研究者総覧

藤村 一美 (フジムラ カズミ)

  • 大学院医学系研究科 看護学専攻 教授
Last Updated :2020/08/07

研究者情報

学位

  • 博士(保健学)(東京大学)
  • 修士(保健学)(東京大学)
  • 学士(看護学)(千葉大学)

J-Global ID

プロフィール

  • 公衆衛生看護学 地域看護学 健康社会学

    保健師 助産師 看護師

研究キーワード

  • 公衆衛生看護学   健康社会学   リプロダクティブ・ヘルス   

研究分野

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

経歴

  • 山口大学 医学系研究科准教授

学歴

  •         - 2010年09月   東京大学大学院 医学系研究科   Graduate School of Medicine   健康科学・看護学専攻
  •         - 2002年03月   東京大学大学院   医学系研究科   健康科学・看護学専攻

研究活動情報

講演・口頭発表等

  • 結核入院患者のホープ(hope)の検討  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美
    日本看護科学学会学術集会講演集 2015年11月
  • 看護系大学生の地域看護学教育に対する認識 A大学のアンケート調査から  [通常講演]
    藤村 一美, 守田 孝恵, 檀原 三七子, 木嶋 彩乃
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2015年10月
  • 結核入院患者の知識および心理の経時的変化  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美, 中川 智佐子, 小野 眞由美, 竹本 智子, 松田 博美, 藤野 和子
    結核 2015年02月
  • 結核入院患者の服薬アドヒアランス尺度作成の試み  [通常講演]
    藤村 一美, 秋原 志穂
    結核 2015年02月
  • 看護系大学生が行政保健師を職業選択するプロセス  [通常講演]
    藤村 一美, 守田 孝恵, 檀原 三七子, 迫山 博美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2014年10月
  • 日本の一般病院と精神科病院の看護師が受ける職場暴力と外傷後ストレス障害に関する調査研究  [通常講演]
    熊谷 たまき, 上野 恭子, 藤村 一美
    医療看護研究 2014年10月
  • 小学校における防災教育「命をまもる授業」の実施と評価 感染予防に焦点をあてて  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美, 西原 詩子, 石井 京子
    日本看護研究学会雑誌 2014年07月
  • 結核患者のための教育DVD「結核を治そう!結核の治療と療養生活」の作成  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美, 松田 博美, 藤野 和子, 中川 智佐子
    結核 2014年03月
  • 結核病棟における患者服薬支援に関する全国調査  [通常講演]
    藤村 一美, 秋原 志穂
    結核 2014年03月
  • Wiiゲームによる結核入院患者のストレス軽減に関する研究  [通常講演]
    秋原 志穂, 能勢 美穂子, 藤村 一美
    結核 2014年03月
  • 保健師活動の展開図を活用した地域看護学教育 実習における学生の学習プロセス  [通常講演]
    藤村 一美, 守田 孝恵, 檀原 三七子, 迫山 博美, 兼平 朋美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2013年10月
  • 医療福祉現場における精神健康と労働職場環境が離職意向に及ぼす影響  [通常講演]
    熊谷 たまき, 上野 恭子, 藤村 一美, 池崎 澄江
    医療看護研究 2013年10月
  • 介護職者が受ける職場の暴力行為に対する認識と被害の実態  [通常講演]
    藤村 一美, 熊谷 たまき, 池崎 澄江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2012年10月
  • 医療福祉現場における精神健康と労働職場環境が離職意向に及ぼす影響  [通常講演]
    熊谷 たまき, 藤村 一美, 池崎 澄江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2012年10月
  • The Sociology of the Body 身体の社会学からの障害者の医療・福祉に関する一考察  [通常講演]
    井出 彩子, 藤村 一美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2012年10月
  • 結核病棟に入院中の結核患者の退院後の生活に対する思い  [通常講演]
    藤村 一美, 秋原 志穂
    日本看護研究学会雑誌 2012年06月
  • 病院勤務看護師が医療スタッフから受けるいじめに関する研究  [通常講演]
    藤村 一美, 池崎 澄江, 熊谷 たまき
    保健医療社会学論集 2012年04月
  • 結核患者の治療・DOTSに対する認識  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美
    結核 2012年03月
  • 結核患者の治療継続を支援する病棟看護と地域保健の連携に関する研究  [通常講演]
    藤村 一美, 秋原 志穂
    日本看護科学学会学術集会講演集 2011年12月
  • 看護師の捉える退院後の結核患者の療養生活と患者への支援  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美, 吉田 ヤヨイ, 笹山 久美代, 園田 恭子
    結核 2011年03月
  • 結核病棟看護師の看護実践と結核看護への思い  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美
    日本看護科学学会学術集会講演集 2010年12月
  • 在宅頸髄損傷者の用いる対処方略と適応に関する研究  [通常講演]
    井出 彩子, 陶山 啓子, 山崎 喜比古, 藤村 一美, 熊谷 たまき, 西嶋 真理子
    日本看護科学学会学術集会講演集 2010年12月
  • 外傷性頸髄損傷者の保健・医療・福祉サービスの利用に関する報告  [通常講演]
    井出 彩子, 山崎 喜比古, 藤村 一美, 楠永 敏惠, 熊谷 たまき
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2010年10月
  • 看護師が受ける職場の暴力行為に対する認識と被害の実態に関する研究  [通常講演]
    熊谷 たまき, 池崎 澄江, 藤村 一美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2010年10月
  • 大阪府下の結核病棟勤務看護師からみた患者の療養生活に関する質的研究  [通常講演]
    藤村 一美, 秋原 志穂
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2010年10月
  • 医療従事者が受ける職場の暴力的行為に関する文献的検討  [通常講演]
    藤村 一美, 池崎 澄江, 熊谷 たまき
    保健医療社会学論集 2010年05月
  • 本邦における結核看護に関する文献検討  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美
    結核 2010年04月
  • 結核患者の治療継続を支援する看護介入プログラム  [通常講演]
    秋原 志穂, 藤村 一美, 吉田 ヤヨイ, 笹山 久美代, 冨田 ひとみ, 森迫 京子, 園田 恭子
    大阪市立大学看護学雑誌 2010年03月
  • 中壮年期にある人々のワーク・ファミリー・コンフリクトが健康に及ぼす影響の検討  [通常講演]
    藤村 一美, 熊谷 たまき, 池崎 澄江, 高山 智子, 関 由起子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2009年10月
  • 病院助産師の職業性ストレスに関する研究(第2報) 労働職場環境特性と精神的健康  [通常講演]
    藤村 一美, 秋月 百合
    日本助産学会誌 2006年02月
  • 病院助産師の職業性ストレスに関する研究(第1報)病院助産師の抑うつとバーンアウト  [通常講演]
    秋月 百合, 藤村 一美
    日本助産学会誌 2006年02月
  • 成人既婚男女の性と生殖における夫婦間の関係性の検討  [通常講演]
    藤村 一美
    母性衛生 2005年09月
  • 大都市在住の既婚者におけるリプロダクティブ・ヘルスサービス利用の現状とニーズ把握  [通常講演]
    藤村 一美, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2005年08月
  • 中壮年世代の健康情報に関する欲求と情報探索行動に関する検討  [通常講演]
    高山 智子, 池崎 澄江, 関 由起子, 藤村 一美, 熊谷 たまき, 加藤 礼子, 山崎 喜比古
    日本公衆衛生学会総会抄録集 2005年08月
  • 一般の人々のヘルスリテラシーとその関連要因  [通常講演]
    高山 智子, 池崎 澄江, 関 由起子, 藤村 一美, 熊谷 たまき, 加藤 礼子, 山崎 喜比古
    日本健康教育学会誌 2005年07月 
    全国6地域の住民1800名を対象にヘルスリテラシー(HL)の実態調査を行い,有効回答681名(男305名・平均46.3歳,女376名・平均45.9歳)について分析した.質問項目は個人のHLと他者介在のHLに分け,健康関連の情報を自分で(他人を介して)「探すことができる」「理解することができる」「情報が信頼できるものか判断できる」の各々について,「全くそう思わない〜とてもそう思う」の5段階で尋ね合計得点を算出した.その結果,個人HLの平均得点は11.0,他者介在HLは10.5,α係数は各々0.78,0.91であり,高い内的一貫性が示された.個人および他者介在HLの高さ両方に関連がみられた個人特性は,「非就労者」「医療職の従事経験」「精神健康の良好さ」であった.また,「学歴の高さ」「医師から診断された疾患数の多さ」「子どもの数が少ない」は個人HLの高さにのみ関連し,「女性」「身体的健康の良好さ」「配偶者の就労」は他者介在HLとのみ関連した.人的資源では,「友人交流頻度の多さ」「ソーシャル・サポート有り」で個人および他者介在のHLは高かった.地域資源との関連では,「県庁所在地であること」「地区組織活動の認識の高さ」が個人および他者介在のHLのいずれとも関連を示し,「社会関連資本」「地域への愛着の高さ」は他者介在HLと有意な関連を示した
  • 薬害HIV感染被害者遺族の経験とニーズに関する調査研究 質問紙調査結果から(第2報) 遺族の差別体験とサポートネットワーク  [通常講演]
    藤村 一美, 井上 洋士, 溝田 由里, 山崎 喜比古, 小澤 恵美, 丸山 由香, 関 由起子, 若林 チヒロ, 的場 智子, 岡田 直人, 木村 知香子, 熊谷 たまき, 大平 勝美, 瀬戸 信一郎, 仁科 豊, 山西 美明, 花井 十伍, 江口 洋子
    日本エイズ学会誌 2003年11月
  • 薬害HIV感染被害者遺族の経験とニーズに関する総合研究(第2報) 面接調査の中間経過報告  [通常講演]
    的場 智子, 山崎 喜比古, 関 由起子, 木村 知香子, 井上 洋士, 楠永 敏恵, 熊谷 たまき, 小澤 恵美, 清水 準一, 藤村 一美, 住川 陽子, 田中 幸子, 満田 友里, 久保内 智子, 若林 チヒロ, 丸山 由香, 赤松 昭, 榎本 悠孝, 小澤 温, 岡田 直人, 江口 洋子, 瀬戸 信一郎
    保健医療社会学論集 2002年05月
  • 大学生の首尾一貫感覚(Sense Of Coherence)とその関連要因の検討  [通常講演]
    遠藤 雄一郎, 山崎 喜比古, 木村 知香子, 石川 ひろの, 萬代 優子, 小澤 恵美, 蟹江 教子, 清水 準一, 富永 真己, 藤村 一美, 岡西 晃嗣, 柿島 有子, 加藤 礼子, 田村 麻紀, 土居 主尚, 山口 哲男, 吉野 亨
    日本保健医療社会学会大会プログラム・抄録集 2002年05月
  • 薬害HIV感染被害者遺族の経験とニーズに関する総合研究(第1報) 当事者参加型リサーチの実際  [通常講演]
    山崎 喜比古, 関 由起子, 木村 知香子, 井上 洋士, 楠永 敏恵, 熊谷 たまき, 小澤 恵美, 清水 準一, 藤村 一美, 住川 陽子, 田中 幸子, 溝田 友里, 久保内 智子, 的場 智子, 若林 チヒロ, 岡田 直人, 丸山 由香, 赤松 昭, 榎本 悠孝, 小澤 温, 江口 洋子, 瀬戸 信一郎
    保健医療社会学論集 2002年05月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ファミリー・バイオレンス予防のための地域参加型育児支援システムの開発
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 藤村 一美

委員歴

  • 2018年04月 - 現在   日本保健医療社会学会   査読委員
  • 2016年 - 現在   日本看護研究学会   専任査読委員
  • 2015年04月 - 2017年03月   山口県看護協会   学会委員会(2016年度:委員長)

担当経験のある科目

  • 基礎看護学実習Ⅱ兵庫医療大学

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 看護統計学
  • 2019, 前期, 学部, 保健福祉行政論
  • 2019, 前期, 学部, 疫学
  • 2019, 前期, 学部, 公衆衛生看護学実習
  • 2019, 前期, 学部, 在宅生活支援実習
  • 2019, 前期, 修士, 看護研究方法論
  • 2019, 前期, 修士, 統計学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.