研究者データベース

上野 秀人ウエノ ヒデト

所属部署名大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名教授
Last Updated :2019/06/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    上野 秀人
  • 氏名(カナ)

    ウエノ ヒデト

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=196286
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院農学研究科 食料生産学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1991年, 筑波大学, 農学研究科, 応用生物化学専攻
  • 1986年, 茨城大学, 農学部, 農芸化学科
  • 1991年
  • 1986年

学位

  • 農学博士
  • 農学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本園芸学会中四国支部会
  • 日本農業教育学会
  • 日本土壌肥料学会
  • 日本作物学会
  • 日本微生物生態学会
  • 日本土壌微生物学会
  • Soil Science Society of America
  • アメリカ農学会(American Society of Agronomy)
  • 日本作物学会四国支部会
  • 日本農作業学会
  • 日本ペドロジー学会

委員歴

  • 2017年10月 - 現在, 日本土壌肥料学会, 第7部門副部門長
  • 2017年04月 - 現在, 日本農業教育学会, 評議員
  • 2017年03月 - 現在, 土壌医の会全国協議会, 副会長
  • 2019年06月 -2020年09月, 日本土壌肥料学会, 欧文誌編集委員会委員
  • 2016年11月 -2018年11月, 日本土壌肥料学会, 代議員
  • 2009年04月 -2018年03月, 日本作物学会四国支部会, 評議員
  • 2001年 -2004年, 日本土壌肥料学会, Editor, 日本土壌肥料学会
  • 2003年, 日本作物学会四国支部会, 評議員, 日本作物学会四国支部会
  • 2001年 -2004年
  • 2003年

経歴

  • 1997年 - , - 愛媛大学
  • 1996年 - 1997年,  農林水産省中国農業試験場
  • 1991年 - 1996年,  農林水産省中国農業試験場
  • 1991年 - ,  農林水産省農業環境技術研究所
  • 1997年 -
  • 1996年 - 1997年
  • 1991年 - 1996年
  • 1991年 -

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 土壌微生物
  • 有機農業
  • 土壌
  • 養分動態
  • 持続型農業
  • 環境保全
  • 水田
  • 作物

著書・発表論文等

論文

  • Effect of phenolic acids on the formation and stabilization of soil aggregates, Seiko Yoshikawa, Yasufumi Kuroda, Hideto Ueno, Masako Kajiura, Noriharu Ae, Soil Science and Plant Nutrition, 64, 3, 323, 334, 2018年05月, 00380768, 10.1080/00380768.2018.1431011
  • Effects of Green Manure Application and Prolonging Mid-Season Drainage on Greenhouse Gas Emission from Paddy Fields in Ehime, Southwestern Japan, Toma Yo, Sari Nukhak Nufita, Akamatsu Koh, Oomori Shingo, Nagata Osamu, Nishimura Seiichi, Purwanto Benito H., Ueno Hideto, AGRICULTURE-BASEL, 9, 2, 2019年02月, 2077-0472, 10.3390/agriculture9020029
  • ブロッコリー秋作における被覆肥料の施用が土壌からの一酸化二窒素発生に与える影響, 当真 要, 大西 まゆ, 白鳥 豊, 須藤 重人, 西村 誠一, 上野 秀人, 日本土壌肥料学雑誌, 日本土壌肥料学雑誌, 89, 4, 302, 310, 2018年, 0029-0610
  • Dynamics of nitrogen derived from hairy vetch applied as cover crop in tomato production in plastic house, Y. Sugihara, H. Ueno, T. Hirata, M. Komatsuzaki, H. Araki, Acta Horticulturae, 1164, 135, 142, 2017年06月, 05677572, 10.17660/ActaHortic.2017.1164.17
  • Efflux of soil nitrous oxide from applied fertilizer containing organic materials in Citrus unshiu field in Southwestern Japan, Yo Toma, Takeshi Higuchi, Osamu Nagata, Yasuhiko Kato, Tooru Izumiya, Shingo Oomori, Hideto Ueno, Agriculture (Switzerland), 7, 2, 1, 11, 2017年02月, 2077-0472, 10.3390/agriculture7020010
  • 混合堆肥複合肥料の開発とこれから, 加藤 雅彦, 荒川 祐介, 見城 貴志, 小宮山 鉄兵, 森次 真一, 棚橋 寿彦, 上野 秀人, 西田 瑞彦, 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition, 日本土壌肥料学雑誌 = Japanese journal of soil science and plant nutrition, 88, 3, 272, 276, 2017年06月, 0029-0610, 10.20710/dojo.88.3_272
  • Effects of bamboo biochar application on global warming in paddy fields in Ehime prefecture, Southern Japan, Shingo Oomori, Yo Toma, Osamu Nagata, Hideto Ueno, Soil Science and Plant Nutrition, 62, 5-6, 553, 560, 2016年11月, 00380768, 10.1080/00380768.2016.1235961
  • 竹粉および竹粉堆肥被覆による雑草抑制効果, 八木 赳憲, 当真 要, 森田 展樹, 石掛 桂士, 阿立 真崇, 山下 陽一, 上野 秀人, 長崎 信行, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 38, 9, 15, 2016年09月, 0914-7233
  • Effect of the number of tillages in fallow season and fertilizer type on greenhouse gas emission from a rice (Oryza sativa L.) paddy field in Ehime, southwestern Japan, Yo Toma, Shingo Oomori, Asuka Maruyama, Hideto Ueno, Osamu Nagata, Osamu Nagata, Osamu Nagata, Soil Science and Plant Nutrition, 62, 1, 69, 79, 2016年01月, 00380768, 10.1080/00380768.2015.1109999
  • 生竹・竹堆肥マルチが温室トマトの生育と収量に与える影響, 八木 赳憲, 当真 要, 森田 展樹, 石掛 桂士, 阿立 真崇, 山下 陽一, 上野 秀人, 長崎 信行, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 38, 1, 8, 2016年09月, 0914-7233
  • Contribution of N Derived from a Hairy Vetch Incorporated in the Previous Year to Tomato N Uptake under Hairy Vetch-tomato Rotational Cropping System, Sugihara Yuichi, Ueno Hideto, Hirata Toshiyuki, Komatsuzaki Masakazu, Araki Hajime, The Horticulture Journal, The Horticulture Journal, 0, 0, 217, 223, 2016年, 2189-0102, 10.2503/hortj.MI-073
  • Effect of no-tillage with weed cover mulching versus conventional tillage on global warming potential and nitrate leaching, YAGIOKA Atsushi, KOMATSUZAKI Masakazu, KANEKO Nobuhiro, UENO Hideto, Agric Ecosyst Environ, 200, 42, 53, 2015年02月, 0167-8809, 10.1016/j.agee.2014.09.011
  • 浅床栽培法を用いたレンコンの省力栽培におけるハスの生育・収量・品質および養分動態の評価, 当真要, 岩本玲奈, 稲吉佳緒里, 長崎信行, 上野秀人, 日本土壌肥料学雑誌, 86, 2, 89, 97, 2015年04月, 0029-0610, 10.20710/dojo.86.2_89
  • Fate of 15N-labeled Inorganic Fertilizer in an Upland Soil Applied with Sweet Sorghum Bagasse and N Uptake Efficiency by Komatsuna Plants, ASAGI Naomi, MIYA Tatsuya, HOMMA Takashi, SHIOTSU Fumitaka, KOKUBO Toshiaki, NITTA Youji, UENO Hideto, SATO Tatsuo, KOMATSUZAKI Masakazu, KATO Akira, Plant Prod Sci, Plant Production Science, 18, 4, 535-541 (J-STAGE), 541, 2015年01月, 1343-943X, 10.1626/pps.18.535
  • 浅床栽培法を用いたレンコンの省力栽培におけるハスの生育・収量・品質および養分動態の評価, 当真 要, 岩本 玲奈, 稲吉 佳緒里, 長崎 信行, 上野 秀人, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 36, 7, 20, 2014年09月, 0914-7233
  • Hairy Vetch Derived-N Uptake by Tomato Grown in a Pot Containing Fast-and Slow-release N Fertilizer, 杉原雄一, 上野秀人, 平田聡之, 荒木肇, J Jpn Soc Hortic Sci, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 83, 3, 222-228 (J-STAGE), 228, 2014年07月, 1882-3351, 10.2503/jjshs1.CH-061
  • 速効性と緩効性窒素肥料を施用したポットにおけるトマトのヘアリーベッチ由来窒素の吸収, 杉原 雄一, 上野 秀人, 平田 聡之, 荒木 肇, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 83, 3, 222, 228, 2014年, 1882-3351, 10.2503/jjshs1.CH-061
  • 有機栽培水田における水稲生育・収量・品質の評価とメタンおよび亜酸化窒素発生に関する研究, 当真要, 丸山明日香, 大森信吾, 永田修, 上野秀人, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 35, 1, 14, 2013年09月, 0914-7233
  • シロクローバーまたはヘアリーベッチ施用水田において再生紙マルチ移植栽培で水稲を有機栽培した時の生育・収量及び土壌特性, 山下 陽一, 阿立 真崇, 上野 秀人, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 35, 15, 22, 2013年09月, 0914-7233
  • Uptake and Distribution of Nitrogen Derived from Hairy Vetch Used as a Cover Crop by Tomato Plant, 杉原雄一, 上野秀人, 平田聡之, 荒木肇, J Jpn Soc Hortic Sci, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 82, 1, 30-38 (J-STAGE), 38, 2013年02月, 1882-3351, 10.2503/jjshs1.82.30
  • 中国産多収性水稲品種の吸収窒素利用効率に及ぼす緩効性肥料の施用効果, 小久保敏明, 宮崎彰, 吉田徹志, 山本由徳, 浅木直美, 上野秀人, 居静, 王余龍, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 82, 4, 337-344 (J-STAGE), 344, 2013年01月, 0011-1848, 10.1626/jcs.82.337
  • Uptake and Distribution of Nitrogen Derived from Hairy Vetch Used as a Cover Crop by Tomato Plant, Sugihara Yuichi, Ueno Hideto, Hirata Toshiyuki, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 82, 1, 30, 38, 2013年01月, 1882-3351, 10.2503/jjshs1.82.30
  • Indirect 15N isotope techniques for estimating N dynamics and N uptake by rice from poultry manure and sewage sludge, Adel Mohamed Ghoneim, Adel Mohamed Ghoneim, Hideto Ueno, Naomi Asagi, Takeshi Watanabe, Asian Journal of Earth Sciences, 5, 63, 69, 2012年10月, 18191886, 10.3923/ajes.2012.63.69
  • 西南暖地におけるシロクローバのすき込みおよびリビングマルチ処理が水稲の生育, 収量および土壌アンモニア態窒素濃度に与える影響, 浅木 直美, 上野 秀人, 農作業研究, 農作業研究, 44, 3, 127, 136, 2009年09月, 03891763, 10.4035/jsfwr.44.127
  • Nitrogen dynamics in paddy soil applied with various 15N-labelled green manures, ASAGI Naomi, UENO Hideto, Plant Soil, 322, 1/2, 251, 262, 2009年09月, 0032-079X, 10.1007/s11104-009-9913-4
  • Classification of Maize Landraces from Shikoku and Kyushu, Japan, Based on Phenotypic Characteristics, HARADA Ko, HUAN Nguyen Van, UENO Hideto, JARQ, Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ, 43, 3, 213, 220, 2009年07月, 0021-3551, 10.6090/jarq.43.213
  • マメ科緑肥リビングマルチ条件下の水稲栽培における湛水開始時期の違いが水稲の生育,収量に与える影響, 浅木直美, 上野秀人, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 78, 1, 27-34 (J-STAGE), 34, 2009年02月, 0011-1848, 10.1626/jcs.78.27
  • Analysis of nitrogen dynamics and fertilizer use efficiency in rice using the nitrogen-15 isotope dilution method following the application of biogas slurry or chemical fertilizer, International Journal of Soil Science, 3, 1, 11, 19, 2008年
  • Adoption of organic rice for sustainable development in Bangladesh, Journal of Organic Systems, 2, 27, 37, 2007年
  • 畑土壌に施用された茶殻,コーヒー粕,生ゴミ堆肥の窒素無機化の速度論的解析と有効態養分含量, International Journal of Soil Science, 2, 2, 96, 106, 2007年
  • Uptake of carbon and nitrogen through rice root from 13C and 15N dual-labeled maize residue compost, International Journal of Biological Chemistry, 1, 2, 75, 83, 2007年
  • Impact of rice residue application on rice growth, yield and some paddy soil properties, International Journal of Agricultural Research, 2, 1030, 1036, 2007年
  • 低肥沃度水田に施用した汚泥資材の水稲生育及び土壌特性,窒素動態に対する効果, International Journal of Soil Science, 2, 3, 171, 181, 2007年
  • バイオガスプラント廃液および化学肥料を施用したコマツナ栽培土壌における15N希釈法を用いた窒素動態解析, Pakistan J. Biological Sci., 9, 13, 2426, 2431, 2006年
  • 水稲有機栽培における焼酎廃液資材と米ぬかの抑草効果および養分供給特性, 上野秀人, 鈴木孝康, 農作業研究, 40, 4, 191, 198, 2005年, 0389-1763|1883-2261, 10.4035/jsfwr.40.191
  • 湛水及び畑土壌条件下における15Nラベル有機物からの窒素無機化量の比較, 植物と土壌, 259, 307, 314, 2004年
  • 水田におけるカバークロップ利用, 農作業研究, 39, 165, 170, 2004年, 10.4035/jsfwr.39.165
  • Uptake of carbon and nitrogen through roots of rice and corn plants, gwown in soils treated with 13C and 15N dual-labeled cattle manure compost, Soil Science and Plant Nutrition, Vol. 48 pp.787-795, 2002年, 10.1080/00380768.2002.10408704
  • Evaluation of carbon dioxide assimilation and translocation by 13CO2-tracer method at ripening stage in two rice varieties which differ in the rate of ripened grain., Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition, 72, 3, 379, 384, 2001年, 10.20710/dojo.72.3_379
  • Fate of nitrogen derived from 15N-labeled plant residues and composts in rice-planted paddy soil, Soil Science and Plant Nutrition, Vol.47 pp.747-754, 2001年, 10.1080/00380768.2001.10408439
  • 水稲の登熟期における炭酸同化能と穂の着粒構造の相違が登熟特性に与える影響, 日本土壌肥料学雑誌, 72, 3, 379, 384, 2001年, 10.20710/dojo.72.3_379
  • Inductive production of chitinolytic enzymes in soil microcosms using chitin, other carbon sources, and chitinase-producing streptomyces, UENO H, MIYASHITA K, Soil Science and Plant Nutrition, 46, 4, 863, 871, 2000年, 0038-0768|1881-1310, 10.1080/00380768.2000.10409152
  • Fate of free amino acids in paddy and upland soils by using 13C and 15N tracer techniques, Japanese Journal of Soil science and Plant Nutrition, 70, 6, 739, 746, 1999年, 10.20710/dojo.70.6_739
  • Rice direct seeding method with recycled-paper mulching, UENO H, SHIMURA M, YAMAUCHI M, Plant Production Science, 2, 1, 53, 57, 1999年, 1343-943X|1349-1008, 10.1626/pps.2.53
  • 水田および畑土壤における遊離アミノ酸の13C,15Nトレーサー法による動態解析(共著), 日本土壤肥料学雑誌, 70, 6, 739, 746, 1999年, 10.20710/dojo.70.6_739
  • 再生紙マルチ直播栽培の開発および苗立ち率, 2, 1, 53, 57, 1999年
  • Streptomyces lividansのキチナーゼ遺伝子(chiB)の塩基配列と発現, MIYASHITA K, FUJII T, WATANABE A, UENO H, 日本発酵工業学会誌, 83, 1, 26, 31, 1997年, 0922-338X, 10.1016/S0922-338X(97)87322-9
  • 2, 3, 171, 181, 2007年
  • 2, 2, 96, 106, 2007年
  • 9, 13, 2426, 2431, 2006年, 10.3923/pjbs.2006.2426.2431
  • 39, 165, 170, 2004年
  • 259, 1/2, 307, 314, 2004年, 0032-079X, 10.1023/B:PLSO.0000020976.12389.f7

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 徐放性ミネラル剤の施用がハツカダイコン・コマツナへの生育に及ぼす影響, 開賢一, 当真要, 上野秀人, 宮田茂男, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2018年08月29日
  • クリンカー茶殻堆肥の施用が水稲の耐倒伏性および収量に与える影響, 白石航, 上野秀人, 当真要, 岡寛, 山下陽一, 阿立真崇, 石掛桂士, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2018年08月29日
  • シロクローバー施用水田における養分放出メカニズムの解明, 中矢夏子, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2018年08月29日
  • 水田へのシロクローバー施用がメタン発生に及ぼす影響, 武知佑樹, 当真要, 上野秀人, 中矢夏子, 細谷和宏, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2018年08月29日
  • 窒素施肥体系が良食味多収米品種‘恋の予感’の生育,収量および養分吸収に与える影響, 大川泰生, 河野貴幸, 山下陽一, 阿立真崇, 上野秀人, 当真要, 出田収, 長田健二, 石岡厳, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2018年08月29日
  • 竹炭施用による水稲増収効果の持続性と地域レベルでの実行可能性評価, 藤谷渉, 当真要, 鶴見武道, 鶴見恵子, 上野秀人, 木質炭化学会研究発表会講演要旨集, 2018年05月31日
  • 尿素またはグルコースの葉面散布が高温条件下の水稲の収量と玄米品質におよぼす影響, 浅木直美, 川崎弘貴, 吉田貢士, 七夕小百合, 黒田久雄, 佐藤達雄, 上野秀人, 新田洋司, 日本作物学会講演会要旨集, 2018年03月29日
  • シロクローバの緑肥利用がグレインソルガムの窒素吸収におよぼす影響, 山縣郁人, 浅木直美, 新田洋司, 上野秀人, 農作業研究, 2018年03月
  • クリンカーおよびクリンカー茶殻堆肥施用が水稲生育,養分吸収と土壌理化学性に与える影響, 白石航, 久保郁皓, 上野秀人, 当真要, 富井春幸, 岡寛, 山下陽一, 阿立真崇, 石掛桂士, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • ミミズの生息がコマツナ生育と窒素養分動態に与える影響, 永瀧秦, 上野秀人, 金田哲, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • 樹園地の施肥・圃場管理および土壌特性が土壌養分動態に与える影響についてのケーススタディ, 猪里雄也, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • クリンカー添加が茶殻堆肥化における微生物群集構造と基質資化能の多様性に与える影響, 森田展樹, 上野秀人, 当真要, 岡寛, 西澤智康, 雫田麻衣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • 水田へのBiochar施用による地球温暖化緩和効果の持続性評価, 当真要, 大森信吾, 永田修, 西村誠一, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • 深耕・全層施肥が水田からのメタンと一酸化二窒素発生に与える影響, 竹内伶奈, 大森誉紀, 当真要, 西村誠一, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • 施肥や土壌特性が樹園地の土壌理化学性に与える影響についてのケーススタディ, 猪里雄也, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年09月05日
  • P7-2-1 クリンカーおよびクリンカー茶殼堆肥施用が水稲生育, 養分吸収と土壌理化学性に与える影響(ポスター,7-2 土壌改良資材,2017年度仙台大会), 白石 航, 久保 郁皓, 上野 秀人, 当真 要, 富井 春幸, 岡 寛, 山下 陽一, 阿立 真崇, 石掛 桂士, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • P8-2-8 水田へのBiochar 施用による地球温暖化緩和効果の持続性評価(ポスター,8-2 地球環境,2017年度仙台大会), 当真 要, 大森 信吾, 永田 修, 西村 誠一, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • P8-2-6 深耕・全層施肥が水田からのメタンと一酸化二窒素発生に与える影響(ポスター,8-2 地球環境,2017年度仙台大会), 竹内 伶奈, 大森 誉紀, 当真 要, 西村 誠一, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • 22 樹園地の施肥・圃場管理および土壌特性が土壌養分動態に与える影響についてのケーススタディ(関西支部講演会,2016年度各支部会), 猪里 雄也, 上野 秀人, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • 23 クリンカー添加が茶殻堆肥化における微生物群集構造と基質資化能の多様性に与える影響(関西支部講演会,2016年度各支部会), 森田 展樹, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 西澤 智康, 雫田 麻衣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • 1-1-12 施肥や土壌特性が樹園地の土壌理化学性に与える影響についてのケーススタディ(1-1 物質循環・動態,2017年度仙台大会), 猪里 雄也, 上野 秀人, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • P3-1-16 ミミズの生息がコマツナ生育と窒素養分動態に与える影響(ポスター,3-1 土壌生物の生態と機能,2017年度仙台大会), 永瀧 秦, 上野 秀人, 金田 哲, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2017年
  • 被覆尿素・ショウカルの施用がブロッコリーの窒素吸収,N2O発生および窒素溶脱に与える影響, 大西まゆ, 当真要, 山下陽一, 阿立真崇, 石掛桂士, 上野秀人, 西村誠一, 白鳥豊, 須藤重人, 園芸学会中四国支部研究発表要旨, 2017年
  • クリンカー添加割合が茶殻堆肥の化学性および生物的特性に与える影響, 森田展樹, 上野秀人, 当真要, 岡寛, 西澤智康, 雫田麻衣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2016年09月20日
  • フェノール性酸の土壌構造および土壌造成団粒維持に及ぼす効果, 吉川省子, 黒田康文, 上野秀人, 阿江教治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2016年09月20日
  • 7-1-18 クリンカー添加割合が茶殻堆肥の化学性および生物的特性に与える影響(7-1 肥料および施肥法,2016年度佐賀大会), 森田 展樹, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 西澤 智康, 雫田 麻衣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2016年
  • 8-1-4 Effects of lime, organic matter and water management on the availability of Cd, Cu and Pb in soil and maize growth(8-1 環境保全,2016年度佐賀大会), Macome Jaime Afonso, 当真 要, 大森 誉紀, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2016年
  • 2-1-8 フェノール性酸の土壌構造および土壌造成団粒維持に及ぼす効果(2-1 土壌有機・無機成分の構造・機能・ダイナミクス,2016年度佐賀大会), 吉川 省子, 黒田 康文, 上野 秀人, 阿江 教治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2016年
  • マメ科作物の緑肥施用がソルガムの生育と乾物収量におよぼす影響, 浅木 直美, 杉本 祐李, 塩津 文隆, 新田 洋司, 上野 秀人, 日本作物学会関東支部会報, 2016年
  • 水田への竹炭施用による地球温暖化緩和効果の評価, 大森信吾, 永田修, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2015年09月09日
  • みかん搾汁残渣由来のバイオエタノール蒸留廃液の施用がトウモロコシの生育・収量と土壌特性に与える効果, 森田展樹, 樋口武, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋亨, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2015年09月09日
  • 窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育,窒素吸収および接種菌生態, 西原紫織, 山内絵利奈, 上野秀人, 当真要, 横山正, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2015年09月09日
  • 高温障害回避のための遅植えが有機栽培水稲における玄米品質向上と窒素吸収に与える影響, 岩本玲奈, 上野秀人, 当真要, 西山周, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2015年09月09日
  • 秋の耕起深度の違いが水田からのCH4生成に及ぼす影響―培養実験による要因解析―, 大森信吾, 中山秀貴, 永田修, 田中雄一, 中嶋美幸, 上野秀人, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 2015年09月09日
  • 浅床栽培によるレンコン'備中'の生育および収量特性(日本作物学会四国支部第52回講演会講演要旨), 佐藤 歌音, 当真 要, 岩本 玲奈, 山本 智恵, 上野 秀人, 長崎 信行, 日本作物学会四国支部会報, 2015年
  • 生竹・竹堆肥マルチが温室トマトの生育・収量および土壌特性に与える影響(日本作物学会四国支部第52回講演会講演要旨), 八木 赳憲, 森田 展樹, 当真 要, 上野 秀人, 石掛 桂士, 阿立 真崇, 山下 陽一, 長崎 信行, 日本作物学会四国支部会報, 2015年
  • ナタネ油かす・米ぬか混合施用が雑草抑制および水稲の生育・収量に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 柿原 千代文, 長岡 優奈, 越智 由紀恵, 杉本 秀樹, 諸隈 正裕, 荒木 卓哉, 上野 秀人, 岡 三徳, 日本作物学会四国支部会報, 2014年12月

作品

MISC

  • ヘアリーベッチ-トマト輪作体系における前年施用ヘアリーベッチ由来窒素のトマトへの寄与率, 杉原 雄一, 上野 秀人, 平田 聡之, 小松崎 将一, 荒木 肇, The Horticulture Journal, 一般社団法人 園芸学会, The Horticulture Journal, 85, 3, 217, 223, 2016年, 2189-0102, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005167403,

    持続可能な農業体系の確立において,カバークロップの利用は特に栽培当年における養分供給能という点で有効であるが,カバークロップ由来の養分は土壌中に残存しており,翌年以降も影響を与える.本試験ではマメ科植物ヘアリーベッチ(Vicia villosa R,以下 HV)をカバークロップとして導入した生食用トマト(Solanum lycopersicum L.)'ハウス桃太郎'の施設栽培において,安定同位体 15N を用いて HV-トマト輪作体系における前年施用 HV 由来窒素の翌年のトマトへの寄与率を測定することによって,長期的な HV の効果を調査した.2011 年に 15N でラベルした HV(1319 mg N/pot)を施用し,窒素施肥量を 0,80,240 kg·ha−1(以下 N0HV,N80HV,N240HV)の 3 水準設けて,1/2000 a のワグネルポットを用いて,トマト栽培した.栽培終了後,ポットに土壌を入れたままビニールハウス内で保管し,その土壌を使用して 2012 年にトマト栽培を行った.その際,2011 年と同じ施肥量の窒素肥料(0,80,240 kg·ha−1)と 15N でラベルしていない HV(935 mg N/pot)を施用し,2011 年に施用した HV 由来窒素のトマトへの寄与率を調査した.その結果,総窒素吸収量は施肥量に比例して多かったが,2011 年に施用した HV 由来窒素の吸収量は処理間で差はなく,平均 57.7 mg/plant であった.したがって 2011 年施用 HV 由来窒素利用効率は平均 4.4%と,施用当年の利用効率(平均 47.1%,Sugihara et al., 2013)よりもはるかに低かったため,前年施用 HV がトマトの生育に大きく影響するとは言えない.しかし栽培終了時の土壌に残存する HV 由来窒素は 2011 年の栽培終了時よりも減少していたが,まだ土壌中に残存していた.したがって,HV-トマト輪作体系において,HV 由来窒素はわずかではあるが土壌に蓄積していき,長期的に少しずつ利用されていくことが示唆された.また生育初期に発達する第 1,2 果房に多く分配される傾向があったことから,生育初期に影響することが示唆された.したがって HV は輪作体系において,持続的な窒素供給源として,特に生育初期の窒素源としての役割を果たしていると考えられる.

  • 水稲に対する肥料効果はクラゲ部位(傘,口腕)によって異なるか(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 越智 由紀恵, 長岡 優奈, 柿原 千代文, 杉本 秀樹, 諸隈 正裕, 荒木 卓哉, 上野 秀人, 岡 三徳, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 68, 69, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917620
  • 鶏糞堆肥や化学肥料の施肥量がハツカダイコンとチンゲンサイの収穫後品質に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), ハキキ ディニ ヌア, 上野 秀人, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 66, 67, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917619
  • バイオエタノール蒸留廃液の施用がCH4およびN2O発生に与える影響, 樋口武, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋亨, 永田修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 61, 179, 2015年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502209608815283
  • クリンカアッシュを副資材として添加した堆肥の施用がコマツナ、ハツカダイコンの生育に与える効果(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 青山 航大, 上野 秀人, 当真 要, 横山 泰士, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 64, 65, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917618
  • 冬期耕耘と肥料タイプが暖地水田からのCH4およびN2O発生に与える影響, 当真要, 大森信吾, 丸山明日香, 上野秀人, 永田修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 61, 7, 2015年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502200865075820
  • クリンカー添加培土で育苗した水稲苗の生育及び収量特性(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 石掛 桂士, 岩本 玲奈, 上野 秀人, 当真 要, 山下 陽一, 阿立 真崇, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 62, 63, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917617
  • ウンシュウミカン'青島温州'栽培圃場における夏期のバイオエタ ノール蒸留廃液の施用が土壌からの温室効果ガス発生に与える影響, 当真 要, 井上 恭佑, 永田 修, 山内 孝志, 大久保 直樹, 河野 貴幸, 加藤 也寸彦, 上野 秀人, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 37, 1, 14, 2015年09月, 0914-7233, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020816124
  • Effects of green manure and charcoal application on rice growth and greenhouse gas emission, MACOME Jaime Afonso, OZAKI Kenta, NAGATA Osamu, UENO Hideto, TOMA Kaname, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 61, 178, 2015年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502220270489311
  • 高温障害回避のための遅植えが有機栽培水稲の生育,収量および玄米品質に与える効果(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 岩本 玲奈, 上野 秀人, 田中 遼, 西山 周, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 60, 61, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917616
  • レンコンの浅床栽培における減肥および被覆肥料施用が生育と収量に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 山本 智恵, 岩本 玲奈, 上野 秀人, 長崎 信行, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 44, 45, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917608
  • バイオエタノール廃液及び残渣の柑橘類,畑作物等への栽培利用に関する基礎研究, 上野秀人, 当真要, 加藤也寸彦, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, 8, 25, 27, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502214585096318
  • 緑肥施用と中干期間が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第51回講演会講演要旨), 赤松 航, 大森 信吾, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 当真 要, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 51, 42, 43, 2014年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009917607
  • クリンカーの農業技術利用の開発, 上野秀人, 当真要, 岡寛, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, 8, 28, 30, 2015年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502211017559231
  • P8-2-5 水田への竹炭施用による地球温暖化緩和効果の評価(ポスター,8-2 地球環境,2015年度京都大会), 大森 信吾, 永田 修, 上野 秀人, 当真 要, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010021033
  • 8-2-9 バイオエタノール蒸留廃液の施用がCH_4およびN_2O発生に与える影響(8-2 地球環境,2015年度京都大会), 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 永田 修, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010021017
  • 8-2-7 Effects of green manure and charcoal application on rice growth and greenhouse gas emission, Macome Jaime Afonso, 尾崎 健太, 永田 修, 上野 秀人, 当真 要, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010021015
  • 7-1-24 みかん搾汁残渣由来のバイオエタノール蒸留廃液の施用がトウモロコシの生育・収量と土壌特性に与える効果(7-1 肥料および施肥法,2015年度京都大会), 森田 展樹, 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010020888
  • 4-4-4 高温障害回避のための遅植えが有機栽培水稲における玄米品質向上と窒素吸収に与える影響(4-4 植物の代謝成分と農作物の品質,2015年度京都大会), 岩本 玲奈, 上野 秀人, 当真 要, 西山 周, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010020747
  • 1-1-21 冬期耕耘と肥料タイプが暖地水田からのCH_4およびN_2O発生に与える影響(1-1 物質循環・動態,2015年度京都大会), 当真 要, 大森 信吾, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010020525
  • 4 窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育,窒素吸収および接種菌生態(関西支部講演会,2014年度各支部会), 西原 紫織, 山内 絵利奈, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010021218
  • 29 秋の耕起深度の違いが水田からのCH_4生成に及ぼす影響 : 培養実験による要因解析(関西支部講演会,2014年度各支部会), 大森 信吾, 中山 秀貴, 永田 修, 田中 雄一, 中嶋 美幸, 上野 秀人, 当真 要, 日土肥講要, 一般社団法人 日本土壌肥料学会, 日土肥講要, 61, 0, 2015年, 0288-5840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010021243
  • 浅床・有機栽培がレンコンの生育と収量および土壌肥沃度に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 岩本 玲奈, 稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 72, 73, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806858
  • バイオエタノール蒸留廃液肥料の施肥量・回数の違いがトウモロコシの生育・収量および土壌の化学的特性に与える効果(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 森田 展樹, 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 70, 71, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806857
  • クリンカーの施用がコマツナとハツカダイコンの生育・土壌特性に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 横山 泰士, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 68, 69, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806856
  • クリンカー施用が水稲の生育,収量および土壌特性に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 田中 遼, 上野 秀人, 当真 要, 岡 寛, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 66, 67, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806855
  • 竹炭および牛糞堆肥等の有機物施用が水稲生育と収量に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 三宅 由美菜, 上野 秀人, 当真 要, 石岡 基, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 64, 65, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806854
  • 耕起回数と肥料の種類が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 大森 信吾, 丸山 明日香, 当真 要, 上野 秀人, 永田 修, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 62, 63, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806853
  • 窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育および収量(日本作物学会四国支部第50回講演会講演要旨), 西原 紫織, 山内 絵利奈, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 50, 60, 61, 2013年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009806852
  • P1-1-8 バイオエタノール蒸留廃液を施用したウンシュウミカン栽培圃場からのN_2O発生および無機態窒素の溶脱(ポスター,1-1 物質循環・動態,2014年度東京大会), 樋口 武, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 60, 60, 2014年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009929070
  • 柑橘由来のバイオエタノール蒸留廃液の施用が温州ミカンの収量・品質に与える影響, 山内孝志, 樋口武, 河野貴幸, 大久保直樹, 上野秀人, 当真要, 園芸学研究 別冊, 13, 2, 328, 2014年09月, 1881-8307, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402233317789293
  • P8-2-8 竹炭の施用が水田土壌から放出されるメタン、亜酸化窒素に与える影響(ポスター,8-2 地球環境,2014年度東京大会), 大森 信吾, 上野 秀人, 永田 修, 当真 要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 60, 60, 2014年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009929530
  • 浅床栽培法におけるレンコンの生育・収量, 岩本玲奈, 稲吉佳緒里, 上野秀人, 長崎信行, 当真要, 園芸学研究 別冊, 13, 2, 485, 2014年09月, 1881-8307, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402217206340003
  • バイオエタノール蒸留廃液を施用したウンシュウミカン栽培圃場からのN2O発生および無機態窒素の溶脱, 樋口武, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋亨, 永田修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 60, 13, 2014年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402211299793560
  • 竹炭の施用が水田土壌から放出されるメタン,亜酸化窒素に与える影響, 大森信吾, 上野秀人, 永田修, 当真要, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 60, 173, 2014年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402208082380754
  • 各種有機質肥料と米ぬかの混合施用が水田雑草の発生に及ぼす影響, 越智由紀恵, 柿原千代文, 長岡優奈, 杉本秀樹, 諸隈正裕, 荒木卓哉, 上野秀人, 岡三徳, 日本作物学会講演会要旨集, 238th, 78, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402238196942724
  • クラゲと米ぬかの施用が水田雑草および水稲の生育・収量に及ぼす影響, 越智由紀恵, 藤本達也, 杉本秀樹, 諸隈正裕, 荒木卓哉, 上野秀人, 岡三徳, 日本作物学会講演会要旨集, 238th, 6, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402220590798748
  • 5 マメ科緑肥カバークロップ栽培におけるトウモロコシ生育・収量および養分動態(関西支部講演会,2012年度各支部会), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 当真 要, 荒木 肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 59, 2013年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009813886
  • P6-2-4 トウモロコシ栽培におけるバイオエタノール蒸留廃液施用が土壌肥沃度へ与える影響(ポスター,シンポジオン,6-2 畑地土壌肥沃度,2013年度名古屋大会), 樋口 武, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 59, 2013年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009813465
  • P6-1-8 窒素固定菌を接種した水田における水稲の生育・収量および窒素固定能(ポスター,シンポジオン,6-1 水田土壌肥沃度,2013年度名古屋大会), 西原 紫織, 山内 絵利奈, 当真 要, 横山 正, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 59, 2013年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009813435
  • 脱塩・乾燥クラゲと乾燥クラゲの施用が水稲の生育・収量に及ぼす影響, 越智 由紀恵, 杉本 秀樹, 荒木 卓哉, 上野 秀人, 岡 三徳, ホセイン S. T., 諸隈 正裕, 加藤 尚, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 82, 0, 208, 209, 2013年09月, 00111848, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031191544
  • P1-1-17 レンコンの浅床栽培における窒素動態 : 有機質肥料施用で窒素固定が増加する(ポスター,1-1 物質循環・動態,2013年度名古屋大会), 稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 59, 2013年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009813179
  • P1-1-25 耕起法が水田からのメタン発生に与える影響を地力窒素発現量から説明する(ポスター,1-1 物質循環・動態,2013年度名古屋大会), 当真 要, 塩野 宏之, 小南 靖弘, 大野 智史, 丸山 明日香, 上野 秀人, 永田 修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 59, 2013年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009813187
  • レンコンの浅床栽培における窒素動態―有機質肥料施用で窒素固定が増加する―, 稲吉佳緒里, 当真要, 長崎信行, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 15, 2013年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302295840176899
  • 耕起法が水田からのメタン発生に与える影響を地力窒素発現量から説明する, 当真要, 塩野宏之, 小南靖弘, 大野智史, 丸山明日香, 上野秀人, 永田修, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 17, 2013年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302270978398628
  • 窒素固定菌を接種した水田における水稲の生育・収量および窒素固定能, 西原紫織, 山内絵利奈, 当真要, 横山正, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 107, 2013年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302267514210935
  • トウモロコシ栽培におけるバイオエタノール蒸留廃液施用が土壌肥沃度へ与える影響, 樋口武, 大久保明香, 当真要, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 117, 2013年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302247751241828
  • マメ科緑肥カバークロップ栽培におけるトウモロコシ生育・収量および養分動態, 宮崎崇史, 上野秀人, 当真要, 荒木肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59, 288, 2013年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302227984832876
  • シロクローバーまたはヘアリーベッチ施用水田において再生紙マルチ移植栽培で水稲を有機栽培した時の生育・収量及び土壌特性, 山下 陽一, 阿立 真崇, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 本荘 陽一, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University, 35, 15, 22, 2013年09月, 0914-7233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005862865, 再生紙マルチ水稲移植栽培において、シロクローバーやヘアリーベッチ施用を行い、水稲生育と収量および土壌特性に与える変化について、無肥料区と化学肥料区を対照として調査した。緑肥を施用すると、栽培初期に急速な有機物分解が生じ、電気伝導度とpHが高くなる傾向が見られた。しかしながら、この時期の酸化還元電位への影響はわずかであり、遅れて酸化還元電位が低下した。水稲生育については、草丈、茎数、葉色値とも同様な傾向が見られ、クローバー区が最も高く、ついで化学肥料区、ベッチ区、無処理区の順になった。これは生育初期の水溶性窒素の供給速度に大きく関与していると考えられた。水稲収量は、ベッチ区が最も高かった。クローバー区と化学肥料区では、コブノメイガの食害が顕著であり、それに伴い登熟歩合が極端に減少したため、低収量となった。シロクローバーやヘアリーベッチは養分供給面で、再生紙マルチ移植栽培に適した緑肥であると考えられるが、施用量が過度にならないように注意するとともに、害虫管理も留意する必要があると考えられる。
  • クラゲと米ぬかの併用が水稲の初期生育と根の機能に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 越智 由紀恵, HAOFANG Yan, 杉本 秀樹, 荒木 卓哉, 上野 秀人, 諸隈 正裕, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 62, 63, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657303
  • レンコンの浅床・有機栽培における生育と収量(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 稲吉 佳緒里, 当真 要, 長崎 信行, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 60, 61, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657302
  • バイオエタノール蒸留廃液のトウモロコシ栽培に対する肥料効果(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 樋口 武, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 58, 59, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657301
  • 緑肥作物の利活用法 (特集 緑肥作物の活用術), 上野 秀人, 農耕と園芸, 誠文堂新光社, 農耕と園芸, 68, 7, 12, 19, 2013年07月, 1345-8833, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019718418
  • マメ科緑肥カバークロップがトウモロコシ生育収量・養分動態に与える効果(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 当真 要, 荒木 肇, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 56, 57, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657300
  • 窒素固定菌を接種した水稲の生育、収量および品質の評価(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 山内 絵利奈, 西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 54, 55, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657299
  • 緑肥作物の活用術 緑肥作物の利活用法, 上野秀人, 農耕と園芸, 68, 7, 12, 19, 2013年06月, 1345-8833, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302270704466430
  • 耕起回数が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 丸山 明日香, 当真 要, 上野 秀人, 永田 修, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 52, 53, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657298
  • スイートソルガム搾りかすに由来する窒素の土壌中での動態とコマツナの生育および収量への影響, 宮達也, 浅木直美, 塩津文隆, 新田洋司, 上野秀人, 小久保敏明, 熱帯農業研究, 6, Extra Issue 1, 19, 20, 2013年03月, 1882-8434, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302217339934170
  • 柑橘の発酵脱汁カスの水田への施用は水稲栽培に有効か?(日本作物学会四国支部第49回講演会講演要旨), 当真 要, 丸山 明日香, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 49, 50, 51, 2012年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657297
  • ヘアリーベッチ‐トマト輪作体系における前年施用ヘアリーベッチ由来窒素のトマトへの寄与率, 杉原雄一, 上野秀人, 平田聡之, 荒木肇, 園芸学研究 別冊, 12, 1, 150, 2013年03月, 1881-8307, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302271260885560
  • バイオエタノール蒸留廃液の施用が温州ミカンの生育・品質および亜酸化窒素発生に与える影響, 井上恭佑, 当真要, 大久保直樹, 山内孝志, 河野貴幸, 上野秀人, 農作業研究, 48, 111, 112, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292601708642
  • 有機物施用による土壌環境の変化はスィートソルガムと土壌微生物間の関係に影響する, 宮達也, 八木岡敦, 浅木直美, 塩津文隆, 小松崎将一, 新田洋司, 上野秀人, 農作業研究, 48, 95, 96, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287131919710
  • 不耕起・草生管理による有機野菜生産, 八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 上野秀人, 金子信博, 農作業研究, 48, 151, 152, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302277091809032
  • 不耕起・草生管理による有機栽培体系での作業体系と土壌養分動態, 八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 上野秀人, 農作業研究, 48, 113, 114, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302257321057042
  • 水田でのカバークロップ利用と地域農業, 上野秀人, 浅木直美, 農作業研究, 48, 141, 142, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302247143973085
  • 長期自然農法管理水田における水稲の生育・収量と土壌特性, 辻静華, 西原紫織, 上野秀人, 当真要, 津曲徹, 農作業研究, 48, 97, 98, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302227909106434
  • 14 黒ボク土に施用した^<15>N標識緑肥由来窒素の水稲における利用率, 浅木 直美, 村松 美紀, 上野 秀人, 塩津 文隆, 新田 洋司, 加藤 明, 日本作物学会関東支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会関東支部会報, 27, 27, 38, 39, 2012年12月, 13416359, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009562939
  • カバークロップを活かす水管理と草種選択, 浅木直美, 上野秀人, 農作業研究, 48, 143, 144, 2013年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302204516359551
  • C/N比の高い有機物の施用がスィートソルガムにおける光合成産物の分配比率および収量におよぼす影響, 宮 達也, 浅木 直美, 塩津 文隆, 新田 洋司, 加藤 明, 上野 秀人, 小松崎 将一, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 81, 0, 92, 93, 2012年09月, 00111848, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030872407
  • 施設生産における土壌・肥料および緑肥由来窒素のトマトによる生育時期別吸収および分配, 杉原雄一, 上野秀人, 平田聡之, 荒木肇, 園芸学研究 別冊, 11, 2, 166, 2012年09月, 1881-8307, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202296076861904
  • 27 マメ科緑肥リビングマルチ栽培におけるトウモロコシ生育およびリン動態(関西支部講演会,2011年度各支部会), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 荒木 肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009641403
  • 18 窒素固定菌接種水田における化学的・生物学的土壌特性と水稲生育(関西支部講演会,2011年度各支部会), 柴田 朋美, 上野 秀人, 当真 要, 横山 正, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009641394
  • P16-4 C/N比の高い有機物の施用が化学肥料由来Nの動態と作物の生育におよぼす影響(16.畑地土壌肥よく度,2012年度鳥取大会), 宮 達也, 浅木 直美, 新田 洋司, 小松崎 将一, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009640969
  • 16-2 マメ科緑肥を利用したハウストマトの生育収量および窒素動態(16.畑地土壌肥よく度,2012年度鳥取大会), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 荒木 肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009640948
  • P15-6 自然農法水田における土壌の生物的・化学的特性と水稲収量・品質特性の関係(15.水田土壌肥よく度,2012年度鳥取大会), 西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 津曲 徹, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009640938
  • 栽培環境及び植物体分析による柑橘水腐れ症発生要因の探索(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 石岡 健太, 細川 めぐみ, 当真 要, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 76, 77, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425381
  • P1-15 不耕起・草生栽培における土壌養分動態 : 転換期の調査事例から(S1.土壌-植物系の窒素動態研究における安定同位体比の利用,1.物質循環・動態,2012年度鳥取大会), 八木岡 敦, 小松崎 将一, 金子 信博, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 58, 2012年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009640681
  • バイオエタノール蒸留廃液が水稲の生育・収量・養分吸収に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 土井 涼佳, 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 74, 75, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425380
  • C/N比の高い有機物の施用が化学肥料由来Nの動態と作物の生育におよぼす影響, 宮達也, 浅木直美, 新田洋司, 小松崎将一, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 119, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202289155177214
  • バイオエタノール蒸留廃液を施用したトウモロコシの生育,収量および養分吸収(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 大久保 明香, 当真 要, 上野 秀人, 加藤 也寸彦, 泉屋 亨, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 72, 73, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425379
  • マメ科緑肥を利用したハウストマトの生育収量および窒素動態, 宮崎崇史, 上野秀人, 荒木肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 112, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202258516460339
  • 自然農法水田土壌の生物的・化学的特性および水稲収量特性(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 西原 紫織, 上野 秀人, 当真 要, 津曲 徹, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 70, 71, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425378
  • 自然農法水田における土壌の生物的・化学的特性と水稲収量・品質特性の関係, 西原紫織, 上野秀人, 当真要, 津曲徹, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 108, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202256247674863
  • マメ科緑肥施用したハウストマトの生育収量および養分動態(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 辰巳 悠, 柴田 朋美, 荒木 肇, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 68, 69, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425377
  • 不耕起・草生栽培における土壌養分動態 転換期の調査事例から, 八木岡敦, 小松崎将一, 金子信博, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 18, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202244922787887
  • 窒素固定菌を接種した水田を手おける水稲生育と収量および土壌特性(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 柴田 朋美, 上野 秀人, 横山 正, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 66, 67, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425376
  • 窒素固定菌接種水田における化学的・生物学的土壌特性と水稲生育, 柴田朋美, 上野秀人, 当真要, 横山正, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 291, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202224082539185
  • 無代かき水稲綿マルチ直播栽培における収量,品質および環境保全機能(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 石掛 桂士, 山下 陽一, 阿立 真崇, 上野 秀人, 山下 淳, 杉本 秀樹, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 52, 53, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425369
  • マメ科緑肥リビングマルチ栽培におけるトウモロコシ生育およびリン動態, 宮崎崇史, 上野秀人, 荒木肇, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 58, 294, 2012年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202216583498800
  • 水稲布マルチ直播栽培のための機械システムの開発(2)(日本作物学会四国支部第48回講演会講演要旨), 山下 淳, 杉本 秀樹, 上野 秀人, 山下 陽一, 阿立 真崇, 石掛 桂士, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 48, 50, 51, 2011年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009425368
  • 天然資源(クラゲ, 米ぬか)活用の安全・安心米作り, 杉本 秀樹, 久保 真実, 荒木 卓哉, 上野 秀人, ホセイン S. T., 諸隈 正裕, 加藤 尚, 日本作物學會紀事, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物學會紀事, 81, 0, 16, 17, 2012年03月, 00111848, 10.14829/jcsproc.233.0.16.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030134192
  • 不耕起・草生栽培による有機野菜栽培の体系化, 八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 金子信博, 上野秀人, 農作業研究, 47, 59, 60, 2012年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202246003194430
  • ヘアリーベッチおよびシロクローバーを表面施用したトマト栽培における生育収量および養分動態, 上野秀人, 宮崎崇史, 辰巳悠, 柴田朋美, 荒木肇, 農作業研究, 47, 51, 52, 2012年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202243268490768
  • C/N比の高い作物残渣施用土壌における化学肥料由来窒素の動態と作物生育, 浅木直美, 宮達也, 本間貴司, 新田洋司, 塩津文隆, 小松崎将一, 上野秀人, 農作業研究, 47, 55, 56, 2012年03月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202222075346905
  • 小学校におけるコンパニオンプランツ導入の試み, 戸井和彦, 上野秀人, 日本農業教育学会誌, 43, 109, 112, 2012年, 0915-9320, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302217565703343
  • 緑肥体系におけるヘアリーベッチ由来窒素のトマトへの寄与率, 杉原雄一, 荒木肇, 上野秀人, 園芸学研究 別冊, 10, 2, 164, 2011年09月, 1881-8307, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102213403389467
  • 最近のエコロジカルな農業技術 緑肥作物等の特性と利活用法, 上野秀人, 土づくりとエコ農業, 43, 6, 9, 16, 2011年09月, 2186-568X, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102203781223156
  • 16-8 マメ科緑肥施用土壌における土壌養分動態および作物反応(16.畑地土壌肥沃度), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 57, 2011年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009439441
  • 脱塩・乾燥クラゲの施用量の違いが水稲の出液速度,生育,収量,雑草乾物重に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 藤井 樹, 松岡 修平, 杉本 秀樹, 荒木 卓哉, 諸隈 正裕, 上野 秀人, 江崎 次夫, 枝重 有祐, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 56, 57, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592910, 脱塩・乾燥したクラゲ(脱塩・戟燥クラゲ)には肥料効果と雑草抑制効果のあることが明らかにされている.本研究では,クラゲの施用量の違いが水稲の出液速度,生育,収量,雑草乾物重に及ぼす影響について化成肥料を施用した場合と比較検討した.さらに,脱塩・乾燥クラグの施用法と形状の違いが収量に及ぼす影響についても検討した.
  • 16-7 竹粉堆肥施用と綿マルチがホウレンソウとキャベツの収量及び品質に与える影響(16.畑地土壌肥沃度), 高野 義巳, 上野 秀人, 長崎 信行, 菅家 文教, 福田 直大, 森本 聡, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 57, 2011年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009439440
  • BIOLOGプレートを用いた土壌微生物叢の評価法の開発 : 自然農法キャベツおよび温室トマト栽培事例(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 柴田 朋美, 宮崎 崇史, 辰巳 悠, 上野 秀人, 石綿 薫, 千嶋 英明, 降幡 郁子, 岩石 真嗣, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 24, 25, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592894
  • 6-18 栽培管理の異なるキャベツ栽培土壌における微生物相、基質資化性および土壌酵素活性測定(6.土壌生物), 柴田 朋美, 上野 秀人, 石綿 薫, 千嶋 英明, 降幡 郁子, 岩石 真嗣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 57, 2011年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009439219
  • 自然農法にすると土壌の何が変わるのか?―物理性・化学性の観点から―, 八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 金子信博, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 3, 2011年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102276132661664
  • 有機栽培土壌の化学的特性と農産物品質に関する事例研究(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 南部 美沙子, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 22, 23, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592893
  • 1-8 自然農法にすると土壌の何が変わるのか? : 物理性・化学性の観点から(1.物質循環・動態), 八木岡 敦, 小松崎 将一, 浅木 直美, 金子 信博, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 57, 2011年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009439116
  • 栽培管理の異なるキャベツ栽培土壌における微生物相,基質資化性および土壌酵素活性測定, 柴田朋美, 上野秀人, 石綿薫, 千嶋英明, 降幡郁子, 岩石真嗣, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 40, 2011年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102273786637232
  • バイオエタノール蒸留廃液を施用したトマトの生育および養分吸収(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 辰巳 悠, 上野 秀人, 福田 直大, 森本 聡, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 20, 21, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592892
  • 竹粉堆肥施用と綿マルチがホウレンソウとキャベツの収量及び品質に与える影響, 高野義巳, 上野秀人, 長崎信行, 菅家文教, 福田直大, 森本聡, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 118, 2011年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102219106642488
  • マメ科緑肥施用土壌におけるコマツナとハツカダイコンの生育収量および窒素動態(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 宮崎 崇史, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 18, 19, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592891
  • マメ科緑肥施用土壌における土壌養分動態および作物反応, 宮崎崇史, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57, 118, 2011年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102213914566200
  • 綿マルチが水稲生育及び水稲栽培土壌の窒素動態に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 細川 めぐみ, 上野 秀人, 杉本 秀樹, 山下 淳, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 16, 17, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592890
  • 有機水稲栽培における海水処理が登熟特性に与える効果(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 西村 裕貴, 上野 秀人, 杉本 秀樹, 荒木 卓哉, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 14, 15, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592889
  • 脱塩・乾燥クラゲを利用した水稲有機栽培―米ぬかとの併用および雑草前歴の違いによる水稲収量と雑草発生量―, 杉本秀樹, 和田尚子, 荒木卓哉, 上野秀人, 諸隈正裕, 農作業研究, 46, 57, 58, 2011年07月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102274520147457
  • 竹粉堆肥と綿マルチがキャベツとホウレンソウの収量及び品質に与える影響(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 高野 義巳, 上野 秀人, 長崎 信行, 福田 直大, 森本 聡, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 6, 7, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592885
  • 綿マルチ水稲直播栽培水田における窒素等の養分動態, 上野秀人, 細川めぐみ, 山下淳, 杉本秀樹, 農作業研究, 46, 1, 2, 2011年07月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102212483746137
  • 緑肥作物等の特性と利活用法 (特集 最近のエコロジカルな農業技術), 上野 秀人, 土づくりとエコ農業, 日本土壌協会, 土づくりとエコ農業, 43, 6, 9, 16, 2011年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019010889
  • 竹粉堆肥で育苗した水稲の生育および収量(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 石掛 桂士, 山下 陽一, 阿立 真崇, 上野 秀人, 長崎 信行, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 4, 5, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592884
  • 無代かき水稲綿マルチ栽培における生育、収量および品質について(日本作物学会四国支部第47回講演会講演要旨), 阿立 真崇, 山下 陽一, 石掛 桂士, 上野 秀人, 山下 淳, 杉本 秀樹, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 47, 2, 3, 2010年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592883
  • 自然農法圃場における窒素動態―15Nを用いた窒素の移動と植生による吸収, 八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 上野秀人, 金子信博, 日本生態学会大会講演要旨集, 58th, 305, 2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102262902958031
  • スィートソルガムの生育および土壌中の窒素分配におよぼす搾りかす施用の影響, 浅木 直美, 宮 達也, 本間 貴司, 新田 洋司, 加藤 明, 佐藤 達雄, 小松崎 将一, 上野 秀人, 中村 聡, 後藤 雄佐, 日本作物學會紀事, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物學會紀事, 80, 0, 106, 107, 2011年03月, 00111848, 10.14829/jcsproc.231.0.106.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10028987673
  • 水田における脱塩・乾燥クラゲの肥料効果と雑草抑制効果(日本作物学会四国支部第46回講演会講演要旨), 杉本 秀樹, 瀬戸 あき子, 小西 良平, 諸隈 正裕, 上野 秀人, ホセイン シャイク タンビール, 荒木 卓哉, 江崎 次夫, 枝重 有裕, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 72, 73, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618959
  • 水田代掻き水からの土壌養分損失に関する実態調査(日本作物学会四国支部第46回講演会講演要旨), 森 美由貴, 上野 秀人, 道岡 昌美, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 44, 45, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618945
  • 綿マルチ敷設が温州ミカン栽培の雑草抑制および果実品質に与える影響(日本作物学会四国支部第46回講演会講演要旨), 道岡 昌美, 上野 秀人, 福田 直人, 菅家 文教, 大森 誉紀, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 42, 43, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618944
  • 水稲綿マルチ直播栽培における生育特性およびマルチ分解過程(日本作物学会四国支部第46回講演会講演要旨), 阿立 真崇, 山下 陽一, 石掛 桂司, 森 美由貴, 上野 秀人, 山下 淳, 杉本 秀樹, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 40, 41, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618943
  • 綿マルチシート敷設による温州ミカンの果実品質向上および雑草抑制, 道岡 昌美, 上野 秀人, 福田 直大, 菅家 文教, 大森 誉紀, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 23, 28, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618937, 温州ミカン栽培における綿マルチの雑草抑制効果および敷設栽培による果実品質への効果を検証するために'日南1号'を供試し,雑草個体数,乾物重および果実糖度,酸度,果皮色を調査した.1.綿マルチ敷設区の雑草個体数および乾物重は,非敷設区より有意に低く,綿マルチシートの雑草抑制効果が示された.2.非敷設区の雑草一個体当たり乾物重は,雑草種間に差が見られたのに対し,敷設区では差は見られず,綿マルチによる雑草抑制効果は,確認された雑草種全般に有効であることが明らかとなった.3.敷設区の雑草一個体当たり乾物重は,全ての雑草種において非敷設区より低くなっており,綿マルチ敷設区では,たとえ雑草が発生したとしても一個体が小さくなることが示された.4.綿マルチ敷設による果実品質への影響は顕著ではないが,若干の食味向上と,有意な果梗部の紅着色の向上が確認できた.5.以上のことから,温州ミカン栽培における綿マルチ敷設は,雑草抑制効果の面で有効な技術であり,果実品質も向上する傾向が認められた.
  • 布マルチ水稲直播栽培の生育収量特性およびマルチ分解過程, 阿立 真崇, 山下 陽一, 石掛 桂士, 森 美由貴, 道岡 昌美, 上野 秀人, 山下 淳, 杉本 秀樹, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 46, 13, 22, 2009年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007618936, 施肥,耕起を行った畑状態の水田において布マルチ水稲直播シートを敷設して水稲を栽培し,生育,収量,品質に与える効果および圃場内における不均一性について,移植-機械除草栽培体系と比較を行うとともに,マルチシート分解過程における養分動態の解析を行った.1.布マルチ栽培の茎数と葉色値は,移植栽培に比べて圃場内でのバラツキが大きく.茎数の変動係数は30%前後となった.2.布マルチ栽培では,移植栽培に比べて収量が低く,圃場内のバラツキも高くなった.これは,穂数と一穂籾数が低く,変動係数が高いことに起因していた.3.布マルチ栽培の精玄米外観品質,白度および粒大においては,移植栽培より高くなり,高品質生産に有効であることが示された.4.食味値および食味関連数値は,布マルチ栽培,移植栽培とも同様な値となった.5.布マルチシートの分解過程において,栽培中期までにシート中に窒素を中心とした多量の養分が蓄積されることが明らかとなった.また,水口周辺のシートは,非水口よりも養分蓄積が遅く,分解が遅くなることが確認された.
  • 生分解性綿マルチシートを敷設した畑土壌における養分動態, 上野秀人, 浅木直美, 杵渕萌里, 道岡昌美, 道岡昌美, 福田直大, 菅家文教, 大森誉紀, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56, 124, 2010年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002266937821177
  • 西南暖地における落ち綿マルチの敷設がレタスの生育,収量および窒素動態に与える影響, 浅木直美, 上野秀人, 杵渕萌里, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56, 257, 2010年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002228787800991
  • 綿マルチが夏播きレタスの生育・収量および栽培環境要因に与える効果, 杵渕萌里, 上野秀人, 浅木直美, 佐野祥平, 清水一大, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大, 農作業研究, 45, 73, 74, 2010年05月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002299880239838
  • 24 西南暖地における落ち綿マルチの敷設がレタスの生育,収量および窒素動態に与える影響(東北支部講演会,2009年度各支部会), 浅木 直美, 上野 秀人, 杵渕 萌里, 菅家 文教, 大森 誉紀, 福田 直大, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56, 56, 2010年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008510917
  • 水田における緑肥利用の現状と展望, 上野秀人, 農業および園芸, 85, 1, 136, 146, 2010年01月, 0369-5247, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002223841109548
  • 17-1 生分解性綿マルチシートを敷設した畑土嬢における養分動態(17.園地・施設土壌肥よく度,2010年度北海道大会), 上野 秀人, 浅木 直美, 杵渕 萌里, 道岡 昌美, 福田 直大, 菅家 文教, 大森 誉紀, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56, 56, 2010年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008510605
  • 水田における緑肥利用の現状と展望 (緑肥農業の可能性), 上野 秀人, 農業および園芸, 養賢堂, 農業および園芸, 85, 1, 136, 146, 2010年01月, 03695247, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016944973, 持続的農業の重要性が叫ばれて久しい昨今ではあるが、最近ではリン酸やカリウムなどが、世界的な資源枯渇問題から肥料価格が何倍にも上昇し、農家経営が圧迫されている。この問題は決して一過性ではなく、現代農業技術が大幅な見直しを迫られるほど大きな局面にあると言っても過言ではないほどであり、長期的見通しに立った持続型農業技術システムの構築が危急の課題となっている。次世代型肥培管理技術は、(1)有限資源の投入量削減、(2)未利用有機物の活用、(3)土壌残存養分の可給態化、(4)肥料利用率の向上、(5)環境への流出低減、(6)総合的な地力維持などが基本となると考えられるが、最も期待されるのは、有機物供給による総合的な土壌改良技術であろう。本稿では、緑肥を利用した水稲栽培技術体系について概説するとともに、筆者らが西南暖地の低肥沃度水田において行った栽培研究等について紹介する。
  • 脱塩・乾燥クラゲを利用した水稲栽培 : 米ぬかとの混合施用による雑草抑制・肥料効果(予報)(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 杉本 秀樹, 瀬戸 あき子, 小西 良平, 神野 匡永, 星加 有希奈, 佐藤 裕, 上野 秀人, 浅木 直美, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 72, 73, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226066, 近年,エチゼンクラゲやミズクラゲが日本近海で大量発生し水産業に甚大な被害を与えている.著者らは,クラゲを脱塩・乾燥して作られた細片(クラゲ)に,水稲に対する生育促進効果とともに雑草の発生を抑制する効果のあることを見出し,これを水稲有機栽培の雑草対策に活用すべく検討している(杉本ら2008日作紀別号2:26-27).クラゲのN含有率は13.2%と化成肥料並みに高いが,PやKの含有率は極めて低い.米ぬかは雑草の抑制を目的に移植後に田面に散布されるが,米ぬかにはPとKがそれぞれ3.04%,2.30%含まれている.クラゲは土壌に混合した場合に雑草抑制効果が高いので,代かき時にこれを土壌に混合し,移植後に米ぬかを田面に散布することで,クラゲに不足する肥料成分を補うとともに雑草抑制の相乗効果も期待できる.ここでは,クラゲと米ぬかの施用割合を変えた場合における雑草抑制効果,水稲に対する肥料効果について調査した.
  • 3種類の無農薬水田除草を行った水田における水稲生育および収量(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 阿立 真崇, 山下 陽一, 石掛 桂司, 山下 淳, 杉本 秀樹, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 74, 75, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226064
  • 植物によるドリン類農薬汚染土壌の浄化, 石掛 桂士, 山下 陽一, 阿立 真嵩, 上野 秀人, 本田 克久, 上田 佑子, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, College of Agriculture, Ehime University, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, College of Agriculture, Ehime University, 30, 11, 14, 2008年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005319049, ドリン類農薬は1971年に販売と使用が禁止されてからも、これまでに土壌で検出されてきた。この農薬は毒性が強く、難分解性で、長距離移動性があり、人体にも容易に蓄積する性質を持っている。また、ウリ科の植物に特異的に吸収されることが良く知られている。ドリン系農薬に汚染された土壌からディルドリンとエンドリンを除去するために、アサガオとバジルを実験に用いた。土壌は有機物の少ない土壌と多い土壌の2種類を使った。バジルに比べてアサガオは多くのドリン類農薬を吸収する傾向があった。また、有機物の多い土壌より少ない土壌で吸収量が多かった。有機物の多い土壌が少ない土壌に比べて、ドリン類農薬が多く保持される傾向が見られた。
  • 植物によるドリン類農薬汚染土壌の浄化, 石掛 桂士, 山下 陽 一, 阿立 真嵩, 上野 秀人, 本田 克久, 上田 佑子, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 30, 30, 11, 14, 2008年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270441, ドリン類農薬は1971年に販売と使用が禁止されてからも、これまでに土壌で検出されてきた。この農薬は毒性が強く、難分解性で、長距離移動性があり、人体にも容易に蓄積する性質を持っている。また、ウリ科の植物に特異的に吸収されることが良く知られている。ドリン系農薬に汚染された土壌からディルドリンとエンドリンを除去するために、アサガオとバジルを実験に用いた。土壌は有機物の少ない土壌と多い土壌の2種類を使った。バジルに比べてアサガオは多くのドリン類農薬を吸収する傾向があった。また、有機物の多い土壌より少ない土壌で吸収量が多かった。有機物の多い土壌が少ない土壌に比べて、ドリン類農薬が多く保持される傾向が見られた。
  • 菌根菌接種および植物残渣施用土壌で栽培した陸稲の生育収量および菌根菌の生態(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 清水 一大, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 76, 77, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226062
  • 9種類の緑肥を施用した水田における水稲生育と養分動態, 浅木直美, 上野秀人, 農作業研究, 44, 1, 2, 2009年04月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244802435906
  • 落ち綿マルチが夏播きレタスの生育および収量に与える影響(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 杵渕 萌里, 上野 秀人, 浅木 直美, 佐野 祥平, 清水 一大, 菅家 文教, 大森 誉紀, 福田 直大, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 78, 79, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226060, 落ち綿マルチは、綿製品製造過程において排出される繊維長2cm以下の落ち綿をシート状に加工したもので、省力的な水稲栽培のための土壌被覆資材として実用化されている。現在、更に高温高圧処理を加えて薄状化した畑作用の落ち綿マルチが研究開発されており、実用化試験が進んでいる。本研究では、試作された落ち綿マルチ6種類を用いて夏播きレタスの栽培を行い、その生育及び収量に与える影響を調査した。
  • 大豆における品種比較, 守田 律子, 上野 秀人, 岡部 昭典, 富山短期大学紀要, 富山短期大学, 富山短期大学紀要, 44, 55, 61, 2009年03月, 13462261, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009574896
  • 落ち綿マルチを敷設したレタス栽培における土壌養分動態(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 浅木 直美, 上野 秀人, 杵渕 萌里, 菅家 文教, 大森 誉紀, 福田 直大, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 80, 81, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226059
  • Recovery of 15N derived from rice residues and inorganic fertilizers incorporated in soil cultivated with Japanese and Egyptian rice cultivars, A. Ebid, H. Ueno, A. Ghoneim, N. Asagi, Journal of Applied Sciences, 8, 3261, 3266, 2008年12月, 18125654, 10.3923/jas.2008.3261.3266, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=67649813386&origin=inward, The effect of a combination of inorganic fertilizer and organic inputs on nitrogen uptake and utilization efficiency was compared with that of only inorganic fertilizer. The treatments involved the addition of equivalent amounts of N (80 kg N ha-1) through inorganic fertilizer or three organic inputs (rice straw, rice root, or rice hull), in addition to a control treatment for rice (Oryza sativa L.) cultivars Koshihikari and Sakha 102. Rice straw was applied at two rates that corresponded to 5 and 10 Mg ha-1, the application rate of rice hull was 5 Mg ha-1 and rice root was 2.5 Mg ha-1 The rates of N utilization efficiency after 100th days after transplanting with 5 Mg ha-1 rice straw were relatively higher and ranged from 18.5 to 20.5%, while that with 10 Mg ha-1 ranged from 14.6 to 15.6%. The results show that a combination of inorganic fertilizers and rice straw enhanced N utilization efficiency. It is suggested that rice straw integrated with 40 kg N ha-1 of inorganic fertilizers and applied at a suitable time had a positive effect on N uptake derived from rice straw, whereas higher rates of rice straw application had an adverse affect on N uptake by the rice crop. © 2008 Asian Network for Scientific Information.
  • 大豆における品種比較, 守田律子, 上野秀人, 岡部昭典, 富山短期大学紀要, 44, 55, 61, 2009年03月, 1346-2261, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209548539208
  • 有機質肥料を施用したトマトハウス栽培における基肥窒素の吸収および転流(日本作物学会四国支部第45回講演会講演要旨), 佐野 祥平, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 45, 82, 83, 2008年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007226058
  • 西南暖地におけるシロクローバのすき込みおよびリビングマルチ処理が水稲の生育,収量および土壌アンモニア態窒素濃度に与える影響, 浅木 直美, 上野 秀人, 農作業研究, 日本農作業学会, 農作業研究, 44, 3, 127, 136, 2009年, 0389-1763, 10.4035/jsfwr.44.127, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004519372, 2004年と2006年にカバークロップとしてシロクローバをすき込んだ場合とリビングマルチとして利用した場合の水稲の生育,収量,土壌中のアンモニア窒素濃度を測定し,カバークロップの導入効果を評価した.緑肥すき込み区の移植後1日目の土壌アンモニア態窒素濃度は,無施用区に比べ3.8mgkg-1高かった.移植後50日目以降の緑肥すき込み区の窒素吸収インデックス(草丈,茎数および葉色値の積)は,無施用区に比べ高く推移した.さらに,m2あたり粒数と収量は,無施用区に比べ有意差はないものの高い傾向を示した.これらの結果より,緑肥のすき込み処理は土壌のアンモニア態窒素濃度を高めるとともに,水稲への窒素供給および増収効果を有すると考えられた.一方,緑肥マルチ区の移植後1日目のアンモニア態窒素濃度は,無施用区に比べ5.9mgkg-1低かった.緑肥マルチ区の収量は化学肥料区および緑肥すき込み区に比べ低く,これはm2あたり穂数および籾数が少なかったことが主な原因と考えられた.すなわち,緑肥リビングマルチ処理は,すき込み処理に比較して水稲生育初期における窒素供給性と穂数および籾数に与える効果が低いことが示唆された.カバークロップを利用して水稲を栽培する場合には,水稲移植前のカバークロップの乾物重を増加させ,カバークロップの利用法(すき込み,リビングマルチ)に応じて,施肥管理法などを改善する必要があると考えられる.
  • 愛媛県中予地域の水稲有機栽培における収量・品質と土壌特性・栽培管理との関係, 上野 秀人, 稲垣 さつき, 西山 周, 真鍋 由美子, 日本作物學會紀事, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物學會紀事, 78, 0, 62, 63, 2009年03月, 00111848, 10.14829/jcsproc.227.0.62.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030133133
  • マメ科緑肥リビングマルチ条件下の水稲栽培における湛水開始時期の違いが水稲の生育,収量に与える影響(栽培), 浅木 直美, 上野 秀人, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 78, 1, 27, 34, 2009年01月, 00111848, 10.1626/jcs.78.27, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007027310, マメ科緑肥であるシロクローバをリビングマルチとして利用した水稲移植栽培において,湛水開始時期の違いが田面水および土壌N濃度水稲生育および収量に与える影響を圃場試験とポット試験により検討した.湛水開始時期として水稲の移植前10日,移植後10日および30日の3水準を設けた(それぞれ緑肥標準区,緑肥10日区,緑肥30日区).圃場試験の緑肥標準区,緑肥10日区,緑肥30日区の田面水アンモニア態N濃度のピークは,それぞれ湛水開始後15,4,10日目に見られたことから,湛水処理が緑肥の分解を促進し,緑肥由来Nの放出時期を制御できることを確認した.圃場試験における緑肥30日区は緑肥標準区および10日区に比べ草丈が高い傾向を示した.また,ポット試験において茎数は緑肥標準区および10日区に比べ多かった.圃場試験およびポット試験ともに,収穫時の水稲根,茎葉および穂の各乾物重は緑肥30日区で緑肥標準区および10日区より有意に高いか,もしくは高い傾向を示した.さらに圃場およびポット試験とも水稲収量は,緑肥30日区において緑肥標準区および10日区に比べ高い傾向を示した.ポット試験の緑肥処理区の収穫時雑草量は,緑肥無処理(化学肥料施肥)区に比べ有意に少なかった.これらの結果より,湛水開始時期の遅延により水稲の生育収量が増加する傾向にあることが明らかとなった.
  • Determination of Application Effects of Sewage Sludge on Growth, Soil Properties, and N Uptake in Komatsuna by using the Indirect 15N Isotope Method, ASAGI Naomi, UENO Hideto, Commun Soil Sci Plant Anal, 39, 13-14, 1928, 1942, 2008年07月, 0010-3624, 10.1080/00103620802134685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275140006182, By using the indirect 15nitrogen (N) method, the application effects of sewage sludge (SS) on growth indices, yield, and nutrient uptake in Komatsuna (Brassica campestris var. perviridis) grown in a low fertility soil were investigated and compared with those of chemical fertilizer (CF) and no-fertilizer (NF) treatments. The N-use efficiencies of CF and SS were 19.7% and 12.1%, respectively, of the applied N. Therefore, the relative efficiency of the sewage sludge to chemical fertilizer was 61.5%. In comparison to NF and CF, the application of SS apparently increased the soil microbial activity, which was evaluated by measuring hydrolysis of fluorescein diacetate. After cultivation, the electrical conductivity (EC) of CF soil (0.175 dS m-1) was significantly higher than those of NF (0.067 dS m-1) and SS soils (0.057 dS m-1). The concentrations of phosphorus (P), calcium (Ca), and magnesium (Mg) in SS leaves were significantly higher than those in CF leaves; however, the concentration of potassium (K) was significantly lower in SS than in CF. Copyright © Taylor & Francis Group, LLC.
  • 9種類の15N標識緑肥のN無機化率と水稲利用率との関係, 浅木直美, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 54, 151, 2008年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902289462584115
  • 13 脱塩・乾燥クラゲは水稲の生育を促進し雑草の発生を抑制する(栽培,日本作物学会第226回講演会), 杉本 秀樹, ホセイン シャイク タンビール, 光宗 宏司, 小西 良平, 佐藤 裕, 上野 秀人, 浅木 直美, 江崎 次夫, 枝重 有裕, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 77, 2, 26, 27, 2008年09月, 00111848, 10.14829/jcsproc.226.0.26.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007066469
  • 9 9種類の緑肥窒素無機化パターンと西南暖地における緑肥施用水田の収量および収量構成要素(栽培,日本作物学会第226回講演会), 浅木 直美, 上野 秀人, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 77, 2, 18, 19, 2008年09月, 00111848, 10.14829/jcsproc.226.0.18.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007066468
  • Nitrogen Uptake by Radish, Spinach and "Chingensai" from Composted Tea Leaves, Coffee Waste and Kitchen Garbage, EBID Azza, UENO Hideto, GHONEIM Adel, ASAGI Naomi, Compost Sci Util, 16, 3, 152, 158, 2008年06月, 1065-657X, 10.1080/1065657X.2008.10702373, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271279256889, A pot experiment was conducted to determine the effects of the application of composted tea leaves (TC), coffee waste (CC), and kitchen garbage (KC) on the nitrogen and nitrate accumulated in radish (Raphanus sativus L. cv. 'radicula pers'), Chingensai (Brassica campestris L. cv. 'Choyo No. 2'), and spinach (Spinacia oleracea L. cv. 'Ban chu paruku') as compared with the effect of inorganic 15N labeled fertilizer (IN) application. The compost was applied at the rate of 24 g kg-1 soil, corresponding to about 250 to 300 kg N ha-1; the A value method was used to estimate nitrogen uptake. Dry matter production was significantly higher in the IN and TC treatments than in the KC and CC treatments for all the species and tissue. Of the composts used, TC was most effective in increasing N uptake and N content in the vegetables. The composts derived N recovery as a percentage of total N uptake varied with plant species, 50.8%-62.9% in radish root, 35.39%-60.4% in radish leaf, 29.9%-48.2% in spinach leaf, and 31.3%-54.8% in Chingensai leaf. The N-use efficiencies of IN, TC, CC, and KC were 6.3%, 6.3%, 5.3%, and 6.6% in radish root; 13.6%, 9.7%, 8.4%, and 6.79% in radish leaf; 22.4%,14.4%,3.6%, and 5.8% in spinach leaf; and 61.2%,39.5%,25.5%, and 21.5% in Chingensai leaf, respectively. Nitrate accumulation in edible portions was highest in plants provided with IN as compared with those grown with composts, and nitrate content in radish root was markedly higher than that in the leaf. It is observed that the fate of compost derived N differed noticeably with vegetable species, plant part, and compost source.
  • Uptake of carbon and nitrogen derived from carbon-13 and nitrogen-15 dual-labeled maize residue compost applied to radish, komatsuna, and chingensai for three consecutive croppings, EBID Azza, UENO Hideto, GHONEIM Adel, ASAGI Naomi, Plant Soil, 304, 1/2, 241, 248, 2008年03月, 0032-079X, 10.1007/s11104-008-9543-2, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282349803434, A pot experiment was conducted to determine the effects of the application of 13C (1.256 atom%) and 15N (1.098 atom%) dual-labeled maize residue compost (MRC) on the nitrogen and carbon uptake by radish, komatsuna, and chingensai as compared with the effect of inorganic fertilizer (IF). The vegetables were grown over three consecutive growing seasons over 4 months; compost was applied at the rate of 24 g kg-1 soil. Nonlabeled nitrogen fertilizer was applied to the compost treatments in the second and third crops to compare the effects of blends of compost with N fertilizer to fertilizer alone. The N uptake and yield of vegetables were significantly higher with the recommended inorganic N treatment. The vegetables took up significantly (P<0.05) lower amounts of N from MRC than from IFs during the three cultivations. The values of the N uptake derived by fertilizer application to the plant exhibited significant differences among different vegetables. Nitrogen recovered by komatsuna and chingensai from MRC was 7.3 (6.6%), 2.7 (1.8%), and 2.3, (1.7%) in the first, second, and third crops, respectively. Radish, komatsuna, and chingensai recovered significant amounts of C from MRC in the first and second crops, with negligible C recovery in the third crop. The initial loss of fertilizer C in soil at the first crop indicates that the microbial decomposition decoupled substantial amounts of 13C/ 15N-labeled compounds early in plant development, thus giving the microorganisms a preemptive competitive advantage in the acquisition of easily available 13C/15N-labeled substrates. It is concluded that a combination of compost and inorganic N did not supply sufficient plant-available N to increase vegetables yields or N uptake over those of fertilizer alone. The data suggested that higher productivity of vegetables might be achieved after the accumulation of a certain amount of residual compost N. © 2008 Springer Science+Business Media B.V.
  • Establishment of Rice Seedlings by Direct Sowing of Multiple Seed Pellets on Paddy Soil Covered with Legume Living Mulch(Crop Physiology & Ecology), Asagi Naomi, Ueno Hideto, Sekiya Hiroyuki, Ogiwara Hitoshi, Plant production science, 日本作物学会, Plant production science, 11, 3, 361, 365, 2008年07月, 1343943X, 10.1626/pps.11.361, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006792426
  • Establishment of Rice Seedlings by Direct Sowing of Multiple Seed Pellets on Paddy Soil Covered with Legume Living Mulch, Asagi Naomi, Ueno Hideto, Sekiya Hiroyuki, Ogiwara Hitoshi, Plant Production Science, 日本作物学会, Plant Production Science, 11, 3, 361, 365, 2008年, 1343-943X, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004462115
  • 代掻き作業を省力化した水稲布マルチ直播栽培における水稲生育と収量(日本作物学会四国支部第44回講演会講演要旨), 山下 陽一, 三好 譲, 石掛 桂士, 山下 淳, 杉本 秀樹, HOSSAIN Shaikh Tanveer, 上野 秀人, 菅家 文教, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 44, 34, 35, 2007年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006633720
  • Impact of rice residues application on rice growth, yield and some paddy soil properties, Azza Ebid, Hideto Ueno, Adel Ghoneim, Adel Ghoneim, International Journal of Agricultural Research, 2, 1030, 1036, 2007年12月, 18164897, 10.3923/ijar.2007.1030.1036, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049067077&origin=inward, To study the short term effects of rice residue management in comparison with mineral fertilizer on rice growth, yield, N uptake, changes of ammonia concentration, pH and EC of flooded water. Biomass yield was significantly higher in the mineral fertilizer and rice residue than in the control treatment. Total N uptake by rice was not significantly affected by rice residue incorporation. A lower N uptake in the rice residue plots can be attributed to relatively high C/N ratios. The result suggests that the application of rice residue at a suitable time is crucial for maximizing the beneficial effects of rice residue application. In particular, the increased immobilization process in early stages and the subsequent gradual remineralization allowed plant to utilize N more efficiently. Rice residue application noticeably reduced the pH of the flooded water as compared with mineral fertilizer alone. © 2007 Academic Journals Inc.
  • 19-22 9種類の^<15>N標識緑肥のN無機化率と水稲利用率との関係(19.肥料および施肥法,2008年度愛知大会), 浅木 直美, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 54, 54, 2008年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007456881
  • 愛媛県中予地域の有機栽培水田における土壌特性と栽培管理が水稲収量および品質に与える影響(日本作物学会四国支部第44回講演会講演要旨), 稲垣 さつき, 上野 秀人, 西山 周, 真鍋 由美子, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 44, 32, 33, 2007年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006633719, 近年,食の安全や環境保全に対する高まりから,水稲においても有機栽培が広まりつつある。農業法人が多数の水田を賃借し,有機栽培により高品質で安定的な生産を行うには,土壌特性や肥沃度に着目し,適切な栽培管理を行う必要がある。本研究では,愛媛県中予地域の有機栽培水田における土壌特性と栽培管理が水稲収量および品質に与える影響を解明し,当地域の水稲有機栽培技術に資することを目的とした。
  • 減農薬ハクサイ栽培におけるコンパニオンプランツの害虫防除能(予報)(日本作物学会四国支部第44回講演会講演要旨), 石掛 桂士, 山下 陽一, 三好 譲, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 44, 10, 11, 2007年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006633708
  • 汚泥添加布マルチの敷設がキャベツの生育,収量,品質に与える効果(日本作物学会四国支部第44回講演会講演要旨), 三好 譲, 山下 陽一, 村上 和夫, 上野 秀人, 福田 直大, 菅家 文教, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 44, 8, 9, 2007年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006633707
  • 海岸防災林の造成(IV)―エチゼンクラゲ類を活用した山火事跡地の森林再生―, 河野修一, 枝重有祐, 垣原登志子, 小林範之, 稲本亮平, 杉本秀樹, 上野秀人, 江崎次夫, 中島勇喜, 車斗松, 全槿雨, 日本海岸林学会大会研究発表講演要旨集, 2008, 19, 20, 2008年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298374551869
  • 脱塩・乾燥クラゲは水稲の生育を促進し雑草の発生を抑制する, 杉本 秀樹, Shaikh Tanveer Hossain, 光宗 宏司, 小西 良平, 佐藤 裕, 上野 秀人, 浅木 直美, 江崎 次夫, 枝重 有裕, 日本作物学会講演会要旨集, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物学会講演会要旨集, 226, 0, 26, 26, 2008年09月, 10.14829/jcsproc.226.0.26.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004611980
  • 9種類の緑肥窒素無機化パターンと西南暖地における緑肥施用水田の収量および収量構成要素, 浅木 直美, 上野 秀人, 日本作物学会講演会要旨集, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物学会講演会要旨集, 226, 0, 18, 18, 2008年09月, 10.14829/jcsproc.226.0.18.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004611935
  • トウモロコシ残渣堆肥の施用が数種野菜の生育、収量および土壌特性に与える影響, Ebid Azza, 上野 秀人, Ghoneim Adel, 浅木 直美, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 29, 1, 9, 2007年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006525960, トウモロコシ残渣堆肥(MRC)の土壌への施用が、コマツナ(Brassica rapa L.cv.Rakuten')ハツカダイコン(Raphanus sativus L.cv.Radicula Pers')およびチンゲンサイ(Brassica campestris L.cv.Choyo No.2')の生育、収量および土壌特性に与える影響を無施肥(Control)または化学肥料(IF)を施用した場合と比較した。栽培は3回、連続して行った。MRC区にトウモロコシ残渣堆肥を30Mg/ha、IF区に化学肥料Nを150kg/ha、さらにP、Kを各120kg/ha施用した。IF区の各野菜生育、葉色値および窒素吸収インデックスは、3回の栽培ともMRC区およびControl区より高かった。さらにIF区のN吸収量および収量は、MRC区、Control区に比べ有意に高かった。IF区の土壌ECは、MRC区に比べ有意に高かった。これは、IF施用により土壌中に余剰の化学肥料窒素が硝酸態窒素の形態で残存したためと考えられた。MRCはIFに比べ土壌中で緩効的に無機化したため、土壌ECに与える影響が比較的低かったと推察された。
  • ^<13>C, ^<15>N同時標識トウモロコシ残渣堆肥を施用した土壌における数種の野菜による炭素・窒素吸収,生育および収量(日本作物学会四国支部第43回講演会講演要旨), エビド アザ, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 43, 42, 43, 2006年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419061
  • 水稲に対する有機質肥料由来窒素の動態と側条施肥技術の確立, 今井清之, 柴原藤善, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53, 151, 2007年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227744057074
  • ペレット状バーク堆肥および竹粉砕物がキャベツの生育収量および雑草抑草に与える効果(日本作物学会四国支部第43回講演会講演要旨), 山下 陽一, 河野 貴幸, 三好 譲, 村上 和夫, 杵渕 萌里, 浅木 直美, 山内 康司, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 43, 40, 41, 2006年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419060
  • 数種類の15N標識緑肥の化学的特性と水稲利用率との関係, 浅木直美, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53, 152, 2007年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225487186108
  • ペレット状バーク堆肥の施用がハツカダイコンの生育収量に与える効果(日本作物学会四国支部第43回講演会講演要旨), 三好 譲, 山下 陽一, 村上 和夫, 山内 康司, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 43, 38, 39, 2006年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419059
  • ペレット状バーク堆肥と竹粉砕物施用によるキャベツ生育促進と雑草抑制効果, 上野秀人, 山下陽一, 河野貴幸, 三好譲, 村上和夫, 阿立真崇, 杵渕萌里, 浅木直美, 山内康司, 農作業研究, 42, 2, 139, 2007年06月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902208764037024
  • 木竹炭施用土壌のハツカダイコン連続栽培における生育および収量(日本作物学会四国支部第43回講演会講演要旨), 五味 祐一郎, 上野 秀人, 鶴見 武道, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 43, 36, 37, 2006年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419058
  • Organic carbon and nitrogen uptake by roots of rice and vegetables, grown in soils applied with 13C and 15N dual labeled maize residue compost, Proceedings of International Symposium on Organic Matter Dynamics in Agro-Ecosystems, 368, 369, 2007年
  • トウモロコシ残渣堆肥の施用が数種野菜の生育、収量および土壌特性に与える影響, Ebid Azza, 上野 秀人, Ghoneim Adel, 浅木 直美, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 29, 1, 9, 2007年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270436, トウモロコシ残渣堆肥(MRC)の土壌への施用が、コマツナ(Brassica rapa L.cv.Rakuten')ハツカダイコン(Raphanus sativus L.cv.Radicula Pers')およびチンゲンサイ(Brassica campestris L.cv.Choyo No.2')の生育、収量および土壌特性に与える影響を無施肥(Control)または化学肥料(IF)を施用した場合と比較した。栽培は3回、連続して行った。MRC区にトウモロコシ残渣堆肥を30Mg/ha、IF区に化学肥料Nを150kg/ha、さらにP、Kを各120kg/ha施用した。IF区の各野菜生育、葉色値および窒素吸収インデックスは、3回の栽培ともMRC区およびControl区より高かった。さらにIF区のN吸収量および収量は、MRC区、Control区に比べ有意に高かった。IF区の土壌ECは、MRC区に比べ有意に高かった。これは、IF施用により土壌中に余剰の化学肥料窒素が硝酸態窒素の形態で残存したためと考えられた。MRCはIFに比べ土壌中で緩効的に無機化したため、土壌ECに与える影響が比較的低かったと推察された。
  • P19-4 数種類の^<15>N標識緑肥の化学的特性と水稲利用率との関係(S19.家畜ふん堆肥の窒素肥効の遅速に基づく評価法に向けた研究展開と課題,2007年度東京大会), 浅木 直美, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53, 53, 2007年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006598520
  • P19-3 水稲に対する有機質肥料由来窒素の動態と側条施肥技術の確立(S19.家畜ふん堆肥の窒素肥効の遅速に基づく評価法に向けた研究展開と課題,2007年度東京大会), 今井 清之, 柴原 藤善, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53, 53, 2007年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006598519
  • 9種類の15N標識緑肥を施用した水田土壌における窒素動態の解明, 浅木直美, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52, 120, 2006年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250803558904
  • Fate of C and N from 13C and 15N dual-labeled Maize Stover Compost Applied in a Vegetable Cultivation Soil, EBID Azza, UENO Hideto, ASAGI Naomi, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52, 127, 2006年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259217702920
  • ペレット化堆肥の施用作業効率とキャベツ生育に与える影響, 上野秀人, 三好譲, 山下陽一, 村上和夫, 阿立真崇, 河野貴幸, 猪谷信忠, 杵渕萌里, 浅木直美, 高橋靖典, 農作業研究, 41, 2, 94, 2006年06月, 0389-1763, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285802335713
  • ペレット状バーク堆肥の施用がコマツナとニンジンの生育収量および土壌特性に与える効果(日本作物学会四国支部第42回講演会講演要旨), 三好 譲, 猪谷 信忠, 上野 秀人, 浅木 直美, 山下 陽一, 村上 和夫, 高橋 靖典, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 42, 28, 29, 2005年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419033
  • 愛媛県中予地域における有機栽培水稲の生育・収量および土壌特性との関係 : 第2報 追肥施用および疎植の効果(日本作物学会四国支部第42回講演会講演要旨), 上野 秀人, 猪谷 信忠, 浅木 直美, 西山 周, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 42, 26, 27, 2005年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419032
  • 木炭と竹炭の施用が水稲の生育及び収量に与える影響(日本作物学会四国支部第42回講演会講演要旨), 猪谷 信忠, 上野 秀人, 浅木 直美, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 42, 24, 25, 2005年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419031
  • マメ科草生マルチ不耕起水稲栽培における潅水管理が水稲の生育と収量および緑肥由来養分の溶出に与える影響(日本作物学会四国支部第42回講演会講演要旨), 浅木 直美, 上野 秀人, 猪谷 信忠, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 42, 22, 23, 2005年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419030
  • 16-3 Fate of C and N from ^<13>C and ^<15>N dual-labeled Maize Stover Compost Applied in a Vegetable Cultivation Soil, Ebid Azza, 上野 秀人, 浅木 直美, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52, 52, 2006年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287673
  • Mobile Multimedia Information Processing Multicast Technology for Broadcast-type Data Delivery Services, UENO Hidetoshi, SUZUKI Hideharu, TANAKA Kiyoko, ISHIKAWA Norihiro, NTT Tech Rev, 3, 11, 44, 51, 2005年11月, 1348-3447, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268705565664
  • 15-18 9種類の^<15>N標識緑肥を施用した水田土壌における窒素動態の解明(15. 水田土壌肥よく度, 2006年度秋田大会講演要旨), 浅木 直美, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52, 52, 2006年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006287653
  • せん定枝・刈草による“緑のリサイクル”―再利用と用途開発を見る―せん定枝から生まれたリサイクルチップ―埼玉県川越市の取り組み―, 上野秀人, 月刊廃棄物, 31, 10, 13, 19, 2005年10月, 0285-6220, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902246282123917
  • 11-20-K203-05 初任者教員の授業づくりに関する一考察 : 生徒の運動有能感を一指標として(11 体育科教育学,一般研究発表抄録), 上野 秀人, 清水 紀人, 日本体育学会大会予稿集, 社団法人日本体育学会, 日本体育学会大会予稿集, 57, 57, 2006年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007514310
  • 9種類の15N標識緑肥を施用した水田土壌における窒素動態の解明, 浅木 直美, 上野 秀人, 日本作物学会講演会要旨集, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物学会講演会要旨集, 222, 0, 2, 2, 2006年10月, 10.14829/jcsproc.222.0.2.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005009878
  • マメ科草生マルチ水稲栽培における潅水管理が水稲生育,収量,外観品質および食味に与える影響, 浅木 直美, 上野 秀人, 猪谷 信忠, 日本作物学会講演会要旨集, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, 日本作物学会講演会要旨集, 221, 0, 24, 24, 2006年03月, 10.14829/jcsproc.221.0.24.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004611189
  • 13C,15Nトレーサー法による水田土壌中の土壌微生物バイオマスを中心とした炭素・窒素動態の解析, 三沢優, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 292, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902277547871832
  • 下水汚泥資材施用がコマツナ生育と養分吸収および土壌特性に与える影響, 浅木直美, 上野秀人, 安藤東洋治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 293, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902247301391606
  • 竹炭と木炭の道路植樹帯への敷設効果 (第2報) 敷設8ケ月目までの雑草抑制および土壌理化学性に対する効果, 猪谷信忠, 上野秀人, 池田千春, 鶴見武道, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 164, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241825922538
  • 同位体希釈法による下水汚泥資材施用水稲栽培土壌の窒素動態解明, 浅木直美, 上野秀人, 安藤東洋治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 147, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209465623649
  • Nitrogen Dynamics in Vegetables Growing Soils Applied with Tea Leaf, Coffee and Kitchen Composts by 15N Dilution Method, AZZA Ebid, UENO Hideto, ADEL Ghoneim, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 293, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265167315769
  • 27 下水汚泥資材施用がコマツナ生育と養分吸収および土壌特性に与える影響(関西支部講演会,日本土壌肥料学会 支部講演会講演要旨集 2005年度), 浅木 直美, 上野 秀人, 安藤 東洋治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005051254
  • Nutrients Dynamics in Komatsuna Growing Soil Fertilized with Biogas Slurry by 15N Dilution Method, ADEL Ghoneim, UENO Hideto, AZZA Ebid, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 293, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902242946583630
  • 24 ^<13>C, ^<15>Nトレーサー法による水田土壌中の土壌微生物バイオマスを中心とした炭素・窒素動態の解析(関西支部講演会,日本土壌肥料学会 支部講演会講演要旨集 2005年度), 三洋 優, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005051251
  • Fate of Carbon and Nitrogen in Rice Paddy Soil Applied with 13C and 15N Dual-Labeled Corn Compost, EBID Azza, UENO Hideto, GHONEIM Adel, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 116, 2005年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902204713396210
  • 21-1 竹炭と木炭の道路植樹帯への敷設効果(第2報) : 敷設8ヶ月目までの雑草抑制および土壌理化学性に対する効果(21.緑化技術,日本土壌肥料学会 2005年度大会講演要旨集), 猪谷 信忠, 上野 秀人, 池田 千春, 鶴見 武道, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005050930
  • 11-26-53A12-07 体育授業における地域人材活用の有効性について(11 体育科教育,一般研究発表), 上野 秀人, 清水 紀人, 日本体育学会大会予稿集, 一般社団法人 日本体育学会, 日本体育学会大会予稿集, 56, 0, 2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007513740
  • 19-34 同位体希釈法による下水汚泥資材施用水稲栽培土壌の窒素動態解明(19.肥料および施肥法,日本土壌肥料学会 2005年度大会講演要旨集), 浅木 直美, 上野 秀人, 安藤 東洋治, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005050882
  • 竹炭の敷設が道路植樹帯の雑草抑制および土壌化学性に与える効果(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), 猪谷 信忠, 上野 秀人, 鶴見 武道, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 46, 47, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419013
  • 13Cと15Nトレーサー法による水田に施用された有機物の炭素及び窒素の動態解析, Procedings of Ecological Analysis and Control of Greenhouse Gas Emissions from Agriculture in Asia, 18, 24, 2005年
  • 15-3 Fate of Carbon and Nitrogen in Rice Paddy Soil Applied with 13C and 15N Dual-Labeled Corn Compost, Ebid Azza, Ueno Hideto, Ghoneim Adel, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005050794
  • モミガラペレット,竹クズ,木クズ,米ヌカ施用が水田雑草および水稲生育・収量に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), 土網 麻理子, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 44, 45, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419012
  • 水稲有機栽培における焼酎廃液資材と米ぬかの抑草効果および養分供給特性, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 農作業研究, 日本農作業学会, 農作業研究, 40, 4, 191, 198, 2005年, 0389-1763, 10.4035/jsfwr.40.191, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003700008, The herbicidal mechanism and its effect was elucidated in a paddy rice field by applying distilled spirit waste (DSW) and rice bran (RB) to flooded waters, immediately after transplantation. Release of nutrients from organic materials and their soil concentration were also investigated.
    1) Application of RB (2000kg ha-1) and DSW (3000kg ha-1) significantly decreased (p=0.05) the dry weight of weeds when compared with the untreated control. Between the two most common weeds, Echinochloa crus-galli Beauv. var. oryzicola Ohwi and Scirpus juncoides Subsp., DSW application decreased the dry weight weeds, whereas RB application affected only the former.
    2) Organic materials decreased the redox potential of the soil 3-19 days after application, suggesting a deficiency of dissolved oxygen (essential for weed growth) in soil.
    3) Anaerobic fermentation of organic material by soil microorganisms resulted in production of isobutyric acid in flooded water. A sharp concentration peak of isobutyrate was observed 7 days postapplication. A high negative correlation (r2=0.808, p=0.0024) was observed between the integrated concentration of isobutyrate and the dry weight of weeds. Production of the organic acid was considered as an important factor in the herbicidal mechanism.
    4) After amendment with organic materials, the electrical conductivity of soil sharply increased, indicating the release of a large amount of water-soluble substances. Furthermore, application of organic materials markedly increased the soil concentration of ammonia, potassium, calcium, and magnesium. The usefulness of DSW and RB as nutrient amendment can be confirmed 20 days after application.
  • 26 Nutrients Dynamics in Komatsuna Growing Soil Fertilized with Biogas Slurry by ^<15>N Dilution Method, Adel Ghoneim, Ueno Hideto, Azza Ebid, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005051253
  • ^<13>C, ^<15>N同時ラベルトウモロコシ堆肥を施用した水田における水稲の炭素・窒素吸収(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), エビド アザ, 上野 秀人, ゴーネイム アデル, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 38, 39, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419009
  • A Group Management Protocol for Mobile Multicast, UENO Hidetoshi, SUZUKI Hideharu, ISHIKAWA Norihiro, Lect Notes Comput Sci, 3421, 892, 903, 2005年, 0302-9743, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902264688883023
  • 25 Nitrogen Dynamics in Vegetables Growing Soils Applied with Tea Leaf, Coffee and Kitchen Composts by ^<15>N Dilution Method, Azza Ebid, Ueno Hideto, Adel Ghoneim, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 51, 2005年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110005051252
  • バイオガスプラント廃液施用が水稲の収量及び土壌中の窒素動態に与える影響(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), ゴーネイム アデル, 上野 秀人, エビド アザ, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 36, 37, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419008
  • 下水汚泥資材の施用が水稲生育と養分吸収に与える影響(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), 浅木 直美, 上野 秀人, 安藤 東洋治, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 34, 35, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419007
  • マメ科草生マルチ不耕起水稲栽培における品種、生育、収量特性および土壌養分特性に関する解析(日本作物学会四国支部第41回講演会講演要旨), 三澤 優, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 41, 30, 31, 2004年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006419005
  • マメ科緑肥草生マルチを用いた水稲不耕起栽培における複粒化種子点播と苗立ち率, 浅木直美, 上野秀人, 荻原均, 関矢博幸, 日本作物学会講演会要旨・資料集, 218th, 294, 295, 2004年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902287309725343
  • 21pYM-10 超重力場によるSe-Te半導体の原子スケール傾斜構造形成(格子欠陥・ナノ構造(半導体・水素),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)), 井口 裕介, 黄 新〓, 上野 秀人, 小野 正雄, 富田 健, 真下 茂, 日本物理学会講演概要集, 一般社団法人日本物理学会, 日本物理学会講演概要集, 60, 2, 2005年08月, 13428349, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004560067
  • カバークロップの利用と農作業 水田におけるカバークロップ利用, 上野秀人, 農作業研究, 39, 3, 165, 170, 2004年09月, 0389-1763, 10.4035/jsfwr.39.165, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902231724165617
  • 13Cグルコース,15N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明 (第2報) 土壌バイオマスの13C,15N動態, 三沢優, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 129, 2004年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902253404501493
  • 新鮮有機物の施用方法の違いが畑作物の窒素吸収に及ぼす影響, 奥野祐崇, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 305, 2004年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902248194480036
  • 愛媛県中予地域における有機栽培水稲の生育・収量および土壌特性との関係(日本作物学会四国支部第40回講演会講演要旨), 吉元 肇, 上野 秀人, 西山 周, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 40, 18, 19, 2003年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418974
  • 13Cグルコース‐15N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明 (第1報)水稲による炭素・窒素吸収, 三沢優, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 305, 2004年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229773757231
  • 生分解性ポット育苗における施肥量の違いが苗生育および品質に及ぼす影響(日本作物学会四国支部第40回講演会講演要旨), 永山 芳和, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 40, 16, 17, 2003年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418973
  • 有機栽培された野菜の品質と活性酸素除去効果について, 佐藤樹, 上野秀人, 松沢光, 西山周, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 305, 2004年09月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902228920396510
  • ^<13>C,^<15>Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態 : 稲わら堆肥由来炭素および窒素の経根的吸収(日本作物学会四国支部第40回講演会講演要旨), 三澤 優, 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 40, 14, 15, 2003年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418972
  • 砂質畑土壌への新聞古紙施用に関する環境および農業的評価, Proceedings of The Sixth International Conference on EcoBalance, 715, 718, 2004年
  • P-8 マメ科緑肥草生マルチを用いた水稲不耕起栽培における複粒化種子点播と苗立ち率, 浅木 直美, 上野 秀人, 荻原 均, 関矢 博幸, 日本作物學會紀事, 日本作物学会, 日本作物學會紀事, 73, 2, 294, 295, 2004年10月, 00111848, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001742966
  • 有機栽培された野菜の品質と活性酸素除去効果について(関西支部講演会, 日本土壌肥料学会支部講演会講演要旨集2004年度), 佐藤 樹, 上野 秀人, 松澤 光, 西山 周, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 50, 2004年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004030295
  • 新鮮有機物の施用方法の違いが畑作物の窒素吸収に及ぼす影響(関西支部講演会, 日本土壌肥料学会支部講演会講演要旨集2004年度), 奥野 祐崇, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 50, 2004年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004030294
  • ^<13>Cグルコース-^<15>N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明 : (第1報) 水稲による炭素・窒素吸収(関西支部講演会, 日本土壌肥料学会支部講演会講演要旨集2004年度), 三澤 優, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 50, 2004年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004030293
  • 生分解性育苗ポットがカボチャ苗の生育や品質に与える効果(第1報)カボチャ苗の形態的特徴に与える効果, 上野 秀人, 松村 奈理広, 宮地 雅仁, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 24, 24, Vol.24 pp.19-25, 25, 2002年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270421
  • ^<13>Cグルコース, ^<15>N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明 : (第2報) 土壌バイオマスの^<13>C, ^<15>N動態(15. 水田土壌肥よく度, 2004年度大会講演要旨集), 三澤 優, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50, 50, 2004年09月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004029856
  • 15.水田土壌肥よく度 13C,15Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態(第2報)堆肥由来炭素および窒素の吸収, 三沢優, 上野秀人, 松村奈理広, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 123, 2003年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284224995598
  • 古紙および堆肥を埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育と土壌養水分動態, 松村 奈理広, 上野 秀人, 中野 尚夫, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 39, 12, 13, 2002年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418941
  • 6.土壌生物 マメ科草生マルチ不耕起水田における微生物群集構造の解明と生物活性測定 リン脂質脂肪酸解析とFDA分解酵素活性の測定, 奥野祐崇, 上野秀人, 石岡巌, 高木和広, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 46, 2003年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229905110836
  • 蛍光X線顕微鏡による水稲のケイ酸濃度測定方法の確立, 佐藤 樹, 上野 秀人, 長井 伸, 松村 奈理広, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 39, 4, 5, 2002年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418937
  • 16.畑地土壌肥よく度 各種有機質肥料を施用した土壌の窒素無機化特性およびレタスによる窒素吸収の解析, 上野秀人, 松沢光, 宮地雅仁, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 127, 2003年08月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902213828228183
  • マメ科草生マルチ不耕起水田における水稲生育および収量に関する品種特性, 長井 伸, 上野 秀人, 楠谷 彰人, 松村 奈理広, 奥野 祐崇, 佐藤 樹, 三澤 優, 宮地 雅仁, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 39, 2, 3, 2002年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418936
  • 36 ^<13>C,^<15>Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態 : (第1報)可溶性有機態炭素・窒素および土壌バイオマスとの関係(関西支部講演会), 三澤 優, 上野 秀人, 松村 奈理広, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773750
  • 31 蛍光X線顕微鏡による水稲のケイ酸濃度測定 : (第1報)測定方法の確立(関西支部講演会), 佐藤 樹, 上野 秀人, 松村 奈理広, 長井 伸, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773745
  • 19 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育および土壌養分動態 : (第3報)深度別土壌水分の動態解析(関西支部講演会), 松村 奈理広, 上野 秀人, 中野 尚夫, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773733
  • 16-6 各種有機質肥料を施用した土壌の窒素無機化特性およびレタスによる窒素吸収の解析(16.畑地土壌肥よく度), 上野 秀人, 松澤 光, 宮地 雅仁, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773305
  • 15-18 13C,15Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態 : (第2報)堆肥由来炭素および窒素の吸収(15.水田土壌肥よく度), 三澤 優, 上野 秀人, 松村 奈理広, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773293
  • 6-31 マメ科草生マルチ不耕起水田における微生物群集構造の解明と生物活性測定 : リン脂質脂肪酸解析とFDA分解酵素活性の測定(6.土壌生物), 奥野 祐崇, 上野 秀人, 石岡 巌, 高木 和広, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 49, 49, 2003年08月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001773067
  • 助成研究報告 低投入持続型を目指したマメ科緑肥草生マルチ不耕起水稲栽培における雑草発生、養分供給から見た収量持続性に関する若干の検討, 日鷹 一雅, 上野 秀人, 嶺田 拓也, 微生物応用技術研究所研究報告集, 微生物応用技術研究所, 微生物応用技術研究所研究報告集, 7, 7, 17, 2003年, 13458779, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006235922
  • 畑地土壌肥沃度 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育および土壌養分動態 (第2報) 交換性陽イオン,リン酸および土壌バイオマス量の分布, 松村奈理広, 上野秀人, 中野尚夫, 久保朝夕実, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 113, 2002年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902137297618803
  • Uptake of Carbon and Nitrogen through Roots of Rice and Corn Plants, Grown in Soils Treated with ^13C and ^15N Dual-Labeled Cattle Manure Compost, Yamamuro Shigekazu, Ueno Hideto, Yamada Hiroshi, Takahashi Yumiko, Shiga Yoko, Miyahara Syuko, Shimonihara Tsutomu, Murase Jun, Yanai Junta, Nishida Mizuhiko, Soil science and plant nutrition, 一般社団法人日本土壌肥料学会, Soil science and plant nutrition, 48, 6, 787, 795, 2002年12月, 00380768, 10.1080/00380768.2002.10408704, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001717699, Nitrogen and carbon dynamics in paddy and upland soils for rice cultivation and in upland soil for corn cultivation was investigated by using ^13C and ^15N dual-labeled cattle manure compost (CMC). In a soil with low fertility, paddy and upland rice took up carbon and nitrogen from the CMC at rates ranging from 0.685 to 1.051% of C and 17.6-34.6% of N applied. The ^13C concentration was much higher in the roots than in the plant top, whereas the ^15N concentration differed slightly between them, indicating that organic carbon taken up preferentially accumulated in roots. The ^13C recovery in the plant top tended to be higher in upland soil than in paddy soil, whereas ^15N applied was recovered at the same level in both paddy and upland soils. In the experiment with organic farming soil, paddy rice took up C and N from the CMC along with plant growth and the final recovery rates of ^13C and ^15N were 2.16 and 17.2% of C and N applied. In the corn experiment, a very large amount of carbon from the CMC was absorbed, accounting for at least 7 times value for rice. The final uptake rates of ^13C and ^15N reached about 13 and 10% of C and N applied, respectively. Carbon emission from the CMC sharply increased by 2 weeks after transplanting and the nitrogen emission was very low. It is concluded that rice and corn can take up an appreciable level of carbon and nitrogen from the CMC through roots.
  • 各種有機物すき込み水田における再生紙マルチ直播栽培の苗立ちおよび生育特性, 阿立 真崇, 山下 陽一, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 本荘 陽一, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 38, 48, 49, 2001年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418925
  • 生分解性育苗ポットがカボチャ苗の生育や品質に与える効果 : 第2報 育苗ポット土壌中の水分含量および炭素、窒素濃度に与える影響, 上野 秀人, 松村 奈理広, 宮地 雅仁, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 24, 24, 27, 32, 2002年09月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270422
  • マメ科緑肥施用水田における再生紙マルチ水稲栽培時の生育特性及び養分動態, 山下 陽一, 阿立 真崇, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 本荘 陽一, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 38, 46, 47, 2001年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418924
  • マメ科草生マルチ不耕起水田における水稲26品種の生育および収量特性, 長井 伸, 上野 秀人, 楠谷 彰人, 鈴木 孝康, 本荘 陽一, 松村 奈理広, 奥野 祐崇, 島田 絵未, 三澤 優, 宮地 雅仁, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 38, 44, 45, 2001年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418923
  • マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスNの動態が水稲生育に与える影響, 本荘 陽一, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 長井 伸, 松村 奈理広, 奥野 祐崇, 島田 絵未, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 38, 42, 43, 2001年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418922
  • 有機物資材施用による水田抑草メカニズムの解明 : 栽培初期における焼酎廃液資材及び米ぬかの抑草効果, 鈴木 孝康, 上野 秀人, 三澤 優, 宮地 雅仁, 奥野 裕崇, 島田 絵未, 長井 伸, 松村 奈理広, 本荘 陽一, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 38, 40, 41, 2001年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418921
  • 水稲の登熟期における炭酸同化能と穂の着粒構造の相違が登熟特性に与える影響, 山室成一, 上野秀人, 高橋茂, 森田敏, 松葉捷也, 日本土壌肥料学雑誌, 72, 3, 379, 384, 2001年06月, 0029-0610, 10.20710/dojo.72.3_379, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193780649407
  • マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスN,Pの動態, 本荘陽一, 上野秀人, 鈴木孝康, 松村奈理広, 吉野久恵, 嶺田拓也, 日鷹一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 47, 148, 2001年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902109302708839
  • 23 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育及び土壌養分動態(関西支部講演会), 松村 奈理広, 上野 秀人, 中野 尚夫, 久保 朝夕実, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 48, 2002年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001763694
  • マメ科草生マルチを活用したLISA型不耕起水田土壌における養分動態の解析 栽培初期における緑肥窒素の無機化と有機酸の生成, 鈴木孝康, 上野秀人, 本荘陽一, 松村奈理広, 吉野久恵, 嶺田拓也, 日鷹一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 47, 147, 2001年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902106894383253
  • 22 マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスNの動態 : 緑肥分解と植物生育が土壌バイオマスに及ぼす影響(関西支部講演会), 本荘 陽一, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 松村 奈理広, 長井 伸, 奥野 祐崇, 島田 絵未, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 48, 2002年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001763693
  • 21 マメ科草生マルチを活用したLISA型不耕起水田土壌における養分動態の解析 : 第2報 緑肥草種の違いが有機酸生成に及ぼす影響(関西支部講演会), 鈴木 孝康, 上野 秀人, 本荘 陽一, 松村 奈理広, 長井 伸, 奥野 祐崇, 島田 絵未, 三澤 優, 宮地 雅仁, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 48, 2002年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001763692
  • 13 人工ゼオライトの添加が堆肥化過程に与える効果(関西支部講演会), 広瀬 卯喜応, 上野 秀人, 藤田 豊久, 鈴木 孝康, 本荘 陽一, 松村 奈理広, 福山 寿雄, 松枝 直人, 逸見 彰男, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 48, 2002年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001763684
  • 17-20 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育および土壌養分動態(第2報) : 交換性陽イオン、リン酸および土壌バイオマス量の分布(17.畑地土壌肥沃度), 松村 奈理広, 上野 秀人, 中野 尚夫, 久保 朝夕実, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48, 48, 2002年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001763344
  • マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析 (2) 緑肥由来窒素の動態, 上野秀人, 鈴木孝康, 小林聡, 石川こずえ, 嶺田拓也, 日鷹一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 46, 133, 2000年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902136642382757
  • マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析 (1) 土壌理化学性と生育特性, 鈴木孝康, 上野秀人, 小林聡, 石川こずえ, 嶺田拓也, 日鷹一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 46, 133, 2000年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117104117011
  • マルチングによる無農薬栽培技術(環境創造型水田農法の展開-ダイオキシン汚染水田修復への道-,日本作物学会四国支部会,日本育種学会四国談話会,愛媛大学農学部環境創造型農林業研究会公開シンポジウム), 上野 秀人, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 36, 120, 125, 1999年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418879
  • 土壌のアミダーゼ活性測定法の検討, 上野秀人, 石川こずえ, 鈴木孝康, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 45, 45, 1999年07月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902161400491092
  • 16-19 マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスN、Pの動態(16.水田土壌肥沃度), 本荘 陽一, 上野 秀人, 鈴木 孝康, 松村 奈理広, 吉野 久恵, 嶺田 拓也, 日鷹 一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 47, 47, 2001年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001762586
  • 16-18 マメ科草生マルチを活用したLISA型不耕起水田土壌における養分動態の解析 : 栽培初期における緑肥窒素の無機化と有機酸の生成(16.水田土壌肥沃度), 鈴木 孝康, 上野 秀人, 本荘 陽一, 松村 奈理広, 吉野 久恵, 嶺田 拓也, 日鷹 一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 47, 47, 2001年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001762585
  • Improvement of fertilizer application in rice production toward environmentally conscious agriculture, Bulletin of the Experimental Farm. College of Agriculture, Ehime University, 20, 21, 29, 1999年
  • アメリカ土壌学会に参加して(こんなことが,いま), 上野 秀人, 土と微生物, 日本土壌微生物学会, 土と微生物, 54, 1, 87, 89, 2000年04月, 09122184, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009468018
  • Rice Direct Seeding Method with Recycled-paper Mulching., Ueno Hideto, Shimura Motoko, Yamauchi Minoru, Plant Production Science, CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN, Plant Production Science, 2, 1, 53, 57, 1999年, 1343-943X, 10.1626/pps.2.53, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003491227, We developed a new direct hill seeding method, paper-mulched direct seeding (PMDS). In this method, recycled-paper sheets with rice (Oryza Sativa L.) seeds affixed are spread over a flooded paddy field just after puddling and leveling. Three or five rice seeds were sandwiched between biodegradable gauze or non-woven mesh, fixed to a hole (25 mm diameter) arranged on the sheet at a distance corresponding to the planting density. The sheet gave a very high percentage (98.3%) of germination in water culture of cultivar, Koshihikari. Koshihikari sown by the PMDS method showed a relatively high percentage of seedling establishment, ranging from 70 to 80%. Moreover, a high stability of seedling establishment was obtained by the PMDS method as compared with lowland hill seeding of non-germinated seeds without use of the oxygen supplying chemical, calcium peroxide. Frequencies of vacant hills in the PMDS plot of 5 cultivars, Akitakomachi, Dontokoi, Hinohikari, Hitomebore and Koshihikari, were very low, ranging from 0.40 to 2.33%. Although no herbicide was applied in the PMDS plot, only a few weeds, i.e., Scripus juncoides Roxb. var. ohwians T. koyama and Eleocharis kuroguwai Ohwi were observed, indicating that herbicides are not required in the PMDS. Little lodging was seen in the PMDS plot. The brown rice yield by the PMDS was 615 g m-2. These results clearly demonstrate that the PMDS is useful for hill seeding in flooded paddy fields.
  • 16-10 マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析(2) : 緑肥由来窒素の動態(16.水田土壌肥沃度), 上野 秀人, 鈴木 孝康, 小林 聡, 石川 こずえ, 嶺田 拓也, 日鷹 一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 46, 46, 2000年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001772525
  • 16-9 マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析(1) : 土壌理化学性と生育特性(16.水田土壌肥沃度), 鈴木 孝康, 上野 秀人, 小林 聡, 石川 こずえ, 嶺田 拓也, 日鷹 一雅, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 46, 46, 2000年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001772524
  • 再生紙マルチを利用した水稲の無除草点播直播栽培 (農林水産省農業研究センターS), 上野秀人, 山内稔, 志村もと子, 研究成果情報 総合農業, 1996, 177, 178, 1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193445704452
  • 4 小麦作における追肥窒素の重窒素トレーサー法による動態解析, 上野 秀人, 田谷 省三, 日本作物学会四国支部会報, 日本作物学会, 日本作物学会四国支部会報, 35, 8, 9, 1998年12月, 0915230X, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006418820
  • 水田および畑土壌における遊離アミノ酸の^<13>C, ^<15>Nトレーサー法による動態解析, 山室 成一, 上野 秀人, 高橋 茂, 日本土壌肥料學雜誌, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料學雜誌, 70, 6, 739, 746, 1999年12月, 00290610, 10.20710/dojo.70.6_739, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001747199, 作物によるアミノ酸の直接吸収とアンモニア等への分解後の吸収等について,アスパラギン酸,セリン,グルタミン酸,アラニン,ロイシンを供試し,^<13>C, ^<15>N トレーサー法で検討した。 1)水田土壌にアミノ酸-^<15>NまたはNH_4-^<15>Nを施用し,両区の1週間後における土壌中アンモニア存在割合, 同化,脱窒,吸収の割合を比較検討したところ,それぞれそれほど相違が見られなかった。 2)分けつ盛期の水稲におけるアミノ酸の直接吸収割合は5.5〜7.7%程度と推定された。また,アンモニアへの分解後の吸収割合は42.5〜47.2%程度と考えられた。モデル式により,施用されたアミノ酸は2〜3日程度でアンモニアにほとんど分解されたと推定された。また,アミノ酸RCH(NH_2)COOHのカルボキシル基の分解はR側鎖の炭素原子数が多いほど遅くなる傾向が見られた。アミノ酸の存在量に対する吸収量の割合はアンモニアのそれとほとんど同じであると考えられた。 3)一番花開花直前のトマトにおける施用14日後のアミノ酸の直接吸収割合は0.4〜1.9%と非常に低かった。また,アンモニアへ分解後の吸収割合は16.0〜29.8%程度であった。畑に施用したアミノ酸由来の全吸収窒素量に対する直接吸収の割合は,1.3〜8.6%であり,畑での値が水田でのそれに比べてかなり低かった。
  • 再生紙マルチを利用した水稲の無除草点播直播栽培, 上野秀人, 山内稔, 志村もと子, 近畿中国農業研究成果情報, 1996, 153, 154, 1997年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902170401958090
  • 稲作の施肥改善と環境保全型農業, 上野 秀人, 愛媛大学農学部附属農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 20, 20, 21, 29, 1999年03月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270408
  • 5-18 土壌のアミダーゼ活性測定法の検討(5.土壌生化学), 上野 秀人, 石川 こずえ, 鈴木 孝康, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 45, 45, 1999年07月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001771480
  • 地域生物資源を活かした環境創造型農業開発のための附属農場生物目録(1)その取り組みと植物データベースシステムの構築, 嶺田 拓也, 日鷹 一雅, 上野 秀人, 愛媛大学農学部農場報告, 愛媛大学農学部附属農場, 愛媛大学農学部農場報告, 20, 15, 20, 1999年03月, 09147233, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270407
  • 水稲ポット栽培における有機物由来窒素の吸収利用率, 松山稔, 牛尾昭浩, 桑名健夫, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 149, 1997年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902138239158645
  • 再生紙マルチがなたね油かす施用水田の窒素動態に及ぼす影響, 宮田邦夫, 坂東悟, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 192, 1997年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125692989723
  • 水田に施用した稲わら堆肥由来窒素の動態, 牛尾昭浩, 桑名健夫, 松山稔, 上野秀人, 山室成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 398, 1997年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902103433806722
  • Development of Paper-Mulched Direct Seeding for Rice Plant, Agriculture and Forticulture, 72, 1111, 1117, 1997年
  • Nitrogen Dynamics in Paper-Mulched Paddy Field Fertilized with Controlled-Release Coated Urea by 15N-Method, Plant nutrition-for sustainable food production and environment, 539, 540, 1997年
  • 被覆尿素肥料施用水田-再生紙マルチ栽培における重窒素法による窒素動態解析, 持続的食料生産と環境のための植物栄養, 539, 540, 1997年
  • 温暖地西部における水稲の「嫌気土中直播」による苗立ち (農林水産省農業研究センターS), 山内稔, 上野秀人, 研究成果情報 総合農業, 1995, 179, 180, 1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902166379605327
  • 温暖地西部における水稲の「嫌気土中直播」による苗立ち, 山内稔, 上野秀人, 近畿中国農業研究成果情報, 1995, 105, 106, 1996年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902152981289800
  • 再生紙マルチ直播栽培の開発とこれからの課題, 上野秀人, 農業および園芸, 養賢堂, 農業および園芸, 72, 10, 1111, 1117, 1997年10月, 0369-5247, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902110179722307
  • 15Nトレーサー法による水田における施用牛ふん堆肥由来窒素の動態解析, 桑名健夫, 松山稔, 牛尾昭浩, 上野秀人, 高橋茂, 山室成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 42, 156, 1996年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902177141247505
  • 転換畑土壌におけるトマトの根域制限栽培下での窒素動態, 上野秀人, 山室成一, 近畿中国農業研究, 近畿中国農業研究協議会, 近畿中国農業研究, 94, 18, 22, 1997年09月, 0385-311X, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902166593600200
  • 水稲の嫌気土壌中への直播, 山内稔, BISWAS J K, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 42, 116, 1996年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902123561570376
  • Nitrogen Dynamics in Paddy Field Fertilized with Controlled-Release Coated Urea by 15N-Tracer, Proceedings of International Symposium on Maximizing Sustainable Rice Yields, 857, 865, 1996年
  • 再生紙マルチ直播栽培の開発(環境保全型作物生産), 上野 秀人, 志村 もと子, 山内 稔, 日本作物学会中国支部研究集録, 日本作物学会, 日本作物学会中国支部研究集録, 38, 38, 46, 47, 1997年07月, 0913-4670, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001725330, 近年、米流通の自由化に伴い、大幅な低コスト化が急務となっているばかりでなく、良食味米や低農薬米などの差別化商品への需要が急速に高まっている。低コストの面では直播技術は有望と考えられるが、苗立ち安定性、雑草、倒伏等の問題から本格的な普及拡大にはあまり結びついていないと言える。一方、津野らにより再生紙マルチ移植栽培が考案され、鳥取農試によって確立されて無除草栽培が可能となっている。本研究では、両栽培技術を結びつけることにより、簡易で省力的な点播直播栽培技術の開発を行った。
  • 被覆尿素肥料施用水田における窒素動態の重窒素法による解析, 土壌・環境改善による持続的米生産の最大化に関する国際シンポジウム, 857, 865, 1996年
  • 14 水田に施用した稲わら堆肥由来窒素の動態(関西支部講演会), 牛尾 昭浩, 桑名 健夫, 松山 稔, 上野 秀人, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 43, 1997年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001770644
  • 20-33 再生紙マルチがなたね油かす施用水田の窒素動態に及ぼす影響(20.肥料・施肥法), 宮田 邦夫, 坂東 悟, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 43, 1997年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001770302
  • 被覆尿素施肥‐再生紙マルチ栽培における水田の窒素動態, 上野秀人, 山室成一, 近畿中国農業研究成果情報, 1994, 111, 112, 1995年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902108514278242
  • 16-8 水稲ポット栽培における有機物由来窒素の吸収利用率(16.水田土壌肥よく度), 松山 稔, 牛尾 昭浩, 桑名 健夫, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 43, 43, 1997年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001770221
  • 水稲の紙マルチ栽培における土壌中の窒素動態 (第2報) LP100S肥料によるコシヒカリ栽培, 上野秀人, 山室成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 41, 172, 1995年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171645339011
  • 15Nトレーサー法による農耕地土壌有機物変動の実態的解析 (第2報) 各種有機物の施用初期における分解過程, 山室成一, 高橋茂, 上野秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 41, 148, 1995年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902120257495903
  • 再生紙マルチ栽培における窒素の動態 (農林水産省中国農業試験場S), 上野秀人, 再生紙マルチを利用した水稲移植栽培技術 平成7年, 26, 29, 1995年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902190345843782
  • 輪換畑における根域制限栽培が土壌窒素の動態とトマト果実の糖度に及ぼす影響, 上野秀人, 山室成一, 近畿中国農業研究成果情報, 1993, 199, 200, 1994年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902192647034258
  • 窒素施用による水田土壌窒素の無機化発現量の差異, 高橋茂, 山室成一, 上野秀人, 近畿中国農業研究成果情報, 1993, 45, 46, 1994年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902151855735997
  • 水稲の再生紙マルチ栽培とその効用 被覆尿素肥料活用による施肥改善を中心に, 上野秀人, 農業および園芸, 養賢堂, 農業および園芸, 71, 4, 484, 488, 1996年04月, 0369-5247, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902108263317308
  • 16-21 ^<15>Nトレーサー法による水田における施用牛ふん堆肥由来窒素の動態解析(16.水田土壌肥沃度), 桑名 健夫, 松山 稔, 牛尾 昭浩, 上野 秀人, 高橋 茂, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 42, 42, 1996年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001769504
  • 15Nトレーサー法による農耕地土壌有機物変動の実態的解析 (第1報) 農耕地土壌有機物変動解析手法と各種の15N‐有機物の作成, 山室成一, 上野秀人, 高橋茂, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 206, 1994年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902173746229244
  • 11-30 水稲の嫌気土壌中への直播(11.植物の栄養生態), 山内 稔, Biswas J.K., 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 42, 42, 1996年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001769428
  • 水稲の紙マルチ栽培における土壌中の窒素動態 (第1報), 上野秀人, 山室成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 122, 1994年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127329376801
  • 被覆尿素肥料を全量元肥施用した水田における窒素動態の測定, 上野秀人, 高橋茂, 山室成一, 近畿中国地域における新技術, 27(1993), 34, 40, 1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902111486811097
  • トマトの根域制限栽培における転換畑土壌の窒素動態および品質特性, 上野秀人, 山室成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 334, 1994年03月, 0288-5840, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902101184903965
  • 13CO2空気ボンベ利用による作物の炭酸同化・転流試験の簡便化, 山室成一, 上野秀人, 近畿中国農業研究成果情報, 1992, 39, 40, 1993年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902126391344561
  • 被覆尿素肥料を全量元肥施用した水田における窒素の動態, 上野秀人, 山室成一, 高橋茂, 近畿中国農業研究成果情報, 1992, 43, 44, 1993年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902117825903042
  • 稲わら施用水田における窒素の動態, 山室成一, 上野秀人, 高橋茂, 近畿中国農業研究成果情報, 1992, 41, 42, 1993年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902104289432983
  • 被覆尿素施用水田における土壌中の窒素動態と吸収, 上野秀人, 農業技術, 農業技術協会, 農業技術, 50, 7, 304, 307, 1995年07月, 0388-8479, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902103563573770
  • 20-6 水稲の紙マルチ栽培における土壌中の窒素動態(第2報) : LP100S肥料によるコシヒカリ栽培(20.肥料・施肥法), 上野 秀人, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 41, 41, 1995年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001768765
  • 16-8 ^<15>Nトレーサー法による農耕地土壌有機物変動の実態的解析(第2報) : 各種有機物の施用初期における分解過程(16.水田土壌肥沃度), 山室 成一, 高橋 茂, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 41, 41, 1995年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001768718
  • 作物による遊離アミノ酸の直接吸収, 山室成一, 高橋茂, 上野秀人, 近畿中国農業研究成果情報, 1991, 56, 57, 1992年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902054233335562
  • 根群域下の約1mの黒ボク土壌中における水フラックスの測定, 長谷川 周一, 遅沢 省子, 上野 秀人, 日本土壌肥料學雜誌, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料學雜誌, 65, 2, 224, 225, 1994年04月, 00290610, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001751391
  • 12 トマトの根域制限栽培における転換畑土壌の窒素動態および品質特性(関西支部講演会要旨), 上野 秀人, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 40, 1994年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001762262
  • Assay of chitinase and N‐acetylglucosaminidase activity in forest soils with 4‐methylumbelliferyl derivatives, Hideto Ueno, Kiyotaka Miyashita, Yasuo Sawada, Yutaka Oba, Zeitschrift für Pflanzenernährung und Bodenkunde, 154, 171, 175, 1991年01月, 00443263, 10.1002/jpln.19911540304, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84988144285&origin=inward, Chitinase and N‐acetylglucosaminidase activities in forest soils were examined by a highly sensitive method using 4‐methylumbelliferyl (4MU) derivatives of N‐acetyl‐D‐glucosamine oligomers as substrates. The method involves the fluorometric estimation of the 4‐MU released through the activity of the soil enzymes when a soil sample and the substrate are incubated in a buffer. The activities of both enzymes decreased markedly with depth in the 4 forest soil profiles studied (i.e. Andosol, Podzol, 2 Cambisols). The activities of these soil enzymes were highly correlated with the carbon and nitrogen content of the soils. Copyright © 1991 WILEY‐VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim
  • 093P28 バドミントンのスマッシュの技術分析 : 特に腕の動きについて, 上野 秀人, 小山 秀哉, 日本体育学会大会予稿集, 一般社団法人 日本体育学会, 日本体育学会大会予稿集, 40, 0, 1989年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001933387
  • 7-11 水稲の紙マルチ栽培における土壌中の窒素動態(第1報)(7.水田土壌の肥沃度), 上野 秀人, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 40, 1994年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001761888
  • 11-37 ^<15>Nトレーサー法による農耕地土壌有機物変動の実態的解析(第1報) : 農耕地土壌有機物変動解析手法と各種の^<15>N-有機物の作成(11.環境保全), 山室 成一, 上野 秀人, 高橋 茂, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 40, 40, 1994年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001762055
  • Measurement of Soil Water Flux in Andisols at a Depth below a Root Zone of about 1 Meter, Hasegawa Shuichi, Osozawa Seiko, Ueno Hideto, Soil science and plant nutrition, 一般社団法人日本土壌肥料学会, Soil science and plant nutrition, 40, 1, 137, 147, 1994年03月, 00380768, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001720192, A method which uses the pressure head to predict unsaturated hydraulic conductivity is presented to calculate the soil water flux in a field. Hydraulic conductivities in the primary drying and wetting processes were measured with core samples in the laboratory and the hysteresis between the hydraulic conductivity and pressure head was taken into account. Hydraulic gradients were measured every hour with tensiometers installed in the field. This method was applied to analyze the water movement at 94-cm depth in Hydric Hapludands. Downward or upward flow of water by summing soil water fluxes was examined using the water valance method. Amounts of downward flow determined by our method after heavy rain in a wet soil were slightly larger in the soybean plot but smaller in the bare plot than those obtained by the water balance method due to non-uniform infiltration. Water balance equation which used values of upward flow across a 94-cm depth estimated reasonably well the evapotranspiration from the soybean plot and the evaporation from the bare plot during a dry period. Effect of initial soil water conditions on downward flux by rainfall was well monitored by our method.
  • 22 LPコ-ト140施用水田における土壌および肥料由来窒素の動態(関西支部講演会要旨), 上野 秀人, 高橋 茂, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 39, 39, 1993年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001767896
  • 20 稲わら施用水田における土壌、肥料、稲わら窒素の動態(関西支部講演会要旨), 山室 成一, 高橋 茂, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 39, 39, 1993年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001767894
  • 8-7 緩効性被覆肥料施用転換畑における土壌および肥料由来窒素の動態(8. 畑・草地および園地土壌の肥沃度), 上野 秀人, 山室 成一, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 39, 39, 1993年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001767505
  • 7-9 ^<15>Nトレーサー法による水田の窒素動態簡易解析手法の検討(7. 水田土壌の肥沃度), 山室 成一, 上野 秀人, 高橋 茂, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 39, 39, 1993年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001767489
  • Purification and some properties of extracellular chitinases from Streptomyces sp. S-84., UENO HIDETO, MIYASHITA KIYOTAKA, SAWADA YASUO, OBA YUTAKA, The Journal of General and Applied Microbiology, Applied Microbiology, Molecular and Cellular Biosciences Research Foundation, The Journal of General and Applied Microbiology, 36, 6, 377, 392, 1990年12月, 0022-1260, 10.2323/jgam.36.377, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003458402, The extracellular chitinases produced by Streptomyces sp. S-84 were purified and characterized. Two chitinases, A and B, were separated from the culture filtrate by anion-exchange chromatography and gel filtration. Both of the enzymes catalyzed the degradation of the 4-methylumbelliferyl (4-MU) glycosides of N-acetylglucosamine disaccharide and trisaccharide. Chitinase A hydrolyzed 4-MU-disaccharide more rapidly than 4-MU-trisaccharide. Chitinase B had the reverse effects. Neither enzyme cleaved 4-MU-monosaccharide. Chitinase B, which accounted for more than 99% of the total activity in the culture, was characterized in greater detail. The molecular weight estimated by SDS-PAGE was 44, 000 and the Pi was 4.8. The optimum activity occurred between pH 6.3 and 6.8. The respective Km and Vmax values of chitinase B for 4-MU-disaccharide were 14μM and 42μmol/min/mg protein, and for 4-MU-trisaccharide they were 2.7μM and 66μmol/min/mg protein. Pb2+ and p-chloromercuribenzoic acid inhibited the activity. The major product of hydrolysis of colloidal chitin by chitinase B was disaccharide with trace amounts of mono- and trisaccharide. Chitinase A had somewhat different properties. Its molecular weight, estimated by SDS-PAGE, and Pi were 41, 000 and 8.3, respectively. The optimum activity was between pH 3.4 and 4.2. The respective Km and Vmax values of chitinase A for 4-MU-disaccharide were 49μM and 0.33μmol/min/mg protein, and for 4-MU-trisaccharide they were 14μM and 0.16μmol/min/mg protein. Chitinase A produced a large amount of disaccharide and a small amount of mono-, tri- and tetrasaccharide from colloidal chitin, but the tetrasaccharide disappeared after longer incubation. The patterns of hydrolysis of p-nitrophenylchitooligosaccharide (monosaccharide to tetrasaccharide) were different in the two chitinases. Monospecific antiserum raised against chitinase B inhibited the activity of chitinase B exclusively. These results showed that the strain S-84 produced 2 distinct chitinases.
  • 5-59 フリーアミノ酸の無機化, 有機化, 作物への直接・間接吸収等の動態(5. 植物の無機栄養および養分吸収), 山室 成一, 上野 秀人, 高橋 茂, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 38, 38, 1992年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001766816
  • 1-4 黒ボク土畑のCO_2濃度および流束の季節変化(1. 土壌物理), 遅澤 省子, 長谷川 周一, 上野 秀人, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 38, 38, 1992年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001766647
  • Streptomyces sp. S-84株のキチナーゼ生産と糸状菌細胞壁分解, 上野 秀人, 宮下 清貴, 澤田 泰男, 大羽 裕, 土と微生物, 日本土壌微生物学会, 土と微生物, 38, 38, 17, 23, 1991年12月, 09122184, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009467754, 土壌から分離された放線菌Streptomyces sp. S-84株は,キチンや糸状菌(Fusarium oxysporum f. sp. batatas NIAES5115株におよびF. oxysporum f. sp. cucumerinum NIAES5117株)細胞壁を基質とした培地でキチナーゼを誘導的に生産した。N-アセチルグルコサミンは単独的ではキチナーゼ生産を誘導しなかったが,キチン培地に添加した場合には,キチナーゼ生産を顕著に促進させた。一方,キチン培地にグルコース(0.3%)を添加するとキチナーゼBの生産が抑制された。糸状菌(NIAES5115株)細胞壁を唯一の炭素源としてS-84株を培養したところ,キチナーゼBが誘導的に生産され,この酵素が糸状菌細胞壁分解に関与していると考えられた。
  • 4-47 土壌放線菌の生産する糸状菌細胞壁分解酵素について(第3報) : キチナーゼ遺伝子のクローニング(4.土壌生物), 宮下 清貴, 上野 秀人, 沢田 泰男, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 35, 35, 1989年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001760768
  • 4-46 土壌放線菌の生産する糸状菌細胞壁分解酵素について(第2報) : 放線菌キチナーゼの生産調節機構(4.土壌生物), 上野 秀人, 宮下 清貴, 澤田 泰男, 大羽 裕, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 35, 35, 1989年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001760767
  • 4-59 土壌放線菌の生産する糸状菌細胞壁分解酵素について(4.土壌生物), 上野 秀人, 宮下 清貴, 沢田 泰男, 吉田 冨男, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 一般社団法人日本土壌肥料学会, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 34, 34, 1988年03月, 02885840, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001765509
  • 18, 24, 2005年
  • 715, 718, 2004年
  • 72, 1111, 1117, 1997年
  • 539, 540, 1997年
  • 857, 865, 1996年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.