研究者データベース

八丈野 孝ヤエノ タカシ

所属部署名大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名准教授
Last Updated :2019/08/19

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    八丈野 孝
  • 氏名(カナ)

    ヤエノ タカシ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    農学研究科
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2004年, 九州大学, 理学府, 生物科学
  • 2000年, 九州大学, 理学研究科, 生物科学
  • 1998年, 九州大学, 理学部, 生物科学
  • 2000年
  • 2004年
  • 1998年

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本植物病理学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本植物学会

経歴

  • 2016年04月 - 現在, 愛媛大学大学院(准教授)
  • 2013年04月 - 2016年03月, 愛媛大学(准教授)
  • 2008年04月 - 2013年03月, 独立行政法人理化学研究所(研究員)
  • 2004年 - 2008年, 九州大学システム生命科学府(研究員)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 生産環境農学, 植物保護科学, 植物病理学
  • 基礎生物学, 植物分子生物・生理学

研究キーワード

  • うどんこ病
  • エフェクター
  • オオムギ
  • 病原性因子
  • 植物免疫
  • 抵抗性
  • 細胞死
  • 活性酸素
  • カンキツかいよう病
  • ペルオキシソーム
  • キウイフルーツかいよう病
  • RXLRモチーフ
  • ジャガイモ疫病
  • 立体構造解析
  • bah1 サリチル酸
  • 過敏感反応
  • 病原菌
  • オゾン
  • NADPHオキシダーゼ
  • トリエン脂肪酸
  • 葉緑体
  • 擬似病斑変異体
  • ジャスモン酸

著書・発表論文等

論文

  • Conferring virus resistance in tomato by independent RNA silencing of three tomato homologs of Arabidopsis TOM1., Ali ME, Ishii Y, Taniguchi JI, Waliullah S, Kobayashi K, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Archives of virology, 2018年05月, [査読有り], 0304-8608, 10.1007/s00705-018-3747-4
  • Improved method for in situ biolistic transformation to analyze barley-powdery mildew interactions, Wahara Miki, Inoue Chie, Kohguchi Tomohiro, Sugai Koreyuki, Kobayashi Kappei, Nishiguchi Masamichi, Yamaoka Naoto, Yaeno Takashi, JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 2017年05月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-017-0712-0
  • Inducible expression of magnesium protoporphyrin chelatase subunit I (CHLI)-amiRNA provides insights into cucumber mosaic virus Y satellite RNA-induced chlorosis symptoms., Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K, Virusdisease, 2017年03月, [査読有り], 2347-3584, 10.1007/s13337-017-0360-1
  • Inducible transgenic tobacco system to study the mechanisms underlying chlorosis mediated by the silencing of chloroplast heat shock protein 90., Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K, Virusdisease, 2017年03月, [査読有り], 2347-3584, 10.1007/s13337-017-0361-0
  • Hammer blot-mediated RNA extraction: an inexpensive, labor-saving method to extract RNA for plant virus detection, Md. Shamim Akhter, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Kappei Kobayashi, Journal of General Plant Pathology, 2016年09月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-016-0673-8
  • Transmission of RNA silencing signal through grafting confers virus resistance from transgenically silenced tobacco rootstocks to non-transgenic tomato and tobacco scions, Md Emran Ali, Sumyya Waliullah, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Journal of Plant Biochemistry and Biotechnology, 2016年07月, [査読有り], 0971-7811, 10.1007/s13562-015-0334-6
  • Conferring high-temperature tolerance to nontransgenic tomato scions using graft transmission of RNA silencing of the fatty acid desaturase gene., Nakamura S, Hondo K, Kawara T, Okazaki Y, Saito K, Kobayashi K, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Plant Biotechnology Journal, 2016年02月, [査読有り], 1467-7644, 10.1111/pbi.12429
  • Review of Beet pseudoyellows virus genome structure built the consensus genome organization of cucumber strains and highlighted the unique feature of strawberry strain., Akhter MS, Bhor SA, Hlalele N, Nao M, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Gubba A, Kobayashi K, Virus Genes, 2016年07月, [査読有り], 0920-8569, 10.1007/s11262-016-1376-0
  • Allelic barley MLA immune receptors recognize sequence-unrelated avirulence effectors of the powdery mildew pathogen., Lu X, Kracher B, Saur IM, Bauer S, Ellwood SR, Wise R, Yaeno T, Maekawa T, Schulze-Lefert P, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2016年10月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1612947113
  • Rice necrosis mosaic virus, a fungal transmitted Bymovirus: complete nucleotide sequence of the genomic RNAs and subgrouping of bymoviruses, SG Wagh, K Kobayashi, T Yaeno, N Yamaoka, C Masuta, M Nishiguchi, Journal of General Plant Pathology, 2016年01月, [査読有り], 10.1007/s10327-015-0618-7
  • Analysis of rice RNA-dependent RNA polymerase 6 (OsRDR6) gene in response to viral, bacterial and fungal pathogens, S. G. Wagh, M. M. Alam, K. Kobayashi, T. Yaeno, N. Yamaoka, T. Toriba, H.-Y. Hirano, M. Nishiguchi, Journal of General Plant Pathology, 2016年01月, [査読有り], 10.1007/s10327-015-0630-y
  • Simple and Quantitative Detection of Apple latent spherical virus Vector by a Spot Hybridization, Sachin Ashok Bhor, Md. Shamim Akhter, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Masanori Kaido, Kappei Kobayashi, International Journal of Modern Botany, 2016年, [査読有り]
  • Cauliflower mosaic virus Tav protein induces leaf chlorosis in transgenic tobacco through a host response to virulence function of Tav, Sumyya Waliullah, Naomi Kosaka, Takashi Yaeno, Md Emran Ali, Ken-Taro Sekine, Go Atsumi, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Hideki Takahashi, Kappei Kobayashi, Journal of General Plant Pathology, 2015年07月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-015-0600-4
  • Overexpression of a rice heme activator protein gene (OsHAP2E) confers resistance to pathogens, salinity and drought, and increases photosynthesis and tiller number., Alam MM, Tanaka T, Nakamura H, Ichikawa H, Kobayashi K, Yaeno T, Yamaoka N, Shimomoto K, Takayama K, Nishina H, Nishiguchi M, Plant Biotechnology Journal, 2015年01月, [査読有り], 1467-7644, 10.1111/pbi.12239
  • WRKY Transcription Factors Phosphorylated by MAPK Regulate a Plant Immune NADPH Oxidase in Nicotiana benthamiana., Adachi H, Nakano T, Miyagawa N, Ishihama N, Yoshioka M, Katou Y, Yaeno T, Shirasu K, Yoshioka H, Plant Cell, 2015年09月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.15.00213
  • Overexpression of OsHAP2E for a CCAAT-binding factor confers resistance to Cucumber mosaic virus and Rice necrosis mosaic virus, Md Mahfuz Alam, Hidemitsu Nakamura, Hiroaki Ichikawa, Kappei Kobayashi, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Journal of General Plant Pathology, 2015年01月, [査読有り], 1345-2630, 10.1007/s10327-014-0564-9
  • Artificial induction of a plant virus protein in transgenic tobacco provides a synchronous system for analyzing the process of leaf chlorosis, Sumyya Waliullah, Tomofumi Mochizuki, Ken-Taro Sekine, Go Atsumi, Md Emran Ali, Takashi Yaeno, Naoto Yamaoka, Masamichi Nishiguchi, Kappei Kobayashi, Physiological and Molecular Plant Pathology, 2014年10月, [査読有り], 0885-5765, 10.1016/j.pmpp.2014.08.005
  • The RXLR motif of oomycete effectors is not a sufficient element for binding to phosphatidylinositol monophosphates., Yaeno T, Shirasu K, Plant Signaling & Behavior, 2013年04月, [査読有り], 1559-2316, 10.4161/psb.23865
  • A Munc13-like protein in Arabidopsis mediates H+-ATPase translocation that is essential for stomatal responses., Hashimoto-Sugimoto M, Higaki T, Yaeno T, Nagami A, Irie M, Fujimi M, Miyamoto M, Akita K, Negi J, Shirasu K, Hasezawa S, Iba K, Nature Communications, 2013年07月, [査読有り], 2041-1723, 10.1038/ncomms3215
  • Phosphatidylinositol monophosphate-binding interface in the oomycete RXLR effector AVR3a is required for its stability in host cells to modulate plant immunity., Yaeno T, Li H, Chaparro-Garcia A, Schornack S, Koshiba S, Watanabe S, Kigawa T, Kamoun S, Shirasu K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2011年08月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1106002108
  • The main auxin biosynthesis pathway in Arabidopsis., Mashiguchi K, Tanaka K, Sakai T, Sugawara S, Kawaide H, Natsume M, Hanada A, Yaeno T, Shirasu K, Yao H, McSteen P, Zhao Y, Hayashi K, Kamiya Y, Kasahara H, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2011年11月, [査読有り], 0027-8424, 10.1073/pnas.1108434108
  • Plant U-box E3 ubiquitin ligases, Yaeno T, Shirasu K, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 2012年06月, [査読有り], 0037-1017
  • Resistance to Magnaporthe grisea in transgenic rice with suppressed expression of genes encoding allene oxide cyclase and phytodienoic acid reductase., Yara A, Yaeno T, Hasegawa M, Seto H, Seo S, Kusumi K, Iba K, Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年11月, [査読有り], 0006-291X, 10.1016/j.bbrc.2008.08.157
  • BAH1/NLA, a RING-type ubiquitin E3 ligase, regulates the accumulation of salicylic acid and immune responses to Pseudomonas syringae DC3000., Yaeno T, Iba K, Plant Physiology, 2008年10月, [査読有り], 0032-0889, 10.1104/pp.108.124529
  • Enhancement of disease resistance to Magnaporthe grisea in rice by accumulation of hydroxy linoleic acid., Yara, A., Yaeno, T., Montillet, J.L., Hasegawa, M., Seo, S., Kusumi, K. and Iba, K., Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年05月, [査読有り], 0006-291X, 10.1016/j.bbrc.2008.03.083
  • The role of salicylic acid in the glutathione-mediated protection against photo-oxidative stress in rice., Kusumi, K., Yaeno, T., Kojo, K., Hirayama, M., Hirokawa, D., Yara, A., and Iba, K., Physiologia Plantarum, 2006年12月, [査読有り], 0031-9317, 10.1111/j.1399-3054.2006.00786.x
  • Regulatory mechanisms of ROI generation are affected by rice spl mutations., Kojo, K., Yaeno, T., Kusumi, K., Matsumura, H., Fujisawa, S., Terauchi, R. and Iba, K., Plant Cell Physiology, 2006年08月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pcj074
  • Disease resistance against Magnaporthe grisea is enhanced in transgenic rice with suppression of ω-3 fatty acid desaturases., Yara, A., Yaeno, T., Hasegawa, T., Seto, H., Montillet, J.-L., Kusumi, K., Seo, S. and Iba, K., Plant Cell Physiology, 2007年09月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pcm107
  • Regulation of rice NADPH oxidase by binding of Rac GTPase to its N-terminal extension., Wong, H.L., Pinontoan, R., Hayashi, K., Tabata, R., Yaeno, T., Hasegawa, K., Kojima, C, Yoshioka, H., Iba, K., Kawasaki, T. and Shimamoto, K., Plant Cell, 2007年12月, [査読有り], 1040-4651, 10.1105/tpc.107.055624
  • Ozone-Induced expression of Arabidopsis FAD7 gene requires salicylic acid, but not NPR1 and SID2., Yaeno, T., Saito, B., Katsuki, T. and Iba, K., Plant Cell Physiology, 2006年03月, [査読有り], 0032-0781, 10.1093/pcp/pci253
  • Lipid signal molecules in plant immune responses., Yaeno, T. and Iba, K., Regulation of Plant Growth & Development, 2006年, [査読有り]
  • Role of chloroplast trienoic fatty acids in plant disease defense responses., Yaeno, T., Matsuda, O. and Iba, K., Plant Journal, 2004年12月, [査読有り], 0960-7412, 10.1111/j.1365-313X.2004.02260.x

MISC

  • トランスジェニックモデル植物を用いた植物ウイルス病発症機構の解析, 寺田忍, BHOR Sachin Ashok, 望月知史, 舘田知佳, 関根健太郎, 田中啓介, 坂本光, 田谷萌香, ISLAM Shaikhul, 中村瑞生, 三好沙季, 八丈野孝, 八丈野孝, 八丈野孝, 八丈野孝, 小林括平, 小林括平, 小林括平, 小林括平, 植物ウイルス病研究会レポート, 13, 61‐75, 2018年03月, 0919-2956, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802278569520340
  • カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子発現シロイヌナズナにおける細胞自律的な成長抑制, 寺田忍, 田中啓介, 坂本光, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 120, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802239121521620
  • エンドウうどんこ病菌の人工培養, 小笠原翼, 田中栄爾, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 61, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802251872016429
  • オオムギうどんこ病菌エフェクターの病原性機能および細胞内局在解析, 八丈野孝, 武井博, 井上智絵, 和原未季, 中村篤史, 岩井さくら, 清水茜, 長野眞衣, 戸田寛隆, 小林括平, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2018, 61, 2018年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802255339200707
  • mlo変異によるオオムギうどんこ病菌抵抗性の解析, 長野眞依, 和原未季, 井上智絵, 久野裕, 小林括平, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 84, 1, 29(J‐STAGE), 2018年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802241361612780
  • オオムギうどんこ病菌エフェクタ―APEC1の機能解析, 井上智絵, 武井博, 香口智宏, 小林括平, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 84, 1, 29(J‐STAGE), 2018年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802242729545692
  • 誘導型カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子発現シロイヌナズナが示す成長抑制における遺伝子発現の網羅的解析, 寺田忍, BOHOR S. A., 田中啓介, 坂本光, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2017, 126, 2017年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286291868655
  • 作物の病害発症メカニズム解明に向けた温故知新的研究, 八丈野孝, 日本作物学会講演会要旨集, 243rd, 235, 2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702237002270059
  • オオムギうどんこ病菌の付着器分泌型エフェクター候補の解析, 香口智宏, 和原未季, 武井博, 菅井維之, 野村有子, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2016, 62, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602204487762352
  • 薬剤誘導型カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子導入シロイヌナズナは誘導薬剤依存的に葉の黄化および成長抑制を示す, 寺田忍, BHOR Sachin Ashok, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会報, 82, 1, 64(J‐STAGE), 2016年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802214003447782
  • オオムギうどんこ病菌の付着器分泌型エフェクターの同定, 香口智宏, 菅井維之, 野村有子, 和原未季, 武井博, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 中神弘史, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 82, 1, 54(J‐STAGE), 2016年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802242405649362
  • オオムギうどんこ病菌の新たな菌株の病原性の解析, 香口智宏, 和原未季, 菅井維之, 山岡直人, 八丈野孝, 愛媛大学農学部紀要, 60, 1‐6, 2015年09月, 0424-6829, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602205231098796
  • うどんこ病菌の付着器分泌タンパク質とエフェクターの機能解析, 八丈野孝, 香口智宏, 菅井維之, 和原未季, 野村有子, 佐藤繭子, 若崎眞由美, 久野裕, 片岡創, 久保田直道, 小林括平, 西口正通, 豊岡公徳, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集, 50, 33‐39, 2015年08月, 1345-8086, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219331296278
  • 葉緑体タンパク質THF1の新規相互作用因子の探索, 杉若侑治, 田島薫, 菅沼裕介, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 151, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214921805356
  • 絶対寄生菌の人工培養:オオムギうどんこ病菌の人工培養, 山岡直人, 田中栄爾, 八丈野孝, 小林括平, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 47, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240913663195
  • オオムギうどんこ病菌Avrエフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 片岡創, 久保田直道, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 47, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502244757644970
  • イネRNAサイレンシング関与遺伝子OsSGS3の機能解析, 田中徹, WAGH S. G., ALAM M. M., CHEN H., 宮尾安藝雄, 廣近洋彦, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 134, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502251793572630
  • カラスウリから分離されたタバモウイルスの塩基配列:Kyuri green mottle mosaic virusの分離株群の2ウイルス種への可能性, 田中徹, 吉田崇彦, 月原周将, 長田龍太郎, 櫛間義幸, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015, 130, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502257687214439
  • 抵抗性品種を用いたオオムギうどんこ病菌エフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 81, 1, 71, 2015年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802268323893208
  • オオムギうどんこ病菌の付着器から分泌されるエフェクタータンパク質の同定, 八丈野孝, 菅井維之, 野村有子, 佐藤繭子, 若崎真由美, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 豊岡公徳, 中神弘史, 山岡直人, 日本植物病理学会報, 81, 1, 71, 2015年, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802269363965037
  • オオムギうどんこ病菌の感染過程におけるエフェクターの分泌時期の解析, 香口智宏, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 74, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402229476305844
  • N′抵抗性はトウガラシ微斑ウイルスに対して永続的である, 出原健吾, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 137, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402267907618216
  • MAPK‐WRKY経路は抵抗性遺伝子に依存したNbRBOHBの転写活性化に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2014, 87, 2014年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402275396446791
  • エフェクター認識後のNbRBOHBプロモーター活性化に複数のWRKY型転写因子が関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th, 171, 2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264471295018
  • トウガラシ微斑ウイルス外被タンパク質変異株におけるN′抵抗性を回避するために必須な変異の同定, 出原健吾, 関根健太郎, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 小林括平, 日本植物病理学会報, 80, 1, 34, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402220772363577
  • オオムギうどんこ病菌(Blumeria graminis)の感染過程における第一発芽管の役割, 菅井維之, 新崎裕樹, 八丈野孝, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 日本植物病理学会報, 80, 1, 46, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402260638930882
  • オオムギうどんこ病菌エフェクターの分泌及び宿主細胞侵入機構の解析, 香口智宏, 菅井維之, 中下香, 久野裕, 小林括平, 西口正通, 山岡直人, 八丈野孝, 日本植物病理学会報, 80, 1, 46, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402264322170423
  • 複数のWRKY型転写因子は抵抗性遺伝子に依存した活性酸素生産に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 中野孝明, 宮川典子, 吉岡美樹, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会報, 80, 1, 28, 2014年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402276176871820
  • トマトの内在遺伝子のサイレンシングによる高温耐性の付与と接ぎ木による移行, 中村真也, 瓦朋子, 本藤加奈, 小林括平, 八丈野孝, 山岡直人, 西口正通, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 37th, 2P-0888 (WEB ONLY), 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502253445570820
  • H<sup>+</sup>‐ATPase局在化因子PATROL1による気孔運動と成長制御, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 秋田佳恵, 八丈野孝, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本植物学会大会研究発表記録, 77th, 164, 2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275573597757
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの宿主細胞内における免疫抑制機構, 八丈野孝, 瀧澤香, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2013, 45, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302228674907791
  • WRKY型転写因子は病害応答性MAPKの下流で誘導されるROS生産の重要な制御因子である, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2013, 49, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302291912945730
  • シロイヌナズナのMunc13オルソログPATROL1はH<sup>+</sup>‐ATPaseの細胞膜への輸送を媒介することにより気孔開孔を促進する, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 八丈野孝, 永見綾子, 入江真理, 藤見美穂, 宮本愛, 秋田佳恵, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 335, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302209212397459
  • WRKY型転写因子が病害応答性MAPKに依存したROS生産に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 287, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302239043720950
  • RXLRエフェクターAVR3aの宿主細胞内における免疫抑制の分子メカニズム, 八丈野孝, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 105, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302258833394993
  • アントシアニン・キシロース転移酵素の結晶構造に基づく機能解析, 榊原圭子, 澄田智美, 八丈野孝, 菅原聡子, 瀧澤香, 寺田貴帆, 白水美香子, 白須賢, 横山茂之, 斉藤和季, 日本植物生理学会年会要旨集, 54th, 146, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302275127017313
  • 病害応答性MAPKの下流で複数のWRKY型転写因子が防御応答の制御に関与する, 安達広明, 石濱伸明, 吉岡美樹, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会報, 79, 1, 44, 2013年02月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302292261799516
  • Munc13類似タンパク,PATROL1によるH<sup>+</sup>‐ATPaseの細胞膜局在化制御は,植物の気孔運動と成長に影響を与える, 橋本(杉本)美海, 桧垣匠, 八丈野孝, 秋田佳恵, 祢宜淳太郎, 白須賢, 馳澤盛一郎, 射場厚, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 1P-0400 (WEB ONLY), 2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402283812851784
  • 酵母から動植物まで包括するユビキチン‐プロテアソーム系の新展開 植物のU‐box型ユビキチンリガーゼ, 八丈野孝, 白須賢, 生化学, 84, 6, 425, 431, 2012年06月, 0037-1017, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202229784098910
  • 新規WRKY型転写因子のMAPKに依存した細胞死誘導への関与, 安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2012, 84, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202276896938820
  • ジャガイモ疫病菌が分泌するエフェクターAVR3aの病原性機能には脂質との結合が必要である, 八丈野孝, LI H., CHAPARRO‐GARCIA Angela, SCHORNACK Sebastian, 小柴生造, 渡部暁, 木川隆則, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2012, 90, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202291447058920
  • ジャガイモ疫病菌が分泌するRXLRエフェクターAVR3aの病原性機能にはホスファチジルイノシトールリン酸との結合が必要である, 八丈野孝, 李華, CHAPARRO‐GARCIA Angela, SCHORNACK Sebastian, 小柴生造, 渡部暁, 木川隆則, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 149, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202215360831373
  • TAAとYUCによるインドール‐3‐酢酸の生合成, 増口潔, 田中慧太, 酒井達也, 菅原聡子, 夏目雅裕, 川出洋, 花田篤志, 八丈野孝, 白須賢, YAO Hong, MCSTEEN Paula, ZHAO Yunde, 林謙一郎, 神谷勇治, 笠原博幸, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 157, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202227292190303
  • 病害応答性MAPKに依存した細胞死を制御する新規WRKY型転写因子の単離, 安達広明, 石濱伸明, 加藤有里, 八丈野孝, 白須賢, 吉岡博文, 日本植物生理学会年会要旨集, 53rd, 150, 2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202258512257229
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの構造機能解析, 八丈野孝, 門田康弘, 瀧澤香, 李華, 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 小柴生造, 白水美香子, 渡部暁, 木川隆則, 横山茂之, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd, 184, 2011年03月, 10.14841/jspp.2011.0.0294.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102211441589337
  • ジャガイモ疫病菌エフェクターAVR3aの立体構造および機能解析, 八丈野孝, 門田康弘, 瀧澤香, LI H., 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 小柴生造, 白水美香子, 渡部暁, 木川隆則, 横山茂之, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2011, 56, 2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102271147406618
  • 植物の環境適応ストラテジー:動かない植物の巧みなマネジメント術 病原体による免疫抑制化と植物の免疫戦略, 八丈野孝, 白須賢, 細胞工学, 30, 2, 155, 160, 2011年01月, 0287-3796, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102223238241579
  • 病原菌エフェクタータンパク質の立体構造解析, 八丈野孝, LI Hua, 門田康弘, 瀧澤香, 大沢登, 寺田貴帆, 半田徳子, 小柴生造, 渡部暁, 白水美香子, 横山茂之, 木川隆則, KAMOUN Sophien, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st, 121, 2010年03月, 10.14841/jspp.2010.0.0081.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002284088494580
  • ハイスループット無細胞タンパク質発現系を用いた病害抵抗性関連タンパク質の立体構造解析, 八丈野孝, 門田康弘, 五島美絵, 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 白水美香子, 横山茂之, 白須賢, 日本植物病理学会報, 75, 3, 262, 2009年08月, 0031-9473, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269647155791
  • ハイスループット無細胞発現系を用いた病害抵抗性関連タンパク質の立体構造解析, 八丈野孝, 門田康弘, 五島美絵, 大沢登, 半田徳子, 寺田貴帆, 白水美香子, 横山茂之, 白須賢, 日本植物生理学会年会要旨集, 50th, 356, 2009年03月, 10.14841/jspp.2009.0.0969.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286549578511
  • アレンオキシド環化酵素およびオキソフィトジエン酸還元酵素の発現抑制イネ系統を用いたいもち病菌抵抗性の解析, 屋良朝紀, 八丈野孝, 長谷川守文, 楠見健介, 瀬尾茂美, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th, 338, 2008年03月, 10.14841/jspp.2008.0.0941.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217932029341
  • シロイヌナズナbah1‐D変異体におけるPseudomonas syringaeに対する植物免疫反応, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th, 344, 2008年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286911168645
  • リノール酸高含有形質転換イネにおけるいもち病菌抵抗性の解析, 屋良朝紀, 八丈野孝, MONTILLET Jean‐Luc, 長谷川守文, 楠見健介, 瀬尾茂美, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th, 241, 2007年03月, 10.14841/jspp.2007.0.593.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267503798563
  • 植物免疫におけるサリチル酸合成関連変異体bah1の解析, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th, 328, 2007年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298200365764
  • 植物免疫応答における脂質性シグナル物質, 八丈野孝, 射場厚, 植物の生長調節, 41, 2, 150, 155, 2006年12月, 1346-5406, 10.18978/jscrp.41.2_150, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238689549681
  • イネ擬似病斑形成spl(spotted leaf)変異の活性酸素生成への関与, 小城香織, 八丈野孝, 松村英生, 藤澤志津子, 寺内良平, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 47th, 298, 2006年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228580266560
  • ジャスモン酸欠損イネを用いたイモチ病菌抵抗性の解析, 屋良朝紀, 服部泰之, 八丈野孝, 長谷川守文, 瀬尾茂美, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 47th, 297, 2006年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248751782342
  • 安息香酸過敏感変異体bah1はサリチル酸生合成関連変異体か?, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 47th, 158, 2006年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280715798543
  • オキソフィトジエン酸合成能を欠損させた形質転換イネの作成, 服部泰之, 屋良朝紀, 八丈野孝, 長谷川守文, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 47th, 297, 2006年03月, 10.14841/jspp.2006.0.766.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284824336784
  • ジャスモン酸生合成遺伝子の発現を抑制した形質転換イネの作成, 服部泰之, 屋良朝紀, 八丈野孝, 長谷川守文, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 202, 2005年03月, 10.14841/jspp.2005.0.388.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203264893356
  • 活性酸素生成に関わるイネ疑似病斑形成spl(spotted leaf)変異体の解析, 小城香織, 八丈野孝, 松村英生, 藤沢志津子, 寺内良平, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 206, 2005年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238069008435
  • RNAi法により作製したジャスモン酸欠損イネの解析, 屋良朝紀, 服部泰之, 八丈野孝, 長谷川守文, 瀬尾茂美, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 202, 2005年03月, 10.14841/jspp.2005.0.390.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246991003119
  • 安息香酸過敏感変異体bah1の解析, 八丈野孝, 小城香織, 屋良朝紀, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th, 206, 2005年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261233238821
  • イネ疑似病斑形成spl(spotted leaf)変異体を用いた活性酸素生成機構の解析, 小城香織, 八丈野孝, 松村英生, 藤沢志津子, 寺内良平, 楠見健介, 射場厚, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 971, 2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208629683820
  • ω‐3デサチュラーゼ遺伝子の人為的発現抑制によるジャスモン酸欠損イネの作製, 屋良朝紀, 八丈野孝, 瀬尾茂美, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th, 244, 2004年03月, 10.14841/jspp.2004.0.563.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200341886652
  • nahG形質転換植物を用いたイネの防御応答メカニズムの解析, 楠見健介, 広川大志郎, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th, 244, 2004年03月, 10.14841/jspp.2004.0.564.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260590618989
  • プラスチド由来脂質性シグナルによるNADPHオキシダーゼの活性化, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th, 261, 2004年03月, 10.14841/jspp.2004.0.631.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279509949545
  • イネ疑似病斑形成spl変異株を用いた細胞死経路の解析, 小城香織, 八丈野孝, 松村英生, 藤沢志津子, 寺内良平, 楠見健介, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 45th, 245, 2004年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297466192060
  • ベンケイソウ型酸代謝の内在性リズムと概日時計に対する温度の影響, 荒田博行, 中村俊博, 吉武春樹, 吉松孝宏, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 42nd, 216, 2002年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168177610968
  • オゾンガス処理によるシロイヌナズナ葉緑体局在型ω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7)の発現解析, 八丈野孝, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 41st, 217, 2001年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170526363846
  • シロイヌナズナω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7/8)の発現に及ぼすオゾンの影響, 八丈野孝, 松田修, 射場厚, 日本植物生理学会年会要旨集, 39th, 207, 1999年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192737104468
  • ω‐3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD7/8)のオゾンによる発現誘導の経時的変化, 八丈野孝, 松田修, 射場厚, 日本植物学会大会研究発表記録, 63rd, 174, 1999年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184149702631

その他研究情報

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.