研究者データベース

笹沼 朋子ササヌマ トモコ

所属部署名法文学部 人文社会学科(社会科学)
職名講師
Last Updated :2020/07/04

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    笹沼 朋子
  • 氏名(カナ)

    ササヌマ トモコ

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部 人文社会学科
  • 職名

    講師

学歴等

学位

  • 法学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 民主主義科学者協会法律部会
  • ジェンダー法学会
  • 日米法学会
  • 日本社会保障法学会
  • 日本労働法学会
  • Japanese American Sciety for Legal Studies

経歴

  • 1996年 - 1997年, 昭和音楽大学
  • 1996年 - 1997年, Showa Music University
  • 1997年 - , - 愛媛大学法文学部
  • 1997年 - , - Ehime University, Faculty of Law and Letters
  • 1985年 - 1992年, ソニー(株)
  • 1985年 - 1992年, ソニー株式会社

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 人文・社会, 社会法学

研究キーワード

  • 労働法における保護と平等に関する研究
  • 女性解放の視点に基づく労働法の再構築
  • Labor and Employment Law from Feminist perspective
  • 業務上の自殺に関する研究

著書・発表論文等

論文

  • 「労働の世界における暴力とハラスメント」が問いかけるもの, 笹沼朋子, 愛媛法学会雑誌, 愛媛法学会雑誌, 2020年01月
  • 愛媛大学における年俸制の検討ーー就業規則を読み込むことの重要性, 笹沼朋子, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 2019年09月
  • 労働の世界における暴力とハラスメントに関する国際基準の策定について, 笹沼 朋子, 愛媛法学会雑誌, 愛媛法学会雑誌, 2019年03月
  • 社会性障害を有する労働者に対する合理的便宜供与の可能性 : O公立大学法人(O大学・准教授)事件(京都地平成28年3月29日判決・労判1146号65頁), 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集. 社会科学編, 愛媛大学法文学部論集. 社会科学編, 2017年11月
  • 講義コメントに見る愛媛大学性のバイト事情, 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 2017年02月
  • 判例研究 Glaser v. Gap Inc., 944 F.Supp. 2nd 569 (S.D.N.Y. 2014), 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 愛媛大学法文学部論集 社会科学編, 2016年12月
  • 遺族補償年金の男女別支給基準における「保護と平等」に関する一考察ーー地公災基金大阪府支部長(市立中学校教諭)事件大阪高裁平成27年6月19日判決(労判1125号27頁), 笹沼 朋子, 愛媛法学会雑誌, 愛媛法学会雑誌, 2016年08月
  • 脆弱化する労働者の保護に関する覚書ーー日本政策金融公庫(うつ病・自殺)事件(大阪高判平成26年7月17日労判1108号13頁、大阪地判平成25年3月6日労判1108号52頁)を参考にして, 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2015年
  • (資料)「精神病者」を支えるためにーー当事者として考える支援と医療の問題点, 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2015年
  • 愛媛県松山市における「医療と学校の連携事業」に関する資料, 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2013年
  • 精神の「健康」という「標準」についてー職場における精神病者の自己決定, 笹沼 朋子, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2012年
  • 最近の判例 Hall v. Nalco CO., 534 F.3d 644 (7th Cir. 2008), 笹沼 朋子, アメリカ法, アメリカ法, 2011年
  • 賃金差別とは何か――男女別「コース制」と労基法4条, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 2008年
  • 地方自治体による「ジェンダー学」および「女性学」の否定とは何か―松山市議会におけるバックラッシュに対する一つの抵抗として―, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2008年
  • 男女共同参画行政と性差別――臨時職員の雇止めに関する一考察, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2008年
  • 『男性中心アプローチ』な改正――男女雇用機会均等法2007年改正の問題点, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 2007年
  • 混沌からの挑戦--アメリカ雇用平等法の可能性, 日本評論社法律時報, 日本評論社法律時報, 2007年
  • 女性にとっての天皇制――ポルノグラフィとしての天皇制, 日本民主法律家協会法と民主主義, 日本民主法律家協会法と民主主義, 2006年
  • 新しい公共圏における抑圧構造――ボランティアという名の搾取, 民主主義科学者協会法律部会法の科学(民主主義科学者協会法律部会機関誌[年報]), 民主主義科学者協会法律部会法の科学(民主主義科学者協会法律部会機関誌[年報]), 2006年
  • 平等と均等の間にあるもの――間接差別に関連して, 女性労働問題研究会女性労働研究, 女性労働問題研究会女性労働研究, 2006年
  • ジェンダー視座による労働法再構築(総論)(二), 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 2005年
  • ジェンダー視座による労働法理――差別と自己決定の再定義, 日本労働法学会日本労働法学会誌, 日本労働法学会日本労働法学会誌, 2005年
  • 20年の歳月から学ぶ新しい平等理念, 生活経済研究所生活経済政策, 生活経済研究所生活経済政策, 2005年
  • スポーツとジェンダー――女性は何のために運動するのか, 労働政策研究・研修機構日本労働研究雑誌, 労働政策研究・研修機構日本労働研究雑誌, 2005年
  • 今、なぜ、ジェンダー・フリー・バッシングなのか, 日本評論社法学セミナー, 日本評論社法学セミナー, 2005年
  • 国立大学法人愛媛大学契約職員就業規則における日契約職員とは何か--愛媛大学人事の女性差別改善のために--, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編, 2005年
  • ジェンダー視座による労働法再構築(総論)(一), 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 2005年
  • 憲法24条によるラジカルな解放論の試み--セックス至上主義の家族制度に対する批判的検討, インパクト出版会インパクション, インパクト出版会インパクション, 2004年
  • 男女コース別人事にかかわる判例の批判的検討, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 2004年
  • 生理休暇の法的性格, 有斐閣ジュリスト増刊(労働法の争点 第3版), 有斐閣ジュリスト増刊(労働法の争点 第3版), 2004年
  • 性差別再考(三・完)――愛媛県男女共同参画推進条例をめぐる議論を参考として, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 2003年
  • 性差別再考(二)――愛媛県男女共同参画推進条例をめぐる議論を参考として, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 2003年
  • 男女同一賃金--岩手銀行事件, 有斐閣別冊ジュリスト労働判例百選 第7版, 有斐閣別冊ジュリスト労働判例百選 第7版, 2002年
  • 性差別再考(一)――愛媛県男女共同参画推進条例をめぐる議論を参考として, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 2002年
  • 産後休業及び育児のための時短措置の取得による賞与の不支給--学校法人東朋学園・高宮学園事件(平成10・3・25東京地判), 有斐閣ジュリスト臨時増刊, 有斐閣ジュリスト臨時増刊, 1999年
  • 同性間セクシュアル・ハラスメントOncale v. Sondowner Offshore Servixe, 118 S.Ct.998,75 FEP Cases 221 [1998]March 4.1998(外国労働判例68アメリカ), 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 1999年
  • 女性雇用と就業環境整備をめぐる課題, ぎょうせい法律のひろば, ぎょうせい法律のひろば, 1999年
  • 均等法の新指針の意義と問題点, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 1998年
  • フェミニズム法学とは何か, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(総合政策学科編), 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(総合政策学科編), 1998年
  • 雇用における制度上の性差別に関する一考察, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 愛媛大学法学会愛媛法学会雑誌, 1998年
  • 女性労働法制再編とILOの動向, 総合労働研究所季刊労働法, 総合労働研究所季刊労働法, 1998年
  • 男女雇用機会均等法見直しの問題点, 総合労働研究所日本労働法学会誌, 総合労働研究所日本労働法学会誌, 1997年
  • 男女雇用機会均等法の見直しの動向--各団体の意見を検討して, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 1996年
  • 労働法における女性従属試論, 早稲田大学法学会早稲田大学法学会誌, 早稲田大学法学会早稲田大学法学会誌, 1996年
  • アメリカ労働保護法の源流(2・完)--ミュラー判決及びブランダイス・ブリーフに対するフェミニズム的検討, 早稲田大学大学院法研論集, 早稲田大学大学院法研論集, 1996年
  • アメリカ労働保護法の源流(1)--ミュラー判決及びブランダイス・ブリーフに対するフェミニズム的検討, 早稲田大学大学院法研論集, 早稲田大学大学院法研論集, 1995年
  • 東京都「職場における男女差別苦情処理委員会」の活動について, 旬報社労働法律旬報, 旬報社労働法律旬報, 1995年

書籍等出版物

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2018年, 後期, 学部, 労働法政策
  • 2018年, 後期, 学部
  • 2018年, 後期, 学部, 日本国憲法
  • 2019年, 前期, 学部, 法学入門
  • 2019年, 前期, 学部, 法学入門


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.