詳細検索はこちら

上加 裕子ウエカ ユウコ

所属部署
大学院農学研究科 食料生産学専攻
職名助教
メールアドレスueka.yuko.mx[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://web.agr.ehime-u.ac.jp/~brs/index.html
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究者基本情報

学歴

  •  - 2008年, 九州大学, 大学院生物資源環境科学府, 生産環境科学専攻

経歴

  •   2008年,  - 2009年,  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター
  •   2008年,  九州大学大学院農学研究院

所属学協会

  • 農業食料工学会

研究活動情報

論文

MISC

  • 携帯電話カメラでの捕虫シート撮影による害虫発生数の監視
    石山 塁, 有馬 誠一, 上加 裕子, 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 2014, (30) 1 - 6,   2014年02月24日, 農業現場に取り入れられてきている IPM (総合的病虫害管理) が効果を発揮するためには,現場の害虫発生量を精密に監視する必要がある.この作業を日常業務内で迅速に低コストで行うことは,現場作業者のスキルに大きく依存しているという課題がある.本報告では,携帯端末で捕虫シートの写真を撮影するだけで,簡便に害虫発生量を監視できるクラウドサービスを提案し,実際に植物工場で集めた画像に対し,捕獲した数百匹の害虫数を手動計測した正解データを用意し,画像処理の有効性を評価したので報告する.単純なアルゴリズムながらも多地点でのデータ収集に十分活用できることがわかった.画像認識クラウドサービスによりデータ収集を容易化しマッピングデータを得ることができれば,大規模施設における局所的な収量差の改善や,外部からの病害虫の侵入予察など,有益な知見が得られる可能性を示した.今後,広域かつ時系列の画像データ収集を行い,異常発生の兆候検出が可能であるかを検討したい.The integrated pest management (IPM) is widely-used methodology among agri-food industries, but the common problem is that its effectiveness strongly depends on the skills of the operators working in the field. In this study, we propose a system for monitoring the pest population by taking a photo of a trap sheet and recognizing it automatically. Our system is used to collect detailed monitoring data over the fields without requiring the operators' skill and time-consuming work. As experimental data set, sheet images were collected in the real agriculture field, then the image processing engine to recognize the number of trapped pests was tested. The proposed system makes it practical to collect detailed mapping data of pest population in and around the field. The implementation of the system is future work, but our analysis of the manually collected data extracted the valuable information,,such as the local differences in the plant environments and the forecasts of invading pests from outside.
  • 低コスト・省力化,軽労化技術等の開発―施設園芸における高度環境制御技術の開発―第1編 施設園芸作業の省力・軽労化アシストシステムの開発 第2章 遠隔リアルタイムモニタリングシステムによる作業の省力化支援システムの開発 1 植物生育診断ロボットの開発(1)自律走行ユニットの開発
    有馬誠一, 上加裕子, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, (544) 23 - 24,   2016年03月31日
  • Early detection of drought stress in tomato plants with chlorophyll fluorescence imaging - Practical application of the speaking plant approach in a greenhouse
    K. Takayama, H. Nishina, S. Iyoki, S. Arima, K. Hatou, Y. Ueka, Y. Miyoshi, IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline), 18,   2011年12月01日, The chlorophyll fluorescence imaging technique is useful for evaluating photosynthetic functions of plants without actually touching the plant. In our previous study, we developed a chlorophyll fluorescence imaging system for tomato plants cultivated in greenhouses. This imaging system measures the chlorophyll fluorescence induction phenomenon, a dynamic change in chlorophyll fluorescence intensity induced by illuminating a dark-adapted leaf with a stable intensity excitation light, and analyzes the shape of the induction curve, i.e., the temporal course of chlorophyll fluorescence intensity during this phenomenon. The shape of the induction curve is characterized by an initial maximum peak (P), subsequent transient dip (S), and secondary small peak (M). We defined an index, the photosynthetic function index (PFI; fluorescence intensity of P divided by the average fluorescence intensity from S to M), to evaluate the shape of the induction curve. In this study, we applied this system to detect drought stress in tomato plants cultivated in a semi-commercial greenhouse. PFI was clearly lower in stressed plants than in healthy plants. The decreased PFI in stressed plants is probably attributable to photosynthetic dysfunction in these plants. © 2011 IFAC.
  • Root temperature control system using cold water in greenhouse
    Noriko Takahashi, Hiroshige Nishina, Kotaro Takayama, Ryo Ebara, Seiichi Arima, Kenji Hatou, Yuko Ueka, Yuzuru Miyoshi, American Society of Agricultural and Biological Engineers Annual International Meeting 2012, ASABE 2012, 7,   2012年01月01日, Air temperature in greenhouse is high for tomato plants in summer. It is important to maintain optimum temperature in greenhouse for yield. The cost of whole cooling in greenhouse is so expensive that local temperature control is suggested. Our previous research showed tomato plants with root cooling at 25°C increased yields compared with those with no cooling. The chilled water can be used for root cooling system in greenhouse. The objective of this research was to evaluate the root cooling system using cold water for growing tomato plants in summer. Tomato plants were grown hydroponically in greenhouse. The cooling water flows into PVC pipe which is installed under cultivation bed. Water temperature was maintained at 12°C. Inlet and outlet water in pipe and rockwool temperatures were measured. Our results showed that the rockwool temperature was maintained around 22°C with high air temperature (30°C) using root cooling system.
  • Development of a multi-operation system for intelligent greenhouses
    Shinde Dhanashri Balaso, Seiichi Arima, Yuko Ueka, Masahiro Kono, Hiroshige Nishina, Hato Kenji, Kotaro Takayama, Noriko Takahashi, IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline), 1,   2013年01月01日, To resolve the problem of declination of Japanese agriculture, plant factories with automation, quality control, robotization and speaking plant approach are necessary. The multi operation system described in this paper has running unit with automatic position sensing. Growth environment measurement unit has transpiration, photosynthesis, distance and temperature sensors to obtain plant growth information. The pest control unit uses the antiseptic effect of ozone water. The harvesting unit is used for cucumbers that grow fast; recognition of cucumbers ready to be harvested is achieved through distance information gathered by an attached photo interrupter and distance sensors. The development of multi-operation robot is continued by developing controlling program that can change the operating pattern by sharing the contents by each controlling and operating unit.
  • 農用ゴム履帯と転輪との非線形作用特性と車両の振動特性の予測
    光岡宗司, 井上英二, 宮本亮, 福島崇志, 岡安崇史, 古野裕子, テラメカニックス, (27) 57 - 62,   2007年05月07日
  • 構造を有する土の締固め現象に関する弾塑性有限要素解析
    岡安崇史, 大山将史, 古野裕子, 松田浩幹, 光岡宗司, 井上英二, 橋口公一, 上野正実, 深見公一郎, テラメカニックス, (27) 63 - 68,   2007年05月07日

講演・口頭発表等

  • 省力的な農業生産を目指した技術開発の現状と課題
    上加 裕子, 平成28年度知的財産の技術移転加速化事業及び産学連携支援事業セミナー『中四国の農業を支えるAI・省力化技術開発の最前線』,   2016年10月26日, 招待有り
  • 太陽光利用型植物工場における害虫カウントシステムの自動化に関する研究
    田邉祐基, 有馬誠一, 上加裕子, 竹場裕城, 農業食料工学会年次大会講演要旨,   2016年05月20日
  • 植物工場における生産性向上のためのマルチオペレーションロボットの開発―キュウリ収穫ユニットの果実認識機構改善と実証実験―
    有馬誠一, BALASO Shinde Dhanashri, 上加裕子, 中川嘉之, 上中谷聡, 農業食料工学会年次大会講演要旨,   2016年05月20日
  • 高回生システムを有する電動モノレールの開発
    上加裕子, 有馬誠一, 佐藤員暢, 片山了輔, 神岡弘貴, 千種英樹, 東澤英則, 隅田茂, 農業食料工学会年次大会講演要旨,   2016年05月20日
  • 太陽光利用型植物工場における天窓からの外気流入促進に関する研究―モデルの有効性と天窓開閉制御による効果の検証―
    成内真二, 上加裕子, 有馬誠一, 農業食料工学会年次大会講演要旨,   2016年05月20日
  • 太陽光利用型植物工場換気時の気流循環に関する研究―植物体モデルを導入した数値流体解析―
    成内真二, 上加裕子, 有馬誠一, 農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 害虫発生モニタリングシステムに向けた害虫カウントプログラムの開発
    田邉祐基, 有馬誠一, 上加裕子, 農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 害虫捕殺粘着シート撮影による害虫発生モニタリングシステムの開発
    有馬誠一, 上加裕子, 田邊祐基, BALASO Shinde Dhanashri, 日本生物環境工学会大会講演要旨,   2015年
  • 植物工場における生産性向上のためのマルチオペレーションロボットの開発―傾斜棚栽培を対象としたキュウリ収穫ユニットの果実認識機構改善―
    中川嘉之, 有馬誠一, 上加裕子, 河野将大, BALASO Shinde Dhanashri, 農業食料工学会年次大会講演要旨,   2014年05月15日
  • 1A1-Q08 太陽光利用型植物工場の生産性向上のためのマルチオペレーションシステムの開発(農業用ロボット・メカトロニクス)
    有馬 誠一, 上加 裕子, 河野 将大, 仁科 弘重, 羽藤 堅治, 高山 弘太郎, 高橋 憲子, Balaso Shinde Dhanashri, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2013年05月22日, To resolve the problem of declination of Japanese agriculture, plant factories with automation, quality control, robotization and speaking plant approach are necessary. The multi operation system described in this paper has running unit with automatic position sensing. Growth environment measurement unit has transpiration, photosynthesis, distance and temperature sensors to obtain plant growth information. The pest control unit uses the antiseptic effect of ozone water. The harvesting unit is used for cucumbers that grow fast; recognition of cucumbers ready to be harvested is achieved through distance information gathered by an attached distance sensors. The development of multi-operation robot is continued by developing controlling program that can change the operating pattern by sharing the contents by each controlling and operating unit.
  • 農業環境工学分野における気流計測技術
    上加 裕子, 平成24年度近畿中国四国農業試験研究推進会議 農業環境工学推進部会 農業環境工学トピックス,   2013年01月, 招待有り
  • 1A1-A02 太陽光利用型知的植物工場におけるマルチオペレーションロボットの開発(農業用ロボット・メカトロニクス)
    有馬 誠一, 上加 裕子, 神村 泰地, 仁科 弘重, 羽藤 堅治, 高山 弘太郎, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2011年05月26日, The autonomous driving unit using the regression reflective type laser sensor and the laser range sensor has been developed aiming at automation and robotization of various work in the intelligent greenhouse (harvesting and pest control) and plant diagnosis information measurement. Some study cases of on-board equipped system of harvesting, pest control and plant diagnosis information measurement are reported.
  • 1A1-B04 知的植物工場における植物生育診断ロボットの開発
    有馬 誠一, 仁科 弘重, 羽藤 堅治, 高山 弘太郎, 上加 裕子, 岡 侍秀, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2010年, For establishment and the spread of the intelligent greenhouse which stably enabled farming, the high quality and the stable supply are essential tasks. Moreover, the environmental control and delicate cultivation management are necessary for implementation. Then, we developed the autonomous travelling robot diagnosing plant growth for the tomato cultivation. This robot collects the plant diagnosis information such as the temperature of the leaf and the photosynthesis function with the self-position in the intelligent greenhouse. As a result, this study showed that the growth diagnosing robot was a promising technique for monitoring of the health condition of the tomato crops in the intelligent greenhouse.
  • 一定風速条件下における藁の飛行シミュレーション
    松浦大海, 古野裕子, 深田龍介, 松井正実, 井上英二, 岡安崇史, 九州農業研究発表会専門部会発表要旨集,   2008年08月
  • 藁群の終末速度および選別風との相互作用に関する研究
    古野 裕子, 松井 正実, 井上 英二, 森 健, 岡安 崇史, 松浦 大海, 農業機械学会誌,   2008年03月20日
  • k-εモデルを導入した選別風の数値流体解析
    古野 裕子, 松浦 大海, 松井 正実, 井上 英二, 森 健, 岡安 崇史, 農業機械学会誌,   2008年03月20日
  • 穀粒群が受ける抗力に関する研究
    古野裕子, 松井正実, 井上英二, 森健, 岡安崇史, 深田龍介, 九州農業研究発表会専門部会発表要旨集,   2007年08月
  • 一定風速条件下における穀粒群の飛散シミュレーション
    古野裕子, 深田龍介, 松井正実, 井上英二, 岡安崇史, 森健, 農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM),   2007年
  • 選別風を受ける籾群・藁群の飛行特性
    古野裕子, 松井正実, 井上英二, 森健, 岡安崇史, 深田龍介, 農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM),   2007年
  • 画像処理による穀粒群の飛散範囲の考察
    古野裕子, 松井正実, 井上英二, 深田龍介, 岡安崇史, 森健, 九州農業研究発表会専門部会発表要旨集,   2006年08月

特許

  • 植物育成用施設, 高山 弘太郎, 仁科 弘重, 松岡 明日香, 有馬 誠一, 羽藤 堅治, 三好 譲, 上加 裕子, 特願2010-187063, 特開2012-044873, 特許第5515118号
  • 植物育成用施設, 高山 弘太郎, 仁科 弘重, 松岡 明日香, 有馬 誠一, 羽藤 堅治, 三好 譲, 上加 裕子, 特願2010-187063, 特開2012-044873

受賞

  •   2013年09月, 2013 EAEF Best paper Award
  •   2007年, 第62回農業機械学会九州支部例会 ポスター賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.