詳細検索はこちら

内藤 俊雄ナイトウ トシオ

所属部署
大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/05/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 1990年, 東京大学, 理学系研究科, 化学専攻
  •  - 1988年, 東京大学, 理学部, 化学科

学位

  • 博士(理学)

経歴

  •   2011年04月, 愛媛大学, 大学院 理工学研究科, 教授
  •   2010年04月,  - 2011年03月, 北海道大学, 大学院 総合化学院, 准教授
  •   2007年04月,  - 2011年03月, 北海道大学, 大学院 理学研究院, 准教授
  •   2006年04月,  - 2007年03月, 北海道大学, 大学院 理学研究院, 助教授
  •   2003年04月,  - 2005年03月, 分子科学研究所, 分子集団研究系, 客員助教授
  •   2002年11月,  - 2005年03月, 北海道大学, 創成科学研究機構, 助教授
  •   2001年12月,  - 2006年03月, 北海道大学, 大学院理学研究院, 助教授
  •   1996年01月,  - 2001年11月, 北海道大学, 大学院理学研究科, 講師
  •   1995年04月,  - 1995年12月, 東邦大学, 理学部, 講師
  •   1990年04月,  - 1995年03月, 東邦大学, 理学部, 助手

所属学協会

  • アメリカ化学会
  • 日本化学会
  • 日本物理学会
  • 分子科学会

研究活動情報

研究分野

  • 物理化学
  • 機能物質化学

研究キーワード

    有機伝導体, 分子性超伝導体

論文

  • Dye-sensitized molecular charge transfer complexes; Magnetic and conduction properties in the photoexcited states of Ni(dmit)2 salts containing photosensitive dyes.
    Ryoma Yamamoto, Takashi Yamamoto, Keishi Ohara and Toshio Naito, Magnetochemistry, 3, (2) 20 - (16 pages),   2017年05月
  • Development of Control Method of Conduction and Magnetism in Molecular Crystals.
    T. Naito, Bull. Chem. Soc. Jpn, 90, (2) 89 - 136,   2017年02月
  • Charge and Lattice Fluctuations in Molecule-Based Spin Liquids.
    Takashi Yamamoto, Takashi Fujimoto, Toshio Naito, Yasuhiro Nakazawa, Masafumi Tamura, Kyuya Yakushi, Yuka Ikemoto, Taro Moriwaki, and Reizo Kato, Scientific Reports, 7,   2017年09月
  • Direct Control of Spin Distribution and Anisotropy in Cu-Dithiolene Complex Anions by Light.
    Hiroki Noma, Keishi Ohara and Toshio Naito, Inorganics, 4, (2) ,   2016年03月
  • Critical current density of superconductors with different fractal dimensions.
    T. Naito, H. Yamamoto, K. Konishi, K. Kubo, T. Nakamura, and H. Mayama, Adv. Mater. Sci., 1, (1) 15 - 21,   2016年11月
  • Activation Energy for Photoconduction in Molecular Crystals.
    N. Nagayama, T. Yamamoto, T. Naito, CheM, 2015, 74 - 80,   2015年
  • Thermoelectric power of multilayered massless Dirac fermion system α-(BEDT-TTF)2I3 ーChrage ordering and zero-gap statesー
    R. Kitamura, N. Tajima, K. Kajita, R. Kato, M. Tamura, T. Naito, and Y. Nishio, JPS Conference Proceedings, 1,   2014年
  • Giant photoconductivity in organic materials by UV irradiation.
    T. Naito, J. Material. Sci. Eng.,   2014年
  • Giant Photoconductivity in NMQ[Ni(dmit)2].
    T. Naito, T. Karasudani, N. Nagayama, K. Ohara, K. Konishi, S. Mori, T. Takano, Y. Takahashi, T. Inabe, S. Kinose, S. Nishihara, K. Inoue., Eur. J. Inorg. Chem., (Special Issue: Molecular Conductors (Cluster Issue)), (24) 4000 - 4009,   2014年
  • Capacitor-like behavior of molecular crystal β-DiCC[Ni(dmit)2].
    T. Saiki, S. Mori, K. Ohara, T. Naito., Chem. Lett., 43, (7) 1119 - 1121,   2014年
  • [Cu(dmit)2]2- Building block for molecular conductors and magnets with photocontrollable spin distribution.
    H. Noma, K. Ohara, T. Naito, Chem. Lett., 43, (8) 1230 - 1232,   2014年
  • Reversible and simultaneous control of conduction and magnetism in organic materials by UV irradiation.
    T. Naito, J. Material. Sci. Eng.,   2013年
  • Magnetic torque experiments on TPP[Fe(Pc)L2]2 (L = Br and Cl): Antiferromagnetic short range ordering of d electrons, antiferromagnetic ordering of πelectrons, and the anisotropy energy.
    K. Torizuka, H. Tajima, M. Inoue, N. Hanasaki, M. Matsuda, D. E. C. Yu, T. Naito, T. Inabe., J. Phys. Soc. Jpn, 82, (3) 1 - 34719,   2013年
  • Magnetic ordering of spin systems having fractal dimensions; Experimental study.
    T. Naito, H. Yamamoto, K. Okuda, K. Konishi, H. Mayama, D. Yamaguchi, S. Koizumi, K. Kubo, T. Nakamura., Eur. Phys. J. B, 86, (10) 1 - 9,   2013年
  • Metamagnetic transition and its related magnetocapacitance effect in phthalocyanine-molecular conductor exhibiting giant magnetoresistance.
    N. Hanasaki, T. Tateishi, H. Tajima, M. Kimata, M. Tokunaga, M. Matsuda, A. Kanda, H. Murakawa, T. Naito, T. Inabe., J. Phys. Soc. Jpn, 82, (9) 1 - 94713,   2013年
  • XANES Analysis of Phthalocyanine Molecular Conductor
    K. Takahashi, T. Konishi, T. Fujikawa, N. Hanasaki, N. Kawamura, M. Mizumaki, M. Matsuda, D.E.C. Yu, T. Naito, T. Inabe, H. Tajima, e-J. Surf. Sci. Nanotech, 10, 92 - 96,   2012年
  • Charge Distribution in the Surface BEDT-TTF Layer of α-(BEDT-TTF) 2I3 at Room Temperature with Scanning Tunneling Microscopy.
    E. Mori, H. Usui, H. Sakamoto, K. Mizoguchi, and T. Naito, J. Phys. Soc. Jpn, 81, (1) 1 - 14707,   2012年
  • What Happens at the Interface between TTF and TCNQ Crystals (TTF = Tetrathiafulvalene and TCNQ = 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane).
    Y. Takahashi, K. Hayakawa, T. Naito, T. Inabe., J. Phys. Chem. C, 116, (1) 700 - 703,   2012年
  • Structural Characteristics in a Stable Metallic ET Salt with Unusually High Oxidation State (ET: bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene).
    H. Minemawari, Judy Fe F. Jose, Y. Takahashi, T. Naito and T. Inabe, Bull. Chem. Soc. Jpn, 85, (3) 335 - 340,   2012年
  • Carrier dynamics in a series of organic magnetic superconductors.
    T. Naito, S. Matsuo, T. Inabe, Y. Toda., J. Phys. Chem. C, 116, (3) 2588 - 2593,   2012年
  • Metallic One-Dimensional Conductors Composed of Axially Ligated (Phthalocyanato)CoIII with Supramolecular Cations of A(EtOH)4 (A = Na and K).
    Yasuhiro Tanaka, Manabu Ishikawa, Naoko Watanabe, Yukihiro Takahashi, Toshio Naito and Tamotsu Inabe, Crystals, (Special Issue; “Molecular Conductors”), 2, (3) 946 - 957,   2012年
  • Carrier doping to the organic Mott insulator by conjugating with tetrathiafulvalene.
    Y. Takahashi, Y. Nakagawa, K. Hayakawa, T. Inabe, and T. Naito., Appl. Phys. Lett., 101, (10) ,   2012年
  • Molecular Photoconductor with Simultaneously Photocontrollable Localized Spins.
    T. Naito, T. Karasudani, S. Mori, K. Ohara, K. Konishi, T. Takano, Y. Takahashi, T. Inabe, S. Nishihara and K. Inoue., J. Am. Chem. Soc., 134, (45) 18656 - 18666,   2012年
  • Simultaneous Control of Carriers and Localized Spins with Light in Organic Materials.
    T. Naito, T. Karasudani, K. Ohara, T. Takano, Y. Takahashi, T. Inabe, K. Furukawa and T. Nakamura., Adv. Mater., 24, (46) 6153 - 6157,   2012年
  • Direct Observation and Interpretation of Carrier Dynamics of Molecular Magnetic Superconductors.
    T. Naito, S. Matsuo, T. Inabe, Y. Toda., J. Supercond. Nov. Magn., 26, (5) 1679 - 1682,   2012年
  • Local Spin Susceptibility of α-D2I3 (D = bis(ethylendithio)tetraselenafulvalene (BETS) and bis(ethylendithio)dithiadiselenafulvalene (BEDT-STF)) Studied by 77Se NMR.
    K. Hiraki, S. Harada, K. Arai, Y. Takano, T. Takahashi, N. Tajima, R. Kato, T. Naito, J. Phys. Soc. Jpn, 80, (1) 1 - 14715,   2011年
  • Growth of Nanocrystals in a Single Crystal of Different Materials: A Way of Giving Function to Molecular Crystals.
    T. Naito, A. Kakizaki, T. Inabe, R. Sakai, E. Nishibori, H. Sawa., Cryst. Growth Design, 11, (2) 501 - 506,   2011年
  • Stable π-π dependent electron conduction band of TPP[M(Pc)L2]2 molecular conductors (TPP = tetraphenylphosphonium;M = Co, Fe; Pc = phthalocyaninato; L = CN, Cl, Br).
    Derrick Ethelbhert C. Yu, Masaki Matsuda, Hiroyuki Tajima, Toshio Naito, Tamotsu Inabe., Dalton Trans., 40, (10) 2283 - 2288,   2011年
  • Charge-transport in tin-iodide perovskite CH3NH3SnI3: origin of high conductivity.
    Yukari Takahashi, Rena Obara, Zheng-Zhong Lin, Yukihiro Takahashi, Toshio Naito, Tamotsu Inabe, Shoji Ishibashi, Kiyoyuki Terakura., Dalton Trans., 40, (20) 5563 - 5568,   2011年
  • Time-Resolved Photoresponse Measurements of the Electrical Conductivity of the Quasi-Two-Dimensional Organic Superconductor β-(BEDT-TTF)2I3 Using a Nanosecond Laser Pulse
    T. Iimori, F. Sabeth, T. Naito, N. Ohta., J. Phys. Chem. C, 115, (48) 23998 - 24003,   2011年
  • Femtosecond Carrier Relaxation Dynamics and Photoinduced Phase Separation in κ-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]X (X=Br,Cl)
    Y. Toda, T. Mertelj, T. Naito, and D. Mihailovic., Phys. Rev. Lett., 107, (22) ,   2011年
  • High field magnetoresistance and magnetic torque in one-dimensional organic conductor TPP[Fe(Pc)(CN)2]2.
    M. Kimata, H. Satsukawa, Y. Takahide, T. Terashima, S. Uji, M. Matsuda, H. Tajima, T. Naito, and T. Inabe., J. Low Temp. Phys., 159, (1-2) 272 - 275,   2010年
  • Magnetic torque measurements of TPP[Fe(Pc)Br2]2
    M. Inoue, K. Torizuka, H. Tajima, M. Matsuda, D. E. C. Yu, T. Naito, T. Inabe, N. Hanasaki, Physica B, 405, (11) 331 - 333,   2010年
  • Time-resolved optical study on BETS superconductors and related salts
    T. Naito, M. Fukusaku, S. Matsuo, K. Tajima, T. Inabe, Y. Toda, Physica B, 405, (11) 269 - 272,   2010年
  • Photoresponse of electrical conductivity in an organic superconductor investigated by time-resolved resistance measurements
    T. Iimori, T. Naito, N. Ohta, Physica B, 405, (11) 347 - 349,   2010年
  • Photoinduced switching of electrical conductivity and its memory effect in the organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3: Dependence on voltage height and temporal width of pulsed voltages.
    T. Iimori, T. Naito, N. Ohta, Physica B, 405, (11) 344 - 346,   2010年
  • Ag L3-Edge X-Ray Absorption Near-Edge Structure of 4d10 (Ag+) Compounds: Origin of the Edge Peak and Its Chemical Relevance.
    T. Miyamoto, H. Niimi, Y. Kitajima, T. Naito, K. Asakura., J. Phys. Chem. A, 114, (12) 4093 - 4098,   2010年
  • Carrier dynamics in organic magnetic superconductor and related salts κ,λ-(BETS)2MCl4 (M=Fe, Ga).
    T. Naito, S. Matsuo, T. Inabe and Y. Toda., J. Phys.: Cond. Matter, 22, (18) 1 - 7,   2010年
  • Time-resolved measurement of the photoinduced change in the electrical conductivity of the organic superconductor κ-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]Br.
    T. Iimori, T. Naito, N. Ohta., J. Phys. Chem. C, 114, (19) 9070 - 9075,   2010年
  • Self-organized anionic networks in quaternary ammonium and phosphonium salts of mellitate.
    H. Minemawari, T. Naito and T. Inabe, Bull. Chem. Soc. Jpn, 83, (5) 505 - 513,   2010年
  • Giant magnetoresistance response by the π-d interaction in an axially ligated phthalocyanine conductor with two-dimensional π-π stacking structure.
    M. Ishikawa, T. Asari, M. Matsuda, H. Tajima, N. Hanasaki, T. Naito, T. Inabe, J. Mater. Chem., 20, (21) 4432 - 4438,   2010年
  • Memory effect of photoinduced conductivity switching controlled by pulsed voltages in a molecular conductor.
    T. Iimori, T. Naito and N. Ohta., J. Phys: Conf. Ser., 148,   2009年
  • Variable magnetotransport properties in the TPP[Fe(Pc)L2]2 system (TPP = tetraphenylphosphonium, Pc = phthalocyaninato, L = CN, Cl, and Br).
    D. E. C. Yu, M. Matsuda, H. Tajima, A. Kikuchi, T. Taketsugu, N. Hanasaki, T. Naito and T. Inabe., J. Mater. Chem., 19, (6) 718 - 723,   2009年
  • Unprecedented optoelectronic function in organic conductor: Memory effect of photoswitching controlled by voltage pulse width.
    T. Iimori, T. Naito, N. Ohta., J. Phys. Chem. C, 113, (11) 4654 - 4661,   2009年
  • Purity Effects on the Charge-Transport Properties in One-Dimensional TPP[CoIII(Pc)(CN)2]2 (TPP = Tetraphenylphosphonium and Pc = Phthalocyaninato) Conductors.
    S. Yamashita, T. Naito, and T. Inabe., Bull. Chem. Soc. Jpn., 82, (6) 692 - 694,   2009年
  • Control of Molecular Packing in the ET Based Conductor by Supramolecular Mellitate Networks (ET = Bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene).
    H. Minemawari, T. Naito and T. Inabe, Cryst. Growth Design, 9, (11) 4830 - 4833,   2009年
  • Nonlinear transport phenomena in highly one-dimensional MIII(Pc)(CN)2 chains with π-d interaction (M = Co and Fe and Pc = phthalocyaninato).
    M. Ishikawa, S. Yamashita, T. Naito, M. Matsuda, H. Tajima, N. Hanasaki, T. Akutagawa, T. Nakamura and T. Inabe., J. Phys. Soc. Jpn, 78, (10) 1 - 104709,   2009年
  • Origin of Photochemical Modification of Resistivity of Ag(DMe-DCNQ)2 Studied by X-Ray Absorption Fine Structure.
    T. Miyamoto, Y. Kitajima, H. Sugawara, T. Naito, T. Inabe, K. Asakura., J. Phys. Chem. C, 113, (47) 20476 - 20480,   2009年
  • Carrier dynamics in κ-type organic superconductors: Time-resolved observation.
    T. Naito, Y. Yamada, T. Inabe and Y. Toda., J. Phys. Soc. Jpn, 77, (6) 1 - 64709,   2008年
  • (ET)3(Br3)5: A Metallic Conductor with an Unusually High Oxidation State of ET (ET = Bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene).
    H. Minemawari, T. Naito and T. Inabe, Chem. Lett., 36, (1) 74 - 75,   2007年
  • Photoinduced phase transition in the organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3 at temperatures near the metal-insulator phase transition.
    T. Iimori, T. Naito, and N. Ohta., Chem. Lett., 36, (4) 536 - 537,   2007年
  • π-Radical Cationic Salts of Tetrathiafulvalene Derivatives with Pyromellitate.
    K. Shiono, T. Naito, and T. Inabe., Bull. Chem. Soc. Jpn, 80, (3) 476 - 483,   2007年
  • A memory effect controlled by a pulsed voltage in photoinduced conductivity switching in an organic charge transfer salt.
    T. Iimori, T. Naito, and N. Ohta., J. Am. Chem. Soc., 129, (12) 3486 - 3487,   2007年
  • Uv-vis induced vitrification of a molecular crystal.
    T. Naito, H. Sugawara, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi, and K. Asakura., Adv. Func. Mater., 17, (10) 1663 - 1670,   2007年
  • Chemical States of Ag in Ag(DMe-DCNQI)2 photoproducts and a Proposal for Its Photoinduced Conductivity Change Mechanism.
    T. Miyamoto, H. Niimi, W.-J Chun, Y. Kitajima, H. Sugawara, T. Inabe, T. Naito, and K. Asakura., Chem. Lett., 36, (8) 1008 - 1009,   2007年
  • Mechanism of spatially resolved photochemical control of resistivity of a molecular crystalline solid.
    T. Naito, H. Sugawara, and T. Inabe., Nanotechnology (special issue), 18, (42) ,   2007年
  • Energy-filtered X-ray photoemission electron microscopy and its applications to surface and organic materials.
    T. Tsutsumi, T. Miyamoto, H. Niimi, Y. Kitajima, Y. Sakai, M. Kato, T. Naito, and K. Asakura., Solid-State Electronics (special issue), 51, (10) 1360 - 1366,   2007年
  • Photochemical control of dark conductivity - a new approach to devices based on molecular crystals.
    T. Naito, H. Sugawara, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi, and K. Asakura., J. Low Temp. Phys., 142, (3-4) 383 - 386,   2006年
  • Giant Negative Magnetoresistance Reflecting Molecular Symmetry in Dicyano(phthalocyaninato)iron Compounds.
    N. Hanasaki, M. Matsuda, H. Tajima, E. Ohmichi, T. Osada, T. Naito, and T. Inabe., J. Phys. Soc. Jpn, 75, (3) 1 - 33703,   2006年
  • One-step Synthesis of Partially Oxidized Cobalt(III) Phthalocyanine Salts with Axial Ligands.
    D. E. C. Yu, H. Imai, M. Ushio, S. Takeda, T. Naito and T. Inabe, Chem. Lett., 35, (6) 602 - 603,   2006年
  • Synthesis, Isolation, and Structural Characterization of the C4h Isomer of Metal(1,2-naphthalocyanine) and Its One-Dimensional Conductor of the Axially Substituted Species.
    E. H. Gacho, H. Imai, R. Tsunashima, T. Naito, T. Inabe and N. Kobayashi., Inorg. Chem., 45, (10) 4170 - 4176,   2006年
  • Charge Disproportionation in Highly One-Dimensional Molecular Conductor TPP[Co(Pc)(CN)2]2.
    N. Hanasaki, K. Matsuda, K. Kodama, M. Matsuda, H. Tajima, J. Yamazaki, M. Takigawa, J. Yamaura, E. Ohmichi, T. Osada, T. Naito, and T. Inabe., J. Phys. Soc. Jpn, 75, (10) 1 - 104713,   2006年
  • A new optical doping method toward molecular electronics.
    T. Naito, T. Inabe, H. Niimi and K. Asakura., Synth. Met., 152, (1-3) 289 - 292,   2005年
  • Charge disproportionation, everywhere!
    T. Takahashi, K. Hiraki, S. Moroto, N. Tajima, Y. Takano, Y. Kubo, H. Satsukawa, R. Chiba, H. M. Yamamoto, R. Kato, T. Naito., J. Phys. IV, 131, 3 - 8,   2005年
  • Phthalocyanine-phthalocyanine salt crystal: a unique assembly design.
    Y. Otsuka, T. Naito, T. Inabe, J. Porphyr. Phthalocya., 9, (1) 68 - 71,   2005年
  • Nearly isotropic two-dimensional sheets in a partially oxidized Co(Pc)(CN)2 salt (Pc = phthalocyaninate).
    T. Asari, M. Ishikawa, T. Naito, M. Matsuda, H. Tajima, and T. Inabe., Chem. Lett., 34, (7) 936 - 937,   2005年
  • Molecular conductors containing photoreactive species.
    T. Naito and T. Inabe., J. Phys. IV, 114, 553 - 555,   2004年
  • Molecular unit based on metal phthalocyanine; designed for molecular electronics.
    M. Matsuda, N. Hanasaki, S. Ikeda, H. Tajima, T. Naito, and T. Inabe., J. Phys. IV, 114, 541 - 543,   2004年
  • Crystal design of cation-radical salts based on the supramolecular self-organizing arrangement of mellitate anions.
    T. Inabe, N. Kobayashi, and T. Naito., J. Phys. IV, 114, 449 - 453,   2004年
  • Novel Phthalocyanine Conductor Containing Two-dimensional Pc Stacks, [PXX]2[Co(Pc)(CN)2] (PXX = peri-Xanthenoxanthene, Co(Pc)(CN)2 = Dicyano(phthalocyaninato)cobalt(III)).
    T. Asari, T. Naito, T. Inabe, M. Matsuda and H. Tajima., Chem. Lett., 33, (2) 128 - 129,   2004年
  • Anisotorpic giant magnetoresistance originating from the π-d interaction in a molecule.
    M. Matsuda, N. Hanasaki, H. Tajima, T. Naito, and T. Inabe., J. Phys. Chem. Solids, 65, (4) 749 - 752,   2004年
  • Network formation of mellitate anions ([C6(COO)6H6-n]n-) in the salts with piperidinium derivatives and o-phenylenediammonium.
    N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe., CrystEngComm, 6, 189 - 196,   2004年
  • Physical properties of electrically conducting and stable molecular neutral radical solid [Co(2,3-Nc)(CN)2]CH3CN (2,3-Nc = 2,3-naphthalocyanine).
    T. Naito, N. Matsumura, T. Inabe, M. Matsuda, and H. Tajima., J. Porphyr. Phthalocya., 8, (11) 1258 - 1268,   2004年
  • Structural, Electrical and Magnetic Properties of α-(ET)7[MnCl4]2?(1,1,2-C2H3Cl3)2 (ET = bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene).
    T. Naito and T. Inabe., Bull. Chem. Soc. Jpn., 77, (11) 1987 - 1995,   2004年
  • New Binuclear Copper Complexes [(9S3)Cu(CN)Cu(9S3)]Xn (X=BF4, n=1; X=TCNQ, n=2) (9S3=1,4,7-trithiacyclononane): Syntheses, Crystal Structures and Magnetic Properties.
    T. Naito, K. Nishibe, and T. Inabe., Z. Anorg. Allg. Chem., 630, (15) 2725 - 2730,   2004年
  • Light-induced transformation of molecular materials into devices.
    T. Naito, T. Inabe, H. Niimi, and K. Asakura., Adv. Mater., 16, (20) 1786 - 1790,   2004年
  • A Helical π-Radical Cation Column in the Double Helix of Mellitate Anions.
    N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe., Adv. Mater., 16, (20) 1803 - 1806,   2004年
  • Fermi surface studies of quasi-1D and quasi-2D organic superconductors using periodic orbit resonance in high magnetic fields.
    S. Takahashi, A. E. Kovalev, S. Hill, S. Takasaki, J. Yamada, H. Anzai, J. S. Qualls, K. Kawano, M. Tamura, T. Naito, H. Kobayashi., Int. J. Mod. Phys. B, 18, (27-29) 3499 - 3504,   2004年
  • ET3(MnCl3)2(EtOH)2: a new organic conductor with a perovskite structure.
    T. Naito, T. Inabe, T. Akutagawa, T. Hasegawa and T. Nakamura., Synth. Met., 133/134, 445 - 447,   2003年
  • Phthalocyanine-based multi-dimensional conductors.
    T. Inabe, T. Asari, H. Hasegawa, M. Matsuda, E. H. Gacho, N. Matsumura, S. Takeda, K. Takeda and T. Naito., Synth. Met., 133/134, 515 - 518,   2003年
  • One-dimensional π?d electron system in TPP[Fe(Pc)(CN)2]2, [PXX][Fe(Pc)(CN)2], and (PTMA)x[Fe(Pc)(CN)2]Y(CH3CN): electron spin resonance and negative magnetoresistance.
    N. Hanasaki, M. Matsuda, H. Tajima, T. Naito and T. Inabe., Synth. Met., 133/134, 519 - 521,   2003年
  • Magnetic and optical properties of one-dimensional π?d system with axially substituted iron(III) phthalocyanine.
    M. Matsuda, N. Hanasaki, H. Tajima, T. Naito and T. Inabe., Synth. Met., 133/134, 547 - 548,   2003年
  • Magnetic properties of d-πconducting system, TPP[FeIIIxCoIII1-x(Pc)(CN)2]2.
    M. Matsuda, N. Hanasaki, H. Tajima, F. Sakai, T. Naito and T. Inabe., Synth. Met., 135/136, 635 - 636,   2003年
  • Physical properties of (ET)3(MnCl4)(TCE) and the related salts.
    T. Naito, T. Inabe, T. Akutagawa, T. Hasegawa, T. Nakamura, Y. Hosokoshi and K. Inoue., Synth. Met., 135/136, 613 - 614,   2003年
  • Torque study of TPP[Fe(Pc)(CN) 2] 2 (TPP = tetraphenyl phosphonium and Pc = phthalocyanine).
    N. Hanasaki, M. Matsuda, H. Tajima, T. Naito, T. Inabe., Synth. Met., 137, (1-3) 1227 - 1228,   2003年
  • Hydrogen-Bond Networks of Mellitate Anions ([C6(COO)6H6-n]n-) in Salts with Pyridine Derivatives.
    N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe., Bull. Chem. Soc. Jpn, 76, (7) 1351 - 1362,   2003年
  • Structural and Physical Properties of Low-Dimensional Molecular Conductors, [PXX][FeIII(Pc)(CN)2] and [PXX][CoIII(Pc)(CN)2] (PXX = peri-xanthenoxanthene, Pc = phthalocyaninato).
    M. Matsuda, T. Asari, T. Naito, T. Inabe, N. Hanasaki, and H. Tajima, Bull. Chem. Soc. Jpn, 76, (10) 1935 - 1940,   2003年
  • Molecular hexagonal perovskite: a new type of organic-inorganic hybrid conductor.
    T. Naito and T. Inabe, J. Solid State Chem., 176, (1) 243 - 249,   2003年
  • Angle-Resolved Mapping of the Fermi Velocity in a Quasi-Two-Dimensional Organic Conductor.
    A. E. Kovalev, S. Hill, K. Kawano, M. Tamura, T. Naito, and H. Kobayashi., Phys. Rev. Lett., 91,   2003年
  • Novel Ni-Dithiolene Complexes toward Lattice Architecture.
    N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 376, 233 - 238,   2002年
  • Structures and Electrical Properties of the Layered Tin-Iodide Perovskite Compounds with Various Organic Cations.
    M. Nakano, J. Tokita, T. Naito, and T. Inabe, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 376, 239 - 244,   2002年
  • Synthesis of New Dithiolene-derivative Metal Complexes.
    T. Naito, T. Takeshita, N. Kobayashi, and T. Inabe, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 380, 245 - 250,   2002年
  • One-Dimensional π-d System with Axially Substituted Iron (III) Phthalocyanine.
    M. Matsuda, T. Naito, T. Inabe, N. Hanasaki, and H. Tajima, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 380, 277 - 282,   2002年
  • Charge Carrier Doping in the Ni(dmit)2 Simple Salts by Hydrogen-Bonding Pyridinium Cations. (dmit=1,3-dithiol-2-thione-4,5-dithiolate).
    T. Hirose, H. Imai, T. Naito and T. Inabe, J. Solid State Chem., 168, (2) 535 - 546,   2002年
  • Magnetoresistance study on TPP[M(Pc)(CN)2]2 (M=Fe, Co, Fe0.30Co0.70) salts.
    H. Tajima, N. Hanasaki, M. Matsuda, F. Sakai, T. Naito and T. Inabe., J. Solid State Chem., 168, (2) 509 - 513,   2002年
  • Giant Negative Magnetoresistance of One-Dimensional Conductor TPP[Fe(Pc)(CN)2]2.
    N. Hanasaki, H. Tajima, M. Matsuda, T. Naito, and T. Inabe, Synth. Met., 120, (1/3) 797 - 798,   2001年
  • Peculiar Physical Properties of (ET)3(MnCl4)(TCE).
    T. Naito, T. Inabe, K. Takeda, K. Awaga, T. Akutagawa, T. Hasegawa, T. Nakamura, T. Kakiuchi, H. Sawa, T. Yamamoto, and H. Tajima, Synth. Met., 120, (1/3) 877 - 878,   2001年
  • Periodic Orbit Resonances in κ-(ET)2I3.
    C. Palassis, M. Mola, J. Tritz, S. Hill, S. Uji, K. Kawano, M. Tamura, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 120, (1/3) 999 - 1000,   2001年
  • Synthesis, Electrical Properties of A Novel Ni-Dithiolene Complex with Dimerized Structure.
    N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe, Synth. Met., 120, (1/3) 1055 - 1056,   2001年
  • Physical and Structural Properties of Ni(dmit)2 Ladder Chain.
    H. Imai, T. Naito, T. Inabe, and K. Awaga, Synth. Met., 120, (1/3) 951 - 952,   2001年
  • Charge-Transfer Complexes of PXX (PXX = 6,12-Dioxaanthanthrene). The Formal Charge and Molecular Geometry.
    T. Asari, N. Kobayashi, T. Naito, and T. Inabe, Bull. Chem. Soc. Jpn, 74, (1) 53 - 58,   2001年
  • Isolation and Structural and Optical Characterization of the C2v 1,2-Naphthalocyanine Isomer.
    E. H. Gacho, T. Naito, T. Inabe, T. Fukuda, and N. Kobayashi, Chem. Lett., (3) 260 - 261,   2001年
  • A New Molecular Metal Based on Pd(dmit)2: Synthesis, Structure and Electrical Properties of (C7H13NH)[Pd(dmit)2]2 (dmit2- = 2-thioxo-1,3-dithiole-4,5-dithiolate).
    T. Naito, T. Inabe, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, J. Mater. Chem., 11, (9) 2199 - 2204,   2001年
  • β”-(ET)3(MnCl4)(1,1,2-C2H3Cl3) (ET = bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene): a Pressure-sensitive New Molecular Conductor with Localized Spins.
    T. Naito, T. Inabe, K. Takeda, K. Awaga, T. Akutagawa, T. Hasegawa, T. Nakamura, T. Kakiuchi, H. Sawa, T. Yamamoto and H. Tajima, J. Mater. Chem., 11, (9) 2221 - 2227,   2001年
  • Structure and Electrical and Magnetic Properties of (PTMA)x[M(Pc)(CN)2]・y(solvent) (PTMA = phenyltrimethylammonium and [M(Pc)(CN)2] = dicyano(phthalocyaninato)MIII with M = Co and Fe). Partial oxidation by partial solvent occupation of the cationic site.
    M. Matsuda, T. Naito, T. Inabe, N. Hanasaki, and H. Tajima, J. Mater. Chem., 11, (10) 2493 - 2497,   2001年
  • Giant Negative Magnetoresistance in One-Dimensional π-d System : TPP[Fe(Pc)(CN)2]2 (TPP = tetraphenylphosphonium, Pc = phthalocyanine ).
    N. Hanasaki, H. Tajima, M. Matsuda, T. Naito, and T. Inabe, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 343, 359 - 364,   2000年
  • Rubrene Cation Radical Stabilized by Polyiodide Chains in the (Rubrene)I9 Crystal
    M. Kameya, T. Naito, and T. Inabe, Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, (1) 61 - 65,   2000年
  • A one-dimensional macrocyclic π-ligand conductor carrying a magnetic center. Structural and electrical, optical and magnetic properties of TPP[Fe(Pc)(CN)2]2 {TPP = tetraphenylphosphonium and [Fe(Pc)(CN)2] = dicyano(phthalocyaninato)iron (III)}.
    M. Matsuda, T. Naito, T. Inabe, N. Hanasaki, H. Tajima, T. Otsuka, K. Awaga, B. Narymbetov and H. Kobayashi, J. Mater. Chem., 10, (3) 631 - 636,   2000年
  • Giant negative magnetoresistance in quasi-one-dimensional conductor TPP[Fe(Pc)(CN)2]2 : Interplay between local moments and one-dimensional conduction electrons.
    N. Hanasaki, H. Tajima, M. Matsuda, T. Naito, and T. Inabe, Phys. Rev. B, 62, (9) 5839 - 5842,   2000年
  • Multi-dimensional π-π stacking interaction in neutral radical crystals obtained by electrochemical oxidation of [CoIII(2,3-Nc)(CN)2]- (2, 3-Nc = 2, 3- naphthalocyanine).
    N. Matsumura, A. Fujita, T. Naito, and T. Inabe, J. Mater. Chem., 10, (10) 2266 - 2269,   2000年
  • Crystal Structure of an Ionic Charge-Transfer Complex of DAP-F4TCNQ (DAP = 1, 6-Diaminopyrene, F4TCNQ = 2, 3, 5, 6-Tetrafluoro-7, 7, 8, 8-tetracyano-p-quinodimethane).
    K. Matsushima, M. Ogaki, T. Naito, and T. Inabe, Bull. Chem. Soc. Jpn, 73, (10) 2231 - 2235,   2000年
  • Preparation of a new conducting and magnetic material based on coordination compounds.
    T. Naito, N. Kobayashi, and T. Inabe, Synth. Met., 102, (1/3) 1687 - 1688,   1999年
  • Phthalocyanine molecular conductors with paramagnetic iron (III).
    M. Matsuda, T. Naito, T. Inabe, T. Otsuka, and K. Awaga, Synth. Met., 102, (1/3) 1774 - 1775,   1999年
  • High pressure and high field studies of α-[(CH3)2(C2H5)2N][Ni(dmit)2]2.
    A. -K. Klehe, M. M. Honold, M. S. Nam, N. Harrison, C. Mielke, M. Inokuchi, A. Sato, T. Naito, A. Kobayashi, H. Kobayashi, and J. Singleton, Synth. Met., 103, (1/3) 1835 - 1836,   1999年
  • Unusual Electrical Properties of Neutral Mixed-Stack Charge-Transfer Complexes of DAP-BRL (DAP = 1,6-Diaminopyrene, BRL = p-Bromanil).
    T. Fujinawa, H. Goto, T. Naito, T. Inabe, T. Akutagawa, and T. Nakamura, Bull. Chem. Soc. Jpn, 72, (1) 21 - 26,   1999年
  • Tautomeric Structure of N-Salicylideneaniline Derivatives Studied by Soft X-ray Absorption Spectroscopy and X-ray Photoelectron Spectroscopy.
    E. Ito, H. Oji, T. Araki, K. Oichi, H. Ishii, Y. Ouchi, N. Kosugi, T. Ohta, Y. Maruyama, T. Naito, T. Inabe, and K. Seki, J. Synchrotron. Rad., 6, (3) 781 - 783,   1999年
  • M(dmit)2 Salts with Nitronyl Nitroxide Radical Cations (M = Ni and Au, dmit = 1,3-dithiol-2-thione-4,5-dithiolate). Nonmagnetic Single-Chain Formation vs Antiferromagnetic Spin-Ladder-Chain Formation of M(dmit)2.
    H. Imai, T. Otsuka, T. Naito, K. Awaga and T. Inabe, J. Am. Chem. Soc., 121, (35) 8098 - 8103,   1999年
  • Solid State Structures and Electrical Properties of Neutral Radical Crystals of Dicyano(phthalocyaninate)-cobalt(III).
    A. Fujita, H. Hasegawa, T. Naito, and T. Inabe, J. Porphyr. Phthalocya., 3, (8) 720 - 728,   1999年
  • Cyano-bridged cobalt-phthalocyanine dimer: a trapped species by crystallization with a πradical cation.
    S. Takano, T. Naito, and T. Inabe., J. Mater. Chem., 8, (3) 511 - 513,   1998年
  • A highly conducting partially oxidized salt of axially substituted phthalocyanine. Structure and physical properties of TPP[Co(Pc)(CN)2]2 {TPP = tetraphenylphosphonium, [Co(Pc)(CN)2] = dicyano(phthalocyaninato)cobalt(III)}.
    H. Hasegawa, T. Naito, T. Inabe, T. Akutagawa, and T. Nakamura., J. Mater. Chem., 8, (7) 1567 - 1570,   1998年
  • Synthesis of New Ni-Complexes with a Chalogen Donor Ligand and Cyano Groups.
    T. Naito, N. Kobayashi, and T. Inabe, Chem. Lett., (8) 723 - 724,   1998年
  • Pressure-Temperature Phase Diagram of a Molecular Superconductor α-EDT-TTF[Ni(dmit)2].
    H. Tajima, M. Inokuchi, H. Kuroda, A. Kobayashi, A. Sato, T. Naito, and H. Kobayashi, Rev. High Pressure Sci. Technol., 7, 532 - 534,   1998年
  • Ladder-Type Phthalocyanine Conductor, [PXX][Co(Pc)(CN)2] (PXX = peri-xanthenoxanthene, Co(Pc)(CN)2 = dicyano(phthalocyaninato)cobalt (III)).
    S. Takano, T. Naito, and T. Inabe, Chem. Lett., 27, (12) 1249 - 1250,   1998年
  • Structural and Electrical Properties of a Series of Organic Superconductors, λ-BETS2GaXzY4-z (x=Br, Cl, F; 0H. Kobayashi, A. Sato, E. Arai, T. Naito, H. Tanaka, A. Kobayashi, and T. Saito, Synth. Met., 85, (1/3) 1463 - 1464,   1997年
  • Magnetic and Transport Properties of an Ambient-Pressure Superconductor α- (EDT-TTF)[Ni(dmit)2].
    H. Tajima, M. Inokuchi, A. Kobayashi, A. Sato, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 85, (1-3) 1585 - 1586,   1997年
  • Structural and Electrical Properties of BETS Compounds with Transitional Metal Complex Anions.
    H. Kobayashi, E. Arai, A. Sato, T. Naito, H. Tanaka, A. Kobayashi, T. Saito, and P. Cassoux, Synth. Met., 85, (1/3) 1595 - 1596,   1997年
  • Electrical and Magnetic Properties of DED Salts.
    T. Naito, T. Inabe, E. Arai, M. Tamura, Y. Nishio, K. Kajita, R. Kato, A. Kobayashi, and H. Kobayashi, Synth. Met., 86, (1/3) 1815 - 1816,   1997年
  • Development and Low-temperature Crystal Structures of M(dmiX)2 (X=S, Se) Conductors.
    A. Kobayashi, T. Naito, A. Sato, and H. Kobayashi, Synth. Met., 86, (1/3) 1841 - 1842,   1997年
  • Shubnikov-de Haas Effect and Angular Dependent Magnetoresistance Oscillation of κ-(BETS)2GaCl4.
    H. Tajima, A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 86, (1/3) 1911 - 1912,   1997年
  • Magnetotransport Phenomena of α-(BEDT-TSeF)2I3.
    N. Tajima, K. Matuo, M. Tamura, Y. Nishio, K. Kajita, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 86, (1/3) 1981 - 1982,   1997年
  • Magnetic Anisotropy of Organic Conductor λ-(BETS)2FeCl4.
    M. Tokumoto, T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, V. N. Laukhin, L. Brossard, and P. Cassoux, Synth. Met., 86, (1/3) 2161 - 2162,   1997年
  • The Electrical Behavior of Charge-Transfer Salts Based on an Unsymmetrical Donor Bis(ethylenedithio)diselenadithiafulvalene (STF): Disorder Effect on the Transport Properties.
    T. Naito, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, Bull. Chem. Soc. Jpn., 70, (1) 107 - 114,   1997年
  • Soft X-ray Absorption and X-ray Photoelectron Spectroscopic Study of Tautomerism in Intramolecular Hydrogen Bonds of N-Salicylideneaniline Derivatives.
    E. Ito, H. Oji, T. Araki, K. Oichi, H. Ishii, Y. Ouchi, T. Ohta, N. Kosugi, Y. Maruyama, T. Naito, T. Inabe, and K. Seki, J. Am. Chem. Soc., 119, (27) 6336 - 6344,   1997年
  • Enhancement of the Dimensionality of Molecular πConductors by the Selone Substitution of M(dmit)2 (M = Ni, Pd) Systems: Newly Synthesized dmise Compounds [MexH4-xN][Ni(dmise)2]2 (x = 1-3) and Cs[Pd(dmise)2]2 (dmise = 4,5-Dimercapto-1,3-dithiole-2-selone).
    A. Sato, H. Kobayashi, T. Naito, F. Sakai, and A. Kobayashi, Inorg. Chem., 36, (23) 5262 - 5269,   1997年
  • New BETS Superconductors and Metals with Tetrahedral Non-Magnetic and Magnetic Anions (BETS = Bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene).
    H. Kobayashi, T. Naito, A. Sato, K. Kawano, A. Kobayashi, H. Tanaka, T. Saito, M. Tokumoto, L. Brossard, and P. Cassoux, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 284, 61 - 72,   1996年
  • M(dmit)2 and M(dmise)2 (M=Ni, Pd) Compounds With One-, Two- and Three-dimensional Metallic Bands.
    A. Kobayashi, A. Sato, T. Naito, and H. Kobayashi, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 284, 85 - 96,   1996年
  • Meissner and Diamagnetic Shielding Effects of α- (EDT-TTF)[Ni(dmit)2].
    H. Tajima, A. Kobayashi, Y. Ootuka, A. Sato, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 79, (2) 141 - 143,   1996年
  • Molecular Metals Based on BETS and Magnetic Anions - λ- and κ-BETS2FeCl4 and θ-BETS4Cu2Cl6.
    H. Kobayashi, A. Kobayashi, T. Naito, M. Tokumoto, L. Brossard, N. Kushch, and P. Cassoux, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 285, 11 - 18,   1996年
  • New Synthetic Metals Based on A Thiadiazole Network.
    T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, and A. E. Underhill, Chem. Commun., (4) 521 - 522,   1996年
  • New BETS Conductors with Magnetic Anions (BETS = bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene).
    H. Kobayashi, T. Udagawa, H. Tomita, T. Naito, A. Kobayashi, F. Sakai, T. Watanabe and P. Cassoux, J. Am. Chem. Soc., 118, (2) 368 - 377,   1996年
  • Shubnikov-de Haas Effect and Angular-Dependent Magnetoresistance Oscillation of κ-(BETS)2GaCl4.
    H. Tajima, A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi, Solid State Commun., 98, (8) 755 - 759,   1996年
  • Electrical Resistivity under High Pressure and Upper Critical Magnetic Field of the Molecular Superconductor α- (EDT-TTF)[Ni(dmit)2].
    M. Inokuchi, H. Tajima, T. Ohta, H. Kuroda, A. Kobayashi, A. Sato, T. Naito, and H. Kobayashi., J. Phys. Soc. Jpn., 65, (2) 538 - 544,   1996年
  • λ-Type BETS Salts Containing a Mixed Halide Gallium Anion, GaXyY4-y- [X, Y = F, Cl, Br; BETS = Bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene].
    H. Tanaka, A. Kobayashi, T. Saito, K. Kawano, T. Naito, and H. Kobayashi, Adv. Mater., 8, (10) 812 - 815,   1996年
  • Electrical conductivity and upper critical magnetic field of the molecular superconductor α-(EDT-TTF)[Ni(dmit)2].
    M. Inokuchi, H. Tajima, T. Ohta, A. Kobayshi, H. Kuroda, T. Naito, A. Sato, and H. Kobayashi, Adv. Mater. Opt. Electr., 6, (5/6) 367 - 370,   1996年
  • Suppression of Insulating State in (BETS)2FeCl4 by Magnetic Field.
    F. Goze, V. N. Laukhin, L. Brossard, A. Audouard, J. P. Ulmet, S. Askenazy, T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, M. Tokumoto, and P. Cassoux, Synth. Met., 71, (1/3) 1901 - 1902,   1995年
  • Charge-Transfer Salts of Some Unsymmetrical Donors Derived from BETS (BETS=bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene).
    T. Naito, H. Tomita, A. Tateno, T. Udagawa, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, Synth. Met., 70, (1/3) 1157 - 1158,   1995年
  • Low-temperature Crystal and Band Electronic Structures of Metallic M(dmit)2 (M=Ni, Pd) Compounds.
    A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 70, (1-3) 1047 - 1048,   1995年
  • Low-temperature Crystal and Band Electronic Structures of Organic Metals, α-(BETS)2I3 and (MeBr-DCNQI)2Cu.
    A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 70, (1/3) 1087 - 1088,   1995年
  • New Organic Superconductor λ-(BETS)2GaCl4 and Metal-Insulator Transition of BETS Conductor with Magnetic Anions (BETS=Bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene).
    H. Kobayashi, H. Tomita, T. Udagawa, T. Naito, and A. Kobayashi, Synth. Met., 70, (1/3) 867 - 870,   1995年
  • Coexistence of superconductivity with CDW (or SDW): ambient-pressure superconductor based on Ni(dmit)2, α-EDT-TTF[Ni(dmit)2].
    H. Tajima, M. Inokuchi, S. Ikeda, M. Arifuku, T. Naito, M. Tamura, T. Ohta, A. Kobayashi, R. Kato, H. Kobayashi, and H. Kuroda, Synth. Met., 70, (1/3) 1035 - 1038,   1995年
  • Crystal and electronic structures of two-dimentional molecular metal based on transition metal complex molecules, α-[(CH3)2(C2H5)2N][Ni(dmit)2]2 (dmit=1,3-dithiol-2-thione-4,5-dithiolate).
    A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi, Phys. Rev. B, 51, (5) 3198 - 3201,   1995年
  • The New Synthetic Metals of M(dmise)2: [(CH3)3HN][Ni(dmise)2]2 and (EDT-TTF)[Ni(dmise)2].
    T. Naito, A. Sato, K. Kawano, A. Tataeno, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, J. Chem. Soc., Chem. Commun, (3) 351 - 352,   1995年
  • New Organic Superconductor, λ-BETS2GaBrCl3 [BETS = bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene].
    H. Kobayashi, H. Tomita, T. Naito, H. Tanaka, A. Kobayashi, and T. Saito, J. Chem. Soc., Chem. Commun, (12) 1225 - 1226,   1995年
  • Electrical and Optical Properties of α-(BETS)2I3 and α-(BEDT-STF)2I3.
    M. Inokuchi, H. Tajima, A. Kobayashi, T. Ohta, H. Kuroda, R. Kato, T. Naito, and H. Kobayashi, Bull. Chem. Soc. Jpn., 68, (2) 547 - 553,   1995年
  • Origin of Resistivity Anomalies of (EDT-TTF)[M(dmit)2] (M=Ni, Pd).
    A. Kobayashi, A. Sato, K. Kawano, T. Naito, H. Kobayashi, and T. Watanabe, J. Mater. Chem., 5, (10) 1671 - 1679,   1995年
  • Electronic Band Structure and Superconducting Transition of κ-(BEDT-TTF)2I3.
    H. Kobayashi, K. Kawano, T. Naito, and A. Kobayashi, J. Mater. Chem., 5, (10) 1681 - 1687,   1995年
  • Angular and Magnetic Field Dependencies of the Magnetoresistance of λ-(BETS)2FeCl4 in the Field-Restored High Conductivity State.
    F. Goze, V. N. Laukhin, L. Brossard, A. Audouard, J. P. Ulmet, S. Askenazy, T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, M. Tokumoto, and P. Cassoux, Physica B, 211, (1/4) 290 - 292,   1995年
  • Synthesis, Structures and Electrical Properties of the Charge-transfer Salts of 4,5-Ethylenedithio-4',5'-(2-oxatrimethylenedithio)diselenadithiafulvalene (EOST) with Linear Anions [I3-, IBr2-, ICl2-, I2Br-, AuBr2-, Au(CN)2-].
    T. Naito, A. Tateno, T. Udagawa, H. Kobayashi, R. Kato, A. Kobayashi, and T. Nogami, J. Chem. Soc., Faraday Trans., 90, (5) 763 - 771,   1994年
  • Crystal Structures and Electrical Properties of the Radical Salts of Unsymmetrical Donor EOTT[4,5-Ethylenedithio-4',5'-(2-oxatrimethylenedithio)tetrathiafulvalene].
    A. Tateno, T. Udagawa, T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, and T. Nogami, J. Mater. Chem., 4, (10) 1559 - 1569,   1994年
  • Magnetotransport Measurements on the λ-Phase of the Organic Conductors (BETS)2MCl4 ( M = Ga,Fe). Magnetic-Field-Restored Highly Conducting State in λ-(BETS)2FeCl4.
    F. Goze, V. N. Laukhin, L. Brossard, A. Audouard, J. P. Ulmet, S. Askenazy, T. Naito, H. Kobayashi, A. Kobayashi, M. Tokumoto, and P. Cassoux, Europhys. Lett., 28, (6) 427 - 431,   1994年
  • On the Metal Instability of DCNQI-Cu System ― Possibility of Molecular Heavy Electron System
    H. Kobayashi, T. Naito, R. Kato, and A. Kobayashi, Synth. Met., 56, (1) 1852 - 1857,   1993年
  • Synthesis of Multi-sulfur TTF Derivatives and Conducting Organic Salts.
    T. Nogami, T. Ishida, H. Yoshikawa, M. Tanaka, T. Naito, H. Kobayashi, and A. Kobayashi, Synth. Met., 56, (1) 2039 - 2043,   1993年
  • 2-Dimensional Nature of BEDT-TSeF Compounds.
    A. Kobayashi, R. Kato, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 56, (1) 2078 - 2083,   1993年
  • Electrical and Structural Properties of κ-Type Organic Conductor.
    T. Naito, K. Bun, A. Miyamoto, H. Kobayashi, H. Sawa, R. Kato, and A. Kobayashi, Synth. Met., 56, (1) 2234 - 2240,   1993年
  • The Electrical and Optical Properties of α-BETS2I3 and α-(BEDT-STF)2I3.
    M. Inokuchi, H. Tajima, A. Kobayashi, H. Kuroda, R. Kato, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 56, (1) 2495 - 2500,   1993年
  • XANES Study and Valence States In (R1,R2-DCNQI)2Cu.
    K. Oshima, T. Doi, H. Maruyama, H. Maeda, H. Yamazaki, R. Kato, A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi., Synth. Met., 56, (1) 2525 - 2529,   1993年
  • New Molecular Superconductors, β- [(CH3)4N][Pd(dmit)2]2 and [(CH3)2(C2H5)2N][Pd(dmit)2]2.
    A. Kobayashi, R. Kato, R. A. Clark, A. E. Underhill, A. Miyamoto, K. Bun, T. Naito, and H. Kobayashi, Synth. Met., 56, (2-3) 2927 - 2932,   1993年
  • XANES and EXAFS study in (R1, R2-DCNQI)2Cu.
    K. Oshima, T. Doi, H. Maruyama, H. Maeda, H. Yamazaki, R. Kato, A. Kobayashi, T. Naito, and H. Kobayashi., Jpn. J. Appl. Phys., 1, (32) 824 - 826,   1993年
  • A New Organic Superconductor, λ-(BEDT-TSF)2GaCl4.
    H. Kobayashi, T. Udagawa, H. Tomita, K. Bun, T. Naito, and A. Kobayashi, Chem. Lett., (9) 1559 - 1562,   1993年
  • New Organic Metals Based on BETS Compounds with MX4- Anions (BETS = bis(ethylenedithio)tetraselenafulvalene; M=Ga, Fe, In; X=Cl, Br).
    A. Kobayashi, T. Udagawa, H. Tomita, T. Naito, and H. Kobayashi, Chem. Lett., (12) 2179 - 2182,   1993年
  • Superconducting Transition Temperature of the Organic Alloy System: κ-[(BEDT-TTF)1-x(BEDT-STF)x]2Cu[N(CN)2]Br.
    T. Naito, A. Miyamoto, H. Kobayashi, R. Kato, and A. Kobayashi, Chem. Lett., (1) 119 - 122,   1992年
  • New Molecular Superconductor, [Me2Et2N][Pd(dmit)2]2.
    H. Kobayashi, K. Bun, T. Naito, R. Kato, and A. Kobayashi, Chem. Lett., (10) 1909 - 1912,   1992年
  • Optical Study on [M(dmit)2] Salts.
    H. Tajima, T. Naito, M. Tamura, A. Takahashi, S. Toyoda, A. Kobayashi, H. Kuroda, R. Kato, H. Kobayashi, R. A. Clark, and A. E. Underhill, Synth. Met., 42, (3) 2417 - 2421,   1991年
  • Reflectance Spectra of Some Two-Dimensional Organic Metals Based on BEDT-TTF and [Ni(dmit)2].
    M. Tamura, R. Masuda, T. Naito, H. Tajima, H. Kuroda, A. Kobayashi, K. Yakushi, R. Kato, H. Kobayashi, M. Tokumoto, N. Kinoshita, and H. Anzai, Synth. Met., 42, (3) 2499 - 2502,   1991年
  • Structural and Electronic Properties of Cs[Pd(dmit)2]2.
    A. E. Underhill, R. A. Clark, I. Marsden, M. Allan, R. H. Friend, H. Tajima, T. Naito, M. Tamura, H. Kuroda, A. Kobayashi, H. Kobayashi, E. Canadell, S. Ravy, and J. P. Pouget, J. Phys., Condens. Matter, 3, (8) 933 - 954,   1991年
  • Energy Level Inversion in Strongly Dimerized [Pd(dmit)2] Salts.
    H. Tajima, T. Naito, M. Tamura, A. Kobayashi, H. Kuroda, R. Kato, H. Kobayashi, R. A. Clark, and A. E. Underhill, Solid State Commun., 79, (4) 337 - 341,   1991年
  • Structure and Electrical Properties of θ-and κ-Type BEDT-TSeF Salts with Bromomercurate Anions.
    T. Naito, A. Miyamoto, H. Kobayashi, R. Kato, and A. Kobayashi, Chem. Lett., (11) 1945 - 1948,   1991年
  • Superconducting Transition of a Grease-Coated Crystal of κ- (BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]Cl.
    H. Kobayashi, K. Bun, A. Miyamoto, T. Naito, R. Kato, A. Kobayashi, and J. M. Williams, Chem. Lett., (11) 1997 - 2000,   1991年
  • Reflectance Spectra of [M(dmit)2] Salts.
    H. Tajima, M. Tamura, T. Naito, A. Kobayashi, H. Kuroda, R. Kato, H. Kobayashi, R. A. Clark, and A. E. Underhill, Mol. Cryst. Liq. Cryst, 181, 233 - 242,   1990年
  • New Molecular Conductors, α-and β-(EDT-TTF)[Ni(dmit)2] metal with Anomalous Resistivity Maximum vs. Semiconductor with Mixed Stacks.
    R. Kato, H. Kobayashi, A. Kobayashi, T. Naito, M. Tamura, H. Tajima and H. Kuroda., Chem. Lett., (10) 1839 - 1842,   1989年

MISC

  • 「トップランナーインタビュー」 H29年5月19日(金)収録
    内藤 俊雄, Kadokawa Webメディア「EMIRA」,   2017年05月
  • 「内藤教授(愛媛大大学院)に源内大賞 電気・通信分野 先導的な業績 有機化合物「光磁性伝導体」を合成
    愛媛新聞 朝刊,   2017年04月
  • 「源内大賞 愛媛大院・内藤教授に「伝導性有機物」開発 義肢開発、応用に期待/愛媛」
    毎日新聞 朝刊,   2017年04月
  • 「光当てると通電 新素材」
    日本経済新聞 朝刊,   2016年06月
  • 「学術賞に愛媛大・内藤教授 日本化学会 伝導性・磁性 有機物に付与」
    愛媛新聞 朝刊,   2016年04月
  • 「愛媛大 有機物に伝導性」
    愛媛新聞 朝刊,   2016年04月
  • 「新型顕微鏡開発 愛媛大教授に賞 北海道発明協会」
    愛媛新聞 朝刊,   2015年12月
  • 「磁性制御の新技術発見 医療機器性能アップに期待」
    毎日新聞 朝刊,   2013年10月
  • 工業的に注目すべき研究成果http://advanceseng.com/general-engineering/simultaneous-control-of-carriers-and-localized-spins-with-light-in-organic-materials/
    Advances in Engineering社(カナダ),   2013年03月
  • 「光照射で性質変化 高速情報処理に道」
    愛媛新聞 朝刊,   2012年09月
  • 「紫外線で同時に電気伝導と磁性 省電力の有機物を開発」
    日本経済新聞 夕刊,   2012年09月
  • 「磁場によって電気抵抗が激減する分子性物質が発見された」
    科学新聞,   2006年03月
  • 「PEEM(光電子顕微鏡)の開発販売〜普及型PEEMで表面状態観察の分野拡大〜」
    2009年8月-2015年3月, 株式会社菅製作所、株式会社北海光電子、有限会社シーエス特機、株式会社タナカと共同研究
  • 「光電子放出顕微鏡(PEEM)の試作開発」
    2009年8月-2010年3月, 株式会社菅製作所、株式会社北海光電子、有限会社シーエス特機、株式会社タナカと共同研究
  • 「X線顕微鏡の開発」
    2009年4月-2011年3月, 株式会社北海光電子と共同研究
  • 「酸化亜鉛バリスターの劣化メカニズムに関する研究」
    2007年8月ー2009年9月, パナソニック エレクトロニックデバイス北海道株式会社と共同研究
  • 「X線光電子顕微鏡に基づくデバイス評価装置の開発・製品化」
    2008年度以降の発展的継続, 日本電子株式会社、日本電子データム、道立工業技術センター、函館地域産業振興財団、株式会社菅製作所、早坂理工株式会社、有限会社シーエス特機、株式会社タナカと共同研究

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • “フラクタル次元と電気・磁気物性との関係”
    福田喜章、内藤俊雄, 2017年日本化学会中国四国支部大会 鳥取大会,   2017年11月
  • ”Au(dmit)2 Charge Transfer Complexes; Relation between Pyramidal Coordination Geometry and Physical Properties”
    T. Naito, Y. Sakamoto, Y. Miyaji, T. Yamamoto, K. Ohara, T. Shirahata, and Yoji Misaki, 12th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets, Miyagi, Japan, September 24-29, 2017.,   2017年09月
  • ”Electronic inhomogeneity in organic molecular compound -(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]I probed by polarized femtosecond spectroscopy”
    R. Kuwae, S. Tsuchiya, T. Kodama, Y. Nakamura, M. Kurihara, T. Yamamoto, T. Naito, and Y. Toda, 12th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets, Miyagi, Japan, September 24-29, 2017.,   2017年09月
  • ”Vibrational spectra of [M(dmit)2] salts”
    Koh Takasugi, Takashi Yamamoto, Toshio Naito, and Reizo Kato, 12th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets, Miyagi, Japan, September 24-29, 2017.,   2017年09月
  • ”Synthesis, Structures, and Properties of New TTP Derivatives with Reduced pai-System”
    Takashi Shirahata, Mohamad Safuwan bin Alias, Naoya Kinoshita, Keisuke Furuta, Takashi Yamamoto, Toshio Naito, Jun-ichi Yamada, and Yohji Misaki, 12th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets, Miyagi, Japan, September 24-29, 2017.,   2017年09月, 招待有り
  • “圧力下におけるα-ET2I3の熱的性質”
    高須康弘,山田遼,田嶋尚也,梶田晃示,西尾豊,内藤俊雄,加藤礼三, 日本物理学会秋季大会,   2017年09月
  • “新規π縮小型TTP系ドナーの合成と性質”
    白旗崇、モハマド サフワン ビン アリアス、木下直哉、古田圭介、山本貴、内藤俊雄、山田順一、御崎洋二, 分子科学討論会2017,   2017年
  • "振動分光によるMe4N[Pt(dmit)2]2およびMe4P[Pd(dmit)2]2の分子非対称化の研究"
    山本貴、高杉滉、内藤俊雄、加藤礼三, 分子科学討論会2017,   2017年
  • ”β”-型ET 塩の一軸性圧縮実験”
    沖井 優一、山本 貴、内藤 俊雄、小西 健介、圷 広樹、中澤 康浩, 日本物理学会第72 回年次大会,   2017年
  • ”κ-(ET)2Cu[N(CN)2]I の伝導性・磁性における異常性”
    山本 貴、中村 祐介、内藤 俊雄、小西 健介、松下 幸一郎、中澤 康浩, 日本化学会第97春季年会,   2017年
  • “(C7H13NH)[Pd(dmit)2]2 およびMe4N[Pt(dmit)2]2 の分子振動”
    高杉滉,山本貴,内藤俊雄, 日本化学会中国四国支部大会,   2017年
  • “Optical Control of Carriers and Spins in Molecular Materials”
    T. Naito, Supramolecular Science-Based Organic Materials and Devices, Narashino,   2016年12月09日
  • “Direct Control of Spin Distribution and Anisotropy in Cu-Dithiolene Complex Anions by Light”
    T. Naito, The 12th Japan-China Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena,   2016年10月16日
  • “Optical control of carriers and spins in molecular materials; how to produce photomagnetic conductors from nonmagnetic insulators in an instant”
    T. Naito, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015),   2016年10月16日
  • “Optical Doping: Control of Carriers and Spins in Molecular Materials”
    T. Naito, New Frontier of Multi-functional Magnets (NFM2016),   2016年09月09日
  • “Optically Switchable Magnetic Conductors”
    T. Naito, The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets (ICMM 2016),   2016年09月04日
  • “光照射による(DMe-DCNQI)2Cu の電荷移動量の制御”
    金井良介,山本貴,小原敬士,内藤俊雄, 日本化学会中国四国支部大会,   2016年
  • “κ-(ET)2Cu[N(CN)2]I におけるポンプ-プローブ時間分解分光測定”
    土屋聡、児玉匠、山本貴、内藤俊雄、戸田泰則, 日本物理学会秋季大会,   2016年
  • ”α-D2I3 (D = BEDT-TTF, BEDT-TSF, BEDT-STF)の熱的性質”
    大嶋一樹,木田悠斗,田嶋尚也,梶田晃示,西尾豊,内藤俊雄,加藤礼三, 日本物理学会秋季大会,   2016年
  • “ κ−(ET)2Cu[N(CN)2]I の複雑な超伝導挙動 ”
    中村祐介,山本 貴,内藤俊雄,小西健介, 分子科学討論会2016,   2016年
  • “ β”−型ET 塩における一軸圧縮実験 ”
    沖井優一,山本 貴,内藤俊雄,小西健介,圷 広樹,中澤康浩, 分子科学討論会2016,   2016年
  • ”Uniaxial Strain Effects on β"-type BEDT-TTF salts”
    Yuichi Okii,Takashi Yamamoto,Toshio Naito,Kensuke Konishi, 日本化学会第96春季年会,   2016年
  • ”α-ET2I3,α-BETS2I3,α-(BEDT-STF)2I3の熱的性質”
    大嶋一樹,木田悠斗,田嶋尚也,梶田晃示,西尾豊,内藤俊雄,加藤礼三, 日本物理学会第71 回年次大会,   2016年
  • “Development of Control Method of Conduction and Magnetism in Molecular Crystals”
    Toshio Naito, 日本化学会第96春季年会,   2016年
  • “Simultaneous or independent control of conductivity and magnetism in organic materials by UV irradiation”
    T. Naito, World Congress and Expo on Materials Science & Polymer Engineering,   2015年11月26日
  • “光照射下におけるBPY[Ni(dmit)2]6・3CH3CN単結晶の電気挙動”
    山本澪馬,山本貴,内藤俊雄, 日本化学会中国四国支部大会,   2015年
  • “光照射下の銅(II)ジチオレン錯体塩の磁性・伝導性”
    野間博貴,小原敬士,山本貴,内藤俊雄, 日本化学会中国四国支部大会,   2015年
  • “κ-(ET)2Cu[N(CN)2]Iの多様な物性”
    中村祐介,山本 貴,内藤俊雄,小西健介, 分子科学討論会2015,   2015年
  • ”圧力下超伝導体 β-ET塩および β"-ET塩の電荷整列状態に対する異方的圧力効果”
    山本 貴,沖井優一,内藤俊雄,大西功二,中澤康浩, 日本物理学会秋季大会,   2015年
  • ”α-(ET)2I3の熱的性質”
    大嶋一樹,田嶋尚也,梶田晃示,西尾豊,内藤俊雄,加藤礼三, 日本物理学会秋季大会,   2015年
  • “高い光伝導を示すNMQ[Ni(dmit)2]の伝導機構に関する研究”
    長山 直樹、小原 敬士、山本 貴、内藤 俊雄, 日本化学会第95春季年会,   2015年
  • 光照射によって不対電子の局在性が変わる銅(II)ジチオレン錯体塩の電気・磁気挙動”
    野間 博貴、小原 敬士、山本 貴、内藤 俊雄, 日本化学会第95春季年会,   2015年
  • 「光に応答して伝導性と磁性を発現する有機材料の開発」
    内藤俊雄, 第10回愛媛大学学術フォーラム,   2015年
  • “Giant Photoconductivity in organic materials by UV irradiation”
    T. Naito, 3rd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2014),   2014年10月06日
  • “Molecular Photoconductors Based on CT Transitions”
    T. Naito, International Conference on Synthetic Metals (ICSM2014), LOGOMO, Turku, Finland,   2014年06月30日
  • “銅(II)ジチオレン錯体が持つ不対電子の電気・磁気挙動”
    野間 博貴,小原敬士,山本 貴,内藤俊雄, 分子科学討論会2014,   2014年
  • “Ni-dmit錯体の高い光伝導の光応答機構”
    長山 直樹,小原敬士,山本 貴,内藤俊雄, 分子科学討論会2014,   2014年
  • ”STMによる有機結晶の結晶構造と表面再構成の相関”
    坂本 浩一,森 英一,生井 圭一郎,田原 弘之,有元 秀行,溝口 憲治,矢持秀起,平松 孝章,内藤 俊雄, 日本物理学会第69回年次大会,   2014年
  • ”反強磁性を示す分子性導体の分子振動分光”
    山本 貴,藤本 尚史,内藤俊雄,加藤 礼三,森脇 太郎,池本 夕佳, 日本物理学会第69回年次大会,   2014年
  • “Ni-dmit錯体の特異的に大きな光伝導性”
    内藤 俊雄,烏谷 知明,長山 直樹,小原 敬士, 小西 健介, 森 重樹, 高野 崇廣,高橋 幸裕,稲辺 保,木瀬 翔太,西原 禎文,井上 克也, 日本化学会第94春季年会,   2014年
  • 「愛大物性研究における知と技の拠点形成」
    内藤俊雄, 愛媛大学先進高圧科学研究拠点開所記念講演会&第7回愛媛大学学術フォーラム,   2014年
  • 「有機物中の電子を光で操ることで伝導性や磁性を制御する」
    内藤俊雄, 第81回日本分析化学会有機微量分析研究懇談会・第95回計測自動制御学会力学量計測部会・第31回合同シンポジウム,   2014年
  • 「M(dmit)2単純塩の光で誘起される磁性と伝導性」
    内藤俊雄, 東北大学金属材料研究所共同利用・共同研究ワークショップ「多自由度が協奏する分子システムの科学」,   2014年
  • 「光励起状態を利用して分子結晶の伝導性と磁性を同時に制御する」
    内藤俊雄, 若手セッション企画「分子性固体中における“動”と“静”」、2014年日本化学会中国四国支部大会,   2014年
  • “Reversible and simultaneous control of conduction and magnetism in organic materials by UV irradiation”
    T. Naito, 140th OMICS Group Conference, 2nd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2013),   2013年10月07日
  • ”ゼロギャップ伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の熱起電力?”
    北村竜一,西尾豊,田嶋尚也,梶田晃示,加藤礼三,田村雅史,内藤俊雄, 日本物理学会第68回年次大会,   2013年
  • ”二量体化したユニットをもつ分子性導体における動的電荷不均一性の研究”
    山本 貴, 藤本尚史, 内藤俊雄, 大西功二, 松下幸一郎, 中澤康浩, 加藤礼三, 池本夕佳, 森脇太郎, 薬師久弥, 田村雅史, 日本物理学会秋季大会,   2013年
  • 「金属錯体を電荷移動錯体にして光を当てると出る機能」
    内藤俊雄, 第6回中国四国地区錯体化学研究会,   2013年
  • 「固体中の電子を光で操ることで伝導性や磁性を制御する」
    内藤俊雄, 第50回分析化学講習会(日本分析化学会中国四国支部),   2013年
  • 「光照射で金属錯体の伝導性、磁性を同時に制御する」
    内藤俊雄, 東北大学卓越大学院研究会「金属錯体の固体物性最前線 ー金属錯体と固体物性物理と生物物性の連携新領域を目指してー」,   2013年
  • 「分子性伝導体研究の次の方向性;光で調べる時代から光で操る時代へ」
    内藤俊雄, 黒田・太田シンポジウム,   2013年
  • 「紫外光に応答して磁性と金属的伝導性を可逆的に発現する分子結晶」
    内藤俊雄, 分子研研究会「光による分子性伝導体の電子相制御」,   2013年
  • “Molecular photomagnetic conductors”
    T. Naito, International Symposium on Materials Science Opened by Molecular Degrees of Freedom (MDF2012),   2012年11月01日
  • “Simultaneous Control of Carriers and Localised Spins by Light”
    T. Naito, 40 International Conference on Coordination Chemistry (ICCC40),   2012年09月09日
  • “Simultaneous Control of Carriers and Localised Spins in Organic Material by Light”
    T. Naito, XXI International Material Research Congress 2012 (IMRC2012),   2012年08月12日
  • “L-edge XANES of Ag+ (d10) compounds ? the origin of a small edge peak”
    K. Asakura, T. Miyamoto, T. Naito, Y. Kitajima, XAFS theory workshop: XAFS theory and nano paricles,   2012年07月18日
  • “Direct Observation and Interpretation of Carrier Dynamics of Molecular Magnetic Superconductors”
    T. Naito, International Conference on Superconductivity and Magnetism (ICSM2012),   2012年04月29日
  • “局在スピンとキャリアが同時に光で生成する有機電荷移動錯体”
    内藤俊雄,森重樹,小原敬士,西原禎文,井上克也,高橋幸裕,稲辺保, 分子科学討論会2012,   2012年
  • ”ゼロギャップ伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の熱起電力III”
    北村竜一,秋葉朋成、西尾豊,田嶋尚也,梶田晃示,加藤礼三,田村雅史,内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2012年
  • ”有機超伝導体の時間分解光応答測定”
    飯森俊文・Sabeth Farzana・内藤俊雄・太田信廣, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2012年
  • ”ゼロギャップ伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の熱起電力2”
    北村竜一,加藤礼三,田村雅史,内藤俊雄,田嶋尚也,西尾豊,梶田晃示, 日本物理学会第67回年次大会,   2012年
  • ”鉄フタロシアニン化合物における磁場誘起転移”
    中西成一郎,瀧川 仁,松田真生,花咲徳亮,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第67回年次大会,   2012年
  • “接触型ドーピングを用いた分子性結晶界面エレクトロニクス”
    中島悠希,横倉聖也,早川 渓,高橋幸裕,長谷川裕之,稲辺保,内藤俊雄, 日本化学会第92春季年会,   2012年
  • “光応答性が期待される分子性伝導体の構造と物性”
    内藤 俊雄,烏谷 知明,森 重樹, 小原 敬士, 小西 健介, 高野 崇廣,高橋 幸裕,稲辺 保, 日本化学会第92春季年会,   2012年
  • “有機超伝導体β-(BEDT-TTF)2I3の光励起ダイナミクスとその同位体効果”
    日本化学会第92春季年会,   2012年
  • ”電荷移動錯体結晶表面に成長するナノサイズ結晶(2)”
    中川 裕貴・高橋 幸裕・長谷川 裕之・稲辺 保・内藤 俊雄, 日本化学会第92春季年会,   2012年
  • ”電荷移動錯体結晶表面に成長するナノサイズ結晶(1)”
    高橋 幸裕・早川 渓・中川 裕貴・長谷川 裕之・稲辺 保・内藤 俊雄, 日本化学会第92春季年会,   2012年
  • “シリカ−チタニア微小球の作製と屈折率制御”
    大野右貴、高橋亮治、山田幾也、内藤俊雄, 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム,   2012年
  • ”XANES Analysis of Phthalocyanine Molecular Conductor”
    K. Takahashi, T. Konishi, T. Fujikawa, N. Hanasaki, N. Kawamura, M. Mizumaki, M. Matsuda, D.E.C. Yu, T. Naito, T. Inabe, H. Tajima, International Symposium on Surface Science (ISSS-6) ? Towards Nano-, Bio-, and Green Innovation-,   2011年12月11日
  • "Conduction Mechanism of Molecular Magnetic Superconductors ― Collaboration of Metal Complexes with Organic Molecules ―”
    T. Naito, 3rd Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC-3), India Habitat Center,   2011年10月17日
  • ”Reversible Rectfication of a CT Complex at Structural Phase Transitions”
    S. Yokokura, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Functional Nano-size Crystals Grown on the Surface Of the TCNQ Complex Crystal”
    K. Hayakawa, S. Muroi, S. Yokokura, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Electrical Properties of MV[Ni(dmit)2]2 with Optically Responsive Conduction”
    T. TAKANO, Y. TAKAHASHI, T. INABE, T. NAITO, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Contact Carrier Doping to the Organic Mott Insulator Single Crystal”
    Y. Nakagawa, S. Muroi, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Physical and FET Properties of Alloyed Organic-Inorganic Hybrids”
    Y. Kudo, Y. Takahashi, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Charge-Transfer Complexes of meso-Substituted Porphyrins”
    J. F. F. Jose, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Hole Doping in Soluble Organic-Inorganic Hybrid Perovskites using organic dications”
    Y. Takahashi, Y. Takahashi, T. Inabe and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Carrier Doping and Patterning Electrodes on Molecular Crystals by Conjugating Donor Crystal”
    Y. Takahashi, K. Hayakawa, Y. Nakagawa, S. Yokokura, T. Inabe, and T. Naito, European Conference on Molecular Electronics(ECME2011),   2011年09月07日
  • ”Contact Carrier Doping to the Organic Mott Insulator ET-F2TCNQ Single Crystal”
    Y. NAKAGAWA, S. MUROI, Y. TAKAHASHI, T. NAITO, T. INABE, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2011),   2011年06月26日
  • ”Functional Nano-size Crystals Grown on the Surface of Molecular Crystal”
    K. HAYAKAWA, S. MUROI, S. YOKOKURA, Y. TAKAHASHI,T. NAITO, T. INABE, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2011),   2011年06月26日
  • ”Physical Properties of MV[Ni(dmit)2]2 with Optically Responsive Conduction”
    T. TAKANO, Y. TAKAHASHI, T. NAITO, T. INABE, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2011),   2011年06月26日
  • ”Transport Characteristics of Carrier Doped Molecular Solids by Conjugating with Donor Crystal”
    Y. TAKAHASHI, K. HAYAKAWA, S. YOKOKURA, Y. NAKAGAWA, T. NAITO, T. INABE, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2011),   2011年06月26日
  • ”Rectification Device of a CT Complex with Asymmetric Electrodes”
    S. YOKOKURA, Y. TAKAHASHI, T. NAITO, T. INABE, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2011),   2011年06月26日
  • “光応答性を示す分子性結晶の電気物性”
    高野 崇廣,高橋 幸裕,稲辺 保,内藤 俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2011年
  • ”鉄フタロシアニン錯体におけるパイ−d電子系の磁気秩序と磁場誘起相転移”
    瀧川仁,松田真生,花咲徳亮,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2011年
  • ”STMによるα-ET2I3の表面電子状態の考察”
    溝口憲治、森英一、坂本浩一、内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2011年
  • ”ゼロギャップ伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の熱起電力1”
    西尾 豊,田嶋尚也,梶田晃示,加藤礼三,田村雅史,内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2011年
  • “κ-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]Brおよびβ-(BEDT-TTF)2I3の電気伝導と磁化の光照射効果”
    飯森 俊文,Sabeth Farzana,内藤 俊雄,藤原 基靖,太田 信廣, 第5回分子科学討論会,   2011年
  • “鉄フタロシアニン伝導体の電子物性”
    吉田泰輔,田島裕之,木俣基,D.C.E.Yu,内藤俊雄,稲辺保, 松田真生,花咲徳亮, 第5回分子科学討論会,   2011年
  • “時間分解分光法による有機磁性超伝導体BETS塩の電荷担体緩和挙動の観察”
    内藤 俊雄,松尾 早織,稲辺 保, 戸田 泰則, 第5回分子科学討論会,   2011年
  • “光誘起酸化還元特性を持つ電荷移動錯体の輸送特性”
    高野 崇廣,高橋 幸裕,稲辺 保,内藤 俊雄, 第5回分子科学討論会,   2011年
  • “光学半導体用透明封止材のための球状無機酸化物フィラーの合成”
    大野右貴、高橋亮治、山田幾也、内藤俊雄, 日本ゾル−ゲル学会第9回討論会,   2011年
  • ”微粒子混合系におけるパーコレーション”
    眞山博幸、山口大輔、小泉智、内藤俊雄, 日本物理学会第66回年次大会,   2011年
  • ” 巨大磁気抵抗を示すフタロシアニン分子系伝導体における電荷秩序の磁場中融解”
    立石拓麻,花咲徳亮,野上由夫,松田真生,田島裕之,瀧川仁,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第66回年次大会,   2011年
  • ”TPP[Fe(Pc)(CN)2]2における電荷秩序と磁気秩序IV”
    森宏文,瀧川仁,松田真生,花咲徳亮,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第66回年次大会,   2011年
  • ”ジクロロ鉄フタロシアニン伝導体の巨大負磁気抵抗と電流・電圧特性”
    吉田泰輔,田島裕之,木俣基,D.C.E.Yu,内藤俊雄,稲辺保, 松田真生,花咲徳亮, 日本物理学会第66回年次大会,   2011年
  • ”STMによるα-ET2I3の室温電荷量解析II”
    森英一、生井圭一郎、坂本浩一、溝口憲治、内藤俊雄, 日本物理学会第66回年次大会,   2011年
  • “2つの相転移を有する電荷移動錯体の整流特性”
    横倉聖也, 高橋幸裕, 稲辺保, 内藤俊雄, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2011年
  • “(Pb, Sn)-I系層状ペロブスカイトのFET特性”
    工藤勇, ?橋由香利, 高橋幸裕, 内藤俊雄, 稲辺保, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2011年
  • “電荷移動錯体結晶表面に成長するナノサイズ結晶”
    中川裕貴, 室井俊介, 高橋幸裕, 稲辺保, 内藤俊雄, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2011年
  • “Crystal Structure and Physical Properties of meso-Substituted Porphyrin Charge-Transfer Complexes”
    Jose, J. F. F., Y. Takahashi, I. Inabe,T. Naito, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2011年
  • ”光応答性が期待されるMV[Ni(dmit)2]2の物性測定”
    高野 崇廣・高橋 幸裕・内藤 俊雄・稲辺 保, 日本化学会第91春季年会,   2011年
  • “光応答性が期待されるMV[Ni(dmit)2]2の物性測定と光応答性”
    高野 崇廣・高橋 幸裕・内藤 俊雄・稲辺 保, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2011年
  • “有機伝導体BETS塩の時間分解分光測定”
    松尾 早織,内藤 俊雄,稲辺 保, 戸田 泰則, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2011年
  • “交互積層型電荷移動錯体の分子運動”
    北川恵美,高橋幸裕,内藤俊雄,稲辺保, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2011年
  • “Ni(dmit)2系電荷移動錯体結晶を用いた高機能デバイス”
    中川裕貴,高橋幸裕,内藤俊雄,稲辺保, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2011年
  • “2つの構造相転移を有する分子結晶の整流特性”
    横倉聖也,高橋幸裕,内藤俊雄,稲辺保, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2011年
  • ”有機ジカチオンを用いた有機・無機複合Sn-I系層状ペロブスカイト型化合物へのカチオン欠損によるドーピング量制御の試み”
    高橋 由香利・高橋 幸裕・内藤 俊雄・稲辺 保, 日本化学会第91春季年会,   2011年
  • ”分子結晶表面に成長するナノサイズ結晶(1)”
    高橋 幸裕・早川 渓・中川 裕貴・室井 俊介・内藤 俊雄・稲辺 保, 日本化学会第91春季年会,   2011年
  • ”分子結晶表面に成長するナノサイズ結晶(2)”
    早川 渓・室井 俊介・横倉 聖也・高橋 幸裕・内藤 俊雄・稲辺 保, 日本化学会第91春季年会,   2011年
  • ”分子結晶表面に成長するナノサイズ結晶(3)”
    中川 裕貴・室井 俊介・高橋 幸裕・内藤 俊雄・稲辺 保, 日本化学会第91春季年会,   2011年
  • ”Nanocrystal growth of a different material in crystalline organic charge transfer salts”
    T. Naito, A. Kakizaki, T. Inabe, R. Sakai, E. Nishibori, H. Sawa, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010),   2010年12月15日
  • “Mechanism of Photochemical Modification on Structures and Electrical Properties of Ag(DCNQI)2”
    T. Naito, H. Sugawara, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi, K. Asakura, The 10th Japan-China Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena,   2010年10月17日
  • “Development of Organic Materials with Optically Controllable Conduction”
    T. Naito, T. Takano, Y. Takahashi, T. Inabe, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010,   2010年07月04日
  • ”STMによるα-ET2I3の室温電荷量解析”
    森英一、坂本浩一、溝口憲治、内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2010年
  • ”擬1次元有機伝導体(TMTSF)2ClO4の磁気抵抗効果”
    鈴木勝博,佐藤光幸,菅原滋晴,内藤俊雄,西尾豊,梶田晃示, 日本物理学会秋季大会,   2010年
  • ”高感度磁気トルク測定技術の開発とそれを用いた鉄フタロシアニン伝導体の磁気トルク測定”
    井上心愛,鳥塚潔,田島裕之,松田真生,Yu D. E. C.,内藤俊雄,稲辺保,花咲徳亮, 日本化学会第90春季年会,   2010年
  • “EtOHを含むフタロシアニン部分酸化塩の構造と物性”
    田中 康博,高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 日本化学会第90春季年会,   2010年
  • “トンネル分光による分子性伝導体の室温構造解析”
    森英一、臼井英正、坂本浩一、溝口憲治、内藤俊雄、矢持秀樹、谷口弘三, 日本物理学会第65回年次大会,   2010年
  • “光応答性を目的とした電荷移動錯体MV[Ni(dmit)2]2の物性測定”
    高野 崇廣,高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 第4回分子科学討論会,   2010年
  • “有機超伝導体BEDT-TTF塩における光誘起電気伝導度変化の時間分解測定”
    飯森 俊文,Sabeth Farzana, 中畑 喬之,内藤 俊雄,太田 信廣, 第4回分子科学討論会,   2010年
  • “Sn-I系ペロブスカイト型化合物へのドーピングの試み”
    高橋 由香利,Lin Zheng-Zhong, 高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 第4回分子科学討論会,   2010年
  • “有機単結晶界面への接触型ドーピング”
    早川 渓,高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 第4回分子科学討論会,   2010年
  • “軸配位型Ruフタロシアニンを用いた導電性結晶の作製・物性”
    中津川 達也,高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 第4回分子科学討論会,   2010年
  • ”フタロシアニン分子系伝導体TPP[M(Pc)(CN)2]2の比熱測定”
    村口 隆宣,山根 由也,西尾 豊,梶田 晃示,田島裕之,松田真生,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2010年
  • ”TPP[Fe(Pc)(CN)2]2における電荷秩序と磁気秩序III”
    森宏文,瀧川仁,松田真生,花咲徳亮,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2010年
  • ”擬一次元ジシアノフタロシアニン錯体のESR測定”
    木俣基,吉田泰輔,田島裕之,松田真生,竹端寛治,今中康貴,高増正,宇治進也,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2010年
  • 「紫外光を照射したDCNQI銀塩の非周期的構造の解析と伝導性変化との関連」
    内藤俊雄, CMRC研究会「分子性結晶と構造物性研究」,   2010年
  • 「光電子顕微鏡を利用したデバイス評価装置開発」
    内藤俊雄, 平成22年度日本顕微鏡学会 北海道支部学術講演会,   2010年
  • “Carrier dynamics in organic superconductors and related materials”
    T. Naito, 3rd International Symposium on "Multifunctional Organic Materials and Devices”,   2009年12月11日
  • ”TPP[Fe(Pc)L2]2(L = Br, Cl)の磁気トルク測定”
    井上心愛,鳥塚潔,田島裕之,松田真生,D. E. C. Yu,内藤俊雄,稲辺保,花咲徳亮, 日本物理学会秋季大会,   2009年
  • ”フタロシアニン分子系伝導体TPP[Fe(Pc)(CN)2]2における電荷秩序と磁気秩序”
    森裕文,瀧川仁,松田真生,花咲徳亮,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2009年
  • ”フタロシアニン分子系伝導体TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の強磁場下磁化測定”
    立石拓麻,花咲徳亮,野上由夫,徳永将史,松田真生,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2009年
  • “有機導電体M[Co(Pc)(CN)2]2・4EtOH(M = Na, K)の構造と物性”
    田中 康博,高橋 幸裕,内藤 俊雄,稲辺 保, 第3回分子科学討論会,   2009年
  • “有機超伝導体β-(BEDT-TTF)2I3における電気伝導度の光応答”
    飯森 俊文,中畑 喬之,内藤 俊雄,太田 信廣, 第3回分子科学討論会,   2009年
  • “有機伝導体κ,λ-BETS2MCl4 (M = Fe, Ga)のポンプ・プローブ分光測定”
    松尾 早織,内藤 俊雄,稲辺 保,戸田 泰則, 北海道支部夏季研究発表会,   2009年
  • ”PTMA0.5[Fe(Pc)(CN)2]・CH3CN塩の磁気トルク”
    田島裕之,吉田剛介,松田真生,山浦淳一,花咲徳亮,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第64回年次大会,   2009年
  • ”α型ET2I3の類似系物質のNMR II”
    荒井健一,鷹野芳樹,開康一,原田史朗,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第64回年次大会,   2009年
  • “有機超伝導体β-(BEDT-TTF)2I3の電気伝導度における光照射効果の時間分解計測”
    中畑 喬之,飯森 俊文,内藤 俊雄,太田 信廣, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会,   2009年
  • “BEDT-TTF系有機導電体における電気伝導度の光応答”
    飯森 俊文,内藤 俊雄,太田 信廣, 日本化学会第89春季年会,   2009年
  • ”ジシアノ鉄フタロシアニン伝導体の強磁場ESR”
    木俣基,薩川秀隆,山口尚秀,寺嶋太一,宇治進也,今中康貴,高増正,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第64回年次大会,   2009年
  • ”DCNQI金属塩のNMRによる電子状態II”
    鈴木美香,風間重雄,溝口憲治,坂本浩一,内藤俊雄,開康一,高橋利宏,加藤礼三, 日本物理学会第64回年次大会,   2009年
  • “Carrier dynamics in κ-type organic superconductors―Similarities and dissimilarities to high-TC cuprates”
    T. Naito, 2nd Japan-Russia Joint Seminar (RFBR-JSPS project) -Design and synthesis of new multifunctional molecular materials based on organic and inorganic hybrid architectures-,   2008年08月20日
  • “Time-resolved optical study of kappa-type organic superconductors; Similarities and dissimilarities to high-TC cuprates”
    T. Naito, K. Tajima, Y. Yamada, T. Inabe and Y. Toda, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2008,,   2008年06月06日
  • “有機超伝導体β-(BEDT-TTF)2I3の電気伝導度における光照射効果”
    中畑 喬之,飯森 俊文,内藤 俊雄,太田 信廣, 第2回分子科学討論会,   2008年
  • “新規導電体K[Co(Pc)(CN)2]2・4EtOHの構造と物性”
    田中 康博, 石川 学,内藤 俊雄,稲辺 保,松田 真生,田島 裕之, 第2回分子科学討論会,   2008年
  • “有機超伝導体κ-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]BrのTC近傍における電気伝導度の光応答”
    飯森 俊文,内藤 俊雄,太田 信廣, 第2回分子科学討論会,   2008年
  • ”α-(BEDT-STF)2I3の電荷不均化II”
    荒井健一,原田史朗,鷹野芳樹,開康一,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第63回年次大会,   2008年
  • “ジシアノ金属フタロシアニン伝導体の静水圧下におけるI-V特性”
    石川 学,内藤 俊雄,稲辺 保,芥川 智行,中村 貴義, 日本化学会第88春季年会,   2008年
  • “ポリカルボン酸を利用した極性結晶構造の設計”
    峯廻洋美・宮内 翔・内藤俊雄・稲辺保, 日本化学会第88春季年会,   2008年
  • “ポリカルボン酸の水素結合ネットワークを利用した極性結晶構造の作製”
    峯廻洋美・内藤俊雄・稲辺保・芥川智行・中村貴義, 北海道支部夏季研究発表会,   2008年
  • “軸配位金属フタロシアニン一次元伝導体の高電場による物性変化”
    石川 学,内藤 俊雄,稲辺 保,芥川 智行,中村 貴義,松田 真生,田島 裕之, 北海道支部夏季研究発表会,   2008年
  • “DCl-DCNQI銀塩のナノワイヤーを目的とした結晶成長の制御”
    佐々木 喬悠,内藤 俊雄,稲辺 保,葛西 誠也, 北海道支部夏季研究発表会,   2008年
  • “ポリカルボン酸を利用した極性結晶の構築と強誘電体作製への応用”
    峯廻洋美・内藤俊雄・稲辺保・芥川智行・中村貴義, 第2回分子科学討論会,   2008年
  • “軸配位金属フタロシアニン低次元伝導体の構造と物性、電荷不均化と非線形伝導”
    石川 学,内藤 俊雄,稲辺 保,松田 真生,田島 裕之,芥川 智行,中村 貴義,花咲 徳亮,田邉 誠,野上 由夫, 第2回分子科学討論会,   2008年
  • ”α型ET2I3の類似系物質のNMR”
    荒井健一,鷹野芳樹,開康一,原田史朗,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2008年
  • ”導電性鉄フタロシアニン塩の低温磁気抵抗と強磁場ESR II”
    木俣基,山口尚秀,原田敦之,薩川秀隆,硲香織,寺嶋太一,宇治進也,今中康貴,高増正,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2008年
  • ”伝導性鉄フタロシアニン塩の磁性”
    田島裕之,吉田剛介,松田真生,花咲徳亮,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2008年
  • ”DCNQI金属塩のNMRによる電子状態”
    鈴木美香,風間重雄,溝口憲治,坂本浩一,内藤俊雄,開康一,高橋利宏,加藤礼三, 日本物理学会秋季大会,   2008年
  • “Photochemical conversion of structural, electrical and magnetic properties of molecular charge transfer salts”
    T. Naito, H. Sugawara, A. Kakizaki, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi and K. Asakura, The 9th China-Japan Joint Symposium on Conduction and Photoconduction in Organic Solids and Related Phenomena,   2007年10月27日
  • “Photo-Induced Amorphization of Silver Salts of DCNQI”
    Toshio Naito, 1st Japan-Russia Joint Seminar (RFBR-JSPS project) -Design and synthesis of new multifunctional molecular materials based on organic and inorganic hybrid architectures-, Institute of Problems of Chemical Physics, Russian Academy of Science,   2007年08月22日
  • “Photo-induced metal-insulator transition of a molecular crystal”
    T. Naito, H. Sugawara, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi, K. Asakura, Nano and Giga Challenges in Electronics and Photonics (NGC 2007),   2007年03月12日
  • ”伝導性フタロシアニン塩TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の15N-NMR測定”
    永島裕樹,瀧川仁,田島裕之,松田真生,花咲徳亮,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第62回年次大会,   2007年
  • ”α-(BEDT-STF)2I3単結晶の電荷不均化:77Se NMR”
    荒井健一,開康一,鷹野芳樹,原田史朗,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第62回年次大会,   2007年
  • “異常に高い酸化状態をもつET3(Br3)5塩の金属的導電性”
    峯廻洋美・内藤俊雄・稲辺保・松田真生・田島裕之・坂東祥匡・森健彦, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “ポンプ・プローブ分光法で見たkappa-(ET)2Cu[N(CN)2]X (X = Br, Cl)の電子状態”
    内藤俊雄・山田祐香理・稲辺保・戸田泰則, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “異常な組成をもつET3(Br3)5塩の金属的導電性”
    峯廻洋美・内藤俊雄・稲辺保, 日本化学会第87春季年会,   2007年
  • “分子性伝導体の光誘起絶縁体―金属相転移とパルス電場制御メモリー効果”
    飯森俊文・内藤俊雄・太田信廣, 日本化学会第87春季年会,   2007年
  • “一次元フタロシアニン部分酸化結晶のπ-d相互作用に対する軸配位子置換効果”
    Yu, Derrick Ethelbhert, C.・内藤 俊雄・稲辺 保・菊地 輝・武次 徹也・松田 真生・田島 裕之, 日本化学会第87春季年会,   2007年
  • “π-d系ジシアノ鉄フタロシアニン伝導体の圧力による物性変化”
    石川 学,内藤 俊雄,稲辺 保,松田 真生,田島 裕之, 日本化学会第87春季年会,   2007年
  • “分子性導体の光誘起相転移と電場制御メモリー機能の発見”
    飯森俊文・内藤俊雄・太田信廣, 第23回化学反応討論会,   2007年
  • “有機電荷移動錯体を用いた光サイリスタ”
    飯森俊文・内藤俊雄・太田信廣, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “Electronic Structures and Correlating Properties of Axially-Ligated Metallophthalocyanine Molecular Conductors”
    Yu, Derrick Ethelbhert, C.・内藤 俊雄・稲辺保・菊地輝・武次徹也・松田真生・田島裕之, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “テトラベンゾポルフィリン誘導体を用いた新規導電体開発の試み”
    坂本 成輝・稲辺 保・内藤 俊雄, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “DX-DCNQI銀塩(X = Cl,Br,I)の光照射による物性変化”
    柿?啓宏・内藤俊雄・稲辺保・宮本剛志・新美大伸・朝倉清?, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • “低次元性π-d系、ジシアノ鉄フタロシアニン伝導体の圧力による物性変化”
    石川学,内藤俊雄,稲辺保,松田真生,田島裕之,芥川智行,中村貴義, 第1回分子科学討論会,   2007年
  • ”EXPEEMを利用したデバイス評価装置開発の試み”
    内藤俊雄、朝倉清高、新美大伸、田澤豊彦、嘉藤誠、武藤正雄、上田映介、菅育正、小高仁重、田谷嘉浩、菅原智明、下野功、高橋志郎、高橋幸悦, 分子科学研究所研究会 放射光と表面電子顕微鏡 ― 顕微ナノ材料科学の新しい進展 ―,   2007年
  • “Photochemical Fabrication of Junction in Molecular Charge Transfer Salts”
    T. Naito, H. Sugawara, T. Inabe, Y. Kitajima, T. Miyamoto, H. Niimi, K. Asakura, 2006 International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2006),   2006年10月24日
  • “Photochemical control of conductivity of molecular materials and its application to devices”
    T. Naito, Materials Science Workshop,   2006年06月26日
  • ”α-D2I3(D=BETS, BEDT-STF)の電荷不均化の可能性”
    原田史朗,開康一,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第秋季大会,   2006年
  • ”伝導性フタロシアニン塩TPP[Fe(Pc)(CN)2]2のNMR II”
    原 洋太,瀧川 仁,田島裕之,松田真生,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第秋季大会,   2006年
  • “TPP[M(Pc)(CN)2]2塩の磁気トルク測定 (M=Fe,Mn)”
    真鍋雄一,吉田剛介, 田島裕之,松田真生,内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “Ag(DMe-DCNQI)2の可視紫外光照射による物性変化”
    菅原 英之, 内藤 俊雄, 稲辺 保,宮本 剛志,新美 大伸,朝倉 清高, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “異常な組成を持つ新規ET塩ET3(Br3)5の構造と物性”
    峯廻洋美・内藤俊雄・稲辺保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “フタロシアニン系伝導体[PXX]2[MIII(Pc)(CN)2]・CH3CNの結晶構造と物性”
    石川学, 内藤 俊雄, 稲辺 保、松田真生、田島裕之, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “部分酸化塩TPP[CrIII(Pc)X2]2 (X=CN, Cl, Br)の作成とその構造・物性”
    山田薫平, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “UV光による電荷移動錯体Ag(DMe-DCNQI)2の伝導特性変化とそのメカニズム”
    宮本剛志・新美大伸・朝倉清高・北島義典・菅原英之・稲辺保・内藤俊雄, 第67回応用物理学会学術講演会,   2006年
  • “電荷移動錯体Ag(DMe-DCNQI)2光誘起生成物の伝導特性とそのメカニズム”
    宮本剛志・新美大伸・朝倉清高・北島義典・菅原英之・稲辺保・内藤俊雄, 北海道支部夏季研究発表会,   2006年
  • “電荷移動錯体Ag(DMe-DCNQI)2光誘起生成物の伝導特性変化とそのメカニズム”
    宮本剛志・新美大伸・朝倉清高・北島義典・菅原英之・稲辺保・内藤俊雄, 第9回XAFS討論会,   2006年
  • ”α-(BEDT-STF)2I3の金属絶縁体転移:77Se-NMR II”
    原田史朗,開康一,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第61回年次大会,   2006年
  • ”TPP[M(Pc)(CN)2]2(M=Fe,Co)のNMR/NQR”
    原洋太,瀧川仁,田島裕之,松田真生,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第61回年次大会,   2006年
  • “α-(BEDT-TTF)2I3の金属−絶縁体相転移に対する光照射効果”
    飯森俊文・内藤俊雄・太田信廣, 日本化学会第86春季年会,   2006年
  • ”伝導性鉄フタロシアニン塩の磁気トルク測定”
    吉田剛介、松田真生、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第86春季年会,   2006年
  • “有機伝導性銀錯体から光反応で誘導されるアモルファス固体のキャラクタリゼーション”
    内藤俊雄・菅原英之・稲辺保・北島義典・宮本剛志・新美大伸・朝倉清高, 日本化学会第86春季年会,   2006年
  • “有機導電体の電解結晶成長の観察と制御”
    宮平哲郎, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “軸配位子を持つ金属フタロシアニン導電体の非線形伝導挙動”
    山下 智, 内藤 俊雄, 稲辺保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “DCNQI銀塩の光伝導性制御メカニズムのX線分光による検討”
    内藤俊雄・菅原英之・稲辺保・北島義典・宮本剛志・新美大伸・朝倉清高, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “Synthesis and Properties of Axially-Ligated Co and Fe Phthalocyanines Partially-Oxidized Salts”
    Derrick Ethelbhert C. Yu, Toshio Naito, Tamotsu Inabe, Akira Kikuchi, Tetsuya Taketsugu, Masaki Matsuda, and Hiroyuki Tajima, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “サリチリデンアニリンのイオン性錯体結晶化による構造・機能制御”
    久木野, 内藤 俊雄, 稲辺保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “DX-DCNQI銀塩の光照射による物性変化”
    柿﨑啓宏・内藤俊雄・菅原英之・稲辺保・北島義典・宮本剛志・新美大伸・朝倉清高, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “有機電荷移動錯体の電流双安定性↓光ヒステリシスと電場制御↓”
    飯森俊文・内藤俊雄・太田信廣, 分子構造総合討論会,   2006年
  • “ベンゼンペンタカルボン酸アニオンの水素結合ネットワーク”
    宮内翔, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2006年
  • ”有機擬2次元金属の横磁場下面間磁気抵抗とフェルミ面”
    菅原滋晴,上野哲也、田嶋尚也,内藤俊雄,西尾豊,梶田晃示, 日本物理学会第秋季大会,   2006年
  • 「光照射による有機物質の伝導性改質」
    内藤俊雄, 第16回 機能性フィルム研究会,   2006年
  • 「光で切り開く有機デバイスの未来」
    内藤俊雄, 第1回早大科健機構−北大創成機構交流会(合同シンポジウム),   2006年
  • “Photochemical fabrication of molecular devices”
    T. Naito, T. Inabe, H. Niimi, K. Asakura, First Conference on Advances in Optical Materials “AIOM 2005”,   2005年10月12日
  • “Optical fabrication of electronic devices based on molecular materials”
    T. Naito, Symposium on Nanostructure Control at Solid Surfaces for the Construction of Nano-molecular/bio Devices,   2005年02月09日
  • “電荷移動錯体Ag(DMe-DCNQI)2の光誘起生成物のキャラクタリゼーション”
    宮本 剛志,新美 大伸,朝倉 清高, 北島 義典,菅原 英之, 稲辺 保,内藤 俊雄, 第66回応用物理学会学術講演会,   2005年
  • ”α-(BEDT-STF)2I3の金属絶縁体転移:77Se-NMR”
    原田史朗,開康一,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会第秋季大会,   2005年
  • ”(BETS)2(Cl2TCNQ)の圧力下77Se NMR”
    鷹野芳樹、開康一、高橋利宏、近藤隆祐、鹿児島誠一、長谷川達生、持田智行、内藤俊雄、岩佐義宏, 日本物理学会第秋季大会,   2005年
  • “Ag(DMe-DCNQI)2の光照射や加熱によるアモルファス相の出現”
    菅原 英之, 内藤 俊雄, 稲辺 保,宮本 剛志,新美 大伸,朝倉 清高, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “MnIII(S = 1)を含むフタロシアニン導体の物性測定”
    松田 真生, 吉田 剛介, 山浦 淳一,田島 裕之, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “TPP[Co(Pc)(CN)2]2の純度と電気伝導度の相関”
    山下 智, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “分子性金属Ag(DMe-DCNQI)2の光照射による局所的伝導性制御”
    内藤 俊雄, 稲辺 保,北島 義典,宮本 剛志,新美 大伸,朝倉 清高, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • “メリト酸アニオンネットワークを用いたカチオン配列制御”
    峯廻 洋美, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • “Sn-I系有機・無機複合層状ペロブスカイト型化合物を用いた化合物の構造と電気物性”
    小原 玲奈, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • “二次元配列を持つジシアノ鉄フタロシアニン伝導体の結晶構造と物性”
    石川 学, 内藤 俊雄, 稲辺 保,松田 真生, 吉田 剛介, 田島 裕之, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • “軸配位子1,2-ナフタロシアニン誘導体を用いた導電性結晶の開発”
    今井 宏之, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • ”鉄フタロシアニン塩の磁気トルク測定”
    吉田剛介、松田真生、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会第60回年次大会,   2005年
  • “2成分化によるサリチリデンアニリン結晶の構造・機能制御”
    久木野 愛, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “メリト酸アニオンの自己集合ネットワークによる対カチオン配列制御”
    峯廻 洋美, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “水素結合系ジカチオンを用いた陰イオンラジカル塩の作成”
    佐々木 真吾, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 日本化学会第85春季年会,   2005年
  • “磁性金属を用いたジシアノ金属フタロシアニン伝導体の構造と物性”
    石川 学, 内藤 俊雄, 稲辺 保,松田 真生, 田島 裕之, 武田 啓司, 芥川 智行,中村 貴義, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “Sn-I系有機・無機複合ペロブスカイト型化合物の構造と電気物性”
    小原 玲奈, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2005年
  • “分子性導体BEDT-TTF塩の電気伝導度に対する光照射効果”
    飯森 俊文, 内藤 俊雄, 太田 信廣, 分子構造総合討論会,   2005年
  • ”鉄フタロシアニン塩の磁気トルク測定 II”
    吉田剛介、松田真生、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会第秋季大会,   2005年
  • 「光で切り拓く有機デバイスの未来」
    内藤俊雄, 平成16年度理学研究科技術部談話会,   2005年
  • 「分子性材料に眠るナノの夢とギガの挑戦」
    内藤俊雄, 首都大学東京大学院 第74回化学コース・コロキウム,   2005年
  • ”A New Way of Conversion of Molecular Crystals into Molecular Devices Using Optical Doping Method”
    T. Naito, T. Inabe, H. Niimi, K. Asakura, The 8th Japan - China Joint Symposium on Conduction and Photo-conduction in Organic Solids and Related Phenomena,   2004年11月11日
  • ”A New Optical Doping Method Toward Molecular Electronics”
    T. Naito, T. Inabe, H. Niimi, K. Asakura, Sixth International Symposium on Functional pi-Electron Systems (Fpi6),   2004年06月14日
  • ”α型D2I3塩における電荷分離”
    開康一,諸戸史織,高橋利宏,田嶋尚也,加藤礼三,内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2004年
  • “放射光を用いて行った一次元導体TPP[MIII(Pc)(CN)2]2のエックス線回折実験”
    松田 真生, 吉田 剛介, 田島 裕之, 河村 幸彦, 澤 博, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • “フタロシアニン系伝導体 [PXX]2[FeIII(Pc)(CN)2]・CH3CNの結晶構造と電気物性”
    石川 学, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • “層状ペロブスカイト型化合物(4-ClPh(CH2)nNH3)2MX4 (M = Pb, Sn; X = Br, I)の発光スペクトル”
    鈴木 浩一, 和田 章, 浅地 哲夫, 藤代 史, 望月 章介, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 山室 修, 分子構造総合討論会,   2004年
  • ”一次元伝導体TPP[Co(Pc)(CN)2]2の磁気共鳴”
    枡田幸樹、花咲徳亮、松田真生、田島裕之、樹神克明、滝川仁、大道英二、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会第59回年次大会,   2004年
  • ”α型D2I3塩 (D=BEDT-TTF, BETS, BEDT-STF) の金属絶縁体転移:NMRによる解析”
    開 康一、諸戸史織、高橋利宏、田嶋尚也、加藤礼三、内藤俊雄, 日本物理学会第59回年次大会,   2004年
  • ”層状ペロブスカイト化合物(4-ClC6H4NH3)2MX4 (M=Pb, Sn; X=Br, I)の光吸収および発光スペクトル”
    鈴木浩一、和田 章、浅地哲夫、望月章介、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第84春季年会,   2004年
  • ”光誘起酸化還元反応を利用した分子性固体へのドーピング”
    内藤俊雄、新美大伸、朝倉清高, 日本化学会第84春季年会,   2004年
  • “メリト酸アニオンの自己集合を利用した水素結合ネットワークの構築”
    峯廻 洋美, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • “Sn-I系ペロブスカイト型化合物を用いた有機・無機複合層状化合物の構造と電気物性”
    小原 玲奈, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • “ベンゼンポリカルボン酸の自己集合能を利用したπラジカル分子の配列制御”
    塩野 和彦, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • “フタロシアニン系伝導体一次元鎖状ジカチオンを用いた陰イオンラジカル塩の作成”
    佐々木 真吾, 内藤 俊雄, 稲辺 保, 分子構造総合討論会,   2004年
  • 「分子性導体の未来予想図―Will Dream Come True?」
    内藤俊雄, 第1回分子性伝導体の未来 物質・材料研究機構,   2004年
  • ” Molecular Conductive Crystalline Materials with High Sensitivity to Various Types of Stimulus”
    Toshio Naito, UK-Japan Meeting on Molecular Electronics: Putting Molecules in Their Place. Firbush Point Field Centre,   2003年09月17日
  • ”一次元伝導体TPP[CoIII(Pc)(CN)2]2”
    枡田幸樹、花咲徳亮、松田真生、田島裕之、樹神克明、滝川仁、大道英二、長田俊人、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第84春季年会,   2003年
  • ”一次元伝導体TPP[M(Pc)(CN)2]2 (M=Fe, Co)の核磁気共鳴”
    枡田幸樹、花咲徳亮、松田真生、田島裕之、樹神克明、滝川仁、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2003年
  • ”1次元π-d系TPP[(Fe, Co)(Pc)(CN)2]2のパルス強磁場下磁気抵抗とスピン濃度依存性”
    花咲徳亮、松田真生、枡田幸樹、田島裕之、大道英二、坂井富美子、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2003年
  • ”一次元伝導体TPP[M(Pc)(CN)2]2(M=Fe,Co)の誘電率”
    枡田幸樹,花咲徳亮,松田真生,田島裕之,内藤俊雄,稲辺保, 日本物理学会第58回年会,   2003年
  • ”α-D2I3 (D=ET, BETS, BEDT-STF) の電流磁気効果”
    田嶋尚也、田嶋陽子、田村雅史、加藤礼三、西尾豊、梶田晃示、内藤俊雄, 日本物理学会第58回年会,   2003年
  • ”フタロシアニンの二次元シート構造を持つ[PXX]x[Co(Pc)(CN)2]・(CH3CN) (x = 2, 4)の結晶構造と電気・磁気物性”
    浅利剛裕、内藤俊雄、稲辺保、松田真生、田島裕之, 日本化学会第83春季年会,   2003年
  • ”ジアミノピレン−クロラニル(DAP-CHL)錯体の低抵抗化における結晶表面の変化”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保、長谷川裕之、益子信郎、芥川智行、中村貴義, 日本化学会第83春季年会,   2003年
  • ”ベンゼンヘキサカルボン酸によるπ-ドナー分子配列制御(その2)”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第83春季年会,   2003年
  • ”種々の有機カチオンを用いた有機無機複合ヨウ化スズ層状ペロブスカイト型化合物の構造と電気物性”
    中川光平、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第83春季年会,   2003年
  • ”高圧下にある超ナローギャップ有機伝導体”
    田嶋陽子、田嶋尚也、田村雅史、加藤礼三、梶田晃示、西尾豊、内藤俊雄, 日本物理学会第58回年会,   2003年
  • ”テトラベンゾポルフィリン誘導体を用いた新規導電体構築の試み”
    大塚善和、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2003年
  • ”ベンゼンヘキサカルボン酸によるπ-ドナー分子配列制御(その3)”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2003年
  • 「分子性六方晶ペロブスカイトの合成と物性」
    内藤俊雄, 北海道大学電子科学研究所国際共同研究ミニシンポジウム,   2003年
  • ”一次元π-d系TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の磁気トルク”
    花咲徳亮、松田真生、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2002年
  • ”一次元伝導体TPP[Co(Pc)(CN)2]2のNQR”
    枡田幸樹、花咲徳亮、松田真生、田島裕之、樹神克明、滝川仁、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2002年
  • ”[PXX]x[Co(Pc)(CN)2]・(CH3CN)yの伝導挙動の圧力依存性と物性”
    浅利剛裕、内藤俊雄、稲辺保、松田真生、田島裕之, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”Ni(dmit)2単純塩の伝導性制御の試み”
    広瀬威、今井宏之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”一次元π-d系TPP[FeIIIxCoIII1-x(Pc)(CN)2]2の磁気物性”
    松田真生、花咲徳亮、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”[Co(2, 3-Nc)(CN)2]・CH3CNの電気・磁気・光学的性質と電子構造”
    内藤俊雄、松村直子、稲辺保、松田真生、田島裕之, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”[Co(Pc)(CN)2]・2CH3OHの構造と電気物性”
    綱島亮、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”ET / MnClx / solv 系の電気物性と磁気物性”
    内藤俊雄、稲辺保、芥川智行、長谷川達生、中村貴義、細越裕子、井上克也, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”PXX系フタロシアニン導体[PXX]x[Co(Pc)(CN)2]・(CH3CN)yの構造と物性”
    浅利剛裕、内藤俊雄、稲辺保、松田真生、田島裕之, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”2, 3-ナフタロシアニン中性ラジカル結晶の電気伝導度の圧力依存性”
    松村直子、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   2002年
  • ”モリブデン−モリブデンおよびモリブデン−鉄ポルフィリン二量体の合成と磁気的性質”
    奥村真也、藤原哲晶、神永康宏、柘植清志、内藤俊雄、今村平、佐々木陽一, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   2002年
  • ”オキソ架橋モリブデン(V)ポルフィリン二量体の電子交換”
    奥村真也、藤原哲晶、神永康宏、柘植清志、内藤俊雄、今村平、佐々木陽一, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”ナフタロシアニン中性ラジカル結晶の電気抵抗の圧力依存性”
    稲辺保、松村直子、内藤俊雄, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”異なる電気物性を示すジアミノピレン−p-クロラニル(DAP-CHL)錯体の結晶化及び物性測定条件の効果”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”ベンゼンヘキサカルボン酸を用いたプロペラ状水素結合錯体構築の試み”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第81春季年会,   2002年
  • ”カチオン性及びアニオン性フタロシアニン誘導体からなる複合塩”
    大塚喜和、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”ベンゼンヘキサカルボン酸によるπ-ドナー分子配列制御”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • ”有機無機複合ヨウ化スズ層状ペロブスカイト化合物の構造と電気物性”
    中川光平、中野雅之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2002年
  • 「ET / MnClx / solv. 系の電気・磁気的性質」
    内藤俊雄, 分子研セミナー,   2002年
  • 「高機能多重応答性を目指した分子性機能性材料の開発」
    内藤俊雄, 第8回黒田シンポジウム,   2002年
  • ”FeIII(Pc)(CN)2を用いた新規低次元π-d系の構造と物性”
    松田真生、花咲徳亮、田島裕之、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋季大会,   2001年
  • ”α-(BEDT-STF)2I3 の電気伝導特性”
    蝦名陽子、田嶋尚也、西尾豊、梶田晃示、内藤俊雄, 日本物理学会秋季大会,   2001年
  • ”フタロシアニン導電体[PXX]x[Co(Pc)(CN)2]・(CH3CN)yの構造と電気物性”
    浅利剛裕、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”Structure and Physical Propertiesof the Partially Oxidized TPP[Co(1,2-Nc-C4h)(CN)2]2 (TPP=tetraphenylphosphonium)”
    E. H. Gacho, T. Naito, T. Inabe, N. Kobayashi., 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”ET / MnClx / solv 系の電気的・磁気的性質”
    内藤俊雄、稲辺保、芥川智行、長谷川達生、中村貴義, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”一次元鎖構造を形成するカチオンを用いた[Ni(dmit)2]塩の構造と物性”
    広瀬威、今井宏之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”α-X2I3 (X=ET, BETS, STF)の電気伝導特性”
    蝦名陽子、田嶋尚也、西尾豊、梶田晃示、田村雅史、内藤俊雄, 日本物理学会第56回年会,   2001年
  • ”(BEDO-TTF)(Cl2TCNQ)におけるスピン気体−スピン液体相転移”
    長谷川達生、芥川智行、中村貴義、内藤俊雄、稲辺保、持田智行、近藤隆祐、鹿児島誠一、岩佐義宏、斎藤軍治, 日本物理学会第56回年会,   2001年
  • ”ET / MnClx / solvy 系の結晶構造と電気および磁気物性
    内藤俊雄、稲辺保、芥川智行、長谷川達生、中村貴義, 日本化学会第79春季年会,   2001年
  • ”酸塩基型分子間相互作用を用いた結晶構造制御の試み”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 第7回有機結晶部会シンポジウム,   2001年
  • ”2, 3-ナフタロシアニンを用いた中性ラジカル結晶の構造および電気物性”
    松村直子、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”種々の有機アンモニウムを用いたヨウ化スズ層状ペロブスカイト型化合物の構造と電気物性”
    中川光平、中野雅之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”サリチリデンアニリン水素結合錯体の水素移動挙動”
    稲辺保、温井貴志、内藤俊雄, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”酸塩基型水素結合を利用した分子配列制御の試み”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2001年
  • ”1次元π-d電子系TPP[X(Pc)(CN)2]2 (X=Fe, Co)の磁気構造”
    花咲徳亮、田島裕之、松田真生、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会第55回年会,   2000年
  • ”two-leg ladder 構造をもつ[PXX][Co(Pc)(CN)2]の電気・磁気物性”
    浅利剛裕、高野将、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”新規フタロシアニン導電体PTMAx[M(Pc)(CN)2]・(solvent)y (M = Co & Fe)の構造と物性”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保、花咲徳亮、田島裕之, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”一次元導電体TPP[Co(Pc)(CN)2]2の圧力下での電気物性と電子構造”
    長谷川裕之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”イオン性交互積層型錯体・(BEDO-TTF)(Cl2TCNQ)のスピン−格子転移”
    長谷川達生、芥川智行、中村貴義、内藤俊雄、稲辺保、持田智行、近藤隆祐、鹿児島誠一、岩佐義宏、斎藤軍治, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”ET3MnCl4(1,1,2-TCE)の特異的な電気・磁気物性”
    内藤俊雄、武田啓司、稲辺保、芥川智行、長谷川達生、中村貴義、山本貴、田島裕之、垣内徹、澤博、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”Synthesis, characterization and crystal structures of Metallo-1,2-naphthalocyanines”
    E. H. Gacho, T. Naito, T. Inabe, N. Kobayashi., 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2000年
  • ”2, 3-ナフタロシアニンを用いた導電性中性ラジカル結晶”
    松村直子、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2000年
  • ”ヨウ化鉛とアルキルジアンモニウムからなる層状ペロブスカイト型化合物の合成と構造”
    伊吹信哉、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,   2000年
  • ”アルキルジアンモニウムカチオンを導入した層状Sn-I系ペロブスカイト型化合物の構造と物性”
    中野雅之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”An Approach to Constructing Molecular Conductors based on Axially Subsituted C4h Cobalt 1,2-Naphthalocyanines”
    E. H. Gacho, T. Naito, T. Inabe, N. Kobayashi., 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”アルキルジアンモニウムを挿入したヨウ化鉛と層状ペロブスカイト型化合物の合成と構造”
    伊吹信哉、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”2, 3-ナフタロシアニンを用いた中性ラジカル結晶の構造と物性”
    松村直子、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”ジアミノピレン−クロラニル錯体結晶の多形および高抵抗状態と低抵抗状態”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   2000年
  • ”一次元π-d系物質TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の巨大な負の磁気抵抗”
    花咲徳亮、田島裕之、松田真生、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”(ET)3(MnCl4)(1,1,2-TCE)の電気・磁気物性”
    内藤俊雄、稲辺保、武田啓司、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”3回対称を持つπ共役TTF誘導体分子”
    竹下利章、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”two-leg ladder 構造をもつ[PXX][Co(Pc)(CN)2]の電荷の見積もりとその物性”
    浅利剛裕、高野将、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”[Ni(dmit)2]-塩の構造と磁性、電気伝導性”
    今井宏之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”1次元系フタロシアニン導電体TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の電気・磁気物性”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保、花咲徳亮、田島裕之、大塚岳夫、阿波賀邦夫、Bakhyt Narymbetov、小林速男, 日本化学会第77秋季年会,   1999年
  • ”水素結合を持つジアミノピレン系中性・交互積層型電荷移動錯体の多形とその電気的性質”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第77秋季年会,   1999年
  • ”1次元π-d系物質TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の巨大な負の磁気抵抗”
    花咲徳亮、田島裕之、松田真生、内藤俊雄、稲辺保, 日本物理学会秋の分科会,   1999年
  • ”1次元πd系物質TPP[Fe(Pc)(CN)2]2の磁気特性”
    花咲徳亮、田島裕之、松田真生、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第76春季年会,   1999年
  • ”非平面π共役分子錯体結晶中の分子間相互作用”
    亀屋めぐみ、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   1999年
  • ”ヨウ化スズとアルキルアンモニウムからなる層状ペロブスカイトの物性”
    内藤俊雄、中野雅之、鴇田淳哉、稲辺保、山本貴、田島裕之, 日本化学会第77秋季年会,   1999年
  • ”軸配位子を持つコバルトフタロシアニン導電性結晶の多様な次元性”
    長谷川裕之、高野将、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第77秋季年会,   1999年
  • ”有機層に環状アミンを導入した層状Sn-I系ペロブスカイト型化合物の構造と物性”
    中野雅之、内藤俊雄、稲辺保、山本貴、田島裕之, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”コバルトフタロシアニン導電体の結晶構造と物性に対する軸配位子の効果”
    牛尾衛、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”層状Sn-I系ペロブスカイト型化合物における有機カチオンの構造と物性に及ぼす影響”
    鴇田淳哉、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”軸配位子を持つフタロシアニン中性ラジカル結晶の多様な次元性”
    長谷川裕之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”局在スピンFe(III)を含んだ1次元系フタロシアニン分子性導電体”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保、花咲徳亮、田島裕之, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”dmitとシアノ基を持つ金属錯体を用いた導電体の構築”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”TCNQ系電子受容体を用いた1, 6-diaminopyrene(DAP)電荷移動錯体の導電性と結晶構造”
    松島光一、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”An Approach to Constructing Molecular Conductors based on Axially Subsituted Cobalt 1,2-Naphthalocyanines”
    E. H. Gacho, T. Naito, T. Inabe, N. Kobayashi., 分子構造総合討論会,   1999年
  • ”梯子型の相互作用をするNi(dmit)2錯体の設計とその構築の試み”
    今井宏之、内藤俊雄、稲辺保、大塚岳夫、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”多環ピリジニウムカチオンを用いたNi(dmit)2錯体結晶の構造と物性”
    今井宏之、内藤俊雄、稲辺保、大塚岳夫、阿波賀邦夫, 日本化学会第74春季年会,   1998年
  • ”軸配位子を持つフタロシアニンの導電性電荷移動錯体の構造と物性”
    稲辺保、高野将、内藤俊雄, 日本化学会第74春季年会,   1998年
  • ”軸配位子を持つフタロシアニンの中性および部分酸化導電体の構造と物性”
    長谷川裕之、松田真生、藤田安希子、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第74春季年会,   1998年
  • ”遷移金属を含むET類似分子及びその遷移金属塩の合成”
    内藤俊雄、小林典仁、稲辺保, 日本化学会第74春季年会,   1998年
  • ”中性・交互積層型ジアミノピレン系電荷移動錯体の電気物性”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会第74春季年会,   1998年
  • ”ずれた積層構造をもつフタロシアニン導電体”
    稲辺保、高野将、松田真生、長谷川裕之、藤田安希子、内藤俊雄, 日本物理学会第53回年会,   1998年
  • ”軸配位子を持つナフタロシアニン分子を用いた多次元有機導電性結晶の構築”
    藤田安希子、Eduardo Gacho、内藤俊雄、稲辺保、小林長夫, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”ジシアノ金属フタロシアニンを用いた分子性導電体への常磁性金属FeIIIの導入とその物性”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保、大塚岳夫、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”有機・無機複合層状ヨウ化スズペロブスカイト化合物の構造と物性”
    鴇田淳哉、中野雅之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”ジアミノピレン系電荷移動錯体におけるドナー分子の構造と導電物性に与える影響”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”常磁性金属イオンと架橋配位子を組み込んだ新規カルコゲンドナー”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”新規フタロシアニン系分子を用いた導電体構築の試み”
    長谷川裕之、内藤俊雄、稲辺保、小林長夫, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”カルコゲンドナー型配位子を持つ金属錯体を用いた電荷移動錯体の開発”
    内藤俊雄、小林典仁、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1998年
  • ”分子内水素移動化合物を用いた電荷移動錯体の構造”
    池田祐子、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   1998年
  • ”カルコゲン原子と架橋配位子を持つ錯体分子から導かれる結晶と物性”
    小林典仁、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   1998年
  • ”有機・無機複合層状ペロブスカイト化合物の構造と物性”
    須永晃弘、鴇田淳哉、内藤俊雄、稲辺保, 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,   1998年
  • ”多環ピリジニウムカチオンを用いたNi(dmit)2 錯体の構造と物性”
    今井宏之、内藤俊雄、稲辺保、大塚岳夫、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”α-Et2Me2N[Ni(dmit)2]2のサイクロトロン共鳴の研究”
    井口眞、Arzhang Ardavan、John Singleton、Peter Day、佐藤あかね、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本化学会第72春季年会,   1997年
  • ”ニトロニルニトロキシドラジカルを組み込んだ導電性錯体の構造と物性”
    今井宏之、内藤俊雄、稲辺保、阿波賀邦夫, 電子情報通信学会技術研究報告,   1997年
  • ”中性・交互積層型1, 6-ジアミノピレン系電荷移動錯体の構造と物性”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 電子情報通信学会技術研究報告,   1997年
  • ”フタロシアニン系導電体”
    長谷川裕之、松田真生、藤田安希子、内藤俊雄、稲辺保, 電子情報通信学会技術研究報告,   1997年
  • ”中性・交互積層型ジアミノピレン系電荷移動錯体の異常物性 ”
    藤縄祐、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”1, 6-Diaminopyrene (DAP) とTCNQ 系 Acceptor との分離積層型錯体の構造と物性 ”
    峯田祐之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”イオン性1, 6-Diaminopyrene系電荷移動錯体の構造とその物性 ”
    大柿めぐみ、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”軸配位子を持つ鉄(III)フタロシアニン分子性導電体 ”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保、大塚岳夫、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”フタロシアニン系多次元導電体の構築 ”
    長谷川宏之、宮島信彦、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”架橋配位子を持つカルコゲンドナー類似錯体と裸の磁性金属イオンとから構築される分子性伝導体 ”
    内藤俊雄、小林典仁、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”フタロシアニンアニオンとニトロニルニトロキシドカチオン誘導体との単純塩の結晶構造と磁気的性質”
    三ツ谷賢一、内藤俊雄、稲辺保、阿波賀邦夫, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”ナフフタロシアニン系有機導電性結晶の構築”
    藤田安希子、森本和弘、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”かご状分子を用いた有機導電体の構築”
    亀屋めぐみ、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”軸配位子をSCN基としたフタロシアニン系有機導電体の構築”
    牛尾衛、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1997年
  • ”層状Perovskite型構造をもつ(CH3NH3)n-1(R)2SnIn+1の構造と物性”
    松下顕文、首藤英一郎、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”1, 6-Diaminopyrene-Me2TCNQ錯体の物性 ”
    峯田祐之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”キヌクリジニウムPd(dmit)2錯体の合成と物性 ”
    内藤俊雄、稲辺保、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”BETS 伝導体の低温構造と物性↓λ-(BETS)2(Ga1-xFex)Cl4およびθ-(BETS)4Cu2Cl6 ”
    小林速男、新井絵美子、佐藤あかね、内藤俊雄、圷広樹、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”λ-(BETS)2FeCl4の磁気的性質II”
    徳本圓、内藤俊雄、小林速男、小林昭子、V. N. Laukhin、L. Brossard、P. Cassoux, 日本物理学会第51回年会,   1996年
  • ”有機伝導体α-(BEDT-TTF)2I3のホール効果”
    田嶋尚也、田村雅史、西尾豊、梶田晃示、内藤俊雄, 日本物理学会第51回年会,   1996年
  • ”κ-(BETS)2GaCl4塩のShubnikov-de Haas効果および角度依存性磁気抵抗振動”
    田島裕之、小林昭子、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会第51回年会,   1996年
  • ”β-[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2 および (Me2Et2N)[Pd(dmit)2]2の低温構造”
    小林昭子、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第70春季年会,   1996年
  • ”DED錯体の物性”
    内藤俊雄、新井絵美子、田村雅史、西尾豊、梶田晃示、加藤礼三、小林昭子、小林速男, 日本化学会第70春季年会,   1996年
  • ”磁性イオンを含むBETS伝導体の磁気的性質”
    小林速男、佐藤あかね、内藤俊雄、田中寿、小林昭子、斎藤太郎, 日本化学会第70春季年会,   1996年
  • ”非対称ドナーEDT-TTFおよびEDT-STF(EDST)の形成する伝導性電荷移動錯体の結晶構造と物性 ”
    佐藤あかね、小林速男、岡田実、森山広思、内藤俊雄、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”X線光電子分光及び軟X線吸収分光を用いたサリチリデンアニリン系化合物の分子内水素結合構造の解析 ”
    伊藤英輔、陰地宏、荒木暢、石井久夫、大内幸雄、関一彦、内藤俊雄、稲辺保、丸山有成、小杉信博, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”水素結合を持つ1, 6-ジアミノピレン-テトラハロ-p-ベンゾキノンの構造と物性 ”
    藤縄祐、内藤俊雄、後藤裕利、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”イオン性1, 6-Diaminopyrene系交互積層型電荷移動錯体の構築の試み ”
    大柿めぐみ、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”磁性スピンを持つ鉄(III)フタロシアニンを用いた有機導電体の構築”
    松田真生、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”多次元構造を持つフタロシアニン導電体の構築 − 対イオンの効果”
    長谷川宏之、高野 将、宮島信彦、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”軟X線吸収分光及びX線光電子分光でみたサリチリデンアニリン系化合物の互変異性”
    伊藤英輔、大市一芳、陰地宏、荒木暢、石井久夫、大内幸雄、関一彦、内藤俊雄、稲辺保、丸山有成、小杉信博, 第10回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム,   1996年
  • ”コバルトフタロシアニンと有機ラジカルカチオンとを複合した導電性結晶の開発”
    高野 将、長谷川宏之、内藤俊雄、稲辺保, 分子構造総合討論会,   1996年
  • ”有機伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の高圧、高磁場下での電子状態”
    田嶋尚也、梶田晃示、西尾豊、田村雅史、内藤俊雄、小林速男、佐々木孝彦、家泰弘, 日本物理学会秋の分科会,   1995年
  • ”λ-(BETS)2FeCl4の磁気的性質”
    徳本圓、内藤俊雄、小林速男、小林昭子、V. N. Laukhin、L. Brossard、P. Cassoux, 日本物理学会秋の分科会,   1995年
  • ”有機伝導体α-(BEDT-TTF)2I3の特異性”
    田嶋尚也、三島孝博、田村雅史、西尾豊、梶田晃示、内藤俊雄、小林速男、安西弘行、木下信盛、徳本圓、家泰弘、佐々木孝彦、深瀬哲朗, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”BETS 塩、M(dddt)2 塩の物性”
    田島裕之、小林昭子、内藤俊雄、小林速男、L. A. Kusch、E. B. Yagbuskii, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”金属性M(dmit)2 ( M = Ni, Pd ) 錯体の低温構造とバンド構造”
    小林昭子、金丸善一、佐藤あかね、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”α-(BEDT-TSeF)2I3のホ−ル効果”
    田嶋尚也、飯森茂、大類信、西田充祥、梶田晃示、西尾豊、内藤俊雄、小林速男、家泰弘, 日本物理学会第50回年会,   1995年
  • ”α-(BEDT-TTF)2I3における磁場誘起絶縁体転移と伝導度の異方性V”
    飯森茂、田嶋尚也、梶田晃示、西尾豊、小林速男、内藤俊雄、家泰弘、安西弘行、徳本圓、木下信盛, 日本物理学会第50回年会,   1995年
  • ”超伝導体α-(EDT-TTF)[Ni(dmit)2]の物性III”
    井口眞、有福征宏、田島裕之、太田俊明、小林昭子、内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、黒田晴雄, 日本物理学会第50回年会,   1995年
  • ”(DMe-DCNQI)2Cuの圧力下の格子定数”
    伊達孝洋、野上由夫、大嶋孝吉、有本収、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会第50回年会,   1995年
  • ”(BETS)2MCl4( M = Fe, Co, Zn,・・・)伝導体の構造と物性”
    小林速男、内藤俊雄、冨田英登、小林昭子, 日本化学会第69春季年会,   1995年
  • ”M(dmise)2 錯体伝導体( M = Ni, Pd )の結晶構造と伝導性”
    佐藤あかね、川野光一、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本化学会第69春季年会,   1995年
  • ”κ-(BEDT-TTF)2I3の低温での構造変化と新しいI3相”
    川野光一、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本化学会第69春季年会,   1995年
  • ”(EDT-TTF)[Ni(dmit)2]( M = Ni, Pd )の低温構造とバンド構造”
    小林昭子、佐藤あかね、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第69春季年会,   1995年
  • ”磁性イオンを含む BETS 伝導体”
    小林速男、川野光一、冨田英登、内藤俊雄、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”混合ハロゲン化ガリウムアニオンを用いたλ, κ-type BETS 塩の合成、構造、およびその物性”
    田中寿、小林昭子、斎藤太郎、坂井富美子、川野光一、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”DED および関連非対称ドナー錯体の合成の試み”
    内藤俊雄、川野光一、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1995年
  • ”有機超伝導体β−[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2の圧力下の電子状態II”
    土谷祐一、中村敏和、高橋利宏、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本物理学会秋の分科会,   1994年
  • ”α-(BEDT-TTF)2I3における磁場誘起絶縁体転移と伝導度の異方性III”
    飯森茂、田嶋尚也、梶田晃示、西尾豊、内藤俊雄、家泰弘、安西弘行、徳本圓、木下信盛, 日本物理学会秋の分科会,   1994年
  • ”α-(BEDT-TTF)2I3,α-(BEDT-TSeF)2I3のESR”
    田嶋尚也、飯森茂、梶田晃示、西尾豊、小林速男、内藤俊雄, 日本物理学会秋の分科会,   1994年
  • ”超伝導体α-(EDT-TTF)[Ni(dmit)2]の物性”
    井口眞、有福征宏、田島裕之、太田俊明、小林昭子、内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、黒田晴雄, 分子構造総合討論会,   1994年
  • ”M(dmit)2(M = Ni, Pd)伝導体の構造相転移とバンド構造−α-(Me2Et2N)[Ni(dmit)2]2,(EDT-TTF)[M(dmit)2] ”
    小林昭子、佐藤あかね、岡田実、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1994年
  • ”分子性金属・超伝導体の低温構造Iα-(Me2Et2N)[Ni(dmit)2]2,α-BETS2I3”
    小林速男、冨田英登、内藤俊雄、小林昭子, 日本物理学会第49回年会,   1994年
  • ”金属性dmit 錯体、α-(Me2Et2N)[Ni(dmit)2]2の低温結晶構造とバンド構造”
    小林昭子、佐藤あかね、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第67春季年会,   1994年
  • ”BETS 骨格を片側に持つ非対称π−ドナ−系の開発−DED-STF, EPST 等”
    内藤俊雄、岡田実、冨田英登、舘野亜紀子、小林速男、小林昭子, 日本化学会第67春季年会,   1994年
  • ”有機分子性金属・超伝導体,BETS 化合物の伝導性と構造”
    冨田英登、川野光一、宇田川隆、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本化学会第67春季年会,   1994年
  • ”dmise を配位子とする遷移金属錯体伝導体の構造と物性”
    佐藤あかね、舘野亜紀子、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1994年
  • ”磁性イオンを含む BETS 金属の構造と物性”
    小林速男、冨田英登、内藤俊雄、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1994年
  • ”DED 錯体の構造と物性”
    内藤俊雄、川野光一、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1994年
  • ”新分子性金属・超伝導体の開発II−BETS およびM(dmit)2(M=Ni, Pd,・・・)”
    小林速男、冨田英登、宇田川隆、内藤俊雄、小林昭子, 日本物理学会秋の分科会,   1993年
  • ”多カルコゲンπ分子伝導性錯体の構造と物性−M(dmit)2( M = Ni, Pd)および BETS 錯体”
    小林昭子、冨田英登、宇田川隆、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1993年
  • ”M(dmit)2( M = Ni, Pd, Pt )超伝導関連化合物の構造と伝導性”
    小林昭子、大迫弘明、文 公三、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会第48回年会,   1993年
  • ”新しい Pd(dmit)2 伝導体の構造と伝導性”
    小林昭子、大迫弘明、文 公三、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第65春季年会,   1993年
  • ”DEtO-DCNQI 等新規 DCNQI の合成と伝導性物質作成の試み”
    内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 日本化学会第65春季年会,   1993年
  • ”非対称ドナ−分子 EOTT 及び EOST の形成する伝導体の結晶構造と伝導性の関係”
    舘野亜紀子、宇田川隆、内藤俊雄、小林速男、小林昭子、野上隆, 日本化学会第65春季年会,   1993年
  • ”DCNQI-Cu 系のリエントラント構造相転移と伝導性”
    小林速男、内藤俊雄、小林昭子、青沼秀児、加藤礼三, 日本化学会第65春季年会,   1993年
  • ”BETS および類縁非対称ドナ− EOST を含む新しい伝導体”
    宇田川隆、舘野亜紀子、内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、小林昭子、野上隆, 日本化学会第65春季年会,   1993年
  • ”DCNQI-Cu 系の絶縁化転移と伝導性”
    小林速男、内藤俊雄、文 公三、小林昭子、青沼秀児、加藤礼三, 日本物理学会第48回年会,   1993年
  • ”BETS 骨格を持ったドナ−系の合成と物性”
    内藤俊雄、冨田英登、舘野亜紀子、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1993年
  • ”BETS の形成する伝導体”
    宇田川隆、冨田英登、内藤俊雄、小林速男、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1993年
  • ”BETS 及び M(dmit)2( M = Ni, Pd )分子の超伝導体と関連化合物の構造および伝導性”
    小林昭子、冨田英登、宇田川隆、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第66秋季年会,   1993年
  • ”超伝導体β-[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2および関連化合物の電子構造の特徴”
    小林昭子、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会秋の分科会,   1992年
  • ”超伝導体β−[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2及び関連物質の反射スペクトルと電子構造”
    内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、井口眞、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”新超伝導体[(CH3)2(C2H5)2N][Pd(dmit)2]2”
    小林速男、文公三、内藤俊雄、加藤礼三、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”α−(BEDT-TTF)2I3およびその類似塩のホ−ル効果”
    田島裕之、井口眞、太田俊明、小林昭子、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男、黒田晴雄, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”超伝導体β−[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2および類似 Pd(dmit)2系の構造と物性”
    小林昭子、加藤礼三、文公三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第63春季年会,   1992年
  • ”新超伝導体β−[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2の圧力−温度相図”
    小林昭子、加藤礼三、文 公三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会第47回年会,   1992年
  • ”α−BETS2I3の圧力下の磁気抵抗”
    井口眞、田島裕之、太田俊明、小林昭子、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男、黒田晴雄, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”EOST 系の物性”
    内藤俊雄、宮本明人、小林速男、加藤礼三、小林昭子、野上隆, 日本化学会第63春季年会,   1992年
  • ”BEDT-TTF 類似ドナ−分子 PT,EDST の作る伝導体の構造と物性”
    伊藤由美子、舘野亜紀子、内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、小林昭子, 日本化学会第63春季年会,   1992年
  • ”非対称πドナ−分子EOTTの形成する伝導体”
    宇田川隆、舘野亜紀子、内藤俊雄、小林速男、小林昭子、野上隆, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”DCNQI-M( M = alkali metal,Ba, Ag, Cu )化合物の構造変化と物性の相関”
    小林昭子、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1992年
  • ”DCNQI-M系(M = Cu, Ag, Alkali metal, ・・・)および混晶系の結晶構造”
    小林速男、内藤俊雄、加藤礼三、小林昭子, 日本物理学会秋の分科会,   1992年
  • ”伝導性 Pd(dmit)2 錯体の構造と電気伝導および反射スペクトル”
    小林昭子、田島裕之、黒田晴雄、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第62秋季年会,   1991年
  • ”BEDT-TSF 及び BEDT-STF のα型I3塩の物性”
    井口眞、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1991年
  • ”多カルコゲンπ分子の形成する新しい分子性金属・超伝導体の探索−BEDT-TSF ( BETS ),M(dmit)2等”
    小林昭子、加藤礼三、伊藤由美子、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1991年
  • ”[Ni(opddt)2]の合成と物性”
    森山広思、内藤俊雄、小林速男、加藤礼三、小林昭子, 日本化学会第61春季年会,   1991年
  • ”BEDT-TSF ( BETS ) 錯体の結晶構造と伝導性”
    小林昭子、加藤礼三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本化学会第61春季年会,   1991年
  • ”BETS 骨格を片側に持つ新規非対称ドナ−の合成と物性”
    内藤俊雄、森山広思、小林速男、加藤礼三、小林昭子、野上隆, 日本化学会第61春季年会,   1991年
  • ”多カルコゲンπ-ドナ−分子 BETS の錯体結晶中の分子配列とその物性III”
    小林昭子、加藤礼三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会第46回年会,   1991年
  • ”BETS 骨格を片側に持つ非対称ドナ−系の物性”
    内藤俊雄、宮本明人、小林速男、加藤礼三、小林昭子、野上隆, 分子構造総合討論会,   1991年
  • ”BEDT-TTF 類似分子 BEDT-TSF(BETS)および BEDT-STF(STF)分子に基づく新分子性金属”
    小林昭子、加藤礼三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会秋の分科会,   1991年
  • ”π-ドナ−、π-アクセプタ−分子( BETS, M(dmit)2 ( M = Ni,Au ) に基ずく新しい分子性金属の構造形態と物性”
    小林昭子、加藤礼三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 日本物理学会秋の分科会,   1990年
  • ”BEDT-TSF ( BETS ) およびM(dmit)2に基ずく新しい分子性金属−構造の多様性とその伝導性”
    小林昭子、加藤礼三、宮本明人、内藤俊雄、小林速男, 分子構造総合討論会,   1990年
  • ”Pd(dmit)2塩に見られるHOMOとLUMOとのエネルギ−準位の逆転”
    内藤俊雄、田村雅史、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男、R.A.Clark、A.E.Underhill, 日本化学会第59春季年会,   1990年
  • ”α−(EDT-TTF)[Ni(dmit)2]及び(EDT-TTF)2AuBr2の反射スペクトル”
    田村雅史、内藤俊雄、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男、森健彦、井口洋夫, 日本化学会第59春季年会,   1990年
  • ”BEDT-TSF ( BETS ) のハロゲノ水銀酸錯体の構造と伝導度”
    内藤俊雄、宮本明人、小林速男、加藤礼三、小林昭子, 分子構造総合討論会,   1990年
  • ”伝導性dmit塩の物性”
    田島裕之、内藤俊雄、田村雅史、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男、R.A.Clark、A.E.Underhill, 分子構造総合討論会,   1990年
  • ”[Pd(dmit)2]塩の反射スペクトル”
    田島裕之、内藤俊雄、田村雅史、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男、R.A.Clark、A.E.Underhill, 日本物理学会秋の分科会,   1989年
  • ”X[Pd(dmit)2]2( X=(CH3)4As,Cs )の反射スペクトル”
    内藤俊雄、田村雅史、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男、R.A.Clark、A.E.Underhill, 分子構造総合討論会,   1989年
  • ”Me4As[Pd(dmit)2]2の反射スペクトル”
    内藤俊雄、田島裕之、黒田晴雄、小林昭子、加藤礼三、小林速男, 日本化学会第58春季年会,   1989年

特許

  • フラクタル物体およびフラクタル物体の製造方法, 内藤俊雄, 特願22013-196553
  • 光電子顕微鏡, 津野勝重、朝倉清高、内藤俊雄、菅 育正、宮崎英機, 特願2011-032420, 特許第5690610 号
  • ELECTRICALLY CONDUCTIVE ORGANIC MATERIAL CAPABLE OF BEING TRANSFORMED TO TRANSPARENCY AND NON-CONDUCTIVITY FROM EXPOSURE TO LIGHT, 内藤俊雄・朝倉清高, 60 / 840,255
  • 極低温光照射電気伝導度測定装置, 内藤俊雄, 特願2004-036707, 特開2005−227158, 特許第4064357 号
  • 感光性成分を含む試料へのドーピング方法, 内藤俊雄, 特願2004-036708

受賞

  •   2017年03月25日, (公益財団法人)エレキテル尾崎財団, 第24回源内大賞「光照射による簡便で正確な伝導性と磁性の制御法開発」
  •   2016年04月07日, 愛媛大学理学部, 第2回理学部ベストレクチャー賞
  •   2016年03月26日, (公益社団法人)日本化学会, 第33回日本化学会学術賞「光照射による分子結晶の伝導性・磁性制御法の開拓」
  •   2015年10月30日, (一般社団法人)北海道発明協会, 北海道発明協会会長賞「表面の電子状態を観察する特殊な顕微鏡」
  •   2015年04月07日, 愛媛大学理学部, 第1回理学部ベストレクチャー賞
  •   2014年10月31日, 独立行政法人日本学術振興会, 平成26年度「科研費」審査「有意義な審査意見を付していただいた審査委員」
  •   2014年10月08日, 219th OMICS Group Conference, 3rd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2014), Expert Presentations, “Giant photoconductivity in organic materials by UV irradiation”,
  •   2014年10月08日, 219th OMICS Group Conference, 3rd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2014), Special Recognition
  •   2013年10月09日, 140th OMICS Group Conference, 2nd International Conference and Exhibition on Materials Science & Engineering (Materials Science-2013), Expert Presentations
  •   2012年10月, アメリカ化学会, アメリカ化学会誌 注目論文
  •   2006年03月, 日本物理学会欧文誌, 日本物理学会欧文誌 注目論文賞
  •   2004年09月17日, Nano and Giga Challenges in Microeletronics, Cracow, Poland, September 13-17, 2004, Best Presentation Award

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.