研究者データベース

中島 敏幸ナカジマ トシユキ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
Last Updated :2020/05/31

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    中島 敏幸
  • 氏名(カナ)

    ナカジマ トシユキ

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1984年04月 - 1987年03月, 東北大学大学院, 生物科学研究科
  • 1987年, 東北大学
  • 1981年04月 - 1983年03月, 筑波大学大学院, 環境科学研究科
  • 1977年04月 - 1981年03月, 東京農工大学, 農学部
  • 1981年, 東京農工大学

学位

  • 理学博士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本進化学会
  • 日本原生生物学会
  • 科学基礎論学会

委員歴

  • 2016年04月 - 現在, 科学基礎論学会, 奨励賞選考委員会
  • 2012年04月 - 2015年03月, 科学基礎論学会, 理事
  • 2004年 - 2005年, 科学基礎論学会, 学会賞選考委員, 科学基礎論学会

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • ライフサイエンス, 生物物理学
  • ライフサイエンス, 生態学、環境学

研究キーワード

  • 確率
  • 生命システム
  • 生命記号論
  • 共生
  • 生態系
  • 進化
  • probability
  • living system
  • symbiosis
  • ecosystem
  • evolution

著書・発表論文等

論文

  • コグナイザーズシステム・モデルを用いた,情報,確率およびエントロピーに見られる認識論・存在論的概念の統一, 中島 敏幸, 2019年02月, [査読有り], [招待有り], 10.3390/e21020216
  • Ecological extension of the theory of evolution by natural selection from a perspective of Western and Eastern holistic philosophy, 中島 敏幸, Progress in Biophysics and Molecular Biology, Progress in Biophysics and Molecular Biology, 2017年, [査読有り], 10.1016/j.pbiomolbio.2017.09.005
  • Symbiotic associations in ciliates: Ecological and evolutionary perspectives, Arno Germond, Toshiyuki Nakajima, Biocommunication of Ciliates, Biocommunication of Ciliates, 2016年05月, 10.1007/978-3-319-32211-7_15
  • Biologically inspired information theory: Adaptation through construction of external reality models by living systems, Nakajima Toshiyuki, PROGRESS IN BIOPHYSICS & MOLECULAR BIOLOGY, PROGRESS IN BIOPHYSICS & MOLECULAR BIOLOGY, 2015年12月, [査読有り], 0079-6107, 10.1016/j.pbiomolbio.2015.07.008
  • Differentiation of a free-living alga into forms with ecto- and endosymbiotic associations with heterotrophic organisms in a 5-year microcosm culture, Nakajima Toshiyuki, Fujikawa Yoshiyuki, Matsubara Toshiyuki, Karita Mimi, Sano Akiko, BIOSYSTEMS, BIOSYSTEMS, 2015年05月, [査読有り], 0303-2647, 10.1016/j.biosystems.2015.03.005
  • Effects of acidic conditions on the physiology of a green alga (Micractinium sp.) before and after a 5-year interaction with Tetrahymena thermophila in an experimental microcosm, Arno Germond, Masahiro Inouhe, Toshiyuki Nakajima, EUROPEAN JOURNAL OF PHYCOLOGY, EUROPEAN JOURNAL OF PHYCOLOGY, 2014年11月, [査読有り], 0967-0262, 10.1080/09670262.2014.978393
  • Physiological changes of a green alga (Micractinium sp.) involved in an early-stage of association with Tetrahymena thermophila during 5-year microcosm culture, Germond Arno, Kunihiro Tadao, Inouhe Masahiro, Nakajima Toshiyuki, BIOSYSTEMS, BIOSYSTEMS, 2013年12月, [査読有り], 0303-2647, 10.1016/j.biosystems.2013.08.005
  • The phylogenetic position and phenotypic changes of a Chlorella-like alga during 5-year microcosm culture, Germond Arno, Hata Hiroki, Fujikawa Yoshiyuki, Nakajima Toshiyuki, EUROPEAN JOURNAL OF PHYCOLOGY, EUROPEAN JOURNAL OF PHYCOLOGY, 2013年11月, [査読有り], 0967-0262, 10.1080/09670262.2013.860482
  • Exploitation or cooperation? Evolution of a host (ciliate)-benefiting alga in a long-term experimental microcosm culture, Toshiyuki Nakajima, Toshiyuki Matsubara, Yuko Ohta, Daisuke Miyake, BIOSYSTEMS, BIOSYSTEMS, 2013年09月, [査読有り], 0303-2647, 10.1016/j.biosystems.2013.05.012
  • Probability in biology: Overview of a comprehensive theory of probability in living systems, Toshiyuki Nakajima, PROGRESS IN BIOPHYSICS & MOLECULAR BIOLOGY, PROGRESS IN BIOPHYSICS & MOLECULAR BIOLOGY, 2013年09月, [査読有り], 0079-6107, 10.1016/j.pbiomolbio.2013.03.007
  • 生命現象は物理学や化学で説明し尽くされるか 生命システムの通時的階層性における上位から下位レベルへの決定性, 中島敏幸, 生物科学, 生物科学, 2013年07月, 0045-2033
  • The impact of interspecific competition on lineage evolution and a rapid peak shift by interdemic genetic mixing in experimental bacterial populations, Toshiyuki Nakajima, BIOSYSTEMS, BIOSYSTEMS, 2012年04月, [査読有り], 0303-2647, 10.1016/j.biosystems.2012.01.001
  • Auto-/heterotrophic endosymbiosis evolves in a mature stage of ecosystem development in a microcosm composed of an alga, a bacterium and a ciliate, Toshiyuki Nakajima, Akiko Sano, Hideaki Matsuoka, BIOSYSTEMS, BIOSYSTEMS, 2009年05月, 0303-2647, 10.1016/j.biosystems.2008.12.006
  • Adaptive characteristics of a ciliate Tetrahymena thermophila in endosymbiotic association with a green alga Chlorella vulgaris derived in a long-term microcosm culture, Balaban, Philadelphia/RehovotSymbiosis, Balaban, Philadelphia/RehovotSymbiosis, 2009年, 10.1007/BF03179975
  • 生命の階層システムにおける上向および下向決定性:適応進化を捉え直す, 科学基礎論学会科学基礎論研究, 科学基礎論学会科学基礎論研究, 2009年
  • 生命の階層システムにおける上向および下向決定性 : 適応進化を捉え直す(<特集>自然の階層), 中島 敏幸, 科学基礎論研究, 科学基礎論研究, 2009年, 0022-7668
  • 生命システムは事象の確率をどのようにコントロールするか?-内的確率概念と生命の秩序生成, 科学基礎論学会科学基礎論研究, 科学基礎論学会科学基礎論研究, 2005年
  • Synchronic and diachronic hierarchies of living systems, T Nakajima, INTERNATIONAL JOURNAL OF GENERAL SYSTEMS, INTERNATIONAL JOURNAL OF GENERAL SYSTEMS, 2004年10月, [査読有り], 0308-1079, 10.1080/0308107042000193525
  • Probabilities of encounters between objects in biological systems 2: Cognizer view, T Nakajima, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, 2003年03月, [査読有り], 0022-5193, 10.1006/jtbi.2003.3168
  • Activity of Chlorella vulgaris associated by Exgerichia coli wello on removeal of total organic carbon in continuous river water flow system, Algae, Algae, 2002年
  • Probabilities of encounters between objects in biological systems : meta-obserber view, Journal of Theoretical Biology, Journal of Theoretical Biology, 2001年, 10.1006/jtbi.2001.2354
  • Is the world denterministic? Mental Algorithmic Process generationg external reality by in verse causality, International Journal of General Systems, International Journal of General Systems, 2001年
  • Biological probability: Cognitive processes of generating probabilities of events in biological systems, T Nakajima, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, 1999年09月, 0022-5193, 10.1006/jtbi.1999.0977
  • 微生物群集における外来種・導入種の定着:種間相互作用からみた共存と排除のメカニズム及びその解析手法(共著), 中島 敏幸, 稲森 悠平, 遠藤 銀朗, 川端 善一郎, 栗原 康, 日本微生物生態学会, 日本微生物生態学会, 1998年12月, 1342-6311, 10.1264/jsme2.13.217
  • Ecological mechanisms of evolution by natural selection: Causal processes generating density-and-frequency dependent fitness, T Nakajima, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, 1998年02月, 0022-5193, 10.1006/jtbi.1997.0554
  • Effects of bacterial density and the abundance of limiting resources for bacteria on the removal process of bacteria by predation., Jpn. Journal of Water Treatment Biology, Jpn. Journal of Water Treatment Biology, 1998年, 0910-6758, 10.2521/jswtb.34.2_27
  • 実験進化-バクテリアの進化生態学の展望-, 中島敏幸, 日本生態学会誌, 日本生態学会誌, 1995年04月, 0021-5007, 10.18960/seitai.45.1_43
  • 自然選択の因果機構, 科学基礎論研究, 科学基礎論研究, 1995年
  • EVOLUTIONARY CHANGES OF ECOLOGICAL TRAITS OF BACTERIAL-POPULATIONS THROUGH PREDATOR-MEDIATED COMPETITION .1. EXPERIMENTAL-ANALYSIS, T NAKAJIMA, Y KURIHARA, OIKOS, OIKOS, 1994年10月, 0030-1299
  • EVOLUTIONARY CHANGES OF ECOLOGICAL TRAITS OF BACTERIAL-POPULATIONS THROUGH PREDATOR-MEDIATED COMPETITION .2. THEORETICAL CONSIDERATIONS, T NAKAJIMA, Y KURIHARA, OIKOS, OIKOS, 1994年10月, 0030-1299
  • Evolutionary changes of dispersiveness in experimental bacterial populations., Oikos, Oikos, 1994年
  • 生物学的実在について, 中島 敏幸, 科学基礎論研究, 科学基礎論研究, 1994年, 0022-7668
  • Changes in dispersiveness of bacterial populations in long-term serial transfer cultures., Bulletin of Japanese Society of Microbial Ecology, Bulletin of Japanese Society of Microbial Ecology, 1993年, 0911-7830, 10.1264/microbes1986.8.73
  • A PHOTO-BIOREACTOR USING ALGAL PHOTOTAXIS FOR SOLIDS-LIQUID SEPARATION, T NAKAJIMA, M TAKAHASHI, WATER RESEARCH, WATER RESEARCH, 1991年10月, 0043-1354, 10.1016/0043-1354(91)90063-V
  • モノの運動における因果性と偶然性-生物と無生物の間にあるもの(単著), 科学基礎論研究, 科学基礎論研究, 1990年
  • モノの構造と運動について-生命現象の理解のために-(単著), 科学基礎論研究, 科学基礎論研究, 1989年

書籍等出版物

  • 生態系とダーウィン・マシーン ーマイクロコズムから見た適応進化ー, 中島 敏幸, 共著, 10章, 京都大学学術出版会, 2019年03月, 自然選択による進化の標準モデルは,生態系から部分である個体群を切り出し, それに関する幾つかの条件を考え,それらが成り立てば進化が起こるというモ デルである.しかし,このモデルでは適応進化の条件や機構である(1)選択環 境の生成,(2)新しい遺伝可能な変異の生成,および(3)変異体間の競争的排除 や多型保存の機構がブラックボックス化されている.本章では,これらの条件 の生成や機構における生態系の役割に焦点を当て,特に微生物を用いた実験進 化の検証データを参照しながら,適応進化と生態系の関係を紹介する.そこで は,生態系は個体群が適応進化するために必要な諸条件を生成する機構を持ち, 構成個体群の進化を駆動し規定することが示され,生態系自身も彼らの進化に よって変化する進化システムであることが結論される.
  • Symbiotic communication in ciliates, 中島 敏幸, 分担執筆, pp 257-275, Springer, 2016年, 18
  • Biosemiotics Research Trends, Nova Science Publishers, Inc,, 2007年
  • Biosemiotics Research Trends, Nova Science Publishers, Inc,, 2007年

講演・口頭発表等

  • 合成生態系における藻類・細菌間の種間関係の進化と大腸菌の全ゲノム解析, 安部雄一, 坪井睦枝, 松浦正幸, 藤川佳之, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 2019年03月
  • 藻類・細菌・繊毛虫からなる合成生態系を用いた進化の解析:大腸菌の進化と種間関係, 中島敏幸, 安部雄一, 坪井睦枝, 松浦正幸, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 日本ゲノム微生物学会, 2019年03月
  • 3種モデル生態系を用いた緑藻-繊毛虫の細胞内共生の進化:共生系内の資源交換と系外から取り込む必須資源の解析, 松田 達也, 佐古 壮一郎, 西窪 健太, 中島 敏幸, 第9回 愛媛微生物学ネットワーク・フォーラム, 2018年11月
  • 藻類・細菌・繊毛虫からなるモデル微生物生態系における細菌の進化と種間関係, 安部雄, 坪井睦枝, 松浦正幸, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 第9回 愛媛微生物学ネットワーク・フォーラム, 2018年11月
  • 長期培養モデル生態系における藻類・細菌間共生の進化, 安部雄一, 藤井陽介, 松浦正幸, 坪井睦枝, 松本沙千, 堀澤栄, 佐久間洋, 中島敏幸, 日本原生生物学会, 2018年10月
  • 緑藻−繊毛虫の細胞内共生の進化における共生系内の資源交換と系外から取り込む資源の変化:3種モデル生態系を用いた解析, 松田達也, 佐古壮一郎, 西窪健太, 中島敏幸, 日本原生生物学会, 2018年10月
  • 実験培養系における藻類−繊毛虫細胞内共生の進化とこの共生系の安定に必要な系外の資源, 西窪健太, 中島敏幸, 日本原生生物学会, 2016年10月, 岡山(岡山大学)
  • Experimental approach of the study of symbiogenesis, International Conference on System Biology, 2016年09月
  • ダーウィンモデルの限界を超えて:適応進化の包括的モデルの展望, 中島 敏幸, 生物学基礎論研究会, 2016年09月, 神奈川県(慶應義塾大学、日吉キャンパス)
  • 藻類・細菌・繊毛虫からなる人工生態系における細菌の適応放散と生存/繁殖戦略, 中島敏幸, 藤井陽介, 松浦正幸, 松本沙千, 日本進化学会, 2016年08月, 東京(東京工業大学)
  • Evolution of symbiotic associations in a synthetic microbial ecosystem, 中島 敏幸, ASM2016, Boston, USA, 2016年06月, 招待有り
  • 人工生態系における藻類の分化と共生進化の生態学的機構, 中島敏幸, 藤川佳之, 松原俊行, 日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web), 2015年08月
  • モデル生態系を用いた藻類と繊毛虫の細胞内共生の進化における選択過程の解析:ホストに利益を与える共生藻の選択機構をさぐる, 中島敏幸, 松原俊行, 大西陽一郎, 日本原生生物学会大会講演要旨集, 2014年10月
  • 長期培養モデル生態系における藻類と細菌の種間関係の進化, 松浦正幸, 藤井陽介, 中島敏幸, 日本原生動物学会プログラム講演要旨, 2013年
  • 3種からなるモデル生態系を用いた藻類と繊毛虫の細胞内共生進化の初期過程の解析, 中島敏幸, 日本原生動物学会プログラム講演要旨, 2013年
  • 長期培養モデル生態系における繊毛虫‐藻類間の細胞内共生の初期進化における繊毛虫による藻類の取り込み率の変化, 大西陽一郎, 佐野明子, 中島敏幸, 日本原生動物学会プログラム講演要旨, 2013年
  • 個体の捕食活動と力学的粒子運動, 飯塚剛, 中島敏幸, 赤松直哉, 応用物理学会中国四国支部・日本物理学会中国支部・四国支部・日本物理教育学会中国四国支部支部学術講演会講演予稿集, 2008年
  • 微生物による河川の水質浄化, 中島敏幸, 日本陸水学会大会講演要旨集, 2006年09月
  • ゲノムレベルの組換えが進化的時間における種間競争に及ぼす効果:細菌を用いた実験的解析, 竹田義明, 保木本達也, 中島敏幸, 日本生態学会大会講演要旨集, 2006年03月
  • クロレラ,大腸菌,テトラヒメナから成るマイクロコズムにおけるクロレラ‐テトラヒメナの細胞内共生関係の形成過程, 佐野明子, 松岡秀哲, 中島敏幸, 日本生態学会大会講演要旨集, 2006年03月
  • クロレラ,大腸菌,テトラヒメナから成るマイクロコズムにおけるクロレラ‐テトラヒメナの細胞内共生関係の形成過程, 佐野明子, 松岡秀哲, 中島敏幸, 原生動物学雑誌, 2005年02月
  • 水浄化システム「ポケットエコパーク」の地域社会との関わり, 中島敏幸, 大西秀次郎, 秋山雄司, 日本水環境学会年会講演集, 2004年03月
  • ポケットエコパークシステムの水質浄化能, 高松公子, 中島敏幸, 渡辺浩伸, 山内隆, 日本水環境学会年会講演集, 2002年03月
  • 傾斜土槽法を用いた富栄養化池の直接浄化実験, 生地正人, 前田幸治, 中島敏幸, 渡辺浩伸, 日本水環境学会年会講演集, 2002年03月
  • ポケットエコパーク 水と人と街をつなぐ浄化システムの構築に向けて, 中島敏幸, 渡辺浩伸, 高松公子, 日本水環境学会年会講演集, 2002年03月
  • 細菌食者の存在の有無が室内実験水路の浄化過程に及ぼす効果, 中島敏幸, 丸山宣幸, 日本水処理生物学会誌 別巻, 2001年10月
  • 繊維担体を充填した実験水路における水質浄化過程と微生物群集との関係, 中島敏幸, 渡辺浩伸, 高松公子, 日本水環境学会年会講演集, 2001年03月
  • 捕食による二次処理水の除菌, 中島 敏幸, 鈴木 信太郎, 石丸 賢二, 日本水処理生物学会誌. 別巻 = Journal Japan Biological Society of Water and Waste, 1998年10月
  • 種間相互作用は侵入種の挙動にどう影響するか? 個体群の定着と形質変化, 中島敏幸, 日本微生物生態学会講演要旨集, 1997年07月
  • 生物膜中の原生動物の捕食による大腸菌及び一般細菌の除菌とその除菌率を決める各種因子, 中島敏幸, 山田貞子, 石丸賢二, 鈴木信太郎, 日本水環境学会年会講演集, 1997年03月
  • 捕食による水系感染微生物の除菌, 中島敏幸, 石丸賢二, 鈴木信太郎, 下水道研究発表会講演集, 1997年
  • 繊毛虫によるバクテリオファージの捕食・不活化, 山田貞子, 中島敏幸, 石丸賢二, 鈴木信太郎, 日本微生物生態学会講演要旨集, 1996年11月
  • 生物膜中の原生動物の捕食による大腸菌及び一般細菌の除菌, 中島敏幸, 山田貞子, 石丸賢二, 鈴木信太郎, 日本水処理生物学会誌, 1996年10月
  • ゲノムの組み換えによる細菌個体群の新しい適応ピークへの移動, 中島敏幸, 日本生態学会大会講演要旨集, 1996年03月

MISC

  • マイクロコズムの長期培養実験 から探る進化, 中島 敏幸, 日本ゲノム微生物学会・ニュースレター, 日本ゲノム微生物学会・ニュースレター, 2019年06月, https://www.sgmj.org/index.php?page=newsletter_index
  • How can living systems control probabilities of events?: Internal probability concept and the generation of organizational order in living systems, 32, 7-19., 2005年
  • 高効率生物脱臭技術 (環境特集), 樫野 由憲, 西江 雅一朗, 中島 敏幸, R&D神戸製鋼技報, 神戸製鋼所, R&D神戸製鋼技報, 47, 3, 72, 75, 1997年11月, 0373-8868, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000036049
  • 生物学における記号論--ネオダ-ウィニズムの内部 (特集=多様性の生物学), Salthe Stanley N, 中島 敏幸, 現代思想, 青土社, 現代思想, 25, 7, 128, 139, 1997年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001108569
  • 内部観測者はどこに位置するのか? (特集 観測のパラドックス--世界は記述できるか?), Salthe Stanley N, 中島 敏幸, 現代思想, 青土社, 現代思想, 24, 11, 110, 116, 1996年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001112570
  • 生命・非生命現象における実体概念--状態の集合としてのモノ (ウイルス生命と非生命<特集>), 中島 敏幸, 現代思想, 青土社, 現代思想, 23, 8, p154, 168, 1995年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001110417
  • ダイナミカルシステムにおける次元の概念--その哲学的所見 (高次元多様体<特集>), Farre George L, 中島 敏幸, 現代思想, 青土社, 現代思想, 23, 5, p154, 167, 1995年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001110315
  • 高活性脱臭微生物の分離と生物脱臭法への適用, 竹尾義久, 板倉直之, 中島敏幸, 西江雅一朗, 下水道研究発表会講演集, 下水道研究発表会講演集, 32nd, 953, 955, 1995年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902159806954587
  • バイオ特集・報文 遺伝子操作の処理微生物への適用, 中島敏幸, 土木技術資料, 土木技術資料, 32, 12, 32, 35, 1990年12月, 0386-5886, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902015570576673
  • 藻類の走光性を利用した光バイオリアクターに関する研究, 中島敏幸, 衛生工学研究討論会講演集 自由投稿発表部門, 衛生工学研究討論会講演集 自由投稿発表部門, 26th, 52, 54, 1990年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902026949759386

その他研究情報

特許

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 生物学ゼミナールⅠ
  • 2019年, 前期, 学部, 生物学特別演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 進化生物学
  • 2019年, 前期, 学部, 卒業研究Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 修士, 生態進化生物学
  • 2019年, 前期, 修士, 生物環境科学高等実習Ⅱ
  • 2019年, 前期, 修士, 生物学ゼミナールI
  • 2019年, 前期, 修士, 生物学ゼミナールⅢ
  • 2019年, 前期, 修士, 生物学課題実験I
  • 2019年, 前期, 修士, 生物学課題実験Ⅲ
  • 2019年, 前期, 学部, 基礎生物学実験
  • 2019年, 前期, 学部, 進化生物学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.