研究者総覧

中川 祐治 (ナカガワ ユウジ)

  • 総合情報メディアセンター 教授
Last Updated :2020/11/18

研究者情報

学位

  • 工学修士(東京農工大学)
  • 理学博士(東京都立大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 情報認識学   高エネルギー物理学   遠隔教育   画像理解   High Energy Physics   Distance Learning   Image Understanding   

研究分野

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
  • 人文・社会 / 教育工学
  • 情報通信 / 知能ロボティクス
  • 情報通信 / 知覚情報処理

経歴

  • 2003年04月 - 現在  愛媛大学総合情報メディアセンター教授
  • 1996年07月 - 2003年03月  愛媛大学理学部数理科学科教授
  • 1995年04月 - 1996年06月  国際基督教大学教養学部理学科準教授
  • 1993年04月 - 1995年03月  国際基督教大学教養学部理学科助教授
  • 1990年01月 - 1993年03月  鹿児島大学理学部助教授
  • 1986年04月 - 1989年12月  (株)富士通研究所情報処理研究部門パターン研究部研究員

学歴

  •         - 1986年   東京都立大学   理学研究科   物理学
  •         - 1986年   東京都立大学   Graduate School, Division of Natural Science
  •         - 1983年   東京農工大学   工学研究科   応用物理学
  •         - 1983年   東京農工大学   Graduate School, Division of Engineering
  •         - 1981年   佐賀大学   理工学部   物理学
  •         - 1981年   佐賀大学   Faculty of Science and Engineering

所属学協会

  • 日本データベース学会   コンピュータ利用教育学会   日本環境教育学会   高エネルギー物理学研究者会議   電子情報通信学会   人工知能学会   情報処理学会   日本物理学会   The Database Society of Japan   

研究活動情報

論文

  • Kazuaki Ueda, Takashi Baba, Yuji Nakagawa, Kaname Amano
    Proceedings - International Workshop on Biomedical Data Engineering, BMDE2005 2005 4-A-04 50 - 53 2005年 [査読有り]
     研究論文(国際会議プロシーディングス) 
    If an image includes a ruler and some objects, we can estimate the size of the objects manually. In order to achieve a more accurate result, we developed a method for detecting scale intervals on the ruler. In our method, we transfer the digital image into a frequency domain by using Discrete Fourier Transform (DFT) so that a specific frequency appears. This requires that the image has a cyclic pattern such as the scale on a ruler. We can subsequently calculate the scale interval from the detected frequency. © 2005 IEEE.
  • コンピュータ&エデュケーション 13 40 - 44 2002年 [査読有り]
  • EK Matsuda, S Uehara, Nakano, I, N Tamura, K Abe, K Amako, Y Arai, Y Asano, M Chiba, Y Chiba, M Daigo, M Fukawa, Y Fukushima, J Haba, H Hamasaki, Y Hemmi, M Higuchi, T Hirose, Y Homma, N Iskihara, Y Iwata, J Kanzaki, R Kikuchi, T Kondo, TT Korhonen, H Kurashige, T Matsui, K Miyake, S Mori, Y Nagashima, Y Nakagawa, T Nakamura, S Odaka, K Ogawa, T Ohama, T Ohsugi, H Ohyama, K Okabe, A Okamoto, A Ono, J Pennanen, H Sakamoto, M Sakuda, M Sato, N Sato, M Shioden, J Shirai, T Sumiyoshi, Y Takada, F Takasaki, M Takita, D Tatsumi, K Tobimatsu, T Tsuboyama, Y Unno, T Watanabe, Y Watase, F Yabuki, Y Yamada, T Yamagata, Y Yonezawa, H Yoshida, K Yusa
    Physics Letters B 501 3-4 183 - 190 2001年03月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    An experimental study was carried out for J/psi production in a two-photon process using the VENUS detector at the TRISTAN e(+)e(-) collider. The study was based on 357 pb(-1) data at an average e+e- center-of-mass energy of 58 GeV. No significant signal was observed, and the upper limit of the production cross section was obtained. (C) 2001 Published by Elsevier Science B.V.
  • YUSA K, ABE K, CHIBA M, CHIBA Y, HOMMA Y, IWATA Y, SATO M, UNNO Y, YOSHIDA H
    Physics Letters B 447 1-2 167 - 177 1999年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The total hadronic cross section in e(+)e(-) annihilation has been measured at root s = 57.77 GeV using 290 pb(-1) data sample collected with the VENUS detector at KEK TRISTAN. The cross section obtained is 140.3 +/- 1.8 pb for s'/s greater than or equal to 0.5, where s' is the square of the invariant mass of the final state hadrons. The present result together with the recent results from the LEP collaborations is used to determine the hadronic gamma - Z(0) interference parameter, j(had)(tot), to be 0.196 +/- 0.083. The result is in good agreement with the Standard Model prediction of 0.220. (C) 1999 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • ODAKA S, ABE K, ASANO Y, CHIBA M, KURASHIGE H, NAGASHIMA Y, OKABE K, WATANABE T, YOSHIDA H
    Physical Review Letters 81 12 2428 - 2431 1998年09月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The q(2) running of effective QED coupling alpha(q(2)) is measured in a spacelike region, (10 GeV)(2) less than or equal to -q(2) less than or equal to (54 GeV)(2), using Bhabha-scattering and muon-pair production data at e(+)e(-) collisions with a center-of-mass energy of 57.77 GeV. The result verifies the prediction of a theoretical estimation with a precision of better than 1% in terms of alpha(q(2))/alpha(t(0)) with t(0) = -(10 GeV)(2).
  • MIURA M, CHIBA M, HOMMA Y, MATSUDA E K, NAKAGAWA Y, OHSUGI T, SATO M, YONEZAWA Y, YUSA K
    Physical Review D 57 9 5345 - 5362 1998年05月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The reaction e(+)e(-) --> mu(+)mu(-) has been measured at root s=57.77 GeV, based on 289.6+/-2.6 pb(-1) data collected with the VENUS detector at TRISTAN. The production cross section is measured in bins of the production angle within an angular acceptance of \cos theta\less than or equal to 0.75, according to a model-independent definition. The result is consistent with the prediction of the standard electroweak theory. Although a trend in measurements at lower energies that the total cross section tends to be smaller than the prediction remains, the discrepancy is not significant. The model-independent result is converted to the differential cross section in the effective-Born scheme by unfolding photon-radiation effects. This result can be extrapolated to quantities for the full solid angle as sigma(tot)(EB) = 30.05+/-0.59 pb and A(FB)(EB) = -0.350+/-0.017, by imposing an ordinary assumption on the production-angle dependence. The converted results are used to set constraints on extensions of the standard theory. S-matrix parametrization, and possible contributions from contact interactions and heavy neutral-scalar exchanges are examined.
  • OKABE K, YAMADA Y, TATSUMI D, ABE K, AMAKO K, ASANO Y, CHIBA M, CHIBA Y, YUSA K
    Physics Letters B 423 3-4 407 - 418 1998年03月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The charged-particle multiplicity is measured for b-quark and light-quark (u, d, s) events in e(+)e(-) annihilation at root s = 58 GeV. Two independent methods, lepton tagging and decay-length tagging, are applied to enrich b-quark events. These methods provide event samples having different concentrations of b-quark events. The mean charged multiplicity is measured to be 19.38 +/- 0.27 +/- 0.84 for b-quark events, and 15.91 +/- 0.04 +/- 0.70 for light-quark events. The results are compared with predictions of phenomenological and theoretical models. (C) 1998 Published by Elsevier Science B.V.
  • HAMASAKI H, ABE K, AMAKO K, CHIBA M, CHIBA Y, DAIGO M, HABA J, KURASHIGE H, YUSA K
    KEK Preprint 407 2 185 - 192 1997年08月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The cross section of the γγ → pp̄ reaction was measured at two-photon center-of-mass energy (Wγγ) between 2.2 and 3.3 GeV, using the two-photon process at an e+ e- collider, TRISTAN. The Wγγ dependence of the cross section integrated over a c.m. angular region of |cos θ*| < 0.6 is in good agreement with the previous measurements and the theoretical prediction based on diquark model in the high Wγγ region. © 1997 Published by Elsevier Science B.V.
  • HANAI H, HABA J, ABE K, CHIBA Y, DAIGO M, HIROSE T, MIYAKE K, SATO M, YUSA K
    Physics Letters B 403 1-2 155 - 162 1997年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    The polarization of tau leptons in the reaction e(+)e(-) --> tau(+)tau(-) has been measured using a e(+)e(-) collider, TRISTAN, at the center-of-mass energy of 58 GeV. From the kinematical distributions of daughter particles in tau --> <e nu(nu)over bar>, <mu nu(nu)over bar>, rho nu or pi(K)nu decays, the average polarization of tau(-) and its forward-backward asymmetry have been evaluated to be 0.012+/-0.058 and 0.029+/-0.057, respectively. (C) 1997 Published by Elsevier Science B.V.
  • OHYAMA H, ABE K, AMAKO K, CHIBA M, CHIBA Y, DAIGO M, HANAI H, HEMMI Y, YUSA K
    Zeitschrift f(]J1168[)r Physik C 75 2 209 - 214 1997年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Using the VENUS detector at TRISTAN we have investigated the charm-quark production by detecting D*(+/-) mesons in the two-photon process of e(+)e(-) collisions. The study has confirmed that the charm-quark production rate is larger than that predicted from direct c (c) over bar production alone. The distribution of the transverse momentum of the D*(+/-) mesons and the forward energy flow associated with the D*(+/-) production suggest that the main part of the observed excess comes from the contribution of a resolved photon process.
  • Saitoh Y, Akamine T, Inoue M, Yamanaka J, Echigo N, Miyahara S, Kamiya M, Ikeda H, Matsuda T, Bozek A, Haba J, Koike S, Ozaki H, Tanaka M, Iwasaki H, Higashi Y, Tsuboyama T, Yamada Y, Banas E, Natkaniec Z, Palka H, Rozanska M, Rybicki K, Okuno S, Tajima H, Aihara H, Fukunaga C, Hirose T, Asano Y, Mori S, Tsujita Y, Miyata H, Miyano K, Hazumi M, Hara T, Kawasaki T, Nagashima Y, Senyo K
    IEEE Transactions on Nuclear Science 44 3 PART 1 622 - 628 1997年 [査読有り]
  • ARIMA T, HABA J, HIGUCHI M, OHSUGI T, ONO A, SAKAMOTO H, YAMAGATA T, YOSHIDA H, YUSA K
    Physical Review D 55 1 19 - 39 1997年01月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Bhabha scattering at a center-of-mass energy of 57.77 GeV has been measured using the VENUS detector at KEK TRISTAN. The precision is better than 1% in scattering angle regions of \cos theta\less than or equal to 0.743 and 0.822 less than or equal to cos theta less than or equal to 0.968. A model-independent scattering-angle distribution is extracted from the measurement. The distribution is in good agreement with the prediction of the standard electroweak theory. The sensitivity to underlying theories is examined, after unfolding the photon-radiation effect. The q(2) dependence of the photon vacuum polarization, frequently interpreted as a running of the QED fine-structure constant, is directly observed with a significance of three standard deviations. The Z(0) exchange effect is clearly seen when the distribution is compared with the prediction from QED (photon exchanges only). The agreement with the standard theory leads us to constraints on extensions of the standard theory. In all quantitative discussions, correlations in the systematic error between angular bins are taken into account by employing an error matrix technique.
  • UEHARA S, ABE K, CHIBA M, CHIBA Y, DAIGO M, HABA J, HEMMI Y, HIGUCHI M, YUSA K
    Zeitschrift f(]J1168[)r Physik C 69 4 597 - 606 1996年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Inclusive baryon-antibaryon pair production was studied in two-photon events which were collected at the e(+)e(-) collider TRISTAN, and correspond to an integrated luminosity of 303 pb(-1). Correlations between a baryon and an antibaryon were studied for their flavors (p or Lambda) and their momentum vectors. The experimental results were compared with the expectations from a jet-fragmentation Monte Carlo simulation. We have found that although the ratios of the cross sections of different baryon-flavor combinations are consistent with the Monte Carlo expectations, the cross section shows an excess over the Monte Carlo expectation in a low invariant-mass region of final-state particles at large angles, that indicates a significant contribution from higher-order QCD or non-perturbative effects. The experimental data show no narrow azimuthal-angle correlation, which is expected from a jet-fragmentation Monte Carlo. A search for exclusive Lambda pair production has also been made. We have no candidates and have obtained the upper limit for the cross section.
  • GEANT4 : an Object-Oriented toolkit for simulation in HEP (共著)
    CERN/LHCC/95-70 1 - 35 1995年 [査読有り]
  • Track Finding of a Vertex Drift Chamber using the Parallel Neural Network Algorithm (共著)
    KEK Proceedings 94-10 239 - 247 1995年 [査読有り]
  • UEHARA S, ABE K, ARIMA T, CHIBA M, CHIBA Y, DAIGO M, HANAI H, HEMMI Y, YOSHIDA H
    Zeitschrift fur Physik C 63 2 213 - 218 1994年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    Experimental studies of open charm production in two-photon processes have been performed. In the measurement, charmed hadrons were identified by electrons from their semi-leptonic decays. The result was compared with calculations based on the direct process and photon-gluon fusion process by resolved photons. We found that the effect of the gluon component in a photon is substantial in the observed events.
  • HOSODA N, ABE K, AMAKO K, ARIMA T, CHIBA Y, DAIGO M, HABA J, HEMMI Y, YOSHIDA H
    Phisics Letters B 331 1-2 211 - 216 1994年06月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    We have studied single photon production in e+e- annihilation based on a data sample corresponding to an integrated luminosity of 164.1 pb-1 at square-root s = 58 GeV. The single photon yield is consistent with the prediction of the standard model with three light neutrino species. No anomalous signal has been observed. From this result left- and right-handed scalar electrons in the mass degenerate case are excluded at 90% CL below 44.4 GeV/c2 for the massless photino.
  • J SHIRAI, T OHMOTO, K ABE, K AMAKO, Y ARAI, T ARIMA, Y ASANO, M CHIBA, Y CHIBA, M DAIGO, M FUKAWA, Y FUKUSHIMA, J HABA, H HANAI, Y HEMMI, M HIGUCHI, F HINODE, T HIROSE, Y HOMMA, N HOSODA, N ISHIHARA, Y IWATA, N KANDA, N KANEMATSU, J KANZAKI, R KIKUCHI, T KONDO, TT KORHONEN, AE KRUGER, H KURASHIGE, J MACNAUGHTON, EK MATSUDA, T MATSUI, M MIURA, K MIYAKE, S MORI, Y NAGASHIMA, Y NAKAGAWA, T NAKAMURA, NAKANO, I, S ODAKA, K OGAWA, T OHAMA, T OHSUGI, H OHYAMA, A OKAMOTO, A ONO, T OYAMA, H SAKAMOTO, M SAKUDA, M SATO, N SATO, M SHIODEN, M SHIRAKATA, T SUMIYOSHI, A SUZUKI, Y TAKADA, H TAKAKI, F TAKASAKI, M TAKITA, N TAMURA, K TOBIMATSU, T TSUBOYAMA, S UEHARA, Y UNNO, M UTSUMI, Y WATASE, F YABUKI, Y YAMADA, T YAMAGATA, Y YAMAMOTO, Y YONEZAWA, H YOSHIDA
    Physical Review Letters 72 21 3313 - 3316 1994年05月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌) 
    A search has been made for a light scalar top squark (t1), which has remained unexcluded by previous e+e- experiments up to the Z0 pole. By assuming the decay t1 --> c+Z1 (lightest neutralino), e+e-annihilation data at E(c.m.) = 58 GeV have been analyzed. The number of events comprising large-acoplanarity particle groups is consistent with that expected from known processes. We excluded t1 in the mass range 7.6-28.0 GeV/c2 and Z1 with a mass very close to the kinematical limit at the 95% C.L.
  • Fukunaga C, Fujita Y, Higashi Y, Ikeda H, Ikeda M, Koike S, Matsuda T, Ozaki H, Tanaka M, Tsuboyama T, Avrillon S, Okuno S, Mori S, Yusa K, Haba J, Hanai H, Nagashima Y
    Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A 342 1 287 - 291 1994年 [査読有り]
  • ATLAS Technical Proposal (共著)
    CERN/LHCC/94-43 1 - 271 1994年 [査読有り]
  • CHIBA M, NAKAGAWA Y, WADA T, KOIKE M, KOBAYASHI M, FUJITANI T, OMORI T, SUGIMOTO S, YAMAGUCHI Y
    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A 276 1-2 122 - 126 1989年03月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Homma Y, Hojyo Y, Sakae H, Haba J, Kamitani T, Kanematsu N, Nagashima Y, Osabe H, Sakamoto S, Sugimoto S, Suzuki Y, Tsukamoto A, Uebayashi T, Yamashita T, Sumiyoshi T, Takasaki F
    Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A 274 1-2 183 - 188 1989年 [査読有り]
  • Uebayashi T, Haba J, Kamitani T, Kanematsu N, Nagashima Y, Osabe H, Sakamoto S, Sugimoto S, Suzuki Y, Tsukamoto A, Yamashita Y, Sumiyoshi T, Takasaki F, Homma Y, Hojyo Y, Sakae H
    Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A 265 3 457 - 460 1988年 [査読有り]
  • YOSHIDA H, CHIBA Y, ENDO I, AMAKO K, NOGUCHI Y, HOMMA Y, HOJYO Y, HEMMI Y, HABA J
    Physical Review Letters 59 26 2915 - 2918 1987年12月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • YOSHIDA H, CHIBA Y, AMAKO K, NOGUCHI Y, HOMMA Y, HOJYO Y, HEMMI Y, TOBIMATSU K, HABA J
    Physics Letters B 198 4 570 - 576 1987年12月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • K ABE, K AMAKO, Y ARAI, Y ASANO, H BOERNER, M CHIBA, Y CHIBA, M DAIGO, T EMURA, ENDO, I, M FUKAWA, T FUKUI, Y FUKUSHIMA, J HABA, HAYASHIBARA, I, Y HEMMI, M HIGUCHI, T HIROSE, Y HOJYO, Y HOMMA, Y HOSHI, Y IKEGAMI, N ISHIHARA, T KAMITANI, N KANEMATSU, J KANZAKI, R KIKUCHI, T KONDO, T KOSEKI, K KUBO, H KURASHIGE, K MAEHATA, T MATSUI, M MINAMI, K MIYAKE, S MORI, Y NAGASHIMA, Y NAKAGAWA, T NAKAMURA, NAKANO, I, Y NOGUCHI, S ODAKA, K OGAWA, T OHAMA, T OHSUGI, A ONO, H OSABE, H SAITO, H SAKAE, H SAKAMOTO, S SAKAMOTO, M SAKANO, M SAKUDA, N SASAO, M SATO, M SHIODEN, J SHIRAI, F SUEKANE, S SUGIMOTO, T SUMIYOSHI, Y SUZUKI, Y TAKADA, F TAKASAKI, A TAKETANI, N TAMURA, R TANAKA, Y TERAMOTO, K TOBIMATSU, T TSUBOYAMA, A TSUKAMOTO, S UEHARA, Y UNNO, M WAKAI, M WAKE, T WATANABE, Y WATASE, Y YAMADA, T YAMAGATA, T YAMASHITA, H YOSHIDA
    Journal of the Physical Society of Japan 56 11 3767 - 3770 1987年11月 [査読有り]
  • K ABE, K AMAKO, Y ARAI, Y ASANO, H BOERNER, M CHIBA, Y CHIBA, M DAIGO, T EMURA, ENDO, I, M FUKAWA, T FUKUI, Y FUKUSHIMA, J HABA, HAYASHIBARA, I, Y HEMMI, M HIGUCHI, T HIROSE, Y HOJYO, Y HOMMA, Y HOSHI, Y IKEGAMI, N ISHIHARA, T KAMITANI, N KANEMATSU, J KANZAKI, R KIKUCHI, T KONDO, T KOSEKI, K KUBO, H KURASHIGE, K MAEHATA, T MATSUI, M MINAMI, K MIYAKE, S MORI, Y NAGASHIMA, Y NAKAGAWA, T NAKAMURA, NAKANO, I, Y NOGUCHI, S ODAKA, K OGAWA, T OHAMA, T OHSUGI, A ONO, H OSABE, H SAITO, H SAKAE, H SAKAMOTO, S SAKAMOTO, M SAKANO, M SAKUDA, N SASAO, M SATO, M SHIODEN, J SHIRAI, F SUEKANE, S SUGIMOTO, T SUMIYOSHI, Y SUZUKI, Y TAKADA, F TAKASAKI, A TAKETANI, N TAMURA, R TANAKA, Y TERAMOTO, K TOBIMATSU, T TSUBOYAMA, A TSUKAMOTO, S UEHARA, Y UNNO, M WAKAI, M WAKE, T WATANABE, Y WATASE, Y YAMADA, T YAMAGATA, T YAMASHITA, H YOSHIDA
    Journal of the Physical Society of Japan 56 11 3763 - 3766 1987年11月 [査読有り]
  • Y NAKAGAWA, T HIROSE, J KANZAKI
    Japanese Journal of Applied Physics 25 7 1049 - 1056 1986年07月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • CHIBA M, FUKUNAGA C, WADA T, NAKAGAWA Y, KOBAYASHI M, KUROKAWA S, KOIKE M, OMORI T, FUJITANI T
    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A 234 2 267 - 270 1985年 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Construction of Self-Supporting Cylindrical Multiwire Proportional Chambers (共著)
    KEK Report 84-10 1 - 19 1984年 [査読有り]
  • M KOBAYASHI, K KONDO, H HIRABAYASHI, S KUROKAWA, M TAINO, A YAMAMOTO, S SUGIMOTO, H YOSHIDA, T WADA, Y NAKAGAWA, M OGAWA, M ISHII, S AKIYAMA, H ISHIBASHI
    Nuclear Instruments and Methods 206 1-2 107 - 117 1983年 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • Single spark-gap streamer chamberの特徴(共著)
    原子核研究 26 5 1 - 18 1982年 [査読有り]

書籍

  • 情報リテラシー入門2020年版
    中川祐治、平田浩一、木下浩二、野口一人、二神透、裏和宏、辰巳丈夫、中野由章、清水哲郎、能城茂雄他 (担当:共著, 範囲:第5章「情報とデータ」および全体とりまとめ)
    日経BP 2020年03月
  • 情報リテラシー入門2019年版
    中川祐治、平田浩一、木下浩二、野口一人、二神透、裏和宏、辰巳丈夫、中野由章、清水哲郎、能城茂雄他 (担当:共著, 範囲:第5章「情報とデータ」および全体とりまとめ)
    日経BP 2019年03月
  • 情報科学 第2版
    (担当:共著)
    学術図書出版 2002年
  • 情報科学(共著)
    学術図書出版社 2000年
  • Object-Oriented Analysis and Design of a GEANT Based Detector Simulator (共著)
    International Conference on Computing in High Energy Phisics '94, LBL-35822 1994年
  • 鹿児島大学情報処理センターユーザーズ・マニュアル(共著)
    鹿児島大学生活協同組合 1991年

講演・口頭発表等

  • 園外での危機管理  [招待講演]
    中川 祐治
    西予市保育協議会研修会 2012年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 『気づき』から生まれるコミュニケーション  [通常講演]
    中川 祐治
    えひめ結婚支援センターde愛セミナー 2011年07月
  • Androidの現状と将来について  [招待講演]
    中川 祐治
    愛媛県ネットワーク防犯連絡協議会勉強会 2010年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 機械が人・物を見る-情報認識学の応用-  [招待講演]
    中川 祐治
    電子情報通信学会九州支部講演会 2005年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 何故、セキュリティポリシーが必要か?  [招待講演]
    中川 祐治
    松山市高度人材育成研修 2004年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 何故、セキュリティポリシーが必要か?  [招待講演]
    中川 祐治
    松山市高度人材育成研修 2004年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

作品等

  • Research on Support System for Group Learning using Intranet System
    2000年 -2002年

MISC

  • CNN を用いた変体仮名認識手法
    新納 裕貴, 中川 祐治 2019年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (13) 1 2019年09月
  • セマンティックセグメンテーションによる黒目領域推定
    徳永 眞哉、中川 祐治 2019年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (13) 28 2019年09月
  • 男女別 IPMR を用いた合計特殊出生率低下の要因推測
    伊藤 佑一, 中川 祐治 2019年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (17) 20 2019年09月
  • 合計特殊出生率低下を探針する尺度の算出手法の開発
    伊藤 佑一, 中川 祐治 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (17) 1 2018年09月
  • 機械学習による受講者観察システム高速化の検討
    徳永 眞哉, 中川 祐治 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (13) 20 2018年09月
  • 機械学習を用いた島ナビの一検討
    新納 裕貴、中川 祐治 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 (13) 21 2018年09月
  • 画像認識による玉葱頭部の判別
    吉本 祐真, 中川 祐治 平成27年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 194 2015年09月
  • 黒目中心座標の高速検出とSaccadeの検出頻度
    佐々木 良, 中川 祐治 平成27年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 193 2015年09月
  • 玉葱皮剥き機の画像処理を用いた3次元認識モジュール開発
    中川 祐治 平成26年度ものづくり中小企業・小規模事業者等連携事業創造促進事業戦略的基盤技術高度化支援事業研究開発成果等報告書 2015年03月
  • ダブレットと家庭内PCによるHome Security System
    池田 将隆, 中川 祐治 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 212 2014年09月
  • 全方向微分フィルタによる黒目中心検出の精度評価
    佐々木 良, 中川 祐治 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 211 2014年09月
  • 画像処理による玉葱の根の判定
    吉本 祐真, 中川 祐治 平成26年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 210 2014年09月
  • 画像処理を用いたアクティブな家庭向け見守りシステムの開発
    中川 祐治 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書 8 31 -35 2014年
  • 全方向微分フィルタによる黒目の検出
    宮内 泰明, 中川 祐治 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 232 2013年09月
  • 受講者観察システムにおけるSaccade有無の検出
    中北 真偉, 中川 祐治 電子情報通信学会技術研究報告 112 (300) 67 -71 2012年11月
  • Androidタブレットによるガイドシステムの構築
    宮内 泰明, 中川 祐治 電子情報通信学会技術研究報告 112 (225) 41 -45 2012年10月
  • 背景領域削除に対するピンぼけ度合いの影響評価
    吉本 祐真, 中川 祐治 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 238 2012年09月
  • 受講者観察システムにおけるSaccadeの検出
    中北 真偉, 中川 祐治 平成24年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 237 2012年09月
  • Androidタブレットによるガイドシステムの構築
    宮内 泰明, 中川 祐治 成24年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 236 2012年09月
  • GPUを導入した受講者観察システムの開発
    栃原 康介, 越智 勇太, 中川 祐治 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 19 2011年09月
  • Android端末によるガイドシステムの構築
    中北 真偉, 宮内 泰明, 中川 祐治 平成23年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 20 2011年09月
  • 背景領域削除による類似画像検索の検索精度向上
    第3回楽天研究開発シンポジウム 1 -6 2010年
  • 類似画像検索のための背景領域削除
    平成22年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 148 2010年
  • AndroidのGUIを用いたアプリケーション開発
    平成22年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 270 2010年
  • Android端末での問診票アプリケーションの提案
    平成22年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 271 2010年
  • Android端末へのOpenCVの導入と評価
    平成22年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 272 2010年
  • セカンドライフの可能性を探る
    CIEC(コンピュータ利用教育協議会)コンピュータ&エデュケーション 27 55 2009年
  • 受講者観察システムの最適化における一考察
    平成21年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 215 2009年
  • OpenSimulatorにおける疑似体験システムの構築
    平成21年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 216 2009年
  • メタバースで計算幾何学の一発見を体験するシステムの開発
    CIEC2009PCカンファレンス論文集 283 -286 2009年
  • 受講者観察システムのための目領域抽出
    平成20年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 205 2008年
  • ピンぼけ領域削除を用いた類似画像検索
    平成20年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 204 2008年
  • 2方向の微少移動から生成される超解像画像
    平成20年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 203 2008年
  • Eye Detection for Student Observation System
    205 2008年
  • Image retrieval using deletion out of focus area
    204 2008年
  • Super resolution image from slight movement of two directions
    203 2008年
  • 2台のカメラによる受講者観察システム
    平成19年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 298 2007年
  • HSV色情報を用いた類似画像検索
    平成19年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 205 2007年
  • 色と形の特徴量による類似画像検索
    平成19年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 204 2007年
  • 携帯電話による学習支援システムの構築と評価
    電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告 106 (288) 13 -16 2006年
  • 大学における環境教育の実施-「自然に親しむ(ネイチャーゲーム)」の開講-
    日本環境教育学会第17回大会研究発表要旨集 204 2006年
  • 受講者観察システムにおける動画像取得とSaccade検出の高速化
    平成18年度電気関係学会四国支部連合大会 284 2006年
  • 色情報を用いた魚の卵巣領域抽出
    平成18年度電気関係学会四国支部連合大会 159 2006年
  • 形状特徴量を用いた類似画像検索
    平成18年度電気関係学会四国支部連合大会 158 2006年
  • 連結エッジの対応による画像検索の一手法
    平成18年度電気関係学会四国支部連合大会 157 2006年
  • 受講者観察システムにおける動画像取得とサッケード検出の高速化
    CIEC2006PCカンファレンス論文集 203 -206 2006年
  • 形状特徴量を用いた類似画像検索
    情報処理学会研究報告 2006 (78) 23 -26 2006年
  • 動的計画法を用いた類似画像検索における検索効率の向上
    情報処理学会研究報告 2006 (78) 17 -22 2006年
  • A Study on Learning System utilizing Mobile Phone
    The Institute of Electronics, Information and Communication EngineersIEICE Technical Report 106 (288) 13 -16 2006年
  • Image acquisition and speed-up of Saccade detection for the Student Observation System
    284 2006年
  • Detection Fish of Ovary using Color Information
    159 2006年
  • Image Retrieval using Shape Features
    158 2006年
  • A Method of Image Retrieval by Correspondence of Continuous Edge
    157 2006年
  • Image Retrieval using Shape Features
    2006 (78) 23 -26 2006年
  • Improvement of Efficiency in Image Retrieval using Dynamic Programming
    2006 (78) 17 -22 2006年
  • 受講者観察システムの研究 -サッケード検出の高速化-
    電子情報通信学会電子情報通信学会技術研究報告 105 (336) 75 -78 2005年
  • 受講者観察システムの高速化
    平成17年度電気関係学会四国支部連合大会 310 2005年
  • 動的計画法を用いた類似画像検索
    平成17年度電気関係学会四国支部連合大会 208 2005年
  • Research for Student Observation System -Processing Recuction for Saccade Detection-
    The Institute of Electronics, Information and Communication EngineersIEICE Technical Report 105 (336) 75 -78 2005年
  • Processing Reduction for Student Observation System
    310 2005年
  • Image Retrieval using Dynamic Programming
    208 2005年
  • 画像中に撮影された物差しの目盛り間隔検出
    DEWS2005(データ工学ワークショップ) DEWS2005 (4-A-04) 1 -8 2005年
  • 映像送受信におけるロスパケット復元
    電子情報通信学会、情報処理学会平成16年度電気関係学会四国支部連合大会論文集 180 2004年
  • 受講者観察システムの研究 ー眼球運動検出の高速化ー
    CIEC(コンピュータ利用教育協議会)コンピュータ利用教育協議会 2004PCカンファレンス論文集 84 -85 2004年
  • Recovery of the loss packets in DV signal transmission
    180 2004年
  • 「眼球運動の検出による受講者観察システム」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会 2003PCカンファレンス論文集 219 -222 2003年
  • 「遠隔講議におけるロスパケットの復元」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会 2003PCカンファレンス論文集 247 -248 2003年
  • 「大学向けスケジュール管理システムの提案」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会 2003PCカンファレンス論文集 421 -422 2003年
  • 「TVMLを利用した映像教材作成支援ツール」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会2002PCカンファレンス論文集 134 -137 2002年
  • 「数式を含むレポート管理システム」(共著)
    情報処理学会四国支部研究シンポジューム 77 -80 2002年
  • 「WBTにおける受講者観察システム」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会 2001PCカンファレンス論文集 254 -255 2001年
  • 「数式を含むレポート管理システム」(共著)
    コンピュータ利用教育協議会 2001PCカンファレンス論文集 256 -257 2001年
  • 移動ロボットの勾配法による環境認識の一手法(共著)
    電子情報通信学会2001年総合大会講演論文集/情報・システム[2] 262 2001年
  • A Method for Recognizing Environments of Moving Robot using a Gradient-based Method
    262 2001年
  • 移動ロボットの勾配法による環境認識の一手法(共著)
    平成12年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集 113 2000年
  • A Method for Recognizing Environments of Moving Robot using a Gradient-based Method
    113 2000年
  • Measurement of τ polarization in e+e- annihilation at ■RT2(S)=58GeV (共著)
    KEK Preprint 96-171 1 -18 1996年
  • D Inclusive Production in Two-photon Process at ■RT2(S)=58GeV in TRISTAN (共著)
    KEK Preprint 96-152 1 -15 1996年
  • Measurement of τ polarization in e+e- annihilation at ■RT2(S)=58GeV (共著)
    KEK Preprint 96-171 1 -18 1996年
  • D Inclusive Production in Two-photon Process at ■RT2(S)=58GeV in TRISTAN (共著)
    KEK Preprint 96-152 1 -15 1996年
  • 1/fゆらぎを付加した画像の生成(共著)
    情報処理学会第50回全国大会予稿集 2 443 -444 1995年
  • Generation of Images with 1/f Fluctuation
    2 443 -444 1995年
  • 人間の視覚機能に着目したステレオ対応法
    平成4年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集 741 1992年
  • 中心窩と周辺視に着目したステレオ対応法
    人工知能学会第6回全国大会論文集II 597 -599 1992年
  • 面単位のステレオ対応法 (共著)
    情報処理学会第39回全国大会予稿集 426 -427 1989年
  • A Region-Based Stereo Matching Algorithm
    426 -427 1989年
  • Patten Recognition of VENUS Central Drift Chamber (共著)
    KEK Internal 85-6 1 -25 1985年
  • Patten Recognition of VENUS Central Drift Chamber (共著)
    KEK Internal 85-6 1 -25 1985年
  • Pattern Recognition Program of VENUS Central Drift Chamber (共著)
    KEK VENUS NOTE 97 1 -21 1984年
  • Pattern Recognition Program of VENUS Central Drift Chamber (共著)
    KEK VENUS NOTE 97 1 -21 1984年
  • Monte-Carlo Simulation Program of VENUS Detector (共著)
    KEK VENUS NOTE 65 1 -15 1983年
  • Mixing Condition of CC1F3 for Streamer Chamber (共著)
    KEK Internal 83-3 1 -20 1983年
  • Monte-Carlo Simulation Program of VENUS Detector (共著)
    KEK VENUS NOTE 65 1 -15 1983年
  • Mixing Condition of CC1F3 for Streamer Chamber (共著)
    KEK Internal 83-3 1 -20 1983年
  • Recent Test Results on BGO and BSO at KEK (共著)
    KEK Preprint 81-28 1 -14 1982年
  • Recent Test Results on BGO and BSO at KEK (共著)
    KEK Preprint 81-28 1 -14 1982年
  • Characteristics of the Single Spark-gap Streamer Chamber
    26 (5) 1 -18 1982年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • モバイル端末における受講者観察システムの構築
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 中川 祐治
  • 玉葱皮剥き機の画像処理を用いた3 次元認識モジュール開発
    四国経済産業局:戦略的基盤技術高度化支援事業
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月
  • 画像処理を用いたアクティブな家庭向け見守りシステムの開発
    愛媛県:
    研究期間 : 2013年05月 -2014年03月
  • 次世代e-ラーニングのための受講者観察システムの実用化
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 中川 祐治
  • 次世代WBTのための受講者観察システムの研究開発
    科学研究費補助金:
    研究期間 : 2005年04月 -2007年03月 
    代表者 : 中川 祐治
  • イントラネットシステムを用いたグループ学習支援システムの研究
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2000年04月 -2002年03月 
    代表者 : 鶴木眞

委員歴

  • 2020年04月 - 2020年12月   四国中央市教育委員会   小中学校情報通信ネットワーク構築業務評価委員
  • 2018年05月 - 2018年08月   松山市   松山市資産税地理情報システム再構築事業業務委託総合評価委員
  • 2018年01月 - 2018年03月   松山市   松山市下水道地理情報システム再構築事業業務委託総合評価委員
  • 2017年08月 - 2018年03月   愛媛県法人会連合会   結婚支援ビッグデータ活用研究会委員
  • 2017年08月 - 2018年03月   愛媛県法人会連合会   結婚支援ビッグデータ・オープンデータ活用研究会委員
  • 2017年07月 - 2017年12月   松山市   松山市児童家庭相談システム構築事業業務委託総合評価委員会委員
  • 2017年09月 - 2017年11月   四国中央市   新庁舎建設に伴う地域公共ネットワーク再構築事業に係る助言者
  • 2016年10月 - 2017年03月   松山市   松山市斎場施設予約システム再構築事業業務委託総合評価委員会委員
  • 2016年07月 - 2017年03月   松山市   松山市高度情報化推進委員会委員
  • 2013年10月 - 2015年03月   経済産業省   戦略的基盤技術高度化支援事業研究開発推進委員会委員
  • 2011年04月 - 2015年03月   九州大学   九州大学情報基盤研究開発センター全国共同利用運営委員会委員
  • 2012年08月 - 2012年11月   松山市   「松山市国民健康保険システム再構築事業」業務委託総合評価委員会委員
  • 2012年01月 - 2012年03月   松山市   「松山市税総合情報システム再構築事業」業務委託総合評価委員会委員
  • 2011年11月 - 2012年02月   松山市   「松山市生活保護システム再構築事業」業務委託総合評価委員会委員
  • 2011年09月 - 2012年02月   四国中央市   「四国中央市地域公共ネットワーク再構築調達」助言者
  • 2011年05月 - 2011年08月   松山市   「松山市介護保険システム再構築事業」業務委託総合評価委員会委員
  • 2010年08月 - 2010年10月   松山市   「松山市業務系システム第1次再構築事業」業務委託総合評価委員会委員
  • 2009年09月 - 2009年12月   東温市   東温市情報化推進委員会アドバイザー
  • 2008年 - 2009年   コンピュータ利用教育学会   2009PCカンファレンス実行委員会委員   コンピュータ利用教育学会

担当経験のある科目

  • 情報リテラシー入門愛媛大学
  • 応用数学概論愛媛大学大学院
  • 情報数理学続論愛媛大学
  • 環境ESD指導者養成講座愛媛大学
  • コンピュータ基礎愛媛大学
  • 情報数理学愛媛大学
  • 環境を考える愛媛大学
  • 自然の法則愛媛大学
  • 情報科学愛媛大学
  • 自然との共生愛媛大学
  • 自然に親しむ愛媛大学
  • 計算機科学実験愛媛大学
  • 数学序論愛媛大学
  • コンピュータ言語学東京農工大学
  • コンピュータ言語国際基督教大学
  • 数値解析国際基督教大学
  • 情報処理概論国際基督教大学
  • コンピュータ・リテラシー国際基督教大学

社会貢献活動

  • まつやまデータ利活用研究協議会 運営委員長
    期間 : 2018年11月 - 現在
    役割 : 助言・指導
    主催者・発行元 : 愛媛大学、松山市、愛媛県法人会連合会
  • 愛媛県シェアリングネイチャー協会副理事長
    期間 : 2017年04月 - 現在
    役割 : 運営参加・支援
  • Code for DOGO代表
    期間 : 2015年03月 - 現在
    役割 : 助言・指導
  • 愛媛県ネットワーク防犯連絡協議会顧問
    期間 : 2007年12月 - 現在
    役割 : 助言・指導
    主催者・発行元 : 愛媛県警察
  • 愛媛県シェアリングネイチャー協会道後シェアリングネイチャーの会 運営委員長
    期間 : 2007年01月 - 現在
    役割 : 助言・指導
  • 愛媛大学地域創生イノベーター育成プログラム「データサイエンスによる問題解決」
    期間 : 2019年10月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学
  • 愛媛大学地域創生イノベーター育成プログラム「データサイエンスによる問題解決」
    期間 : 2019年02月23日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛大学
  • 愛媛県シェアリングネイチャー協会理事及び事務局長
    期間 : 2005年04月 - 2017年03月
    役割 : 運営参加・支援
  • e-まつやま最先端情報技術研究会理事
    期間 : 2008年04月 - 2014年03月
    役割 : 運営参加・支援
    主催者・発行元 : 愛媛大学、松山市、愛媛県法人会連合会
  • 平成22年度企画事業「自然体験活動指導者養成研修会」
    期間 : 2010年08月21日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 文部科学省委託事業「平成22年度青少年体験活動総合プラン」
  • 平成21年度環境教育リーダー研修基礎講座実施のための検討委員会委員
    期間 : 2009年07月 - 2009年12月
    役割 : 助言・指導
  • 中・四国環境教育ミーティング実行委員会委員
    期間 : 2008年04月 - 2009年03月
    役割 : 助言・指導

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 環境ESD指導者養成講座Ⅱ
  • 2019, 前期, 学部, 情報リテラシー入門Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 情報リテラシー入門Ⅱ
  • 2019, 前期, 学部, 卒業研究Ⅰ
  • 2019, 前期, 修士, 数理科学ゼミナールⅢ
  • 2019, 前期, 修士, 応用数学概論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.