研究者データベース

壽 卓三コトブキ タクゾウ

所属部署名教育学部 社会科教育
職名教授
Last Updated :2019/06/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    壽 卓三
  • 氏名(カナ)

    コトブキ タクゾウ

所属

所属・職名

  • 部署

    教育学部
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1986年, 東京大学, 人文科学研究科, 倫理学
  • 1977年, 東京大学, 文学部, 文化学
  • 1986年
  • 1977年

学位

  • 文学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本倫理学会
  • 全国社会科教育学会
  • 日本社会科教育学会
  • 関西倫理学会

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 科学教育・教育工学, 科学教育
  • 哲学, 哲学・倫理学

著書・発表論文等

書籍等出版物

MISC

  • 政治空間における〈聖なるもの〉の位相, 壽 卓三, 平成19年度〜平成22年度 科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 5, 15, 2011年03月
  • 「私の死」と「私たちの可死性」とのあわい, 壽 卓三, 愛媛大学教育学部紀要, 58, 209, 220, 2011年
  • 死をめぐる断章─死の積極的可能性─, 壽 卓三, 愛媛大学教育学部紀要, 57, 249, 258, 2010年
  • 「真理(a-letheia)への原初的問い=哲学」の現場としての〈教育〉の可能性に向けて, 愛媛大学教育学部紀要, 第56, 301, 310, 2009年
  • ハイデガー哲学における「公共性〈批判〉」の広袤, 電子ジャーナル Heidegger-Forum, 3, 13, 28, 2009年
  • 「公共性」と「開示性」のあわい, 愛媛大学教育学部紀要, 第55, 1, 26, 2008年
  • ハイデガー存在論における〈政治〉の位相─ハンナ・アーレントとの対質を通して─, 愛媛大学教育学部紀要, 54, 第1, 13, 22, 2007年
  • 教室空間における「市民性教育」の成立要件, 日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト研究グローバル化時代における市民性の教育─論文集・─, 21, 28, 2007年
  • ハイデガー存在論における「不気味さ」の位置値, 愛媛大学教育学部紀要, 第53, 第1, (1)-(15), 2006年
  • 異国・帰郷・回想 ─同一性と差異性との対立図式の彼方へ─, 愛媛大学教育学部紀要, 52, 1, 241, 255, 2005年
  • ハイデガーの思索における原存在・真理・言葉の三位一体的構造連関─現-存在概念に定位して─, 愛媛大学教育学部紀要, 51, 1, 195, 206, 2004年
  • 三〇年代における「世界」を巡るハイデガーの思索─世界開示の根元としての能動的受動性─, 平成13~15年度科学研究費補助金(B)(1)研究成果報告書『西洋倫理思想史における身体の問題』, 13, 22, 2004年
  • 被災地域における教育活動の調査・研究 -芸予地震と子どもたち-, 愛媛大学学芸予地震学術調査最終報告書(愛媛大学), 279, 301, 2002年
  • 世界創設としての芸術-ハイデガー芸術論と現代芸術-, 平成13年度教育改善推進費報告書『芸術教育研究』, 2002年
  • ハイデガーのテクノロジー論の可能性, 愛媛大学教育学部紀要 第Ⅱ部 人文・社会科学, 34(2), 2002年
  • <倫理>の基底への問い-<呼応・答責関係>の制約条件としての<聖なる領域>-, 教育における聖なる領域-学校教育を視野に入れた大学教育の改善-, 2001年
  • 多面体としての自己, 愛媛大学教育学部紀要 第(]G0002[)部 人文・社会科学, 31, 1, 23, 36, 1998年
  • 学校スリム化の視点, 学校教育, 957, 1997年
  • コミュニケーション行為としての〈教育〉-〈学び=遊び〉概念の批判的考察-, 「社会科」学研究, 25, 43, 57, 1993年
  • 生活科と社会科との統合的把握へ向けて, 「社会科」学研究, 23, 32, 44, 1992年
  • 社会科における学力, 「社会科」学研究, 22, 1991年
  • 社会科の「危機」とは何か-社会科再生への試論-, 「社会科」学研究, 20, 1990年
  • 倫理的空間, 愛媛大学教育学部紀要, 21, 1989年
  • 社会科における〈科学性〉, 「社会科」学研究, 13, 1987年
  • 共生の時空性-〈公民〉概念の批判的検討-, 愛媛大学教育学部紀要, 33, 1987年
  • 対象・言語・意味-現象学に於ける言語の問題-, 『フォーラム』(跡見学園女子大学文化祭), 4, 1986年
  • 相互存在の存立地平-ハイデガー存在論の在立地平-, 倫理学年報, 33, 1984年
  • 2009年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 52, 1, 241, 255, 2005年
  • 31, 1, 23, 36, 1998年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.