詳細検索はこちら

高山 弘太郎タカヤマ コウタロウ

所属部署
大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://web.agr.ehime-u.ac.jp/~pgs/
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 2004年, 東京大学, 農学生命科学研究科, 生物・環境工学専攻
  •  - 2001年, 東京大学, 農学生命科学研究科, 生物・環境工学専攻
  •  - 1999年, 東京大学, 農学部, 地域環境工学専修

経歴

  •   2004年, - 愛媛大学農学部
  •   2001年,  - 2004年,  東京大学大学院農学生命科学研究科

所属学協会

  • 日本植物工場学会
  • 日本光合成研究会
  • 日本生物環境調節学会
  • 日本植物生理学会

研究活動情報

研究キーワード

    生物環境情報工学, 生体情報計測, 画像計測, 植物診断

MISC

  • 除草剤による植物の光合成機能障害の画像診断―クロロフィルa蛍光解析におけるインダクション法と飽和パルス法の比較―
    大政謙次, 高山弘太郎, 後藤英司, 植物工場学会誌, 13, (1) 29 - 37,   2001年
  • 除草剤による植物の光合成機能障害の画像診断―尿素系土壌処理剤がin situのキュウリ葉に与える影響の解析―
    高山弘太郎, 大政謙次, 植物工場学会誌, 13, (4) 247 - 253,   2001年
  • Simultaneous measurement of stomatal conductance, non-photochemical quenching, and photochemical yield of photosystem II in intact leaves by thermal and chlorophyll fluorescence imaging
    OMASA K, TAKAYAMA K, Plant and Cell Physiology, 44, (12) 1290 - 1300,   2003年
  • Diagnosis of invisible photosynthetic injury caused by a herbicide (Basta) with chlorophyll fluorescence imaging system
    the CIGR Journal of Scientific Research and Development, 5, (14) 1 - 12,   2003年
  • Diagnosis of photosynthetic injury caused by agricultural chemicals using chlorophyll fluorescence imaging
    Proceedings of The XIV Memorial CIGR World Congress 2000,   2000年
  • Comparison of the induction method with the saturation pulse method in chlorophyll fluorescence imaging
    PS2001 Proceedings: 12th International Congress on Photosynthesis, S15, (009) 1 - 4,   2001年
  • Analysis of effects of abscisic acid on Cucumis sativus L. leaves using chlorophyll fluorescence imaging and thermal imaging
    PS2001 Proceedings: 12th International Congress on Photosynthesis, S15, (010) 1 - 4,   2001年

書籍等出版物

受賞

  •   2002年, 日本植物工場学会論文賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.