研究者データベース

森脇 亮モリワキ リョウ

所属部署名大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名教授
Last Updated :2019/06/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    森脇 亮
  • 氏名(カナ)

    モリワキ リョウ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=145860
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設工学コース
  • 職名

    教授,副学部長

学歴等

学歴

  • 1997年, 東京工業大学, 理工学研究科, 土木工学専攻
  • 1996年, 東京工業大学, 工学部, 土木工学科
  • 1997年
  • 1996年

学位

  • 博士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • 土木学会
  • 水文・水資源学会
  • 日本気象学会
  • International Association for Urban Climate

委員歴

  • 2006年, 土木学会, 水工学委員会 水工学論文集編集小委員, 土木学会
  • 2007年, 土木学会, 水工学委員会 水文部会委員, 土木学会
  • 2005年, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会論文集 編集・出版委員会 委員, 水文・水資源学会
  • 2008年 -2009年, International Association for Urban Climate, Local Organizing Committee of the Seventh International Conference on Urban Climate, International Association for Urban Climate
  • 2008年 -2009年

経歴

  • 2007年 - , - 愛媛大学 大学院理工学研究科 生産環境工学専攻 環境建設工学コース
  • 2007年 - ,  東京工業大学 大学院理工学研究科 土木工学専攻
  • 2000年 - 2007年,  東京工業大学 大学院理工学研究科 土木工学専攻
  • 1999年 - 2000年,  東京工業大学 工学部 土木工学科
  • 1998年 - 1999年,  東京工業大学 工学部 土木工学科
  • 1997年 - 1998年,  東京工業大学 工学部 土木工学科
  • 2007年 -
  • 2007年 -
  • 2000年 - 2007年
  • 1999年 - 2000年
  • 1998年 - 1999年
  • 1997年 - 1998年

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 都市気象
  • 水文学
  • 大気-陸面過程

著書・発表論文等

論文

  • ANALYSIS OF LOCAL CLOUD PROPERTIES USING DOWNWARD SOLAR RADIATION DATASET FROM GEOSTATIONARY SATELLITE, 森脇 亮, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 73, 4, I_481, I_486, 2017年03月, 10.2208/jscejhe.73.I_481
  • 多地点太陽光パネルを用いた日射量の空間分布と全天カメラ雲分布の関係, 藤森 祥文・Sijapati SWEATA・都築 伸二・森脇 亮, 土木学会論文集B1(水工学), 73, 4, I_475, I_480, 2017年03月, 10.2208/jscejhe.73.I_475
  • 高密気圧観測による局地気象のモニタリング~晴天日及び局所降雨発生日の事例解析~, 入川裕太・Deepak Bikram THAPA CHHETRI・重松和恵・藤森祥文・森脇亮, 土木学会論文集B1(水工学), 73, 4, I_469, I_474, 2017年03月, 10.2208/jscejhe.73.I_469
  • LOCAL CLIMATE CLASSIFICATION AND URBAN HEAT/DRY ISLAND IN MATSUYAMA PLAIN, 森脇 亮, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 73, 4, I_487, I_492, 2017年03月, 10.2208/jscejhe.73.I_487
  • A STUDY ON THE CLASSIFICATION OF CLOUDSUSING TIME VARIATION OF THE AMOUNT OF SOLARRADIATION, Sweata SIJAPATI, Yoshifumi FUJIMORI and Ryo MORIWAKI, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), 72, 4, I_103, I_108, 2016年, 10.2208/jscejhe.72.I_103
  • 解析雨量を用いた降雨の地域特性−松山平野を対象とした事例研究−, 藤森祥文・Thapa Chheetri Deepak Bikram・Sijapati SWEATA俊野和恵・森脇 亮, 土木学会論文集B1(水工学), 72, 4, I_235, I_240, 2016年, 10.2208/jscejhe.72.I_235
  • Impact of difference in landuse on cloud formation in Matsuyama plain, International Journal of Landslide and Environment, 3, 1-3, 16, 23, 2015年
  • Urban dry island phenomenon and its impact on cloud base level and solar radiation, 9th International Conference on Urban Climate, 2015年
  • 太陽光発電を利用した全天日射量の推定, 森脇 亮, 都築 伸二, 宮尾 渉, 笹方 裕平, 梶房 開, 土木学会論文集B1(水工学), 土木学会論文集B1(水工学), 71, 4, I_421, I_426, 2015年, 2185-467X, 10.2208/jscejhe.71.I_421
  • Anthropogenic influences on CO2 and H2O in cities, 森脇 亮, Urban Environmental Pollution, 2014年06月
  • Urban dry island phenomenon and its impact on cloud base level, Journal of Japanese Society of Civil Engineering, 1, 521, 529, 2013年12月, 10.2208/journalofjsce.1.1_521
  • 土地利用の違いが雲の形成に与える影響~松山平野における雲底高度及び日射量観測による検討~, 森本 一行, 山本 拓男, 重谷 祐樹, 森脇 亮, 土木学会論文集B1(水工学), 土木学会論文集B1(水工学), 69, 4, I_1747, I_1752, 2013年, 2185-467X, 10.2208/jscejhe.69.I_1747
  • 松山平野の地下水資源の現状と井戸取水による影響, 藤森 祥文, 松尾 悠平, 木内 豪, 森脇 亮, 土木学会論文集B1(水工学), 土木学会論文集B1(水工学), 69, 4, I_535, I_540, 2013年, 2185-467X, 10.2208/jscejhe.69.I_535
  • Turbulent flow within and above different building aspect ratio canopies, 8th International Conference on Urban Climate, 2012年08月
  • 都市におけるフラックス及び乱流観測 (都市の気象と気候), 森脇 亮, 菅原 広史, 気象研究ノート, 気象研究ノート, 0, 224, 103, 154, 2012年01月, 0387-5369
  • The characteristics of spatio- and temporal-variation of rainfall in Matsuyama plain, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 30, 2, 39, 47, 2012年
  • 瀬切れによる河川表面水の消失が河川近傍の温熱環境に及ぼす影響, 森脇 亮, 亀井 祐紀, 藤森 祥文, 土木学会論文集B1(水工学), 土木学会論文集B1(水工学), 68, 4, I_1747, I_1752, 2012年, 2185-467X
  • 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究, 渡部 桂子, 藤井 恵人, 森脇 亮, 土木学会論文集B1(水工学), 土木学会論文集B1(水工学), 68, 4, I_1765, I_1770, 2012年, 2185-467X
  • Particle image velocimetry measurements of turbulent flow within outdoor and indoor urban scale models and flushing motions in urban canopy layers, Boundary-Layer Meteorology, 140, 295, 314, 2011年, 10.1007/s10546-011-9612-6
  • 松山平野における降水量日変化の時空間特性, 藤本 雅人, 渡部 桂子, 森脇 亮, 土木学会水工学論文集, 土木学会論文集B1(水工学), 55, 4, S451-S456, I_456, 2011年, 2185-467X
  • 建物アスペクト比の変化に伴う都市キャノピー流れの変化に関する数値実験, 岩堂 哲也, 森脇 亮, RAASCH Siegfried, LETZEL Marcus Oliver, 土木学会水工学論文集, 土木学会論文集B1(水工学), 55, 4, S331-S336, I_336, 2011年, 2185-467X
  • 松山平野におけるヒートアイランドの特性, 土木学会土木学会水工学論文集, 54, 295, 300, 2010年
  • 都市スケールモデルおよび水田上の境界層乱流の類似性に対する建物アスペクト比の影響, 土木学会土木学会水工学論文集, 54, 295, 300, 2010年
  • 都市および植生キャノピー上における境界層乱流の同時観測, 水工学論文集, 53, 253, 258, 2009年
  • Experimental study on rainfall interception over an outdoor urban-scale model, Water Resources Research, 45, W04415, doi:10.1029/2008WR007069, 2009年, 10.1029/2008WR007069
  • 直接測定に基づく東京湾海表面温度が都市の気温へ及ぼす影響, 小田 僚子, 神田 学, 森脇 亮, 山田 正, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 52, 283, 288, 2008年, 0916-7374, 10.2208/prohe.52.283
  • 屋外都市スケールモデルにおけるPIV計測, 瀧本 浩史, 森脇 亮, 津國 眞明, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 52, 259, 264, 2008年, 0916-7374, 10.2208/prohe.52.259
  • Anthropogenic water vapor emissions in Tokyo, Water Resources Research, 44, W11424, doi:10.1029/2007WR006624, 2008年, 10.1029/2007WR006624
  • 都市キャノピーにおける温位・CO2・H2Oの鉛直分布と鉛直拡散係数, 森脇 亮, 森泉 孝信, 神田 学, 水工学論文集, 水工学論文集, 51, 271, 276, 2007年, 0916-7374, 10.2208/prohe.51.271
  • 都市キャノピーにおける温位・CO2・H2O の鉛直分布と鉛直拡散係数, 土木学会水工学論文集, 51, 271, 276, 2007年
  • 屋外都市スケールモデルにおける降雨中遮断蒸発実験, 仲吉 信人, 森脇 亮, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 51, 247, 252, 2007年, 0916-7374, 10.2208/prohe.51.253
  • Evaluation of simple urban energy balance for meso-scale simulation (SUMM) to real urban fields, Annual Journal of Hydraulic Engineering, JSCE, 51, 259, 264, 2007年
  • Roughness lengths for momentum and heat derived from outdoor urban scale models, KANDA M., KANEGA M., KAWAI T., MORIWAKI R., SUGAWARA H., Journal of Applied Meteorology and Climatology, 46, 7, 1067, 1079, 2007年, 1558-8424, 10.1175/JAM2500.1
  • 東京湾におけるエネルギー・H2O・CO2フラックスの季節変化, 小田 僚子, 森脇 亮, 神田 学, 水工学論文集, 水工学論文集, 50, 463, 468, 2006年, 0916-7374, 10.2208/prohe.50.463
  • Carbon dioxide build-up within a suburban canopy layer in winter night, MORIWAKI Ryo, KANDA Manabu, NITTA Harumi, Atmospheric Environment, 40, 8, 1394, 1407, 2006年, 1352-2310, 10.1016/j.atmosenv.2005.10.059
  • 屋外都市スケールモデル実験で観測された乱流構造に関する考察, 稲垣 厚至, 神田 学, 森脇 亮, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 50, 445, 450, 2006年, 0916-7374, 10.2208/prohe.50.445
  • Flux-gradient profiles for momentum and heat over an urban surface, Theoretical and Applied Climatology, 84, 127, 136, 2006年, 10.1007/s00704-005-0150-3
  • Local and global similarity in turbulent transfer of heat, water vapor, and CO2 in the dynamic convective sublayers over a suburban area, MORIWAKI Ryo, KANDA Manabu, Boundary-Layer Meteorology, 120, 1, 163, 179, 2006年, 0006-8314, 10.1007/s10546-005-9034-4
  • Scalar roughness parameters for a suburban area, Journal of the Meteorological Society of Japan, 84, 1065, 1073, 2006年
  • 都市人工排水系における水・熱輸送に関する観測研究, 中山 有, 神田 学, 木内 豪, 森脇 亮, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 50, 511, 516, 2006年, 0916-7374, 10.2208/prohe.50.511
  • 東京湾におけるエネルギー・H2O・CO2フラックスの季節変化, 土木学会水工学論文集, 50, 463, 468, 2006年
  • 住宅街における冬季夜間の局所的冷気沈降とスカラー濃度プロファイルの形成機構, 森脇 亮, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 50, 493, 498, 2006年, 0916-7374, 10.2208/prohe.50.493
  • Spatial variability of turbulent fluxes and temperature profile in an urban roughness layer, KANDA M., MORIWAKI R., KASAMATSU F., Boundary-Layer Meteorology, 121, 2, 339, 350, 2006年, 0006-8314, 10.1007/s10546-006-9063-7
  • 住宅街における熱収支とCO2フラックスの年間積算値, 森脇 亮, 神田 学, 水工学論文集, 水工学論文集, 49, 361, 366, 2005年, 0916-7374, 10.2208/prohe.49.361
  • 住宅街における熱収支とCO2フラックスの年間積算値, 土木学会水工学論文集, 49, 361, 366, 2005年, 10.2208/prohe.49.361
  • Simple energy balance model for regular building arrays, KANDA M., KAWAI T., KANEGA M., MORIWAKI R., NARITA K., HAGISHIMA A., Boundary-Layer Meteorology, 116, 3, 423, 443, 2005年, 0006-8314, 10.1007/s10546-004-7956-x
  • Temperature profiles within and above an urban canopy, KANDA M., MORIWAKI R., KIMOTO Y., Boundary-Layer Meteorology, 115, 3, 499, 506, 2005年, 0006-8314, 10.1007/s10546-004-5644-5
  • 都市境界層における風速・温度のシアー関数, 森脇 亮, 神田 学, 木本 由花, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 48, 139, 144, 2004年, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.139
  • Seasonal and diurnal fluxes of radiation, heat, water vapor and CO2 over a suburban area, MORIWAKI R, KANDA M, Journal of Applied Meteorology, 43, 11, 1700, 1710, 2004年, 0894-8763, 10.1175/JAM2153.1
  • 長期観測に基づいた都市キャノピー内外における温位プロファイル特性, 木本 由花, 森脇 亮, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 48, 163, 168, 2004年, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.163
  • LESによる都市建物群内及び上空における乱流の組織構造, 笠松 扶美, 神田 学, 森脇 亮, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 48, 607, 612, 2004年, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.607
  • 都市集水域における水・熱輸送の実態解明とモデリング―久が原水文気象観測データに基づいて―, 木内 豪, 中山 有, 森脇 亮, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 48, 175, 180, 2004年, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.175
  • Large eddy simulation of turbulent organized structure within and above explicitly resolved cubic arrays, KANDA M, MORIWAKI R, KASAMATSU F, Boundary-Layer Meteorology, 112, 2, 343, 368, 2004年, 0006-8314, 10.1023/B:BOUN.0000027909.40439.7c
  • 都市接地層における放射・熱・水・C0_2 フラックスの長期連続観測, 森脇 亮, 神田 学, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 16, 5, 477, 490, 2003年09月, 09151389, 10.3178/jjshwr.16.477
  • 都市接地層における熱・水蒸気・CO2の乱流輸送効率の相似性, 森脇 亮, 神田 学, 菅原 広史, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 16, 5, 491, 500, 2003年09月, 0915-1389|1349-2853, 10.3178/jjshwr.16.491
  • 都市接地層における放射・熱・水・CO2フラックスの長期連続観測, 森脇 亮, 神田 学, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 16, 5, 477, 490, 2003年, 0915-1389, 10.3178/jjshwr.16.477
  • 都市接地層における熱・水蒸気・CO2の乱流輸送効率の相似性, 森脇 亮, 神田 学, 菅原 広史, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 16, 5, 491, 500, 2003年, 0915-1389, 10.3178/jjshwr.16.491
  • 都市接地層における乱流プロファイルの大気安定度依存性, 森脇 亮, 神田 学, 木本 由花, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 47, 1, 6, 2003年, 0916-7374, 10.2208/prohe.47.1
  • 都市接地層における放射・熱・水・CO2フラックスの長期連続観測, 森脇亮, 神田学, 水文・水資源学会誌, 16, 5, 477, 490, 2003年, 0915-1389|1349-2853, 10.3178/jjshwr.16.477
  • 都市域の陸面パラメーターの算定, 森脇 亮, 神田 学, 渡邊 倫樹, 松永 和章, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 46, 91, 96, 2002年, 0916-7374, 10.2208/prohe.46.91
  • 都市域におけるコンスタント・フラックス層の存在条件について, 渡邊 倫樹, 森脇 亮, 神田 学, 松永 和章, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 46, 79, 84, 2002年, 0916-7374, 10.2208/prohe.46.79
  • Area-averaged sensible heat flux and a new method to determine zero-plane displacement length over an urban surface using scintillometry, KANDA M, MORIWAKI R, ROTH M, OKE T, Boundary-Layer Meteorology, 105, 1, 177, 193, 2002年, 0006-8314, 10.1023/A:1019668424982
  • 接地境界層における熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送の相似性について, 森脇 亮, 神田 学, 渡辺 倫樹, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 45, 253, 258, 2001年, 0916-7374, 10.2208/prohe.45.253
  • 地域気象モデルによる屋外体感温度予報, Wee Pek Cheng, 神田 学, 森脇 亮, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 45, 259, 264, 2001年, 0916-7374, 10.2208/prohe.45.259
  • 都市の接地境界層における乱流相似関数について, 神田 学, 森脇 亮, 鈴木 譲, マティアス ロート, ティム オーク, 天気, 天気, 47, 7, 493, 501, 2000年07月, 05460921
  • 住宅街の接地境界層における乱流フラックスの実測―シンチロメーターの利用―, 神田 学, 森脇 亮, 鈴木 譲, ロート マティアス, オーク ティム, 天気, 天気, 47, 6, 453, 462, 2000年06月, 05460921
  • 東京湾上の大気構造に関する集中観測, 森脇 亮, 石井 宏明, 神田 学, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 44, 79, 84, 2000年, 0916-7374, 10.2208/prohe.44.79
  • 東京湾上空の大気環境計測, 石井 宏明, 神田 学, 森脇 亮, 奥園 孝二, 土木学会水工学論文集, 年会一般講演, 43, 233, 238, 1999年07月, 13428004, 10.2208/prohe.43.233
  • 東京湾上空の大気環境計測, 石井 宏明, 神田 学, 森脇 亮, 奥園 孝二, 水工学論文集, 水工学論文集, 43, 233, 238, 1999年, 0916-7374, 10.2208/prohe.43.233
  • シンチロメーターによる空間平均熱フラックス測定に関する基礎的実験, 森脇 亮, 鈴木 譲, 神田 学, 三上 正男, 岩倉 晋, 水工学論文集, 水工学論文集, 43, 91, 96, 1999年, 0916-7374, 10.2208/prohe.43.91
  • シンチロメーターによる空間熱フラックス測定に関する基礎的実験, 土木学会水工学論文集, 43, 91, 96, 1999年, 10.2208/prohe.43.91
  • 神宮の森の植物性里特性に基づいた都市緑地の大気保全ポテンシャルの評価, 神田 学, 森脇 亮, 小林 華奈, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 11, 5, 498, 507, 1998年09月, 0915-1389|1349-2853, 10.3178/jjshwr.11.498
  • 通過交通の影響を含めたストリートキャニオンにおける熱収支の実測, 神田 学, 鈴木 譲, 森脇 亮, 土木学会論文集, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 587, 587, 109, 116, 1998年02月, 0289-7806|1882-7187, 10.2208/jscej.1998.587_109
  • 通過交通の影響を含めたストリートキャニオンにおける熱収支の実測, 神田 学, 鈴木 譲, 森脇 亮, 土木学会論文集, 土木学会論文集, 587, 109, 116, 1998年, 0289-7806, 10.2208/jscej.1998.587_109
  • 明治神宮の森の気候緩和機能・大気浄化機能の評価(1)1996年夏期集中観測, 神田 学, 森脇 亮, 高柳 百合子, 横山 仁, 浜田 崇, 天気, 天気, 44, 10, 713, 722, 1997年10月, 05460921
  • 明治神宮の森の気候緩和機能・大気浄化機能の評価(2)森林環境気象モデルによるシミュレーション, 神田 学, 森脇 亮, 横山 仁, 天気, 天気, 44, 10, 723, 733, 1997年10月, 05460921
  • 銀座オフィスビル街における熱収支特性, 神田 学, 高柳 百合子, 横山 仁, 森脇 亮, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 10, 4, 329, 336, 1997年07月, 09151389, 10.3178/jjshwr.10.329
  • 「神宮の森」の蒸散活動と熱収支-1996年夏期集中観測-, 森脇 亮, 神田 学, 横山 仁, 高柳 百合子, 浜田 崇, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 41, 43, 48, 1997年, 0916-7374, 10.2208/prohe.41.43
  • 地表面温度を用いた土壌熱物性値及び地中熱流量の逆推定法の提案, 森脇 亮, 神田 学, 横山 仁, 土木学会水工学論文集, 水工学論文集, 41, 1097, 1100, 1997年, 0916-7374
  • 銀座オフィスビル街における熱収支特性, 神田 学, 高柳 百合子, 横山 仁, 森脇 亮, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会誌, 10, 4, 329, 336, 1997年, 0915-1389, 10.3178/jjshwr.10.329
  • 銀座オフィスビル街における熱収支特性, 神田学, 高柳百合子, 横山仁, 森脇亮, 水文・水資源学会誌, 10, 4, 329, 336, 1997年, 0915-1389|1349-2853, 10.3178/jjshwr.10.329
  • 森林が光化学大気汚染に及ぼす影響:熱および汚染物質収支の同時計測, 神田 学, 森脇 亮, 岡南 強, 小林 規矩夫, 水工学論文集, 水工学論文集, 40, 1117, 1120, 1996年, 0916-7374
  • 森林が光化学大気汚染に及ぼす影響, 土木学会水工学論文集, 40, 1117, 1120, 1996年

講演・口頭発表等

  • Temporal and Spatial Variation of Urban Cloud in Various Coastal Cities in Japan, Deepak Bikram Thapa Chhetri, Ryo Moriwaki, 44th Conference on Broadcast Meteorology, 2016年06月
  • 太陽光パネルによる日射量モニタリング手法の雲分布観測への適用, 藤森祥文,都築伸二,森脇亮, 平成28年度日本太陽エネルギー学会研究発表会, 2016年11月
  • 太陽光パネルを用いた日射量稠密観測の可能性, 森脇 亮, スウェータ シジャパティ, 都築伸二, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016年05月
  • 2015年7月9日に松山市で発生した局地的集中豪雨による冠水被害の特徴, 久保慶介,川瀬久美子,藤森祥文,森脇亮, 平成28年度土木学会四国支部第22回技術研究発表, 2016年05月
  • 局所降雨時に見られた地上気圧の時空間特性, 入川裕太, 重松和恵,藤森祥文,森脇亮, 平成28年度土木学会四国支部第22回技術研究発表, 2016年05月
  • 晴天日の松山平野における海面気圧の地域特性, ヘルリンフェリナ, 田中あゆみ,入川裕太, 重松和恵,藤森祥文,森脇亮, 平成28年度土木学会四国支部第22回技術研究発表, 2016年05月
  • 解析雨量を用いた松山平野における降水特性に関する研究, 手嶋唯,俊野和恵,藤森祥文,森脇亮, 平成28年度土木学会四国支部第22回技術研究発表, 2016年05月
  • 太陽光パネルから推定した松山平野における局所的な日射量分布, 平川晃司,星川菜津美,重松和恵, 都築伸二,藤森祥文,森脇亮, 平成28年度土木学会四国支部第22回技術研究発表, 2016年
  • O-035 スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発(O分野:情報システム,一般論文), 都築 伸二, 森脇 亮, 山田 芳郎, 柴田 裕輔, 森本 健一郎, 阿部 幸雄, 越智 正昭, 須東 博樹, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 2015年08月24日
  • Analysis of cloud properties in the Matsuyama plain using downward solar radiation dataset from a geostationary satellite, Deepak Bikram Thapa Chhetri, Ryo Moriwaki, 9th International Conference on Urban Climate, 2015年, Toulouse France
  • Urban dry island phenomenon and its impact on cloud base level and solar radiation, Sweata Sijapati, Ryo Moriwaki, 9th International Conference on Urban Climate, 2015年, Toulouse France
  • 松山平野における海陸風の侵入挙動と大気汚染物質濃度の関係に関する研究, Herlin Verina, 宮川晃輔,麓由起子, 森脇亮, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 実測日射量と衛星日射量を用いた松山平野の日射量分布に関する研究, Deepak Bikram Thapa Chhetri, 森脇亮,重松和恵, 岩野涼, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 日射量の時間変動を利用した雲の分類に関する研究, 重松和恵, 森脇亮,松尾悠平, 藤森祥文, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 松山平野における日射量の多地点観測から見られた雲の時空間特性と降水との関係, 藤森祥文, 松尾悠平,重松和恵, 森脇亮, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 太陽光パネルの日射センサーとしての利用可能性に関する研究, 相原研吾, 森脇亮,都築伸二, 笹方裕平, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 日射量の直散分離に関する検討及び新しい直散分離手法の提案, 宮尾渉,森脇亮,藤森祥文,麓由紀子, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 自己組織化マップを用いた乱流解析手法の研究, 尾崎智洋, 森脇亮, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • 都市パラメータの詳細化が松山平野の気象シミュレーションに及ぼす影響, 大石直輝,森脇亮,藤森祥文, 平成27年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2015年05月, 香川大学
  • P433 レーダー・アメダス解析雨量を用いた松山平野の降水特性(ポスターセッション), 藤森 祥文, 土井内 至, 森脇 亮, 大会講演予講集, 2014年04月30日
  • レーダー・アメダス解析雨量を用いた松山平野の降水特性, 藤森祥文,土井内至,森脇亮, 日本気象学会2014年度春季大会, 2014年
  • レーダー・アメダス解析雨量による松山平野の降水特性の基礎的検, 土井内至、藤森祥文、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • 大気化学モデルを用いた松山平野における交通起源PM の移流拡散シミュレーション, 福嶋克武、大石直輝、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • 自己組織化マップによる風の短期予測を用いた風車のパワーアシスト機能の効率化, 相原研吾、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • 太陽光パネルの日射センサー化に関する基礎的検討, 松尾悠平、梶房開、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • 気象モデルWRFを用いた雲の再現性向上に関する基礎的研究, Deepak Bikram Thapa Chhetri、谷川温子、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • 流跡線解析を用いた松山平野における海風の経路に関する研究, 宮川晃輔、山本拓男、大石直輝、森脇亮, 平成26年度土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年
  • P135 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究(ポスター・セッション), 渡部 桂子, 藤井 恵人, 森脇 亮, 大会講演予講集, 2012年04月30日
  • P237 都市境界層における大気乱流及びフラックスの年間スペクトル解析(ポスター・セッション), 野口 淡海, 稲垣 厚至, 瀧本 浩史, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 2012年04月30日
  • P228 久が原タワーの観測データを用いた大気乱流のスペクトル解析(ポスター・セッション), 野口 淡海, 森 脇亮, 稲垣 厚至, 瀧本 浩史, 神田 学, 大会講演予講集, 2011年04月30日
  • P126 松山平野におけるヒートアイランドの実態, 森脇 亮, 林 佑亮, 大会講演予講集, 2009年04月30日
  • D311 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測(大気境界層I), 瀧本 浩史, 森脇 亮, 小林 賢司, 神田 学, 大会講演予講集, 2008年04月30日
  • P337 都市および森林の遮断蒸発特性の違い, 仲吉 信人, 森脇 亮, 河合 徹, 神田 学, 大会講演予講集, 2008年04月30日
  • 都市と森林の遮断蒸発特性に違いをもたらすメカニズム, 仲吉 信人, 森脇 亮, 河合 徹, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 2008年, 都市の遮断蒸発の動態解明に向け,屋外準実都市模型(以下COSMO)上にて遮断蒸発実験を行った.遮断蒸発量は平均して降雨の6%程度であり,森林域での報告例(10-50%)より小さく,その熱源は晴天時,都市キャノピーに貯えられた熱量であった.また,森林域で報告されているような降雨継続時間・総降雨量の関係は見られなかった一方,降雨初期飽差と強い相関があることが分かった.都市と森林域でのこれらの違いは両者のキャノピー構造の違いに起因することが考察された.つまり,キャノピー構造によって規定される,有効表積率,キャノピー構成要素のサイズ,熱容量の違いが都市と森林の遮断蒸発の絶対量,熱源・支配パラメータに違いをもたらしていると考えられた.
  • 都市キャノピーにおける温位・CO_2・H_2Oの鉛直分布と拡散係数(乱流熱物質拡散・伝達(2),一般講演), 森泉 孝信, 森脇 亮, 神田 学, 日本流体力学会年会講演論文集, 2007年08月06日, This paper shows the seasonality of vertical profile of air temperature, CO_2, and H_2O within and above a suburban canopy and the turbulent diffusivity of the scalars. The results were derived from field measurements of the vertical profiles and fluxes, which were conducted in a residential area (the mean height of canopy is 7.3m) of Tokyo, Japan. The normalized turbulent diffusivity of air temperature and CO_2 depended on height and atmospheric stability, which is similar to that for vegetated canopies. In contrast, turbulent diffusivity of H_2O was relatively smaller than that of heat and CO_2. H_2O is not efficiently transferred probably because the source of H_2O is localized at the lowest level of urban canopy.
  • PIVを用いた屋外都市スケールモデルでの乱流計測(乱流熱物質拡散・伝達(2),一般講演), 森脇 亮, 神田 学, 津国 眞明, 日本流体力学会年会講演論文集, 2007年08月06日, Particle image velocimetry (PIV) was applied to outdoor turbulent flow within and above urban scale model. This study shows the setup of the PIV system and some preliminary results. The PIV system achieved 60-min continuous measurements with the time resolution of 1/30 seconds for the section of 3x3 meters with the spatial resolution of 5cm. The 2 dimensional distribution of mean wind vector and turbulent statistics were successfully obtained. Also the PIV measurements were validated with measurements of ultrasonic anemometer which is conventional instrument for the investigation of atmospheric turbulence. Most of them showed good agreements within the error of 10%.
  • P120 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測, 津國 眞明, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 2007年04月30日
  • P217 屋外模型都市における遮断蒸発特性に関する研究, 仲吉 信人, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 2007年04月30日

MISC

  • 太陽光パネルによる日射量モニタリング手法の雲分布観測への適用, 藤森祥文, 都築伸二, 森脇亮, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2016, 441‐442, 2016年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602210174260757
  • 都市におけるフラックス観測:解説シリーズ「都市気象学の体系化に向けた最近の研究から」, 森脇 亮, 水文・水資源学会誌, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会誌, 29, 1, 57, 67, 2016年, 0915-1389, 10.3178/jjshwr.29.57, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005145089,  渦相関法を用いた地表面フラックスに関する研究は平原・海上・森林といったフィールドにおいて先行して行われてきたが,1990年代以降,都市域においても渦相関法を用いたフラックスの観測事例が増えてきた.フラックス観測データの蓄積により都市-大気間のエネルギー収支の定量的な把握が進んでいるが,一方,都市における熱収支は裸地や植生におけるそれとは異なる取り扱いが必要であることも明らかになっている.本稿では都市接地層で行われるフラックス観測について,適切な観測サイトの選定方法,観測高度の設定,観測を行う際に留意すべき事項,熱収支の考え方について解説する.また熱収支・CO2 フラックスの時間・季節変化の特徴,発生/吸収源などについて,これまで得られている知見を,著者らの研究を中心にまとめた.最後に,都市版のフラックスネットとして立ち上げられたUrban Flux Networkについて紹介しながら,近年の研究動向などを解説する.
  • 太陽光パネルを用いた日射量稠密観測の可能性, 森脇亮, SIJAPATI Sweata, 都築伸二, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016, ROMBUNNO.AAS13‐05 (WEB ONLY), 2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702256074728838
  • 太陽光パネルを用いた日射量モニタリング, 森脇亮, 都築伸二, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2015, 475‐476, 2015年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602200776002645
  • スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発, 都築伸二, 森脇亮, 山田芳郎, 柴田裕輔, 森本健一郎, 阿部幸雄, 越智正昭, 須東博樹, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 14th, 513, 514, 2015年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502216174777325
  • レーダー・アメダス解析雨量を用いた松山平野の降水特性, 藤森祥文, 土井内至, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 105, 390, 2014年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402239600939585
  • 都市と森林のキャノピー構造の違いから考察する遮断蒸発メカニズム, 仲吉信人, 神田学, 森脇亮, 河合徹, 日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 125th, 174, 2014年03月, 1349-8517, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402243416509354
  • 都市と森林のキャノピー構造の違いから考察する遮断蒸発メカニズム, 仲吉 信人, 神田 学, 森脇 亮, 河合 徹, 日本森林学会大会発表データベース, 日本森林学会, 日本森林学会大会発表データベース, 125, 0, 2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005474815, 都市キャノピ-(以下CP)の遮断蒸発(以下RI)研究は、森林CPでの研究に比して数が限られている。その理由は、都市CPでのRI計測の難しさにある。樹冠下空間を有する森林CPでは、鉛直1次元的な降雨-流出計測からRI評価が可能であるが、都市CPでは水収支の3次元的な評価が必要であり、実都市では有意な精度でRIを評価することが難しい。著者らは、水収支を簡略化可能な屋外準実都市模型(COSMO)上で、実降雨に対するRI計測を9ヶ月間行った。COSMOは、実都市との力学・物理相似性を有しており、ここで評価されたRIは都市CPからのそれと見なされる。
    都市CPでのRIは以下の特徴を有しており、森林CPのそれと量・動態の両面で様相が異なっていた。
    ①都市CPのRIは総降雨量の6%であった(森林CPでは20-50%程度)。
    ②都市CPでは飽差がRIを駆動していた。
    ③都市CPのRIを支える熱源は晴天時のCP蓄熱量であった(森林CPのRIは熱収支的に説明出来ない程多い)。
    これらの違いをもたらす要因として、都市と森林のCP構造の違いがもたらす、有効蒸発面積、空気力学的粗度、CP熱容量の違いに焦点を当て、両者のRIメカニズムについて考察する。
  • 松山平野の地下水資源の現状と井戸取水による影響, 藤森祥文, 松尾悠平, 木内豪, 森脇亮, 土木学会論文集 B1(水工学)(Web), 69, 4, I.535-I.540 (J-STAGE), 2013年, 2185-467X, 10.2208/jscejhe.69.I_535, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402201489335678
  • 土地利用の違いが雲の形成に与える影響~松山平野における雲底高度及び日射量観測による検討~, 森本一行, 山本拓男, 重谷祐樹, 森脇亮, 土木学会論文集 B1(水工学)(Web), 69, 4, I.1747-I.1752 (J-STAGE), 2013年, 2185-467X, 10.2208/jscejhe.69.I_1747, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402218802191313
  • 松山平野における水蒸気侵入挙動と降水の関係, 渡部桂子, 藤本雅人, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.II-125, 2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202209704959340
  • 松山平野における雲の発生と土地利用の関係, 山本拓男, 重谷祐樹, 森本一行, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.II-126, 2012年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202258831598098
  • 都市境界層における大気乱流及びフラックスの年間スペクトル解析, 野口淡海, 稲垣厚至, 瀧本浩史, 神田学, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 101, 263, 2012年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202281352033371
  • 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究, 渡部桂子, 藤井恵人, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 101, 160, 2012年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202284321606950
  • 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究, 渡部桂子, 藤井恵人, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 56, ROMBUNNO.295, 2012年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202245117038530
  • 瀬切れによる河川表面水の消失が河川近傍の温熱環境に及ぼす影響, 森脇亮, 亀井祐紀, 藤森祥文, 水工学論文集(CD-ROM), 56, ROMBUNNO.292, 2012年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202289541497649
  • 都市におけるフラックスおよび乱流観測, 森脇亮, 菅原広史, 気象研究ノート, 224, 103, 154, 2012年02月, 0387-5369, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202271134486237
  • 松山平野における降水量日変化の時空間特性, 藤本雅人, 森脇亮, 渡部桂子, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.II-152, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102238378925297
  • 松山平野におけるヒートアイランドの特性とメカニズムの解明, 森本一行, 藤森祥文, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.II-159, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102245643601241
  • 建物アスペクト比の変化に伴う都市キャノピー流れの変化に関する数値実験, 岩堂哲也, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.II-162, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102276410261028
  • 河川表面水の消失と河川周辺の温熱環境の関係, 亀井祐紀, 小出若奈, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.II-160, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102277019290818
  • 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究, 渡部桂子, 森脇亮, 重谷祐樹, 藤井恵人, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.II-158, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102281625959550
  • 久が原タワーの観測データを用いた大気乱流のスペクトル解析, 野口淡海, 森脇亮, 稲垣厚至, 瀧本浩史, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 99, 345, 2011年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102260779770550
  • 建物アスペクト比の変化に伴う都市キャノピー流れの変化に関する数値実験, 岩堂哲也, 森脇亮, RAASCH Siegfried, LETZEL Marcus Oliver, 水工学論文集(CD-ROM), 55, ROMBUNNO.56, 2011年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102264975896240
  • 松山平野における降水量日変化の時空間特性, 藤本雅人, 渡部桂子, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 55, ROMBUNNO.76, 2011年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102272868541482
  • 都市スケールモデルおよび水田上の境界層乱流の類似性に対する建物アスペクト比の影響, 森脇亮, 藤井恵人, 藤森祥文, 水工学論文集(CD-ROM), 54, ROMBUNNO.50, 2010年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002255898108890
  • 松山平野におけるヒートアイランドの特性, 藤森祥文, 林佑亮, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 54, ROMBUNNO.53, 2010年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002272905519932
  • 第7回国際都市気候会議(ICUC7)の報告, 神田 学, 一ノ瀬 俊明, 平野 勇二郎, 日下 博幸, 近藤 裕昭, 菅原 広史, 藤部 文昭, 森脇 亮, 稲垣 厚至, 天気, 社団法人日本気象学会, 天気, 57, 1, 19, 25, 2010年01月, 05460921, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007539184
  • O-035 スマート環境センシング基盤の構築と地域デザインへの応用に関する研究開発(O分野:情報システム,一般論文), 都築 伸二, 森脇 亮, 山田 芳郎, 柴田 裕輔, 森本 健一郎, 阿部 幸雄, 越智 正昭, 須東 博樹, 情報科学技術フォーラム講演論文集, FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 14, 4, 513, 514, 2015年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009988087
  • WEPモデルによる松山平野の水循環解析に関する基礎的検討, 藤森祥文, 岡田達也, 森脇亮, 渡辺政広, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 64th, Disk 1, ROMBUNNO.II-146, 2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273058218691
  • 松山平野におけるヒートアイランド現象, 森脇亮, 林佑亮, 重松和恵, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 64th, Disk 1, ROMBUNNO.II-219, 2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277865866295
  • 松山平野におけるヒートアイランドの実態, 森脇亮, 林佑亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 95, 263, 2009年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295902215362
  • 都市および植生キャノピー上における境界層乱流の同時観測, 森脇亮, 青木伸悟, 藤森祥文, 水工学論文集(CD-ROM), 53, ROMBUNNO.43, 2009年02月, 1880-8751, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231054928576
  • 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測, 瀧本浩史, 森脇亮, 小林賢司, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 93, 292, 2008年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232621365649
  • 都市および森林の遮断蒸発特性の違い, 仲吉信人, 森脇亮, 河合徹, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 93, 448, 2008年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266162102399
  • 直接測定に基づく東京湾海表面温度が都市の気温へ及ぼす影響, 小田僚子, 神田学, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 52, ROMBUNNO.48, 2008年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.52.283, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215797265436
  • 屋外都市スケールモデルにおけるPIV計測, 瀧本浩史, 森脇亮, 津國眞明, 神田学, 水工学論文集(CD-ROM), 52, ROMBUNNO.44, 2008年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.52.259, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278810542586
  • 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測, 津國眞明, 森脇亮, 神田学, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 62nd, Disk 1, ROMBUNNO.2-011, 2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209751179250
  • 屋外都市スケールモデルを用いた降雨中遮断蒸発の検討, 仲吉信人, 森脇亮, 神田学, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 62nd, Disk 1, ROMBUNNO.2-084, 2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902242658264180
  • タワー観測によって得られた都市キャノピー内外の気温・水蒸気・CO2プロファイル, 森脇亮, 神田学, 大気環境学会年会講演要旨集, 48th, 282, 285, 2007年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273993131286
  • PIVを用いた屋外都市スケールモデルでの乱流計測, 森脇亮, 神田学, 津国眞明, 日本流体力学会年会講演アブストラクト集, 2007, 279, 2007年08月, 1342-8004, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277328970930
  • 都市キャノピーにおける温位・CO2・H2Oの鉛直分布と拡散係数, 森泉孝信, 森脇亮, 神田学, 日本流体力学会年会講演アブストラクト集, 2007, 277, 2007年08月, 1342-8004, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284915041310
  • 屋外模型都市における遮断蒸発特性に関する研究, 仲吉信人, 森脇亮, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 91, 299, 2007年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223950931338
  • 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測, 津國眞明, 森脇亮, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 91, 256, 2007年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243525537384
  • ながれと創造教育 創造性教育としてのペットボトルロケットコンテスト, 森脇亮, 大澤和敏, ながれ, 26, 2, 91, 95, 2007年04月, 0286-3154, 10.11426/nagare1982.26.91, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214714360657
  • 創造性教育としてのペットボトルロケットコンテスト(<特集>ながれと創造教育), 森脇 亮, 大澤 和敏, ながれ : 日本流体力学会誌, 日本流体力学会, ながれ : 日本流体力学会誌, 26, 2, 91, 95, 2007年04月, 02863154, 10.11426/nagare1982.26.91, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006273129
  • P433 レーダー・アメダス解析雨量を用いた松山平野の降水特性(ポスターセッション), 藤森 祥文, 土井内 至, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 105, 2014年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009846844
  • 都市キャノピーにおける温位・CO2・H2Oの鉛直分布と鉛直拡散係数, 森脇亮, 森泉孝信, 神田学, 水工学論文集(CD-ROM), 51, ROMBUNNO.46, 2007年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.51.271, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225015084115
  • 屋外都市スケールモデルにおける降雨中遮断蒸発実験, 仲吉信人, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集(CD-ROM), 51, ROMBUNNO.43, 2007年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.51.253, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238983300799
  • 水の循環系モデリングと利用システム 都市生態圏‐大気圏‐水圏における水・エネルギー交換過程の解明 都市‐大気圏における広域水・エネルギーフラックスの実態把握, 森脇亮, 神田学, 小田僚子, 菅原広史, 研究領域「水の循環系モデリングと利用システム」第4回領域シンポジウム(平成14年度採択研究課題終了シンポジウム)講演要旨集 平成19年, 86, 87, 2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299976341284
  • 屋外都市スケールモデルを用いた遮断蒸発実験, 森脇 亮, 仲吉 信人, 神田 学, 河合 徹, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 20, 0, 117, 117, 2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627797, 本研究では,降雨-流出過程を完全に閉じることが可能な屋外スケールモデル実験サイト上において,降雨-流出の残差から遮断蒸発量を計測するための装置を整備し,降雨中の遮断蒸発量について検討を行った.その結果,以下のことが明らかになった.1)流出率には降雨量依存性があり,雨量が小さいときは流出率が小さくなる.また同程度の降雨量では夏季に流出率が小さくなる傾向がある.2)遮断蒸発量は飽差に大きく依存し,飽差が大きくなるほど遮断蒸発量が増加する.3)夏季は降雨中においても大きい飽差が維持される.負符号の地中熱流量(地中から地表への熱フラックス)は降雨中においても継続しており,この傾向は冬季よりも夏季に顕著に生じる.これが夏季の降雨中の飽差を大きくする原因の一つであると考えられる.
  • P135 松山平野におけるドライアイランド現象に関する研究(ポスター・セッション), 渡部 桂子, 藤井 恵人, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 101, 2012年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009568671
  • 東京湾における冬季の海表面温度と海上気温変化, 小田 僚子, 神田 学, 森脇 亮, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 20, 0, 99, 99, 2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627906, ヒートアイランド現象や都市型集中豪雨などの都市大気環境問題を抱える首都圏に隣接する東京湾は,これまでに海陸風循環という形で影響を与えていることが指摘されてきたが,その駆動力となる海表面温度変化については詳細には理解されてこなかった.しかしながら,都市気象の現象を考える際,日変化を把握することが非常に重要であるといえる.そこで本研究では,東京湾内湾全域に海表面温度・海上気温の連続自動観測システムを構築し,東京湾が都市大気環境に与える影響を評価する.2006年11月より得られた冬季間の観測結果から,東京湾の海表面温度は潮汐変動に伴う外洋の暖水塊の影響,海上気温は周囲にある陸域の影響を受けている可能性が示唆された.今後も引き続き観測を行い,東京湾が都市気象に与える影響を定量的に評価していく必要がある.
  • P237 都市境界層における大気乱流及びフラックスの年間スペクトル解析(ポスター・セッション), 野口 淡海, 稲垣 厚至, 瀧本 浩史, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 101, 2012年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009568773
  • ながれと創造教育  創造性教育としてのペットボトルロケットコンテスト, 森脇 亮, 大澤 和敏, 日本流体力学会誌「ながれ」, The Japan Society of Fluid Mechanics, 日本流体力学会誌「ながれ」, 26, 2, 91, 95, 2007年, 0286-3154, 10.11426/nagare1982.26.91, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004005898
  • P228 久が原タワーの観測データを用いた大気乱流のスペクトル解析(ポスター・セッション), 野口 淡海, 森 脇亮, 稲垣 厚至, 瀧本 浩史, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 99, 2011年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008680834
  • 東京工業大学土木工学科における創造性育成のための取り組み, 福田大輔, 八木宏, 森脇亮, 渡邊学歩, 木本和志, 大澤和敏, 田辺篤史, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 2, ROMBUNNO.CS01-030, 2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245482895152
  • 低層住宅街における温位・CO2・H2Oの鉛直分布と拡散係数, 森泉孝信, 森脇亮, 神田学, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.2-056, 2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270362930374
  • 都市キャニオン内における建物高さスケールの渦の形成, 菅原広史, 小川弘子, 萩島理, 成田健一, 谷本潤, 神田学, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 89, 401, 2006年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902222228950127
  • 都市域における乱流・フラックス観測研究の動向, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 89, 181, 2006年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224118265839
  • 東京湾における気温と海表面温度の関係, 小田僚子, 森脇亮, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 89, 141, 2006年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281321616659
  • 都市キャニオンにおける風速プロファイル, 小川弘子, 菅原広史, 萩島理, 成田健一, 木村聖, 谷本潤, 神田学, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 89, 128, 2006年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286859290909
  • C255 都市域における乱流・フラックス観測研究の動向(種々の地表面上に発達する大気境界層の観測とモデリングに関する研究の現状と将来展望,専門分科会), 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 89, 2006年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007601283
  • 住宅街における冬季夜間の局所的冷気沈降とスカラー濃度プロファイルの形成機構, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集(CD-ROM), 50, ROMBUNNO.083, 2006年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.50.493, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201409182132
  • 東京湾におけるエネルギー・H2O・CO2フラックスの季節変化, 小田僚子, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集(CD-ROM), 50, ROMBUNNO.078, 2006年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.50.463, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230182548704
  • 都市人工排水系における水・熱輸送に関する観測研究, 中山有, 神田学, 木内豪, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 50, ROMBUNNO.086, 2006年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.50.511, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245714649463
  • 屋外都市スケールモデル実験で観測された乱流構造に関する考察, 稲垣厚至, 神田学, 森脇亮, 水工学論文集(CD-ROM), 50, ROMBUNNO.075, 2006年02月, 1880-8751, 10.2208/prohe.50.445, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262881343718
  • 建物キャノピー内の気流場と風速プロファイル, 小川弘子, 菅原広史, 萩島理, 成田健一, 木村聖, 谷本潤, 神田学, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 88, 433, 2005年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278238689104
  • 屋外準実スケール模型都市における乱流特性の鉛直分布, 稲垣厚至, 神田学, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.2-010, 2005年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234274402493
  • 都市キャノピー内における冬季夜間のCO2の高濃度現象, 森脇亮, 神田学, 新田晴美, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.2-015, 2005年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248679872323
  • 東京湾および都市における冬期の大気―表面間熱収支の相違, 小田僚子, 森脇亮, 神田学, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.2-016, 2005年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280164794819
  • 建物群における熱フラックスと気流場の実測, 小川弘子, 菅原広史, 萩島理, 成田健一, 木村聖, 谷本潤, 神田学, 森脇亮, 日本気象学会大会講演予稿集, 87, 415, 2005年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224340130100
  • 低層住宅街における冬季のCO2,H2O,温位の鉛直分布特性, 森脇亮, 新田晴美, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 87, 417, 2005年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288814028351
  • 東京湾および都市における冬期のフラックス比較―熱収支・CO2フラックスの相違―, 小田僚子, 森脇亮, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 87, 349, 2005年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297146380870
  • 住宅街における熱収支とCO2フラックスの年間積算値, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集, 49, 1, 361, 366, 2005年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.49.361, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239224942685
  • 都市キャノピー内における冬季のCO2・温位・H2Oプロファイル, 森脇 亮, 神田 学, 新田 晴美, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 18, 0, 113, 113, 2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627479, 東京都大田区に位置する低層住宅街にある気象観測タワーを使用し,CO2・気温・H2O・風速・乱流の鉛直分布を2004年11月_から_12月まで計測した.大気安定度別に各スカラーのプロファイルを検討したころ,都市キャノピー内部で夜間の大気安定時にCO2が高濃度化するという興味深い現象を発見した.また気温分布と都市表面温度分布の計測より,屋根面で冷却された空気塊がキャノピー内部に堆積することを示唆する結果が得られた.本研究ではこの冷気流の存在とCO2の高濃度化と関連性について考察した.一方,H2OはCO2と異なる濃度分布を示しており,発生源の位置が濃度分布の形成に重要な役割を持つことを示した.
  • P126 松山平野におけるヒートアイランドの実態, 森脇 亮, 林 佑亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 95, 2009年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007626268
  • 都市下水道による熱輸送に関する観測研究, 中山 有, 神田 学, 木内 豪, 森脇 亮, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 18, 0, 117, 117, 2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627483, ヒートアイランド現象をはじめとして都市の大気熱環境に関する研究は数多く行われている一方、水圏への影響に着目した研究は少ない。そこで、都市で発生した熱がどのように水圏へ輸送されるのかを定量的に明らかにするために住宅地における観測を行い、1年間分のデータを蓄積した。この観測より住宅地からの熱の流出過程に関する基礎的データを得たので報告する。対象とした集水域の下水流量のパターンを明らかにし、集水域の下水流量には地下水流入の影響があることが分かった。次に上水水温、下水水温、土壌温度の季節変化から地下水の持つ熱が下水の温度に影響を与えていることを示した。最後に集水域の水・熱収支を考え、地下水の影響を除いた生活排水の水温を求め、住宅地で熱利用に伴って上水に付加された熱量を算出した。
  • 東京湾および都市における冬期のエネルギー・CO2フラックスの特徴, 小田 僚子, 森脇 亮, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 18, 0, 114, 114, 2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627480, ヒートアイランドや大気汚染といった首都圏が抱えている問題に対し,隣接する東京湾のシンク・ソース機構は重要な役割を果たしていると考えられる.そこで本研究では,都市に隣接する水圏として独特な機能を持つであろう東京湾の特徴を把握するため,東京湾海上にフラックス観測システムを構築し,東京湾!)大気間のエネルギー・CO2フラックスの計測を試みた.また,既に都市域で計測されているフラックスとの比較を行った.冬期の観測結果から,都市における潜熱輸送量は日射強制力に因るが東京湾海上では潜熱が非常に大きく風速依存性が強いこと,都市ではCO2を常に放出しているが東京湾では吸収する方向に働いていること,東京湾海上での顕熱は都市からの移流によると思われる表面温度と気温の差に対応した日変化が現れるなど,東京湾特有の興味深い知見が得られることを確認できた.今後も連続観測を行い,東京湾の存在意義を定量評価する必要がある.
  • B302 都市キャニオンにおける風速プロファイル(大気境界層), 小川 弘子, 菅原 広史, 萩島 理, 成田 健一, 木村 聖, 谷本 潤, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 89, 2006年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007601230
  • D311 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測(大気境界層I), 瀧本 浩史, 森脇 亮, 小林 賢司, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 93, 2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007625298
  • B403 東京湾における気温と海表面温度の関係(相互作用), 小田 僚子, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 89, 2006年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007601243
  • P337 都市および森林の遮断蒸発特性の違い, 仲吉 信人, 森脇 亮, 河合 徹, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 93, 2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007625454
  • P334 都市キャニオン内における建物高さスケールの渦の形成, 菅原 広史, 小川 弘子, 萩島 理, 成田 健一, 谷本 潤, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 89, 2006年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007601501
  • 都市と森林の遮断蒸発特性に違いをもたらすメカニズム, 仲吉 信人, 森脇 亮, 河合 徹, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 21, 0, 34, 34, 2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005050800, 都市の遮断蒸発の動態解明に向け,屋外準実都市模型(以下COSMO)上にて遮断蒸発実験を行った.遮断蒸発量は平均して降雨の6%程度であり,森林域での報告例(10-50%)より小さく,その熱源は晴天時,都市キャノピーに貯えられた熱量であった.また,森林域で報告されているような降雨継続時間・総降雨量の関係は見られなかった一方,降雨初期飽差と強い相関があることが分かった.都市と森林域でのこれらの違いは両者のキャノピー構造の違いに起因することが考察された.つまり,キャノピー構造によって規定される,有効表積率,キャノピー構成要素のサイズ,熱容量の違いが都市と森林の遮断蒸発の絶対量,熱源・支配パラメータに違いをもたらしていると考えられた.
  • 都市キャノピーにおける温位・CO_2・H_2Oの鉛直分布と拡散係数(乱流熱物質拡散・伝達(2),一般講演), 森泉 孝信, 森脇 亮, 神田 学, 日本流体力学会年会講演論文集, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会講演論文集, 2007, 2007年08月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008459251, This paper shows the seasonality of vertical profile of air temperature, CO_2, and H_2O within and above a suburban canopy and the turbulent diffusivity of the scalars. The results were derived from field measurements of the vertical profiles and fluxes, which were conducted in a residential area (the mean height of canopy is 7.3m) of Tokyo, Japan. The normalized turbulent diffusivity of air temperature and CO_2 depended on height and atmospheric stability, which is similar to that for vegetated canopies. In contrast, turbulent diffusivity of H_2O was relatively smaller than that of heat and CO_2. H_2O is not efficiently transferred probably because the source of H_2O is localized at the lowest level of urban canopy.
  • P340 建物キャノピー内の気流場と風速プロファイル, 小川 弘子, 菅原 広史, 萩島 理, 成田 健一, 木村 聖, 谷本 潤, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 88, 2005年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007601078
  • PIVを用いた屋外都市スケールモデルでの乱流計測(乱流熱物質拡散・伝達(2),一般講演), 森脇 亮, 神田 学, 津国 眞明, 日本流体力学会年会講演論文集, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会講演論文集, 2007, 2007年08月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008459253, Particle image velocimetry (PIV) was applied to outdoor turbulent flow within and above urban scale model. This study shows the setup of the PIV system and some preliminary results. The PIV system achieved 60-min continuous measurements with the time resolution of 1/30 seconds for the section of 3x3 meters with the spatial resolution of 5cm. The 2 dimensional distribution of mean wind vector and turbulent statistics were successfully obtained. Also the PIV measurements were validated with measurements of ultrasonic anemometer which is conventional instrument for the investigation of atmospheric turbulence. Most of them showed good agreements within the error of 10%.
  • P209 東京湾および都市における冬期のフラックス比較 : 熱収支・CO_2フラックスの相違, 小田 僚子, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 87, 2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007600513
  • P120 屋外模型都市におけるPIVを用いた乱流計測, 津國 眞明, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 91, 2007年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007602223
  • P310 低層住宅街における冬季のCO_2,H_2O,温位の鉛直分布特性, 森脇 亮, 新田 晴美, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 87, 2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007600581
  • P308 建物群における熱フラックスと気流場の実測, 小川 弘子, 菅原 広史, 萩島 理, 成田 健一, 木村 聖, 谷本 潤, 神田 学, 森脇 亮, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 87, 2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007600579
  • P217 屋外模型都市における遮断蒸発特性に関する研究, 仲吉 信人, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 91, 2007年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007602266
  • 都市フラックスネットを目指して, 森脇 亮, 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES, 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES, 18, 1, 5, 6, 2005年01月, 09151389, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014287504
  • 下水道を介した都市からの熱流出過程に関する観測研究, 中山有, 神田学, 木内豪, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 59th, Disk 2, 7, 229, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278376274780
  • 都市キャノピー内外における乱流統計量プロファイル, 森脇亮, 木本由花, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 85, 370, 2004年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229797470243
  • リモートセンサによる顕熱フラックス測定の試み, 菅原広史, 笠松扶美, 神田学, 森脇亮, 亀山俊平, 柳沢隆行, 日本気象学会大会講演予稿集, 85, 361, 2004年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297164423292
  • P256 リモートセンサによる顕熱フラックス測定の試み, 菅原 広史, 笠松 扶美, 神田 学, 森脇 亮, 亀山 俊平, 柳澤 隆行, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 85, 2004年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007600085
  • P265 都市キャノピー内外における乱流統計量プロファイル, 森脇 亮, 木本 由花, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 85, 2004年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007600094
  • LESによる都市建物群内及び上空における乱流の組織構造, 笠松扶美, 神田学, 森脇亮, 水工学論文集, 48, 1, 607, 612, 2004年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.607, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248910627043
  • 長期観測に基づいた都市キャノピー内外における温位プロファイル特性, 木本由花, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集, 48, 1, 163, 168, 2004年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.163, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274120317355
  • 都市境界層における風速・温度のシアー関数, 森脇亮, 神田学, 木本由花, 水工学論文集, 48, 1, 139, 144, 2004年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.139, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278094818168
  • 都市集水域における水・熱輸送の実態解明とモデリング‐久が原水文気象観測データに基づいて‐, 木内豪, 中山有, 森脇亮, 神田学, 水工学論文集, 48, 1, 175, 180, 2004年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.48.175, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285678732814
  • 都市の熱収支‐熱・水・CO2フラックスの長期連続観測を例に‐, 神田学, 森脇亮, 日本風工学会誌, 97, 13, 21, 2003年10月, 0912-1935, 10.5359/jawe.2003.97_13, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295218391488
  • 都市の熱収支 : 熱・水・CO_2フラックスの長期連続観測を例に, 神田 学, 森脇 亮, JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering, Japan Association for Wind Engineering, JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering, 97, 13, 21, 2003年10月, 09121935, 10.5359/jawe.2003.97_13, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012467930
  • 特高変圧器容量増強(風冷化)工事について, 森脇亮, 内藤学, 電気設備学会全国大会講演論文集, 21st, 169, 170, 2003年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277982702058
  • 都市接地境界層における運動量のシアー関数, 森脇亮, 木本由花, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 83, 340, 2003年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266267317900
  • 都市接地層における乱流プロファイルの大気安定度依存性, 森脇亮, 神田学, 木本由花, 水工学論文集, 47, 1, 6, 2003年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.47.1, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213243894889
  • 都市キャノピー内外における温位プロファイル, 木本 由花, 森脇 亮, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 16, 0, 260, 261, 2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627421, 都市キャノピー内部で発生した物質の乱流拡散には、都市キャノピー内外の温位プロファイルの把握が不可欠である。ストリートキャニオン内においては気温分布が計測されているが、長期間のデータに基づいた都市キャノピー内外での気温分布が報告された例は、筆者の知る限り見当たらない。本報では、低層住宅街に建設した気象観測用タワーによって得られたデータに基づき、都市キャノピー内外の気温プロファイルの形成機構について検討を行う。
  • 都市における運動量フラックスの鉛直分布とシアー関数, 森脇 亮, 木本 由花, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 16, 0, 262, 263, 2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627422, メソ気象モデルでは,都市一大気間の熱・エネルギーの乱流交換過程は,平板モデルと同様に取り扱われ,従来から提案されているモニンーオブコフ相似則がそのまま拡張適用されている.風洞実験により建物模型キャノピー内外の乱流特性が調べられているが,フィールドに拡張する際に不可欠である大気安定度依存性にまで言及しているものは数少なく,平原や森林で数多く提案されているモニンーオブコフ相似則が,都市においても適用できる保証はない.本報では住宅街でのタワー観測による運動量フラックスと風速勾配の関係およびシアー関数について検討した.
  • 都市接地境界層における運動量・熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送効率の相似性, 森脇亮, 神田学, 菅原広史, 東京工業大学土木工学科研究報告, 66, 11, 18, 2002年09月, 1345-3572, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114019097061
  • 都市境界層における放射・熱・水・CO2フラックスの長期連続観測, 森脇亮, 神田学, 東京工業大学土木工学科研究報告, 66, 1, 10, 2002年09月, 1345-3572, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902137181159801
  • 都市接地境界層における運動量,熱,水蒸気,CO2の乱流輸送特性, 森脇亮, 渡辺倫樹, 神田学, 松永和章, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, II-260, 2002年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902176993153330
  • 対流性集中降雨の先行指標としてのGPS可降水量, 森脇亮, 神田学, 大石哲, 日本気象学会大会講演予稿集, 81, 199, 2002年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902104175797892
  • 都市接地境界層におけるスカラー間の輸送効率比, 渡辺倫樹, 森脇亮, 松永和章, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 81, 209, 2002年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902137501785994
  • 都市域におけるコンスタント・フラックス層の存在条件について, 渡辺倫樹, 森脇亮, 神田学, 松永和章, 水工学論文集, 46, 79, 84, 2002年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.46.79, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117407274438
  • 都市域の陸面パラメーターの算定, 森脇亮, 神田学, 渡辺倫樹, 松永和章, 水工学論文集, 46, 91, 96, 2002年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.46.91, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168669732708
  • 都市接地境界層における熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送について, 森脇亮, 神田学, 渡辺倫樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第2部, 56th, 520, 521, 2001年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173758021746
  • 住宅街および水田上の接地境界層における熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送の相似性, 森脇亮, 神田学, 渡辺倫樹, 東京工業大学土木工学科研究報告, 63, 69, 76, 2001年03月, 1345-3572, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190000796641
  • 接地境界層における熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送の相似性について, 森脇亮, 神田学, 渡辺倫樹, 水工学論文集, 45, 253, 258, 2001年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.45.253, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167758035429
  • 地域気象モデルによる屋外体感温度予報, PEK C W, 神田学, 森脇亮, 水工学論文集, 45, 259, 264, 2001年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.45.259, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198607980736
  • 都市の接地境界層における乱流相似関数について, 神田学, 森脇亮, 鈴木譲, ROTH M, OKE T, 天気, 47, 7, 493, 501, 2000年07月, 0546-0921, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902162764851740
  • 住宅街の接地境界層における乱流フラックスの実測, 神田学, 森脇亮, 鈴木譲, ROTH M, OKE T, 天気, 47, 6, 453, 462, 2000年06月, 0546-0921, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902124248584630
  • 東京湾上空の大気構造とCO2濃度分布, 石井宏明, 森脇亮, 神田学, 日本気象学会大会講演予稿集, 77, 162, 2000年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105565310680
  • 東京湾上の大気構造に関する集中観測, 森脇亮, 石井宏明, 神田学, 水工学論文集, 44, 79, 84, 2000年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.44.79, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128556519097
  • 都市接地境界層における熱収支と乱流計測, 森脇亮, 神田学, 鈴木譲, ROTH M, OKE T R, SOUX A, VOOGT J, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部, 54th, 302, 303, 1999年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170894425967
  • シンチロメーターを用いた都市接地境界層における熱収支計測とゼロ面変位の推定, 森脇亮, 神田学, 鈴木譲, ROTH M, OKE T R, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 1999, 146, 147, 1999年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107609999501
  • 植生と環境流体力学 植生による大気環境保全機能, 神田学, 森脇亮, ながれ, 18, 2, 101, 106, 1999年04月, 0286-3154, 10.11426/nagare1982.18.101, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110443731441
  • 都市境界層における乱流統計量の相似関数に関する研究, 神田学, 鈴木譲, 森脇亮, ROTH M, OKE T R, 日本気象学会大会講演予稿集, 75, 319, 1999年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142377144148
  • シンチロメーターを用いた都市熱フラックスとゼロ面変位の計測, 森脇亮, 神田学, 鈴木譲, 三上正男, 岩倉晋, 日本気象学会大会講演予稿集, 75, 246, 1999年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174695547153
  • シンチロメータを用いた乱流フラックスの代表性の検証, 岩倉晋, 三上正男, 神田学, 森脇亮, 鈴木譲, 日本気象学会大会講演予稿集, 75, 229, 1999年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902199637752726
  • シンチロメーターを用いた都市接地境界層における乱流フラックスの測定, 神田学, 森脇亮, 鈴木譲, 東京工業大学土木工学科研究報告, 59, 61, 69, 1999年03月, 1345-3572, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128673928887
  • シンチロメーターによる空間平均熱フラックス測定に関する基礎的実験, 森脇亮, 鈴木譲, 神田学, 三上正男, 岩倉晋, 水工学論文集, 43, 91, 96, 1999年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.43.91, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126755381794
  • 東京湾上空の大気環境計測, 石井宏明, 神田学, 森脇亮, 奥園孝二, 水工学論文集, 43, 233, 238, 1999年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.43.233, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902127907145672
  • ペットボトルロケットの飛行挙動シミュレーションとそれを取り入れたコンテスト形式の授業の試み, 戸田祐嗣, 二瓶泰雄, 日向博文, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第2部, 53rd, 392, 393, 1998年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173823404828
  • 明治神宮の森におけるCO2・テルペンフラックスの実測とモデル化, 森脇亮, 神田学, 横内陽子, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 1998, 212, 213, 1998年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105925444748
  • 実験系授業としてのペットボトルロケットコンテスト, 二瓶 泰雄, 森脇 亮, 戸田 祐嗣, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 57, 75, 87, 1998年03月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005247922
  • ペットボトルロケットを用いた実験系授業の試み, 二瓶 恭雄, 戸田 祐嗣, 日向 博文, 森脇 亮, 年会一般講演, 年会一般講演, 17, 11, 12, 1998年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002908098
  • 植生と環境流体力学  植生による大気環境保全機能, 神田 学, 森脇 亮, 日本流体力学会誌「ながれ」, The Japan Society of Fluid Mechanics, 日本流体力学会誌「ながれ」, 18, 2, 101, 106, 1999年, 0286-3154, 10.11426/nagare1982.18.101, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004005588
  • 都市接地境界層における乱流統計量の相似関数, 神田 学, 鈴木 譲, 森脇 亮, ROTH M., OKE T. R., 年会一般講演, 年会一般講演, 18, 511, 512, 1999年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007479184
  • タワー観測による住宅街の熱収支·CO2フラックスの季節変化, 森脇 亮, 神田 学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 15, 0, 204, 205, 2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005050533
  • 都市境界層における放射・熱・水・CO2フラックスの長期連続観測, 森脇 亮, 神田 学, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 66, 1, 10, 2002年09月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005615567
  • LESによる都市建物群内外の数値シミュレーション, 笠松 扶美, 神田 学, 森脇 亮, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 16, 0, 266, 267, 2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004627424, 近年、都市の幾何形状が上空大気に与える影響が問題となっており研究がなされてはいるが、体系的には理解されていない。また、都市キャノピー層における乱流輸送過程には、都市キャノピー層内部の乱流だけでなく大気境界層の大スケール乱れが影響を及ぼしていることが示唆されている。これらの解決のためには、都市キャノピー層から大気境界層にわたる広範囲な流れの解明が必要である。本研究では、LESモデルを用いて建蔽率を変化させた数値実験を行い、都市キャノピー内部から建物高さの3倍~4倍程度の高さに至る乱流の組織構造を検討した。
  • P240 都市接地境界層における運動量のシアー関数, 森脇 亮, 木本 由花, 神田 学, 大会講演予講集, 社団法人日本気象学会, 大会講演予講集, 83, 2003年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013699510
  • 特集 都市の熱収支--熱・水・CO2フラックスの長期連続観測を例に, 神田 学, 森脇 亮, 日本風工学会誌, 日本風工学会, 日本風工学会誌, 97, 13, 21, 2003年10月, 09121935, 10.5359/jawe.2003.97_13, http://ci.nii.ac.jp/naid/80016294629
  • 都市接地境界層における運動量・熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送効率の相似性, 森脇 亮, 神田 学, 菅原 広史, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 66, 11, 18, 2002年09月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005615568
  • E214 都市接地境界層における運動量、熱、水蒸気、CO_2 の乱流輸送特性, 森脇 亮, 渡邊 倫樹, 神田 学, 松永 和章, 日本流体力学会年会講演論文集, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会講演論文集, 2002, 332, 333, 2002年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003948116, A long-term field measurement is performed to investigate turbulent transfers in a densely built-up urban surface layer. The ratios of fluxes measured at two heights are almost unity. We can expect the existence of the surface layer in this residential area. The turbulent transfer efficiencies of momentum, heat, vapor, and CO_2 are examined. Following results are obtained; 1) The ratio for heat/momentum is smaller the results in Kansas experiment. This behavior is expected over an urban surface where form drag due to bluff-body effects of buildings increases the transfer efficiency of momentum compared to scalar transfers. 2) The transfer efficiencies of vapor and CO_2 are smaller than that of heat. 3) Wavelet analysis shows this reason. Thermal structures and organized structures transfer heat efficiently. Vapor and CO_2 are also transferred as well as heat by some structures. But they are not or adversely transferred by other structures.
  • 都市接地境界層におけるスカラー間の輸送効率比, 渡邊 倫樹, 森脇 亮, 松永 和章, 神田 学, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 81, 2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008202238
  • 対流性集中降雨の先行指標としてのGPS可降水量, 森脇 亮, 神田 学, 大石 哲, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 81, 2002年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008202226
  • 住宅街および水田上の接地境界層における熱・水蒸気・二酸化炭素の乱流輸送の相似性, 森脇 亮, 神田 学, 渡辺 倫樹, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 63, 69, 76, 2001年03月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005247979
  • F135 東京湾上空大気の現地観測と数値シミュレーション, 森脇 亮, 石井 宏明, 神田 学, 日本流体力学会年会講演論文集, 日本流体力学会, 日本流体力学会年会講演論文集, 2000, 221, 222, 2000年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003886657, Field observation and numerical simulations were performed to investigate the atmospheric structure and distribution of air pollutants over Tokyo Bay. The following results were obtained : 1) Observed diurnal variation of potential temperature over Tokyo Bay is different from over the land or the sea. 2) There is a descending flow over Tokyo Bay. and it is the compensation for the divergent flow pattern. The peak value of descending flow exits at the height of 300-500m. 3) The rise in potential temperature in the daytime is caused by the adiabatic heating of descending flow. 4) Vertical gradient of CO_2 is positive over the bay. It suggests that CO_2 is transported over Tokyo Bay from surrounding high emission area.
  • 東京湾上空の大気構造とCO_2濃度分布, 石井 宏明, 森脇 亮, 神田 学, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 77, 2000年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013940949
  • 植生による大気環境保全機能, 神田 学, 森脇 亮, ながれ : 日本流体力学会誌, 日本流体力学会, ながれ : 日本流体力学会誌, 18, 2, 101, 106, 1999年04月, 02863154, 10.11426/nagare1982.18.101, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002443739
  • シンチロメータを用いた乱流フラックスの代表性の検証, 岩倉 晋, 三上 正男, 神田 学, 森脇 亮, 鈴木 譲, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 75, 1999年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002576313
  • シンチロメーターを用いた都市設置境界層における乱流フラックスの測定, 神田 学, 森脇 亮, 鈴木 譲, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 59, 61, 69, 1999年03月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005247934
  • 都市境界層における乱流統計量の相似関数に関する研究, 神田 学, 鈴木 譲, 森脇 亮, ROTH M., OKE T. R., 大会講演予講集, 大会講演予講集, 75, 1999年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002576441
  • シンチロメーターを用いた都市熱フラックスとゼロ面変位の計測, 森脇 亮, 神田 学, 鈴木 譲, 三上 正男, 岩倉 晋, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 75, 1999年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002576339
  • 明治神宮の森の気候緩和機能・大気浄化機能の評価 (1) 1996年夏期集中観測, 神田学, 森脇亮, 高柳百合子, 横山仁, 浜田崇, 天気, 44, 10, 713, 722, 1997年10月, 0546-0921, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902195141457443
  • 明治神宮の森の気候緩和機能・大気浄化機能の評価 (2) 森林環境気象モデルによるシミュレーション, 神田学, 森脇亮, 横山仁, 天気, 44, 10, 723, 731, 1997年10月, 0546-0921, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198338171516
  • 「明治神宮の森」の気候緩和・大気浄化機能の評価 夏期集中観測とモデルによる解析, 森脇亮, 神田学, 横山仁, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第2部, 52nd, 752, 753, 1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179229371209
  • 通過交通の影響を含めたストリートキャニオンにおける熱収支の実測, 鈴木譲, 神田学, 森脇亮, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部, 52nd, 70, 71, 1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189379150974
  • 個葉蒸散量をもとにした森林群落蒸散量の推定 現地観測と数値シミュレーション, 森脇亮, 神田学, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 1997, 215, 216, 1997年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902178633331320
  • 「明治神宮の森」と「銀座」における集中熱収支観測, 神田学, 森脇亮, 高柳百合子, 横山仁, 日本気象学会大会講演予稿集, 71, 100, 1997年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113428049862
  • 「明治神宮の森」と「銀座」における集中熱収支観測, 神田 学, 森脇 亮, 高柳 百合子, 横山 仁, 大会講演予講集, 大会講演予講集, 71, 1997年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002575317
  • 都市内大規模緑地のもつ大気保全効果の評価, 森脇 亮, 神田 学, 横山 仁, 高柳 百合子, 年会一般講演, 年会一般講演, 16, 477, 478, 1997年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002907867
  • 通過交通の影響を含めたストリートキャニオンにおける熱収支の実測, 鈴木 譲, 神田 学, 森脇 亮, 年会一般講演, 年会一般講演, 16, 431, 432, 1997年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002907751
  • 明治神宮の森におけるCO_2とテルペンフラックスの現地観測とモデル化, 森脇 亮, 神田 学, 横内 陽子, 鵜野 伊津志, 年会一般講演, 年会一般講演, 17, 277, 278, 1998年07月, 13428004, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002908858
  • 「神宮の森」の蒸散活動と熱収支1996年夏期集中観測, 森脇亮, 神田学, 横山仁, 高柳百合子, 浜田崇, 水工学論文集, 41, 43, 48, 1997年02月, 0916-7374, 10.2208/prohe.41.43, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902139862752104
  • 「神宮の森」の気候緩和機能に関する観測研究 1996年現地観測速報, 森脇亮, 神田学, 東京工業大学土木工学科研究報告, 54, 21, 36, 1996年09月, 1345-3572, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107987899426
  • 「神宮の森」の気候緩和機能に関する観測研究(1996年現地観測速報), 森脇 亮, 神田 学, 研究報告, 東京工業大学工学部土木工学科, 研究報告, 54, 21, 36, 1996年09月, 13453572, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005247909
  • Vertical profile and turbulent transfer of heat, water vapor, and carbon dioxide at a suburban sublayer, 6th International Conference on Urban Climate, 36, 39, 2006年
  • Vertical profiles of carbon dioxide, temperature, and water vapor within and above a suburban canopy layer in winter, Sixth Symposium on the Urban Environment, American Meterological Society, -, 2006年
  • Similarity on turbulent transfers of heat, water vapor, and carbon dioxide over a suburban surface under weakly unstable condition, Sixth Symposium on the Urban Environment, American Meterological Society, -, 2006年
  • Annual fluxes of energy and CO2 over a residential area in Tokyo, Fifth Symposium on the Urban Environment, American Meterological Society, -, 2004年
  • Seasonal and diurnal variations of radiation, heat, water vapor and CO2 fluxes over a suburban area, Fifth International Conference on Urban Climate, -, 2003年
  • A field experiment on how atmospheric stability affects vertical profiles of momentum and heat fluxes in an urban surface layer, Fifth International Conference on Urban Climate, -, 2003年
  • Environmental Effect of Meiji-shrine Forest as a Sink of Energy and Pollutants -Field Observation and Numerical Simulation by SPAM3-, Proc. of the 2nd Regional Symposium on Infrastructure Planning in Civil Engineering, 555, 565, 1998年
  • A novel dual-scintillation method to estimate area-averaged turbulent fluxes over an dense urban surface, Proc. of the 3rd Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering, 289, 294, 2000年
  • Turbulent transfer efficiency of momentum, heat, vapor, and CO2 measured in the urban surface layer over a densely built-up canopy, 15th Symposium on Boundary Layers and Turbulence, American Meterological Society, -, 2002年
  • Field observation of the heat balance in Ginza city, International symposium on monitoring and management of urban heat island. Proceedings, 201, 207, 1997年
  • PIV application to turbulence statistics within and above an outdoor urban scale model, The 4th International Conference on Advances in Wind and Structures, *, 2008年
  • Mechanism on urban rainfall interception, The seventh International Conference on Urban Climate, *, 2009年
  • Impact of land-use change on the groundwater and evapotransipiration in Matsuyama, The seventh International Conference on Urban Climate, *, 2009年
  • Anthropogenic water vapor and heat emissions in Tokyo, The seventh International Conference on Urban Climate, *, 2009年
  • Comparison of turbulences statistics above outdoor urban scale model and rice paddy, The seventh International Conference on Urban Climate, *, 2009年
  • 森林における熱・オゾン収支の測定と解析, 森脇亮, 岡南強, 神田学, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部, 51st, 506, 507, 1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158226913674
  • 36, 39, 2006年
  • -, 2006年
  • -, 2006年
  • -, 2004年
  • -, 2003年
  • -, 2003年
  • -, 2002年
  • 289, 294, 2000年
  • 555, 565, 1998年
  • 201, 207, 1997年
  • *, 2008年
  • *, 2009年
  • *, 2009年
  • *, 2009年
  • *, 2009年

その他研究情報

受賞

愛媛大学教員活動実績

プロフィール(A)

学内兼務職(A02)

  • 防災情報研究センター長, 2017
  • 副工学部長, 2016
  • その他, 愛媛大学沿岸環境科学研究センター研究員, 2008
  • 工学部イノベーションセンター長, 2016

教育活動(B)

学外非常勤(B11)

  • 2016, 通年, 放送大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.