詳細検索はこちら

河合 慶有カワアイ ケイユウ

所属部署
大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/10/20

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:90725631

学歴

  • 2009年08月 - 2013年09月, National University of Singapore , Civil and Environmental Engineering
  • 2004年04月 - 2006年03月, 東京工業大学 国際開発工学専攻
  • 2000年04月 - 2004年03月, 東京工業大学 開発システム工学科土木コース

経歴

  •   2016年10月,  - 現在, 愛媛大学大学院理工学研究科, 生産環境工学専攻, 特任講師
  •   2016年10月,  - 現在, 京都大学インフラ先端技術共同研究講座, 招聘研究員
  •   2015年06月,  - 2015年12月, Delft University of Technology, Civil and Environmental Engineering, Visiting Researcher
  •   2013年10月,  - 2016年09月, 愛媛大学大学院, 理工学研究科生産環境工学専攻, 助教
  •   2013年07月,  - 2013年09月, National University of Singapore, Civil and Environmental Engineering, Research Engineer
  •   2006年04月,  - 2009年07月, 千代田化工建設, シビル設計センター

所属学協会

  • RILEM
  • 日本材料学会
  • 土木学会
  • 日本コンクリート工学会

委員歴

  •   2018年04月 - 現在, 日本コンクリート工学会, コンクリート工学編集委員会 委員
  •   2017年10月 - 現在, RILEM, TC 269 member Damage assessment in Consideration of Repair/ Retrofit-Recovery in Concrete and Masonry Structures by Means of Innovative NDT
  •   2017年07月 - 現在, 日本コンクリート工学会, コンクリートのひび割れ調査,補修・補強指針普及委員会 委員
  •   2016年12月 - 現在, 日本コンクリート工学会, 情報コミュニケーション委員会 委員
  •   2016年04月 - 現在, 非破壊試験によるコンクリートに生じた ひび割れの補修評価方法の確立に関する 研究委員会, 幹事
  •   2016年04月 - 現在, 電気化学的手法を活用した実効的 維持管理手法の確立に関する研究委員会, 委員
  •   2015年04月 - 2017年03月, 四国のコンクリート構造物インフラドックの 実現に向けた調査研究委員会, 委員
  •   2014年04月 - 2016年03月, 各種混和材料のコンクリートへの積極利用 による高性能の付与に関する研究委員会, 委員
  •   2013年11月 - 2015年03月, 塩害劣化を受けたコンクリート構造物の 耐荷力評価委員会, 委員

研究活動情報

研究分野

  • 土木材料・施工・建設マネジメント, コンクリート工学

研究キーワード

    耐久性設計, 電気化学的補修工法, 耐久性能評価, 鉄筋腐食抵抗性, 自己治癒補修

論文

  • CORROSION PROPERTIES OF HORIZONTAL STEEL BARS IN CONCRETE COLUMN SPECIMENS CAST WITH COPPER SLAG FINE AGGREGATE
    N. Sandra, K. Kawaai and I. Ujike, 4th International Conference on Service Life Design for Infrastructures,   2018年08月
  • Influence of bleeding on modification of pore structure and carbonation-induced corrosion formation
    Willick Nsama, Isao Ujike, Keiyu Kawaai, Yuto Kubo and Nevy Sandra, 4th International Conference on Service Life Design for Infrastructures,   2018年08月
  • CATHODIC POLARIZATION PROPERTIES OF STEEL BARS IN CONCRETE MIXED WITH AEROBIC MICROORGANISM
    K. Kawaai, I. Ujike, S. Fujioka, T. Nishida and A. Saito, Final Conference of RILEM TC 253-MCI,   2018年06月
  • Restrained early age shrinkage at the vertical interface between fresh cementitious mixtures and hardened substrates Part-II
    K. Kawaai and O.K.C. Gary, International Journal of Engineering Research and Applications,   2018年
  • Restrained early age shrinkage at the vertical interface between fresh cementitious mixtures and hardened substrates Part-I
    K.Kawaai and O.K.C. Gary, International Journal of Engineering Research and Applications,   2018年
  • ブリーディングに起因する表層品質の相違に対する透気係数および含水率の関係に基づく評価方法
    久保 勇登,河合 慶有,氏家 勲, コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,   2017年10月
  • Influence of Different Concentration of Tris Buffer Solution on Calcium Carbonate Precipitation in Bio Repair Materials
    Prima Yane Putri, Keiyu Kawaai, Isao Ujike and Hiroshi Okuno, International Journal on Advanced Science, Engineering and Information Technology,   2017年
  • Influence of bleeding on variations of permeability in concrete column specimens
    W. Nsama, K. Kawaai, I. Ujike, Y. Kubo, and N. Sandra, OWICS 2017,   2017年08月
  • 鉄筋コンクリートの防食電流・電位の変動要因と防食効果
    河合 慶有,大即 信明,西田 孝弘, 材料(Journal of the Society of Materials Science),   2017年08月
  • 銅・マンガンスラグ細骨材およびフライアッシュを用いたコンクリートの乾燥収縮ひび割れ抵抗性
    河合 慶有,氏家 勲,水越 睦視, 材料(Journal of the Society of Materials Science),   2017年08月
  • 初期養生がフライアッシュコンクリート中の腐食因子の侵入と鉄筋腐食抵抗性に与える影響
    河合 慶有,氏家 勲, 材料(Journal of the Society of Materials Science),   2017年08月
  • STUDY ON DETECTION METHOD OF DEFECTS IN COVER CONCRETE USING ELECTRICAL RESISTIVITY MEASUREMENT
    KEIYU KAWAAI, ISAO UJIKE and HIROSHI OKUNO, The Ninth International Structural Engineering and Construction Conference,   2017年07月
  • 材料分離に起因する不均質さが水平鉄筋の腐食性状に与える影響
    河合 慶有,氏家 勲, コンクリート工学年次論文集,   2017年07月
  • 製紙スラッジ焼却灰を利用した低炭素コンクリートの性能評価
    木下 尚樹,氏家 勲,河合 慶有,川口 隆,安原 英明,長江 俊勝, Journal of MMIJ,   2017年07月
  • Influence of the type of dry yeast on precipitation rate of calcium carbonate in bio-based repair materials
    P. Y. Putri, I. Ujike, K. Kawaai, ICBBM ECOGRAFI 2017,   2017年06月
  • Alginate capsules encapsulating aerobic and anaerobic microorganism for repairing cracks in concrete
    K. KAWAAI, H. OKUNO, I. UJIKE, 6th International Conference on Self-Healing Materials,   2017年06月
  • Effects of bleeding on corrosion of horizontal steel bars in reinforced concrete column specimen
    N. Sandra, K. Kawaai, I. Ujike, I. Nakai, and W. Nsama, International Conference on Construction and Building Engineering (ICONBUILD 2017),   2017年
  • Enhancement of corrosion resistance in mortar using aerobic bacillus subtilis
    K. Kawaai, I. Ujike, and P.Y. Putri, HealCon,   2016年11月
  • ひび割れ抵抗性試験に対する計算モデルの提案
    石川 雅美,河合 慶有, セメント・コンクリート研究討論会 論文報告集,   2016年10月
  • イースト菌による微生物代謝を利用したひび割れ補修材のカプセル化
    河合 慶有,氏家 勲,奥野 宙, セメント・コンクリート研究討論会 論文報告集,   2016年10月
  • A study on the factors affecting electro-migration characteristic of chloride ion in concrete
    Ujike, I. and Kawaai, K., ASEA SEC 3rd International Conference,   2016年09月
  • Effect of Temperature on Precipitation Rate of Calcium Carbonate Produced Through Microbial Metabolic Process of Bio Materials
    Prima, Y. P., Kawaai, K., Ujike, I., Journal of Civil Engineering Science and Application,   2016年
  • Influence of Bleeding on Durability of Horizontal Steel Bars in RC Column Specimen
    K. Kawaai and I. Ujike, Fifth International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering,   2016年10月
  • コンクリート内部の損傷が電気抵抗率の分布に与える影響
    岡田 辰夫,河合 慶有,氏家 勲, コンクリート工学年次論文集, 38,   2016年07月
  • 自然環境下の表層コンクリートに対する透気試験を用いた耐久性能推定手法の適用可能性
    村上 賢晃,氏家 勲,河合 慶有, コンクリート工学年次論文集, 38,   2016年07月
  • Some considerations on precipitation rate of calcium carbonate in bio-based materials used for concrete repair
    K. Kawaai, I. Ujike, S. Yamamoto and P.Y. Putri, Concrete Solutions 2016, 6th International Conference on Concrete Repair,   2016年06月
  • A Novel Method in Enhancing Corrosion Resistance in Concrete Using Aerobic Bacillus Subtilis
    K. Kawaai, T. Nishida, A. Saito, and I. Ujike, International Symposium on Concrete and Structures for Next Generation: Ikeda & Otsuki Symposium (IOS 2016),   2016年05月
  • Effects of Internal Cracking and Drying Shrinkage on Corrosion Processes of RC Beam Specimen
    K. Kawaai, I. Ujike, and I. Nakai, CONCREEP 10, doi: 10.1061/9780784479346.057, 477 - 486,   2015年09月
  • ESTIMATION METHOD FOR DURABILITY PERFORMANCES IN COVER CONCRETE BY IN-SITU AIR PERMEABILITY TESTS
    K. Kawaai and I. Ujike, The Fifth International Conference on Construction Materials: Performance, Innovations and Structural Implications,   2015年08月
  • CARBONATION AT VERTICAL INTERFACES FORMED BETWEEN FRESHLY CAST CEMENTITIOUS MIXTURES AND HARDENED CONCRETE SUBSTRATES
    K. Kawaai, A. Annapareddy, K.C.G. Ong, and C.T. Tam, 40th Conference on Our World Concrete & Structures, 1 - 8,   2015年08月
  • 銅スラグ細骨材とフライアッシュを使用した乾燥収縮ひび割れ抑制コンクリートの開発
    仲井一平, 高本直樹, 河合慶有, 氏家勲, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 37,   2015年06月
  • 炭酸カルシウムの析出速度及び析出量に及ぼす諸要因に関する研究
    山本沙也, 久保郁貴, 河合慶有, 氏家勲, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 37,   2015年06月
  • 乾湿繰り返し作用を受けるフライアッシュコンクリートの鉄筋腐食性状に及ぼす初期養生および水結合材比の影響
    門屋朱里, 春日翔平, 河合慶有, 氏家勲, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 37,   2015年06月
  • SHORT-TERM AND LONG-TERM SOLUTIONS USING FLY ASH FOR SUSTAINABLE DEVELOPMENT IN CONCRETE CONSTRUCTION INDUSTRY
    K. Kawaai, I. Ujike, S. Kasuga, and H. Miyake, Proceedings of Workshop on Utilization of Waste Materials, Manila,   2014年08月
  • 微生物を利用した補修工法における多析出可能な配合の検討
    久保 郁貴,矢野元 智也,氏家 勲,河合 慶有, コンクリート工学年次論文集, 36, (1) 1948 - 1953,   2014年07月
  • 現場透気試験によるかぶりコンクリートの耐久性能評価手法の検討
    河合 慶有,國方 翔太,氏家 勲, コンクリート工学年次論文集, 36, (1) 2140 - 2145,   2014年07月
  • Effect of curing condition on air permeability coefficient measured by in-situ test method
    K. Kawaai, I. Ujike, S. Kunikata, and S. Okazaki, Life-Cycle of Structural Systems Design, Assessment, Maintenance and Management, CRC press, 1207 - 1214,   2014年10月
  • Influencing factors affecting microbial metabolic processes of bio materials used for leaking repairs
    I. Ujike, F. Kubo, K. Kawaai, and S. Okazaki, Concrete Solutions, Taylor & Francis Group, London, ISBN 978-1-138-02708-4, 127 - 133,   2014年
  • DURABILITY DESIGN OF TYPICAL DFD (DESIGN FOR DISASSEMBLY) COMPONENTS FOR A TROPICAL ENVIRONMENT
    KEIYU KAWAAI , National University of Singapore,   2013年09月
  • SIZE-EFFECT OF EARLY AGE SHRINKAGE AT THE INTERFACE BETWEEN FRESH CEMENTITIOUS MIXTURES AND HARDENED CONCRETE SUBSTRATE
    K.C.G. Ong, K. Kawaai, C.T. Tam and Sze-Dai Pang, 37rd Our World in Concrete and Structures, 309 - 320,   2013年08月
  • STUDY ON CURRENT DISTRIBUTION AT CONCRETE DEFECTS FOR CATHODIC PROTECTION IN REINFORCED CONCRETE MEMBER INDUCED BY CHLORIDE ATTACK
    K. Kawaai, N. Otsuki, and K. Matsukawa, 33rd Our World in Concrete and Structures,   2008年08月
  • PROPOSED DESIGN METHOD OF CATHODIC PROTECTION SYSTEM FOR REINFORCED CONCRETE MEMBER INDUCED BY CHLORIDE ATTACK
    K. Kawaai, N. Otsuki, T. Nishida and K. Matsukawa, 31rd Our World in Concrete and Structures, 207 - 213,   2006年08月
  • FUNDAMENTAL STUDY ON FACTORS INFLUENCING THE CURRENT DISTRIBUTION OF CATHODIC PROTECTION METHOD FOR REINFORCED CONCRETE
    K. Kawaai, N. Otsuki, T. Nishida, and R. Zheng, Proceedings of the Sixth International Summer Symposium, JSCE, Vol.6, 361 - 364,   2004年

講演・口頭発表等

  • 微生物を利用したコンクリートの補修技術
    河合 慶有, 関西道路研究会,   2018年07月27日, 招待有り
  • 技術者教育について
    河合 慶有, 日本コンクリート工学会四国支部報告会,   2017年07月04日, 招待有り
  • 枯草菌の代謝を用いたカプセル中の炭酸カルシウム析出過程の検討
    奥野 宙,河合 慶有,氏家 勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 材料分離の影響を受けた水平鉄筋の腐食性状に及ぼす酸素透過の影響
    河合 慶有,仲井 一平,氏家 勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • コンクリート中の溶存酸素に着目した腐食抑制方法について
    河合 慶有, マルチフィールド研究会,   2016年10月24日, 招待有り
  • 銅スラグ細骨材を用いたコンクリートの高性能化について
    河合 慶有, JCI四国支部研究委員会 講習会,   2016年06月15日, 招待有り
  • バイオ材料の炭酸カルシウム析出過程に及ぼす温度の影響
    山本沙也・Prima Yane Putri・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年05月
  • フライアッシュの混和が配置高さの異なる水平鉄筋の腐食性状に与える影響
    仲井一平・長野沙紀・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年05月
  • 銅スラグ細骨材を使用したコンクリートに対する品質評価図の適用可能性
    久保勇登・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年05月
  • 塩化物イオンの電気泳動特性に影響を及ぼす諸要因に関する検討
    門屋朱里・吉田大貴・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年05月
  • 電気抵抗率測定を用いたコンクリート内部欠陥の検知手法の実験的検討
    喜多村征生・岡田辰夫・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年05月
  • フライアッシュ及び非鉄スラグ細骨材を用いたコンクリートの乾燥収縮ひび割れ抵抗性
    村上賢晃・河合慶有・氏家勲, 材料学会四国支部発表会,   2016年05月
  • コンクリートの材料分離が配置高さの異なる水平鉄筋の耐久性に及ぼす影響
    河合 慶有・西村 沙希・氏家 勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月30日
  • コンクリート供試体の境界条件を考慮した透気係数‐含水率の関係に関する考察
    村上賢晃・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • 電気抵抗率測定を用いた鉄筋コンクリート内部劣化の定量化に関する基礎的研究
    岡田辰夫・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • 養生条件および材齢の相違が塩化物イオンの電気泳動特性に及ぼす影響
    高市茂・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • 骨材種類に起因する乾燥収縮量の違いがRC梁供試体の鉄筋腐食性状に及ぼす影響の検討
    仲井一平・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • バイオグラウトの炭酸カルシウム析出時間に影響を及ぼす要因の検討
    山本沙也・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • 養生条件の違いがフライアッシュコンクリートの中性化に及ぼす影響
    門屋朱里・河合慶有・氏家勲, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • X線CT画像から取得した空隙構造を用いた透気性状の検討
    氏家勲・柴田真帆・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年05月
  • コンクリートの初期養生及び材齢が電気泳動試験に及ぼす影響
    河合慶有, 氏家勲, 國方翔太, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2014年08月01日
  • 透気試験方法の違いが養生条件の異なるコンクリートの透気係数と含水率の関係に及ぼす影響
    柴田真帆・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年05月
  • 炭酸カルシウムに及ぼすバイオグラウトの配合要因に関する検討
    久保郁貴・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年05月
  • 現場透気試験による構造体コンクリートの耐久性評価指標の検討
    國方翔太・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年05月
  • 養生の相違がフライアッシュコンクリートの鉄筋腐食に及ぼす影響
    春日翔平・三宅宏明・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年05月
  • 乾燥収縮量の異なる骨材を使用したRC梁の一定持続載荷下での鉄筋腐食に関する研究
    高本直樹・菅野啓介・氏家勲・河合慶有, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年05月
  • 電着工法におけるひび割れ深部での電着物析出阻害の機構解明およびその改善
    鈴木一平, 大即信明, 西田孝弘, 河合慶有, セメント技術大会講演要旨,   2006年05月12日
  • 鉄筋コンクリートに対する適切な電気防食回路の設計に関する基礎的研究
    河合慶有, 大即信明, 西田孝弘, 鄭仁沢, セメント技術大会講演要旨,   2004年04月20日

特許

  • 混和材料,セメントの練混ぜ方法,セメント系プレミックス材料,鉄筋コンクリートの腐食防止方法, 河合 慶有, 特願2016-087837, 特開2017-197393

受賞

  •   2018年03月, 日本材料学会, 論文奨励賞, 初期養生がフライアッシュコンクリート中の 腐食因子の侵入と鉄筋腐食抵抗性に与える影響
  •   2013年11月, Singapore Concrete Institute, SCI excellence award
  •   2009年08月, Agency for Science, Technology and Research, SINGA award

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.