詳細検索はこちら

中野 広輔ナカノ コウスケ

所属部署
教育学部 特別支援教育
職名准教授
メールアドレスnakano.kosuke.zz[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究者基本情報

学歴

  • 2000年04月 - 2006年, 岡山大学大学院医歯薬総合研究科発達神経病態学
  • 1994年04月 - 2000年03月, 香川医科大学医学部医学科

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 愛媛大学教育学部, 准教授
  •   2004年11月,  - 2014年03月, 松山赤十字病院小児科
  •   2001年07月,  - 2004年10月, 岡山大学小児神経科
  •   2000年07月,  - 2001年06月, 松山赤十字病院小児科
  •   2000年05月,  - 2000年06月, 岡山大学病院小児科

所属学協会

  • 愛媛県小児神経研究会(幹事)
  • 日本LD学会
  • 日本自閉症スペクトラム学会
  • 日本特殊教育学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本発達障害学会
  • 日本神経心理学会
  • 日本てんかん学会(てんかん専門医・指導医)
  • 日本小児神経学会(評議員、小児神経専門医)
  • 日本小児科学会(小児科専門医)

委員歴

  •   2016年 - 現在, 愛媛県, 合理的配慮協力員
  •   2014年 - 現在, 愛媛県, 広域特別支援連携協議会委員
  •   2014年 - 現在, 愛媛県, 教育支援委員会委員
  •   2014年 - 現在, 愛媛県, 専門家委員会委員
  •   2014年 - 2016年, 愛媛県, 教育委員会巡回相談員

研究活動情報

研究分野

  • 小児科学, 小児神経学、特別支援医学

研究キーワード

    医教連携, 神経心理検査, 実行機能, 発達障害, 特別支援医学, 小児神経学

論文

  • フリーソフト“Web Clicker"を用いた双方向授業の経験
    中野 広輔, 大学教育実践ジャーナル, (15) 121 - 126,   2017年03月
  • インクルーシブ教育システム下において、児童生徒の健康問題へ適切に対応できる教員養成カリキュラムの開発
    樫木 暢子、中野 広輔、苅田 知則、八木 良広、薬師神 裕子、堀内 史枝、吉松 靖文, 大学教育実践ジャーナル, (15) 23 - 30,   2017年03月
  • 学校における合理的配慮の提供とは? -小児科医にできることー
    中野 広輔, 愛媛県小児科医会会報, (69) 13 - 19,   2016年12月
  • 神経心理学的検査による神経発達障害をともなう子どもの視覚認知処理過程の検討
    加戸 陽子;真殿 温美;横山勇貴;Midory Higa Diez;諸岡輝子;中野広輔;荻野竜也;濃野 信;眞田 敏, 関西大学文学論集, 66, (3) 173 - 191,   2016年12月
  • ヒト好酸球の走化性とケモカインレセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響
    岡本威明、田頭歩佳、中野広輔、加藤匡宏、田中守, 愛媛大学教育学部紀要, 63, 235 - 241,   2016年10月
  • 愛媛県下の長期入院児童・生徒に対する 教育保障の拠点化プロジェクトの報告
    中野 広輔, 樫木 暢子, 苅田 知則, Journal of Inclusive Education, 1, 170 - 181,   2016年08月
  • 入院児への余暇・学習支援における学生ボラ ンティアへの期待に関する研究
    山下 祥代, 樫木 暢子, 太田 貴仁, 苅田 知則, 中野 広輔, 1, 54 - 66,   2016年08月
  • Assessment of higher cognitive function by neuropsychological tests
    SANADA, Satoshi;KADO,Yoko;HIGA DIEZ, Midory;NAKANO, Kousuke;OGINO, Tatsuya;MANIWA, Hideaki;NOUNO, Shin, Journal of Educational Science, Ministry of Education and Training Vietnam, Special issue, 72 - 75,   2016年06月
  • 重症心身障害児に適切に対応できる 特別支援教育教員養成プログラムの開発 ― 医療的ケアを中心とした学際的知識・技能の養成:第2報―
    苅田 知則, 樫木 暢子, 中野 広輔, 八木 良広, 石丸 利恵, 薬師神 裕子, 吉松 靖文, 大学教育実践ジャーナル, 14, 47 - 53,   2016年03月
  • フリーソフト「 PingPong 」を用いた双方向授業の試み 第2報:多人数授業における実践
    中野 広輔, 愛媛大学教育学部紀要, 63, 103 - 108,   2016年
  • 愛媛大学教育学研究科特別支援教育コーディネーター専修の養成カリキュラムに関する現状と課題
    石丸利恵、苅田知則、八木良広、中野広輔、樫木暢子、吉松靖文, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 33, 127 - 142,   2015年07月
  • フリーソフト「PingPong」を用いた双方向授業の試み
    中野広輔, 愛媛大学教育学部紀要, 62, 135 - 142,   2015年
  • 知的障害特別支援学校に在籍する児童生徒の見え方への支援に関する現状と課題
    樫木暢子、加藤公史、松浦由美子、苅田知則、中野広輔、石丸利恵、吉松靖文, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, (33) 109 - 115,   2015年
  • 長期入院児に対する教育ボランティアの試み ~大学から病院へ、病院から大学へ~
    中野広輔、樫木暢子、 苅田知則、小谷信行、近藤陽一、井上広美、佐々木かおり、小椋史香, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, (33) 117 - 125,   2015年
  • 脊髄性筋萎縮症Ⅰ型患者における喉頭気管分離術施行例の検討
    藤岡智仁、中野広輔、眞庭聡, 脳と発達, 47, (5) 360 - 362,   2015年
  • "重症心身障害児に適切に対応できる特別支援教育教員養成プログラムの開発 ー医療的ケアを中心とした学際的知識・技能の養成ー"
    苅田知則、樫木暢子、中野広輔、八木良広、石丸利恵、薬師神裕子、吉松靖文, 大学教育実践ジャーナル, 13, 27 - 32,   2015年
  • The Boston Qualitative Scoring System for Rey-Osterrieth Complex Figure定性得点の発達変化
    中野 広輔, 荻野 竜也, 岡 牧郎, 大塚 頌子, 神経心理学, 30, (1) 69 - 80,   2014年
  • Utilazation of Inkling for the Rey-Osterrieth Complex Figure test
    Satoshi SANADA, Midory HIGA DIEZ, Daiki YAMANE, Yoko KADO, Kousuke NAKANO, Tatsuya OGINO, The Bulletin of Graduate School of Education Okayama University, (156) ,   2014年
  • 発達障害をともなう子どもへのRey-Osterrieth複雑図形検査の臨床応用
    眞田敏, 池田葵, Midory Higa Diez, 加戸陽子, 荻野竜也,中野広輔, 山根大輝, 横内理絵, 信濃信, 岡山大学大学院教育学研究科研究収録, (156) ,   2014年
  • Intractable Absence Seizures in Hyperinsulinism-Hyperammonemia Syndrome
    Kousuke Nakano, Katsuhiro Kobayashi, Yoshiyuki Okano, Kazuyoshi Aso, Yoko Ohtsuka, Pediatric Neurology, 47, (2) 119 - 122,   2013年
  • Successful treatment of early myoclonic encephalopathy using lidocaine and carbamazepine
    Kousuke Nakano, Satoshi Maniwa, Nobuyuki Kodani, Katsuhiro Kobayashi, Yoko Ohtsuka, Epileptic Disorders, 15, (3) 352 - 357,   2013年
  • 改訂版Stroopテストによる注意欠陥/多動性障害の検討
    平澤利美、眞田敏、柳原正文、三宅馨、津島靖子、加戸陽子、荻野竜也、中野広輔、渡邊聖子、大塚頌子, 脳と発達, 42, (6) 421 - 426,   2010年
  • 愛媛県における食物アレルギー病診連携システム
    片岡優子、小谷信行、吉川知伸、松本知華、高橋大介、片岡京子、堀川定儀、中野広輔、高岩正典、近藤陽一、眞庭聡、西崎眞理, 日本小児皮膚科学会雑誌, 29, (2) ,   2010年
  • "Executive function in children with pervasive developmental disorder and attention-deficit/hyperactivity disorder assessed by the Keio version of the Wisconsin card sorting test"
    Yoko Kado, Satoshi Sanada, Masafumi Yanagihara, Tatsuya Ogino, Shigeru Ohno, Kiyoko Watanabe, Kousuke Nakano, Teruko Morooka, Makio Oka, Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 34, (5) 354 - 359,   2012年
  • Predicting executive function task scores with the Rey-Osterrieth Complex Figure
    Tatsuya Ogino, Kiyoko Watanabe, Kousuke Nakano, Yoko Kado, Teruko Morooka, Akihito Takeuchi, Makio Oka, Satoshi Sanada, Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 31, (1) 52 - 57,   2009年
  • 改訂版Stroopテストの年齢別標準値および干渉効果に関する指標の発達的変化
    平澤利美、眞田敏、柳原正文、津島靖子、加戸陽子、荻野竜也、中野広輔、渡邊聖子、大塚頌子, 脳と発達, 41, (6) 426 - 430,   2009年
  • ガンマグロブリン不応の川崎病に対するシクリスポリンの使用経験
    馬場健児 , 竹本啓 , 須賀久美子 , 片岡京子 , 中野広輔 , 上田晃三 , 高岩正典 , 馬場信子 , 雀部誠 , 眞庭聡 , 小谷信行, 28, (7) 1719 - 1725,   2008年
  • 軽度発達障害の神経心理学的評価
    加戸陽子、眞田敏、渡邊聖子、中野広輔、荻野竜也、岡牧郎、大塚頌子, 関西大学「人権問題研究室紀要」, (54) ,   2007年
  • 当施設におけるガンマグロブリン不応の川崎病に対するステロイドパルス療法
    馬場健児 , 須賀久美子 , 宮井貴之 , 片岡京子 , 中野広輔 , 上田晃三 , 雀部誠 , 近藤陽一 , 眞庭聡 , 小谷信行 , Progress in Medicine, 27, (7) 1606 - 1609,   2007年
  • Are pervasive developmental disorders and attention-deficit/hyperactivity disorder distinct disorder?
    Junri Hattori, Tatsuya Ogino, Kiyoko Abiru, Kousuke Nakano, Makio Oka,Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 28, 371 - 374,   2006年
  • A developmental study of the Boston Qualitative Scoring System
    Kousuke Nakano, Tatsuya Ogino, Kiyoko Watanabe, Junri Hattori, Minako Ito, Makio Oka, Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 28, 641 - 648,   2006年
  • Left premotor lesion producing selective impairment of habitual finger movement
    T. Ogino, J. Hattori, K. Abiru, K. Nakano, Y. Ohtsuka, Neurology, 64, 760 - 761,   2005年
  • 健常児におけるVictoria版Stroop Testの発達的変化の検討
    眞田敏、森上朋子、加戸陽子、柳原正文、荻野竜也、阿比留聖子、中野広輔, 岡山大学教育学部研究集録, (128) 197 - 201,   2005年
  • Keio版Wisconsin Card Sorting Testによる注意欠陥/多動性障害の検討
    加戸陽子、眞田敏、柳原正文、荻野竜也、阿比留聖子、中野広輔、大塚頌子, 脳と発達, 37, (5) 380 - 385,   2005年
  • Symptoms related to ADHD observed in patients with pervasive developmental disorder
    Tatsuya Ogino, Junri Hattori, Kiyoko Abiru, Kousuke Nakano, Eiji Oka, Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 27, 345 - 348,   2005年
  • The Rey-Osterrieth Complex Figure as a measure of executive function in childhood
    Kiyoko Watanabe, Tatsuya Ogino, Kousuke Nakano, Junri Hattori, Yoko kado, Satoshi Sanada, Yoko Ohtsuka, Brain and Development, 27, 564 - 569,   2005年
  • Utility of sclp-recorded ictal electroencephalograms in childhood epilepsy with complex partial seizures
    HARUMI YOSHINAGA, YOKO OHTSUKA, KIYOKO ABIRU, KOSUKE NAKANO, EIJI OKA, HARUMI YOSHINAGA, YOKO OHTSUKA, KIYOKO ABIRU, KOSUKE NAKANO, EIJI OKA, 46, 342 - 345,   2004年
  • 健常児・者におけるKeio版Wisconsin Card Sorting Testの発達的および加齢変化の検討
    加戸陽子、眞田敏、柳原正文、荻野竜也、阿比留聖子、中野広輔, 脳と発達, 36, (6) 475 - 480,   2004年
  • Childhood-onset epilepsy associated with polymicrogyria
    Yoko Ohtsuka, Akio Tanaka, Katsuhiro Kobayashi, Hodaka Ohta, Kiyoko Abiru, Kohsuke Nakano, Eiji Oka, Brain and Development, 24, 758 - 765,   2002年
  • 小児てんかんの疫学
    岡鍈次、荻野竜也、岡牧郎、阿比留聖子、中野広輔、伊藤美奈子, 小児内科, 34, (5) 374 - 679,   2002年

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 医教連携からインクルーシブ教育システムを考える
    中野 広輔, 平成28年度 愛媛大学教育改革促進事業・平成28年度 地(知)の拠点大学による地方再生推進事業 成果報告シンポジウム,   2017年02月24日
  • 学校における合理的配慮の提供とは? ー 小児科医にできること ー
    中野 広輔, 第66回愛媛県小児科医会生涯教育集会,   2016年09月25日, 招待有り
  • 児童生徒の多様な健康問題に対応できる教職員を 養成するためのカリキュラム開発 ~長期欠席児童生徒の学習保障を目指して~ 話題提供
    中野 広輔, 日本特殊教育学会 第54回大会,   2016年09月19日
  • 招待講演「小児てんかんの症候学 ー脳波・ビデオ同時記録による診断ー」座長
    中野 広輔, 第35回愛媛県小児神経研究会,   2016年07月23日
  • 『ワーキングメモリー(WM)と学習支援』 話題提供:「医学の立場から」
    中野 広輔, 愛媛LD研究会 発達障害の支援を考える講演会,   2016年06月25日
  • 小児神経科医による学校訪問 ー 教室へ行こう、職員室まで行こう ー
    中野 広輔、牛田 美幸, 第58回日本小児神経学会総会,   2016年06月03日
  • 「医教連携」の視点から考えるインクルーシブ教育
    中野 広輔, 平成27年度 愛媛大学教育改革促進事業・平成27年度 えひめ地(知)の拠点整備事業 成果報告シンポジウム,   2016年02月21日
  • 自閉症スペクトラム児の支援における日本の現状
    中野 広輔, 青島自閉症関係セミナー,   2015年09月28日
  • 児童生徒の多様な健康問題に対応できる教職員を養成するためのカリキュラム開発
    中野 広輔, 日本特殊教育学会 第53回大会,   2015年09月20日
  • 「学校教育と障害者差別解消法 ~授業、学校生活、入試、進路はどうなる?~」話題提供「医療の立場から」
    中野 広輔, 特別支援教育における合理的配慮を考える ~インクルーシブ教育システムの構築に向けて~,   2015年06月07日
  • 小児期のThe Boston Qualitative Scoring System定性得点と実行機能
    第57回日本小児神経学会,   2015年
  • AD/HD同胞例2組の検討
    第6回愛媛ADHD研究会,   2014年
  • Word Fluency TestおよびTrail Making Testの発達変化に関する検討
    第56回日本小児神経学会,   2014年
  • 小児期の実行機能検査:年齢群別相関の検討
    第55回日本小児神経学会,   2013年
  • マイコプラズマ感染症発症2週間後にけいれんを認めた姉妹例
    第54回日本小児神経学会,   2012年
  • 横断性脊髄炎を発症した軽度発達障害児に対するリハビリテーション経験
    第26回愛媛県小児神経研究,   2010年
  • 頻発する部分発作に対して低用量リドカインが著効した早期ミオクロニー脳症の2例
    第44回日本てんかん学会,   2010年
  • マイコプラズマ感染に合併した横断性脊髄炎の一例
    第61回中国四国小児科学会,   2009年
  • The Boston Qualitative Scoring System(BQSS)for Rey-Osterrieth Complex Figure(ROCF)Qualitative scoresの発達的変化
    第50回日本小児神経学会,   2008年
  • リドカインテープが有効であった早期ミオクロニー脳症の1例
    第23回愛媛県小児神経研究会,   2008年
  • トリクロリールが有効であったWest症候群の一例
    第37回中国・四国点頭てんかん研究会,   2007年
  • 再燃した脳幹脳炎の1例
    第19回愛媛県小児神経研究会,   2006年
  • 高インスリン・高アンモニア血症症候群による難治性欠神発作
    第47回日本小児神経学会,   2005年
  • 外科手術が著効した前頭葉てんかんの一例
    第34回中国・四国点頭てんかん研究会,   2004年
  • The Boston Qualitative Scoring System for Rey-Osterrieth Complex Figure(BQSS)および各心理検査の年齢発達の特徴
    第9回認知神経科学会,   2004年
  • 多発性硬化症近縁疾患として経過を見られていた転換性障害の一例
    第12回岡山小児心身症研究会,   2004年
  • The Boston Qualitative Scoring System(BQSS) for Rey-Osterrieth Complex Figure(ROCF)の発達の多様性
    第28回神経心理学会,   2004年
  • The Boston Qualitative Scoring System(BQSS) for Rey-Osterrieth Complex Figure(RCF)模写の発達的研究
    第8回認知神経科学会,   2003年
  • The Boston Qualitative Scoring System (BQSS)  for Rey-Osterrieth Complex Figure (ROCF) におけるSummary Scoreの年齢発達
    第27回日本神経心理学会,   2003年
  • Rey複雑図形 古くて新しい神経心理検査法
    第76回日本小児科学会岡山地方会,   2003年
  • 高機能広汎性発達障害を有する小児における神経心理検査の特徴
    第75回日本小児科学会岡山地方会,   2002年
  • GM2 gangliosidosisの1例
    第9回愛媛県小児神経研究会,   2001年
  • 発声症状を主症状としたてんかん重積状態の1例
    第74回日本小児科学会岡山地方会,   2001年
  • 「医教連携」の視点から考える特別支援教育教員の養成
    中野 広輔, 平成26年度 愛媛大学地域連携プロジェクト・愛媛大学教育改革促進事業による取り組みの成果報告シンポジウム,   2015年02月11日

競争的資金

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 特別支援教育総論, 愛媛大学
  • 視覚障害児の理解と指導, 愛媛大学
  • 社会の仕組みを考える, 愛媛大学
  • 発達障害児の健康教育, 愛媛大学
  • 特別支援教育概論, 愛媛大学
  • 発達障害児指導法研究, 愛媛大学
  • 発達障害児の教育実践論, 愛媛大学
  • 行動上の問題への対応, 愛媛大学
  • (発達)障害児の医療, 愛媛大学
  • 小児保健演習, 愛媛大学
  • 重複・LD等の生理および病理, 愛媛大学
  • 病虚弱児の心理、生理および病理, 愛媛大学
  • 聴覚障害児の生理および病理, 愛媛大学
  • 知的障害児の教育実践論, 愛媛大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 児童養護施設入所児の行動相談, 助言・指導,   2016年 - 現在
  • 伊予市の特別支援巡回相談における同行活動, 助言・指導,   2015年 - 現在
  • 愛媛県教員免許状認定講習講師, 講師,   2014年 - 現在
  • 地域の長期入院児へ学生教育ボランティア派遣, 助言・指導,   2014年 - 現在
  • 高知県教育センター 平成28年度2年経験者研修, 講師,   2016年08月01日
  • 特別支援学校のセンター的機能充実事業・専門性向上のための研修会, 講師, 松山盲学校,   2016年08月
  • 第3号研修(特定の者に対象), 講師,   2016年
  • 第3号研修(特定の者に対象), 講師,   2015年
  • 特別支援学校のセンター的機能充実事業・専門性向上のための研修会, 講師, 松山盲学校,   2015年08月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.