研究者データベース

小原 敬士オハラ ケイシ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    小原 敬士
  • 氏名(カナ)

    オハラ ケイシ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=107439
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1993年04月 - 1996年03月, 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程, 化学専攻
  • 1987年04月 - 1989年03月, 大阪大学, 大学院理学研究科博士前期課程, 無機及び物理化学専攻
  • 1983年04月 - 1987年03月, 大阪大学, 理学部, 化学科

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 電子スピンサイエンス学会
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本分光学会
  • 日本化学会
  • 光化学協会

委員歴

  • 2004年04月 - 現在, 日本分光学会, 中国四国支部幹事, 代議員, 日本分光学会
  • 2014年05月 - 2016年02月, 日本化学会中国四国支部, 愛媛地区幹事
  • 2004年04月 - 現在

経歴

  • 2015年05月 - 現在, 愛媛大学(教授)
  • 2007年04月 - 2015年04月, 愛媛大学(准教授)
  • 2006年04月 - 2007年03月, 愛媛大学(特任講師)
  • 1996年04月 - 2006年03月, 愛媛大学(助手)
  • 1996年01月 - 1996年04月, 京都大学(日本学術振興会特別研究員)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎化学, 物理化学
  • 薬学, 物理系薬学
  • 農芸化学, 食品科学
  • 複合化学, 機能物質化学

研究キーワード

  • 光化学
  • 一重項酸素
  • 活性酸素
  • フリーラジカル
  • 抗酸化
  • 電子スピン共鳴
  • 時間分解ESR
  • 近赤外
  • 生体分子
  • 時間分解分光
  • 薬剤反応性
  • ミセル
  • 近赤外発光
  • スポット計測
  • 反応速度
  • スピンダイナミクス
  • 化学物理
  • 懸濁系
  • 化学反応
  • スーパーオキシド
  • スピンプローブ
  • プロトン移動
  • 天然抗酸化剤
  • ビタミンE

著書・発表論文等

論文

  • Synthesis, Structures, and Properties of Core-Expanded Azacoronene Analogue: A Twisted pi-System with Two N-Doped Heptagons, Oki Kosuke, Takase Masayoshi, Mori Shigeki, Shiotari Akitoshi, Sugimoto Yoshiaki, Ohara Keishi, Okujima Tetsuo, Uno Hidemitsu, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2018年08月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/jacs.8b06079
  • Correlation among Singlet-Oxygen Quenching, Free-Radical Scavenging, and Excited-State Intramolecular-Proton-Transfer Activities in Hydroxyflavones, Anthocyanidins, and 1-Hydroxyanthraquinones, Nagaoka Shin-ichi, Bandoh Yuki, Nagashima Umpei, Ohara Keishi, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2017年10月, [査読有り], 1089-5639, 10.1021/acs.jpca.7b07869
  • Dye-Sensitized Molecular Charge Transfer Complexes: Magnetic and Conduction Properties in the Photoexcited States of Ni(dmit)(2) Salts Containing Photosensitive Dyes, Yamamoto Ryoma, Yamamoto Takashi, Ohara Keishi, Naito Toshio, MAGNETOCHEMISTRY, 2017年06月, [査読有り], 2312-7481, 10.3390/magnetochemistry3020020
  • Direct Control of Spin Distribution and Anisotropy in Cu-Dithiolene Complex Anions by Light, Noma Hiroki, Ohara Keishi, Naito Toshio, INORGANICS, 2016年06月, [査読有り], 2304-6740, 10.3390/inorganics4020007
  • Template Synthesis of Decaphyrin without Meso-Bridges: Cyclo[10]pyrrole., Okujima T, Ando C, Agrawal S, Matsumoto H, Mori S, Ohara K, Hisaki I, Nakae T, Takase M, Uno H, Kobayashi N, Journal of the American Chemical Society, 2016年06月, [査読有り], 0002-7863, 10.1021/jacs.6b04941
  • Correlation between excited-state intramolecular proton-transfer and singlet-oxygen quenching activities in 1-(acylamino)anthraquinones, Shin Ichi Nagaoka, Hikaru Endo, Keishi Ohara, Umpei Nagashima, Journal of Physical Chemistry B, 2015年02月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp508355k
  • Scavenging rate constants of hydrophilic antioxidants against multiple reactive oxygen species, Yoshimi Sueishi, Masashi Hori, Misa Ishikawa, Keiko Matsu-ura, Erisa Kamogawa, Yusaku Honda, Masakazu Kita, Keishi Ohara, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 2014年03月, [査読有り], 09120009, 10.3164/jcbn.13-53
  • Capacitor-like behavior of molecular crystal β-DiCC[Ni(dmit) 2], Tomoko Saiki, Shigeki Mori, Keishi Ohara, Toshio Naito, Chemistry Letters, 2014年01月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.140309
  • [Cu(dmit)2]2-building block for molecular conductors and magnets with photocontrollable spin distribution, Hiroki Noma, Keishi Ohara, Toshio Naito, Chemistry Letters, 2014年01月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.140318
  • Giant photoconductivity in NMQ[Ni(dmit)2], Toshio Naito, Tomoaki Karasudani, Naoki Nagayama, Keishi Ohara, Kensuke Konishi, Shigeki Mori, Takahiro Takano, Yukihiro Takahashi, Tamotsu Inabe, Shota Kinose, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue, European Journal of Inorganic Chemistry, 2014年01月, [査読有り], 14341948, 10.1002/ejic.201402035
  • Multi-emitting properties of hybrid Langmuir-Blodgett films of amphiphilic iridium complexes and the exfoliated nanosheets of saponite clay, Hisako Sato, Kenji Tamura, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka, New Journal of Chemistry, 2014年01月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c3nj00879g
  • Synthesis of NIR-emitting O-chelated BODIPYs fused with benzene and acenaphthylene, Tetsuo Okujima, Yoichi Shida, Keishi Ohara, Yuya Tomimori, Motoyoshi Nishioka, Shigeki Mori, Takahiro Nakae, Hidemitsu Uno, Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 2014年01月, [査読有り], 10884246, 10.1142/S1088424614500503
  • Acenaphthylene-fused cyclo[8]pyrroles with intense near-IR-region absorption bands, Tetsuo Okujima, Chie Ando, John Mack, John Mack, Shigeki Mori, Ichiro Hisaki, Takahiro Nakae, Hiroko Yamada, Keishi Ohara, Nagao Kobayashi, Hidemitsu Uno, Chemistry - A European Journal, 2013年10月, [査読有り], 09476539, 10.1002/chem.201301294
  • Simultaneous control of carriers and localized spins with light in organic materials, Toshio Naito, Tomoaki Karasudani, Keishi Ohara, Takahiro Takano, Yukihiro Takahashi, Tamotsu Inabe, Ko Furukawa, Toshikazu Nakamura, Advanced Materials, 2012年12月, [査読有り], 09359648, 10.1002/adma.201203153
  • A time-resolved luminescence study on singlet oxygen quenching by hydroxycinnamic acids under acidic, neutral and basic conditions, Keishi Ohara, Kohji Doi, Yuka Niizaki, Shin-ichi Nagaoka, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2012年12月, [査読有り], 10106030, 10.1016/j.jphotochem.2012.08.021
  • Dual emitting Langmuir-Blodgett films of cationic iridium complexes and montmorillonite clay for oxygen sensing, Kazuya Morimoto, Takahiro Nakae, Keishi Ohara, Kenji Tamura, Shin Ichi Nagaoka, Hisako Sato, New Journal of Chemistry, 2012年12月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c2nj40351j
  • Molecular photoconductor with simultaneously photocontrollable localized spins, Toshio Naito, Tomoaki Karasudani, Shigeki Mori, Keishi Ohara, Kensuke Konishi, Takahiro Takano, Yukihiro Takahashi, Tamotsu Inabe, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue, Journal of the American Chemical Society, 2012年11月, [査読有り], 00027863, 10.1021/ja306260b
  • Erratum: UV protection and singlet-oxygen quenching activity of intramolecularly hydrogen-bonded hydroxyanthraquinone derivatives found in aloe (Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry (2011) 225 (106-112)), Shin Ichi Nagaoka, Keishi Ohara, Miki Takei, Mari Nakamura, Mariko Mishima, Umpei Nagashima, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2012年07月, [査読有り], 10106030, 10.1016/j.jphotochem.2012.06.007
  • Erratum: UV protection and singlet oxygen quenching activity of aloesaponarin I (Journal of Physical Chemistry B (2007) 111 (13116-13123) DOI: 10.1021/jp075224j), Shin Ichi Nagaoka, Akiko Fujii, Megumi Hino, Mai Takemoto, Misaki Yasuda, Mariko Mishima, Keishi Ohara, Akane Masumoto, Hidemitsu Uno, Umpei Nagashima, Journal of Physical Chemistry B, 2012年02月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp300771q
  • UV protection and singlet-oxygen quenching activity of intramolecularly hydrogen-bonded hydroxyanthraquinone derivatives found in aloe, Shin Ichi Nagaoka, Keishi Ohara, Miki Takei, Mari Nakamura, Mariko Mishima, Umpei Nagashima, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2011年12月, [査読有り], 10106030, 10.1016/j.jphotochem.2011.10.006
  • Cyclo[8]isoindoles: Ring-expanded and annelated porphyrinoids, Tetsuo Okujima, Guangnan Jin, Naoki Matsumoto, John MacK, Shigeki Mori, Keishi Ohara, Daiki Kuzuhara, Chie Ando, Noboru Ono, Hiroko Yamada, Hidemitsu Uno, Nagao Kobayashi, Angewandte Chemie - International Edition, 2011年06月, [査読有り], 14337851, 10.1002/anie.201007510
  • A photolysis study on superoxide quenching at water/oil interface of Aerosol OT reversed micelle, OHARA Keishi, IKEDA Akihiro, NAGAOKA Shin−ichi, ElsevierJournal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2011年02月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.12.008
  • Hybridization of Clay Minerals with the Floating Film of a Cationic Ir(III) Complex at an Air-water Interface, SATO Hisako, TAMURA Kenji, OHARA Keishi, NAGAOKA Shin‐ichi, YAMAGISHI Akihiko, イギリス化学会(RSC)New Journal of Chemistry, 2011年02月, [査読有り], 1144-0546, 10.1039/c0nj00534g
  • Synthesis, Crystal Structure, and Photodynamics of π-Expanded Porphyrin−Fullerene Dyads Synthesized by Diels−Alder Reaction, YAMADA Hiroko, OHKUBO Kei, KUZUHARA Daiki, TAKAHASHI Tetsuro, SANDANAYAKA Atula S. D., OKUJIMA Tetsuo, OHARA Keishi, ITO Osamu, UNO Hidemitsu, ONO Noboru, FUKUZUMI Shunichi, Journal of Physical Chemistry B, 2010年12月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp102966x
  • Vitamin K analogue as a new fluorescence probe for quantitative antioxidant assay, OHARA Keishi, MITSUMORI Ryotaro, TAKEBE Mitsuharu, KUZUHARA Daiki, YAMADA Hiroko, NAGAOKA Shin−ichi, ElsevierJournal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2010年09月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.07.020
  • Singlet Oxygen Lifetime in Vitamin E Emulsion Depends on the Oil-Droplet Size, Keishi Ohara, Takashi Origuchi, Shin Ichi Nagaoka, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2010年03月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.20090277
  • Photochemical Formation and Decay of Tocopheroxyl Radical in Vitamin E Emulsion: A Laser Photolysis Study, OHARA Keishi, SHIMIZU Ayumi, WADA Yuki, NAGAOKA Shin−ichi, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2010年02月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2010.01.001
  • Singlet Oxygen Quenching by Trolox C in Aqueous Micelle Solutions, Keishi Ohara, Kaori Kikuchi, Takashi Origuchi, Shin ichi Nagaoka, Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology, 2009年12月, [査読有り], 10111344, 10.1016/j.jphotobiol.2009.08.010
  • Kinetic Study of Singlet-Oxygen Quenching by Caffeic Acid and Related Phenols, Keishi Ohara, Yoko Ichimura, Shin-ichi Nagaoka, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2009年07月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.689
  • New radical salts based on TEMPO-substituted 2,4,6-triphenylpyridinium and transition metal complexes, Bilkish Rahman, Hiroki Akutsu, Jun-ichi Yamada, Keishi Ohara, Shin-ichi Nakatsuji, Synthetic Metals, 2009年06月, [査読有り], 03796779, 10.1016/j.synthmet.2009.01.046
  • Formation and decay dynamics of vitamin e radical in the antioxidant reaction of vitamin E, Kazuo Mukai, Aya Ouehi, Akiko Mitarai, Keishi Ohara, Chihiro Matsuoka, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2009年04月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.82.494
  • Tunneling Effect in Antioxidant Reaction of Flavonoid, Takuhiro Kakiuchi, Kazuo Mukai, Keishi Ohara, Shin-ichi Nagaoka, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2009年03月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.82.216
  • Time-resolved EPR investigation on the photoreactions of vitamin K with antioxidant vitamins in micelle systems, OHARA Keishi, HASHIMOTO Yoshimi, HAMADA Chiaki, NAGAOKA Shin−ichi, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2008年12月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2008.07.011
  • Comparison between the Free-Radical-Scavenging Activities with Vitamin E and Ubiquinol in Biological Systems Based on their Reaction Rates: A Research Account, Kazuo Mukai, Aiko Tokunaga, Shingo Itoh, Yu Kanesaki, Aya Ouchi, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka, Kouichi Abe, IOS Press BioFactors, 2008年12月, [査読有り], 09516433
  • Behavior of Singlet Oxygen in Vitamin E Emulsion, OHARA Keishi, ORIGUCHI Takashi, KAWANISHI Kanako, NAGAOKA Shin−ichi, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2008年12月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.81.345
  • UV Protection and Singlet Oxygen Quenching Activity of Aloesaponarin I, NAGAOKA Shin‐ichi, FUJII Akiko, HINO Megumi, TAKEMOTO Mai, YASUDA Misaki, MISHIMA Mariko, OHARA Keishi, MASUMOTO Akane, UNO Hidemitsu, NAGASHIMA Umpei, Journal of Physical Chemistry B, 2007年11月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp075224j
  • Kinetics of the Reaction by which Natural Vitamin E Is Regenerated by Vitamin C, Shin ichi Nagaoka, Takuhiro Kakiuchi, Keishi Ohara, Kazuo Mukai, Chemistry and Physics of Lipids, 2007年03月, [査読有り], 00093084, 10.1016/j.chemphyslip.2006.12.001
  • Structure-Activity Relationship of the Free-Radical-Scavenging Reaction by Vitamin E (alfa-, beta-, gamma-, delta-Tocopherols) and Ubiquinol-10: pH Dependence of the Reaction Rates, MUKAI Kazuo, TOKUNAGA Aiko, ITOH Shingo, KANESAKI Yu, OHARA Keishi, NAGAOKA Shin‐ichi, ABE Kouichi, Journal of Physical Chemistry B, 2007年01月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/jp0650580
  • Kinetic Study on the Free Radical-Scavenging and Vitamin E-Regenerating Actions of Caffeic Acid and Its Related Compounds, OHARA Keishi, ICHIMURA Yoko, TSUKAMOTO Kumi, OGATA Mayumi, NAGAOKA Shin−ichi, MUKAI Kazuo, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2006年11月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.79.1501
  • Kinetic Study of Radical-Scavenging and Vitamin E-Regenerating Actions of Edaravone (3-Methyl-1-phenyl-2-pyrazolin-5-one), OHARA Keishi, FUJII Akiko, ICHIMURA Yoko, SATO Kazue, MUKAI Kazuo, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2006年11月, [査読有り], 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.79.421
  • An FT-EPR investigation of the anomalous CIDEP in photoreactions of chromone and chromone-2-carboxylic acid with alcohol induced by hydrochloric acid, OHARA Keishi, MARTINO Debora M., WILLIGEN Hans van, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 2006年07月, [査読有り], 1010-6030, 10.1016/j.jphotochem.2005.12.014
  • Paramagnetic semiconductors: Hybrid molecular materials based on ethyl- and methyl-pyridinium-substituted verdazyl radical cations and the Ni(dmit) 2 anion (dmit = 1,3-dithiol-2-thione-4,5-dithiolate), Kazuo Mukai, Daisuke Shiba, Kenji Yoshida, Kyohei Mukai, Hiroyuki Hisatou, Keishi Ohara, Yuko Hosokoshi, Nagao Azuma, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2005年12月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.78.2114
  • Magnetic semiconductors: Molecular materials based on alkyl-pyridinium- substituted verdazyl radical cations and Ni(dmit)2 anion, Kazuo Mukai, Daisuke Shiba, Kyohei Mukai, Kenji Yoshida, Hiroyuki Hisatou, Keishi Ohara, Yuko Hosokoshi, Nagao Azuma, Polyhedron, 2005年11月, [査読有り], 02775387, 10.1016/j.poly.2005.03.073
  • Photochemical synthesis of pentacene and its derivatives, Hiroko Yamada, Yuko Yamashita, Makoto Kikuchi, Hikaru Watanabe, Tetsuo Okujima, Hidemitsu Uno, Hidemitsu Uno, Takuji Ogawa, Keishi Ohara, Noboru Ono, Chemistry - A European Journal, 2005年10月, [査読有り], 09476539, 10.1002/chem.200500564
  • Kinetic study of the quenching reaction of singlet oxygen by tea catechins in ethanol solution, Kazuo Mukai, Souichi Nagai, Keishi Ohara, Free Radical Biology and Medicine, 2005年09月, [査読有り], 08915849, 10.1016/j.freeradbiomed.2005.04.027
  • Structure-activity relationship of the tocopherol-regeneration reaction by catechins, Kazuo Mukai, Shuji Mitani, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka, Free Radical Biology and Medicine, 2005年05月, [査読有り], 08915849, 10.1016/j.freeradbiomed.2005.01.011
  • Kinetic study of the mechanism of free-radical scavenging action in curcumin: Effects of solvent and pH, Keishi Ohara, Wataru Mizukami, Aiko Tokunaga, Shin Ichi Nagaoka, Hidemitsu Uno, Kazuo Mukai, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2005年04月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.78.615
  • Kinetic study of the quenching reaction of singlet oxygen by flavonoids in ethanol solution, Souichi Nagai, Keishi Ohara, Kazuo Mukai, Journal of Physical Chemistry B, 2005年03月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp0451389
  • Molecular Paramagnetic Semiconductor: Crystal Structures and Magnetic and Conducting Properties of the Ni(dmit)2 Salts of 6-Oxoverdazyl Radical Cations (dmit = 1,3-Dithiol-2-thione-4,5-dithiolate), K. Mukai, N. Senba, T. Hatanaka, H. Minakuchi, K. Ohara, M. Taniguchi, Y. Misaki, Y. Hosokoshi, K. Inoue, N. Azuma, Inorganic Chemistry, 2004年01月, [査読有り], 00201669, 10.1021/ic030068q
  • Excited High-Spin Quartet (S = 3/2) State of a Novel π-Conjugated Organic Spin System, Pyrene-Verdazyl Radical, Yoshio Teki, Mituhiro Kimura, Shinsuke Narimatsu, Keishi Ohara, Kazuo Mukai, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2004年01月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.77.95
  • Time-resolved electron paramagnetic resonance investigation of photoinitiated antioxidant reaction of vitamin C (Ascorbic Acid) with Xanthone in aqueous sodium lauryl sulfate, hexadecyltrimethylammonium chloride, and triton X-100 micelle solutions, Keishi Ohara, Ryo Watanabe, Yoko Mizuta, Shin Ichi Nagaoka, Kazuo Mukai, Journal of Physical Chemistry B, 2003年10月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp0353486
  • Syntheses and magnetic property of the salts of positively-charged verdazyl radicals and TCNQF 4 - anion radical, Nagao Azuma, Nobuyoshi Senba, Kazuki Okuda, Keishi Ohara, Yuko Hosokoshi, Katsuya Inoue, Kazuo Mukai, Molecular Crystals and Liquid Crystals Science and Technology Section A: Molecular Crystals and Liquid Crystals, 2002年12月, [査読有り], 1058725X, 10.1080/10587250210771
  • Time-resolved EPR investigation of the photo-initiated intramolecular antioxidant reaction of vitamin K - vitamin E linked molecule, Yoshinori Nishioku, Yoshinori Nishioku, Keishi Ohara, Kazuo Mukai, Shin ichi Nagaoka, Journal of Physical Chemistry B, 2002年05月, [査読有り], 10895647, 10.1021/jp004375i
  • Anomalous spin polarization in the photoreduction of chromone-2-carboxylic acid with alcohol induced by hydrochloric acid, Keishi Ohara, Kazuo Mukai, Chemical Physics Letters, 2000年02月, [査読有り], 00092614, 10.1016/S0009-2614(99)01417-7
  • Tunneling Effect in Antioxidant, Prooxidant, and Regeneration Reactions of Vitamin E, NAGAOKA S, INOUE M, NISHIOKA C, NISHIOKU Y, TSUNODA S, OHGUCHI C, OHARA K, MUKAI K, NAGASHIMA U, American Chemical SocietyJ. Phys. Chem. B, 2000年02月, [査読有り], 1089-5647, 10.1021/jp9932113
  • A CIDEP study on the photosensitized reaction of maleimide with xanthone: Addition effect of hydrochloric acid, Keishi Ohara, Shin-ichi Nagaoka, Kazuo Mukai, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2000年01月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.73.37
  • Magnetic property of verdazyl radical alloy, (p-CDpOV)<1-x>(p-BDpOV)x. Doping effect of magnetic impurities on quasi-one dimensional Heisenberg organic ferromagnet (p-CDpOV) and antiferromagnet (p-BDpOV) with S = 1/2, Kazuo Mukai, Kentaro Suzuki, Keishi Ohara, Javad B. Jamali, Norio Achiwa, Journal of the Physical Society of Japan, Journal of the Physical Society of Japan, 1999年09月, [査読有り], 00319015, 10.1143/JPSJ.68.3078
  • An FT-EPR Investigation of the Anomalous CIDEP Observed in Photoinduced Reactions of Xanthone with Alcohols in the Presence of Hydrochloric Acid, Keishi Ohara, Keishi Ohara, Noboru Hirota, Debora M. Martino, Debora M. Martino, Hans Van Willigen, Journal of Physical Chemistry A, 1998年07月, [査読有り], 10895639, 10.1021/jp973380s
  • Anomalous triplet mechanism spin polarization induced by the addition of hydrochloric acid in the photochemical system of xanthone in alcohol, Takehiko Koga, Keishi Ohara, Keishi Ohara, Keiji Kuwata, Hisao Murai, Journal of Physical Chemistry A, 1997年10月, [査読有り], 10895639, 10.1021/jp971183n
  • CIDEP studies in low-frequency microwave regions. Magnetic field dependence of the CIDEP of spin-correlated radical pairs, Keishi Ohara, Yuji Miura, Masahide Terazima, Noboru Hirota, Journal of Physical Chemistry A, 1997年01月, [査読有り], 10895639, 10.1021/jp9619752
  • An Analysis of the CIDEP Mechanisms in the Hydrogen Abstraction Reactions of Excited Quinoxaline and Related Compounds, Keishi Ohara, Noboru Hirota, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 1996年06月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.69.1517
  • CW and FT time-resolved EPR investigation of the quenching reaction of the 2-hydroxypropan-2-yl radical, Keishi Ohara, Noboru Hirota, Carlos A. Steren, Hans Van Willigen, Journal of Physical Chemistry, 1996年02月, [査読有り], 00223654, 10.1021/jp9527362
  • CIDEP studies in low-frequency microwave regions. Magnetic field dependence of the triplet mechanism, Keishi Ohara, Masahide Terazima, Noboru Hirota, Journal of Physical Chemistry, 1995年12月, [査読有り], 00223654, 10.1021/j100051a003
  • FT-EPR study of the CIDEP of 2-propanolyl radical produced by the reaction of acetone with triethylamine, Keishi Ohara, Noboru Hirota, Carlos A. Steren, Hans van Willigen, Chemical Physics Letters, 1995年01月, [査読有り], 00092614, 10.1016/0009-2614(94)01310-R
  • CIDEP measurement in the L band microwave frequency region. Hyperfine-independent versus hyperfine-dependent mechanisms in the ST_mixing of acetone in 2-propanol, Masahide Terazima, Yuji Miura, Keishi Ohara, Noboru Hirota, Chemical Physics Letters, 1994年07月, [査読有り], 00092614, 10.1016/0009-2614(94)00541-9
  • Time-Resolved ESR Studies on Photosensitized Reaction of Maleic Anhydride in Alcohols: CIDEP Memory Transfer in Spin-Adduct Formation, Keishi Ohara, Hisao Murai, Keiji Kuwata, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 1992年06月, [査読有り], 10.1246/bcsj.65.1672
  • Submicrosecond Time-Resolved ESR Study on Photodissociation of 2,2'-Azobis(isobutyronitrile), Toru Takemura, Keishi Ohara, Hisao Murai, Keiji Kuwata, Chemistry Letters, 1990年09月, [査読有り], 10.1246/cl.1990.1635
  • CIDEP Study of the Photoreduction of Aromatic Ketones with Alkoxides in Alcohols, Keishi Ohara, Hisao Murai, Keiji Kuwata, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 1989年08月, [査読有り], 10.1246/bcsj.62.2435

書籍等出版物

作品

MISC

  • 近赤外発光スポット検出によるゲル中での一重項酸素消去活性計測, 小原 敬士, C & I commun : colloid & interface communication : newsletter from DCSC, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会, C & I commun : colloid & interface communication : newsletter from DCSC, 42, 2, 28, 30, 2017年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021247062
  • 授業アンケートによる理学部教育改革の成果分析, 髙橋 亮治, 小原 敬士, 松浦 真也, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 愛媛大学教育・学生支援機構, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 15, 141, 146, 2017年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006240399
  • 光照射下の銅(II)ジチオレン錯体塩の磁性・伝導性, 野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄, 日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 2015, 90, 2015年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602240140968766
  • 近赤外発光スポット検出によるゲル中成分の一重項酸素消去活性計測, 小原敬士, 北平有望, 長岡伸一, 日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 2015, 146, 2015年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249708231512
  • サンスクリーンの新技術と素材開発 アロエ含有物によるUVケアの研究 紫外線防御と一重項酸素消去作用, 長岡伸一, 小原敬士, Fragr J, 43, 6, 67, 72, 2015年06月, 0288-9803, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218618642075
  • アロエ含有物によるUVケアの研究 : 紫外線防御と一重項酸素消去作用 (特集 サンスクリーンの新技術と素材開発 : お天道さまに顔向けできる), 長岡 伸一, 小原 敬士, Fragrance journal = フレグランスジャーナル, フレグランスジャーナル社, Fragrance journal = フレグランスジャーナル, 43, 6, 67, 72, 2015年06月, 0288-9803, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020512126
  • 光照射によって不対電子の局在性が変わる銅(II)ジチオレン錯体塩の電気・磁気挙動, 野間博貴, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄, 日本化学会講演予稿集, 95th, 2, 448, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201331175581
  • 高い光伝導を示すNMQ[Ni(dmit)<sub>2</sub>]の伝導機構に関する研究, 長山直樹, 小原敬士, 山本貴, 内藤俊雄, 日本化学会講演予稿集, 95th, 2, 448, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502250993243464
  • シクロデキストリンで水溶化した香辛料成分カプサイシンの一重項酸素消去活性, 小原敬士, 平岡奈保子, 長岡伸一, 日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 67th, 102, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402268624669635
  • 近赤外発光寿命計測を基盤とする食品・飲料の抗酸化力評価法の開発と応用, 小原敬士, 日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 67th, 71, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402290823879881
  • Ni‐dmit錯体の特異的に大きな光伝導性, 内藤俊雄, 烏谷知明, 長山直樹, 小原敬士, 小西健介, 森重樹, 高野崇廣, 高橋幸裕, 稲辺保, 木瀬翔太, 西原禎文, 井上克也, 日本化学会講演予稿集, 94th, 2, 261, 2014年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402224610722714
  • 分子内水素結合したアントラキノン類における励起状態分子内プロトン移動と一重項酸素消去活性の相関, 長岡伸一, 遠藤光, 小原敬士, 光化学討論会講演要旨集, 2013, 244, 2013年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302224703845983
  • イリジウム錯体単分子膜の人工積層法による多重発光特性, 佐藤久子, 森本和也, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1054, 2013年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302235013126951
  • 多環式芳香族縮環シクロ[8]ピロールの合成と物性, 安藤千恵, 松本直樹, 森重樹, 小原敬士, 中江隆博, 宇野英満, 奥島鉄雄, 基礎有機化学討論会要旨集, 23rd, 243, 2012年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202209179632920
  • ナフタレン縮環シクロ[8]ピロールの合成と物性, 安藤千恵, 松本直樹, 小原敬士, 森重樹, 中江隆博, 山田容子, 宇野英満, 奥島鉄雄, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 4, 1596, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202212078141934
  • イリジウム金属錯体と粘土鉱物のハイブリッドLB膜による多色発光挙動, 中谷康彦, 森本和也, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 895, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202221361326192
  • 稀少試料の抗酸化活性評価のための一重項酸素発光寿命のスポット計測, 小原敬士, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 2, 673, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202235014977443
  • 光応答性が期待される分子性伝導体の構造と物性, 内藤俊雄, 烏谷知明, 森重樹, 小原敬士, 小西健介, 高野崇廣, 高橋幸裕, 稲辺保, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 2, 300, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202285705664759
  • ビタミンEエマルションのフリーラジカル消去活性, 小原敬士, 迫佳志, 長岡伸一, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 1102, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202289608294233
  • 様々な抗酸化物質によるアルキルラジカル消去能の速度論的定量化, 石川美紗, 立川由貴, 小原敬士, 古武弥成, 末石芳巳, 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 50th, 66, 67, 2011年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102214566117991
  • コーヒー酸の塩による高速一重項酸素消去, 小原敬士, 新崎由佳, 長岡伸一, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2011, 213, 2011年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202202571620412
  • モンモリロナイトとイリジウム錯体とのハイブリッドLB膜の発光挙動, 中谷康彦, 堤響子, 中江隆博, 小原敬士, 長岡伸一, 森本和也, 田村堅志, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 55th, 276, 277, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_276, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102242674640653
  • 9,10‐アントラセンおよびアセナフチレン縮環シクロ[8]ピロールの合成と物性, 安藤千恵, 松本直樹, 森重樹, 宇野英満, 小原敬士, 中江隆博, 奥島鉄雄, 基礎有機化学討論会要旨集, 22nd, 505, 2011年09月, 10.11494/kisoyuki.2011.0.374.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102292687695845
  • 9,10-アントラセンおよびアセナフチレン縮環シクロ[8]ピロールの合成と物性, 安藤 千恵, 松本 直樹, 森 重樹, 宇野 英満, 小原 敬士, 中江 隆博, 奥島 鉄雄, 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), The Society of Physical Organic Chemistry, Japan, 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集), 2011, 374, 374, 2011年, 10.11494/kisoyuki.2011.0.374.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004645894, これまで、様々な金属配位や分子認識を示す環拡張ポルフィリン類が多く報告されているが、メソ位を持たない環拡張ポルフィリン類はあまり報告されていない。本研究では、大きな空孔を持つ9,10-アントラセン縮環シクロ[8]ピロールおよび共役拡張したアセナフチレン縮環シクロ[8]ピロールを2,2'-ビピロールの酸化的カップリングにより合成した。これらの吸収スペクトルや蛍光スペクトル、X線結晶構造解析による分子構造を報告する。
  • P62 モンモリロナイトとイリジウム錯体とのハイブリッドLB膜の発光挙動(ポスター発表,一般講演), 中谷 康彦, 堤 響子, 中江 隆博, 小原 敬士, 長岡 伸一, 森本 和世, 田村 堅志, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 55, 276, 277, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_276, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008756850
  • 活性酸素の発生と消滅の研究-体の錆を知れば老化は遅らせられる-, 長岡伸一,小原敬士, (株)愛媛ジャーナル月刊愛媛ジャーナル, 24, 84, 87, 2010年09月
  • ビタミンK誘導体の遅延蛍光を用いた抗酸化活性評価, 小原敬士, 光森亮太朗, 長岡伸一, 日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 63rd, 113, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002201350872351
  • 一重項酸素寿命に及ぼす抗酸化剤‐金ナノ粒子の影響, 池田明広, 大倉さとみ, 小原敬士, 長岡伸一, 日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 63rd, 111, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002294293801629
  • イリジウム錯体と粘土とのハイブリッドLB膜によるガスセンシング, 佐藤久子, 国吉勇司, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 90th, 3, 856, 2010年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002213495993899
  • ビタミンKの蛍光の消光による抗酸化作用の評価, 光森亮太朗, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2009, 225, 2009年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002250188986446
  • ビタミンE光分解系におけるAOT油水界面でのビタミンCによる抗酸化挙動, 池田明広, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2009, 182, 2009年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002276436464868
  • ビタミンEの再生反応における量子論的効果, 長岡伸一, 大内綾, 垣内拓大, 小原敬士, 向井和男, ビタミン, 83, 9, 521, 527, 2009年09月, 0006-386X, 10.20632/vso.83.9_521, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902242555814980
  • ビタミンEの再生反応における量子論的効果, 長岡 伸一, 大内 綾, 垣内 拓大, 小原 敬士, 向井 和男, ビタミン, 日本ビタミン学会, ビタミン, 83, 9, 521, 527, 2009年09月, 0006386X, 10.20632/vso.83.9_521, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007387825, Recent studies on the kinetics of the regeneration reactions of vitamin E in solutions by means of stopped-flow spectroscopy confirmed that the quantum effect often plays an important role. Vitamin E may inhibit the autooxidation of lipids in cellular membranes by taking advantage of proton tunneling. It is interesting that the microscopic quantum-mechanical tunneling effect manifests itself in a macroscopic vital function. Although this finding is in conflict with our intuition at first glance, living cells might, in reality, know quantum mechanics very well and use them effectively.
  • アロエサポナリンIの紫外線防御と一重項酸素消去機能(研究論文紹介), 長岡 伸一, 藤井 亜紀子, 日野 めぐみ, 竹本 真唯, 保田 三沙貴, 三島 麻里子, 小原 敬士, 桝本 茜, 宇野 英満, 長嶋 雲兵, ビタミン, 日本ビタミン学会, ビタミン, 83, 5, 288, 289, 2009年06月, 0006386X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007338063
  • AOT逆ミセル中のビタミンE光分解系でのビタミンCの抗酸化挙動, 池田明広, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 592, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259244915847
  • ビタミンEエマルションにおける一重項酸素発光寿命の油滴サイズ依存性, 折口孝, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 185, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902262416347448
  • ビタミンEを含むミセル系における一重項酸素発光寿命, 折口孝, 菊地香織里, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会講演予稿集, 88th, 1, 491, 2008年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206429666880
  • ビタミンEの不均一系での抗酸化反応の速度論的研究, 吉本摩耶, 小原敬士, 長岡伸一, 日本化学会講演予稿集, 88th, 1, 761, 2008年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902266804314875
  • 不均一系におけるビタミンEの光化学反応の研究, 清水亜由美, 和田有紀, 小原敬士, 長岡伸一, 分子科学討論会講演要旨集(CD-ROM), 1st, 3P100, 2007年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902222641661435
  • カテキン類によるビタミンE再生作用の速度論的研究, 新田晃子, 長岡伸一, 小原敬士, 向井和男, 分子科学討論会講演要旨集(CD-ROM), 1st, 1P136, 2007年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233886897142
  • ビタミンEの抗酸化反応におけるEラジカルの生成・消滅ダイナミクス, 向井和男, 大内綾, 小原敬士, 松岡千博, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 1174, 2007年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902291509005709
  • 電子スピン分極と磁場効果―Multifrequency Time‐Resolved EPR―, 小原敬士, 分光研究, 55, 4, 263, 264, 2006年08月, 0038-7002, 10.5111/bunkou.55.263, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902269266365510
  • 電子スピン分極と磁場効果 : Multifrequency Time-Resolved EPR, 小原 敬士, 分光研究 = Journal of the spectroscopical research of Japan, The Spectroscopical Society of Japan, 分光研究 = Journal of the spectroscopical research of Japan, 55, 4, 263, 264, 2006年08月, 00387002, 10.5111/bunkou.55.263, http://ci.nii.ac.jp/naid/10017533061
  • 大学の研究室での化学物質管理, 小原 敬士, Wako Organic Square, 16, 12, 14, 2006年
  • ビタミンEの抗酸化反応におけるEラジカルの生成・消滅ダイナミクス, 向井和男, 大内綾, 山本峻之, 御手洗亜紀子, 小原敬士, 松岡千博, 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 44th, 168, 169, 2005年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902237836981938
  • 天然抗酸化剤のフリーラジカル消去活性―時間分解ESRではどのようにみえるか, 小原敬士, 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集, 36th, 139, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902230270817227
  • 蛍光検出法による懸濁液系での天然抗酸化剤のフリーラジカル消去速度測定, 小原敬士, 仲原英記, 長岡伸一, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2005, 2P160, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902276658442330
  • カテキン類によるビタミンE再生反応の速度論的研究, 末光藍, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 828, 2005年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209456096490
  • 純有機磁気半導体―メチルピリジニウム置換フェルダジルラジカルカチオンの(1:1)及び(1:2)Me<sub>2</sub>‐TCNQ塩の合成と物性, 高見安代, 向恭平, 吉田顕二, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 85th, 1, 367, 2005年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902270606410920
  • コーヒー酸誘導体による天然ビタミンE再生速度, 一村陽子, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 85th, 2, 1455, 2005年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298349132711
  • 愛媛大学における化学物質管理システムの導入, 小原 敬士, Wako Organic Square, 14, 10, 12, 2005年
  • ビタミンC,E共存下の逆ミセル界面における抗酸化反応の時間分解EPR及び速度論的研究, 中村美幸, 小原敬士, 浜田千晶, 向井和男, 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 43rd, 170, 171, 2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249633663653
  • 分子性磁気伝導体:分子内に正電荷を有する6‐オキソフェルダジルラジカル類の[Ni(dmit)<sub>2</sub>]塩の構造・磁性・伝導性, 向井和男, 水口斉, 仙波伸得, 小原敬士, 東長雄, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2004, 3A15, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227783945246
  • アルキルピリジニウム置換フェルダジルラジカルのNi(dmit)<sub>2</sub>塩の構造・磁性・伝導性, 向恭平, 芝大介, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 奥田一樹, 井上克也, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2004, 4P002, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261848370355
  • Flavonoidの抗酸化作用におけるトンネル効果の研究, 垣内拓大, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2004, 3P077, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265114324910
  • エタノール中におけるフラボノイドの一重項酸素消去反応の速度論的研究, 永井荘一, 島居七帆, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 994, 2004年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228077310609
  • コーヒー酸誘導体の一重項酸素消去活性とラジカル消去活性, 一村陽子, 永井荘一, 徳永愛子, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 994, 2004年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250401875288
  • AOT逆ミセル系における光励起ビタミンKに対する共存するビタミンC,Eの抗酸化反応の時間分解EPRによる観測, 中村美幸, 小原敬士, 浜田千晶, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 1133, 2004年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250993904617
  • クルクミンのフリーラジカル消去活性の溶媒依存性とそのメカニズム, 水上渉, 小原敬士, 徳永愛子, 向井和男, 宇野英満, 日本化学会講演予稿集, 84th, 2, 1340, 2004年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902279065765442
  • 時間分解ESR法によるAOT逆ミセル系でのビタミンC,E類とビタミンKモデル分子の抗酸化反応の研究, 小原敬士, 浜田千晶, 向井和男, 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 42nd, 357, 358, 2003年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268814445148
  • 純有機磁気伝導体:分子内に正電荷を有するフェルダジルラジカル類のTCNQ塩の構造・磁性・伝導性, 向井和男, 陣野俊介, 吉田顕二, 神原貴尚, 小原敬士, 東長雄, 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 42nd, 10, 12, 2003年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902281734019098
  • アルキルピリジニウム置換フェルダジルラジカルのPd(dmit)<sub>2</sub>塩の磁性と伝導性, 吉田顕二, 神原貴尚, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 奥田一樹, 井上克也, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2003, 1PA127, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902203296705195
  • 分子性磁気伝導体:分子内に正の電荷を有するフェルダジルラジカルのM(dmit)<sub>2</sub>(M=Ni,Pd)塩の構造・磁性・伝導性, 向井和男, 芝大介, 神原貴尚, 吉田顕二, 向恭平, 小原敬士, 東長雄, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2003, 1AP01, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902254847766836
  • Tetramethyl‐p‐phenylenediamineカチオンのM(dmit)<sub>2</sub>塩(M=Ni, Pd, Zn)の磁性と伝導性, 甲祐一朗, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 奥田一樹, 井上克也, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2003, 1PP135, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287475760467
  • 分子内に正電荷を持つ6‐オキソフェルダジルラジカルの[Ni(dmit)<sub>2</sub>]塩の構造,磁性,及び伝導性, 水口斉, 吉田顕二, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 奥田一樹, 井上克也, 分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM), 2003, 1PP131, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298880570669
  • カテキン類(EC, EGC, ECG, EGCG)の一重項酸素消去反応における構造活性相関, 永井荘一, 島居七帆, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 83rd, 2, 791, 2003年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902269769074482
  • 時間分解ESRを用いた天然抗酸化剤の光誘起抗酸化反応及び一重項酸素消去活性の研究, 小原敬士, 日本化学会西日本大会講演予稿集, 2002, 249, 250, 2002年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902142755275035
  • 時間分解ESR法によるAOT逆ミセル系でのビタミンCとビタミンKモデル分子の光誘起抗酸化反応の研究, 小原敬士, 浜田千晶, 武部光晴, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 41st, 208, 209, 2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127013153673
  • 高周波ESRの装置の現状と応用展開 分子性磁気半導体 分子内に正電荷を有する6‐オキソフェルダジルラジカル類の[Ni(dmit)<sub>2</sub>]<sup>-</sup>塩の構造・磁性・伝導性, 向井和男, 仙波伸得, 畑中貴志, 小原敬士, 東長雄, 谷口正輝, 御崎洋二, 細越裕子, 井上克也, ESR討論会講演要旨集, 41st, 164, 166, 2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902133098960661
  • アルキルピリジニウム置換フェルダジルラジカルのMe<sub>2</sub>‐TCNQ塩の磁性と伝導性, 神原貴尚, 陣野俊介, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 分子構造総合討論会講演要旨集, 2002, 617, 2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902116069506151
  • 競争反応法及び時間分解ESR法によるフラボン及びカテキン類の一重項酸素消去速度の測定, 永井荘一, 鳥居七帆, 小原敬士, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 2002, 267, 2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902152633050038
  • 純有機磁気半導体‐クロロ置換フェルダジルラジカルカチオンの(1:1)及び(1:2)TCNQ塩の合成と物性, 吉田顕二, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 日本化学会講演予稿集, 81st, 1, 340, 2002年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902115562522640
  • メチルピリジニウム置換6‐オキソ‐及び6‐チオキソ‐フェルダジルラジカルとTCNQ及びその関連物質の錯体の合成と物性, 奥田一樹, 陣野俊介, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 日本化学会講演予稿集, 81st, 1, 346, 2002年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902131816626349
  • 時間分解ESR法を用いたフラボン類の一重項酸素消去速度の測定, 永井荘一, 島居七帆, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 81st, 1, 290, 2002年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902174385941633
  • 分子内に負電荷を有する6‐オキソ及びチオキソフェルダジルラジカルの合成と磁性, 成松信輔, 小原敬士, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 構造有機化学討論会講演予稿集, 31st, 321, 2001年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902106548376429
  • 純有機磁気伝導体の合成と性質 クロロ置換フェルダジルラジカルカチオンのTCNQ塩, 吉田顕二, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2001, 184, 2001年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902119449599879
  • クルクミン類の抗酸化反応のメカニズム, 水上渉, 徳永愛子, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 宇野英満, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2001, 40, 2001年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902143873215370
  • 茶カテキン類とその関連化合物によるフリーラジカル消去作用の速度論的研究, 三谷修二, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2001, 43, 2001年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902149608228409
  • CIDEPラジカルプローブ法によるミセル系での一重項酸素動態の研究, 後藤英夫, 大谷茂利, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 79th, 1, 150, 2001年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902139888068899
  • 時間分解ESR法によるミセル系での励起キサントンとビタミンCの抗酸化反応機構の研究, 渡辺亮, 小原敬士, 水田陽子, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 79th, 1, 151, 2001年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902152286132568
  • 一重項酸素センサーとしてのラジカルプローブ, 小原 敬士, 愛媛大学機器分析センター報, 16, 10, 15, 2001年
  • 縮合多環芳香族フェルダジルラジカルからなるπ共役スピン系の光励起高スピン状態の時間分解ESR 励起分子場を利用した有機磁性系の光誘起スピン整列 (6), 木村光博, 手木芳男, 成松信輔, 小原敬士, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 39th, 101, 103, 2000年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902140582339374
  • 縮合多環芳香族と安定フェルダジルラジカルからなるπ共役スピン系の合成,磁性と光励起高スピン状態, 成松信輔, 小原敬士, 向井和男, 手木芳男, 木村光博, 日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集, 2000, 123, 2000年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902151566565226
  • 縮合多環芳香族と安定フェルダジルラジカルからなるπ共役スピン系の光励起高スピン状態 励起分子場を利用した有機磁性系の光誘起スピン整列 5, 手木芳男, 木村光博, 成松信輔, 小原敬士, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 2000, 531, 2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902194025316925
  • 蛍光法によるビタミンKモデル分子の励起状態とビタミンEの相互作用の研究, 武部光晴, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 光化学討論会講演要旨集, 2000, 305, 2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902196218697546
  • 6‐オキソフェルダジルカチオンラジカル誘導体のTCNQF<sub>4</sub>錯体の結晶構造と分子磁性, 仙波伸得, 東長雄, 小原敬士, 向井和男, 細越裕子, 井上克也, 日本化学会講演予稿集, 78th, 2, 1219, 2000年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193259063315
  • ヘテロダイン検出過渡回折格子法とその応用, 小原敬士, 光化学, 30, 3, 258, 259, 1999年12月, 0913-4689, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100791864280
  • ヘテロダイン検出過渡回折格子法とその応用, 小原 敬士, 光化学 = Photochemistry, 光化学 = Photochemistry, 30, 3, 258, 259, 1999年12月, 09134689, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010573973
  • 時間分解ESR法によるミセル系におけるビタミンCの抗酸化反応機構の研究, 渡辺亮, 水田陽子, 小原敬士, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 38th, 98, 99, 1999年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184039123822
  • ビタミンE‐ナフトキノン架橋分子の光化学反応, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1999, 119, 1999年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902131303856756
  • AOT逆ミセル系でビタミンKとビタミンCの光化学反応により観測されるスピン相関ラジカル対, 橋本芳美, 小原敬士, 向井和男, 光化学討論会講演要旨集, 1999, 65, 1999年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902181963012604
  • 時間分解ESR法によるミセル系におけるビタミンCの抗酸化反応機構の研究, 渡辺亮, 水田陽子, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 76th, 2, 767, 1999年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902107311550064
  • ミセル溶液中におけるVitaminE誘導体のアロキシルラジカル消去活性のpH依存性, 徳永愛子, 兼崎友, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 76th, 2, 767, 1999年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184084809247
  • 生体中のビタミンEの抗酸化反応におけるトンネル効果の研究 (文部省S), 長岡伸一, 西奥義憲, 小原敬士, 向井和男, 多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象 平成8年度 第4回研究会(賢島)特集号 平成11年, 42, 46, 1999年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902183325455194
  • マレイミドの光増感反応で観測されるCIDEPに対する塩酸添加の効果, 小原敬士, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 37th, 9, 10, 1998年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902167782595338
  • 時間分解ESRを用いたビタミンE‐ナフトキノン架橋分子の光化学反応の研究, 西奥義憲, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 37th, 100, 101, 1998年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902182863302296
  • クロモン類の光還元反応におけるCIDEPのFT‐EPR法による検討 塩酸添加効果, 小原敬士, MARTINO D M, VAN WILLIGEN H, 光化学討論会講演要旨集, 1998, 10, 1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902115196581417
  • パラ‐ジメチルアミノ置換フェルダジルラジカルとそのヨウ化アルキル錯体の分子磁性, 仙波伸得, 小原敬士, 長岡伸一, 向井和男, 植田一正, 杉本豊成, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1998, 632, 1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902179264875082
  • クロモン‐2‐カルボン酸の光還元反応で観測されるCIDEPに対する塩酸添加の効果, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 74th, 1, 410, 1998年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902106114640926
  • 時間分解ESR法によるフラボノイドとビタミン類間の光酸化還元反応の研究, 橋本芳美, 小原敬士, 向井和男, 日本化学会講演予稿集, 74th, 1, 400, 1998年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902182186529220
  • 水素結合における構造物性と機能 ビタミンEの再生反応におけるトンネル効果, 長岡伸一, 西奥義憲, 小原敬士, 向井和男, 日本結晶学会誌, 40, 1, 119, 123, 1998年02月, 0369-4585, 10.5940/jcrsj.40.119, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902155329258551
  • ビタミンEの再生反応におけるトンネル効果, 長岡 伸一, 西奥 義憲, 小原 敬士, 向井 和男, 日本結晶学会日本結晶学会誌, The Crystallographic Society of Japan, 日本結晶学会誌, 40, 1, 119-123,133-133, 123, 1998年02月, 03694585, 10.5940/jcrsj.40.119, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002590483, Since a vitamin E radical produced by the antioxidant reaction of vitamin E causes damage to vital functions, ubiquinol and vitamin C regenerate a vitamin E molecule from a vitamin E radical <I>in vivo</I>. The kinetic studies of the regeneration reactions have been carried out in solutions by means of stopped-flow spectroscopy. Substantial deuterium kinetic-isotope-effects on the second-order rate constants have been observed in both the reactions of ubiquinol and vitamin C. Furthermore, a deviation from a linear relationship in the Arrhenius plot has been observed in the reaction of ubiquinol. These results suggest that the tunneling effect plays an important role in the regeneration reactions in various tissues and mitochondria.
  • 生体中のビタミンEの抗酸化反応におけるトンネル効果の研究 (文部省S), 長岡伸一, 西奥義憲, 小原敬士, 向井和男, 多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象 平成8年度 平成10年2月, 33, 37, 1998年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902124939002939
  • 有機強磁性体p‐CDpOVと一次元反強磁性体p‐BDpOVとのラジカル合金(p‐CDpOV)<sub>1-x</sub>(p‐BDpOV)<sub>x</sub>の磁性, 鈴木健太郎, 小原敬士, 向井和男, JAMALI J B, 阿知波紀郎, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1997, 737, 1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902135959226541
  • キサントン類の光還元反応のCIDEPに対する塩酸添加の効果, 小原敬士, ESR討論会講演要旨集, 36th, 59, 60, 1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902137410940695
  • キサントンの光還元反応で観測されるCIDEPに対する塩酸添加の効果, 小原敬士, 広田のぼる, MARTINO D M, WILLIGEN H V, 光化学討論会講演要旨集, 1997, 55, 1997年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902170676869292
  • キサントンの光化学反応におけるスピン分極異常 FT‐EPRによる検討, 小原敬士, 広田のぼる, MARTINO D M, VAN WILLIGEN H, 日本化学会講演予稿集, 72nd, 1, 212, 1997年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154643295198
  • 1,3,5‐Triphenyl‐6‐oxoverdazylと,その非磁性還元体との混晶の磁気的挙動, 鈴木健太郎, 小原敬士, 向井和男, JAMALI J B, 阿知波紀郎, 松田建児, 岩村秀, 日本化学会講演予稿集, 72nd, 1, 269, 1997年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902158877046731
  • 雑固体廃棄物プラズマ溶融処理設備, 辻行人, 小原敬士, 土屋明夫, 中山嘉久, 原子力工業, 43, 2, 75, 79, 1997年02月, 0433-4035, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902111664119313
  • 低周波時間分解EPRによるCIDEPの外部磁場効果の研究 アルキル鎖連結ビラジカル系のスピン相関ラジカル対, 小原敬士, 寺嶋正秀, 広田のぼる, 谷本能文, ESR討論会講演要旨集, 35th, 173, 174, 1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902128961825090
  • オキソフェルダジルラジカル系の分子合金におけるg値と線幅の変化について, 怒和正明, 鈴木健太郎, 武田英樹, 小原敬士, 東長雄, 向井和男, ESR討論会講演要旨集, 35th, 119, 120, 1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902153570326417
  • 1,5‐ジフェニル‐3(3‐および4‐ピリジル)フェルダジルラジカルの低温における異常な磁気的挙動, 松原光秀, 小原敬士, 向井和男, JAMALI J B, 阿知波紀郎, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996, 309, 1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902159617617910
  • 弱強磁性体1,3,5‐トリフェニル‐6‐オキソフェルダジルラジカルとその非磁性還元体の分子合金の磁性, 鈴木健太郎, 小原敬士, 向井和男, JAMALI J B, 阿知波紀郎, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1996, 308, 1996年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902195985218924
  • 時間分解EPRを用いた短寿命常磁性種の反応ダイナミクスの研究, 小原 敬士, 愛媛大学機器分析センター報, 11, 13, 18, 1996年
  • 低周波時間分解EPRによるCIDEPの生成・消失機構の検討 スピン相関ラジカル対のCIDEP, 小原敬士, 三浦裕司, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 34th, 178, 180, 1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125713724733
  • 低周波時間分解EPRによるCIDEPの生成・消失機構の検討 三重項機構の寄与の外部磁場依存性, 小原敬士, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 34th, 181, 183, 1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902160336493888
  • キノキサリン類の水素引き抜き反応におけるCIDEPの解釈, 小原敬士, 広田のぼる, 分子構造総合討論会講演要旨集, 1995, 19, 1995年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902176054914710
  • FT及びCW時間分解ESRによるピラジニルラジカルの二次的生成反応の研究, 小原敬士, 広田のぼる, STEREN C, VAN WILLIGEN H, 光化学討論会講演要旨集, 1994, 429, 430, 1994年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902190138194804
  • 低周波時間分解ESP法によるスピン分極の生成・消失機構の検討 三重項機構の寄与の外部磁場依存性, 小原敬士, 三浦裕司, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 33rd, 3, 5, 1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902105768297248
  • 低周波時間分解ESR法で見たアセトンの水素引抜き反応により生じるCIDEP, 三浦裕司, 小原敬士, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 33rd, 84, 85, 1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902188525969909
  • アミン類によるアセトンの光還元反応のCIDEP FT‐EPR法による検討, 小原敬士, 広田のぼる, STEREN C, VAN WILLIGEN H, 日本化学会講演予稿集, 67th, 1, 140, 1994年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902122494332493
  • 低周波時間分解ESR法によるスピン分極の生成・消失機構の検討 (1), 三浦裕司, 小原敬士, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 32nd, 143, 145, 1993年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150419355783
  • 低周波時間分解ESR法によるスピン分極の生成・消失機構の検討 (2) 三重項機構の寄与について, 小原敬士, 三浦裕司, 寺嶋正秀, 広田のぼる, ESR討論会講演要旨集, 32nd, 112, 113, 1993年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902188150310840

その他研究情報

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 近赤外光の時間分解計測で行う新しい抗酸化活性評価法の構築, 小原 敬士, 食品科学, 基盤研究(C), 愛媛大学
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 一重項酸素発光寿命のスポット計測による微量試料の抗酸化活性評価, 小原 敬士, 物理系薬学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 希少な天然抽出物質等の一重項酸素消去速度定数を微量の試料で計測するための近赤外発光寿命スポット計測法を開発し、微量溶液やゲル・固形試料に対しファイバープローブの0.4 mmのスポットで抗酸化評価のための計測を可能にした。0.05 mgのカロテノイド異性体やヒドロゲル試料の一重項酸素消去活性の測定に成功した。また、脂溶性香辛料成分のシクロデキストリンによる水溶液分散化による一重項酸素消去活性評価について検討し、水環境化の構造活性相関を明らかにした。一方、1測定10分を要する現状では評価対象や増感剤の計測中のダメージがスポット計測の障害であり、測定時間を大幅に短縮する必要がある。
  • 科学技術振興機構(JST), 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)FSステージ探索タイプ, 飲料・食品のための簡便・短時間で計測可能な抗酸化力評価法の開発, 小原 敬士, 飲料サンプル用の標準抗酸化力評価キットの作成と高感度・短時間で試料を測定する計測法の最適化を実施し、含有成分の抗酸化力の簡便迅速な標準評価手法を新たに開発し提案することを目標とする。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 分散・懸濁系での天然抗酸化剤の活性酸素消去とスピンダイナミクス, 小原 敬士, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 飲料・食品・化粧品・医薬品などで注目されている分散・懸濁系での天然抗酸化剤による活性酸素種消去ダイナミクスの詳細を明らかにするため、油水分散エマルジョン, 水油分散の逆ミセル系の油水界面で起こる抗酸化反応を過渡吸収法及び一重項酸素(1O_2)近赤外発光寿命法などの時間分解計測を用いて研究した。スーパーオキシドラジカルや1O_2 が天然抗酸化剤により油水界面近傍で消去されるダイナミクスを直接観測することに成功し、反応速度定数が求められた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 強磁性と超伝導性が共存する新規フェルダジルラジカル錯体の開発, 向井 和男, 小原 敬士, 機能物質化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 近年、有機強磁性体や有機超伝導体に関する研究が多くの注目を集め、前者では20種、後者では80種に及ぶ例がこれまで見いだされている。しかしながら、強磁性と超伝導性の両機能を併せ持つ分子性強磁性超伝導体はこれまで見出されていない。本研究においては研究代表者の向井がこれまで詳細な磁性研究を行なって来た、安定フェルダジルラジカル(1,3,5-Triphenyl-verdazyl,1,5-diphenyl-3-phenyl-6-oxoverdazylなど)をスピン源とし、導電性分子(TCNQ、Me_2TCNQ、Ni(dmit)_2^-、Pd(dmit)_2^<2->など)との組み合わせによる分子性錯体を合成し、伝導性・磁性の複合機能を有する新しい分子性超伝導・磁性体、特に、初めての純有機強磁性・超伝導体の開発を目指した研究を行なった。本研究では、1.まず、これらのフェルダジルラジカルに正電荷を持った置換基を導入した分子(3-(4- and 3-Methylpyridinium)-1,5-diphenylverdazyl(p- and m-MePyDV))など、多くの分子の合成を試みた。2.次に、Verdazylカチオンラジカルと電子受容体アニオン([TCNQ]^-、[Me_2TCNQ]^-、Ni(dmit)_2^-、Pd(dmit)_2^<2->など)との反応により、先ず、(1:1)錯体を、更に、その酸化などにより(1:2)、(1:3)錯体結晶([p-MePyDV]^+[TCNQ]_2^-、[p-MePyDV]^+[Me_2TCNQ]_2^-、[1]^+[Ni(dmit)_2]_3^-、[1]^+[Pd(dmit)_2]_3^-、など)の合成・単離に成功した。3.合成した分子性錯体の、磁化率、ESR、電気伝導度の測定、結晶構造解析を行ない、10種に近い新しい純有機常磁性・半導体と分子性常磁性・半導体を得る事に成功した。強磁性・超伝導体を得るには至らなかったが、このような磁性と伝導性の両機能を同時に有する分子性化合物の例は大変限られて居り、本研究で得られた結果の意義は大きい。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 天然抗酸化剤による生体老化防御のスピンダイナミクス, 向井 和男, 田嶋 邦彦, 小原 敬士, 長岡 伸一, 美藤 正樹, 特定領域研究, 愛媛大学, 人の老化は活性酸素・フリーラジカルと脂質、蛋白、核酸などの分子との反応によって引き起こされる。生体内には、ビタミンE(α-,β-,γ-,δ-Tocopherol, TocH)、ユビキノール-10、ビタミンC、ポリフェノール類(フラボン類、カテキン類)などの、種々の抗酸化剤が存在し、活性酸素・フリーラジカルを速やかに消去し、老化を防いでいる。本研究においては、上記の抗酸化剤について、i)フリーラジカル消去作用、ii)ビタミンEラジカル還元・再生作用、iii)一重項酸素(^1O_2)消去作用の速度論的研究を行ない、種々の興味ある結果を得た。以下にその主な例を示す。1)Stopped-Flow分光光度計を用い、ミセル溶液中でビタミンE(α-,β-,γ-,δ-tocopherol)とユビキノールのAroxylラジカル消去速度(k_s)をpHを変えて測定した。k_sの値と種々の組織中の濃度の積の値を比較し、心臓、筋肉、臓、腎臓、脳のミトコンドリア中ではユビキノールが、血清中ではビタミンEがラジカル消去の高い活性を示すことを明らかにした。2)Endoperoxideから発生させた^1O_2と、7種のフラボン誘導体、4種のカテキン類との反応を行い、これらのポリフェノール類がビタミンEに匹敵する速い^1O_2の消去速度(k_Q)を有することを明らかにした。k_Qの値が、脂質、蛋白、核酸に比べて速いことから、ポリフェノールが植物や食物の光劣化を防御していることを明らかにした。3)ビタミンEの抗酸化反応によって生じるEラジカル(α-Toc・,β-Toc・,γ-Toc・,δ-Toc・)の生成・消滅反応の追跡を行なった。これらの反応に関与する反応式、すなわち、3元連立微分方程式の解を、4次のRunge-Kutta法を用いて求め、実測値との比較から、生成・消滅反応の速度(k_f and 2k_d)を求めることに成功した。Eラジカルの消滅は何れも2分子反応によって起こることが明らかになった。得られた結果から、ビタミンEラジカル類の生成・消滅ダイナミクス機構について詳細な検討を行った。4)Double-Mixing Stopped-Flow分光光度計を用い、生体中における老化防御のKey反応として知られる、ビタミンCによるビタミンEラジカル(α-Toc・,β-Toc・,γ-Toc・)の再生反応速度(尾)を求めることに初めて成功した。k_rに及ぼす重水素置換効果を測定し、このような速い反応にはトンネル効果が寄与しないことを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 懸濁液系での天然抗酸化剤の活性酸素種消去活性とそのスピンダイナミクス, 小原 敬士, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 本研究は、生体系等の光学的透明性が低い懸濁液で、複数の天然抗酸化剤が含まれる多成分系が示す活性酸素種に対する抗酸化過程の挙動を、蛍光またはESRの時間分解測定により速度論的に研究するための手法確立を目的とする。平成16-17年度の研究実績は以下の通りである。1 蛍光検出ストップトフロー測定装置により、懸濁溶液系での抗酸化反応速度の時間分解法による定量的な測定に初めて成功した。条件検討の結果、モデルフリーラジカル還元体の蛍光増加、或いはビタミンE(VE)等の抗酸化剤の蛍光減少により抗酸化反応過程が追跡可能であることがわかり、均一溶液系で従来法と遜色ない測定結果を得た。この方法で、エタノール・水混合溶媒にVEを分散したエマルジョン溶液で抗酸化反応速度を測定し、その速度定数が均一領域と大きく異なることを見いだした。さらにDPPHやGalvinoxyl等のラジカルに対するエマルジョン系の抗酸化反応速度測定に成功し、この方法が懸濁系での抗酸化反応において汎用的であることを示した。2 1275mmの^1O_2近赤外発光の直接測定により、VEエマルジョン溶液における^1O_2消去ダイナミクスを検討した。均一溶液でVEは10^7-10^8M^<-1>s^<-1>程度の^1O_2消去速度を示すが、エマルジョン系ではVE濃度の増大とともに^1O_2寿命が急激に増大した。この結果、VEエマルジョン系では^1O_2が油滴中にとけ込み、^1O_2ダイナミクスが主にVE油滴近傍で起こっていることが示された。3 天然VEやH_2O_2水溶液の266nm光による直接光分解で生成する中間体ラジカルの生成・減衰ダイナミクスを時間分解ESRにより検討中である。本研究の成果により、エマルジョン系でのフリーラジカル・^1O_2に対する天然抗酸化剤の抗酸化反応過程が時間分解法で定量的に研究可能となり、その均一系と異なる挙動を解明する糸口が得られた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 励起状態におけるプロトン移動の反応機構-近赤外から軟X線領域まで-, 長岡 伸一, 小原 敬士, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, 励起状態における水素結合に沿ったプロトン移動は、正確な測定と定量的理論解析に適している。今回我々は、プロトン移動が重要な役割を示す生理活性物質に我々が提唱している理論モデルを適用できることを見いだした。また、さらに長波長領域の励起状態である一重項酸素消去における分子内水素結合を含む生体関連分子が示す役割を研究すると共に、逆に短波長領域である軟X 線領域にも研究のウイングを広げた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), CIDEPスピンプローブ法によるミセル・膜界面での一重項酸素動態の研究, 小原 敬士, 物理化学, 奨励研究(A), 愛媛大学, 本研究は、ミセル・脂質二分子膜に導入されたCIDEPスピンプローブを用いて局所場での一重項酸素の寿命を時間分解ESRにより測定することにより、その動態を検討することを目的とする。本年度は本課題を実施するにあたり、以下のことを行った。(1)CIDEPスピンプローブとなるアルキル鎖及びペプチド鎖を持ったニトロキシドラジカル4種を設計・合成し、これがミセル中に取り込まれることを蛍光法及びESR法により確認した。3種の表面電荷の異なるミセル系において、油溶性のキサントン及び水溶性のTPPS(ポルフィリン誘導体)を用い、ミセル内外に存在するこれらの分子の励起状態とスピンプローブのミセルの水・油界面での相互作用について、時間分解ESR法により検討した。その結果、アルキル鎖によりミセルの疎水性部分に保持されたプローブは水相の励起分子との相互作用が小さく、アルキル鎖のないラジカル単体では比較的強い相互作用が観測されたことから、アルキル鎖のないラジカルがミセル内から水相に拡散している様子が示された。これらの結果から、合成した分子は不均一系のプローブとして有効に機能することがわかった。現在、脂質二分子膜モデルとなるフォスファチジルコリンを用いた系で検討を行っている。(2)水相で発生させた一重項酸素とプローブの相互作用について検討したが、一重項酸素の低収率と感度不足のため充分な信号強度が得られなかった。また、局所的に一重項酸素を発生させる試みとして、光により励起状態となる分子を持つミセル・ペプチド分子の合成を試みたが、中間体の副反応や低収率のため現在まで合成に至っていない。現在も引き続きこれらの検討を行っている。(3)ミセル系でのビタミンE及びビタミンCの挙動を励起分子としてキサントンを用いた系で検討し、分子の可溶化位置と反応速度のミセル,pHの依存性を時間分解ESR法で検討した。得られた顕著なミセル、pH依存性から、これらの抗酸化剤の界面での挙動が明かとなった。スピンプローブとこれらの抗酸化剤をミセル系に導入した系で時間分解ESRを測定することにより、界面での抗酸化反応機構について検討中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(B)), 新規フェルダジルラジカルを用いた分子強磁性体と分子強磁性伝導体の構築, 向井 和男, 小原 敬士, 東 長雄, 特定領域研究(B), 愛媛大学, 純有機反強磁性超伝導体或いは純有機強磁性伝導体を得るために、次のような種々の合成と、測定を試みた。1)分子内に正の電荷を有する種々の新規フェルダジルラジカルを合成し、TCNQ、Me_2TCNQ、Cl_2TCNQ、DDQ等の電子受容体との(1:1)及び(1:2)塩を作成した。その磁化率、ESR、伝導度の測定と、結晶構造解析結果から、4種の(1:2)TCNQ塩が純有機磁気半導体であることを見出した。低温での比熱測定を行ない、反強磁性への転移を見出すことを試みた。しかしながら、TCNQ分子間のスピン間反強磁性相互作用が大きいため、低温でその磁性が消えてしまい、反強磁性転移を見出すに至らなかった。現在、分子間の相互作用を小さくするため、Me_2TCNQやCl_2TCNQとの塩について詳細な研究を進めている。2)1)と同様、分子内に正の電荷を有するフェルダジルラジカルとNi(dmit)_2等の塩を合成した。(1:3)塩は何れも磁気半導体としての性質を示した。今後、加圧下での伝導度の測定を行い、超伝導への転移を見出すことを試みる。3)分子内に負の電荷を有する種々の新規フェルダジルラジカルを合成し、TTF、BEDT-TTF、BETS、等の電子供与体との塩を作成し、磁気伝導体の開発を試みている。現在までに、カルボキシル基を有する数種のラジカルの合成に成功している。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 天然抗酸化剤:その活性と抗酸化作用のメカニズム, 向井 和男, 小原 敬士, 長岡 伸一, 機能・物性・材料, 基盤研究(B), 愛媛大学, 天然の抗酸化剤として良く知られている、カテキン類、コーヒー酸類について、その活性酸素・フリーラジカル消去反応速度を、1)酸素吸収法、2)ストップトフロー分光光度計法、3)時間分解ESR法を用いて測定し、抗酸化活性の評価を行った。また、その結果に基づき、抗酸化の機構について検討した。1)Stopped-Flow分光光度計を用いて、有機溶媒中及びミセル溶液中でカテキン類とコーヒー酸類のビタミンE再生反応速度とフェノキシルラジカル消去反応速度を測定した。また、この結果を過酸化ラジカル消去反応速度と比較検討した。更に、pHを変えて反応速度の測定を行い、その解析結果から反応の構造活性相関を明らかにした。また、サイクリックボルタンメトリー法を用いて酸化電位を測定し、ラジカル消去速度との相関性を見出した。尚、本研究は主に愛媛大学で行った。2)圧力Transducer法(酸素吸収法)により、有機溶媒中及びミセル溶液中でカテキン類とコーヒー酸類の脂質過酸化ラジカル消去速度を測定し、これらの生体関連天然抗酸化剤の抗酸化活性について定量的な評価を行うと共に、その結果をビタミンEやユビキノールと比較検討した。尚、本研究は、研究代表者の向井の研究室の大学院生3名がカナダのマウントアリソン大学のBarclay教授の研究室にそれぞれ4ヶ月間滞在し、共同研究により行った。3)ビタミンEの抗酸化反応、再生反応、酸化促進反応に対する重水素置換効果を測定した。その結果から、これらの反応は、何れも水素のトンネル効果が重要な役割を果たしていることを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 励起状態におけるプロトン移動反応の研究, 長岡 伸一, 小原 敬士, 向井 和男, 物理化学, 基盤研究(C), 愛媛大学, プロトン移動は最も単純な化学反応であり、正確な測定と定量的理論解析に適している。研究代表者は既に、波動関数の節を考慮すれば励起状態でプロトン移動が起こるかどうかを予測できることを示唆した。本研究においては、励起状態において分子のどこに節が生じるか、我々の節の考えがプロトン移動における置換基効果、溶媒効果、励起状態依存性を説明できるかどうか、及び生体系におけるプロトン移動反応に適用できるかどうかを検討した。具体的には、サリチルアルデヒド誘導体やアミノアントラキノン誘導体では、プロトン移動反応の電子状態依存性及び分子構造や置換基がプロトン移動に与える影響について研究した。また、ヒドロキシアンスリルベンゾチアゾール誘導体では、同じ官能基から構成される分子でも置換基の相対的な位置によってプロトン移動反応の性質が異なることを明らかにした。こうした研究結果は全て、我々の節の考えを支持している。さらに、ビタミンEとキノン類が結合した分子を合成し、生体系において光照射によって生じる有害な活性分子をビタミンEがどのようにして消去していくかを検討した。以上のような研究は、微視的な電子の動きが結果として現れる反応にどのように影響するかを理解する上で興味深い。プロトン移動は、多くの研究者によって研究されているが、節の考えに基づいて波動関数の性質とプロトン移動反応を直接結びつけようとしているのは我々のグループのみである。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 新規フェルダジルラジカル類の合成と純有機強磁性,弱強磁性の発現機構の解明, 向井 和男, 小原 敬士, 機能・物性・材料, 基盤研究(B), 愛媛大学, 30種を超える新規Verdazylラジカルやその電荷移動錯体を合成し、SQUID、ESR、X線、比熱などの測定を行い、以下に示すような興味ある結果を得た。1) Verdazylラジカル結晶p-DaTPOVがT_c=0.28KのCurie温度を持つ準一次元有機強磁性体であることを見出した。2) 弱強磁性体TOVラジカル結晶を非磁性還元体(TOV-H)で希釈した混晶(TOV)_<1-x>(TOV-H)_xを作り、その磁性の研究を行った。TOVにおける反強磁性的交換相互作用から、混晶x=0.03,0.05,0,09においては強磁性的交換相互作用が観測された。X線解析結果から、上記の磁性変化の原因を明らかにした。3) スピンパイエルス転移化合物p-CyDOVについて、強磁場下における磁化測定を行い、p-CyDOVの磁気相図の完成に成功した。純有機中性ラジカル磁性体においては初めての例である。4) 上記p-CyDOVラジカル結晶について、スピンパイエルス転移に対する非磁性および磁性不純物効果の研究を行い、磁気相図の作成や転移点(T_c)以下の磁気的性質について検討を行った。5) Verdazylラジカルと電子受容体(TCNQ、TCNQF_4など)の分子性錯体を合成し、その磁性の研究を行った。6) 一次元強磁性体と一次元反強磁性体のラジカル合金に関する研究を行い、ラジカル置換による磁性の変化に対する詳細な検討を行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(国際学術研究), FT-ESRによる光反応初期過程の研究, 広田 襄, 小原 敬士, 中川 公一, 寺嶋 正秀, WILLIGEN Han, WILLIGEN Hans Van, , 国際学術研究, 京都大学, 1996年8月にノボシビルスクにおいて開催された、スピンおよび磁場効果に関する国際シンポジウムにおいて、広田、van Willigenおよび小原はその後の共同研究の計画に関して詳細な打ち合わせを行った。その結果、これまでのCW-ESRの研究において、未解決の問題の多いXanthoneの光反応の初期過程を、FT-ESRを用いて研究することに決め、まず小原がボストンで実験を行い、以下の成果を得た。1)Xanthone/2-propanol系でEの分極の生成は水素引き抜き反応の速度により決まり、主な分極の機構はラジカル対機構(RPM)である。2)Xanthone/2-propanol+H_2O+HC1で観測される吸収(A)の分極の立ち上がは非常に速く、装置の分解能により決まっており、三重項機構(TM)によると考えられるが、分極の強度は弱い。さらに、11月に広田がボストンにおいて共同でFT-ESRの実験を行い、上記2)の系についてHC1の濃度を変化させて詳しい研究を行った。その結果HC1の低濃度ですでに2-propanol由来のラジカルに関しては、EからAへの分極の反転が起こることが明らかになり、さらにXanthoneラジカルにおいても、AからEへの分極の反転が起こるなど新しい現象が見出された。これらの新しく得られた結果を含めて、Xanthoneの反応初期過程を明らかにするには、過渡吸収による補足的な実験の必要性が痛感され、1月にvan Willigen教授来日の際、京都で過渡吸収の実験を試みたが、装置上の問題で満足な結果が得られず、その後京都において実験を完成した。これらの結果をまとめて論文を作成してJ.Phys.Chem.誌に投稿した。以上の研究に加えて、中川は以前より共同研究を行っているphenothiazine(PTH)とアルキル直鎖を持つPTHの誘導体のSDSミセル溶液中の光イオン化で生じる水和電子の研究を行った。その結果、レーザー励起後50ns以内での水和電子のシグナルの位相の詳細、水和電子の消失速度とPTHのミセル内の位置との関係、水和電子のクエンチの動力学などについて知見を得た。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.