詳細検索はこちら

吉江 直樹ヨシエ ナオキ

所属部署
沿岸環境科学研究センター
職名助教
メールアドレスyoshie.naoki.mm[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究活動情報

講演・口頭発表等

  • Yoshie, N., S. Ito, K. Komatsu, T. Okunishi, T. Ono, K. Tadokoro, K. Hidaka, T. Hasegawa, H. Saito and Y. Yamanaka: Structure and dynamics of marine ecosystem in the 5 regions around Japan simulated by a marine ecosystem model
    3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada,   2009年
  • Sumata, H., T. Hashioka, N. Okada, M. Aita, N. Yoshie, T. Sakamoto, T. Suzuki, and Y. Yamanaka: Eddy Permitting Simulations of 3D-NEMURO in the Global Ocean
    3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada,   2009年
  • Okunishi. T, S. Ito, N. Yoshie, Y. Yamanaka, H. Sumata, Y. Yara, T. Hashioka, and T. Sakamoto: Impacts of climate change on growth and migration of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western North Pacific
    3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada,   2009年
  • 吉江直樹, 伊藤進一, 小松幸生, 奥西武, 小埜恒夫, 田所和明, 日高清隆, 長谷川徹, 齊藤宏明, 山中康裕: 生態系モデルeNEMUROによる日本周辺五海域の低次生態系群集構造の再現
    2009年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2009年
  • 須股浩, 橋岡豪人, 岡田直資, 相田真希, 吉江直樹, 坂本天, 鈴木立郎, 山中康裕: 渦許容全球海洋モデルによる低次生態系の経年変動実験
    2009年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2009年
  • 奥西武, 伊藤進一, 吉江直樹, 山中康裕, 須股浩, 谷良由美子, 橋岡豪人, 坂本天: 海洋生態系-水産資源モデルによる地球温暖化の影響予測
    2009年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2009年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, M. N. Aita, T. Hashioka, H. Sumata, N. Okada, T. Okunishi and S. Ito: Observational data for determining physiological parameters and validating model simulations: Suggestions by NEMURO developers
    PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China,   2008年
  • Yamanaka, Y., T. Hashioka, T. Okunishi, H. Sumata, T. Sakamoto, M. N. Aita, N. Yoshie, N. Okada, S. Ito: Recent results connecting climate change to fish resources using the high resolution model, COCO-NEMURO
    PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China,   2008年
  • Okunishi, T., S. Ito, N. Yoshie, T. Hashioka, H. Sumata, Y. Yamanaka: The impact of density-dependent processes on growth of Japanese sardine (Sardinops melanostictus)
    PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China,   2008年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Multi-element ecosystem dynamics in the SERIES iron-enrichment experiment: comparing optimal uptake kinetics to michaelis-menten
    Advances in Marine Ecosystem Modelling Research 2008, Plymouth, UK,   2008年
  • Yoshie, N., K. Suzuki, A. Kuwata, J. Nishioka, and H. Saito: Temporal and spatial variations of phytoplankton photosynthetic physiology in the western subarctic Pacific in spring
    Ocean Science Meeting 2008, Orlando, USA,   2008年
  • Yoshie, N., K. Komatsu, S. Ito, T. Ono, K. Tadokoro, H. Saito and Y. Yamanaka: Seasonal and interannual variation of marine ecosystem in the western subarctic Pacific simulated by a 3D marine ecosystem model
    Effects of climate changes on the world oceans international symposium, Gijon, Spain,   2008年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Multi-element ecosystem dynamics in the SERIES iron-enrichment experiment: comparing fixed – and variable- composition versions of the NEMURO ecosystem model
    Ocean Science Meeting 2008, Orlando, USA,   2008年
  • 吉江直樹, 山中康裕: eNEMUROはどの程度日本周辺の生態系を再現できているか
    第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2008年
  • 伊藤進一, 吉江直樹, 小埜恒夫, 岡崎雄二, 奥西武, 橋岡豪人, A-lineチーム: 海洋生態系モデルNEMUROの最適パラメータ推定
    第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2008年
  • 奥西武, 橋岡豪人, 須股浩, 吉江直樹, 伊藤進一, 山中康裕, 坂本天: マイワシ回遊モデルの開発と 過去・未来のモデル解析
    第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2008年
  • 須股浩, 橋岡豪人, 坂本天, 鈴木立郎, 石田明生, 相田真希, 吉江直樹, 奥西武, 山中康裕: 渦許容全球海洋モデルによる低次生態系再現実験
    第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2008年
  • 奥西武, 伊藤進一, 吉江直樹, 山中康裕, 須股浩, 橋岡豪人, A-lineチーム: 個体群密度効果がマイワシの成長および分布に与える影響
    2008年度水産海洋学会, 東京,   2008年
  • 伊藤進一, 吉江直樹, 小埜恒夫, 岡崎雄二, A-lineチーム: 低次生態系モデルNEMUROのパラメータ自動推定
    2008年度日本海洋学会秋季大会, 広島,   2008年
  • 吉江直樹, 伊藤進一, 小松幸生, 亀田卓彦, 小埜恒夫, 清水勇吾, 筧茂穂, 田所和明, 齊藤宏明, 山中康裕: 親潮生態系の動態解明に向けて -生態系モデルからのアプローチ-
    東京大学海洋研究所共同利用研究集会 「水塊構造の時空間変動と高頻度連続観測による親潮生態系の動態解明」, 東京,   2008年
  • 吉江直樹, 小松幸生, 伊藤進一, 亀田卓彦, 小埜恒夫, 田所和明, 齊藤宏明, 山中康裕: 生態系モデルによる親潮域・混合水域における低次生態系の経年変化の再現
    2008年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2008年
  • 齊藤宏明, 吉江直樹, 桑田晃: クロロフィルデータは何を表すのか?-生物地球化学および生態系モデル研究における留意点-
    日本海洋学会春季大会シンポジウム「高頻度連続観測による親潮生態系の動態解明」, 東京,   2008年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment
    AWI formal seminar, Bremerhaven, Germany,   2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment
    GKSS formal seminar, Geesthacht, Germany,   2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment
    IfM-GEOMAR seminar, Kiel, Germany,   2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Comparing Optimal Uptake Kinetics and Michaelis-Menten by Assimilating Data from the SERIES Fe-Enrichment Experiment into a Marine Ecosystem Model
    The 6th European Conference on Ecological Modelling, Trieste, Italy,   2007年
  • Ito, S., K. A. Rose, N. Yoshie, B. A. Megrey, M. J. Kishi, and F. E. Werner: Evaluation of an automated approach for calibrating the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model
    PICES 16th Annual Meeting, Victoria, Canada,   2007年
  • Yoshie, N., H. Saito, K. Komatsu, and S. Ito: IMBER-JAPAN related programs “Population outbreak of marine life” and “Global Warming project”
    GODAE-IMBER Task Team meeting, Paris, France,   2007年
  • Yoshie, N.: Applications of marine ecosystem model to the mesoscale iron fertilization experiments in the subarctic Pacific
    International meeting for biogeochemical modeling in the IAEA-MEL, Monaco,   2007年
  • Yoshie, N.: Development of eNEMURO with 4 zooplankton collaborated with monitoring teams
    6th Workshop of the Dynamic Green Ocean Project, Villefranche-sur-mer, France,   2007年
  • Yoshie, N.: Development and applications of an ecosystem model reproducing complex marine ecosystems around Japan
    COE program symposium 2007-Prediction and avoidance of an abrupt change in the biogeosphere system, Sapporo, Japan,   2007年
  • Yokouchi, K., T. Kameda, K. Komatsu, S. Ito and N. Yoshie: Application for fisheries-Satellite observations for sustainable fisheries-
    2007 AMSR/GLI workshop, Tsukuba, Japan,   2007年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, K. Sato, J. Nishioka: An iron cycle model coupled with an ecosystem model, NEMURO
    GEOTRACES Data-Model Synergy Workshop, Delmenhorst, Germany,   2007年
  • Ito, S., K. A. Rose, N. Yoshie, B. A. Megrey, M. J. Kishi, and F. E. Werner: Evaluation of an automated calibration approach for calibrating the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model
    International Zooplankton Symposium, Hiroshima, Japan,   2007年
  • Yamanaka, Y., T. Hashioka, M. N. Aita, F. Shido, N. Yoshie: An integrated physical-biogeochemical-ecosystem model including pelagic fish dynamics, to study changes in ecosystem and pelagic fish in the western North Pacific associated with global warming
    International Symposium on 'Parameterization of Trophic Interactions in Ecosystem Modelling', Cadiz, Spain,   2007年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 鵜野伊津志, 相田真希: 気象擾乱による大気-海洋系物質循環および海洋生態系の応答
    第2回特定領域研究「大気海洋物質循環」全体会議, 熊谷,   2007年
  • 吉江直樹, 鈴木光次, 桑田晃, 齊藤宏明: 春季の西部北太平洋亜寒帯域における 光合成特性の時空間変動
    第7回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2007年
  • 吉江直樹: 次世代生態系モデルに必要な観測とは?
    第一回 海洋生態系モデリング・モニタリング研究会, 塩釜,   2007年
  • 吉江直樹, 鈴木光次, 桑田晃, 齊藤宏明: 春季の西部北太平洋亜寒帯域における光合成パラメータの時空間的変化
    2007年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2007年
  • Yoshie, N., M. N. Aita and Y. Yamanaka: Applications of low trophic level ecosystem model in the western North Pacific
    International workshop of collaborative studies for ecosystem variation and climate change in the North Pacific, Yokohama, Japan,   2006年
  • Yoshie, N., K. Sato, Y. Yamanaka and J. Nishioka: Introduction of iron cycles into a lower trophic level marine ecosystem model, NEMURO
    PICES 15th Annual Meeting, Yokohama, Japan,   2006年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Development of a lower trophic ecosystem model representing prey of juvenile pelagic fish in the subtropical western North Pacific
    PICES 15th Annual Meeting, Yokohama, Japan,   2006年
  • Yoshie, N. S. Takeda, P. W. Boyd and Y. Yamanaka: Modelling studies investigating the causes of preferential depletion of silicic acid relative to nitrate during SERIES: a mesoscale iron-enrichment in the NE subarctic Pacific
    CREAMS/PICES international workshop on model/data intercomparison for the Japan/East Sea, Busan, Korea,   2006年
  • 23. Yoshie, N. S. Takeda, P. W. Boyd and Y. Yamanaka: Modelling studies investigating the causes of preferential depletion of silicic acid relative to nitrate during SERIES: a mesoscale iron-enrichment in the NE subarctic Pacific
    2006 Ocean Science Meeting, Hawaii, USA,   2006年
  • 吉江直樹: 海洋生態系モデルの開発と中規模鉄散布実験や日本周辺海域への応用
    第19回2006年度海洋物質循環セミナー, 苫小牧,   2006年
  • 吉江直樹、山中康裕、橋岡豪人、藤井賢彦: モデル研究の立場から
    2006年度日本海洋学会秋季大会, 名古屋,   2006年
  • 吉江直樹: 海洋低次生態系モデル“eNEMURO”の話を中心に
    第6回2006年度海洋生態系モデリング研究会, 登別,   2006年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Modeling of biogeochemical iron cycle
    PICES 14th Annual Meeting, Vladivostok, Russia,   2005年
  • Yoshie, N.: Studies of intermediate complex marine ecosystem models
    2005 SOLAS International summer school, Corsica, France,   2005年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model
    Advances in Marine Ecosystem Modeling Research (AMEMR), Plymouth, UK,   2005年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Processes causing the temporal changes in Si/N ratios of nutrient consumptions and export flux during the spring diatom bloom
    2005 American Society of Limnology and Oceanography (ASLO) summer meeting, Santiago de Compostela, Spain,   2005年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Processes causing the temporal changes in Si/N ratios of nutrient consumption and export flux during the spring diatom bloom
    European Geosciences Union General Assembly, Vienna, Austria,   2005年
  • 吉江直樹, 鈴木光次, 齊藤宏明, 西岡純, 桑田晃, 小埜恒夫: 春季の西部北太平洋における植物プランクトンの光合成-光曲線
    2005年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2005年
  • 吉江直樹: 気候帯毎に異なる複雑な生態系を再現する生態系モデルの開発・応用
    21世紀COEプログラム シンポジウム「生体地球圏システム激変の予測と回避」, 札幌,   2005年
  • 齊藤宏明, 近藤能子, 桑田晃, 西岡純, 小畑元, 小埜恒夫, 大木淳之, 柴田晃, 鈴木光次, 武田重信, 津田敦, 吉江直樹, 芳村毅: 親潮域春期ブルーム期の鉄の動態と生物応答
    2005年度日本プランクトン学会シンポジウム, 東京,   2005年
  • 吉江直樹: 海洋生態系モデル「拡張版NEMURO "eNEMURO"」の開発
    第5回海洋生態系モデリング研究会, ニセコ,   2005年
  • 齋藤誠一, 山中康裕, 吉江直樹: 総合検証グループからの提言
    大気・海洋間の生物地球化学的循環過程に関する総合的研究-北太平洋域における国際共同研究の提案-, 名古屋,   2005年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, T. Hashioka and M. J. Kishi: Extension of NEMURO to represent habitant segregation of plankton groups in the western North Pacific
    PICES XI Annual Meeting, Honolulu, USA,   2004年
  • Fujii, M., N. Yoshie, Y. Yamanaka: and F. Chai: Simulated biogeochemical responses to iron enrichments in three high nutrient, low chlorophyll (HNLC) regions
    2004 SOLAS open Science conference, Halifax, Canada,   2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model
    2004 SOLAS open science conference, Halifax, Canada,   2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model
    The 1st General Assembly of the European Geosciences Union, Nice, France,   2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Changes of the ecosystem with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model
    ASLO/TOS ocean research conference, Hawaii, USA,   2004年
  • 吉江直樹: 西部北太平洋のプランクトン群集の棲み分けとその要因
    第17回海洋物質循環セミナー, 静岡,   2004年
  • 吉江直樹, 山中康裕: 気象擾乱による大気-海洋系物質循環および海洋生態系の応答
    東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「大気・海洋間の生物地球化学的循環過程」, 東京,   2004年
  • 吉江直樹, 山中康裕:海洋生態系モデル「拡張版NEMURO "eNEMURO"」の開発
    2004年度日本海洋学会秋季大会, 松山,   2004年
  • 吉江直樹: 中規模鉄施肥実験SEEDSのモデリング
    第4回海洋生態系モデリング研究会, 支笏湖,   2004年
  • 吉江直樹, 山中康裕:鉄施肥に伴う西部北太平洋における生態系および物質循環の応答
    2004年度日本海洋学会春季大会, 筑波,   2004年
  • Yoshie, N., S. Ito, Y. Yamanaka and M. J. Kish: Parameter sensitivity study of NEMURO
    PICES model task team work shop "Summary and Synthesis of Contributions from NEMURO and NEMURO.FISH", Yokohama,   2003年
  • Yoshie, N., S. Ito, Y. Yamanaka and M. J. Kish: The simulation of saury population in western North Pacific using the PICES-NEMURO.FISH model
    PICES MODEL workshop to Embed NEMURO and NEMURO.FISH into a 3-D circulation model, Yokohama,   2003年
  • Smith, S. L., N. Yoshie, C. Yoshikawa, M. Fujii, Y. Yamanaka and M. J. Kishi: Modeling coupled biogeochemistry and ecosystem dynamics at four stations in the North Pacific: Recent results from the FRSGC-HU Group
    Final JGOFS Open Science Conference: "A Sea of Change: JGOFS accomplishments and the Future of Ocean Biogeochemistry", Washington DC, USA,   2003年
  • 吉江直樹: 生態系モデルで再現された西部北太平洋における鉄施肥に伴う生態系の変化
    第16回海洋物質循環セミナー, 支笏湖,   2003年
  • 吉江直樹:生態系モデルにより再現された西部北太平洋における鉄散布に伴う生態系の変化
    東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム, 東京,   2003年
  • 山中康裕, 吉江直樹, 橋岡豪人: 生態系モデルによる輸出生産に関する考察
    2003年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2003年
  • 吉江直樹: 植物プランクトン温度依存性の定式化に関する考察
    第3回海洋生態系モデリング研究会, 札幌,   2003年
  • Yoshie, N., Y. Yamanaka and M. J. Kish: Including the fish compartment into the PICES NEMURO model
    PICES MODEL/REX workshop to build an NPZF (nutrient - phytoplankton - zooplankton - fish) version of the PICES NEMURO model, Nemuro/Yokohama,   2002年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Biological processes and silicon/nitrogen ratio relevant to the spring diatom bloom
    International Symposium "Our Oceanography Toward The World Oceanography" at the XXVI SCOR General Meeting, Sapporo,   2002年
  • 吉江直樹: 春季珪藻ブルームに関する生物過程とSi/N 比について~生態系モデルからのアプローチ~
    第15回海洋物質循環セミナー, 筑波,   2002年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Silicon/Nitrogen ratios in the spring diatom bloom
    2002年度日本海洋学会秋季大会, 札幌,   2002年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明: 春季珪藻ブルームはどのように始まり終わるのか
    2002年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2002年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明: 生態系モデルを用いた珪藻類のケイ素利用に関する考察
    2001年度日本海洋学会春季大会, 東京,   2001年
  • Yoshie, N., Y. Yamanaka, M. Fujii and M. J. Kishi: Development of 11 compartments marine ecosystem box model
    International Workshop to Develop a Prototype Lower Trophic Level Ecosystem Model for Comparison of Different Marine Ecosystems in the North Pacific, Nemuro,   2000年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明: 生態系モデルを用いた親潮域におけるGRmax/Vmaxに関する考察
    2000年度日本海洋学会秋季大会, 福岡,   2000年
  • 吉江直樹: 石狩湾基礎生産量推定モデルについて
    海洋基礎生産のモデリングに関するワークショップ(名古屋大学大気水圏科学研究所 共同利用研究集会), 名古屋,   2000年
  • 吉江直樹, 申炅勲, 乗木新一郎, 濱健夫, 渡辺智視, 田中伊織: 北部日本海における沈降粒子中の化学成分と基礎生産
    1998年度日本海洋学会秋季大会, 京都,   1998年
  • Yoshie, N., K. H. Shin and S. Noriki: Seasonal variation of primary production in the Western North Pacific
    1998年度北東ユーラシア・北太平洋の地域総合研究 成果報告シンポジウム, 札幌,   1998年
  • 吉江直樹, 申炅勲, 乗木新一郎, 濱健夫, 渡辺智視, 田中伊織: 日本海石狩湾沖における基礎生産の周年変動
    1998年度日本海洋学会春季大会, 横浜,   1998年
  • 吉江直樹, 申炅勲, 乗木新一郎, 濱健夫, 渡辺智視, 田中伊織: 日本海石狩湾沖における春季の大きな基礎生産
    1997年度日本海洋学会秋季大会, 鹿児島,   1997年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.