研究者データベース

赤間 道夫アカマ ミチオ

所属部署名法文学部 人文社会学科(社会科学)
職名教授
Last Updated :2020/07/04

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    赤間 道夫
  • 氏名(カナ)

    アカマ ミチオ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部 総合政策学科
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1982年, 京都大学, 経済学研究科
  • 1982年, 京都大学
  • 1978年, 福島大学, 経済学研究科
  • 1978年, 福島大学
  • 1975年, 福島大学, 経済学部
  • 1975年, 福島大学

学位

  • 経済学修士

その他基本情報

所属学協会

  • コンピュータ利用教育協議会
  • マルクス・エンゲルス研究者の会
  • 経済教育学会
  • 社会思想史学会
  • 進化経済学会
  • 政治経済学・経済史学会
  • 経済理論学会
  • 経済学史学会
  • Council for Improvemente of Education through Computers
  • Die Arbeitsgemeinschaft der Marx-Engels-Forscher
  • The Japan Society for Economic Education
  • The Society for the History of Social Thought
  • Japan Association for Evolutionary Economics
  • The Political Economy and Economic History Society
  • Japan Society of Political Economy
  • The Society for the History of Economic Thought

委員歴

  • 2004年 - , 経済理論学会, 幹事, 経済理論学会
  • 2004年 - , Japan Society of Political Economy, Director, Japan Society of Political Economy
  • 2001年 - , 経済学史学会, 幹事, 経済学史学会
  • 2001年 - , The Society for the History of Economic Thought, Director, The Society for the History of Economic Thought
  • 1996年 - , コンピュータ利用教育協議会, 理事および編集長, コンピュータ利用教育協議会
  • 1996年 - , 経済教育学会, 幹事, 経済教育学会
  • 1996年 - , Council for Improvemente of Education through Computers, Director and Chief Editor, Council for Improvemente of Education through Computers
  • 1996年 - , The Japan Society for Economic Education, Director, The Japan Society for Economic Education
  • 1995年 - , マルクス・エンゲルス研究者の会, 編集技術統括, マルクス・エンゲルス研究者の会
  • 1995年 - , Die Arbeitsgemeinschaft der Marx-Engels-Forscher, Chief Technical Editor, Die Arbeitsgemeinschaft der Marx-Engels-Forscher

経歴

  • 1987年 - 1996年, 愛媛大学法文学部
  • 1987年 - 1996年, 愛媛大学 法文学部
  • 1996年 - , - 愛媛大学法文学部
  • 1996年 - , - Faculty of Law and Letters, Ehime University
  • 1985年 - 1986年, 愛媛大学法文学部
  • 1985年 - 1986年, 愛媛大学 法文学部

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 経済理論
  • 経済学説史
  • Theory of Economics
  • History of Economic Thought

著書・発表論文等

書籍等出版物

作品

MISC

  • (書評)大村泉/窪俊一/V.フォミチョフ/R.ヘッカー編集『ポートレートで読むマルクス(付・資料編――写真帖と告白帖にみるカール・マルクスとその家族――』(極東書店,2005年4月), 図書新聞, 図書新聞, 2731, 2005年
  • 功利主義とマルクス, 経済理論学会季刊 経済理論, 経済理論学会季刊 経済理論, 41, 4, 37, 47, 2005年
  • Utilitarianism and Marx, Japan Society of Political EconomyPolitical Economy Quarterly, Japan Society of Political EconomyPolitical Economy Quarterly, 41, 4, 37, 47, 2005年
  • (書評)早坂啓造『「資本論」第II部の成立と新メガ』, 新日本出版社経済, 新日本出版社経済, 107, 120, 121, 2004年
  • (書評)渡辺雅男『階級! 社会認識の概念装置』, 新日本出版社経済, 新日本出版社経済, 104, 136, 137, 2004年
  • (Book Review) Keizo Hayasaka, Formation of 'Das Kapital' Vol. II and new MEGA, Shin-nihon PublisherKeizai, Shin-nihon PublisherKeizai, 107, 120, 121, 2004年
  • (Book Review) Masao Watanabe, Class!: Conceptual Equipment of Social Cognition, Shin-nihon PublisherKeizai, Shin-nihon PublisherKeizai, 104, 136, 137, 2004年
  • (書評)佐野眞一著『だれが「本」を殺すのか』, メディアと経済思想史研究会メディアと経済思想史, メディアと経済思想史研究会メディアと経済思想史, 4, 59, 60, 2003年
  • 経済学史研究の集成と現代, メディアと経済思想史研究会メディアと経済思想史, メディアと経済思想史研究会メディアと経済思想史, 4, 1, 4, 2003年
  • (Book Review) Shinichi Sano, Who do kill book?, Media and History of Economic ThoughtMedia and History of Economic Thought, Media and History of Economic ThoughtMedia and History of Economic Thought, 4, 59, 60, 2003年
  • Collected Works and Today of Study for History of Economic Thought, Media and History of Economic ThoughtMedia and History of Economic Thought, Media and History of Economic ThoughtMedia and History of Economic Thought, 4, 1, 4, 2003年
  • 『資本論』,そして「労働日」――経済学対話――, 旬報社ポリティーク, 旬報社ポリティーク, 2, 2001年
  • インターネット時代のサラリーマンと市民社会――21世紀のサラリーマンを展望する――, 大東文化大学経済研究所経済研究, 大東文化大学経済研究所経済研究, 14, 41, 50, 2001年
  • "Das Kapital" and chapter of "working day", JunposhaPolitik, JunposhaPolitik, 2, 2001年
  • Salaried workers and civil society in age of the Internet, Institute of Economics in Daito Bunka UniversityKeizai Kenkyu (Ecnomic Study), Institute of Economics in Daito Bunka UniversityKeizai Kenkyu (Ecnomic Study), 14, 41, 50, 2001年
  • インターネットの経済学史関係E-Textの現在と経済学史研究, 時潮社社経済と社会, 時潮社社経済と社会, 11, 85, 94, 1997年
  • インターネットの『資本論』――デジタル『資本論』実現の可能性を探る――, 新日本出版社経済, 新日本出版社経済, 25, 85, 94, 1997年
  • E-text in the Internet and Research on the History of Economic Thought, Jicho-shaKEIZAI TO SHAKAI (Economy and Society), Jicho-shaKEIZAI TO SHAKAI (Economy and Society), 11, 85, 94, 1997年
  • "Das Kapital" in the Internet, Shin-nihon ShuppanshaKeizai, Shin-nihon ShuppanshaKeizai, 25, 85, 94, 1997年
  • (新MEGAと『資本論』第3巻の新コメンタール)第7篇収入とその源泉, マルクス・エンゲルス研究者の会マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究, マルクス・エンゲルス研究者の会マルクス・エンゲルス・マルクス主義研究, 28-29, 88, 95, 1996年
  • (Comment) (MEGA and new comment for third book of Capital) Part 7 The Revenues and Their Sources, Die Arbeitsgemeinschaft der Marx-Engels-ForscherMarx-Engels-Marxismus-Forschung, Die Arbeitsgemeinschaft der Marx-Engels-ForscherMarx-Engels-Marxismus-Forschung, 28-29, 88, 95, 1996年
  • 新MEGAのベンサム評注, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 24, 29, 39, 1991年
  • Marx/Engels Gesamtausgabe und J. Bentham, Ehime UniversityThe Economic Review, Ehime UniversityThe Economic Review, 24, 29, 39, 1991年
  • マクベスとベンサム――文献上のかかわりで――, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 23, 47, 63, 1990年
  • Marx and Bentham (Bibliographical Connection of Marx to Bentham), Ehime UniversityThe Economic Review, Ehime UniversityThe Economic Review, 23, 47, 63, 1990年
  • マルクスのベンサム論――『自由, 平等, 所有そしてベンサム』の解剖――, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 22, 35, 58, 1989年
  • K. Marx's Critique of Bentham, Ehime UniversityThe Economic Review, Ehime UniversityThe Economic Review, 22, 35, 58, 1989年
  • 再生産表式の成立と理論的諸問題との交錯(詳論), 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 21, 51, 71, 1988年
  • The Complication of Formation of Marx's Reproduction Scheme and It's Theoretical Problems (Exposition), Ehime UniversityThe Economic Review, Ehime UniversityThe Economic Review, 21, 51, 71, 1988年
  • 資本循環範式と再生産表式――再生産(表式)論展開のための試論――, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 愛媛大学法文学部論集経済学科経済学, 19, 53, 72, 1986年
  • J. S. ミルと『スミスのドグマ』, 愛媛大学経済学会愛媛経済論集, 愛媛大学経済学会愛媛経済論集, 6, 1, 23, 43, 1986年
  • Capital Circuit Theory and Scheme of Reproduction (Introductory Study on Scheme of Reproduction Theory), Ehime UniversityThe Economic Review, Ehime UniversityThe Economic Review, 19, 53, 72, 1986年
  • J. S. Mill and So-called Smith's Dogma, The Economic Society of Ehime UniversityEhime Economic Journal, The Economic Society of Ehime UniversityEhime Economic Journal, 6, 1, 23, 43, 1986年
  • 『古典派蓄積=恐慌論争』の受容と批判――J. S. ミルとK. マルクス――, 愛媛大学経済学会愛媛経済論集, 愛媛大学経済学会愛媛経済論集, 5, 2, 1, 26, 1985年
  • On two Theories of Accumulation and Crisis : J. S. Mill and K. Marx, The Economic Society of Ehime UniversityEhime Economic Journal, The Economic Society of Ehime UniversityEhime Economic Journal, 5, 2, 1, 26, 1985年
  • 資本循環範式論研究序説, 京都大学経済学会経済論叢, 京都大学経済学会経済論叢, 129, 6, 64, 86, 1982年
  • Introductory Study on Capital Circuit Theory, Kyoto University Economic SocietyThe Economic Review, Kyoto University Economic SocietyThe Economic Review, 129, 6, 64, 86, 1982年
  • 再生産論成立の学説史的基盤――『剰余価値学説史』の再生産論研究――, 福島大学経済学会商学論集, 福島大学経済学会商学論集, 47, 3, 83, 152, 1979年
  • The Basis of Formation of the Theory of Reproduction in the History of Economic Thought (A Study on the Theory of Reproduction of Theorien ueber den Mehrwert), The Economic Society of Fukushima UniversityJournal of Commerce, Economics and Economic History, The Economic Society of Fukushima UniversityJournal of Commerce, Economics and Economic History, 47, 3, 83, 152, 1979年

その他研究情報

受賞

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 経済学史


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.