詳細検索はこちら

当真 要トウマ ヨウ

所属部署
大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/10514359.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/11/09

研究者基本情報

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月, 北海道大学大学院, 農学研究科, 環境資源学専攻地域環境学講座博士後期課程
  • 2003年04月 - 2005年03月, 北海道大学大学院, 農学研究科, 環境資源学専攻地域環境学講座修士課程
  • 1999年04月 - 2003年03月, 北海道大学, 農学部, 生物機能科学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 愛媛大学, 農学研究科, 准教授
  •   2011年07月,  - 2016年03月, 愛媛大学, 農学部, 助教
  •   2011年03月,  - 2011年06月, 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター, 生物生産研究農場, 研究員
  •   2008年04月,  - 2011年02月, 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター, 生物生産研究農場, 博士研究員

所属学協会

  • 日本草地学会
  • 日本農作業学会
  • 日本ペドロジー学会
  • 日本土壌微生物学会
  • 日本土壌肥料学会

研究活動情報

研究分野

  • 植物栄養学・土壌学
  • 環境技術・環境負荷低減

研究キーワード

    水田, 玄米収量, Biochar, 亜酸化窒素, メタン

論文

MISC

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 水管理と緑肥施用が水田からのN2O発生に与える影響
    Nukhak Nufita Sari, 赤松航, 大森信吾, 西村誠一, 永田修, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会関西支部会,   2015年12月
  • 生竹・竹堆肥マルチが温室トマトの生育・収量および土壌特性に与える影響
    八木赳憲,森田展樹,当真要,上野秀人,石掛桂士,阿立真崇,山下陽一,長崎信行, 日本作物学会四国支部会,   2015年11月
  • 浅床栽培によるレンコン“備中”の生育および収量特性
    2. 佐藤歌音,当真要,岩本玲奈,山本智恵,上野秀人,長崎信行, 日本作物学会四国支部会,   2015年11月
  • 29 秋の耕起深度の違いが水田からのCH_4生成に及ぼす影響 : 培養実験による要因解析(関西支部講演会,2014年度各支部会)
    大森 信吾, 中山 秀貴, 永田 修, 田中 雄一, 中嶋 美幸, 上野 秀人, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 4 窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育,窒素吸収および接種菌生態(関西支部講演会,2014年度各支部会)
    西原 紫織, 山内 絵利奈, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2014年09月09日
  • P8-2-5 水田への竹炭施用による地球温暖化緩和効果の評価(ポスター,8-2 地球環境,2015年度京都大会)
    大森 信吾, 永田 修, 上野 秀人, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 8-2-7 Effects of green manure and charcoal application on rice growth and greenhouse gas emission
    Macome Jaime Afonso, 尾崎 健太, 永田 修, 上野 秀人, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 8-2-9 バイオエタノール蒸留廃液の施用がCH_4およびN_2O発生に与える影響(8-2 地球環境,2015年度京都大会)
    樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 7-1-24 みかん搾汁残渣由来のバイオエタノール蒸留廃液の施用がトウモロコシの生育・収量と土壌特性に与える効果(7-1 肥料および施肥法,2015年度京都大会)
    森田 展樹, 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 4-4-4 高温障害回避のための遅植えが有機栽培水稲における玄米品質向上と窒素吸収に与える影響(4-4 植物の代謝成分と農作物の品質,2015年度京都大会)
    岩本 玲奈, 上野 秀人, 当真 要, 西山 周, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 1-1-21 冬期耕耘と肥料タイプが暖地水田からのCH_4およびN_2O発生に与える影響(1-1 物質循環・動態,2015年度京都大会)
    当真 要, 大森 信吾, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • 鶏糞堆肥や化学肥料の施肥量がハツカダイコンとチンゲンサイの収穫後品質に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨)
    ハキキ ディニ ヌア, 上野 秀人, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報,   2014年12月
  • クリンカアッシュを副資材として添加した堆肥の施用がコマツナ、ハツカダイコンの生育に与える効果(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨)
    青山 航大, 上野 秀人, 当真 要, 横山 泰士, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報,   2014年12月
  • クリンカー添加培土で育苗した水稲苗の生育及び収量特性(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨)
    石掛 桂士, 岩本 玲奈, 上野 秀人, 当真 要, 山下 陽一, 阿立 真崇, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報,   2014年12月
  • レンコンの浅床栽培における減肥および被覆肥料施用が生育と収量に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨)
    山本 智恵, 岩本 玲奈, 上野 秀人, 長崎 信行, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報,   2014年12月
  • 緑肥施用と中干期間が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨)
    赤松 航, 大森 信吾, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報,   2014年12月
  • P8-2-8 竹炭の施用が水田土壌から放出されるメタン、亜酸化窒素に与える影響(ポスター,8-2 地球環境,2014年度東京大会)
    大森 信吾, 上野 秀人, 永田 修, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2014年09月09日
  • 8-2-22 阿蘇のススキ半自然草地が地球温暖化に与える影響(8-2 地球環境,2014年度東京大会)
    当真 要, Stewart Ryan, Fernendez Fabian, 西脇 亜也, 山田 敏彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2014年09月09日
  • P1-1-8 バイオエタノール蒸留廃液を施用したウンシュウミカン栽培圃場からのN_2O発生および無機態窒素の溶脱(ポスター,1-1 物質循環・動態,2014年度東京大会)
    樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2014年09月09日
  • 浅床栽培法を用いたレンコンの省力栽培におけるハスの生育・収量・品質および養分動態の評価
    当真 要, 岩本 玲奈, 稲吉 佳緒里, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University,   2014年09月
  • 浅床・有機栽培がレンコンの生育と収量および土壌肥沃度に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    岩本 玲奈, 稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • バイオエタノール蒸留廃液肥料の施肥量・回数の違いがトウモロコシの生育・収量および土壌の化学的特性に与える効果(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    森田 展樹, 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • クリンカーの施用がコマツナとハツカダイコンの生育・土壌特性に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    横山 泰士, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • クリンカー施用が水稲の生育,収量および土壌特性に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    田中 遼, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • 竹炭および牛糞堆肥等の有機物施用が水稲生育と収量に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    三宅 由美菜, 上野 秀人, 当真 要, 石岡 基, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • 耕起回数と肥料の種類が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    大森 信吾, 丸山 明日香, 当真 要, 上野 秀人, 永田 修, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • 窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育および収量(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨)
    西原 紫織, 山内 絵利奈, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本作物学会四国支部会報,   2013年12月
  • 畑草地における温室効果ガス発生と土壌炭素蓄積の制御因子に関する研究(日本土壌肥料学会奨励賞受賞)
    当真 要, 日本土壌肥料學雜誌,   2013年10月05日
  • 奨-1 畑草地における温室効果ガス発生と土壌炭素蓄積の制御因子に関する研究(日本土壌肥料学会奨励賞記念講演,2013年度名古屋大会)
    当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • 5 マメ科緑肥カバークロップ栽培におけるトウモロコシ生育・収量および養分動態(関西支部講演会,2012年度各支部会)
    宮崎 崇史, 上野 秀人, 当真 要, 荒木 肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • P6-2-4 トウモロコシ栽培におけるバイオエタノール蒸留廃液施用が土壌肥沃度へ与える影響(ポスター,シンポジオン,6-2 畑地土壌肥沃度,2013年度名古屋大会)
    樋口 武, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • P6-1-8 窒素固定菌を接種した水田における水稲の生育・収量および窒素固定能(ポスター,シンポジオン,6-1 水田土壌肥沃度,2013年度名古屋大会)
    西原 紫織, 山内 絵利奈, 当真 要, 横山 正, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • P1-1-25 耕起法が水田からのメタン発生に与える影響を地力窒素発現量から説明する(ポスター,1-1 物質循環・動態,2013年度名古屋大会)
    当真 要, 塩野 宏之, 小南 靖弘, 大野 智史, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • P1-1-17 レンコンの浅床栽培における窒素動態 : 有機質肥料施用で窒素固定が増加する(ポスター,1-1 物質循環・動態,2013年度名古屋大会)
    稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • レンコンの浅床・有機栽培における生育と収量(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • バイオエタノール蒸留廃液のトウモロコシ栽培に対する肥料効果(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    樋口 武, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • マメ科緑肥カバークロップがトウモロコシ生育収量・養分動態に与える効果(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    宮崎 崇史, 上野 秀人, 当真 要, 荒木 肇, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • 窒素固定菌を接種した水稲の生育、収量および品質の評価(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    山内 絵利奈, 西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • 耕起回数が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    丸山 明日香, 当真 要, 上野 秀人, 永田 修, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • 柑橘の発酵脱汁カスの水田への施用は水稲栽培に有効か?(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨)
    当真 要, 丸山 明日香, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報,   2012年12月
  • 18 窒素固定菌接種水田における化学的・生物学的土壌特性と水稲生育(関西支部講演会,2011年度各支部会)
    柴田 朋美, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 2 熊本県阿蘇ススキ半自然草地における炭素動態(関西支部講演会,2011年度各支部会)
    当真 要, Fernandez Fabian G., Stewart J. Ryan, 西脇 亜也, 山田 敏彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 39 三笠市幾春別川流域農耕地におけるBackground N_2O放出に影響を与える要因の解析(北海道支部講演会,2011年度各支部会)
    梶原 直哉, Mu Zhijian, 当真 要, 木村 園子ドロテア, 山田 浩之, 泉 弥希, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 36 熱帯泥炭地の地下水位の上昇下降が土壌呼吸に及ぼす影響(北海道支部講演会,2011年度各支部会)
    石倉 究, 山田 浩之, 当真 要, 高階 史章, 森下 智陽, Darung Untung, Limin Atfritedy, Limin Suwido, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 23-25 アカシアプランテーションにおける熱帯泥炭地の沈下と酸化分解(23.地球環境,2012年度鳥取大会)
    石倉 究, 山田 浩之, Limin Atfritedy, 佐藤 空, Wijanarko Sigit, Bathgate John, 当真 要, 井上 京, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • P15-6 自然農法水田における土壌の生物的・化学的特性と水稲収量・品質特性の関係(15.水田土壌肥よく度,2012年度鳥取大会)
    西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 津曲 徹, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 1-10 北海道苫小牧のススキ自然草地におけるN_2OおよびCH_4発生(1.物質循環・動態,2012年度鳥取大会)
    当真 要, Fernandez Fabian, Stewart Ryan, 西脇 亜也, 波多野 隆介, 山田 敏彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2012年09月04日
  • 栽培環境及び植物体分析による柑橘水腐れ症発生要因の探索(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)
    石岡 健太, 細川 めぐみ, 当真 要, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報,   2011年12月
  • バイオエタノール蒸留廃液が水稲の生育・収量・養分吸収に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)
    土井 涼佳, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報,   2011年12月
  • バイオエタノール蒸留廃液を施用したトウモロコシの生育,収量および養分吸収(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)
    大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報,   2011年12月
  • 自然農法水田土壌の生物的・化学的特性および水稲収量特性(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)
    西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 津曲 徹, 日本作物学会四国支部会報,   2011年12月
  • 貧栄養土壌におけるススキの地上部バイオマス生産に対する施肥効果(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨)
    当真 要, 佐藤 翔平, FERNANDEZ Fabian G., STEWART J. Ryan, 山田 敏彦, 日本作物学会四国支部会報,   2011年12月
  • 26 北海道三笠市幾春別川流域農耕地における土壌有機物分解量に影響を与える要因の解析(北海道支部講演会,2010年度各支部会講演要旨)
    梶原 直哉, Mu Zhijian, 当真 要, 木村 園子ドロテア, 山田 浩之, 泉 弥希, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • 23-21 三笠市幾春別川流域農耕地における土壌有機物分解の土壌、土地利用、年次による変動要因の解析(23.地球環境)
    梶原 直哉, Zhijian Mu, 当真 要, 木村 園子ドロテア, 山田 浩之, 泉 弥希, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • 1-50 地下水位と土壌pHが熱帯泥炭地の土壌呼吸に与える影響(1.物質循環・動態)
    石倉 究, 山田 浩之, 当真 要, 高階 史彰, 森下 智陽, Darung Untung, Limin Atfritedy, Limin Suwido, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • 1-34 阿蘇ススキ半自然草地における炭素蓄積速度の定量的評価(1.物質循環・動態)
    当真 要, 杉山 真二, 中坊 真, 波多野 隆介, Fernandez Fabian, Stewart Ryan, 西脇 亜也, 山田 敏彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • O-22 寒地におけるススキ系統の遺伝的変異性とバイオマス特性(セッション5:資源,研究発表(口頭発表))
    Anzoua Kossonou Guillaume, 当真 要, 飯塚 菜摘, 山田 敏彦, バイオマス科学会議発表論文集,   2011年01月12日, This study evaluated the genetic variability and biomass potential (BP) of susuki (Miscanthus sinensis) in cool region as border of habitat area. 43 M. sinensis accessions collected throughout Japan were transplanted side-by-side in field in 2007 in cool season condition and, harvested in late autumn of 2008 and 2009. Accessions (67%) could survive until the third year. For accessions from Hokkaido region, plant morphology varied less between different locations of Hokkaido. Combined with accessions from other regions it varied and vigorous morphology was observed some accessions from warm region. Consequently, morphological difference affected greatly BP which was inferior (42%) with accessions from Hokkaido than others from warn regions. Much genetic variability would be useful for breeding program of Miscanthus adaptable cool environment.
  • 24 北海道三笠市における玉葱栽培地とひまわり休閑地の炭素及び窒素の収支(北海道支部講演会,2009年度各支部会)
    泉 弥希, 山田 浩之, 当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2010年09月07日
  • 1-23 北海道苫小牧ススキ草地における炭素収支とCH_4、N_2O放出(1.物質循環・動態,2010年度北海道大会)
    当真 要, Fernandez Fabian, 佐藤 翔平, 泉 弥希, 波多野 隆介, 山田 敏彦, Stewart Ryan, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2010年09月07日
  • 1-22 熱帯泥炭地の排水がCO_2とN_2O放出に与える影響(1.物質循環・動態,2010年度北海道大会)
    石倉 究, 山田 浩之, 当真 要, 高階 史章, 森下 智陽, Darung Untung, Limin Swido, Wijonarko Sigit, Limin Atfritedy, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2010年09月07日
  • O-304 寒地におけるバイオ燃料フィードストックしての寒地型牧草4種とススキの可能性(セッション3:資源,口頭発表)
    Anzoua Kossonou Guillaume, 梶原 靖久, 当真 要, 飯塚 菜摘, 山田 敏彦, バイオマス科学会議発表論文集,   2010年01月20日, This study aims to establish a potential biomass feedstock for year round operation system for biofuel production in cool regions. Harvesting time of four cool season grasses timothy (TI), reed canarygrass (RC), orchardgrass (OG) and tall fescue (TF) were combined with that of susuki (Miscanthus sinensis). The combination revealed that TI and RC were able to provide a monthly supply of 50,000t from June to October. Thereafter, M. sinensis was able to ensure similar amount from November to May, corresponding 18,500KL ethanol monthly production.
  • 23-15 インドネシア熱帯泥炭地における温室効果ガス発生量と泥炭沈下量との関係(23.地球環境,2009度京都大会)
    山田 浩之, Atfritedy Limin, 佐藤 空, Sigit Wijonarko, 当真 要, Untung Darung, 井上 京, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2009年09月15日
  • 28 北海道三笠市における土地利用変化に伴う温室効果ガス発生量の変化(北海道支部講演会,2007年度各支部会)
    当真 要, 木村 園子 ドロテア, 木 志堅, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 23 十勝管内の畑地における代表的3土壌型の二酸化炭素発生速度の解析(北海道支部講演会,2007年度各支部会)
    関谷 長昭, 高階 史章, 当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 23-19 熱帯泥炭地における地下水位の低下が泥炭分解速度に与える影響(23.地球環境,2008年度愛知大会)
    高階 史章, 当真 要, 森下 智陽, Darung Untung, Melling Lulie, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 1-41 幾春別川流域における土地利用変化のエコバランス評価 : 2002年から2007年の変化について(1.物質循環・動態,2008年度愛知大会)
    木村 園子 ドロテア, 当真 要, 山田 浩之, 木 志堅, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 1-22 三笠市たまねぎ畑における気候変動に伴う亜酸化窒素発生量の変動予測(1.物質循環・動態,2008年度愛知大会)
    当真 要, 山田 浩之, 木村 園子, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 1-20 幾春別川流域農地における土壌有機物分解量とBackground N2O放出量の解析(1.物質循環・動態,2008年度愛知大会)
    山田 浩之, 当真 要, 田 鷹兵, 木 志堅, 木村 園子 ドロテア, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • 土地利用変化が流域レベルにおける温室効果ガス放出量に及ぼす影響
    木村 園子ドロテア, 当真 要, 山田 浩之, 木 志堅, 波多野 隆介, 日本地球化学会年会要旨集,   2008年, 本報告では、地域レベルにおいて温室効果ガス放出量の推定方法を作成し、その推定方法を用い、土地利用の変化による地球温暖化ャeンシャル削減策をエコバランス評価によって解析した。2002年から2007年にかけて、この流域内において21の圃場(9種の土地利用、延べ47地点・年)において、クローズドチャンバー法によりメタン、亜酸化窒素および二酸化炭素フラックスを測定した。ガスフラックスは、土壌環境因子および肥矧ヌ理因子によってパラメタリゼーションし、年間放出量を推定した。
  • カリマンタン島における土地利用変化が亜酸化窒素発生と脱窒糸状菌に及ぼす影響(2007年度大会一般講演要旨)
    榎本 明子, 柳井 洋介, 豊田 剛己, 当真 要, 波多野 隆介, Limin Suwido H., 土と微生物,   2007年09月01日
  • 34 三笠市たまねぎ畑からのN_2O発生量の推定 : Emission Factorを用いたモデルの作成と適合性の検討(北海道支部講演会,2006年度各支部会)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2007年08月22日
  • P23-7 インドネシア熱帯泥炭農地土壌における施肥窒素および土壌有機物からのN2O発生(23.地球環境,2007年度東京大会)
    当真 要, 高階 史章, Darung Untung, 倉持 寛太, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2007年08月22日
  • 45 農地土壌への作物残渣投入がN_2O放出に与える影響(北海道支部講演会, 2005年度各支部会講演要旨)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2006年09月05日
  • P1-8 北海道三笠市たまねぎ畑におけるバックグラウンドのN_2O発生(1. 物質循環・動態, 2006年度秋田大会講演要旨)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2006年09月05日
  • 40 農耕地から放出されるN_2Oの長期モニタリング : 三笠市タマネギ畑における事例研究(北海道支部講演会,日本土壌肥料学会 支部講演会講演要旨集 2005年度)
    当真 要, 草 佳那子, 澤本 卓治, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2005年09月06日
  • S23-4 三笠・幾春別川流域におけるCH4,N2O放出削減効果の定量的把握およびエコバランス評価(S23.農業生態系におけるメタン・亜酸化窒素の発生研究の現状と問題点,23.地球環境,日本土壌肥料学会 2005年度大会講演要旨集)
    木村 園子 ドロテア, 木 志堅, 当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2005年09月06日
  • P1-9 北海道三笠市たまねぎ畑における化学肥料、作物残渣、土壌からのN2O、NO排出(ポスター紹介,1.物質循環・動態,日本土壌肥料学会 2005年度大会講演要旨集)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2005年09月06日
  • 三笠市タマネギ畑における窒素収支(北海道支部講演会, 日本土壌肥料学会支部講演会講演要旨集2004年度)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2004年09月14日
  • 北海道三笠市タマネギ畑におけるN2O生成・放出パターンの評価(1. 物質循環・動態, 2004年度大会講演要旨集)
    当真 要, 波多野 隆介, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2004年09月14日

受賞

  •   2013年04月, 日本土壌肥料学会, 奨励賞, 畑草地における温室効果ガス発生と土壌炭素蓄積の制御因子に関する研究
  •   2011年08月, 日本土壌肥料学会, ポスター賞, 阿蘇ススキ半自然草地における炭素蓄積速度の定量的評価
  •   2007年08月, 日本土壌肥料学会, ポスター賞, インドネシア熱帯泥炭農地土壌における施肥窒素および土壌有機物からのN2O発生

競争的資金

  • 水田におけるバイオチャー施用がメタン発生に与える影響の評価とメカニズムの解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 当真 要, 愛媛大学農学部附属農場において、水田からのCH4およびN2O発生に与えるBiochar(竹炭)の施用効果を圃場条件下で調査した。2012年11月にBiochar(2000kg/ha)の施用の有無で2処理区を3反復で設け、2013年5月にそれら2処理区それぞれに化学肥料と有機肥料施用の2処理区を設置し計4処理区とした。CH4及びN2O発生量の調査はクローズドチャンバー法を用いて2012年11月以降10日~2週間に一回の頻度で行った。収穫時に坪刈りを行い整玄米収量を調査した。年間のCH4発生量は化学肥料区で261kgC/ha、有機肥料区で241kgC/ha、Biochar+化学肥料区で254kgC/ha、Biochar+有機肥料区で262kgC/haとなり、処理区間に有意な差は見られなかった。年間のN2O発生量は化学肥料区で-0.10kgN/ha、有機肥料区で0.28kgN/ha、Biochar+化学肥料区で-0.22kgN/ha、Biochar+有機肥料区で0.15kgN/haとなり、有機肥料の施用で有意にN2O発生量が増加していた(P<0.05)。一方で化学肥料区および有機肥料区へのBiochar施用で平均0.12kgN/haのN2O発生量が減少していた。畑土壌ではBiocharの施用がN2O発生量を減少する事象が知られており、水田でもBiocha施用でN2O発生量の可能性がある。整玄米収量は化学肥料区で468kg/10a、有機肥料区で424kg/10a、Biochar+化学肥料区で477kg/10a、Biochar+有機肥料区で408kg/10aとなり、有機肥料区で有意に整玄米収量が低下した(P<0.05)。水田へのBiocharの施用は玄米収量を維持しつつ、Biochar炭素の投入とN2O発生量の減少が期待でき、水稲栽培が地球温暖化に与える影響を緩和できる可能性がある。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 植物栄養学, 愛媛大学農学部
  • 資源植物栄養学, 愛媛大学農学部
  • 栽培土壌学, 愛媛大学農学部


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.