研究者データベース

吉江 直樹ヨシエ ナオキ

所属部署名沿岸環境科学研究センター
職名助教
Last Updated :2019/11/22

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    吉江 直樹
  • 氏名(カナ)

    ヨシエ ナオキ

基本情報

  • プロフィール

    現場観測と生態系モデリングという二つの研究手法を組み合わせながら、海洋生態系や生物地球化学的な物質循環について研究を行っています。具体的には、沿岸環境の代表ともいえる瀬戸内海を研究対象として、高頻度・広域観測により生態系や栄養塩のダイナミクスを捉え、生態系モデルによりそれらをコンピュータ上で精緻に再現し、様々な環境変化に対する生態系の応答メカニズムについて解析しています。 そして、現在進行中の地球温暖化が藻場分布に及ばす影響、近年西日本沿岸で頻発するカレニア赤潮の発生機構、瀬戸内海の栄養塩変動が生態系に及ぼす影響、沿岸と黒潮の境界領域における栄養塩循環、超高解像度観測で捉える潮汐フロント周辺の栄養塩動態などについて明らかにすることを目指しています。
  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=223699

所属

所属・職名

  • 部署

    沿岸環境科学研究センター 環境動態解析部門
  • 職名

    講師

学歴等

学位

  • 博士(地球環境科学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本海洋学会海洋生物学研究会
  • 瀬戸内海研究会議
  • 日本海洋学会沿岸海洋研究会
  • 日本地球惑星科学連合
  • Association for the Sciences of Limnology and Oceanography
  • 水産海洋学会
  • 日本海洋学会

委員歴

  • 2017年12月 - 現在, 環境学委員会・地球惑星科学委員会, FE・WCRP合同分科会Future Earth Coasts小委員会 委員
  • 2016年04月 - 現在, PICES, Advisory Panel: North Pacific Coastal Ocean Observing Systems(AP-NPCOOS) 委員
  • 2015年09月 - 現在, 宇和島環境教育協議会, 環境教育カリキュラム部会長
  • 2014年04月 - 現在, 日本海洋学会, 沿岸海洋研究会事業部会委員
  • 2012年04月 - 2016年03月, PICES, Development of Ecosystem Indicators to Characterize Ecosystem Responses to Multiple Stressors (WG28) 委員
  • 2011年04月 - 2012年03月, PICES/ICES, Conference for Early Career Marine Scientist 運営委員

経歴

  • 2011年04月 - , 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター(講師)
  • 2009年04月 - 2011年03月, 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター(特任助教)
  • 2006年04月 - 2009年03月, 水産総合研究センター 東北区水産研究所(JSPS特別研究員)
  • 2005年04月 - 2006年03月, 北海道大学 大学院地球環境科学研究院(学術研究員)
  • 2003年01月 - 2005年03月, 北海道大学 大学院地球環境科学研究科(COE研究員)
  • 2002年10月 - 2002年12月, 日本海洋科学振興財団(協力研究員)
  • 1999年04月 - 2002年03月, 北海道大学 大学院地球環境科学研究科(JSPS 特別研究員)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 水圏応用科学, 水圏生産科学
  • 複合化学, グリーン・環境化学
  • 複合化学, 分析化学
  • 環境学, 持続可能システム
  • 環境学, 自然共生システム
  • 地球惑星科学, 気象・海洋物理・陸水学
  • 環境学, 環境影響評価
  • 環境学, 環境動態解析

研究キーワード

  • 東シナ海
  • 黒潮
  • 海洋生態系モデル
  • モニタリング
  • 沿岸
  • 栄養塩
  • 赤潮
  • 植物プランクトン
  • 物質循環
  • 動物プランクトン
  • 瀬戸内海
  • 急潮
  • 気候変動
  • 地球温暖化

著書・発表論文等

論文

  • Moon jellyfish aggregations observed by a scientific echo sounder and an underwater video camera and their relation to internal waves, Takashi Mano, Xinyu Guo, Naoki Fujii, Naoki Yoshie, Eisuke Tsutsumi, Rui Saito, Journal of Oceanography, 2019年08月, 09168370, 10.1007/s10872-019-00507-8
  • How the Kuroshio Current Delivers Nutrients to Sunlit Layers on the Continental Shelves With Aid of Near-Inertial Waves and Turbulence, Nagai Takeyoshi, Duran Gloria Silvana, Otero Diego Andre, Mori Yasutaka, Yoshie Naoki, Ohgi Kazuki, Hasegawa Daisuke, Nishina Ayako, Kobari Toru, GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2019年06月, [査読有り], 0094-8276, 10.1029/2019GL082680
  • One-Dimensional Turbulence-Ecosystem Model Reveals the Triggers of the Spring Bloom in Mesoscale Eddies, Maure E. R., Ishizaka J., Aiki H., Mino Y., Yoshie N., Goes J. I., Gomes H. R., Tomita H., JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS, 2018年09月, [査読有り], 2169-9275, 10.1029/2018JC014089
  • Temporal variation in water intrusion of a tidal frontal system and distribution of chlorophyll in the Seto Inland Sea, Japan, Komorita Tomohiro, Guo Xinyu, Yoshie Naoki, Fujii Naoki, Takeoka Hidetaka, CONTINENTAL SHELF RESEARCH, 2016年01月, [査読有り], 0278-4343, 10.1016/j.csr.2015.10.015
  • Spatial distribution and cell size of aerobic anoxygenic phototrophic bacteria in the Uwa Sea, Japan, Sato-Takabe Yuki, Suzuki Shotaro, Shishikura Ryuki, Hamasaki Koji, Tada Yuya, Kataoka Takafumi, Yokokawa Taichi, Yoshie Naoki, Suzuki Satoru, JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 2015年02月, [査読有り], 0916-8370, 10.1007/s10872-014-0267-z
  • Developing ecosystem indicators for responses to multiple stressors, Jennifer L. Boldt, Rebecca Martone, Jameal Samhouri, R. Ian Perry, Sachihiko Itoh, Ik Kyo Chung, Motomitsu Takahashi, Naoki Yoshie, Oceanography, 2014年12月, 10428275, 10.5670/oceanog.2014.91
  • Impacts of climate change on growth, migration and recruitment success of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western North Pacific, Okunishi Takeshi, Ito Shin-ichi, Hashioka Taketo, Sakamoto Takashi T., Yoshie Naoki, Sumata Hiroshi, Yara Yumiko, Okada Naosuke, Yamanaka Yasuhiro, CLIMATIC CHANGE, 2012年12月, [査読有り], 0165-0009, 10.1007/s10584-012-0484-7
  • Development of a one-dimensional ecosystem model including the iron cycle applied to the Oyashio region, western subarctic Pacific, M. Shigemitsu, T. Okunishi, J. Nishioka, H. Sumata, T. Hashioka, M. N. Aita, M. N. Aita, S. L. Smith, N. Yoshie, N. Okada, Y. Yamanaka, Y. Yamanaka, Journal of Geophysical Research: Oceans, 2012年01月, 10.1029/2011JC007689
  • A modeling approach to evaluate growth and movement for recruitment success of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western Pacific, Okunishi Takeshi, Ito Shin-Ichi, Ambe Daisuke, Takasuka Akinori, Kameda Takahiko, Tadokoro Kazuaki, Setou Takashi, Komatsu Kosei, Kawabata Atsushi, Kubota Hiroshi, Ichikawa Tadafumi, Sugisaki Hiroya, Hashioka Taketo, Yamanaka Yasuhiro, Yoshie Naoki, Watanabe Tomowo, FISHERIES OCEANOGRAPHY, 2012年, [査読有り], 1054-6006, 10.1111/j.1365-2419.2011.00608.x
  • Population dynamics of phytoplankton, heterotrophic bacteria, and viruses during the spring bloom in the western subarctic Pacific, Suzuki Koji, Kuwata Akira, Yoshie Naoki, Shibata Akira, Kawanobe Kyoko, Saito Hiroaki, DEEP-SEA RESEARCH PART I-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS, 2011年05月, [査読有り], 0967-0637, 10.1016/j.dsr.2011.03.003
  • Application of an automatic approach to calibrate the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model in the Oyashio region, Ito Shin-ichi, Yoshie Naoki, Okunishi Takeshi, Ono Tsuneo, Okazaki Yuji, Kuwata Akira, Hashioka Taketo, Rose Kenneth A., Megrey Bernard A., Kishi Michio J., Nakamachi Miwa, Shimizu Yugo, Kakehi Shigeho, Saito Hiroaki, Takahashi Kazutaka, Tadokoro Kazuaki, Kusaka Akira, Kasai Hiromi, PROGRESS IN OCEANOGRAPHY, 2010年10月, [査読有り], 0079-6611, 10.1016/j.pocean.2010.08.004
  • ` Effect of eddy transport on the nutrient supply into the euphotic zone simulated in an eddy-permitting ocean ecosystem model, Sumata Hiroshi, Hashioka Taketo, Suzuki Tatsuo, Yoshie Naoki, Okunishi Takeshi, Aita Maki N., Sakamoto Takashi T., Ishida Akio, Okada Naosuke, Yamanaka Yasuhiro, JOURNAL OF MARINE SYSTEMS, 2010年10月, [査読有り], 0924-7963, 10.1016/j.jmarsys.2010.07.002
  • Physiological acclimation by phytoplankton explains observed changes in Si and N uptake rates during the SERIES iron-enrichment experiment, Smith S. Lan, Yoshie Naoki, Yamanaka Yasuhiro, DEEP-SEA RESEARCH PART I-OCEANOGRAPHIC RESEARCH PAPERS, 2010年03月, [査読有り], 0967-0637, 10.1016/j.dsr.2009.09.009
  • Temporal and spatial variations in photosynthetic physiology of diatoms during the spring bloom in the western subarctic Pacific, Yoshie Naoki, Suzuki Koji, Kuwata Akira, Nishioka Jun, Saito Hiroaki, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 2010年, [査読有り], 0171-8630, 10.3354/meps08329
  • Evidence for the grazing hypothesis: Grazing reduces phytoplankton responses of the HNLC ecosystem to iron enrichment in the western subarctic pacific (SEEDS II), Tsuda Atsushi, Takeda Shigenobu, Saito Hiroaki, Nishioka Jun, Kudo Isao, Nojiri Yukihiro, Suzuki Koji, Uematsu Mitsuo, Wells Mark L., Tsumune Daisuke, Yoshimura Takeshi, Aono Tatsuo, Aramaki Takafumi, Cochlan William P., Hayakawa Maki, Imai Keiri, Isada Tomoshi, Iwamoto Yoko, Johnson William K., Kameyama Sohiko, Kato Shungo, Kiyosawa Hiroshi, Kondo Yoshiko, Levasseur Maurice, Machida Ryuji J., Nagao Ippei, Nakagawa Fumiko, Nakanish Takahiro, Nakatsuka Seiji, Narita Akira, Noiri Yoshifumi, Obata Hajime, Ogawa Hiroshi, Oguma Kenji, Ono Tsuneo, Sakuragi Tomofumi, Sasakawa Motoki, Sato Mitsuhide, Shimamoto Akifumi, Takata Hyoe, Trick Charles G., Watanabe Yutaka W., Wong Chi Shing, Yoshie Naoki, JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 2007年12月, [査読有り], 0916-8370, 10.1007/s10872-007-0082-x
  • Parameter sensitivity study of the NEMURO lower trophic level marine ecosystem model, Yoshie Naoki, Yamanaka Yasuhiro, Rose Kenneth A., Eslinger David L., Ware Daniel M., Kishi Michio J., ECOLOGICAL MODELLING, 2007年03月, [査読有り], 0304-3800, 10.1016/j.ecolmodel.2006.07.043
  • NEMURO - a lower trophic level model for the North Pacific marine ecosystem, Kishi Michio J., Kashiwai Makoto, Ware Daniel M., Megrey Bernard A., Eslinger David L., Werner Francisco E., Noguchi-Aita Maki, Azumaya Tomonori, Fujii Masahiko, Hashimoto Shinji, Huang Daji, Iizumi Hitoshi, Ishida Yukimasa, Kang Sukyung, Kantakov Gennady A., Kim Hyun-cheol, Komatsu Kosei, Navrotsky Vadim V., Smith S. Lan, Tadokoro Kazuaki, Tsuda Atsushi, Yamamura Orio, Yamanaka Yasuhiro, Yokouchi Katsumi, Yoshie Naoki, Zhang Jing, Zuenko Yury I., Zvalinsky Vladimir I., ECOLOGICAL MODELLING, 2007年03月, [査読有り], 0304-3800, 10.1016/j.ecolmodel.2006.08.021
  • Modeling studies investigating the causes of preferential depletion of silicic acid relative to nitrate during SERIES, a mesoscale iron enrichment in the NE subarctic Pacific, S. Takeda, N. Yoshie, P. W. Boyd, Y. Yamanaka, Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography, 2006年10月, 09670645, 10.1016/j.dsr2.2006.05.027
  • Processes causing the temporal changes in Si/N ratios of nutrient consumptions and export flux during the spring diatom bloom, Naoki Yoshie, Yasuhiro Yamanaka, Yasuhiro Yamanaka, Journal of Oceanography, 2005年12月, 09168370, 10.1007/s10872-006-0022-1
  • Ecosystem changes after the SEEDS iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimensional ecosystem model, Naoki Yoshie, Masahiko Fujii, Yasuhiro Yamanaka, Yasuhiro Yamanaka, Progress in Oceanography, 2005年01月, 00796611, 10.1016/j.pocean.2005.02.014
  • Simulated biogeochemical responses to iron enrichments in three high nutrient, low chlorophyll (HNLC) regions, Masahiko Fujii, Naoki Yoshie, Yasuhiro Yamanaka, Yasuhiro Yamanaka, Fei Chai, Progress in Oceanography, 2005年01月, 00796611, 10.1016/j.pocean.2005.02.017
  • An ecosystem model coupled with nitrogen-silicon-carbon cycles applied to station A7 in the northwestern Pacific, Yasuhiro Yamanaka, Yasuhiro Yamanaka, Naoki Yoshie, Masahiko Fujii, Masahiko Fujii, Maki N. Aita, Michio J. Kishi, Michio J. Kishi, Journal of Oceanography, 2004年04月, 09168370, 10.1023/B:JOCE.0000038329.91976.7d
  • One dimensional ecosystem model simulation of the effects of vertical dilution by the winter mixing on the spring diatom bloom, Naoki Yoshie, Yasuhiro Yamanaka, Yasuhiro Yamanaka, Michio J. Kishi, Michio J. Kishi, Hiroaki Saito, Journal of Oceanography, 2003年10月, 09168370, 10.1023/B:JOCE.0000009586.02554.d3
  • Dynamics of fatty acids in newly biosynthesized phytoplankton cells and seston during a spring bloom off the west coast of Hokkaido Island, Japan, K. H. Shin, T. Hama, N. Yoshie, S. Noriki, S. Tsunogai, Marine Chemistry, 2000年06月, 03044203, 10.1016/S0304-4203(00)00030-X

書籍等出版物

  • 里海管理論, 郭新宇, 王玉成, 久保田泰士, 吉江直樹, 共著, 4.3章 海洋環境保護区(MPA)の設定法, 2019年03月, 158-171
  • 海の温暖化, 日本海洋学会編 吉江直樹, 共著, 7.3 瀬戸内海西部における赤潮の変遷, 朝倉書店, 2017年07月, 129-132, 978-4-254-16130-4
  • 詳論沿岸海洋学 : 沿岸海洋研究会50周年記念, 日本海洋学会沿岸海洋研究会, 日本海洋学会, 杉本 隆成, 小田巻 実, 吉川 裕, 日比谷 紀之, 松野 健, 島田 浩二(海洋環境学), 武岡 英隆, 工藤 勲, 門谷 茂, 藤原 建紀, 左山 幹雄, 齊藤 宏明, 中野 伸一, 吉江 直樹, 柳 哲雄, 恒星社厚生閣, 2014年, 9784769914679

講演・口頭発表等

  • Mixing Processes in the Kuroshio region and their influence on the low‐trophic ecosystem, GUO Xinyu, MATSUNO Takeshi, SENJU Tomoharu, ICHIKAWA Kaoru, ENDOH Takahiro, TSUTSUMI Eisuke, NISHINA Ayako, NAKAMURA Hirohiko, ZHANG Jing, HASEGAWA Daisuke, YOSHIE Naoki, KOBARI Toru, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • Nutrient and phytoplankton dynamics in the continental slope region of the East China Sea associated with the Kuroshio frontal eddy, YOSHIE Naoki, KABE Anri, OHGI Kazuki, TSUTSUMI Eisuke, TAKEDA Shigenobu, ISHIZAKA Joji, GUO Xinyu, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • Turbulent mixing and vertical nitrate flux in the Bungo Channel, Japan, TSUTSUMI Eisuke, YOSHIE Naoki, MANO Takashi, KANDA Taisei, FUJII Naoki, GUO Xinyu, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • 日向灘沖の陸棚斜面近傍を流れる黒潮において,水平30km,鉛直200m規模で観測された著しく強い乱流混合, 長井健容, DURAN Silvana, OTERO Diego, 森泰貴, 吉江直樹, 大城一輝, 長谷川大介, 仁科文子, 小針統, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • 瀬戸内海中央部における栄養塩変動に対する低次生態系の応答, 吉江直樹, 水口隼人, GUO Xinyu, 米田道夫, 阿保勝之, 河野悌昌, 藤田辰徳, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • 衛星水温分布を用いた西部瀬戸内海における藻場植生境界水温の推定, 吉江直樹, 加部晏諒, 島袋寛盛, 吉田吾郎, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年
  • 気候変動による水温上昇が瀬戸内海の藻場に及ぼす影響~RCPシナリオに基づいた将来予測~, 島袋寛盛, 吉田吾郎, 郭新宇, 吉江直樹, 村瀬昇, 野田幹雄, 清本節夫, 門田立, 吉村拓, 日本水産学会大会講演要旨集, 2018年09月
  • A challenge to evaluate effect of climate change on Japanese anchovy(Engraulis japonicus) in the East China Sea IV, ITO Shin‐ichi, SETOU Takashi, HASEGAWA Toru, KITAJIMA Satoshi, TAKASUKA Akinori, YOSHIE Naoki, OKUNISHI Takeshi, TAKAHASHI Motomitsu, YONEDA Michio, AMANO Yuuhei, KOJIGUCHI Hiroki, GUO Chenying, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2018年
  • A challenge to evaluate effect of climate change on Japanese anchovy (Engraulis japonicus) in the East China Sea III, ITO Shin‐ichi, KOMATSU Kosei, KITAJIMA Satoshi, TAKASUKA Akinori, YOSHIE Naoki, OKUNISHI Takeshi, TAKAHASHI Motomitsu, HASEGAWA Toru, SETOU Takashi, YONEDA Michio, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
  • Numerical analysis of the ecosystem responses to the changes of nutrient supply in the Western Seto Inland Sea, Japan, YOSHIE Naoki, MIZUGUCHI Hayato, NAKAGAWA Miwa, GUO Xinyu, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
  • Studies on the effects of water temperature increase on macroalgal beds (Moba) in western Japan―for understanding of the impact mechanism of global warming and future prediction―, YOSHIDA Goro, SHIMABUKURO Hiromori, GUO Xinyu, YOSHIE Naoki, YU Xiaojie, MURASE Noboru, NODA Mikio, KIYOMOTO Setsuo, KADOTA Tatsuru, YOSHIMURA Taku, 日本水産学会大会講演要旨集, 2017年
  • How the Tokara strait cultivates the Kuroshio, HASEGAWA Daisuke, MATSUNO Takeshi, TSUTUMI Eisuke, SENJYU Tomoharu, NAKAMURA Hirohiko, KOBARI Toru, NISHINA Ayako, YOSHIE Naoki, GUO Xinyu, NAKAGAWA Miwa, NAGAI Takeyoshi, TANAKA Takahiro, YASUDA Ichiro, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
  • 豊後水道における栄養塩濃度の季節・経年変化, 中川美和, GUO Xinyu, 吉江直樹, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
  • 短周期の内部波がミズクラゲの集群形成に及ぼす影響, 眞野能, GUO Xinyu, 藤井直紀, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
  • 内部波のストークスドリフトによるミズクラゲ集群の波状構造の形成, 眞野能, GUO X., 吉江直樹, 齋藤類, 藤井直紀, 堤英輔, 武岡英隆, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集, 2017年
  • 計量魚群探知機によるミズクラゲの観測およびパッチ状の集群形成に関する理論的考察, 眞野能, GUO X., 吉江直樹, 藤井直紀, 武岡英隆, 日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集, 2016年09月
  • 船舶データを用いた瀬戸内海西部における海色衛星データの精度評価, 中川美和, 郭新宇, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年08月
  • 黒潮続流南縁における低気圧性渦周辺の硝酸塩供給機構, 奥西武, 金子仁, 伊藤幸彦, 纐纈慎也, 瀬藤聡, 黒田寛, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年08月
  • トカラ列島周辺海域における硝酸塩鉛直乱流拡散フラックスの直接観測, 長谷川大介, 堤英輔, 松野健, 千手智晴, 中村啓彦, 小針統, 仁科文子, 吉江直樹, 郭新宇, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年08月
  • 数値実験による東シナ海カタクチイワシの温暖化影響評価, 伊藤進一, 小松幸生, 北島聡, 高須賀明典, 吉江直樹, 奥西武, 高橋素光, 長谷川徹, 瀬藤聡, 米田道夫, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年08月
  • 秋季のトカラ海峡周辺における低次生態系の時空間分布, 吉江直樹, 中川美和, 武藤玲央, 小針統, 郭新宇, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年08月
  • 日本海西部海域におけるズワイガニ幼生の輸送シミュレーション, 久保田泰士, 郭新宇, 王玉成, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年03月
  • 地球温暖化影響下におけるサンマの成長と回遊, 伊藤進一, 小松幸生, 高須賀明典, 奥西武, 吉江直樹, 瀬藤聡, 亀田卓彦, 渡邉一功, 黒田寛, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2016年03月
  • 船舶データを用いた瀬戸内海西部における海色衛星データの精度評価, 中川美和, 郭新宇, 吉江直樹, 瀬戸内海研究フォーラム, 2016年
  • 宇和海の海洋環境とK.mikimotoiの赤潮の関係, 郭新宇, 于暁杰, 吉江直樹, 鬼塚剛, 武岡英隆, 瀬戸内海研究フォーラム, 2016年
  • 西部瀬戸内海における栄養塩濃度変動とメカニズム, 吉江直樹, 中川美和, 板尾和哉, 内田大貴, 武岡英隆, 瀬戸内海研究フォーラム, 2016年
  • 東シナ海におけるカタクチイワシの温暖化影響評価の試み II, 伊藤進一, 小松幸生, 北島聡, 高須賀明典, 吉江直樹, 奥西武, 高橋素光, 長谷川徹, 瀬藤聡, 米田道夫, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年
  • 海色衛星データを用いた瀬戸内海における植物プランクトン時空間変化解析, 中川美和, 郭新宇, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年09月
  • 西部瀬戸内海の潮汐フロント形成域における海盆部への中層貫入と植物プランクトン分布の季節変動, 小森田智大, 郭新宇, 吉江直樹, 武岡英隆, 藤井直紀, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年09月
  • 黒潮続流南縁における中規模渦周辺の硝酸塩輸送過程, 奥西武, 金子仁, 伊藤幸彦, 纐纈慎也, 瀬藤聡, 黒田寛, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年09月
  • 黒潮フロント渦に伴う東シナ海黒潮域の植物プランクトン群集構造変化, 吉江直樹, 坂本航平, 中川美和, 佐藤業大, 堤英輔, 水産海洋研究, 2015年08月
  • 国際的閉鎖性海域・日本海の海域管理法の開発, 吉田尚郁, りゅう茜, 張勁, 森本昭彦, 石坂丞二, 伊藤雅, 広瀬直毅, 高山勝巳, 郭新宇, 吉江直樹, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年03月
  • 瀬戸内海における水温と海面熱フラックスの長期変化, 堤英輔, 郭新宇, 久保田祥隆, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年03月
  • ミズクラゲの集群形成および現存量に関する研究, 眞野能, 郭新宇, 藤井直紀, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年03月
  • 黒潮フロント渦に伴う東シナ海黒潮域の低次生態系変化, 吉江直樹, 佐藤業大, 中川美和, 堤英輔, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2015年03月
  • 二次元回遊を考慮したサンマの地球温暖化影響評価, 伊藤進一, 小松幸生, 高須賀明典, 奥西武, 吉江直樹, 瀬藤聡, 亀田卓彦, 渡邉一功, 黒田寛, 水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, 2015年
  • 日本周辺海域におけるスルメイカの経年変動要因に関する数値モデル解析, 吉江直樹, GUO Xinyu, WANG Yucheng, 久保田泰士, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2015年
  • 東シナ海におけるカタクチイワシの温暖化影響評価の試み, 伊藤進一, 小松幸生, 高須賀明典, 吉江直樹, 奥西武, 北島聡, 高橋素光, 長谷川徹, 瀬藤聡, 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2015年
  • 地球温暖化によりサンマ来遊時期がどのように変化するか, 渡邉一功, 伊藤進一, 小松幸生, 高須賀明典, 奥西武, 吉江直樹, 瀬藤聡, 亀田卓彦, 黒田寛, 水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, 2015年
  • 伊予灘における鉛直混合:水温成層時と非成層時の比較, 堤英輔, 郭新宇, 吉江直樹, 松野健, 眞野能, 中川美和, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2014年09月
  • 計量魚群探知機を用いたミズクラゲ現存量推定手法の検討, 眞野能, 郭新宇, 藤井直紀, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2014年09月
  • 西部瀬戸内海の潮汐フロント形成域における海盆部への栄養塩供給機構の季節変動, 小森田智大, 郭新宇, 藤井直紀, 吉江直樹, 武岡英隆, 水産海洋研究, 2014年05月
  • 潮汐フロント周辺でのGPSラジオゾンデ観測:盛夏と初秋の比較, GUO Xinyu, 中川美和, 石睿, 吉江直樹, 堤英輔, 眞野能, 岩崎慎介, 笠毛健生, 日本気象学会大会講演予稿集, 2013年10月
  • 夏季の東シナ海における植物プランクトン群集構造の短期変動, 坂本航平, 吉江直樹, 中川美和, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年08月
  • 2012年夏季の豪雨に対する伊予灘の低次生態系応答, 吉江直樹, 豊川将平, 石丸梨香, 堤英輔, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年08月
  • 潮汐フロント周辺でのGPSラジオゾンデ観測:盛夏と初秋の比較, 中川美和, 郭新宇, 石睿, 吉江直樹, 堤英輔, 眞野能, 岩崎慎介, 笠毛健生, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年08月
  • 乱流計測による伊予灘における鉛直混合強度の評価, 堤英輔, 郭新宇, 吉江直樹, 武岡英隆, 松野健, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年03月
  • 2012年夏季の歴史的豪雨に対する豊後水道低次生態系の応答, 吉江直樹, 坂本航平, 中川美和, 新田徹, 高部由季, 堤英輔, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年03月
  • 宇和海における酸素非発生型好気性光合成細菌の分布, 高部由季, 鈴木翔太郎, 浜崎恒二, 吉江直樹, 横川太一, 鈴木聡, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2013年03月
  • C158 潮汐フロント周辺でのGPSラジオゾンデ観測 : 盛夏と初秋の比較(中緯度海洋前線近傍の大気海洋現象,スペシャル・セッション), 郭 新宇, 中川 美和, 石 睿, 吉江 直樹, 堤 英輔, 眞野 能, 岩崎 慎介, 笠毛 健生, 大会講演予講集, 2013年
  • 豊後水道における外洋水流入に伴う低次生態系の応答, 吉江直樹, 藤井直紀, 奥田悠太, 園本拓彬, 郭新宇, 小森田智大, 磯辺篤彦, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2012年03月
  • 豊後水道の急潮が親生物元素の変動に与える影響, 小森田智大, 吉江直樹, 藤井直紀, 郭新宇, 横川太一, 濱岡秀樹, 磯辺篤彦, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2012年03月
  • 豊後水道における外洋水侵入に対する低次生態系の応答, 吉江直樹, 藤井直紀, 郭新宇, 小森田智大, 磯辺篤彦, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年09月
  • 宇和海沿岸域における鉛直水温分布とその変動, 藤井直紀, 郭新宇, 吉江直樹, 小森田智大, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年09月
  • 現世沿岸海洋の水柱中における古細菌膜脂質の分布とTEX<sub>86</sub>古水温指標の解析, 守屋和佳, 加三千宣, 山本正伸, 國弘忠生, 大西秀次郎, 齋藤光代, 濱岡秀樹, 佐川拓也, 柴田淳也, 藤井直紀, 吉江直樹, 大森浩二, 武岡英隆, 日本古生物学会年会講演予稿集, 2011年06月
  • 西部瀬戸内海において海峡部から供給される栄養塩が成層域の生物生産に対して与える影響, 小森田智大, 郭新宇, 藤井直紀, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年03月
  • 春季親潮ブルーム期における植物プランクトン,従属栄養細菌,およびウイルスの動態, 鈴木光次, 桑田晃, 吉江直樹, 柴田晃, 川延京子, 齊藤宏明, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年03月
  • 初夏の豊後水道東岸(宇和海)における水温・塩分変動, 藤井直紀, 泉山佳啓, 郭新宇, 小森田智大, 吉江直樹, 武岡英隆, 磯辺篤彦, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年03月
  • 夏季の豊後水道における暖水進入に対する植物プランクトンの応答, 吉江直樹, 藤井直紀, 郭新宇, 小森田智大, 磯辺篤彦, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2011年03月
  • 急潮のアンサンブル予報と生態影響評価への運用実験, 磯辺篤彦, 郭新宇, 吉江直樹, 藤井直紀, CHANG K. H, MILLER Todd, 大西秀次郎, 小森田智大, 二村彰, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年08月
  • 低次生態系モデルを用いた親潮域における海洋表層鉄循環の解析, 重光雅仁, 奥西武, 西岡純, 須股浩, 橋岡豪人, 相田真希, SMITH S.L., 吉江直樹, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年08月
  • 親潮域春季ブルーム期におけるウルトラ植物プランクトンの動態, 中町美和, 吉江直樹, 近藤能子, 桑田晃, 清水勇吾, 高橋一生, 齊藤宏明, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年03月
  • 夏季の伊予灘における底部冷水 I:物理構造, 郭新宇, 藤井直紀, 小森田智大, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年03月
  • 夏季の伊予灘における底部冷水 II:栄養塩動態, 小森田智大, 郭新宇, 藤井直紀, 吉江直樹, 國弘忠生, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年03月
  • 夏期の伊予灘における底部冷水 IV:動物プランクトン, 藤井直紀, 郭新宇, 小森田智大, 吉江直樹, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年03月
  • 夏季の伊予灘における底部冷水 III:植物プランクトン, 吉江直樹, 藤井直紀, 小森田智大, 郭新宇, 武岡英隆, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2010年03月
  • 複数観測地点データを用いた低次生態系モデルの最適パラメータ推定, 奥西武, 吉江直樹, 須股浩, 重光雅仁, 橋岡豪人, 山中康裕, 伊藤進一, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2009年09月
  • 海洋表層の栄養塩収支に対する渦輸送の効果, 須股浩, 橋岡豪人, 岡田直資, 相田真希, 吉江直樹, 坂本天, 鈴木立郎, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2009年09月
  • 生態系モデルeNEMUROによる日本周辺五海域の低次生態系群集構造の再現, 吉江直樹, 伊藤進一, 小松幸生, 奥西武, 小埜恒夫, 田所和明, 日高清隆, 長谷川徹, 齊藤宏明, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2009年03月
  • 渦許容全球モデルによる低次生態系の経年変動実験, 須股浩, 橋岡豪人, 岡田直資, 相田真希, 吉江直樹, 坂本天, 鈴木立郎, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2009年03月
  • 海洋生態系‐水産資源モデルによる地球温暖化の影響予測, 奥西武, 伊藤進一, 吉江直樹, 山中康裕, 須股浩, 屋良由美子, 橋岡豪人, 坂本天, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2009年03月
  • Okunishi. T, S. Ito, N. Yoshie, Y. Yamanaka, H. Sumata, Y. Yara, T. Hashioka, and T. Sakamoto: Impacts of climate change on growth and migration of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western North Pacific, 3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada, 2009年
  • Sumata, H., T. Hashioka, N. Okada, M. Aita, N. Yoshie, T. Sakamoto, T. Suzuki, and Y. Yamanaka: Eddy Permitting Simulations of 3D-NEMURO in the Global Ocean, 3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada, 2009年
  • Yoshie, N., S. Ito, K. Komatsu, T. Okunishi, T. Ono, K. Tadokoro, K. Hidaka, T. Hasegawa, H. Saito and Y. Yamanaka: Structure and dynamics of marine ecosystem in the 5 regions around Japan simulated by a marine ecosystem model, 3rd GLOBEC Ocean Science Meeting, Victoria, Canada, 2009年
  • 低次生態系モデルNEMUROのパラメーター自動推定, 伊藤進一, 吉江直樹, 小埜恒夫, 岡崎雄二, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2008年09月
  • 生態系モデルによる親潮域・混合水域における低次生態系の経年変化の再現, 吉江直樹, 小松幸生, 伊藤進一, 小埜恒夫, 田所和明, 齊藤宏明, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2008年03月
  • クロロフィルデータは何を表すのか?―生物地球化学及び生態系モデル研究における留意点―, 齊藤宏明, 吉江直樹, 桑田晃, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2008年03月
  • 吉江直樹, 伊藤進一, 小松幸生, 亀田卓彦, 小埜恒夫, 清水勇吾, 筧茂穂, 田所和明, 齊藤宏明, 山中康裕: 親潮生態系の動態解明に向けて -生態系モデルからのアプローチ-, 東京大学海洋研究所共同利用研究集会 「水塊構造の時空間変動と高頻度連続観測による親潮生態系の動態解明」, 東京, 2008年
  • 須股浩, 橋岡豪人, 坂本天, 鈴木立郎, 石田明生, 相田真希, 吉江直樹, 奥西武, 山中康裕: 渦許容全球海洋モデルによる低次生態系再現実験, 第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2008年
  • 奥西武, 橋岡豪人, 須股浩, 吉江直樹, 伊藤進一, 山中康裕, 坂本天: マイワシ回遊モデルの開発と 過去・未来のモデル解析, 第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2008年
  • 伊藤進一, 吉江直樹, 小埜恒夫, 岡崎雄二, 奥西武, 橋岡豪人, A-lineチーム: 海洋生態系モデルNEMUROの最適パラメータ推定, 第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2008年
  • 吉江直樹, 山中康裕: eNEMUROはどの程度日本周辺の生態系を再現できているか, 第8回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2008年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Multi-element ecosystem dynamics in the SERIES iron-enrichment experiment: comparing fixed – and variable- composition versions of the NEMURO ecosystem model, Ocean Science Meeting 2008, Orlando, USA, 2008年
  • Yoshie, N., K. Komatsu, S. Ito, T. Ono, K. Tadokoro, H. Saito and Y. Yamanaka: Seasonal and interannual variation of marine ecosystem in the western subarctic Pacific simulated by a 3D marine ecosystem model, Effects of climate changes on the world oceans international symposium, Gijon, Spain, 2008年
  • Yoshie, N., K. Suzuki, A. Kuwata, J. Nishioka, and H. Saito: Temporal and spatial variations of phytoplankton photosynthetic physiology in the western subarctic Pacific in spring, Ocean Science Meeting 2008, Orlando, USA, 2008年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Multi-element ecosystem dynamics in the SERIES iron-enrichment experiment: comparing optimal uptake kinetics to michaelis-menten, Advances in Marine Ecosystem Modelling Research 2008, Plymouth, UK, 2008年
  • Okunishi, T., S. Ito, N. Yoshie, T. Hashioka, H. Sumata, Y. Yamanaka: The impact of density-dependent processes on growth of Japanese sardine (Sardinops melanostictus), PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China, 2008年
  • Yamanaka, Y., T. Hashioka, T. Okunishi, H. Sumata, T. Sakamoto, M. N. Aita, N. Yoshie, N. Okada, S. Ito: Recent results connecting climate change to fish resources using the high resolution model, COCO-NEMURO, PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China, 2008年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, M. N. Aita, T. Hashioka, H. Sumata, N. Okada, T. Okunishi and S. Ito: Observational data for determining physiological parameters and validating model simulations: Suggestions by NEMURO developers, PICES 17th Annual Meeting, Dalian, China, 2008年
  • 個体群密度効果がマイワシの成長および分布に与える影響, 奥西武, 伊藤進一, 吉江直樹, 山中康裕, 須股浩, 橋岡豪人, 水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, 2008年
  • 春季の西部北太平洋亜寒帯域における光合成パラメータの時空間的変化, 吉江直樹, 鈴木光次, 桑田晃, 齊藤宏明, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2007年03月
  • 吉江直樹: 次世代生態系モデルに必要な観測とは?, 第一回 海洋生態系モデリング・モニタリング研究会, 塩釜, 2007年
  • 吉江直樹, 鈴木光次, 桑田晃, 齊藤宏明: 春季の西部北太平洋亜寒帯域における 光合成特性の時空間変動, 第7回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2007年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 鵜野伊津志, 相田真希: 気象擾乱による大気-海洋系物質循環および海洋生態系の応答, 第2回特定領域研究「大気海洋物質循環」全体会議, 熊谷, 2007年
  • Yamanaka, Y., T. Hashioka, M. N. Aita, F. Shido, N. Yoshie: An integrated physical-biogeochemical-ecosystem model including pelagic fish dynamics, to study changes in ecosystem and pelagic fish in the western North Pacific associated with global warming, International Symposium on 'Parameterization of Trophic Interactions in Ecosystem Modelling', Cadiz, Spain, 2007年
  • Ito, S., K. A. Rose, N. Yoshie, B. A. Megrey, M. J. Kishi, and F. E. Werner: Evaluation of an automated calibration approach for calibrating the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model, International Zooplankton Symposium, Hiroshima, Japan, 2007年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, K. Sato, J. Nishioka: An iron cycle model coupled with an ecosystem model, NEMURO, GEOTRACES Data-Model Synergy Workshop, Delmenhorst, Germany, 2007年
  • Yokouchi, K., T. Kameda, K. Komatsu, S. Ito and N. Yoshie: Application for fisheries-Satellite observations for sustainable fisheries-, 2007 AMSR/GLI workshop, Tsukuba, Japan, 2007年
  • Yoshie, N.: Development and applications of an ecosystem model reproducing complex marine ecosystems around Japan, COE program symposium 2007-Prediction and avoidance of an abrupt change in the biogeosphere system, Sapporo, Japan, 2007年
  • Yoshie, N.: Development of eNEMURO with 4 zooplankton collaborated with monitoring teams, 6th Workshop of the Dynamic Green Ocean Project, Villefranche-sur-mer, France, 2007年
  • Yoshie, N.: Applications of marine ecosystem model to the mesoscale iron fertilization experiments in the subarctic Pacific, International meeting for biogeochemical modeling in the IAEA-MEL, Monaco, 2007年
  • Yoshie, N., H. Saito, K. Komatsu, and S. Ito: IMBER-JAPAN related programs “Population outbreak of marine life” and “Global Warming project”, GODAE-IMBER Task Team meeting, Paris, France, 2007年
  • Ito, S., K. A. Rose, N. Yoshie, B. A. Megrey, M. J. Kishi, and F. E. Werner: Evaluation of an automated approach for calibrating the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model, PICES 16th Annual Meeting, Victoria, Canada, 2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Comparing Optimal Uptake Kinetics and Michaelis-Menten by Assimilating Data from the SERIES Fe-Enrichment Experiment into a Marine Ecosystem Model, The 6th European Conference on Ecological Modelling, Trieste, Italy, 2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment, IfM-GEOMAR seminar, Kiel, Germany, 2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment, GKSS formal seminar, Geesthacht, Germany, 2007年
  • Smith S. L., N. Yoshie, and Y. Yamanaka: Introduction of the SPONGE and QeNEMURO and Application to the SERIES iron-enrichment experiment, AWI formal seminar, Bremerhaven, Germany, 2007年
  • 低次生態系モデルのパラメーター自動推定, 伊藤進一, 吉江直樹, 岸道郎, 水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, 2007年
  • 吉江直樹: 海洋低次生態系モデル“eNEMURO”の話を中心に, 第6回2006年度海洋生態系モデリング研究会, 登別, 2006年
  • 吉江直樹、山中康裕、橋岡豪人、藤井賢彦: モデル研究の立場から, 2006年度日本海洋学会秋季大会, 名古屋, 2006年
  • 吉江直樹: 海洋生態系モデルの開発と中規模鉄散布実験や日本周辺海域への応用, 第19回2006年度海洋物質循環セミナー, 苫小牧, 2006年
  • 23. Yoshie, N. S. Takeda, P. W. Boyd and Y. Yamanaka: Modelling studies investigating the causes of preferential depletion of silicic acid relative to nitrate during SERIES: a mesoscale iron-enrichment in the NE subarctic Pacific, 2006 Ocean Science Meeting, Hawaii, USA, 2006年
  • Yoshie, N. S. Takeda, P. W. Boyd and Y. Yamanaka: Modelling studies investigating the causes of preferential depletion of silicic acid relative to nitrate during SERIES: a mesoscale iron-enrichment in the NE subarctic Pacific, CREAMS/PICES international workshop on model/data intercomparison for the Japan/East Sea, Busan, Korea, 2006年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Development of a lower trophic ecosystem model representing prey of juvenile pelagic fish in the subtropical western North Pacific, PICES 15th Annual Meeting, Yokohama, Japan, 2006年
  • Yoshie, N., K. Sato, Y. Yamanaka and J. Nishioka: Introduction of iron cycles into a lower trophic level marine ecosystem model, NEMURO, PICES 15th Annual Meeting, Yokohama, Japan, 2006年
  • Yoshie, N., M. N. Aita and Y. Yamanaka: Applications of low trophic level ecosystem model in the western North Pacific, International workshop of collaborative studies for ecosystem variation and climate change in the North Pacific, Yokohama, Japan, 2006年
  • 齋藤誠一, 山中康裕, 吉江直樹: 総合検証グループからの提言, 大気・海洋間の生物地球化学的循環過程に関する総合的研究-北太平洋域における国際共同研究の提案-, 名古屋, 2005年
  • 吉江直樹: 海洋生態系モデル「拡張版NEMURO &quot;eNEMURO&quot;」の開発, 第5回海洋生態系モデリング研究会, ニセコ, 2005年
  • 齊藤宏明, 近藤能子, 桑田晃, 西岡純, 小畑元, 小埜恒夫, 大木淳之, 柴田晃, 鈴木光次, 武田重信, 津田敦, 吉江直樹, 芳村毅: 親潮域春期ブルーム期の鉄の動態と生物応答, 2005年度日本プランクトン学会シンポジウム, 東京, 2005年
  • 吉江直樹: 気候帯毎に異なる複雑な生態系を再現する生態系モデルの開発・応用, 21世紀COEプログラム シンポジウム「生体地球圏システム激変の予測と回避」, 札幌, 2005年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Processes causing the temporal changes in Si/N ratios of nutrient consumption and export flux during the spring diatom bloom, European Geosciences Union General Assembly, Vienna, Austria, 2005年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Processes causing the temporal changes in Si/N ratios of nutrient consumptions and export flux during the spring diatom bloom, 2005 American Society of Limnology and Oceanography (ASLO) summer meeting, Santiago de Compostela, Spain, 2005年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model, Advances in Marine Ecosystem Modeling Research (AMEMR), Plymouth, UK, 2005年
  • Yoshie, N.: Studies of intermediate complex marine ecosystem models, 2005 SOLAS International summer school, Corsica, France, 2005年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Modeling of biogeochemical iron cycle, PICES 14th Annual Meeting, Vladivostok, Russia, 2005年
  • 春季の西部北太平洋における植物プランクトンの光合成‐光曲線, 吉江直樹, 鈴木光次, 斉藤宏明, 西岡純, 桑田晃, 小埜恒夫, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2005年
  • 海洋生態系モデル「拡張版NEMURO“eNEMURO”」の開発, 吉江直樹, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2004年09月
  • 鉄施肥に伴う西部北太平洋における生態系および物質循環の応答, 吉江直樹, 山中康裕, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2004年03月
  • 吉江直樹: 中規模鉄施肥実験SEEDSのモデリング, 第4回海洋生態系モデリング研究会, 支笏湖, 2004年
  • 吉江直樹, 山中康裕: 気象擾乱による大気-海洋系物質循環および海洋生態系の応答, 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「大気・海洋間の生物地球化学的循環過程」, 東京, 2004年
  • 吉江直樹: 西部北太平洋のプランクトン群集の棲み分けとその要因, 第17回海洋物質循環セミナー, 静岡, 2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Changes of the ecosystem with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model, ASLO/TOS ocean research conference, Hawaii, USA, 2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model, The 1st General Assembly of the European Geosciences Union, Nice, France, 2004年
  • Yoshie, N., M. Fujii and Y. Yamanaka: Ecosystem changes with the iron fertilization in the western North Pacific simulated by a one-dimension ecosystem model, 2004 SOLAS open science conference, Halifax, Canada, 2004年
  • Fujii, M., N. Yoshie, Y. Yamanaka: and F. Chai: Simulated biogeochemical responses to iron enrichments in three high nutrient, low chlorophyll (HNLC) regions, 2004 SOLAS open Science conference, Halifax, Canada, 2004年
  • Yamanaka, Y., N. Yoshie, T. Hashioka and M. J. Kishi: Extension of NEMURO to represent habitant segregation of plankton groups in the western North Pacific, PICES XI Annual Meeting, Honolulu, USA, 2004年
  • 吉江直樹: 植物プランクトン温度依存性の定式化に関する考察, 第3回海洋生態系モデリング研究会, 札幌, 2003年
  • 山中康裕, 吉江直樹, 橋岡豪人: 生態系モデルによる輸出生産に関する考察, 2003年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2003年
  • 吉江直樹:生態系モデルにより再現された西部北太平洋における鉄散布に伴う生態系の変化, 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム, 東京, 2003年
  • 吉江直樹: 生態系モデルで再現された西部北太平洋における鉄施肥に伴う生態系の変化, 第16回海洋物質循環セミナー, 支笏湖, 2003年
  • Smith, S. L., N. Yoshie, C. Yoshikawa, M. Fujii, Y. Yamanaka and M. J. Kishi: Modeling coupled biogeochemistry and ecosystem dynamics at four stations in the North Pacific: Recent results from the FRSGC-HU Group, Final JGOFS Open Science Conference: "A Sea of Change: JGOFS accomplishments and the Future of Ocean Biogeochemistry", Washington DC, USA, 2003年
  • Yoshie, N., S. Ito, Y. Yamanaka and M. J. Kish: The simulation of saury population in western North Pacific using the PICES-NEMURO.FISH model, PICES MODEL workshop to Embed NEMURO and NEMURO.FISH into a 3-D circulation model, Yokohama, 2003年
  • Yoshie, N., S. Ito, Y. Yamanaka and M. J. Kish: Parameter sensitivity study of NEMURO, PICES model task team work shop "Summary and Synthesis of Contributions from NEMURO and NEMURO.FISH", Yokohama, 2003年
  • 春季珪藻ブルームはどのように始まり終わるのか, 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2002年03月
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Silicon/Nitrogen ratios in the spring diatom bloom, 2002年度日本海洋学会秋季大会, 札幌, 2002年
  • 吉江直樹: 春季珪藻ブルームに関する生物過程とSi/N 比について~生態系モデルからのアプローチ~, 第15回海洋物質循環セミナー, 筑波, 2002年
  • Yoshie, N. and Y. Yamanaka: Biological processes and silicon/nitrogen ratio relevant to the spring diatom bloom, International Symposium "Our Oceanography Toward The World Oceanography" at the XXVI SCOR General Meeting, Sapporo, 2002年
  • Yoshie, N., Y. Yamanaka and M. J. Kish: Including the fish compartment into the PICES NEMURO model, PICES MODEL/REX workshop to build an NPZF (nutrient - phytoplankton - zooplankton - fish) version of the PICES NEMURO model, Nemuro/Yokohama, 2002年
  • 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明: 生態系モデルを用いた珪藻類のケイ素利用に関する考察, 2001年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2001年
  • 窒素・珪素・炭素循環を組み込んだ生態系モデリング, 山中康裕, 藤井賢彦, 吉江直樹, 岸道郎, 相田(野口)真希, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2000年09月
  • 生態系モデルを用いた親潮域におけるGRmax,Vmaxに関する考察, 吉江直樹, 山中康裕, 岸道郎, 斉藤宏明, 日本海洋学会大会講演要旨集, 2000年09月
  • 吉江直樹: 石狩湾基礎生産量推定モデルについて, 海洋基礎生産のモデリングに関するワークショップ(名古屋大学大気水圏科学研究所 共同利用研究集会), 名古屋, 2000年
  • Yoshie, N., Y. Yamanaka, M. Fujii and M. J. Kishi: Development of 11 compartments marine ecosystem box model, International Workshop to Develop a Prototype Lower Trophic Level Ecosystem Model for Comparison of Different Marine Ecosystems in the North Pacific, Nemuro, 2000年
  • 亜寒帯海域(石狩湾)における生物生産と重金属除去, 乗木新一郎, 松原望美, 吉江直樹, SHIN K‐H, 日本地球化学会年会講演要旨集, 1998年10月
  • 石狩湾沖における粒子態脂肪酸の動態, SHIN K H, 乗木新一郎, 浜健夫, 吉江直樹, 松原望美, 角皆静男, 日本地球化学会年会講演要旨集, 1998年10月
  • Yoshie, N., K. H. Shin and S. Noriki: Seasonal variation of primary production in the Western North Pacific, 1998年度北東ユーラシア・北太平洋の地域総合研究 成果報告シンポジウム, 札幌, 1998年
  • 北部日本海における沈降粒子中の化学成分と基礎生産, 乗木新一郎, 吉江直樹, 申き勲, 松原望美, 渡辺智視, 田中伊織, 浜健夫, 日本海洋学会大会講演要旨集, 1998年
  • 日本海石狩湾沖における基礎生産の周年変動, 乗木新一郎, 吉江直樹, 申けい勲, 渡辺智視, 田中伊織, 浜健夫, 日本海洋学会大会講演要旨集, 1998年
  • 石狩湾沖における春季の生物生産と粒子態脂肪酸組成の変動, 申けい勲, 浜健夫, 吉江直樹, 乗木新一郎, 角皆静男, 日本海洋学会大会講演要旨集, 1997年
  • 日本海石狩湾沖における春季の大きな基礎生産, 乗木新一郎, 吉江直樹, 申けい勲, 渡辺智視, 田中伊織, 浜健夫, 日本海洋学会大会講演要旨集, 1997年
  • 2009年
  • 2009年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2005年
  • 2005年
  • 2005年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2004年
  • 2004年
  • 2004年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2003年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2002年
  • 2000年

MISC

  • Assessment and future prediction of climate change impacts on the macroalgal bed ecosystem and cultivation in the Seto Inland Sea, YOSHIDA Goro, SHIMABUKURO Hiromori, KIYOMOTO Setuo, KADOTA Tatsuru, YOSHIMURA Taku, MURASE Noboru, NODA Mikio, TAKENAKA Shoichi, KONO Yoshimi, TAMURA Toshiharu, TANADA Norio, YU Xiaojie, YOSHIE Naoki, GUO Xinyu, 水産研究・教育機構研究報告, 49, 27‐34, 2019年02月, 2432-2830, https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201902241498876165
  • 日本海三階層管理の提案, 吉田尚郁, ZHANG Jing, 森本昭彦, 柴野良太, 広瀬直毅, 高山勝巳, GUO Xunyu, WANG Yucheng, 眞野能, 吉江直樹, 沿岸海洋研究, 日本海洋学会沿岸海洋研究部会, 沿岸海洋研究 = Bulletin on coastal oceanography, 56, 1, 31‐38, 38, 2018年08月, 1342-2758, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802264929232770
  • 豊後水道における乱流硝酸塩フラックスの見積もり, 堤英輔, 吉江直樹, 眞野能, 神田泰成, 藤井直紀, 郭新宇, 水産海洋研究, 82, 3, 136‐137, 2018年08月, 0916-1562, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802244369051020
  • 2段階のアクティブラーニングを用いた地域社会と連携した海洋教育, 吉江直樹, 沿岸海洋研究, 55, 1, 11‐15, 2017年08月, 1342-2758, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702247867832180
  • トカラ海峡周辺海域における低次生態系の時空間分布, 吉江直樹, 中川美和, 武藤玲央, 小針統, 郭新宇, 水産海洋研究, 81, 2, 146‐147, 2017年05月, 0916-1562, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702215926836599
  • 日本南方域における物理・低次生態系モデルの結合, 瀬藤聡, 奥西武, 黒田寛, 黒田寛, 吉江直樹, 高橋大介, 日高清隆, 西本篤史, 亀田卓彦, 清水勇吾, 山崎恵市, 黒潮の資源海洋研究, 18, 82, 2017年03月, 1345-5389, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702265885302930
  • 温暖化の藻場への影響とその機構に関する1考察―地理的な環境勾配に沿った実験から―, 吉田吾郎, 島袋寛盛, 村瀬昇, 河野芳巳, 加藤亜記, 郭新宇, 吉江直樹, 藻類, 65, 1, 53, 2017年03月, 0038-1578, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702270599273801
  • 過去30年に瀬戸内海から黒潮沿岸域の藻場生態系に生じた変化,その要因や時期をモデル再現水温から推測する, 島袋寛盛, 吉田吾郎, 郭新宇, 吉江直樹, 村瀬昇, 野田幹雄, 清本節夫, 吉村拓, 河野芳巳, 藻類, 65, 1, 54, 2017年03月, 0038-1578, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702228541597474
  • 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト―水産分野における温暖化緩和技術の開発―地球温暖化が水産分野に与える影響評価と適応技術の開発―第2編 地球温暖化が水産分野に与える影響評価と適応技術の開発 第2章 沖合域を回遊する漁業資源への影響評価と適応技術の開発 1 海洋生態系モデルを用いた餌料環境と浮魚類の温暖化影響評価モデルの開発, 伊藤進一, 亀田卓彦, 奥西武, 高須賀明典, 小松幸生, 吉江直樹, 渡邉一功, 郭新宇, 大野創介, 和川拓, 佐藤政俊, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 559, 80‐86, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602215211005975
  • 計量魚群探知機による海洋生物のモニタリング, 吉江直樹, 眞野能, 藤井直紀, 宮下和士, 富安信, 沿岸海洋研究, 日本海洋学会沿岸海洋研究部会, 沿岸海洋研究 = Bulletin on coastal oceanography, 53, 2, 165‐167, 167, 2016年02月, 1342-2758, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219336112515
  • 温度勾配に伴う愛媛県宇和海沿岸の藻場植生の変化, 島袋寛盛, 吉田吾郎, 加藤亜記, 敦新宇, 吉江直樹, 堤英輔, 藻類, 63, 1, 52, 2015年03月, 0038-1578, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208543739609
  • 愛媛大学沿岸環境科学研究センター(CMES)の紹介, 吉江 直樹, 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries, 公益社団法人 日本水産学会, 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries, 77, 6, 2011年11月, 00215392, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029654273
  • 地球温暖化が農林水産業に与える影響の評価及び対策技術の開発 第2編 水域系 第1章 地球温暖化のモニタリング及び将来予測 2 地球温暖化の影響及びリスクの解明 (1) 温暖化がプランクトン生態系に及ぼす影響の評価と予測技術の開発, 中田薫, 日高清隆, 小松幸生, 塩本明弘, 葛西広海, 亀田卓彦, 山中康裕, 吉江直樹, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 442, 75, 79, 2008年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280068617175
  • 地球温暖化―いま何が起こっているか―温暖化がプランクトン生態系に及ぼす影響の評価と予測技術の開発, 中田薫, 小松幸生, 塩本明弘, 豊川雅哉, 日高清隆, 吉江直樹, 亀田卓彦, 葛西広海, 山中康裕, 月刊海洋, 55, 61, 2007年03月, 0916-2011, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214326703640
  • 生態系モデル&quot;eNEMURO&quot;の開発と時系列観測研究への応用 (総特集 北太平洋における時系列観測研究--現状と今後の展望), 吉江 直樹, 山中 康裕, 橋岡 豪人, 海洋, 海洋出版, 海洋, 39, 2, 118, 126, 2007年02月, 09162011, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015269046
  • 春季珪藻ブルームはどのように始まり終わるのか : 珪藻の気持ちがわかる生態系モデルを作りましょう!!, 吉江 直樹, 日本プランクトン学会報, 日本プランクトン学会報, 49, 2, 137, 138, 2002年08月, 03878961, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009698758
  • 海洋に関する調査研究 1. 海洋環境調査研究 1.2 関連調査 1.2.5 日本海生産力調査, 渡辺智視, 田中伊織, 中多章文, 乗木新一郎, 吉江直樹, 浜健夫, 北海道立中央水産試験場事業報告書, 1997, 91, 93, 1999年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109246951903

その他研究情報

受賞

  • 2019年02月, 三浦保環境賞実行委員会, 三浦保環境賞特別賞, 海の環境予報を創る
  • 2011年10月, PICES, Best Presentation Award, Phytoplankton and nutrient dynamics in the western Seto Inland Sea, Japan based on observation and a modified NEMURO model
  • 2010年03月, 日本海洋学会, 岡田賞, モデルを用いた海洋プランクトン動態およびその物質循環における機能の解明
  • 1999年03月, 北海道大学, 松野記念修士論文賞, Seasonal variations of primary productivity and Chl.a-specific productivity in the western North Pacific.

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 地球科学野外研究
  • 2019年, 前期, 学部, 海洋学通論
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学高等実験Ⅰ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学高等実験Ⅴ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学フィールド高等実習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学フィールド高等実習Ⅲ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学プレゼンテーション特別実習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学プレゼンテーション特別実習Ⅲ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学ゼミナールⅢ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学プレゼンテーション特別実習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学フィールド高等実習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 修士, 地球科学高等実験Ⅲ
  • 2019年, 前期, 学部, 海洋学通論
  • 2019年, 前期, 学部, 地球科学野外研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.