詳細検索はこちら

井上 幹生イノウエ ミキオ

所属部署
大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/18

研究者基本情報

学歴

  •  - 1997年, 北海道大学, 大学院農学研究科, 林学専攻
  •  - 1992年, 北海道大学, 農学部, 林学科

経歴

  •   2006年, - 愛媛大学大学院理工学研究科
  •   1997年, - 愛媛大学理学部
  •   1995年,  - 1997年,  北海道大学大学院農学研究科

所属学協会

  • 日本魚類学会
  • 日本生態学会
  • 日本森林学会
  • 応用生態工学会

研究活動情報

研究分野

  • 生態・環境

研究キーワード

    河川生態学

MISC

  • 河川生態系における人為的インパクト
    井上幹生, 愛媛ジャーナル, H26年, (6月) 76 - 79,   2014年
  • ザリガニにまつわる思い出:西川潮氏の受賞に寄せて
    井上幹生, 日本生態学会誌, 60,   2010年
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響
    土木学会環境システム委員会環境システム研究論文集, 37,   2009年
  • 重信川の瀬切れが河川性動物の分布に及ぼす影響
    土肥唱吾,三谷哲史,峰松勇二,木村沙織,井上幹生,三宅 洋, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 7,   2008年
  • 河川性魚類の生息環境における倒流木の役割
    井上幹生, 社団法人日本河川協会河川, 64, (4) 76 - 78,   2008年
  • 北海道大学天塩中川地方演習林および隣接地域における淡水魚類相と沿山・砂防ダムが分布に及ぼす影響
    中野繁,井上幹生,桑原禎知,豊島照雄,北條元,藤戸永志,杉山弘,奥山悟,笹賀一郎, 北海道大学農学部演習林研究報告, 52, (2) 95 - 109,   1995年
  • 河道の直線化改修がサクラマス幼魚の微生息場所に与える影響
    中野繁,井上幹生, 魚と卵, 164,   1995年
  • 知床半島における河川魚類群集の現状-特に人間活動の影響を中心に
    下田和孝,中野繁,北野聡,井上幹生, 北海道大学大学院環境科学茂究科邦文紀要, 6,   1993年
  • 知床半島の河川から得られたハナカジカおよびミミズハゼ
    中野繁,下田和孝,北野聡,井上幹生, 知床博物館研究報告, 14,   1993年

書籍等出版物

受賞

  •   2010年, 応用生態工学会(第14回大会)ポスター賞
  •   2010年, 日本生態学会第57回大会 ポスター賞
  •   2009年, 応用生態工学会(第13回大会)ポスター賞(選考委員会賞)
  •   2009年, 応用生態工学会(第13回大会)ポスター賞(一般投票部門)
  •   2008年, 河川整備基金助成事業優秀成果
  •   2006年, 日本生態学会論文賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.