研究者データベース

秀野 晃大ヒデノ アキヒロ

所属部署名紙産業イノベーションセンター
職名講師
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    秀野 晃大
  • 氏名(カナ)

    ヒデノ アキヒロ

所属

所属・職名

  • 部署

    紙産業イノベーションセンター
  • 職名

    助教(特任講師)

学歴等

学歴

  • 2007年, 筑波大学, 生命環境科学研究科, 生物機能科学専攻
  • 2004年, 筑波大学, バイオシステム研究科, バイオシステム
  • 2002年, 筑波大学, 第二学群, 生物資源学類
  • 2007年
  • 2004年
  • 2002年

学位

  • 博士(農学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本エネルギー学会
  • 日本応用糖質科学会
  • American Chemical Society
  • The Society for Industrial Microbiology

委員歴

  • 2016年04月 - 現在, 日本エネルギー学会 バイオマス部会, バイオマス科学会議実行委員
  • 2012年 - 2012年, 日本エネルギー学会 バイオマス部会, 第9回バイオマス科学会議現地実行委員, The 1st Asian Conference on Biomass Science現地実行委員
  • 2008年 - 2012年, 日本生物工学会 第1種研究部会, 「システムバイオテクノロジー研究部会」委員

経歴

  • 2010年 - , - 愛媛大学 上級研究員センター
  • 2009年 - , - 愛媛大学 上級研究員センター
  • 2007年 - 2009年,  産業技術総合研究所 バイオマス研究センター
  • 2007年 - ,  産業技術総合研究所 副都心臨海センター
  • 2007年 - ,  筑波大学大学院生命環境科学研究科
  • 2010年 -
  • 2009年 -
  • 2007年 - 2009年
  • 2007年 -
  • 2007年 -

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • Characterization of nanofibers from Japanese orange inner peels prepared using pectinase and diluted alkali., J. Jpn. Inst. Energy, 2019年, [査読有り], 10.3775/jie.98.85
  • Thermal degradation behavior of ball-milled Miscanthus plants and its relationship to enzymatic hydrolysis, Akihiro Hideno, BioResources, 2018年, [査読有り], 10.15376/biores.13.3.6383-6395
  • Short-time alkaline peroxide pretreatment for rapid pulping and efficient enzymatic hydrolysis of rice straw, Akihiro HIDENO, Bioresource Technology, 2017年04月, [査読有り], 10.1016/j.biortech.2017.01.058
  • Comparison of the thermal degradation properties of crystalline and amorphous cellulose, as well as treated lignocellulosic biomass, Akihiro HIDENO, BioResources, 2016年06月, [査読有り], 10.15376/biores.11.3.6309-6319
  • Preparation by combined enzymatic and mechanical treatment and characterization of nanofibrillated cotton fibers, Akihiro Hideno, Kentaro Abe, Hiromi Uchimura, Hiroyuki Yano, Cellulose, 2016年, [査読有り], 10.1007/s10570-016-1075-y
  • Preparation using Pectinase and Characterization of Nanofibers from Orange Peel Waste in Juice Factories, Akihiro Hideno, Kentaro Abe, Hiroyuki Yano, Journal of Food Science, 2014年06月, [査読有り], 00221147, 10.1111/1750-3841.12471
  • Quantification of cellulase adsorbed on saccharification residue without the use of colorimetric protein assays, Hiroshi Nonaka, Akihiro Hideno, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 2014年07月, [査読有り], 13811177, 10.1016/j.molcatb.2014.09.008
  • Alkaline-peroxide treatment for enzymatic hydrolysis of Japanese cypress (chamaecyparis obtusa), Akihiro Hideno, Ayato Kawashima, Masatoshi Morita, Katsuhisa Honda, Takashi Endo, Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy, 2013年12月, [査読有り], 09168753, 10.3775/jie.92.1197
  • Comparison of the enzymatic digestibility of physically and chemically pretreated selected line of diploid-Miscanthus sinensis Shiozuka and triploid-M.×giganteus, Akihiro Hideno, Ayato Kawashima, Kossonou Guillaume Anzoua, Toshihiko Yamada, Bioresource Technology, 2013年10月, [査読有り], 09608524, 10.1016/j.biortech.2013.07.084
  • High-coverage gene expression profiling analysis of the cellulase-producing fungus Acremonium cellulolyticus cultured using different carbon sources, Akihiro Hideno, Akihiro Hideno, Hiroyuki Inoue, Tatsuya Fujii, Shinichi Yano, Kenichiro Tsukahara, Katsuji Murakami, Harunobu Yunokawa, Shigeki Sawayama, Shigeki Sawayama, Applied Microbiology and Biotechnology, 2013年06月, [査読有り], 01757598, 10.1007/s00253-013-4689-0
  • Thermal properties of spent-sawdust matrix after cultivation of Grifola frondosa for bioethanol production, Akihiro Hideno,Hideki Aoyagi,James Ogbonna and Hideo Tanaka, International Journal of Energy Engineering, 2013年04月, [査読有り]
  • Ethanol-based organosolv treatment with trace hydrochloric acid improves the enzymatic digestibility of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) by exposing nanofibers on the surface, Akihiro Hideno, Ayato Kawashima, Takashi Endo, Katsuhisa Honda, Masatoshi Morita, Bioresource Technology, 2013年03月, [査読有り], 09608524, 10.1016/j.biortech.2013.01.048
  • Effect of alcohol-based organosolv treatment combined with short-time ball milling on the enzymatic hydrolysis of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa), Akihiro Hideno, Ayato Kawashima, Masayoshi Fukuoka, Takashi Endo, Katsuhisa Honda, Masatoshi Morita, Wood Science and Technology, 2013年01月, [査読有り], 00437719, 10.1007/s00226-012-0504-9
  • Combination of hot compressed water treatment and wet disk milling for high sugar recovery yield in enzymatic hydrolysis of rice straw, Akihiro Hideno, Akihiro Hideno, Hiroyuki Inoue, Takashi Yanagida, Kenichiro Tsukahara, Takashi Endo, Shigeki Sawayama, Shigeki Sawayama, Bioresource Technology, 2012年01月, [査読有り], 09608524, 10.1016/j.biortech.2011.11.014
  • Introduction of dehydration process into mechanochemical pretreatment for Production Bioethanol, Takashi Yanagida, Shinji Fujimoto, Lyudmyla Bespyatko, Kenichiro Tsukahara, Akihiro Hideno, Shigeki Sawayama, Shigeki Sawayama, Tomoaki Minowa, Journal of the Japan Petroleum Institute, 2011年07月, [査読有り], 13468804, 10.1627/jpi.54.215
  • Production and characterization of cellulases and hemicellulases by Acremonium cellulolyticus using rice straw subjected to various pretreatments as the carbon source, Akihiro Hideno, Akihiro Hideno, Hiroyuki Inoue, Kenichiro Tsukahara, Shinichi Yano, Xu Fang, Xu Fang, Takashi Endo, Shigeki Sawayama, Shigeki Sawayama, Enzyme and Microbial Technology, 2011年02月, [査読有り], 01410229, 10.1016/j.enzmictec.2010.10.005
  • Dioxin-like polychlorinated biphenyl adsorbent obtained from enzymatic saccharification residue of lignocellulose, elsevierBioresource Technology, 2011年, [査読有り], 10.1016/j.biortech.2011.01.033
  • 稲わらからのエタノール生産における非硫酸前処理法のプロセスエネルギーおよび経済性評価, 柳田高志,藤本真司,秀野晃大,井上宏之,塚原建一郎,澤山茂樹,美濃輪智朗, エネルギー・資源学会論文誌, 2009年09月, [査読有り]
  • A chimeric NST repressor has the potential to improve glucose productivity from plant cell walls, Akira Iwase, Akihiro Hideno, Keiji Watanabe, Nobutaka Mitsuda, Masaru Ohme-Takagi, Journal of Biotechnology, 2009年07月, [査読有り], 01681656, 10.1016/j.jbiotec.2009.05.011
  • Wet disk milling pretreatment without sulfuric acid for enzymatic hydrolysis of rice straw, Akihiro Hideno, Hiroyuki Inoue, Kenichiro Tsukahara, Shinji Fujimoto, Tomoaki Minowa, Seiichi Inoue, Takashi Endo, Shigeki Sawayama, Bioresource Technology, 2009年05月, [査読有り], 09608524, 10.1016/j.biortech.2008.12.057
  • Re-evaluation of hydrogen productivity from acetate by some photosynthetic bacteria, Yasuo Asada, Mitsutaka Ohsawa, Yuichiro Nagai, Katsuhiro Ishimi, Makoto Fukatsu, Akihiro Hideno, Tatsuki Wakayama, Jun Miyake, International Journal of Hydrogen Energy, 2008年10月, [査読有り], 03603199, 10.1016/j.ijhydene.2008.05.005
  • Optimization of the thermal dry treatment to enhance the enzymatic hydrolysis of a spent-sawdust matrix used for Grifola frondosa cultivation, Akihiro Hideno, Hideki Aoyagi, James C. Ogbonna, Hideo Tanaka, Energy and Fuels, 2008年01月, [査読有り], 08870624, 10.1021/ef7002975
  • Utilization of spent sawdust matrix after cultivation of Grifola frondosa as substrate for ethanol production by simultaneous saccharification and fermentation, Akihiro Hideno, Hideki Aoyagi, Seiichiro Isobe, Hideo Tanaka, Food Science and Technology Research, 2007年05月, [査読有り], 13446606, 10.3136/fstr.13.111
  • Acetylation of loofa (Luffa cylindrica) sponge as immobilization carrier for bioprocesses involving cellulase, Akihiro Hideno, James C. Ogbonna, Hideki Aoyagi, Hideo Tanaka, Journal of Bioscience and Bioengineering, 2007年04月, [査読有り], 13891723, 10.1263/jbb.103.311

書籍等出版物

  • セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向(第9章 ナノセルロースの分析・評価法-担当), 秀野 晃大, 単著, 第9章 ナノセルロースの分析・評価法, 株式会社シーエムシー出版, 2019年, 94-108, 978-4-7813-1404-4
  • ナノセルロースの製造技術と応用展開, 秀野晃大,内村浩美,阿部賢太郎,矢野浩之, 分担執筆, 第8章 酵素を用いた地域セルロース資源からのセルロースナノファイバー調製に向けた取り組み, シーエムシー・リサーチ, 2016年04月
  • セルロースナノファイバーの調製、分散・複合化と製品応用, 秀野晃大,阿部賢太郎,矢野浩之, 分担執筆, 第2章 第14節 ミカン搾汁残渣に含まれるセルロースナノファイバーの分離およびその特性, 株式会社技術情報協会, 2015年01月
  • とことんやさしいバイオエタノールの本, 秀野 晃大, 分担執筆, 第6章もっと知りたい!バイオエタノール事情, 日刊工業新聞社, 2008年06月

講演・口頭発表等

  • 柑橘類果皮由来セルロースナノファイバーの特性および用途開発に向けた検討, 秀野 晃大, 四国紙パ研究報告会, 2018年06月, 招待有り
  • 加水分解酵素を用いた地域バイオマスからのセルロースナノファイバー調製および その熱分解特性, 秀野 晃大, 第2 回 繊維学会西部支部若手講演会, 2018年01月, 招待有り, 繊維学会西部支部, 九州大学伊都キャンパス
  • ほどよく分かる セルロースナノファイバー  ~特性と拡がり、関連する分析について~, 秀野 晃大, セルロースナノファイバー勉強会, 2017年08月, 招待有り, 株式会社島津製作所, 京都
  • 酵素を用いた愛媛県内バイオマスからのCNF調製に関する成果報告, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 内村浩美, 矢野浩之, えひめセルロースナノファイバー活用促進セミナー~植物由来の新しい高機能素材の活用を”えひめ”から~, 2016年03月, 招待有り
  • 地域バイオマス資源を用いたセルロースナノファイバー調製に向けた取り組み, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 矢野浩之, 2015年10月
  • 愛媛のバイオマス資源によるCNFの試作・物性試験について, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 矢野浩之, 「えひめセルロースナノファイバー(CNF)活用促進セミナー」~植物由来の新しい高機能素材の活用を“えひめ”から~, 2015年03月, 招待有り
  • 愛媛県産バイオマス資源由来のCNF(セルロースナノファイバー)調製に向けた取り組み~蜜柑搾汁残渣およびコットンを例に~, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 矢野浩之, 粒子加工技術分科会 平成26年度第3回見学・講演会, 2015年02月, 招待有り
  • ミカン搾汁残渣に含まれるセルロースナノファイバーの分離, 秀野 晃大, 第250回生存圏シンポジウム「セルロースナノファイバー ~日本には資源も知恵もある~」, 2014年03月, 招待有り
  • 愛媛県におけるナノファイバー利用に関する取り組み, 鈴木貴明, 秀野晃大, 平成25年度セルロース学会西部支部セミナー, 2013年11月, 招待有り
  • セルロース系バイオエタノール生産技術の開発:前処理および糖化技術を中心として, 秀野 晃大, 第20回植物バイテクシンポジウム 植物バイオマス活用技術の新展開~異分野若手研究者からの提案~, 2011年06月, 招待有り
  • BTRC Technology for bioethanol production from woody biomass - Saccharification and fermentation, 秀野晃大, 井上宏之, 矢野伸一, 澤山茂樹, Forage and Biofuel Crops Workshop, 2008年11月, 招待有り

MISC

  • P-40 セルロースナノファイバー調製法選択の為の熱分析(CNF・リグニン,ポスター発表), 秀野 晃大, 内村 浩美, 阿部 賢太郎, 矢野 浩之, バイオマス科学会議発表論文集, 一般社団法人日本エネルギー学会, バイオマス科学会議発表論文集, 11, 129, 130, 2016年01月, 10.20550/jiebiomassronbun.11.0_129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010027338, Thermal gravimetric analysis (TGA) was applied to the simple analysis of cellulose in orange peel and treated Japanese cypress in order to prepare cellulose nanofibers (CNF) in this study. It was found that the TGA can be indicators for classification of biomass and speculation of compositions in biomass. TGA have possible to be a criterion to select CNF preparation method by combination of accumulated data and knowledge.
  • 第23回欧州バイオマス会議および展示会(EUBCE2015)レポート, 秀野 晃大, Cellulose communications, セルロース学会, Cellulose communications, 23, 1, 34, 36, 2016年, 1342-730X, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020751699
  • ミスカンサスの酵素糖化性と熱分解特性の関係, 秀野晃大, ANZOUA Kossonou Guillaume, 山田敏彦, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 24th, 334, 335, 2015年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502206899411991
  • セルラーゼを利用したコットンセルロースのナノ解繊と解繊試料の物性評価, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 矢野浩之, セルロース学会年次大会講演要旨集, 22nd, 98, 2015年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602205865806300
  • 愛媛県におけるナノファイバー利用に関する取組について, 鈴木貴明, 秀野晃大, Cellul Commun, 22, 1, 11, 14, 2015年03月, 1342-730X, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502246637548733
  • ヒノキに含まれるセルロースの熱分解特性解析, 秀野晃大, バイオマス科学会議発表論文集, 10th, 149, 150, 2015年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502264150348257
  • コットンセルロースのナノ解繊に対するセルラーゼの作用, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 矢野浩之, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66th, 236, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402215700104697
  • リグノセルロース前処理物の熱分解挙動, 秀野晃大, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 23rd, 322, 323, 2014年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402276096370358
  • 製紙工場を有効活用した木質系バイオマスからのバイオリファイナリープロセスの構築のための要素技術開発, 秀野晃大, 松らい科学技術振興財団研究報告集, 25, 24, 33, 2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502254373362426
  • 元素分析によるリグノセルロース吸着セルラーゼの直接定量, 秀野晃大, 野中寛, バイオマス科学会議発表論文集, 9th, 46, 47, 2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402207845402553
  • アルカリ/尿素処理セルロースの酵素加水分解特性, 秀野晃大, バイオマス科学会議発表論文集, 9th, 132, 133, 2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402217561062898
  • 蜜柑搾汁残渣を原料にしたセルロースナノファイバー製造およびその特性, 秀野晃大, 阿部賢太郎, 川嶋文人, 矢野浩之, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 22nd, 152, 153, 2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292231759285
  • リグノセルロース系バイオマスからの低環境負荷型バイオエタノール生産技術に関する研究~前処理技術開発を中心として~, 秀野晃大, 川嶋文人, 森田昌敏, 坂西欣也, 澤山茂樹, 矢野伸一, 遠藤貴士, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, 6, 66, 96, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302218361010027
  • セルロース,お前もナノ化, 秀野晃大, 生物工学会誌, 90, 12, 794, 2012年12月, 0919-3758, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302209059962532
  • ミスカンサスの高効率酵素糖化法の検討, 秀野晃大, 川嶋文人, ANZOUA Kossonou Guillaume, 山田敏彦, バイオマス科学会議発表論文集, 8th, 122, 123, 2012年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302223657262270
  • ヒノキ高効率酵素糖化の為のアルコールオルガノソルブ処理法の検討, 秀野晃大, 川嶋文人, 遠藤貴士, 本田克久, 森田昌敏, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012, 2B03P09 (WEB ONLY), 2012年03月, 2186-7976, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254200157890
  • リグノセルロース系バイオマスの高効率酵素糖化の為の前処理法の検討, 秀野晃大, 川嶋文人, 森田昌敏, 本田克久, 遠藤貴士, バイオマス科学会議発表論文集, 7th, 102, 103, 2012年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202253589044510
  • 酵素糖化残渣リグニンの高機能性活性炭としての可能性, 川嶋文人, 秀野晃大, 本田克久, 森田昌敏, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 20th, 130, 131, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102204695542385
  • 木質系バイオエタノール製造の為の前処理法を中心とした要素技術開発, 秀野晃大, 西山達也, 川嶋文人, 本田克久, 森田昌敏, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 20th, 154, 155, 2011年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102251088540398
  • シロイヌナズナとトレニアを用いたmiR157過剰発現体の比較解析, 四方雅仁, 秀野晃大, 山口博康, 佐々木克友, 高木優, 大坪憲弘, 日本植物生理学会年会要旨集, 52nd, 161, 2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102224994347298
  • 木質系バイオエタノール生産のためのアルコールオルガノソルブ処理法の検討, 秀野晃大, 西山達也, 川嶋文人, 本田克久, 森田昌敏, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 10, 2011年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102213240823750
  • リグノセルロースを原料にしたエタノール製造のためのAlkaline peroxide前処理条件の検討, 秀野晃大, 川嶋文人, 本田克久, 森田昌敏, バイオマス科学会議発表論文集, 6th, 96, 97, 2011年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102241299949726
  • 酵素糖化リグニン残渣の還元分解による低分子化, 川嶋文人, 森田英嵩, 福岡正義, 秀野晃大, 本田克久, 森田昌敏, バイオマス科学会議発表論文集, 6th, 108, 109, 2011年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102270199292711
  • 酵素糖化リグニン残渣を原料とするPCB吸着材の開発研究, 川嶋文人, 森田英嵩, 福岡正義, 秀野晃大, 森田昌敏, 本田克久, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 446, 447, 2010年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002220836540592
  • 木質系バイオエタノール製造のための水熱前処理法および酵素糖化法の開発, 福岡正義, 秀野晃大, 川嶋文人, 大枝剛士, 森田英嵩, 本田克久, 森田昌敏, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010, 258, 2010年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002241581158297
  • 酵素糖化残渣リグニンを原料とするPCB吸着材の開発研究, 川嶋文人, 森田英嵩, 福岡正義, 秀野晃大, 森田昌敏, 本田克久, バイオマス科学会議発表論文集, 5th, 72, 73, 2010年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002238625973278
  • リグノセルロースからのバイオエタノール製造における環境低負荷型前処理条件の検討, 秀野晃大, 川嶋文人, 福岡正義, 森田英嵩, 本田克久, 森田昌敏, バイオマス科学会議発表論文集, 5th, 76, 77, 2010年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002261359294787
  • 稲わらからのエタノール生産における非硫酸前処理法のプロセスエネルギーおよび経済性評価, 柳田高志, 藤本真司, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原建一郎, 澤山茂樹, 美濃輪智朗, エネルギー・資源, 30, 5, 260, 2009年09月, 0285-0494, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220049072289
  • セルラーゼ高生産糸状菌Acremonium cellulolyticusのHiCEP解析, 秀野晃大, 井上宏之, 矢野伸一, 塚原建一郎, 藤井達也, 村上克治, 澤山茂樹, 日本生物工学会大会講演要旨集, 61st, 104, 2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902256596555604
  • セルラーゼ高生産糸状菌Acremonium cellulolyticusのEST解析, 矢野伸一, 秀野晃大, 井上宏之, FANG Xu, 藤井達也, 村上克治, 澤山茂樹, 日本生物工学会大会講演要旨集, 61st, 104, 2009年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902262881328913
  • 稲わらヘミセルロースの糖化に適したヘミセルラーゼ生産糸状菌の探索および糖化性評価, 井上宏之, 喜多尾千秋, 秀野晃大, 矢野伸一, 澤山茂樹, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 113, 2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210194895557
  • 稲わらの酵素糖化のための水熱‐ディスクミル前処理法の検討, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原建一郎, 井上誠一, 遠藤貴士, 澤山茂樹, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009, 334, 2009年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220898998063
  • 稲わらからのエタノール生産における非硫酸前処理法のプロセスエネルギーおよび経済性評価, 柳田高志, 藤本真司, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原建一郎, 澤山茂樹, 美濃輪智朗, バイオマス科学会議発表論文集, 4th, 142, 143, 2009年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282986503002
  • 稲わらからのエタノール生産の経済性評価, 柳田高志, 藤本真司, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原健一郎, 澤山茂樹, 美濃輪智朗, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 17th, 144, 145, 2008年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902203043504053
  • 非硫酸前処理によるバイオエタノール製造プロセスの高効率化と経済性の検討, 藤本真司, 松鹿昭則, 秀野晃大, 柳田高志, 佐賀清崇, 井上宏之, 美濃輪智朗, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 17th, 146, 147, 2008年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902289497590576
  • 稲わらを原料にした糸状菌糖化酵素および発酵性糖生産に最適な非硫酸前処理法の検討, 秀野晃大, 井上宏之, XU Fang, 塚原建一郎, 遠藤貴士, 澤山茂樹, 日本生物工学会大会講演要旨集, 60th, 174, 2008年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902222727003228
  • アクレモニウム属由来糖化酵素に最適な稲わら非硫酸前処理法の検討, 秀野晃大, 井上宏之, 塚原建一郎, 井上誠一, 遠藤貴士, 澤山茂樹, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008, 205, 2008年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902277832702033
  • 木質形成に関わる転写因子とそれを利用した木質改変の試み, 光田展隆, 岩瀬哲, 秀野晃大, 渡邊圭司, 高木優, 生化学, 3S20-2, 2008年, 0037-1017, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902283496556473
  • 熱分析を用いたマイタケ廃菌床の酵素糖化を促進する加熱処理の最適化, 秀野晃大, 青柳秀紀, 田中秀夫, 日本生物工学会大会講演要旨集, 2005, 184, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902297202404027
  • 廃菌床のセルラーゼに対する分解特性の解析とその利用, 秀野晃大, OGBONNA James, 青柳秀紀, 田中秀夫, 日本生物工学会大会講演要旨集, 2004, 83, 2004年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227486301674
  • ヘチマ繊維体に固定化した微生物によるセルロースからのエタノール生産に関する研究, 秀野晃大, OGBONNA J C, 田中秀夫, 日本生物工学会大会講演要旨集, 2002, 42, 2002年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902161803015134

その他研究情報

特許

受賞

  • 2016年01月, 日本エネルギー学会バイオマス部会, 日本エネルギー学会バイオマス部会ポスター賞, セルロースナノファイバー調製法選択の為の熱分析
  • 2015年02月, 日本エネルギー学会, 平成26年度日本エネルギー学会奨励賞, アルカリ/尿素処理セルロースの酵素加水分解特性
  • 2012年01月, 日本エネルギー学会バイオマス部会, 日本エネルギー学会バイオマス部会ポスター賞, ミスカンサスの高効率酵素糖化法の検討
  • 2007年11月, Asian Bio-Hydrogen Symposium/Asia Bio-HyLinks meeting, The best prize of the poster presentation, Hydrogen production by combining two types of photosynthetic bacteria immobilized with the double-layered agar

競争的資金

  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業基盤研究(B), バイオマスへのフェノール担持・弱酸加水分解による高度成分分離プロセスの確立, 野中 寛
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業基盤研究(C), 還元性末端に着目したセルロースナノファイバー耐熱化法の開発, 秀野 晃大
  • 環境省, 環境省セルロースナノファイバー製品製造工程の低炭素化対策の立案事業委託業務, 非加熱プロセスによる樹脂混練用CNFの製造-CNF脱水・溶媒置換法の確立-, 内村 浩美
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業若手B, 熱分析によるバイオマス成分の簡易評価法の開発とその応用, 秀野 晃大
  • 公益財団法人えひめ産業振興財団, 受託事業, 県内バイオマス資源によるセルロースナノファイバー(CNF)製造及び物性試験, 秀野 晃大
  • 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業若手B, 鉄系触媒を研磨剤として用いた木質系バイオマスの環境低負荷型前処理法の開発, 秀野 晃大
  • 公益財団法人 松籟科学技術振興財団, 松籟科学技術振興財団研究助成金, 製紙工場を有効活用した木質系バイオマスからのバイオリファイナリープロセスの構築のための要素技術開発, 秀野 晃大


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.