研究者データベース

近藤 光志コンドウ コウジ

所属部署名宇宙進化研究センター
職名助教
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    近藤 光志
  • 氏名(カナ)

    コンドウ コウジ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    宇宙進化研究センター

学歴等

学位

  • 修士(理学)
  • 博士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本地球惑星科学連合
  • 地球電磁気・地球惑星圏学会
  • American Geophysical Union

委員歴

  • 2015年04月 - 2017年03月, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 学生発表賞(オーロラメダル)審査員

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 地球惑星科学, 超高層物理学

研究キーワード

  • シミュレーション
  • 宇宙プラズマ

著書・発表論文等

論文

  • Properties of extremely asymmetric magnetic reconnection, Nitta, S., and Kondoh, K., The Astrophysical Journal, 2019年02月, [査読有り], 10.3847/1538-4357/aade98
  • Numerical MHD study for Plasmoid Instability in Uniform Resistivity, Shimizu, T., Kondoh, K., and Zenitani, S.,, Physics of Plasmas, 2017年11月, [査読有り], 10.1063/1.4996249
  • MHD study of three-dimensional spontaneous fast magnetic reconnection for cross-tail plasma inflows in magnetotail, Shimizu Tohru, Torii Hiroyuki, Kondoh Koji, EARTH PLANETS AND SPACE, 2016年05月, [査読有り], 1880-5981, 10.1186/s40623-016-0462-9
  • Critical differences of asymmetric magnetic reconnection from standard models, Nitta, S., Wada, T., Fuchida, T., and Kondoh, K., The Astrophysical Journal, 2016年09月, [査読有り], 0004637X, 10.3847/0004-637X/828/1/63
  • Study of plasma flow reversal in the near-Earth plasma sheet using numerical computations, Kondoh Koji, Shimizu Tohru, EARTH PLANETS AND SPACE, 2014年10月, [査読有り], 1880-5981, 10.1186/s40623-014-0147-1
  • Magnetohydrodynamic study for three-dimensional instability of the Petschek type magnetic reconnection, T. Shimizu, K. Kondoh, Physics of Plasmas, 2013年12月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.4846857
  • Multi-point observations of earthward fast flow in the plasma sheet by virtual satellites located in the MHD simulation domain, Kondoh Koji, Ugai Masayuki, Shimizu Tohru, ADVANCES IN SPACE RESEARCH, 2011年07月, [査読有り], 0273-1177, 10.1016/j.asr.2011.03.025
  • Three-dimensional non-linear instability of spontaneous fast magnetic reconnection, T. Shimizu, K. Kondoh, M. Ugai, Earth, Planets and Space, 2009年01月, 13438832
  • Modeling of substorms and flares by the fast reconnection mechanism, Ugai, M., Kondoh, K. & Shimizu, T., Earth Planets and Space, 2009年01月, [査読有り], 13438832
  • Three-dimensional earthward fast flow in the near-Earth plasma sheet in a sheared field: comparisons between simulations and observations, Kondoh, K. & Ugai, M., Ann. Geophys., 2009年12月, [査読有り], 09927689, 10.5194/angeo-27-2297-2009
  • Magnetohydrodynamic study of three-dimensional instability of the spontaneous fast magnetic reconnection, Shimizu, T., Kondoh, K., Shibata, K., & Ugai, M., Phys. Plasmas, 2009年06月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.3095562
  • MAGNETOHYDRODYNAMICS STUDY OF THREE-DIMENSIONAL FAST MAGNETIC RECONNECTION FOR INTERMITTENT SNAKE-LIKE DOWNFLOWS IN SOLAR FLARES, Shimizu, T., Kondoh, K., Ugai, M. & Shibata, K., The Astrophysical Journal, 2009年, [査読有り], 10.1088/0004-637X/707/1/420
  • Three dimensional configuration of earthward fast plasma flow in the near-Earth plasma sheet, Kondoh Koji, Ugai Masayuki, Shimizu Tohru, EARTH PLANETS AND SPACE, 2009年, [査読有り], 1343-8832, 10.1186/BF03352934
  • Numerical studies on three-dimensional earthward fast plasma flows in the near-Earth plasma sheet by the spontaneous fast reconnection model, Kondoh, K. & Ugai, M., J. Geophys. Res., 2008年03月, [査読有り], 10.1029/2007JA012707
  • Study of three dimensional structure of the fast convection flow in the plasma sheet by MHD simulations on the basis of spontaneous fast reconnection model, Kondoh, K. & Ugai, M., Adv. Space Res., 2007年06月, [査読有り], 02731177, 10.1016/j.asr.2007.02.021
  • Adiabatic expansion acceleration process in spontaneous fast magnetic reconnection, Shimizu, T., Ugai, M., & Kondoh, K., Adv. Space Res., 2006年05月, [査読有り], 02731177, 10.1016/j.asr.2005.05.119
  • Three dimensional computer simulation of magnetic loop associated with magnetic reconnection, Kondoh, K., Ugai, M., & Shimizu, T., Adv. Space Res., 2006年05月, [査読有り], 02731177, 10.1016/j.asr.2005.05.021
  • Evolution of magnetospheric current wedge by the spontaneous fast reconnection model, Ugai, M. & Kondoh, K.,, Phys. Plasmas, 2006年11月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.2359719
  • MHD shock wave structure in supersonic magnetic reconnection, Tohru Shimizu, Koji Kondo, Masayuki Ugai, European Space Agency, (Special Publication) ESA SP, 2005年12月, 03796566
  • Three dimensional analysis of shock structure around magnetic loop associated with spontaneous fast magnetic reconnection, K. Kondoh, M. Ugai, T. Shimizu, European Space Agency, (Special Publication) ESA SP, 2005年12月, 03796566
  • Spontaneous fast reconnection model in three dimensions, M. Ugai, K. Kondoh, and T. Shimizu, Physics of Plasmas, 2005年04月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.1883181
  • The dynamics of plasmoid in asymmetric spontaneous fast reconnection, K. Kondoh, M. Ugai, T. Shimizu, Advances in Space Research, 2004年04月, [査読有り], 02731177, 10.1016/S0273-1177(03)00644-6
  • Computer Studies on the three dimensional spontaneous fast reconnection model as a nonlinear instability, M. Ugai, K. Kondoh, and T. Shimizu, Physics of Plasmas, 2004年04月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.1677110
  • Study of three dimensional plasmoid dynamics by the spontaneous fast reconnection model: effects of dawn-dusk magnetic field, K. Kondoh and M. Ugai, Adv. Space Res., 2004年04月, [査読有り], 02731177, 10.1016/S0273-1177(03)00645-8
  • Computer Simulations on three-dimensional magnetic loop dynamics by the spontaneous fast reconnection model, M. Ugai, K. Kondoh, and T. Shimizu, Physics of Plasmas, 2003年02月, [査読有り], 1070664X, 10.1063/1.1536613
  • Computer Simulation of Flux Transfer Event:Effect of Solar Wind Flow, K. Kondoh, M. Ugai, Adv. Space Res., 2002年04月, [査読有り], 02731177, 10.1016/S0273-1177(02)00031-5
  • Computer studies on the spontaneous fast reconnection evolution in various physical situations, M. Ugai, K. Kondoh, Physics of Plasmas, 2001年05月, [査読有り], 1070-664X, 10.1063/1.1360212
  • The correlation between CIR ion intensity and solar wind speed at 1 AU, Kobayashi, M. N., T. Doke, J. Kikuchi, T. Hayashi, K. Itsumi, T. Takashima, N. Takehana, H. Shirai, J. Yashiro, N. Hasebe, K. Kondoh, T. Yanagimachi, M. Nagatani, A. Harada, and B. Wilken, Adv. Space Res., 2000年09月, [査読有り], 02731177
  • Observation of galactic cosmic ray particles by the HEP-HI telescope on the GEOTAIL satellite, T. Doke, N. Hasebe, N. Hasebe, T. Hayashi, K. Itsumi, J. Kikuchi, M. N. Kobayashi, K. Kondoh, H. Shirai, T. Takashima, T. Takehana, Y. Yamada, T. Yanagimachi, J. Yashiro, Advances in Space Research, 1999年12月, [査読有り], 02731177
  • The intensity variation of cosmic rays associated with corotating interaction regions, K.Kondoh, N.Hasebe, T.Doke, J.Kikuchi, T.Takashima, M.N.Kobayashi, T.Yanagimachi, J.Medina, J.Sequeiros, Adv. Space Res., 1999年12月, [査読有り], 02731177
  • The Relationship between Corotating Energetic Ion Enhancement and Solar Wind Speed at 1 AU, Kobayashi Masanori, Doke Tadayoshi, Kikuchi Jun, Hayashi Takayoshi, Takashima Takeshi, Takehana Naohiro, Shirai Hidekazu, Hasebe Nobuyuki, Kondoh Koji, Wilken Berend, Journal of the Physical Society of Japan, Journal of the Physical Society of Japan, 1998年11月, 0031-9015, 10.1143/JPSJ.67.3991
  • Composition and Energy Spectra of Anomalous Cosmic Rays Observed by The Geotail Satellite, HASEBE N, DOKE T, YANAGIMACHI T, NAGATA K, KOHNO T, MUNAKATA K, YANAGITA S, KASHIWAGI T, WILKEN B, Adv. Space Res., 1997年12月, [査読有り], 0273-1177, 10.1016/S0273-1177(96)00152-4
  • The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the Geotail and the Wind Spacecrafts, The Astrophysical Journal Letters, 1997年, [査読有り], 10.1086/310533
  • Gloval Distribution of Trapped He Fluxes From OHZORA Satellite During the Geomagnetically Quiet Period of 1984-1987, N. Hasebe A. Ryowa M. Kobayashi K. Kondoh J. Hamada Y. Mishima K. Nagata K. Kohno J. Kikuchi T. Doke, Radiation Belt: Models and Standards, Geophysical Monograph 97, American Geographycal Union, 1996年, [査読有り], 10.1029/GM097p0255
  • Corotating Ion Events Associated with Cosmic Ray Modulation, HASEBE N, KONDOH K, DOKE T, YANAGIMACHI T, NAGATA K, KASHIWAGI T, MUNAKATA K, KOHNO T, WILKEN B, J. Geomag. Geoelectr, 1995年, 0022-1392, 10.5636/jgg.47.1333

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 非対称磁気リコネクションの強非対称極限での振る舞い, 新田伸也, 丸山翔矢, 近藤光志, 日本天文学会年会講演予稿集, 2017年08月
  • 非対称磁気リコネクションの磁気流体計算, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会2017年秋学会, 2017年10月
  • 非対称磁気リコネクションに関する新たな知見がもたらすもの, 新田伸也, 近藤光志, 丸山翔矢, 日本天文学会年会講演予稿集, 2016年08月
  • 非対称電流シートでの磁気リコネクションの特徴, 新田伸也, 和田智秀, 淵田泰介, 近藤光志, 日本天文学会年会講演予稿集, 2016年02月
  • Simulation study of the asymmetric magnetic reconnection in the shear flow, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会2016年秋学会, 2016年11月
  • 強非対称磁気リコネクションの非対称度依存性, 新田伸也, 淵田泰介, 和田智秀, 近藤光志, 日本天文学会年会講演予稿集, 2015年08月
  • 非対称電流シートでの磁気リコネクションの特異的特徴, 和田智秀, 新田伸也, 淵田泰介, 近藤光志, 日本天文学会年会講演予稿集, 2015年02月
  • 非対称磁気リコネクションにおける拡散領域の構造変化, 淵田泰介, 近藤光志, 新田伸也, 和田智秀, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2015年
  • 非対称電流シートでの磁気リコネクションの不連続構造, 新田伸也, 和田智秀, 淵田泰介, 近藤光志, 日本天文学会年会講演予稿集, 2014年08月
  • 太陽コロナ磁場の外挿計算と太陽フレアによる磁気エネルギー解放, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2012年
  • 自発的高速磁気リコネクション:衝撃波の三次元構造, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2011年
  • 磁気圏サブストームに伴う渦形成と沿磁力線電流の磁気流体計算とTHEMISデータによる実証, 高野裕一朗, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2011年
  • Magneto‐frictional法を用いたコロナ磁場の数値計算, 田中宏樹, 近藤光志, 井上諭, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2011年
  • シヤ磁場を考慮した磁気リコネクションに伴うプラズモイド周りの三次元磁場構造, 市川裕人, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2010年
  • 地球磁気圏近尾部領域におけるプラズモイド周りの三次元的なプラズマ流構造, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2010年
  • 高速プラズマ流減速領域におけるプラズマ渦形成とカレントウェッジ形成:磁気流体計算とTHEMISデータ解析, 高野裕一朗, 近藤光志, 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM), 2010年
  • 数値シミュレーションデータの立体視解析, 橘志帆, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009年09月
  • 太陽コロナ磁場の再構築と三次元可視化, 向井慎, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009年09月
  • 被照明流線を用いたベクトルデータの可視化, 黒田修平, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009年09月
  • GLSLを用いた三次元衝撃波の可視化と解析, 山地僚平, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009年09月
  • 自己増殖アルゴリズム及びスパンスペースを利用した等値面高速生成, 大野悟志, 近藤光志, 鵜飼正行, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009年09月
  • 28pSA-13 地球磁気圏近尾部プラズマシート中の高速プラズマ流の3次元構造(28pSA プラズマ宇宙物理(非線形MHD現象とシミュレーション研究2),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理)), 近藤 光志, 鵜飼 正行, 日本物理学会講演概要集, 2009年03月
  • 地球磁気圏近尾部プラズマシート中の高速プラズマ流の3次元構造, 近藤光志, 鵜飼正行, 日本物理学会講演概要集, 2009年03月
  • 可視化環境”VENUS”の開発, 松浦龍平, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008年09月
  • 垂線距離を用いた単一化流線アルゴリズムの開発, 杉本匡, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008年09月
  • 三次元数値シミュレーションデータ可視化における等高線の簡単化, 久保剛史, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008年09月
  • 3Dテクスチャを用いた数値シミュレーションで得られる衝撃波の可視化, 鐘ケ江啓太, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2008年09月
  • 磁気再結合の数値シミュレーションと電流の可視化に関する研究, 中田篤志, 近藤光志, 鵜飼正行, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006年09月
  • メタボール技法による衝撃波の可視化:3Dテクスチャマッピングによるレンダリング, 藤田陽介, 近藤光志, 鵜飼正行, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2006年09月
  • Computer Simulations on the Spontaneous Fast Reconnection Evolution in Three Dimensions, K. Kondoh, M. Ugai, T. Shimizu, COSPAR Colloquia Series, 2005年12月, The dynamics of large-scale magnetic loop in three dimensions is studied by MHD simulations. The spontaneous fast reconnection model is used in this study. In this model, the fast reconnection evolves by the positive feedback between microscopic anomalous resistivities and macroscopic reconnection flows. It is demonstrated that even in the general three-dimensional situation, once a current-driven anomalous resistivity is ignited in a local region in the current sheet, the fast reconnection mechanism spontaneously evolves explosively by such positive feedback. It is remarkable that a fast shock builds up ahead of the magnetic loop in a very limited extent, since the three dimension fast reconnection jet strongly converges toward the magnetic loop top as in the two-dimension case. © 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Computer simulation of three dimensional magnetic loop dynamics resulting from fast reconnection, Koji Kondoh, M. Ugai, 2004 Asia-Pacific Radio Science Conference - Proceedings, 2004年12月, The loop top shock structures and the associated plasma configurations around them are studied three dimensionally by computer simulations. For the spontaneous fast reconnection model, the quasi-steady and symmetric fast reconnection mechanism is set up without any significant dependence on plasma parameters. The super sonic reconnection jet between a pair of standing slow shocks collides with the loop and gives rise to a strong fast shock ahead of the loop top. These three dimensional basic features of magnetic loop development have been studied. The three dimensional shock structures, however, have not been understood because of the three-dimensional shocks were difficult to three dimensionally visualize it, In this paper, development of the loop top shock structures are investigated by effective visualization of them, The fast shock formed at loop top significantly depends on the separation of high-pressure region in magnetic loop and the associated vortex of plasma flow around the magnetic loop. © 2004 IEEE.
  • Computer Simulation of Flux Transfer Event: Solar Wind Flow Intensity(jointly worked) M. Ugai, Proceeding of 25th ICPIG, Nagoya, 2001年
  • Computer Simulation of Flux Transfer Event: Solar Wind Flow Intensity(共著) M. Ugai, Proceeding of 25th ICPIG, Nagoya, 2001年
  • 三次元電磁流体シミュレーションにおける並列ベクトル処理, 三木亮, 近藤光志, 鵜飼正行, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2000年10月
  • 3次元電磁流体シミュレーションにおける可視化システムの開発, 木津由也, 西條晃司, 近藤光志, 鵜飼正行, 情報処理学会全国大会講演論文集, 2000年10月
  • 28a-YE-4 CIR高速粒子の強度と太陽風速度の相関関係, 小林 正規, 道家 忠義, 菊池 順, 長谷部 信行, 林 孝義, 矢代 淳一, 高島 健, 近藤 光志, 柳町 朋樹, 原田 歩美, 日本物理学会講演概要集, 1999年03月
  • CIR高速粒子の強度と太陽風速度の相関関係, 小林正規, 道家忠義, 菊池順, 長谷部信行, 林孝義, 高島健, 近藤光志, 柳町朋樹, 原田歩美, 日本物理学会講演概要集, 1999年03月
  • Galactic Cosmic Ray and Recurrent Enhancement of Solar Wind Velocity(jointly worked) N. Hasebe, T. Doke, Z. Fujii, J. Kikuchi, M. N. Kobayashi, F. B. McDonald, J. Medina, J. Sequeiros, T. Takashima, T. Yanagimachi, and B. Wilken, 26th International Cosmic Ray Conference, America, 1999年
  • Galactic Cosmic Ray and Recurrent Enhancement of Solar Wind Velocity, 26th International Cosmic Ray Conference, 1999年
  • Galactic Cosmic Ray and Recurrent Enhancement of Solar Wind Velocity(共著) N. Hasebe, T. Doke, Z. Fujii, J. Kikuchi, M. N. Kobayashi, F. B. McDonald, J. Medina, J. Sequeiros, T. Takashima, T. Yanagimachi, and B. Wilken, 26th International Cosmic Ray Conference, America, 1999年
  • 磁気再結合現象の異常抵抗しきい値との関係, 西条晃司, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 1999年
  • 非対称反平行磁場における磁気再結合現象のシミュレーション, 三木亮, 鵜飼正行, 近藤光志, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 1999年
  • 2a-M-12 地球磁気圏内外での炭素・酸素(数+MeV/n)の強度変化について, 高島 健, 道家 忠義, 菊地 順, 林 孝義, 小林 正規, 竹花 直弘, 白井 秀和, 矢代 淳一, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柳町 朋樹, 日本物理学会講演概要集, 1998年03月
  • 2a-M-10 GEOTAIL衛星搭載LD検出器による地球磁気圏substormの観測, 小林 正規, 道家 忠義, 菊地 順, 林 孝義, 高島 健, 竹花 直弘, 白井 秀和, 矢代 淳一, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柳町 朋樹, 長谷 方道, 原田 歩美, 日本物理学会講演概要集, 1998年03月
  • 2a-M-9 GEOTAIL衛星が観測した1993年1月から1996年5月までの銀河宇宙粒子線, 白井 秀和, 道家 忠義, 菊地 順, 林 孝義, 逸見 憲史, 高島 健, 小林 正規, 竹花 直弘, 矢代 淳一, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 日本物理学会講演概要集, 1998年03月
  • 1次精度TVD法のMUSCL法を用いた高次精度化, 浅原武史, 近藤光志, 清水徹, 鵜飼正行, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 1998年
  • 23p-H-3 GEOTAIL衛星による銀河宇宙粒子線の観測, 白井 秀和, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 小林 正規, 竹花 直弘, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 日本物理学会講演概要集, 1997年09月
  • 23p-H-2 GEOTAIL衛星により観測されたHeavy-Ion rich Event, 竹花 直弘, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 小林 正規, 白井 秀和, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 長谷 方道, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 日本物理学会講演概要集, 1997年09月
  • 23p-H-1 GEOTAIL-HEP粒子線望遠鏡によるCIR粒子のエネルギースペクトルの時間変化, 小林 正規, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 竹花 直弘, 白井 秀和, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柳町 朋樹, 長谷 方道, 日本物理学会講演概要集, 1997年09月
  • GEOTAIL‐HEP粒子線望遠鏡によるCIR粒子のエネルギースペクトルの時間変化, 小林正規, 道家忠義, 菊池順, 林孝義, 竹花直弘, 白井秀和, 長谷部信行, 近藤光志, 長谷方道, 日本物理学会講演概要集(分科会), 1997年09月
  • 31p-YX-8 GEOTAIL-HEPの観測した粒子(10-30MeV/n)強度の変動について, 高島 健, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 小林 正規, 竹花 直弘, 白井 秀和, 宮谷 伸也, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 江原 昌義, 日本物理学会講演概要集, 1997年03月
  • 31p-YX-9 GEOTAIL衛星で観測されたCIR粒子と太陽風の関係, 小林 正規, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 竹花 直弘, 白井 秀和, 長谷部 信行, 近藤 光志, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 江原 昌義, 永田 勝明, Yanaizumi H., 日本物理学会講演概要集, 1997年03月
  • GEOTAIL衛星で観測されたCIR粒子と太陽風の関係, 小林正規, 道家忠義, 長谷部信行, 近藤光志, 柏木利介, 柳町朋樹, 河野毅, 宗像一起, 柳田昭平, 日本物理学会講演概要集(年会), 1997年03月
  • The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the GEOTAIL and the WIND Spacecrafts, T. Takashima, T. Doke, T. Hayashi, J. Kikuchi, M. Kobayashi, H. Shirai, N. Takehana, M. Ehara, Y. Yamada, S. Yanagita, N. Hasebe, T. Kashiwagi, C. Kato, K. Munakata, T. Kohno, K. Kondoh, H. Murakami, A. Nakamoto, T. Yanagimachi, D. V. Reames, T. T. Von Rosenvinge, 25th International Cosmic Ray Conference, 1997年01月, The Geotail high-energy particle instruments have observed cosmic-ray particles in the energy range from 3 MeV n -1 to 150 MeV n -1 at 1 AU during the period 1992 September-1995 August. A remarkable enhancement of anomalous cosmic-ray (ACR) N, O, Ne, and C is observed during the period. A measurable enhancement of the sulfur flux below about 20 MeV n -1 was observed. This is the first evidence showing the existence of sulfur in the anomalous component. The flux increase of anomalous sulfur, with a first ionization potential (FIP) of 10.4 eV, is smaller than that of ACR carbon with an FIP of 11.3 eV and much smaller than those of high-FIP elements, which suggests that the fractions of neutral carbon and sulfur atoms are significantly low in the very local interstellar medium. © 1997. The American Astronomical Society. All rights reserved.
  • The Solar Activity Dependence of Relationship between CIR MeV Ion Enhancement and Solar Wind Speed(jointly worked) M.Kobayashi, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, T.Takashima, H.Shirai, N.Takehana, N.Hasebe, 25th International Cosmic Ray Conference, South Africa, 1997年
  • The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the GEOTAIL and the WIND Spacecrafts(jointly worked) T.Takashima, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, M.Kobayashi, H.Shirai, N.Takehana, M.Ehara, Y.Yamada, S.Yanagita, N.Hasebe, T.Kashiwagi,C.Kato, ・・・, D.V.Reames and T.T.von Rosenvinge 25th International Cosmic Ray Conference, South Africa, 1997年, The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the GEOTAIL and the WIND Spacecrafts(jointly worked) T.Takashima, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, M.Kobayashi, H.Shirai, N.Takehana, M.Ehara, Y.Yamada, S.Yanagita, N.Hasebe, T.Kashiwagi,C.Kato, K.Munakata, T.Kohno, H.Murakami, A.Nakamoto,T.Yanagimachi
  • The Solar Activity Dependence of Relationship between CIR MeV Ion Enhancement and Solar Wind Speed, 25th International Cosmic Ray Conference, 1997年
  • The Solar Activity Dependence of Relationship between CIR MeV Ion Enhancement and Solar Wind Speed(共著) M.Kobayashi, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, T.Takashima, H.Shirai, N.Takehana, N.Hasebe, 25th International Cosmic Ray Conference, South Africa, 1997年
  • The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the GEOTAIL and the WIND Spacecrafts(共著) T.Takashima, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, M.Kobayashi, H.Shirai, N.Takehana, M.Ehara, Y.Yamada, S.Yanagita, N.Hasebe, T.Kashiwagi,C.Kato, K.Munakata, ・・・, D.V.Reames and T.T.von Rosenvinge 25th International Cosmic Ray Conference, South Africa, 1997年, The First Observation of Sulfur in Anomalous Cosmic Rays by the GEOTAIL and the WIND Spacecrafts(共著) T.Takashima, T.Doke, T.Hayashi, J.Kikuchi, M.Kobayashi, H.Shirai, N.Takehana, M.Ehara, Y.Yamada, S.Yanagita, N.Hasebe, T.Kashiwagi,C.Kato, K.Munakata, T.Kohno, H.Murakami, A.Nakamoto,T.Yanagimachi
  • 8a-D-12 GEOTAIL衛星の観測によるCIR粒子のエネルギースペクトルの変化の研究, 小林 正規, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 竹花 直弘, 白井 秀和, 長谷部 信行, 近藤 光志, 三島 靖, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 江原 昌義, 前沢 洌, 村木 綏, 小井 辰巳, 寺沢 敏夫, 西田 篤弘, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1996年09月
  • 8a-D-11 静穏期の低エネルギー(<20MeV/n)重粒子成分の起源, 長谷部 信行, 近藤 光志, 三島 靖, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 高島 健, 小林 正規, 竹花 直弘, 柳町 朋樹, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 江原 昌義, 村木 綏, 小井 辰巳, 永田 勝明, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1996年09月
  • 8a-D-10 GEOTAIL衛星による硫黄元素(宇宙線異常成分)の観測, 高島 健, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 小林 正規, 竹花 直弘, 白井 秀和, 長谷部 信行, 近藤 光志, 三島 靖, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 柳田 昭平, 山田 嘉彦, 江原 昌義, 前沢 洌, 村木 綏, 小井 辰巳, 寺沢 敏夫, 西田 篤弘, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1996年09月
  • 静穏期の低エネルギー(, 長谷部信行, 近藤光志, 道家忠義, 柳町朋樹, 河野毅, 宗像一起, 柳田昭平, 村木やすし, 永田勝明, 日本物理学会講演概要集(分科会), 1996年09月
  • 宇宙放射線環境用のLET実時間線量計測計の開発, 長谷部信行, 近藤光志, 道家忠義, 菊池順, 林孝義, 甲野祥子, 坂口貴男, 高橋賢一, 柏木利介, 宇宙利用シンポジウム, 1996年09月
  • GEOTAIL衛星による粒子線観測 惑星間空間におけるMeV/nエネルギーの重粒子, 長谷部信行, 三島靖, 藤井雅之, 小林正規, 近藤光志, ICRR報告, 1995年10月
  • 29p-SD-6 GEOTAIL衛星によるCIRイベントの重イオン観測II, 長谷部 信行, 三島 靖, 小林 正規, 近藤 光志, 濱田 淳, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 逸見 憲史, 高島 健, 竹花 直弘, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 前沢 洌, 村木 綏, 小井 辰巳, 西田 篤弘, 寺沢 敏夫, 柳田 昭平, 永田 勝明, Wilken B., 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1995年09月
  • 29p-SD-5 GEOTAIL衛星によるCME駆動衝撃波に関係した重イオンイベントの観測, 長谷部 信行, 三島 靖, 小林 正規, 近藤 光志, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 逸見 憲史, 高島 健, 竹花 直弘, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 前沢 洌, 村木 綏, 小井 辰巳, 西田 篤弘, 寺沢 敏夫, 柳田 昭平, 永田 勝明, Wilken B., 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1995年09月
  • 28a-YJ-5 GEOTAIL衛星によるCIRイベントの重イオン観測, 長谷部 信行, 三島 靖, 藤井 雅之, 小林 正規, 近藤 光志, 大西 忠, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 逸見 憲史, 高島 健, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 前沢 洌, 村木 綏, 西田 篤弘, 寺沢 敏夫, 柳田 昭平, 永田 勝明, Wilken B., 日本物理学会講演概要集. 年会, 1995年03月
  • 1p-J-13 Geotail衛星による宇宙粒子線異常成分の観測(II), 藤井 雅之, 長谷部 信行, 三島 靖, 小林 正規, 近藤 光志, 大西 忠, 道家 忠義, 菊池 順, 林 孝義, 逸見 憲史, 篠 智彰, 高島 健, 柳町 朋樹, 中本 淳, 村上 浩之, 柏木 利介, 河野 毅, 宗像 一起, 加藤 千尋, 前沢 洌, 村木 綏, 小井 辰巳, 西田 篤弘, 寺沢 敏夫, 柳田 昭平, 永田 勝明, Wilken B, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1994年09月
  • 高エネルギー重イオンのシリコン検出器におけるエネルギー損失ストラグリング, 逸見憲史, 林孝義, 長谷部信行, 藤井雅之, 永田勝明, 柏木利介, 柳町朋樹, 河野毅, 近藤光志, 日本物理学会講演概要集(分科会), 1994年09月
  • 4a-B-5 高エネルギー重イオンのシリコン検出器におけるエネルギー損失ストラグリング, 逸見 憲史, 林 孝義, 道家 忠義, 菊池 順, 長谷部 信行, 藤井 雅之, 梶浦 利記, 小林 正樹, 永田 勝明, 柏木 利介, 柳町 朋樹, 河野 毅, 近藤 光志, 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1994年08月

MISC

  • Computer Simulations of Asymmetric Fast Reconnection Evolution, Kondoh Koji, Ugai Masayuki, Annual Journal of Engineering, Ehime University, 愛媛大学工学部, 工学ジャーナル, 2, Vol. II, 111, 118, 2003年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005813025
  • Visualization and Analyses of Three Dimensional Magnetohydrodynamic Shock Surface, KONDOH Koji, UGAI Masayuki, 工学ジャーナル, 愛媛大学, 工学ジャーナル, 6, 181, 185, 2007年03月, 13489895, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006280809, The dynamics of large-scale magnetic loop in three dimensions is studied by magnetohydrodynamics simulations. The spontaneous fast reconnection model is used in this study. Once a current-driven anomalous resistivity is ignited in a local region in the current sheet, the fast reconnection mechanism spontaneously evolves. As a result, large magnetic loop is developed, and very localized high pressure region is appeared in front of the magnetic loop. Near the region between magnetic loop and the high pressure region, very large vortex flow is appeared, and then, the high pressure region more and more localized due to this vortex. Plasma are accelerated by slow shock pairs elongated from X line. These accelerated very fast plasma jet collides with this high pressure region, giving rise to fast shock in the finite extent. In this paper, we show the three dimensional visualization method of shock surfaces applied metaball technique, which is one of the three dimensional modeling methods. This three dimensional visualization of shock surfaces allowed us to understand three dimensional configuration and evolution of them.
  • シリコン検出器中における高速軽イオンのエネルギー損失の揺らぎ, 長谷部信行, 新谷敏夫, 村田健史, 近藤光志, 道家忠義, 菊池順, 高島健, 逸見憲史, 柏木利介, 愛媛大学工学部紀要, 17, 473, 482, 1998年02月, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113051016530
  • GEOTAILで観た高エネルギー粒子, 長谷部信行, 近藤光志, 科学衛星・宇宙観測シンポジウム, 5th, 26, 29, 1996年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190897055100
  • スターリング冷凍機によるGe‐γ線検出器の冷却システムの開発, 長谷部信行, 近藤光志, 三谷慎吾, 谷端良次, 久保孝平, 福岡裕一, 柴村英道, 京谷誠, 乃美和博, 愛媛大学工学部紀要, 16, 577, 586, 1997年02月, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101003800795
  • 月探査用γ線分光計の最適化(共著)長谷部信行、三谷慎吾、久保耕平、浅原武史、エズズイミン、谷端良次、村田健、柴村英道、柏木利介、京谷誠、楢崎勝弘、乃美和博, 愛媛大学工学部紀要, 17, 483, 497, 1998年
  • 共回転相互作用領域による宇宙線の強度変動, 近藤光志, 長谷部信行, 道家忠義, 菊池順, 柳町朋樹, 長谷方道, 藤井善次郎, WILKEN B, MCDONALD F B, 愛媛大学工学部紀要, 17, 463, 471, 1998年02月, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902177244033155
  • The Short-Term Modulation of Galactic Cosmic Rays Associated with Interplanetary Shocks., 長谷部 信行, 近藤 光志, 小林 正規 [他], 愛媛大学教養部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学教養部紀要, 28, 2, 59, 69, 1995年12月, 03898520, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000116741
  • Global Distributions of Trapped Particle Fluxes Observed by OHZORA Satellite during 1984-1987., 28, 71, 82, 1995年
  • 28, 71, 82, 1995年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.