詳細検索はこちら

渡邊 康紀ワタナベ ヤスノリ

所属部署
大学院農学研究科 生命機能学専攻
職名助教
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

学歴

  • 2010年04月 - 2013年03月, 北海道大学大学院, 生命科学院, 生命科学専攻博士後期課程
  • 2008年04月 - 2010年03月, 北海道大学大学院, 生命科学院, 生命科学専攻修士課程
  • 2004年04月 - 2008年03月, 北海道大学, 薬学部, 総合薬学科

経歴

  •   2017年06月,  - 現在, 愛媛大学大学院, 農学研究科生命機能学専攻, 助教
  •   2017年04月,  - 2017年05月, 京都産業大学, 総合生命科学部, 研究員
  •   2014年04月,  - 2017年03月, 京都産業大学, 日本学術振興会特別研究員(PD)
  •   2013年04月,  - 2014年03月, 名古屋大学大学院, 理学研究科物質理学専攻(化学系), 博士研究員
  •   2010年04月,  - 2013年03月, 北海道大学大学院, 日本学術振興会特別研究員(DC1)

研究活動情報

研究分野

  • 構造生物化学

論文

  • Expression of mammalian mitochondrial F1-ATPase in Escherichia coli depends on two chaperone factors, AF1 and AF2.
    Suzuki T, Iida N, Suzuki J, Watanabe Y, Endo T, Hisabori T, Yoshida M, FEBS open bio, 6, (12) 1267 - 1272,   2016年12月
  • Phosphatidylserine transport by Ups2-Mdm35 in respiration-active mitochondria.
    Miyata N, Watanabe Y, Tamura Y, Endo T, Kuge O, The Journal of cell biology, 214, (1) 77 - 88,   2016年07月
  • Structural Basis for Receptor-Mediated Selective Autophagy of Aminopeptidase I Aggregates.
    Yamasaki A*, Watanabe Y*, Adachi W, Suzuki K, Matoba K, Kirisako H, Kumeta H, Nakatogawa H, Ohsumi Y, Inagaki F, Noda NN (*Co-first authors), Cell reports, 16, (1) 19 - 27,   2016年06月
  • Structural Basis of the Differential Function of the Two C. elegans Atg8 Homologs, LGG-1 and LGG-2, in Autophagy.
    Wu F*, Watanabe Y*, Guo XY*, Qi X*, Wang P, Zhao HY, Wang Z, Fujioka Y, Zhang H, Ren JQ, Fang TC, Shen YX, Feng W, Hu JJ, Noda NN, Zhang H (*Co-first authors), Molecular cell, 60, (6) 914 - 929,   2015年12月
  • Structural and mechanistic insights into phospholipid transfer by Ups1-Mdm35 in mitochondria.
    Watanabe Y, Tamura Y, Kawano S, Endo T, Nature communications, 6,   2015年08月
  • Structure-based analyses reveal distinct binding sites for Atg2 and phosphoinositides in Atg18.
    Watanabe Y, Kobayashi T, Yamamoto H, Hoshida H, Akada R, Inagaki F, Ohsumi Y, Noda NN, The Journal of biological chemistry, 287, (38) 31681 - 31690,   2012年09月
  • Selective transport of alpha-mannosidase by autophagic pathways: structural basis for cargo recognition by Atg19 and Atg34.
    Watanabe Y, Noda NN, Kumeta H, Suzuki K, Ohsumi Y, Inagaki F, The Journal of biological chemistry, 285, (39) 30026 - 30033,   2010年09月
  • Crystallization of Saccharomyces cerevisiae alpha-mannosidase, a cargo protein of the Cvt pathway.
    Watanabe Y, Noda NN, Honbou K, Suzuki K, Sakai Y, Ohsumi Y, Inagaki F, Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications, 65, (Pt 6) 571 - 573,   2009年06月

MISC

  • Crystal structures of the Ups1-Mdm35 complex Reveal the Mechanism of Phospholipid Transfer in Mitochondria
    Yasunori Watanabe, Toshiya Endo, Photon Factory Highlights 2015,   2016年

書籍等出版物

受賞

  •   2015年12月, BMB2015, 若手優秀発表賞, Ups1-Mdm35複合体の結晶構造から明らかになったミトコンドリア膜間のリン脂質輸送機構


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.