研究者データベース

長岡 伸一ナガオカ シンイチ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    長岡 伸一
  • 氏名(カナ)

    ナガオカ シンイチ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=107008
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1980年04月 - 1983年03月, 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程, 化学専攻
  • 1978年04月 - 1980年03月, 京都大学, 大学院理学研究科修士課程, 化学専攻
  • 1974年04月 - 1978年03月, 京都大学, 理学部, 化学科

学位

  • 理学博士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本化学会
  • 分子科学会
  • 日本ビタミン学会
  • 日本真空学会
  • 分子科学研究会
  • ビタミンE研究会

委員歴

  • 2019年 - 現在, 日本化学会中国四国支部, 会計監査
  • 2013年 - 現在, 日本ビタミン学会, 代議員
  • 2008年 - 現在, ビタミンE研究会, 幹事, ビタミンE研究会
  • 2013年 - 2016年, 日本化学会, 代表正会員
  • 2015年 - 2015年, 日本化学会, 支部各賞推薦委員会委員
  • 2012年 - 2013年, 日本ビタミン学会, 評議員
  • 2011年 - 2011年, 日本化学会, 本部役員選考委員(2011.1.11), 日本化学会
  • 2009年 - 2011年, 日本化学会, 代議員(2009/11-2011/10), 日本化学会
  • 2008年 - 2010年, 日本化学会, 速報誌(Chemistry Letters)編集委員, 日本化学会
  • 2006年 - 2010年, 分子科学会, 第1期、第2期広報委員, 分子科学会
  • 2004年 - 2004年, 日本化学会, 中国四国・化学と工業懇話会運営委員, 日本化学会
  • 2004年 - 2004年, 日本化学会, 中国四国支部化学教育協議会委員, 日本化学会
  • 2003年 - 2004年, 日本化学会, 中国四国支部幹事, 日本化学会
  • 2002年 - 2003年, 分子科学研究会, 第16期委員, 分子科学研究会
  • 2000年 - 2001年, 分子科学研究会, 第15期委員, 分子科学研究会
  • 1984年 - 1985年, 分子科学研究会, 第9期委員, 分子科学研究会

経歴

  • 2007年10月 - 2008年03月, 三重大学大学院工学研究科(非常勤講師)
  • 2006年04月 - 現在, 愛媛大学大学院理工学研究科(教授)
  • 2005年08月 - 2006年03月, 愛媛大学理学部(教授)
  • 2001年04月 - 2005年07月, 愛媛大学理学部(助教授)
  • 2004年02月 - 2004年02月, 放送大学(非常勤講師)
  • 1999年07月 - 2002年06月, 広島大学放射光科学研究センター(客員研究員)
  • 2001年04月 - 2001年09月, 東京大学物性研究所(嘱託研究員)
  • 1999年04月 - 2001年03月, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所(助教授)
  • 1999年04月 - 2001年03月, 愛媛大学理学部(非常勤講師)
  • 1989年10月 - 1999年03月, 愛媛大学理学部(助教授)
  • 1994年07月 - 1995年01月, アメリカ合衆国ミネソタ大学化学科(客員教授)
  • 1989年04月 - 1989年10月, 総合研究大学院大学数物科学研究科(助手)
  • 1985年10月 - 1989年10月, 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所(助手)
  • 1983年04月 - 1985年09月, 北海道大学応用電気研究所(助手)
  • 1982年04月 - 1983年03月, 日本学術振興会(大学院博士課程奨励研究員)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎化学, 物理化学

研究キーワード

  • 物理化学
  • 光化学
  • 内殻励起ダイナミクス
  • 化学教育

著書・発表論文等

論文

  • Finding of remarkable synergistic effect on the aroxyl-radical-scavenging rates under the coexistence of α-tocopherol and catechins, MUKAI K, NAGAI K, OUCHI A, SUZUKI T, IZUMISAWA K, NAGAOKA S, International Journal of Chemical Kinetics, 2019年07月, [査読有り], 05388066, 10.1002/kin.21284
  • Correlations of Computational Ionization Energy with Experimental Oxidation Potential and with Antioxidant Efficiencies in Catechins, NAGAOKA S, NAKAYAMA N, TERAMAE H, NAGASHIMA, U, Chem. Phys., 2019年06月, [査読有り], 10.1016/j.chemphys.2019.02.002
  • Local Valence Electronic States of Silicon (sub)Oxides on HfO<inf>2</inf>/Si-(sub)oxide/Si(110) and HfSi<inf>2</inf>/Si-(sub)oxide/Si(110) Islands, KAKIUCHI T, IKEDA K, MASE K, NAGAOAK S, Surf. Sci., 2019年03月, [査読有り], 00396028, 10.1016/j.susc.2018.10.024
  • Kinetic Study of the Quenching Reaction of Singlet Oxygen by Eight Vegetable Oils in Solution, MUKAI K, OHARA A, ITO J, HIRATA M, KOBAYASHI E, NAKAGAWA K, NAGAOKA S, J. Oleo Sci., 2019年01月, [査読有り], 13458957, 10.5650/jos.ess18179
  • Practical Training in Simple Hückel Theory: Matrix Diagonalization for Highly Symmetric Molecules and Visualization of Molecular Orbitals, NAGAOKA S, KOKUBO T, TERAMAE H, NAGASHIMA U, J. Chem. Educ., 2018年09月, [査読有り], 00219584, 10.1021/acs.jchemed.8b00244
  • Kinetic Study of the Scavenging Reaction of the Aroxyl Radical by Eight Kinds of Vegetable Oils in Solution, MUKAI K, BANDOH Y, ITO J, KOBAYASHI E, NAKAGAWA K, NAGAOKA S, JAOCS, J. Am. Oil Chem. Soc., 2018年06月, [査読有り], 0003021X, 10.1002/aocs.12076
  • Measurements of Singlet Oxygen-Quenching Activity of Vitamin E Homologs and Palm Oil and Soybean Extracts in a Micellar Solution, MUKAI K, ISHIKAWA E, OUCHI A, NAGAOKA S, ABE K, SUZUKI T, IZUMISAWA K, Lipids, 2018年06月, [査読有り], 00244201, 10.1002/lipd.12053
  • Correlation among Singlet-Oxygen Quenching, Free-Radical Scavenging, and Excited-State Intramolecular-Proton-Transfer Activities in Hydroxyflavones, Anthocyanidins, and 1-Hydroxyanthraquinones, NAGAOKA S, BANDOH Y, NAGASHIMA U, OHARA K, J. Phys. Chem. A, 2017年10月, [査読有り], 10895639, 10.1021/acs.jpca.7b07869
  • Kinetic Study of the Aroxyl-Radical-Scavenging Activity of Five Fatty Acid Esters and Six Carotenoids in Toluene Solution: Structure−Activity Relationship for the Hydrogen Abstraction Reaction, MUKAI K, YOSHIMOTO M, ISHIKURA M, NAGAOKA S, J. Phys. Chem. B, 2017年08月, [査読有り], 15206106, 10.1021/acs.jpcb.7b04570
  • Practical Training on Adding Polarization Function to Basis Set for Molecular Orbital Calculation of Ethylene, NAGAOKA S, TERAMAE H, NAGASHIMA, U, J. Comput. Chem. Jpn Int. Ed., 2017年06月, [査読有り], 2189-048X  , 10.2477/jccjie.2016-0068
  • Direct Observations of Correlation between Si-2p Components and Surface States on Si(110)-16 × 2 Single-Domain Surface Using Si-L<SUB>23</SUB>VV Auger-Electron and Si-2p Photoelectron Coincidence Measurements, KAKIUCHI T, YOSHIZAKI Y, KUBOTA H, SATO Y, NAGAOKA S, MASE K, J. Phys. Soc. Jpn., 2017年05月, [査読有り], 00319015, 10.7566/JPSJ.86.054704
  • Development of a Singlet Oxygen Absorption Capacity (SOAC) assay method. Measurements of the SOAC values for carotenoids and α-tocopherol in an aqueous Triton X-100 micellar solution, MUKAI K, OUCHI A, AZUMA N, TAKAHASHI S, AIZAWA K, NAGAOKA S, J. Agric. Food Chem., 2017年02月, [査読有り], 00218561, 10.1021/acs.jafc.6b04329
  • Site-Specific Electron-Relaxation Caused by Si:2p Core-Level Photoionization: Comparison between F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> and Cl<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> ..., NAGAOKA S, KAKIUCHI T, OHSHITA J, TAKAHASHI O, HIKOSAKA Y, J. Phys. Chem. A, 2016年12月, [査読有り], 10.1021/acs.jpca.6b09399
  • Practical Training on Adding Polarization and Diffuse Functions to Basis Set for Molecular Orbital Calculation, 長岡伸一、* 寺前裕之、長嶋雲兵, Royal Australian Chemical Institute, Aust. J. Educ. Chem., 2016年09月, [査読有り], 1445-9698
  • Molecular cascade Auger decays following Si KL<SUB>23</SUB>L<SUB>23</SUB> Auger transitions in SiCl<SUB>4</SUB>, SUZUKI I H, BANDOH Y, MOCHIZUKI T, FUKUZAWA H, TACHIBANA T, YAMADA S, TAKANASHI T, UEDA K, TAMENORI Y, NAGAOKA S, J. Phys. B: Atomic, Molecular and Optical Physics, 2016年08月, [査読有り], 09534075, 10.1088/0953-4075/49/16/165102
  • Kinetic Study of Aroxyl-Radical-Scavenging and α-Tocopherol-Regeneration Rates of Five Catecholamines in Solution: Synergistic Effect of α-Tocopherol and Catecholamines, MUKAI K, NAGAI K, EGAWA Y, OUCHI A, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2016年07月, [査読有り], 15206106, 10.1021/acs.jpcb.6b04285
  • TDDFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトル, 新井健文、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之*, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2016年02月, [査読有り], 1347-1767, 10.2477/jccj.2015-0061
  • Tunneling effect in Vitamin E recycling by green tea, NAGAOKA S, NITTA S, SUEMITSU A, Mukai K, Royal Society of Chemistry, RSC Advances, 2016年01月, [査読有り], 10.1039/c6ra05986d
  • Pyrroloquinoline quinone (PQQ) is reduced to pyrroloquinoline quinol (PQQH<SUB>2</SUB>) by Vitamin C, and PQQH<SUB>2</SUB> produced is recycled to PQQ by air oxidation in buffer solution at pH 7.4, MUKAI K, OUCHI A, NAGAOKA S, NAKANO M, IKEMOTO K, Taylor & Francis, Biosci. Biotech. Biochem., 2016年01月, [査読有り], 09168451, 10.1080/09168451.2015.1072462
  • Kinetic study of the quenching reaction of singlet oxygen by seven rice bran extracts in ethanol solution. Development of a singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method, MUKAI K, ISHIKAWA E, ABE T, OUCHI A, NAGAOKA S, MURATA K, MIYAZAWA T, NAKAGAWA K, Taylor & Francis, Biosci. Biotech. Biochem., 2015年12月, [査読有り], 09168451, 10.1080/09168451.2015.1069701
  • Notable effects of the metal salts on the quenching reaction of singlet oxygen by α-Tocopherol in ethanol solution, MUKAI K, NAKAMURA A, NAGAOKA S, OUCHI A, AZUMA N, Chemical Society of Japan, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2015年10月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.20150182
  • Local valence electronic states and valence-band maximum of ultrathin silicon nitride films on Si(111) studied by Auger photoelectron coincidence spectroscopy: Thickness and interface structure dependence, KAKIUCHI T, TAHARA M, MASE K, NAGAOKA S, Physical Society of Japan, J. Phys. Soc. Jpn., 2015年04月, [査読有り], 00319015, 10.7566/JPSJ.84.044711
  • Correlation between excited-state intramolecular proton-transfer and singlet-oxygen quenching activities in 1-(acylamino)anthraquinones, NAGAOKA S, ENDO H, OHARA K, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2015年02月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp508355k
  • Kinetic study of the quenching reaction of singlet oxygen by α-, β-, γ-, δ-tocotrienols, and palm oil and soybean extracts in solution, MUKAI K, ISHIKAWA E, OUCHI A, NAGAOKA S, SUZUKI T, IZUMISAWA K, KOIKE T, Taylor & Francis, Biosci. Biotech. Biochem., 2014年12月, [査読有り], 09168451, 10.1080/09168451.2014.943653
  • H<sub>3</sub><sup>+</sup>,H<sub>3</sub>,H<sub>3</sub><sup>-</sup>の結合様式と構造, SAGAN Amih、田島澄恵、中山尚史、長嶋雲兵*、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会, Japan, J. Comput. Chem. Jpn., 2014年10月, [査読有り], 1347-3824, 10.2477/jccj.2014-0008
  • Photoelectron and Auger-electron spectra of Cl<SUB>3</SUB>SiSi(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> obtained by using monochromatized synchrotron radiation, NAGAOKA S, ENDO H, NAGAI K, TAKAHASHI O, TAMENORI Y, SUZUKI I H, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2014年08月, [査読有り], 03682048, 10.1016/j.elspec.2014.04.009
  • Finding of synergistic and cancel effects on the aroxyl radical-scavenging rate and suppression of prooxidant effect for coexistence of α-tocopherol with β-, γ-, and δ-tocopherols (or -tocotrienols), OUCHI A, NAGAOKA S, SUZUKI T, IZUMISAWA K, KOIKE T, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2014年08月, [査読有り], 00218561, 10.1021/jf502049k
  • A kinetic study of the radical-scavenging action of tocotrienols in the membranes of egg yolk phosphatidylcholine vesicles, FUKUZAWA K, OUCHI A, NAGAOKA S, SHIBATA A, MUKAI K, 学会誌刊行センター, J. Nutr. Sci. Vitaminol., 2014年04月, [査読有り], 03014800, 10.3177/jnsv.60.443
  • Multi-emitting properties of hybrid Langmuir-Blodgett films of amphiphilic iridium complexes and the exfoliated nanosheets of saponite clay, SATO H, TAMURA K, OHARA K, NAGAOKA S, Royal Society of Chemistry, New J. Chem., 2014年01月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c3nj00879g
  • 1s電子が作る半結合と単結合, SAGAN Amih, 田島澄恵, 中山尚史, 長嶋雲兵,* 寺前裕之, 長岡伸一, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2013年12月, [査読有り], 1347-3824, 10.2477/jccj.2013-0024
  • Kinetic study of aroxyl radical scavenging and α-tocopheroxyl regeneration rates of pyrroloquinolinequinol (PQQH<SUB>2</SUB>, a reduced form of pyrroloquinolinequinone) in dimethyl sulfoxide solution, OUCHI A, IKEMOTO K, NAKANO M, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2013年11月, [査読有り], 00218561, 10.1021/jf4040496
  • Site-dependent Si KL<SUB>23</SUB>L<SUB>23</SUB> resonant Auger electron spectra following inner-shell excitation of Cl<SUB>3</SUB>SiSi(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>, SUZUKI I H, ENDO H, NAGAI K, TAKAHASHI O, TAMENORI Y, NAGAOKA S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2013年11月, [査読有り], 00219606, 10.1063/1.4827860
  • Development of a new free radical absorption capacity assay method for antioxidants: Aroxyl radical absorption capacity (ARAC), NAGAOKA S, NAGAI K, FUJII Y, OUCHI A, MUKAI K, American Chemical Society, J Agric. Food Chem., 2013年10月, [査読有り], 00218561, 10.1021/jf402811m
  • 計算されたH<sub>2</sub><sup>-</sup>の基底状態<sup>2</sup>Σ<sub>u</sub><sup>+</sup>構造 ―基底関数依存性―, SAGAN Amih, 中山尚史, 長嶋雲兵,* 寺前裕之, 長岡伸一, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2013年09月, [査読有り], 1347-3824, 10.2477/jccj.2013-0006
  • Aroxyl-radical-scavenging rate increases remarkably under the coexistence of α-tocopherol and ubiquinol-10 (or Vitamin C): Finding of synergistic effect on the reaction rate, MUKAI K, OUCHI A, NAKAYA S, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2013年07月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp403239q
  • Ultrafast excited-state intramolecular proton transfer of aloesaponarin I, NAGAOKA S, UNO H, HUPPERT D, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2013年04月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp306870y
  • Efficient site-specific low-energy electron production via interatomic Coulombic decay following resonant Auger decay in argon dimers, KIMURA M, FUKUZAWA H, SAKAI K, MONDAL S, KUKK E, KONO Y, NAGAOKA S, TAMENORI Y, SAITO N, UEDA K, American Physical Society, Physical Review A - Atomic, Molecular, and Optical Physics, 2013年04月, [査読有り], 10502947, 10.1103/PhysRevA.87.043414
  • A variety of characteristic behaviour of resonant KL<SUB>23</SUB>L<SUB>23</SUB> Auger decays following Si K-shell photoexcitation of SiCl<SUB>4</SUB>, SUZUKI I H, KONO Y, SAKAI K, KIMURA M, UEDA K, TAMENORI Y, TAKAHASHI O, NAGAOKA S, Institute of Physics, J. Phys. B, 2013年04月, [査読有り], 09534075, 10.1088/0953-4075/46/7/075101
  • Synthesis, structure and properties of ethyl naphth[2,3-f]isoindole-1- carboxylate, SEIKE A, YAMAGAMI K, KAKITANI Y, KUWAJIMA M, UOYAMA H, NAGAOKA S, NAKAE T, MORI S, OKUJIMA T, UNO H, Royal Society of Chemistry, RSC Adv., 2013年03月, [査読有り], 10.1039/c2ra22870j
  • Cascade Auger decays following Si KL<SUB>23</SUB>L<SUB>23</SUB> Auger transitions in SiF<SUB>4</SUB>, SUZUKI I H, KONO Y, IKEDA A, OI M, OUCHI T, UEDA K, TAMENORI Y, TAKAHASHI O, NAGAOKA S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2013年01月, [査読有り], 00219606, 10.1063/1.4773344
  • Site-specific ion desorption from condensed F<SUB>3</SUB>SiCD<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> induced by Si-2p core-level ionizations studied with photoelectron photoion coincidence (PEPICO) spectroscopy, Auger photoelectron coinci, MASE K, KOBAYASHI E, NAMBU A, KAKIUCHI T, TAKAHASHI O, TABAYASHI K, OHSHITA J, HASHIMOTO S, TANAKA M, NAGAOKA S, Elsevier, Surf. Sci., 2013年01月, [査読有り], 00396028, 10.1016/j.susc.2012.09.003
  • A molecular orbital study of the dipole moment of HF, LiH, and HeH<SUP>+</SUP>, TERAMAE H, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, Chemical Society of Japan, Chem. Lett., 2012年12月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2012.1642
  • Dual emitting Langmuir-Blodgett films of cationic iridium complexes and montmorillonite clay for oxygen sensing, MORIMOTO K, NAKAE T, OHARA K, TAMURA K, NAGAOKA S, SATO H, Royal Society of Chemistry, New J. Chem., 2012年12月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c2nj40351j
  • A time-resolved luminescence study on singlet oxygen quenching by hydroxycinnamic acids under acidic, neutral and basic conditions, OHARA K, DOI K, NIIZAKI Y, NAGAOKA, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2012年12月, [査読有り], 10106030, 10.1016/j.jphotochem.2012.08.021
  • Photofragmentation of the K-shell excited perfluorocyclobutane probed by a multiple-ion coincidence technique, OKADA K, TERASHIMA T, SUEMITSU A, SUZUKI I H, NAGAOKA S, TABAYASHI K, TAMENORI Y, Institute of Physics, J. Phys. Conf. Ser., 2012年12月, [査読有り], 17426588, 10.1088/1742-6596/388/2/022030
  • Development of singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method. 3. Measurements of the SOAC values for phenolic antioxidants, MUKAI K, OUCHI A, TAKAHASHI S, AIZAWA K, INAKUMA T, TERAO J, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2012年08月, [査読有り], 00218561, 10.1021/jf302021r
  • 窒素分子N<sub>2</sub>の最高被占有軌道HOMOは σ 型か π 型か?, SAGAN Amih, 長岡 伸一, 寺前 裕之, 長嶋 雲兵*, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., Journal of Computer Chemistry, Japan, 2012年08月, [査読有り], 1347-1767, 10.2477/jccj.2011-0022
  • Notable effects of metal salts on UV-Vis absorption spectra of α-, β-, γ, and δ-tocopheroxyl radicals in acetonitrile solution. the complex formation between tocopheroxyls and metal cations, MUKAI K, KOHNO Y, OUCHI A, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2012年08月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp305039z
  • Kinetic study of the α-tocopherol-regeneration reaction of ubiquinol-10 in methanol and acetonitrile solutions: Notable effect of the alkali and alkaline earth metal salts on the reaction rates, MUKAI K, OI M, OUCHI A, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2012年03月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp2118086
  • Computational Study of Excited-State Intramolecular-Proton-Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde, o-Formyl-Substituted Phenols, and 5-Substituted Salicylaldehydes, TERAMAE H, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, Nova, Int. J. Chem. Modeling, 2012年, [査読有り], [招待有り]
  • HeH<SUP>+</SUP>の分子軌道エネルギー準位図, SAGAN Amih, 長岡 伸一, 寺前 裕之, 長嶋 雲兵*, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., Journal of computer chemistry, Japan, 2011年12月, [査読有り], 13471767, 10.2477/jccj.2011-0008
  • 何故水分子の構造は曲がっていて水酸化アルカリ金属分子は直線なのか?, SAGAN Amih, 長嶋 雲兵,* 青山 智夫, 長岡 伸一, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., Journal of Chemical Software, 2011年12月, [査読有り], 13471767, 10.2477/jccj.H2310
  • Molecular double core-hole electron spectroscopy of large molecules for probing molecular size: A series of bridged trihalosilyl-trimethylsilyl molecules, TAKAHASHI O, YAMASAKI K, NAGAOKA S, UEDA K, Elsevier, Chem. Phys Lett., 2011年12月, [査読有り], 00092614, 10.1016/j.cplett.2011.11.006
  • UV protection and singlet-oxygen quenching activity of intramolecularly hydrogen-bonded hydroxyanthraquinone derivatives found in aloe, NAGAOKA S, OHARA K, TAKEI M, NAKAMURA M, MISHIMA M, NAGASHIMA U, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2011年12月, [査読有り], 10106030, 10.1016/j.jphotochem.2011.10.006
  • LiHの分子軌道エネルギー準位図, SAGAN Amih, 長嶋雲兵*、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピューター化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2011年09月, [査読有り], 1347-1767, 10.2477/jccj.H2305
  • Notable Effects of the Metal Salts on the Formation and Decay Reactions of α-Tocopheroxyl Radical in Acetonitrile Solution. The Complex Formation between α-Tocopheroxyl and Metal Cations, KOHNO Y, FUJII M, MATSUOKA C, HASHIMOTO H, OUCHI A, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2011年08月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp205126a
  • A Study to Control Chemical Reactions Using Si:2p Core Ionization: Site-Specific Fragmentation, NAGAOKA S, FUKUZAWA H, PRUEMPER G, TAKEMOTO M, TAKAHASHI O, YAMAGUCHI K, KAKIUCHI T, TABAYASHI K, SUZUKI I H, HARRIES J R, TAMENORI Y, UEDA K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. A, 2011年08月, [査読有り], 10895639, 10.1021/jp203664r
  • Local valence electronic states of SiO<SUB>2</SUB> ultrathin films grown on Si(100) studied using auger photoelectron coincidence spectroscopy: Observation of upward shift of valence-band maximum as a function of SiO<SUB>2</SUB> thickness, KAKIUCHI T, FUJITA N, MASE K, TANAKA M, NAGAOKA S, 日本物理学会, J. Phys. Soc. Jpn., 2011年08月, [査読有り], 00319015, 10.1143/JPSJ.80.084703
  • Photofragmentation of the K-Shell Excited Perfluorocyclobutane: Anisotropies in the Fragments and Breakdown Pathways, OKADA K, SUEMITSU A, TERASHIMA T, IWASAKI Y, TAMENORI Y, SUZUKI I H, NAGAOKA S, TABAYASHI K, Wiley, J. Mass Spectrom., 2011年07月, [査読有り], 1076-5174, 10.1002/jms.1932
  • Development of Singlet Oxygen Absorption Capacity (SOAC) Assay Method. 2. Measurements of the SOAC Values for Carotenoids and Food Extracts, AIZAWA K, IWASAKI Y, OUCHI A, INAKUMA T, NAGAOKA S, TERAO J, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2011年04月, [査読有り], 0021-8561, 10.1021/jf104955a
  • Site- and Geometry-Specific CH⋅⋅⋅O Interaction in Small Acetaldehyde Clusters Studied with Core-Electron Excitation Spectroscopy in the Carbon K-Edge Region, TABAYASHI K, TSUTSUMI Y, CHOHDA M, TAKAHASHI O, TAMENORI Y, HIGUCHI I, SUZUKI I H, NAGAOKA S, GEJO T, HONMA K, Institute of Physics, J. Phys. Conf. Ser., 2011年04月, [査読有り], 1742-6596, 10.1088/1742-6596/288/1/012022
  • Surface-site-selective study of valence electronic states of a clean Si(111)-7×7 surface using Si-L<SUB>23</SUB>VV Auger electron and Si-2p photoelectron coincidence measurements, KAKIUCHI T, TAHARA M, HASHIMOTO S, FUJITA N, TANAKA M, MASE K, NAGAOKA S, American Physical Society, Phys. Rev. B, 2011年03月, [査読有り], 2469-9950, 10.1103/PhysRevB.83.035320
  • Kinetic Study of Aroxyl Radical-Scavenging Action of Vitamin E in Membranes of Egg Yolk Phosphatidylcholine Vesicles, FUKUZAWA K, SHIBATA A, OUCHI A, NAGAOKA S, MUKAI K, Elsevier, Chem. Phys. Lipids, 2011年03月, [査読有り], 0009-3084, 10.1016/j.chemphyslip.2011.01.001
  • Hybridization of Clay Minerals with the Floating Film of a Cationic Ir(III) Complex at an Air-water Interface, SATO H, TAMURA K, OHARA K, NAGAOKA S, YAMAGISHI A, Royal Society of Chemistry, New J. Chem., 2011年02月, [査読有り], 1144-0546, 10.1039/c0nj00534g
  • A photolysis study on superoxide quenching at water/oil interface of Aerosol OT reversed micelle, OHARA K, IKEDA A, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2011年02月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.12.008
  • Projection of Si 1s Photoexcited Orbitals into Resonant Auger Electron Spectra in KLL Decays of Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> and SiF<SUB>4</SUB>, SUZUKI I H, KONO Y, IKEDA A, OUCHI T, UEDA K, TAKAHASHI O, HIGUCHI I, TAMENORI Y, NAGAOKA S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2011年02月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.3556942
  • Microsoft Excelを用いた分子軌道の描画の実習(2)-イオン性、分極関数、貫入-, 長岡伸一,* 寺前裕之, 長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2010年12月, [査読有り], 1347-1767|1347-3824, 10.2477/jccj.H2211
  • Microsoft Excelを用いた分子軌道の描画の実習, 長岡伸一,* 寺前裕之, 長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2010年10月, [査読有り], 1347-1767|1347-3824, 10.2477/jccj.H2139
  • Projection of Excited Orbitals into Kinetic Energies of Emitted Electrons in Resonant Si KLL Auger Decays of SiF<SUB>4</SUB>, SUZUKI I H, KONO Y, IKEDA A, OUCHI T, UEDA K, TAKAHASHI O, HIGUCHI I, TAMENORI Y, NAGAOKA S, American Physical Society, Phys. Rev. A, 2010年10月, [査読有り], 2469-9926, 10.1103/PhysRevA.82.045401
  • Vitamin K analogue as a new fluorescence probe for quantitative antioxidant assay, OHARA K, MITSUMORI R, TAKEBE M, KUZUHARA D, YAMADA H, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2010年09月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.07.020
  • Kinetic Study of the Quenching Reaction of Singlet Oxygen by Carotenoids and Food Extracts in Solution. Development of a Singlet Oxygen Absorption Capacity (SOAC) Assay Method, OUCHI A, AIZAWA K, IWASAKI Y, INAKUMA T, TERAO J, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2010年09月, [査読有り], 0021-8561, 10.1021/jf101947a
  • X-ray Absorption Spectra of SiF<SUB>4</SUB> and Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> in the Si K-Shell Excitation Region, TAKAHASHI, O, SUZUKI, I H, KONO Y, IKEDA, A, OUCHI T, UEDA K, HIGUCHI I, TAMENORI Y, NAGAOKA S, Institute of Physics, J. Phys. Conf. Ser., 2010年06月, [査読有り], 1742-6596, 10.1088/1742-6596/235/1/012018
  • Surface-Site-Selective study of Valence Electronic Structures of Clean Si(100)-2×1 Using Si-L<SUB>23</SUB>VV Auger Electron - Si-2p Photoelectron Coincidence Spectroscopy, KAKIUCHI T, HASHIMOTO S, FUJITA N, TANAKA M, MASE K, NAGAOKA S, 日本物理学会, J. Phys. Soc. Jpn., 2010年06月, [査読有り], 0031-9015, 10.1143/JPSJ.79.064714
  • Topmost-Surface-Sensitive Si-2p Photoelectron Spectra of Clean Si(100)-2×1 Measured with Photoelectron Auger Coincidence Spectroscopy, KAKIUCHI T, HASHIMOTO S, FUJITA N, TANAKA M, MASE K, NAGAOKA S, Elsevier, Surf. Sci., 2010年05月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/j.susc.2010.02.005
  • Tunneling Effect in Regeneration Reaction of Vitamin E by Ubiquinol, OUCHI A, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2010年05月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp910856m
  • Singlet Oxygen Lifetime in Vitamin E Emulsion Depends on the Oil-Droplet Size, OHARA K, ORIGUCHI T, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2010年03月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.20090277
  • Photochemical Formation and Decay of Tocopheroxyl Radical in Vitamin E Emulsion: A Laser Photolysis Study, OHARA K, SHIMIZU A, WADA Y, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2010年02月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.01.001
  • Auger-Electron Spectra of F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> Obtained by Using Monochromatized Synchrotron Radiation, NAGAOKA, S, NITTA A, TAMENORI Y, FUKUZAWA H, UEDA K, TAKAHASHI O, KAKIUCHI T, KITAJIMA Y, MASE K, SUZUKI I H, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2009年12月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/j.elspec.2009.06.006
  • Singlet Oxygen Quenching by Trolox C in Aqueous Micelle Solutions, OHARA K, KIKUCHI K, ORIGUCHI, T, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. B, 2009年12月, [査読有り], 1011-1344, 10.1016/j.jphotobiol.2009.08.010
  • Solvent-Polarity Dependence of Antioxidant Kinetics of Vitamin E, OUCHI A, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, 日本コンピュータ化学会, J. Comput. Chem. Jpn., 2009年12月, [査読有り], 1347-1767|1347-3824, 10.2477/jccj.H2123
  • Kinetic Study of the Aroxyl Radical-Scavenging Reaction of α-Tocopherol in Methanol Solution: Notable Effect of the Alkali and Alkaline Earth Metal Salts on the Reaction Rates, OUCHI A, NAGAOKA S, ABE K, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2009年10月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp906425r
  • Dependence of Chemical Shift Difference on Core-Level, NAGASHIMA, U, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2009年10月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.1248
  • Kinetic Study of the Prooxidant Effect of α-Tocopherol. Hydrogen Abstraction from Lipids by α-Tocopheroxyl Radical, OUCHI A, ISHIKURA M, KONISHI K, NAGAOKA S, MUKAI K, Springer, Lipids, 2009年10月, [査読有り], 0024-4201, 10.1007/s11745-009-3339-x
  • Site-Specific Behavior in De-Excitation Spectra of F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> in the Si 1s Excitation Region, SUZUKI I H, NITTA A, FUKUZAWA H, UEDA K, TAKAHASHI O, TAMENORI Y, NAGAOKA S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2009年10月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.3257639
  • Photoelectron Spectra of F<SUB>3</SUB>SiC<SUB>2</SUB>H<SUB>4</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> Molecule Using Monochromatized Synchrotron Radiation, SUZUKI I H, NITTA A, SHIMIZU A, TAMENORI Y, FUKUZAWA H, UEDA K, NAGAOKA S, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2009年06月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/j.elspec.2009.03.013
  • Kinetic Study of Singlet-Oxygen Quenching by Caffeic Acid and Related Phenols, OHARA K, ICHIMURA Y, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2009年06月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.689
  • Computational Study of Excited-State Intramolecular-Proton-Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde and Its Derivatives, NAGAOKA S, TERAMAE H, NAGASHIMA U, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2009年05月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.570
  • Tunneling Effect in Antioxidant Reaction of Flavonoid, KAKIUCHI T, MUKAI K, OHARA K, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2009年02月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.216
  • Kinetic Study of the Antioxidant Activity of Pyrroloquinolinequinol (PQQH<SUB>2</SUB>, a Reduced Form of Pyrroloquinolinequinone) in Micellar Solution, OUCHI A, NAKANO M, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2009年01月, [査読有り], 0021-8561, 10.1021/jf802197d
  • Time-resolved EPR investigation on the photoreactions of vitamin K with antioxidant vitamins in micelle systems, OHARA K, HASHIMOTO Y, HAMADA C, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2008年12月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2008.07.011
  • Site-Specific Fragmentation Caused by Core-Level Photoionization in F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> Vapor: Comparison between Si:1s and 2p Photoionizations by Means of Photoelectron-Photoion-Photoion Triple-Coinci, NAGAOKA S, TAKEMOTO M, PRUEMPER G, FUKUZAWA H, TAMENORI Y, SUZUKI I H, UEDA K, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2008年11月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.3010885
  • Stopped-Flow Kinetic Study of the Aroxyl Radical-Scavenging Action of Catechins and Vitamin C in Ethanol and Micellar Solutions, MITANI S, OUCHI A, WATANABE E, KANESAKI Y, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Agric. Food Chem., 2008年05月, [査読有り], 0021-8561, 10.1021/jf703770m
  • Behavior of Singlet Oxygen in Vitamin E Emulsion, OHARA K, ORIGUCHI T, KAWANISHI K, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2008年03月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.81.345
  • Kinetic Study of the Tocopherol Regeneration Reaction by Biological Hydroquinones in Micellar Solution, ITOH S, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. A, 2008年01月, [査読有り], 1089-5639, 10.1021/jp075894p
  • Comparison between the Free-Radical-Scavenging Activities with Vitamin E and Ubiquinol in Biological Systems Based on their Reaction Rates: A Research Account, MUKAI K, TOKUNAGA A, ITOH S, KANESAKI Y, OUCHI A, OHARA K, NAGAOKA S, ABE K, IOS Press, BioFactors, 2008年, [査読有り], 1872-8081, 10.1002/biof.5520320107
  • UV Protection and Singlet Oxygen Quenching Activity of Aloesaponarin I, NAGAOKA S, FUJII A, HINO M, TAKEMOTO M, YASUDA M, MISHIMA M, OHARA K, MASUMOTO A, UNO H, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2007年11月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp075224j
  • Kinetics of Vitamin E Regeneration by Water-Soluble Antioxidants in Micellar Dispersions, MUKAI K, ISOZAKI T, NAGAOKA S, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2007年07月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.80.1331
  • Kinetics of the Reaction by which Natural Vitamin E Is Regenerated by Vitamin C, NAGAOKA S, KAKIUCHI T, OHARA K, MUKAI K, Elsevier, Chem. Phys. Lipids, 2007年03月, [査読有り], 0009-3084, 10.1016/j.chemphyslip.2006.12.001
  • Doppler Effect in Resonant Excitation of CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB> Probed by Auger Electron Spectroscopy, IBUKI T., ITOH S., TAMENORI Y., OKADA K., NAGAOKA S., MORISHITA Y., SUZUKI I.h., Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2007年02月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/j.elspec.2006.10.010
  • Electron-Ion-Ion Triple-Coincidence Spectroscopic Study of Site-Specific Fragmentation Caused by Si:2p Core-Level Photoionization of F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> Vapor, NAGAOKA S, PRUEMPER G, FUKUZAWA H, HINO M, TAKEMOTO M, TAMENORI Y, HARRIES J H, SUZUKI I H, TAKAHASHI O, OKADA K, TABAYASHI K, LIU X-U, LISCHKE T, UEDA K, American Physical Society, Phys. Rev. A, 2007年02月, [査読有り], 2469-9926, 10.1103/PhysRevA.75.020502
  • Structure-Activity Relationship of the Free-Radical-Scavenging Reaction by Vitamin E (α-, β-, γ-, δ-Tocopherols) and Ubiquinol-10: pH Dependence of the Reaction Rates, MUKAI K, TOKUNAGA A, ITOH S, KANESAKI Y, OHARA K, NAGAOKA S, ABE K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2007年01月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp0650580
  • High-Resolution Electron - Momentum Resolved Ion Coincidence Spectroscopy, PRUEMPER G, LIU X J, FUKUZAWA H, UEDA K, HARRIES J, TAMENORI Y, NAGAOKA S, Institute of Physics, J. Phys. Conf. Ser., 2007年, [査読有り], 1742-6588, 10.1088/1742-6596/88/1/012008
  • Site-Specific Fragmentation following F 1s Photoionization of Free CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB> Molecules Studied by Electron-Ion Coincidence Spectroscopy, FUKUZAWA H, PRUEMPER G, NAGAOKA S, IBUKI T, TAMENORI Y, HARRIES J, LIU X, UEDA K, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 2006年11月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/j.cplett.2006.09.099
  • Inner-Shell Excitation Spectroscopy and Fragmentation of Small Hydrogen-Bonded Clusters of Formic Acid after Core Excitations at the Oxygen K Edge, TABAYASHI K, YAMAMOTO K, TAKAHASHI O, TAMENORI Y, HARRIES J R, GEJO T, ISEDA M, TMURA T, HONMA K, SUZUKI I H, NAGAOKA S, IBUKI T, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2006年11月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.2387949
  • Kinetic Study on the Free Radical-Scavenging and Vitamin E-Regenerating Actions of Caffeic Acid and Its Related Compounds, OHARA K, ICHIMURA Y, TSUKAMOTO K, OGATA M, NAGAOKA S, MUKAI K, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2006年10月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.79.1501
  • On the Ionization Energy of CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB> in the Valence Region Measured by Angle-Resolved Photoelectron Spectroscopy, IBUKI T, TAMENORI Y, OKADA K, TAKEMOTO M, NAGAOKA S, MORISHITA Y, SUZUKI I H, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2006年06月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/j.elspec.2006.03.009
  • Chemical Shifts in ESCA and NMR: The Case of Bridged Trichlorosilyl-Trimethylsilyl Molecules, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, OHSHITA J, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2006年04月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.79.537
  • Site-specific fragmentation caused by core-level photoexcitation: Comparison between Si:1s and 2p photoexcitations in F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> vapor, NAGAOKA S, TAMURA A, FUJII A, OHSHITA J, OKADA K, IBUKI T, SUZUKI I H, OHASHI H, TAMENORI Y, Elsevier, Int. J. Mass Spectrom., 2005年12月, [査読有り], 1387-3806, 10.1016/j.ijms.2005.10.003
  • Ion Desorption Caused by N1s Core-Level Photoexcitation of N<SUB>2</SUB>O on Si(100) Surface, NAGAOKA S, MASE K, Elsevier, Surf. Sci., 2005年11月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/j.susc.2005.06.072
  • Why Is the Order Reversed? Peroxyl-Scavenging Activity and Fats-and-Oils Protecting Activity of Vitamin E, MUKAI K, NOBORIO S, NAGAOKA S, Wiley, Int. J. Chem. Kinet., 2005年10月, [査読有り], 1097-4601, 10.1002/kin.20114
  • Site-specific fragmentation caused by Si:1s core-level photoionization of F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> vapor, NAGAOKA S, TAMENORI Y, HINO M, KAKIUCHI T, OHSHITA J, OKADA K, IBUKI T, SUZUKI I H, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 2005年09月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/j.cplett.2005.07.044
  • Photofragmentation of C, F and S K-Shell Excited CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB> Studied by PEPICO and PIPICO Spectroscopy, IBUKI T, SHIMADA Y, HASHIMOTO R, NAGAOKA S, HINO M, OKADA K, SUZUKI I H, MORISHITA Y, TAMENORI Y, Elsevier, Chem. Phys., 2005年07月, [査読有り], 0301-0104, 10.1016/j.chemphys.2005.02.008
  • Vibrational Effect on the Fragmentation Dynamics of the C K-Shell Excited CF<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>, OKADA K, YAMANA Y, IBUKI T, FUJII A, NAGAOKA S, TABAYASHI K, SHIMADA Y, MORISHITA Y, TAMENORI Y, SUZUKI I H, OHNO K, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 2005年06月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/j.elspec.2005.01.259
  • Structure-Activity Relationship of the Tocopherol-Regeneration Reaction by Catechins, MUKAI K, MITANI S, OHARA K, NAGAOKA S, Elsevier, Free Radical Biol. Med., 2005年05月, [査読有り], 0891-5849, 10.1016/j.freeradbiomed.2005.01.011
  • Kinetic Study of the Mechanism of Free-Radical Scavenging Action in Curcumin: Effects of Solvent and pH, OHARA K, MIZUKAMI W, TOKUNAGA A, NAGAOKA, S, UNO H, MUKAI K, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2005年04月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.78.615
  • Variation in Resonant Auger Yields into the <SUP>1</SUP>G<SUB>4</SUB> nl States of Kr across the L<SUB>3</SUB> Threshold, OKADA K, KOSUGI M, FUJII A, NAGAOKA S, IBUKI T, SAMORI S, TAMENORI Y, OHASHI H, SUZUKI I H, Institute of Physics, J. Phys. B, 2005年02月, [査読有り], 0953-4075, 10.1088/0953-4075/38/4/009
  • Photostimulated Ion Desorption from the TiO<SUB>2</SUB>(110) and ZnO(1010) Surfaces, TANAKA S, MASE K, NAGAOKA S, Elsevier, Surf. Sci., 2004年11月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/j.susc.2004.08.020
  • Total Photoabsorption Cross-Sections of CF<sub>3</sub>SF<sub>5</sub> in the C, F and S K-Shell Regions, IBUKI T, SHIMADA Y, NAGAOKA S, FUJII A, HINO M, KAKIUCHI T, OKADA K, TABAYASHI K, MATSUDO T, YAMANA Y, SUZUKI I H, TAMENORI Y, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 2004年07月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/j.cplett.2004.04.118
  • Asymmetric Peaks of Photoelectrons and Auger Electrons Formed through Post-Collision Interaction following Kr 2p<sub>3/2</sub> Hole Creation, SUZUKI I H, FUJII A, NAGAOKA S, KOSUGI M, OKADA K, IBUKI T, SAMORI S, TAMENORI Y, OHASHI H, Institute of Physics, J. Phys. B, 2004年04月, [査読有り], 0953-4075, 10.1088/0953-4075/37/7/005
  • Branching Ratios of Multiply Charged Ions Formed through Photoionization of Kr 3d, 3p, and 3s Sub-Shells Using a Coincidence Technique, TAMENORI Y, OKADA K, TANIMOTO S, IBUKI T, NAGAOKA S, FUJII A, HAGA Y, SUZUKI I H, Institute of Physics, J. Phys. B, 2004年01月, [査読有り], 0953-4075, 10.1088/0953-4075/37/1/007
  • Time-Resolved Electron Paramagnetic Resonance Investigation of Photoinitiated Antioxidant Reaction of Vitamin C (Ascorbic Acid) with Xanthone in Aqueous Sodium Lauryl Sulfate, Hexadecyltrimethylammonium Chloride, and Triton X-100 Micelle Solutions, OHARA K, WATANABE R, MIZUTA Y, NAGAOKA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2003年09月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp0353486
  • 高感度同軸対称鏡型電子エネルギー分析器の製作と評価、コインシデンス分光への応用, 漁剛志, 吉田啓晃, 下条竜夫, 小林英一, 間瀬一彦,* 長岡伸一, 田中健一郎, 日本真空協会, 真空, 2003年05月, [査読有り], 0559-8516|1880-9413, 10.3131/jvsj.46.377
  • Adsorbed States of 1,1,1-Trifluoro-2-propanol on Si(100), NAGAO M, NAGAOKA S, TANAKA S, MUKAI K, YAMASHITA Y, YOSHINOBU J, Elsevier, Surf. Sci., 2003年04月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/S0039-6028(03)00360-1
  • Nodal-Plane Model for Excited-State Intramolecular Proton Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde: Substituent Effect, NAGAOKA S, NAKAMUR A, NAGASHIMA U, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 2002年12月, [査読有り], [招待有り], 1010-6030, 10.1016/S1010-6030(02)00305-2
  • Ion Desorption Induced by Core-Level Excitation of H<SUB>2</SUB>O/Si(100): Evidence of Desorption due to the Multielectron Excitation/Decay, TANAKA S, MASE K, NAGAOKA S, NAGASONO M, KAMADA M, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2002年09月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.1496482
  • Site-Specific Fragmentation Caused by Core-Level Photoionization: Effect of Chemisorption, NAGAOKA S, MASE K, NAKAMURA A, NAGAO M, YOSHINOBU J, TANAKA S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 2002年08月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.1494421
  • A Study on Multi-Charged Xe Ions Formed through 3d Hole States Using a Coincidence Technique, TAMENORI Y, OHASHI H, OKADA K, TANIMOTO S, NAGAOKA S, FUJII A, IBUKI T, SHIMIZU Y, SUZUKI I H, Institute of Physics, J. Phys. B, 2002年06月, [査読有り], 0953-4075, 10.1088/0953-4075/35/12/314
  • Si:2p Site-Specific Excitation and Fragmentation of Bridged Trihalosilyl-Trimethylsilyl Molecules: Role of the Bridge and Final-State Effect, NAGAOKA S, FUJIBUCHI T, OHSHITA J, NAGASHIMA U, KOYANO I, Elsevier, Chem. Phys., 2002年02月, [査読有り], 0301-0104, 10.1016/S0301-0104(01)00656-5
  • Auger Electron Spectra of Kr2p Holes Using Monochromatic Soft X-Rays, SUZUKI I H, OKADA K, KAMIMORI K, SASAKI J, YOSHIDA H, HIRAYA A, SHIMIZU Y, NAGAOKA S, TAMENORI Y, OHASHI H, IBUKI T, World Scientific, Surf. Rev. Lett., 2002年02月, [査読有り], 0218-625X, 10.1142/S0218625X02001963
  • Resonant Auger Spectra of Kr near the L<SUB>3</SUB> Threshold, IBUKI T, OKADA K, KAMIMORI K, SASAKI J, YOSHIDA Y, HIRAYA A, SUZUKI I H, SAITO N, NAGAOKA S, SHIMIZU Y, OHASHI H, TAMENORI Y, World Scientific, Surf. Rev. Lett., 2002年02月, [査読有り], 0218-625X, 10.1142/S0218625X02001987
  • Monochromator for a Soft X-Ray Photochemistry Beamline BL27SU of SPring8, OHASHI H, ISHIGURO E, TAMENORI Y, OKUMURA H, HIRAYA A, YOSHIDA H, SENBA Y, OKADA K, SAITO N, SUZUKI I H, UEDA K, IBUKI T, NAGAOKA S, KOYANO I, ISHIKAWA T, Elsevier, Nucl. Instrum. Methods A, 2001年07月, [査読有り], 0168-9002, 10.1016/S0168-9002(01)00405-3
  • Angle-Resolved Electron and Ion Spectroscopy Apparatus on the Soft X-Ray Photochemistry Beamline BL27SU at SPring-8, UEDA K, YOSHIDA H, SENBA Y, OKADA K, SHIMIZU Y, CHIBA H, OHASHI H, TAMENORI Y, OKUMURA H, SAITO N, NAGAOKA S, HIRAYA A, ISHIGURO E, IBUKI T, SUZUKI I H, KOYANO I, Elsevier, Nucl. Instrum. Methods A, 2001年07月, [査読有り], 0168-9002, 10.1016/S0168-9002(01)00736-7
  • Time-Resolved EPR Investigation of the Photo-initiated Intramolecular Antioxidant Reaction of Vitamin K-Vitamin E Linked Molecule, NISHIOKU Y, OHARA K, MUKAI K, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2001年05月, [査読有り], 1089-5647, 10.1021/jp004375i
  • Site-Specific Fragmentation following C:1s Core-Level Photoionization of 1,1,1-Trifluoroethane Condensed on a Au Surface and of a 2,2,2-Trifluoroethanol Monolayer Chemisorbed on a Si (100) Surface, NAGAOKA S, TANAKA S, MASE K, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2001年03月, [査読有り], 1089-5647, 10.1021/jp002994l
  • Molecular Deformation in the O 1s<sup>-1</sup>2π<sub>u</sub> States of CO<sub>2</sub> Probed by the Triple-Differential Measurement of Fragment Ions, SAITO N, UEDA K, SIMON M, OKADA K, SHIMIZU Y, CHIBA H, SENBA Y, OKUMURA H, OHASHI H, TAMENORI Y, NAGAOKA S, HIRAYA A, YOSHIDA H, ISHIGURO E, IBUKI T, SUZUKI I H, KOYANO I, American Physical Society, Phys. Rev. A, 2000年10月, [査読有り], 2469-9926, 10.1103/PhysRevA.62.042503
  • Resonant Auger Spectrum Following Kr:2p→5s Photoexcitation, NAGAOKA S, IBUKI T, SAITO N, SHIMIZU Y, SENBA Y, KAMIMORI K, TAMENORI Y, OHASHI H, SUZUKI I H, Institute of Physics Publishing, J. Phys. B, 2000年09月, [査読有り], 0953-4075, 10.1088/0953-4075/33/17/102
  • High-Resolution Angle-Resolved Ion-Yield Measurements of H<sub>2</sub>O and D<sub>2</sub>O in the Region of O 1s to Rydberg Transitions, OKADA K, UEDA K, OKUMURA H, TAMENORI Y, SAITO N, NAGAOKA S, ISHIGURO E, IBUKI T, HIRAYA A, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 2000年08月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/S0009-2614(00)00802-2
  • Electron-Ion Coincidence Study for the TiO<sub>2</sub>(001) Surface, TANAKA S, MASE K, NAGASONO M, NAGAOKA S, KAMADA M, Elsevier, Surf. Sci., 2000年04月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/S0039-6028(00)00025-X
  • Ion Desorption Induced by Core-Electron Transitions Studied with Electron-Ion Coincidence Spectroscopy, MASE K, TANAKA S, NAGAOKA S, URISU T, Elsevier, Surf. Sci., 2000年04月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/S0039-6028(00)00020-0
  • Thermal and Photochemical Isomerization of Tetraaryl Tetrakis(trifluoromethyl)[4]radialenes, UNO H, KASAHARA K, NIBU N, NAGAOKA S, ONO N, American Chemical Society, J. Org. Chem., 2000年03月, [査読有り], 0022-3263, 10.1021/jo990699v
  • Tunneling Effect in Antioxidant, Prooxidant, and Regeneration Reactions of Vitamin E, NAGAOKA S, INOUE M, NISHIOKA C, NISHIOKU Y, TSUNODA S, OHGUCHI C, OHARA K, MUKAI K, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 2000年01月, [査読有り], 1089-5647, 10.1021/jp9932113
  • A CIDEP Study on the Photosensitized Reaction of Maleimide with Xanthone: Addition Effect of Hydrochloric Acid, OHARA K, NAGAOKA S, MUKAI K, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2000年01月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.73.37
  • Electron-Ion Coincidence Spectroscopy as a New Tool for Surface Analysis-an Application to the Ice Surface, TANAKA S, MASE K, NAGASONO M, NAGAOKA S, KAMADA M, IKENAGA E, SEKITANI T, TANAKA K, Japan Society of Applied Physics, Jpn. J. Appl. Phys., 2000年, [査読有り], [招待有り], 0021-4922|1347-4065, 10.1143/JJAP.39.4489
  • Site-Specific Phenomena in Si:2p Core-Level Photoionization of X<sub>3</sub>Si(CH<sub>2</sub>)<sub>n</sub>Si(CH<sub>3</sub>)<sub>3</sub> (X=F or Cl, n=0-2) Condensed on a Si(111) Surface, NAGAOKA S, MASE K, NAGASONO M, TANAKA S, URISU T, OHSHITA J, NAGASHIMA U, Elsevier, Chem. Phys., 1999年10月, [査読有り], 0301-0104, 10.1016/S0301-0104(99)00264-5
  • スピンラベル法を用いたポリ塩化ビニル樹脂中におけるステアリン酸添加剤の動的挙動, 澤田 公平,* 小野寺 祥, 榎本 裕之, 長岡 伸一, 向井 和男, 高分子学会, 高分子論文集, 1999年05月, [査読有り], 0386-2186|1881-5685, 10.1295/koron.56.298
  • Nodal-Plane Model of the Excited-State Intramolecular Proton Transfer of 2-(o-Hydroxyaryl)benzazoles, NAGAOKA S, KUSUNOKI J, FUJIBUCHI T, HATAKENAKA S, MUKAI K, NAGASHIMA U, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 1999年03月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/S1010-6030(99)00025-8
  • スピンプローブ法を用いたポリ塩化ビニル内部における低分子添加剤の動的挙動, 澤田 公平,* 小野寺 祥, 榎本 裕之, 長岡 伸一, 向井 和男, 日本化学会, 日本化学会誌, 1999年03月, [査読有り], 0369-4577|2185-0925, 10.1246/nikkashi.1999.169
  • ラッピングテープによるチタン合金研磨用加工液の開発(第2報)-研磨特性に及ぼす硫黄の影響-, 友田 英幸,* 北嶋 弘一, 仲井 正徳, 山本 修太郎, 長岡 伸一, 精密工学会, 精密工学会誌, 1999年, [査読有り], 0912-0289|1882-675X, 10.2493/jjspe.65.851
  • Ab Initio Study on Magnetic Properties of 1,1', 5,5'-Tetramethyl-6,6'-dithioxo-3,3'-biverdazyl Homo-Biradical and 3-(2', 6'-di-t-butyl-4'-phenoxyl)-1,5-dimethyl-6-thioxoverdazyl Hetero-Biradical, NAGAOKA S, MUKAI K, NAGASHIMA U, Elsevier, J. Mol. Struct.(THEOCHEM), 1998年12月, [査読有り], [招待有り], 0166-1280, 10.1016/S0166-1280(98)00118-3
  • Tunneling Effect in the Regeneration Reaction of Vitamin E by Ubiquinol, NAGAOKA S, NISHIOKU Y, MUKAI K, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1998年04月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/S0009-2614(98)00160-2
  • Magnetic Properties of 3-(4-R-Phenyl)-1,5-diphenyl-6-oxo-and-thioxollerdazyl Radical Crystals (R=OCH<sub>3</sub>, CH<sub>3</sub>, CN, and NO<sub>2</sub>), MUKAI K, NUWA M, SUZUKI K, NAGAOKA S, ACHIWA N, JAMALI J B, American Chemical Society, J. Phys. Chem. B, 1998年01月, [査読有り], 1089-5647, 10.1021/jp973241a
  • Fragmentation of F<sub>3</sub>SiCH<sub>2</sub>CH<sub>2</sub>Si(CH<sub>3</sub>)<sub>3</sub> Vapour Following Si:2p Core-Level Photoexcitation. A Search for a Site-Specific Process in Complex Molecules, NAGAOKA S, FUJIBUCHI T, OHSHITA J, ISHIKAWA M, KOYANO I, Elsevier, Int. J. Mass Spectrom. Ion Processes, 1997年12月, [査読有り], 0168-1176, 10.1016/S0168-1176(97)00144-4
  • Site-Specific Fragmentation Following Si:2p Core-Level Photoionization of F<sub>3</sub>SiCH<sub>2</sub>CH<sub>2</sub>Si(CH<sub>3</sub>)<sub>3</sub> Condensed on a Au Surface, NAGAOKA S, MASE K, NAGASONO M, TANAKA S, URISU T, OHSHITA J, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 1997年12月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.474190
  • Intramolecular Proton Transfer in the Triplet State of 1-(Acylamino)anthraquinones, NAGAOKA S, YAMAMOTO S, MUKAI K, Elsevier, J. Photochem. Photobiol. A, 1997年05月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/S1010-6030(96)04576-5
  • Kinetic Study of Free-Radical-Scavenging Action of Flavonoids in Homogeneous and Aqueous Triton X-100 Micellar Solutions, MUKAI K, OKA W, WATANABE K, EGAWA Y, NAGAOKA S, TERAO J, American Chemical Society, J. Phys. Chem. A, 1997年05月, [査読有り], 1089-5639, 10.1021/jp9706745
  • Electronic-State Dependence of Intramolecular Proton Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde. 2. Substituent Effect, NAGAOKA S, SHINDE Y, MUKAI K, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1997年04月, [査読有り], 1089-5639, 10.1021/jp962948e
  • Study of Ion Desorption Induced by Core-Level Excitations of Condensed Si(CH<sub>3</sub>)<sub>4</sub> by Using Photoelectron-Photoion Coincidence Spectroscopy (PEPICO) Combined with Synchrotron Radiation, MASE K, NAGASONO M, TANAKA S, URISU T, NAGAOKA S, Elsevier, Surf. Sci., 1997年04月, [査読有り], 0039-6028, 10.1016/S0039-6028(96)01421-5
  • Investigation of Photoinduced Electron Transfer of the Model Vitamin E-Duroquinone System by Means of Femtosecond Spectroscopy, NAGAOKA S, ISHIHARA K, American Chemical Society, J. Am. Chem. Soc., 1996年07月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/ja952958d
  • Effects of Node of Wave Function upon Excited-State Intramolecular Proton Transfer of Hydroxyanthraquinones and Aminoanthraquinones, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, Elsevier, Chem. Phys., 1996年06月, [査読有り], 0301-0104, 10.1016/0301-0104(96)00026-2
  • Si:2p Core-Level Photoexcitation and Photoionization of Organosilicon Molecules, NAGAOKA S, FUJIBUCHI T, NAGASHIMA U, KATO S, TAKANO K, KOYANO I, Elsevier, J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom., 1996年05月, [査読有り], 0368-2048, 10.1016/0368-2048(96)02904-0
  • Kinetic Study of Quenching Reaction of Singlet Oxygen and Scavenging Reaction of Free Radical by Squalene in n-Butanol, KOHNO Y, EGAWA Y, ITOH S, NAGAOKA S, TAKAHASHI M, MUKAI K, Elsevier, Biochim. Biophys. Acta, 1995年04月, [査読有り], 0005-2728, 10.1016/0005-2728(95)00115-0
  • Site-Specific Fragmentation Following Si:2p Core-Level Photoexcitation of F<sub>3</sub>SiCH<sub>2</sub>Si(CH<sub>3</sub>)<sub>3</sub> in the Vapor Phase, NAGAOKA S, OHSHITA J, ISHIKAWA M, TAKANO K, NAGASHIMA U, TAKEUCHI T, KOYANO I, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 1995年04月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.469342
  • Kinetic Study of Quenching Reactions of Singlet Oxygen and Scavenging Reactions of Free Radicals by α-, β-, γ- and δ- Tocopheramines in Ethanol Solution and Micellar Dispersion, ITOH S, NAGAOKA S, MUKAI K, IKESU S, KANEKO Y, American Oil Chemists' Society, Lipids, 1994年11月, [査読有り], 0024-4201, 10.1007/BF02536703
  • X-Ray Crystallographic Studies of Vitamin E Derivatives. Relationship between Antioxidant Activity and Molecular Structure, MUKAI, K, OHBAYASHI, S, NAGAOKA S, OZAWA T, AZUMA N, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1993年12月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.66.3808
  • Investigation of Triplet States of 2-(2'-Hydroxyphenyl)benzothiazole and 2-(2'-Hydroxyphenyl)benzoxazole by Transient Absorption Spectroscopy and Ab Initio Calculations, NAGAOKA S, ITOH A, MUKAI K, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1993年11月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100146a008
  • The Effect of Molecular Structure on the Relaxation Processes of Carotenoids Containing a Carbonyl Group, MIMURO M, NISHIMURA Y, TAKAICHI S, YAMANO Y, ITO M, NAGAOKA S, YAMAZAKI I, KATOH T, NAGASHIMA U, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1993年10月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(93)89163-C
  • Kinetic Study of Reactions Between Tocopheroxyl Radicals and Fatty Acids, MUKAI K, MORIMOTO H, OKAUCHI Y, NAGAOKA S, American Oil Chemists' Society, Lipids, 1993年08月, [査読有り], 0024-4201, 10.1007/BF02535999
  • Kinetic Study of Free-Radieal-Scavenging Action of Biological Hydroquinones (Reduced Forms of Ubiquinone, Vitamin K and Tocopherol Quinone)in Solution, MUKAI, K, MORIMOTO H, KIKUCHI S, NAGAOKA S, Elsevier, Biochim. Biophys. Acta, 1993年06月, [査読有り], 0304-4165
  • Direct Measurement of the Low-Lying Singlet Excited (2<sup>1</sup>A<sub>g</sub>) State of a Linear Carotenoid, Neurosporene, in Solution, MIMURO M, NAGASHIMA U, NAGAOKA S, TAKAICHI S, YAMAZAKI I, NISHIMURA Y, KATOH T, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1993年03月, [査読有り], 0009-2614
  • Ionic Fragmentation Processes following Si:2p Core Level Photoexcitation and Photoionization of 1,1,1-Trimethyltrichlorodisilane, NAGAOKA S, OHSHITA J, MASUOKA T, KOYANO I, ISHIKAWA M, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1993年02月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100110a005
  • Lowest Triplet State of 4-Cyanopyridine Studied by Time-Resolved EPR, Phosphorescence, and Ab Initio Calculation, AKIYAMA S, YAMAUCHI S, HIROTA N, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1993年01月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100103a010
  • Anomalous Magnetic Property of Crystalline m-Phenylenebis-(galvinoxyl) Biradical. An Evidence for the Strong Ferromagnetic Intermolecular Interaction in Biradical Crystal, MUKAI K, TAMAKI T, KAWASAKI S, NAGAOKA S, Gordon and Breach Science, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 1993年, [査読有り], 1542-1406, 10.1080/10587259308054942
  • Mechanism of Antioxidant Reaction of Vitamin E. 2. Photoelectron Spectroscopy and Ab Initio Calculation, NAGAOKA S, MUKAI K, ITOH T, KATSUMATA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1992年10月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100199a068
  • ENDOR Study of the Cation Radicals of Vitamin E Derivatives. Relation between Antioxidant Activity and Molecular Structure, MUKAI K, UEMOTO Y, FUKUHARA M, NAGAOKA S, ISHIZU K, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1992年08月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.65.2016
  • Mechanism of Prooxidant Reaction of Vitamin E. Kinetic, Spectroscopic, and Ab Initio Study of Proton-Transfer Reaction, NAGAOKA S, SAWADA K, FUKUMOTO Y, NAGASHIMA U, KATSUMATA S, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1992年08月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100195a027
  • Investigation of the Lowest Excited Triplet States of 2-(2'- Hydroxyphenyl)benzothiazole and 2-(2'-Hydroxyphenyl)benzoxazole by Time-Resolved Electron Paramagnetic Resonance and Molecular Orbital Calculations, NAGAOKA S, ITOH A, MUKAI K, HOSHIMOTO E, HIROTA N, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1992年05月, [査読有り], 0009-2614
  • Quantitative Analysis of the Solvent Effect on the Relaxation Processes of Carotenoids Showing Dual Emissive Characteristics, MIMURO M, NAGASHIMA U, NAGAOKA S, NISHIMURA Y, TAKAICHI S, KATOH T, YAMAZAKI I, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1992年04月, [査読有り], 0009-2614
  • Mechanism of Antioxidant Reaction of Vitamin E. Charge Transfer and Tunneling Effect in Proton-Transfer Reaction, NAGAOKA S, KURANAKA A, TSUBOI H, NAGASHIMA U, MUKAI K, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1992年03月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100185a065
  • Investigation of Proton-Transferred Enol Tautomers in the Lowest Excited Triplet States of Methyl Salicylate and Related Molecules, HOSHIMOTO E, YAMAUCHI S, HIROTA N, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1991年12月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100178a003
  • ビタミンEの抗酸化反応の機構, 倉中綾、澤田公平、長嶋雲兵、長岡伸一*、向井和男, 日本ビタミン学会, ビタミン, 1991年09月, [査読有り], 10.20632/vso.65.9_453
  • Dissociative Photoionization of Al<SUB>2</SUB>(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>6</SUB> and Al<SUB>2</SUB>(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>Cl<SUB>3</SUB> in the Range 40-100 eV, NAGAOKA S, KOYANO I, IMAMURA T, MASUOKA T, John Wiley & Sons, Appl. Organomet. Chem., 1991年07月, [査読有り], [招待有り], 0268-2605, 10.1002/aoc.590050410
  • Effects of Node of Wave Function upon Photochemical Reactions of Organic Molecules. 2, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1991年05月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100163a023
  • Investigation of Dynamic Processes in Low-Lying Ionic States of o-Hydroxybenzaldehyde, NAGASHIMA U, NAGAOKA S, KATSUMATA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1991年05月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100162a020
  • Kinetic and ab Initio Study of the Prooxidant Effect of Vitamin E. Hydrogen Abstraction from Fatty Acid Esters and Egg Yolk Lecithin, NAGAOKA S, OKAUCHI Y, URANO S, NAGASHIMA U, MUKAI K, American Chemical Society, J. Am. Chem. Soc., 1990年11月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/ja00180a042
  • Ionic Fragmentation Following the 3p and 3s Core Excitation of Ga(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> by Soft X-Rays, UEDA K, SATO Y, NAGAOKA S, KOYANO I, YAGISHITA A, HAYAISHI T, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1990年07月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/S0009-2614(90)87039-T
  • Ab Initio Study on the Low-Lying Triplet States of Pyridine, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1990年05月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100374a022
  • Dissociative Double Ionization Following Valence and Al:2p Core Level Photoexcitation of Al(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>, NAGAOKA S, KOYANO I, MASUOKA T, Institute of Physics, Phys. Scr., 1990年04月, [査読有り], 0031-8949, 10.1088/0031-8949/41/4/020
  • Photoionization of (O<SUB>2</SUB>)<SUB>2</SUB>, (O<SUB>2</SUB>)<SUB>3</SUB>, and Ar・O<SUB>2</SUB> in the 50-100 nm Region: State Selective Ionization of O<SUB>2</SUB> in a Framework of van der Waals Molecules, UKAI M, KAMETA K, SHINSAKA K, HATANO Y, HIRAYAMA T, NAGAOKA S, KIMURA K, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1990年03月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(90)87178-T
  • Ionic Fragmentation Processes in Organometallic Molecules of Group II-V Elements following (n-1)d Core Photoionization, NAGAOKA S, SUZUKI S, NAGASHIMA U, IMAMURA T, KOYANO I, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1990年03月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100369a017
  • Ionic Fragmentation Following the Photoionization of Sn(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> in the 60-260 eV Region, UEDA K, SHIGEMASA E, SATO Y, NAGAOKA S, KOYANO I, YAGISHITA A, HAYAISHI T, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1990年03月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(90)85049-I
  • Effects of Nodal Plane of Wave Function upon Photochemical Reactions of Organic Molecules, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1990年02月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100367a042
  • Ionic Fragmentation Following Core-Level Photoionization of Sn(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> by Soft X-Rays, UEDA K, SHIGEMASA E, SATO Y, NAGAOKA S, KOYANO I, YAGISHITA A, HAYAISHI T, Institute of Physics, Phys. Scr., 1990年01月, [査読有り], 0031-8949, 10.1088/0031-8949/41/1/020
  • Intramolecular Proton Transfer in Various Electronic States of o-Hydroxybenzaldehyde, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, Elsevier, Chem. Phys., 1989年09月, [査読有り], [招待有り], 0301-0104, 10.1016/0301-0104(89)80043-6
  • Investigation of Fragmentation Processes Following 3d Core Photoexcitation of Trimethylgallium in the Vapor Phase, NAGAOKA S, SUZUKI S, NAGASHIMA U, IMAMURA T, KOYANO I, American Institute of Physics, Rev. Sci. Instrum., 1989年07月, [査読有り], 0034-6748, 10.1063/1.1140821
  • Synchrotron Radiation Study on Small Binary Molecular Clusters. Ar-Water and CO<SUB>2</SUB>-Water Systems, SHIROMARU H, SUZUKI H, SATO H, NAGAOKA S, KIMURA K, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1989年03月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100342a028
  • Site-Specific Fragmentation Following Inner-Core Level Excitation of Pb(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> in the Vapor Phase, NAGAOKA S, KOYANO I, UEDA K, SHIGEMASA E, SATO Y, YAGISHITA A, NAGATA T, HAYAISHI T, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1989年01月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(89)85370-9
  • Ionic Fragmentation Following the 3d Core Excitation of Sn(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> by Soft X-Rays, UEDA K, SHIGEMASA E, SATO Y, NAGAOKA S, KOYANO I, YAGISHITA A, NAGATA T, HAYAISHI T, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1989年01月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(89)85369-2
  • Investigation of Fragmentation Processes Following Core Photoionization of Organometallic Molecules in the Vapor Phase, NAGAOKA S, SUZUKI S, KOYANO I, Elsevier, Nucl. Instrum. Methods A, 1988年04月, [査読有り], 0168-9002, 10.1016/0168-9002(88)90468-8
  • Electronic-State Dependence of Intramolecular Proton Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, OHTA N, FUJITA M, TAKEMURA T, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1988年01月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100312a036
  • Simple Relation between Arrhenius Activation Parameters for Non-Radiative Processes from Proton-Transferred Forms of Intramolecularly Hydrogen-Bonded Molecules, NAGAOKA S, Elsevier, J. Photochem., 1987年09月, [査読有り], 0047-2670, 10.1016/0047-2670(87)87054-5
  • Production of Pb<sup>+</sup> Ions following 5d Core Photoionization of Tetramethyl Lead as Revealed by a Coincidence Experiment, NAGAOKA S, SUZUKI S, KOYANO I, American Physical Society, Phys. Rev. Lett., 1987年04月, [査読有り], 0031-9007, 10.1103/PhysRevLett.58.1524
  • Electronic Structures and Energy Relaxation in Low-Lying Triplet States of Chlorobenzene in Rigid Matrices, TAKEMURA T, FUJITA M, NAGAOKA S, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1986年09月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(86)80421-3
  • The TEPSICO-II Apparatus at UVSOR and Threshold Electron Spectra of Some Molecules over the Wavelength Range 35-120 nm, SUZUKI S, NAGAOKA S, KOYANO I, TANAKA K, KATO T, Springer-Verlag, Z. Phys. D, 1986年03月, [査読有り], [招待有り], 0178-7683, 10.1007/BF01432503
  • Ab Initio Study on the Low-Lying Triplet States of Chlorobenzene, NAGAOKA S, TAKEMURA T, BABA H, KOGA N, MOROKUMA K, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1986年02月, [査読有り], 0022-3654, 10.1021/j100277a012
  • A Study of the Zero Field Splittings of the Lowest Excited Triplet States of Substituted Benzenes and Related Molecules by Optical Detection of Magnetic Resonance, Electron Paramagnetic Resonance, and Molecular Orbital Calculations, NAGAOKA S, HARRIGAN E T, NODA M, HIROTA N, HIGUCHI J, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1986年02月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.59.355
  • Fluorescence from an Upper Excited State of o-Hydroxybenzaldehyde in the Vapor Phase, NAGAOKA S, FUJITA M, TAKEMURA T, BABA H, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1986年01月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(86)80048-3
  • Nucleophilic Photoreaction of Chlorobenzene in Methanol as Studied by Emission Spectroscopy, NAGAOKA S, TAKEMURA T, BABA H, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1985年07月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.58.2082
  • Investigation of the Dynamic Processes of the Excited States of o-Hydroxybenzaldehyde and Its Derivatives. 2. Effects of Structural Change and Solvent, NAGAOKA S, HIROTA N, SUMITANI M, YOSHIHARA K, LIPCZYNSKA‐KOCHANY E, IWAMURA H, American Chemical Society, J. Am. Chem. Soc., 1984年11月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/ja00335a007
  • Electron Paramagnetic Resonance and Optical Detection of Magnetic Resonance Studies of the Lowest Excited Triplet States of Purine, Benzimidazole, and Indazole in Benzoic Acid Host Crystals, NODA M, NAGAOKA S, HIROTA N, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1984年09月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.57.2376
  • Proton Transfer in Solid Benzoic Acid. Reply to the Comment by K. Furic, NAGAOKA S, TERAO T, IMASHIRO F, HIROTA N, HAYASHI S, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1984年07月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(84)85194-5
  • Phosphorescence Studies of <sup>3</sup>ππ<sup>*</sup> Benzaldehyde, Acetophenone, and 1-Indanone in Benzoic Acid Host, NAGAOKA S, HIROTA N, 日本化学会, Bull. Chem. Soc. Jpn., 1983年11月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.56.3381
  • An NMR Relaxation Study on the Proton Transfer in the Hydrogen Bonded Carboxylic Acid Dimers, NAGAOKA S, TERAO T, IMASHIRO F, SAIKA A, HIROTA N, HAYASHI S, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 1983年11月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.445610
  • Investigation of the Dynamic Processes of the Excited States of o-Hydroxybenzaldehyde and o-Hydroxyacetophenone by Emission and Picosecond Spectroscopy, NAGAOKA S, HIROTA N, SUMITANI M, YOSHIHARA K, American Chemical Society, J. Am. Chem. Soc., 1983年06月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/ja00351a016
  • An Ab Initio Calculation on Proton Transfer in the Benzoic Acid Dimer, NAGAOKA S, HIROTA N, MATSUSHITA T, NISHIMOTO K, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1982年11月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(82)87048-6
  • A Study on the Proton Transfer in the Benzoic Acid Dimer by <sup>13</sup>C High-Resolution Solid-State NMR and Proton T<sub>1</sub> Measurements, NAGAOKA S, TERAO T, IMASHIRO F, SAIKA A, HIROTA N, HAYASHI S, Elsevier, Chem. Phys. Lett., 1981年06月, [査読有り], 0009-2614, 10.1016/0009-2614(81)85082-8
  • A Single Crystal EPR Study of the <sup>3</sup>ππ<sup>*</sup> Benzaldehyde in Benzoic Acid Host, NAGAOKA S, HIROTA N, American Institute of Physics, J. Chem. Phys., 1981年02月, [査読有り], 0021-9606, 10.1063/1.441304
  • ODMR and EPR Studies of the Triplet States of Aliphatic and Aromatic Carbonyls, HIROTA N, BABA M, HIRATA Y, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Phys. Chem., 1979年12月, [査読有り], [招待有り], 0022-3654, 10.1021/j100489a008

書籍等出版物

  • ビタミンE研究の進歩XVII, 長岡伸一、高橋京香、中村明日香、小原敬士、向井和男, 分担執筆, ビタミンEの一重項酸素消去速度に及ぼす金属塩の効果, ビタミンE研究会, 2016年12月, 53-56
  • 愛媛大学「研究室からこんにちは!」7, 長岡伸一, 分担執筆, 科学者の夢である分子用ナイフの研究や寿命を左右する活性酸素の消去法を探る, アトラス出版, 2013年07月, 316-332, 978-4-906885-09-1
  • ビタミンE研究の進歩XV, 福澤健治*、柴田瑩、大内綾、長岡伸一、向井和男, 分担執筆, 卵黄レシチンリポソーム膜におけるビタミンEのラジカル消去反応速度, ビタミンE研究会, 2012年12月, 152-153
  • ビタミンE研究の進歩ⅩⅣ(1), 大内綾*、長岡伸一、向井和男*, 分担執筆, ユビキノールによるビタミンEラジカル再生反応におけるトンネル効果, ビタミンE研究会, 2010年12月, 1-6
  • ビタミンE研究の進歩ⅩⅣ(2), 大内綾*、長岡伸一、阿部皓一、向井和男*, 分担執筆, ビタミンEのラジカル消去反応に及ぼすアルカリ及びアルカリ土類金属塩の効果, ビタミンE研究会, 2010年12月, 51-56
  • ビタミンE研究の進歩ⅩⅣ(3), 大内綾*、石倉正治、小西健介、長岡伸一、向井和男*, 分担執筆, α-Tocopherolの酸化促進効果の速度論的研究:α-Tocopheroxylラジカルによる脂質の水素引き抜き反応速度の測定, ビタミンE研究会, 2010年12月, 107-112
  • X線・放射光の分光, 長岡伸一, 分担執筆, 6章、原子・分子のX線分光, 講談社サイエンティフィク, 2009年04月, 109-137, 978-4-06-157102-0
  • ビタミンE研究の進歩XIII, 向井和男*、徳永愛子、伊藤慎吾、大内綾、兼崎友、小原敬士、長岡伸一、阿部皓一, 分担執筆, ビタミンE同族体のミセル中におけるラジカル消去反応速度と生物活性の相関, ビタミンE研究会, 2009年03月, 35-41
  • Atom Tunneling Phenomena in Physics, Chemistry and Biology, S. Nagaoka, 分担執筆, Atom Tunneling Reaction of Vitamin E in Antioxidant, Prooxidant and Regeneration Reactions, Springer, 2004年, 285-303, 3-540-01526-4
  • ビタミンE研究の進歩Ⅹ(1), 小原敬士*、西奥義憲、長岡伸一、向井和男, 分担執筆, 時間分解ESR法によるビタミンKビタミンE連結分子の光誘起分子内抗酸化反応の研究, ビタミンE研究会, 2002年01月, 72-77
  • ビタミンE研究の進歩X(2), 三谷修二、小原敬士、長岡伸一、向井和男*, 分担執筆, 茶カテキンとその関連化合物によるビタミンE再生反応の速度論的研究, ビタミンE研究会, 2002年01月
  • ビタミンE研究の進歩Ⅸ(2), 西奥義憲、長岡伸一*、向井和男, 分担執筆, ビタミンCによるビタミンE再生反応におけるトンネル効果の研究, ビタミンE研究会, 2000年01月
  • ビタミンE研究の進歩Ⅸ(1), 小原敬士*、恵谷優子、長岡伸一、向井和男, 分担執筆, 時間分解ESR法によるビタミンE類の一重項酸素消光速度の測定, ビタミンE研究会, 2000年01月, 1-6
  • Phytochemical and Phytopharmacenticals, MUKAI, K, KANESAKI Y, EGAWA Y, NAGAOKA S, 分担執筆, Chapter 20, Free Radical-Scavenging Action of Catechin and Related Compounds in Homogeneous and Micellar Solutions, AOCS Press, 2000年, 222-238
  • Food Factors for Cancer Prevention, MUKAI K, OKA W, WATANABE K, EGAWA Y, NAGAOKA S, TERAO J, 分担執筆, Kinetic Study of Free Radical-Scavenging Action of Flavonoids in Homogeneous and Aqueous Triton X-100 Micellar Solutions, Springer-Verlag, 1997年07月, 627-631, 978-4431701965
  • ビタミンE研究の進歩Ⅶ, 向井和男*、尾方まゆみ、松本英之、江川義史、長岡伸一, 分担執筆, コーヒー酸誘導体のフリーラジカル消去活性とそのメカニズム, 共立出版, 1997年02月, 20-25
  • Proceedings of the International Symposium on Natural Antioxidants: Molecular Mechanisms and Health Effects, MUKAI K, OKA W, EGAWA Y, NAGAOKA S, TERAO J, 分担執筆, Chapter 56, A Kinetic Study of the Free-Radical-Scavenging Action of Flavonoids in Aqueous Triton X-100 Micellar Solution, AOCS Press, 1996年05月, 557-568, 978-0935315691
  • ビタミンE研究の進歩Ⅵ, 岡渉、江川義史、長岡伸一、向井和男*、寺尾純二, 分担執筆, フラボノイドのビタミンE再生反応速度のpH依存性, 共立出版, 1996年01月, 6-11
  • ビタミンE研究の進歩Ⅴ, 長岡伸一*、井上雅代、宮崎智光、向井和男、長嶋雲兵, 分担執筆, ビタミンEの抗酸化反応のポテンシャル曲面の研究, 共立出版, 1995年03月, 56-62
  • Particles and Fields Series 49, Synchrotron Radiation and Dynamic Phenomena, UKAI M, KAMETA K, SHINSAKA K, HATANO Y, HIRAYAMA T, NAGAOKA S, KIMURA K, 分担執筆, State Selective Ionization of O2 in a Framework of van der Waals Molecules, American Institute of Physics, 1992年09月, 179-189

講演・口頭発表等

  • ビタミンEの抗酸化反応, 長岡 伸一, 愛媛県立松山西中等教育学校, 2019年07月, 招待有り, 愛媛県立松山西中等教育学校, 松山
  • 第31回ビタミンE研究会について, 長岡 伸一, 第30回ビタミンE研究会, 2019年01月, ビタミンE研究会, 東北大学片平キャンパス, 次年度愛媛大学で開催される第31回ビタミンE研究会の概要について口頭で2回、ポスターで1回紹介し、参加をお願いした。
  • エクセルマクロを用いたヒュッケル法の実習-対称分子の対角化と分子軌道の描画-, 長岡伸一、小久保達伸、寺前裕之、長嶋雲兵, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月, 日本化学会中国四国支部, 愛媛県松山市, 1H-03 ヒュッケル分子軌道法の直感的理解のための新しい実習について報告する。実習のためにエクセルマクロを用いてベンゼンのような対称分子にも適用できる行列対角化の方法を開発した。実習では他の二つのエクセルマクロを用いてヒュッケル分子軌道の等高線図を描画する。これらのマクロを用いたヒュッケル法の実習は、理論の概念を明確に示すという点で学部学生の量子化学の教育に有用である。
  • Si-(sub)oxides Selective Local Valence Electronic States of HfSi<SUB>2</SUB>/Si-(sub)oxides/Si(110) and HfO<SUB>2</SUB>/Si-(sub)oxides/Si(110), T. Kakiuchi, K. Ikeda, K. Mase, S. Nagaoka, The International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters and Surfaces (MPS-2018), 2018年08月, Danubius Hotel Flamenco, Budapest, Hungary
  • 食品が活性酸素・フリーラジカルを消滅させる能力を評価する方法の開発, 長岡伸一, 城西大学セミナー, 2018年07月, 招待有り, 城西大学, 埼玉県坂戸市けやき台1-1, 76名参加
  • 対称性の高い固有ベクトルを得る新規固有値固有ベクトル計算のアルゴリズム, 長岡伸一、寺前裕之、小久保達信、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2018春季年会, 2018年06月, 日本コンピュータ化学会, 東京工業大学大学院社会理工学研究科棟 大岡山西9号館2階, 1P09 ベンゼンなどの高い対称性を持っ分子のヒュッケル解のπ軌道のような対称性の高い分子軌道を特別な労力なく求めるのは難しい。我々は、対称性の高い固有ベクトルを計算の効率を落とさないで求める行列対角化法を開発したので、報告する。
  • HfSi<SUB>2</SUB>/Si(110)超薄膜の表面・界面を選別した局所価電子状態の膜厚依存, 小山大輔、山崎真寛、垣内拓大、長岡伸一、間瀬一彦, 日本化学会第98回春季年会, 2018年03月, 日本化学会, 日本大学理工学部 船橋キャンパス, 1PB-024 我々は、MOS-FETの高誘電体材料であるHfのHfSi2超薄膜を特異な表面凹凸1次元構造を示すSi(110)面上に作製し、その表面・界面にあるSi原子を選別した局所価電子状態を,APECSを用いて評価した。その結果、表面にあるSiはジシリサイドを形成しているため、界面にあるSiよりも価電子帯が低結合側エネルギーに分布していることが分かった。さらに、Hf超薄膜の膜厚の異なる試料を作製し、膜厚変化による表面・界面Siの物性変化がどのように変化するのか観測した。
  • H<SUB>3</SUB><SUP>+</SUP>、H<SUB>3</SUB>、H<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>の結合様式と構造, 長嶋雲兵、田島澄恵、中山尚史、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2017秋季年会, 2017年10月, 日本コンピュータ化学会, くまもと県民交流館パレア, 2P01
  • 化学反応を制御する一つの方法, 長岡伸一, 日本真空学会 2017年9月研究例会, 2017年09月, 招待有り, 日本真空学会, 愛媛大学
  • 溶液中における8種の植物油のアロキシルラジカル消去反応の速度論的研究:アロキシルラジカル消去能 (ARAC) 評価法の開発, 向井和男、坂東宥奎、長岡伸一、伊藤隼哉、小林エリ、仲川清隆, 2nd ACOS &第56回油化学会年会, 2017年09月, 日本油化学会, 東京理科大学神楽坂キャンパス, 3E14
  • シコニン・ヒドロキシナフトキノン類の一重項酸素消去活性と励起状態分子内水素移動, 小原敬士、古信裕、尾下愛美、長岡伸一, 2016年日本化学会中国四国支部大会香川大会, 2016年11月, 日本化学会中国四国支部, 香川大学幸町キャンパス, 1P16 11月5日(土)、6日(日)
  • Hf/SiO<SUB>2</SUB>/Si(110)およびHfO<SUB>2</SUB>/SiO<SUB>2</SUB>/Si(110)超薄膜の界面を選別した局所価電子状態の研究, 垣内拓大、池田恭平、長岡伸一、間瀬一彦, 2016 真空・表面科学合同講演会, 2016年11月, 日本表面科学会, 名古屋国際会議場, 3Kp08Y 11 月 29 日(火)- 12 月 1 日(木)
  • 野菜抽出物によるフリーラジカル消去活性評価法の開発, 坂東宥奎、川田耕司、向井和男、櫻井康博、服部玄、倉中綾、長岡伸一, 第55回電子スピンサイエンス学会, 2016年11月, 電子スピンサイエンス学会, 大阪市立大学(杉本キャンパス), 2P38 11月10~12日
  • 一重項酸素消去活性評価法 (SOAC法) の開発: Triton X-100 ミセル溶液中におけるカロテノイド類とビタミンEのSOAC 値の評価, 向井和男、大内綾、東長雄、高橋慎吾、相澤宏一、長岡伸一, 第55回電子スピンサイエンス学会, 2016年11月, 電子スピンサイエンス学会, 大阪市立大学(杉本キャンパス), 1B5 11月10~12日
  • 拡張基底関数依存性について, 平野恒夫、長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2016秋季年会, 2016年10月, 日本コンピュータ化学会, 島根大学 松江キャンパス, 1P-03 10月22日(土) 〜 23日(日)
  • Si(110)-16×2 シングルドメイン清浄表面上に作製したSiO<SUB>2</SUB>超薄膜の表面界面組成と表面局所価電子状態, 垣内 拓大、池田 恭平、長岡伸一、間瀬一彦, 第10回分子科学討論会2016神戸, 2016年09月, 分子科学会, 神戸ファッションマート, 3P064 9月13日(火)~15日(木)
  • CORRELATION BETWEEN ANTIOXIDANT AND EXCITED-STATE INTRAMOLECULAR-PROTON-TRANSFER ACTIVITIES IN ANTHOCYANIDINS AND HYDROXYANTHRAQUINONES, Yuki Bandoh, Keishi Ohara, Shin-ichi Nagaoka, 26th IUPAC International Symposium on Photochemistry, 2016年04月, Osaka City Central Public Hall, 2P36 April 3-8
  • Si(110)-16×2 シングルドメイン表面上に作製したSiO<SUB>2</SUB> (Hf, HfO<SUB>2</SUB>) 超薄膜の界面を選別した局所価電子状態, 垣内拓大、池田恭平、長岡伸一、間瀬一彦, 2015年度量子ビームサイエンスフェスタ, 2016年03月, PF, エポカルつくば, 079G,080G 3月15日(火)~16日(水)
  • ビタミンEの一重項酸素消去速度に及ぼす金属塩の効果, 長岡伸一、高橋京香、中村明日香、小原敬士、向井和男, 第27回ビタミンE研究会, 2016年01月, ビタミンE研究会, アルファあなぶきホール(香川県高松市), 1月8日(金)~9日(土)
  • 低速電子回折と電子分光法によるHf蒸着Si(110)-16×2シングルドメイン表面の研究, 垣内拓大、桂木拓磨、中納佑二、長岡伸一、間瀬一彦, 第35回表面科学会学術講演会, 2015年12月, 公益社団法人 日本表面科学会 一般社団法人 日本真空学会, つくば国際会議場, 1P31 12月1日(火)-12月3日(木)
  • X線光電子分光,オージェ電子−光電子コインシデンス分光による水素吸着Si(110)-16×2シングルドメイン表面の研究, 垣内拓大、中納佑二、長岡伸一、間瀬一彦, 第35回表面科学会学術講演会, 2015年12月, 公益社団法人 日本表面科学会 一般社団法人 日本真空学会, つくば国際会議場, 1P30 12月1日(火)-12月3日(木)
  • 近赤外発光スポット検出によるゲル中の一重項酸素寿命計測, 小原敬士、北平有望、長岡伸一, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月, 日本化学会中国四国支部, 岡山大学津島キャンパス, 14SC10 11月14日(土),15日(日)
  • TD DFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトルの理論的研究, 新井健文、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之, 日本コンピュータ化学会2015年秋季年会, 2015年10月, 日本コンピュータ化学会, 函館市地域交流まちづくりセンター, 2P04 10月30日(金)~31日(土)
  • SiCl<SUB>4</SUB>分子のSi K殻オージェ電子放出に続くSi L殻カスケードオージェ電子放出, 坂東宥奎、望月系、長岡伸一、福澤宏宣、高梨司、立花徹也、山田周平、上田潔、為則雄祐、鈴木功, 第9回分子科学討論会2015東京, 2015年09月, 分子科学会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 3P015 9月16日(水)~19日(土)
  • Hydrogen adsorption to clean Si(110)-16×2 single domain surface and its chemical states, Takuhiro Kakiuchi, Yuji Nakano, Shin-ichi Nagaoka, Kauzhiko Mase, The thirteenth International Conference on Electron Spectroscopy and Structure: ICESS-15, 2015年09月, Stonybrook University, New York, 9/28-10/2
  • Hafnium adsorption on clean Si(110)-16×2 single domain surface studied with photoelectron spectroscopy, Takuhiro Kakiuchi, Takuma Katsuragi, Yuji Nakano, Shin-ichi Nagaoka, Kauzhiko Mase, The thirteenth International Conference on Electron Spectroscopy and Structure: ICESS-15, 2015年09月, Stonybrook University, New York, 9/28-10/2
  • Nodal-Plane Model in Photochemistry, Shin-ichi Nagaoka, Keishi Ohara, 27th International Conference on Photochemistry, 2015年06月, 招待有り, International Convention Center JEJU (ICC JEJU), Jeju Island, Korea, June 28~July 3
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究(3), 新井健文、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之, 日本コンピュータ化学会2015春季年会, 2015年05月, 日本コンピュータ化学会, 東京工業大学大学院社会理工学研究科, 1P13 5月28日(木)~29日(金)
  • Surface Structure and Local Valence Electronic states of Si(110)-16×2 surface after exposure to water: XPS and Auger-photoelectron coincidence study, T. Kakiuchi, S. Nishiura, J. Kawamoto, S. Nagaoka, K. Mase, Pacific Rim Symposium on Surfaces, Coatings and Interfaces (PacSurf 2014), 2014年12月, Hapuna Beach Prince Hotel Big Island of Hawaii, NM-TuP17 December 7 - 11
  • H<SUB>3</SUB><SUP>+</SUP>、H<SUB>3</SUB>、H<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>の結合様式と構造, Amih Sagan、田島澄恵、中山尚史、長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 第37回情報化学討論会, 2014年11月, 豊橋商工会議所, P07 11月27日(木)・28日(金)
  • Si(110)-16×2清浄表面へのH<SUB>2</SUB>O解離吸着:表面物性と表面1次元構造の変化, 垣内拓大、西浦伸吾、川本淳滋、長岡伸一、間瀬一彦, 第34回表面科学学術講演会, 2014年11月, 公益社団法人 日本表面科学会, 松江市, 7Cp09
  • H<SUB>3</SUB><SUP>+</SUP>、H<SUB>3</SUB>、H<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>の結合様式と構造, 田島澄恵、中山尚史、長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会, 2014年10月, 日本コンピュータ化学会, 日本大学工学部(福島県郡山市), 2P15 10月18日(土) ~ 19日(日)
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究(2), 新井健文、寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会, 2014年10月, 日本コンピュータ化学会, 日本大学工学部(福島県郡山市), 1P06 10月18日(土) ~ 19日(日)
  • シクロデキストリンで水溶化した香辛料成分カプサイシンの一重項酸素消去活性, 小原敬士、平岡奈保子、長岡伸一, 第67回日本酸化ストレス学会学術集会, 2014年09月, 日本酸化ストレス学会, 同志社大学(京都市上京区), P53 9/4-5
  • Si(110)-16×2清浄表面へのH<SUB>2</SUB>O解離吸着:表面物性と表面1次元構造の変化, 垣内拓大、西浦伸吾、川本淳滋、長岡伸一、間瀬一彦, 第8回分子科学討論会 2014 東広島, 2014年09月, 分子科学会, 広島大学東広島キャンパス, 3P076 9月21日(日)~24日(水)
  • 分子軌道計算におけるN<SUB>2</SUB><SUP>-</SUP>およびO<SUB>2</SUB><SUP>-</SUP>の基底状態のdiffuse関数依存性, 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 第8回分子科学討論会 2014 東広島, 2014年09月, 分子科学会, 広島大学東広島キャンパス, 3P119 9月21日(日)~24日(水)
  • Photofragmentation of the K-shell excited cis-1,1,2,2,3,4-hexafluorocyclobutane probed by partial ion yield and multiple-ion coincidence methods, K. Okada, T. Nakashima, Y. Kajitani, I. H. Suzuki, S. Nagaoka, Y. Tamenori, International Workshop on Photoionization and Resonant Inelastic X-Ray Scattering, 2014年08月, Erice, Sicily, Italy, August 26~September 1
  • 食品が一重項酸素を消滅させる能力を評価する方法の開発, 長岡伸一, 平成26年度愛媛大学研究員交流サロン, 2014年08月, 招待有り, 愛媛大学, 愛媛大学南加記念ホール, 8月26日(火)
  • Correlation between Excited-State Intramolecular Proton-Transfer and Singlet-Oxygen Quenching Activity in Intramolecularly Hydrogen-Bonded Anthraquinone Derivatives, Shin-ichi Nagaoka, Hikaru Endo, Keishi Ohara, 248th American Chemical Society National Meeting & Exposition, 2014年08月, 招待有り, アメリカ化学会, San Francisco, USA, PHYS305 August 10-14
  • リポソーム膜中におけるトコトリエノール類のラジカル補足反応速度の測定, 福澤健治、柴田螢、大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第66回大会, 2014年06月, 日本ビタミン学会, 姫路商工会議所, 2-I-12 6月13日(金)~14日(土)
  • ビタミンEの一重項酸素消去速度に及ぼす金属塩の効果, 中村明日香、大内綾、長岡伸一、東長雄、向井和男, 日本ビタミン学会第66回大会, 2014年06月, 日本ビタミン学会, 姫路商工会議所, 2-I-13 6月13日(金)~14日(土)
  • カテコールアミンのラジカル消去活性−α-トコフェロールとの相乗効果−, 長岡伸一、永井かなえ、大内綾、向井和男, 日本ビタミン学会第66回大会, 2014年06月, 日本ビタミン学会, 姫路商工会議所, 2-I-14 6月13日(金)~14日(土)
  • N<SUB>2</SUB><SUP>-</SUP>およびO<SUB>2</SUB><SUP>-</SUP>の基底状態のdiffuse関数依存性, 杉山達人、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之, 第17回理論化学討論会, 2014年05月, 理論化学研究会, 名古屋大学東山キャンパス, 1P25 5月22日(木)~24日(土)
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究, 新井健文、寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピューター化学会2014年春季年会, 2014年05月, 日本コンピュータ化学会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 2P01 5月29日(木) ~ 30日(金)
  • 気相分子のSi KLL共鳴オージェ電子スペクトルにおける励起軌道、サイトへの依存性, 鈴木功、長岡伸一、為則雄祐、高橋修、上田潔、福沢宏宣, 軟X線光化学研究会, 2014年01月, SPring-8, 旬彩(光都プラザ), 2月1日(土)
  • Atomic Structure of Si(110)-16×2 Studied by Auger Photoelectron Coincidence Spectroscopy, T. Kakiuchi, Y. Yoshizaki, H. Kubota, Y. Sato, K. Mase, S. Nagaoka, 9th international symposium on atomic level characterizations for new materials and devices '13 (ALC'13), 2013年12月, Sheraton Kona, The Big Island, Hawaii,, 05P02 December 2 (Mon)~6 (Fri)
  • トコトリエノール同族体とパーム油抽出物の一重項酸素消去活性(SOAC値)評価のミセル溶液系への展開, 向井和男、石川絵理、大内綾、長岡伸一、鈴木智美、泉澤勝弘、小池泰介, 第10回日本トコトリエノール研究会, 2013年11月, 産業技術総合研究所臨海副都心センター(東京都江東区), 11月25日(月)
  • 分子内水素結合したアントラキノン類における励起状態分子内プロトン移動と一重項酸素消去活性の相関, 長岡伸一、遠藤光、小原敬士, 2013年光化学討論会, 2013年09月, 光化学協会, 愛媛大学城北地区, 3P020 9月11日(水)~ 13日(金)
  • Resonant-Auger-induced Interatomic Coulombic decay in Ar<SUB>2</SUB>, ArKr and ArXe, M. Kimura, H. Fukuzawa, T. Tachibana, Y. Ito, K. Sakai, S. Mondal, M. Okunishi, E. Kukk, M. Schöffler, J. Williams, Y. Jiang, Y. Kohno, S. Nagaoka, Y. Tamenori, N. Saito, K. Ueda, VUVX2013, the 38th International conference on Vacuum Ultraviolet and X-ray Physics, 2013年07月, Hefei, Anhui Province, China, S4 12-19 July
  • トコフェロールとユビキノール(ビタミンC)の共存による抗酸化反応速度の増加と酸化促進効果の抑制, 向井和男、大内綾、中矢沙織、長岡伸一、, 第66回日本酸化ストレス学会学術集会, 2013年06月, 日本酸化ストレス学会, 名古屋市ウインクあいち(中村区), O-26 6月13-14日
  • Resonant-Auger-induced Interatomic Coulombic decay in Ar<SUB>2</SUB>, ArKr and ArXe, M. Kimura, H. Fukuzawa, T. Tachibana, Y. Ito, K. Sakai, S. Mondal, M. Okunishi, E. Kukk, M. Schöffler, J. Williams, Y. Jiang, Y. Kohno, S. Nagaoka, Y. Tamenori, N. Saito, K. Ueda, 第29回化学反応討論会, 2013年06月, 東北大学片平キャンパス, 1P43 6月5日(水) - 6月7日(金)
  • トコフェロールとユビキノール(ビタミンC)の抗酸化反応における相乗効果の研究:共存による反応速度の増加と酸化促進効果の抑制, 大内綾、中矢沙織、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第65回大会, 2013年05月, 日本ビタミン学会, 一橋大学一橋講堂(旧、学術総合センター), 2-Ⅳ-21 5月17日(金)~18日(土)
  • 還元型ピロロキノリンキノン (PQQH<SUB>2</SUB>) の抗酸化活性の評価, 向井和男、大内綾、長岡伸一、池本一人、中野昌彦, 日本ビタミン学会第65回大会, 2013年05月, 日本ビタミン学会, 一橋大学一橋講堂(旧、学術総合センター, 2-Ⅱ-15 5月17日(金)~18日(土)
  • 食品などにおける抗酸化剤によるフリーラジカル消去活性の測定法の開発 ( ARAC 法 ), 長岡伸一、永井かなえ、藤井裕子、大内綾、向井和男, 日本ビタミン学会第65回大会, 2013年05月, 日本ビタミン学会, 一橋大学一橋講堂(旧、学術総合センター), 2-Ⅳ-20 5月17日(金)~18日(土)
  • イリジウム錯体単分子膜の人工積層法による多重発光特性, 佐藤久子、森本和也、小原敬士、長岡伸一、田村堅志, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013年03月, 日本化学会, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 3PC-050 3月22日(金)~25日(月)
  • トコトリエノール同族体とパーム油抽出物の一重項酸素消去活性 (SOAC値) の評価, 石川絵理、大内綾、長岡伸一、向井和男、泉澤勝弘、小池泰介, 第9回日本トコトリエノール研究会, 2012年11月, 産業技術総合研究所臨海副都心センター別館(東京都江東区), 演題2 11月 12 日( 月)
  • トコトリエノール同族体とパーム油抽出物のフリーラジカル消去活性, 向井和男、大内綾、長岡伸一、鈴木智美、泉澤勝弘, 第9回日本トコトリエノール研究会, 2012年11月, 産業技術総合研究所臨海副都心センター別館(東京都江東区), 演題1 11月 12 日( 月)
  • 分子軌道法によるHF, LiH, HeH<SUP>+</SUP>の双極子モーメント, 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2012秋季年会, 2012年10月, 日本コンピュータ化学会, 山形大学小白川キャンパス(山形市), 1P02 10月13日(土),14日(日)
  • ペリ環状反応を用いたナフトイソインドールの合成とその物性, 清家彩、長岡伸一、中江隆博、森重樹、奥島鉄雄、宇野英満, 第42回複素環化学討論会, 2012年10月, 京都テルサ, 2P124 10月11日(木)~10月13日(土)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法によるSi(110)-16×2清浄表面の局所価電子状態の観測, 垣内拓大、佐藤勇輝、花岡咲、長岡伸一、間瀬一彦, 第6回分子科学討論会2012, 2012年09月, 分子科学会, 東京大学本郷キャンパス, 9.18 - 9.21
  • Photofragmentation Of Perfluorocyclobutane At The C And F K-Edges, K. Okada, T. Teranishi, A. Suemitsu, I. H. Suzuki, S. Nagaoka, K. Tabayashi, Y. Tamenori, ICESS2012 12th International Conference of Electron Spectroscopy and Structure, 2012年09月, フランスのサン・マロ, PR-2-PO-OKA-01 September 16-21
  • ArダイマーにおけるAr 2p→3d共鳴オージェ過程誘起のICD過程に関する研究, 木村美紅、福澤宏宣、坂井健太郎、奥西みさき、Mondal Subhendu、Kukk Edwin、河野優太郎、長岡伸一、為則雄祐、斎藤則生、上田潔, 第6回分子科学討論会, 2012年09月, 分子科学会, 東京大学本郷キャンパス, 3P001 9月18日(火)~21日(金)
  • SiCl<SUB>4</SUB>のSiKLLオージェ過程における様々な特異的な挙動, 鈴木功、河野優太郎、坂井健太郎、木村美紅、上田潔、為則雄祐、高橋修、長岡伸一, 第6回分子科学討論会, 2012年09月, 分子科学会, 東京大学本郷キャンパス, 2P007 9月18日(火)~21日(金)
  • Local Valence Electronic States of Silicon Nitride Ultrathin Films on Si(111) Studied by Using Auger Photoelectron Coincidence Spectroscopy (APECS), T. Kakiuchi, M. Tahara, S. Nagaoka, K. Mase, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters and Surfaces (MPS2012), 2012年08月, Lakeside Convention Center Tegeler Seeterrassen, Berlin, Germany, August 27 - September 1
  • Mechanism of Highly Charged Ar Ions Production Induced by Inner-Shell Ionization Studied Using Auger-Electron - Ion Coincidence Spectroscopy, T. Kakicuhi, S. Hanaoka, D. Tamaki, S. Fujiwara, Y. Yoshizaki, K. Mase, S. Nagaoka, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters and Surfaces (MPS2012), 2012年08月, Lakeside Convention Center Tegeler Seeterrassen, Berlin, Germany, August 27 - September 1
  • 野菜および果実の一重項酸素消去活性測定法(SOAC法)を用いた評価, 岩崎裕子、高橋慎吾、相澤宏一、稲熊隆博、大内綾、向井和男、長岡伸一、寺尾純二, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年06月, 日本酸化ストレス学会, 徳島県郷土文化会館, P53 6月7日(木)~8日(金)
  • マイクロプレートリーダーを用いた一重項酸素消去活性測定法(SOAC法)の検討, 高橋慎吾、岩崎裕子、相澤宏一、稲熊隆博、大内綾、向井和男、長岡伸一、寺尾純二, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年06月, 日本酸化ストレス学会, 徳島県郷土文化会館, P54 6月7日(木)~8日(金)
  • Study of Highly Charged Ar Ions Formed by Electron-Impact Ionization, 垣内拓大、花岡咲、間瀬一彦、長岡伸一, 第28回化学反応討論会, 2012年06月, 九州大学筑紫キャンパス(福岡県春日市), 1P18 6月6日(水) - 6月8日(金)
  • Stopped-Flow分光光度計を用いたα-, β-, γ-, δ-トコフェロシキルラジカルと金属陽イオンの錯形成の研究, 向井和男、河野優太郎、大内綾、長岡伸一, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年06月, 日本酸化ストレス学会, 徳島県郷土文化会館, O-46 6月7日(木)~8日(金)
  • トコフェロールとトコトリエノールの抗酸化反応における相乗効果の研究, 大内綾、長岡伸一、向井和男、鈴木智美、泉澤勝弘, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年06月, 日本ビタミン学会, 長良川国際会議場, 1-Ⅱ-4 6月22日(金)~23日(土)
  • ビタミンEラジカルと金属イオン間の錯形成の効果, 河野優太郎、大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年06月, 日本ビタミン学会, 長良川国際会議場, 1-Ⅱ-3 6月22日(金)~23日(土)
  • 食品への応用を目指したフェノール系抗酸化剤の一重項酸素消去活性評価法の確立 (第2報), 向井和男、大内綾、長岡伸一、高橋慎吾、相澤宏一、稲熊隆博、寺尾純二, 日本ビタミン学会第64回大会, 2012年06月, 日本ビタミン学会, 長良川国際会議場, 1-Ⅱ-5 6月22日(金)~23日(土)
  • 食品の一重項酸素消去活性評価法(SOAC法)の確立, 相澤宏一、高橋慎吾、岩崎裕子、稲熊隆博、大内綾、長岡伸一、寺尾純二、向井和男, 第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年06月, 招待有り, 日本酸化ストレス学会, 徳島県郷土文化会館, S1-4 6月7日(木)~8日(金)
  • Construction and Evaluation of Auger-Photoelectron Coincidence Apparatus at BL13 of HiSOR, T. Kakiuchi, Y. Sato, S. Hanaoka, S. Kajikawa, H. Hayashita, M. Ogawa, S. Arae, S. Wada, T. Sekitani, S. Nagaoka, M. Tanaka, K. Mase, 第16回広島放射光国際シンポジウム , 2012年03月, HiSOR, 広島大学, 3月1日(木)-2日(金)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法を用いたSi(110)-16×2清浄表面の局所価電子状態の研究, 垣内拓大、佐藤勇輝、花岡咲、坂尾諒、新江定憲、田中正俊、長岡伸一、間瀬一彦, 10-01 PFシンポジウム, 2012年03月, PF, つくば, 3月15-16日
  • イリジウム金属錯体と粘土鉱物のハイブリッドLB膜による多色発光挙動, 中谷康彦、森本和也、小原敬士、長岡伸一、田村堅志、佐藤久子, 日本化学会第92春季年会, 2012年03月, 日本化学会, 慶應義塾大学日吉キャンパス・矢上キャンパス, 3F8-11 3月25日(日)~28日(水)
  • ビタミンEエマルションのフリーラジカル消去活性, 小原敬士、迫佳志、長岡伸一, 日本化学会第92春季年会, 2012年03月, 日本化学会, 慶應義塾大学日吉キャンパス・矢上キャンパス, 3PB-047 3月25日(日)~28日(水)
  • 卵黄レシチンリポソーム膜におけるビタミンEのラジカル消去反応速度, 福澤健治、柴田瑩、大内綾、長岡伸一、向井和男, 第23回ビタミンE研究会, 2012年01月, ビタミンE研究会, ホテルJALシティ田町(東京都港区), O-20 1月27-28日
  • 何故水分子の構造は曲がっていて水酸化アルカリ金属分子は直線なのか?, Amih Sagan、長嶋雲兵、青山智夫、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2011秋季年会, 2011年11月, 日本コンピュータ化学会, 福井商工会議所(福井市), 2P13 11月4日(金)~ 5日(土)
  • コーヒー酸塩による高速一重項酸素消去, 小原敬士、新崎由佳、長岡伸一, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月, 日本化学会中国四国支部 日本化学会九州支部, 徳島大学工学部(徳島市), 2P-14 11月12日(土)-13日(日)
  • ビタミンEの抗酸化反応における量子論的効果, 長岡伸一, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月, 招待有り, 日本化学会中国四国支部 日本化学会九州支部, 徳島大学工学部(徳島市), 1B-09 11月12日(土)-13日(日)
  • ビタミンC や還元型CoQ10 によるビタミンE 再生反応におけるトンネル効果, 長岡伸一, 日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月, 招待有り, 日本放射線影響学会, 神戸商工会議所会館, W1-4 11月17日~19日
  • 内殻励起cis-ヘキサフルオロシクロブタンの光解離ダイナミクス, 中島徹、梶谷祐美子、岡田和正、末光篤、為則雄祐、鈴木功、長岡伸一, 第5回分子科学討論会2011札幌, 2011年09月, 分子科学会, 札幌コンベンションセンター, 1P005 9月20日(火)~23日(金)
  • モンモリロナイトと発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜による酸素センシング, 中谷康彦、堤響子、中江隆博、小原敬士、長岡伸一、森本和也、田村堅志、佐藤久子, 日本化学会新領域研究グループ「低次元無機有機複合系の光化学」のサマーセミナー, 2011年09月, 日本化学会新領域研究グループ「低次元無機有機複合系の光化学」, 鹿児島大学(鹿児島市)
  • モンモリロナイトと発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜の発光挙動, 中谷康彦、堤響子、中江隆博、小原敬士、長岡伸一、森本和也、田村堅志、佐藤久子, 第55回粘土科学討論会, 2011年09月, 鹿児島大学(鹿児島市), P62 9月14日(水)~16日(金)
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の研究(2), 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 第5回分子科学討論会2011札幌, 2011年09月, 分子科学会, 札幌コンベンションセンター, 4P091 9月20日(火)~23日(金)
  • 異核2原子分子水素化リチウムLiHの分子軌道エネルギー準位図, 長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 第5回分子科学討論会2011札幌, 2011年09月, 分子科学会, 札幌コンベンションセンター, 1P127 9月20日(火)~23日(金)
  • Si(110)-16×2清浄表面の最安定構造モデル, 垣内拓大、久保田裕之、田原雅士、間瀬一彦、長岡伸一、, 第5回分子科学討論会2011札幌, 2011年09月, 分子科学会, 札幌コンベンションセンター, 1P052 9月20日(火)~23日(金)
  • Development of singlet oxygen absorption capacity (SOAC) assay method and the quenching activity of singlet oxygen by carotenoids and vegetables, Shingo Takahashi, Yuko Iwasaki, Aya Ouchi, Koichi Aizawa, Takahiro Inakuma, Shin-ichi Nagaoka, Junji Terao, Kazuo Mukai, 16th International Symposium on Carotenoids, 2011年07月, Kraków (an old capital and strong academic center of Poland), Session 5.2 17th to the 22nd of July
  • Photofragmentation of the K-shell excited perfluorocyclobutane probed by a multiple-ion coincidence technique, K. Okada, T. Terashima, A. Suemitsu, I. H. Suzuki, S. Nagaoka, K. Tabayashi, Y. Tamenori, XXVII International Conference on Photonic, Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC2011), 2011年07月, Belfast, Northern Ireland, UK Queen's University Belfast, Th148 27 July - 2 August
  • Development of Coincidence Spectrometer for Study of Collision Dynamics Between High-Energy Electron and Molecule, T. Ito, S. Inoue, M. Tahara, Y. Nakazato, H. Kubota, T. Kakiuchi, K. Mase, S. Nagaoka, 第27回化学反応討論会, 2011年06月, 東京工業大学大岡山キャンパス(目黒区), 1P9 6月8日(水) - 6月10日(金)
  • リポソーム膜中におけるビタミン E のラジカル捕捉反応速度の測定, 福澤健治、柴田瑩、大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第63回年会, 2011年06月, 日本ビタミン学会, 安田女子大学(広島市安佐南区), 2-Ⅰ-16 6月4日(土)~5日(日)
  • ビタミンEラジカルと生体金属イオン間の錯形成とラジカルの二分子反応に及ぼす効果, 河野優太郎、大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第63回年会, 2011年06月, 日本ビタミン学会, 安田女子大学(広島市安佐南区), 2-Ⅰ-14 6月4日(土)~5日(日)
  • ユビキノールによるビタミンEラジカル再生反応におけるトンネル効果, 大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 日本ビタミン学会, 安田女子大学(広島市安佐南区), 2-Ⅰ-13 6月4日(土)~5日(日)
  • ユビキノ―ルによるビタミンEの再生反応に及ぼす金属塩の効果とメカニズム, 大井正則、大内綾、長岡伸一、向井和男, 日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 日本ビタミン学会, 安田女子大学(広島市安佐南区), 2-Ⅰ-15 6月4日(土)~5日(日)
  • 食品への応用を目指したカロテノイドの一重項酸素消去活性評価法の確立, 向井和男、大内綾、長岡伸一、相澤宏一、岩崎裕子、稲熊隆博、寺尾純二, 日本ビタミン学会第63回大会, 2011年06月, 日本ビタミン学会, 安田女子大学(広島市安佐南区), 2-Ⅲ-21 6月4日(土)~5日(日)
  • LiHの分子軌道エネルギー準位図 -非経験的ハートリー・フォック法を用いて-, 長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 第14回理論化学討論会, 2011年05月, 理論化学研究会, 岡山大学創立五十周年記念館, 2P08 5月12日(木) ~ 14日(土)
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応に関する研究, 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 第14回理論化学討論会, 2011年05月, 理論化学研究会, 岡山大学創立五十周年記念館, 2P01 5月12日(木) ~ 14日(土)
  • 食品の統一的な抗酸化力測定法の確立とその活用(5)SOAC測定法の応用, 高橋慎吾、岩崎裕子、相澤宏一、稲熊隆博、大内綾、長岡伸一、向井和男、寺尾純二, 日本農芸化学会2011年度年会 東北地方太平洋沖大地震のため中止、但し発表は成立, 2011年03月, 日本農芸化学会, 京都女子大学, 3J16a09 3月25日(金)~28日(月)
  • 食品の統一的な抗酸化力測定法の確立とその活用(4)一重項酸素消去活性評価(SOAC)法の確立, 岩崎裕子、高橋慎吾、相澤宏一、稲熊隆博、大内綾、長岡伸一、向井和男、寺尾純二, 日本農芸化学会2011年度大会 東北地方太平洋沖大地震のため中止、但し発表は成立, 2011年03月, 日本農芸化学会, 京都女子大学, 3J16a07 3月25日(金)~28日(月)
  • フッ素内殻励起cis-ヘキサフルオロシクロブタンの光解離ダイナミクスの研究, 中島徹、岡田和正、末光篤、為則雄祐、鈴木功、長岡伸一, 日本化学会第91春季年会 東北地方太平洋沖大地震のため中止、但し発表は成立, 2011年03月, 日本化学会, 神奈川大学横浜キャンパス, 3D1-55 3月26日(土)~29日(火)
  • cis-ヘキサフルオロシクロブタンの炭素K端での光吸収と解離, 梶谷祐美子、中島徹、岡田和正、為則雄祐、鈴木功、長岡伸一, 第24回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2011年01月, 日本放射光学会, つくば国際会議場, 9P085 1月7日(金)~1月10日(月)
  • Si KLL 共鳴オージェ電子スペクトルにおける分子性励起軌道の分離, 鈴木功、河野優太郎、池田明弘、樋口格、為則雄祐、高橋修、大内孝雄、上田潔、長岡伸一, 第24回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2011年01月, 日本放射光学会, つくば国際会議場, 9P086 1月7日(金)~1月10日(月)
  • Si(111)単結晶上に作製したSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>超薄膜の表面・界面局所価電子状態, 垣内拓大, 田原雅士, 長岡伸一, 間瀬一彦, PFシンポジウム要旨集, 2011年
  • α-Tocopherol の酸化促進効果の速度論的研究:α-Tocopheroxyl ラジカルによる脂質の水素引き抜き反応速度の測定, 大内綾、石倉正治、小西健介、向井和男、長岡伸一, 第49回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2010), 2010年11月, 電子スピンサイエンス学会, 名古屋大学豊田講堂シンポジオンホール, 2B-06 11月11日(木)~13日(土)
  • CH-O interaction in small acetaldehyde clusters studied with core-electron excitation spectroscopy in the carbon K-edge region, K. Tabayashi, Y. Tsutsumi, M. Chohda, Y. Tamenori, I. Higuchi, I. H. Suzuki, S. Nagaoka, T. Gejo, K. Honma, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters and Surfaces (MPS2010), 2010年09月, 東北大学片平さくらホール, P71 9月4日(土)-9月7日(火)
  • 食品への応用をめざしたカロテノイドの一重項酸素消去活性評価法 (SOAC法) の開発, 向井和男、大内綾、長岡伸一、相澤宏一、岩崎裕子、稲熊隆博、寺尾純二, 第24回カロテノイド研究談話会, 2010年09月, 日本カロテノイド研究会 (国際カロテノイド学会日本支部), 徳島大学付属病院, 講演番号16 9月14日(火)-15日(水)
  • Si<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB>/Si(111)超薄膜の表面・界面・基板を選別した局所価電子状態の研究, 田原雅士、山口勝広、垣内拓大、間瀬一彦、長岡伸一, 第4回分子科学討論会2010, 2010年09月, 分子科学会, 大阪大学豊中キャンパス, 2D11 9月14日(火)~17日(金)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法によるSi(111)-7×7清浄表面の表面サイトを選択した局所価電子状態の研究, 垣内拓大、田原雅士、長岡伸一、間瀬一彦, 第4回分子科学討論会2010, 2010年09月, 分子科学会, 大阪大学豊中キャンパス, 2P056 9月14日(火)~17日(金)
  • SiF<SUB>4</SUB>のSi1s励起オージェ遷移の研究, 河野優太郎、池田明広、大井正則、大内孝雄、樋口格、鈴木功、為則雄祐、上田潔、高橋修、長岡伸一, 第4回分子科学討論会2010, 2010年09月, 分子科学会, 大阪大学豊中キャンパス, 4P011 9月14日(火)~17日(金)
  • Site-selective ion desorption from CF<SUB>3</SUB>CH<SUB>2</SUB>OH dissociatively chemisorbed on Si(111) studied with photoelectron photoion coincidence (PEPICO) measurements, Takahiko Yamazaki, Shogo Hashimoto, Takuhiro Kakiuchi, Kazuhiko Mase, Shin-ichi Nagaoka, Masatoshi Tanaka, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters, and Surfaces, 2010年09月, 東北大学片平さくらホール, P44 9月4日(土)-9月7日(火)
  • Development of Apparatus for Auger Electron - Ion Coincidence (AEICO) Spectroscopy and Auger Electron - Auger Electron Coincidence (AEAECO) Spectroscopy of Gas Phase Using 5-keV Electron Gun, T. Kakiuchi, S. Inoue, M. Tahara, T. Itoh, H. Kubota, Y. Nakazato, K. Mase, S. Nagaoka, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters, and Surfaces, 2010年09月, 東北大学片平さくらホール, P40 9月4日(土)-9月7日(火)
  • Si含有分子のKLL共鳴オージェ電子スペクトルに現れるK殻励起軌道の分裂, 鈴木功、河野優太郎、池田明弘、樋口格、為則雄祐、高橋修、大内孝雄、上田潔、長岡伸一, 原子衝突研究協会第35回年会, 2010年08月, 原子衝突研究協会, 奈良女子大学, Q11 8月9日(月)-11日(水)
  • 一重項酸素寿命に及ぼす抗酸化剤-金ナノ粒子の影響, 池田明広、大倉さとみ、小原敬士、長岡伸一, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年06月, 日本酸化ストレス学会, 神奈川県県民ホール, P-35 6月24日(木)~25日(金)
  • カロテノイドを中心とした、食品の一重項酸素消去活性評価法の確立, 向井和男、大内綾、長岡伸一、相澤宏一、岩崎裕子、稲熊隆博、寺尾純二, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年06月, 日本酸化ストレス学会, 神奈川県県民ホール, O-21 6月24日(木)~25日(金)
  • ビタミンK誘導体の遅延蛍光を用いた抗酸化活性評価, 小原敬士、光森亮太朗、長岡伸一, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年06月, 日本酸化ストレス学会, 神奈川県県民ホール, P-40 6月24日(木)~25日(金)
  • 電子銃を励起源としたコインシデンス分光装置の開発, 井上慎平、田原雅士、垣内拓大、長岡伸一、間瀬一彦, 第26回化学反応討論会 広島大学, 2010年06月, 広島大学, 1P24 6月2日(水)~6月4日(金)
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究, 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 第13回理論化学討論会, 2010年05月, 理論化学研究会, 北海道大学学術交流会館, 2P10 5月23日(日)~25日(火)
  • イリジウム錯体と粘土とのハイブリッドLB膜によるガスセンシング, 国吉勇司、小原敬士、長岡伸一、田村堅志、山岸晧彦、佐藤久子, 日本化学会第90春季年会, 2010年03月, 日本化学会, 近畿大学本部キャンパス, A0316
  • α-Tocopherolの酸化促進効果の速度論的研究:α-Tocopheroxylラジカルによる脂質の水素引き抜き反応速度の測定, 大内綾、石倉正治、小西健介、長岡伸一、向井和男, 第21回ビタミンE研究会, 2010年01月, ビタミンE研究会, 慶応大学共立キャンパス, O-6 1/22-23
  • α-Tocopheroxylラジカルとアルカリ及びアルカリ土類金属イオンの錯体形成とα-Tocopherolのラジカル消去反応に及ぼす金属イオンの効果, 大内綾、藤井雅、長岡伸一、向井和男, 第21回ビタミンE研究会, 2010年01月, ビタミンE研究会, 慶応大学共立キャンパス, O-5 1/22-23
  • アセトアルデヒド分子クラスターにおけるC1sの内殻励起, 堤勇樹, 田林清彦, 丁田充, 為則雄祐, 樋口格, 鈴木功, 長岡伸一, 下條竜夫, 本間健二, 日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集, 2009年12月
  • Stopped-Flow Kinetic Study of the Aroxyl Radical-Scavenging Action of Vitamin E in Membranes of Egg Yolk Phosphatidylcholine Liposomes, Kenji Fukuzawa, Akira Shibata, Hisatsugu Ichikawa, Aya Ouchi, Shin-ichi Nagaoka, Kazuo Mukai, The 5th Joint Meeting of The Societies For Free Radical Research Australasia and Japan and A Joint Meeting with the Mutagenesis and Experimental Pathology Society of Australasia (Redox Processes in Chemistry, Biology and Medicine), 2009年12月, University of Sydney, 12/1-4
  • Development of an Electron Electron Ion Coincidence Apparatus for Auger Photoelectron Coincidence Spectroscopy and Electron Ion Coincidence Spectroscopy, and its Application for Site-Specific Fragmentation of 2,2,2-Trifluoroethanol Chemisorbed on Si(111), Takahiko Yamazaki, Shogo Hashimoto, Narihiko Fujita, Kazuhiko Mase, Masatoshi Tanaka, Makoto Okusawa, Takuhiro Kakiuchi, Shin-ichi Nagaoka, International Symposium on the Physics of Excitation‐assisted Nano‐processes, 2009年11月, 和歌山, P-2 11/20-21
  • Si L<SUB>23</SUB>VV オージェ電子スペクトル計算によるSiO<SUB>2</SUB>/Si(001)超薄膜の表面・界面局所価電子状態の研究, 山口勝広、垣内拓大、間瀬一彦、高橋修、長岡伸一, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2P031 11/7-8
  • ビタミンKの蛍光の消光による抗酸化作用の評価, 光森亮太朗、小原敬士、長岡伸一, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2P033 11/7-8
  • 高エネルギー電子線励起に由来した内殻電子励起ダイナミクスを研究するための気体・表面試料用コインシデンス分光装置の開発, 田原雅士、井上慎平、垣内拓大、間瀬一彦、長岡伸一, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2P032 11/7-8
  • ビタミンE光分解系におけるAOT油水界面でのビタミンCによる抗酸化挙動, 池田明広、小原敬士、長岡伸一, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2P034 11/7-8
  • ユビキノールによるビタミンEラジカル再生反応における同位体効果, 大内綾、長岡伸一、向井和男, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2J21 11/7-8
  • Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB>及びSiF<SUB>4</SUB>のサイト選択的KLLオージェ遷移の研究, 河野優太郎、池田明広、大内孝雄、樋口格、鈴木功、為則雄祐、上田潔、高橋修、長岡伸一, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 2P034 11/7-8
  • ビタミンEのラジカル消去反応に及ぼすアルカリ金属塩及びアルカリ土類金属塩の効果, 大谷優希、大内綾、長岡伸一、向井和男, 2009年日本化学会西日本大会, 2009年11月, 日本化学会中国四国支部, 松山, 1P073 11/7-8
  • X-ray Absorption and Resonant Auger electron spectra of SiF<SUB>4</SUB> and Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB> in the Si K-shell excitation region, O. Takahashi, I.H. Suzuki, A. Ikeda, Y. Kono, T. Ouchi, K. Ueda, I. Higuchi, Y. Tamenori, S. Nagaoka, International Workshop on Electronic Spectroscopy for Gas-phase Molecules and Solid Surfaces, 2009年10月, ホテル大観荘(宮城県宮城郡松島町), P46 10月12日(月)-10月15日(木)
  • Study of local valence electronic states of Si<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB> grown on Si(111) and Si(001) using Auger photoelectron coincidence spectroscopy (APECS), Takuhiro Kakiuchi, Masashi Tahara, Hiroki Ishida, Kazuhiko Mase, Shin-ichi Nagaoka, 11-th International Conference on Electronic Spectroscopy and Structure (ICESS11), 2009年10月, Nara, Japan, 6AP06 October 6th to 10th
  • Site-specific behavior in resonant Auger electron spectra of F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB> in the Si K-shell excitation region, I.H. Suzuki, A. Nitta, H. Fukuzawa, K. Ueda, O. Takahashi, Y. Tamenori, S. Nagaoka, 11-th International Conference on Electronic Spectroscopy and Structure (ICESS11), 2009年10月, Nara, Japan, 6BP02 October 6th to 10th
  • ユビキノールによるビタミンEの再生反応における量子論的効果, 長岡伸一, 京都大学理学研究科理論化学セミナー, 2009年10月, 招待有り, 京都大学理学研究科化学専攻加藤研究室, 加藤研究室, 10/15
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究, 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 第3回分子科学討論会, 2009年09月, 分子科学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2P111 9月21日(月)~24日(木)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法を用いたSi<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB>/Si(111)-8×8表面界面の局所価電子状態の研究, 田原雅士、垣内拓大、山崎貴彦、橋本章吾、田中正俊、間瀬一彦、長岡伸一, 第3回分子科学討論会, 2009年09月, 分子科学会, 名古屋大学東山キャンパス, 1P077 9月21日(月)~24日(木)
  • イオン同時計測法による内殻励起パーフルオロシクロブタンの解離ダイナミクス, 末光篤、岡田和正、寺島妙美、為則雄祐、鈴木功、田林清彦、長岡伸一, 第3回分子科学討論会, 2009年09月, 分子科学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2P020 9月21日(月)~24日(木)
  • Fragmentation processes of the K-shell excited perfluorocyclobutane molecule studied with an ion-ion coincidence technique, K. Okada, T. Terashima, M. Ikemoto, Y. Tamenori, I. H. Suzuki, K. Tabayashi, S. Nagaoka, 第25回化学反応討論会, 2009年06月, 大宮ソニックシティ, 2P05 6月1日(月)~3日(水)
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究(3), 寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2009年春季年会, 2009年05月, 日本コンピュータ化学会, 東京工業大学大学院社会理工学研究科, 1P05 5月21(木)~22(金)
  • コインシデンス分光による内殻励起、オージェ緩和、イオン脱離の研究, 間瀬一彦(物構研・総研大)、間宮・森本(物構研)、小林・瀬戸山(SAGA/LS)、奥平・張・大岩・笠井・小笹・片岡・解良・小野・永松・塩野入・深川・末吉・藤井・浦・角田・中川・細海・満尾・青木・足立・加藤・鈴木・西・根橋(千葉大工)、田中・大野・藤田・橋本・山崎(横国大院工)、奥沢・小山田・岡田・飯島(群馬大教育)、長岡・垣内・田原(愛媛大理), 第26回PFシンポジウム, 2009年03月, PF, エポカルつくば, 2006S2-002 3月24日(火)~25日(水)
  • ビタミンEエマルジョンにおける一重項酸素発光寿命の油滴サイズ依存性, 折口孝、小原敬士、長岡伸一, 日本化学会第89春季年会, 2009年03月, 日本化学会, 日本大学理工学部(千葉県船橋市), 4D2-08 3月27日(金)~30日(月)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法を用いたSi<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB>/Si(111)-8×8界面表面のサイト選択的オージェ電子スペクトル測定による局所価電子状態の研究, 田原雅士、垣内拓大、山崎貴彦、橋本章吾、田中正俊、間瀬一彦、長岡伸一, 日本化学会第90春季年会, 2009年03月, 日本化学会, 日本大学理工学部(千葉県船橋市), 1E4-54 3月27日(金)~30日(月)
  • イオン同時計測法によるパーフルオロシクロブタンの炭素K端での解離, 岡田和正、寺島妙美、池本真理子、為則雄祐、鈴木功、田林清彦、長岡伸一, 日本化学会第91春季年会, 2009年03月, 日本化学会, 日本大学理工学部(千葉県船橋市), 1E6-47 3月27日(金)~30日(月)
  • AOT逆ミセル中のビタミンE光分解系でのビタミンCの抗酸化挙動, 池田昭広、小原敬士、長岡伸一, 日本化学会第92春季年会, 2009年03月, 日本化学会, 日本大学理工学部(千葉県船橋市), 1PA-074 3月27日(金)~30日(月)
  • ユビキノールによるビタミンEラジカル再生反応におけるトンネル効果, 大内綾、長岡伸一、向井和男, 第20回ビタミンE研究会, 2009年01月, ビタミンE研究会, 奈良文化会館, O-1 1月24日(土)・25日(日)
  • オージェ電子-光電子コインシデンス分光法を用いたSi<SUB>3</SUB>N<SUB>4</SUB>/Si(111)-8×8界面表面のサイト選択的オージェ電子スペクトル測定による局所価電子状態の研究, 垣内拓大、田原雅士、山崎貴彦、橋本章吾、田中正俊、間瀬一彦、長岡伸一, 第22回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2009年01月, 日本放射光学会, 東京大学本郷キャンパス, 11P136 1月9日(金)~1月12日(月)
  • ビタミンEのラジカル消去反応に及ぼすアルカリ及びアルカリ土類金属塩の効果, 大内綾、長岡伸一、阿部皓一、向井和男, 第20回ビタミンE研究会, 2009年01月, ビタミンE研究会, 奈良文化会館, O-12 1月24日(土)・25日(日)
  • イオン同時計測法によるフッ素内殻励起パーフルオロシクロ ブタンの解離過程の研究, 寺島妙美、岡田和正、池本真理子、為則雄祐、清水亜由美,、新田晃子、長岡伸一、鈴木、功、田林清彦, 2008年日本化学会西日本大会, 2008年11月, 日本化学会中国四国支部, 長崎大学, 2F-05 11/15-16
  • コインシデンス分光法による 凝縮F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CD<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>のサイト選択的オージェ過程およびイオン脱離の研究, 橋本章吾、藤田斉彦、垣内拓大、間瀬一彦、大下浄治、長岡伸一、田中正俊, 第49回真空に関する連合講演会, 2008年10月, くにびきメッセ(松江), 10月28-31日
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究(2), 寺前裕之、藤田若菜、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2008年秋季年会, 2008年09月, 日本コンピュータ化学会, 高知大学朝倉キャンパス, 2P03 9月27日(土)~28日(日)
  • 有機ケイ素分子の内殻光電子、オージェ電子スペクトルにおける原子サイト依存性, 新田晃子、清水亜由美、長岡伸一、為則雄祐、福澤宏宣、上田潔、鈴木功, 第2回分子科学討論会, 2008年09月, 分子科学会, 福岡国際会議場, 2P047 9月24日(水)~27日(土)
  • 解離イオン対の相関スペクトルでみるF 1s励起パーフルオロシクロブタンの解離, 岡田和正、寺島妙美、池本真理子、為則雄祐、清水亜由美、新田晃子、鈴木、功、田林清彦、長岡伸一, 第2回分子科学討論会, 2008年09月, 分子科学会, 福岡国際会議場, 4P045 9月24日(水)~27日(土)
  • 改良型電子−電子−イオンコインシデンス分光装置の開発とサイト選択的イオン脱離研究への応用, 垣内拓大、藤田斉彦、橋本章吾、間瀬一彦、大下浄治、長岡伸一、田中正俊, 日本物理学会秋季大会, 2008年09月, 日本物理学会, 岩手大学(盛岡), 22pPSA-21 9月20-23日
  • Anisotropic Fragmentation following the K-shell Excitation of Perfluorocyclobutane, K. Okada, A. Suemitsu, Y. Iwasaki, I. H. Suzuki, S. Nagaoka, T. Gejo, Y. Tamenori, K. Tabayashi, K. Ohno, X08 (21st Int. Conf. X-Ray and Inner-Shell Processes), 2008年06月, パリ, Poster II - 29 6月22日~27日
  • アロエサポナリンIの紫外線防御と一重項酸素消去の機能, 長岡伸一、藤井亜紀子、日野めぐみ、竹本真唯、保田三沙貴、三島麻里子、小原敬士、桝本茜、宇野英満、長嶋雲兵, 第61回日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年06月, 日本酸化ストレス学会, 国立京都国際会館, P085 6月19日(木)~20日(金)
  • ビタミンEの抗酸化活性に及ぼす生体金属イオンの効果, 大内綾、橋本悠、長岡伸一、阿部皓一、向井和男, 第61回日本酸化ストレス学会学術集会, 2008年06月, 日本酸化ストレス学会, 国立京都国際会館, 一般講演29 6月19日(木)~20日(金)
  • パーフルオロシクロブタンのF 1s励起と解離, 末光篤、岡田和正、為則雄祐、鈴木功、長岡伸一、田林清彦, 第24回化学反応討論会, 2008年06月, 北海道大学, 1P19 6/2-4
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究, 寺前裕之、橋詰大志郎、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2008春季年会, 2008年05月, 日本コンピュータ化学会, 東京工業大学, 1P17 5月22日(木)~23日(金)
  • コインシデンス分光による内殻励起、オージェ緩和、イオン脱離の研究, 間瀬一彦(物構研・JSTさきがけ・総研大)、間宮・森本(物構研)、垣内(総研大)、小林・瀬戸山(SAGA/LS)、奥平・張・大岩・笠井・小笹・片岡・解良・小野・永松・塩野入・深川・末吉・藤井・浦・角田・中川・細海・満尾(千葉大工)、田中・大野・藤田・橋本(横国大院工)、奥沢・小山田・岡田・飯島(群馬大教育)、長岡(愛媛大), 第25回PFシンポジウム, 2008年03月, PF, つくば, 2006S2-002 3/18-19
  • ビタミンEを含むミセル系における一重項酸素発光寿命, 折口孝、菊地香織里、小原敬士、長岡伸一, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月, 日本化学会, 立教大学池袋キャンパス, 3L4-12 3月26日(水)~30日(日)
  • ビタミンEの不均一系での抗酸化反応の速度論的研究, 吉本摩耶、小原敬士、長岡伸一, 日本化学会第88春季年会, 2008年03月, 日本化学会, 立教大学池袋キャンパス, 4PC-063 3月26日(水)~30日(日)
  • パーフルオロシクロブタンのCおよびF 1s励起と解離, 岡田和正、末光篤、岩崎義己、田林清彦、鈴木功、長岡伸一、下條竜夫、為則雄祐、大野啓一, 第21回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2008年01月, 日本放射光学会, 立命館大学びわこ草津キャンパス, 14P056 1/12-14
  • Photoinitiated Radical Reaction in the Vitamin E Emulsion, Keishi Ohara, Ayumi Shimizu, Yuki Wada, Shin-ichi Nagaoka, 電子スピンサイエンス国際会議、第46回電子スピンサイエンス学会年会合同討論会(ISESS-SEST2007), 2007年11月, 電子スピンサイエンス学会, 静岡コンベンションアーツセンター, P16 11月6日(火)~11月9日(金)
  • パーフルオロシクロブタンのフッ素内殻励起・解離, 末光篤、岡田和正、長岡伸一、清水亜由美、新田晃子、鈴木功、田林清彦、為則雄祐, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月, 日本化学会中国四国支部, 岡山大学, 2C1-18 11月10日・11日
  • Comparison between the Free-Radical-Scavenging Activities with Vitamin E and Ubiquinol in Biological Systems Based on the Reaction Rates, Kazuo Mukai, Aiko Tokunaga, Shingo Itoh, Yu Kanesaki, Keishi Ohara, Shin-ichi Nagaoka, Kouichi Abe, 5TH CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL COENZYME Q10 ASSOCIATION, 2007年11月, Kobe Gakuin University, November 9-12
  • 有機ケイ素分子の内殻励起によって誘起されるサイト選択的解離, 長岡伸一, 第11回SPring-8シンポジウム, 2007年10月, 招待有り, SPring-8, SPring-8, 「原子分子の内殻励起研究会」「軟X線実験技術研究会」 10/27-28
  • カテキン類によるビタミンE再生作用の速度論的研究, 新田晃子、小原敬士、長岡伸一、向井和男, 第1回分子科学討論会2007仙台, 2007年09月, 分子科学会, 東北大学川内北キャンパス, 1P136 9月17日(月)~20日(木)
  • 不均一系におけるビタミンEの光化学反応の研究, 清水亜由美、和田有紀、小原敬士、長岡伸一, 第1回分子科学討論会2007仙台, 2007年09月, 分子科学会, 東北大学川内北キャンパス, 3P100 9月17日(月)~20日(木)
  • パーフルオロシクロブタンのフッ素K殻領域における吸収と解離過程, 岡田和正、末光篤、長岡伸一、清水亜由美、新田晃子、鈴木功、田林清彦、為則雄祐, 第1回分子科学討論会2007仙台, 2007年09月, 分子科学会, 東北大学川内北キャンパス, 1P139 9月17日(月)~20日(木)
  • 有機ケイ素分子のサイト選択的解離へのサイト間結合距離依存性, 福澤宏宣、Prümper Georg、Liu XiaoJing、Lischke Toralf、上田潔、Harries James、為則雄祐、大下浄治、長岡伸一, 第1回分子科学討論会2007仙台, 2007年09月, 分子科学会, 東北大学川内北キャンパス, 3P128 9月17日(月)~20日(木)
  • 電子−イオン−イオン3重同時計測法で探る内殻イオン化分子のサイト選択的解離, 福澤宏宣、Prümper Georg、劉小井、Lischke Toralf、上田潔、Harries James、為則雄祐、大下浄治、長岡伸一, 原子衝突研究協会第32回研究会, 2007年08月, 原子衝突研究協会, 東京工業大学百年記念館, P09 8月22日(水)-24日(金)
  • Site-specific fragmentation following Si:2p photoionization of organosilicon molecules studied by photoelectron-ion-ion triple coincidence spectroscopy, H. Fukuzawa, G. Prümper, X.-J. Liu, T. Lischke, K. Ueda, J. R. Harries, Y. Tamenori, J. Ohshita, S. Nagaoka, International Symposium on (e,2e), Double Photoionization and Related Topics, 2007年08月, Königstein, Germany, 1 - 4 August
  • α-Tocopherol懸濁系での抗酸化反応の速度, 吉本摩耶、小原敬士、長岡伸一, 第29回日本フリーラジカル学会/ 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第31回大会 合同学会, 2007年06月, 日本フリーラジカル学会/ 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会, 名古屋, P26
  • Vitamin E Emulsion系での一重項酸素寿命, 折口孝、小原敬士、長岡伸一、, 第29回日本フリーラジカル学会/ 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第31回大会 合同学会, 2007年06月, 日本フリーラジカル学会/ 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会, 名古屋, P27
  • Electron Ion Coincidence Measurements Using a 3D Momentum Resolving Mass Spectrometer, Georg Prümper, Hironobu Fukuzawa, Kiyoshi Ueda, Misaki Okunishi, Takuro Hatamoto, James Harries, Yusuke Tamenori, Shin-ichi Nagaoka, 第55回質量分析総合討論会, 2007年05月, 広島, 3A-S7-1435 5/15-17
  • コインシデンス分光による内殻励起、オージェ緩和、イオン脱離の研究, 間瀬一彦、間宮、森本、垣内拓大、小林、奥平、張、大岩、笠井、小笹、片岡、解良、小野、永松、塩野入、深川、末吉、藤井、浦、角田、中川、細海、満尾、田中、大野、藤田、奥沢、小山田、岡田、飯島、長岡伸一、瀬戸山, PFシンポジウム, 2007年03月, PF, つくば, 2006S2-002 3/14-15
  • Site-Specific Fragmentation Caused by Core-Level Photoionization of Organosilicon Molecules, S. Nagaoka, The 10th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation (第11回広島放射光国際シンポジウム), 2007年03月, 招待有り, HiSOR, 東広島, 「放射光を用いたナノサイエンスと光化学」 3/8-9
  • 有機ケイ素分子の内殻励起によって誘起されるサイト選択的解離, 長岡伸一, 電子格子相互作用による緩和動力学の多様性:局在性、量子コヒーレンス、低次元系、非平衡系, 2007年02月, 招待有り, 有馬温泉, 2月11~12日
  • Si:2pイオン化によって引き起こされるF<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>気体のサイト選択的イオンペア生成, 竹本真唯、長岡伸一、日野めぐみ、Georg Prümper、為則雄祐、James Harries、鈴木功、岡田和正、田林清彦、Liu Xiao-Jing、Toralf Lischke、上田潔, 第20回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR07), 2007年01月, 日本放射光学会, 広島, 1C005
  • ビタミンE同族体のミセル中におけるラジカル消去反応速度と生物活性の相関, 向井和男、徳永愛子、伊藤慎吾、兼崎友、阿部皓一、小原敬士、長岡伸一, 第18回ビタミンE研究会, 2007年01月, ビタミンE研究会, 佐世保, P-01
  • 軟X線による気体原子・分子内殻励起実験技術の新展開: 趣旨説明, 長岡伸一 , 第20回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR07), 2007年01月, 招待有り, 日本放射光学会, 広島
  • 軟X線実験技術−サイト選択的解離の例−, 長岡伸一 , 第10回SPring-8シンポジウム, 2006年11月, 招待有り, SPring-8, SPring-8
  • F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>気体のサイト選択的解離の内殻準位依存性, 竹本真唯、長岡伸一、日野めぐみ、Georg Prümper、為則雄祐、James Harries、鈴木功、岡田和正、田林清彦、Liu Xiao-Jing、Toralf Lischke、上田潔、, 分子構造総合討論会2006, 2006年09月, 分子科学会, 静岡, 3P127
  • Site-Specific Fragmentation following Core-Level Photoionization of Molecules Studied by Electron-Ion Coincidence Spectroscopy, H. Fukuzawa, G. Prümper, X.-J. Liu, T. Lischke, K. Ueda, Y. Tamenori, J. Harries, T. Ibuki, S. Nagaoka, International Symposium Scattering, Coincidence and Absorption Studies of Molecules (SCASM), 2006年09月, Rio de Janeiro, Brazil, September 4-6
  • Site-specific fragmentation following F 1s photoionization of CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB> molecules studied by electron-ion coincidence spectroscopy, H. Fukuzawa, G. Prümper, S. Nagaoka, T. Ibuki, Y. Tamenori, J. Harries, X.-J. Liu, K. Ueda, International Conference on Electronic Spectroscopy and Structure, 2006年08月, Foz do Iguaçu, PR, Brazil, P2AMO81 August 28th to September 1st
  • Site-specific fragmentation following Si 2p photoionization of organosilicon molecules studied by electron-ion coincidence spectroscopy, H. Fukuzawa, G. Prümper, Y. Tamenori, J. Harries, X.-J. Liu, T. Lischke, K. Ueda, S. Nagaoka, International Conference on Electronic Spectroscopy and Structure, 2006年08月, Foz do Iguaçu, PR, Brazil, P2AMO132 August 28th to September 1st
  • Molecular Knife - Control of Chemical Reactions by Core Excitation, S. Nagaoka, Fourteenth International Conference on Composites/Nano Engineering, 2006年07月, 招待有り, Boulder, Colorado, USA, July 2-8
  • F1s励起CF<sub>3</sub>SF<sub>5</sub>の超高速解離ダイナミックス-ドップラー・シフト-, 伊吹紀男、伊藤伸一、為則雄祐、岡田和正、長岡伸一、森下雄一郎、鈴木功, 第22回化学反応討論会, 2006年06月, 分子科学研究所, 1A2
  • ビタミンEとユビキノール-10のフリーラジカル消去反応の構造活性相関, 向井和男、徳永愛子、伊藤慎吾、兼崎友、小原敬士、長岡伸一、阿部皓一, 第28回日本フリーラジカル学会, 2006年05月, 日本フリーラジカル学会, 津, O-08
  • F1s励起CF<SUB>3</SUB>SF<SUB>5</SUB>の解離におけるドップラーシフト, 伊吹紀男、伊藤伸一、為則雄祐、岡田和正、長岡伸一、森下雄一郎、鈴木功, 第19回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2006年01月, 日本放射光学会, 名古屋, 9P082M
  • Si:2p イオン化によって引き起こされるF<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>気体のサイト選択的解離, 日野めぐみ、竹本真唯、長岡伸一、Georg Prümper、為則雄祐、James Harries、鈴木功、高橋修、岡田和正、田林清彦、Liu Xiao-Jing、Toralf Lischke、上田潔, 第19回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2006年01月, 日本放射光学会, 名古屋, 9C010N
  • ギ酸クラスターの内殻励起と誘起反応過程の研究, 山本恵輔、丸山友絵、田林清彦、岡田和正、為則雄祐、鈴木功、長岡伸一、下条竜夫、田村孝、伊勢田満広、真部弘和、本間健二、田中大, 第19回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2006年01月, 日本放射光学会, 名古屋, 9P083M
  • 三つの化学シフト−NMR、ESCA、メスバウアー−, 長岡伸一 , 日本分光学会中国四国支部愛媛地区講演会, 2005年12月, 招待有り, 日本分光学会中国四国支部, 松山
  • 同時計数法を用いた表面凝縮有機ケイ素分子のSi 2p 内殻イオン化に由来するサイト選択的オージェ崩壊過程とイオン脱離, 垣内拓大、間瀬一彦、小林英一、南部英、高橋修、長岡伸一, 第46回真空に関する連合講演会, 2005年11月, 学習院大学
  • 蛍光検出法による懸濁液系での天然抗酸化剤のフリーラジカル消去速度測定, 小原敬士、仲原英紀、長岡伸一, 分子構造総合討論会2005東京, 2005年09月, 分子科学会, 東京, 2P160
  • 内殻領域における1,1-ジフルオロエチレンの光吸収スペクトルと解離イオンの角度分布, 岡田和正、伊吹紀男、松戸誉央、山名洋輔、藤井亜紀子、長岡伸一、鈴木功、田林清彦、為則雄祐、大野啓一, 分子構造総合討論会2005東京, 2005年09月, 分子科学会, 東京, 1P109
  • F<SUB>3</SUB>SiCH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>におけるSi:1s電子の選択的イオン化による反応性の変動, 日野めぐみ、竹本真唯、垣内拓大、長岡伸一、大下浄治、岡田和正、伊吹紀男、鈴木功、為則雄祐, 分子構造総合討論会2005東京, 2005年09月, 分子科学会, 東京, 2P106
  • 発光分光法とab initio分子軌道計算を用いたアロエサポナリンの励起状態の研究, 竹本真唯、日野めぐみ、桝本茜、宇野英満、長嶋雲兵、長岡伸一, 分子構造総合討論会2005東京, 2005年09月, 分子科学会, 東京, 1P118
  • 同時計数法を用いた凝縮有機ケイ素分子のSi 2p 内殻イ オン化に由来するサイト選択的オージェ崩壊過程とイオン脱離, 垣内拓大、間瀬一彦、小林英一、南部英、高橋修、長岡伸一, 分子構造総合討論会2005東京, 2005年09月, 分子科学会, 東京, 1C12
  • カテキン類の抗酸化作用, 向井和男、末光藍、小原敬士、長岡伸一, AOB (Antioxidant Biofactor) 研究会, 2005年06月, 徳島, 6月17日
  • カテキン類のビタミンE再生作用, 末光藍、小原敬士、長岡伸一、向井和男, 第27回日本フリーラジカル学会学術集会, 2005年06月, 日本フリーラジカル学会, 岡山, O-11
  • カテキン類によるビタミンE再生反応の速度論的研究, 末光藍、小原敬士、長岡伸一、向井和男, 日本化学会第85回春季年会, 2005年03月, 日本化学会, 横浜, 3A1-12
  • オージェ−光電子コインシデンス分光による凝縮SiF<SUB>3</SUB>CH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>のサイト選択的オージェ過程の研究, 間瀬一彦、南部英、小林英一、瀬尾淳哉、垣内拓大、高橋修、大下浄治、田中正俊、長岡伸一, 日本物理学会第60回年次大会, 2005年03月, 日本物理学会, 野田, 24pWB-2
  • 電子-イオン同時計数法を用いた凝縮有機ケイ素分子のSi:2p内殻イオン化後のサイト選択的イオン脱離, 垣内拓大、長岡伸一、間瀬一彦、小林英一、南部英、大下浄治, 第18回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2005年01月, 日本放射光学会, 鳥栖, 9P169
  • Ion Desorption Caused by N1s Core-Level Photoexcitation of N<SUB>2</SUB>O on Si(100) Surface, S. Nagaoka, K. Mase , 10th International Workshop on Desorption Induced by Electronic Transitions (DIET-10), 2004年11月, Susono, Shizuoka
  • アロエサポナリンの光化学反応の研究, 日野めぐみ、竹本真唯、倉光誠、藤井亜紀子、長岡伸一、桝本茜、宇野英満、長嶋雲兵, 分子構造総合討論会, 2004年09月, 分子科学会, 広島, 4P088
  • Flavonoidの抗酸化作用におけるトンネル効果の研究, 垣内拓大、小原敬士、長岡伸一、向井和男, 分子構造総合討論会, 2004年09月, 分子科学会, 広島, 3P077
  • 13pTE-7 KrL 殻光イオン化における多価イオン生成機構(原子・分子, 領域 1), 鈴木 功, 森下 雄一郎, 為則 雄祐, 岡田 和正, 大山 隆志, 山本 恵輔, 田林 清彦, 伊吹 紀男, 鬼木 芳恵, 長岡 伸一, 日本物理学会講演概要集, 2004年08月
  • ビタミンE及び関連分子の抗酸化反応、酸化促進反応、再生反応における水素量子アトミックス, 長岡伸一 , 水素量子アトミックス研究会, 2004年08月, 招待有り, つくば
  • C1s<sup>-1</sup>π<sup>*</sup>内殻励起CF<sub>2</sub>CH<sub>2</sub>分子の解離に及ぼす振動効果, 岡田和正, 山名洋輔, 伊吹紀男, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 島田由美子, 森下雄一郎, 為則雄祐, 鈴木功, 化学反応討論会講演要旨集, 2004年06月
  • ダブルミキシングストップトフロー法を用いた ビタミンCによるビタミンE再生反応の速度論的研究, 垣内拓大、小原敬士、長岡伸一、向井和男, 第26回日本フリーラジカル学会学術集会, 2004年06月, 日本フリーラジカル学会, 山形, O05
  • 1,1‐ジフルオロエチレンのC1s励起領域の高分解能光吸収スペクトル, 岡田和正, 山名洋輔, 伊吹紀男, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 田林清彦, 島田由美子, 森下雄一郎, 為則雄祐, 日本化学会講演予稿集, 2004年03月
  • 27aWP-11 オージェ-光電子コインシデンス分光装置の開発と性能評価(表面界面電子物性(半導体・無機))(領域9), 間瀬 一彦, 小林 英一, 森 正信, 新井 浩史, 小林 芳治, 寺嶋 眞一, 奥平 幸司, 上野 信雄, 奥沢 誠, 長岡 伸一, 日本物理学会講演概要集, 2004年03月
  • ビタミンEの抗酸化作用, 長岡伸一, 愛媛県立宇和島東高等学校, 2004年01月, 招待有り, 愛媛県立宇和島東高等学校, 宇和島
  • 励起状態における分子内プロトン移動反応の研究, 長岡伸一 , 環境にやさしい色素・材料開発のための基礎的研究シンポジウム, 2003年12月, 招待有り, 横須賀
  • 角度分解イオン質量分析法によるCF<sub>2</sub>CH<sub>2</sub>のF1s内殻励起・解離ダイナミクス, 松戸誉央, 岡田和正, 伊吹紀男, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 鈴木功, 田林清彦, 為則雄祐, 町田雅武, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2003年10月
  • アロエサポナリンの励起状態プロトン移動における節面モデル, 長岡伸一, 藤井亜紀子, 倉光誠, 日野めぐみ, 桝本茜, 宇野英満, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2003年09月
  • KrM殻イオン化での多価イオン生成のコインシデンス法による追跡, 鈴木功, 岡田和正, 谷本修一郎, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 伊吹紀男, 芳我裕一, 為則雄祐, 原子衝突研究協会研究会講演概要集, 2003年08月
  • アロエサポナリンの励起状態分子内プロトン移動における節面モデル, 長岡伸一 , 分子科学研究所研究会「生体関連分子の水素結合とダイナミクスの新展開」, 2003年07月, 招待有り, 分子科学研究所, 岡崎
  • クルクミンのフリーラジカル消去活性の溶媒依存性とそのメカニズム, 小原敬士、水上渉、徳永愛子、長岡伸一、向井和男、宇野英満, 第25回日本フリーラジカル学会(東京), 2003年06月, 日本フリーラジカル学会, 東京, B38
  • コインシデンス法を用いた KrM 殻イオン化による多価イオン生成機構, 鈴木功, 岡田和正, 谷本修一郎, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 伊吹紀男, 芳我裕一, 為則雄祐, 質量分析総合討論会講演要旨集, 2003年05月
  • 放射光によるサイト選択的解離, 長岡伸一 , 五大学化学シンポジウム, 2002年10月, 招待有り, 徳島
  • 放射光によるサイト選択的解離, 長岡伸一 , 日本物理学会秋季大会, 2002年09月, 招待有り, 日本物理学会, 春日井
  • 深い内殻電子,Kr2pの光イオン化における衝突後相互作用, 鈴木功, 斎藤則生, 岡田和正, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 伊吹紀男, 佐守真悟, 清水雄一郎, 大橋治彦, 原子衝突研究協会研究会講演概要集, 2002年08月
  • Site-Specific Fragmentation Caused by Core-Level Photoexcitation of 1,1,1-Trifluoro-2-Propanol-d<SUB>1</SUB> on Surfaces, S. Nagaoka, International Workshop on Dynamics in Core-Excited Molecules (IWDCEM), 2002年08月, 招待有り, Higashi-Hiroshima
  • 励起状態における分子内プロトン移動反応の研究, 長岡伸一 , 第3回大つくば物理化学セミナー, 2002年07月, 招待有り, 真岡(台風6号のために交通が遮断され中止)
  • オージェ電子‐イオン同時計数法を用いた,Xe 3dイオン化における多価イオン生成経路の解明, 為則雄祐, 岡田和正, 吉田啓晃, 清水雄一郎, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 伊吹紀男, 大橋治彦, 鈴木功, 化学反応討論会講演要旨集, 2002年06月
  • しきい値近傍におけるKr2p共鳴オージェ電子放出部分断面積の変動, 藤井亜紀子, 長岡伸一, 岡田和正, 伊吹紀男, 清水雄一郎, 為則雄祐, 大橋治彦, 斎藤則生, 鈴木功, 化学反応討論会講演要旨集, 2002年06月
  • 高分解能電子エネルギー損失分光によるSi(100)(2×1)表面でのCF<sub>3</sub>CH(OH)CH<sub>3</sub>の吸着状態の研究, 長尾昌志, 向井孝三, 山下良之, 吉信淳, 長岡伸一, 田中慎一郎, 日本化学会講演予稿集, 2002年03月
  • Site-Specific Fragmentation Caused by Core-Level Photoexcitation on Surfaces, S. Nagaoka, International Symposium on Manipulation of Atoms and Molecules by Electronic Excitations, 2002年03月, 招待有り, Tokyo
  • 27pXL-5 コインシデンス法を用いたXe3dイオン化による多価イオン生成(27pXL 原子・分子,領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理分野)), 鈴木 功, 藤井 亜紀子, 清水 雄一郎, 為則 雄祐, 大橋 治彦, 岡田 和正, 谷本 修一郎, 吉田 啓晃, 伊吹 紀男, 芳我 裕一, 長岡 伸一, 日本物理学会講演概要集, 2002年
  • 2B1における表面上のサイト選択的解離研究の現状と展望, 長岡伸一 , UVSORワークショップ「ビームライン高度化」, 2001年11月, 招待有り, UVSOR, 岡崎
  • クルクミン類の抗酸化反応のメカニズム, 水上渉, 徳永愛子, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 宇野英満, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2001年10月
  • 茶カテキン類とその関連化合物によるフリーラジカル消去作用の速度論的研究, 三谷修二, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2001年10月
  • Si(100)表面上に化学吸着した1,1,1‐トリフルオロ‐2‐プロパノールのサイト選択的解離の研究, 長岡伸一, 間瀬一彦, 中村有延, 長尾昌志, 吉信淳, 田中慎一郎, 分子構造総合討論会講演要旨集, 2001年09月
  • EUVを用いた有機ケイ素分子の原子分子操作, 長岡伸一 , EUVリソグラフィ(EUVL)マスク技術検討会, 2001年09月, 招待有り, 東京
  • Kr2pイオン化しきい値領域におけるオージェ電子スペクトル, 伊吹紀男, 神森桂, 長岡伸一, 鈴木功, 清水雄一郎, 斎藤則生, 為則雄祐, 大橋治彦, 吉田啓晃, 化学反応討論会講演要旨集, 2001年05月
  • 28pZF-9 Kr2pオージェ電子スペクトルのイオン化しきい値での変動, 鈴木 功, 斎藤 則生, 長岡 伸一, 伊吹 紀男, 岡田 和正, 清水 雄一郎, 神森 桂, 佐々木 淳子, 為則 雄祐, 大橋 治彦, 日本物理学会講演概要集, 2001年03月
  • 金表面に凝縮した1,1,1‐トリフルオロエタンとSi(100)表面上に吸着した2,2,2‐トリフルオロエタノールのC:1s内殻光イオン化におけるサイト選択的解離, 長岡伸一, 田中慎一郎, 間瀬一彦, 分子構造総合討論会講演要旨集, 2000年09月
  • 蛍光法によるビタミンKモデル分子の励起状態とビタミンEの相互作用の研究, 武部光晴, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 光化学討論会講演要旨集, 2000年09月
  • 25aT-10 TiO<SUB>2</SUB>(110)表面からのイオン脱離-KFモデルの再検討, 田中 慎一郎, 間瀬 一彦, 長岡 伸一, 鎌田 雅夫, 日本物理学会講演概要集, 2000年03月
  • 内殻励起を用いた表面脱離の研究;分子メスへの応用を目指して, 長岡伸一 , 第28回表面科学研究会, 2000年02月, 招待有り, つくば
  • 内殻励起を用いた表面脱離の研究;分子メスへの応用を目指して, 長岡伸一 , 分子科学研究所研究会「内殼電子励起状態とダイナミックス−現状と展望−」, 2000年01月, 招待有り, 分子科学研究所, 岡崎
  • Molecular Knife - Control of Chemical Reactions by Core Excitation, S. Nagaoka, Interesting World of Physical Chemistry, 1999年11月, 招待有り, Kyoto
  • Investigation of Photoinduced Electron Transfer of the Model Vitamin E-Quinone System, S. Nagaoka, Photoconversion and Photosynthesis: Past, Present and Future Prospects, 1999年11月, 招待有り, 分子科学研究所, Okazaki
  • ビタミンE‐ナフトキノン架橋分子の光化学反応, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1999年09月
  • 電子をエネルギー選別した内殻励起PEPICOの観測, 下条竜夫, 間瀬一彦, 田中慎一郎, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1999年09月
  • 26pL-3 内殻励起を用いた表面脱離の研究 : 分子メスへの応用をめざして, 長岡 伸一, 日本物理学会講演概要集, 1999年09月
  • 内殻励起を用いた表面脱離の研究;分子メスへの応用をめざして, 長岡伸一 , 日本物理学会秋季大会, 1999年09月, 招待有り, 日本物理学会, 盛岡
  • Tunneling Effect in Antioxidant, Prooxidant, and Regeneration Reactions of Vitamin E, S. Nagaoka, M. Inoue, C. Nishioka, Y. Nishioku, K. Mukai, U. Nagashima, 3rd International Conference on Low Temperature Chemistry, 1999年07月, 招待有り, Nagoya
  • ミセル溶液中におけるVitaminE誘導体のアロキシルラジカル消去活性のpH依存性, 徳永愛子, 兼崎友, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1999年03月
  • 時間分解ESRを用いたビタミンE‐ナフトキノン架橋分子の光化学反応の研究, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 1998年10月
  • 硬質・軟質ポリ塩化ビニル内部における添加剤モデルの分子運動に関する研究, 沢田公平, 小野寺祥, 榎本裕之, 長岡伸一, 向井和男, 川波肇, 吉原正邦, 油化学討論会講演要旨集, 1998年09月
  • 5位置換サリチルアルデヒドの励起状態でのプロトン移動における置換基効果, 中村有延, 新出義和, 向井和男, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1998年09月
  • 有機ケイ素分子のSi:2p内殻イオン化によるサイト選択的な解離の研究, 長岡伸一, 間瀬一彦, 永園充, 田中慎一郎, 宇理須恒雄, 大下浄治, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1998年09月
  • パラ‐ジメチルアミノ置換フェルダジルラジカルとそのヨウ化アルキル錯体の分子磁性, 仙波伸得, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 植田一正, 杉本豊成, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1998年09月
  • ミセル系及び均一溶媒系でのビタミンCによるビタミンE再生反応におけるトンネル効果の研究, 西奥義憲, 長岡伸一, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1998年09月
  • 2p-YF-11 光電子-光イオン・コインシデンス分光法による表面凝縮 Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>CH<SUB>2</SUB>SiF<SUB>3</SUB>の内殻電子励起に由来するサイト選択的イオン脱離の研究, 長岡 伸一, 間瀬 一彦, 永園 充, 田中 慎一郎, 宇理須 恒雄, 日本物理学会講演概要集, 1998年03月
  • ラッピングテープによるチタン合金研磨用加工液の開発(第3報) -硫黄成分が研磨特性に及ぼす影響-, 友田 英幸, 山本 修太郎, 北嶋 弘一, 仲井 正徳, 長岡 伸一, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 1998年03月
  • 内殻励起後の原子サイトに選択的な反応−放射光による化学反応制御−, 長岡伸一 , 第2回広島放射光国際シンポジウム, 1998年03月, 招待有り, HiSOR, 東広島
  • 硬質・軟質ポリ塩化ビニル内部における添加剤モデルの分子運動に関する研究, 沢田公平, 小野寺祥, 榎本裕之, 長岡伸一, 向井和男, 川波肇, 吉原正邦, 日本化学会講演予稿集, 1998年03月
  • 硬質・軟質ポリ塩化ビニル内部における添加剤モデルの分子運動に関する研究, 沢田公平, 小野寺祥, 榎本裕之, 長岡伸一, 向井和男, 川波肇, 吉原正邦, 油化学討論会講演要旨集, 1997年10月
  • サリチルアルデヒド関連分子の励起状態でのプロトン移動における置換基効果, 中村有延, 新出義和, 向井和男, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1997年10月
  • ビタミンEの抗酸化反応と酸化促進反応の機構の研究 トンネル効果と電荷移動, 西岡千帆, 角田小百合, 長岡伸一, 向井和男, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1997年10月
  • ユビキノールによるビタミンE再生反応におけるトンネル効果の研究, 西奥義憲, 長岡伸一, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1997年10月
  • 2‐(2′‐ヒドロキシアリール)ベンズアゾールの励起状態におけるプロトン移動と波動関数の節, 楠木淳也, 藤淵図南, 向井和男, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1997年10月
  • 2-I-4 トコフェロール類のミセル溶液中におけるアリルオキシルラジカル消去反応速度のpH依存性 : 第49回大会一般研究発表要旨, 兼崎 友, 長岡 伸一, 向井 和男, ビタミン, 1997年04月
  • 28a-F-11 光電子-光イオン・コインシデンス(PEPICO)分光法による表面凝縮Si(CH<SUB>3</SUB>)<SUB>4</SUB>の内殻励起誘起イオン脱離の研究, 間瀬 一彦, 永園 充, 田中 慎一郎, 宇理須 恒雄, 長岡 伸一, 日本物理学会講演概要集, 1997年03月
  • ビタミンEの抗酸化反応機構, 長岡伸一 , 水素の科学:水素が作る構造と機能, 1997年03月, 招待有り, つくば
  • ビタミンCによるビタミンE再生反応におけるトンネル効果の研究, 西奥義憲, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1997年03月
  • 内殻サイトに特有な分子解離, 長岡伸一 , 分子科学研究所研究会「放射光とレーザーを併用した分子科学の展望」, 1996年10月, 招待有り, 分子科学研究所, 岡崎
  • ビタミンEの抗酸化反応と酸化促進反応におけるトンネル効果の研究, 西岡千帆, 井上雅代, 向井和男, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996年10月
  • 金表面上に凝縮した1‐トリフルオロシリル‐2‐トリメチルシリルエタンのSi:2p内殻イオン化によって起こる原子サイトに特有の解離の研究, 長岡伸一, 間瀬一彦, 永園充, 田中慎一郎, 宇理須恒雄, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996年10月
  • ヒドロキシナフチルベンゾチアゾール,及びヒドロキシアントリルベンゾチアゾール類の励起状態における分子内プロトン移動の研究, 楠木淳也, 藤淵図南, 向井和男, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996年10月
  • 1‐トリフルオロシリル‐2‐トリメチルシリルエタンの気相におけるSi:2p内殻励起によって起こる原子サイトに特有な解離の研究, 藤淵図南, 長岡伸一, 大下浄治, 石川満夫, 小谷野猪之助, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996年10月
  • カテキン類による溶液中におけるフリーラジカル消去機構の研究, 兼崎友, 長岡伸一, 向井和男, 油化学討論会講演要旨集, 1996年10月
  • フラボン誘導体のフリーラジカル消去反応の構造活性相関, 向井和男, 渡辺恵子, 岡渉, 江川義史, 長岡伸一, 寺尾純二, 油化学討論会講演要旨集, 1996年10月
  • ビタミンEのトンネル反応, 長岡伸一 , 第2回低温化学セミナー「トンネル反応と生物効果」, 1996年08月, 招待有り, 東海
  • 光合成アンテナ色素ケトカロテノイドの蛍光特性, 三室守, 山野由美子, 伊藤允好, 菊地浩人, 長岡伸一, 日本植物生理学会年会要旨集, 1996年03月
  • Effects of Node of Wave Function upon Excited-State-Intramolecular-Proton-Transfer of Hydrogen-Bonded Molecules, S. Nagaoka, Dynamic Studies of Hydrogen Atom Transfer Reactions, 1996年01月, 招待有り, Okazaki
  • 内殻励起による解離プロセス, 長岡伸一 , 電気学会「放射光による材料加工技術調査専門委員会」・応用物理学会「光励起プロセス委員会」合同研究会, 1996年01月, 招待有り, 電気学会, 東京
  • Phenoxyl‐Nitronyl Nitroxideおよび‐Verdazyl異種BiradicalのESR法による研究, 井上啓一, 長岡伸一, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 1995年10月
  • ESRおよび分子軌道計算を用いたサリチルアルデヒド関連分子の第一イオン状態における分子内プロトン移動の研究, 新出義和, 山本修太郎, 長岡伸一, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 1995年10月
  • フェムト秒分光法を用いたビタミンE‐デュロキノン架橋分子の光誘起電子移動の研究, 長岡伸一, 石原和彦, BARBARA P F, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1995年09月
  • ab initio法による一重項酸素と飽和脂肪酸との反応の研究, 井上雅代, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 向井和男, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 1995年09月
  • 極紫外光を用いた内殻励起後の原子サイトに特有の解離プロセスの研究, 長岡伸一 , 分子科学研究所研究会「極紫外光プロセスの基礎」, 1995年08月, 招待有り, 分子科学研究所, 岡崎
  • コーヒー酸誘導体のフリーラジカル消去反応速度のpH依存性 反応の構造活性相関, 尾方まゆみ, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1995年03月
  • フェムト秒分光法によるビタミンEモデル分子の電子移動反応の研究, 石原和彦, 長岡伸一, SILVA C, WALHOUT P C, OLSON E C J, HOERMANN A, BARBARA P F, 日本化学会講演予稿集, 1995年03月
  • 発光分光法を用いたサリチルアルデヒド関連分子の励起状態におけるプロトン移動の研究, 新出義和, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1995年03月
  • ビタミンEの抗酸化反応における重水素効果の研究, 井上雅代, 長岡伸一, 向井和男, 長嶋雲兵, 日本化学会講演予稿集, 1995年03月
  • 2‐(ヒドロキシナフチル)ベンゾチアゾール及び2‐(ヒドロキシナフチル)ベンゾキサゾールの励起状態における分子内プロトン移動の研究, 藤淵図南, 畠中誠二, 山本修太郎, 新出義和, 長岡伸一, 向井和男, 岡崎敏, 日本化学会講演予稿集, 1995年03月
  • 1,5‐ジメチルフェルダジルバイラジカルの磁気的性質, 井上啓一, 根立浩一, 田嶋邦彦, 長岡伸一, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 1994年09月
  • スクワレンの一重項酸素消光反応とフリーラジカル捕捉反応の速度論的研究, 江川義史, 長岡伸一, 向井和男, 河野善行, 高橋元次, 油化学討論会・研究発表会講演要旨集, 1994年09月
  • カテコールアミンの活性ラジカル消去作用とビタミンE再生作用の速度論的研究, 江川義史, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1994年03月
  • 生体関連ハイドロキノンの活性ラジカル消去作用とビタミンE再生作用の速度論的研究, 向井和男, 伊藤慎吾, 森本仁士, 長岡伸一, 油化学討論会・研究発表会講演要旨集, 1993年11月
  • 過渡吸収とab initio計算による2‐(2′‐ヒドロキシフェニル)ベンゾチアゾールと2‐(2′‐ヒドロキシフェニル)ベンゾキサゾールの三重項状態の研究, 長岡伸一, 伊藤昭則, 向井和男, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1993年10月
  • 1-I-9 ビタミンE誘導体の結晶構造 : ビタミンEの分子構造と抗酸化活性 : 第45回大会研究発表要旨, 向井 和男, 大林 繁, 長岡 伸一, 小澤 太健展, 東 長雄, ビタミン, 1993年04月
  • 光合成系のカロテノイドの分子構造と分光特性, 三室守, 長嶋雲兵, 長岡伸一, 高市真一, 西村賢宣, 山崎巌, 加藤哲也, 日本生物物理学会年会講演予稿集, 1992年10月
  • 2‐(2′‐ヒドロキシフェニル)ベンゾチアゾールの三重項状態に関する研究, 伊藤昭則, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1992年09月
  • 1,8‐ジヒドロキシアントラキノンのアニオンのESRとプロトン移動に関する研究, 山本修太郎, 田嶋邦彦, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1992年09月
  • 新しいビタミンE関連分子の合成と励起状態の研究, 石原和彦, 長岡伸一, 向井和男, 北弘志, 金子豊, 日本化学会講演予稿集, 1992年09月
  • 2,2′‐ビピリジルジオールの励起状態におけるプロトン移動と波動関数の節, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1992年09月
  • 生体関連ハイドロキノンの抗酸化活性, 森本仁士, 菊池清治, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1992年03月
  • サリチルアルデヒド関連分子の最低励起三重項状態に関する研究, 山本修太郎, 長岡伸一, 向井和男, 伊藤昭則, 日本化学会講演予稿集, 1992年03月
  • Stopped‐Flow法と分子軌道法によるフェノール性抗酸化剤の水素引き抜き反応の研究, 村上大祥, 沢田公平, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1992年03月
  • 2‐(2′‐ヒドロキシフェニル)ベンゾチアゾールの最低励起三重項状態に関する研究, 伊藤昭則, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1992年03月
  • ビタミンEラジカルと不飽和脂酸の反応の速度論的研究.ビタミンEの酸化促進効果, 森本仁士, 岡内優司, 長岡伸一, 向井和男, 油化学討論会・研究発表会講演要旨集, 1991年10月
  • 2‐(2′‐ヒドロキシフェニル)ベンゾチアゾールの三重項状態の時間分割ESR,発光分光法,過渡吸収分光法による研究, 伊藤昭則, 長岡伸一, 向井和男, 星本悦司, 広田襄, ESR討論会講演要旨集, 1991年10月
  • 励起状態におけるプロトン移動反応の研究, 長岡伸一 , 日本化学会第62秋季年会(第6回若い世代の特別講演会), 1991年09月, 招待有り, 日本化学会, 札幌
  • サリチルアルデヒド関連分子の励起状態の性格の発光分光法とab‐initio計算による研究, 伊藤昭則, 長岡伸一, 向井和男, 長島雲兵, 斉藤真司, 日本化学会講演予稿集, 1991年03月
  • ミセル中におけるビタミンEラジカルと不飽和脂肪酸の反応の速度論的研究, 森本仁士, 岡内優司, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 1991年03月
  • Investigation of Proton-Transferred Enol Tautomers in the Lowest Excited Triplet States of Methylsalicylate and Related Molecules, E. Hoshimoto, S. Yamauchi, N. Hirota, S. Nagaoka, Photoinduced Proton Transfer Dynamics in Chemistry, Biology, and Physics in Honor of Michael Kasha, 1991年01月, 招待有り, Tallahassee
  • ピリジンの低位三重項状態のab initio計算, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1990年10月
  • ビタミンEラジカルによるヒドロペルオキシドからの水素引き抜き反応の速度論とab‐initio計算による研究, 沢田公平, 向井和男, 長岡伸一, 福本洋二, 日本化学会講演予稿集, 1990年09月
  • ビタミンEラジカルによる脂肪酸エステルからの水素引き抜き反応の速度論とab initio計算による研究, 長岡伸一, 岡内優司, 長嶋雲兵, 向井和男, 生体機能関連化学シンポジウム講演要旨集, 1990年05月
  • 30a-S-4 しきい電子・光イオン同時測定によるCO<SUB>2</SUB>の解離過程の研究, 酒井 康弘, 閔 丙秀, 高柳 俊暢, 脇谷 一義, 鈴木 洋, 平山 孝人, 長岡 伸一, 奥山 克彦, 木村 克美, 年会講演予稿集, 1990年03月
  • Photoionization Efficiency Curves of Water-Ethylene Clusters, T. Hirayama, S. Nagaoka, K. Kimura, International Symposium on VUV-SX Physics and Chemistry, 1989年07月, 招待有り, Okazaki
  • 3p-E3-6 シンクロトロン放射光による原子・分子クラスターの光イオン化過程, 平山 孝人, 長岡 伸一, 木村 克美, 秋の分科会講演予稿集, 1988年09月
  • 6a-E3-5 軟X線励起による有機金属分子の解離性光電離. 2. Ca (CH<SUB>3</SUB>)<SUB>3</SUB>, 上田 潔, 長岡 伸一, 佐藤 幸紀, 繁政 英治, 小谷野 猪之助, 柳下 明, 早石 達司, 秋の分科会講演予稿集, 1988年09月
  • 31p-G2-6 軟X線励起による有機金属分子の解離性光電離.1.Sn(CH3)4,Pb(CH3)4(原子・分子), 佐藤 幸紀, 上田 潔, 長岡 伸一, 小谷野 猪之助, 繁政 英治, 長田 哲夫, 早石 達司, 柳下 明, 田中 健一郎, 年会講演予稿集, 1988年
  • Investigation of Fragmentation Processes Following Core Photoionization of Organometallic Molecules in the Vapor Phase, S. Nagaoka, The 28th Okazaki Conference on Solid State Chemistry with VUV Synchrotron Radiation, 1987年02月, 招待有り, 分子科学研究所, Okazaki
  • NMR Study of Molecular Dynamics in Some Hydrogen-Bonded Crystals, T. Terao, T. Akagi, S. Nagaoka, F. Imashiro, A. Saika, N. Hirota, XXIInd Congress Ampere on Magnetic Resonance and Related Phenomena, 1984年09月, Irchel campus of the University of Zurich, 10-15 September 1984, Irchel campus of the University of Zurich
  • Proton Transfer and Nonradiative Decay Processes of Salicylaldehyde, S. Nagaoka, N. Hirota, One-Day Discussion on Electron Transfer and Proton Transfer in the Excited State, 1982年10月, 招待有り, 分子科学研究所, Okazaki

MISC

  • 表紙とその言葉, 長岡 伸一, 化学と教育, 65, 8, front cover, 371, 2017年08月, 0386-2151
  • 알로에 함유에 의한 UV케어의 연구 - 자외선방어와 일중항산소의 소거작용, 長岡伸一、小原敬士, Fragrance J. Korea, 7, 88, 93, 2015年07月, 2384-1540, フレグランスジャーナル、43 (6), 67-72 (2015)の公式ハングル訳
  • サンスクリーンの新技術と素材開発 アロエ含有物によるUVケアの研究 紫外線防御と一重項酸素消去作用, 長岡伸一, 小原敬士, Fragr. J., 43, 6, 67, 72, 2015年06月, 0288-9803, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218618642075
  • 食品が活性酸素・フリーラジカルを消滅させる能力を評価する方法の開発, 長岡 伸一, 食に関する助成研究調査報告書, すかいらーくフードサイエンス研究所, 食に関する助成研究調査報告書, 28, 89, 94, 2015年, 1343-7844, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020666617
  • 平成26年度日本ビタミン学会市民公開講座を終えて(平成26年度日本ビタミン学会市民公開講座講演要旨), 長岡 伸一, ビタミン, 公益社団法人 日本ビタミン学会, ビタミン, 89, 1, 2015年, 0006-386X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009892424
  • オージェ電子‐光電子コインシデンス分光によるシリコン単結晶表面および酸化シリコン超薄膜の局所電子状態の研究, 垣内拓大, 間瀬一彦, 長岡伸一, ぶんせき, 7, 374, 380, 2014年07月, 0386-2178, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402222828133688
  • Three-dimensional visualization of wave functions for rotating molecule: Plot of spherical harmonics, NAGAOKA S, TERAMAE H, NAGASHIMA U, American Chemical Society, J. Chem. Educ., 90, 5, 669, 670, 2013年05月, 00219584, 10.1021/ed300789w, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84877769678&origin=inward, Wave functions for rotating diatomic molecules (spherical harmonics) were three-dimensionally visualized by using Graph-R in tandem with Excel. © 2013 The American Chemical Society and Division of Chemical Education, Inc.
  • アセトニトリル中におけるビタミンEラジカルの紫外可視吸収スペクトルへの金属イオンの効果 : ビタミンEラジカルと金属陽イオンの錯形成(研究論文紹介), 長岡 伸一, 河野 優太郎, 大内 綾, 向井 和男, 日本ビタミン学会, ビタミン, 日本ビタミン学会, ビタミン, 87, 3, 152, 153, 2013年03月, 0006386X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009596806
  • ユビキノールによるビタミンEの再生反応に及ぼす金属塩の効果とメカニズム, 大内 綾, 大井 正則, 長岡 伸一, 向井 和男, 日本ビタミン学会, ビタミン, 日本ビタミン学会, ビタミン, 86, 5, 293, 302, 2012年06月, 0006386X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009471131, A kinetic study of regeneration reaction of α-tocopherol (α-TocH) by ubiquinol-10 has been performed in the presence of alkali and alkaline earth metal salts in methanol and acetonitrile solutions. Notable effects of metal cations on the UV-Vis absorption spectrum of α-tocopheroxyl (α-Toc・) radical were observed in aprotic acetonitrile solution, suggesting a complex formation between α-Toc・ and metal cations. On the other hand, effects of metal cations were negligible in protic methanol, suggesting that the complex formation between α-Toc・ and metal cations is hindered by the hydrogen bond between α-Toc・ and methanol molecules. The second-order rate constants (k<SUB>r</SUB>) for the reaction of α-Toc・ with ubiquinol-10 increased and decreased notably with increasing concentrations of metal salts in methanol and acetonitrile, respectively. The difference in the reaction mechanism in methanol and acetonitrile was discussed based on the results obtained. High concentrations of alkali and alkaline earth metal salts coexist with α-TocH and ubiquinol-10 in plasma, blood and many tissues, suggesting the contribution of the metal salts to the above regeneration reaction in biological systems.
  • 発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス (特集 激変するものづくり革新), 佐藤 久子, 田村 堅志, 長岡 伸一, ケミカルエンジニヤリング, 化学工業社, ケミカルエンジニヤリング, 57, 5, 375, 380, 2012年05月, 0387-1037, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019311903
  • A revisit to molecular orbitals in H<SUB>2</SUB><SUP>+</SUP>, LiH, HF, and hybridization, NAGAOKA S, TERAMAE H, NAGASHIMA U, 日本化学会, Chem. Lett., 41, 1, 9, 14, 2012年01月, 03667022, 10.1246/cl.2012.9, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84855308960&origin=inward, We have drawn three-dimensional contour plots of H 2 + molecular orbitals and carbon hybrid orbitals according to explanations given in quantum chemistry textbooks and have also performed ab initio molecular orbital calculations of LiH and HF. Some contour representations and molecular orbital energy-level diagrams thus obtained are not consistent with the figures adopted in the textbooks. It is considered that the usual explanations for the molecular orbitals of H 2 +, LiH, HF, and hybridization in the conventional textbooks are liable to misunderstanding. © 2012 The Chemical Society of Japan.
  • アロエ含有物によるUVケアの研究 : 紫外線防御と一重項酸素消去作用, 長岡 伸一, 小原 敬士, Cosmetology : Annual report of cosmetology, コスメトロジー研究振興財団, Cosmetology : Annual report of cosmetology, 20, 23, 27, 2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019435246
  • 卵黄レシチンリポソーム膜におけるビタミンEのラジカル消去反応速度(研究論文紹介), 福澤 健治, 大内 綾, 柴田 瑩, 長岡 伸一, 向井 和男, 日本ビタミン学会, ビタミン, 日本ビタミン学会, ビタミン, 85, 12, 651, 654, 2011年12月, 0006386X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008898020
  • 活性酸素の発生と消滅の研究-体の錆を知れば老化は遅らせられる-, 長岡伸一、小原敬士, (株)愛媛ジャーナル, 月刊愛媛ジャーナル, 22年, 9月, 84, 87, 2010年08月
  • ビタミンEの再生反応における量子論的効果(総合論文), 長岡伸一*、大内綾、垣内拓大、小原敬士、向井和男, 日本ビタミン学会, ビタミン, 83, 9, 521, 527, 2009年09月, 10.20632/vso.83.9_521
  • A Molecular Knife - Control of Chemical Reactions using Core Ionization -, NAGAOKA S, PRUEMPER G, UEDA K, Japan Synchrotron Radiation Institute, SPring-8 Research Frontiers 2008, 114, 115, 2009年08月
  • アロエサポナリンIの紫外線防御と一重項酸素消去機能, 長岡伸一*、藤井亜紀子、日野めぐみ、竹本真唯、保田三沙貴、三島麻里子、小原敬士、桝本茜、宇野英満、長嶋雲兵, 日本ビタミン学会, ビタミン, 83, 5-6, 288, 289, 2009年06月
  • 気相における内殻励起と電子分光, 長岡伸一, 日本分光学会, 分光研究, 58, 3, 137, 148, 2009年03月
  • A Short History of Three Chemical Shifts, NAGAOKA S, American Chemical Society, J. Chem. Educ., 84, 5, 801, 802, 2007年05月, 0021-9584, 10.1021/ed084p801, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34248668738&origin=inward, The term &quot;chemical shift&quot; is often used in nuclear magnetic resonance (NMR), electron spectroscopy for chemical analysis (ESCA) and Mössbauer spectroscopy. Through analysis of literature data, evidence is given that the chemical environment around an atom of interest influences the electronic environment and hence, leads to spectral shifts. This validates the use of the prefix chemical for the shifts in the three forms of spectroscopy.
  • Recent Progress in Coincidence Studies on Ion Desorption Induced by Core Excitation, KOBAYASHI E, MASE K, NAMBU A, SEO J, TANAKA S, KAKIUCHI T, OKUDAIRA K K, NAGAOKA S, TANAKA M, Institute of Physics, J. Phys.: Condens. Matter, 18, 30, S1389, S1408, 2006年08月, 0953-8984, 10.1088/0953-8984/18/30/S03, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33746313440&origin=inward, This paper reports on recent studies of photostimulated ion desorption (PSID) using electron ion coincidence (EICO) spectroscopy combined with synchrotron radiation. H+ desorption from H2O dissociatively adsorbed on Si(111) and SiO2/Si(111) surfaces (H 2O/Si(111) and H2O/SiO2/Si(111)) was studied for Si L-edge excitation. The Si 2p-H+ photoelectron photoion coincidence (PEPICO) and Si 2p photoelectron spectra of H2O/Si(111) and H2O/SiO2/Si(111) show that H+ desorption probability increases as the number of positive charges at the Si site increases. The H+ desorption probability per Si 2p ionization for the Si4+ site was estimated and found to be 5-7 × 10 -5. We proposed a mechanism that H+ desorption is induced by Si 2p photoionization accompanied by a Si LVVV double-Auger transition. This article also reviews recent EICO work on site-specific ion desorption of 1,1,1-trifluoro-2-propanol-d1 (CF3CD(OH)CH3) adsorbed on Si(100) surfaces, and on the mechanisms of PSID of poly(tetrafluoroethylene) (PTFE) and TiO2(110). Clear site-specific ion desorption was observed for the C 1s core excitation of a CF 3CD(OH)CH3 sub-monolayer on Si(100). A spectator-Auger-stimulated ion-desorption mechanism was proposed for F + desorption induced by a transition from F 1s to σ(C-F) * of PTFE. O+ desorption induced by O 1s excitation of TiO2(110) was attributed mainly to three-hole final states resulting from multi-electron excitation/decay. For O+ desorption induced by Ti core excitation of TiO2(110), on the other hand, charge transfer from an O 2p orbital to a Ti 3d orbital, instead of the interatomic Auger transition, was proposed to be responsible for the desorption. These investigations demonstrate that EICO spectroscopy combined with synchrotron radiation is a useful tool for studying PSID. © 2006 IOP Publishing Ltd.
  • ビタミンE及び関連分子の抗酸化反応、酸化促進反応、再生反応における水素量子アトミックス, 長岡伸一, KEK, KEK Proceedings, 04, 9, 59, 60, 2004年11月
  • Ion Desorption from Molecules Condensed at Low Temperature: A Study with Electron-Ion Coincidence Spectroscopy Combined with Synchrotron Radiation, MASE K, NAGASONO M, TANAKA S, SEKITANI T, NAGAOKA S, American Institute of Physics, Low Temperature Physics, 29, 3, 243, 258, 2003年03月, 1063-777X, 10.1063/1.1542445, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=22544461150&origin=inward, Originally published as Fizika Nizkikh Temperatur, 29 321-341 (2003)
  • 内殻励起後のサイト選択的解離の研究, 長岡 伸一, 日本真空協会, 真空, 46, 1, 3, 8, 2003年01月, 0559-8516|1880-9413, 10.3131/jvsj.46.3, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85023878902&origin=inward
  • Variation in Kr2p Auger Electron Spectra near the L<SUB>3</SUB> Threshold, SUZUKI I H, SAITO N, IBUKI T, OKADA K, KAMIMORI K, SASAKI J, NAGAOKA S, TAMENORI Y, OHASHI H, 原子衝突研究協会, Atomic Collision Res. Jpn., 27, 53, 54, 2001年
  • Observation of Resonant Auger Electron Emission Following Photoexcitation of the Kr 2p Electron to the 5s Orbital, SUZUKI I H, SAITO N, NAGAOKA S, IBUKI T, SHIMIZU Y, TAMENORI Y, OHASHI H, SENBA Y, KAMIMORI K, 原子衝突研究協会, Atomic Collision Res. Jpn., 26, 69, 70, 2000年
  • 励起状態分子内プロトン移動における節面モデル, 長岡伸一*、長嶋雲兵, 日本光化学協会, 光化学, 28, 1, 39, 44, 1998年08月
  • 内殻励起後の原子サイトに選択的な反応, 長岡伸一, 広島大学, Proceedings of the 2nd Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation, 347, 359, 1998年05月
  • ビタミンEの再生反応におけるトンネル効果, 長岡伸一*、西奥義憲、小原敬士、向井和男, 日本結晶学会, 日本結晶学会誌, 40, 1, 119-123, 133-133, 1998年01月, 10.5940/jcrsj.40.119
  • ビタミンEの抗酸化反応機構, 長岡伸一*、井上雅代、西岡千帆、西奥義憲、向井和男, KEK Proceedings, 97, 4, 20, 29, 1997年05月
  • 電子-イオン・コインシデンス分光法を用いた表面分子の内殻電子励起に由来するイオン脱離の研究, 間瀬一彦*、永園充、田中慎一郎、長岡伸一, 日本放射光学会, 放射光, 10, 4, 375, 391, 1997年04月
  • Nodal-Plane Model in Excited-State Intramolecular Proton Transfer, NAGAOKA S, NAGASHIMA U, Trends Phys. Chem., 6, 55, 87, 1997年
  • Site-Specific Fragmentation Following Core-Level Photoexcitation of Organosilicon Molecules in the Vapor Phase and on the Solid Surface, NAGAOKA S, MASE K, KOYANO I, Trends Chem. Phys., 6, 1, 30, 1997年
  • 内殻励起によって起こる原子サイトに特有の解離, 長岡伸一, 化学同人, 化学, 51, 9, 598, 599, 1996年09月
  • ビタミンEの抗酸化反応と酸化促進反応の機構, 長岡伸一, 日本ビタミン学会, ビタミン, 70, 9, 413, 422, 1996年09月, 10.20632/vso.70.9_413
  • ミネソタ大学Barbara研究室での半年間, 長岡伸一, 日本光化学協会, 光化学, 21, 3, 64, 65, 1996年03月
  • Tunneling Effect in Antioxidant and Prooxidant Reactions of Vitamin E, NAGAOKA S, INOUE M, NISHIOKA C, MUKAI K, JAERI, JAERI-Conf, 96, 015, 42, 51, 1996年
  • プロトン移動の反応機構の研究, 長岡伸一, 愛媛大学機器分析センター, 愛媛大学機器分析センター報告, 10, 55, 60, 1995年09月
  • 生体関連ハイドロキノンの抗酸化活性, 森本仁士、菊池清治、長岡伸一、向井和男*, 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会, 過酸化脂質研究, 18, 2, 155, 157, 1995年08月
  • 日米科学技術協力事業による派遣の報告, 長岡伸一, 愛媛大学, 愛媛大学学報, 378, 12, 15, 1995年03月
  • Dissociation Dynamics of Multiply Charged Molecular Ions Following Valence and Core-Level Photoexcitation and Photoionization, MASUOKA T, NAGAOKA S, Trends Chem. Phys., 3, 13, 31, 1994年
  • プロトンが移動しない&quot;プロトン移動反応&quot;, 長岡伸一, 化学同人, 化学, 48, 6, 426, 426, 1993年06月
  • 大学院教育におけるパーソナルコンピュータを用いた分子軌道法の実習, 長岡伸一, 日本化学会, 化学と教育, 40, 9, 600, 603, 1992年09月, 10.20665/kakyoshi.40.9_600
  • 愛媛大学理学部化学科構造化学研究室, 長岡伸一, メディカルレビュー, 活性酸素・フリーラジカル, 3, 6, 720, 721, 1992年
  • 環状星間分子シクロプロペニリデンの化学, 長岡伸一, 化学同人, 化学, 46, 9, 650, 650, 1991年09月
  • 化学・生物学・物理学における光誘起プロトン移動ダイナミクス, 長岡伸一, 日本学術振興会, 学術月報, 44, 6, 620, 620, 1991年06月
  • ビタミンEの構造の ENDORとab initio分子軌道計算による研究, 長岡伸一、上本裕一、福原雅美、石津和彦、向井和男*, 日本医学館, 磁気共鳴と医学, 2, 196, 200, 1991年05月
  • 最も簡単な化学反応-プロトン移動-, 長岡伸一, 日本化学会, 化学と工業, 44, 2, 182, 187, 1991年02月
  • NMR Study of Molecular Dynamics in Some Hydrogen-Bonded Crystals, TERAO T, AKAGI T, NAGAOKA S, IMASHIRO F, SAIKA A, HIROTA N, XXIInd Congress Ampere on Magnetic Resonance and Related Phenomena: Proceedings, 353, 354, 1984年09月, Many carboxylic acids form hydrogen-bonded dimers. Details of the proton transfer in benzoic acid and decanoic acid were studied by **1**3C, **1H and **2D NMR measurements.

その他研究情報

受賞

  • 2016年01月, 日本コンピュータ化学会, 秋季年会2015精選論文, TDDFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトルの理論的研究, J. Comput. Chem. Jpn. 14, 209-210 (2015)
  • 2014年02月, 社団法人日本化学会, CSJ Journal Report 2014注目論文, A Revisit to Molecular Orbitals in H2+, LiH, HF, and Hybridization (Highlight Review), Chem. Lett. 41, 9-14 (2012)
  • 2012年11月, 農林水産省, フード・アクション・ニッポン アワード2012研究開発・新技術部門最優秀賞, 農産物、食品の抗酸化活性測定法「SOAC法」の開発, カゴメ株式会社と共同受賞 http://syokuryo.jp/award/award12/list/development.html
  • 2012年09月, BioMedLib, The Top 20 Articles Published on the Same Topic, A Study to Control Chemical Reactions Using Si:2p Core Ionization: Site-Specific Fragmentation, J. Phys. Chem. A 115, 8822-8831 (2011)
  • 2010年05月, American Oil Chemists' Society, Edwin Frankel Award, Kinetic Study of the Prooxidant Effect of alfa-Tocopherol. Hydrogen Abstraction from Lipids by α-Tocopheroxyl Radical, Lipids 44, 935-943 (2009)
  • 2009年11月, American Physical Society and American Institute of Physics, November 2009 Issue of Virtual Journal of Ultrafast Science, Site-Specific Behavior in De-Excitation Spectra of F3SiCH2CH2Si(CH3)3 in the Si 1s Excitation Region, J. Chem. Phys. 131, 164309 (8 pages) (2009)
  • 2008年11月, 財団法人高輝度光科学研究センター, SPring-8 Research Frontiers 2008, A Molecular Knife – Control of Chemical Reactions using Core Ionization, SPring-8 Research Frontiers 2008, pp. 114-115
  • 2005年12月, Elsevier, The ScienceDirect TOP25 Hottest Articles, Structure-Activity Relationship of the Tocopherol-Regeneration Reaction by Catechins, Free Radical Biol. Med. 38, 1243-1256 (2005)
  • 2004年10月, 日本真空協会, 第29回真空技術賞, 高感度同軸対称鏡型電子エネルギー分析器の製作と評価、コインシデンス分光への応用, 真空、46, 377-384 (2003)
  • 1991年09月, 社団法人日本化学会, 第6回若い世代の特別講演会講演者, 励起状態におけるプロトン移動反応の研究, 日本化学会第62秋季年会(第6回若い世代の特別講演会)、1991年9月22-25日、札幌
  • 1990年07月, 社団法人日本化学会, 化学のフロンティアⅦ, 最も簡単な化学反応-プロトン移動-, 化学と工業、44, 182-187 (1991)
  • 1977年03月, 財団法人学徒援護会京都支部, 勤労学生表彰

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 食品の抗酸化能力を評価する方法の開発, 長岡 伸一, 食品科学, 基盤研究(C), 愛媛大学
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 食品が活性酸素・フリーラジカルを消滅させる能力を評価する方法の開発, 長岡 伸一, 食品科学, 挑戦的萌芽研究, 愛媛大学, 本研究は、様々な抗酸化物質や食品が活性酸素の一つである一重項酸素を消滅させる能力を評価する実用的で汎用的な方法(Singlet Oxygen Absorption Capacity (SOAC法)および同様にフリーラジカルを消滅される能力を評価する方法(Aroxyl Radical Absorption Capacity (ARAC法)の開発を行い、新たな食品の抗酸化活性の分析方法として確立することを目的とする。申請書ではフリーラジカル消滅能力評価法をNovel Oxygen Radical Absorption Capacity (NORAC法)と命名したが、アメリカ農務省がORAC法から撤退したので名前の縁起が悪いため、ARAC法に名称を変更した。1.SOAC法の高度化汎用性が高くて効率の良いSOAC法の開発を進め、新しい種々の機能が明らかにされて注目されている天然抗酸化剤トコトリエノールなどとパーム油抽出物などの各種食品に適用し、ミセル系での一重項酸素消滅能力SOAC値を評価中である。また、アロエ含有化合物での励起状態分子内プロトン移動との相関を明らかにした。2.ARAC法の開発ストップトフロー法を用いて抗酸化剤や食品のフリーラジカル消去活性ARAC値を評価する方法を開発して論文を発表した。半減期の使用やフリーラジカルの適切なモデルの検討も行った。また、金属イオンが共存する場合の影響についても明らかにした。さらに、ユビキノール、ビタミンC、還元型ピロロキノリンキノン (PQQH2)とビタミンEが共存する場合の抗酸化作用の相乗効果を明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 発光性イリジウム錯体LB膜を用いた多機能性センシングデバイスの開発, 佐藤 久子, 長岡 伸一, 田村 堅志, 機能物質化学, 基盤研究(B), 愛媛大学, シクロメタレート型イリジウム(III)錯体は有機EL素子などの燐光型発光材料として注目されている。本申請者はこれまでに長鎖アルキル基を有する中性の両親媒性Ir(III)錯体のラングミュア・ブロジェット(LB)膜を製造し、それを気体センサー膜として用いることに成功した。今回この発展として、より長寿命で堅固な層構造をもつ発光性薄膜をめざして種々の陽イオン性Ir(III)錯体と剥離化した粘土鉱物(無機ナノシート)とのハイブリッド化の検討をおこない、多色化をめざした酸素センシングデバイスのための研究をおこなった。今年度は色調変化のためのlayer-by-layer人工積層方法の検討をおこなった。今年度搬入した有機合成装置を用いて、3種(赤、青、黄)のIr(III)錯体を合成した。次に3種類のIr(III)錯体を用いた交互積層LB膜の製造と、それらの積層順番による色調変化の可能性について検討した。特に、2種のIr(III)錯体を用いた交互積層LB膜の製造と、それらによる色調変化の可能性について検討した。まずは単独の錯体と粘土鉱物とのハイブリッドLB膜を用いて積層数と発光強度が比例する条件を確立した。次に異種の錯体が一定の順序で配列した複合膜を製造するために、layer-by-layer人工積層膜を製造した。このとき、積層後のLB膜が基板から剥離しないように積層方法の技術開発をおこない、2種類の錯体の人工積層法に成功した。2種類の錯体の積層順序の可能な組み合わせを試み、錯体間のエネルギー移動効率を検討した。また、それらのLB膜による酸素センシングによる多色化を試みた。これらの主な成果はNew. J. of Chem. 36, 2467-2471 (2012)において報告し、hot article および裏表紙に採用された。科学技術振興機構主催のイノベーションジャパンに採択された。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 励起状態におけるプロトン移動の反応機構-近赤外から軟X線領域まで-, 長岡 伸一, 小原 敬士, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 励起状態における水素結合に沿ったプロトン移動は、正確な測定と定量的理論解析に適している。今回我々は、プロトン移動が重要な役割を示す生理活性物質に我々が提唱している理論モデルを適用できることを見いだした。また、さらに長波長領域の励起状態である一重項酸素消去における分子内水素結合を含む生体関連分子が示す役割を研究すると共に、逆に短波長領域である軟X 線領域にも研究のウイングを広げた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 内殻励起を用いたサイト選択的解離の研究-分子ナイフへの応用を目指して-, 長岡 伸一, 間瀬 一彦, 高橋 修, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 我々は軟X線を分子のためのナイフとして用い、内殻励起後のサイト選択的解離に基づいて、分子から原子や原子団の切り取りを行うことを目的として研究を行った。軟X線励起の電子-イオン同時計数法、表面・凝縮相用の光電子-オージェ電子同時計数法などを用いて、周辺の環境が異なる2個のケイ素原子を含む分子(例えば、F3SiCH2CH2Si(CH3)3、N2O、温室効果を示すCF3SF5、蟻酸二量体(HCOOH)2などの各種内殻励起後のサイト選択的解離の実験を行い、サイト選択性が明瞭に現れる条件を求め、実験結果をab initio分子軌道法などを用いて解釈することを試み、その結果に基づいて、内殻励起を分子のためのナイフとして用いる方法を追求じた。特に、F3SiCH2CH2Si(CH3)3気体のSi2p光イオン化後のサイト選択的解離については光電子(オージェ電子)-光イオン-光イオン三重同時計数溝を用いて、生成するイオンペアのサイト依存性やオージェ終状態依存性を明らかにした。さらに、オージェ終状態の電子配置やサイト澤択的オージェスペクトルをab initio分子軌道法などを用いて求め、実験結果と比較した。イオンペアはイオン化サイト付近の解離によって生成し、サイト選択性はほぼ100%であった。また、オージェ終状態の余剰エネルギーが増加したり、イオン化サイト付近の振動自由度が低くて余剰エネルギーを十分消費できないときには、イオン化サイト付近のみならず分子全体に解離が広がることが分かった。F3SiCH2CH2Si(CH3)3は、Si2p光イオン化によって気相でも凝縮相でも顕著なサイト選択的解離を示したが、Sils光イオン化ではその選択性は減少した。また、N2Oのようにサイトを直接結合させた分子ではサイト選択性は無視できる程度であづた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 天然抗酸化剤による生体老化防御のスピンダイナミクス, 向井 和男, 田嶋 邦彦, 小原 敬士, 長岡 伸一, 美藤 正樹, 特定領域研究, 愛媛大学, 人の老化は活性酸素・フリーラジカルと脂質、蛋白、核酸などの分子との反応によって引き起こされる。生体内には、ビタミンE(α-,β-,γ-,δ-Tocopherol, TocH)、ユビキノール-10、ビタミンC、ポリフェノール類(フラボン類、カテキン類)などの、種々の抗酸化剤が存在し、活性酸素・フリーラジカルを速やかに消去し、老化を防いでいる。本研究においては、上記の抗酸化剤について、i)フリーラジカル消去作用、ii)ビタミンEラジカル還元・再生作用、iii)一重項酸素(^1O_2)消去作用の速度論的研究を行ない、種々の興味ある結果を得た。以下にその主な例を示す。1)Stopped-Flow分光光度計を用い、ミセル溶液中でビタミンE(α-,β-,γ-,δ-tocopherol)とユビキノールのAroxylラジカル消去速度(k_s)をpHを変えて測定した。k_sの値と種々の組織中の濃度の積の値を比較し、心臓、筋肉、臓、腎臓、脳のミトコンドリア中ではユビキノールが、血清中ではビタミンEがラジカル消去の高い活性を示すことを明らかにした。2)Endoperoxideから発生させた^1O_2と、7種のフラボン誘導体、4種のカテキン類との反応を行い、これらのポリフェノール類がビタミンEに匹敵する速い^1O_2の消去速度(k_Q)を有することを明らかにした。k_Qの値が、脂質、蛋白、核酸に比べて速いことから、ポリフェノールが植物や食物の光劣化を防御していることを明らかにした。3)ビタミンEの抗酸化反応によって生じるEラジカル(α-Toc・,β-Toc・,γ-Toc・,δ-Toc・)の生成・消滅反応の追跡を行なった。これらの反応に関与する反応式、すなわち、3元連立微分方程式の解を、4次のRunge-Kutta法を用いて求め、実測値との比較から、生成・消滅反応の速度(k_f and 2k_d)を求めることに成功した。Eラジカルの消滅は何れも2分子反応によって起こることが明らかになった。得られた結果から、ビタミンEラジカル類の生成・消滅ダイナミクス機構について詳細な検討を行った。4)Double-Mixing Stopped-Flow分光光度計を用い、生体中における老化防御のKey反応として知られる、ビタミンCによるビタミンEラジカル(α-Toc・,β-Toc・,γ-Toc・)の再生反応速度(尾)を求めることに初めて成功した。k_rに及ぼす重水素置換効果を測定し、このような速い反応にはトンネル効果が寄与しないことを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究), 電子勃起を用いた原子分子操作, 前田 康二, 上浦 洋一, 金崎 順一, 長岡 伸一, 篠塚 雄三, 萓沼 洋輔, 特定領域研究(B), 特定領域研究, 東京大学, 平成11〜13年度にかけて実施された本特定領域研究(B)は、次世代素子実現のための材料制御に新たな道を開くため、半導体における電子励起原子移動現象について、得られた知見をもとにして制御性と効率の良い新しい原子・分子操作技術を開発することを目標に、8つの研究班が対象とする物質と問題意識を共有しながら、現象の全容と個々のメカニズムを明らかにすることを目的とした共同研究である。具体的には、Si、C、GaAsなどの物質を対象とし、電子励起法としてレーザー光、放射光、電子線、イオン照射、電流注入、荷電制御といった様々な方法を用い、いかにすれば高い制御性(選択性)をもって、効率の良いナノプロセスが可能となるかを明らかにしようとした。本年度は研究取りまとめとして、班長会議を2回、研究会を1回開催し、NewsLetterを1回発行した。領域全体としては、高効率化と選択性の向上に関して次のような一般的指針を示した。すなわち、効率の高い物質系は、電子励起状態が軌道縮退していることによって潜在的不安定性を持つ半導体中の多くの欠陥中心、短時間で変位を起こしえる水素など軽元素、構造的に柔軟性を有する欠陥・表面、また物質的に多様な軌道混成をとりえる炭素物質、であること。また効率を上げるためには、高密度励起による長寿命2正孔状態の生成や不安定化駆動力の増大、協調励起による反応促進、パラレルプロセスの採用、等を図ることが有効であること。さらに、本来有するサイト選択性を保持するためには、励起電子(正孔)のバンド拡散の抑制などが必要であること、などを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(B)), 放射光による原子分子操作, 長岡 伸一, 鎌田 雅夫, 信定 克幸, 田中 慎一郎, 間瀬 一彦, 関谷 徹司, 特定領域研究(B), 岡崎国立共同研究機構->愛媛大学, 同じ元素の同じ内殻の準位でも、その原子の周囲の環境によって内殻電子の励起エネルギーは変化する。そこで、照射光のエネルギーを厳密に選ぶと、分子を構成する原子や表面上の原子のうち、特定の原子のみを選択的に励起することが可能である。その結果、その原子との結合だけが選択的に切れるようなサイト選択的解離反応を起こすことができる。放射光を用いると、こうした内殻電子の選択的な励起が可能になる。以上のような内殻励起の特徴と放射光の利点に基づいて、我々は、放射光による原子分子操作を研究した。内殻電子の局在性を利用すると、放射光を光のナイフとして用いた全く新しいタイプの材料加工技術を開発することができる。有機金属分子の内殻準位からの光イオン化後の解離反応は、半導体製造プロセスにおける光化学気相蒸着の観点からも興味深い。気体及び表面分子研究用の高感度高分解能電子・イオン同時計数装置3台を製作して性能評価を行い、旧型器に比べて分解能が大きく向上することがわかった。珪素単結晶においてSi:2p内殻電子イオン化と同時に生成する水素イオンについて予備的な結果を得た。本装置は、放射光励起によって放出される電子とイオンをそれぞれエネルギーと質量を選別して同時に検出する。本装置を用いると、内殻電子励起状態あるいはオージェ終状態を選別して、解離イオンの収量を定量的に測定することが可能であり、本研究の目的に最も適している。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 天然抗酸化剤:その活性と抗酸化作用のメカニズム, 向井 和男, 小原 敬士, 長岡 伸一, 機能・物性・材料, 基盤研究(B), 愛媛大学, 天然の抗酸化剤として良く知られている、カテキン類、コーヒー酸類について、その活性酸素・フリーラジカル消去反応速度を、1)酸素吸収法、2)ストップトフロー分光光度計法、3)時間分解ESR法を用いて測定し、抗酸化活性の評価を行った。また、その結果に基づき、抗酸化の機構について検討した。1)Stopped-Flow分光光度計を用いて、有機溶媒中及びミセル溶液中でカテキン類とコーヒー酸類のビタミンE再生反応速度とフェノキシルラジカル消去反応速度を測定した。また、この結果を過酸化ラジカル消去反応速度と比較検討した。更に、pHを変えて反応速度の測定を行い、その解析結果から反応の構造活性相関を明らかにした。また、サイクリックボルタンメトリー法を用いて酸化電位を測定し、ラジカル消去速度との相関性を見出した。尚、本研究は主に愛媛大学で行った。2)圧力Transducer法(酸素吸収法)により、有機溶媒中及びミセル溶液中でカテキン類とコーヒー酸類の脂質過酸化ラジカル消去速度を測定し、これらの生体関連天然抗酸化剤の抗酸化活性について定量的な評価を行うと共に、その結果をビタミンEやユビキノールと比較検討した。尚、本研究は、研究代表者の向井の研究室の大学院生3名がカナダのマウントアリソン大学のBarclay教授の研究室にそれぞれ4ヶ月間滞在し、共同研究により行った。3)ビタミンEの抗酸化反応、再生反応、酸化促進反応に対する重水素置換効果を測定した。その結果から、これらの反応は、何れも水素のトンネル効果が重要な役割を果たしていることを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)), 生体中のビタミンEの抗酸化反応におけるトンネル効果の研究, 長岡 伸一, 特定領域研究(A), 愛媛大学, ビタミンEは、生体内で脂質過酸化ラジカルを消去して、過酸化をできるだけ抑制する作用を担っている。こうしたビタミンEの作用に関連した抗酸化反応、酸化促進反応、再生反応は、本質的にはプロ卜ンもしくは水素原子移動反応である。我々は、こうした反応においてトンネル効果が果たす役割の解明を目的として研究を行ってきた。本年度は特に、より生体系に近いミセル中におけるビタミンCやユビキノールによるビタミンEの再生反応に注目した。具体的には、ビタミンCやユビキノールの水酸基の水素を重水素化して、それらがミセル中でビタミンEラジカルのモデルを消去する反応速度やその温度変化をストップトフロー分光法を用いて求めた。実験結果には準古典的な効果では説明しきれない大きな重水素化効果が現れ、トンネル効果が生体中においても重要な役割を果たすことが示唆された。このほかにも、ビタミンE-ナフトキノン架橋分子を合成し、時間分解ESRなどを用いて、光励起分子の消去反応を逐次追跡することを試みた。我々が知る限りにおいて、溶液中と生体のモデル中でのビタミンEの反応におけるトンネル効果を研究しているのは、我々のグループのみである。本研究では、従来のビタミンEの反応の研究が注目してこなかったミクロな反応機構や反応のポテンシャル曲面の微視的な解析に光を当てることができた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 励起状態におけるプロトン移動反応の研究, 長岡 伸一, 小原 敬士, 向井 和男, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, プロトン移動は最も単純な化学反応であり、正確な測定と定量的理論解析に適している。研究代表者は既に、波動関数の節を考慮すれば励起状態でプロトン移動が起こるかどうかを予測できることを示唆した。本研究においては、励起状態において分子のどこに節が生じるか、我々の節の考えがプロトン移動における置換基効果、溶媒効果、励起状態依存性を説明できるかどうか、及び生体系におけるプロトン移動反応に適用できるかどうかを検討した。具体的には、サリチルアルデヒド誘導体やアミノアントラキノン誘導体では、プロトン移動反応の電子状態依存性及び分子構造や置換基がプロトン移動に与える影響について研究した。また、ヒドロキシアンスリルベンゾチアゾール誘導体では、同じ官能基から構成される分子でも置換基の相対的な位置によってプロトン移動反応の性質が異なることを明らかにした。こうした研究結果は全て、我々の節の考えを支持している。さらに、ビタミンEとキノン類が結合した分子を合成し、生体系において光照射によって生じる有害な活性分子をビタミンEがどのようにして消去していくかを検討した。以上のような研究は、微視的な電子の動きが結果として現れる反応にどのように影響するかを理解する上で興味深い。プロトン移動は、多くの研究者によって研究されているが、節の考えに基づいて波動関数の性質とプロトン移動反応を直接結びつけようとしているのは我々のグループのみである。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 生体中のビタミンEの抗酸化反応におけるトンネル効果の研究, 長岡 伸一, 重点領域研究, 愛媛大学, ビタミンEは、生体内で脂質過酸化ラジカルを消去して、過酸化をできるだけ抑制する作用を担っている。こうしたビタミンEの作用に関連した抗酸化反応、酸化促進反応、再生反応は、本質的にはプロトンもしくは水素原子移動反応である。我々は、こうした反応においてトンネル効果が果たす役割の解明を目的として研究を行ってきた。本年度は特に、ビタミンCやユビキノールによるビタミンEの再生反応に注目した。具体的には、ビタミンCやユビキノールの水酸基の水素を重水素化して、それらが溶液中でビタミンEラジカルのモデルを消去する反応速度やその温度変化をストップトフロー分光法を用いて求めた。実験結果には準古典的な効果では説明しきれない大きな重水素化効果やア-レニウスプロットからのずれが現れ、トンネル効果がこうした再生反応において重要な役割を果たすことが示された。このほかにも、ビタミンEの抗酸化反応の実験結果にトンネル効果が現れるにもかかわらず、その逆反応である酸化促進反応ではトンネル効果が現れない理由についても、分子軌道計算などに基づいて考察した。我々が知る限りにおいて、溶液中、生体中、あるいは生体のモデル中でのビタミンEの反応におけるトンネル効果を研究しているのは、我々のグループのみである。本研究では、従来のビタミンEの反応の研究が注目してこなかったミクロな反応機構や反応のポテンシャル曲面の微視的な解析に光を当てつつある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 生体中のビタミンEの抗酸化反応におけるトンネル効果の研究, 長岡 伸一, 重点領域研究, 愛媛大学, ビタミンEは、生体内で脂質過酸化ラジカルを消去して、過酸化をできるだけ抑制する作用を担っている。こうしたビタミンEの抗酸化反応は、本質的にはビタミンEから脂質過酸化ラジカルへのプロトンもしくは水素原子移動反応である。我々は、抗酸化反応においてトンネル効果が果たす役割の解明を目的として研究を行った。具体的には、ビタミンEの水酸基の水素を重水素化して、それらが溶液中で脂質過酸化ラジカルのモデルを消去する反応速度やその活性化エネルギーをストップフロー分光法を用いて求めた。実験結果には準古典的な効果では説明しきれない大きな重水素化効果が現れ、トンネル効果が抗酸化反応において重要な役割を果たすことが示された。それに対して、抗酸化反応の逆反応である酸化促進反応でのトンネル効果は小さいことがわかった。さらに、ビタミンCやユビキノールが抗酸化反応で生成したビタミンEラジカルを元に戻す再生反応などにおけるトンネル効果についても予備的な結果を得た。また、こうした情報を元にして、反応のポテンシャル図を求めて、理論計算の結果と比較することを試みている。我々が知る限りにおいて、溶液中、生体中、あるいは生体のモデル中での抗酸化反応におけるトンネル効果を研究しているのは、我々のグループのみである。本研究では、従来のビタミンEの抗酸化反応の研究が注目してこなかったミクロな反応機構や反応のポテンシャル曲面の微視的な解析に光を当てつつある。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 有機ラジカル分子のフェリ磁性, 向井 和男, 長岡 伸一, 重点領域研究, 愛媛大学, 1.3-(4-Chlorophenyl)-1,5-dimethyl-6-thioxoverdazylラジカル(p-CDTV)結晶における有機強磁性体の発見p-CDTVラジカルを合成・単離し、その結晶の磁化率(χ_M)をSQUID磁束計を用いてT=0.05K〜300Kの温度範囲で測定した。χ_MはT=0.70K近傍で急激な上昇を示し、さらに低温で飽和に達した。交流磁化率χ_もT=0.70Kでピークを示した。さらに、比熱(Cp)も0.70Kでλ型のピークを示し、また、磁場の増加と共にこのピークは消失し、ブロードな山が現れた。以上の結果からp-CDTVは強磁性キューリー温度T_c=0.70Kをもった、有機強磁性体であることが明らかとなった。T_c=0.70Kは有機強磁性体の中で2番目に高いキューリー温度である。2.1,5-Dimethyl-6-oxo-および-thioxo-verdazylラジカルの分子磁性表題のVerdazylラジカル類、約15種の合成に成功した。高温領域(77K〜300K)での磁化率(χ_M)測定結果は、これらのラジカルが、いずれも大きな負のWeiss定数(Θ)の値をもつことを示した。即ち、分子間には強い反強磁性交換相互作用(J)が働いていることが明らかとなった。3.有機フェリ磁性体の研究m-Phenylenebis(nitronylnitroxide)バイラジカルを合成し、ニトロキシドモノラジカルとの混晶の単結晶作成を試みた。現在までのところ、同一結晶中にモノラジカルとバイラジカルを同時に含む単結晶を得るには至っておらず、さらに、検討を行っている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 有機ラジカル分子のフェリ磁性, 向井 和男, 長岡 伸一, 重点領域研究, 愛媛大学, 1)強磁性的交換相互作用を示す4種のPhenylgalvinoxylラジカル誘導体の発見Galvinoxylラジカルは分子間に強磁性的交換相互作用(J>O)が働くことが見い出された最初の例として知られている。しかしながら、この分子はT=85Kで結晶構造の変化を起こし、それにともなってラジカルスピンは互いに対を作り、反磁性となってしまう。そこで、Galvinoxylラジカルと似た不対電子分布を有し、分子間に強磁性的交換相互作用が働くことが期待されるPhenylgalvinoxylラジカル類5種を合成し、その磁化率の温度変化(300〜55K)を測定した。4種のラジカルが正のWeiss温度(Q>0)を示し、分子間のJが正であることが明らかにされた。従って、今後、極低温領域での磁気的性質の測定に大いに興味がもたれる。2)m-Phenylenebis(galvinoxyl)バイラジカルにおける強い分子間強磁性交換相互作用の出現Galvinoxyラジカル分子がPhenylene基のメタ位で互いに大共役したバイラジカルを合成し、その磁化率(χM)の温度変化を測定した。T<1bokで、χMはCurie-Weissの法則からはずれ、T=72KでχMT=2,87K・emu/molとなった。バイラジカルの分子間に大きな正の交換相互作用が働き、少くともS=9/2のスピン状態を作り出していなければならないことになる。現在、詳細な研究を行っている。3)有機ラジカルフエリ磁性体への試み基底三重項分子として知られるYang'sバイラジカル(S=1)とニトロキシドモノラジカル(S=1/2)からなる混晶を作成し、その磁気的性質の研究を行った。ESRの測定結果から、これらの分子が互いに混じり合った混晶を作ることが明らかになった。現在、磁化率の測定を試みている。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(B)), 光化学反応の電子状態依存性の研究, 長岡 伸一, 長嶋 雲兵, 向井 和男, 物理化学一般, 一般研究(B), 愛媛大学, 分子の光化学反応は,その分子の励起状態の性格に大きく依存する。励起状態の波動関数の性質とその状態で起こる光化学反にはどのような関連があるのかを研究することは,微視的な電子の動きが結果として現われる反応にどのように影響するかを理解する上で興味深い。そこで本研究では,特定の電子状態に選択的に励起するとどのような光化学反応が起こるかを主に発光分光法を用いて研究することを目的とする。本研究を遂行するために,定常光照射の発光分光測光システム及び時間分解発光分光測定システムを製作した。そのための発光側分光器,光検出器及び制御装置を購入した。励起光源と励起側分光器は,既存のものを用いた。新たに製作した定常 光照射の発光分光測光システムは,従来のものに比べて飛躍的に感度が高く,研究能率が著しく向上した。サリチルアルデヒド関連分子の第一第二励起一重項状態からの発光を観測し,プロトン移動反応の励起状態依存性について議論することができた。また,理論的研究の結果,有機分子の光化学反応への波動関数の節の効果を見い出した。さらに,サリチルアルデヒド関連分子の低位三重項状態とイオン状態のプロトン移動,2-(2'-ヒドロキシフェニル)ベンゾチアゾールと2-(2'-ヒドロキシフェニル)ベンゾキサゾールと2,2'-ビピリジル-3,3'-ジオールの最低励起三重項状態のプロトン移動,カロテノイドの第一第二励起一重項状態からの緩和機構への溶媒効果,ピリジン類のりん光が極めて弱い理由の解明などに関する研究成果を得た。本研究に関して,日本化学会より「化学のフロンティアVII」に選出され,また「若い世代の特別講演者(第6回)」に選ばれた。さらに,アメリカ化学会発行の「The Journal of Physical Chemistry」の特集号に招待論文を執筆した。(95巻10229〜10235頁、1991年)。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 真空紫外光を用いる光化学気相蒸着の研究, 長岡 伸一, 小谷野 猪之助, 長嶋 雲兵, 今村 隆史, 電子材料工学, 一般研究(C), 岡崎国立共同研究機構->愛媛大学, 真空紫外光を用いて有機金属化合物の金属の内穀電子を励起すると,金属イオンが選択的に極めて効率よく生成する。本研究では,このような選択的かつ高効率な金属イオン生成の最適条件を求め,真空紫外光を用いた半導体製造プロセスにおける効率の高い化学気相蒸着(CVD)の方法を開発することを目的とする。2年間の期間で次のような研究を行なった。1。本研究を行なうためには,高強度高収束性の単色真空紫外光源が必要であり,それには分光器に光を導く前置光学系が重要である。そのために新たに非ガウス光学に基づく収差補正型の高反射ミラ-システムを設計製作し,分子科学研究所極端紫外光実験施設のBL3Bビ-ムラインのTEPSICOーII装置に装着した。新たに製作した高反射ミラ-システムは従来のものに比べて飛躍的に光強度が増大し,研究効率が著しく向上した。2,種々の有機金属化合物において,最も外のd内殻イオン化後には金属イオンとモノメチル金属イオンが生成し,解離パタ-ンは混成軌道を用いて説明できることが示された。3,中心金属の深い内殻を励起するとカスケ-ドオ-ジェが起こり多価イオンが生成し,リガンドの内殻を励起するとKVレオ-ジェが起こり2価イオンが生成するというような励起サイトに依在した解離過程が観測された。4,三メチルアルミニウムのAl:2P内殻付近においてアルミニウムイオンを含むイオン対の生成が増大することが見いだされた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 低温におけるイオン-分子放射性結合反応の研究, 小谷野 猪之助, 長岡 伸一, 今村 隆史, 物理化学一般, 一般研究(C), 岡崎国立共同研究機構, 研究実施計画の線に沿って、イオン-分子反応の中間状態を観測する試みを種々の方法で進めた。反応イオンをできるだけ高濃度につくるためのデュオプラズマトロン型イオン源及びコルトロン型イオン源、生成したイオンを反応点に最大限に収束させるためのイオンレンズ、高効率集光系、及び高感度低ノイズ光検知器を設計・製作し既存のアルミニウム製真空槽に装着した。各部分の性能テストを行い、それぞれ満足に働くことが確認された。ついで、中間状態の検出の可能性を示す系を探るため、TESICO法(しきい光電子と反応生成物の時間相間を利用した測定法)による内部状態選択イオン-分子反応及び放電フロー法による振動励起イオンの脱活性反応の研究を行った。前者では酸素分子イオンとメタンの反応及びエチレンイオンとエチレンの反応をイオンの振動状態を選択して調べた。酸素イオンとメタンの系では、振動エネルギーの増加と共に発熱のチャネルであるCH_3O_2^+の生成がまず促進され、さらに振動エネルギーが上ると二つの吸熱チャネル(CH_3^+及びCH_4^+の生成)が促進されてくることがわかった。これらの結果の総合的解析から、この系は中間に二つ以上の異った構造をもつ複合体をつくって進み、その複合体の寿命がかなり長いこと、したがって、レーザー誘起けい光法による中間状態の検出が可能であることがわかった。エチレンの系では、二通りのモードの振動量子を別々に励起した測定から、これらモードの間に反応に及ぼす効果の差異があることが見いだされた。これも中間に寿命の長い中間複合体が存在することを示している。これらの系を対象に、レーザー誘起けい光法、レーザー照射によるイオン強度変動法による研究を行った。
  • SPring-8, 大型放射光施設の整備・運営(BL27SU), 内殻励起後のサイト選択的解離の研究, 物理化学

愛媛大学教員活動実績

プロフィール(A)

免許資格(A09)

  • 1999, 09, 21, 床上操作式クレーン運転
  • 1999, 07, 19, クレーン玉掛
  • 1980, 03, 31, 高等学校教員免許一種(理科)
  • 1978, 03, 31, 高等学校教員免許二種(理科、数学)
  • 1978, 03, 31, 中学校教員免許一種(数学)
  • 1974, 07, 27, 普通自動車免許一種
  • 1972, 06, 01, アマチュア無線技師第二級
  • 1971, 06, 01, アマチュア無線技師電話級

教育活動(B)

論文指導(B07)

  • 2018年, 3, 0, 0.5, 0

論文審査(B10)

  • 2018年, 0, 1, 0, 0

学外非常勤(B11)

  • 2018年, 前期, 城西大学理学部化学科


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.