詳細検索はこちら

丸山 広達マルヤマ コウタツ

所属部署
大学院農学研究科 生命機能学専攻
職名准教授
メールアドレスmaruyama.kotatsu.rt[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://chn.agr.ehime-u.ac.jp/
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究者基本情報

学歴

  • 2006年04月 - 2010年03月, 大阪大学大学院, 医学系研究科
  • 2004年04月 - 2006年03月, 静岡県立大学, 大学院生活健康科学研究科
  • 2000年04月 - 2004年03月, 神戸学院大学, 栄養学部

経歴

  •   2017年05月,  - 現在, 愛媛大学, 大学院農学研究科, 准教授
  •   2015年03月,  - 2017年05月, 順天堂大学, 大学院医学研究科, 助教
  •   2011年11月,  - 2015年02月, 愛媛大学, 大学院医学系研究科, 助教・特任講師

所属学協会

  • 日本病態栄養学会
  • 日本循環器病予防学会
  • 日本疫学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本栄養改善学会
  • 日本公衆衛生学会

研究活動情報

論文

  • Validity and reliability of a self-administered food frequency questionnaire for the JPHC study: The assessment of amino acid intake.
    Okada C, Iso H, Ishihara J, Maruyama K, Sawada N, Tsugane S, JPHC FFQ Validation Study Group., Journal of epidemiology, 27, (5) 242 - 247,   2017年05月
  • Blood soluble Fas levels and mortality from cardiovascular disease in middle-aged Japanese: The JACC study.
    Iso H, Maruyama K, Eshak ES, Ikehara S, Yamagishi K, Tamakoshi A, Atherosclerosis, 260, 97 - 101,   2017年05月
  • Nocturia and Prevalence of Depressive Symptoms in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Kanzaki S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Canadian journal of diabetes,   2017年05月
  • Low Heart Rate Variability and Sympathetic Dominance Modifies the Association Between Insulin Resistance and Metabolic Syndrome - The Toon Health Study.
    Saito I, Maruyama K, Eguchi E, Kato T, Kawamura R, Takata Y, Onuma H, Osawa H, Tanigawa T, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society,   2017年05月
  • Physical activity and prevalence of erectile dysfunction in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Dogo Study.
    Minami H, Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Kanzaki S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Journal of diabetes investigation,   2017年03月
  • Sleep Duration, Snoring Prevalence, Obesity, and Behavioral Problems in a Large Cohort of Primary School Students in Japan.
    Sakamoto N, Gozal D, Smith DL, Yang L, Morimoto N, Wada H, Maruyama K, Ikeda A, Suzuki Y, Nakayama M, Horiguchi I, Tanigawa T, Sleep, 40, (3) ,   2017年03月
  • Associations between dietary intakes of iron, copper and zinc with risk of type 2 diabetes mellitus: A large population-based prospective cohort study.
    Eshak ES, Iso H, Maruyama K, Muraki I, Tamakoshi A, Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland),   2017年02月
  • Self-reported sitting time and prevalence of erectile dysfunction in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Kanzaki S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Journal of diabetes and its complications, 31, (1) 53 - 57,   2017年01月
  • Sleep-related intermittent hypoxia is associated with decreased psychomotor vigilance in Japanese community residents.
    Tanno S, Tanigawa T, Maruyama K, Eguchi E, Abe T, Saito I, Sleep medicine, 29, 7 - 12,   2017年01月
  • Macrovascular Complications and Prevalence of Urgency Incontinence in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Kanzaki S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Internal medicine (Tokyo, Japan), 56, (8) 889 - 893,   2017年
  • Microvascular complications and prevalence of urgency incontinence in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The dogo study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Maruyama K, Ueda T, Senba H, Todo Y, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Neurourology and urodynamics, 35, (8) 1024 - 1027,   2016年11月
  • Nocturia and prevalence of erectile dysfunction in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Journal of diabetes investigation, 7, (5) 786 - 790,   2016年09月
  • Alcohol consumption and prevalence of erectile dysfunction in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: Baseline data from the Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Maruyama K, Ueda T, Tanaka K, Senba H, Todo Y, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Alcohol (Fayetteville, N.Y.), 55, 17 - 22,   2016年09月
  • Smoking and prevalence of nocturia in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: a post-hoc analysis of The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Kanzaki S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Neurourology and urodynamics,   2016年08月
  • Microvascular Complications and Prevalence of Nocturia in Japanese Patients With Type 2 Diabetes Mellitus: The Dogo Study.
    Furukawa S, Sakai T, Niiya T, Miyaoka H, Miyake T, Yamamoto S, Maruyama K, Tanaka K, Ueda T, Senba H, Torisu M, Minami H, Onji M, Tanigawa T, Matsuura B, Hiasa Y, Miyake Y, Urology, 93, 147 - 151,   2016年07月
  • Impact of heart rate variability on C-reactive protein concentrations in Japanese adult nonsmokers: The Toon Health Study.
    Saito I, Hitsumoto S, Maruyama K, Eguchi E, Kato T, Okamoto A, Kawamura R, Takata Y, Nishida W, Nishimiya T, Onuma H, Osawa H, Tanigawa T, Atherosclerosis, 244, 79 - 85,   2016年01月
  • Associations of serum β-carotene and retinol concentrations with insulin resistance: the Toon Health Study.
    Higuchi K, Saito I, Maruyama K, Eguchi E, Mori H, Tanno S, Sakurai S, Kishida T, Nishida W, Osawa H, Tanigawa T, Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.), 31, (7-8) 975 - 980,   2015年07月
  • The impact of masticatory ability as evaluated by salivary flow rates on obesity in Japanese: The Toon health study.
    Maruyama K, Nishioka S, Miyoshi N, Higuchi K, Mori H, Tanno S, Tomooka K, Eguchi E, Furukawa S, Saito I, Sakurai S, Nishida W, Osawa H, Tanigawa T, Obesity (Silver Spring, Md.), 23, (6) 1296 - 1302,   2015年06月
  • The reasonable reliability of a self-administered food frequency questionnaire for an urban, Japanese, middle-aged population: the Suita study.
    Maruyama K, Kokubo Y, Yamanaka T, Watanabe M, Iso H, Okamura T, Miyamoto Y, Nutrition research (New York, N.Y.), 35, (1) 14 - 22,   2015年01月
  • Heart Rate Variability, Insulin Resistance, and Insulin Sensitivity in Japanese Adults: The Toon Health Study.
    Saito I, Hitsumoto S, Maruyama K, Nishida W, Eguchi E, Kato T, Kawamura R, Takata Y, Onuma H, Osawa H, Tanigawa T, Journal of epidemiology, 25, (9) 583 - 591,   2015年
  • Sleep-related intermittent hypoxemia and glucose intolerance: a community-based study.
    Tanno S, Tanigawa T, Saito I, Nishida W, Maruyama K, Eguchi E, Sakurai S, Osawa H, Punjabi NM, Sleep medicine, 15, (10) 1212 - 1218,   2014年10月
  • Heart rate variability and blood pressure among Japanese men and women: a community-based cross-sectional study.
    Mori H, Saito I, Eguchi E, Maruyama K, Kato T, Tanigawa T, Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 37, (8) 779 - 784,   2014年08月
  • C-reactive protein and cardiovascular disease in East asians: a systematic review.
    Saito I, Maruyama K, Eguchi E, Clinical Medicine Insights. Cardiology, 8, (Suppl 3) 35 - 42,   2014年
  • Relationships between nocturnal intermittent hypoxia, arterial stiffness and cardiovascular risk factors in a community-based population: the Toon health study.
    Alberto EC, Tanigawa T, Maruyama K, Kawasaki Y, Eguchi E, Mori H, Yoshimura K, Tanno S, Sakurai S, Hitsumoto S, Saito I, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 21, (12) 1290 - 1297,   2014年
  • Skipping Breakfast is Correlated with Obesity.
    Watanabe Y, Saito I, Henmi I, Yoshimura K, Maruyama K, Yamauchi K, Matsuo T, Kato T, Tanigawa T, Kishida T, Asada Y, Journal of rural medicine : JRM, 9, (2) 51 - 58,   2014年
  • Association between dietary behavior and risk of hypertension among Japanese male workers.
    Umesawa M, Kitamura A, Kiyama M, Okada T, Shimizu Y, Imano H, Ohira T, Nakamura M, Maruyama K, Iso H, CIRCS Investigators., Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 36, (4) 374 - 380,   2013年04月
  • Cellular growth factors in relation to mortality from cardiovascular disease in middle-aged Japanese: the JACC study.
    Iso H, Maruyama K, Ikehara S, Yamagishi K, Tamakoshi A, Atherosclerosis, 224, (1) 154 - 160,   2012年09月
  • Prediction of myocardial infarction using coronary risk scores among Japanese male workers: 3M Study.
    Noda H, Maruyama K, Iso H, Dohi S, Terai T, Fujioka S, Goto K, Horie S, Nakano S, Hirobe K, 3M Study Project Committee of the Japan Association of Occupational Physicians "San-yu-kai"., Journal of atherosclerosis and thrombosis, 17, (5) 452 - 459,   2010年05月
  • Associations of food and nutrient intakes with serum IGF-I, IGF-II, IGFBP-3, TGF-b1, total SOD activity and sFas levels among middle-aged Japanese: the Japan Collaborative Cohort study.
    Maruyama K, Iso H, Ito Y, Watanabe Y, Inaba Y, Tajima K, Nakachi K, Tamakoshi A, JACC Study Group., Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP, 10 Suppl, 7 - 22,   2009年12月
  • Trends in dietary intakes of vitamins A, C and E among Japanese men and women from 1974 to 2001.
    Kato Y, Ikehara S, Maruyama K, Inagawa M, Oshima M, Yokota K, Yamazaki T, Kishi M, Murai S, Umesawa M, Ma E, Yamagishi K, Tanigawa T, Kurokawa M, Sato S, Shimamoto T, Iso H, Public health nutrition, 12, (9) 1343 - 1350,   2009年09月
  • Fruit, vegetable and bean intake and mortality from cardiovascular disease among Japanese men and women: the JACC Study.
    Nagura J, Iso H, Watanabe Y, Maruyama K, Date C, Toyoshima H, Yamamoto A, Kikuchi S, Koizumi A, Kondo T, Wada Y, Inaba Y, Tamakoshi A, JACC Study Group., The British journal of nutrition, 102, (2) 285 - 292,   2009年07月
  • The Association between Concentrations of Green Tea and Blood Glucose Levels.
    Maruyama K, Iso H, Sasaki S, Fukino Y, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 44, (1) 41 - 45,   2009年01月
  • The reproducibility of 24-h dietary recall for estimating mineral intakes and their food sources among middle-aged Japanese men and women.
    Maruyama K, Kubota Y, Sato S, Ishikawa Y, Shimamoto T, Inagawa M, Ohshima M, Murai S, Iso H, International journal of food sciences and nutrition, 60 Suppl 7, 30 - 40,   2009年
  • Associations between blood lipid profiles and risk of myocardial infarction among Japanese male workers: 3M Study.
    Maruyama K, Hirobe K, Noda H, Iso H, Dohi S, Terai T, Fujioka S, Goto K, Horie S, Nakano S, Journal of atherosclerosis and thrombosis, 16, (6) 714 - 721,   2009年
  • The joint impact on being overweight of self reported behaviours of eating quickly and eating until full: cross sectional survey.
    Maruyama K, Sato S, Ohira T, Maeda K, Noda H, Kubota Y, Nishimura S, Kitamura A, Kiyama M, Okada T, Imano H, Nakamura M, Ishikawa Y, Kurokawa M, Sasaki S, Iso H, BMJ (Clinical research ed.), 337,   2008年10月

MISC

  • 審査論文 愛媛県上島町住民における食事摂取状況と血中補酵素Q₁₀値に関する研究
    高橋 美知代, 木下 徹, 丸山 広達, 谷川 武, 鈴木 敏和, 和洋女子大学紀要, 56,   2016年03月, 【目的】補酵素Q10(CoQ10)は、エネルギー産生や抗酸化能に関わる生命活動に必須の分子である。CoQ10は体内で生合成されるため、栄養学上は非必須栄養素に分類されている。目安となる摂取量は決められておらず、また食習慣と血中CoQ10値の関連を調査した報告もない。本研究では愛媛県上島町の住民を対象として、食習慣が血中CoQ10値に影響を与えているか、横断的調査による検討を行った。【方法】愛媛県上島町の住民189名(男性67名:年齢58.8±14.3歳、女性122名:年齢60.1±13.9歳)を対象とし、身体状況、血液・生化学的検査、栄養素摂取調査および生活習慣調査を実施した。【結果】血中CoQ10値は個人差が大きかった。食事からのCoQ10摂取量は、男女ともに60歳以上の方が多い傾向にあった。CoQ10を多く含む魚類および豆類の摂取量は、男女ともに60歳以上の方が有意に多かった。血中CoQ10値とCoQ10摂取量との間には明瞭な関連がみられなかった。【考察】血中CoQ10値は個人差が大きく、本横断的研究では食事による影響を見出すことはできなかった。一方、生合成経路が途中まで共通である血中総コレステロール値が、血中CoQ10値の高いグループでは低いグループよりも高かったことから、血中CoQ10値の個人差の一部は、生合成能力と関連がある可能性が示された。食習慣の影響を調べるには、横断研究における研究デザインの最適化やCoQ10摂取量を変化させるような食事介入調査を行うことが必要であると推測された。
  • 地域住民における朝食欠食と循環器疾患危険因子との関連についての横断的検討 Circulatory Risk in Communities Study
    丸山 広達, 木山 昌彦, 佐藤 眞一, 大平 哲也, 西村 節子, 北村 明彦, 岡田 武夫, 今野 弘規, 中村 正和, 石川 善紀, 黒川 通典, 山岸 良匡, 梅澤 光政, 谷川 武, 磯 博康, 日本循環器病予防学会誌, 50, (1) 14 - 26,   2015年02月, 【背景】わが国では、朝食欠食率はこの30年間で増加し続けてきた。先行研究によると、朝食欠食は循環器疾患やその危険因子との関連がみられているがわが国においてそのエビデンスは少ない。そこで本研究では、朝食欠食と循環器疾患危険因子との関係について横断的分析を行った。【方法】秋田県、大阪府にて実施しているCirculatory Risk in Communities Study(CIRCS)における2003〜2006年度の循環器健診を受診した30〜69歳の男性1,283名、女性2,531名を対象とした。循環器疾患危険因子として、body mass index(BMI)、血圧値、HbA1c、総コレステロール値、LDL-コレステロール値、HDL-コレステロール値、Non HDL-コレステロール値を分析に用いた。また、過去1ヵ月間の朝食欠食は、保健師による問診により把握した。共分散分析により朝食欠食の有無別に各循環器疾患危険因子について、年齢、喫煙、飲酒、早食い、おなかいっぱい食べる、運動習慣、総エネルギー、総食物繊維、ナトリウム、カリウム、カルシウム摂取量、服薬治療(高血圧、糖尿病、脂質異常症)、調査地域、閉経の有無を交絡因子として調整した多変量調整平均値を算出し比較した。【結果】男性1,283名中178名(13.9%)、女性2,531名中229名(9.0%)が朝食欠食であった。女性の朝食欠食者は非欠食者と比べて、総コレステロール値(欠食vs非欠食:221.8 vs 215.4mg/dL、p=0.01)、LDL-コレステロール値(それぞれ134.5 vs 127.5mg/dL、p<0.01)、HDL-コレステロール値(69.7 vs 69.0mg/dL、p=0.54)、Non HDL-コレステロール値(152.1 vs 46.4mg/dL、p=0.02)とHDL-コレステロール値以外で高値を示した。男性でも同様の傾向がみられたが、有意差はみられなかった。また、他の危険因子については、朝食欠食有無によって差はみられなかった。さらに、秋田県、大阪府に分けて層別した分析結果においても同様の傾向がみられた。【考察】日本人女性において朝食欠食は脂質異常と関連することが示された。(著者抄録)
  • 愛媛県愛南町における生活習慣習とメタボリックシンドロームとの関連
    下江 由布子, 江口 依里, 中川 菊子, 丸山 広達, 坂本 和美, 幸田 栄子, 朝雲 杏里, 七條 加奈, 井原 康輔, 井上 翔太, 小倉 史也, 田所 和樹, 芳賀 俊介, 堀田 祐輔, 古川 慎哉, 斉藤 功, 谷川 武, 四国公衆衛生学会雑誌, 60, (1) 77 - 83,   2015年02月, 【目的】メタボリックシンドロームは循環器疾患を発症させる大きな原因の1つであり、予防が必要とされる。愛媛県愛南町では、メタボリックシンドロームの有病率が高いが、これまでに生活習慣やメタボリックシンドロームについての縦断的な検討を実施していない。そこで本研究では、生活習慣とメタボリックシンドロームの構成項目について、個人の経年的な変化を比較すること、及び、生活習慣とメタボリックシンドロームの出現との関連を縦断的に検討することを目的とした。【方法】2008〜2009年と2012年にS協会で特定健診を受診した40〜72歳の男女1,463人を対象とし、生活習慣及び、メタボリックシンドロームとその構成項目について、2008-2009年のベースライン時と2012年の値を対応のあるt検定およびマクネマー検定により比較した。また、各生活習慣の無いものに比較してあるもののメタボリックシンドローム出現の年齢調整及び多変量調整オッズ比を算出した。メタボリックシンドロームの基準は、必須項目の腹部肥満「男性85cm以上、女性90cm以上の腹囲」に加えて、選択項目の脂質異常「中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満」、血圧高値「収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上」、高血糖「HbA1c(NGSP値)6.0%以上」の3つの内、2つ以上該当した場合とした。また、血圧高値・脂質異常・高血糖には、それぞれの服薬者も含めた。【結果】ベースライン時と2012年の比較では、生活習慣では現在喫煙、飲酒習慣、朝食を抜く者の割合が有意に減少し、検診成績では収縮期血圧と拡張期血圧の平均値がともに有意に低下していた。一方で、高血糖者、脂質異常者の割合は有意に増加した。平均3.84年度の追跡調査において、109人の新規のメタボリックシンドロームが出現した。メタボリックシンドロームの出現要因を検討した結果、喫煙習慣がある者はない者に比べてメタボリックシンドローム出現のオッズ比が高く多変量調整オッズ比(95%信頼区間)は3.54(1.91-6.56)であった。就寝前2時間の夕食が週に3回以上であることもリスクを高める傾向があった。【結論】生活習慣では、喫煙者、飲酒習慣者、朝食を抜く者の割合、に改善が見られ、愛南町における生活習慣改善の対策には一定の効果があると考えられた。一方で、高血糖者、脂質異常者に増加が見られた。さらに、愛南町におけるメタボリックシンドロームに関連する要因として、喫煙、及び夜遅くの夕食が考えられ、引き続き対策が必要であると考えられる。(著者抄録)
  • 脂溶性ビタミンと循環器疾患危険因子との関連についてのコホート研究
    丸山 広達, 谷川 武, 斉藤 功, 食に関する助成研究調査報告書, (28) 43 - 66,   2015年
  • 大学生における危険な飲酒に関連する要因
    渡部 貴文, 有田 孝司, 江口 依里, 丸山 広達, 福岡 恵梨菜, 石谷 一馬, 越智 満久, 末廣 聡美, 三宅 泰一郎, 吉田 圭佑, 原 穂高, 今村 高暢, 斉藤 功, 谷川 武, 大学教育研究ジャーナル, 11,   2014年03月
  • 大学生における危険な飲酒に関連する要因
    渡部 貴文, 有田 孝司, 江口 依里, 丸山 広達, 福岡 恵梨菜, 石谷 一馬, 越智 満久, 末廣 聡美, 三宅 泰一郎, 吉田 圭佑, 原 穂高, 今村 高暢, 斉藤 功, 谷川 武, 大学教育研究ジャーナル, 11,   2014年03月, 本研究は,大学生の危険な飲酒の実態および生活習慣との関連について検討することを目的とした。1~4年の大学生1,583名を対象に,アルコール使用障害特定テスト(AUDIT)や生活習慣を含む質問紙調査を実施し,アルコール依存症のリスクが高いことと関連する要因について検討した。その結果,喫煙習慣,男性,週2回以上の運動とアルコール依存症のリスクが高いこととの間に関連が認められた。飲酒が習慣化するのは大学入学後が最も多かった。アルコール依存症のリスクが高い人では,低い人に比べてアルコールに対して良いイメージを持つ,飲酒の頻度が高い,アルコール教育に対する関心が低い人の割合が高かった。また,少数ではあるが非常に危険な飲酒をしている学生の存在が明らかになった。今回の結果から,アルコール依存のリスクには大学入学後の環境及び生活習慣が大きく関わるということが示唆された。In this study, we investigated the factors associated with the high-risk drinking behavior among university students. A total of 1,583 Ehime University students participated in this study. Participants filled out a self-administrated questionnaire containing an AUDIT (alcohol use disorders identification test) and questions concerning lifestyle behaviors. The results showed that students at high-risk of developing alcohol dependence were more likely to be male, smokers, and those engaged in physical activity more than twice a week. Results indicated that most habitual drinking began subsequent to college admission. Compared to low-risk students, high-risk students had more positive images of alcohol, more opportunities to drink, and displayed less interest in alcohol education. Some students had drinking habits that were considered extremely dangerous. These results suggested that the environment of students and lifestyle subsequent to university admission had a significant impact on high-risk drinking.
  • 刺激時唾液分泌量と、食行動、肥満・メタボリックシンドロームとの関係
    丸山 広達, 谷川 武, 江口 依里, 西岡 信治, 三好 規子, 加藤 弘正, 斉藤 功, 8020: はち・まる・にい・まる, (13) 128 - 129,   2014年01月, 愛媛県東温市における疫学研究「東温スタディ」による男女924名(30〜79歳)を対象に、無糖ガム5分間咀嚼後の唾液分泌量と食行動、肥満・メタボリックシンドロームとの関連を分析した。唾液分泌量により4グループに分けた場合、唾液分泌量が多いほど年齢が若く、残存歯数が多く、早食い傾向があった。唾液分泌量が多いほど肥満・メタボリックシンドロームの多変量調整オッズ比が低値の傾向を示し、「早食いをする」「良く噛まない」グループに比べ「早食いをしない」「良く噛む」のグループで肥満・メタボリックシンドロームの多変量調整オッズ比が低値を示した。
  • イビキと生活習慣病 (特集 睡眠関連呼吸障害 : イビキを考える : ストップ ザ イビキ) -- (イビキが発生する要因と問題点)
    丸山 広達, 谷川 武, 睡眠医療 : 睡眠医学・医療専門誌, 8, (3) 305 - 312,   2014年
  • 産業保健国内関連ニュース 産衛学会・松山大会リポート
    谷川 武, 丸山 広達, 斉藤 功, 産業医学ジャーナル, 36, (5) 34 - 38,   2013年09月
  • 産業医に役立つ最新の研究報告 第86回日本産業衛生学会 海外研究者の招待講演より
    谷川 武, 丸山 広達, 江口 依里, 産業医学ジャーナル, 36, (5) 52 - 61,   2013年09月
  • 減量プログラムによる女性の食行動改善と減量効果との関連
    宮崎 純子, 西村 節子, 河中 弥生子, 伯井 朋子, 丸山 広達, 梅澤 光政, 内藤 義彦, 榮養學雑誌, 68, (6) 378 - 387,   2010年12月01日
  • 減量プログラムによる女性の食行動改善と減量効果との関連
    宮崎 純子, 西村 節子, 河中 弥生子, 伯井 朋子, 丸山 広達, 梅澤 光政, 内藤 義彦, 栄養学雑誌, 68, (6) 378 - 387,   2010年, わが国の先行研究では,特定の食行動が肥満と関連していることを示唆しているものの,食行動改善と減量効果との関連を示した報告は少ない。そこで,本研究では,種々の食行動の変化と体重及び食事摂取状況の変化との関連について検討した。
    対象は,2003年9月~2008年8月に,大阪府立健康科学センターにおいて,一般人を対象に参加を募った減量プログラム「スリムで健康塾」を完了した女性144名(年齢19~78歳,BMI18.6~43.8kg/m2)である。2ヶ月半の本プログラムでは,8回の保健指導と2回の健康診査を行った。身体計測,血圧測定,血液検査,食事摂取状況並びに食行動調査については,この2回の健康診査時に行った。介入前後におけるBMIの変化量と食行動のスコアの変化量との関連をステップワイズ法による重回帰分析で検討した。
    本プログラムの実施後は,体重-1.8kg,BMI-0.8kg/m2,体脂肪率-1.5%,腹囲-3.6cmとそれぞれ有意に改善した(p<0.001)。エネルギー,炭水化物,脂質,砂糖,油脂類,菓子等の摂取量が有意に減少するとともに野菜類の摂取量と身体活動による消費エネルギー量が有意に増加した。さらに,食行動での改善が認められ,その改善度は,特に肥満者において顕著であった。ステップワイズ法による重回帰分析の結果,代理摂食の改善は減量に独立して関連していることが明らかとなった。すなわち,日本人の女性において,特に「代理摂食」の改善が,肥満改善に重要であることが示された(β=-0.284,p<0.001)。
    (オンラインのみ掲載)
  • 緑茶・コーヒーの糖尿病予防効果 : JACC Study の結果から
    丸山 広達, 磯 博康, 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society, 51, (6) 471 - 472,   2008年06月30日
  • 2. 緑茶・コーヒーの糖尿病予防効果
    丸山 広達, 磯 博康, 糖尿病, 51, (6) 471 - 472,   2008年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.