研究者データベース

八丈野 孝ヤエノ タカシ

所属部署名大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名准教授
Last Updated :2020/07/04

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    八丈野 孝
  • 氏名(カナ)

    ヤエノ タカシ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/yaeno/avatar.JPG
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    農学研究科
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2004年, 九州大学, 理学府
  • 2004年, 九州大学
  • 2000年, 九州大学, 理学研究科
  • 2000年, 九州大学
  • 1998年, 九州大学, 理学部
  • 1998年, 九州大学

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本植物病理学会
  • 日本植物学会
  • 日本植物生理学会

経歴

  • 2016年04月 - 現在, 愛媛大学大学院 農学研究科 准教授
  • 2013年04月 - 2016年03月, 愛媛大学 農学部 准教授
  • 2008年04月 - 2013年03月, 独立行政法人理化学研究所 植物科学研究センター 植物免疫研究グループ 研究員
  • 2004年 - 2008年, 九州大学システム生命科学府 研究員

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 環境・農学, 植物保護科学, 植物病理学
  • 環境・農学, 植物保護科学, 植物病理学
  • ライフサイエンス, 植物分子、生理科学

研究キーワード

  • ペルオキシソーム
  • RXLRモチーフ
  • ジャガイモ疫病
  • 立体構造解析
  • エフェクター
  • 病原性因子
  • オオムギ
  • うどんこ病
  • ジャスモン酸
  • 葉緑体
  • トリエン脂肪酸
  • 活性酸素
  • NADPHオキシダーゼ
  • オゾン
  • 病原菌
  • 過敏感反応
  • 抵抗性
  • 細胞死
  • 植物免疫
  • サリチル酸
  • chloroplast
  • jasmonic acid
  • trienoic fatty acid
  • ozone
  • NADPH oxidase
  • hypersensitive response
  • disease resistance
  • cell death
  • pathogen
  • plant immune
  • salicylic acid

著書・発表論文等

論文

  • High Humidity Causes Abnormalities in the Process of Appressorial Formation of Blumeria graminis f. sp. hordei., Koreyuki Sugai, Hiroshi Inoue, Chie Inoue, Mayuko Sato, Mayumi Wakazaki, Kappei Kobayashi, Masamichi Nishiguchi, Kiminori Toyooka, Naoto Yamaoka, Takashi Yaeno, Pathogens (Basel, Switzerland), Pathogens (Basel, Switzerland), 2020年01月, [査読有り], 10.3390/pathogens9010045
  • A single amino acid substitution in the intervening region of 129K protein of cucumber green mottle mosaic virus resulted in attenuated symptoms, H. Chen, M. Ino, M. Shimono, S. G. Wagh, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, G. Bai, M. Nishiguchi, Phytopathology, Phytopathology, 2020年, [査読有り], 0031-949X, 10.1094/PHYTO-12-18-0478-FI
  • Formvar membrane laid on artificial medium induces haustorium-like structure formation in powdery mildew fungi, Naoto Yamaoka, Eiji Tanaka, Tsubasa Ogasahara, Honoka Tani, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Mycoscience, Mycoscience, 2019年09月, [査読有り], 1340-3540, 10.1016/j.myc.2019.06.006
  • Conferring virus resistance in tomato by independent RNA silencing of three tomato homologs of Arabidopsis TOM1., Ali ME, Ishii Y, Taniguchi JI, Waliullah S, Kobayashi K, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Archives of virology, Archives of virology, 2018年05月, [査読有り], 0304-8608, 10.1007/s00705-018-3747-4
  • Improved method for in situ biolistic transformation to analyze barley-powdery mildew interactions, Miki Wahara, Chie Inoue, Tomohiro Kohguchi, Koreyuki Sugai, Kappei Kobayashi, Masamichi Nishiguchi, Naoto Yamaoka, Takashi Yaeno, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2017年05月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-017-0712-0
  • Inducible expression of magnesium protoporphyrin chelatase subunit I (CHLI)-amiRNA provides insights into cucumber mosaic virus Y satellite RNA-induced chlorosis symptoms., Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K, Virusdisease, Virusdisease, 2017年03月, [査読有り], 2347-3584, 10.1007/s13337-017-0360-1
  • Inducible transgenic tobacco system to study the mechanisms underlying chlorosis mediated by the silencing of chloroplast heat shock protein 90., Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K, Virusdisease, Virusdisease, 2017年03月, [査読有り], 2347-3584, 10.1007/s13337-017-0361-0
  • Review of Beet pseudoyellows virus genome structure built the consensus genome organization of cucumber strains and highlighted the unique feature of strawberry strain, Md. Shamim Akhter, Sachin Ashok Bhor, Ngcebo Hlalele, Masahiro Nao, Ken-Taro Sekine, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Augustine Gubba, Kappei Kobayashi, VIRUS GENES, VIRUS GENES, 2016年12月, [査読有り], 0920-8569, 10.1007/s11262-016-1376-0
  • Allelic barley MLA immune receptors recognize sequence-unrelated avirulence effectors of the powdery mildew pathogen, Xunli Lu, Barbara Kracher, Isabel M. L. Saur, Saskia Bauer, Simon R. Ellwood, Roger Wise, Takashi Yaeno, Takaki Maekawa, Paul Schulze-Lefert, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2016年10月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1612947113
  • Hammer blot-mediated RNA extraction: an inexpensive, labor-saving method to extract RNA for plant virus detection, Md Shamim Akhter, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Kappei Kobayashi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2016年09月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-016-0673-8
  • Transmission of RNA silencing signal through grafting confers virus resistance from transgenically silenced tobacco rootstocks to non-transgenic tomato and tobacco scions, Md. Emran Ali, Sumyya Waliullah, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, JOURNAL OF PLANT BIOCHEMISTRY AND BIOTECHNOLOGY, JOURNAL OF PLANT BIOCHEMISTRY AND BIOTECHNOLOGY, 2016年07月, [査読有り], 0971-7811, 10.1007/s13562-015-0334-6
  • Conferring high-temperature tolerance to nontransgenic tomato scions using graft transmission of RNA silencing of the fatty acid desaturase gene, Shinya Nakamura, Kana Hondo, Tomoko Kawara, Yozo Okazaki, Kazuki Saito, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 2016年02月, [査読有り], 1467-7644, 10.1111/pbi.12429
  • Simple and Quantitative Detection of Apple latent spherical virus Vector by a Spot Hybridization, Sachin Ashok Bhor, Md. Shamim Akhter, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Masanori Kaido, Kappei Kobayashi, International Journal of Modern Botany, International Journal of Modern Botany, 2016年, [査読有り]
  • Analysis of rice RNA-dependent RNA polymerase 6 (OsRDR6) gene in response to viral, bacterial and fungal pathogens, S. G. Wagh, M. M. Alam, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, T. Toriba, H. -Y. Hirano, M. Nishiguchi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2016年01月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-015-0630-y
  • Rice necrosis mosaic virus, a fungal transmitted Bymovirus: complete nucleotide sequence of the genomic RNAs and subgrouping of bymoviruses, S. G. Wagh, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, C. Masuta, M. Nishiguchi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2016年01月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-015-0618-7
  • *WRKY transcription factors phosphorylated by MAPK regulate a plant immune NADPH oxidase in <i>Nicotiana benthamiana</i>., Adachi, H, Nakano, T, Miyagawa, N, Ishihama, N, Yoshioka, M, Katou, Y, Yaeno, T, Shirasu, K, Yoshioka, H, The Plant Cell, The Plant Cell, 2015年10月, [査読有り], 1532-298X
  • WRKY Transcription Factors Phosphorylated by MAPK Regulate a Plant Immune NADPH Oxidase in Nicotiana benthamiana, Hiroaki Adachi, Takaaki Nakano, Noriko Miyagawa, Nobuaki Ishihama, Miki Yoshioka, Yuri Katou, Takashi Yaeno, Ken Shirasu, Hirofumi Yoshioka, PLANT CELL, PLANT CELL, 2015年09月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.15.00213
  • Cauliflower mosaic virus Tav protein induces leaf chlorosis in transgenic tobacco through a host response to virulence function of Tav, Sumyya Waliullah, Naomi Kosaka, Takashi Yaeno, Md Emran Ali, Ken-Taro Sekine, Go Atsumi, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Hideki Takahashi, Kappei Kobayashi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2015年07月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-015-0600-4
  • Overexpression of OsHAP2E for a CCAAT-binding factor confers resistance to Cucumber mosaic virus and Rice necrosis mosaic virus, Md. Mahfuz Alam, Hidemitsu Nakamura, Hiroaki Ichikawa, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2015年01月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-014-0564-9
  • Overexpression of a rice heme activator protein gene (OsHAP2E) confers resistance to pathogens, salinity and drought, and increases photosynthesis and tiller number, Md Mahfuz Alam, Toru Tanaka, Hidemitsu Nakamura, Hiroaki Ichikawa, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Kota Shimomoto, Kotaro Takayama, Hiroshige Nishina, Masamichi Nishiguchi, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 2015年01月, [査読有り], 1467-7644, 10.1111/pbi.12239
  • Artificial induction of a plant virus protein in transgenic tobacco provides a synchronous system for analyzing the process of leaf chlorosis, Sumyya Waliullah, Tomofumi Mochizuki, Ken-Taro Sekine, Go Atsumi, Md Emran Ali, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Kappei Kobayashi, PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY, PHYSIOLOGICAL AND MOLECULAR PLANT PATHOLOGY, 2014年10月, [査読有り], 0885-5765, 10.1016/j.pmpp.2014.08.005
  • A Munc13-like protein in Arabidopsis mediates H+-ATPase translocation that is essential for stomatal responses, Mimi Hashimoto-Sugimoto, Takumi Higaki, Takashi Yaeno, Ayako Nagami, Mari Irie, Miho Fujimi, Megumi Miyamoto, Kae Akita, Juntaro Negi, Ken Shirasu, Seiichiro Hasezawa, Koh Iba, NATURE COMMUNICATIONS, NATURE COMMUNICATIONS, 2013年07月, [査読有り], 2041-1723, 10.1038/ncomms3215
  • The RXLR motif of oomycete effectors is not a sufficient element for binding to phosphatidylinositol monophosphates., Yaeno T, Shirasu K, Plant Signaling & Behavior, Plant Signaling & Behavior, 2013年04月, [査読有り], 1559-2316, 10.4161/psb.23865
  • 植物の U-box 型ユビキチンリガーゼ, 八丈野 孝, 白須 賢, 生化學, 生化學, 2012年06月, 0037-1017
  • The main auxin biosynthesis pathway in Arabidopsis, Kiyoshi Mashiguchi, Keita Tanaka, Tatsuya Sakai, Satoko Sugawara, Hiroshi Kawaide, Masahiro Natsume, Atsushi Hanada, Takashi Yaeno, Ken Shirasu, Hong Yao, Paula McSteen, Yunde Zhao, Ken-ichiro Hayashi, Yuji Kamiya, Hiroyuki Kasahara, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年11月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1108434108
  • Phosphatidylinositol monophosphate-binding interface in the oomycete RXLR effector AVR3a is required for its stability in host cells to modulate plant immunity, Takashi Yaeno, Hua Li, Angela Chaparro-Garcia, Sebastian Schornack, Seizo Koshiba, Satoru Watanabe, Takanori Kigawa, Sophien Kamoun, Ken Shirasu, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年08月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1106002108
  • Resistance to Magnaporthe grisea in transgenic rice with suppressed expression of genes encoding allene oxide cyclase and phytodienoic acid reductase, Asanori Yara, Takashi Yaeno, Morifumi Hasegawa, Hideharu Seto, Shigemi Seo, Kensuke Kusumi, Koh Iba, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年11月, [査読有り], 0006-291X, 10.1016/j.bbrc.2008.08.157
  • BAH1/NLA, a RING-type ubiquitin E3 ligase, regulates the accumulation of salicylic acid and immune responses to Pseudomonas syringae DC3000, Takashi Yaeno, Koh Iba, PLANT PHYSIOLOGY, PLANT PHYSIOLOGY, 2008年10月, [査読有り], 0032-0889, 10.1104/pp.108.124529
  • Enhancement of disease resistance to Magnaporthe grisea in irice by accumulation of hydroxy linoleic acid, Asanori Yara, Takashi Yaeno, Jean-Luc Montillet, Morifumi Hasegawa, Shigemi Seo, Kensuke Kusumi, Koh Iba, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年05月, [査読有り], 0006-291X, 10.1016/j.bbrc.2008.03.083
  • Regulation of rice NADPH oxidase by binding of Rac GTPase to its N-terminal extension, Hann Ling Wong, Reinhard Pinontoan, Kokoro Hayashi, Ryo Tabata, Takashi Yaeno, Kana Hasegawa, Chojiro Kojima, Hirofumi Yoshioka, Koh Iba, Tsutomu Kawasaki, Ko Shimamoto, PLANT CELL, PLANT CELL, 2007年12月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.107.055624
  • Disease resistance against Magnaporthe grisea is enhanced in transgenic rice with suppression of ω-3 fatty acid desaturases., Yara, A, Yaeno, T, Hasegawa, T, Seto, H, Montillet, J.-L, Kusumi, K, Seo, S, Iba, K, Plant Cell Physiology, Plant Cell Physiology, 2007年09月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pcm107
  • The role of salicylic acid in the glutathione-mediated protection against photooxidative stress in rice, Kensuke Kusumi, Takashi Yaeno, Kaori Kojo, Mayuko Hirayama, Daishirou Hirokawa, Asanori Yara, Koh Iba, PHYSIOLOGIA PLANTARUM, PHYSIOLOGIA PLANTARUM, 2006年12月, [査読有り], 0031-9317, 10.1111/j.1399-3054.2006.00786.x
  • Regulatory mechanisms of ROI generation are affected by rice spl mutations, Kaori Kojo, Takashi Yaeno, Kensuke Kusumi, Hideo Matsumura, Shizuko Fujisawa, Ryohei Terauchi, Koh Iba, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年08月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pcj074
  • Ozone-induced expression of the Arabidopsis FAD7 gene requires salicylic acid, but not NPR1 and SID2, T Yaeno, B Saito, T Katsuki, K Iba, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年03月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pci253
  • Lipid signal molecules in plant immune responses., Yaeno, T, Iba, K, Regulation of Plant Growth & Development, Regulation of Plant Growth & Development, 2006年, [査読有り]
  • Role of chloroplast trienoic fatty acids in plant disease defense responses, T Yaeno, O Matsuda, K Iba, PLANT JOURNAL, PLANT JOURNAL, 2004年12月, [査読有り], 0960-7412, 10.1111/j.1365-313X.2004.02260.x

MISC

  • トランスジェニックモデル植物を用いた植物ウイルス病発症機構の解析, 寺田忍, BHOR Sachin Ashok, 望月知史, 舘田知佳, 関根健太郎, 田中啓介, 坂本光, 田谷萌香, ISLAM Shaikhul, 中村瑞生, 三好沙季, 八丈野孝, 八丈野孝, 八丈野孝, 八丈野孝, 小林括平, 小林括平, 小林括平, 小林括平, 植物ウイルス病研究会レポート, 植物ウイルス病研究会レポート, 13, 61‐75, 2018年03月, 0919-2956, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802278569520340
  • カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子発現シロイヌナズナにおける細胞自律的な成長抑制, 寺田忍, 田中啓介, 坂本光, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 120, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802239121521620
  • エンドウうどんこ病菌の人工培養, 小笠原翼, 田中栄爾, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 61, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802251872016429
  • オオムギうどんこ病菌エフェクターの病原性機能および細胞内局在解析, 八丈野孝, 武井博, 井上智絵, 和原未季, 中村篤史, 岩井さくら, 清水茜, 長野眞衣, 戸田寛隆, 小林括平, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 61, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802255339200707
  • mlo変異によるオオムギうどんこ病菌抵抗性の解析, 長野眞依, 和原未季, 井上智絵, 久野裕, 小林括平, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 84, 1, 29(J‐STAGE), 2018年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802241361612780
  • オオムギうどんこ病菌エフェクタ―APEC1の機能解析, 井上智絵, 武井博, 香口智宏, 小林括平, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 84, 1, 29(J‐STAGE), 2018年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802242729545692
  • 麦類の病害抵抗性における「諸刃の剣」問題を解決するための基礎研究, 八丈野 孝, 報告書, エリザベス・アーノルド富士財団, 報告書, 255, 257, 2018年, http://id.ndl.go.jp/bib/030148498
  • 誘導型カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子発現シロイヌナズナが示す成長抑制における遺伝子発現の網羅的解析, 寺田忍, BOHOR S. A, 田中啓介, 坂本光, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2017, 126, 2017年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286291868655
  • Overexpression of a rice heme activator protein gene (OsHAP2E) confers resistance to pathogens, salinity and drought, and increases photosynthesis and tiller number (vol 13, pg 85, 2015), Md. M. Alam, T. Tanaka, H. Nakamura, H. Ichikawa, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, K. Shimomoto, K. Takayama, H. Nishina, M. Nishiguchi, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, WILEY, PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 14, 4, 1171, 1172, 2016年04月, 1467-7644, 10.1111/pbi.12546
  • オオムギうどんこ病菌の付着器分泌型エフェクター候補の解析, 香口智宏, 和原未季, 武井博, 菅井維之, 野村有子, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2016, 62, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602204487762352
  • 薬剤誘導型カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子導入シロイヌナズナは誘導薬剤依存的に葉の黄化および成長抑制を示す, 寺田忍, BHOR Sachin Ashok, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 82, 1, 64(J‐STAGE), 2016年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802214003447782
  • オオムギうどんこ病菌の付着器分泌型エフェクターの同定, 香口智宏, 菅井維之, 野村有子, 和原未季, 武井博, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 82, 1, 54(J‐STAGE), 2016年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802242405649362
  • 作物の病害発症メカニズム解明に向けた温故知新的研究, 八丈野 孝, 日本作物学会講演会要旨集, 日本作物学会, 日本作物学会講演会要旨集, 243, 0, 235, 235, 2016年, 10.14829/jcsproc.243.0_235, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702237002270059
  • オオムギうどんこ病菌の新たな菌株の病原性の解析, 香口 智宏, 和原 未季, 菅井 維之, 山岡 直人, 八丈野 孝, 愛媛大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部, 愛媛大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture, Ehime University, 60, 1, 6, 2015年09月, 0424-6829, http://id.ndl.go.jp/bib/027100771, オオムギうどんこ病菌は,病原性因子であるエフェクターを分泌して宿主の防御反応を抑制し,感染する。本研究では,新規分離株であるOU14株の形態および病原性の解析を行った。その結果,形態形成については既存のRace I株と比べて違いは見られなかった。しかしながら,OU14株はRace I株とは異なるエフェクター遺伝子を持つことが明らかとなった。
  • うどんこ病菌の付着器分泌タンパク質とエフェクターの機能解析, 八丈野孝, 香口智宏, 菅井維之, 和原未季, 野村有子, 佐藤繭子, 若崎眞由美, 久野裕, 片岡創, 久保田直道, 小林括平, 西口正通, 豊岡公徳, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集, 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集, 50, 33‐39, 2015年08月, 1345-8086, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219331296278
  • 葉緑体タンパク質THF1の新規相互作用因子の探索, 杉若侑治, 田島薫, 菅沼裕介, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 151, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214921805356
  • 絶対寄生菌の人工培養:オオムギうどんこ病菌の人工培養, 山岡直人, 田中栄爾, 八丈野孝, 小林括平, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 47, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240913663195
  • オオムギうどんこ病菌Avrエフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 片岡創, 久保田直道, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 47, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502244757644970
  • イネRNAサイレンシング関与遺伝子OsSGS3の機能解析, 田中徹, WAGH S. G, ALAM M. M, CHEN H, 宮尾安藝雄, 廣近洋彦, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 134, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502251793572630
  • カラスウリから分離されたタバモウイルスの塩基配列:Kyuri green mottle mosaic virusの分離株群の2ウイルス種への可能性, 田中徹, 吉田崇彦, 月原周将, 長田龍太郎, 櫛間義幸, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 130, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502257687214439
  • 抵抗性品種を用いたオオムギうどんこ病菌エフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 81, 1, 71, 2015年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802268323893208
  • オオムギうどんこ病菌の付着器から分泌されるエフェクタータンパク質の同定, 八丈野孝, 菅井維之, 野村有子, 佐藤繭子, 若崎真由美, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 豊岡公徳, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 81, 1, 71, 2015年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802269363965037
  • Involvement of a rice heme activator protein gene (OsHAP2E) in defense to fungal and bacterial infections, M. Nishiguchi, M. M. Alam, T. Tanaka, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, PHYTOPATHOLOGY, AMER PHYTOPATHOLOGICAL SOC, PHYTOPATHOLOGY, 104, 11, 85, 85, 2014年11月, 0031-949X
  • オオムギうどんこ病菌の感染過程におけるエフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 74, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402229476305844
  • N′抵抗性はトウガラシ微斑ウイルスに対して永続的である, 出原健吾, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 137, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402267907618216
  • MAPK‐WRKY経路は抵抗性遺伝子に依存したNbRBOHBの転写活性化に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 87, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402275396446791
  • エフェクター認識後のNbRBOHBプロモーター活性化に複数のWRKY型転写因子が関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th, 171, 2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264471295018
  • トウガラシ微斑ウイルス外被タンパク質変異株におけるN′抵抗性を回避するために必須な変異の同定, 出原健吾, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 80, 1, 34, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402220772363577
  • オオムギうどんこ病菌(Blumeria graminis)の感染過程における第一発芽管の役割, 菅井維之, 新崎裕樹, 八丈野孝, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 80, 1, 46, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402260638930882
  • オオムギうどんこ病菌エフェクターの分泌及び宿主細胞侵入機構の解析, 香口智宏, 菅井維之, 中下香, 久野裕, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 80, 1, 46, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264322170423
  • 複数のWRKY型転写因子は抵抗性遺伝子に依存した活性酸素生産に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 80, 1, 28, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276176871820
  • トマトの内在遺伝子のサイレンシングによる高温耐性の付与と接ぎ木による移行, 中村真也, 瓦朋子, 本藤加奈, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, 2P-0888 (WEB ONLY), 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502253445570820
  • H<sup>+</sup>‐ATPase局在化因子PATROL1による気孔運動と成長制御, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 秋田佳恵, 八丈野孝, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本植物学会大会研究発表記録, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th, 164, 2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275573597757
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの宿主細胞内における免疫抑制機構, 八丈野孝, 瀧澤香, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2013, 45, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302228674907791
  • WRKY型転写因子は病害応答性MAPKの下流で誘導されるROS生産の重要な制御因子である, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2013, 49, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302291912945730
  • シロイヌナズナのMunc13オルソログPATROL1はH<sup>+</sup>‐ATPaseの細胞膜への輸送を媒介することにより気孔開孔を促進する, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 八丈野孝, 永見綾子, 入江真理, 藤見美穂, 宮本愛, 秋田佳恵, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 335, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302209212397459
  • WRKY型転写因子が病害応答性MAPKに依存したROS生産に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 287, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302239043720950
  • RXLRエフェクターAVR3aの宿主細胞内における免疫抑制の分子メカニズム, 八丈野孝, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 105, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302258833394993
  • アントシアニン・キシロース転移酵素の結晶構造に基づく機能解析, 榊原圭子, 澄田智美, 八丈野孝, 菅原聡子, 瀧澤香, 寺田貴帆, 白水美香子, 白須賢, 横山茂之, 斉藤和季, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 146, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275127017313
  • 病害応答性MAPKの下流で複数のWRKY型転写因子が防御応答の制御に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 79, 1, 44, 2013年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302292261799516
  • Munc13類似タンパク,PATROL1によるH<sup>+</sup>‐ATPaseの細胞膜局在化制御は,植物の気孔運動と成長に影響を与える, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 八丈野孝, 秋田佳恵, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 1P-0400 (WEB ONLY), 2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402283812851784
  • 酵母から動植物まで包括するユビキチン‐プロテアソーム系の新展開 植物のU‐box型ユビキチンリガーゼ, 八丈野孝, 白須賢, 生化学, 生化学, 84, 6, 425, 431, 2012年06月, 0037-1017, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202229784098910
  • 新規WRKY型転写因子のMAPKに依存した細胞死誘導への関与, 安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2012, 84, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202276896938820
  • ジャガイモ疫病菌が分泌するエフェクターAVR3aの病原性機能には脂質との結合が必要である, 八丈野孝, LI H, CHAPARRO‐GARCIA Angela, SCHORNACK Sebastian, 小柴生造, 渡部暁, 木川隆則, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2012, 90, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202291447058920
  • ジャガイモ疫病菌が分泌するRXLRエフェクターAVR3aの病原性機能にはホスファチジルイノシトールリン酸との結合が必要である, 八丈野孝, 李華, CHAPARRO‐GARCIA Angela, SCHORNACK Sebastian, 小柴生造, 渡部暁, 木川隆則, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 149, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202215360831373
  • TAAとYUCによるインドール‐3‐酢酸の生合成, 増口潔, 田中慧太, 酒井達也, 菅原聡子, 夏目雅裕, 川出洋, 花田篤志, 八丈野孝, 白須賢, YAO Hong, MCSTEEN Paula, ZHAO Yunde, 林謙一郎, 神谷勇治, 笠原博幸, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 157, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202227292190303
  • 病害応答性MAPKに依存した細胞死を制御する新規WRKY型転写因子の単離, 安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 150, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202258512257229
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの立体構造および機能解析, 八丈野孝, 門田康弘, 瀧澤香, LI H, 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 小柴生造, 白水美香子, 渡部暁, 木川隆則, 横山茂之, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2011, 56, 2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102271147406618
  • 病原体による免疫抑制化と植物の免疫戦略 (特集 植物の環境適応ストラテジー--動かない植物の巧みなマネジメント術), 八丈野 孝, 白須 賢, 細胞工学, 学研メディカル秀潤社, 細胞工学, 30, 2, 155, 160, 2011年, 0287-3796, http://id.ndl.go.jp/bib/10986680
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの構造機能解析, 八丈野 孝, 渡部 暁, 木川 隆則, 横山 茂之, Kamoun Sophien, 白須 賢, 門田 康弘, 瀧澤 香, 李 華, 大沢 登, 半田 徳子, 寺田 貴帆, 小柴 生造, 白水 美香子, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2011, 0, 294, 294, 2011年, 10.14841/jspp.2011.0.0294.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102211441589337, 病原菌は病原性タンパク質であるエフェクターを植物の細胞内に多数送り込み、PAMP (pathogen-associated molecular pattern)の認識シグナルにより誘導される防御反応を撹乱し抑制する。それに対して植物は抵抗性タンパク質(Rタンパク質)によってエフェクターを認識し、より強い防御反応を誘導する。ジャガイモ疫病菌(<i>Phytophthora infestans</i>)のエフェクターAVR3aは植物細胞内へ入り、PAMPであるINF1の認識シグナルを抑制するが、そのメカニズムはよくわかっていない。アミノ酸配列からはその機能を推測することができないため、タンパク質の立体構造解析を行った。その結果、AVR3aは4つのαヘリックスが束になった構造を持つことが明らかとなった。表面電荷分布を基に解析したところ、正電荷のアミノ酸が集中する特徴的な領域が膜脂質であるホスファチジルイノシトールリン酸の結合に重要であることがわかった。この領域に変異を持つAVR3aは、Rタンパク質であるR3aによって認識されるが、INF1の認識シグナルを抑制することができなかった。このことから、ホスファチジルイノシトールリン酸の結合がAVR3aの病原性の機能に重要な役割を持つことが示唆された。本発表では、AVR3aの立体構造から見えてきた脂質結合領域と病原性の機能との関係について議論する。
  • 病原菌エフェクタータンパク質の立体構造解析, 八丈野 孝, 白水 美香子, 横山 茂之, 木川 隆則, Kamoun Sophien, 白須 賢, Li Hua, 門田 康弘, 瀧澤 香, 大沢 登, 寺田 貴帆, 半田 徳子, 小柴 生造, 渡部 暁, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2010, 0, 81, 81, 2010年, 10.14841/jspp.2010.0.0081.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002284088494580, 病原菌はエフェクタータンパク質を植物の細胞内に多数注入し、抵抗性反応を撹乱し抑制する。それに対して、ある植物はエフェクターを認識し、より強い抵抗性反応を誘導し防御する。このような植物-病原菌相互作用に関与する遺伝子は数多く単離されているが、エフェクターとそれを認識する抵抗性タンパク質(Rタンパク質)の作用機作およびそのシグナル伝達様式はあまりわかっていない。特にエフェクターについてはアミノ酸配列からその機能を推測できないことが多く、抵抗性反応を抑制するメカニズムを解析することは困難である。そこで、エフェクターとRタンパク質の作用機作およびエフェクターの抵抗性抑制メカニズムを分子レベルで明らかにすることを目的として、タンパク質の立体構造解析を行った。立体構造解析にはタンパク質の可溶性が不可欠であるため、可溶化条件の改善が可能な無細胞タンパク質発現系をベースにしたハイスループット発現系を用いて、約260種類のエフェクターおよび抵抗性関連タンパク質をスクリーニングした。その結果、約90種のタンパク質が可溶性として得られた。さらに我々は、ジャガイモ疫病菌由来のエフェクターの立体構造解析に成功した。本発表では、このエフェクターの立体構造とそこから見えてきた機能について報告する。
  • ハイスループット無細胞タンパク質発現系を用いた病害抵抗性関連タンパク質の立体構造解析, 八丈野孝, 門田康弘, 五島美絵, 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 白水美香子, 横山茂之, 白須賢, 日本植物病理学会報, 日本植物病理学会報, 75, 3, 262, 2009年08月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269647155791
  • ハイスループット無細胞発現系を用いた病害抵抗性関連タンパク質の立体構造解析, 八丈野 孝, 門田 康弘, 五島 美絵, 大沢 登, 半田 徳子, 寺田 貴帆, 白水 美香子, 横山 茂之, 白須 賢, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2009, 0, 969, 969, 2009年, 10.14841/jspp.2009.0.0969.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286549578511, 病原菌はエフェクターと呼ばれるタンパク質を植物細胞内に多数送り込み、植物の抵抗性反応を撹乱または抑制する。それに対して植物はエフェクターを認識し、より強い抵抗性反応を誘導し防御する。このような植物-病原菌相互作用に関与する遺伝子は数多く単離されているが、エフェクタータンパク質とそれを認識する抵抗性タンパク質の作用機作およびそのシグナル伝達様式はあまりわかっていない。特にエフェクタータンパク質については、既知タンパク質のアミノ酸配列と相同性が極めて低いため、その機能を推測することは困難である。そこで我々は、エフェクタータンパク質と抵抗性タンパク質の作用機作を分子レベルで明らかにすることを目的としてタンパク質の立体構造解析を行っている。タンパク質の発現量や可溶性が立体構造解析の成功率を大きく左右する。そのため、発現量が多く望め、可溶化条件の改善が可能な無細胞タンパク質発現系をベースにしたハイスループット発現系を用いて、約200種類のエフェクターおよび抵抗性関連タンパク質をスクリーニングし、構造解析を進めている。本発表では、ハイスループット無細胞タンパク質発現スクリーニング系の紹介とその結果を報告する。
  • アレンオキシド環化酵素およびオキソフィトジエン酸還元酵素の発現抑制イネ系統を用いたいもち病菌抵抗性の解析, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, 長谷川 守文, 楠見 健介, 瀬尾 茂美, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2008, 0, 941, 941, 2008年, 10.14841/jspp.2008.0.0941.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217932029341, 植物の生体膜脂質のリノレン酸(18:3)から合成されるジャスモン酸(JA)やJAの前駆体であるオキソフィトジエン酸(OPDA)などの脂肪酸代謝物は、シグナル物質として病害抵抗性反応に関与することが知られている。最近、我々は18:3合成を抑制した系統(F78Ri)において、イネのいもち病菌(<I>Magnaporthe</I> <I>grisea</I>)に対する病害抵抗性が向上することを見出した(<I>Plant</I> <I>Cell</I> <I>Physiol</I>. 2007, 48: 1263-1274)。本研究においては、イネのいもち病菌抵抗性におけるJAとOPDAの役割を調べるため、18:3合成からJAへと代謝する過程において、OPDA合成を触媒するアレンオキシド環化酵素(AOC)とJA合成を触媒するOPDA還元酵素(OPR1、OPR3)に対しRNAi法を用いることによって、OPDA/JA欠損形質転換イネ(AOCRi)、JA欠損形質転換イネ(OPRWRi)を作成した。これらの系統に対し非病原性または病原性のいもち病菌レースを接種し、野生株およびF78Riの病害抵抗性と比較したところ、AOCRiおよびOPRWRiは病原性の有無にかかわらず野生株と同程度のいもち病菌抵抗性を示し、F78Riのように向上することはなかった。さらにAOCRi、OPRWRiにおける病害関連遺伝子(<I>PBZ1</I>、<I>PR1b</I>)の発現を調べたところ、野生株と同様の発現パターンを示した。これらの結果は、イネはJAやOPDA合成を介さずに、いもち病菌抵抗性および病害関連遺伝子発現を誘導できることを示している。
  • シロイヌナズナ<i>bah1-D</i>変異体における<i>Pseudomonas syringae</i>に対する植物免疫反応, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2008, 0, 966, 966, 2008年, 10.14841/jspp.2008.0.0966.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286911168645, サリチル酸(SA)は植物免疫において重要な役割を持つシグナル分子である。シロイヌナズナにおけるSAの生合成経路は、<i>sid2</i>変異体およびその原因遺伝子である<i>ICS1</i>がすでに同定されているイソコリスミ酸経路と、安息香酸(BA)を基質とする経路の2つが存在すると考えられているが、BA経路に関わる変異体および遺伝子は単離されていない。そこで我々は、BAを与えるとSAを蓄積する変異体<i>bah1-D</i> (<i><u>b</u>enzoic <u>a</u>cid <u>h</u>ypersensitive<u>1</u>-<u>D</u>ominant</i>)を単離した。<i>bah1-D</i>変異体は<i>Pseudomonas syringae</i> (<i>Pst</i>) DC3000の感染に対してもSAを多く蓄積し、抵抗性を示した。また、<i>bah1-D sid2</i>二重変異体では<i>sid2</i>変異体よりもSAを多く蓄積することから、<i>ICS1</i>に依存せずにSAが合成されるメカニズムが存在することが明らかとなった。さらに<i>bah1-D</i>変異体では、<i>Pst</i> DC3000に対して過敏感反応様の細胞死が観察された。本発表では、その他の<i>bah1-D</i>変異体の特徴的な表現型についても報告する。
  • リノール酸高含有形質転換イネにおけるいもち病菌抵抗性の解析, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, Jean-Luc Montillet, 長谷川 守文, 楠見 健介, 瀬尾 茂美, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2007, 0, 593, 593, 2007年, 10.14841/jspp.2007.0.593.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267503798563, 多不飽和脂肪酸から生成する脂肪酸酸化物は、植物の病害抵抗性において重要な役割をもつと考えられている。我々は、リノール酸 (18:2) を不飽和化する&omega;-3デサチュラーゼ (OsFAD7、OsFAD8) の発現を抑制した18:2高含有形質転換イネ (F78Ri) において、いもち病菌抵抗性が向上することを明らかにした(第47回植物生理学会年会)。今回は、F78Riにおいていもち病菌抵抗性が向上する原因を調査した。イネがいもち病菌に感染すると、ハイドロキシド合成が誘導される。この合成経路において、18:2とリノレン酸 (18:3)はそれぞれハイドロペロキシド (HPODEs、HPOTEs) を経て、ハイドロキシド (HODEs、HOTEs) へ変換される。これらの脂肪酸酸化物のいもち病菌への抗菌活性を測定したところ、18:2由来のHPODEsやHODEsは、18:3由来のHPOTEsやHOTEsよりも高かった。F78Riのハイドロキシド含量を測定した結果、HODEs含量は、野生株と比較して明らかに増加した。よって、18:2由来のHPODEsやHODEsの蓄積が、F78Riのいもち病菌抵抗性の向上に寄与することが示唆された。これらの知見は、植物の含有脂肪酸組成の人為的制御によって耐病性作物の作出が可能であることを示している。
  • 植物免疫におけるサリチル酸合成関連変異体<i>bah1</i>の解析, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2007, 0, 935, 935, 2007年, 10.14841/jspp.2007.0.935.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298200365764, 植物免疫は、オキシダティブバーストや細胞死などの局所的な過敏感反応と、その後のシグナル伝達により誘導される全身的な抵抗性反応からなるが、サリチル酸(SA)はどちらの反応においても重要な役割を持つ。シロイヌナズナにおけるSAの生合成経路は、安息香酸(BA)を前駆体とする経路とイソコリスミ酸を前駆体とする経路の2つが考えられている。後者の経路に関わるイソコリスミ酸合成酵素をコードする遺伝子およびその変異体はすでに同定されており、この経路は抵抗性反応に関与することが知られている。一方、前者の経路は主に過敏感反応において活性化されるのではないかと推測されているが、それに関わる変異体および遺伝子は単離されておらず未明のままである。そこで我々は、アクティベーションタギングラインからBAに感受性の変異体<i>bah1</i> (<i><u>b</u>enzoic <u>a</u>cid <u>h</u>ypersensitive <u>1</u></i>)を単離した。<i>bah1</i>変異体は、BAを与えるとSAを蓄積し、SA誘導性の<i>PR1</i>遺伝子の発現がみられることから、BAを前駆体とする合成経路が活性化されていると考えられる。また、<i>bah1</i>変異体は<i>Pseudomonas syringae</i>に対して抵抗性を示した。本発表では、<i>bah1</i>変異体の<i>P. syringae</i>に対する反応について詳細に報告したい。
  • イネ擬似病斑形成<I>spl</I> (<U>sp</U>otted <U>l</U>eaf)変異の活性酸素生成への関与, 小城 香織, 八丈野 孝, 松村 英生, 藤澤 志津子, 寺内 良平, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2006, 0, 769, 769, 2006年, 10.14841/jspp.2006.0.769.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228580266560, 病原体の攻撃を受けた植物細胞では、病原菌由来のエリシター分子を認識すると、急激な活性酸素の生成が起こり、自発的な細胞死などの防御反応が誘導される。葉に壊死斑を形成する <I>spl</I>変異体 (<I>spl1</I>~<I>11</I>)は、このような一連の反応に関わるシグナル経路に変異があると考えられている。これまでに各変異体より作成した培養細胞を用いて、エリシターで活性化される経路に変異があると推測される3つの変異体 (<I>spl2</I>, <I>spl7</I>, <I>spl11</I>) を選抜した。このうち<I>spl7</I>は、脱リン酸化反応の阻害剤であるカリクリンA (CA) 処理で誘導されるH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成が、野生株や<I>spl2</I>、<I>spl11</I>に比べ多くなっていた。CAおよびエリシターそれぞれで活性化される経路の相関を調べた結果、CAはエリシター誘導性のH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成に対し相乗的に作用した。このことから、CAで活性化される経路はエリシターで活性化される経路の一部であり、<I>spl7</I>はCAの影響を受ける脱リン酸化反応が関わる経路に関与すると考えられた。今回はさらに、<I>spl</I>変異体の葉に傷処を行った際に、傷処理により誘導される活性酸素生成が、<I>spl2</I>において促進されていることを報告する。また、<I>spl</I>変異のH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>生成における関与についてこれらの知見をもとに考察する。
  • ジャスモン酸欠損イネを用いたイモチ病菌抵抗性の解析, 屋良 朝紀, 服部 泰之, 八丈野 孝, 長谷川 守文, 瀬尾 茂美, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2006, 0, 763, 763, 2006年, 10.14841/jspp.2006.0.763.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248751782342, イネは、イモチ病菌の侵入を受けたとき、さまざまなシグナル経路を介して抵抗性を獲得する。ジャスモン酸(JA)は数多くの防御応答(PR)遺伝子の発現を誘導するため、病害抵抗性の誘導に重要なシグナル物質であると考えられているが、JA処理によりイネの病害抵抗性は上昇しない。この矛盾を説明するために、JA合成の出発物質であるリノレン酸(LA)の合成を触媒する&omega;-3脂肪酸不飽和化酵素(FAD7-1、FAD7-2)を抑制したJA欠損形質転換イネ(F7Ri)を作製した。非親和性または親和性イモチ病菌レースに対する、F7Ri系統の病害抵抗性をそれぞれ評価した。意外にもF7Ri系統における病徴は、病原性に関わらず抑えられた。PR遺伝子(<I>PBZ1</I>、<I>PR1b</I>)の発現解析をしたところ、F7Ri系統は野生株よりも早く転写量が増加していた。これらの結果から、F7Ri系統はイモチ病菌に対する水平抵抗性が上昇しており、イモチ病菌抵抗性を誘導する上で、JAは必須ではないことがわかった。メチルジャスモン酸を用いた相補実験でも、F7Ri系統における水平抵抗性の上昇は失われなかった。このことはF7Ri系統における水平抵抗性の上昇にJAの減少は関与していないことを示している。本研究は、多価不飽和脂肪酸に由来するJA以外の制御因子が、イモチ病菌に対する水平抵抗性に関与していることを示唆している。
  • 安息香酸過敏感変異体<I>bah1</I>はサリチル酸生合成関連変異体か?, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2006, 0, 224, 224, 2006年, 10.14841/jspp.2006.0.224.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280715798543, サリチル酸(SA)は病害抵抗性において重要なシグナル物質である。SAの生合成経路には、安息香酸(BA)を前駆体とする経路が存在すると考えられているが、明らかにされていない。本学会2005年度年会において、BA経路に関わる変異体(<I>bah1</I>; <I>benzoic acid hypersensitive 1</I>)をアクチベーションタギングラインから単離したことを報告した。SA存在下と同様に、<I>bah1</I>変異体はBA存在下で生育阻害を受け、<I>PR1</I>遺伝子の発現がみられる。さらに<I>bah1</I>変異体では、BAを与えるとSA蓄積量が増加する。マイクロアレイ解析の結果、<I>bah1</I>変異体では、病害抵抗性に関与する遺伝子の発現がみられた。本発表では、BAからSAへの変換を触媒するP450をコードすると考えられる遺伝子の発現についても報告する。
  • オキソフィトジエン酸合成能を欠損させた形質転換イネの作成, 服部 泰之, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, 長谷川 守文, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2006, 0, 766, 766, 2006年, 10.14841/jspp.2006.0.766.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284824336784, ジャスモン酸(JA)は植物の病害抵抗性を誘導する重要なシグナル物質である。JAはアレンオキシド環化酵素(AOC)、オキソフィトジエン酸還元酵素(OPR)を介するオクタデカノイド経路で合成される。近年、シロイヌナズナにおいてオクタデカノイド経路における中間物質であるオキソフィトジエン酸(OPDA)もJAと同様に病害抵抗性に関わることが示唆されているが、イネにおけるOPDAの役割は不明である。本研究では、これらのオクタデカノイド経路に関わる酵素をコードすると考えられる3つの遺伝子 (<I>OsAOC</I>, <I>OsOPR1</I>, <I>OsOPR3</I>) の発現を、RNAi法により抑制した形質転換イネを作成した。<I>OsAOC</I>遺伝子の発現を抑制した系統(AOCRi)では、JAは検出できないまで低下していた。また、<I>OsOPR1</I>、<I>OsOPR3</I>両遺伝子の発現を抑制した系統(OPRWRi)におけるJA含量は野生株の約3%まで低下していた。本講演では各形質転換系統における中間物質含量の変動について考察する。
  • 植物免疫応答における脂質性シグナル物質, 八丈野 孝, 射場 厚, 植物の生長調節, 一般社団法人 植物化学調節学会, 植物の生長調節, 41, 2, 150, 155, 2006年, 1346-5406, 10.18978/jscrp.41.2_150, http://id.ndl.go.jp/bib/8626436
  • ジャスモン酸生合成遺伝子の発現を抑制した形質転換イネの作成, 服部 泰之, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, 長谷川 守文, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2005, 0, 388, 388, 2005年, 10.14841/jspp.2005.0.388.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203264893356, ジャスモン酸(JA)は植物の病傷害抵抗性を誘導する重要なシグナル物質である。JAはアレンオキシド合成酵素(AOS)、アレンオキシド環化酵素(AOC)、オキソフィトジエン酸還元酵素(OPR)を介するオクタデカノイド経路で合成される。本研究では、これらのオクタデカノイド経路に関わる酵素をコードすると考えられる遺伝子 (<I>OsAOS</I>, <I>OsAOC</I>, <I>OsOPR1</I>, <I>OsOPR3</I>) の発現を、RNAi法により抑制したイネ形質転換系統を作成した。<I>OsAOS</I> の発現を抑制した系統におけるJA含量は野生株の約62%まで低下していた。また、<I>OsAOC</I> の発現を抑制した系統では、JAは検出できないまで低下していた。一方、<I>OsOPR1</I>、<I>OsOPR3</I> 両遺伝子の発現を抑制した系統におけるJA含量は野生株の約3%まで低下していた。これらの系統は、植物の病傷害抵抗性反応におけるオクタデカノイド経路中間物質の役割を調べる上で有用だと考えられる。
  • 活性酸素生成に関わるイネ疑似病斑形成<I>spl</I> (<U>sp</U>otted <U>l</U>eaf) 変異体の解析, 小城 香織, 八丈野 孝, 松村 英生, 藤澤 志津子, 寺内 良平, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2005, 0, 407, 407, 2005年, 10.14841/jspp.2005.0.407.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238069008435, 病原体の攻撃を受けた植物細胞では、病原菌由来のエリシター分子を認識すると、急激な活性酸素の生成が起こり、自発的な細胞死などの防御反応が誘導される。葉に壊死斑を形成する <I>spl</I> 変異体 (<I>spl1~11</I>) は、このような一連の反応に関わるシグナル経路に変異があると考えられている。これまでに各変異体より作成した培養細胞を用いて、エリシターで活性化される経路に変異があると推測される3つの変異体 (<I>spl2</I>, <I>spl7</I>, <I>spl11</I>) を選抜した。そこで、脱リン酸化反応の阻害剤であるカリクリンA (CA) 処理で誘導されるH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成を調べたところ、<I>spl7</I>では野生株や<I>spl2</I>、<I>spl11</I>に比べ多くのH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成が検出された。また、CAおよびエリシターそれぞれで活性化される経路の相関を調べた結果、CAはエリシター誘導性のH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成に対し相乗的に作用することが分かった。このことから、CAで活性化される経路はエリシターで活性化される経路の一部であり、<I>spl7</I>はCAが作用する脱リン酸化反応が関わる経路に関与すると考えられた。さらに、Ca<SUP>2+</SUP>のキレート剤であるEGTAが、H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成に与える影響を調べたところ、CA処理によるH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の生成量は、<I>spl7</I>においてのみ減少した。本発表では、H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>生成に至るシグナル経路における、カルシウムイオンの関与についてこれらの知見をもとに考察する。
  • RNAi法により作製したジャスモン酸欠損イネの解析, 屋良 朝紀, 服部 泰之, 八丈野 孝, 長谷川 守文, 瀬尾 茂美, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2005, 0, 390, 390, 2005年, 10.14841/jspp.2005.0.390.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246991003119, 植物は病原菌や昆虫による病傷害ストレスを受けたとき、さまざまなシグナル伝達経路を介して抵抗性を獲得する。イネにおいて、ジャスモン酸(JA)は病傷害抵抗性の誘導に必要なシグナル物質の一つと考えられている。イネの抵抗性反応におけるJAの役割を明らかにするため、JA合成の出発物質であるリノレン酸(LA)合成酵素(葉緑体局在型&omega;-3デサチュラーゼ)の遺伝子(<I>FAD7-1</I>、<I>FAD7-2</I>)の発現をRNAi法により抑制させ、JAが欠損した形質転換イネを作製した。脂肪酸組成を調べた結果、野生株では60%以上あるLA含量が8%にまで低下した形質転換イネ(F7Ri)が得られた。さらに、傷処理によるJAの蓄積も野生株の10%にまで抑制されていた。傷害およびJA誘導性である<I>JAMyb</I>遺伝子と、傷害のみで誘導される<I>OsMAPK5</I>遺伝子を指標に、JAを介した傷害シグナル経路を調べた結果、F7Ri系統においては、<I>OsMAPK5</I>遺伝子の転写量は野生株と変わらなかったが、<I>JAmyb</I>遺伝子の転写量の蓄積は野生株よりも抑制されていた。これらの結果からF7RiにおけるJAシグナル経路は、充分に抑制されていることがわかった。現在、F7Riのいもち病菌に対する抵抗性についても調べており、その結果もあわせて報告する。
  • 安息香酸過敏感変異体<I>bah1</I>の解析, 八丈野 孝, 小城 香織, 屋良 朝紀, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2005, 0, 406, 406, 2005年, 10.14841/jspp.2005.0.406.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261233238821, サリチル酸(SA)は病害抵抗性において重要なシグナル物質である。SAの生合成経路は、イソコリスミ酸を前駆体とする経路と安息香酸(BA)を前駆体とする経路の2つが考えられている。前者の経路では、イソコリスミ酸合成酵素をコードする遺伝子が同定されたが、後者の経路に関わる遺伝子はほとんど分かっていない。そこで我々は、BA経路に関わる遺伝子を探索することを目的として、アクチベーションタギングラインを用いて突然変異体をスクリーニングした。シロイヌナズナの野生株は、BA存在下と比較してSA存在下では著しく生育が阻害される。この性質を利用し、BA存在下でも著しく生育阻害を受ける変異体をスクリーニングし、<I><U>b</U>enzoic <U>a</U>cid <U>h</U>ypersensitive</I> (<I>bah</I>) <I>1</I>変異体を単離した。<I>bah1</I>変異体は、BA存在下では生育阻害を受けたが、非存在下では正常に生育した。また、SAの蓄積に伴い誘導される<I>PR1</I>遺伝子の発現を調べたところ、BA存在下において、野生株では発現は見られなかったが、<I>bah1</I>変異体ではmRNAが蓄積していた。これらの結果から、BA存在下の<I>bah1</I>変異体ではSAが蓄積している可能性が示唆された。本発表では、<I>bah1</I>変異体のSAの蓄積量を含め、その原因遺伝子についても報告したい。
  • イネ疑似病斑形成spl(spotted leaf)変異体を用いた活性酸素生成機構の解析, 小城香織, 八丈野孝, 松村英生, 藤沢志津子, 寺内良平, 楠見健介, 射場厚, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 971, 2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208629683820
  • &omega;-3デサチュラーゼ遺伝子の人為的発現抑制によるジャスモン酸欠損イネの作製, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, 瀬尾 茂美, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2004, 0, 563, 563, 2004年, 10.14841/jspp.2004.0.563.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200341886652, イネにおいて、ジャスモン酸(JA)は病傷害抵抗性の誘導に必須のシグナル物質の一つと考えられている。イネの抵抗性反応におけるJAの役割を明らかにするため、JA前駆体であるリノレン酸(LA)合成酵素(葉緑体局在型&omega;-3デサチュラーゼ)の遺伝子(<I>FAD7-1</I>、<I>FAD7-2</I>)の発現をRNAi法により抑制させ、JAが欠損した形質転換イネの作製を試みた。脂肪酸組成を調べた結果、野生株では60%以上あるLA含量が8%にまで低下した形質転換イネ(F7Ri)が得られた。傷害およびJA誘導性である<I>JAMyb</I>遺伝子と、傷害のみで誘導される<I>OsMAPK5</I>遺伝子を指標に、JAを介した傷害シグナル経路を調べた結果、F7Ri系統においては、<I>OsMAPK5</I>遺伝子の発現は野生株と変わらなかったが、<I>JAmyb</I>遺伝子の発現誘導は野生株よりも抑制されていた。これらの結果は、F7Ri系統においてJAシグナル経路が正常に機能していないことを示しており、JA含量が低下していることを示唆する。現在、F7Ri系統後代におけるJA含量を測定中であり、本発表では、それらの結果とイネの傷害応答におけるJAの役割について報告したい。
  • <I>nahG</I>形質転換植物を用いたイネの防御応答メカニズムの解析, 楠見 健介, 廣川 大志郎, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2004, 0, 564, 564, 2004年, 10.14841/jspp.2004.0.564.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260590618989, サリチル酸(SA)は、高等植物の抵抗性反応において必須の物質であり、病原菌などの感染にともないその蓄積量が上昇する。しかし、これらはタバコやシロイヌナズナなどの双子葉植物で見られる現象であり、単子葉植物であるイネでは、SA含量は非感染状態においても常に高いレベルに保たれており、病原菌が感染してもほとんど変化しない。このことは、イネにおけるSAの働きが双子葉植物と異なる可能性を示唆している。本研究では、イネにおけるSAの働きを調べるため、バクテリア由来のSA分解酵素salycylate hidroxylase 遺伝子(<I>nahG</I>)を導入した形質転換イネの解析を行った。<I>nahG</I>形質転換イネにおいてはSA含量が野生株の20~25%程度まで抑制され、幼苗期の成長について、4~5日の遅延が見られた。また、非感染状態においても高照度下で葉に病斑(疑似病斑)が形成された。これらの<I>nahG</I>形質転換イネでは活性酸素の除去に関与するグルタチオンのプールサイズが減少しており、酸化還元状態の顕著な変化が観察された。これらの結果は、イネにおいてSAが抵抗性反応以外に活性酸素除去系メカニズムの維持に機能していることを示唆する。
  • プラスチド由来脂質性シグナルによるNADPHオキシダーゼの活性化, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2004, 0, 631, 631, 2004年, 10.14841/jspp.2004.0.631.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279509949545, 植物が病原菌に感染した場合、活性酸素(O<sub>2</sub><sup>-</sup>、H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>)の生成を端緒とした一連の抵抗性反応が生じる。O<sub>2</sub><sup>-</sup> の生成はNADPHオキシダーゼにより行なわれるが、その活性調節機構の全容は明らかにされていない。我々は、本学会2003年度年会において、NADPHオキシダーゼの活性調節にトリエン脂肪酸(TA)であるリノレン酸(LA)が関わることを報告した。TAは、生体膜脂質を構成する主要な不飽和脂肪酸である。シロイヌナズナにおいて、TA合成を触媒する&omega;-3脂肪酸不飽和化酵素は、小胞体型FAD3、葉緑体型FAD7、FAD8の3つが同定されている。葉緑体型が欠失した<i>fad7fad8</i>変異体において、<i>Pseudomonas syringae</i> pv. <i>tomato</i> DC3000 (<i>avrRpm1</i>)(<i>Psm</i> (<i>avrRpm1</i>))に対する抵抗性反応を調べた結果、野生株や小胞体型が欠失した<i>fad3</i>変異体と比較してH<sub>2</sub>O<sub>2</sub>の生成が低下した。<i>Psm</i> (<i>avrRpm1</i>) 接種後の野生株において、1時間から遊離したLA含量が増加し、H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>が生成される時間と一致した。さらに、葉緑体膜脂質由来のTAが、細胞膜や小胞体膜に存在する脂質に転移することを示唆する結果を得た。これらの知見から、葉緑体膜から遊離したLAが細胞膜に局在するNADPHオキシダーゼの活性調節に関わることが考えられた。
  • イネ疑似病斑形成 <I>spl</I> 変異株を用いた細胞死経路の解析, 小城 香織, 八丈野 孝, 松村 英生, 藤澤 志津子, 寺内 良平, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2004, 0, 565, 565, 2004年, 10.14841/jspp.2004.0.565.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297466192060, 植物は病原菌の侵入に対して、エリシターの認識、活性酸素の生成、細胞死といった防御反応を示す。しかしながら、これらの反応に関わるシグナル経路や因子については、不明な点が多い。<br> 本研究ではイネ <I>spl</I> (<U>sp</U>otted <U>l</U>eaf) 変異体 (<I>spl1~11</I>) を用い、細胞死に至るシグナル経路を明らかにすることを試みた。<I>spl</I>変異体は病原菌感染の有無に関わらず、それぞれ特徴的な疑似病斑を形成する。したがって、これらの変異体が細胞死に至る経路に変異をもつと考えられる。そこで、これらの変異体から調整した懸濁培養細胞における、いもち病菌由来エリシター誘導性の防御反応を解析した。その結果、エリシター処理を行った<I>spl</I>系統のうち、<I>spl3</I>における過酸化水素の蓄積量は野生株のTC65と変わらないにもかかわらず、細胞死はTC65よりも顕著に誘導されることがわかった。一方、<I>spl7</I>、<I>spl11</I>における細胞死はTC65と同程度であるにもかかわらず、過酸化水素の蓄積はTC65よりも早い時間から増加し、その蓄積量はTC65に比べ多かった。このことから、<I>spl3</I>は細胞死に至る経路に、<I>spl7</I>と<I>spl11</I>は過酸化水素蓄積の制御に関わる変異体であると考えられた。本発表ではイネの細胞死に至るシグナル経路について議論する。
  • イネ&omega;-3デサチュラーゼ遺伝子のクローニングと機能解析, 屋良 朝紀, 八丈野 孝, 楠見 健介, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2003, 0, 495, 495, 2003年, 10.14841/jspp.2003.0.495.0, 植物脂質を構成するトリエン脂肪酸は、環境ストレスに対する適応反応に重要な役割を果たしている。しかし、これらは主に双子葉植物での知見であり、単子葉植物でも共通して同様のメカニズムを持つかどうかは不明である。本研究においてはイネにおけるトリエン脂肪酸の役割を明らかにするため、トリエン脂肪酸の合成を触媒する&omega;-3デサチュラーゼ遺伝子(<I>FAD</I>)のクローニングと機能解析を行った。イネにおいては、サザン解析の結果から、FADをコードする遺伝子が3つ存在することが示唆されている。イネのゲノムデータベースを検索したところ、シロイヌナズナの<I>FAD</I>遺伝子と相同性の高い3つの読み枠が見つかった。それぞれのゲノミックおよびcDNAクローンの全配列を決定し、一次構造を比較したところ、そのうちの1つは既知の小胞体局在型<I>OsFAD3</I>だった。残りの2つはシロイヌナズナAtFAD7に対し推定アミノ酸配列で73%、78%と高い相同性を示し、ともにN端にAtFAD7と相同性のあるシグナルペプチド領域を持っていた。また、この2つの遺伝子のmRNAは、根組織よりも葉組織で顕著に蓄積していることから、葉緑体局在型のFADをコードすると考えられた。これらの<I>FAD</I>遺伝子を<I>OsFAD7-1</I>、<I>OsFAD7-2</I>と名付けた。現在RNAiの手法を用いてFADノックアウト株を作製しており、それらの解析結果もあわせて報告する。
  • 過敏感反応における葉緑体脂質のリノレン酸の役割, 八丈野 孝, 射場 厚, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 日本植物生理学会, 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2003, 0, 498, 498, 2003年, 10.14841/jspp.2003.0.498.0, 高等植物は病原菌感染に対して、O<sub>2</sub><sup>-</sup>生成を端緒とした過敏感反応を引き起こすことにより抵抗性を示す。O<sub>2</sub><sup>-</sup>生成はNADPH oxidaseにより行なわれると考えられているが、その調節機構はよくわかっていない。我々は2002年分子生物学会年会においてリノレン酸がNADPH oxidaseの活性調節に関与することを報告した。トリエン脂肪酸であるリノレン酸は、生体膜脂質を構成する主要な不飽和脂肪酸である。<i>in vitro</i>のNADPH oxidase活性測定系において種々の不飽和脂肪酸について調べた結果、リノレン酸は顕著にNADPH oxidaseを活性化した。シロイヌナズナにおいて、トリエン脂肪酸合成の鍵酵素である&omega;-3不飽和化酵素は、小胞体型FAD3、葉緑体型FAD7、FAD8の3つが同定されている。NADPH oxidaseを活性化するオゾン処理により<i>in vivo</i>でのO<sub>2</sub><sup>-</sup>生成を調べたところ、<i>fad7fad8</i>変異体においてO<sub>2</sub><sup>-</sup>生成レベルが低下していた。また、<i>fad7fad8</i>変異体における<i>Pseudomonas syringae</i> pv. <i>maculicola</i> (<i>avrRps4</i>)に対する抵抗性が低下していた。さらに、オゾン処理によって葉緑体脂質のトリエン脂肪酸含量が著しく低下した。これらの結果から、葉緑体のリノレン酸が過敏感反応におけるNADPH oxidaseの調節に重要な役割を果たすと考えられた。
  • ベンケイソウ型酸代謝の内在性リズムと概日時計に対する温度の影響, 荒田博行, 中村俊博, 吉武春樹, 吉松孝宏, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 42nd, 216, 2002年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168177610968
  • オゾンガス処理によるシロイヌナズナ葉緑体局在型ω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7)の発現解析, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 41st, 217, 2001年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170526363846
  • シロイヌナズナω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7/8)の発現に及ぼすオゾンの影響, 八丈野孝, 松田修, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 日本植物生理学会年会要旨集, 39th, 207, 1999年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192737104468
  • ω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7/8)のオゾンによる発現誘導の経時的変化, 八丈野孝, 松田修, 射場厚, 日本植物学会大会研究発表記録, 日本植物学会大会研究発表記録, 63rd, 174, 1999年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184149702631

その他研究情報

受賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 植物病原糸状菌による宿主プラスチド崩壊とデンプン分解の分子メカニズム解明, 八丈野 孝
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 1細胞レベルにおける宿主植物-一次寄生菌-二次寄生菌3者系相互作用の分子機構解明, 吉田 健太郎, 八丈野 孝, 絶対寄生菌であるムギ類うどんこ病菌は、コムギとオオムギに高度に適応した結果、生命活動の維持にこれら宿主植物が無くてはならない。ムギ類うどんこ病菌は、宿主植物の防御応答を抑制しながら、吸器という器官を通じて栄養を搾取している。感染できるうどんこ病菌(親和性菌)によって宿主植物の防御応答を抑制され、感染できないうどんこ病菌(非親和性菌)が感染できる状態を受容性といい、逆に非親和性のうどんこ病菌によって防御応答が誘導され、親和性のうどんこ病菌が感染できない状態を拒否性という。しかし、受容性と拒否性の分子機構については殆ど解明されていない。そこで本研究では、これらの分子機構に迫るため、1細胞レベルで網羅的遺伝子発現解析を可能にするムギ類に適応した Single cell RNA sequencing 技術と、レーザーインジェクション技術による受容性と拒否性を誘導するタンパク質分子を任意の表皮細胞で発現させる手法の開発に取り組んでいる。平成30年度中に、マイクロキャピラリーと呼ばれるガラス針を利用して、ムギ類うどんこ病菌が感染したパンコムギとオオムギの単一細胞層の核からmRNAを抽出する手法を確立した。さらに、抽出したmRNAからライブラリーを作成し、次世代シーケンサーによるRNA sequencingを実施できるようにした。サンプルを識別するバーコード配列と1分子RNAそれぞれを識別するバーコード配列をライブラリーに組み入れることで、ライブラリー作成時に入るエラーを補正することができ、正確に1細胞における遺伝子発現量を推定することができた。また、針作成機を用いて、細胞ダメージが少なくなるようマイクロキャピラリーの先端を加工し、細胞を殺すことなく蛍光標識物質等をインジェクションすることに成功することができた。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 植物病原糸状菌付着器分泌型エフェクターの病原性機能の解析, 八丈野 孝, 植物病原糸状菌であるオオムギうどんこ病菌が宿主植物の免疫反応を抑制する分子メカニズムについては不明な点が多い。本研究では、本菌の新規エフェクターを同定し、病原性機能を分子レベルで解明することを目的としている。 本菌の付着器発芽管に含まれるタンパク質を網羅的に解析することにより、候補タンパク質としてAPEC1(appressorial effector candidate 1)を単離している。前年度までに、APEC1が宿主による侵入抵抗性を抑制すること、AVRエフェクターとして宿主に認識される可能性は低いこと、宿主細胞内のペルオキシソームに局在すること、APEC1を過剰発現させたシロイヌナズナでは顕著な成長阻害およびクロロシスを引き起こすことを明らかにしてきた。本年度においては、APEC1の宿主標的因子を単離して病原性機能を解明することを目的として、APEC1-GFPをベンサミアナタバコ葉で過剰発現させ、相互作用するタンパク質を単離して質量分析に供した。その結果、ペルオキシソームに局在する酵素の1つが同定された。共免疫沈降法によりAPEC1とその酵素が相互作用するか確認した。その酵素は、植物ウイルスが感染する際にも標的とされるということが2018年に報告されており、オオムギうどんこ病菌についても、APEC1を宿主細胞へ送り込み、酵素活性を阻害することで侵入抵抗性をかく乱、抑制する可能性が示唆された。また、APEC1の病原性をさらに確認するとともに、さらなる遺伝学的解析を行うために、エストラジオール誘導性プロモーターあるいは表皮細胞特異的発現プロモーターで発現制御可能な形質転換シロイヌナズナを作成し、解析している。
  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), エフェクターによる未知のタンパク質修飾と免疫抑制, 八丈野 孝, ジャガイモ疫病菌は、19 世紀にアイルランドで起こったジャガイモ飢饉の原因菌で、現在でも世界中で深刻な病害を引き起こしている。病原性の主因子であるAVR3aタンパク質 が宿主の細胞内に侵入し、宿主の免疫反応を抑制する。宿主のユビキチンE3 リガーゼが標的となり、何らかの修飾が加えられてその機能が抑制されると考えられているがまだよくわかっていない。本研究では、ユビキチンE3 リガーゼ内の修飾されるアミノ酸残基を見つけ、その修飾の実体を明らかにした。
  • その他の研究制度, 高等植物における遺伝子発現の研究
  • その他の研究制度, 植物のプログラム細胞死における脂肪酸の機能
  • その他の研究制度, サリチル酸生合成経路の解析
  • The Other Research Programs, Study on Gene Expression in Higher Plants
  • The Other Research Programs, Function of fatty acids in plant programmed cell death
  • The Other Research Programs, Biosynthesis of Salicylic Acid

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 生物学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 農学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 生物学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 農学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 植物保護学
  • 2019年, 前期, 学部, 特別講義
  • 2019年, 前期, 学部, 農場実習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 修士, 植物病理学特論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.