研究者データベース

庭﨑 隆ニワサキ タカシ

所属部署名共通教育センター
職名教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    庭﨑 隆
  • 氏名(カナ)

    ニワサキ タカシ

所属

所属・職名

  • 部署

    教育・学生支援機構 共通教育センター
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1989年, 北海道大学大学院, 理学研究科, 数学専攻
  • 1986年, 北海道大学, 理学部, 数学科
  • 1989年
  • 1986年

学位

  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本数学会
  • 大学教育学会

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 数学, 代数学

研究キーワード

  • 有限群

著書・発表論文等

論文

  • 初年次科目「スポーツ」における授業内容と成績評価方法の標準化, 浅井英典,糸岡夕里,牛山眞貴子,日野克博,福田隆,山本直史, 山崎哲司,山田剛史,庭崎隆, 大学教育学会誌, 2014年05月, [査読有り]
  • On a theorem of P. Hall, Asai Tsunenobu, Chigira Naoki, Niwasaki Takashi, Takegahara Yugen, JOURNAL OF GROUP THEORY, 2013年01月, [査読有り], 1433-5883, 10.1515/jgt-2012-0034
  • 大規模初年次科目「こころと健康」の科目設計と標準化, 庭崎 隆, 野本 ひさ, 佐伯 修一, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 2012年, [査読有り]
  • 数学リメディアル教育の実施報告, 庭崎 隆, 大学教育実践ジャーナル, 大学教育実践ジャーナル, 2008年03月, [査読有り]
  • Crossed homomorphisms from rank 2 abelian to exceptional p-groups, Journal of Algebra, 2003年, [査読有り], 10.1016/S0021-8693(03)00451-4
  • Some properties of Handamard matrices coming from dihedral groups, KIMURA H, NIWASAKI T, Graphs and Combinatorics, 2002年, [査読有り], 0911-0119, 10.1007/s003730200024

講演・口頭発表等

  • 自立型人材の育成を目指した愛媛大学の取り組み, 仲道雅輝,都築和宏,平田浩一,藤岡克則,秋山英治,庭?隆,山?哲司,田中寿郎, 大学eラーニング協議会総会・フォーラム2015, 2016年, 信州大学
  • 文科省共同教育推進事業8大学連携数学ワーキングの取り組みとその成果, 佐藤眞久,庭?隆, 大学eラーニング協議会総会・フォーラム2015, 2016年, 信州大学
  • 教養教育における教育方法と学修効果の検証と質の保証について, 庭?隆, 国立大学教養教育実施組織会議(第三分科会), 2015年, 盛岡市
  • 愛媛大学共通教育における アクティブ・ラーニングを取り入れた科目群の導入, 庭?隆, 茨城大学フォーラム「アクティブラーニングの全学展開を考える」, 2014年, 茨城大学
  • 有限群のp-部分群と斜準同型写像について, 淺井恒信,庭?隆, RIMS 研究集会「有限群とその表現,頂点作用素代数,代数的組合せ論の研究」, 2013年, 京都大学
  • 自己準同型写像の個数による例外2群の特徴付け, 淺井恒信,庭?隆, 日本数学会秋季総合分科会, 2013年, 愛媛大学
  • 初年次科目と教職科目における大学体育の標準化への取り組み, 庭?隆, 大学教育学会 第34回大会, 2012年, 北海道大学
  • 学部学生の教育支援活動への参画について, 庭?隆, シンポジウム「ティーチング・アシスタント制度とキャリア教育への展開」, 2011年, 大阪大学
  • 愛媛大学の共通教育におけるスポーツ科目の標準化への取り組み, 庭?隆, 国立大学教養教育実施組織会議(第二分科会), 2011年, 静岡市
  • 共通教育科目「スポーツ」における標準化への取り組み, 庭?隆, 大学教育学会 第33回大会, 2011年, 桜美林大学
  • 有限群の斜準同型に関する予想の拡張について, 庭?隆, 第28回代数的組合せ論シンポジウム, 2011年, 大分大学
  • 組織的な数学のリメディアル教育について, 庭?隆, 第4回理学系大学教育に関する研究フォーラム, 2010年, 岡山大学
  • 様々な学習支援の方法, 庭?隆,城間祥子,山内一祥, SPODフォーラム, 2009年, 愛媛大学
  • 数学のリメディアル教育の実施報告, 庭?隆, 第56回中国・四国地区大学教育研究会, 2008年, 鳥取大学
  • 斜準同型に関わる幾つかの完全列, 庭?隆, 第16回有限群論草津セミナー, 2004年, 草津セミナーハウス
  • 例外型の群の斜準同型について, 庭?隆, 第14回有限群論草津セミナー, 2002年, 草津セミナーハウス
  • |Z(C,H)| についての予想の p-群への帰着, 淺井恒信,庭?隆, 拡大群論セミナー, 2002年, 北海道大学
  • 巾乗和で定義される写像とコサイクルについて, 庭?隆, 第13回有限群論草津セミナー, 2001年, 草津セミナーハウス
  • 二面体群へのコサイクルの個数について, 淺井恒信,竹ヶ原裕元,庭?隆, 京都大学数理解析研究所短期共同研究集会「有限群のコホモロジー論」, 2001年, 京都大学
  • 巡回群からのコサイクルの数え上げについて, 庭?隆, 群論特別セミナー, 2001年, 室蘭工業大学
  • 非可換群へのコサイクルについて, 庭?隆, 第12回有限群論草津セミナー, 2000年, 草津セミナーハウス

作品

  • 1995年 - 1995年

MISC

  • 有限群の$p$部分群と斜準同型写像について (有限群とその表現,頂点作用素代数,代数的組合せ論の研究), 淺井 恒信, 庭崎 隆, 数理解析研究所講究録, 京都大学, 数理解析研究所講究録, 1872, 176, 182, 2014年01月, 1880-2818, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009676107
  • Crossed homomorphisms and the Schur-Zassenhaus theorem (有限群のコホモロジー論の研究 短期共同研究報告集), 淺井 恒信, 竹ヶ原 裕元, 千吉良 直紀, 庭崎 隆, 数理解析研究所講究録, 京都大学, 数理解析研究所講究録, 1357, 23, 30, 2004年02月, 1880-2818, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000167911
  • 斜準同型の個数に関する予想の$p$-群への帰着 (代数的組合せ論), 淺井 恒信, 庭崎 隆, 数理解析研究所講究録, 京都大学, 数理解析研究所講究録, 1327, 202, 206, 2003年06月, 1880-2818, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000167467
  • 二面体群へのコサイクルの個数について (有限群のコホモロジー論の研究), 淺井 恒信, 竹ヶ原 裕元, 庭崎 隆, 数理解析研究所講究録, 京都大学, 数理解析研究所講究録, 1251, 70, 82, 2002年02月, 1880-2818, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000166107
  • 1327, 202, 206, 2003年
  • 1357, 23, 30, 2004年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.