研究者データベース

加藤 匡宏カトウ タダヒロ

所属部署名大学院教育学研究科 学校臨床心理専攻
職名准教授
Last Updated :2020/02/20

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    加藤 匡宏
  • 氏名(カナ)

    カトウ タダヒロ

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院教育学研究科学校臨床心理学
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 1990年, 広島大学, 大学院医学系研究科
  • 1990年, 広島大学
  • 1987年, 広島大学

学位

  • 医学博士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本衛生学会
  • 日本疫学会
  • 日本精神神経学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本心理臨床学会
  • 日本学校保健学会
  • 日本認知療法学会
  • 日本矯正教育学会

委員歴

  • 日本学校保健学会, 評議員, 日本学校保健学会

経歴

  • 2001年 - 2002年, 愛媛大学医学部 助教授
  • 2000年 - 2001年, 愛媛大学医学部 講師
  • 1990年 - 2000年, 岡山大学医学部臨床検査医学講座
  • 2002年 - , 愛媛大学教育学部 准教授

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学, 地域住民を対象とする糖尿病罹患率の推計に関する疫学研究 研究代表者 斉藤 功 研究期間 (年度) 2018 – 2020 研究種目基盤研究(C
  • 人文・社会, 社会心理学, 地域高齢者の健康格差と主観的健康感に関する研究 研究代表者山内 加奈子 研究期間 (年度)2014 – 2018 研究種目 基盤研究(C)
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • 人文・社会, 家政学、生活科学, 交代制勤務者の肥満への集団アプローチとリスク者介入 研究代表者 田中洋子 研究期間(年度)2019-2022 研究種目基盤研究C

研究キーワード

  • 学校保健
  • 特別支援教育
  • 健康科学
  • Special Supportive Education
  • Public Health
  • School Health

著書・発表論文等

論文

  • Relationship between mortality risk and health-related factors and sense of coherence in residents ofa rural area in Japan, Kanako Yamauchi,Tadahiro Kato,Isao Saito,Masamitsu Yamaizumi, 2020年, [査読有り]
  • 素行不良傾向を示す少年の他罰性に対する集中内観の効果-P-Fスタディ所見の事例報告-, 田村優佳、北山整、久保槇一、加藤匡宏, 内観研究, 内観研究, 2019年09月
  • Lack of social support and social trust as potential risk factors for dry eye disease: JPHC-NEXT study, ChiHoangVietVu,MikiUchin, MotokoKawashima, KenyaYuki, KazuoTsubota, AkihiroNishi,ChristopherA.German, KiyomiSakata, KozoTanno, Hiroyasu Iso, KazumasaYamagishi, NobufumiYasuda, IsaoSaito, Tadahiro Kato, KazuhikoArima, YoshihitoTomita,TaichiShimazu, TaikiYamaji, Atsushi Goto, ManamiInoue, Motoki Iwasaki, NorieSawada, ShoichiroTsugane, for the, JPHC-NEXT StudyGroup, The Ocular Surface, The Ocular Surface, 2019年04月, [査読有り]
  • The Japan Public Health Center-based Prospective Study for the Next Generation (JPHC-NEXT): Study Design and Participants, Norie Sawada, Motoki Iwasaki, Taiki Yamaji, Atsushi Goto, Taichi Shimazu, Manami Inoue, Kozo Tanno, Kiyomi Sakata, Kazumasa Yamagishi, Hiroyasu Iso, Nobufumi Yasuda, Tadahiro Kato, Isao Saito, Maiko Hasegawa, Kiyoshi Aoyagi, Shoichiro Tsugane, Journal of epidemiology, Journal of epidemiology, 2019年02月, [査読有り]
  • Association between employment status and self-rated health among middle-aged Japanese women: the effects of socioeconomic conditions and work-life conflict, Honjo, Kaori, Iso, Hiroyasu, Ikeda, Ai, Yamagishi, Kazumasa, Saito, Isao, Kato, Tadahiro, Yasuda, Nobufumi, Aoyagi, Kiyoshi, Arima, Kazuhiko, Sakata, Kiyomi, Tanno, Kozo, Inoue, Manami, Iwasaki, Motoki, Shimazu, Taichi, Goto, Atsushi, Yamaji, Taiki, Sawada, Norie, Tsugane, Shoichiro, Journal of Epidemiology, Journal of Epidemiology, 2019年01月, [査読有り]
  • Depression in the elderly in rural areas of Japan and its impact on activities of daily living: a longitudinal survey over 10 years, Kanako YAMAUCHI, Isao SAITO, Tadahiro KATO, BULLETIN OF THE FACULTY OF EDUCATION EHIME UNIVERSITY, BULLETIN OF THE FACULTY OF EDUCATION EHIME UNIVERSITY, 2018年12月
  • 免疫蛍光法を原理とする新しいイムノクロマト型検査試薬である「Sofiaアナライザー用Influenza A+B FIA」を用いた,インフルエンザ患者の発熱後の経過時間と診断性能の検討, 壷井圭一, 山内加奈子, 加藤匡宏, 医学と薬学, 医学と薬学, 2018年09月, [査読有り]
  • Less than seven hours of sleeping time may be correlated with job-related stress, physical stress, and mental stress, Kanako Yamauchi, Katsufumi Mizushige, Tadahiro Kato, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, 2018年07月
  • Association between heart rate variability and home blood pressure: the Toon Health Study., American journal of hypertension, American journal of hypertension, 2018年06月, [査読有り]
  • Association between employment status and self-rated health among middle-aged Japanese women: the effects of socioeconomic conditions and work-life conflict, Kaori Honjo, PhD,MPH, Tomoko Kobayashi, Ai Noda, Norie Sawada, Manami Inoue, Motoki Iwasaki, Atsushi Goto, Taiki Yamaji, Isao Saito, Tadahiro Kato, Nobufumi Yasuda, Kiyoshi Aoyagi, Kazuhiko Arima, Shoichiro Tsugane, Journal of Epidemiology - Manuscript ID JE, Journal of Epidemiology - Manuscript ID JE, 2018年, [査読有り]
  • Low Heart Rate Variability and Sympathetic Dominance Modifies the Association Between Insulin Resistance and Metabolic Syndrome, Saito I, Maruyama K, Eguchi E, Kato T, Kawamura R, Takata Y, Onuma H, Osawa H, Tanigawa T, The Toon Health Study. Circulation Journal, The Toon Health Study. Circulation Journal, 2017年05月, [査読有り], 10.1253/circj.CJ-17-0192
  • Cross-Sectional Survey of Dietary Habits of the Elderly Population with Diabetes Mellitus, Yoko Tanaka, Kanako Yamauchi, Tadahiro Kato, 松山東雲短期大学研究論集, 松山東雲短期大学研究論集, 2017年
  • 首尾一貫感覚と睡眠および自律神経系機能・健康指標との関連, 和田彩那, 山内加奈子, 斉藤功, 加藤匡宏, 四国公衆衛生雑誌, 四国公衆衛生雑誌, 2017年, [査読有り]
  • Impact of heart rate variability on C-reactive protein concentrations in Japanese adult nonsmokers: The Toon Health Study., Atherosclerosis, Atherosclerosis, 2016年, [査読有り], 10.1016/j.atherosclerosis.2015.10.112
  • ヒト好酸球性白血病由来細胞株EoL-3を用いた健康食品の安全性評価系の確立, 四国公衆衛生学会雑誌, 四国公衆衛生学会雑誌, 2016年, [査読有り]
  • 集中内観法による少年院在院者の変化に関する考察, 矯正教育研究, 矯正教育研究, 2016年, [査読有り]
  • 大学生による「理系教員育成支援プログラム」における実践事例―食品添加物をテーマとした実験授業の構築―, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2015年
  • Heart Rate Variability, Insulin Resistance, and Insulin Sensitivity in Japanese Adults: The Toon Health Study, Journal of Epidemiology, Journal of Epidemiology, 2015年, [査読有り], 10.2188/jea.JE20140254
  • 地域高齢者の主観的健康感の変化に影響を及ぼす心理・社会活動要因 5年間の追跡研究, 日本公衆衛生雑誌, 日本公衆衛生雑誌, 2015年, [査読有り], 10.11236/jph.62.9_537
  • Counseling with behavioral activation with a youth who described his anguished cries in an on-the-job training journal, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, 2015年
  • 支援学級担任教諭とカウンセラーが支援した自閉性スペクトラム障害児と保護者の地域交流, 石川智子, 山内加奈子, 加藤匡宏, 教育保健研究, 教育保健研究, 2014年, [査読有り]
  • Heart rate variability and blood pressure among Japanese men and women: a community-based cross-sectional study, Hypertension research, Hypertension research, 2014年, [査読有り], 10.1038/hr.2014.73
  • 短期大学生に対する発達障がい児の事例を用いたグループワークの試み, 大学教育実践ジャーナル, 大学教育実践ジャーナル, 2014年, [査読有り]
  • リトミックを加味した遊戯療法を用いた発達障がい児と母親との心理面接過程, 教育保健研究, 教育保健研究, 2014年, [査読有り]
  • 不登校の口実のために「ぼや」騒動を数回引き起こした少年の臨床心理学的見立て, 教育保健研究, 教育保健研究, 2014年, [査読有り]
  • A型インフルエンザ早期発見の手がかりとなる臨床症状の調査 : 季節性インフルエンザ臨床的早期診断へのアプローチ 第2報, 臨床と研究, 臨床と研究, 2014年, [査読有り]
  • 心的外傷を引き起こすようなライフイベントの経験が青年期男女の主観的健康統制感に及ぼす影響について-性差に焦点をあてて, 教育保健研究, 教育保健研究, 2014年, [査読有り]
  • Cyberbullying and dependence on social networking services Twitter and Line as “electronic drugs” – a review of the literature, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, 2014年
  • 大学生の母乳育児に関する親準備性の意識調査, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2014年
  • Skipping Breakfast is Correlated with Obesity, Yoko Watanabe, Isao Saito, Ikuyo Henmi, Kana Yoshimura, Kotatsu Maruyama, Kanako Yamauchi, Tatsuhiro Matsuo, Tadahiro Kato, Takeshi Tanigawa, Taro Kishida, Yashihiko Asada, Journal of rural medicine, Journal of rural medicine, 2014年, [査読有り], 10.2185/jrm.2887
  • For men aged 40-59 years old, daily rice intake strongly influences the incidence of metabolic syndrome, Watanabe Y, Saito I, Kato T, Journal of Rural Medicine, Journal of Rural Medicine, 2013年, [査読有り], 10.2185/jrm.8.161
  • ストレスと個人属性の関連-介護保険施設の介護従事者に注目して, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2013年
  • 農村部地域住民における家族構成と首尾一貫感覚との関連, 厚生の指標, 厚生の指標, 2013年, [査読有り]
  • Risk factors relating to leaving employment in nursing home -A comparison nurses and non licensed care assistants-, Bulletin of The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Faculty of Education Ehime University, 2013年
  • A cross-sectional survey of factors influencing bone mass in junior high school students, Environmental health and preventive medicine, Environmental health and preventive medicine, 2013年, [査読有り], 10.1007/s12199-012-0322-6
  • Comparison of regional differences in health indicators and standard mortality ratio for stroke in subjects in ehime prefecture, Journal of rural medicine, Journal of rural medicine, 2013年, [査読有り], 10.2185/jrm.2868
  • Daily rice intake strongly influences the incidence of metabolic syndrome in Japanese men aged 40-59 years, Yoko Watanabe, Isao Saito, Yasuhiko Asada, Taro Kishida, Tatsuhiro Matsuo, Masamitsu Yamaizumi, Tadahiro Kato, Journal of rural medicine, Journal of rural medicine, 2013年, [査読有り], 10.2185/jrm.8.161
  • Total and high molecular weight adiponectin levels and risk of cardiovascular disease in individuals with high blood glucose levels, Atherosclerosis, Atherosclerosis, 2013年, [査読有り], 10.1016/j.atherosclerosis.2013.04.014
  • 特別支援学級に在籍する自閉症児の漢字学習支援と手芸の取り組み, 教育保健研究, 教育保健研究, 2012年, [査読有り]
  • The relationship between individual component of autonomic nervous function and issues of annual medical examination, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University, 2012年
  • 学校保健における東洋医学の意義に関する一考察―健康観の再考と創造から―, 教育保健研究, 教育保健研究, 2012年, [査読有り]
  • 地域住民を対象とした循環器詳細健診における歯周病対策の取り組み-中高年者の歯周病発症状況に基づく学校保健における歯周病対策に関する考察-, 教育保健研究, 教育保健研究, 2012年, [査読有り]
  • 銀塩増幅技術を使用した超高感度イムノクロマト法インフルエンザ診断システムの有用性に関する検討 ー季節性インフルエンザ臨床的早期診断へのアプローチ 第1報ー, 臨床と研究, 臨床と研究, 2012年, [査読有り]
  • Potential for therapeutic counseling using salutogenic model-A review of the literature of ‘sense of coherence’ and a perspective on clinical psychology-, Bulletin of The Faculty of Education Ehime University, Bulletin of The Faculty of Education Ehime University, 2012年
  • Relationship between the Subjective Assessment of Personal Health and Annual Medical Check-ups for Residents of Toon City, Ehime Prefecture, School of Nursing Faculty of Medicine Kagawa UniversityNursing Journal of Kagawa University, School of Nursing Faculty of Medicine Kagawa UniversityNursing Journal of Kagawa University, 2011年, [査読有り]
  • 心理職の教育, 精神神経学雑誌, 精神神経学雑誌, 2011年, [査読有り]
  • DSM-Ⅳ-TRに基づくアスペルガー障害傾向者の職場不適応行動の臨床心理学的見立て, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2011年
  • 日本における自殺企図に関する心理社会的要因-比較文化の視点から-, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2011年
  • A survey into social well-being amongst residents of Toon City aged between 20 and 64, The Factory of Education, Ehime UniversiyBulletin of The Factory of Education, Ehime Universiy, The Factory of Education, Ehime UniversiyBulletin of The Factory of Education, Ehime Universiy, 2010年
  • Health condition of people aged between 20 and 65 in Toon City, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculity of Education Ehime University, Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculity of Education Ehime University, 2010年
  • 寮生活における対物管理・対人関係に困難がある高校生の一事例 -広汎性発達障害児から考える-, 教育保健研究, 教育保健研究, 2010年, [査読有り]
  • 大学生の防衛的悲観主義者における精神的健康-対処方略に着目しての検討-, 教育保健研究, 教育保健研究, 2010年, [査読有り]
  • An example of a neglected child who constructed a special safe place both at home and at school, School Health, School Health, 2010年
  • 高齢者介護に従事する職員の健康と職業意識に関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2009年
  • Mortality rate of metabolic syndrome in male employees in small and medium-sized companies and a cut-off point value for waist circumference and BMI by means of Receiver Operating Characteristic, Journal of Ehime Women's Collage, Journal of Ehime Women's Collage, 2009年, [査読有り]
  • A report of health education activities on salt intake by medical students and nursing students in Oshima island, Ehime, Journal of Shikoku Public Health Society, Journal of Shikoku Public Health Society, 2009年, [査読有り]
  • 公衆衛生学講義におけるグループワークの効果と看護学生の意識に関する研究(Ⅱ), 教育保健研究, 教育保健研究, 2008年, [査読有り]
  • The results of quality control of abdominal ultrasound screening tests carried out at mobile locations, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2008年
  • Early detection of life style affecting disorders based on the results of annual medical check-ups Re-evaluation of the data of residental medical check-ups under the Health Promotion Law over the period 2000 to 2004, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2008年
  • The Effect of Play Therapy on a Japanese Child Suffering from Expressive Language Disorder Brought on by Early English Education, Nursing Journal of Kagawa University, Nursing Journal of Kagawa University, 2008年, [査読有り]
  • The Diagnosis and Treatment of Premenstrual Dysphoric Disorder in a Patient Who had been Misdiagnosed as Having Either Rapid Cycling Bipolar I Disorder or Borderline Personality Disorder, School Health, School Health, 2008年, [査読有り]
  • An educational programs to providing an ability to pay for fares on trains and streetcars for a child with middle-functioning autism, Bulletin of the faculty of education Ehime University, Bulletin of the faculty of education Ehime University, 2007年
  • A cross-sectional survey of nursing-home inpatients with dementia or physical disability in patients' assessments, Bulletin of the faculty of education Ehime University, Bulletin of the faculty of education Ehime University, 2007年
  • Using mobile phones and mobile phone email to train patients with middle-functioning autism to carry out everyday tasks like shopping., Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2007年
  • 地域防災における「学校の役割」に関する松山市立東雲・道後・清水および湯築小学校との共同研究 ―児童の自己防災力と保護者の防災力―, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2007年
  • 広汎性発達障害児と保護者の就学における心理学的面接と社会資源ネットワークに関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2007年
  • Role-play Therapy as Treatment for Anorexia Nervosa using the Script from the Hayao Miyazaki Animated Movie Kiki's Delivery Service (Majo no Takkyuubin), School Health, School Health, 2007年, [査読有り]
  • Education for Disaster Mitigation in Schools, International Symposium on Geo-Disasters,Infrastructure Management and Protection of World Heritage Sites, International Symposium on Geo-Disasters,Infrastructure Management and Protection of World Heritage Sites, 2006年
  • A Study on the Level of Disaster Awareness in Kathmandu Residents, International Symposium on Geo-Disasters,Infrastructure Management and Protection of World Heritage Sites, International Symposium on Geo-Disasters,Infrastructure Management and Protection of World Heritage Sites, 2006年
  • A Screening Method for Atherosclerosis in Children Using the Murata Index, Rohrer Index, and Body Mass Index as Atherogenic Indexes, 学校保健研究, 学校保健研究, 2006年, [査読有り]
  • A cross-sectional survey of schoolchildren and their parents concerning the risk of stranger danger to children on their way to and from school, Bulletin of the faculty of education Ehime University, Bulletin of the faculty of education Ehime University, 2006年
  • Behavioral Models of continuing the Neighborhood Watch Schemes ‐The relationship between the attitudes towards crime prevention and sense of community‐, School Health, School Health, 2006年, [査読有り]
  • A Cross-sectional survey of Suitability of residences as Neighborhood watch scheme houses and Participants’ attitude towards “stranger danger”, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2006年
  • 好酸球性胃腸炎を呈した患者のコンサルテーションに関する事例報告および文献的検討, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006年
  • A cross-sectional survey of the Psychological effects of the 2004 Niihama Flood Disaster on Residents with underlying Lifestyle-affecting Disorders., Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2006年
  • 養護教諭のグループワーク研修の効果に関する研究 -発達障害児の事例を用いて-, 教育保健研究, 教育保健研究, 2006年, [査読有り]
  • 2台のパソコンメールを用いた自閉症児とのコミュニケーション手法, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006年
  • 地域防災における「学校の役割」に関する松山市立東雲・道後・清水および湯築小学校との共同研究-地域自主防犯組織を中心とした子どもの安全を確保する対策に関する研究-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006年
  • 看護学科「公衆衛生学」講義におけるグループワークの効果と看護学生の意識に関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2006年
  • A Psychological Study of 2004 Niihama Flood Victims – A consideration of mental state by analyzing ‘real voice’ of the victims –, Disaster management achievement and challenges, Disaster management achievement and challenges, 2005年
  • A cross-sectional survey of school children and their parents concerning about the risk of stranger danger to children on their way to and from school, Bulletin of the faculty of education Ehime University, Bulletin of the faculty of education Ehime University, 2005年
  • A cross-sectional survey of local Neighborhood Watch scheme participants concerning the risk of stranger danger to children on their way to and from school, School Health, School Health, 2005年, [査読有り]
  • A study of the volunteer work carried out by high school students following the 2004 Niihama Flood Disaster. First report: A cross-sectional survey of students’ motivation and awareness of social roles following their involvement in disaster relief work., Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, Bulletin of the Center for Education and Educational Research the Faculty of Education Ehime University, 2005年
  • 新居浜市水害被災者に対する「心のケア」に関する調査研究-保健師の被災者個別訪問健康調査票の自由記載項目の解析-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2005年
  • 2004年新居浜市水害における高校生ボランティア活動に関する研究 第2報:高校生ボランティア意識の検討, 愛媛大学教育実践総合センター愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2005年
  • 地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 自然災害およびストーカー被害から児童を守る対策に関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2005年
  • 手作り絵カードを用いた就学前軽度自閉症児に対する教育訓練に関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2005年
  • 地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 第2報 ハザードマップ作成による防災計画の立案と対策, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004年
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の生活の質(QOL)の向上に関する研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004年
  • 理工学系学部大学生のための英語学習考察(第一報)- DVDを活用したContent-based approachの提案, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004年
  • 地域防災における「学校の役割」に関する愛媛大学教育学部教育連携校との共同研究 第1報 東海沖・南海地震に対する防災意識調査, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004年
  • 反社会行動を繰り返す青年期アスペルガー障害者の心理アセスメントに関する報告, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2004年
  • 高機能自閉症児に対する感覚統合療法の治療効果, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2004年
  • アスペルガー障害児に対する感覚統合療法の治療効果, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2004年
  • 脊髄小脳変性症患者におけるインターネット・コミュニティ-神経筋難病情報サービス「読者の交流室」の分析を通して-, 日本難病看護学会誌, 日本難病看護学会誌, 2003年, [査読有り]
  • 神経難病患者のインターネット・コミュニティ-神経筋難病情報サービス「読者の交流室」の分析を通して-, 日本難病看護学会誌, 日本難病看護学会誌, 2003年, [査読有り]
  • 生涯教育の視点からの「デス・エデュケーション」の実践的研究, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003年
  • 地域生活を送る脊髄小脳変性症M氏の病気への対処行動に関する研究-ライフヒストリー法による分析を通して-, 日本難病看護学会誌, 日本難病看護学会誌, 2003年, [査読有り]
  • 被災地域における教育活動および地域防災に対する学校の役割に関する共同研究 第2報 東雲小学校、湯築小学校児童の通学路の安全性に関する調査, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003年
  • 被災地域における教育活動および地域防災に対する学校の役割に関する共同研究 第1報 東雲小学校、湯築小学校児童の合同学校生活に関する調査, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003年
  • 神経難病患者の在宅医療・福祉サービスと患者の生活の質に関する研究 第1報 神経難病患者の生活実態調査, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003年
  • 神経難病患者の在宅医療・福祉サービスと患者の生活の質に関する研究第2報 神経難病患者の介護と臨床心理士の役割, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2003年
  • A市における中学生のいじめの実態調査・第1報 -現状と対策-, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2002年
  • A市における中学生のいじめの実態調査・第2報 -いじめの構造と社会心理学的背景因子について-, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2002年
  • A市における中学生のいじめの実態調査・第3報 -A市におけるいじめ対策のモデル事業の試み-, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 2002年
  • 学校臨床における臨床心理士の父性について, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 社会的ひきこもりと転職を繰り返す青年への心理臨床, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 障害者支援のネットワークと職域保健, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 末期癌のクライアントと家族への心理臨床, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 在宅ホスピスとスピリチュアルケア, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 神経難病を抱えながら就労を続けるクライアントへの心理臨床, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 2002年
  • 育児状況の世代間比較と育児疲労についての検討-母子保健計画の策定への提言-第2報, 愛媛医学, 愛媛医学, 2002年, [査読有り]
  • 被災地域における教育活動の調査・研究 -芸予地震と子どもたち-, 愛媛大学学芸予地震学術調査最終報告書, 愛媛大学学芸予地震学術調査最終報告書, 2002年
  • 横行結腸に観察された単発性急性潰瘍の1例, Gastroenterological Endoscopy, Gastroenterological Endoscopy, 2000年, [査読有り]
  • 夜間休日急患センターを受診した小児救急患者の疾病構造の現状と問題点-母子保健計画の策定への提言-第1報, 愛媛医学, 愛媛医学, 2000年, [査読有り]
  • 全腸の全集性狭窄を呈した好酸球性胃腸炎の1例, 岡山大学三朝分院研究報告, 岡山大学三朝分院研究報告, 1998年
  • 食道静脈瘤硬化療法用バルーンを利用し内視鏡下に摘出しえたステーキナイフ誤嚥の1例, 消化器内視鏡, 消化器内視鏡, 1997年, [査読有り]
  • オメプラールによる胃潰瘍治療の検討-Helicobacter pyloriの除菌に関与する因子の検討-, 臨床と研究, 臨床と研究, 1997年, [査読有り]
  • 大腸前処置法の栄養評価としてのレチノール結合蛋白の有用性の検討, 岡山大学三朝分院研究報告, 岡山大学三朝分院研究報告, 1996年
  • 対症療法にて救命しえた多発性嚢胞腎症を伴う悪性症候群の1例, 愛媛医学, 愛媛医学, 1996年, [査読有り]
  • 精神分裂病入院患者に対する大腸癌検診の試み, 薬理と治療, 薬理と治療, 1995年
  • Sodium picosulfate, PEG腸管洗浄液併用によるTotal colonoscopyの前処置法に関する検討, 岡山大学三朝分院研究報告, 岡山大学三朝分院研究報告, 1994年
  • ノルアドレナリン刺激によるラット前大脳皮質培養細胞内Ca2+濃度上昇に及ぼすCa2+拮抗薬の効果, 神経精神薬理, 神経精神薬理, 1991年, [査読有り]
  • ラット5-HT2受容体刺激によるイノシトールリン脂質代謝回転に及ぼす躁うつ病治療薬の効果, 神経精神薬理, 神経精神薬理, 1990年, [査読有り]
  • 培養神経細胞における細胞内Ca2+濃度上昇に対するdantroleneの効果, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1990年, [査読有り]
  • 悪性症候群のモデルラットに関する検討(2)-Veratrine視床下部注入による体温変化に及ぼすセトロニン受容体遮断薬とβ受容体遮断薬の効果-, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1989年, [査読有り]
  • 腋窩温と発汗に左右差を認める脳梗塞の1症例, 広島医学, 広島医学, 1989年, [査読有り]
  • In Vivo Determination of 5-Hydroxytryptamine Receptor-Stimulated Phosphoinositide Turnover in Rat Brain, Journal of Neurochemistry, Journal of Neurochemistry, 1989年, [査読有り], 10.1111/j.1471-4159.1989.tb07369.x
  • A Pharmacological study of Vertrine-induced Hyperthermia in the rat : a model of neuroleptic malignant syndrome, Hiroshima Journal of Medical Science, Hiroshima Journal of Medical Science, 1989年
  • 脳内透析法によるラット視床下部内のmonoamine代謝に及ぼすdantroleneの効果, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1989年, [査読有り]
  • ラット脳シナプトソーム内Ca2+濃度上昇に対するCa2+拮抗薬とDantroleneの効果, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1989年, [査読有り]
  • 悪性症候群のモデルラットに関する検討(1)-Veratrine視床下部注入による体温変化に及ぼすDantrolene の効果-, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1988年, [査読有り]
  • 視床下部セロトニン遊離 に対するCa2+拮抗薬の効果, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1988年, [査読有り]
  • ラット脳シナプトソーム 内Ca2+濃度上昇に対するDantroleneの効果, 麻酔と蘇生, 麻酔と蘇生, 1988年, [査読有り]

書籍等出版物

MISC

  • A study of educational effect of group works on nursing student's attitudes towards public health, Ehime University, School of Nurse (Ⅱ), 15, 83, 88, 2008年

その他研究情報

競争的資金

その他

  • 2018年, 免疫蛍光法を原理とする新しい迅速検査試薬であるSofiaアナライザー用Influenza A+B FIAを用いた、インフルエンザ患者の発熱後の経過時間と診断性能の検討, 内容:インフルエンザ感染症において、抗インフルエンザ薬の効果的な使用のためには、発病から出来るだけ早く診断し、治療を開始する事が重要である。診断においてインフルエンザウイルスを検出する感度は、ウイルスの型や、検体採取部位、発熱からの時間経過のような各種要因によって異なる。新しいインフルエンザ迅速検査システムにおいてインフルエンザ感染の疑いを持ち経過中に38℃以上の発熱をきたした被験者において、本キットで陽性反応が得られる時間経過を評価する。また、social network theory(複雑ネットワーク理論解析)で、家族内の感染伝播性についても検討した。

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, こころと健康
  • 2019年, 前期, 修士, 特別支援教育総論
  • 2019年, 前期, 修士, 臨床心理実習2
  • 2019年, 前期, 学部, 教育相談論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.