研究者データベース

佐久間 洋サクマ ヨウ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名准教授
Last Updated :2020/05/28

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    佐久間 洋
  • 氏名(カナ)

    サクマ ヨウ

所属

所属・職名

  • 職名

    准教授

学歴等

学位

  • 博士(農学)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • ライフサイエンス, 植物分子、生理科学

著書・発表論文等

論文

  • Modifications of water status, growth rate and antioxidant system in two wheat cultivars as affected by salinity stress and salicylic acid, Naglaa Loutfy, Yoh Sakuma, Dharmendra K Gupta, Masahiro Inouhe, Journal of Plant Research, Journal of Plant Research, 2020年04月, [査読有り]
  • Direct ethanol production from cellulosic materials by consolidated biological processing using the wood rot fungus Schizophyllum commune, Horisawa Sakae, Ando Hiromasa, Ariga Osamu, Sakuma Yoh, BIORESOURCE TECHNOLOGY, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 2015年12月, [査読有り], 0960-8524, 10.1016/j.biortech.2015.08.031
  • Identification and species-typing of wood rotting fungi using melting curve analysis, Sakae Horisawa, Yoh Sakuma, Shuichi Doi, JOURNAL OF WOOD SCIENCE, JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2013年10月, [査読有り], 1435-0211, 10.1007/s10086-013-1349-z
  • Coordinative roles of organic and inorganic solutes in plant responses to drought and salinity stresses, Inouhe M, Ichi T, Matsumoto A, Sakuma Y, Loutfy N, Abstract of VIPCA II Conference for Plant Abiotic Stress Tolerance II, Vienna, Austria, Abstract of VIPCA II Conference for Plant Abiotic Stress Tolerance II, Vienna, Austria, 2012年02月, [査読有り], [招待有り]
  • Changes in the water status and osmotic solute contents in response to drought and salicylic acid treatments in four different cultivars of wheat (Triticum aestivum), Naglaa Loutfy, Mohamed A. El-Tayeb, Ahmed M. Hassanen, Mahmoud F. M. Moustafa, Yoh Sakuma, Masahiro Inouhe, JOURNAL OF PLANT RESEARCH, JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 2012年01月, [査読有り], 0918-9440, 10.1007/s10265-011-0419-9
  • Arabidopsis HsfA1 transcription factors function as the main positive regulators in heat shock-responsive gene expression, Takumi Yoshida, Naohiko Ohama, Jun Nakajima, Satoshi Kidokoro, Junya Mizoi, Kazuo Nakashima, Kyonoshin Maruyama, Jong-Myong Kim, Motoaki Seki, Daisuke Todaka, Yuriko Osakabe, Yoh Sakuma, Friedrich Schoeffl, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS, MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS, 2011年12月, [査読有り], 1617-4615, 10.1007/s00438-011-0647-7
  • Metabolic pathways involved in cold acclimation identified by integrated analysis of metabolites and transcripts regulated by DREB1A and DREB2A., Maruyama K, Takeda M, Kidokoro S, Yamada K, Sakuma Y, Urano K, Fujita M, Yoshiwara K, Matsukura S, Morishita Y, Sasaki R, Suzuki H, Saito K, Shibata D, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K, Plant physiology, Plant physiology, 2009年08月, [査読有り], 0032-0889, 10.1104/pp.109.135327
  • Qualitative and quantitative PCR methods using species-specific primer for detection and identification of wood rot fungi, Horisawa Sakae, Sakuma Yoh, Doi Shuichi, JOURNAL OF WOOD SCIENCE, JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2009年04月, [査読有り], 1435-0211, 10.1007/s10086-008-1011-3
  • Arabidopsis DREB2A-interacting proteins function as RING E3 ligases and negatively regulate plant drought stress-responsive gene expression, Qin Feng, Sakuma Yoh, Tran Lam-Son Phan, Maruyama Kyonoshin, Kidokoro Satoshi, Fujita Yasunari, Fujita Miki, Umezawa Taishi, Sawano Yoriko, Miyazono Ken-ichi, Tanokura Masaru, Shinozaki Kazuo, Yamaguchi-Shinozaki Kazuko, PLANT CELL, PLANT CELL, 2008年06月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.107.057380
  • Profiling of a microbial community under confined conditions in a fed-batch garbage decomposer by denaturing gradient gel electrophoresis, Horisawa Sakae, Sakuma Yoh, Nakamura Yasunorl, Doi Shuichi, BIORESOURCE TECHNOLOGY, BIORESOURCE TECHNOLOGY, 2008年05月, [査読有り], 0960-8524, 10.1016/j.biortech.2007.05.054
  • Functional analysis of an Arabidopsis heat-shock transcription factor HsfA3 in the transcriptional cascade downstream of the DREB2A stress-regulatory system, Yoshida Takumi, Sakuma Yoh, Todaka Daisuke, Maruyama Kyonoshin, Qin Feng, Mizoi Junya, Kidokoro Satoshi, Fujita Yasunari, Shinozaki Kazuo, Yamaguchi-Shinozaki Kazuko, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年04月, [査読有り], 0006-291X, 10.1016/j.bbrc.2008.01.134
  • Regulation and functional analysis of ZmDREB2A in response to drought and heat stresses in Zea mays L, Feng Qin, Masayuki Kakimoto, Yoh Sakuma, Kyonoshin Maruyama, Yuriko Osakabe, Lam-Son Phan Tran, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, PLANT JOURNAL, PLANT JOURNAL, 2007年04月, [査読有り], 0960-7412, 10.1111/j.1365-313X.2007.03034.x
  • Transcriptional regulation of the DREBIC gene in response to low temperature, Satoshi Kidokoro, Kyonoshin Maruyama, Kazuo Nakashima, Yoh Sakuma, Yoshiyuki Imura, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年, [査読有り], 0032-0781
  • Co-expression of the stress-inducible zinc finger homeodomain ZFHD1 and NAC transcription factors enhances expression of the ERD1 gene in Arabidopsis, Lam-Son Phan Tran, Kazuo Nakashima, Yoh Sakuma, Yuriko Osakabe, Feng Qin, Sean D. Simpson, Kyonoshin Maruyama, Yasunari Fujita, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, PLANT JOURNAL, PLANT JOURNAL, 2007年01月, [査読有り], 0960-7412, 10.1111/j.1365-313X.2006.02932.x
  • An Arabidopsis Ring E3 ligase D2AIP mediates the ubiquitination and degradation of DREB2A under unstressed condition, Feng Qin, Yoh Sakuma, Lam-Son Phan Tran, Yuriko Osakabe, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年, [査読有り], 0032-0781
  • Dual function of an Arabidopsis transcription factor DREB2A in water-stress-responsive and heat-stress-responsive gene expression, Yoh Sakuma, Kyonoshin Maruyama, Feng Qin, Yuriko Osakabe, Kazuo Shinozaki, Kazuko Yamaguchi-Shinozaki, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2006年12月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.0605639103
  • Functional analysis of an Arabidopsis transcription factor, DREB2A, involved in drought-responsive gene expression, Y Sakuma, K Maruyama, Y Osakabe, F Qin, M Seki, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, PLANT CELL, PLANT CELL, 2006年05月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.105.035881
  • Isolation and functional analysis of Arabidopsis stress-inducible NAC transcription factors that bind to a drought-responsive cis-element in the early responsive to dehydration stress 1 promoter, LSP Tran, K Nakashima, Y Sakuma, SD Simpson, Y Fujita, K Maruyama, M Fujita, M Seki, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, PLANT CELL, PLANT CELL, 2004年09月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.104.022699
  • Arabidopsis Cys2/His2-type zinc-finger proteins function as transcription repressors under drought, cold, and high-salinity stress conditions, H Sakamoto, K Maruyama, Y Sakuma, T Meshi, M Iwabuchi, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, PLANT PHYSIOLOGY, PLANT PHYSIOLOGY, 2004年09月, [査読有り], 0032-0889, 10.1104/pp.104.046599
  • Cloning and functional analysis of a novel DREB1/CBF transcription factor involved in cold-responsive gene expression in Zea mays L., F Qin, Y Sakuma, J Li, Q Liu, YQ Li, K Shinozaki, KY Yamagushi-Shinozaki, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2004年08月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pch118
  • Identification of cold-inducible downstream genes of the Arabidopsis DREB1A/CBF3 transcriptional factor using two microarray systems, K Maruyama, Y Sakuma, M Kasuga, Y Ito, M Seki, H Goda, Y Shimada, S Yoshida, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, PLANT JOURNAL, PLANT JOURNAL, 2004年06月, [査読有り], 0960-7412, 10.1111/j.1365-313X.2004.02100.x
  • Interaction between two cis-acting elements, ABRE and DRE, in ABA-dependent expression of Arabidopsis rd29A gene in response to dehydration and high-salinity stresses., Narusaka Y, Nakashima K, Shinwari ZK, Sakuma Y, Furihata T, Abe H, Narusaka M, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K, The Plant journal : for cell and molecular biology, The Plant journal : for cell and molecular biology, 2003年04月, [査読有り], 0960-7412, 10.1046/j.1365-313X.2003.01708.x
  • OsDREB genes in rice, Oryza sativa L., encode transcription activators that function in drought-, high-salt- and cold-responsive gene expression., Dubouzet JG, Sakuma Y, Ito Y, Kasuga M, Dubouzet EG, Miura S, Seki M, Shinozaki K, Yamaguchi-Shinozaki K, The Plant journal : for cell and molecular biology, The Plant journal : for cell and molecular biology, 2003年02月, [査読有り], 0960-7412, 10.1046/j.1365-313X.2003.01661.x
  • DNA-binding specificity of the ERF/AP2 domain of Arabidopsis DREBs, transcription factors involved in dehydration- and cold-inducible gene expression, Y Sakuma, Q Liu, JG Dubouzet, H Abe, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年01月, [査読有り], 0006-291X, 10.1006/bbrc.2001.6299
  • Organization and expression of two Arabidopsis DREB2 genes encoding DRE-binding proteins involved in dehydration- and high-salinity-responsive gene expression, K Nakashima, ZK Shinwari, Y Sakuma, M Seki, S Miura, K Shinozaki, K Yamaguchi-Shinozaki, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 2000年03月, [査読有り], 0167-4412
  • Molecular responses to drought stress in plants: regulation of gene expression and signal transduction., Shinozaki, K, Yamaguchi-Shinozaki, K, Liu, Q, Kasuga, M, Ichimura, K, Mizoguchi, T, Urao, T, Miyata, S, Nakashima, K, Shinwari, Z.K, Abe, H, Sakuma, Y, Ito, T, Seki, M, Plant Responses to Environmental Stress. Edited by Smallwood, M.F., Calvert, C.M. and Bowles, D.J. BIOS Scientific Publishers, Oxford., Plant Responses to Environmental Stress. Edited by Smallwood, M.F., Calvert, C.M. and Bowles, D.J. BIOS Scientific Publishers, Oxford., 1999年, [査読有り]

講演・口頭発表等

  • イネの種子発芽と芽生え成長に対するサリチル酸と重金属イオン(Fe2+,Cu2+,Zn2+) の影響, 大銅優太郎, 堀怜美, 佐久間洋, 井上雅裕, 第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月
  • 半陰性蘚類コツボゴケ (Plagiomnium acutum) の可溶性および細胞壁糖組成に対する水・温度ストレス の影響, 中西亮介, 佐久間洋, 井上雅裕, 第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月
  • 分裂酵母の細胞増殖と細胞壁形成に対するガジュマルラテックスと各種キチナーゼの影響, 寺尾桃子, 仁木宏典, 佐久間洋, 井上雅裕, 第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月
  • 四国における Google Map を用いたダンチクの分布調査 ―Azure Custom Vision Service を用いた評価―, 永瀬 真, 吉川 朝彦, 森脇 直人, 堀澤 栄, 井上 雅裕, 佐久間 洋, 日本植物学会第83回大会, 2019年09月
  • 水面から水底生活に移行して増殖するウキクサ葉状体の生理学的・形態学的特徴, 小野 浩之, 荒井 希望, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 中四国植物学会 第76回大会, 2019年05月
  • 分裂酵母と他種菌類の細胞増殖と細胞壁多糖類に及ぼすガジュマルラテックスの影響, 寺尾 桃子, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 徳重 遥也, 中四国植物学会 第76回大会, 2019年05月
  • ダンチク懸濁培養細胞の一過的質転換条件の検討, 佐久間 洋, 阿部 友紀子, 今塩屋 賢, 堀澤 栄, 井上 雅裕, 中四国植物学会 第76回大会, 2019年05月
  • 四国における Google Map を用いた大型イネ科植物ダンチクの分布調査, 吉川 朝彦, 永瀬 真, 森脇 直人, 堀澤 栄, 井上 雅裕, 佐久間 洋, 中四国植物学会 第76回大会, 2019年05月
  • 藻類・細菌・繊毛虫からなる合成生態系を用いた進化の解析:大腸菌の進化と種間関係, 中島敏幸, 安部雄一, 坪井睦枝, 松浦正幸, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 日本ゲノム微生物学会, 2019年03月
  • 合成生態系における藻類・細菌間の種間関係の進化と大腸菌の全ゲノム解析, 安部雄一, 坪井睦枝, 松浦正幸, 藤川佳之, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 日本ゲノム微生物学会, 2019年03月
  • 藻類・細菌・繊毛虫からなるモデル微生物生態系における細菌の進化と種間関係, 安部雄, 坪井睦枝, 松浦正幸, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 第9回 愛媛微生物学ネットワーク・フォーラム, 2018年11月
  • 長期培養モデル生態系における藻類・細菌間共生の進化, 安部雄一, 藤井陽介, 松浦正幸, 坪井睦枝, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 日本原生生物学会, 2018年10月
  • 高知県中東部沿岸および愛媛県西部における Google マップを用いたダンチクの分布調査 ―ダンチクは津波避難の目印に使えるのか?―, 佐久間 洋, 森脇 直人, 堀澤 栄, 井上 雅裕, 日本植物学会 第82回大会, 2018年09月
  • スベリヒユの多肉化と茎肥大に及ぼす環境ストレスと無機栄養塩類の影響, 佐久間 洋, 日本植物学会 第82回大会, 2018年09月
  • 分裂酵母(S. japonicus)の細胞形態と増殖曲線に対するガジュマルラテックス成分の影響, 寺尾 桃子, 仁木 宏典, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 日本植物学会 第82回大会, 2018年09月
  • スベリヒユの多肉化と茎肥大に及ぼす環境ストレスと植物ホルモンの影響, 梅崎 昇太, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 中四国植物学会 第75回大会, 2018年05月
  • 分裂酵母と出芽酵母の細胞増殖と形態形成に及ぼすガジュマルラテックス可用性成分の影響, 寺尾 桃子, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 中四国植物学会 第75回大会, 2018年05月
  • 大型海浜植物ダンチクのGoogleマップを用いた分布調査, 佐久間 洋, 森脇 直人, 堀澤 栄, 井上 雅裕, 中四国植物学会 第75回大会, 2018年05月
  • コカナダモの食害応答におけるジャスモン酸伝達とフラボノイド生成の影響, 門倉 祐太, 佐久間 洋, 宮本 健助, 井上 雅裕, 日本植物学会・第81回大会, 2017年09月
  • 大型海浜植物ダンチクのGoogleマップを用いた分布調査 —分布に影響を与える要因—, 佐久間 洋, 高木方隆, 堀澤 栄, 井上雅裕, 日本植物学会・第81回大会, 2017年09月
  • Community structure analysis of wood-inhabiting fungi by DNA based methods, 堀沢 栄, 濱口航大, 佐久間洋, International Union of Microbiological Societies, 2017年07月
  • 水中食害に応答するコカナダモの成長パターンとジャスモン酸濃度の変化, 門倉 祐太, 宮本 健助, 佐久間 洋, 井上 雅裕, 中四国植物学会第74回大会, 2017年05月
  • 植物の障害ストレスによって分泌されるラテックス成分の特徴と役割について, 寺尾桃子, 門倉祐太, 佐久間 洋, 井上雅裕, 中四国植物学会第74回大会, 2017年05月
  • 大型海浜植物ダンチクのGoogleマップを用いた分布調査, 佐久間 洋, 高木方隆, 堀澤 栄, 井上雅裕, 中四国植物学会第74回大会, 2017年05月
  • トマト植物の成長と土壌微生物相に対するヨーグルト乳酸菌と培地・乳成分の影響, 渡邊由喜, 金平満美, 多田真実子, 佐久間洋, 仁木宏典, 伊藤みさご, 徳本勇人, 井上雅裕, 大阪府立大学学内報告会, 2017年03月
  • トマトの成長と土壌微生物層に及ぼすヨーグルトの影響, 井上雅裕, 渡邊由喜, 金平満美, 多田真実子, 佐久間洋, 仁木宏典, 第58回植物生理学会年会, 2017年03月
  • 乳酸菌ヨーグルト処理によるトマト植物の成長促進と土壌微生物相の変, 井上雅裕, 佐久間洋, 多田真実子, 金平満実, 渡邊由喜, 仁木宏典, 日本植物学会第80回大会, 2016年09月
  • トチカガミ科沈水植物のマキガイによる食害応答に関する研究, 門倉祐太, 佐久間 洋, 井上雅裕, 中国四国植物学会第73回大会, 2016年05月
  • イネの成長と金属結合物質生成に及ぼす重金属イオン(Cd2+,Zn2+,Cu2+)の影響, 堀 怜美, 佐久間 洋, 井上雅裕, 中国四国植物学会第73回大会, 2016年05月
  • イネ科大型海浜植物ダンチクの塩耐性に関する遺伝子の単離と解析, 坂井佑衣, 亀井奈穗, 井上雅裕, 佐久間 洋, 中国四国植物学会第73回大会, 2016年05月

MISC

  • シロイヌナズナの低温及び乾燥ストレス下においてDREB1A及びDREB2Aが制御する代謝関連遺伝子の解析, 圓山 恭之進, 竹田 みぎわ, 佐久間 洋, 櫻井 望, 城所 聡, 鈴木 秀幸, 斉藤 和季, 柴田 大輔, 篠崎 一雄, 篠崎 和子, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2007, 0, 969, 969, 2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006991807, シロイヌナズナのDREB1A遺伝子は低温に、DREB2A遺伝子は乾燥に応答して遺伝子発現が誘導される。この2つの遺伝子は、AP2/ERFタイプの転写因子をコードしている。DREB1A及びDREB2Aを恒常的に過剰発現させた形質転換植物は、低温・乾燥・塩ストレスに対する耐性が向上することから、この2つの転写因子が制御する下流遺伝子は、低温・乾燥・塩ストレスに対する耐性の獲得において重要な機能を果たしていると考えられる。<br>本研究では、DREB1A及びDREB2Aが制御する低温及び乾燥ストレス下で発現誘導される代謝関連遺伝子と蓄積量が増加する代謝産物に注目し研究を行った。DREB1A及びDREB2A が制御する下流遺伝子及び低温及び乾燥誘導性遺伝子をオリゴアレイ解析で同定し、Kappa-view、KEGG2、Aracyc等のデータベースを参考にして代謝関連遺伝子を選別した。また、DREB1A及びDREB2A過剰発現植物体と低温及び乾燥環境下のシロイヌナズナから代謝産物を抽出してLC/MS、GC/MS、CE/MSを用いて分析し比較解析を行った。低温及び乾燥ストレス下では、顕著に糖類、アミノ酸類、フラボノイド類が蓄積し、DREB1A及びDREB2A過剰発現植物体に蓄積する代謝産物と類似していることが示された。さらに、低温環境下で働いていると考えられる糖代謝酵素は、葉緑体内に局在していることが示され、現在、低温環境下における葉緑体内の代謝産物の蓄積量の変化を解析している。
  • Biological mechanisms of drought stress response., Yamaguchi-Shinozaki, K, Kasuga, M, Liu, Q, Nakashima, K, Sakuma, Y, Abe, H, Shinwari, Z.K, Seki, M, Shinozaki, K, JIRCAS Working Report, JIRCAS Working Report, 23, 1, 8, 2002年
  • Development of Drought-Resistant and Water Stress-Tolerant Crops through Biotechnology., Yamaguchi-Shinozaki, K, Kasuga, M, Liu, Q, Nakashima, K, Sakuma, Y, Abe, H, Shinwari, Z.K, Seki, M, Shinozaki, K, JIRCAS International Symposium Series No.10: The 8th JIRCAS International Symposium: Water for Sustainable Agriculture in Developing Regions., JIRCAS International Symposium Series No.10: The 8th JIRCAS International Symposium: Water for Sustainable Agriculture in Developing Regions., 23, 34, 2002年

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 複合汚染条件で栽培した植物の重金属耐性と金属リガンド間相互作用の解明, 井上 雅裕, 佐久間 洋, 複合的環境汚染を想定し有用植物トマトの細胞と植物体における各種重金属イオンの集積・輸送能と各種リガンド間相互作用を検証し、以下の知見を得た: (1)トマト細胞の Cd 集積・耐性には液胞でのフィトケラチンリガンドによる Cd-PC 複合体が関係し、その複合体形成を Cu 等の重金属や無機アニオンが阻害する。これらは Cd-PC 複合体には殆ど取込まれない。 (2)地上部への Cd・As 輸送には PC 以外に有機酸と無機リガンド(ホウ酸)も関る。重金属混合実験では Zn と Cd は Cu や As より地上部に早く輸送され、その輸送量は有機酸と PC 濃度に比例する。As・Cu では地上部に PC は検出されず、主に無機リガンドが輸送に関る。 (3)他金属(Ca, Mg, Na, Cs, K)の吸収・輸送実験から、上記と異なる輸送(リガンド)と再分配の機構の存在が示唆される。以上の知見と研究成果は新たな発展課題も提示する。

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 分子遺伝学
  • 2019年, 前期, 学部, 生物学ゼミナールⅠ
  • 2019年, 前期, 学部, 生物学特別演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 卒業研究Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 学部, 生物学実験IV
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 学部, 分子遺伝学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.