詳細検索はこちら

岡本 威明オカモト タケアキ

所属部署
教育学部 家政教育
職名准教授
メールアドレスokamoto.takeaki.my[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttps://ehime-kasei.jimdo.com/
生年月日
Last Updated :2017/09/11

研究者基本情報

学歴

  • 2000年04月 - 2003年03月, 九州大学大学院, 生物資源環境科学府, 生物機能科学博士後期課程(修了)
  • 1998年04月 - 2000年03月, 愛媛大学大学院, 農学研究科, 生物資源学博士前期課程(修了)
  • 1994年04月 - 1998年03月, 愛媛大学, 農学部, 生物資源学科

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 愛媛大学教育学部, 家政教育講座, 准教授
  •   2011年10月,  - 2014年03月, 愛媛大学教育学部, 家政教育講座, 講師
  •   2009年02月,  - 2011年09月, 川崎医科大学自然科学教室, (化学), 助教
  •   2007年04月,  - 2009年01月, 川崎医科大学医学部, 生化学教室, 助教
  •   2005年04月,  - 2007年03月, 川崎医科大学医学部, 生化学教室, 助手
  •   2004年05月,  - 2005年03月, 奈良県立医科大学医学部, 法医学教室, 博士研究員
  •   2003年04月,  - 2004年04月, 米国マサチューセッツ大学医学部, 生理学教室, 博士研究員

所属学協会

  • 日本動物細胞工学会
  • 日本食品科学工学会
  • 日本家政学会
  • 生物機能研究会
  • 日本生化学会
  • 日本農芸化学会

研究活動情報

研究分野

  • 食生活学
  • 分子生物学
  • 食品科学
  • 免疫学

研究キーワード

    生化学, 食品衛生学, 食品栄養学

論文

  • 3種in vitro評価系を用いたポリフェノールの抗アレルギー活性評価について
    田中守、鈴木大進、吉本好延、香西はな、岡本威明, 高知県立大学紀要 健康栄養学部編, 66, 1 - 9,   2017年03月
  • His-Ala-Glnペプチドがマウスの抗体産生能に及ぼす影響
    岡本威明、平田璃奈、田頭歩佳、吉本好延、香西はな、田中守, 四国公衆衛生学会雑誌, 62, (1) 63 - 69,   2017年02月
  • Anti-allergic effects of His-Ala-Gln tripeptide in vitro and in vivo.
    Tanaka M, Watanabe H, Yoshimoto Y, Kozai H, Okamoto T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, (2) 1 - 4,   2016年10月
  • 「好酸球性炎症による多彩な疾患」に寄せる ケモカイン受容体と好酸球増多筋痛症
    田中 守, 岡本 威明, アレルギーの臨床, 36, (14) 1364 - 1369,   2016年12月
  • ヒト好酸球性白血病由来細胞株EoL-3を用いた健康食品の安全性評価系の確立
    田頭 歩佳, 加藤 匡宏, 山内 加奈子, 田中 守, 岡本 威明, 四国公衆衛生学会雑誌, 61, (1) 125 - 132,   2016年02月
  • 「食物アレルギー診療の最新情報」に寄せる 動物モデル系を用いた小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの評価
    田中守, 香西はな, 岡本威明, 月刊アレルギーの臨床, (478) 1178 - 1183,   2015年11月
  • 「好酸球性臓器障害の最新情報」に寄せる ヒト好酸球を用いた健康食品の安全性評価
    岡本威明, 田頭歩佳, 月刊アレルギーの臨床, (474) 765 - 770,   2015年08月
  • Activation of J774.1 murine macrophages by lactate dehydrogenase.
    Daifuku M, Nishi K, Okamoto T, Sugahara T, Cytotechnology, 66, (6) 937 - 943,   2014年12月
  • マウスにおける卵白リゾチーム感作モデル系の確立
    田中守, 根津俊大, 吉本好延, 岡本威明, 高知県立大学紀要 健康栄養学部編, 63, 1 - 8,   2014年03月
  • ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼすカゼイン由来ペプチドおよび関連アミノ酸の影響
    田中 守, 山岸 賢司, 菅原 卓也, 廣内 智子, 岡本 威明, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 59, (11) 556 - 561,   2012年11月
  • Immunomodulatory effects of lactate dehydrogenase in vitro and in vivo
    Miho Daifuku, Kosuke Nishi, Takeaki Okamoto, Sogo Nishimoto, Takuya Sugahara, Takuya Sugahara, Journal of Functional Foods, 4, 972 - 978,   2012年10月
  • Immunostimulatory effects of water extract from bulbus arteriosus in tuna in vitro
    Miho Daifuku, Kosuke Nishi, Takeaki Okamoto, Hiroyuki Nakano, Sogo Nishimoto, Takuya Sugahara, Takuya Sugahara, Journal of Functional Foods, 4, 263 - 270,   2012年01月
  • Live-cell visualization of the trans-cellular mode of monocyte transmigration across the vascular endothelium, and its relationship with endothelial PECAM-1.
    Hashimoto K, Kataoka N, Nakamura E, Hagihara K, Okamoto T, Kanouchi H, Mohri S, Tsujioka K, Kajiya F, The journal of physiological sciences : JPS, 62, (1) 63 - 69,   2012年01月
  • Homocysteine induced SH-SY5Y apoptosis through activation of NADPH oxidase in U251MG cells.
    Fujiki Y, Hirashima Y, Seshimo S, Okamoto T, Sugimoto Y, Matsumoto M, Oka T, Kanouchi H, Neuroscience research, 72, (1) 9 - 15,   2012年01月
  • Inhibitory effect of ellagitannin metabolites on IgE-mediated allergic responses in RBL-2H3 cells.
    Nagano T, Ito H, Okamoto T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, (12) 2310 - 2312,   2012年
  • Monocyte trans-endothelial migration augments subsequent transmigratory activity with increased PECAM-1 and decreased VE-cadherin at endothelial junctions.
    Hashimoto K, Kataoka N, Nakamura E, Hagihara K, Hatano M, Okamoto T, Kanouchi H, Minatogawa Y, Mohri S, Tsujioka K, Kajiya F, International journal of cardiology, 149, (2) 232 - 239,   2011年06月
  • Immunostimulation effects of yellowtail heart extracts in vitro and in vivo.
    Daifuku M, Yaguchi Y, Nishi K, Okamoto T, Nakano H, Nishimoto S, Nishikawa S, Yamashita H, Takimoto S, Sugahara T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, (4) 638 - 645,   2011年
  • Immunostimulatory in vitro and in vivo effects of a water-soluble extract from kale.
    Nishi K, Kondo A, Okamoto T, Nakano H, Daifuku M, Nishimoto S, Ochi K, Takaoka T, Sugahara T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, (1) 40 - 46,   2011年
  • An experimental model for studying molecular behavior of platelet-endothelial cell adhesion molecule-1 during mechanical interactions between monocytes and vascular endothelial cells
    Ken Hashimoto, Noriyuki Kataoka, Emi Nakamura, Takeaki Okamoto, Hiroaki Kanouchi, Yohsuke Minatogawa, Satoshi Mohri, Katsuhiko Tsujioka, Fumihiko Kajiya, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 5, 281 - 290,   2010年08月
  • Dihydro-alpha-lipoic acid has more potent cytotoxicity than alpha-lipoic acid
    Yamasaki Masao, Kawabe Akiko, Nishimoto Kentaro, Madhyastha Harishkumar, Sakakibara Yoichi, Suiko Masahito, Okamoto Takeaki, Suda Taiji, Uehira Kenzo, Nishiyama Kazuo, In vitro cellular & developmental biology. Animal, 45, (5-6) 275 - 280,   2009年03月
  • Transcriptional regulation of indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) by tryptophan and its analogue.
    Okamoto Takeaki, Toné Shigenobu, Kanouchi Hiroaki, Miyawaki Chie, Ono Sayuri, Minatogawa Yohsuke, Cytotechnology, 54, (2) 107 - 113,   2007年06月
  • Perchloric acid-soluble protein is expressed in enterocytes and goblet cells in the intestine and upregulated by dietary lipid.
    Kanouchi H, Miyamoto M, Oka T, Matsumoto M, Okamoto T, Tone S, Minatogawa Y, Biochimica et biophysica acta, 1760, (9) 1380 - 1385,   2006年09月
  • Perchloric acid-soluble protein is expressed in enterocytes and goblet cells in the intestine and upregulated by dietary lipid.
    Kanouchi Hiroaki, Miyamoto Mami, Oka Tatsuzo, Matsumoto Mitsuharu, Okamoto Takeaki, Toné Shigenobu, Minatogawa Yohsuke, Biochimica et biophysica acta, 1760, (9) 1380 - 1385,   2006年09月
  • Reduced expression of perchloric acid-soluble protein after partial hepatectomy in rats.
    Kanouchi Hiroaki, Taga Masaki, Okamoto Takeaki, Yamasaki Masao, Oka Tatsuzo, Yamada Koji, Toné Shigenobu, Minatogawa Yohsuke, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 70, (1) 290 - 292,   2006年01月
  • Immunoglobulin and cytokine production from spleen lymphocytes is modulated in C57BL/6J mice by dietary cis-9, trans-11 and trans-10, cis-12 conjugated linoleic acid.
    Yamasaki M, Chujo H, Hirao A, Koyanagi N, Okamoto T, Tojo N, Oishi A, Iwata T, Yamauchi-Sato Y, Yamamoto T, Tsutsumi K, Tachibana H, Yamada K, The Journal of nutrition, 133, (3) 784 - 788,   2003年03月
  • マウス脾臓リンパ球の抗体産生に及ばす食品タンパク質およびペプチドの影響
    岡本威明, 吉見一真, 立花宏文, 山田耕路, 日本食品科学工学会誌, 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 50, (2) 72 - 77,   2003年02月
  • Sprague-Dawley系ラットの脂質代謝および免疫機能に及ぼす大豆抽出物の摂食効果
    岡本 威明, 吉見 一真, 東條 直己, 安田 伸, 服部 絵美, 立花 宏文, 山田 耕路, Okamoto Takeaki, Yoshimi Kazuma, Tojo Naomi, Tachibana Hirofumi, Yamada Koji, Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University, Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University, 57, (1) 27 - 34,   2002年10月
  • Increase of immunoglobulin productivity of human-human hybridoma HB4C5 cells by histone.
    Okamoto T, Sugahara T, Tachibana H, Yamada K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 66, (6) 1241 - 1245,   2002年06月
  • Alcohol dehydrogenase-I from horse liver serves as an immunoglobulin production stimulating factor
    Takeaki Okamoto, Hiroshi Furutani, Takeshi Sasaki, Takuya Sugahara, Enzyme and Microbial Technology, 29, 136 - 143,   2001年08月
  • Effects of DNA on immunoglobulin production stimulating activity of alcohol dehydrogenase
    Takeaki Okamoto, Hiroshi Furutani, Takeshi Sasaki, Takuya Sugahara, Cytotechnology, 31, 95 - 102,   1999年01月

MISC

  • 家庭科教育における食品衛生に関する実験授業の開発と実践
    岡本威明、吉松詩織、野口綾花、岩佐増恵、楠橋庸子, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 35, (35) 75 - 84,   2017年07月
  • ヒト好酸球の走化性とケモカインレセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響
    岡本威明、田頭歩佳、中野広輔、加藤匡宏、田中守, 愛媛大学教育学部紀要, 63,   2016年10月
  • 味覚修飾植物を用いた味覚教育の実践事例
    田頭 歩佳, 宇都宮 早智, 星川 直実, 高橋 遼介, 山田 庸子, 岡本 威明, 愛媛大学教育学部紀要, 62,   2015年10月
  • 大学生の食行動パターンと自立意識との関連
    岡本 威明, 竹下 浩子, 佐和田 真衣, 竹下 浩子, 愛媛大学教育学部紀要, 62,   2015年10月
  • 大学生による「理系教員育成支援プログラム」における実践事例―食品添加物をテーマとした実験授業の構築―
    岡本威明, 藤井瑞穂, 加藤匡宏, 高橋遼介, 山田庸子, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, (33) 67 - 77,   2015年07月01日
  • 主観的幸福度の調査 : 12の生活環境要因を指標として
    岡本 威明, 岡部 麻未, 田頭 歩佳, 篠原 一作, 島田 郁子, 田中 守, 愛媛大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Ehime University, 61,   2014年10月
  • ヒト末梢血由来好酸球の走化性に及ぼすPAAおよび4-APの影響
    岡本 威明, 田頭 歩佳, 山内 明, 菅原 卓也, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 86回,   2013年09月
  • 若手の最新研究紹介コーナー 胎児-母体間免疫におけるトリプトファン誘導体の作用機序の解明(2010~2011年度 文部科学省科学研究費補助金採択研究)
    岡本 威明, 産科と婦人科, 80, (6) 789 - 791,   2013年06月
  • 健康食としての養殖魚 ブリ心臓でヒトの免疫促進~加工残さの有効活用~
    菅原卓也, 岡本威明, 養殖, 49, (3) 30 - 33,   2012年03月01日
  • ブリ心臓でヒトの免疫促進 : 加工残さの有効活用 (特集 健康食としての養殖魚)
    菅原 卓也, 岡本 威明, 養殖 = Aqua culture magazine :つくる漁業の総合情報誌, 49, (3) 30 - 33,   2012年03月
  • ラット好塩基球様細胞株RBL-2H3の脱顆粒に及ぼすミルク由来ペプチドの影響
    岡本 威明, 田中 守, 山岸 賢司, 菅原 卓也, 一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集, 64,   2012年, 【目的】近年,特に先進国においてI型アレルギー患者が急増し,大きな社会問題となっている。これまでに,茶カテキンなどのポリフェノール類が抗アレルギー効果を示すことが報告されているが,食品由来ペプチドについての報告例は少ない。本研究では,抗アレルギー作用を有する新規ミルク由来ペプチドの検索を目的とし,数種のペプチドによる脱顆粒抑制効果を検討した。【材料および方法】ペプチドサンプルは,ミルク由来ペプチド混合物であるCE90GMM(平均分子量;640)および CE90GMMに含有する4種のペプチド,HAQ(His-Ala-Gln),DMES(Asp-Met-Glu-Ser),EQPI(His-Gln-Pro-Ile),KIKE(Lys-Ile-Lys-Glu)を用いた。RBL-2H3細胞に各種ペプチドを10分間作用させた後,抗原との共刺激30分後のβ-hexosaminidase放出活性を測定した。【結果および考察】ミルク由来ペプチド混合物CE90GMM刺激下では,有意なβ-hexosaminidase放出抑制効果が認められ,CE90GMMに含まれる4種のペプチド刺激下では,全てのペプチドにおいて用量依存的に有意なβ-hexosaminidase放出抑制効果が認められた。その抑制効果の強度は,HAQ≧EQPI≧DMES>KIKEの順であった。さらに,HAQペプチドおよびKIKEペプチドを蛍光標識し,RBL-2H3細胞へ作用させたところ,HAQペプチドが強く細胞内へ取り込まれていることが明らかとなった。よって,ペプチドによる抗アレルギー効果の発現には,細胞内への取り込みが関与するのではないかと示唆された。
  • トリプトファン摂取による好酸球増多筋痛症発症機序の解明~ヒト好酸球におけるIDO発現を指標として~
    岡本威明, 川崎医学会誌, 37,   2011年
  • トリプトファン誘導体のIDO転写調節に及ぼすインドール環上の電荷密度の影響
    岡本威明, 山岸賢司, 麻生琴未, 山倉文幸, 常盤広明, 刀祢重信, 日高和夫, 川崎医学会誌 一般教養篇, (35) 1 - 9,   2010年01月30日
  • トリプトファン誘導体の構造とIDO転写調節機能との相関
    岡本威明, 宮脇智恵, 横山祐作, 山倉文幸, 日高和夫, 刀祢重信, 生化学,   2008年
  • Down-regulation of the indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) transcription by tryptophan analogues
    Takeaki Okamoto, Shigenobu Toné, Hiroaki Kanouchi, Fumio Ohyama, Yohsuke Minatogawa, International Congress Series, 1304,   2007年11月01日, Indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO; EC 1.13.11.42) is a rate-limiting enzyme involved in the catabolism of tryptophan, which is an essential amino acid. It is induced under pathological conditions, such as the presence of viral infections or tumor cells. This enzyme is induced by IFN-γ in the mouse rectal carcinoma cell line CMT-93. It is known that both 1-methyl-l-tryptophan (1-MT) and methylthiohydantoin-dl-tryptophan (MTH-trp) are tryptophan analogues, and are authentic inhibitors of the enzymatic activity of IDO. In this study, we examined the effects of both 1-MT and MTH-trp on the IFN-γ inducible IDO expression of CMT-93. As a result, the IFN-γ inducible IDO mRNA and the protein levels in CMT-93 were suppressed by 1-MT and MTH-trp, independently. Moreover, tryptophan (Trp), as a substrate of IDO, also suppressed IDO induction by IFN-γ at the transcriptional level. These results suggest that 1-MT and MTH-trp as inhibitors of IDO enzymatic activity, and Trp suppress IDO induction by IFN-γ at the transcriptional level. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Induction of indoleamine 2,3-dioxygenase in small intestine of mouse infected with parasitic helminth, Hymenolepis nana
    F. Ohyama, S. Tone, T. Okamoto, K. Shimoda, Y. Minatogawa, International Congress Series, 1304,   2007年11月01日, One hundred and fifty crushed eggs of Hymenolepis nana were administrated to 5-6 week old ddY mice, and the animals were killed at 0, 7, 14, 21 or 28 days post-infection (dpi). The small intestines were recovered, and both halves, proximal and distal, were examined, observed for immunohistochemistry, and assayed on enzyme activity of IDO. Enzyme activity of IDO was increased by H. nana infection, and was parallel to a decrease of recovered worms. The expression pattern of IDO-positive cells in the proximal intestine was also the same as those of IDO activity with a little change earlier. Furthermore, IDO-positive cells coincided with goblet cells, but not all goblet cells were IDO-positive. Present findings apparently suggest that IDO might be involved in the mucous excretion process in the expulsion of worms. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • リポ酸によるHL‐60細胞の増殖抑制効果
    西本健太朗, 川邉暁子, 山崎正夫, 池田正浩, 榊原陽一, 水光正仁, 岡本威明, 須田泰司, 上平賢三, 叶内宏明, 西山和夫, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007,   2007年03月05日
  • ミルク由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の探索
    岡本威明, 小野紗佑里, 湊川洋介, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007,   2007年03月05日
  • Hymenolepis nana感染に伴うマウス小腸におけるトリプトファン代謝酵素インドールアミン2,3‐ジオキシゲナーゼの誘導について
    大山文男, 刀祢重信, 岡本威明, 下田健二, 湊川洋介, 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集, 76th,   2007年02月23日
  • トリプトファンによるIFN‐γ誘導性IDO mRNA発現調節機構の解析
    岡本威明, 宮脇智恵, 叶内宏明, 伏谷建造, 刀祢重信, 生化学,   2007年
  • リポ酸及びジヒドロリポ酸による細胞死誘導効果
    川邉曉子, 西本健太朗, 山根理学, 山崎正夫, 叶内宏明, 岡本威明, 池田正浩, 伊藤勝昭, 榊原陽一, 水光正仁, 西山和夫, 日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集, 2006,   2006年09月29日
  • 日本人における慢性関節リウマチ疾患とKIR3DL1の各alleleとの相関関係
    岡本威明, 亀岡陽子, 山下隆博, 村田紀和, 芦田恒雄, 井手武, 中西真理, PYO Chul‐Woo, GERAGHTY Daniel E., MHC, 12,   2005年05月31日
  • 大豆トリプシンインヒビターによるマウスひ臓リンパ球のIgM産生調節活性
    前田徳秀, 岡本威明, 立花宏文, 山田耕路, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004,   2004年03月05日
  • Effects of food proteins and peptides on immunoglobulin production in mouse spleen lymphocytes
    Takeaki Okamoto, Kazuma Yoshimi, Hirofumi Tachibana, Koji Yamada, Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi, 50,   2003年03月27日, We investigated the effects of Casein, whey protein, soybean protein, wheat gluten and their peptides on the proliferation and immunoglobulin (Ig) production of mouse spleen lymphocytes. Among them, bovine β-Casein remarkably enhanced the production of IgA, IgG and IgM. In addition, some peptides from Casein enhanced IgA production and a peptide from wheat gluten enhanced IgA, IgG and IgM production. On the other hand, whey and soybean proteins exerted no immunoregulatory activity, as well as peptides derived from these proteins. β-Casein elevated Ig producing cell population in mouse spleen lymphocytes, but peptides derived from casein did not increase Ig producing cell population. These data suggest that immunoglobulin production stimulating effect of β-Casein takes part in increasing of Ig producing cells. Therefore, Casein and wheat gluten peptides may well be available as immunoregulatory food materials.
  • マウスひ臓リンパ球のサイトカイン発現に及ぼす乳清タンパク質の影響
    吉見一真, 岡本威明, 立花宏文, 山田耕路, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003,   2003年03月05日
  • Sprague-Dawley系ラットの脂質代謝および免疫機能に及ぼす大豆抽出物の摂食効果
    岡本 威明, 吉見 一真, 東條 直己[他], 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 57, (1) 27 - 34,   2002年10月, 大豆抽出物の脂質代謝および免疫機能を明らかにするために、それらのサンプルを食餌重量に対し3%レベルでSprague-Dawley系ラットに摂食させた。その結果、大豆ホモジェネート摂食群において、全身免疫系に属する脾臓リンパ球のIgG抗体産生能の増強効果および血清中のT-Cholに対するHDL-Cholの割合の上昇が認められた。これにより、大豆ホモジェネート摂食による抗体産生促進作用は宿主免疫の活性化に有用である可能性が期待された。一方、酵素処理大豆ホモジェネート摂食により、GOTおよびGPT活性が減少することにより肝機能障害予防効果が期待された。本研究により、大豆ホモジェネートおよび大豆ホモジェネートから派生する分解物の新規生理機能が明らかとなった。
  • Growth inhibition of Escherichia coli by overexpression of rat perchloric acid-soluble protein.
    Kanouchi Hiroaki, Nishizaki Hiroko, Okamoto Takeaki, Toné Shigenobu, Minatogawa Yohsuke, Mitsuiki Shinji, Oka Tatsuzo, Memoirs of the Faculty of Agriculture, Kagoshama University, 42, 200700
  • NK細胞活性調節機構
    岡本威明, 内藤聖子, 立花宏文, 山田耕路, 生物機能研究会, 7, 200300

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Anti-allergic Effects of Shiikuwasha (Citrus depressa Hayata) In Vitro and In Vivo
    T. Okamoto, K. Matsumoto, H. Kumazawa, M. Kawarabayashi, and M. Tanaka, International Conference on Food Science and Nutrition,   2017年10月
  • フードスタンプを用いた食中毒菌培養実験の構築とその有用性
    吉松詩織、野口綾花、楠橋庸子、岡本威明, 日本家政学会第69回大会,   2017年05月, 目的 食中毒菌を選択的に培養できるフードスタンプを用いた培養実験において,食中毒菌の採取に適切な時期や食品などは明らかになっていない.そこでフードスタンプを用いた食中毒菌培養実験を構築し,その実験を取り入れた実践授業を実施することで,教育効果や食中毒菌培養実験の有用性を検討することを目的とした.
    方法 食中毒菌を採取する食品を6種類選定し,8~12月の間に毎月,フードスタンプを用いて採取・培養実験を行うことで,培養実験に適する採取時期や食品群を検討した.得られた結果をもとに,実践授業を構築し,愛媛県立M高校理数科36名を対象に実施し,授業前後のアンケートによって教育効果や有用性を検討した.  
    結果 食中毒菌培養実験には,気温が20℃以上ある1学期後半から2学期前半が良いと考えた.また,モヤシから大腸菌・大腸菌群,鶏ミンチからサルモネラ,アサリから腸炎ビブリオが一定量採取できることを確認した.さらに,食中毒予防法における加熱の重要性を示す実験において,加熱時間よりも,加熱温度を変化させる方が,コロニー数の減少を観察しやすいことが分かった.以上の実験結果を用いた実験授業を実践すると,食中毒菌や食中毒予防の三原則の認知度が向上し,食中毒予防法の実践意欲も高まった.授業後に実施したアンケートでは,フードスタンプに対して生徒全員から「面白かった」「分かりやすかった」と回答され,フードスタンプに対して高評価であることが確認された.
  • 生体内外におけるシークヮーサー葉・果皮抽出物の抗アレルギー効果
    岡本威明 ,松本琴音,熊澤遥奈,河原林桃子,田中 守, 日本家政学会第69回大会 ,   2017年05月
  • キク科Cirsium maritimum MakinoはIgE依存性アレルギー反応を抑制する
    田中 守,鈴木大進,竹井悠一郎,岡本威明,渡邊浩幸, 第71回 日本栄養・食糧学会大会 ,   2017年05月
  • ハマアザミ(Cirsium maritimum Makino)の抗アレルギー活性とその活性物質
    鈴木大進、田中守、岡本威明、渡邊浩幸, 日本農芸化学会 2017年度大会,   2017年03月17日
  • Ti板状における骨芽細胞および線維芽細胞の共培養試験
    岡野聡、中甑慶太、小林千悟、黒田健介、岡本威明, 日本金属学会2017年春期講演大会,   2017年03月15日
  • マウス脾臓リンパ球の抗体産生に及ぼすハマアザミの影響
    田中守、鈴木大進、岡本威明、渡邊浩幸, 第36回 日本食事療法学会,   2017年03月
  • HIs-Ala-GlnペプチドがI型アレルギーモデルマウスの抗体産生に及ぼす影響
    田中守、岡本威明、平田璃奈、田頭歩佳、吉本好延、香西はな、渡邊浩幸, 第49回 日本栄養・食糧学会 中国・四国支部大会,   2016年11月
  • Effect of 3-phenylamino-L-alanine(PAA) and 4-aminophenol(4-AP) on chemotaxis and expression of chemokine receptor in human eosinophils
    Ayuka Tagashira, Takeaki Okamoto, Akira Yamauchi, Kosuke Nakano, Kosuke Nishi, Takuya Sugahara, 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition (IBS2016),   2016年10月
  • 卵アレルギーモデルマウスにおけるHAQペプチドの抗アレルギー効果
    田頭歩佳、岡本威明、平田璃奈、田中守, 第63回 日本家政学会中国・四国支部大会,   2016年10月
  • Development a soft meat for elderly -application of a meat softener-
    Ikuko Shimada, Satoshi Numata, Mamoru Tanaka, Tomoko Hirouchi, Keiko Watanabe, Takeaki Okamoto, Hiroyuki Watanabe, 17th International Congress of Dietetics,   2016年09月
  • ビタミンEによる骨代謝の制御
    岡本 威明, 黒下 苗子, 田頭 歩佳, 田中 守, 岡野 聡, 小林 千悟, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2016年05月01日, 目的 近年、マウスにビタミン E を過剰摂取させると破骨細胞の巨大化を伴いつつ活性化することで骨吸収を促進し、骨粗鬆症を誘発する危険性があると報告された。しかし、骨芽細胞に与えるビタミンEの影響に関する詳細な検討はなされていない。そこで本研究では、ビタミンEで骨芽細胞を刺激することで、骨芽細胞自身ならびに破骨細胞活性化メカニズムにどのような影響を与えるのかについて検討した。
    方法 マウス頭蓋冠由来骨芽細胞 MC3T3-E1 を、ビタミン E の主成分であるα-tocopherol(α-toc)で刺激し、細胞増殖に与える影響を検討した。また、骨芽細胞から産生される破骨細胞活性化因子である IL-6 および IL-1βの量を ELISA 法で測定した。
    結果および考察 MC3T3-E1 にα-toc を作用させたところ、濃度依存的に細胞増殖が抑制され、継続的なα-toc 刺激により、その効果は維持された。また、骨芽細胞 1 個あたりの IL-6 および IL-1β生産性を評価した結果、α-toc 濃度依存的に高値を示した。さらに、α-toc(50μM)刺激によって MC3T3-E1 の付着ならびに増殖時に認められる細胞突起の伸展が顕著に抑制された。したがって、α-toc は骨芽細胞の増殖を抑制しつつ、骨芽細胞からの破骨細胞活性化因子の生産性を促進することで破骨細胞の活性化を誘導し、骨粗鬆症の発症を誘起しているのではないかと推察された。
  • ビタミンEによる骨代謝の制御
    岡本 威明, 黒下 苗子, 田頭 歩佳, 田中 守, 岡野 聡, 小林 千悟, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2016年05月
  • Ti合金ならびに各種純金属上の骨芽細胞挙動に及ぼす熱酸化処理の影響
    清兼友理子, 小林千悟, 岡野聡, 岡本威明, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2016年03月09日
  • 濡れ性の異なるTi表面上における骨芽細胞挙動
    中甑慶太, 岡野聡, 小林千悟, 黒田健介, 岡本威明, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2016年03月09日
  • 再生初期の骨組織に及ぼすTi合金表面状態の影響
    小林千悟, 清兼友理子, 和田祐典, 和田祐典, 岡野聡, 岡本威明, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2015年11月09日
  • Ti板上の骨芽細胞の挙動に及ぼす濡れ性の影響
    中甑慶太, 岡野聡, 小林千悟, 黒田健介, 岡本威明, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,   2015年11月09日
  • Adhesion and spreading of MC3T3-E1 osteoblast-like cells on various metals and their oxides
    Yuuki Yamauchi, Sengo Kobayashi, Satoshi Okano, Kensuke Kuroda, Takeaki Okamoto, Tatsuaki Sakamoto, ISTES 2015,   2015年11月
  • Effects of vitamin E on osteoblast-like MC3T3-E1 cells
    Takeaki Okamoto, Naeko Kuroshita, Ayuka Tagashira, Mamoru Tanaka, Takuya Sugahara, Satoshi Okano, Sengo Kobayashi, International conference on food factors (ICoFF) 2015,   2015年11月
  • ビタミンEによる骨粗鬆症誘発機構の解明
    岡本威明, 黒下苗子, 田頭歩佳, 菅原卓也, 岡野聡, 小林千悟, 日本食品科学工学会大会講演集,   2015年08月27日
  • ヒト好酸球の走化性とケモカインレセプター発現に及ぼす不鈍物3‐phenylamino‐L‐alanine(PAA)の影響
    田頭歩佳, 山内明, 山内加奈子, 加藤匡宏, 田中守, 岡本威明, 日本食品科学工学会大会講演集,   2015年08月27日
  • How is happiness decided? -Report(1) on 12 happiness factors from everyday life environment as indexes-
    Ikuko Shimada, Asami Okabe, Ayuka Tagashira, Ichisaku Shinohara, Mamoru Tanaka, Satoshi Numata, Takeaki Okamoto, 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015),   2015年05月
  • Degranulation inhibitory activity may depend on peptide binding and peptide sequence
    Mamoru Tanaka, Hiroyuki Watanabe, Hana Kozai, Yoshinobu Yoshimoto, Ikuko Shimada, Tomoko Hirouchi, Satochi Numata, Ayuka Tagashira, Takeaki Okamoto, 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015),   2015年05月
  • 各種純金属及びその熱酸化物上への骨芽細胞初期接着性評価
    山内勇樹, 小林千悟, 岡野聡, 岡本威明, 黒田健介, 阪本辰顕, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2015年03月04日
  • Ti合金インプラント表面組織と再生初期骨組織との相関
    小林千悟, 和田祐典, 岡野聡, 岡本威明, 村上浩二, 岡野雅子, 阪本辰顕, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2015年03月04日
  • Ti表面形状が骨芽細胞MC3T3‐E1の接着・伸展性の接着性に及ぼす影響
    岡野聡, 中甑慶太, 小林千悟, 岡本威明, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2015年03月04日
  • 牛乳由来ペプチドの抗アレルギー効果
    田中守、渡邊慶子、渡邊浩幸、香西はな、岡本威明, 第34回 食事療法学会,   2015年03月
  • カゼイン由来ペプチドの抗アレルギー特性評価
    田中守, 渡邊浩幸, 吉本好延, 香西はな, 田頭歩佳, 岡本威明, 日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会講演要旨集,   2015年09月
  • 中学校および高等学校家庭科教育における実験授業実践による教育効果 ー食生活分野を中心にー
    岡本威明, 今治市教育委員会 栄養職員部会,   2015年01月, 招待有り
  • Effect of contamination PAA on chemotaxis and expression of IL-8 receptor in human eosinophils
    Takeaki Okamoto, Ayuka Tagashira, Mamoru Tanaka, Takuya Sugahara, The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF 2014),   2014年10月
  • アミノ酸誘導体がヒト好酸球の走化性を制御する
    岡本威明, 第119回 金属物性研究会,   2014年10月, 招待有り
  • 各種純金属及び金属酸化物上への骨芽細胞接着性評価
    山内勇樹, 小林千悟, 岡野聡, 岡本威明, 阪本辰顕, 日本金属学会講演概要(CD-ROM),   2014年09月10日
  • Sensitization and elicitation of an allergic reaction to lysozyme from hen egg white in mice
    Mamoru Tanaka, Hana Kozai, Yoshinobu Yoshimoto, Ikuko Shimada, Tomoko Hirouchi, Ayuka Tagashira, Takeaki Okamoto, The 6th Asian Congress of Dietetics (ACD),   2014年08月
  • Anti-allergic effect of imidazole peptides in vitro and in vivo
    Takeaki Okamoto, Junko Hirano, Ayuka Tagashira, Takuya Sugahara, Mamoru Tanaka, The 6th Asian Congress of Dietetics (ACD),   2014年08月
  • サプリメントの現状調査とその教育の必要性
    岡本威明、藤原あい, 第34回 日本家庭科教育学会 四国地区会,   2014年08月
  • In vitro,in vivo系におけるイミダゾールペプチドの抗アレルギー効果
    岡本威明, 平野絢子, 田頭歩佳, 田中守, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2014年05月01日, 目的 これまでに,アンセリンやカルノシンなどのイミダゾールジペプチドに花粉症抑制効果,疲労回復効果,抗加齢効果等を持つことが報告されている.また我々は,HAQ(His-Ala-Gln)ペプチドが,RBL-2H3細胞の脱顆粒を抑制することを明らかにしてきた.そこで本研究では,他のイミダゾールジ・トリペプチドの脱顆粒抑制効果を検討するとともに,動物実験系を用いてHAQペプチドの抗アレルギー効果を評価した.
    方法 抗体感作されたラット好塩基球様細胞株RBL-2H3に,化学合成した各種ペプチド(HH,HHH,HAQ,QHA,AQH)を10分間作用させた後,抗原との共刺激30分後のβ-hexosaminidase放出活性を測定し,脱顆粒レベルを評価した.また,卵白リゾチーム(LHE)感作マウスを用いて,14日間のHAQペプチド継続投与による血清中LHE特異IgE及びIgG1産生,ならびにLHE投与後のアナフィラキシー症状に与える影響を検討した.アナフィラキシー評価の指標として直腸温とスコアを測定した.
    結果 HH,HHH,HAQ ペプチドをRBL-2H3細胞に作用させたところ,それぞれ濃度依存的に脱顆粒抑制効果が認められ,その抑制強度は,HAQ≒HHH>HHであった.また,HAQ,QHA,AQHペプチドで同様に検討したところ,その抑制強度はHAQ>AQH>QHAであった.よって,イミダゾールペプチドによる脱顆粒抑制効果のレベルはヒスチジン残基の数に依存し,配列特異性も有することが明らかになった.また,LHE感作マウスを用いた実験においてHAQペプチドの継続投与による各種抗体産生の低下は認められなかったもののアナフィラキシー症状の抑制傾向が認められ,動物実験系においても抗アレルギー効果を有することが示唆された.
  • ヒト好酸球の走化性とIL‐8レセプター発現に及ぼす不純物PAAの影響
    田頭歩佳, 田中守, 岡本威明, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2014年05月01日, 目的 トリプトファンサプリメント事故品摂取による好酸球増多筋痛症候群(EMS)発症の原因物質の一つとして、不純物3-phenylamino-L-alanine(PAA)が知られている。ヒト好酸球における走化性およびIL-8レセプター(CXCR1およびCXCR2)の発現レベルに及ぼすPAAの影響を検討し、トリプトファン事故品摂取によるアレルギー反応誘発機構の解明を目的とした。
    方法 健常者男性よりヒト末梢血(100mL)を採取し、Eosinophil isolation kitを用いて磁気細胞分離法(MACS法)により好酸球の分離を行った。分離された好酸球に対してPAAで曝露し、遊走活性を細胞動態解析装置(EZ-TAXIScan)を用いて評価した。また、各種IL-8レセプターの発現レベルに関しては、SDS-PAGE法ならびにWestern Blotting法を用いて検出した。
    結果 ヒト好酸球の走化性に及ぼすPAA曝露の影響について検討したところ、PAA濃度依存的に遊走活性が惹起された。また、各種IL-8レセプターの発現レベルに関しては、好酸球にPAAを6時間曝露したところ、PAA濃度依存的(0.005~0.5μM)に、CXCR2レセプターの発現が増強された。一方、PAAを12時間曝露すると、低濃度(0.005μM)においてCXCR2レセプター発現の増強が認められた。また、PAA曝露によるCXCR1レセプターの発現は、CXCR2レセプターの発現より弱いが、同様の増強傾向が見られた。これらの結果から、PAA曝露による好酸球のIL-8に対する走化性の誘導には、IL-8レセプターの発現の増大が関与していると示唆された。
  • 純Ti及びTi酸化物上への骨芽細胞接着性評価
    山内勇樹, 小林千悟, 岡野聡, 岡本威明, 阪本辰顕, 日本鉄鋼協会中国四国支部・日本金属学会中国四国支部講演大会講演概要集,   2014年08月
  • サプリメントの現状(機能性と危険性)
    岡本威明, 今治市教育委員会 栄養職員部会,   2013年10月, 招待有り
  • アクチン結合ペプチドLifeactを用いた遊走白血球中のアクチンダイナミクス観察
    片岡則之, 橋本謙, 坂元尚哉, 岡本威明, 毛利聡, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2013年01月08日
  • 3D13 アクチン結合ペプチドLifeactを用いた遊走白血球中のアクチンダイナミクス観察(GS1-5:細胞のバイオメカニクス(5))
    片岡 則之, 橋本 謙, 坂元 尚哉, 岡本 威明, 毛利 聡, バイオエンジニアリング講演会講演論文集,   2013年01月08日
  • ヒト末梢血由来好酸球の走化性に及ぼすPAAおよび4‐APの影響
    岡本威明, 田頭歩佳, 山内明, 菅原卓也, 日本生化学会大会(Web),   2013年
  • ラット好塩基球様細胞株RBL‐2H3の脱顆粒に及ぼすミルク由来ペプチドの影響
    岡本威明, 田中守, 山岸賢司, 菅原卓也, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2012年05月01日
  • 乳酸脱水素酵素のマクロファージ活性化機構に関する研究
    大福美帆, 西甲介, 岡本威明, 菅原卓也, 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集,   2012年
  • 肝ガン細胞における共役リノール酸の致死作用
    野見山将太, 山崎正夫, 岡本威明, 須田泰司, 榊原陽一, 水光正仁, 西山和夫, 日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集,   2011年09月16日
  • ハマチ心臓中に含まれる免疫促進物質に関する研究
    大福美帆, 西甲介, 菅原卓也, 岡本威明, 中野裕之, 西本壮吾, 西川智, 山下浩史, 滝本真一, 日本農芸化学会西日本支部大会およびシンポジウム講演要旨集,   2011年09月16日
  • ハマチ心臓抽出物の免疫促進効果に関する研究
    大福美帆, 西甲介, 菅原卓也, 岡本威明, 中野裕之, 西本壮吾, 西川智, 山下浩史, 滝本真一, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • カゼイン由来ペプチドがラット好塩基球様細胞株(RBL‐2H3)の脱顆粒に及ぼす影響
    岡本威明, 田中守, 長野隆男, 日高和夫, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 母体ならびに胎児におけるFractalkine/CX3CL1(FRK)の動態の解析
    張良実, 岡本威明, 石田剛, 潮田至央, 郭翔志, 中井祐一郎, 中村隆文, 下屋浩一郎, 日本産科婦人科学会雑誌,   2011年02月01日
  • P1-12-18 母体ならびに胎児におけるFractalkine/CX3CL1(FRK)の動態の解析(Group19 妊娠・分娩・産褥の生理・病理2 早産・IUGR,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    張 良実, 岡本 威明, 石田 剛, 潮田 至央, 郭 翔志, 中井 祐一郎, 中村 隆文, 下屋 浩一郎, 日本産科婦人科學會雜誌,   2011年02月01日
  • カゼイン由来ペプチドがラット好塩基球様細胞株(RBL‐2H3)の脱顆粒に及ぼす影響
    岡本威明, 田中守, 長野隆男, 谷本泰正, 生化学,   2011年
  • トリプトファン誘導体のIDO転写調節に及ぼすインドール環上の電荷密度の影響
    岡本威明, 山岸賢司, 山倉文幸, 常盤広明, 刀祢重信, 日高和夫, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2010年03月05日
  • IDO転写調節機能を有するトリプトファン誘導体に関する理論的研究
    山岸賢司, 岡本威明, 麻生琴未, 山倉文幸, 日高和夫, 常盤広明, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • トリプトファン摂取による好酸球増多筋痛症発症のメカニズム
    岡本威明, 小橋薫, 木村章子, 中村知瑞, 諏訪芳秀, 刀祢重信, 日高和夫, 生化学,   2010年
  • PAA (3-phenylamino-L-alanine) suppresses the induction of indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) by blocking the Janus-activated kinase-STAT signaling pathway in interferon-gamma-stimulated human eosinophil cells.
    12th Meeting of the International Society for Tryptophan Research (ISTRY),   2009年
  • MONOCYTE INVASION INDUCES REDISTRIBUTION AND SUBSEQUENT ACCUMULATION OF ENDOTHELIAL PECAM-1 DURING PARA-, BUT NOT TRANS-CELLULAR MIGRATION.
    36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) (第86回日本生理学会大会と同時開催),   2009年
  • サプリメント(栄養補助食品)の安全性評価 〜トリプトファン事故を振り返って〜
    第13回グローバルCOE若手の会特別セミナー (愛媛大学),   2009年
  • トリプトファン事故原因候補物質によるIFN-gamma誘導性IDO発現調節機構の解明
    第13回生物機能研究会,   2009年
  • Hymenolepis nana感染に伴うマウス小腸におけるtryptophan代謝酵素indoleamine 2,3‐dioxgenase誘導のマウスstrainによる時間パターンの差違について
    大山文男, 岡本威明, 下田健治, 伏谷建造, 刀祢重信, 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集,   2008年03月
  • トリプトファン誘導体の構造とIDO転写調節機能との相関
    第31回日本分子生物学会年会, 第81回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2008),   2008年
  • トリプトファンアナログのIDO転写調節機能とその構造との相関
    第30回日本トリプトファン研究会学術集会,   2008年
  • 小型条虫Hymenolepis nana 感染による小腸でのIDO誘導とIDO阻害剤1−MTの影響
    第30回日本トリプトファン研究会学術集会,   2008年
  • リポ酸とジヒドロリポ酸の細胞死誘導機構
    川邉曉子, 西本健太朗, 山崎正夫, 岡本威明, 須田泰司, 上平賢三, 榊原陽一, 水光正仁, 西山和夫, 平成20年度 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会,   2008年
  • Induction of indoleamine 2,3-dioxygenase in villi of small intestine in mouse infected with parasitic helminth, Hymenolepis nana.
    第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学学会合同大会,   2007年
  • NF-κB activation contributes to indoleamine 2,3-dioxygenase transcriptional synergy induced by IFN-g and tryptophan.
    3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH 2007)Satellite Symposium in Kagoshima (SSK), JAPAN,   2007年
  • トリプトファンによるIFN-γ誘導性IDO mRNA発現調節機構の解析
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会,   2007年
  • トリプトファンおよびトリプトファン誘導体によるIFN-γ誘導性IDO発現調節機構
    第29回日本トリプトファン研究会学術集会,   2007年
  • トリプトファンによるIDO転写調節機構の解明
    国立遺伝学研究所研究会,   2007年
  • 必須アミノ酸トリプトファンによるIFN-γ誘導性IDO発現調節機構の解明
    第11回生物機能研究会,   2007年
  • ジヒドロリポ酸による細胞死誘導効果
    第11回生物機能研究会,   2007年
  • ミルク由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の検索
    日本農芸化学会大会,   2007年
  • リポ酸によるHL-60細胞の増殖抑制効果
    日本農芸化学会大会,   2007年
  • Induction of indoleamine 2,3-dioxygenase in small intestine of mouse infected with parasitic helminth, Hymenolepis nana.
    11th Meeting of International Study Group for Tryptophan Research,   2006年
  • Down-regulation of the indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) transciptional by tryptophan analogue.
    11th Meeting of International Study Group for Tryptophan Research (ISTRY),   2006年
  • Perchloric acid-soluble protein is expressed in enterocytes and goblet cells in the intestine and upregulated by dietary lipid.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.,   2006年
  • 1-Methyl-L-tryptophan (1-MT) down-regulates the expression of IFN-γ inducible IDO in CMT-93 cells.
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.,   2006年
  • Transcriptional regulation of indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) by tryptophan analogue.
    The 14th Takeda Science Foundation Symposium on Bioscience; The 50th Anniversary of Oxygenases.,   2006年
  • トリプトファンアナログによる転写調節機能
    国立遺伝学研究所研究会,   2006年
  • 乳タンパク質由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の検索
    第13回日本免疫毒性学会学術大会,   2006年
  • リポ酸およびジヒドロリポ酸による細胞死誘導効果
    日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会,   2006年
  • 過塩素酸可溶性たんぱく質(PSP)は高次構造が複数存在する
    第10回生物機能研究会,   2006年
  • 日本人における関節リウマチ疾患とKIR3DL1の各alleleとの相関関係
    第9回生物機能研究会,   2005年
  • 日本人における慢性関節リウマチ疾患とKIR3DL1の各alleleとの相関関係
    第3回日本組織適合性学会近畿地方会,   2005年
  • KIR遺伝子多型による慢性関節リウマチ疾患感受性遺伝子の検索
    第13回日本組織適合性学会,   2004年
  • マウスひ臓リンパ球の抗体産生に及ぼすカゼインおよびカゼイン由来ペプチドの影響
    岡本威明, 吉見一真, 立花宏文, 山田耕路, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2002年03月05日
  • ヒトB細胞株およびマウスひ臓リンパ球の抗体産生に及ぼすヒストンの影響
    岡本威明, 菅原卓也, 立花宏文, 山田耕路, 日本農芸化学会誌,   2001年03月05日

作品

  • ミルク由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の同定、および作用機構の解明
      2005年04月 - 2007年03月
  • 胎児ー母体間免疫におけるトリプトファンの役割、およびその作用機構の解明
      2007年04月 - 2009年03月
  • IFN-gamma誘導性IDOを指標としたトリプトファン、およびトリプトファン事故原因候補物質の病理的評価
      2008年10月

受賞

  •   2015年11月, The 6th International Conference on Food Factors, 「Poster Award」, Effects of vitamin E on osteoblast-like MC3T3-E1 cells
  •   2014年08月, The 6th Asian Congress of Dietetics, 「Poster Competition Award」, Anti-allergic effect of imidazole peptides in vitro and in vivo

競争的資金

  • 長距離作用により骨再生を助ける人工骨用合金の開発
    文部科学省, 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 小林千悟(分担:岡本威明)
  • トリプトファンサプリメント摂取によるアレルギー反応誘発機構の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 岡本 威明, トリプトファンサプリメント事故品摂取による好酸球増多筋痛症候群(EMS)発症の原因物質の一つとして、不純物3-phenyl amino-L-alanine(PAA)が報告されている。ヒト好酸球における走化性およびIL-8レセプター(CXCR1およびCXCR2)の発現レベルに及ぼすPAAの影響を検討し、トリプトファン事故品摂取によるアレルギー反応誘発機構の解明を目的とした。研究方法として、健常者男性よりヒト末梢血(100mL)を採取し、Eosinophil isolation kitを用いて磁気細胞分離法(MACS法)により好酸球の分離を行った。分離された好酸球に対してPAAで曝露し、遊走活性を細胞動態解析装置(EZ-TAXIScan)を用いて評価した。また、各種IL-8レセプターの発現レベルに関しては、SDS-PAGE法ならびにWestern Blotting法を用いて検出した。その結果、ヒト好酸球の走化性に及ぼすPAA曝露の影響について検討したところ、PAA濃度依存的に遊走活性が惹起された。また、各種IL-8レセプターの発現レベルに関しては、好酸球にPAAを6時間曝露したところ、PAA濃度依存的(0.005~0.5μM)に、CXCR2レセプターの発現が増強された。一方、PAAを12時間曝露すると、低濃度(0.005μM)においてCXCR2レセプター発現の増強が認められた。また、PAA曝露によるCXCR1レセプターの発現は、CXCR2レセプターの発現より弱いが、同様の増強傾向が見られた。これらの結果から、PAA曝露による好酸球のIL-8に対する走化性の誘導には、IL-8レセプターの発現の増大が関与していると示唆された。
  • アポトーシスにおける核の凝縮因子のゲノムワイドな探索: ヒト半数体細胞を用いて
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 刀袮 重信, アポトーシスの最終実行過程である核の凝縮に関して生化学的、遺伝学的な解析を行った。もし核が正常に凝縮できなければ貪食されず種々の疾患の引き金になると考えられる。これまでに無細胞アポトーシス法と微速度映画を駆使して、核凝縮が、リング、ネックレス、核崩壊の3ステップを忠実に辿ることを発見した。更にそれぞれのステップを進行させる因子の同定を行い、ネックレスと核崩壊には、DNaseとカスパーゼ6がそれぞれ必要十分であること、核崩壊には核内アクチンの重合が重要であることを見出した。半数体細胞を用いたリング因子の遺伝学的探索は不成功に終わったが、ヒストン2Bのリン酸化が重要な役割を持つことが示唆された。
  • 胎児.母体間免疫におけるトリプトファン誘導体の作用機序の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 岡本 威明, 本研究では、妊婦の胎盤および羊膜・絨毛膜・脱落膜中におけるトリプトファン分解酵素の一種であるIndoleamine 2, 3-dioxygenase : IDOのタンパク発現を検討し、絨毛膜羊膜炎(CAM)および早産との関連性について検討した。検体は、川崎医科大学附属病院で分娩した妊婦191名を対象とした。その結果、妊娠初期の胎盤サンプルにおいて、IDO発現はcontrol群より約0. 77倍で低値を示した。また、IDO発現はCAMの病歴を有する患者の胎盤サンプルにおいて、control群と比較したところ約2. 29倍高値を示した。CAMは早産の主な原因であることから、IDO発現が早産に関しても相関性を示すことが示唆された。
  • アポトーシスにおける核凝縮の分子形態学的解析
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 刀袮 重信, アポトーシスの実行過程のうち、最も未解明な点の多い核の凝縮に焦点を当てた。単離核を用いた方法によって、リング凝縮の機構について解析した。分子量30K~50Kの分画に強いリング凝縮活性があること、それはカスパーゼ、DNase、JNKキナーゼとは異なる可能性が高いことを明らかにした。またリング凝縮の過程を詳細に解析する方法を見出した。
  • 胎児ー母体間免疫におけるトリプトファンの役割、およびその作用機構の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 岡本 威明, A431細胞におけるIFN-γ誘導性IDOmRNA発現の調節機能は、IDOの基質であるトリプトファンに特異的なものであり、そのIDOmRNA発現増強の作用機序として、Jak-StatシグナリングよりもむしろNF-Κbシグナリングの関与が示唆された。さらに、各種トリプトファン誘導体によるIDO発現調節活性とインドール環表面の静電ポテンシャルとは強い正の相関を示し、インドール環における各種官能基による修飾が認識分子との親和性・安定性に影響を与えているのではないかと推察された。
  • ミルク由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の同定、および作用機構の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 岡本 威明, 平成18年度、本研究では、ミルク由来ペプチドに含まれる新規抗アレルギー物質の単離、および作用メカニズムの解明を目的として実施した。本研究におけるペプチドサンプルはペプチドメーカー(DMVJAPAN)より入手し平均分子量の異なる4種のカゼイン由来ペプチド混合物を用いた。ペプチド混合物を培地中へ添加し24時間培養後、培養上清中のIgE産生量をELISA法により測定した。その結果、CE90GMM(平均分子量640Da)およびWE80BG(平均分子量570Da)のみに有意なIgE産生抑制効果が認められた。また、CE90GMMに関しては橋本ら^<1)>の報告により数種類のペプチドが同定されており、本研究では同定されたペプチドの中で低分子量のEQPI(Glu-G-Pro-Ile)、DMES(Asp-Met-Glu-Ser)、KIKE(Lys-Ilc-Lys-Glu)、HAQ(His-Ala-Gln)の4種類に着目し同様の検討を行ったところKIKEならびにHAQに有意なIgE産生抑制効果が認められた。さらに、FITC標識KIKEを用いて、KIKEペプチドと細胞との相互作用を蛍光顕徽鏡にて検討したところ、KIKEはり266細胞内に取り込まれて作用し膜部分に強く局在していることが明らかとなった。よって、KIKEは1型アレルギーに対して効果を有する低分子ペプチドの一つとして期待された。^<1)>Hashimoto K. et al., J.Argic.Food Chem.53,3801-3806,2005.[学会発表;2件]1,岡本威明、小野紗佑里、湊川洋介「乳タンパク質由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の検索」第13回 日本免疫毒性学会学術大会 講演要旨集 p69.2006.2,岡本威明、小野紗佑里、湊川洋介「ミルク由来ペプチドにおける新規抗アレルギー物質の探索」2007年度 日本農芸化学会 大会講演要旨集 p283.2007.
  • トリプトファン・トリプトファンアナログによる遺伝子発現調節機構および免疫調節機構の解明
    補助金


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.