詳細検索はこちら

野見山 桂ノミヤマ ケイ

所属部署
沿岸環境科学研究センター
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kanka.cmes.ehime-u.ac.jp/
生年月日
Last Updated :2017/11/18

研究者基本情報

学歴

  •  - 2008年, 熊本県立大学, 環境共生学部

経歴

  •   2011年,  - 現在, 愛媛大学, 沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門, 准教授
  •   2011年,  - 2015年, 愛媛大学, 沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門, 講師
  •   2008年,  - 2011年, 愛媛大学, 沿岸環境科学研究センター 化学汚染・毒性解析部門, 助教

所属学協会

  • 日本環境化学会
  • 日本水環境学会
  • SETAC
  • 日本セトロジー研究会

研究活動情報

研究キーワード

    スペシメンバンク, ペット動物, 野生生物, 環境汚染, ミトコンドリア, 核内受容体, プロテオミクス, メタボロミクス, オミクス, トキシコロジー, wildlife, PCBs, PBDEs, 異物代謝, 水環境化学, 環境分析化学

論文

MISC

  • Production Mechanism of hydroxylated polychlorinated biphenyls (OH-PCBs) by oxidative degradation of PCBs using titanium dioxide in water, and endocrine disrupting effects of their OH-PCBs
    Organohalogen Compounds, 69,   2007年
  • Hysroxylated polychlorinated biphenyls in the blood of Baikal seals (Pusa Sibirica)
    Organohalogen Compounds, 70,   2008年
  • Accumulation features of hydroxylated-PCBs (OH-PCBs) in the blood of pigs collected from dumping site for municipal wastes in India
    Organohalogen Compounds, 71,   2009年
  • Comprehensive study on hydroxylatd polychlorinated biphenyls in the blood of cetaceans, including toothed whales and baleen whales stranded at the Japanese coast.
    Organohalogen Compounds, 71,   2009年
  • Accumulation features of PCBs and hydroxylated metabolites in the blood of terrestrial mammals
    Organohalogen Compounds, 72,   2010年
  • Accumulation features of anthorogenic and naturally produced organohalogen compounds in human serum from Indian E-waste recycling workers and residents near coastal areas
    Organohalogen Compounds, 72,   2010年
  • Accumulation features of hydroxylated polyblominated diphenyl ethers (OH-PBDEs) in the blood of toothed and baleen whales stranded at Japanese coastal waters.
    Organohalogen Compounds, 72,   2010年

書籍等出版物

受賞

  •   2007年, 日本水環境学会・博士研究奨励賞(オルガノ賞)
  •   2009年, 日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会・奨励賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.