研究者総覧

齊藤 貴弘 (サイトウ タカヒロ)

  • 法文学部 人文社会学科(人文学) 准教授
Last Updated :2020/09/16

研究者情報

学位

  • 修士(史学)(東京都立大学)

論文上での記載著者名

  • 齋藤 貴弘

J-Global ID

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史

所属学協会

  • 古代ギリシア文化研究所   地中海学会   古代世界研究会   上智史学会   日本西洋古典学会   史学会   日本石仏協会   

研究活動情報

論文

  • 齋藤 貴弘
    上智史学 58 73 - 98 上智大学史学研究会 2013年11月 
    坂野良吉先生退職記念号
  • 齋藤 貴弘
    上智史學 51 135 - 156 上智大学 2006年11月 
    平田耿二先生退職記念号
  • 齋藤 貴弘
    西洋史學 203 24 - 41 学術雑誌目次速報データベース由来 2001年
  • 齋藤 貴弘
    西洋古典學研究 47 32 - 40 日本西洋古典学会 1999年03月 
    In 421/0 B. C. the festival of Hephaistos was organized or reorganized at Athens (IG I^3 82). Many studies have generally supposed that this event along with the resumption of building of the Hephaisteion honored Hephaistos and Athena as the patron deities of metalworking and handicraft. Whereas I recognize the importance of the two gods in these areas, I contend also that too little attention has been paid to the reasons why this minor god suddenly attracted Athenian state attention and why his festival was (re)organized in the period after the end of the Archidamian War that lasted 10 years. The contents of the Hephaistia lacked features with special relation to handicraft or metalworking. Rather, the Hephaistia seems to have been a festival for all citizens, consisting mainly of tribal team races, contests, and a procession. On the other hand, a distribution of sacrificial meat for metics may be regarded as a token of Athens' gratitude for their services in the areas of handicraft and metalworking. However, the clause of the distribution bears special terms, to which little attention has been paid until now. That is, a distribution of 'raw meat'(ωμα τα κρεα). This should indicate, I think, that there were two procedures for distribution of sacrificial meat ; one for Athenian citizens, the other for non-Athenians, metics. This might be the reason why two sets of hieropoioi were exceptionally elected. Therefore, this would mean that the receivers of 'raw meat', i. e. metics, were not essentially participants of the festival and the festival aimed at exclusively Athenian citizens in a ritual sense. In the course of the fifth century the myth of Erichthonios had become systematized alongside increasing claims to autochthony, and Hephaistos has a relevant place as father of Erichthonios. Even so, this character seems to have been underestimated in studies of Athenian religion. Although there are not many sources, a few certainly exist which characterize him as Athenian mythical ancestor in cults and rites since the fifth century. The most representative of these is a rite devoted to Hephaistos at the festival Apatouria reported by Istros in the last half of the third century. Irrespective of Istros' explanation, we should recognize that in that rite Hephaistos was regarded as mythical ancestor as a rite for him was added to the great ancestral festival Apatouria. Besides, although this relation between Hephaistos and the Apatouria has been supposed to be very ancient in origin, such an inference is not based on any certain sources. It would be more appropriate to infer that the relationship was not formed until the fourth century when state concern for phratries was increased. In 451/0 B. C. Pericles' citizenship law was enacted, and thereafter it played an important role in deciding Athenians' identity alongside the tradition of Athenian autochthony. However, there was an inconsistency between these two concepts. Autochthony was the claim to be born from the earth, i. e. born from unisexual (maternal) reproduction, while on the other hand Pericles' citizenship law required two citizen parents, i. e. father and mother. In this point, the claim to autochthony had not a function to keep Athenians observing the law. When the 10 years-long war ended, Athens felt a need to tighten up and reintegrate her citizen body. It was the Hephaistia that was utilized for this purpose. An especially important point of the Hephaistia is that the festival was devoted not only to Hephaistos but also to Athena. The Hephaistia honored Hephaistos and Athena as the mythical father and mother gods of autochthonous Athenians rather than as the patron deities of metalworkers and craftsmen. Through participation in the festival, it was intended to make Athenians reconfirm that their citizenship was also obtained through their lawful parents in the same way as their autochthony through their ancestral gods. In addition, there was an intention to make Athenians reconfirm and reintegrate their membership through rites consisting of tribal actions, on the other hand to fix the boundary between citizen and metic. Consequently, the enactment of the Hephaistia in 421/0 B. C. was an art of religious politics aimed at Athenian citizens. In this point, the Hephaistia may be contrasted with other Athenian major cults such as the Panathenaia (at which not only citizens but also metics, the allies of Athens and even non-Greeks took part in the procession and which was used for religious propaganda for the Athenian Empire), and the cult of the Two Goddesses of Eleusis (which urged all Greeks to offer their first fruits).
  • 齋藤 貴弘
    史學雜誌 106 12 2101 - 2125 公益財団法人史学会 1997年12月 
    The cult of the healing god Asklepios was a very popular one in the Greco-Roman world. The so-called Telemachos monument (SEG. XXV. 226) tells a story about the introduction of this god in Athens in 420 B.C. We already have many studies about Asklepios, but very few of these studies present an appropriate view concerning the significance which the introduction of Asklepios had on politics and religious activities in Athens in the last half of the fifth century. In conclusion, the author argues that the introduction of Asklepios in Athens was a religious policy to reconstruct the Athenian religious piety which had been squashed by the great plague. The new festival for Asklepios involved the following major themes. The Epidauria, the new festival for Asklepios, was an attempt to link the god Asklepios with the Eleusinian goddesses. Such an association would strengthen the Eleusinian cults by providing the Greek people, especially the Delian League, a concept they could easily identify with. In turn, this plan was supposed to provide Athens with a revival from the plague, and to encourage her allies to dispatch offerings of "first fruits" to Eleusis. The introduction of the festival and the construction of a shrine were carried out in cooperation with the Epidaurian priests, Eleusinian priests and Telemachos, all according to a detailed plan. But conflict arose between the Kerykes and Telemachos. The problem involved the enlargement of the Asklepieion, the sanctuary of Asklepios in the city. Telemachos' motive for an enlargement of this site would have concerned the establishment of the healing cult. Finally, this incident clearly identifies the religious changes that were occurring at this time. Furthermore, the multiplicity of values held by the people of Athens during this period can also be identified.

書籍

講演・口頭発表等

  • 「宗教的言説と説得性 ―イサイオス相続関連弁論を中⼼に―」(小シンポジウムⅠ「古典期アテーナイにおける討議的⺠主政とレトリック⽂化 ―場(トポス)と話題(トポス)―」)  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    第69回日本西洋史学会大会(於 静岡大学) 2019年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 宗教的言説と説得性―相続関連弁論を中心に  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    古代ギリシア文化研究所2018年度研究会 2018年11月 口頭発表(一般)
  • アスクレピオスのアテナイ勧請とテレマコス記念碑―概観と近年の研究動向  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    第1回パルテノン科研研究会(6月17日早稲田大学戸山キャンパス) 「パルテノン彫刻研究-オリエント美術を背景とする再解釈の構築」(科研費基盤研究(A)代表 長田年弘) 2018年06月 口頭発表(一般)
  • 「古代ギリシアの「巡礼」ーエレウシスの秘儀入信を中心に」  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    愛媛大学法文学部付属 四国遍路・世界の巡礼研究センター研究集会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • ドラコン殺人法における殺人犯の「保護」規定について  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    中国四国歴史学地理学協会2016年度大会 2016年06月 口頭発表(一般)
  • ギリシア・アテナイ(アテネ)―その発展と西洋からの受容・歴史的景観ー  [通常講演]
    齋藤 貴弘
    「世界の都市と地域(3)」(平成27年度愛媛大学公開講座) 2015年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 古代ギリシア―「多神教」世界における宗教と政治―  [通常講演]
    齊藤 貴弘
    愛媛大学人文学会公開講演会 2015年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 『テセウスと「土地生え抜き」―ストア・ポイキレーのマラトン合戦図を手掛かりに』  [招待講演]
    齋藤 貴弘
    古代ギリシアにおける祭祀と場の形成に関する研究 (2014年度第1回研究例会 「パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究―オリエント美術の受容と再創造の検証」文部科学省科学研究費) 2014年08月 口頭発表(招待・特別)
  • Between Death and Exile – Polis, Individual, and the Body  [招待講演]
    齋藤 貴弘
    The 10th China-Korea-Japan Symposium on Ancient European History 2013年12月

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • パルテノン彫刻研究-オリエント美術を背景とする再解釈の構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2018年04月 -2022年03月 
    代表者 : 長田 年弘, 田中 咲子, 小堀 馨子, 師尾 晶子, 中村 るい, 仏山 輝美, 大原 央聡, 齊藤 貴弘, 中村 義孝
     
    2018年度は、右記の6種類の事業を実施した。①6月17日研究例会において、アテナイ、アクロポリス奉納物について、および、また古代ギリシア青銅鋳造の技法について研究発表と討議を行った。②9月3-7日に、J. Barringer教授(エジンバラ大学)を招聘し、古代ギリシア聖域奉納物の研究発表と討議を行った。他科研と共同して、古代地中海文明に関する日欧コロキアムに参加した。③9月9日から16日まで、ロドス島およびアテネにおいて現地調査。研究代表、分担者、協力者の9名参加。ロドス島アクロポリス、リンドス、カメイロス、イアリッソス遺跡を調査。アテネにおいて、アクロポリス遺跡、国立考古博物館における調査を実施。イタリア考古学研究所において、古代儀礼に関するコンファレンスに参加した。アクロポリス博物館において、Vasileia Manidaki博士(アテネ工科大学・アクロポリス修復保存局)によるガイダンスを実施。④C. M. Keesling教授(ジョージタウン大学)を招聘し、11月14日に京都大学において、11月17日に早稲田大学において、古代ギリシア、ローマ宗教における奉納記念物と碑文に関する研究会を開催した。⑤12月9日に、筑波大学芸術系において、「パルテノン・フリーズを制作者の視点から検討する」研究例会を実施した。分担者大原央聡、中村るいによる研究発表と石膏室における討議を行った。⑥2019年3月18日、千葉商科大学において、他科研と共同して、Antigoni Zournatzi 博士(National Hellenic Research Foundation, Athens)およびNikolaos Papazarkadas 教授(University of California, Berkeley)を招聘し、古代ギリシア碑文と奉納物に関する研究会を開催した。
  • 民主政アテナイの演説文化:法廷における実践的修辞戦略に関する総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 佐藤 昇, 齊藤 貴弘, 上野 愼也, 葛西 康徳, 吉田 俊一郎
     
    平成30年度は、昨年度までの研究蓄積を元に、さらに研究を進展させ、古典期アテナイの法廷における演説の性質、説得技術の特性をいっそう明らかにした。代表者佐藤は、演説者と観衆の関わり合いについて、野次の利用、鎮静化、対処といった観点から分析を進め、法廷弁論、民会演説、それぞれの特性について明らかにした。分担者葛西は、私的訴訟で用いられる用語の専門性が、民衆説得にいかに寄与したかについて検討を進めた。同齊藤は、宗教儀礼に関する観念、言説と遺産相続裁判との関連性について、具体的な特性を明らかにした。同上野は、イソクラテスの論証のあり方と法廷弁論の説得のあり方の異同について、独自の理解を明らかにした。さらに研究協力者桜井万里子がジェンダーに関する言説、レトリックに関する研究を進めたほか、同宮崎亮は、蓋然性に基づく議論の修辞的意義について、社会的慣行との関係から分析を進め、同橋本資久が古典期アテーナイの顕彰決議と修辞の関係を分析した。 8月に佐藤は渡英し、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、ロンドン大学で資料調査と現地研究者との意見交換を行った。9月には関連する研究プロジェクトと合同で古代地中海世界の知的文化に関する国際シンポジウムを開催した。この際、海外の研究協力者Vlassopoulos(Creta)などを招聘し、佐藤や桜井も上記の研究に関する口頭報告を行った。10月には、齊藤を除くメンバー全員が東京大学に集まり、研究報告及び意見交換会を開いた。11月には、古代ギリシア文化研究所研究集会において、齊藤、橋本が研究報告を行い、意見交換を行った。3月には、Canevaro博士(Edinburgh)を招聘し、研究会、講演会を開いて、意見交換を行った。このほか、それぞれが中小の研究会などで口頭報告を行ったほか、それぞれが著書や論文などにより個々に各自の分析をまとめて、刊行した。
  • 古典期アテナイにおける宗教と国家・民衆―その展開と変質―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2000年 -2002年 
    代表者 : 齊藤 貴弘
     
    本年度は、前年度に設定した具体的な問題テーマ「ニコマコス供犠暦」について史料の検討と学説史の整理を進めた。中でも碑文史料と双壁をなして重要な史料となるリュシアスの第30番弁論において告発の対象とされているニコマコスなる人物の経歴・身分問題に焦点をあてた。何故なら、法再編纂業・供犠暦の検討にあたり、責任者の一人であったニコマコスがどのような立場にあり、どの程度の権限を持っていたのかを検討することは、テーマ全体の足がかりとして重要な問題と認識したためである。 従来、父親が公文書管理にあたっていた国有奴隷であり、ニコマコスは現在は市民権を得ていると先行研究は見做す向きが多い。しかし、そのような前提に立って、彼の経歴を再構築しようとしてみれば、幾つもの疑問・不明点に突き当たる。先行研究は、依然、弁論作家のレトリック十分な検討を加えているとは言い難い。このレトリックを可能な限り見極め、ニコマコスの実像に迫ることは、一見遠回りではあるが、供犠暦再編纂事業と当時のアテナイ民衆の宗教的態度の包括的な検討に欠かせぬものと考える。 先行研究調査の過程で上記の問題点を導き出した上で、以下の各点からニコマコスの身分問題について考察を進めた。 ・法再編纂事業の目的と経緯(先行研究からの比較・検討) ・公文書館と書記職の成立と時代変遷、法編纂事業との関連 ・アテナイにおける(国有)奴隷の(公的)活動 ・法廷弁論におけるレトリックの問題 各点それぞれが独立したテーマとも見なせるもので、これらの概略を把握することにも時間を要し、本年度は、この問題の検討の途中までしか果たせなかった。引き続き検討し、来年度以降に具体的な成果としてまとめる予定である。

担当経験のある科目

  • 西洋史演習愛媛大学
  • 西洋史特講愛媛大学
  • 西洋史概論愛媛大学

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーA
  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーB
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史演習B
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史専門演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史概論Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史概論
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史専門演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 西洋史基礎演習Ⅰ


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.