詳細検索はこちら

木村 映善キムラ エイゼン

所属部署
大学院医学系研究科 医学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.medinfo.m.ehime-u.ac.jp
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

基本情報

    ORCID ID:orcid.org/0000-0002-0690-8568

学歴

  •  - 2003年, 愛媛大学, 医学研究科, 生体機能
  •  - 1999年, 北海道大学, 医学部, 医学

経歴

  •   2006年, - 愛媛大学医学部医療情報部
  •   2004年, - 愛媛大学総合情報メディアセンター
  •   2003年, - 愛媛大学医学部附属病院医療情報部

所属学協会

  • AMIA(America Medical Informatic Associate)
  • 医療情報学学会
  • 日本学会3Dフォーラム
  • 情報処理学会
  • IEEE Computer Society
  • ACM Association for
  • Computing Machinery
  • HIMSS Healthcare Information and Management Systems Society
  • 電子情報通信学会
  • 日本計算機統計学会

委員歴

  •   2006年, 医療情報学学会, 医療情報技師能力検定試験出題委員
  •   2008年 - 2010年, 医療情報学学会, 医療情報技師教科書編纂委員
  •   2009年, 医療情報学学会, 論文査読
  •   2006年 - 2007年, 電子情報通信学会, SITE研究会委員会補佐
  •   2007年, 電子情報通信学会, SITE研究会幹事

研究活動情報

研究分野

  • 医療社会学
  • 医用システム
  • 病院・医療管理学
  • 超高層物理学
  • 応用健康科学
  • 特別支援教育
  • 医用生体工学・生体材料学

研究キーワード

    電子カルテ, 医療情報学, 医療制度, 品質管理, 品質評価, クラウド, 医療費, データマイニング, 医療安全, バーチャルリアリティー

論文

MISC

  • 医療分野への人工知能適用に関する研究のトピックス
    木村映善, 愛媛医学, 34, (4) 197 - 202,   2015年12月01日
  • Arden SyntaxとFHIRを利用した臨床判断支援ロジック記述環境の開発の試み
    木村 映善, 石原 謙, 医療情報学, 35, (6) 283 - 296,   2016年02月
  • 評判の新技術で進化する最新HIS事情 医療を先導するHISの新構築 統合ストレージ環境構築の方策と病院運営に関する利益について
    木村映善, 月刊新医療, 42, (11) 24 - 27,   2015年11月01日, 医療情報は電子保存三原則を担保しつつ、長期間保存を実現し、二次利用に供することが期待される。しかし、これまでは部門システムごとに個別のストレージ管理がなされており、データの統合的管理ができなかった。一方で、ECMやVNA等のベンダの垣根を越えた文書、医用画像の共有の試みが進められている。本稿では、これらの管理システムの基盤となる、長期間かつベンダーニュートラルなデータ保管を実現する統合ストレージのあり方について解説する。(著者抄録)
  • 医療機関における外部クラウド保存の意義と課題 クラウドへの外部保存について検討すべき事項
    木村 映善, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • パーソナルデータの行方
    木村 映善, 菊池 浩明, 佐久間 淳, 千田 浩司, 美馬 正司, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • OpenFlow技術を利用した事前的経路制御
    安澤 義則, 木村 映善, 小田 直之, 中島 豊, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • 電子カルテと連携する退院時要約進捗管理システムの構築
    岡田 久仁子, 松下 祐子, 蒲生 祥子, 木村 映善, 石原 謙, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • 退院時要約監査管理システムの評価
    松下 祐子, 岡田 久仁子, 蒲生 祥子, 木村 映善, 石原 謙, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • FHIR Terminology Serviceの実装と評価
    木村 映善, 石原 謙, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • オブジェクトストレージに蓄積した医療情報の二次利用の試み
    静井 佳和, 中島 英明, 木村 映善, 石原 謙, 医療情報学連合大会論文集, 35回,   2015年11月
  • 統合ストレージ環境構築の方策と病院運営に関する利益について (総特集 評判の新技術で進化する最新HIS事情) -- (医療を先導するHISの新構築)
    木村 映善, 月刊新医療, 42, (11) 24 - 27,   2015年11月
  • モニタの病床据え置き運用によるバイタルサイン業務効率化の課題
    中井美穂, 木村映善, 崎田智美, 田渕典子, 石原謙, 日本医療情報学会看護学術大会論文集, 16th,   2015年07月03日
  • スポットチェックモニタの巡回と設置運用による測定業務の効率の比較検証
    中井美穂, 木村映善, 崎田智美, 田渕典子, 石原謙, 日本医療マネジメント学会雑誌, 16,   2015年06月01日
  • 真に役立つDWHを構築するための具体論 運用成功の方策を示す 正しいDWH構築と間違ったDWH構築 その分水嶺はどこにあるのか
    木村映善, 月刊新医療, 42, (2) 28 - 30,   2015年02月01日
  • 正しいDWH構築と間違ったDWH構築 : その分水嶺はどこにあるのか (総特集 真に役立つDWHを構築するための具体論) -- (運用成功の方策を示す)
    木村 映善, 月刊新医療, 42, (2) 28 - 30,   2015年02月
  • Arden SyntaxとFHIRを利用した臨床判断支援ロジック記述環境の開発の試み
    木村映善, 石原謙, 日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, 19th,   2015年
  • 患者プロファイル情報の標準項目構成の検討
    栗原幸男, 石田博, 木村映善, 合地明, 近藤博史, 島井健一郎, 田中武志, 中島典昭, 石川澄, 石黒満久, 大原通宏, 大塚雅彦, 園田武治, 高井康平, 日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集, 19th,   2015年
  • 病院情報システムにおける紙情報の現状と変化の方向性
    八幡勝也, 武田裕, 松村泰志, 中川肇, 木村映善, 村田晃一郎, 瀬戸遼馬, 医療情報学連合大会論文集, 34th,   2014年11月06日
  • 患者プロファイル情報に必要な標準医療情報の要件は何か?~アレルギー情報に関する検討を通して~
    木村映善, 医療情報学連合大会論文集, 34th,   2014年11月06日
  • 二次利用の標準化・再利用が可能なDWHは実現できるか
    木村映善, 鈴木英夫, 医療情報学連合大会論文集, 34th,   2014年11月06日
  • 医療情報学の視点から見たデータマネジメント : ゲノム時代を見据えて(教育講演,第70回総会学術大会(横浜)第23回医療情報分科会報告)
    木村 映善, 日本放射線技術学会医療情報分科会雑誌, (23) 55 - 64,   2014年10月01日
  • Smartphones: The next generation medication administration tool
    Eizen Kimura, IT Enabled Services,   2014年07月01日, © Springer-Verlag Wien 2013. All rights are reserved. To Error is Human report brought to the healthcare domain the concept of Safety Management as a medical accident measure. The introduction of ICT into healthcare information systems should secure 'Patient Safety'. The development of BCMA (barcode medication administration) in the last decade has contributed to a reduction in medical errors. However, BCMA still has some problems that can lead to medical accidents. The major problems with BCMA are poorly designed user interfaces and limited computing resources. As smartphone performance equals or exceeds former high-end workstations, smartphone use will resolve BCMA issues. In this paper, we discuss the institutional and technological backgrounds of healthcare, and present a number of issues to be resolved before the introduction of smartphones in healthcare.
  • An STP semantic web technique and service using RSS 1.0 and RDF
    Ken T. Murata, Eizen Kimura, Kazunori Yamamoto, Shinichi Watari, Hisao Kato, Yasuhiro Morikawa, Koji Zettsu, Yutaka Kidawara, Shinji Shimojo, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, 56,   2009年12月01日, In the Solar-Terrestrial Physics (STP), it is pointed out that circulation and utilization of observation data among researchers are insufficient. One of the reasons is that the data formats of STP observation data are not common. This is not only the issue of STP data but also of other natural science data. To archive interdisciplinary researches, we need to overcome this circulation and utilization problems. Under such a background, the Solar-Terrestrial data Analysis and Reference System (STARS) has been designed and developed by the authors' group. The STARS has its own database that manages meta-data of satellite and ground-based observation data files. The STARS provides users with cross-over data file search services and download services over the Internet. It is noted that retrieving meta-data from the observation data and registering them to database have been carried out by hand so far in the STARS. It is hard to deal with a huge amount of observation data due to the lack of manpower. We developed an automatic meta-data collection system for the observation data using the STARS RSS (RDF Site Summary) 1.0. The RSS 1.0 is one of the XML-based markup languages based on the RDF (Resource Description Framework), which is designed for syndicating news and content of news-like sites. Using the RSS 1.0 as a meta-data distribution method, the workflow from retrieving meta-data to registering them into the database is automated. This technique was applied for the DARTS (Data Archive and Transmission System), which is a science database managed by the PLAIN Center at ISAS/JAXA in Japan. We succeeded in generating and collecting the meta-data automatically. Our final goal is to establish the STARS Semantic Web. The Semantic Web provides a common framework that allows data to be shared and reused across applications, enterprises, and communities. The most fundamental issue on the establishment is who manages meta-data in the Semantic Web. In the present study, we designed meta-data of the STARS along with the RSS 1.0 document. In order to describe the meta-data of the STARS beyond RSS 1.0 vocabulary, we defined original vocabularies for the STARS resources using RDF Schema. Our system works as follows. The RSS 1.0 documents generated on data sites are automatically collected by a meta-data collection agent. The agent then extract meta-data to store them in an XML database. The XML database provides advanced retrieval processing that has considered property and relation. In the future, we develop a RDF database supported by inference engine, which leads to automatic processing or high level search for the data which are not only for observation data but for news and event information related to the STP.
  • Applications of advanced information and communications technology
    Kazunori Yamamoto, Eizen Kimura, Ken T. Murata, Osamu Tatebe, Daisuke Matsuoka, Hideo Miyachi, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, 56,   2009年12月01日, In the Solar-Terrestrial Physics field, satellite observation data and computer simulation data have been tremendous increased. Since most of data files and computer resources are distributed over the Internet, analysis environments for data intensive processing are required. In this study, we propose a parallel distributed processing system with meta-data system and Grid Datafarm. A testing system is constructed with 8 filesystem nodes. As a result of small-data processing of observation data on the system, parallel processing is found effective using metadata file at local disk and hierarchical Gfarm file. As for parallel visualizations of simulation data, it was achieved high parallelization efficiency of 97.6% when using FIFO-type scheduling.
  • A bandwidth challenge at Super Computing (SC) Conference: Large-scale data transfer using 10Gbps network
    Ken T. Murata, Eizen Kimura, Kazunori Yamamoto, Daisuke Matsuoka, Hironori Shimazu, Yasuichi Kitamura, Keiichiro Fukazawa, Jin Tanaka, Takatoshi Ikeda, Yuuichi Kurokawa, Conference on Optical Fiber Communication, Technical Digest Series,   2009年01月01日, Results of bandwidth challenge contest at Super Computing (SC) 2007 by NICT are discussed. The target of this contest is to make full use of 10Gbps network for any scientific applications. We, NICT team, attempted to transfer large-scale numerical data at NICT (in Japan) to SC 2007 venue in Reno, USA. We optimized our data transfer system for the real-time computer simulation data, and finally obtained through-put from Japan to USA as high as 4Gbps. © 2009 OSA.
  • Space weather information network on JGN II
    Shinichi Watatri, Takeshi Murata, Tatsuki Ogino, Toshihiko Iyemori, Kiyohumi Yumoto, Mariko Takahashi, Kenji Nobukiyo, Eizen Kimura, Hironori Shimazu, Yasuichi Kitamura, Kentaro Kitamura, Manabu Shinohara, Manabu Shinohara, Takashi Kikuchi, Takashi Kikuchi, Kiyoshi Igarashi, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, 52,   2005年12月01日, The space weather covers information over a vast area such as the Sun, interplanetary space, magnetosphere, and ionosphere. It is a problem how to handle distributed databases of various data and how to communicate among distributed researchers. This report introduces one attempt to use high-speed network JGNII.
  • Robotic tele-diagnosis system of echography and wireless experiment for mobile telemedicine
    Kohji Masuda, Eizen Kimura, Norihiko Tateishi, Yasuyuki Suzuki, Ken Ishihara, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings, 3,   2002年12月01日, We have experimented a tele-diagnosis system of echography to control the echographic diagnosis robot (EDR) which was developed in our laboratory. The examiner controlled it apart from the patient and obtained echogram of internal organs with the patient status image. The places of the examiner and the patient are connected by wireless network. Remote diagnosis of echogram was possible with sufficient image quality after a skilled examiner got used to control the robot. The robot was stable to slight body movement. The adult patient never felt any discomfort to the robot. Since required bandwidth of this system was at most 1Mbps, we confirmed the ability of this system for mobile robotic telemedicine.
  • Construction of 3D movable echographic diagnosis robot and remote diagnosis via fast digital network
    Kohji Masuda, Eizen Kimura, Norihiko Tateishi, Ken Ishihara, Annual Reports of the Research Reactor Institute, Kyoto University, 4,   2001年12月01日, We have developed a three dimensional movable robot of ultrasound probe for remote echographic diagnosis to apply between hospital, clinic and home. Probe movable mechanism is carefully designed not to damage human body since miniature force sensors detect not only total contact force to body surface but also angle of probe. Angle and position of probe are controlled not to exceed dangerous contact force. We tried to control it via network by using two-axis joystick. Remote control software is developed under ORB (Object Request Broker) technique which is recent majority of distribute object system. We applied to control the robot via LAN and 128K ISDN (Integrated Services Digital Network). We found that real time controlling was possible with image stream by setting priority for image and control signal to ISDN router. Though delay time of image makes examiner stressful, we confirmed that remote diagnose of human abdomen is useful.
  • 「ISDN回線を介した超音波検査ロボットの制御による超音波遠隔診断システムの開発」
    桝田 晃司, 木村 映善, 立石 憲彦, 石原 謙, 日本超音波医学会第74回学術集会論文集,東京, 28,   2001年04月15日
  • Web会議システム使用時の音声応答時間を活用したメンタルヘルス不調者の精神運動性評価に関する検討 (JTTA 2014 NAGASAKI 第18回日本遠隔医療学会学術大会 : 地域医療と在宅医療の融合を支援する) -- (在宅医療支援)
    昇 淳一郎, 木村 映善, 石原 謙, 日本遠隔医療学会雑誌, 10, (2) 134 - 136,   2014年10月
  • バイタルサイン測定業務の電子化による看護業務改善の検証 (第15回日本医療情報学会看護学術大会論文集) -- (口演 業務改善のための情報処理技術と看護研究データベース)
    中井 美穂, 木村 映善, 崎田 智美, 日本医療情報学会看護学術大会論文集 : JAMI-NS, 15,   2014年08月02日
  • 電子カルテの代行入力と承認の運用 (創刊20周年特別企画) -- (電子カルテの代行入力)
    木村 映善, 医事業務, 21, (456) 46 - 51,   2014年08月01日
  • NICTサイエンスクラウドの広域分散ファイルシステムの活用(「Webサービス及びクラウドの構築・運用・管理」及び一般)
    村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏, 山本 和憲, 電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング, 114, (50) 17 - 21,   2014年05月16日, NICTサイエンスクラウドは,情報通信研究機構が2010年より構築を進めている科学研究専用のクラウドシステムである.JGN-Xを基幹ネットワークとし,国内5か所のデータセンターをL2接続した500コア・3PBスケールの広域分散型クラウドシステムである.本発表では,広域分散ファイルシステムによるデータ収集・データ保存・データ処理の融合について紹介し,その成果と実績を報告する.
  • 医療情報学の視点からみたデータマネジメント(教育講演,第70回総会学術大会(横浜)第23回医療情報分科会抄録)
    木村 映善, 日本放射線技術学会医療情報分科会雑誌, (22) 9 - 11,   2014年04月01日, 医療情報学は医療における人的資源、物的資源、情報資源を必要な場所・人・時に最善の状態で提供するロジスティクス(兵站)を追究する実学である。医療情報学の視点からPACSの事業継続について検討し、ストレージマネジメントの課題と解決案について提示する。
  • 基調論文 XP環境下で稼働せざるを得ない情報システムのセキュリティ担保 (特集 病院情報はこうして守れ) -- (完璧な防護体制は確立するか)
    木村 映善, 月刊新医療, 41, (4) 95 - 98,   2014年04月
  • 科学研究用クラウドシステム(NICTサイエンスクラウド)の提案(宇宙科学情報解析論文誌 第三号)
    村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 磯田 総子, 山本 和憲, 久保田 康文, 長妻 努, 坂口 歌織, 津川 卓也, 西岡 未知, 建部 修見, 田中 昌宏, 深沢 圭一郎, 才田 聡子, 海老原 祐輔, 藤田 茂, 木村 映善, 黒澤 隆, 村山 泰啓, 永井 亨, 水原 隆道, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告, 13,   2014年03月, データ指向型科学は,実験科学,理論科学,数値シミュレーション科学に続く第 4の科学研究パラダイムと言われている.サイエンスクラウドは,データ指向型科学の基盤環境として期待されているが,現在,サイエンスクラウドとは何か,サイエンスクラウドには何ができるかなどの議論が始まったばかりである. NICTサイエンスクラウドは,情報通信研究機構が 2010年より構築を進めている科学研究専用のクラウドシステムである.本稿では, NICTサイエンスクラウドについて宇宙科学研究をはじめとした科学研究の利活用面から議論することで,サイエンスクラウドの定義を行うとともに,今後,サイエンスクラウドを活用した科学研究手法・環境構築についての筋道を示す.
  • NICTサイエンスクラウドによる大規模シミュレーションデータ分散可視化処理(宇宙科学情報解析論文誌 第三号)
    村田 健史, 磯田 総子, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 建部 修見, 田中 昌宏, 木村 映善, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告, 13,   2014年03月, 現在,欧米や日本において,科学研究向けクラウドとしてサイエンスクラウドが提案され,システムや利活用についての議論が進められている.サイエンスクラウドはビッグデータ時代のデータ指向型科学研究基盤として提案されている.クラウド上でのビッグデータ処理では, CPUの並列分散化だけではなくネットワークや I/Oの並列分散が重要である.本研究ではクラウド環境で高い計算効率を得るための基礎研究として, CPUおよび I/Oを同時に分散処理するシステムを提案する. 8コアを有する 6台のクラスタ計算機で基礎実験を行った結果,ノード内のプロセス数が少ない場合はほぼ 100%の並列化効率が達成され,100台を超える大規模クラスタ環境でも高いスケーラビリティーが予測された.一方,ノード内で複数プロセスが処理を行う場合にはディスクアクセスの輻輳が発生し,必ずしも高いスケーラビリティーを得ることができない. 8コアを有する 6台の計算サーバで最も高い並列化効率を得たのは 6プロセス並列の場合であり,高速化率は 20.6であった.今後は,同ノード内の I/O処理を分散化することで,並列化効率をさらに向上させることが期待される.
  • 「ネットワークを介した超音波診断ロボットへの制御信号及び画像の伝送による超音波遠隔診断」
    桝田 晃司, 木村 映善, 立石 憲彦, 石原 謙, 第20回医療情報学連合大会講演論文集,浜松, 20,   2000年11月23日
  • A high-speed data processing technique for time-sequential satellite observation data
    Murata Ken T., Watanabe Hidenobu, Yamamoto Kazunori, Kimura Eizen, Tanaka Masahiro, Tatebe Osamu, Ukawa Kentaro, Muranaga Kazuya, Suzuki Yutaka, Kojima Hirotsugu, IEICE Communications Express, 3, (2) 74 - 79,   2014年, A variety of satellite missions are carried out every year. Most of the satellites yield big data, and high-performance data processing technologies are expected. We have been developing a cloud system (the NICT Science Cloud) for big data analyses of Earth and Space observations via spacecraft. In the present study, we propose a new technique to process big data considering the fact that high-speed I/O (data file read and write) is important compared with data processing speed. We adopt a task scheduler, the Pwrake, for easy development and management of parallel data processing. Using a set of long-time scientific satellite observation data (GEOTAIL satellite), we examine the performance of the system on the NICT Science Cloud. We successfully archived high-speed data processing more than 100 times faster than those on traditional data processing environments.
  • 「生体の酸素飽和度の2次元画像化」
    立石 憲彦, 鈴木 洋司, 前田 信治, 木村 映善, 桝田 晃司, 石原 謙, 第20回医療情報学連合大会講演論文集,浜松, CD-ROM,   2000年11月23日
  • 世界科学データシステム(WDS)のための学際的科学データ表示Webの提案
    村田 健史, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 渡邉 英伸, 是津 耕司, 山本 和憲, 篠原 育, 笠原 禎也, 岡田 雅樹, 小嶋 浩嗣, 能勢 正仁, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏, 情報知識学会誌, 24, (3) 297 - 320,   2014年,  世界科学会議(ICSU)のプログラムの一つである世界科学データシステム(WDS)は科学データに関する国際的取組を目的としており,異分野横断型研究対応を主要目標の一つとして掲げている.NICTサイエンスクラウドは,WDSの理念を実現するために次世代型の科学研究環境の実現を目的に構築された科学研究用クラウドシステムである.科学分野のビッグデータの収集・転送機能,保存・公開機能,処理・可視化機能をマッシュアップすることで学際的研究環境の実現が期待される.本研究では,科学データを融合して表示するための学際的科学データ表示Webを提案する.過去の 経験をもとに,まず学際的科学データ表示Webで必要な要件をまとめた.さらに基本設計を行い, 2 つの科学衛星プロジェクトデータを融合表示するWebアプリケーションをNICTサイエンスクラウド上に実装した.この実装事例をもとに,学際的科学データ表示Webの有効性について議論する.
  • 「胎児心拍陣痛図遠隔診断システムの構築」
    木村 映善, 松原 圭一, 大塚 博紀, 田中 盛重, 桝田 晃司, 新盛 英世, 伊藤 昌春, 石原 謙, 第20回医療情報学連合大会講演論文集,浜松, 20,   2000年11月23日
  • NICTサイエンスクラウド運用および利活用報告
    村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 山本 和憲, 木村 映善, 情報知識学会誌, 24, (3) 275 - 290,   2014年,  多くの科学研究分野ではデータのほとんどがデジタル化され,さらにデータ総量の大規模化・データ構造の複雑化が進んでいる.来るデータ指向型科学時代を踏まえ,様々な科学研究のニーズを満たすための汎用性と専門性を両立した科学研究用クラウドが求められている.NICTサイエンスクラウドは(1)データ収集・伝送機能,(2)データ保存・管理機能,(3)データ処理・可視化機能の3つの基盤技術から成る科学研究用クラウドである.ビッグデータ科学・データ指向型科学の実現を目指し約4年にわたり構築と運用を進め,地球環境および宇宙環境科学を含む様々な学術研究成果を挙げてきた.本稿では,NICTサイエンスクラウドのシステムとサービスとNICTサイエンスクラウドを利用するプロジェクトの現状について報告する.さらに,NICTサイエンスクラウドにより明らかになった科学研究用クラウドシステムの有効性や課題について議論する.
  • New techniques of high-speed data processing for spacecraft observation data via NICT Science Cloud(ICSANE 2013(International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics)
    MURATA Ken T., WATANABE Hidenobu, KASAHARA Yoshiya, YAGI Daisuke, KASAI Yasuko, ISHII Shoken, YAMAMOTO Kazunori, KIMURA Eizen, TANAKA Masahiro, TATEBE Osamu, UKAWA Kentaro, MURANAGA Kazuya, SUZUKI Yutaka, KOJIMA Hirotsugu, 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス, 113, (335) 133 - 138,   2013年11月25日, A variety of satellite missions, Earth observations and environments, Space physics and Astrophysics and Commercial uses, are carried out every year. Most of the satellites yield a large-scale data, and high-performance data processing technologies are expected. We have been developing a cloud system (the NICT Science Cloud) for big data analyses of Earth and Space observations via spacecraft. In the present study we propose a new technique to process large-scale data with paying attention to the fact that high-speed I/O (data file read and write) is important compared with data processing itself. We also adopt a task scheduler, the Pwrake, for easy management of parallel data processing. Using a long-time scientific satellite observation data (GEOTAIL satellite), we examine performance of the system on the NICT Science Cloud. We successfully archive high-speed data processing more than 100 times faster than those on traditional data processing environments. Since the design of the present system is for versatile use, we also discuss how to apply for other satellite missions such as GOSAT satellite, KAGUYA satellite and ISOSIM-L (a radar simulator).
  • UDTを用いた並列ファイル転送ツール基本性能評価(R&Eネットワークを活用した研究開発実証実験,ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用,一般)
    渡邉 英伸, 黒澤 隆, 村田 健史, 木村 映善, 建部 修見, 電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ, 113, (256) 7 - 12,   2013年10月15日, クラウドコンピューティングなどで利用される広域分散ストレージ環境では,LFN(Long Fat Network) のエンドツーエンド通信における高速なデータ移行の課題が残っている.この問題に対して,本研究ではアプリケーションレベルで高速なデータ転送を実現するUDTを用いた並列ファイル転送ツールを開発した.本論文では,提案ツールの基本性能結果について報告する.
  • NICTサイエンスクラウド : 地球規模観測ネットワークからのデータ収集・データベース・データ処理(テーマセッション,大規模データとパターン認識・メディア理解,地球をとらえる,CEATEC連携)
    村田 健史, 磯田 総子, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 黒澤 隆, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏, 山本 和憲, 長妻 努, 津川 卓也, 佐藤 晋介, 笠井 康子, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 113, (230) 23 - 28,   2013年09月26日, NICTサイエンスクラウドは,情報通信研究機構が2010年より構築を進めている科学研究専用のクラウドシステムである.NICTサイエンスクラウドは地球規模での地球環境観測および宇宙環境観測データ収集機能およびインターネット公開データ収集機能を有している.データ収集機能としては,世界的に広がった観測拠点からの各種観測プロジェクトデータの自動収集および監視機能(WONMシステム)と,インターネットで公開されている各研究機関のデータの自動収集(クローリング)機能(NICTY/DLA)から構成される.本発表では,WONMシステムとNICTY/DLAの機能について紹介する.さらにこれをNICTサイエンスクラウド上で実装し,地球環境および宇宙環境観測データを収集した実績とその有効性について議論する.
  • NICTサイエンスクラウド : 地球科学・宇宙科学ビッグデータ分散処理技術(テーマセッション,大規模データとパターン認識・メディア理解,地球をとらえる,CEATEC連携)
    磯田 総子, 村田 健史, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 久保田 康文, 笠井 康子, 佐藤 晋介, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 黒澤 隆, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏, 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解, 113, (230) 29 - 34,   2013年09月26日, データ指向型科学は第4の科学と言われており,観測・実験や数値シミュレーションによる膨大なデータを解析することによる新しい科学を目指している.NICTサイエンスクラウドは科学研究を主目的としたクラウドシステムであり,特に宇宙環境科学や地球環境科学といった自然科学のビッグデータサイエンスを主対象の一つとしている.10TBを超えるデータ処理(例えば大規模可視化)や100TBを超える観測データ検索(たとえば特徴検出)などはこれからの地球および宇宙科学ではますます重要になる.本研究では,NICTサイエンスクラウドにおいて,Gfarmにより実装した広域分散ストレージ上のデータファイルを30ノード・320コアから構成されるクライアントノードにより高速に読み出す技術開発を行った.Pwrakeによるタスクスケジューリングを用い,データ読み込みプロセス数を最適化し,さらにファイル配置を工夫することにより,約19GB/s(150Gbps)でのデータ読み出しに成功した.
  • 「超音波探触子可動機構と動画転送による超音波遠隔診断システムの開発」
    桝田 晃司, 木村 映善, 立石 憲彦, 石原 謙, 第9回コンピュータ外科学会論文集,東京, 2, (3) 73 - 74,   2000年12月30日
  • NICTサイエンスクラウド : 科学研究用クラウドの有効性と基本性能(セッション1:ビッグデータ・サイエンスクラウド,「Webサービス及びクラウドの構築・運用・管理」及び一般)
    村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 磯田 総子, 山本 和憲, 建部 修見, 田中 昌宏, 木村 映善, 佐藤 晋介, 電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング, 113, (86) 5 - 11,   2013年06月10日, データ指向型科学は,実験科学,理論科学,数値シミュレーションに続く第4の研究手法と言われている.サイエンスクラウドは,データ指向型科学の基盤環境として期待されているが,現在,サイエンスクラウドとは何か,サイエンスクラウドには何ができるかなどの議論が始まったばかりである.NICTサイエンスクラウドは,情報通信研究機構が2010年より構築を進めている科学研究専用のクラウドシステムである.本稿では,NICTサイエンスクラウドについて利活用面から議論することで,サイエンスクラウドの定義を行うとともに,今後,サイエンスクラウドを活用した科学研究手法・環境構築についての筋道を示す.
  • NICTサイエンスクラウド : 広域分散ファイルシステムのセキュリティ機能拡張の要件(セッション1:ビッグデータ・サイエンスクラウド,「Webサービス及びクラウドの構築・運用・管理」及び一般)
    渡邉 英伸, 岩間 司, 村田 健史, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 木村 映善, 建部 修見, 高杉 英利, 亀澤 祐一, 電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング, 113, (86) 13 - 18,   2013年06月10日, 科学研究を主目的としたクラウドシステムであるNICTサイエンスクラウドの基盤の一つに,広域分散ファイルシステムのGfarm (GRID datafarm)をミドルウェアとする広域分散型ストレージシステムがある.現在,約数千万の観測データを地域分散して保存しており,より多くの科学研究者が安心して観測データを保存し利活用するためには,情報セキュリティが重要となる.本発表では,NICTサイエンスクラウドの広域分散ストレージシステムの現状について説明し,Gfarmにおけるセキュリティ機能拡張への要望を紹介する.
  • NICTサイエンスクラウド : ビッグデータ分散処理性能検証(セッション1:ビッグデータ・サイエンスクラウド,「Webサービス及びクラウドの構築・運用・管理」及び一般)
    磯田 総子, 村田 健史, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 建部 修見, 田中 昌宏, 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング, 113, (86) 19 - 24,   2013年06月10日, 現在,欧米や日本において,科学研究向けクラウドとしてサイエンスクラウドが提案され,システムや利活用についての議論が進められている.サイエンスクラウドはビッグデータ時代のデータ指向型科学研究基盤として期待されている.クラウド上でのビッグデータ処理では,CPUの並列分散化だけではなくネットワークやI/Oの並列分散が重要である.サイエンスクラウドで主流になると考えられるのは,複数サーバをクラスタとして管理し,クラウド内で複数クラスタを接続したスケーラブルクラスタ環境である.本研究ではこのようなスケーラブルクラスタで高い計算効率を得るための基礎研究として,クラスタ内(6台×8コア)でCPUおよびI/Oを同時に分散処理する試験環境で基礎実験を行った.その結果,ノード内のプロセス数が少ない場合はほぼ100%の高速化率が達成され,大規模クラスタ環境でも高いスケーラビリティーが予測された.一方,ノード内で複数プロセスが処理を行う場合にはディスクアクセスの輻輳が発生し,必ずしも高いスケーラビリティーを得ることができない.8コアを有する計算サーバで最も高い高速化率を得たのは8プロセス並列の場合であり,高速化率は約15.6であった.今後は,同ノード内のI/O処理を分散化することで,高速化率をさらに向上させることが期待される.
  • UDTを用いた並列ファイル転送技術
    渡邉英伸, 黒澤隆, 一岡翔太郎, 木村映善, 村田健史, 建部修見, 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), 2013, (8) 1 - 8,   2013年05月22日, ハイパフォーマンスコンピューティングなどで利用される広域分散ストレージ環境では,LFN(Long Fat Network) のエンドツーエンド通信における高速なデータ移行の課題が残っている.この問題を解決するために,アプリケーションレベルで高速データ転送を実現する手法が提案されてきた.しかしながら,既存の手法は,一対一のクライアント・サーバ型のデータ転送を前提として開発されたものが多く,一対多のクライアント・サーバ型のデータ転送においては,利用者が並列データ転送を制御する仕組みを開発する必要があるため,まだ一般利用への敷居が高い技術となっている.本研究は,一対多のクライアント・サーバ型のデータ転送も対象に,UDT を用いた並列ファイル転送システムを提案する.国内および日米間の評価実験において,約 7Gbps のデータ I/O (ダウンロード) 性能を達成できることを確認した.High-speed data migration remains one of problem in the high-performance distributed computing. There are researches to improve end-to-end data I/O performance in a LFN(Long Fat Network), but most of them have been developed for a one-to-one data transfer. In fact, they are not the easy technology to use in the case of a one-to-many data transfer because users such as science researchers are forced to develop a function to control parallel data transfer. We propose the parallel data transfer system using UDT, and confirmed about 7Gbps data I/O performance (download) of the proposed system in the both local evaluation experiment and global evaluation experiment.
  • Gfarm/PwrakeによるNICTサイエンスクラウドの並列分散処理技法
    村田 健史, 渡邉 英伸, 山本 和憲, 久保田 康文, 建部 修見, 田中 昌宏, 深沢 圭一郎, 木村 映善, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 磯田 総子, 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), 2013, (9) 1 - 6,   2013年05月22日, NICT サイエンスクラウドは,情報通信研究機構が科学研究目的のために構築したクラウドシステムであり,特にビッグデータサイエンスを主対象の一つとしている.10TB を超えるデータ処理 (例えば大規模可視化) や 100TB を超えるデータ検索 (たとえば特徴検出) などの大規模データ処理は,これからのデータ指向型科学研究では重要である.近年の CPU 処理速度の向上に伴いこれらのデータ処理は処理時間とデータ読み書き (I/O) 時間が同規模となることがある.そのため,レガシーな HPC 型数値計算環境ではなく I/O の高速化がなされているクラウド環境が有効となる.本稿では,NICT サイエンスクラウドにおいて分散ストレージシステム (Gfarm) と Gfarm のためのワークフローシステム (Pwrake) を用いた並列分散処理実験結果について報告する.For data intensive science on cloud systems, we need development of techniques for DIC (Data-Intensive Computing) as well as HTC (High-Through-put Computing), MTC (Many-Task Computing), and HPC (High-Performance Computing). The DIC is a new concept of large-scale data processing paying attentions to data distribution, data-parallel execution, and harnessing data locality by scheduling of computations close to the data. As the data file size is getting larger, I/O time to read and/or write data is not negligible compared with data processing time. We herein develop a DIC technique on a science cloud using Gfarm/Pwrak. The Gfarm/Pwrake has been developed as an integrated system of both distributed file system and parallel data processing system. With identifying file system nodes (FSN) and processing client node (CN) and giving higher priority to process files on the local disk than on remote disks, we succeeded in progress of total performance in processing large-scale data files.
  • モバイル端末がHISに与える影響と課題を考察する (総特集 HIS稼動下 : 最新モバイル端末の可能性) -- (医療現場での効果を総括する)
    木村 映善, 月刊新医療, 40, (5) 26 - 28,   2013年05月
  • GISソフトとDPCデータを活用した地域特性分析の試み
    松井 孝文, 木村 映善, 石原 謙, 診療情報管理 : 日本診療情報管理学会誌 = Health information management, 25, (1) 87 - 91,   2013年04月24日
  • HISの拡張・成長とOS更新の相克は乗り越えられるか (特集 OS更新を乗り越えるHIS構築術 : いかなる対処が更新時に必要か)
    木村 映善, 月刊新医療, 40, (2) 92 - 94,   2013年02月
  • 秘密分散技術を用いたHISバックアップクラウド環境の実現性評価
    黒田 知宏, 木村 映善, 松村 泰志, 山下 芳範, 平松 治彦, 粂 直人, 医療情報学, 33, (4) 225 - 233,   2013年,  病院情報システム上のデータ(HISデータ)の可用性確保は,診療期間の事業継続正確保の要諦である.本研究では,HISデータを「究極の個人情報」を含まない複数の断片に分割する秘密分散法を適用することで,冗長性を有した分散リモートバックアップを実現することを提案した.本研究では,シミュレーション評価や商用サービスを用いた基礎実験を通じて,提案手法の実現性の評価を行った.評価の結果,性能向上のためのデータ圧縮手法の検討やディスク入出力の最適化などは必要であるものの,現在の商用サービスを組み合わせることで,提案手法を用いた分散リモートバックアップが十分実現可能であることが明らかになった.
  • 情報管理 万が一の情報漏洩に備える USBメモリの管理と情報漏洩リスク分析 (特集 課題解決に向けた対策と実践)
    木村 映善, 医事業務, 19, (418) 5 - 9,   2012年11月15日
  • 集合匿名化データの多変量解析評価
    千田 浩司, 木村 映善, 五十嵐 大, 濱田 浩気, 菊池 亮, 石原 謙, コンピュータセキュリティシンポジウム2012論文集, 2012, (3) 647 - 654,   2012年10月23日
  • 病院の情報管理の変遷とセキュリティ
    木村 映善, 日本医療福祉設備協会病院設備, 48, (5) 494 - 501,   2006年09月20日
  • USBメモリの利便性と職員モラルの相克 : 暗号化技術による解決策を中心に (特集 医療情報漏えいと職員モラル)
    木村 映善, 月刊新医療, 39, (8) 94 - 97,   2012年08月
  • 福祉地理情報データベースの設計と福祉シティマップの提案(福祉と知能・認知障害/一般)
    大屋 紀和, 村田 健史, 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 105, (506) 13 - 18,   2006年01月06日, 本研究では, 肢体不自由者や視覚障害者, 聴覚障害者のための福祉地理情報データベースとデータベースを活用したWebマップシステム設計開発を行う.本研究ではまず, 障害者が外出時に必要とする項目の聞き取り調査を行った.本システムでは, これらの項目を5つのXMLにより表し, XMLデータベース管理システムにより管理する.XMLデータベースとして管理することにより, 福祉情報の取り扱いや情報更新への対応が容易になる.さらに, データベース化した福祉情報をWebマップを通じて公開する.Webマップは, 広領域はGoogle Mapsを用い, 狭領域はSVGを用いた.本システムにより, 障害者や生活弱者が必要とする情報を手軽に入手することができる.
  • 点字プリンタのLAN共有システムの開発
    今岡 通博, 村田 健史, 木村 映善, 加地 正法, 高橋 良司, 電子情報通信学会技術研究報告, 105, (506) 1 - 6,   2006年01月06日
  • 三次元可視化パラメータ共有による多地点遠隔ボリュームコミュニケーションシステム(ネットワーク技術,<特集>インターネット技術とその応用論文)
    渡邉 英伸, 山本 和憲, 村田 健史, 木村 映善, 亘 慎一, 村山 泰啓, 宮地 英生, 荻野 瀧樹, 深沢 圭一郎, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 95, (5) 1160 - 1171,   2012年05月01日, 科学分野の共同研究において,複数の研究者同士がインターネットを介して三次元可視化オブジェクト(ボリュームデータ)をリアルタイムに共有できる環境は重要性が高い.一方,大規模シミュレーションの可視化で有名な汎用三次元可視化ソフトウェアであるAVS(Application Visualization System)は,多くの科学研究分野で利用されているものの,多地点遠隔地におけるボリュームデータの共有はできない.本研究では,AVSから派生したビューアーである3D AVS Playerをベースに,多地点遠隔ボリュームコミュニケーションシステムの設計及び実装を行った.本論文では,ボリュームデータの同期方法や多地点遠隔接続手法について述べる.また,プロトタイプシステムによる評価実験から実用性も示す.
  • k-匿名性を利用した医療保健情報の利用可能性についての考察 : 国内外の医療情報利用に関する事例から(セキュリティシステム,インターネットと情報倫理教育,一般)
    木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ, 111, (485) 223 - 228,   2012年03月08日, 電子カルテの普及やレセプト電算化により、医療保健情報が効率的に蓄積され、医療分野においてもビッグデータ時代の到来が期待されている。データマイニングのゴールはコンパクトな実地に役立つ知見を提供するモデルを導出することにあるが、分析過程においてセンシティブなデータに接する機会があることに対して強い懸念が指摘されており、医療情報のマイクロデータレベルでの利活用は進められていない。医療情報の公開に関する内外の実例を俯瞰し、k-匿名性を用いた統計的開示抑制手法と仮想デスクトップ技術を利用した安全な分析環境の組み合わせを用いた分析環境について提案する。
  • k-匿名性を利用した医療保健情報の利用可能性についての考察 : 国内外の医療情報利用に関する事例から(セキュリティシステム,インターネットと情報倫理教育,一般)
    木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理, 111, (484) 223 - 228,   2012年03月08日, 電子カルテの普及やレセプト電算化により、医療保健情報が効率的に蓄積され、医療分野においてもビッグデータ時代の到来が期待されている。データマイニングのゴールはコンパクトな実地に役立つ知見を提供するモデルを導出することにあるが、分析過程においてセンシティブなデータに接する機会があることに対して強い懸念が指摘されており、医療情報のマイクロデータレベルでの利活用は進められていない。医療情報の公開に関する内外の実例を俯瞰し、k-匿名性を用いた統計的開示抑制手法と仮想デスクトップ技術を利用した安全な分析環境の組み合わせを用いた分析環境について提案する。
  • k‐匿名性を利用した医療保健情報の利用可能性についての考察―国内外の医療情報利用に関する事例から―
    木村 映善, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), 2012, (38) 1 - 6,   2012年03月08日, 電子カルテの普及やレセプト電算化により、医療保健情報が効率的に蓄積され、医療分野においてもビッグデータ時代の到来が期待されている。データマイニングのゴールはコンパクトな実地に役立つ知見を提供するモデルを導出することにあるが、分析過程においてセンシティブなデータに接する機会があることに対して強い懸念が指摘されており、医療情報のマイクロデータレベルでの利活用は進められていない。医療情報の公開に関する内外の実例を俯瞰し、k-匿名性を用いた統計的開示抑制手法と仮想デスクトップ技術を利用した安全な分析環境の組み合わせを用いた分析環境について提案する。Electronic medical record and online receipt system realized the management of enormous health record, and the Big data era is also expected to come into the medical field in the not-so-distant future. The goal of data mining is deriving the simple and useful model that offers the knowledge, but strong concerns are pointed out that there may be an opportunity that analyst handles sensitive data in the analytical process, so the usage of micro data of health information was not proceeded. We discuss the prior cases of medical information disclosure and propose about the analysis environment employing the combination of the statistical disclosure control with k-anonymity, and the virtual desktop technology.
  • 病院編 一次・二次利用性も高まるiPad問診票の威力 (特集 タッチパネル式で簡単明瞭iPadを使った問診票システムの導入効果)
    木村 映善, 医事業務, 18, (398) 5 - 10,   2011年12月15日
  • 電子カルテ導入病院で医療クラークが果たす役割 (ITクラーク導入の効果を説く)
    木村 映善, 月刊新医療, 38, (11) 119 - 123,   2011年11月
  • 医療ECMの観点での診療記録管理に向けて
    木村 映善, 月刊IM, 50, (7) 23 - 27,   2011年07月
  • 臨床調査個人票の有効活用及び臨床データベースの構築
    金谷 泰宏, 木村 映善, 小林 慎治, 玉置 洋, 荻野 大助, 吉原 博幸, 千葉 勉, 保健医療科学, 60,   2011年04月, 臨床調査個人票は,特定疾患治療研究事業の対象とする疾患に関して詳細な臨床情報をもたらすことができる資料であり,本来の目的である病態の解明の他,治療薬の開発,適応追加の推進という観点での応用が期待できる.今日,個人票は,各都道府県において電子化され,難治性疾患克服研究事業の各研究グループにおいて活用されている.一方で,臨床調査個人票は,公費負担申請としての行政目的と疾患の病態把握という研究目的の2面を有しており,特に前者にウェートが置かれてきたため,研究への応用において信頼性に欠けるとの指摘を受けてきた.本研究では,電子カルテから直接,臨床情報を抽出できるシステムを構築することで,質の高い情報を,安全,確実に把握するとともに,目的に合わせた臨床調査個人票の構成について検討を行った.
  • 医療ECM視座での電子化紙文書と電子文書統合に向けた課題 (特集 紙文書電子化後の活用と保管のあり方)
    木村 映善, 月刊新医療, 38, (4) 92 - 95,   2011年04月
  • 文書作成アプリケーションに統合された点字文書作成支援システムの開発と評価(研究速報)
    木村 映善, 村田 健史, 藤川 かおり, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 94, (2) 490 - 493,   2011年02月01日, 本研究では点字の知識をもたない晴眼者に対して点字文書の作成を支援するシステムの設計開発を行った.本システムはOpenXMLで記述された文書を解析し,日本点字表記法に基づいてレイアウト情報を再現した点字文書を生成する.また本システムの評価を通して情報保障の課題について議論する.
  • Open source software for the medical field and its cultivation in Japan (Special issue: Open source policy and promotion of IT industries in East Asia)
    Kobayashi Shinji, Kimura Eizen, Ueno Tomoaki, 経済科学論集, (37) 29 - 36,   2010年11月
  • 小・中学校における運動器の直接検診の現状と課題
    高橋 敏明, 今井 浩, 鴨川 淳二, 竹葉 淳, 渡邊 誠治, 日野 和典, 竹田 治彦, 奥田 俊介, 山本 晴康, 佐伯 修一, 田中 順子, 黒河 健, 木村 映善, 石原 謙, 日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association, 19, (2) 322 - 325,   2010年10月15日
  • 学校での運動器検診からみた成長期のスポーツ外傷・障害
    高橋 敏明, 山本 晴康, 佐伯 修一, 田中 順子, 黒河 健, 木村 映善, 石原 謙, 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine, 30, (3) 156 - 160,   2010年07月31日
  • 愛媛県での取り組み
    高橋 敏明, 鴨川 淳二, 今井 浩, 竹葉 淳, 渡邊 誠治, 奥田 俊介, 忽那 辰彦, 山本 晴康, 清水 晃, 小西 央彦, 黒河 健, 木村 映善, 石原 謙, 日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine, 18, (2) 228 - 232,   2010年04月30日
  • 疫学的研究の基盤としてのopenEHR利活用に向けた検討—臨床個人調査票のarchetypeへのモデリングを通して—
    木村 映善, 小林 慎治, 黒田 知宏, 石原 謙, 吉原 博幸, 三森 経世, 高橋 良輔, 千葉 勉, 医療情報学, 30, (3) 173 - 182,   2010年,  本邦においては,昭和47年より難治性疾患克服研究事業の一環として,特定疾患調査研究事業が行われてきている.疾患ごとに研究班が組織され,臨床個人調査票を通じてサーベイランス情報を蓄積し,EBM (Evidence-Based Medicine)の礎を築くことが要請されている.今まで数多くの臨床研究がこの事業の一環として行われてきており,成果もあげられてきたが,疾患横断的な調査が行えないなどの問題も指摘されている.また,医師のデータ入力の負担を軽減しつつも,円滑な難治性疾患のデータ収集を実現するために,診療活動の中心を担いつつある電子カルテからのデータ取り込みを念頭に置いて設計することが必要である.われわれは,EHRの標準規格であるCEN 13606に基づいて,臨床個人調査票のモデリングを試みた.本稿はその試みの速報的報告である.
  • HISリプレイス時に何をするか (総特集 HISリプレイス--成功のための具体策)
    木村 映善, 月刊新医療, 36, (11) 50 - 53,   2009年11月
  • Grid Datafarm における太陽地球系観測データの大規模統計解析の試み
    山本 和憲, 村田健史, 木村 映善, 社団法人 情報処理学会情報処理学会 研究報告, 2006-HPC-107, (40) 233 - 238,   2006年07月31日, 太陽地球系物理分野では,データレコーダの高性能化や複数の衛星による編隊観測が行なわれるようになり,科学衛星観測で得られるデータ量が増大している.観測データの蓄積が進む一方で,CPU性能やメモリ容量,ディスク容量を必要とする長期間の大規模な観測データの解析環境が求められている.そこで本稿では,計算グリッドとデータグリッドの特性を持つGrid Datafarmの参照実装であるGfarmを用いて,科学衛星観測データの長期間の軌道データの解析環境の構築を行なった.実験では,逐次処理とGfarmによる6台のファイルシステムノードでの並列分散処理の比較を行った.その結果,1ファイルあたり約25秒の処理時間を要する処理においては,実行時間を約1/5に短縮できた.また,並列分散処理の処理形態に着目し,科学衛星観測データ処理で,Gfarmの性能が発揮できる適用範囲について検討した.In the Solar-Terrestrial Physics (STP) field, the amount of satellite observation data has been increasing every year. More and more CPU power, memory size and disk size are required for statistical analyses of these data. To overcome this problem, we constructed a parallel and distributed data analysis environment using the Gfarm reference implementation of the Grid Datafarm architecture. Both data files and data processes are parallelized on the Gfarm with 6 file system nodes. We achieved high performance analysis as long as the data size if large enough.
  • 病院(CIO)とベンダーの関係における将来像 (特集 私のシステムベンダー選択術)
    木村 映善, 月刊新医療, 36, (10) 91 - 93,   2009年10月
  • 発達障害児・者の日常生活を支援するためのPIMツール: RAINMAN 3
    村田 健史, 吉松 靖文, 木村 映善, 岡本 健, 西田 勝, 高橋 良司, ライフサポート, 19, (0) 70 - 70,   2007年
  • VPNを用いた動画像ストリーミング配信による遠隔パソコン要約筆記
    村田 健史, 木村 映善, 加地 正法, 栗田 茂明, 社団法人 電子情報通信学会電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, (No.3) 649 - 661,   2007年
  • 地域医療連携のための患者ID運用の考察--IHE XDSプロファイル実装と周産期医療への適用を想定して (JTTA 2009 in KUMAMOTO 日本遠隔医療学会学術大会--少子高齢化社会を支援する遠隔医療) -- (遠隔医療とICT)
    木村 映善, 日本遠隔医療学会雑誌, 5, (2) 172 - 175,   2009年10月
  • 診療情報の外部保存手段としてのストレージクラウドに関する検討(アイデンティティ・マネージメントとネットワーク法)
    木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理, 109, (217) 35 - 40,   2009年09月30日, 近年のクラウドコンピューティングの台頭により、ストレージクラウドが外部保存の有力な選択枝となりつつある。しかし、ストレージクラウドは専用線や専用ファシリティを提供するサービスと異なり、汎用的な技術の集大成と開かれたサービスが主体であり、管理責任は利用者寄りに帰する所が大きい。診療録等の外部保存に関するガイドラインに基づいて、ストレージクラウドを利用する前に検討すべき事項について整理する。
  • 宇宙科学研究のためのクラウドコンピューティング環境:OneSpaceNet : 高速ネットワークを使ったバーチャルラボの取り組み(e-Science及びData Intensive Science)
    村田 健史, 下條 真司, 木村 映善, 山本 和憲, 亘 慎一, 森川 靖大, 加藤 久雄, 石井 守, 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学, 109, (186) 45 - 46,   2009年08月31日
  • 先進的情報通信技術の活用 グリッドデータファームによる並列分散処理 (宇宙天気予報特集) -- (宇宙天気と情報処理・情報通信技術)
    山本 和憲, 木村 映善, 村田 健史, 情報通信研究機構季報, 55, (1) 447 - 458,   2009年03月
  • 先進的情報通信技術の活用 RDFを用いたデータ収集技法による太陽地球系科学セマンティックWeb構築の試み (宇宙天気予報特集) -- (宇宙天気と情報処理・情報通信技術)
    村田 健史, 木村 映善, 山本 和憲, 情報通信研究機構季報, 55, (1) 471 - 491,   2009年03月
  • グリッドデータファームによる太陽地球系物理分野における分散データ型データインテンシブ処理モデルの構築と評価
    山本 和憲, 木村 映善, 村田 健史, 建部 修見, 松岡 大祐, 宮地 英生, 研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2009, (19) 1 - 4,   2009年02月26日, 太陽地球系物理データは,近年の増大化・大規模化に伴い,大規模データ処理が期待されている.大規模データ処理にはデータインテンシブ処理が行われる場合が多いが,分散データ管理下においてはデータ管理・共有の問題が生じるため,有効なデータインテンシブ処理モデルが求められている.本研究では,メタデータ利活用システム(STARS)とグリッドデータファーム(Gfarm)による分散データ型データインテンシブ処理モデルを提案し,8台の計算ノードによる実装を行った.さらに,構築したシステムで衛星観測データと計算機シミュレーションデータの並列分散処理の性能評価を行った.その結果,ファイルサイズが小さい場合はメタデータの階層化が有効であり,ファイルごとにデータ処理量が異なる場合はFIFO型スケジューリングが有効であることを検証した.In the Solar-Terrestrial Physics field, there has been tremendous increase of satellite observation data and computer simulation data. Since most of data files and computer resources are distributed over the Internet, analysis environments for data intensive processing are required. In this study, we propose a data intensive processing model of distributed data based on meta-data system and Grid Datafarm. A testing system is constructed with 8 filesystem nodes. As a result of small-data processing of observation data on the system, parallel processing is found effective using meta-data file at local disk and hierarchical Gfarm file. As for parallel visualizations of simulation data, it was achieved high parallelization efficiency of 97.6% when using FIFO-type scheduling.
  • 電子化された診療記録の移行を巡る法的環境に関する考察(ソーシャル・ネットワーク)
    木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理, 108, (331) 41 - 46,   2008年11月28日
  • 外来医師補助による診療報酬請求や部門間運用への影響調査
    田中 広美, 菅原 美恵子, 木村 裕昭, 木村 映善, 石原 謙, 診療録管理 : 日本診療録管理学会会誌 = Medical record administration, 20,   2008年08月31日
  • RSS1.0を利用した科学衛星・地上観測データのメタデータ自動収集(宇宙利用システム)
    石倉 諭, 村田 健史, 久保 卓也, 木村 映善, 山本 和憲, 篠原 育, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 91, (4) 499 - 509,   2008年04月01日, 地球科学の推進には,国際共同による地球観測とデータの自由な交換が不可欠である.現在,Virtual ObservatoryやVirtual Organizationなど,世界規模での観測データの交換技術についての研究が進められている.本研究が対象とする太陽地球系物理(STP)観測分野は,他の地球観測分野と比較して観測領域が広いこと,観測データのタイプが多岐にわたるためデータ解析対象が複雑であること,データ公開機関が国内外に分散していること,データ公開ポリシが機関ごとに独立していることなどが分散データベースの実現を困難にしている.本研究では,このような疎結合型データベースによるVirtual Observatory(VO)を実現するため,RSS1.0を用いたメタ情報収集の仕組みを提案する.RSS1.0でSTP分野のメタ情報を記述し,データファイルやデータ観測日時情報を定期的に自動収集する.これにより,データ提供サイトがメタ情報提供を意識せずに,VOが必要とするメタ情報の収集が可能となる.設計したシステムを実装したところ,約3か月間で四つのデータ公開サイトから81種類約31万件の観測データファイルを自動収集できた.
  • Global MHDシミュレーションによる磁気フラックスロープの3次元構造解析
    松岡 大祐, 村田 健史, 藤田 茂, 田中 高史, 山本 和憲, 木村 映善, 可視化情報学会論文集, 28, (6) 38 - 46,   2008年, 強いBy成分を持つ惑星間空間磁場が急激に南を向いたとき,地球磁気圏は複雑な挙動を見せることが知られている.しかし,そのような現象による複雑な3次元構造を解析する手法は確立していないのが現状である.本研究では,惑星間空間磁場と地球磁気圏の相互作用のシミュレーションを行い,その結果の3次元可視化解析を行なった.特に,磁気フラックスロープと呼ばれる複雑な磁場構造に対して階層的な3次元可視化処理を繰り返すことで磁力線トポロジーを4種類に分類し,磁場構造の新たな3次元モデルを提案した.さらに,触覚インタフェースを用いることで,提案した3次元磁場構造モデルの妥当性の検証を行なった.
  • 聴覚障害者へのテレメンタリング手段としての遠隔パソコン要約筆記の評価--複数の人が協同出来るネットワークの必要性能とは (JTTA 2007 in OKAYAMA 日本遠隔医療学会学術大会--少子高齢化時代にいのちと健康を護る遠隔医療) -- (一般演題 感覚器系の遠隔医療)
    木村 映善, 村田 健史, 石原 謙, 日本遠隔医療学会雑誌, 3, (2) 250 - 252,   2007年10月
  • がん登録の Casefinding の試みで判明した問題点
    末光 純子, 増田 晶子, 佐伯 千尋, 木村 映善, 石原 謙, 診療録管理 : 日本診療録管理学会会誌 = Medical record administration, 19,   2007年08月31日
  • レセプト電算化における電子カルテ上の病名管理問題とその検討
    増田 晶子, 木村 映善, 石原 謙, 診療録管理 : 日本診療録管理学会会誌 = Medical record administration, 19,   2007年08月31日
  • VPNを用いた動画像ストリーミング配信による遠隔パソコン要約筆記(聴覚補助,<特集>情報福祉論文)
    村田 健史, 木村 映善, 栗田 茂明, 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム, 90, (3) 649 - 661,   2007年03月01日, 聴覚障害者への情報保障手段として,パソコン要約筆記が多くの現場で利用されている.しかし要約筆記には独自の技術が必要であり,習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果,現在はまだサービスや支援が十分でないことが指摘されている.要約筆記者の不足を補うため,現在,様々な研究グループが遠隔支援による要約筆記の研究を進めている.本研究では,インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い,それを用いた遠隔要約筆記システムを設計及び構築し,その有効性について検討する.これまでの遠隔パソコン要約筆記システムでは,要約筆記アプリケーションで文字情報送受信を行う際のセグメントの違いにより要約筆記者の参加制限が生じる問題点があった.本研究ではこれをVPNアプリケーションで補うことで,実用性の高い遠隔パソコン要約筆記を実現した.その結果,複数入力者へのネットワークに遅延がある場合でも,一宗時間内であればインターネット上からの遠隔パソコン要約筆記が可能であることが分かった.
  • BREWアプリを用いた発達障害児のための生活支援ツールの研究開発
    江越 貴広, 村田 健史, 吉松 靖文, 木村 映善, 岡本 健, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 106, (487) 49 - 54,   2007年01月18日
  • 点字用XML (BrailleML)の提案ODFからBrailleMLへの変換(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    加地 正法, 村田 健史, 木村 映善, 氏間 和仁, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 106, (489) 31 - 36,   2007年01月18日, 視覚障害者への情報保証の実現のためには,墨字文書と同等の点字文書を提供する必要がある.これまで筆者らのグループでは、点字表記法の知識が無くても墨字文書を点字文書に変換することが出来る環境を構築するためXML言語としてBrailleMLを提案してきた.提案システムでは墨字文書から点字文書への変換の過程において,OpenDocumentFormat(ODF)文書からBrailleML文書への変換を行う必要がある.本研究では,正しい点字文書作成のためには点字表記法で定められた文書構造情報・文字列情報が必要なことに着目し,ODF文書からBrailleML文書への変換の実用性について検証を行う.
  • RSS/RDFを利用した太陽地球系物理観測データのメタデータ配信の検討
    木村 映善, 村田健史, 情報処理学会論文誌, 47, (4) 1051 - 1062,   2006年04月15日, 近年,太陽地球系物理の分野では,高度に発達した計測機器開発による観測範囲の拡大ならびに国際協調プロジェクトの立ち上がりを背景として,世界各地の観測データを蓄積したデータサイトからの観測データの横断的検索,分析を提供するシステムが要請されている.しかし,対象領域が多様性に富んでいるため,システム構成にも変化があり,Grid Computing やWeb Service での統合も困難であることが明らかになっている.既存のシステムへの変化のインパクトを最小に抑え,かつ多様性の記述と柔軟な連携を実現するメタデータの記述を検討した.広くコンテンツ情報配信に利用されているRSS1.0 の簡素さとRSS1.0 がRDF/XML に基づいていることからオントロジ要素の記述に基づいた拡張ができることに注目し,RSS の独自拡張を施すことで既存のシステムと新しい流れの技術の親和的融合が実現できた.本論文では太陽地球系物理分野の観測データのメタデータの記述のコンテナとしてRSS を利用するための検討結果について報告する.In the Solar-Terrestrial Physics (STP) field, the Virtual Observatory (VO) project is difficult to realize because the data model of STP is wide-ranged and rich in diversity. To realize VO in STP, we have to develop the method that absorbs the gap between the data models in many data site. We have designed the light-weight meta-data delivery mechanism with RSS 1.0 which supports the extensibility from the RDF nature. We have designed the class and relationships of between Mission, Team, Group, User, and observatory data with OWL by the lesson of comparing the difference of models and web-services: CDAS and STARS. This RSS/RDF based meta-data proposes promising prospects which it shows capabilities of changing the specification without breaking forward application compatibility by making deduction from ontology information.
  • 遠隔パソコン要約筆記の入力者間での遅延による影響(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    村田 健史, 木村 映善, 栗田 茂明, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 106, (489) 37 - 42,   2007年01月18日, 聴覚障害者への情報保障手段として,パソコン要約筆記が多くの現場で利用されている.しかし要約筆記には独自の技術が必要であり,習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果,現在はまだサービスや支援が十分でないことが指摘されている.要約筆記者の不足を補うため,現在,様々な研究グループが遠隔支援による要約筆記の研究を進めている.本研究では,インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い,それを用いた遠隔要約筆記システムを設計および構築し,その有効性について検討する.これまでの遠隔パソコン要約筆記システムでは,要約筆記アプリケーションで文字情報送受信を行う際のセグメントの違いにより要約筆記者の参加制限が生じる問題点があった.本研究ではこれをVPNアプリケーションで補うことで,実用性の高い遠隔パソコン要約筆記を実現した.その結果,複数入力者へのネットワークに遅延がある場合でも,一定時間内であればインターネット上からの遠隔パソコン要約筆記が可能である事が分かった.
  • BREWアプリを用いた発達障害児のための生活支援ツールの研究開発(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    江越 貴広, 村田 健史, 吉松 靖文, 木村 映善, 岡本 健, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 106, (489) 49 - 54,   2007年01月18日, 筆者らの研究グループではこれまで,自閉症を主とする発達障害児の日常生活を支援するため,タイマーツールであるRAINMAN1を開発し,Web上で無償公開してきた.これは,各人でカスタマイズすることが可能であるため,従来の専用機器と比較して多くの利用者に利用されている.同時に,利用者からは,タイマーだけではなく,さらに日常生活に密着したツールを求める声が多く挙がった.そこで,我々はカレンダーとスケジューラの機能を新たに搭載したRAINMAN3の開発を進めている.RAINMAN3では,ツールのあらゆる情報をXMLで定義し,ユーザ毎にカスタマイズできる.RAINMAN3はPCおよびBREW携帯電話上で動作し,PCと携帯電話で共通のUIを提供することで,高い利便性を目指している.
  • 点字用XML(BrailleML)の提案ODFからBrailleMLへの変換(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    加地 正法, 村田 健史, 木村 映善, 氏間 和仁, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 106, (487) 31 - 36,   2007年01月18日, 視覚障害者への情報保証の実現のためには,墨字文書と同等の点字文書を提供する必要がある.これまで筆者らのグループでは、点字表記法の知識が無くても墨字文書を点字文書に変換することが出来る環境を構築するためXML言語としてBrailleMLを提案してきた.提案システムでは墨字文書から点字文書への変換の過程において,OpenDocumentFormat(ODF)文書からBrailleML文書への変換を行う必要がある.本研究では,正しい点字文書作成のためには点字表記法で定められた文書構造情報・文字列情報が必要なことに着目し,ODF文書からBrailleML文書への変換の実用性について検証を行う.
  • 遠隔パソコン要約筆記の入力者間での遅延による影響(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    村田 健史, 木村 映善, 栗田 茂明, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 106, (487) 37 - 42,   2007年01月18日, 聴覚障害者への情報保障手段として,パソコン要約筆記が多くの現場で利用されている.しかし要約筆記には独自の技術が必要であり,習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果,現在はまだサービスや支援が十分でないことが指摘されている.要約筆記者の不足を補うため,現在,様々な研究グループが遠隔支援による要約筆記の研究を進めている.本研究では,インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い,それを用いた遠隔要約筆記システムを設計および構築し,その有効性について検討する.これまでの遠隔パソコン要約筆記システムでは,妻約筆記アプリケーションで文字情報送受信を行う際のセグメントの違いにより要約筆記者の参加制限が生じる問題点があった.本研究ではこれをVPNアプリケーションで補うことで,実用性の高い遠隔パソコン要約筆記を実現した.その結果,複数入力者へのネットワークに遅延がある場合でも,一定時間内であればインターネット上からの遠隔パソコン要約筆記が可能である事が分かった.
  • BREWアプリを用いた発達障害児のための生活支援ツールの研究開発(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    江越 貴広, 村田 健史, 吉松 靖文, 木村 映善, 岡本 健, 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声, 106, (487) 49 - 54,   2007年01月18日, 筆者らの研究グループではこれまで,自閉症を主とする発達障害児の日常生活を支援するため,タイマーツールであるRAINMAN1を開発し,Web上で無償公開してきた.これは,各人でカスタマイズすることが可能であるため,従来の専用機器と比較して多くの利用者に利用されている.同時に,利用者からは,タイマーだけではなく,さらに日常生活に密着したツールを求める声が多く挙がった.そこで,我々はカレンダーとスケジューラの機能を新たに搭載したRAINMAN3の開発を進めている.RAINMAN3では,ツールのあらゆる情報をXMLで定義し,ユーザ毎にカスタマイズできる.RAINMAN3はPCおよびBREW携帯電話上で動作し,PCと携帯電話で共通のUIを提供することで,高い利便性を目指している.
  • 点字用XML(BrailleML)の提案ODFからBrailleMLへの変換(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    加地 正法, 村田 健史, 木村 映善, 氏間 和仁, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 106, (485) 31 - 36,   2007年01月18日, 視覚障害者への情報保証の実現のためには,墨字文書と同等の点字文書を提供する必要がある.これまで筆者らのグループでは、点字表記法の知識が無くても墨字文書を点字文書に変換することが出来る環境を構築するためXML言語としてBrailleMLを提案してきた.提案システムでは墨字文書から点字文書への変換の過程において,OpenDocumentFormat(ODF)文書からBrailleML文書への変換を行う必要がある.本研究では,正しい点字文書作成のためには点字表記法で定められた文書構造情報・文字列情報が必要なことに着目し,ODF文書からBrailleML文書への変換の実用性について検証を行う.
  • 遠隔パソコン要約筆記の入力者間での遅延による影響(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    村田 健史, 木村 映善, 栗田 茂明, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 106, (485) 37 - 42,   2007年01月18日, 聴覚障害者への情報保障手段として,パソコン要約筆記が多くの現場で利用されている.しかし要約筆記には独自の技術が必要であり,習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果,現在はまだサービスや支援が十分でないことが指摘されている.要約筆記者の不足を補うため,現在,様々な研究グループが遠隔支援による要約筆記の研究を進めている.本研究では,インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い,それを用いた遠隔要約筆記システムを設計および構築し,その有効性について検討する.これまでの遠隔パソコン要約筆記システムでは,要約筆記アプリケーションで文字情報送受信を行う際のセグメントの違いにより要約筆記者の参加制限が生じる問題点があった.本研究ではこれをVPNアプリケーションで補うことで,実用性の高い遠隔パソコン要約筆記を実現した.その結果,複数入力者へのネットワークに遅延がある場合でも,一定時間内であればインターネット上からの遠隔パソコン要約筆記が可能である事が分かった.
  • BREWアプリを用いた発達障害児のための生活支援ツールの研究開発(福祉と知能・情動・認知障害,福祉と音声処理,一般)
    江越 貴広, 村田 健史, 吉松 靖文, 木村 映善, 岡本 健, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 106, (485) 49 - 54,   2007年01月18日, 筆者らの研究グループではこれまで,自閉症を主とする発達障害児の日常生活を支援するため,タイマーツールであるRAINMAN1を開発し,Web上で無償公開してきた.これは,各人でカスタマイズすることが可能であるため,従来の専用機器と比較して多くの利用者に利用されている.同時に,利用者からは,タイマーだけではなく,さらに日常生活に密着したツールを求める声が多く挙がった.そこで,我々はカレンダーとスケジューラの機能を新たに搭載したRAINMAN3の開発を進めている.RAINMAN3では,ツールのあらゆる情報をXMLで定義し,ユーザ毎にカスタマイズできる.RAINMAN3はPCおよびBREW携帯電話上で動作し,PCと携帯電話で共通のUIを提供することで,高い利便性を目指している.
  • MPEG-7による遠隔コミュニケーションと3次元コンテンツ作成・閲覧システム
    岩元 一徳, 村田 健史, 木村 映善, 宮地 英生, 荻野 龍樹, 梅原 みゆき, 情報処理学会研究報告. DPS,マルチメディア通信と分散処理研究会報告, 129,   2006年11月16日
  • MPEG-7による遠隔コミュニケーションと3次元コンテンツ作成・閲覧システム
    岩元 一徳, 村田 健史, 木村 映善, 宮地 英生, 荻野 龍樹, 梅原 みゆき, 情報処理学会研究報告, 2006, (121) 25 - 30,   2006年11月16日, 3次元データ解析において,複数の研究者が協調的に作業することは,新たな知織の創造を行うために有効である.本稿では,遠隔地にいる研究者が3次元可視化結果を閲覧して解析するプロセスを協調して行えるシステムを構築する.システムでは,3次元データを直接交換するのではなく,3次元オブジェクトの表示に必要なパラメータを共有することにより,可視化結果の同期を取る.提案するシステムを用いて,LANとWANにおいて実験を行い,パラメータ送信の頻度と表示結果の同期の精度について検討した.また,パラメータ制御という特徴を活かし,パラメータによる操作情報をMPEG-7形式のXMLファイルとして保存することで,動画と3次元可視化を統合したコンテンツとして作成するシステムについて提案する.
  • MPEG-7による遠隔コミュニケーションと3次元コンテンツ作成・閲覧システム
    岩元 一徳, 村田 健史, 木村 映善, 宮地 英生, 荻野 龍樹, 梅原 みゆき, 情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS), 2006, (121) 25 - 30,   2006年11月16日, 3次元データ解析において,複数の研究者が協調的に作業することは,新たな知識の創造を行うために有効である.本稿では,遠隔地にいる研究者が3次元可視化結果を閲覧して解析するプロセスを協調して行えるシステムを構築する.システムでは,3次元データを直接交換するのではなく,3次元オブジェクトの表示に必要なパラメータを共有することにより,可視化結果の同期を取る.提案するシステムを用いて,LANとWANにおいて実験を行い,パラメータ送信の頻度と表示結果の同期の精度について検討した.また,パラメータ制御という特徴を活かし,パラメータによる操作情報をMPEG-7形式のXMLファイルとして保存することで,動画と3次元可視化を統合したコンテンツとして作成するシステムについて提案する.In the 3-D data analysis, a cooperative analysis by multiple researchers is effective to acquire new knowledge. In the present study, we developed a 3-D volume communication system. We exchange not the 3-D data but the parameter to share the same preview of the 3-D object. By the experiment in a local area network and a wide area network, we consider the usefulness of our system. We  proposed the system that makes 3-D contents by saving the parameter of operation as a MPEG-7 format.
  • 一般口演II-8 医用波形解析ツール及び医療情報システムの基盤としてのMFERパーサの開発(第28回中国四国支部大会抄録)
    木村 映善, 立石 憲彦, 石原 謙, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 44,   2006年06月10日
  • 福祉地理情報データベースの設計と福祉シティマップの提案(福祉と知能・認知障害/一般)
    大屋 紀和, 村田 健史, 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 105, (508) 13 - 18,   2006年01月06日, 本研究では, 肢体不自由者や視覚障害者, 聴覚障害者のための福祉地理情報データベースとデータベースを活用したWebマップシステム設計開発を行う.本研究ではまず, 障害者が外出時に必要とする項目の聞き取り調査を行った.本システムでは, これらの項目を5つのXMLにより表し, XMLデータベース管理システムにより管理する.XMLデータベースとして管理することにより, 福祉情報の取り扱いや情報更新への対応が容易になる.さらに, データベース化した福祉情報をWebマップを通じて公開する.Webマップは, 広領域はGoogle Mapsを用い, 狭領域はSVGを用いた.本システムにより, 障害者や生活弱者が必要とする情報を手軽に入手することができる.
  • 点字プリンタのLAN共有システムの開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    今岡 通博, 村田 健史, 木村 映善, 加地 正法, 高橋 良司, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 105, (508) 1 - 6,   2006年01月06日, 点字プリンタは, パーソナルコンピュータ(PC)を利用して点字印刷物を作成する上で欠かせない機器である.しかし一般の墨字プリンタと比較して高価であり, 個人で所有するのは容易でない.これが, デジタル文章の点字化を妨げている要因のひとつになっている.そこで本研究では, 点字プリンタをLAN上で共有するシステムの開発を行った.このシステムを盲学校で実験的に利用し, システムの機能面および運用面の問題点についての検証を行った.これらの検証に基づき, 今後システムを実運用する際に注意すべき点についてまとめた.
  • 点字用XML(BrailleML)の研究(福祉と知能・認知障害/一般)
    加地 正法, 木村 映善, 村田 健史, 今岡 通博, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 105, (506) 7 - 12,   2006年01月06日, 視覚障害者への情報保障を実現するためには, 墨字文書と同等の点字文書を提供する必要性がある.筆者らのグループでは、XML Schemaを用いて定義された中間言語であるBrailleMLの研究開発を行っている。本発表では、まずBrailleMLを定義する。さらにBrailleMLを用いた自動点訳システムを提案し、既存の自動点訳システムとの比較を行う。また、BrailleMLによるシステムによる点字文書の情報保障の実現性について議論する。
  • 遠隔パソコン要約筆記システムの開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    小林 敏泰, 村田 健史, 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 105, (506) 55 - 59,   2006年01月06日, 聴覚障害者の情報保障手段として, すでに多くの現場においてパソコン要約筆記が利用されている.しかし, 要約筆記には独自の技術が必要であり, 習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果, 現在のところ, 十分なサービスが実現できていないということが指摘されている.現在, 様々なグループによって遠隔支援による要約筆記実験が進められている.本研究では, インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い, それを用いた遠隔要約筆記システムをキャンパスネットワーク環境に構築し, その有効性について検討する.本研究における遠隔パソコン要約筆記システムでは, IPtalkでの字幕送受信を行う際のセグメントの違いにより生じる要約筆記者の参加制限をSoftEtherで補うことでこれを実現した.
  • 点字用XML(BrailleML)の研究(福祉と知能・認知障害/一般)
    加地 正法, 木村 映善, 村田 健史, 今岡 通博, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 105, (508) 7 - 12,   2006年01月06日, 視覚障害者への情報保障を実現するためには, 墨字文書と同等の点字文書を提供する必要性がある.筆者らのグループでは、XML Schemaを用いて定義された中間言語であるBrailleMLの研究開発を行っている。本発表では、まずBrailleMLを定義する。さらにBrailleMLを用いた自動点訳システムを提案し、既存の自動点訳システムとの比較を行う。また、BrailleMLによるシステムによる点字文書の情報保障の実現性について議論する。
  • 遠隔パソコン要約筆記システムの開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    小林 敏泰, 村田 健史, 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 105, (508) 55 - 59,   2006年01月06日, 聴覚障害者の情報保障手段として, すでに多くの現場においてパソコン要約筆記が利用されている.しかし, 要約筆記には独自の技術が必要であり, 習熟した技術を有する要約筆記者の数は十分ではない.その結果, 現在のところ, 十分なサービスが実現できていないということが指摘されている.現在, 様々なグループによって遠隔支援による要約筆記実験が進められている.本研究では, インターネット上で動画像ストリーミング配信を行い, それを用いた遠隔要約筆記システムをキャンパスネットワーク環境に構築し, その有効性について検討する.本研究における遠隔パソコン要約筆記システムでは, IPtalkでの字幕送受信を行う際のセグメントの違いにより生じる要約筆記者の参加制限をSoftEtherで補うことでこれを実現した.
  • BREWアプリを用いた自閉症児のための生活支援ツールの研究開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    江越 貴広, 村田 健史, 木村 映善, 吉松 靖文, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 105, (505) 1 - 6,   2006年01月05日, 自閉症児は一般に, 時間的な見通しを持つことを苦手としており, そのために日常生活に支障をきたすことが多い.これまで, 自閉症児を支援する様々なツールが開発されてきた.しかし, それらの多くはパーソナルコンピュータやPDAなどで動作するため, 日常生活における利便性に問題があった.本研究では, 携帯電話でBREWアプリケーションとして動作する自閉症児のための生活支援ツールを開発する.これまでの関連した研究では, 自閉症児のツールの認識や利用度は個人差が大きく, そのため個々に応じたインターフェースや機能を提供する必要がある.本研究では, 個々の自閉症児の嗜好などの情報をXMLで表現し, XMLファイルを携帯電話の外部メモリから読み込み, ユーザがカスタマイズできるシステムを目指す.
  • BREWアプリを用いた自閉症児のための生活支援ツールの研究開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    江越 貴広, 村田 健史, 木村 映善, 吉松 靖文, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 105, (507) 1 - 6,   2006年01月05日, 自閉症児は一般に, 時間的な見通しを持つことを苦手としており, そのために日常生活に支障をきたすことが多い.これまで, 自閉症児を支援する様々なツールが開発されてきた.しかし, それらの多くはパーソナルコンピュータやPDAなどで動作するため, 日常生活における利便性に問題があった.本研究では, 携帯電話でBREWアプリケーションとして動作する自閉症児のための生活支援ツールを開発する.これまでの関連した研究では, 自閉症児のツールの認識や利用度は個人差が大きく, そのため個々に応じたインターフェースや機能を提供する必要がある.本研究では, 個々の自閉症児の嗜好などの情報をXMLで表現し, XMLファイルを携帯電話の外部メモリから読み込み, ユーザがカスタマイズできるシステムを目指す.
  • 地域における大学の役割の捉え直しに伴う地域IXの構想について(一般、インターネット制度論)
    木村 映善, 川原 稔, 村田 健史, 高松 雄三, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理, 105, (319) 7 - 10,   2005年09月30日, 現在、大学の地域における役割の見直しに伴い、大学の持つ教育コンテンツの地域への提供や市内の教育機関との交流、研究活動のアウトリーチの拡大が求められている。これらの活動を支える為には、コンテンツを流通する為のネットワークの存在が不可欠である。ニーズとコスト意識に立脚したネットワークを設計することで、着実な地域貢献を果たすことを期待するものである。本講演では広域イーサの特長を利用し、L2接続とL3接続を組み合わせた地域IX構築の取り組みを紹介する。
  • Development of the Virtual Earth's Magnetosphere System (VEMS)
    Murata Ken T., Yamamoto Kazunori, Matsuoka Daisuke, Kimura Eizen, Matsumoto Hiroshi, Okada Masaki, Mukai Toshifumi, Sigwarth John B., Fujita Shigeru, Tanaka Takashi, Yumoto Kiyohumi, Ogino Tatsuki, Shiokawa Kazuo, Tsyganenko Nikolai A., Green James L., Nagai Tsugunobu, Advances in polar upper atmosphere research, 19,   2005年08月, We have constructed a new research environment for geo-space science based on 3-D visualization tool and network database; Virtual Earth's Magnetosphere System (VEMS). With an interactive research environment researchers can visually understand structures of the Earth's magnetosphere using VEMS. On the VEMS, computer simulation results and observation data are simultaneously visualized, having a potential to data assimilation for geo-space studies in the future. Since the VEMS deals with time-dependent data, it also helps researchers to study dynamics of the Earth's magnetosphere. We found that immersive data analyses are possible using the VEMS on a virtual reality system.
  • 移動携帯端末による自閉症児のための多機能タイムエイドの開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    藤吉 賢, 村田 健史, 吉松 靖文, CAFIERO Joanne M., 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学, 104, (638) 25 - 30,   2005年01月20日, 自閉症児は, 他人とのコミュニケーションが困難であり, 相手の言葉を理解できないことが多く, ごく限られた物事に執着してその行動を繰り返すという特徴をもつ.本研究では、自閉症児を主とした発達障害児の日常生活を支援するために移動携帯端末で動作する生活支援ツールを設計・実装を行う.本ツールでは、ユーザインターフェイスや機能の情報をXMLに構築することで、各児童に応じたカスタマイズや機能追加を実現した.ツールはPDA・携帯電話・PCで動作する.これにより, 自宅、学校、外出先など, どの場所にいても利用できる日常生活に根付いたツールとなる.
  • 移動携帯端末による自閉症児のための多機能タイムエイドの開発(福祉と知能・認知障害/一般)
    藤吉 賢, 村田 健史, 吉松 靖文, CAFIERO Joanne M., 木村 映善, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 104, (636) 25 - 30,   2005年01月20日, 自閉症児は, 他人とのコミュニケーションが困難であり, 相手の言葉を理解できないことが多く, ごく限られた物事に執着してその行動を繰り返すという特徴をもつ. 本研究では、自閉症児を主とした発達障害児の日常生活を支援するために移動携帯端末で動作する生活支援ツールを設計・実装を行う. 本ツールでは、ユーザインターフェイスや機能の情報をXMLに構築することで、各児童に応じたカスタマイズや機能追加を実現した. ツールはPDA・携帯電話・PCで動作する. これにより, 自宅、学校、外出先など, どの場所にいても利用できる日常生活に根付いたツールとなる.
  • 太陽地球系観測メタデータベースのGrid Service移行を考慮したWeb Service実装について
    木村 映善, 村田 健史, 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2004論文集, 2004,   2004年12月09日, 近年の計算機の処理能力と通信技術の発展により、従来ではなしえなかった大規模なデータの分析が可能になった。これにより、広域地球科学分野では、大量のデータを横断的収集、解析できる事への要望が高まっている。特に太陽地球系観測分野では各地で観測された観測データを一括して検索できるようにメタデータベースを構築してきた。しかし、実際のデータの公開にあたっては、データサイトの管理ポリシーから公開に伴うデータのアクセス権限の設定の煩雑さ、セキュリティの脅威について消極的な傾向にある。そこで、 Grid ComputingThe up growth of computing power and the network technology in recent years enables the large-scale data analyze.Cross-over search and analysis are required in the earth science field, we have developed meta-database so that the researcher can query colle
  • 3次元可視化ツールの多地点双方向通信を実現するツールの開発
    木村 映善, 岩元 一徳, 山本 和憲, 村田 健史, 可視化情報学会誌. Suppl., 24, (2) 145 - 146,   2004年09月15日
  • バーチャルリアリティによるデータ同化システムの提案
    山本 和憲, 木村 映善, 村田 健史, 松岡 大祐, 可視化情報学会誌. Suppl., 24, (2) 147 - 148,   2004年09月15日
  • 英語俳句データベース構築の試み
    木村 映善, 墨岡 学, 田中 喜美代, 和田 武, 情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH), 2004, (78) 39 - 46,   2004年07月30日, 俳句MLの参加者の意識から構成される俳句の意識空間(= Haikusphere)を単語と句読点という構成要素からなる集合として定義し、そこから俳句の形式議論を展開しようという試みを始めている。しかし、非英語圏俳句は構文解析等の技術的困難さから、抽出が比較的 容易と思われる英語俳句を選択した。3行形式が主流になっていること、メールのエンコーディング傾向より英語圏に所属するネイティブによる投稿が多いと思われる、Shiki Teamが主宰しているNoboメーリングリストをサンプリング対象とし、それらのメールからの俳句の抽出とデータベースの構築を試みた。Our approach to constructing Haiku relational database model is based on the archives of Haiku mailing list Nobo. English Haiku as a short poem is composed with three lines. We used "Message-ID" field as to define "Haiku ID" and "References" field to relate and trace the original Haiku. We already have more than one hundred thousand words from the Nobo mailing list spool. Soon, web access to the haiku database server will be available via My-SQL.
  • 8.愛媛県における地域ネットワーク構想について(第26回中国四国支部大会抄録)
    木村 映善, 立石 憲彦, 石原 謙, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 42,   2004年06月10日
  • 10.人工呼吸器とナースコールシステムとの連動装置の開発と運用(第26回中国四国支部大会抄録)
    立石 憲彦, 高岡 国広, 和田 弘子, 門田 稔, 武智 誠, 木村 映善, 石原 謙, 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌, 42,   2004年06月10日
  • A242 3次元可視化ツールの多地点双方向通信を実現するツールの開発
    木村 映善, 岩元 一徳, 山本 和憲, 村田 健史, 可視化情報学会誌, 24, (2) 145 - 146,   2004年, The 3D visualization of observation data and the result of simulation becomes the useful analysis method recently. And by sharing the processed data between fellow researchers, we may have common view simultaneously and improve mutual understanding. So we realized the importance of the development of the middle-ware that supports the bi-directional and multipoint communication with 3D visualization tools. As we had been built VEMS (Virtual Earth Magnetosphere System) on AVS/Express (Application Visualization System), we developed the distributed object based middleware 'Milkyway' to act in union with them. It realized that the multipoint and bi-directional communication accelerates the understandings and helped the enlightenment of the new aspect from the modeled data.
  • A243 バーチャルリアリティによるデータ同化システムの提案
    山本 和憲, 木村 映善, 村田 健史, 松岡 大祐, 可視化情報学会誌, 24, (2) 147 - 148,   2004年, We have constructed a new research environment for Earth and space science based on virtual reality system and network database: a Virtual Earth Magnetosphere System (VEMS). The VEMS provides an interactive research environment by which researchers can visually understand structure and dynamics of Earth magnetosphere. On the VEMS, data assimilation, combinations of computer simulation and observation data, is possible. Since the VEMS deals with time-dependent data, it helps researches to understand temporal and spatial structure and behavior of the magnetosphere. More realistic data analysis is possible using VEMS on CAVE.
  • 地域医療情報交換ネットワークのためのVPN設計について
    木村 映善, 医療情報学 = Japan journal of medical informatics, 22, (6) 465 - 474,   2003年02月01日
  • 自律分散照合環境とVPNの組合せによるセキュアな情報交換とポリシーマッチングを実現する診療情報ネットワーク構築の提案(オフィスシステム論文小特集)
    木村 映善, 上杉 志朗, 大西 雅人, 立石 憲彦, 石原 謙, 電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理, 85, (7) 603 - 613,   2002年07月01日, 従来はVPN(Virtual Private Network)にまつわるセキュリティポリシーとサービスプロバイダによって提供されるサービスは仕様策定の際に別々にモデリングされてきた.これはVPNがバックボーンの専用線に代わる技術としての性格を主として一般に認知され,エンドユーザとのセキュアな接続を提供する手段としては発展途上であるとみなされてきたためである.SOHOへのVPN普及には各サービスプロバイダによるサービスを利用者に対していかに統合し,かつセキュアに提供できるかどうかがかぎを握っている.本論文では診療行為をする場としての診察室と医師を取り巻く各種医療サービスをSOHOの一モデルとして取り上げ,現状を分析し,問題点を明らかにし,解決案として,これまでにない自律分散照合環境アーキテクチャとVPNの組合せを提案する.
  • TWO-DIMENSIONAL IMAGE OF OXYGEN SATURATION OF BLOOD IN MICROVESSELS BY COLOR VIDEO CAMERA
    TATEISHI Norihiko, SUZUKI Yoji, MAEDA Nobuji, KIMURA Eizen, MASUDA Kohji, ISHIHARA Ken, Microcirculation annual, 17,   2001年08月10日
  • 「VPNと常時接続環境を用いた胎児心拍陣痛図の継続監視システムの構築」
    第21回医療情報学連合大会(第2回日本医療情報学会学術大会), CD-ROM,   2001年
  • 「県医師会を中心とした病診連携の基盤としての広域VPN網の構築」
    第21回医療情報学連合大会(第2回日本医療情報学会学術大会), CD-ROM,   2001年
  • 「高速デジタル回線を介した超音波遠隔診断のためのロボット制御と画像転送実験」
    第45回システム制御情報学会研究発表講演会論文集,大阪, 45, (Suppl.) 281 - 282,   2001年
  • 「VPNとDICOMサーバを利用した広域遠隔画像診断支援システムの構築」
    第40回日本ME学会大会講演論文集,名古屋, 39,   2001年
  • 「高速デジタル回線による超音波検査ロボットの遠隔制御と画像診断実験」
    第40回日本ME学会大会講演論文集,名古屋, 39,   2001年
  • 「体表面上での3次元回転・平行移動を実現する超音波検査ロボットの開発」
    第40回日本ME学会大会講演論文集,名古屋, 39,   2001年
  • 「携帯電話用小型分散オブジェクトシステムの開発と応用」
    第40回日本ME学会大会講演論文集,名古屋, 39,   2001年
  • 携帯端末を利用した訪問介護業務の効率化
    木村 栄善, 大塚 博紀, 田中 盛重, 新盛 英世, 立石 憲彦, 石原 謙, 医療情報学連合大会論文集, 20,   2000年11月23日
  • メールシステムを用いたMML交換フレームワークの構築
    木村 映善, 石原 謙, 新盛 英世, 大塚 博紀, 診療録管理 : 日本診療録管理学会会誌 = Medical record administration, 12,   2000年09月01日
  • 「超音波遠隔診断のための探触子可動機構の開発とその安全制御」
    第43回自動制御連合講演会論文集,松山,   2000年
  • 「超音波遠隔診断における制御機構としての分散オブジェクトシステムの開発」
    第43回自動制御連合講演会論文集,松山,   2000年
  • 「微小血管網の酸素飽和度の2次元イメージ化」
    第23回日本ME学会中国四国支部大会論文集,徳島,   2000年
  • 「リサイクルPHSを利用した診療所のアメニティー向上」
    第14回日本ME学会秋季大会講演論文集,徳島,   2000年
  • 「超音波診断ロボットによる断層像のリモート撮像実験」
    第14回日本ME学会秋季大会講演論文集,徳島,   2000年
  • 「胎児心拍陣痛図の携帯電話を用いた遠隔監視システム」
    第14回日本ME学会秋季大会講演論文集,徳島,   2000年
  • 「自然言語による検索を可能にする概念ベースの医学関連文献検索」
    第19回医療情報連合大会論文集,   1999年
  • Concept Based Approach to Texc Retrieval with Sethtane Query
      1999年
  • "Remote fetal cardiotocograph watching system with mobile telephone,"
    Proc. of International Medical Informatics Association 1-th World Congress on Medical Informatics,London,, CD-ROM,   2001年
  • 産科領域における遠隔医療の取り組みの紹介
    第28回日本生体医工学会中国四国支部大会 抄録集,   2005年
  • 設定レスな遠隔胎児心拍陣痛図伝送システムの開発
    第28回日本参加婦人科ME学会抄録,   2005年
  • 看護業務のワークフローの調査と標準化の試み
    第25回医療情報学連合大会(第6回日本医療情報学会秋季学術大会),   2005年
  • マルチキャスト技術を用いた胎児心拍陣痛図のモニタリングシステムの構築
    第25回医療情報学連合大会(第6回日本医療情報学会秋季学術大会),   2005年
  • RAINMAN toolkit: A tool for assisting children with autistic spectrum disorders
    CSUN's 20th Annual International Conference, Mar. 2005 (in print),   2005年
  • 移動携帯端末による自閉症児のための多機能タイムエイドの開発
    電子情報通信学会技術研究報告, 104, (636) 25 - 30,   2005年
  • JGNIIによる宇宙天気情報ネットワークの構築
    情報通信研究機構季報, 51, (3/4) 127 - 134,   2005年
  • 点字用XML(BrailleML)の研究
    電子情報通信学会技術研究報告, 105, (506) 7 - 12,   2006年
  • 福祉地理情報データベースの設計と福祉シティマップの提案
    電子情報通信学会技術研究報告, 105, (506) 13 - 18,   2006年
  • 遠隔パソコン要約筆記システムの開発
    電子情報通信学会技術研究報告, 105, (506) 55 - 59,   2006年
  • The Design of Virtual Private Network Topology for migrating to IPv6 World
    Eizen Kimura, Tateishi Norihiko, Ken Ishihara, IEEE SAINT 2004 Applications and the Internet,   2004年06月16日, We have developed medical information network and the ORCA network (Project Code "Online Receipt Computer Advantage") with VPN (Virtual Private Network) technology. The ORCA project states to use IPv6 network to realize secure medical record backup to remote data center and collecting information for EBM (Evidence-based medicine). But as the spread of IPv6 network is still in early stage, and there are many problems with security related implementation, we designed to use the IPv4 based network, but also make the migration to the IPv6 network will be with minimum cost. Our approach is widely accepted and currently over 120 clinics and hospitals are connected with our virtual private network and exchange medical information.
  • BREWアプリを用いた自閉症児の為の生活支援ツールの開発
    電子情報通信学会技術研究報告, 105, (505) 1 - 6,   2006年
  • 地域における大学の役割の捉え直しに伴う地域IXの構想について ~ e-Learning・教育コンテンツの地域への開放のインフラとして ~
    信学技報 IEICE Technical Report SITE2005-42(2005-10),   2005年
  • A Virtual Earth Magnetospheric System
    Ken T. Murata, Eizen Kimura, 2004 Asia-Pacific Radio Science Conference Proceedings, Qingdao, China,   2004年12月01日, We propose a Virtual Earth Magnetosphere System (VEMS), which is a new research environment for satellites observation data analysis and computer simulations. The VEMS is constructed on 3-D visualization tools, which are programmable and interactive. We can handle a variety of phenomena over the Earth magnetosphere at arbitrary period from arbitrary viewpoint. In the present study, we constructed the VEMS on a 3-dimensional visualization tool. Application Visualization System AVS/Express Developer. Recent version of the AVS supports time-dependent visualization functions using time-loop modules. We have applied the VEMS to aurora and AKR observation by satellites. In the VEMS, we could successfully visualized the locations of AKR (Auroral Kilometric Radiation) source regions on assumption that the AKR is excited on the magnetic field lines connected with aurora illumination regions on the Earth. As the possible future development, we propose two systems: combination with network database system and with virtual reality system. © 2004 IEEE.
  • 医用波形解析ツール及び医療情報システムの基盤としてのMFERパーサの開発
    第28回日本生体医工学会中国四国支部大会 抄録集,   2005年
  • マルチキャスト技術を用いた胎児心拍陣痛図のモニタリングシステムの構築
    第25回医療情報学連合大会(第6回日本医療情報学会秋季学術大会) 抄録集,   2005年
  • 太陽地球系観測メタデータベースのGird Service移行を考慮した Web Service実装について
    第9回 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2004,   2004年
  • 英語俳句データベース構築の試み An approach to constructing Haiku relational database by theShiki team
    情報処理学会研究報告 2004-CH-63(6),   2004年
  • 遠隔医療の為の信頼性のあるメッセージング技術の利用~バイタルデータの確実な伝送のために~
    日本遠隔医療学会雑誌第1巻第1号,   2005年
  • BrailleMLの開発の試み
    複合医工学インスティテュート,   2006年
  • An XML Web Service System for the Solar-Terrestrial Physics Observation Meta-Data
    Asia Oceania Geosciences Society 3rd Annual MeetingAOGS 3rd Annual Meeting 2006,   2006年
  • The Virtual Earth's Magnetosphere System
    Asia Oceania Geosciences Society 3rd Annual MeetingAOGS 3rd Annual Meeting 2006,   2006年
  • Space Weather Information Network on JGNⅡ
    National Institute of Information and Communications TechnologyJornal of the National Institute of Information and Communications Technology, 52, (3/4) 141 - 149,   2005年
  • Towards Grid-Enabled Healthcare Analysis
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • A Portal Service of Earth Obsercation Data via Google Earth
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • A Real-time 3D Visualization of Global MHD Simulation for Space Weather Forcasting
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • Automatic Meta Data Collection System for Satellite and Ground-based Observation Data by the STARS RSS1.0
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • Development of a 3-D Visualization Environment for Integration and Analysis of Computer Simulations and Satellites and Ground-based Observations based on Grid Environments
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • The Solar-Terrestrial Data Analysis and Reference System Degigned Based on Web Service
    the 20th International CODATA2006 Conference Abstract,   2006年
  • Grid Datafarm における太陽地球系観測データの大規模統計解析システムの構築
    社団法人情報処理学会2007年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集, Vol,2007/No.1,pp.77,   2007年
  • 遠隔パソコン要約筆記の入力者間での遅延による影響
    社団法人電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, (No.485) 37 - 42,   2007年
  • 点字用XML(BrailleML)の提案 ~ ODFからBrailleMLへの変換 ~
    社団法人電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, (No.485) 31 - 36,   2007年
  • BREWアプリを用いた発達障害児のため生活支援ツールの研究開発
    社団法人電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告, Vo.106, (No.485) 49 - 54,   2007年
  • Automatic meta-data collection of STP observation data
    2006 AGU Fall Meeting2006 AGU Fall Meeting,   2006年
  • The STP (Solar-Terrestrial Physics) Semantic Web based on the RSS1.0 and the RDF
    2006 AGU Fall Meeting2006 AGU Fall Meeting,   2006年
  • A Portal Service of Earth Observation Data via Google Earth
    2006 AGU Fall Meeting2006 AGU Fall Meeting,   2006年
  • 3-D volume communication system and its application to e-Learning
    2006 AGU Fall Meeting2006 AGU Fall Meeting,   2006年
  • A Real-time 3D Visualization of Global MHD Simulation for Space Weather Forecasting
    2006 AGU Fall Meeting2006 AGU Fall Meeting,   2006年
  • RSS1.0を利用した科学衛星・地上観測データのメタデータ自動収集
    電子情報通信学会論文誌(B)電子情報通信学会論文誌(B), J91-B,   2008年

書籍等出版物

作品

  • 地球科学・人間科学のためのXML利活用の基礎調査
      2007年 - 2010年

特許

  • オブジェクト間通信インタフェース生成プログラム及び分散オブジェクトシステム, 大西 荘一, 西本 圭佑, 平 聡輔, 高井 幸宏, 谷村 俊彦, 木村 映善, 特願2001-135046, 特開2002-328806

受賞

  •   2001年, MEDINFO 2001 LONDON 若手研究者賞
  •   2000年, HORB Open 2000 学生賞
  •   2007年, 日本医療情報学学会 若手研究者奨励賞
  •   2007年, 日本遠隔医療学術学会大会 優秀賞

競争的資金

  • 高品位な知識抽出を実現する三階層オントロジーフレームワークの開発
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 木村 映善
  • 医療の質を高める臨床判断支援が可能な次世代電子カルテシステムの基盤技術開発
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 木村 映善, (1)臨床判断支援システムを本邦の医療情報に適用させるためのオントロジマッピング本計画の企画時には米国はICD-9中心の運用であったが、米国でもICD-10の採用を開始し、日本と同等のコーディング環境となりつつある。OpenCDSもそれを受けて判断ロジックの記述へのマッピングなどを変更することを検討し始めているので、MEDIS/ICD10 -> ICD-9のマッピングを中止して、改めてICD-10中心のマッピングに再編成することを検討している。マッピングツールのために、NIHよりUMLSのデータを提供頂き、UMLSのデータベースを構築した。UMLSのデータベースにて定義されている概念IDと標準病名マスタのコードをICD-10を媒介としてマッピングを作成した。(2)標準医療マスタ群とarchetypeの各ノードにバインディングするオントロジ連携ツールの試作電子カルテからarchetypeへの展開の進捗が遅れているため、電子カルテからvMRへ直接マッピングする方式に切り替えて、ひとまずは電子カルテ内部にあるデータでの臨床判断アルゴリズムの適用可能性の検証を優先することとした。(3)臨床判断アルゴリズムの適用可能性の検証平成26年度の電子カルテシステム更新を終えたのちに、新システムからのvMRマッピングとopenCDSとの接続を行うように準備を進めている。
  • 維持可能な医療制度のための医療DWHの品質評価手法確立の試み
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 木村 映善, システム変更前後からの医療情報システムからのデータ抽出比較によるデータの品質影響の評価を行い、システム間のデータ構造、粒度の際によるデータ欠損の可能性について分析した。電子保存の三原則、真正性・保存性・見読性は、電子カルテの外部システム(DWH等)で補完的に備えるべき要件であると提言した。また、IHE-XDSは診療記録の標準化、地域医療での共有および、電子カルテのシステム移行の際にも継続して電子保存の三原則を満たす手段としても利用できることを提案した。
  • 遠隔胎児心拍陣痛図監視システムの開発
  • 超音波ロボットの遠隔制御システムの開発
  • セキュアな電子カルテ支援インフラの開発
  • リライアブル・マルチキャストを利用した医療情報の配信
  • 医用波形MFERパーサの開発


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.