C, Imaeda, D, Yoo, J, Kunisue, T, Kim, E. Y, Iwata, H, Tanabe, S, Leading Symposium on Chemical Hazard and Adaptability in Animals - The Current Challenge of Young Researchers, 2015年12月, Sapporo, Japan
  • Lipid composition in the brain compartments of striped dolphins (Stenella coeruleoalba) in relation to the accumulation of environmental pollutants (PCBs and OH-PCBs), Ochiai, M, Nomiyama, K, Isobe, T, Yamada, T, Tajima, Y, Iwata, H, Amano, M, Tanabe, S, 21st Biennial Society for Marine Mammalogy Conference on the Biology of Marine Mammals, 2015年12月, San Francisco, California, USA
  • Contamination status of organohalogen compounds and their hydroxylated metabolites in pet cats: Effects on thyroid hormones homeostasis., Yamamoto, Y, Nomiyama, K, Mizukawa, H, Takiguchi, M, Ishizuka, M, Kunisue, T, Tanabe, S, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 36th Annual Meeting, 2015年11月, Salt Lake City, Utah, USA
  • Metabolism and biotransformation of organohalogen compounds in the liver microsomes of cats and dogs., Mizukawa, H, Nomiyama, K, Yokoyama, N, Ichii, O, Takiguchi, M, Ikenaka, Y, Nakayama, S. M, Maehara, M, Tanabe, S, Ishizuka, M, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 36th Annual Meeting, 2015年11月, Salt Lake City, Utah, USA
  • Toxicological assessment of polychlorinated biphenyls (PCBs) and hydroxylated PCBs (OH-PCBs) in the brain of dogs using metabolomics approach., Nomiyama, K, Eguchi, A, Mizukawa, H, Yoo, J, Takaguchi, K, Yamamoto, Y, Oshihoi, T, Iwata, H, Kunisue, T, Tanabe, S, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 36th Annual Meeting, 2015年11月, Salt Lake City, Utah, USA
  • Omics approach of proteomic and metabolomic analysis for PCBs toxicity in the dog brain., Takaguchi, K, Nomiyama, K, Lauan, C. M, Yoo, J, Mizukawa, H, Iwata, H, Kunisue. T, Tanabe, S, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 36th Annual Meeting, 2015年11月, Salt Lake City, Utah, USA
  • Persistent environmental pollutants in Asian coastal waters ? contamination of dolphin brains., Ochiai, M, Nomiyama, K, Isobe, T, Yamada, T. K, Tajima, Y, Makara, M, Amano, M, Matsuishi, T, Iwata, H, Tanabe, S, Asian Society of Conservation Medicine Meeting, Myanmar 2015, 2015年10月, Yangon, Myanmar
  • ペット動物における有機ハロゲン化合物および水酸化代謝物の曝露実態と甲状腺ホルモン恒常性へ及ぼす影響, 山本恭央, 野見山 桂, 水川葉月, 滝口満喜, 石塚真由美, 国末達也, 田辺 信介, 環境ホルモン学会第18回研究発表会, 2015年, 下野市
  • イヌ脳中 PCBs, OH-PCBs の毒性影響評価:メタボロミクスアプローチ, 野見山 桂, 江口哲史, 水川葉, Jean, Y, 高口倖暉, 山本泰央, 国末達也, 岩田久人, 田辺信介, 環境ホルモン学会第18回研究発表会, 2015年, 下野市
  • トランスクリプトーム解析による PCBs を曝露したイヌへの影響評価, 田村沙弥, 劉 珍, 水川葉月, 阿草哲郎, 平野将司, 江口哲史, 野見山 桂, 田辺信介, 金 恩英, 岩田久人, 環境ホルモン学会第18回研究発表会, 2015年, 下野市
  • イヌ脳に及ぼす PCBs の影響:プロテオーム解析による評価, 高口倖暉, 野見山 桂, Claret, L. M, Jean, Y, 水川葉月, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 環境ホルモン学会第18回研究発表会, 2015年, 下野市
  • 鹿児島県南さつま市にマスストランディングしたスジイルカ (Stenella coeruleoalba) の脳内脂質組成とハロゲン化代謝物濃度, 落合真理, 野見山 桂, 磯部友彦, 山田 格, 田島木綿子, 天野雅男, 田辺信介, 日本セトロジー研究会第26回, 2015年, 秋田
  • スナメリ体内に残留する有機ハロゲン化合物の網羅的スクリーニング ?GCxGC/TOF-MSによる検証?,, 元木一貴, 野見山 桂, 後藤哲智, 落合真理, 田島木綿子, 山田 格, 磯部友彦, 国末達也, 田辺信介, 日本セトロジー研究会第26回, 2015年, 秋田
  • 生活関連化学物質による魚類汚染: 体内移行残留性と組織分布の解明およびそのリスク評価, 田上瑠美, 野見山 桂, 篠原亮太, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • 猛禽類における鉛中毒問題と骨における鉛分布の解明, 石井千尋, 中山翔太, 池中良徳, 水川葉月, 中田北斗, 森田鮎子, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 神 和夫, 田辺信介, 野見山 桂, 林光武, 増田 泰, 坂本健太郎, 石塚真由美, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • 第II 相抱合反応の種差:食肉目におけるグルクロン酸抱合酵素の進化と遺伝子構造, 池中良徳, 筧 麻友, 中山翔太, 川合佑典, 渡邊研右, 水川葉月, 野見山 桂, 田辺信介, 石塚真由美, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • 瀬戸内海のスナメリに残留する有機ハロゲン化合物の網羅分析, 元木一貴, 野見山 桂, 後藤哲智, 落合真理, 国末達也, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • PCBs 代謝物によるアメリカアリゲーターの汚染実態, 西川博之, 野見山 桂, Lowers, R, Guillette, L. J. J, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • ペットネコにおける有機ハロゲン化合物および水酸化代謝物の汚染実態と甲状腺ホルモン恒常性への影響, 山本恭央, 野見山 桂, 水川葉月, 滝口満喜, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)曝露によるイヌ異物代謝酵素シトクロムP450 発現への影響評価, 田村沙弥, 劉 珍, 水川葉月, 阿草哲郎, 平野将司, 野見山 桂, 田辺信介, 金 恩英, 岩田久人, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)を曝露したイヌの脳プロテオーム解析による毒性影響評価, 高口倖暉, 野見山 桂, Claret, L. M, 草木桃子, Jean, Y, 水川葉月, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • メタボローム解析によるイヌ脳中PCBs, OH-PCBs の毒性影響評価, 野見山桂, 江口哲史, 水川葉月, Jean, Y, 高口倖暉, 山本泰央, 忍穂井智子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 第24回環境化学討論会, 2015年, 札幌
  • 陸棲哺乳類の化学物質汚染:有機ハロゲン化合物および水酸化代謝物の暴露実態, 野見山 桂, 四国自然史科学研究センター設立10周年記念イベント シンポジウム「四国の自然は、いま 2012」, 2012年12月, 招待有り
  • Anthropogenic and naturally occurring halogenated phenolic compounds in the blood of cetaceans., 野見山 桂, 5th Bilateral Seminar Italy-Japan, 2012年11月, 招待有り

作品

MISC

  • Species-Specific Differences in Extractable Organochlorine and Organobromine in High-Trophic-Level Mammals, Mukai, K, Fujimori, T, Anh, H. Q, Fukutani, S, Kunisue, T, Nomiyama, K, Takahashi, S, Dioxin 2019 - 39th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, Kyoto, Japan, Dioxin 2019 - 39th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants, Kyoto, Japan, 2019年08月
  • 高次哺乳類における抽出可能性有機塩素・臭素の種間差, 向井康太, 藤森崇, ANH Hoang Quoc, 福谷哲, 国末達也, 野見山桂, 高橋真, 高橋真, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.P‐037, 2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902258779465827
  • PCBs曝露によるネコ肝トランスクリプトームへの影響, 水川葉月, NGYUEN Hoa Thanh, 岩田久人, 野見山桂, 池中良徳, 中山翔太, 横山望, 市居修, 滝口満喜, KHIDKHAN Kraisiri, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.1C‐08, 2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902259233548920
  • ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明, 池中良徳, 池中良徳, 一瀬貴大, NIMAKO Collins, 市川剛, 野見山桂, 長谷川浩, 中山翔太, 星信彦, 平久美子, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.2B‐05, 2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902275386305475
  • デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の長期曝露がイエネコへ及ぼす影響, 田中啓介, 野見山桂, 水川葉月, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.1C‐09, 2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902277331676925
  • 血漿中のステロイドホルモンの一斉分析法の開発とウマ性ホルモンの季節変動の解明, 一瀬貴大, 池中良徳, 池中良徳, 三津橋嵩史, 中山翔太, SAENGTIENCHAI Aksorn, 野見山桂, 田上瑠美, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.P‐106, 2019年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902280108924575
  • 環境多媒体中の抽出可能性塩素・臭素の中性子放射化分析, 向井康太, 藤森崇, Hoang Quoc Anh, 福谷哲, 国末達也, 野見山桂, 高橋真, 放射化分析及び中性子を用いた地球化学研究-2-, 放射化分析及び中性子を用いた地球化学研究-2-, 2019年01月
  • Characterization of Extractable Organohalogens (EOX) in Biological Samples, Mukai, K, Fujimori, T, Anh, H. Q, Fukutani, S, Kunisue, T, Nomiyama, K, Takahashi, S, 2nd Chemical Hazard Symposium, Ehime, Japan, 2nd Chemical Hazard Symposium, Ehime, Japan, 2018年12月
  • 食肉目動物での第II相抱合酵素の遺伝的性状および酵素学的性状の解明, 近藤 誉充, 池中 良徳, 中山 翔太, 水川 葉月, 三谷 曜子, 野見山 桂, 田辺 信介, 石塚 真由美, 日本毒性学会学術年会, 日本毒性学会, 日本毒性学会学術年会, 45, 0, P, 60, 2018年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007431987, <p>アザラシやネコ科を含む食肉目動物は生態系高次栄養段階に位置し、食物連鎖を介した生物濃縮により残留性の高い有機化合物が高濃度で生体内に蓄積している。化学物質代謝酵素はこれら化学物質の解毒を担う酵素である。その中でも特に第II相抱合酵素はCytochrome P450等の代謝を受けた化学物質をさらに代謝する酵素であり、発がん性物質を含む多くの化学物質がP450の代謝を受けた後に代謝的活性化を示すため、第II相酵素は特に解毒に重要な酵素である。しかし多くの食肉目動物で第II相抱合酵素の情報は皆無であり、特に基本的情報である遺伝的性状や酵素活性の種差の情報が欠如している。そこで本研究は主要な第II相抱合酵素であるグルクロン酸転移酵素(UGT)および硫酸転移酵素(SULT)の遺伝子性状およびin vitro酵素活性の解明を目的とした。遺伝的性状解析では遺伝子データベースやシークエンス解析による遺伝子情報から系統解析、および遺伝子コード領域の種差を解明した。In vitro活性解析ではネコ、イヌ、ラット、および鰭脚類(カスピカイアザラシ、ゼニガタアザラシ、トド、キタオットセイ)の肝ミクロソームおよびサイトゾルを用いて種々の分子種特異的な基質(Lorazepam:UGT2B分子種, Estradiol:SULT1E1等)に対する酵素活性を測定した。UGTに関して、系統解析の結果から食肉目で特に重要と推定される2B31分子種の存在が明らかとなった。また、食肉目の中でもイヌでは3つのUGT2B31を持つのに対して、ネコ科動物では2B分子種が存在せず、鰭脚類でも1つの分子種しか持たないことが明らかとなった。さらにin vitro活性もイヌと比較してネコ及びアザラシ科で非常に低い活性が確認された。SULTに関しては、鰭脚類でエストロゲン代謝に重要なSULT1E1分子種が遺伝的に欠損しており、in vitro活性も低いことが解明された。これらの結果から食肉目動物の中でもとくに鰭脚類やネコ科動物では第II相抱合酵素による解毒能が弱く、種々の化学物質に対して感受性が強い可能性が示唆された。</p>
  • 鰭脚類を中心とした食肉目の薬物代謝酵素である硫酸転移酵素の種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 24th, 151, 2018年08月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802230314716803
  • 食肉目動物での第II相抱合酵素の遺伝的性状および酵素学的性状の解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 三谷曜子, 野見山桂, 田辺信介, 石塚真由美, Journal of Toxicological Sciences, Journal of Toxicological Sciences, 43, Supplement, S238, 2018年06月, 0388-1350, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902267286594129
  • 野生哺乳類における硫酸転移酵素の動物種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2A‐09(PA‐18), 2018年05月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802257260817921
  • タイ王国におけるペットネコ血清およびペットフード中有機ハロゲン化合物と類縁化合物の汚染実態, 島崎真琴, 野見山桂, 水川葉月, SAENGTIENCHAI Aksorn, NGAMCHIRTTAKUL Araya, PENCHAREE Disdanai, 星野光希, 山本恭央, 高口倖暉, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2A‐03(PA‐14), 2018年05月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802264976728807
  • 血清中メタボローム解析によるペットネコ(Felis catus)の有機ハロゲン化合物毒性影響評価, 野見山桂, 江口哲史, 西川博之, 水川葉月, 山本恭央, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2A‐11, 2018年05月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802268066651386
  • 有機ハロゲン化合物曝露によるネコの生化学マーカーの変化および甲状腺機能に及ぼす影響評価, 水川葉月, KHIDKHAN Kraisiri, 高口倖暉, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, TSEND‐AYUSH Sainnoxoi, 野見山桂, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.2A‐10, 2018年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802247470361778
  • ネコのin vivo BDE209長期曝露試験による体内動態の解明および甲状腺ホルモンへの影響評価, 田中啓介, 野見山桂, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 笹岡一慶, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 27th, ROMBUNNO.1A‐03(PA‐13), 2018年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802260910128681
  • 化学物質と甲状腺機能への影響, 野見山 桂, 環境ホルモン学会News Letter, 環境ホルモン学会News Letter, 21, 2, 2018年
  • ポリ塩化ビフェニル曝露によるイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性への影響, 高口 倖暉, 中山 翔太, 池中 良徳, 石塚 真由美, 岩田 久人, 国末 達也, 田辺 信介, 野見山 桂, 西川 博之, 水川 葉月, 田上 瑠美, 草木 桃子, 横山 望, 市居 修, 滝口 満喜, 日本毒性学会学術年会, 日本毒性学会, 日本毒性学会学術年会, 45, 0, P, 72, 2018年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007432328, <p> 近年、ペット動物に対するポリ塩化ビフェニル(PCBs)および水酸化代謝物(OH-PCBs)の曝露による甲状腺ホルモン(THs)の恒常性への影響が注目されている。本研究ではPCBs曝露がペット動物のTHs恒常性に及ぼす影響を明らかにするため、イヌ・ネコのPCBs投与試験を実施し、PCBs曝露に伴う血清中THs濃度の変化を解析した。</p><p> PCBs投与後から5日間、継続的に血清を採取し、THs濃度の変化を解析した結果、ネコ血清中THs濃度は、総THs、遊離型THsともに対照群と投与群の間に有意な変化は認められなかった。一方、イヌ血清中総THs濃度は投与群において、総L-サイロキシン(T4)と総3,5,3'-トリヨード-L-サイロニン(T3)の減少傾向がみられ、総PCBs濃度は総T4、総T3濃度と有意な負の相関を示した(p < 0.01)。一方、遊離型T4、遊離型T3濃度では、対照群と投与群の間に経時的な変化は認められなかったが、曝露後48、96時間目で有意に増加した(p < 0.05)。加えて、遊離型T4濃度は総OH-PCBs濃度と正の相関を示し(p < 0.01)、異性体別ではT4様構造の高塩素化OH-PCBsで同様の傾向が認められた。上記の結果および先行研究から、PCBs曝露によるイヌ血清中THsへの影響を推察した。PCBsがT4様構造のOH-PCBsへ代謝されてTHs輸送タンパクに競合結合し、結合できない遊離型T4が血中に増加することで、THsの臓器・組織への取り込み量が増加したと予測される。その結果、イヌ肝臓中のTHs濃度は増加し、PCBs曝露により肝臓中のAhR・CARが過剰に誘導されることで、UGTおよびSULTが誘導され、THsの抱合化を促進することで体外排泄量が増加し、血清中総T4、T3が減少したものと推察された。</p>
  • イヌ・アザラシ・マウスのエストロゲン受容体転写活性化能の種差を規定する分子機序, 芳之内 結加, 奥田 博貴, 平野 将司, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英, 岩田 久人, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 20回, 41, 41, 2017年12月
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)がネコの甲状腺機能に及ぼす影響, 水川葉月, 高居名菜, 野見山桂, 高口倖暉, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, 石塚真由美, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 20th, 78, 78, 2017年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802238884358133
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)暴露によるネコ甲状腺機能への影響評価~甲状腺ホルモンの脱ヨード化と代謝能の解析~, 水川葉月, 高居名菜, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 野見山桂, 高口倖暉, 西川博之, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, SAINNOXOI Tsend‐ayush, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.2A‐01, 2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702212201273080
  • PCBs曝露がイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性へ及ぼす影響, 高口倖暉, 野見山桂, 西川博之, 水川葉月, 田上瑠美, 芳之内結加, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.2A‐02, 2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702227317208069
  • イエネコのin vivo長期曝露試験:デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)は甲状腺機能亢進症を引き起こすのか?, 水川葉月, 野見山桂, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, SAENGTIENCHAI Aksorn, SAINNOXOI Tsendayush, 横山望, 笹岡一慶, 市居修, KHIDKHAN Kraisiri, 高居名菜, 滝口満喜, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.2A‐03, 2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702243001142478
  • イエネコのin vivo長期曝露試験:デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の生体内変化, 田中啓介, 野見山桂, 水川葉月, 高口倖暉, 田上瑠美, SAENGTIENCHAI Aksorn, SAINNOXOI Tsend‐ayush, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.2A‐04, 2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702290107321676
  • 血清中メタボローム解析によるイエネコのPCBs毒性影響評価, 野見山桂, 西川博之, 水川葉月, 高口倖暉, SAINNOXOI Tsend‐ayush, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 江口哲史, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 26th, ROMBUNNO.2A‐05, 2017年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702272263325807
  • 水酸化PCBsによるアザラシ・イヌエストロゲン受容体転写活性化能の評価, 芳之内 結加, 奥田 博貴, 平野 将司, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英, 岩田 久人, The Journal of Toxicological Sciences, (一社)日本毒性学会, The Journal of Toxicological Sciences, 42, Suppl., S236, S236, 2017年06月, 0388-1350
  • ネコの甲状腺機能に対するポリ塩化ビフェニル(PCBs)の影響評価~甲状腺ホルモンの脱ヨード化と代謝能の解析~, 水川葉月, 高居名菜, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 野見山桂, 高口倖暉, 西川博之, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, SAINNOXOI Tsend‐Ayush, 田辺信介, 石塚真由美, Journal of Toxicological Sciences, Journal of Toxicological Sciences, 42, Supplement, S236, 2017年06月, 0388-1350, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902223860457601
  • 陸棲哺乳類の血中に残留する臭素化フェノール類の曝露源解明と感受性の種差, 水川葉月, 野見山桂, 田辺信介, 池中良徳, 池中良徳, 中山翔太, 石塚真由美, Journal of Toxicological Sciences, Journal of Toxicological Sciences, 42, Supplement, S36, 2017年06月, 0388-1350, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902276398293956
  • ネコの甲状腺機能に対するポリ塩化ビフェニル(PCBs)の影響評価~甲状腺ホルモンの脱ヨード化と代謝能の解析~, 水川 葉月, 中山 翔太, Tsend-ayush SAINNOXOI, 田辺 信介, 石塚 真由美, 高居 名菜, 横山 望, 市居 修, 滝口 満喜, 野見山 桂, 高口 倖暉, 西川 博之, 池中 良徳, 日本毒性学会学術年会, 日本毒性学会, 日本毒性学会学術年会, 44, 0, P, 55, 2017年06月, 0388-1350, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006582222, 有機ハロゲン化合物の一種であるポリ塩化ビフェニル(PCBs)は甲状腺ホルモン(THs)の恒常性かく乱が懸念されており、実際、ヒトやげっ歯類においてはPCBs暴露により血中THs濃度の低下が認められている。ヒトの身近な動物であるネコは餌などを介してPCBsに暴露していると懸念され、THs恒常性に何らかの悪影響をもたらすことが予想される。本研究では、ネコの甲状腺機能に対するPCBsの影響を解析するため、<i>in vivo</i>投与試験したネコを用いて甲状腺機能への影響を解析した。血中のTHs濃度(総T4、総T3、遊離T4、遊離T3、リバースT3)を解析した結果、対照群と暴露群の間に有意な差は見られなかった。また、THsの恒常性に関与する遺伝子(甲状腺ホルモン受容体αおよびβ、脱ヨード酵素type1)の肝臓中発現量やTHs代謝に関わる酵素であるグルクロン酸抱合酵素(UGT1A1)の活性を調べたところ、対照群と暴露群の間に有意な差は見られなかった。<br>本実験結果では、ネコにおいてPCBs短期暴露によるTHsへの影響が認められなかったが、日本のペットネコにおけるモニタリング調査では、血中のTHs濃度とPCBs濃度との間に負の相関が見られており、有機ハロゲン化合物によるTHsかく乱が懸念されている。また、本研究試料のメタボローム解析結果では酸化ストレスの発現、抗酸化物質、電子伝達物質の生産阻害などが示唆されており、PCBsや水酸化代謝物による内分泌撹乱作用が心配される。THsの恒常性は非常に複雑な機構のもと維持されていることが知られており、負のフィードバック機構に加え、THsの活性化や代謝、排泄の調整にも多くの遺伝子やトランスポーター、酵素など様々な要因が関わっていることから、ネコは長期的かつ慢性的に化学物質に暴露されることで、甲状腺機能などへの悪影響が現れると考えられ、内分泌撹乱作用の作用機序について解析を進めることが重要である。
  • 哺乳類に残留する有機ハロゲン代謝物の脳移行とリスク評価の試み, 野見山 桂, 環境ホルモン学会 News Letter, 環境ホルモン学会 News Letter, 20, 1, 2, 2017年
  • PCBsのin vivo曝露によるビーグル犬の肝トランスクリプトームとメタボロームへの影響, 田村沙弥, 阿草哲郎, 平野将司, 江口哲史, 野見山桂, 田辺信介, KIM Eun‐Young, 岩田久人, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 19th, 80, 2016年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702225299886294
  • 野生動物及び実験動物におけるグルクロン酸抱合酵素の動物種差解明, 近藤誉充, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, SAENGTIENCHAI Aksorn, BEYENE Yared, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部薫, 三谷曜子, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 159th, 493, 2016年08月, 1347-8621, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226402191598
  • ネコにおけるポリ塩化ビフェニル(PCBs)の異物代謝機構解明と甲状腺ホルモンへの影響評価, 水川葉月, 前原美咲, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 野見山桂, 西川博之, 池中良徳, 中山翔太, 高口倖暉, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.1A‐13, 2016年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602267956874518
  • メタボローム解析を用いたイエネコにおけるPCBsの毒性影響評価, 西川博之, 野見山桂, 水川葉月, 横山望, 市居修, 滝口満喜, 石塚真由美, 池中良徳, 中山翔太, 江口哲史, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.1A‐12, 2016年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236095667003
  • 有機ハロゲン化合物によるコンパニオンアニマルの汚染実態と甲状腺ホルモンへの影響評価, 野見山桂, 山本恭央, 水川葉月, 江口哲史, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.1A‐14, 2016年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236539105028
  • メタボロミクスアプローチを用いたイヌ脳へのOH‐PCBs毒性機序の解明, 野見山桂, 高口倖暉, 江口哲史, 水川葉月, YOO Jean, 田村沙弥, 忍穂井智子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.P‐030, 2016年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602273423902612
  • 機械学習によるMeO‐PCBsのGC保持時間予測モデル構築, 江口哲史, 野見山桂, 高口倖暉, 森千里, 森千里, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.P‐005, 2016年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602281448302590
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)のin vivo暴露によるネコの異物代謝解明と甲状腺ホルモンへの影響評価, 水川 葉月, 前原 美咲, 横山 望, 市居 修, 滝口 満喜, 野見山 桂, 西川 博之, 池中 良徳, 中山 翔太, 高口 倖暉, 田辺 信介, 石塚 真由美, 日本毒性学会学術年会, 日本毒性学会, 日本毒性学会学術年会, 43, 0, P, 6, 2016年06月, 0388-1350, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005260808, ポリ塩化ビフェニル(PCBs)の水酸化代謝物であるOH-PCBsは、肝臓内で薬物代謝酵素より生成され、その後体外へ排泄される。しかしながら、一部の水酸化代謝物は甲状腺ホルモン(TH)と類似の構造をもつため、THの恒常性を撹乱することが危惧されている。これまでに、多様な陸棲哺乳類の血中OH-PCBsを分析したところ、種間でOH-PCBsの組成に差異が認められ、中でも、ネコのOH-PCBs残留パターンは他種と大きく異なることから、本種は特異な代謝機能を有することが示唆された。しかし、ネコの異物代謝能の研究は僅かであり、化学物質暴露による毒性影響も不明な点が多い。本研究では、ネコにおけるPCBs <i>in vivo</i>暴露試験を実施し、体内動態および代謝に関与する酵素活性や遺伝子を解析するとともに、化学物質の暴露評価に繋がる基盤的情報の収集を目的とした。<br>コーン油に溶解した12異性体のPCBsを腹腔内投与し、経時採血した血清中PCBsおよびOH-PCBs濃度について同条件で実施したイヌの<i>in vivo</i>試験と比較した結果、異性体の残留パターンや体内動態にイヌとネコで種差が観察された。とくにネコでは低塩素化体の残留が顕著であった。また、代謝酵素活性および遺伝子解析の結果、PCBs暴露によりEROD、MROD、PROD活性は上昇するものの、第2相抱合酵素(UGTやSULT)活性は変化せず、PCBs暴露による抱合酵素活性への影響もみられなかった。また、<i>CYP1A1</i>および<i>CYP1A2</i>遺伝子の発現量の上昇も認められた。<br> 本研究により、ネコのPCBs吸収・代謝・排泄能はイヌと異なることが示唆され、とくに低塩素化OH-PCBsの毒性リスクは高いことが予想された。低塩素化OH-PCBsは血中でTH輸送タンパクとの競合結合や、THの硫酸抱合排泄の阻害、TH起因性遺伝子の転写抑制などが報告されており、ネコの甲状腺機能障害が懸念される。
  • イヌ脳に及ぼすPCBsの影響 プロテオーム解析による評価, 高口 倖暉, 野見山 桂, Lauan Maria Claret, Yoo Jean, 水川 葉月, 岩田 久人, 国末 達也, 田辺 信介, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 18回, 106, 106, 2015年12月
  • トランスクリプトーム解析によるPCBsを曝露したイヌへの影響評価, 田村 沙弥, 劉 珍, 水川 葉月, 阿草 哲郎, 平野 将司, 江口 哲史, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英, 岩田 久人, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 18回, 116, 116, 2015年12月
  • イヌ脳中PCBs、OH-PCBsの毒性影響評価 メタボロミクスアプローチ, 野見山 桂, 江口 哲史, 水川 葉月, Yoo Jean, 高口 倖暉, 山本 泰央, 国末 達也, 岩田 久人, 田辺 信介, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 18回, 117, 117, 2015年12月
  • OH-PCBsによるバイカルアザラシエストロゲン受容体α・β転写活性化能の評価, 芳之内 結加, 平野 将司, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英, 岩田 久人, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 18回, 142, 142, 2015年12月
  • ペット動物における有機ハロゲン化合物および水酸化代謝物の曝露実態と甲状腺ホルモン恒常性へ及ぼす影響, 山本恭央, 野見山桂, 水川葉月, 滝口満喜, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 18th, 124, 2015年12月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201702281759815357
  • ペットネコにおける有機ハロゲン化合物および水酸化代謝物の汚染実態と甲状腺ホルモン恒常性への影響, 山本恭央, 野見山桂, 水川葉月, 滝口満喜, 石塚真由美, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 24th, ROMBUNNO.1A‐20, 2015年06月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201602247540694566
  • 第II相抱合反応の種差:食肉目におけるグルクロン酸抱合酵素の進化と遺伝子構造, 池中良徳, 筧麻友, 中山翔太, 川合佑典, 渡邊研右, 水川葉月, 野見山桂, 田辺信介, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 24th, ROMBUNNO.3A‐06, 2015年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220514283854
  • 猛禽類における鉛中毒問題と骨における鉛分布の解明, 石井千尋, 中山翔太, 池中良徳, 水川葉月, 中田北斗, 森田鮎子, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 神和夫, 田辺信介, 野見山桂, 林光武, 増田泰, 坂本健太郎, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 24th, ROMBUNNO.3D‐05, 2015年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602285886130381
  • メタボローム解析によるイヌ脳中PCBs,OH‐PCBsの毒性影響評価, 野見山桂, 江口哲史, 水川葉月, YOO Jean, 高口倖暉, 山本泰央, 忍穂井智子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 24th, ROMBUNNO.1A‐06, 2015年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602297999717281
  • バイカルアザラシ(Pusa sibira)における水酸化PCBsの毒性影響評価, 野見山桂, 平川周作, 江口哲史, 今枝大輔, YOO Jean, 国末達也, 岩田久人, 田辺信介, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 17th, 107, 2014年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220805784610
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)曝露によるイヌ異物代謝酵素シトクロムP450への影響, 田村 沙弥, Yoo Jean, 水川 葉月, 阿草 哲郎, 平野 将司, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英, 岩田 久人, 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 17回, 106, 106, 2014年12月
  • 日本における猛禽類の鉛中毒被害状況と中毒原因,鉛体内分布の解明, 石井千尋, 中山翔太, 池中良徳, 水川葉月, 中谷北斗, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 田辺信介, 野見山桂, 林光武, 増田泰, 坂本健太郎, 石塚真由美, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 157th, 533, 2014年08月, 1347-8621, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402281004219032
  • 日本に生息する猛禽類の鉛汚染状況と鉛安定同位体比を指標とした汚染源の解明, 石井千尋, 中山翔太, 池中良徳, 水川葉月, 中田北斗, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 田辺信介, 野見山桂, 林光武, 増田泰, 坂本健太郎, 石塚真由美, J Toxicol Sci, 日本毒性学会, J Toxicol Sci, 39, Supplement, S336, 188, 2014年07月, 0388-1350, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502238821223097, 【はじめに】北海道では、猛禽類において鉛弾摂取による鉛中毒が問題となっている。現在は鉛弾の使用規制が設けられているものの、未だに被害個体が発見されている。また、本州など他地域でも鉛中毒個体が発見されているが、北海道を除く地域における汚染実態調査は極僅かであり、鉛弾使用規制も不十分である。そこで、本研究では北海道、本州、四国において死亡した猛禽類の鉛濃度と鉛安定同位体比を測定し、鉛汚染状況と汚染源の解明を試みた。<br>【方法】試料は、1993年から2014年に北海道、本州、四国で死亡したイヌワシ、トビ、オオワシ、オオタカ、フクロウ、オジロワシ、オオハヤブサ、クマタカ、サシバ、ハイタカ、ツミ、チョウゲンボウの計49個体の肝臓を採取し、誘導結合プラズマ質量分析計で鉛濃度と鉛安定同位体比(<sup>207</sup>Pb/<sup>206</sup>Pb、<sup>208</sup>Pb/<sup>206</sup>Pb)を分析した。<br>【結果と考察】本研究の結果、1999‐2014年に北海道で死亡した4羽のオオワシにおいて、鉛中毒が疑われる値(11.0-29.5 mg/kg、湿重量)が検出された。北海道では2004年に大型獣の狩猟における鉛弾使用が禁止されているが、2013、2014年に採取されたオオワシにおいても高濃度の鉛蓄積が検出され、このうち1羽からはレントゲン撮影と剖検で胃内に鉛弾の破片が認められた。また岩手県で死亡したイヌワシからも高濃度の鉛蓄積(2.0 mg/kg)が認められた。さらに鉛安定同位体比を分析した結果、高濃度の鉛蓄積個体の鉛安定同位体比の値が同程度であった。このうち1羽から鉛弾が検出されたことを考慮すると、これらの高濃度蓄積個体の汚染源は鉛ライフル弾であると考えられた。<br> 上記の結果から、猛禽類の鉛弾摂取による中毒が未だに問題となっていることが明らかとなった。従って、北海道以外の地域における調査、また日本全国における鉛弾流通の完全禁止など規制強化の検討が必要であると考えられた。
  • 鰭脚類を中心とした食肉目において異物代謝を担うグルクロン酸抱合酵素の特徴, 筧麻友, 中山翔太, 水川葉月, 池中良徳, 渡邊研右, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部薫, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, J Toxicol Sci, 日本毒性学会, J Toxicol Sci, 39, Supplement, S281, 78, 2014年07月, 0388-1350, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502270062623779, 【目的】グルクロン酸抱合酵素(UGT)は、生体外異物代謝の第Ⅱ相抱合反応を担い、各動物の化学物質感受性決定に関与することが報告されている。食肉目ネコ亜目(Feliformia)では環境化学物質や薬物等の代謝に関与するUGT1A6の偽遺伝子化が報告されており、この偽遺伝子化に伴いアセトアミノフェン等の薬物の毒性作用が強いことが知られている。一方、食肉目に属する鰭脚類(Pinnipedia)では、環境化学物質の高濃度蓄積が報告されているが、感受性に関与するUGTについての研究はほとんど行われていない。そこで、鰭脚類を中心とした食肉目において、肝臓でのUGT活性の測定と系統解析を行った。<br>【方法】食肉目に属するネコ(<i>Felis catus</i>)、イヌ(<i>Canis familiaris</i>)、鰭脚類であるトド(<i>Eumetopias jubatus</i>)、キタオットセイ(<i>Callorhinus ursinus</i>)、カスピカイアザラシ(<i>Phoca caspica</i>)及び対照としてラット(<i>Rattus norvegicus</i>)の肝臓ミクロソームを作成し、1-ヒドロキシピレン(UGT1A6、UGT1A7、UGT1A9)、アセトアミノフェン(UGT1A1、UGT1A6、UGT1A9)、セロトニン(UGT1A6)を基質としてUGT活性を測定した。また、NCBIのデータベースからUGT1A領域の系統解析およびシンテニー解析を行った。<br>【結果及び考察】1-ヒドロキシピレン、アセトアミノフェン、セロトニンに対するUGT抱合活性を測定した結果、ラットに比べ食肉目では極めて低い活性を示した。また、系統解析及びシンテニー解析より、解析した全ての食肉目において、UGT1A分子種は特徴的な2遺伝子であるUSP40 とMROH2の間に保存されていることが明らかになった。さらに、食肉目は齧歯目に比べUGT1A領域が短く、UGT1A分子種数が少ないことが確認された。以上の結果から、鰭脚類を含めた食肉目はUGTによる異物代謝能が低く、環境化学物質に対する感受性が高い可能性が考えられた。
  • 鰭脚類におけるグルクロン酸抱合酵素の解析, 筧麻友, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 渡邊研右, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部薫, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, J Toxicol Sci, 日本毒性学会, J Toxicol Sci, 39, Supplement, S223, 9, 2014年07月, 0388-1350, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502290384152209, 【目的】グルクロン酸抱合酵素(UGT)は、異物代謝の第Ⅱ相抱合反応を担い、各動物の化学物質感受性決定に関与することが報告されている。食肉目ネコ亜目(<i>Feliformia</i>)では環境化学物質や薬物等の代謝に関与するUGT1A6の偽遺伝子化が報告されており、この偽遺伝子化によりアセトアミノフェン等の薬物の毒性作用が強く表れることが知られている。一方、食肉目に属する鰭脚類(<i>Pennipedia</i>)では、PCB、DDTなどの残留性有機汚染物質の高濃度蓄積が報告されているが、感受性に関与するUGTについての研究がほとんど行われていない。そこで、鰭脚類を中心とした食肉目において、UGTの機能解析及び系統解析を行い、種差を明らかにすることを目的とした。<br>【方法】食肉目に属するネコ(<i>Felis catus</i>)、イヌ(<i>Canis familiaris</i>)、鰭脚類であるトド(<i>Eumetopias jubatus</i>)、キタオットセイ(<i>Callorhinus ursinus</i>)、カスピカイアザラシ(<i>Phoca caspica</i>)及び対照としてラット(<i>Rattus norvegicus</i>)の肝臓ミクロソームを調整した。この肝臓ミクロソームを用いて、1-ヒドロキシピレンを基質としてUGT活性を測定した。さらに食肉目UGT1A遺伝子について、他の哺乳類と比較し、系統解析を行った。<br>【結果及び考察】1-ヒドロキシピレンを基質として用いたところ、イヌはラットと同程度のUGT活性を示したが、鰭脚類3種およびネコのUGT活性はラットの3分の1以下だった。また、UGT1A遺伝子は一般に2-10程度のホモログが近接して染色体上に存在しているが、系統解析及びシンテニー解析より、食肉目は齧歯目に比べUGT1A領域が短くUGT1A分子種数が少ないことが確認された。さらに、トドおよびキタオットセイでは、UGT1A6のエクソン1領域に2塩基挿入によるストップコドンが生じ、偽遺伝子化していることが明らかになった。以上の結果より、鰭脚類は、UGTによる異物代謝能が低く、環境化学物質に対する感受性が高い可能性が考えられた。
  • ネコ科動物における有機ハロゲン化合物の代謝能解析, 水川葉月, 池中良徳, 野見山桂, 田辺信介, 宇根有美, 伊藤真輝, 高江洲昇, 長野靖子, 中山翔太, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 23rd, ROMBUNNO.3B-14, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402263145856097
  • 日本に生息する猛禽類における鉛汚染状況の解析, 石井千尋, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 齊藤慶輔, 渡邊有希子, 田辺信介, 野見山桂, 林光武, 増田泰, 坂本健太郎, 石塚真由美, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 23rd, ROMBUNNO.3D-03, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402274110841897
  • GC‐ECNI/MSによる脳・肝臓中水酸化PCBsの一斉分析法開発, 江口哲史, 野見山桂, 落合真理, 水川葉月, 長野靖子, 神原千佳, 中川勝博, 田中幸樹, 宮川治彦, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 23rd, ROMBUNNO.3B-10, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402237568249080
  • 鰭脚類においてグルクロン酸抱合酵素が担う異物代謝, 筧麻友, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 渡邉研右, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部薫, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 20th, 75, 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502231435506659
  • 食肉目におけるグルクロン酸抱合酵素の遺伝子解析, 筧麻友, 池中良徳, 中山翔太, 水川葉月, 渡邉研右, 坂本健太郎, 和田昭彦, 服部薫, 田辺信介, 野見山桂, 石塚真由美, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, 3P-0853 (WEB ONLY), 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502275357123184
  • ベトナムのe‐wasteリサイクル地域住民における血清中PCBs,OH‐PCBsの残留および甲状腺ホルモン濃度との関係解析, 江口哲史, 野見山桂, TUE Nguyen Minh, TRANG Pham Thi Kim, VIET Pham Hung, 高橋真, 田辺信介, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 16th, 163, 2013年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402251935275177
  • イヌ,ネコの肝ミクロソームを用いたPCBsおよびPBDEs代謝能の種間比較, 水川葉月, 野見山桂, 中津賞, 久保田彰, 石塚真由美, 岩田久人, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.3-2D-7-3, 2013年07月, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201302272641113268
  • トキシコゲノミクス的アプローチによるバイカルアザラシ肝臓中水酸化PCBsの生体影響評価, 野見山桂, 江口哲史, 神原千佳, 今枝大輔, 平川周作, KIM Eun‐Young, 岩田久人, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.3-2D-7-1, 2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302280264607865
  • アジア途上国住民における血清中有機ハロゲン化合物・代謝物の残留特性, 江口哲史, 野見山桂, TUE Nguyen Minh, VIET Pham Hung, PARTHASARATHY, Peethambaram, BULBULE Kesav A, SUBRAMANIAN Annamalai, 高橋真, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.1PC-30, 2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302286233811314
  • 日本沿岸域の二枚貝に残留する臭素化ダイオキシン類の起源とその毒性影響評価, 染矢雅之, 江口哲史, 鈴木剛, 野見山桂, 後藤哲智, 高橋真, 滝上英孝, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.3-1A-6-3, 2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302291783025956
  • イヌ・ネコ肝臓におけるPCBs代謝物(OH‐PCBs,MeSO<sub>2</sub>‐PCBs)の蓄積特性及び代謝能の種間比較, 長野靖子, 野見山桂, 水川葉月, 江口哲史, 中津賞, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.3-2D-7-2, 2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302292952743681
  • ベトナムe‐wasteリサイクル地域住民における血清中有機ハロゲン化合物・代謝物の残留及び生化学マーカーとの関係解析, 江口哲史, 野見山桂, TUE Nguyen Minh, 国末達也, WU Qian, VIET Pham Hung, 高橋真, KANNAN Kurunthachalam, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 21st, ROMBUNNO.1C-01, 2012年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202228613932192
  • 日本沿岸域に棲息する鰭脚類の血中ハロゲン化フェノール類の蓄積特性とその起源, 野見山桂, 神原千佳, 水川葉月, 江口哲史, 落合真理, 磯部友彦, 山田格, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 21st, ROMBUNNO.1C-04, 2012年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232260552045
  • 日本沿岸の二枚貝における有機ハロゲン化合物汚染の実態解明とリスク評価, 染矢雅之, 鈴木剛, 野見山桂, 江口哲史, 後藤哲智, 滝上英孝, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 21st, ROMBUNNO.P-041, 2012年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202272380908392
  • GC‐ECNI/MSによる生体試料中の水酸化PCB一斉分析法の開発, 江口哲史, 野見山桂, 中川勝博, 田中幸樹, 宮川治彦, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 21st, ROMBUNNO.P-033, 2012年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202279930864180
  • Transfer potency and accumulation features of halogenated phenolic compounds into the brain of finless porpoise (Neophocaena phocaenoides), Ochiai M, Nomiyama K, Isobe T, Yamada T.K, Tajima Y, Makara M, Amano M, Tanabe S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 74, 1471, 1474, 2012年, Proceedings
  • Organohalogen Compounds and Their Metabolites in the Blood of Japanese Amberjack and Scalloped Hammerhead Shark from Japanese Coastal Waters., Nomiyama K, Uchiyama Y, Horiuchi S, Eguchi A, Kanbara C, Horai-Hirata S, Shinohara R, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 6, 177, 185, 2012年, Proceedings
  • Accumulation features of halogenated phenolic compounds in the blood of pinnipeds from Japanese coastal waters, Nomiyama K, Kanbara C, Mizukawa H, Eguchi A, Ochiai M, Isobe T, Yamada T.K, Tanabe S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 74, 931, 934, 2012年, Proceedings
  • Accumulation of Halogenated Phenolic Compounds in Small Toothed Whales, Ochiai M, Nomiyama K, Isobe T, Yamada T.K, Tajima Y, Matsuishi T, Amano M, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 6, 187, 192, 2012年, Proceedings
  • Accumulation Features of Organohalogen Metabolites in the Blood of Japanese Terrestrial Mammals., Mizukawa H, Nomiyama K, Nakatsu S, Yachimori S, Hayashi T, Tashiro Y, Yamamoto M, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 6, 203, 210, 2012年, Proceedings
  • Contamination Status and Accumulation Features of Organohalogen Compounds in Raccoon Dog and Masked Palm Civet, Yamamoto M, Isobe T, Hayashi T, Yachimori S, Nomiyama K, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 6, 211, 219, 2012年, Proceedings
  • Organohalogen compounds and their metabolites in the blood of Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata) and scalloped hammerhead shark (Sphyrna lewini) from Japanese coastal waters, Kei Nomiyama, Yukiko Uchiyama, Satoko Horiuchi, Akifumi Eguchi, Hazuki Mizukawa, Sawako Horai Hirata, Ryota Shinohara, Shinsuke Tanabe, CHEMOSPHERE, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, CHEMOSPHERE, 85, 3, 315, 321, 2011年10月, 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2011.06.092, Information on accumulation of polychlorinated biphenyl metabolites (OH-PCBs) and hydroxylated polybrominated diphenyl ethers (OH-PBDEs) in the blood of marine fish is limited. The present study, we determined the residue levels and patterns of PCBs, OH-PCBs, PBDEs, OH-PBDEs and methoxylated PBDEs (MeO-PBDEs) in the blood collected from scalloped hammerhead shark (Sphyrna lewini) and Japanese amberjack (Seriola quinqueradiata), species of predatory fish at Japanese coastal waters. The predominant homologues found in Japanese amberjacks were mono- and di-chlorinated OH-PCBs, and scalloped hammerhead sharks were octa-chlorinated OH-PCBs. The predominant OH-PCB isomers were lower-chlorinated OH-PCBs such as 6OH-CB2 and 2&apos;OH-CB9 in Japanese amberjacks. This result suggests that exposure of Japanese amberjacks to lower-chlorinated OH-PCBs might be from the ambient aquatic environment. In scalloped hammerhead sharks, 4,4&apos;diOH-CB202, 4OH-CB201 and 4OH-CB146 were the predominant isomers accounting for approximately 60% of the total OH-PCBs. The predominant MeO-PBDE isomers were 6MeO-BDE47 followed by 2&apos;MeO-BDE68 in both species. As for OH-PBDE isomers, 6OH-BDE47 was predominant followed by 2&apos;OH-BDE68 in Japanese amberjacks and scalloped hammerhead sharks. Residue levels of Sigma MeO-PBDEs and Sigma OH-PBDEs showed a significant positive correlation (p = 0.029). This result suggests that MeO-PBDEs and OH-PBDEs share a common source or a metabolic pathway in fishes. Characteristic differences found in the profiles of OH-PCBs and OH-PBDEs in Japanese amberjack and scalloped hammerhead shark show the need for further studies on the differences in exposure profiles, metabolic capacities and toxic effects in fish. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Arsenic and Mn levels in Isaza (Gymnogobius isaza) during the mass mortality event in Lake Biwa, Japan, Sawako Horai Hirata, Daisuke Hayase, Akifumi Eguchi, Takaaki Itai, Kei Nomiyama, Tomohiko Isobe, Tetsuro Agusa, Toshiyuki Ishikawa, Michio Kumagai, Shinsuke Tanabe, ENVIRONMENTAL POLLUTION, ELSEVIER SCI LTD, ENVIRONMENTAL POLLUTION, 159, 10, 2789, 2796, 2011年10月, 0269-7491, 10.1016/j.envpol.2011.05.007, The present study measured the concentrations of 25 elements (Li, Mg, V, Cr, Mn, Co, Ni, Cu, Zn, As, Se, Rb, Sr, Mo, Ag, Cd, In, Sn, Sb, Cs, Ba, Hg, Tl, Pb and Bi) in the whole body of Isaza which is an endemic fish species to Lake Biwa, Japan, and compared the values in the specimens from the mass mortality Isaza (MMI) and normal fresh Isaza (NFI). The mean levels of Mn and total As (T-As) were relatively higher in MMI than in NFI. In the T-As, highly toxic inorganic As was detected in MMI. Moreover we found Mn and As concentrations in surface sediment were extremely high and temporally increased. From all these results, we could infer that the dissolution of Mn and As from surface sediment of Lake Biwa might have been one of the cause for the mass mortality of Isaza. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 鯨類の血中に残留する臭素化フェノール類の蓄積特性とその起源, 野見山桂, 江口哲史, 村田仁子, 水川葉月, 染矢雅之, 磯部友彦, 山田格, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 20th, ROMBUNNO.2B-06, 2011年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102215628898797
  • 日本近海の鰭脚類に残留する血中ハロゲン化フェノール化合物の蓄積特性, 神原千佳, 野見山桂, 水川葉月, 江口哲史, 磯部友彦, 山田格, 高橋真, 田辺信介, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 20th, ROMBUNNO.P-053, 2011年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102266682391898
  • Halogenated Phenolic Compounds in the Blood of Japanese Amberjack and Scalloped Hammerhead Shark from Japanese Coastal Waters, Nomiyama K, Uchiyama Y, Horiuchi S, Eguchi A, Hirata-Horai S, Shinohara R, Tanabe S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 73, 1199, 1202, 2011年, Proceedings
  • Accumulation of Anthropogenic and Natural Origin Organohalogen Compounds in Three Porpoise Species., Ochiai M, Nomiyama K, Isobe T, Yamada T.K, Tajima Y, Matsuishi T, Amano M, Tanabe S, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 73, 1709, 1712, 2011年, Proceedings
  • 鯨類の血中に残留するプロモフェノール類の蓄積特性とその起源, 野見山桂, 江口哲史, 水川葉月, 磯部友彦, 山田格, 田辺信介, 日本水環境学会シンポジウム講演集, 日本水環境学会シンポジウム講演集, 13th, 240, 2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002238282881860
  • 日本沿岸に座礁したハクジラ類およびヒゲクジラ類から検出された血中水酸化PBDEs(OH‐PBDEs)の蓄積特性, 野見山桂, 落合真理, 江口哲史, 水川葉月, 村田仁子, 山田格, 高橋真, 田辺信介, 環境化学討論会講演要旨集, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 248, 249, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002201104026840
  • インドの電気電子機器廃棄物(e‐waste)解体工場における作業労働者血清から検出されたPCBs,PBDEsおよび代謝物の残留特性, 江口哲史, 野見山桂, SUBRAMANIAN Annamalai, BULBULE Keshav A, PARTHASARATY Peethmbaram, 高橋真, 田辺信介, 環境化学討論会講演要旨集, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 242, 243, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002259491996281
  • ネズミイルカ科の小型鯨類から検出された有機ハロゲン代謝物の蓄積特性, 落合真理, 野見山桂, 水川葉月, 江口哲史, 高橋真, 松石隆, 山田格, 田辺信介, 環境化学討論会講演要旨集, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 244, 245, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002282734587468
  • Accumulation features of hydroxylated polyblominated diphenyl ethers (OH-PBDEs) in the blood of toothed and baleen whales stranded at Japanese coastal waters., Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 72, 864, 867, 2010年
  • Accumulation features of anthorogenic and naturally produced organohalogen compounds in human serum from Indian E-waste recycling workers and residents near coastal areas, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 72, 868, 871, 2010年
  • Accumulation features of PCBs and hydroxylated metabolites in the blood of terrestrial mammals, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 72, 944, 947, 2010年
  • Accumulation features of anthorogenic and naturally produced organohalogen compounds in human serum from Indian E-waste recycling workers and residents near coastal areas, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 72, 868, 871, 2010年
  • Polychlorinated biphenyls (PCBs) and hydroxylated PCBs (OH-PCBs) in three porpoise species: Accumulation features and metabolic capacity, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 72, 1027, 1030, 2010年
  • Accumulation Features of Hydroxylated-PCBs (OH-PCBs) in the Blood of Pigs Collected from a Dumping Site for Municipal Wastes in India, Mizukawa H, Nomiyama K, Kunisue T, Watanabe M.X, Subramanian A, Takahashi S, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 4, 175, 181, 2010年, Proceedings
  • Organohalogen and Metabolite Contaminants in Human Serum Samples from Indian E-Waste Recycling Workers, Eguchi A, Nomiyama K, Subramanian A, Parthasarathy P, Bulbule K.A, Takahashi S, Tanabe S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 4, 167, 174, 2010年, Proceedings
  • Polychlorinated Biphenyls and Hydroxylated Polychlorinated Biphenyls in the Blood of Toothed and Baleen Whales Stranded along Japanese Coastal Waters., Nomiyama, K, Murata, S, Kunisue, T, Yamada, T.K, Mizukawa, H, Takahashi, S, Tanabe, S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 4, 67, 74, 2010年, Proceedings
  • Comprehensive study on hydroxylatd polychlorinated biphenyls in the blood of cetaceans, including toothed whales and baleen whales stranded at the Japanese coast., Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 71, 53, 58, 2009年
  • Accumulation features of hydroxylated-PCBs (OH-PCBs) in the blood of pigs collected from dumping site for municipal wastes in India, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 71, 1860, 1864, 2009年
  • Hysroxylated polychlorinated biphenyls in the blood of Baikal seals (Pusa Sibirica), Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 70, 1475, 1478, 2008年
  • Hydroxylated polychlorinated biphenyls in the blood of cetaceans stranded along the Japanes coast., Murata, S, Nomiyama, K, Kunisue, T, Takahashi, S, Yamada, T.K, Tanabe, S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 2, 55, 66, 2008年, Proceedings
  • Residue levels, of OH-PCBs and PCBs in the blood of Baikal seals (Pusa Sibirica), Imaeda, D, Nomiyama, K, Kunisue, T, Iwata, H, Tsydenova, O, Takahashi, S, Amano, M, Petrov, E.A, Batoev, V.B, Tanabe, S, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, 2, 111, 117, 2008年, Proceedings
  • Production Mechanism of hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCBs) by oxidative degradation of PCBs using titanium dioxide in water, and endocrine disrupting effects of their OH-PCBs, Organohalogen Compounds, Organohalogen Compounds, 69, 2968, 2971, 2007年
  • Endocrine effects generated by photooxidation of coplanar biphenyls in water using titanium dioxide, Kei Nomiyama, Teiji Tanizaki, Koji Arizono, Ryota Shinohara, CHEMOSPHERE, PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD, CHEMOSPHERE, 66, 6, 1138, 1145, 2007年01月, 0045-6535, 10.1016/j.chemosphere.2006.06.01, The oxidative photodegradation behaviors of selected three coplanar polychlorinated biphenyls (PCBs), (CB77, C1381, and C13169) using titanium dioxide (TiO2) in water were investigated. The main purposes were to clarify the structural relation between the original PCBs and the intermediates derived by TiO2 Oxidation and to evaluate the estrogenic and thyroid hormonal activity in the treated three coplanar PCBs during the oxidative reactions. Approximately 90% of the three coplanar PCBs decomposed within 180 min. Intermediates from the decomposition of the three coplanar PCBs, such as some hydroxylated-PCBs (OH-PCBs), carboxylic intermediates, phenolic intermediates, and other intermediates produced by the cleavage of a benzene ring were identified and quantified. In the degradation pathways, the produced amounts of OHPCBs increased within 60 min of irradiation time. The estrogenic activity and thyroid hormonal activity of the intermediates from the three coplanar PCBs in water at 0, 60, 120, 180 and 240 min of irradiation time were assessed by using a yeast two-hybrid assay system for human estrogen receptor alpha (hER alpha) and human thyroid hormone receptor alpha (hTR alpha). The maximal estrogenic activities were induced by the solutions of decomposed PCBs with irradiation time at 60-120 min similar and slightly lower than those after the irradiation time. We found that the solutions occuring during the irradiation times of 60-120 min contained several 4-OH-PCBs substituted with OH and Cl at para- and para'-positions having estrogenic activity. The thyroid hormonal activity was not detected in the decomposed three coplanar PCBs solutions. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Production mechanism of hydroxylated PCBs by oxidative degradation of selected PCBs using TiO2 in water and estrogenic activity of their intermediates, K Nomiyama, T Tanizaki, H Ishibashi, K Arizono, R Shinohara, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, AMER CHEMICAL SOC, ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 39, 22, 8762, 8769, 2005年11月, 0013-936X, 10.1021/es050791a, The oxidative photodegradation behaviors of selected polychlorinated biphenyls (PCBs) [2,3,3',4'-tetraCB (BZ number: CB56), 2,3',4',5-tetra (CB70), and 3,4,4',5-tetraCB (CB81: coplanar PCB)] using titanium dioxide (TiO2) in water were investigated. The main purposes were to clarify the structural relation between the original PCBs and the intermediates derived by TiO2 oxidation and to evaluate the estrogenic activity in the treated PCBs during the oxidative reactions. Approximately 90% of the three tetraCBs decomposed within 120 min. Intermediates by decomposition of three tetraCBs, such as some OH-tetraCBs and OH-triCBs, carboxylic intermediates, phenolic intermediates, and other intermediates produced by the cleavage of a benzene ring were identified and quantified. In the degradation pathways, the produced amounts of OH-tetraCB and OH-triCB increased within 60 min of irradiation time. Estrogenic activities of the intermediates from the three tetraCBs in water were assessed by using a yeast two-hybrid assay system for human estrogen receptor alpha (hER alpha). The maximal estrogenic activities were induced by the solutions of decomposed CB81 with irradiation time at 60 min. We found that the solutions at an irradiation time of 60-120 min contained several 4-OH-tetraCBs and 4-OH-triCBs substituted with OH and Cl at para- and para'-positions. It is presumed that the chemical structures of the 4-OH-PCBs are similar to that of 17 beta-estradiol (beta-E2); these intermediates present strong estrogenic activities. Moreover, we learned that there is a high possibility of conversion from some low toxic PCBs congeners to strong estrogenic OH-PCBs.
  • ラット肝ミクロソームによる多環ムスクの代謝物の生成およびその代謝活性変動評価, 森大樹, 松岡宗和, 野見山桂, 高尾雄二, 高良真也, 篠原亮太, 武政剛弘, 有薗幸司, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 環境ホルモン学会(日本内分泌撹乱化学物質学会), 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 8th, 167, 167, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268643477550
  • 養殖食用魚に対する飼料原料中の有機塩素系農薬及びエストロゲン活性の評価, 川角祐介, 石橋弘志, 野見山桂, 森大樹, 寺田正光, 高尾雄二, 篠原亮太, 古賀実, 有薗幸司, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 7th, 211, 2004年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211166252752

その他研究情報

受賞

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 卒業研究Ⅰ
  • 2019年, 前期, 修士, 分子科学高等実習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 修士, 化学ゼミナールⅢ


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.