研究者データベース

井上 幹生イノウエ ミキオ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    井上 幹生
  • 氏名(カナ)

    イノウエ ミキオ

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1997年, 北海道大学, 大学院農学研究科, 林学専攻
  • 1992年, 北海道大学, 農学部, 林学科
  • 1997年
  • 1992年

学位

  • 博士(農学)
  • 修士(農学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本魚類学会
  • 日本生態学会
  • 日本森林学会
  • 応用生態工学会

経歴

  • 2006年 - , - 愛媛大学大学院理工学研究科
  • 1997年 - , - 愛媛大学理学部
  • 1995年 - 1997年,  北海道大学大学院農学研究科

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎生物学, 生態・環境

研究キーワード

  • 河川生態学

著書・発表論文等

論文

  • Contrasting effects of dams with and without reservoirs on the population density of an amphidromouos goby in southwestern Japan, Y. Sumizaki, R. Kawanishi, M. Inoue, M. Takagi, K. Omori, Ichthyological Research, 2019年07月, [査読有り]
  • 小河川における生息環境計測のための横断測線間隔 —その粗さと精度—, 井上 幹生, 応用生態工学 , 2019年01月, [査読有り]
  • 魚類の生息場所としての河床間隙水域 –河川における鉛直的つながりの重要性-, 川西亮太,井上幹生, 地下水学会誌, 2018年05月, [査読有り], [招待有り]
  • 愛媛県松山平野における湧水性水域へのマツカサガイの試験的導入, 吉見翔太郎,井上幹生,畑啓生, 保全生態学研究 23: 99-114, 2018年07月, [査読有り]
  • 愛媛県松山平野におけるイシガイ科貝類個体群の衰退, 桑原明大,松葉成生,井上幹生,畑啓生, 保全生態学研究, 2017年06月, [査読有り]
  • 西日本におけるマーモクレブスの初記録と淡水生態系への脅威, 西川潮, 東典子, 佐々木進一, 岡智春, 井上幹生, Cancer, 2017年, [査読有り]
  • Vertical migration in streams: Seasonal use of the hyporheic zone by the spinous loach Cobitis shikokuensis, R. Kawanishi, R. Dohi, A. Fujii, M. Inoue, Y. Miyake, Ichthyological Research, 2017年, [査読有り], 10.1007/s10228-017-0576-5
  • Simultaneous spawning by female stream goby Rhinogobius sp. and the association with brood cannibalism by nesting males, S. Ito, H. Iwao, J. Sakata, M. Inoue, K. Omori, Y. Yanagisawa, Journal of Fish Biology , 2016年09月, [査読有り], 10.1111/jfb.13060
  • 河川水辺の国勢調査を保全に活かす —データが持つ課題と研究例, 末吉正尚,赤坂卓美,森照貴,石山信雄,川本朋慶,竹川有哉,井上幹生,三橋弘宗, 河口洋一,鬼倉徳雄,三宅洋,片野泉,中村太士, 保全生態学研究, 2016年09月, [査読有り]
  • 愛媛県重信川に造成された氾濫原生息場所における魚類群集, 藤原結花,内田有紀,川西亮太,井上幹生, 応用生態工学, 2015年12月, [査読有り], 10.3825/ece.18.127
  • Position choice by red-spotted masu salmon: applicability of a bioenergetics model to habitat evaluation of headwater streams in southwestern Japan , Kotera N, Inoue M, Landscape and Ecological Engineering, 2015年, [査読有り], 10.1007/s11355-014-0247-x
  • Effects of sedimentation on an endangered benthic fish, Cobitis shikokuensis: Is sediment-free habitat a requirement or a preference?, Kawanishi R, Dohi R, Fujii A, M. Inoue, Ecology of Freshwater Fish, 2015年, [査読有り], 10.1111/eff.12171
  • 灌漑用湧水池における魚類群集の変化  −護岸改修と外来魚に着目した10年前との比較- , 藤原結花,内田有紀,川西亮太,井上幹生, 応用生態工学, 2014年, [査読有り], 10.3825/ece.16.91
  • 分子系統地理が示す愛媛県松山平野におけるアブラボテの人為移入起源, 松葉成生,吉見翔太郎,井上幹生,畑啓生, 魚類学雑誌, 2014年, [査読有り], 10.11369/jji.61.89
  • 人工構造物による渓流魚個体群の分断化 −源頭から波及する絶滅−, 菊地修吾,井上幹生, 応用生態工学, 2014年, [査読有り], 10.3825/ece.17.17
  • 吉野川におけるオオヨシノボリ個体群の遺伝的分化および陸封化, 高木基裕,柴川涼平,清水孝昭,大森浩二,井上幹生, 応用生態工学, 2013年, [査読有り], 10.3825/ece.16.13
  • The role of hyporheic zone for a benthic fish in an intermittent river: a refuge, not a graveyard, Kawanishi R, Inoue M, Dohi R, Fujii A, Miyake Y, Aquatic Sciences, 2013年, [査読有り], 10.1007/s00027-013-0289-4
  • Terrestrial prey inputs to streams bordered by deciduous broadleaved forests, conifer plantations and clear-cut sites in southwestern Japan: effects on the abundance of red-spotted masu salmon, Inoue M, Sakamoto S, Kikuchi S, Ecology of Freshwater Fish, 2013年, [査読有り], 10.1111/eff.12029
  • Input, retention, and invertebrate colonization of allochthonous litter in streams bordered by deciduous broadleaved forest, a conifer plantation, and a clear-cut site in southwestern Japan, Inoue M, Shinotou S, Maruo Y, Miyake Y, Limnology, 2012年, [査読有り], 10.1007/s10201-011-0369-x
  • 愛媛県加茂川・中山川におけるヨシノボリ類個体群のダム隔離による遺伝的影響, 高木基裕,関家一平,柴川涼平,清水孝昭,川西亮太,井上幹生, 応用生態工学, 2012年, [査読有り], 10.3825/ece.15.161
  • Breakdown and macroinvertebrate colonization of needle and leaf litter in conifer plantation streams in Shikoku, southwestern Japan., Hisabae M, Sone S, Inoue M, Journal of Forest Research, 2011年, [査読有り], 10.1007/s10310-010-0210-0
  • Habitat factors affecting the distribution and abundance of spinous loach, Cobitis shikokuensis, in southwestern Japan, Kawanishi R, Inoue M, Takagi M, Miyake Y, Shimizu T, Ichthyiological Research, 2011年, [査読有り], 10.1007/s10228-011-0208-4
  • 愛媛県・重信川水系の石手川ダムにおけるオオヨシノボリの陸封化と遺伝的分化, 高木基裕,矢野諭,柴川涼平,清水孝昭,大原健一,角崎嘉史,川西亮太, 応用生態工学, 2011年, [査読有り], 10.3825/ece.14.35
  • Fish species richness in spring-fed ponds: effects of habitat size versus isolation in temporally variable environments., Uchida Y, Inoue M, Freshwater Biology, 2010年, [査読有り], 0046-5070, 10.1111/j.1365-2427.2009.02335.x
  • Habitat use by spinous loach (Cobitis shikokuensis) in southwestern Japan: importance of subsurface interstices, Kawanishi R, Kudo Y, Inoue M, Ecological Research, 2010年, [査読有り], 0912-3814, 10.1007/s11284-010-0714-2
  • Rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) invasion in Hokkaido stream, northern Japan, in relation to flow variability and biotic interactions., Inoue M, Miyata H, Tange Y, Taniguchi Y, Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences, 2009年, [査読有り], 0706-652X, 10.1139/F09-088
  • 瀬切れ区間における河川動物群集の時間的変動, 中野 裕, 土肥 唱吾, 峰松 勇二, 井上 幹生, 三宅 洋, 土木学会環境システム研究論文集, 2008年, [査読有り], 1345-9597|1884-8125, 10.2208/proer.36.445
  • 溜め池周辺水域におけるオオクチバスとブルーギルの分布および個体数変動, 宮田 浩, 國本 昌宏, 井上 幹生, 応用生態工学会応用生態工学, 2007年, [査読有り], 1344-3755|1882-5974, 10.3825/ece.10.117
  • Competition between two congeneric stream gobies for habitat in southwestern Shikoku, Sone S, Inoue M, Yanagisawa Y, Ichthyological Research, 2006年, [査読有り], 1341-8998, 10.1007/s10228-005-0308-0
  • 瀬切れ上流-下流間における河川生物群集の比較, 土肥唱吾,峰松勇二,井上幹生,三宅洋, 土木学会環境システム委員会環境システム研究論文集, 2006年, [査読有り], 10.2208/proer.34.57
  • Fish foraging effects on benthic assemblages along a warm-temperate stream: differences among drift feeders, benthic predators and grazers, Inoue M, Miyayoshi M, Oikos, 2006年, [査読有り], 0030-1299, 10.1111/j.2006.0030-1299.14388.x
  • Comparison of current-velocity tolerance among six stream gobies of the genus Rhinogobius, Ito S, Koike H, Omori K, Inoue M, Ichthyological Research, 2006年, [査読有り], 1341-8998, 10.1007/s10228-006-0347-1
  • Foraging modes of stream benthic fishes in relation to their predation effects on local prey density, Inoue M, Miyayoshi M, Sone S, Ecological Research, 2005年, [査読有り], 0912-3814, 10.1007/s11284-004-0022-9
  • Spatial variation in density of stream benthic fishes in northern Japan: does riparian vegetation affect via food availability?, Inoue M, Nunokawa M, Limnology, 2005年, [査読有り], 1439-8621, 10.1007/s10201-004-0136-3
  • Impacts of past riparian deforestation on stream communities in a tropical rain forest in Borneo, Iwata T, Nakano S, Inoue M , Ecological Applications, 2003年, [査読有り]
  • Shrimp abundance and habitat relationships in tropical rainforest streams, Sarawak, Borneo., Iwata T, Inoue M, Nakano S, Miyasaka H, Doi A, Covich AP, Journal of Tropical Ecology, 2003年, [査読有り], 10.1017/S0266467403003432
  • Fish assemblage composition, abundance-habitat relationships and habitat use in tropical rain forest streams, Sarawak, Borneo: effects of past deforestation, Inoue M, Iwata T, Nakano S, Doi A, Miyasaka H, Biosphere Conservation, 2003年, [査読有り]
  • Effects of longitudinal variations in stream habitat structure on fish abundance : an analysis based on subnit-scale habitat classification, Inoue M, Nunokawa M, Freshwater Biology, 2002年, [査読有り], 10.1046/j.1365-2427.2002.00898.x
  • Effects of channelisation on stream habitat in relation to a spate and flow refugia for macroinvertebrates in northern Japan, Negishi JN, Inoue M, Nunokawa M, Freshwater Biology, 2002年, [査読有り], 10.1046/j.1365-2427.2002.00877.x
  • Steam fish habitat science and management in Japan, Taniguchi Y, Inoue M, Kawaguchi Y, Aquatic Ecosystem Health and Management, 2001年, [査読有り], [招待有り]
  • A collection of freshwater fishes in the Rayu basin of western Sarawak, Malaysia, Doi A, Iwata T, Inoue M, Miyasaka H, Sabki MS, Nakano S, The Raffles Bulletin of Zoology, 2001年, [査読有り]
  • Habitat use and diet of two stream gobies of the genus Rhinogobius in Southwestern Shikoku, Japan., Sone S, Inoue M, Yanagsawa Y, Ecological Research, 2001年, [査読有り], 0912-3814, 10.1046/j.1440-1703.2001.00387.x
  • Fish abundace and habitat relationships in forest and grassland streams, northern Hokkaido, Japan., Inoue M, Nakano S, Ecological Research, 2001年, [査読有り], 0912-3814, 10.1046/j.1440-1703.2001.00389.x
  • 北海道北部の小河川における河畔植生と底生昆虫群集との対応様式, 布川雅典, 井上幹生, 陸水学雑誌, 1999年, [査読有り], 0021-5104|1882-4897, 10.3739/rikusui.60.385
  • 北海道南西部の小河川幌内川における落葉の収支および滞留様式(共著), 岸千春,中村太士,井上幹生, 日本生態学会誌, 1999年, [査読有り], 10.18960/seitai.49.1_11
  • Habitat structure along channel-unit sequence for juvenile salmon : a subunit-based analysis of in-stream landscapes., Inoue M, Nakano S, Freshwater Biology, 1999年, [査読有り], 10.1046/j.1365-2427.1999.00481.x
  • Effects of woody debris on the habitat of juvenile masu salmon(Oncorhyhnchus masou)in northern Japanese streams., Inoue M, Nakano S, Freshwater Biology, 1998年, [査読有り], 10.1046/j.1365-2427.1998.00346.x
  • Juvenile masu salmon(Oncorhynchus masou)abundance and habitat relationships in northern Japan, Inoue M, Nakano S, Nakamura F, Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences., 1997年, [査読有り], 0706-652X, 10.1139/cjfas-54-6-1331
  • コンクリート化された河川流路における生息場所も再造成に対する魚類個体群の反応, 豊島照雄,中野繁,井上幹生,小野有五,倉茂好匡, 日本生態学会誌, 1996年, [査読有り], 10.18960/seitai.46.1_9
  • 小河川の物理的環境構造と魚類の微生息場所, 井上幹生,中野繁, 日本生態学会誌, 1994年, [査読有り], 10.18960/seitai.44.2_151
  • 北海道幌内川において自然繁殖したニジマスの採餌および繁殖生態, 北野 聡, 中野 繁, 井上 幹生, 下田 和孝, 山本 祥一郎, 日本水産学会誌, 1993年, [査読有り], 0021-5392|1349-998X, 10.2331/suisan.59.1837

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Responses of stream invertebrate and fish assemblages to an extreme flood event in a Japanese river, Sumida K., Miyake Y., Watanabe Y. and Inoue M., Society for Freshwater Science 2019 Annual Meeting, 2019年05月
  • 四国西部・瀬戸内海沿岸河川におけるニホンウナギの分布, 山本貫太, 三町壮大, 植村洋亮, 井上幹生, 畑啓生, 第66回日本生態学会大会, 2019年03月
  • 網状流路における魚類の流路選択, 東垣大祐,井上幹生, 第66回日本生態学会大会, 2019年03月
  • 重信川で発生した記録的出水による底生動物・魚類群集の変動, 角田康佑,三宅 洋,渡辺 裕也,井上 幹生, 応用生態工学会第22回研究発表会, 2018年09月
  • 重信川砂礫堆における地表性無脊椎動物群集, 竹門玄地,川西亮太,井上幹生, 日本生態学会中国四国地区大会, 2018年05月
  • 仁淀川水系黒川源流域における移入イワナの侵入状況, 永吉雅希,市守大介,奥谷孝弘,末國仙理,竹林佑記,井上幹生, 日本魚類学会2017年度年会, 2017年09月
  • 仁淀川水系黒川源流域におけるアマゴとイワナの移動と成長, 篠原拓馬,奥谷孝弘,市守大介,井上幹生, 日本魚類学会2017年度年会, 2017年09月
  • 日本の河川に生息する魚類の分布と攪乱レジームとの関係性, 川西亮太,吉村研人,渡辺裕也,三宅洋,井上幹生,赤坂卓美, 日本生態学会第64回全国大会, 2017年03月
  • Forests, stream ecosystems and fishes, Inoue M, Workshop on “Ecology and Conservation of freshwater biodiversity in riverine ecosystems”, 2017年03月
  • 日本の河川における国外外来魚の分布と攪乱レジームとの関係性, 川西亮太,吉村研人,渡辺裕也,三宅洋,井上幹生,赤坂卓美, 2016年09月
  • 仁淀川水系黒川源流域における移入イワナと在来アマゴの幼魚期における成長, 市守大介,井上幹生, 2016年09月
  • 愛媛県重信川中流域の自然再生水域における温度勾配に対応した魚類の季節的移動, 佐々木進一,井上幹生, 日本魚類学会2016年度年会, 2016年09月
  • 重信川水系における攪乱レジームと河川動物群集の関係, 泉哲平,吉村研人,井上幹生,三宅洋, 応用生態工学会 第20回大, 2016年09月
  • 渓流生態系への餌資源供給と土砂流出に対する森林植生の影響範囲, 井上幹生,菊地修吾,竹林佑記, 日本生態学会中四国地区会 第60回大会, 2016年05月
  • 仁淀川水系黒川源流域における在来アマゴに対する移入イワナの影響−食性解析からの推測−, 阿部博文,市守大介,井上幹生, 2015年09月
  • 仁淀川水系黒川源流域における移入イワナの分布域拡大および在来アマゴに対するその影響, 市守大介,阿部博文,井上幹生,水野信彦, 日本魚類学会2015年度年会, 2015年09月
  • アマゴ個体群の時空間的動態から見た分断化の影響, 奥谷孝弘,後藤将太,福家柔,末國仙理,井上幹生, 日本魚類学会2015年度年会, 2015年09月
  • 仁淀川水系における移入イワナの分布, 市守大介,阿部博文,井上幹生,水野信彦, 日本生態学会中国四国地区大会, 2015年05月
  • 源流小水系全域におけるアマゴの空間的動態 −局所プロセスの効果−, 奥谷孝弘,福家柔,末國仙理,井上幹生, 日本魚類学会2014年度年会, 2014年11月
  • 愛媛県東部におけるナガレホトケドジョウの分布と環境要因との対応, 青木新吾,井上幹生, 日本魚類学会2014年度年会, 2014年11月
  • 様々な魚類の分布解析で検出されるダムの影響, 井上幹生,川西亮太,菊地修吾,角崎嘉史,田頭亮臣, 応用生態工学会第18会研究発表会, 2014年09月
  • Channel incision mediates the effect of flood disturbance on fish and invertebrates., Miyake Y, Imada S and Inoue M, Joint Aquatic Science Meeting 2014, 2014年05月

作品

  • 1997年 - 1998年

MISC

  • 河川生態系における人為的インパクト, 井上幹生, 愛媛ジャーナル, H26年, 6月, 76, 79, 2014年
  • ザリガニにまつわる思い出:西川潮氏の受賞に寄せて, 井上幹生, 日本生態学会誌, 60, 319, 320, 2010年
  • 瀬切れの進行が河川生物群集に及ぼす影響, 土木学会環境システム委員会環境システム研究論文集, 37, 29, 38, 2009年
  • 重信川の瀬切れが河川性動物の分布に及ぼす影響, 土肥唱吾,三谷哲史,峰松勇二,木村沙織,井上幹生,三宅 洋, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 7, 133, 145, 2008年
  • 河川性魚類の生息環境における倒流木の役割, 井上幹生, 社団法人日本河川協会河川, 64, 4, 76, 78, 2008年
  • 北海道大学天塩中川地方演習林および隣接地域における淡水魚類相と沿山・砂防ダムが分布に及ぼす影響, 中野繁,井上幹生,桑原禎知,豊島照雄,北條元,藤戸永志,杉山弘,奥山悟,笹賀一郎, 北海道大学農学部演習林研究報告, 52, 2, 95, 109, 1995年
  • 河道の直線化改修がサクラマス幼魚の微生息場所に与える影響, 中野繁,井上幹生, 魚と卵, 164, 23, 32, 1995年
  • 知床半島における河川魚類群集の現状-特に人間活動の影響を中心に, 下田和孝,中野繁,北野聡,井上幹生, 北海道大学大学院環境科学茂究科邦文紀要, 6, 17, 27, 1993年
  • 知床半島の河川から得られたハナカジカおよびミミズハゼ, 中野繁,下田和孝,北野聡,井上幹生, 知床博物館研究報告, 14, 33, 35, 1993年
  • 2008年
  • 10, 117, 129, 2007年

その他研究情報

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.