詳細検索はこちら

伊藤 和貴イトウ カズタカ

所属部署
大学院連合農学研究科
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 1992年, 九州大学, 農学研究科, 林産学

所属学協会

  • 日本木材学会
  • 繊維学会
  • 紙パルプ技術協会
  • 日本香料協会

研究活動情報

研究キーワード

    天然物化学, 生理活性物質, バイオトランスフォーメーション, バイオレメディエーション, ファイトレメディエーション, 木質バイオマス, 環境教育, リサイクル

MISC

  • α-(2-メトキシフェノキシ)-β-ヒドロキシプロピオシリンゴンのメカノケミカル反応。
    繊維学会誌, 48, (11) 625 - 634,   1992年
  • β-0-4型リグニンモデル化合物の簡便な合成法
    木材学会誌, 38, (6) 579 - 584,   1992年
  • メカノケミカル反応の場にリグニンから放出されるHCHOの挙動
    繊維学会誌, 48, (3) 112 - 119,   1992年
  • シンナムアルデヒド類の簡便な合成法
    木材学会誌, 35, (12) 1154 - 1158,   1989年
  • グアイアシルグリセロール-β-グアイアシルエーテルとベラトリルグリセロール-β-グアイアシルエーテルのメカノケミストリーの比較に関する研究
    15, (3) 395 - 411,   1995年
  • シリンギルグリセロール-β-グアイアシルエーテルのメカノケミストリーと機械パルプの漂白との類似性。
    ITHO K, SUMIMOTO M, TANAKA H, 13, (4) 463 - 479,   1993年
  • (5-5')-(β-0-4)型リグニンモデル化合物のメカノケミカル反応
    繊維学会誌, 49, (11) 569 - 575,   1993年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第6報)
    紙パルプ技術協会誌, 47, (2) 95 - 106,   1993年
  • バイオリアクターを用いたカウレンの微生物変換によるジベレリンの生産
    木材学会誌, 39, (5) 610 - 615,   1993年
  • アピゲニンの酵素変換による3',8-ダイマータイプのビスフラボンの調製
    木材学会誌, 39, (6) 684 - 690,   1993年
  • 細胞融合による高い機械パルプの光退色抑制能をもつ菌の作出の試み
    第44回日本木材学会大会研究発表要旨集,   1994年
  • イチイ科樹木の組織培養(II)
    第44回日本木材学会大会研究発表要旨集,   1994年
  • キャラボク葉および樹皮の抽出成分
    木材学会誌, 40, (9) 1008 - 1013,   1994年
  • キャラボクの組織培養によるTaxolの生成
    木材学会誌, 40, (11) 1254 - 1258,   1994年
  • 抽出成分の化学変換によるケミカルスと燃料の生産(第9報) 愛媛県内の植栽されているハゼ品種の化学組成とその蝋の性質について
    木材学会誌, 38, (12) 1151 - 1158,   1992年
  • Phanerochaete chrysosporiumからの菌体外粗酵素液を用いるフラボノイド類の酵素変換によるフラボノイドメチルエーテルの調製
    木材学会誌, 39, (6) 691 - 699,   1993年
  • Taxus brevifolia葉のフラボノイド
    木材学会誌, 40, (12) 1254 - 1258,   1994年
  • 酵素変換による粘靱性物質の合成(第1報)リパーゼを用いたエステル交換反応による粘靱反応による粘靱性物質(1)の調製
    木材学会誌, 41, (11) 1022 - 1028,   1995年
  • Taxus Cuspidata葉の抽出成分とイチイ属樹木のケモタキソノミー
    愛媛大学農学部演習林報告, (33) 1 - 16,   1995年
  • リグニンのメカノケミストリー
    四国紙パルプ研究協議会技術ニュース, 21, (5) 12 - 30,   1995年
  • イヌガヤの組織培養による抗ガン性アルカロイド, イソハリントニンの生成
    愛媛大学農学部演習林報告, (33) 41 - 52,   1995年
  • グアイアシルグリセロール-β-グアイアシルエーテルとベラトリルグリセロール-β-クグアイシルエーテルのメカノケミストリーの比較に関する研究
      1995年
  • 菌体外粗酵素による機械パルプの色戻り抑制
      1995年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第7報)還元性色素を用いた機械パルプの光による色戻りを抑制する菌のスクリーニング
    伊藤和貴, 河村佳枝, 首藤宏治, 沖妙, 橘燦郎, 紙パ技協誌, 50, (5) 811 - 819,   1996年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第8報) Phanerochaete chrysosporiumとFusarium solaniの細胞融合による機械パルプの光による色戻り抑制を持つ融合菌作出の試み
    橘 燦郎, 和田 みゆき, 伊藤 和貴, 伊藤 智仁, 沖 妙, 紙パ技協誌, 50, (10) 1446 - 1455,   1996年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメディエーション(I)ダイオキシン分解能を有する菌のスクリーニングおよび選抜した菌と数種の木材腐朽菌による2,7-ジクロロジベンゾ-p-ダイオキシンの分解
    橘燦郎, 大川浩樹, 伊藤和貴, 沖妙, 平林達也, 紙パ技協誌, 50, (12) 1806 - 1815,   1996年
  • 天然からのダイオキシン分解能を有する分解菌のスクリーニング
    第41回リグニン討論会講演習,   1996年
  • 植物培養細胞によるフェノール類のグルコシル化の試み
    第41回リグニン討論会講演集,   1996年
  • Gibberella fujikuroi菌のプロトプラスト融合による融合菌作出の試み
    愛媛大学農学部演習林報告, (34) 93 - 106,   1996年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第9報)機械パルプの光褪色抑制におよぼすフェノール性水酸基の影響
    紙パ技協誌, 51, (7) 1090 - 1097,   1997年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメディエーション(II)ダイオキシン分解菌の酵素活性と2,7-dichlorodibemzo-p-dioxinの分解との関連およびダイオキシン分解菌のスクリーニング法の改良
    伊藤 和貴, 大川 浩樹, 橘 燦郎, 平林 達也, 紙パ技協誌, 51, (11) 1759 - 1768,   1997年
  • 植物培養細胞を用いたバイオトランスフォーメーションによる有用物質の生産
    第42回リグニン討論会講演集,   1997年
  • キャラボク新芽の伸長とタキサン類の生産に及ぼすカウレンの微生物変換により生成したジベレリンの投与の影響
    愛媛大学農学部演習林報告, 35,   1997年
  • イチイ属樹木の抽出成分の有効利用に関する研究(2)タキシニンとその誘導体のイチゴ炭そ病菌,カンキツ灰色カビ病菌及びキュウリ褐斑病菌に対する抗菌性について
    愛媛大学農学部演習林報告, 35,   1997年
  • イチョウ葉のカルス培養によるギンゴリドの生産の試み
    木材学会誌, 44, (1) 1 - 8,   1998年
  • アバカ,ケナフのペクチナーゼ処理
    伊藤和貴, 上垣勇吾, 岡崎賢治, 橘燦郎, 繊維学会誌, 54, (5) 253 - 260,   1998年
  • イチイ属樹木の抽出成分の有効利用(第1報)フラボノイド類とタキシニン及びその誘導体のイネごま葉枯病菌(Cochliobolus miyabeanus)及びナシ黒斑病菌(Altenaria kikuchiana)に対する抗菌性について
    木材学会誌, 45, (1) 42 - 50,   1999年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメディエーション((]G0003[))ダイオキシン分解菌による2.4.8.-トリクロロジベンゾフラン及びジベンゾフランの分解
    紙11°技協誌, 53, (8) 1054 - 1062,   1999年
  • ダイオキシン分解菌の酸素活性と2、4、8-トリクロロジベンゾフランの分解との関連
    愛媛大学農学部演習林報告, (39) 53 - 61
  • ダイオキシン分解菌、V2からのリグニンペルオキシダーゼ活性を有するフラクションの分画の試み
    愛媛大学農学部演習林報告, (39) 63 - 73,   2001年
  • Stimulation of the Production of Podophyllotoxin by Biogenetic Precursors and an Elictor in Juniperus chinensis Stem-derived Callus Cultures
    Pakistan Journal of Biological Sciences, (5(3)) 313 - 316,   2002年
  • イチョウ種子からのカルス培養によるギンゴリドの生産の試み
    木材学会誌, 49, (1) 40 - 46,   2003年
  • イチョウ種子の貯蔵期間がカルス成長およびギンゴリド生産性におよぼす影響
    木材学会誌, 49, (5) 377 - 381,   2003年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第6報)機械パルプの光退色抑制におよぼすカルボニル基の影響
    橘 燦郎, 足立 幸雄, 大久保 克美, 伊藤 和貴, 住本 昌之, 紙パ技協誌, 47, (2) 273 - 284,   1993年
  • BEHAVIOURS OF FORMALDEHYDE EMITTED FROM LIGNIN TO THE FIELD OF MECHANOCHEMICAL REACTIONS (Jointly authored)
    Sen'i Gakkaishi, 48, (3) 112 - 119,   1992年
  • An Advantageous Synthesis of β-0-4 Type Lignin Model Compounds. (Jointly authored)
    Mokuzai Gakkaishi, 38, (6) 579 - 584,   1992年
  • Mechanochemical Conversions of α-(2-Methoxyphenoxy)-β-Hydroxypropiosyringone
    FIBER, 48, (11) 625 - 634,   1992年
  • An Advantageous Synthesis of β-0-4 Type Lignin Model Compounds.
    (The Japan Wood Research Society. )JOURNAL OF THF JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 38, (6) 579 - 584,   1992年
  • Behaviours of Formaldehyde Emitted from Lignin to the Field of Mechanochemical Reactions.
    FIBER, 48, (3) 112 - 119,   1992年
  • A Convenient Synthesis of p-Hydroxy- and p-llethoxy-cinnamaldehydes.
    JOURNAL OF THE JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 35, (12) 1154 - 1158,   1989年
  • Comparative studies on the mechanochemistry of guaiacylglycerol- and veratrylglycerol-β-guaiacyl ether.
    ITOH K, SUMIMOTO M, TANAKA H, JOURNAL OF WOOD CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 15, (3) 395 - 411,   1995年
  • Mechanochemistry of Syringylglycerol-β-guaiacyl ether and its similarity to the conventional bleaching of mechanical pulps.
    ITHO K, SUMIMOTO M, TANAKA H, JOURNAL OF WOOD CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 13, (4) 463 - 479,   1993年
  • Mechanochemical conversions of(5-5')-(β-0-4)type of lignin model compound.
    (The Society of Fiber Science and Technology, Japan. )FIBER, 49, (11) 569 - 575,   1993年
  • Studies on Biological Treatment of Mechanical Pulps(VI) Effect of carbonyl groups in mechanical pulps on depression of color reversion of mechanical pulps.
    橘 燦郎, 足立 幸雄, 大久保 克美, 伊藤 和貴, 住本 昌之, Japan Tappi Journal., 47, (2) 273 - 284,   1993年
  • Production of Gibberellins from(-)-Kaurene with a Bio-Reactor by Microbial Conversion with (Gibberella)■.-. (fujikuroi)■.-..
    JOURNAL OF THE JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 39, (5) 610 - 615,   1993年
  • Enzymatic Conversion of Apigenin to 3', 8-Dimer Type Bisflavonoid.
    JOURNAL OF THE JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 39, (6) 684 - 690,   1993年
  • PREVENTION OF LIGHT-INDUCED COLOR REVERION OF MECHANICAL PULPS WITH CRUDE ENZYMES FROM FUNGI.
    PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FIVER SCIENCE AND THECHNOLOGY.,   1994年
  • Extractives in the Leaves and Bark of Taxus cuspidata Sieb. et. Zucc. var. nana Rehder.
    JOURNAL OF THE JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 40, (9) 1008 - 1013,   1994年
  • Formation of Taxol in Taxus cuspidata Sieb. et Zucc. var. nana Rehder Callus Cultures.
    JOURNAL OF THE JAPAN WOOD RESEARCH SOCIETY, 40, (11) 1254 - 1258,   1994年
  • Chemical Conversion of Extractives for the Production Chemicals and Fuels (]G0009[). Chemical compositions and physical properties in haze wax from 13 cultivars grown in ehime prefecture.
    Mokuzai Gakkaishi, 38, (12) 1151 - 1158,   1992年
  • Enzymatic conversion of Flavonoids to Their Methyl Ethers by an Extracellular crude Enzyme Solution from Phanerochaete chrysosporium.
    Mokuzai Gakkaishi, 39, (6) 691 - 699,   1993年
  • Leaf Flavonoids of Taxus brevifolia.
    Mokuzai Gakkaishi, 40, (12) 1254 - 1258,   1994年
  • Synthesis of Visco-Ductile Compounds Present in Japan Wax with Enzymes(]G0001[). Preparation of visco-ductile compound 1 by interesterification with lipases.
    Mokuzai Gakkaishi, 41, (11) 1022 - 1028,   1995年
  • Extrctives of Taxus Cuspidata Sieb. et Zucc. Leaves and Chemotaxonomy of Trees of Genus Taxus.
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, (33) 1 - 16,   1995年
  • Mechanochemistry of Lignin
    SHIKOKU RESEARCH CONFERENCE OF PULP AND PAPER TECHNOLOGY, 21, (5) 12 - 30,   1995年
  • Formation of Isoharingtonine, an Anti-tumor Alkaloid in Cephalotaxus harringtonia Callus Cultures.
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, (33) 41 - 52,   1995年
  • COMPARATIVE STUDIES ON THE MECHANOCHEMISTRY OF GUAIACYLGLYCEROL- AND VERATRYLGLYCEROL-β-GUAIACYLETHER.
    BOOK OF ABSTRACTS, 1995 INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES.,   1995年
  • PREVENTION OF LIGHT-INDUCED COLOR REVERSION OF MECHANICAL PULPS WITH CRUDE ENZYMES FROM FUNGI.
    BOOK OF ABSTRACTS, 1995 INTERNATIONAL CHEMICAL CONGRESS OF PACIFIC BASIN SOCIETIES.,   1995年
  • Studies on Biological Treatment of Mechanical Pulps((]G0007[)) Screening of fungi having ability for depression of light-induced color reversion of mechanical pulps with reductive indicators.
    伊藤和貴, 河村佳枝, 首藤宏治, 沖妙, 橘燦郎, JAPAN TAPPI JOURNAL, 50, (5) 811 - 819,   1996年
  • Studies on biological treatment of mechanical pulps (VIII) Formation of a fusant having ability for depression of light-induced color reversion of mecanical pulps by protoplast fusion of Phanerochaete chrysosporium and Fusarium solani
    橘 燦郎, 和田 みゆき, 伊藤 和貴, 伊藤 智仁, 沖 妙, JAPAN TAPPI JOURNAL, 50, (10) 1446 - 1455,   1996年
  • Bioremediation by wood-rotting fungi (I) Screening of fungi having ability for degradation of dioxins and degradation of 2,7-dichlorodibemzo-p-dioxin by some fungi separated by the screening and by some wood-rotting fungi
    橘燦郎, 大川浩樹, 伊藤和貴, 沖妙, 平林達也, JAPAN TAPPI JOURNAL, 50, (12) 1806 - 1815,   1996年
  • Screening of fungi having ability for degradation of dioxins
    Proceeding of The 41th Lignin Symposium,   1996年
  • Traial for glucosylation of phenols by plant cell cultures
    Proceedings of The 41th Lignin Symposium,   1996年
  • A trial for aformation of a fusant by protoplast fusion of Gibberella fujikuroi strains
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, (34) 93 - 106,   1996年
  • Studies on biological treatment of mechanical pulps(IX) Effect of phenolic hydroxyl groups in mechanical pulps on depression of color reversion of mechanical pulps.
    JAPAN TAPPI JOURNAL, 51, (7) 1090 - 1097,   1997年
  • Bioremediation by wood-rotting fungi(II) Relationship between enzyme activities of fungi having ability for degradation of dioxins and degradation of 2, 7-dichlorodibemzo-p-dioxin and an improved screening method of fungi having ability for degradation・・・
    伊藤 和貴, 大川 浩樹, 橘 燦郎, 平林 達也, JAPAN TAPPI JOURNAL, 51, (11) 1759 - 1768,   1997年, Bioremediation by wood-rotting fungi(II) Relationship between enzyme activities of fungi having ability for degradation of dioxins and degradation of 2, 7-dichlorodibemzo-p-dioxin and an improved screening method of fungi having ability for degradation of dioxins.
  • Production of usefull substances by biotransformation with plant cell cultues.
    Proceedings of The 42nd Lignin Symposium,   1997年
  • Effect of addition of gibberellins produced by microbial conversion of kaurene on elongation of kyaraboku sprouts and production of taxanes.
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, 35,   1997年
  • Studies on Utilization of Extractives from the genus Taxus Tree(2) Antifungal activities of txinine and its derivatives against Colletorichum fragariae, Botrytis cinerea and Corynespora cassiicola.
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, 35,   1997年
  • Production of Ginkgolides by Callus Cultures of Icho(Ginkgo biloba)Leaves.
    Mokuzai gakkaishi, 44, (1) 1 - 8,   1998年
  • Treatment of abaca and kenal pulps with pectinases.
    伊藤和貴, 上垣勇吾, 岡崎賢治, 橘燦郎, FIBER, 54, (5) 253 - 260,   1998年
  • Utilization of Extractives from Genus Taxus Tree I Antifungul activities of flavonoids.taxinine.and its derivatives against Cochliobolus miyabeanus and Altenaria kikuchiana.
    MOKUZAI GAKKAISHI., 45, (1) 42 - 50,   1999年
  • Bioremediation by Wood-Rotting fungi((]G0003[))Degradation of 2.4.8-trichlorodibenzofuran and dibenzofuran by some fungi having ability for degradation of dioxins.
    JAPAN TAPPI JOURNAL, 53, (8) 1054 - 1062,   1999年
  • Relationship between enzymatic activities of fungi havingability for degradation of dioxins and degradation of 2,4,8-trichlorodibenzofuran.
    BULLETIN OF EHIME UNIVERSITY FOREST, (39) 53 - 61,   2001年
  • Trial for fractionation of fractions having lignin peroxidase activity from fungus V2, a dioxins-degradable fungus.
    BULLETIN OF EHIME UNIVERSITY FOREST, (39) 63 - 73
  • Stimulation of the Production of Podophyllotoxin by Biogenetic Precursors and an Elictor in Juniperus chinensis Stem-derived Callus Cultures
    Pakistan Journal of Biological Sciences, (5(3)) 313 - 316,   2002年
  • production of Ginkgolides in Seed-derived Callus Cultures of Icho (Ginkgo biloba L).
    Mokuzai Gakkaishi, 49, (1) 40 - 46,   2003年
  • Effect of Storage Period of Seeds of Icho, Ginkgo biloba, on Callus Growth And its Ginkgolides Production.
    Mokuzai Gakkaishi, 49, (5) 377 - 381,   2003年
  • イチイ属樹木の抽出成分の有効利用に関する研究(2) タキシニンとその誘導体のイチゴ炭そ病菌,カンキツ灰色かび病菌及びキュウリ褐斑病菌に対する抗菌性について(共著)
    愛媛大学農学部演習林報告, (35) 45 - 53,   1997年
  • イチョウ種子の貯蔵期間がカルス成長およびギンゴリド生産性におよぼす影響
    木材学会誌, 49, (5) 377 - 381,   2003年
  • 活性炭で捕集されたダイオキシンの白色腐朽菌による分解
    木材学会誌, 49, (3) 227 - 232,   2003年
  • イチョウ種子からのカルス培養によるギンゴリドの生産の試み(共著)
    木材学会誌, 49, (1) 40 - 46,   2003年
  • Enhancement of Podophyllotoxin Production by Biogentic Precursors and Elicitors in Cell Suspension Cultures of Juniperus Chinensis
    Pakisutan J. Biol. Sci, 5, (11) 1267 - 1271,   2002年
  • Stimulation of the Production of Podophyllotoxin by Biogentic Precursors and an Elicitor in Juniperus chinensis
    Pakistan J. Biol. Sci, 5, (3) 313 - 316,   2002年
  • Stimulation of the Production of Taxol by Oligosaccharides in Taxus cuspidata vur. nana Callus Cultures
    Pakistan J. Biol. Sci, 5, (4) 461 - 465,   2002年
  • Prevention of light-induced color reversion of mechanical pulps by treatment of fungi and its extracellular enzymes
    Proceedings of the International Symposium on Environmentally Friendly and Emerging Technologies for a Sustainable Pulp and Paper Industry,   2000年
  • PRODUCTION OF BIOLOGICALLY ACTIVE SUBSTANCES BY CALLUS CULTURES OF BYAKUSHIN(JUNIPERUS CHINENSIS)
    Proceedings of the 10th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry, 3,   1999年
  • Production of ginkgolides by tissue cultures of Icho (Ginkgo biloba L.).(jointly authored)
    Proceedings of the 10th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry, 3,   1999年
  • DEGRADATION OF DIOXINS (2,7-DICHLORODIBENZO-P-DIOXIN)BY FUSANTS FORMED BY PROTOPLAST FUSION OF SOME FUNGI.
    Proceedings of the 10th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry, 3,   1999年
  • SCREENING OF FUNGI HAVING ABILITY FOR DEGRADATION OF DIOXINS(jointly authored)
    Proceedings of the 10th International Symposium on Wood and Pulping Chemistry, 3,   1999年
  • 木材腐朽菌によるバqイオレメデイエーション(Ⅲ)ダイオキシン分解菌による2,4,8-トリクロロジベンゾフラン及びジベンゾフランの分解
    紙パ技協誌, 53, (8) 1054 - 1062,   1999年
  • イチイ属樹木の抽出成分の有効利用(Ⅰ)フラボノイド類とタキシニン及びその誘導体のイネごま葉枯病菌(Cochlioborus miyabenaus)及びナシ黒斑病菌(Altenaria kikuchiana)に対する抗菌性について
    木材学会誌, 45, (1) 42 - 50,   1999年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメディエーション((]G0003[))ダイオキシン分解菌による2,4,8-トリクロロジベンブフラン及びジベンブフランの分解(共著)
    紙パ技協誌, 53, (8) 1054 - 1062,   1999年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメデイエーションー2,7-ジクロロジベンゾ-p-ダイオキシンの分解
    特産情報, 19, (8) 62 - 65,   1998年
  • Extractives of Juniperus chinensis L. Isolation of podophyllotoxin and yatein from the leaves of J. chinensis. (Jointly authored)
    MIYATA M, ITOH K, TACHIBANA S, J. Wood. Sci., 44, (5) 397 - 400,   1998年
  • PRODUCTION OF PODOPHYLLOTOXIN IN JUNIPERUS CHINENSIS DALLUS CULTURES TREATED WITH OLIGOSACCHARIDES AND A BIOGENETIC PRECURSOR. (Jointly authored)
    ITO K, MIYATA M, MURANAKA T, TACHIBANA S, Phytochemistry, 49, (2) 491 - 496,   1998年
  • Treatment of abaca and kenaf pulps with pectinases
    伊藤和貴, 上垣勇吾, 岡崎賢治, 橘燦郎, SEN'I GAKKAISHI, 54, (5) 253 - 260,   1998年
  • イチョウ葉のカルス培養によるギンゴリドの生産の試み
    木材学会誌, 44, (1) 1 - 8,   1998年
  • アバカ,ケナフのペクチナーゼ処理
    伊藤和貴, 上垣勇吾, 岡崎賢治, 橘燦郎, 繊維学会誌, 54, (5) 253 - 260,   1998年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第9報)機械パルプの光退色抑制におよぼすフェノール性水酸基の影響
    紙パ技協誌, 51, (7) 1090 - 1097,   1997年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメデイエーション(Ⅱ)ダイオキシン分解菌の酵素活性と2,7-Dichlorodibenzo-p-dioxinの分解との関連およびダイオキシン分解菌のスクリーニング法の改良
    伊藤 和貴, 大川 浩樹, 橘 燦郎, 平林 達也, 紙パ技協誌, 51, (11) 1759 - 1768,   1997年
  • キャラボク新芽の伸長とタキサン類の生産に及ぼすカウレンの微生物変換により生成したジベレリンの投与の影響
    愛媛大学農学部演習林報告, (35) 24 - 30,   1997年
  • イチイ属樹木の抽出成分の有効利用に関する研究(2)タキシニンとその誘導体のイチゴ炭そ病菌、カンキツ灰色かび病菌及びキュウリ褐斑病菌に対する抗菌性について
    愛媛大学農学部演習林報告, (35) 17 - 23,   1997年
  • Gibberella fujikuroi菌のプロトプラスト融合による融合菌作出の試み(共著)
    愛媛大学農学部演習林報告, (34) 93 - 106,   1996年
  • リパーゼを用いたエステル交換反応を併用したハゼ木蝋中の粘靭性物質(Ⅰ)α-(ω-カルボキシノナデカノイル)-α',β-ジパルミトイル-グリセロールの調製
    愛媛大学農学部演習林報告, (34) 107 - 121,   1996年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第8報)Phanerochaete chrysosporiumとFusarium solaniの細胞融合による機械パルプの光による色戻りよくせいのうをtoto 還元性色素を用いた機械パルプの光による色戻り抑制能を持つ融合菌作出の試み
    橘 燦郎, 和田 みゆき, 伊藤 和貴, 伊藤 智仁, 沖 妙, 紙パ技協誌, 50, (10) 1446 - 1455,   1996年
  • Gibberella fujikuroi菌のプロトプラスト融合による融合菌作出の試み
    BULLETIN OF THE EHIME UNIVERSITY FOREST, (34) 93 - 106,   1996年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第7報)還元性色素を用いた機械パルプの光による色戻りを抑制する菌のスクリーニング
    伊藤和貴, 河村佳枝, 首藤宏治, 沖妙, 橘燦郎, 紙パ技協誌, 50, (5) 811 - 819,   1996年
  • 木材腐朽菌によるバイオレメデイエーション(Ⅰ)ダイオキシン分解能を有する菌のスクリーニングおよび選抜した菌のによるダイオ機紫雲と数種の木材腐朽菌による2,7-ジクロロジベンゾ-p-ダイオキシンの分解
    橘燦郎, 大川浩樹, 伊藤和貴, 沖妙, 平林達也, 紙パ技協誌, 50, (12) 1806 - 1815,   1996年
  • Screening of a Strain of Gibberella fujikuroi for for improved microbial conversion of (-)-Kaurene
    Mokuzai Gakkaishi, 42, (11) 1134 - 1138,   1996年
  • イヌガヤの組織培養による抗ガン性アルカロイド,イソハリントニンの生成
    愛媛大学農学部演習林報告, (33) 41 - 52,   1996年
  • Extractives of Taxus cuspidata Sieb. et Zucc. Leaves and Chemotaxonomy of Trees of Genus Taxus.
    Bulletin of the Ehime University Forest, (33) 1 - 16,   1995年
  • 酵素変換による粘靱性物質の合成(第1報) リパーゼを用いたエステル交換反応による粘靱性物質(1)の調製
    木材学会誌, 41, (11) 1022 - 1028,   1995年
  • Formation of Taxol in (Taxus cuspidata)■.-. Sieb. (et)■.-. Zucc. (var. nana)■.-. Rehder Callus cultures. (Jointly authored)
    Mokuzai Gakkaishi, 40, (11) 1254 - 1258,   1994年
  • Extractives in the leaves and Bark of (Taxus cuspidata)■.-. Sieb. (et)■.-. Zucc. (var. nana)■.-. Rehder. (Jointly authored)
    Mokuzai Gakkaishi, 40, (9) 1008 - 1013,   1994年
  • Mechanochemical Conversions of (5-5')-(β-0-4) Type of Lignin Model Compound (Jointly authored)
    Sen'i Gakkaishi, 48, (11) 569 - 575,   1993年
  • Phanerochaete crysosporiumからの菌対外酵素液を用いるフラボノイド類の酵素変換によるフラボノイドメチルエーテル
    Mokuzai Gakkaishi, 39, (6) 691 - 699,   1993年
  • アピゲニンの酵素変換による3',8-ダイマータイプのビスフラボンの調製
    木材学会誌, 39, (6) 684 - 690,   1993年
  • 機械パルプの微生物処理に関する研究(第6報)機械パルプの光退色抑制におよぼすカルボニル基の影響
    橘 燦郎, 足立 幸雄, 大久保 克美, 伊藤 和貴, 住本 昌之, 紙パ技協誌, 47, (2) 273 - 284,   1993年
  • バイオリアクターを用いたカウレンの微生物変換によるジベレリンの生産
    木材学会誌, 39, (5) 610 - 615,   1993年
  • A Covenient synthesis of p-hydroxy-and p-methoxy cinnamaldehyde.
    Mokuzai Gakkaishi, 35, (12) 1154 - 1158,   1989年

書籍等出版物

作品

  • 高リサイクル性を有する森林資源の開発
      2000年 - 2003年

受賞

  •   1994年, 繊維学会,紙・パルプ論文賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.