研究者データベース

松原 圭一マツバラ ケイイチ

所属部署名附属病院
職名准教授
Last Updated :2020/07/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    松原 圭一
  • 氏名(カナ)

    マツバラ ケイイチ

所属

所属・職名

  • 部署

    地域小児・周産期学講座
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1990年04月 - 1994年03月, 愛媛大学大学院, 医学系研究科
  • 1994年, 愛媛大学
  • 1987年03月, 愛媛大学, 医学部
  • 1987年, 愛媛大学

学位

  • 医学博士

その他基本情報

所属学協会

  • Society for Gynecologic Investigation
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本産科婦人科学会四国連合地方部会
  • 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会
  • 日本周産期・新生児医学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本胎盤学会
  • 日本染色体遺伝子検査学会
  • 日本妊娠高血圧学会
  • 日本炎症・再生医学会
  • 日本産科婦人科学会
  • Society for Gynecologic Investigation
  • the Japan Society of Human Genetics
  • Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine
  • Japanese Society of Hypertension
  • Japanese Journal of Gynecologic and Obstetric Endoscopy
  • Japan Placenta Association
  • Japan Society for the Study of hypertension in Pregnancy
  • The Japanese Society of Inflammation and regeneration
  • Japan Society of Obstetrics and Gynecology

委員歴

  • 2018年04月 - 現在, 日本妊娠高血圧学会, 理事
  • 2014年09月 - 現在, 日本周産期・新生児医学会, 評議員
  • 2012年04月 - 現在, 四国産科婦人科学会, 評議員
  • 2012年04月 - 現在, 愛媛県産婦人科医会, 理事, 日本産科婦人科学会四国連合地方部会

経歴

  • 2017年04月 - 現在, 愛媛大学医学系研究科 地域小児・周産期学講座 教授
  • 2012年04月 - 2017年03月, 愛媛大学医学部附属病院 周産母子センター 准教授
  • 2011年09月 - 2012年04月, NTT西日本松山病院 産婦人科 主任医長
  • 2011年04月 - 2011年08月, 愛媛県立新居浜病院 産婦人科 医監部長
  • 2010年04月 - 2011年03月, 愛媛県立中央病院 産婦人科 医監部長
  • 2005年07月 - 2010年03月, 愛媛大学医学部 周産母子センター 助教授
  • 2005年 - , - Department of Obstetrics and Gynecology, Ehime University School of Medicine

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • ライフサイエンス, 産婦人科学
  • ライフサイエンス, 胎児医学、小児成育学

研究キーワード

  • 血管内皮前駆細胞
  • 血管内皮細胞
  • 妊娠高血圧症
  • pregnancy induced hypertension endothelial cell endothelial progenitor cell

著書・発表論文等

論文

  • Relationship between Human β-defensin 2 and the vaginal environment., Hideko Kotani, Tetsuo Koshizuka, Keiichi Matsubara, Kyoko Nishiyama, Takashi Sugiyama, Tatsuo Suzutani, Japanese journal of infectious diseases, Japanese journal of infectious diseases, 2019年12月, [査読有り], 10.7883/yoken.JJID.2019.190
  • Cloning of carrier cells infected with oncolytic adenovirus driven by midkine promoter and biosafety studies, Hamada Katsuyuki, Takagi Soichi, Kuboshima Hajime, Shimada Hideaki, Takagi Kazuko, Yasuoka Toshiaki, Matsubara Keiichi, Sassa Yukiko, Furuya Tetsuya, Suzuki Kazuhiko, Uchide Tsuyoshi, Mizutani Tetsuya, Tani Kenzaburo, Itoh Hiroshi, Sugiyama Takashi, JOURNAL OF GENE MEDICINE, JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2019年02月, [査読有り], 1099-498X, 10.1002/jgm.3064
  • Study group for first trimester Combined Test (FCTG). Distribution of PAPP-A and total hCG between 11 and 13 weeks of gestation in Japanese pregnant women., Matern Fetal Neonatal Med, Matern Fetal Neonatal Med, 2018年11月, [査読有り]
  • Hypoxia in the pathogenesis of preeclampsia., 松原 圭一, Hypertension Research in Pregnancy, Hypertension Research in Pregnancy, 2018年03月, [査読有り]
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma for the prediction of hypertensive disorders of pregnancy., 2018年, [査読有り]
  • Assessment of laparoscopic training for gynecological malignancies using Thiel‑embalmed human cadaver., MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY, 2018年, [査読有り]
  • Extranuclear Translocation of High-Mobility Group A1 Reduces the Invasion of Extravillous Trophoblasts Involved in the Pathogenesis of Preeclampsia: New Aspect of High-Mobility Group A1, Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yoshifumi Muto, Yuko Matsubara, Toru Fujioka, Takashi Matsumoto, Takashi Sugiyama, REPRODUCTIVE SCIENCES, REPRODUCTIVE SCIENCES, 2017年12月, [査読有り], 1933-7191, 10.1177/1933719117697254
  • Current status of non-invasive prenatal testing in Japan, Osamu Samura, Akihiko Sekizawa, Nobuhiro Suzumori, Aiko Sasaki, Seiji Wada, Haruka Hamanoue, Fumiki Hirahara, Hideaki Sawai, Hiroaki Nakamura, Takahiro Yamada, Kiyonori Miura, Hideaki Masuzaki, Setsuko Nakayama, Takashi Okai, Yoshimasa Kamei, Akira Namba, Jun Murotsuki, Tomohiro Tanemoto, Akimune Fukushima, Kazufumi Haino, Shinya Tairaku, Keiichi Matsubara, Kazuhisa Maeda, Takashi Kaji, Masanobu Ogawa, Hisao Osada, Haruki Nishizawa, Yoko Okamoto, Takeshi Kanagawa, Aiko Kakigano, Michihiro Kitagawa, Masaki Ogawa, Shunichiro Izumi, Yukiko Katagiri, Naoki Takeshita, Yasuyo Kasai, Katsuhiko Naruse, Reiko Neki, Hisashi Masuyama, Maki Hyodo, Yukie Kawano, Takashi Ohba, Kiyotake Ichizuka, Yasuhiro Kido, Toshiyuki Fukao, Norio Miharu, Takeshi Nagamatsu, Atsushi Watanabe, Naoki Hamajima, Masaya Hirose, Ayako Sanui, Nahoko Shirato, Junko Yotsumoto, Miyuki Nishiyama, Tatsuko Hirose, Haruhiko Sago, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 2017年08月, [査読有り], 1341-8076, 10.1111/jog.13373
  • Home blood pressure measurement (HBPM) for the early detection of hypertensive disorders of pregnancy (HDP) in Japanese women: a multicenter prospective study., Hypertension research in pregnancy, Hypertension research in pregnancy, 2017年, [査読有り]
  • A survey on awareness of genetic counseling for non-invasive prenatal testing: the first year experience in Japan, Junko Yotsumoto, Akihiko Sekizawa, Nobuhiro Suzumori, Takahiro Yamada, Osamu Samura, Miyuki Nishiyama, Kiyonori Miura, Hideaki Sawai, Jun Murotsuki, Michihiro Kitagawa, Yoshimasa Kamei, Hideaki Masuzaki, Fumiki Hirahara, Toshiaki Endo, Akimune Fukushima, Akira Namba, Hisao Osada, Yasuyo Kasai, Atsushi Watanabe, Yukiko Katagiri, Naoki Takeshita, Masaki Ogawa, Takashi Okai, Shunichiro Izumi, Haruka Hamanoue, Mayuko Inuzuka, Kazufumi Haino, Naoki Hamajima, Haruki Nishizawa, Yoko Okamoto, Hiroaki Nakamura, Takeshi Kanegawa, Jun Yoshimatsu, Shinya Tairaku, Katsuhiko Naruse, Hisashi Masuyama, Maki Hyodo, Takashi Kaji, Kazuhisa Maeda, Keiichi Matsubara, Masanobu Ogawa, Toshiyuki Yoshizato, Takashi Ohba, Yukie Kawano, Haruhiko Sago, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 2016年12月, [査読有り], 1434-5161, 10.1038/jhg.2016.96
  • 当院における無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)外来受診妊婦の検討, 松原 裕子, 松原 圭一, 内倉 友香, 高木 香津子, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 宇佐美 知香, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 杉山 隆, 産婦人科の実際, 産婦人科の実際, 2016年12月, [査読有り], 0558-4728, 10.18888/J00535.2017099170
  • Fetal cell-free DNA fraction in maternal plasma is affected by fetal trisomy, Nobuhiro Suzumori, Takeshi Ebara, Takahiro Yamada, Osamu Samura, Junko Yotsumoto, Miyuki Nishiyama, Kiyonori Miura, Hideaki Sawai, Jun Murotsuki, Michihiro Kitagawa, Yoshimasa Kamei, Hideaki Masuzaki, Fumiki Hirahara, Juan-Sebastian Saldivar, Nilesh Dharajiya, Haruhiko Sago, Akihiko Sekizawa, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 2016年07月, [査読有り], 1434-5161, 10.1038/jhg.2016.25
  • Immune activation during the implantation phase causes preeclampsia-like symptoms via the CD40–CD40 ligand pathway in pregnant mice., Hypertens Res, Hypertens Res, 2016年06月, [査読有り], 0916-9636, 10.1038/hr.2015.160
  • Clinical investigation of the safety and efficacy of a cervical intraepithelial neoplasia treatment using a hyperthermia device that uses heat induced by alternating magnetic fields., Molecular and Clinical Oncology, Molecular and Clinical Oncology, 2016年, [査読有り]
  • 当院における妊娠中に診断された悪性腫瘍の検討., 産婦人科の実際, 産婦人科の実際, 2016年, [査読有り], 10.18888/J00535.2017095139
  • Stromal Cell-Derived Factor-1α Plays a Crucial Role Based on Neuroprotective Role in Neonatal Brain Injury in Rats., Int J Mol Sci, Int J Mol Sci, 2015年08月, [査読有り], 1422-0067, 10.3390/ijms160818018
  • Nationwide demonstration project of next-generation sequencing of cell-free DNA in maternal plasma in Japan: 1-year experience, Haruhiko Sago, Haruhiko Sago, Akihiko Sekizawa, Akihiko Sekizawa, Takahiro Yamada, Toshiaki Endo, Akimune Hukushima, Jun Murotsuki, Kamei Yoshimasa, Satoshi Nanba, Junko Yotsumoto, Hisao Osada, Yasuyo Kasai, Atsushi Watanabe, Yukiko Katagiri, Naoki Takesita, Masaki Ogawa, Tomohiro Tanemoto, Osamu Samura, Michihiro Kitagawa, Takashi Okai, Shun Ichiro Izumi, Haruka Hamanoue, Fumiki Hirahara, Kazufumi Haino, Nobuhiro Suzumori, Naoki Hamajima, Naoki Hamajima, Yoko Okamoto, Hiroaki Nakamura, Takeshi Kanekawa, Jun Yoshimatsu, Hideaki Sawai, Shinya Tairaku, Katsuhiko Naruse, Hisashi Masuyama, Maki Hyodo, Takashi Kaji, Kazutoshi Maeda, Keiichi Matsubara, Masanobu Ogawa, Toshiyuki Yoshizato, Kiyonori Miura, Hideaki Masuzaki, Takashi Ohba, Yukie Kawano, Miyuki Nishiyama, Prenatal Diagnosis, Prenatal Diagnosis, 2015年01月, 0197-3851, 10.1002/pd.4539
  • Nation-wide trial to introduce noninvasive prenatal testing in Japan in which antenatal screening policy is not adopted: one year experience., Prenatal Diangnosis, Prenatal Diangnosis, 2015年, [査読有り]
  • 当院における胎児不整脈(完全房室ブロック)に関する検討., 現代産婦人科, 現代産婦人科, 2014年, [査読有り]
  • Intracellular calcium ion concentrations in endothelial cells in preeclampsia., Hypertension research in pregnancy, Hypertension research in pregnancy, 2014年, [査読有り], 10.14390/jsshp.1.93
  • Estrogen and progesterone play pivotal roles in endothelial progenitor cell proliferation, Yuko Matsubara, Keiichi Matsubara, REPRODUCTIVE BIOLOGY AND ENDOCRINOLOGY, REPRODUCTIVE BIOLOGY AND ENDOCRINOLOGY, 2012年01月, [査読有り], 1477-7827, 10.1186/1477-7827-10-2
  • Endometrial Injury Increases Side Population Cells in the Uterine Endometrium: A Decisive Role of Estrogen, Shinji Hyodo, Keiichi Matsubara, Kenji Kameda, Yuko Matsubara, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2011年05月, [査読有り], 0040-8727, 10.1620/tjem.224.47
  • Changes in serum concentrations of tumor necrosis factor alpha and adhesion molecules in normal pregnant women and those with pregnancy-induced hypertension, K Matsubara, E Abe, H Ochi, Y Kusanagi, M Ito, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 2003年12月, [査読有り], 1341-8076
  • Clinical significance of normalization of uterine artery pulsatility index with maternal heart rate for the evaluation of uterine circulation in pregnancy-induced hypertension, H Ochi, Y Kusanagi, T Katayama, K Matsubara, M Ito, ULTRASOUND IN OBSTETRICS & GYNECOLOGY, ULTRASOUND IN OBSTETRICS & GYNECOLOGY, 2003年05月, [査読有り], 0960-7692, 10.1002/uog.108
  • The influence of the maternal heart rate on the uterine artery pulsatility index in the pregnant ewe, H Ochi, K Matsubara, Y Kusanagi, K Furutani, T Katayama, M Ito, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 1999年, [査読有り], 0378-7346
  • Fetal compromise assessed by Doppler ultrasound of venous flow in pregnancy-induced hypertension, H Ochi, K Matsubara, Y Kusanagi, K Furutani, T Katayama, M Ito, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 1999年, [査読有り], 0378-7346
  • Significance of a diastolic notch in the uterine artery flow velocity waveform induced by uterine embolisation in the pregnant ewe, H Ochi, K Matsubara, Y Kusanagi, H Taniguchi, M Ito, BRITISH JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY, BRITISH JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY, 1998年10月, [査読有り], 0306-5456
  • Hypereosinophilic syndrome in a trisomy 21 fetus, Y Kusanagi, H Ochi, K Matsubara, M Ito, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, 1998年10月, [査読有り], 0029-7844
  • New sonographic findings in a fetus with an interstitial deletion in the long arm of chromosome 14, H Ochi, K Matsubara, Y Kusanagi, M Ito, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, 1998年10月, [査読有り], 0029-7844
  • Prenatal sonographic diagnosis of Treacher Collins syndrome, H Ochi, K Matsubara, M Ito, Y Kusanagi, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, OBSTETRICS AND GYNECOLOGY, 1998年05月, [査読有り], 0029-7844

書籍等出版物

MISC

  • 診療 再発婦人科がんに対する手術療法の検討, 宮上 眸, 宇佐美 知香, 松元 隆, 井上 彩, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 産婦人科の実際, 金原出版(株), 産婦人科の実際, 69, 1, 59, 62, 2020年01月, 0558-4728, <文献概要>再発婦人科がんの多くは化学療法抵抗性を示し,現在のところ確固たる治療法は確立されていない。当科では局所的な再発病変に関して他臓器切除を含めた手術療法を積極的に行っており,2013年以降に当科にて再発と診断し手術療法を行った9例の婦人科がん症例について後方視的検討を行った。再発手術は全例肉眼的残存なく完遂しており,術後3例で再発を認めた。再発からの生存期間は中央値39ヵ月(8〜68ヵ月)であった。再発婦人科がんであっても,局所的な再発でとどまり,手術までの期間他臓器への転移をきたさなければ,消化管・尿路合併切除も含めて積極的な手術療法を行うことで比較的良好な予後が得られた。
  • 画像では検出困難なエストロゲン産生卵巣腫瘍の1例, 高木 香津子, 内倉 友香, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本女性医学学会雑誌, (一社)日本女性医学学会, 日本女性医学学会雑誌, 27, 1, 194, 194, 2019年10月, 2185-8861
  • 内診指接着型オキシメーターを用いたGnRHaの子宮筋腫治療効果評価法, 内倉 友香, 松原 圭一, 高木 香津子, 杉山 隆, 日本女性医学学会雑誌, (一社)日本女性医学学会, 日本女性医学学会雑誌, 27, 1, 206, 206, 2019年10月, 2185-8861
  • 悪性リンパ腫に対してR-CHOP療法を施行した約5年後に発症した周産期心筋症の一例, 行元 志門, 安岡 稔晃, 松元 隆, 恩地 裕史, 松本 唯, 加藤 宏章, 横山 真紀, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 68, Suppl., S48, S48, 2019年09月, 1882-482X
  • 当院における6年間の無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)外来受診妊婦の推移と課題, 松本 唯, 松原 裕子, 松原 圭一, 行元 志門, 恩地 裕史, 加藤 宏章, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 藤岡 徹, 松元 隆, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 68, Suppl., S53, S53, 2019年09月, 1882-482X
  • 外科的治療および術後補助化学療法を施行した腟原発悪性黒色腫の1例, 加藤 宏章, 藤岡 徹, 行元 志門, 恩地 裕史, 松本 唯, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 68, Suppl., S64, S64, 2019年09月, 1882-482X
  • 転写関連因子high-mobility group A1 proteinの細胞外流出は妊娠高血圧腎症の病態に関与しているのか?, 内倉 友香, 松原 圭一, 松原 裕子, 高木 香津子, 杉山 隆, 日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会, 日本妊娠高血圧学会雑誌, 26, 74, 74, 2019年09月, 1880-3172
  • 地域住民コホート研究、東温スタディにおける出生体重と将来の2型糖尿病発症の関連についての検討, 横山 真紀, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 斉藤 功, 杉山 隆, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 日本女性栄養・代謝学会, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 76, 76, 2019年09月
  • 当院におけるWilson病合併妊娠の1例, 高木 香津子, 横山 真紀, 内倉 友香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 日本女性栄養・代謝学会, 日本女性栄養・代謝学会学術集会プログラム・抄録集, 43回, 78, 78, 2019年09月
  • 妊娠期の睡眠と情報通信機器使用, 高田 律美, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 山崎 宮英子, 勝田 理恵, 杉山 隆, 岡 靖哲, 不眠研究, メディカルフロントインターナショナル(有), 不眠研究, 2019, 19, 22, 2019年09月, 1881-4468, 愛媛大学医学部附属病院・産科外来を妊婦健診のために受診した妊婦58名(平均年齢34.2歳、妊娠初期31名、中期24名、後期3名)を対象に、妊娠期に経験される睡眠の問題と情報通信機器使用の実態について質問紙調査を実施した。調査には睡眠問診票とメディア使用状況調査票を用いた。対象者のうち、就労している者は25名、主婦は30名であった。平日の平均就寝時刻は23時12分、平均起床時刻は7時7分、夜間の平均睡眠時間は7時間13分であった。午睡を取るのは平均週2.7日、平均昼寝時間は61分/日であった。1日あたりの情報通信機器への平均接触時間は、テレビが5時間52分、スマートフォン3時間18分、パソコン1時間6分であった。テレビに毎日平均10時間以上接触している妊婦は23.9%、スマートフォンに1日平均10時間以上接触している妊婦は2.0%であった。対象者52名は、平均的なオンラインユーザーであったが、5名にはインターネットによる問題があり、生活に影響を与えている可能性が示された。
  • 初期研修医および専攻医におけるTLH執刀に向けたトレーニング法に関する検討, 行元 志門, 藤岡 徹, 恩地 裕史, 松本 唯, 加藤 宏章, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, Suppl.I, 120, 120, 2019年08月, 1884-9938
  • ロボティックスコープホルダー(Soloassist)による術式変化の可能性, 松原 裕子, 松原 圭一, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 内倉 友香, 井上 彩, 横山 真紀, 恩地 裕史, 松本 唯, 藤岡 徹, 松元 隆, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, Suppl.I, 184, 184, 2019年08月, 1884-9938
  • 画像では検出困難なエストロゲン産生卵巣腫瘍の1例, 高木 香津子, 行元 志門, 恩地 裕史, 松本 唯, 加藤 宏章, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, Suppl.I, 257, 257, 2019年08月, 1884-9938
  • 腟原発悪性黒色腫の1例, 恩地 裕史, 藤岡 徹, 行元 志門, 松本 唯, 加藤 宏章, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, Suppl.I, 289, 289, 2019年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下子宮全摘術後に臍部の5mmポート孔に発生した大網ヘルニアの1例, 内倉 友香, 松原 圭一, 行本 志門, 松本 唯, 恩地 裕史, 加藤 宏章, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, Suppl.I, 305, 305, 2019年08月, 1884-9938
  • 当院における妊孕性温存を目的とした初期子宮体がんに対する高用量medroxyprogesterone acetate療法の治療成績, 安岡 稔晃, 井上 翔太, 今井 統, 恩地 裕史, 宮上 眸, 横山 真紀, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, 2, 275, 278, 2019年06月, 1882-482X, 本邦では近年の晩婚化や出産年齢の高齢化など、女性のライフスタイルの変化に伴い若年性子宮体がんの患者が増加している。子宮体がんの根治のためには妊孕性を失うこととなるが、妊孕性温存治療としての高用量酢酸メドロキシプロゲステロン(medroxyprogesterone acetate:MPA)療法が行われその有効性が現在までに示されている。2008年1月から2018年6月の期間、当院において妊孕性温存を希望したIA期かつ類内膜腺がんG1(以下EMG1)の子宮体がん:13例、子宮内膜異型増殖症(以下AEH):9例の合計21例を対象として、高用量MPA療法(600mg/日)を施行した症例について、後方視的に検討した。初回治療時の年齢の中央値は34.8歳(25-46歳)、BMIの中央値は30.3kg/m2(15-57kg/m2)で、全例で未妊であった。21例のうち、16例(76.2%)で病変消失を認めた。病理組織別の内訳は、EMG1は13例のうち9例(69.2%)で病変消失を認め、そのうち3例(33.3%)に再発した。AEHの8例では7例(87.5%)で病変消失を認め、そのうち2例(28.6%)で再発を認めた。再発例3例、病変残存例5例、分娩後1例に対して子宮摘出を行った。術後の病理組織はEMG1:7例、AEH:1例であった。また、病変残存例のEMG1:2例、AEH:1例、再発のEMG1:1例において、反復して高用量MPA療法を施行した結果、病変は消失している。他臓器への転移再発、重篤な血栓症の併発および死亡症例は認めなかった。また、子宮温存例のうち8例(38.1%)が妊娠に至り、5例が分娩に至り生児を得ている。妊娠例のうち、自然妊娠:1例、排卵誘発:2例、AIH:1例、IVF:4例であった。高用量MPA療法は妊孕性温存希望のEMG1、AEHにとって、本邦で施行可能な唯一の治療法である。当院においても分娩まで至る症例を経験しているが、その一方で再発率も高く、慎重かつ長期間の経過観察が必要である。(著者抄録)
  • 多発転移を来した再発子宮体がんに対し、medroxyprogesterone acetate療法が著効し長期に再発病巣の進行を抑制できた1例, 安岡 稔晃, 井上 翔太, 今井 統, 恩地 裕史, 宮上 眸, 横山 真紀, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, 2, 291, 295, 2019年06月, 1882-482X, 手術不能な再発子宮体がんに対する治療は、化学療法や放射線治療を中心に行われるが、患者の予後や全身状態を勘案し症例ごとの検討が必要である。今回、左臼蓋骨転移および多発肺転移を来した再発子宮体がんに対し、化学療法と放射線治療を行なった後、酢酸メドロキシプロゲステロン(medroxyprogesterone acetate:MPA)療法および骨修飾薬によって3年以上再発病巣の進行を抑制できた症例を経験したので報告する。症例は57歳(初発時)、未妊、既往歴に特記すべき事なし。初回治療として準広汎子宮全摘術、骨盤リンパ節郭清術、傍大動脈リンパ節生検を施行し、pT1bN0M0、類内膜腺がんgrade 1と診断した。術後補助化学療法としてDC療法(ドセタキセル+カルボプラチン)を3サイクル施行したが、10ヵ月後に左臼蓋骨転移を来したため放射線治療を施行した。その後はDC療法3サイクル及びゾレドロン酸の投与を施行したが、1年後には多発肺転移を来した。DC療法を行うと多発肺転移病巣は縮小するも休薬すると再燃する、という経過を辿っていた。病理組織の免疫組織化学染色では、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体陽性であり、再発から5年後にMPA療法、RANKL阻害剤の投与に治療を変更した。その1年後には左腸骨、左中臀筋、大臀筋の再発腫瘤が増大し、同部位に放射線治療を施行したが、その後3年以上再発巣は増大なく経過している。MPA療法は再発子宮体がんにおける有用な治療選択肢と考えられる。(著者抄録)
  • 妊娠35週で脾破裂を発症したKlippel-Trenaunay-Weber症候群の1例, 高木 香津子, 横山 真紀, 内倉 友香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55, 2, 558, 558, 2019年06月, 1348-964X
  • 妊娠後期に胎児巨大膀胱を認め、出生後、馬尾退行症候群と診断された一例, 内倉 友香, 横山 真紀, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55, 2, 576, 576, 2019年06月, 1348-964X
  • 異なる経過をたどった多発性硬化症合併妊娠の2例, 松原 裕子, 横山 真紀, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55, 2, 661, 661, 2019年06月, 1348-964X
  • 帝王切開と産後うつ症状リスクの関連 九州・沖縄母子保健研究, 横山 真紀, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 55, 2, 682, 682, 2019年06月, 1348-964X
  • 分娩直前に初めて子宮頸部腫瘤を指摘され当院で管理を行った2例, 松原 裕子, 恩地 裕史, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37, 3, 496, 496, 2019年06月, 1347-8559
  • 当科における腹腔鏡下膀胱子宮靱帯前層処理の検討, 恩地 裕史, 藤岡 徹, 松本 唯, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37, 3, 506, 506, 2019年06月, 1347-8559
  • 再発婦人科がんに対する他臓器合併切除を含めた手術療法の検討, 松元 隆, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 井上 彩, 恩地 裕史, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37, 3, 552, 552, 2019年06月, 1347-8559
  • 骨盤内臓全摘術を施行した腟悪性黒色腫の2例, 宇佐美 知香, 松元 隆, 藤岡 徹, 恩地 裕史, 安岡 稔晃, 井上 彩, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 37, 3, 585, 585, 2019年06月, 1347-8559
  • 当院で経験した2型糖尿病合併高度肥満妊娠(BMI:54.6)の一例, 今井 統, 内倉 友香, 井上 翔太, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本女性栄養・代謝学会誌, 日本女性栄養・代謝学会, 日本女性栄養・代謝学会誌, 25, 73, 74, 2019年06月
  • ソロサージャリーシステムを用いた単孔式手術, 高木 香津子, 松原 圭一, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 35, 1, 225, 229, 2019年04月, 1884-9938, 22歳女性。妊娠11週の妊婦健診で充実性部分を含む左卵巣嚢腫を指摘された。MRIで骨盤腔の左側に4cm大の腫瘤を認め、内溶液は脂肪抑制され、DWIで高信号を示す壁在結節が見られた。左卵巣の成熟嚢胞奇形腫と診断し、分娩後に手術を予定した。分娩後も卵巣嚢腫の大きさは変わらず、腹腔鏡手術を施行した。手術は臍部にE・ Z-アクセスとラッププロテクターを留置した後、ViKY EPシステムを設置し、単孔式による腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術を行った。完全なストレスフリーではなかったが、鉗子が当たってもカメラがぶれず、術者の手を邪魔する前立ちもないため、容易に手術を行うことができた。手術時間は2時間とやや長かったが、スムーズに手術を完遂できた。病理診断は成熟嚢胞奇形腫で、術後3日に軽快退院となった。ViKY EPシステムを用いることで、単孔式手術の応用性が広がり、ソロサージャリーに繋がると考えられた。
  • 当院で経験した2型糖尿病合併高度肥満妊娠(妊娠前BMI:55.9)の一例, 内倉 友香, 今井 統, 井上 翔太, 恩地 裕史, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本内分泌学会雑誌, (一社)日本内分泌学会, 日本内分泌学会雑誌, 95, 1, 466, 466, 2019年04月, 0029-0661
  • 再発婦人科がんに対する手術療法の検討, 宮上 眸, 松元 隆, 宇佐美 知香, 井上 翔太, 今井 統, 恩地 裕史, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 71, 臨増, S, 318, 2019年02月, 0300-9165
  • 当院における妊孕性温存を目的とした初期子宮体癌に対する高用量MPA療法の治療成績, 安岡 稔晃, 恩地 裕史, 宮上 眸, 横山 真紀, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 71, 臨増, S, 337, 2019年02月, 0300-9165
  • 異なる経過をたどった多発性硬化症合併妊娠の2例, 松原 裕子, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 71, 臨増, S, 368, 2019年02月, 0300-9165
  • 地域住民コホート研究,東温スタディにおける出生体重と将来の糖尿病発症の関連についての検討, 横山 真紀, 井上 翔太, 今井 統, 恩地 裕史, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 71, 臨増, S, 478, 2019年02月, 0300-9165
  • 当院における妊婦のMycoplasma hominis感染に関する検討, 内倉 友香, 今井 統, 井上 翔太, 恩地 裕史, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 71, 臨増, S, 573, 2019年02月, 0300-9165
  • 当院における子宮良性疾患に対するTLH(total laparoscopic hysterectomy)の後方視的検討 肥満症例と非肥満症例の比較, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, 1, 11, 16, 2018年12月, 1882-482X, 【目的】肥満・非肥満女性間の良性腫瘍に対する全腹腔鏡下子宮摘出術(total laparoscopic hysterectomy:TLH)における周術期合併症に関する比較検討を行った。【方法】当院において2011年1月から2015年12月までに子宮良性疾患に対してTLHを施行した164例を対象とし、非肥満群(BMI<25)・肥満(BMI≧25)間の臨床背景や周術期合併症等について比較検討を行った【成績】非肥満群は129人(78.6%)、肥満群は35人(21.4%)であった。術前の基礎疾患合併症では、高血圧症、糖尿病、脂質代謝異常、血栓塞栓症を有する頻度が肥満群で有意に高かった。平均出血量は、両群間に有意差を認めなかった(非肥満群vs.肥満群:115.7±187.6g vs.163.9±221.6g、p=0.2)。平均手術時間は、肥満群において有意に長かった(非肥満群vs.非肥満群:200.7±70.7分vs.244.4±82.0分、p=0.002)。平均摘出組織の重量、入院日数は、両群間で差を認めなかった。周術期合併症では、創部感染、臓器損傷、血栓塞栓症、腟断端部血腫の発生率のいずれも両群間で差を認めなかった。手術時間に関連する因子を多変量解析により解析した結果、肥満の存在と出血量が手術時間に関連する因子であることが判明した。【結論】肥満症例においても術前・術中の管理を適切に行えば、非肥満症例と同様にTLHを安全に施行できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 半夏白朮天麻湯が月経前緊張症に著効した1症例, 高木 香津子, 杉山 隆, 内倉 友香, 松原 圭一, 日本女性医学学会雑誌, (一社)日本女性医学学会, 日本女性医学学会雑誌, 26, Suppl., 202, 202, 2018年10月, 2185-8861
  • 末梢ルートでの婦人科がん化学療法のNK1受容体阻害剤はアプレピタントが望ましい, 松元 隆, 宇佐美 知香, 森 奈月, 安岡 稔晃, 井上 翔太, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本癌治療学会学術集会抄録集, (一社)日本癌治療学会, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 56回, P30, 5, 2018年10月
  • 腟断端陽性であった子宮頸部胃型腺癌の2例, 宇佐美 知香, 松元 隆, 井上 翔太, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本癌治療学会学術集会抄録集, (一社)日本癌治療学会, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 56回, P95, 6, 2018年10月
  • 母体の高脂肪食が次世代の生活習慣病発症に関与するメカニズムの検討, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本女性医学学会雑誌, (一社)日本女性医学学会, 日本女性医学学会雑誌, 26, Suppl., 201, 201, 2018年10月, 2185-8861
  • 腹腔鏡下手術における癒着防止に関する考察 AdSprayを用いて, 恩地 裕史, 松原 裕子, 松原 圭一, 藤岡 徹, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, Suppl., S83, S83, 2018年09月, 1882-482X
  • 腹腔鏡下骨盤内臓全摘術を施行した婦人科悪性腫瘍の2例, 井上 翔太, 松元 隆, 藤岡 徹, 宇佐美 知香, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, Suppl., S87, S87, 2018年09月, 1882-482X
  • 妊娠を契機に成人Still病が再発・増悪した2例, 今井 統, 内倉 友香, 井上 翔太, 恩地 裕史, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 67, Suppl., S73, S74, 2018年09月, 1882-482X
  • 腹腔鏡下に骨盤内臓全摘術を施行した2症例, 宇佐美 知香, 松元 隆, 井上 翔太, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 261, 261, 2018年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下手術を行った多嚢胞性腹膜中皮腫の一例, 今井 統, 藤岡 徹, 井上 翔太, 恩地 裕史, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 263, 263, 2018年08月, 1884-9938
  • 医学部生および初期研修における腹腔鏡下縫合結紮トレーニング法の試み, 楠瀬 祥子, 藤岡 徹, 井上 翔太, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 289, 289, 2018年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下手術における癒着防止に関する考察 AdSprayを用いて, 松原 裕子, 松原 圭一, 藤岡 徹, 吉田 文香, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 300, 300, 2018年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下腫瘍摘出術を行った嚢胞性子宮腺筋症の一例, 井上 翔太, 藤岡 徹, 松元 隆, 今井 統, 恩地 裕史, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 328, 328, 2018年08月, 1884-9938
  • ソロサージャリーを目指す単孔式腹腔鏡手術, 高木 香津子, 松原 圭一, 今井 統, 井上 翔太, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 389, 389, 2018年08月, 1884-9938
  • 初期研修医におけるTLH執刀に向けたトレーニング, 井上 翔太, 藤岡 徹, 吉田 文香, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 33, 33, 2018年08月
  • 腹腔鏡下手術における癒着防止に関する考察, 松原 裕子, 松原 圭一, 藤岡 徹, 高木 香津子, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 宮上 眸, 吉田 文香, 松元 隆, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 35, 35, 2018年08月
  • 腹腔鏡下骨盤内臓全摘術を施行した再発腟断端癌の1例, 井上 翔太, 松元 隆, 藤岡 徹, 宇佐美 知香, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 43, 43, 2018年08月
  • 当院における過去5年間の卵巣腫瘍合併妊娠に対する腹腔鏡下手術の検討, 内倉 友香, 藤岡 徹, 井上 翔太, 今井 統, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 34, Suppl.I, 358, 358, 2018年08月, 1884-9938
  • 当院で管理した先天性QT延長症候群合併妊娠, 吉田 文香, 松原 裕子, 上野 愛実, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 26, 26, 2018年08月
  • 医学部学生の学習意欲向上に向けた産科シミュレーション教育の有用性, 立花 央, 松原 圭一, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 宮上 眸, 吉田 文香, 藤岡 徹, 松元 隆, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 36, 37, 2018年08月
  • 当院で経験した2型糖尿病合併高度肥満妊娠(妊娠前BMI:55.9)の一例, 今井 統, 内倉 友香, 井上 翔太, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 40, 40, 2018年08月
  • 当院における妊婦のMycoplasma hominis感染についての検討, 内倉 友香, 今井 統, 井上 翔太, 吉田 文香, 宮上 眸, 横山 真紀, 安岡 稔晃, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 54, 51, 51, 2018年08月
  • 腹腔鏡下手術における5mmポートを用いたセプラフィルム貼付の工夫, 井上 翔太, 藤岡 徹, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 産婦人科手術, (株)メジカルビュー社, 産婦人科手術, 29, 181, 181, 2018年06月, 0915-8375
  • 当院で経験した2型糖尿病合併高度肥満妊娠(妊娠前BMI:55.9)の一例, 内倉 友香, 吉田 文香, 宮上 眸, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 715, 715, 2018年06月, 1348-964X
  • 妊娠中に子宮内膜症性嚢胞の脱落膜変化を疑い腹腔鏡下手術を施行した卵巣癌の一例, 内倉 友香, 藤岡 徹, 吉田 文香, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 66, 2, 219, 222, 2018年06月, 1882-482X, 妊娠中に卵巣腫瘍を指摘される頻度は、0.2〜2%であり、そのうち悪性腫瘍は1〜6%と稀であり、多くは良性腫瘍である。妊娠中に施行できる検査は制限があり、その結果、診断が遅れて予後に影響を及ぼす可能性もあるため、正確な診療情報を収集し治療方針を決める必要がある。今回、我々は子宮内膜症性嚢胞の脱落膜変化を疑い腹腔鏡下手術を施行し、卵巣癌であった症例を経験したので、文献的考察を加えて報告する。【症例】31歳、1妊0産の女性が凍結胚移植にて妊娠成立した。妊娠前より4cm大の左卵巣嚢腫を認めており、妊娠成立後、腹痛が持続するため、妊娠9週4日、精査・管理目的で当科外来を紹介された。画像所見より左子宮内膜症性嚢胞の脱落膜変化を疑い、妊娠16週1日、腹腔鏡下手術を施行した。病理組織検査の結果は、endometrioid adenocarcinoma、G2であった。妊娠19週より術前化学療法(TC療法3サイクル)を施行し、妊娠30週1日、帝王切開術及び子宮全摘術、右付属器切除術、大網切除術、骨盤リンパ節郭清術、傍大動脈リンパ節生検を施行した。病理組織診断にて腫瘍の遺残はみられなかった。【考察】卵巣腫瘍合併妊娠では、治療方法に一定の見解がないため、時に周産期のみならず腫瘍、新生児など多角的視点より連携を図りながら治療方針を決定する必要がある。隔壁の肥厚や充実部分、乳頭状結節などの病変を伴う腫瘍に関しては、一般的には手術療法を選択するが、子宮内膜症性嚢胞の脱落膜変化と鑑別が困難な場合があり、妊娠前より卵巣腫瘍が指摘されている場合は、腫瘍の経時的な変化やMRI検査におけるADC値などを参考に十分な術前検討の上、管理方針を決定する必要があろう。(著者抄録)
  • 習慣流産に対し高用量ガンマグロブリン療法施行後、妊娠19週に前期破水を生じたがlate pretermまで妊娠継続し得た一例, 村上 祥子, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 安岡 稔晃, 宇佐美 知香, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 66, 2, 351, 355, 2018年06月, 1882-482X, 近年、国内において習慣流産に対する高用量ガンマグロブリン療法が注目されている。今回、妊娠初期の習慣流産患者に高用量ガンマグロブリンを投与したが、妊娠19週に前期破水(PROM)し、その後長期間の入院管理後妊娠34週に無事生児を得ることのできた症例を経験した。症例は30歳女性、G8P0。原因不明の習慣流産と診断され、当院に紹介となった。妊娠成立後、プロゲステロン・ヘパリン・柴苓湯・低用量アスピリンの投与を開始するとともに、妊娠5週に高用量ガンマグロブリンを5日間投与した。妊娠8週時に重症妊娠悪阻・絨毛膜下血腫を発症したため入院管理した後、妊娠19週、preterm PROM(pPROM)を発症し、妊娠継続の希望があったため長期間のtocolysisをはかり、超音波検査で胎児の状態を評価しながら管理した。この間、断続的な羊水流出を認めたものの羊水腔は維持されていた。妊娠34週、羊水腔の減少と児頭の発育停止傾向を認めたため塩酸リトドリン・硫酸マグネシウムの投与を中止したところ、直ちに陣痛が発来し、体重1,674gの女児をApgar Score 6/9点で娩出した。児には軽度の肺低形成が認められたが、酸素投与から離脱し順調に成長している。なお組織学的絨毛膜羊膜炎は認められなかった。妊娠前半期に破水しても、本症例のように明らかな絨毛膜羊膜炎を伴わない症例では妊娠期間を長期にわたって延長できる可能性が示唆された。一方、高用量ガンマグロブリン療法は原因不明の習慣流産に対してその有効性が認められた。(著者抄録)
  • 当院で管理した先天性QT延長症候群合併妊娠, 吉田 文香, 松原 裕子, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 535, 535, 2018年06月, 1348-964X
  • 妊娠初期に胎児水腫と診断その後軽快し、妊娠継続した4例の周産期予後について, 松原 裕子, 吉田 文香, 宮上 眸, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 697, 697, 2018年06月, 1348-964X
  • 不育症を契機に母体の不均衡型転座を認め、生児を得た1例, 宮上 眸, 高木 香津子, 吉田 文香, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 711, 711, 2018年06月, 1348-964X
  • 当院における精神疾患合併妊娠の現状, 高木 香津子, 吉田 文香, 宮上 眸, 内倉 友香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 54, 2, 758, 758, 2018年06月, 1348-964X
  • 静脈血栓塞栓症を合併する卵巣癌に対するDOAC単剤療法における周術期管理, 安岡 稔晃, 吉田 文香, 宮上 眸, 上野 愛実, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 964, 964, 2018年02月, 0300-9165
  • 当院における精神疾患合併妊娠の現状, 高木 香津子, 松原 裕子, 吉田 文香, 宮上 眸, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 709, 709, 2018年02月, 0300-9165
  • 妊娠初期に胎児水腫と診断その後軽快し,妊娠継続した4例の周産期予後について, 松原 裕子, 吉田 文香, 上野 愛実, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 815, 815, 2018年02月, 0300-9165
  • 妊娠高血圧症候群の胎盤におけるHMGA1の役割, 内倉 友香, 松原 圭一, 吉田 文香, 宮上 眸, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 882, 882, 2018年02月, 0300-9165
  • 当院で管理した先天性QT延長症候群合併妊娠, 吉田 文香, 松原 裕子, 上野 愛実, 宮上 眸, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 70, 2, 895, 895, 2018年02月, 0300-9165
  • ベバシズマブはいつまで投与すればよいのか?, 松元 隆, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 吉田 文香, 井上 翔太, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本癌治療学会学術集会抄録集, (一社)日本癌治療学会, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, P59, 7, 2017年10月
  • angiotensin II受容体subtype2刺激薬はsFlt-1を介して妊娠高血圧症候群を予防する, 松原 圭一, 松原 裕子, 藤岡 徹, 内倉 友香, 高木 香津子, 松元 隆, 宇佐美 知香, 上野 愛実, 吉田 文香, 安岡 稔晃, 杉山 隆, 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, (NPO)日本高血圧学会, 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 40回, 363, 363, 2017年10月
  • ベバシズマブはいつまで投与すればよいのか?, 上野 愛実, 松元 隆, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 吉田 文香, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 66, Suppl., S55, S55, 2017年09月, 1882-482X
  • 妊娠期から産褥期までを支援する姿勢補整と骨盤矯正機能を付加したサポートアンダーウェアの開発, 城賀本 晶子, 浜 耕子, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 母性衛生, (公社)日本母性衛生学会, 母性衛生, 58, 3, 220, 220, 2017年09月, 0388-1512
  • 姿勢補整と骨盤矯正機能を付加したサポートアンダーウェアの着用が身体に与える影響, 城賀本 晶子, 浜 耕子, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 母性衛生, (公社)日本母性衛生学会, 母性衛生, 58, 3, 221, 221, 2017年09月, 0388-1512
  • 当院で特定妊婦として介入し、産後早期に乳児院管理を要した2例, 吉田 文香, 松原 裕子, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 66, Suppl., S37, S38, 2017年09月, 1882-482X
  • 当院におけるTurner症候群の管理, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 井上 彩, 安岡 稔晃, 村上 祥子, 上野 愛実, 濱田 雄行, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 25, 25, 2017年08月
  • 当院における腹腔鏡下広汎子宮全摘術におけるTips, 松原 圭一, 藤岡 徹, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 村上 祥子, 上野 愛実, 濱田 雄行, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 27, 27, 2017年08月
  • 当院における腹腔鏡トレーニング, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 27, 28, 2017年08月
  • 子宮トランスイルミネーターを用いた腹腔鏡下手術の工夫, 村上 祥子, 藤岡 徹, 上野 愛実, 井上 彩, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 28, 28, 2017年08月
  • 腹腔鏡下手術における5mmポートを用いたセプラフィルム貼付の工夫, 井上 翔太, 藤岡 徹, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 39, 40, 2017年08月
  • 当科における腹腔鏡下膀胱子宮靱帯前層処理の検討, 上野 愛実, 藤岡 徹, 吉田 文香, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 315, 315, 2017年08月, 1884-9938
  • 当院における腹腔鏡下広汎子宮全摘術におけるTips, 宇佐美 知香, 松原 圭一, 藤岡 徹, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 吉田 文香, 上野 愛実, 松元 隆, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 498, 498, 2017年08月, 1884-9938
  • 子宮トランスイルミネーターを用いた腹腔鏡下手術の工夫, 高木 香津子, 藤岡 徹, 村上 祥子, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 786, 786, 2017年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下手術における5mmポートを用いたセプラフィルム貼付の工夫, 井上 翔太, 藤岡 徹, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 817, 817, 2017年08月, 1884-9938
  • 術後に稀な骨盤内嚢胞性疾患と診断された2症例, 甲谷 秀子, 松原 圭一, 金子 久恵, 田坂 美恵, 北澤 荘平, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 1350, 1350, 2017年08月, 1884-9938
  • 胎児超音波検査で心奇形・前胸部皮膚欠損・胸骨裂を認め、出生後顔面血管腫によりPHACES症候群と診断された1例, 高木 香津子, 松原 圭一, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松元 隆, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 24, 24, 2017年08月
  • 当院における広汎子宮頸部摘出術後妊娠例の報告, 井上 彩, 藤岡 徹, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 25, 26, 2017年08月
  • 胎児腹腔内臍帯静脈瘤の一例, 桐山 洋介, 松原 裕子, 上野 愛美, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 31, 31, 2017年08月
  • 当院における精神疾患合併妊婦 乳児院管理が必要となった症例, 吉田 文香, 松原 裕子, 上野 愛美, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 35, 36, 2017年08月
  • 間葉性異形成胎盤の1例, 高木 香津子, 松原 圭一, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 38, 38, 2017年08月
  • 悪性腫瘍が疑われた卵巣腫瘍合併妊娠の2例, 内倉 友香, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 38, 39, 2017年08月
  • 間葉性異形成胎盤の1例, 高木 香津子, 松原 圭一, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 53, 46, 46, 2017年08月
  • 子宮内膜症性嚢胞の脱落膜変化を疑い腹腔鏡手術を施行した卵巣嚢腫合併妊娠の1例, 内倉 友香, 藤岡 徹, 吉田 文香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, Suppl.I, 1192, 1192, 2017年08月, 1884-9938
  • 異なる経過をたどった胎児腹腔内臍帯静脈瘤の2例, 松原 裕子, 高木 香津子, 内倉 友香, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, 2, 660, 660, 2017年06月, 1348-964X
  • 子宮頸部由来の分娩筋腫の表層部に発生した子宮頸部扁平上皮癌の1例, 上野 愛実, 藤岡 徹, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 35, 3, 578, 578, 2017年06月, 1347-8559
  • 当院における進行再発子宮頸がんに対するベバシズマブを用いた治療経験, 宇佐美 知香, 松元 隆, 安岡 稔晃, 井上 彩, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 35, 3, 618, 618, 2017年06月, 1347-8559
  • DOAC単剤療法により周術期管理を行った卵巣癌10例の検討, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 35, 3, 631, 631, 2017年06月, 1347-8559
  • ベバシズマブはいつまで投与すればよいのか?, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 35, 3, 635, 635, 2017年06月, 1347-8559
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術を安全に行うためのdevice選択, 松原 圭一, 藤岡 徹, 宇佐美 知香, 井上 彩, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 濱田 雄行, 内倉 友香, 上野 愛実, 高木 香津子, 松元 隆, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 35, 3, 657, 657, 2017年06月, 1347-8559
  • 当院における妊婦のMycoplasma hominis感染についての検討, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, 2, 624, 624, 2017年06月, 1348-964X
  • 羊水過少、小脳虫部欠損を認め、出生後Joubert症候群と診断された1例, 高木 香津子, 内倉 友香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 森谷 友造, 江口 真理子, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 53, 2, 701, 701, 2017年06月, 1348-964X
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術を安全に行うためのdevice選択, 松原 圭一, 藤岡 徹, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 村上 祥子, 上野 愛実, 濱田 雄行, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 65, 2, 253, 258, 2017年05月, 1882-482X, 早期の子宮頸がんには開腹による広汎子宮全摘術や放射線治療が一般的に用いられているが、近年、腹腔鏡下手術によって患者への身体的負担を軽減することができるようになった。腹腔鏡下手術は開腹手術に比べて術中出血量が少なく、早期回復により経済的負担を軽減できる。当院では昨年からの1年間で6例の腹腔鏡下広汎子宮全摘術を行い、満足のいく成績を納めている。2016年、当院でも本術式が厚生労働省から先進医療として認められ、子宮頸がんの臨床進行期IA2、IB1、IIA1の症例に対して腹腔鏡下広汎子宮全摘術を行うことができるようになった。しかしながら、開腹術とは異なり、腹腔鏡下に手術を行うには手術における十分な術野を確保し、結紮縫合や止血操作などの困難さを解決するために適切なdeviceを使用する必要がある。止血操作・靱帯の切断・リンパ節郭清などにおいて我々が使用しているdeviceについて考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • 治療抵抗性再発卵巣顆粒膜細胞腫に対してMPA療法が臨床的に有用であった一例, 井上 彩, 松元 隆, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 65, 2, 201, 205, 2017年05月, 1882-482X, 卵巣顆粒膜細胞腫は比較的まれな卵巣性索間質性腫瘍である。一般的には良好な経過を辿るとされているが、進行が緩徐でまれに晩期再発をきたし、治療に難渋する症例を経験することがある。今回初回治療後9年を経過して再発した治療抵抗性の症例に対して、MPA療法が臨床的に有用であった一例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 女性の肥満 産婦人科領域からみた女性の肥満, 杉山 隆, 上野 愛実, 南條 眸, 横山 真紀, 村上 祥子, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松原 圭一, 肥満研究, (一社)日本肥満学会, 肥満研究, 23, 1, 15, 20, 2017年04月, 1343-229X, わが国における生殖年齢の女性における肥満の頻度は増加傾向に転じている。肥満は月経不順や多嚢胞性卵巣症候群、妊娠中の合併症に関連することはよく知られている。さらに母体肥満は、子宮内環境を介して次世代の生活習慣病発症のみならず精神・神経活動にも悪影響を与える可能性が最近の疫学研究や基礎研究により明らかになってきた。とくに妊娠に関しては、晩産化が進んでおり、BMI増加も加わり、今後わが国においても女性の肥満と関連疾患に遭遇する機会は増加すると予想される。本稿では、産婦人科領域からみた女性の肥満について上記内容を中心に概説する。(著者抄録)
  • 腹腔鏡下修復術を行った帝王切開瘢痕症候群の1例, 安岡 稔晃, 藤岡 徹, 上野 愛実, 村上 祥子, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 森 美妃, 田中 寛希, 松元 隆, 松原 裕子, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 33, 1, 121, 125, 2017年04月, 1884-9938, 33歳(1経妊1経産)。帝王切開術施行10年後に下腹部痛を主訴に近医を受診し、経腟超音波にて子宮体下部に嚢胞状の憩室を認めた。6ヵ月後にも同様の症状を繰り返したため前医を紹介され、MRIで帝王切開術瘢痕部筋層の菲薄化、嚢胞状憩室を指摘され、手術目的で今回、受診となった。経腟超音波では子宮体下部の帝王切開術瘢痕部と思われる部位に約30mmの嚢胞性病変を認め、嚢胞状憩室を形成した帝王切開瘢痕症候群と診断された。腹腔鏡下に帝王切開瘢痕部修復術を行ったところ、術後は腹痛は改善し、経過良好にて術後5日目に退院となった。
  • Role of High-Mobility Group A1 Protein in Preeclampsia., Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Takashi Sugiyama, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 24, 278A, 278A, 2017年03月, 1933-7191
  • sFlt-1 Production Is Modulated Through the Activation of Angiotensin II Receptor Subtype 2 in Preeclampsia, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Yuka Uchikura, Takashi Sugiyama, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 24, 221A, 222A, 2017年03月, 1933-7191
  • 当院における進行再発子宮頸癌に対するベバシズマブの使用経験, 宇佐美 知香, 松元 隆, 井上 彩, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 921, 921, 2017年02月, 0300-9165
  • 腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術におけるThiel法固定cadaverを用いたトレーニング, 藤岡 徹, 宇佐美 知香, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 956, 956, 2017年02月, 0300-9165
  • TLH執刀にむけたゼロからのトレーニング, 上野 愛実, 藤岡 徹, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 957, 957, 2017年02月, 0300-9165
  • 絨毛細胞・血管内皮細胞によるsFlt-1産生にAngiotensin IIが重要な役割を果たしている, 内倉 友香, 松原 圭一, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 755, 755, 2017年02月, 0300-9165
  • angiotensin II受容体subtype 2刺激薬はsFlt-1を介して妊娠高血圧症候群を予防する, 松原 裕子, 松原 圭一, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 内倉 友香, 松元 隆, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 987, 987, 2017年02月, 0300-9165
  • 当院における分娩時学生実習同意の現状と課題, 村上 祥子, 松原 圭一, 上野 愛実, 高木 香津子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松元 隆, 松原 裕子, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 69, 2, 1037, 1037, 2017年02月, 0300-9165
  • New definition and classification of &quot;Hypertensive Disorders of Pregnancy (HDP)&quot;, Hypertension Research in Pregnancy, Hypertension Research in Pregnancy, 5, 39, 40, 2017年
  • 再発子宮頸癌におけるBev併用TC療法およびPTX/Topotecan療法の安全性および有効性, 松元 隆, 宇佐美 知香, 井上 彩, 安岡 稔晃, 村上 祥子, 上野 愛実, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 浜田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本癌治療学会学術集会抄録集, (一社)日本癌治療学会, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回, P79, 1, 2016年10月
  • 当院におけるTurner症候群の管理, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本女性医学学会雑誌, (一社)日本女性医学学会, 日本女性医学学会雑誌, 24, Suppl., 126, 126, 2016年10月, 2185-8861
  • 当院における肥満症例に対する腹腔鏡手術の後方視的検討, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松原 圭一, 松元 隆, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 65, Suppl., S72, S72, 2016年09月, 1882-482X
  • 再発子宮頸癌におけるベバシズマブの臨床的有用性についての検討, 上野 愛実, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 村上 祥子, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 65, Suppl., S82, S82, 2016年09月, 1882-482X
  • 不育症に対しγグロブリン療法施行後、妊娠19週に前期破水を生じlate pretermまで妊娠継続し得た一例, 村上 祥子, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 上野 愛実, 高木 香津子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 宇佐美 知香, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 杉山 隆, 現代産婦人科, 中国四国産科婦人科学会, 現代産婦人科, 65, Suppl., S42, S42, 2016年09月, 1882-482X
  • High-mobility group A1 proteinは絨毛細胞の遊走及び浸潤に関与する, 内倉 友香, 松原 圭一, 松原 裕子, 杉山 隆, 日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会, 日本妊娠高血圧学会雑誌, 23, 55, 55, 2016年09月, 1880-3172
  • 子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術の導入 Thiel法固定によるcadaver trainingを経て, 宇佐美 知香, 藤岡 徹, 松原 圭一, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 高木 香津子, 小泉 雅江, 橋本 尚, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 32, 32, 2016年08月
  • 愛媛大学病院における子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の有効性および安全性の検討, 松元 隆, 藤岡 徹, 松原 圭一, 上野 愛美, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 小泉 雅江, 橋本 尚, 松原 裕子, 濱田 雄行, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 33, 33, 2016年08月
  • 静脈血栓塞栓症を合併した婦人科腫瘍患者の周術期管理におけるエドキサバン(リクシアナ)の使用経験, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 村上 祥子, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 小泉 雅江, 橋本 尚, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 34, 35, 2016年08月
  • 初めての全腹腔鏡下子宮全摘術を経験して, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 橋本 尚, 小泉 雅江, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 35, 35, 2016年08月
  • 肺動脈塞栓症を併発し心肺停止に至るも、蘇生後に根治術を施行できた巨大子宮筋腫の1例, 藤本 日向子, 松元 隆, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 小泉 雅江, 橋本 尚, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 36, 36, 2016年08月
  • 進行・再発子宮頸癌症例におけるベバシズマブの安全性および有効性の検討, 松原 裕子, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 安岡 稔晃, 村上 祥子, 上野 愛実, 内倉 友香, 高木 香津子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 43, 44, 2016年08月
  • 帝王切開瘢痕症候群に対し腹腔鏡下に修復術を行った1例, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 44, 45, 2016年08月
  • ソロサージャリーを目指す単孔式腹腔鏡手術, 松原 圭一, 藤岡 徹, 高木 香津子, 松原 裕子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 松元 隆, 宇佐美 友香, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 32, Suppl.I, 181, 181, 2016年08月, 1884-9938
  • 初期研修医を含めた初心者におけるTLH執刀に向けたトレーニング, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 32, Suppl.I, 189, 189, 2016年08月, 1884-9938
  • Thiel法固定cadaverを用いた婦人科悪性腫瘍手術トレーニング, 宇佐美 知香, 藤岡 徹, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 32, Suppl.I, 192, 192, 2016年08月, 1884-9938
  • 腹腔鏡下に修復術を行った帝王切開瘢痕症候群の1例, 安岡 稔晃, 藤岡 徹, 上野 愛実, 村上 祥子, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松元 隆, 松原 裕子, 濱田 雄行, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, (一社)日本産科婦人科内視鏡学会, 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 32, Suppl.I, 202, 202, 2016年08月, 1884-9938
  • 当院における出生前診断のアルゴリズム, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 村上 祥子, 上野 愛実, 小泉 雅江, 橋本 尚, 宇佐美 知香, 井上 彩, 安岡 稔晃, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松元 隆, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 29, 30, 2016年08月
  • 不育症に対し高用量γグロブリン療法施行後、妊娠19週に前期破水を生じ、late pretermまで妊娠継続し得た一例, 村上 祥子, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 上野 愛実, 藤岡 徹, 松元 隆, 宇佐美 知香, 井上 彩, 安岡 稔晃, 高木 香津子, 濱田 雄行, 杉山 隆, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 40, 41, 2016年08月
  • 胎児心不全および出生後にDICを呈した胎盤血管腫の1例, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 村上 祥子, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 松元 隆, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 田代 良, 太田 雅明, 愛媛県産婦人科医会報, 愛媛県産婦人科医会, 愛媛県産婦人科医会報, 52, 58, 58, 2016年08月
  • 静脈血栓塞栓症を合併した婦人科腫瘍患者の周術期管理におけるエドキサバンの使用経験, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 村上 祥子, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 橋本 尚, 松原 裕子, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 34, 3, 424, 424, 2016年06月, 1347-8559
  • 再発子宮頸癌におけるベバシズマブの臨床的有用性についての検討, 松元 隆, 井上 彩, 宇佐美 知香, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 上野 愛実, 内倉 友香, 高木 香津子, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 34, 3, 436, 436, 2016年06月, 1347-8559
  • 治療抵抗性再発卵巣顆粒膜細胞腫に対してMPA療法が臨床的に有用であった一例, 井上 彩, 松元 隆, 上野 愛実, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 内倉 友香, 高木 香津子, 宇佐美 知香, 橋本 尚, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, (公社)日本婦人科腫瘍学会, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 34, 3, 516, 516, 2016年06月, 1347-8559
  • 新生児低酸素性虚血性脳症に対するStromal cell-derived factor-1αの有効性についての検討, 森 美妃, 松原 圭一, 阿部 恵美子, 越智 博, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 2, 641, 641, 2016年06月, 1348-964X
  • angiotensin II receptor subtype2刺激薬による妊娠高血圧症候群の病態の変化, 松原 圭一, 松原 裕子, 内倉 友香, 高木 香津子, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 2, 502, 502, 2016年06月, 1348-964X
  • 当院における無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)外来受診妊婦の検討, 松原 裕子, 松原 圭一, 内倉 友香, 高木 香津子, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 2, 565, 565, 2016年06月, 1348-964X
  • 当院における悪性腫瘍合併妊娠の検討, 内倉 友香, 松原 圭一, 松原 裕子, 杉山 隆, 日本周産期・新生児医学会雑誌, (一社)日本周産期・新生児医学会, 日本周産期・新生児医学会雑誌, 52, 2, 797, 797, 2016年06月, 1348-964X
  • Effect of Angiotensin II Receptor Subtype2 Stimulant on the Change of Humoral Factors in Preeclampsia Mouse Model., Megumi Ueno, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Yuka Uchikura, Takashi Sugiyama, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 23, 138A, 138A, 2016年03月, 1933-7191
  • 腹壁ヘルニアと高度肥満を伴う子宮体癌症例に対し腹腔鏡下手術を行った一例, 上野 愛実, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 宇佐美 知香, 小泉 雅江, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 627, 627, 2016年02月, 0300-9165
  • ベバシズマブは胸腹水貯留にて苦しむプラチナ製剤抵抗性卵巣癌患者のQOLを改善できる, 村上 祥子, 松元 隆, 上野 愛実, 安岡 稔晃, 井上 彩, 宇佐美 知香, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 橋本 尚, 小泉 雅江, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 663, 663, 2016年02月, 0300-9165
  • 腹腔鏡下広汎子宮全摘術および傍大動脈リンパ節郭清術におけるThiel法固定 Cadaver trainingの導入, 宇佐美 知香, 藤岡 徹, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 内倉 友香, 高木 香津子, 小泉 雅江, 松原 裕子, 松元 隆, 松原 圭一, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 693, 693, 2016年02月, 0300-9165
  • 進行・再発子宮頸癌症例におけるベバシズマブの安全性および有効性の検討, 松元 隆, 井上 彩, 安岡 稔晃, 宇佐美 知香, 村上 祥子, 上野 愛実, 松原 裕子, 藤岡 徹, 松原 圭一, 橋本 尚, 小泉 雅江, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 700, 700, 2016年02月, 0300-9165
  • 当院における無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)外来受診妊婦の検討, 松原 裕子, 松原 圭一, 内倉 友香, 高木 香津子, 村上 祥子, 小泉 雅江, 橋本 尚, 松元 隆, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 738, 738, 2016年02月, 0300-9165
  • 当院における悪性腫瘍合併妊娠の検討, 内倉 友香, 松原 圭一, 村上 祥子, 安岡 稔晃, 井上 彩, 宇佐美 知香, 高木 香津子, 松原 裕子, 松元 隆, 藤岡 徹, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 755, 755, 2016年02月, 0300-9165
  • 妊娠高血圧症候群モデルマウスにおける液性因子の変化に対するアンジオテンシンII受容体subtype2刺激薬の影響, 松原 圭一, 松原 裕子, 濱田 雄行, 藤岡 徹, 内倉 友香, 松元 隆, 杉山 隆, 日本産科婦人科学会雑誌, (公社)日本産科婦人科学会, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 789, 789, 2016年02月, 0300-9165
  • ROLE OF HIGH-MOBILITY GROUP A1 PROTEIN IN HUMAN TROPHOBLAST INVASION, Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Miki Mori, PLACENTA, W B SAUNDERS CO LTD, PLACENTA, 36, 10, A9, A9, 2015年10月, 0143-4004
  • Nitric Oxide and Reactive Oxygen Species in the Pathogenesis of Preeclampsia, Keiichi Matsubara, Takashi Higaki, Yuko Matsubara, Akihiro Nawa, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, MDPI AG, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 16, 3, 4600, 4614, 2015年03月, 1422-0067, 10.3390/ijms16034600, Preeclampsia (PE) is characterized by disturbed extravillous trophoblast migration toward uterine spiral arteries leading to increased uteroplacental vascular resistance and by vascular dysfunction resulting in reduced systemic vasodilatory properties. Its pathogenesis is mediated by an altered bioavailability of nitric oxide (NO) and tissue damage caused by increased levels of reactive oxygen species (ROS). Furthermore, superoxide (O-2(-)) rapidly inactivates NO and forms peroxynitrite (ONOO-). It is known that ONOO- accumulates in the placental tissues and injures the placental function in PE. In addition, ROS could stimulate platelet adhesion and aggregation leading to intravascular coagulopathy. ROS-induced coagulopathy causes placental infarction and impairs the uteroplacental blood flow in PE. The disorders could lead to the reduction of oxygen and nutrients required for normal fetal development resulting in fetal growth restriction. On the other hand, several antioxidants scavenge ROS and protect tissues against oxidative damage. Placental antioxidants including catalase, superoxide dismutase (SOD), and glutathione peroxidase (GPx) protect the vasculature from ROS and maintain the vascular function. However, placental ischemia in PE decreases the antioxidant activity resulting in further elevated oxidative stress, which leads to the appearance of the pathological conditions of PE including hypertension and proteinuria. Oxidative stress is defined as an imbalance between ROS and antioxidant activity. This review provides new insights about roles of oxidative stress in the pathophysiology of PE.
  • Angiotensin II Receptor Subtype 2 Agonist Improves Renal Function in Preeclampsia Model Mice, Toshiaki Yasuoka, Keiichi Matsubara, Miki Mori, Yuko Matsubara, Yuka Uchikura, Akihiro Nawa, Emi Kondoh, Katsuko Takagi, Katsuyuki Hamada, Toru Fujioka, Takashi Matsumoto, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 22, 291A, 291A, 2015年03月, 1933-7191
  • Stromal Derived Factor-1 alpha Is Key To Treating Neonatal Hypoxic-Ischemic Encephalopathy, Miki Mori, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Yuka Uchikura, Toshiaki Yasuoka, Akihiro Nawa, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 22, 369A, 370A, 2015年03月, 1933-7191
  • Role of High-Mobility Group A1 Protein in Human Trophoblast Invasion, Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Miki Mori, Akihiro Nawa, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 22, 288A, 288A, 2015年03月, 1933-7191
  • 手術施行時期に苦慮した妊娠合併小脳血管芽腫の1例, 井上明宏, 高野昌平, 久門良明, 渡邉英昭, 大西丘倫, 橋本尚, 松原圭一, Neurol Surg, Neurol Surg, 43, 1, 57, 62, 2015年01月, 0301-2603, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502233317932301
  • A review of best practice guide 2015 for care and treatment of hypertension in pregnancy., Hypertension Research in Pregnancy, Hypertension Research in Pregnancy, 3, 65, 102, 2015年, 10.14390/jsshp.3.105
  • 妊娠末期に増悪し,リステリア敗血症を合併した全身性エリテマトーデスの1例, 山崎 仁志, 石崎 淳, 末盛 浩一郎, 松原 圭一, 長谷川 均, 内科, (株)南江堂, 内科, 114, 5, 900, 903, 2014年11月, 0022-1961, 31歳女。全身性エリテマトーデス(SLE)により、prednisolone(PSL)とtacrolimusの治療を行っていた。妊娠を機にPSL単剤にて加療されていたが、妊娠35週4日に発熱、鼻出血、著明な血小板減少を認め、当院入院となった。SLEの再燃と考え、PSLとガンマグロブリン大量療法と血小板輸血を施行したところ、血小板数は回復をみられたが、発熱が持続するため感染症を疑い、血液培養検査よりListeria monocytogenesを検出し、ampicillin(ABPC)に変更した。胎児の予後と母体のSLE悪化の危険性を考慮し、帝王切開にて挙児を行い、母体と児を別々に治療した。妊娠36週2日で児は出生し、身体所見に異常はなく、リステリア感染の徴候は認めなかったが、予防投与でABPCを5日間行い、現在も順調に発育をした。一方、母体は、ABPCを2週間投与し、リステリア感染症の再発はなく、PSLを漸減してもSLEの再燃は認めなかった。
  • IMMUNE ACTIVATION CAUSES PREECLAMPSIA-LIKE SYMPTOMS THROUGH THE CD40-CD40 LIGAND PATHWAY IN PREGNANT MICE, Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Miki Mori, Akihiro Nawa, PLACENTA, W B SAUNDERS CO LTD, PLACENTA, 35, 10, A9, A9, 2014年10月, 0143-4004
  • Preeclampsia Model Mouse Using CD40L Gene Delivery Affects Immune Reaction, Yuka Uchikura, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Miki Mori, Akihiro Nawa, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 21, 3, 400A, 401A, 2014年03月, 1933-7191
  • Stromal Derived Factor-1 alpha Is Key to Treating Neonatal Brain Injuries with Bone Marrow Cells., Miki Mori, Keiichi Matsubara, Yuko Matsubara, Yuka Uchikura, Akihiro Nawa, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 21, 3, 261A, 261A, 2014年03月, 1933-7191
  • 妊娠高血圧症候群をめぐる最近の話題. 血管内皮障害からみた妊娠高血圧症候群ー血清因子の不均衡., 医学のあゆみ, 医学のあゆみ, 250, 8, 588, 592, 2014年
  • 羊水過多を合併した先天性筋強直性ジストロフィーの1例., 松原 圭一, 現代産婦人科, 現代産婦人科, 63, 2, 341, 344, 2014年
  • Pregnancy-Induced Hypertension Model Mouse Using CD40L Gene Delivery, Yuko Matsubara, Keiichi Matsubara, Miki Mori, Yuka Uchikura, REPRODUCTIVE SCIENCES, SAGE PUBLICATIONS INC, REPRODUCTIVE SCIENCES, 20, S3, 265A, 265A, 2013年03月, 1933-7191
  • 周産期 妊娠高血圧症候群の基礎と臨床-予防・治療の新戦略に向けて 血管内皮から観た妊娠高血圧症候群の病態とその発症予知., 日本産科婦人科学会雑誌, 日本産科婦人科学会雑誌, 65, 11, 2591, 2603, 2013年
  • 当院における急速遂娩術に関する検討., 愛媛医学, 愛媛医学, 32, 3, 188, 191, 2013年
  • Cytokine regulation of intercellular adhesion molecule-1 expression on trophoblasts in preeclampsia, Emiko Abe, Keiichi Matsubara, Keizo Oka, Yasuki Kusanagi, Masaharu Ito, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, KARGER, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 66, 1, 27, 33, 2008年, 0378-7346, 10.1159/000114253, In normal pregnancy, trophoblast (TR) invasion plays a crucial role in remodeling the spiral arteries to develop uteroplacental circulation. Disruption of this invasion is associated with deficient uteroplacental circulation, which can lead to the development of preeclampsia (PE) through abnormal expression of adhesion molecules in the placenta and high serum causative factors such as cytokines. We aimed to evaluate whether serum factors in PE influence intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression of TRs. ICAM-1 expression of TRs was measured using flow cytometry and immunohistochemistry was performed to examine the localization of tumor necrosis factor-alpha (TNF alpha) and ICAM-1 in placentas derived from women with normal pregnancies and women with PE. Sera from PE patients significantly increased ICAM-1 expression on TRs compared to sera from normal pregnant women; this increase was blocked with an antibody to TNF alpha. TNF alpha also enhanced ICAM-1 expression on TRs through nuclear factor-kappa B activation. We conclude that ICAM-1 expressed on TRs is involved in PE pathogenesis and is regulated by cytokines. Copyright (C) 2008 S. Karger AG, Basel.
  • Cytokine regulation of intercellular adhesion molecule-1 expression on trophoblasts in preeclampsia, Emiko Abe, Keiichi Matsubara, Keizo Oka, Yasuki Kusanagi, Masaharu Ito, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, KARGER, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 66, 1, 27, 33, 2008年, 0378-7346, 10.1159/000114253, In normal pregnancy, trophoblast (TR) invasion plays a crucial role in remodeling the spiral arteries to develop uteroplacental circulation. Disruption of this invasion is associated with deficient uteroplacental circulation, which can lead to the development of preeclampsia (PE) through abnormal expression of adhesion molecules in the placenta and high serum causative factors such as cytokines. We aimed to evaluate whether serum factors in PE influence intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression of TRs. ICAM-1 expression of TRs was measured using flow cytometry and immunohistochemistry was performed to examine the localization of tumor necrosis factor-alpha (TNF alpha) and ICAM-1 in placentas derived from women with normal pregnancies and women with PE. Sera from PE patients significantly increased ICAM-1 expression on TRs compared to sera from normal pregnant women; this increase was blocked with an antibody to TNF alpha. TNF alpha also enhanced ICAM-1 expression on TRs through nuclear factor-kappa B activation. We conclude that ICAM-1 expressed on TRs is involved in PE pathogenesis and is regulated by cytokines. Copyright (C) 2008 S. Karger AG, Basel.
  • 胎盤血管形成における血管内皮前駆細胞と増殖因子の影響, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 15, 107, 108, 2007年
  • 妊娠高血圧症候群患者臍帯血由来有核赤血球による血管内皮前駆細胞の増殖に対する影響, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 15, 109, 110, 2007年
  • 正常妊娠における胎児由来細胞の母体への影響, 産婦人科の実際, 産婦人科の実際, 56, 951, 955, 2007年
  • 組織幹細胞・血管内皮前駆細胞の子宮内微小循環への関与, 愛媛医学会愛媛医学, 愛媛医学会愛媛医学, 26, 3, 223, 229, 2007年
  • Circulating endothelial progenitor cells during normal pregnancy and pre-eclampsia, Keiichi Matsubara, Emiko Abe, Yuko Matsubara, Kenji Kameda, Masaharu Ito, AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, BLACKWELL PUBLISHING, AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 56, 2, 79, 85, 2006年08月, 1046-7408, 10.1111/j.1600-0897.2006.00387.x, Problem Endothelial progenitor cell (EPC), which mediates neovascularization of uterine endometrium may be involved in the neovascularization in the utero-placental circulation. We evaluated whether EPC proliferation in pre-eclampsia (PE) differed from that in normal pregnancy. Method of Study EPC number in peripheral blood (20 non-pregnancy, 36 normal pregnancy, 10 PE) was measured using flow cytometry. Peripheral blood mononuclear cell was cultured for 7 days and EPC proliferation was assessed based on detection of the uptake of acetylated low-density lipoprotein and lectin. Furthermore, the proliferative activity induced by angiotensin II (Ang II) and tumor necrosis factor-alpha (TNF-alpha) was measured by BrdU assay. Results EPC number in peripheral blood did not differ significantly between PE and normal pregnancy; however, EPC proliferation was significantly increased in PE. Furthermore, Ang II and TNF-alpha induced the proliferation of EPC derived from patients with PE. Conclusions In PE, some factors including Ang II and TNF-alpha stimulated EPC proliferation; however, the impairment of EPC mobilization into systemic circulation by serum factors may contribute to insufficient regeneration of EC in disturbed utero-placental circulation of PE.
  • 妊娠初期胎盤における血管形成における血管内皮前駆細胞と増殖因子の関与, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 14, 85, 86, 2006年
  • Endothelial Progenitor Cellと血清との関連性, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 14, 95, 96, 2006年
  • Circulating Endothelial Progenitor Cells During Normal Pregnancy and Pre-Eclampsia., American Journal of Reproductive Immunology, American Journal of Reproductive Immunology, 56, 1, 7, 2006年
  • 血管形成における血管内皮前駆細胞とトロホブラストのcross talk, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 日本妊娠高血圧学会日本妊娠高血圧学会雑誌, 13, 125, 126, 2005年
  • Cross talk between endothelial progenitor cells and trophoblasts in vasculogenesis., Japan society for the study of hypertension in pregnancyJournal of Japan society for the study of hypertension in pregnancy, Japan society for the study of hypertension in pregnancyJournal of Japan society for the study of hypertension in pregnancy, 13, 125, 126, 2005年
  • Regulation of adhesion molecules expressed on trophoblasts and lymphocytes in preeclamptic patients., E Abe, K Matsubara, M Ito, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, ELSEVIER SCIENCE INC, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, 11, 2, 128A, 129A, 2004年02月, 1071-5576
  • Circulating endothelial progenitor cells in preeclamsia., K Matsubara, E Abe, M Ito, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, ELSEVIER SCIENCE INC, JOURNAL OF THE SOCIETY FOR GYNECOLOGIC INVESTIGATION, 11, 2, 263A, 263A, 2004年02月, 1071-5576
  • 母体末梢血中由来細胞を用いた出生前診断の試み, 産科と婦人科, 産科と婦人科, 71, 1089, 1093, 2004年
  • Elevated levels of adhesion molecules derived from leukocytes and endothelial cells in patients with pregnancy-induced hypertension, Hypertension in Pregnancy, Hypertension in Pregnancy, Vol.22, No.1, p31-43, 2003年, 10.1081/PRG-120016793
  • 「胎児心拍陣痛図遠隔診断システムの構築」, 木村 映善, 松原 圭一, 大塚 博紀, 田中 盛重, 桝田 晃司, 新盛 英世, 伊藤 昌春, 石原 謙, 第20回医療情報学連合大会講演論文集,浜松, 第20回医療情報学連合大会講演論文集,浜松, 20, 732, 733, 2000年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010611513
  • Urinary orotic acid levels in normal pregnancy and pregnancy-induced hypertension, K Furutani, H Ochi, K Matsubara, M Ito, H Togari, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, KARGER, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 50, 1, 33, 35, 2000年, 0378-7346, Our objective was to study the urinary levels of orotic acid in normal pregnancy and in pregnancy-induced hypertension. Such levels were measured using highperformance liquid chromatography with column-switching, The levels of urinary orotic acid (mu mol/g creatinine) in normal pregnancy (n = 14) were 6.9 +/- 2.3 (first trimester), 10.1 +/- 2.4 (20 weeks) and 12.0 +/- 3.7 (30 weeks). In pregnancy-induced hypertension (n = 14), the corresponding levels were 6.5 +/- 1.7, 7.8 +/- 2.7 and 7.6 +/- 2.3, respectively. Normal pregnant subjects individually showed a significant elevation at 20 and 30 weeks of gestation as compared with those in the first trimester (p &lt; 0.01). A high consumption of arginine in nitric oxide production during normal pregnancy may cause a physiological elevation of urinary orotic acid. The absence of an elevation in pregnancy-induced hypertension may be associated with a decrease in nitric oxide production. Copyright (C) 2000 S. Karger AG, Basel.
  • Urinary orotic acid levels in normal pregnancy and pregnancy-induced hypertension, K Furutani, H Ochi, K Matsubara, M Ito, H Togari, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, KARGER, GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION, 50, 1, 33, 35, 2000年, 0378-7346, Our objective was to study the urinary levels of orotic acid in normal pregnancy and in pregnancy-induced hypertension. Such levels were measured using highperformance liquid chromatography with column-switching, The levels of urinary orotic acid (mu mol/g creatinine) in normal pregnancy (n = 14) were 6.9 +/- 2.3 (first trimester), 10.1 +/- 2.4 (20 weeks) and 12.0 +/- 3.7 (30 weeks). In pregnancy-induced hypertension (n = 14), the corresponding levels were 6.5 +/- 1.7, 7.8 +/- 2.7 and 7.6 +/- 2.3, respectively. Normal pregnant subjects individually showed a significant elevation at 20 and 30 weeks of gestation as compared with those in the first trimester (p &lt; 0.01). A high consumption of arginine in nitric oxide production during normal pregnancy may cause a physiological elevation of urinary orotic acid. The absence of an elevation in pregnancy-induced hypertension may be associated with a decrease in nitric oxide production. Copyright (C) 2000 S. Karger AG, Basel.
  • Leukocyte function-associated antigen-1 expression on decidual natural killer cells in patients with early pregnancy loss, K Fukui, Yoshimoto, I, K Matsubara, R Hori, H Ochi, M Ito, MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION, OXFORD UNIV PRESS, MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION, 5, 11, 1083, 1088, 1999年11月, 1360-9947, 10.1093/molehr/5.11.1083, A large number of CD56(bright) natural killer (NK) cells, which comprise a very small fraction of peripheral blood lymphocytes, appear in the endometrium during the late secretory phase and early pregnancy. These cells are thought to immunologically maintain or inhibit pregnancy. However, the details regarding their contribution to the immune-elimination systems of embryonic cells or decidual stromal cells remain unclear Recently, leukocyte function-associated antigen-1 (LFA-1) was shown to pray a critical role in the regulation of NK cytolysis in peripheral blood lymphocytes. We speculated that LFA-1 on the decidual CD56(bright) NK may be involved in the regulation of pregnancy. The expression of LFA-1 on the decidual CD56(bright) NK cells was analysed using flow cytometry with fluorescent monoclonal antibodies; CD56 (NKH1), CD16 (Fcg-R3) and CD11a (LFA-1 alpha-chain). In comparison with non-pregnant endometrium during the late secretary phase, the subpopulation of CD56(bright)CD16(-) cells in decidual lymphocytes was significantly increased during normal pregnancy, but was less than that in early pregnancy loss (P &lt; 0.05). Furthermore, the number of CD56(bright) NK cells expressing LFA-1 was significantly higher in early pregnancy loss, and the late secretory phase, than during normal pregnancy (P &lt; 0.05). Our results indicate that up-regulation of LFA-1 on CD56(bright) NK cells is related to spontaneous abortion or the onset of menstruation.
  • Leukocyte function-associated antigen-1 expression on decidual natural killer cells in patients with early pregnancy loss, K Fukui, Yoshimoto, I, K Matsubara, R Hori, H Ochi, M Ito, MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION, OXFORD UNIV PRESS, MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION, 5, 11, 1083, 1088, 1999年11月, 1360-9947, 10.1093/molehr/5.11.1083, A large number of CD56(bright) natural killer (NK) cells, which comprise a very small fraction of peripheral blood lymphocytes, appear in the endometrium during the late secretory phase and early pregnancy. These cells are thought to immunologically maintain or inhibit pregnancy. However, the details regarding their contribution to the immune-elimination systems of embryonic cells or decidual stromal cells remain unclear Recently, leukocyte function-associated antigen-1 (LFA-1) was shown to pray a critical role in the regulation of NK cytolysis in peripheral blood lymphocytes. We speculated that LFA-1 on the decidual CD56(bright) NK may be involved in the regulation of pregnancy. The expression of LFA-1 on the decidual CD56(bright) NK cells was analysed using flow cytometry with fluorescent monoclonal antibodies; CD56 (NKH1), CD16 (Fcg-R3) and CD11a (LFA-1 alpha-chain). In comparison with non-pregnant endometrium during the late secretary phase, the subpopulation of CD56(bright)CD16(-) cells in decidual lymphocytes was significantly increased during normal pregnancy, but was less than that in early pregnancy loss (P &lt; 0.05). Furthermore, the number of CD56(bright) NK cells expressing LFA-1 was significantly higher in early pregnancy loss, and the late secretory phase, than during normal pregnancy (P &lt; 0.05). Our results indicate that up-regulation of LFA-1 on CD56(bright) NK cells is related to spontaneous abortion or the onset of menstruation.
  • Concentrations of serum granulocyte-colony-stimulating factor in normal pregnancy and preeclampsia, K Matsubara, H Ochi, H Kitagawa, K Yamanaka, Y Kusanagi, M Ito, HYPERTENSION IN PREGNANCY, MARCEL DEKKER INC, HYPERTENSION IN PREGNANCY, 18, 1, 95, 106, 1999年, 1064-1955, Objective: In order to elucidate the potential role of granulocyte-colony-stimulating factor (G-CSF) during the course of normal pregnancy and preeclampsia, we measured the serum concentrations of G-CSF in both normal pregnant women and preeclamptic patients. Methods: Sera of 10 nonpregnant women, 34 normal pregnant women (n = 10, first trimester; n = 10, second trimester; n = 14, third trimester), 10 postpartum women, 10 mild preeclamptic patients, and 10 severe preeclamptic patients were collected. The serum concentrations of G-CSF were measured by enzyme immunoassay. Results: The serum level of G-CSF in normal pregnant women (third trimester: 38.3 +/- 15.3 pg/mL; mean +/- SD) was significantly increased when compared with the levels observed in nonpregnant women (20.3 +/- 10.1pg/mL, p &lt; 0.05), which was similar to the G-CSF concentrations in postpartum subjects (20.7 +/- 9.1 pg/mL). The mild and severe preeclamptic patients showed significantly higher levels of G-CSF (56.9 +/- 18.8 pg/mL, p &lt; 0.05; 73.2 +/- 30.4 pg/mL, p &lt; 0.0001, respectively) than those noted in the third trimester women. The preeclamptic patients who presented with edema had greater (p &lt; 0.01) serum levels of G-CSF (75.5 +/- 25.0 pg/mL) compared with nonedematous patients (44.7 +/- 14.9 pg/mL). The serum levels of G-CSF significantly correlated with both weight gain (p &lt;0.05), diastolic blood pressure (p &lt; 0.01), and systolic blood pressure (p &lt; 0.01), but not With white blood cell counts. Conclusion: Serum concentrations of G-CSF are increased in normal and, even more SD, in preeclamptic pregnancies. Because there was no relationship between serum G-CSF concentration and the number of leukocytes, G-CSF might act not to promote the physiological leukocytosis of pregnancy, but to stimulate the function of leukocytes such as phagocytosis. Moreover, it might be that C-CSF plays important roles in the activation of granulocytes or vascular endothelial injury, which are considered to be important pathological conditions in the development of preeclampsia.
  • 妊娠の管理, 標準産科婦人科学, 標準産科婦人科学, 271, 90, 1999年
  • 高血圧, 臨床ヒビデンス産科学, 臨床ヒビデンス産科学, 156, 7, 1999年
  • CA(++) oscillation in endothelial cells and pre-eclampsia, K Matsubara, H Ochi, H Kitagawa, M Ito, K Oka, LANCET, LANCET LTD, LANCET, 351, 9114, 1490, 1491, 1998年05月, 0140-6736
  • Catamenial hemoptysis treated with a long-acting GnRH agonist, K Matsubara, H Ochi, M Ito, INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS, ELSEVIER SCI IRELAND LTD, INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS, 60, 3, 289, 290, 1998年03月, 0020-7292, 10.1016/S0020-7292(97)00269-5
  • てんかん, 産科と婦人科, 産科と婦人科, 65, 11, 1673, 6, 1998年
  • Catamecial hemoptysis treated with a lonp-acting GuRrl agouist, lnternational Journal of Gynecology & Obstetincs, lnternational Journal of Gynecology & Obstetincs, 60, 3, 289, 290, 1998年, 10.1016/S0020-7292(97)00269-5
  • 正常妊婦および妊娠中毒症患者における血清中G-CSF濃度の変動, 日本産婦人科・新生児血液学会誌, 日本産婦人科・新生児血液学会誌, 7, 1, 22, 27, 1997年
  • Serum platelet-activating factor acetylhydrolase activity in normal pregnancy and preeclampsia, K Matsubara, J Yano, H Kitagawa, H Ochi, H Suginami, N Sagawa, S Matsuura, HYPERTENSION IN PREGNANCY, MARCEL DEKKER INC, HYPERTENSION IN PREGNANCY, 15, 1, 51, 59, 1996年, 1064-1955, Objective: The aim of this study was to elucidate the roles of platelet-activating factor acetylhydrolase (PAF-AH) in normal and hypertensive pregnancies. Method: Changes in serum PAF-AH activity were investigated in 13 nonpregnant women, 168 normal pregnant women, 11 women in normal puerperium, and 35 pregnant women with preeclampsia (mild: 28, severe: 7). Serum PAF-AH activity was measured by the method of Stafforini et al. Results: The serum PAF-AH activity of normal pregnant women between 5 and 34 weeks gestation was significantly lower than that of nonpregnant women, increasing after 34 weeks gestation and returning to nonpregnant levels within 1 month after delivery. In the pregnant women with mild preeclampsia at 28-41 weeks gestation, serum PAF-AH activity (28.0 +/- 1.0 nmol/min/mL, mean +/- SEM, n = 28) was significantly (P &lt; 0.01) higher than that in gestational-age-matched normal pregnant women (21.3 +/- 0.8 nmol/min/ml, n = 73). However, in the pregnant women with severe preeclampsia, the activity (12.5 +/- 3.9 nmol/min/mL, n = 7) was significantly lower (P &lt; 0.01). Three of 7 severe preeclamptic patients showed extraordinarily low PAF-AH activity even before the onset of preeclampsia. Conclusion: We found remarkable differences between the serum PAF-AH levels in mild and severe preeclampsia. In mild preeclampsia, the increased PAF-AH activity may play a role in regulation of the local PAF concentration. On the other hand, some of the women with severe preeclampsia showed extraordinarily low PAF-AH activity, suggesting that such a regulatory mechanism of local PAF concentration may not operate in the patients.
  • Serum anti-cardiolipin-β<sub>2</sub>-glycoprotein(]G0001[)complex antibody in normal pregnancy and pregnancy induced hypertension, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, 43, 2, 344, 347, 1995年
  • 正常妊娠および妊娠中毒症における血清抗カルジオリピン-β<sub>2</sub>グリコプロテイン(]G0001[)複合体抗体測定の意義, 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌, 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌, 43, 2, 344, 347, 1995年
  • Serum anti-cardiolipin-β<sub>2</sub>-glycoprotein(]G0001[)complex antibody in normal pregnancy and pregnancy induced hypertension, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, 43, 2, 344, 347, 1995年
  • Prenatal diagnosis : A case of OEIS complex, Clinical Gynecology and obstetrics, Clinical Gynecology and obstetrics, 48, 11, 1417, 1420, 1994年, 10.11477/mf.1409901970
  • Prenatal diagnosis : A case of OEIS complex, Clinical Gynecology and obstetrics, Clinical Gynecology and obstetrics, 48, 11, 1417, 1420, 1994年, 10.11477/mf.1409901970
  • Prenatal diagnosis : Two Cases of holoprosencephaly., 22, 1029, 1032, 1992年
  • Prenatal diagnosis : Two Cases of holoprosencephaly., 22, 1029, 1032, 1992年
  • Effect of low dose aspirin therapy on severe pregnancy induced hypertension, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, 39, 2, 173, 178, 1991年
  • 低用量アスピリン療法により生児を得た2回死産の既往を有する重症妊娠中毒症の一例。, 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌, 日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会雑誌, 39, 2, 173, 178, 1991年
  • Effect of low dose aspirin therapy on severe pregnancy induced hypertension, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, The Chugoku & Sikoku Districts Journal of the Japan Society of obstetrics and Gynecology, 39, 2, 173, 178, 1991年

その他研究情報

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.