研究者データベース

森 伸一郎モリ シンイチロウ

所属部署名大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名准教授
Last Updated :2019/08/19

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    森 伸一郎
  • 氏名(カナ)

    モリ シンイチロウ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 19800000, 京都大学, 工学部, 土木工学科
  • 19800000

学位

  • 博士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • 土木学会
  • 地盤工学会
  • 地震学会
  • 日本建築学会
  • 日本自然災害学会
  • 日本地震工学会
  • 地域安全学会
  • 国際地盤工学会
  • Earthquake Engineering Research Institute
  • 米国地震学会
  • 物理探査学会

委員歴

  • 20050000, 20080000, 土木学会, 技術推進機構/土木耐震国際規格開発委員会委員長, 土木学会
  • 20060000, 20080000, 土木学会, 地震工学研究発表会 論文集編集委員会部門主査, 土木学会
  • 20040000, 20100000, 土木学会, 四国支部 四国ブロック南海地震研究委員会 幹事, 土木学会
  • 20050000, 20060000, 土木学会, 新潟県中越地震被害調査特別委員会, 土木学会
  • 20080000, 20100000, 土木学会, 土木学会四国支部賞選考委員会, 土木学会
  • 20050000, 20110000, 土木学会, 地震工学委員会/耐震基準小委員会/設計事例集WG主査, 土木学会
  • 20040000, 20040000, 土木学会, コンクリート委員会示方書小委員会耐震性能照査編部会 委員, 土木学会
  • 20040000, 20040000, 土木学会, 土木学会・平成16年8月四国地域豪雨・高潮災害緊急調査団, 土木学会
  • 20050000, 20060000, 土木学会, 土木学会四国支部平成17年度四国ブロック南海地震研究委員会幹事, 土木学会
  • 20050000, 20100000, 土木学会, 土木学会/技術推進機構/ISO対応特別委員会委員, 土木学会
  • 19970000, 20100000, 土木学会, 地震工学委員会委員, 土木学会
  • 20070000, 20080000, 土木学会, 土木学会賞審査員, 土木学会
  • 20040000, 20100000, 土木学会, 地震工学委員会 地震被害調査支部幹事, 土木学会
  • 20060000, 20100000, 地盤工学会, 四国支部評議員, 地盤工学会
  • 20080000, 20080000, 地盤工学会, 地盤工学会賞選考委員, 地盤工学会
  • 20070000, 20080000, 地盤工学会, 新潟県中越沖地震災害調査委員会委員, 地盤工学会
  • 20090000, 20100000, 地盤工学会, 第45回地盤工学研究発表会実行委員会広報部会部会長, 地盤工学会
  • 20040000, 20040000, 地盤工学会, 調査・研究部 特別委員, 地盤工学会
  • 19980000, 19990000, 地盤工学会, 「土と基礎」編集委員会委員, 地盤工学会
  • 20000000, 20010000, 地盤工学会, 鳥取県西部地震災害調査委員会委員, 地盤工学会
  • 20010000, 20010000, 地盤工学会, 芸予地震地震災害調査委員会委員, 地盤工学会
  • 20080000, 20090000, 地盤工学会, 斜面・のり面の維持管理と防災マネジメントに関する研究委員会委員, 地盤工学会
  • 20050000, 20090000, 地盤工学会, NEXCO四国耐震性評価研究委員会基礎WG主査, 地盤工学会
  • 19990000, 20060000, 日本建築学会, 地盤震動小委員会委員, 日本建築学会
  • 19930000, 20060000, 日本建築学会, 基礎構造系振動小委員会委員, 日本建築学会
  • 20080000, 20100000, 日本地震工学会, 微動利用技術研究委員会委員長, 日本地震工学会
  • 20060000, 20090000, 地域安全学会, 理事, 地域安全学会
  • 20090000, 20110000, 地域安全学会, 地震体験談活用委員会委員長, 地域安全学会
  • 20060000, 20090000
  • 20090000, 20110000

経歴

  • 20070400, 99990000, 愛媛大学(准教授)
  • 19980400, 20070300, 愛媛大学(助教授 )
  • 20020900, 20030800, 米国コーネル大学(客員研究員)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 社会・安全システム科学, 自然災害科学
  • 土木工学, 構造工学・地震工学・維持管理工学
  • 土木工学, 地盤工学

研究キーワード

  • 液状化
  • 地盤震動
  • 動的挙動
  • 地盤構造物相互作用
  • 耐震設計
  • 杭基礎
  • 盛土
  • 斜面
  • 橋梁
  • 防災教育

著書・発表論文等

論文

  • 防災意識のメタ認知刺激を意図した個人別減災カルテの開発, 森 伸一郎,羽鳥 剛史, 地域安全学会論文集, 20180300, [査読有り]
  • Report on a reconnaissance survey of damage in Kathmandu caused by the 2015 Gorkha Nepal earthquake, Soils and Foundations, 20150000, [査読有り], 10.1016/j.sandf.2015.09.005
  • Changes of natural frequencies of a short-span concrete skew bridge during construction, ラトナ・プラサド・トヤナ、森 伸一郎, Journal of Structural Engineering, JSCE, 20140000, [査読有り]
  • Damage during the 2013 Awaji Island Earthquake in Sumoto Plain and its Ground Motion Characteristics, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 20140000, [査読有り], 10.2208/jscejseee.70.I_970
  • 地震被害想定に用いる平野地下構造のモデル化― 愛媛県松山平野の事例 ―, 森 伸一郎,下村 博之,岡部 隆宏, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 20140000, [査読有り], 10.2208/jscejseee.70.I_839
  • 新聞記事分析による東北地方太平洋沖地震時の住民の津波避難行動, 森 伸一郎,鵜久森 潤, 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 20130000, [査読有り], 10.2208/jscejseee.69.I_942
  • 東京層砂層の液状化の痕跡調査と一考察, 森 伸一郎, 池田 悦夫, 土木学会論文集, 19970000, 0289-7806|1882-7187, 10.2208/jscej.1997.582_247

書籍等出版物

作品

MISC

  • 南海トラフ巨大地震を想定した西条市の揺れやすさ調査, 森 伸一郎,小林 巧,張 永賢,今西 平, 土木学会四国支部 21世紀の南海地震と防災, 12, 49, 60, 20180100
  • 南海トラフ巨大地震に備えた自主防災組織のリーダーシップ向上, 小澤 望,森 伸一郎, 土木学会四国支部 21世紀の南海地震と防災, 12, 87, 92, 20180100
  • 愛南町緑地域における南海トラフ巨大地震に備えた自主防災力の向上を目指した活動, 森 伸一郎, 土木学会四国支部 21世紀の南海地震と防災, 第12巻, 93, 100, 20180100
  • Personal Disaster Measure Card Intended to Stimulate Metacognition and Social Comparison – Development and Effectiveness -, Shinichiro MORI and Tsuyoshi HATORI, Proc. 4th Asian Conference on Urban Disaster Reduction, 1, 8, 20171100
  • 鉄筋コンクリート梁の多段階曲げ載荷実験による損傷の進展と固有振動数の変化の関係, 小林巧, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.I‐338, 20170800, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268280292870
  • 多点振動計測を用いた構造部材の振動可視化による割れ検出の試み, 松本愛, 齊藤中, 森伸一郎, 中畑和之, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.CS7‐014, 20170800, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702219243013810
  • 微動観測に基づく精細なゆれやすさマップ, 森伸一郎, TWAYANA Ratna Prasad, 吉岡優汰, 西村尚高, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 72nd, ROMBUNNO.I‐093, 20170800, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702211860914285
  • 防災意識のメタ認知刺激を意図した個人別減災カルテの開発とその効果, 森伸一郎, 羽鳥剛史, 地域安全学会梗概集(CD-ROM), 40, ROMBUNNO.RC‐4, 20170600, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802239794745045
  • 2016年熊本地震における益城町の建物被害と地盤の振動特性の関係, 西山 優輔,森 伸一郎, 第23回土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 20170500
  • 地震防災意識調査に基づく住民の減災行動の実態と認知心理, 梶田 恵利子,森 伸一郎, 第23回土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 20170500
  • 鉄筋コンクリート梁の曲げ載荷試験による損傷と固有振動数の変化, 小林 巧,森 伸一郎, 第23回土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 20170500
  • 多点振動計測によるRC部材の動態可視化と損傷評価への応用, 中畑和之, 高本龍直, 松本愛, 齊藤中, 森伸一郎, 構造工学論文集 A(CD-ROM), 63, ROMBUNNO.4‐6, 20170300, 1881-6614, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268573790698
  • 福井県勝山盆地における微動観測, 大堀道広, 浅香雄太, 東宏樹, 安達繁樹, 伊藤雅基, 岩波良典, 上野太士, 浦谷優樹, 大石佑輔, 大場政章, 岡本拓夫, 金子翔平, 北村暢章, 北村春基, 栗田哲, 小嶋啓介, 佐藤史佳, 竜田晃樹, 内藤昌平, 中井翔, 中井俊樹, 野口竜也, 羽田浩二, 林田拓己, 樋口茂生, 古谷元, 前田直樹, 水野智洋, 宮崎真之, 森伸一郎, 森田真弘, 山田浩二, 山田雅行, 山本英和, 吉田昌平, 吉田雅穂, 藤原広行, 日本地震工学会論文集(Web), 17, 4, 4_170‐4_181(J‐STAGE), 20170000, 1884-6246, 10.5610/jaee.17.4_170, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702278089017546
  • 松山港のPC桟橋の振動特性, 田中 祐希,森 伸一郎, 平成28年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 97, 98, 20161100
  • 衛星写真による2016年熊本地震における西原村の家屋被害判別, 梶田 恵利子,森 伸一郎, 平成28年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 20161100
  • 2016年熊本地震で被害の集中した益城町での微動観測, 西山 優輔,森 伸一郎, 平成28年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 17, 18, 20161100
  • 愛南町における高密度地震観測によるゆれやすさ評価, 森 伸一郎,河野 幸一,小越 拓海, 平成28年度地盤工学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 20161100
  • 河川堤防の振動特性を考慮した耐震性評価の必要性, 森 伸一郎,安野 雄祐,榊原 正也, 日本地震工学会・大会2016, 20161000
  • SEISMIC INTENSITY QUESTIONNAIRE SURVEY FOR THE 2015 GORKHA, NEPAL EARTHQUAKE - PRELIMINARY RESULTS AND DAMAGE OBSERVATIONS -, Hitomi MURAKAMI, Ramesh GURAGAIN, Bharat PRADHAN, Sujan ADHIKARI, Gopi BASYAL, and Shinichiro MORI, 日本地震工学会大会,2015, 20151000
  • 既存施設内でのPS検層の課題とその解決, 山田透, 松村裕樹, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 50th, ROMBUNNO.1019, 20150000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502211309795866
  • 活断層通過の恐れがある敷地の地盤構造の把握, 森伸一郎, 山田透, 松村裕樹, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 50th, ROMBUNNO.1021, 20150000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204111815695
  • 3本の活断層を横切る断面での常時微動測定, 松村裕樹, 森伸一郎, TWAYANA Ratna Prasad, 山田透, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM), 50th, ROMBUNNO.1020, 20150000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502203497017651
  • Learning Program for Disaster Resilient Community Development on the Basis of Social and Scientific Curiosities of Community Members, Shinichiro Mori and Tsuyoshi Hatori, 2nd Asia Conference on Urban Disaster Reduction, 20140000
  • Study of Cliff Effects on Ground Motions using Microtremor Measurements, Bigyan Upadhayay, Shinichiro Mori, International Symposium, Geohazards: Science, Engineering and Management, Kathmandu, Nepal, 330, 340, 20140000
  • 地震被害想定に用いる平野地下構造のモデル化‐愛媛県松山平野の事例‐, 森伸一郎, 下村博之, 岡部隆宏, 土木学会論文集 A1(構造・地震工学)(Web), 70, 4, I.839-I.863 (J-STAGE), 20140000, 2185-4653, 10.2208/jscejseee.70.I_839, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402289945885442
  • 新聞記事分析による東北地方太平洋沖地震時の住民の津波避難行動, 森伸一郎, 鵜久森潤, 土木学会論文集 A1(構造・地震工学)(Web), 69, 4, I.942-I.957 (J-STAGE), 20130000, 2185-4653, 10.2208/jscejseee.69.I_942, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402282556929200
  • 新聞記事分析に基づく2011年東北地方太平洋沖地震津波リスクに対する避難行動, 鵜久森潤, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.I-186, 20120801, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202247217143791
  • 既存コンクリート橋梁を対象にした定量的健全度調査法の開発, 森伸一郎, 松村裕樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.I-511, 20120801, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232308799129
  • 2011年東北地方太平洋沖地震津波における住民の避難行動に見られる男女間の差異, 森伸一郎, 鵜久森潤, 地域安全学会梗概集, 30, 41, 45, 20120600, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302252348826356
  • 2011年東北地方太平洋沖地震津波における住民の避難行動に見られる地域差, 鵜久森潤, 森伸一郎, 地域安全学会梗概集, 30, 47, 50, 20120600, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302204422488013
  • 微小地震観測による地すべり土塊の三次元形状と地震応答特性の評価, 森伸一郎, 大竹秀典, 土木学会論文集 A1(構造・地震工学)(Web), 68, 4, I.395-I.406 (J-STAGE), 20120000, 2185-4653, 10.2208/jscejseee.68.I_395, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302289037327420
  • 2010年チリ地震津波の際の四国における住民避難行動, 松浦尚輝, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.I-410, 20110805, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102285117690681
  • 振動測定による既存橋梁の補修工事の効果, 松村裕樹, 森伸一郎, 吉田享一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.I-673, 20110805, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102241675957719
  • 単純PC桁橋の振動測定によるたわみ評価, 鵜久森潤, 森伸一郎, 松村裕樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 66th, ROMBUNNO.I-104, 20110805, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102216301549833
  • 2010年チリ地震津波に対する住民の避難行動トリガー, 森伸一郎, 松浦尚輝, 地域安全学会梗概集, 28, 57, 60, 20110500, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202230550285846
  • 高密度地盤調査による埋立地盤の構造推定と一次元地震応答のばらつき, 森伸一郎, 田村一樹, 構造工学論文集 A(CD-ROM), 57, ROMBUNNO.6-2, 20110300, 1881-6614, 10.11532/structcivil.57A.318, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102239695850894
  • C-2 2010年チリ地震津波に対する住民の避難行動トリガー, 森 伸一郎, 松浦 尚輝, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 28, 57, 60, 20110000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547291, Tsunami warning of major tsunami/tsunami was issued by The Japan Meteorological Agency (JMA) in the morning of the next day of occurrence of the magnitude 8.8 earthquake off the Chilean coast on February 27, 2010, and it was followed by issuance of evacuation warning alerts by local goverments in Pacific Ocean coastal regoins. Authors have conducted a series of investigation on resident evacuation from the tsunami expected to hit the regions, by personal interviews to 381 residents in 82 districts of 25 cities and towns in Ehime, Kochi and Tokushima Prefectures in Shikou region. Moreover, a comparative study was carried out in Iwate and Chiba Prefectures as well. This paper discusses the triggering of evacuation of residential people in the three Shikoku prefectures.
  • 振動測定による多径間橋梁のたわみ量評価, 森伸一郎, 松村裕樹, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO15-FRI-PM-6, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002292794814108
  • 2007年能登半島地震により被害を受け修復された道路盛土の振動特性, 神野邦彦, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO2-THU-PM-2, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002256507378215
  • 微動測定による地すべり面深さの推定, 森伸一郎, 大竹秀典, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO17-SAT-AM-10, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002247723739452
  • アンケート震度に基づいた島根県内の高密度震動特性, 河原荘一郎, 森伸一郎, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO31-FRI-PM-5, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002235591458850
  • 超高密度地盤調査をした海岸埋立地盤の一次元地震応答のばらつき, 森伸一郎, 田村一樹, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO1-THU-PM-3, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002231782244005
  • 「ぼうさい甲子園」に見られる学校防災教育の特徴, 森伸一郎, 松浦尚輝, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO23-FRI-PM-9, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002226862759606
  • 微小地震を対象とした多点観測による地盤構造物の地震応答特性の評価, 森伸一郎, 古川将也, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO44-THU-PM-7, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002215422871755
  • 既存ため池堤体の微動測定と表面波探査に基づく推定による卓越周期の関係, 森伸一郎, 古川将也, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 13th, ROMBUNNO.GO50-SAT-AM-6, 20101105, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002209451364587
  • 橋梁の振動測定によるたわみの車両走行速度依存性, 松村裕樹, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.I-511, 20100805, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002293647880061
  • 表面波探査による地震被害を受けた既存ため池堤体のせん断波速度構造, 古川将也, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 65th, ROMBUNNO.III-384, 20100805, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002228904567934
  • 液状化地盤における高密度微動測定と表面波探査による地盤構造調査, 田村一樹, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 2, 1695, 1696, 20100715, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002291527276850
  • 短径間橋梁の測定たわみに含まれる橋台・橋脚の沈下, 松村裕樹, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 2, 1851, 1852, 20100715, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002284155216116
  • 微動測定による地盤・基礎構造物の健全性評価への応用, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 2, 1861, 1862, 20100715, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002237820917084
  • 地震被害を受けた既存ため池堤体の微動応答特性と堤体内部構造の対応, 古川将也, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 2, 953, 954, 20100715, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002230847872428
  • 地すべり地の振動特性, 大竹秀典, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 45th, 2, 1877, 1878, 20100715, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002222772882977
  • 3-1 「ぼうさい甲子園」に見られる防災教育の現状, 松浦 尚輝, 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 26, 71, 74, 20100000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547212, The objective of this paper is to observe the situations and features of school disaster education in contents of "Bosai-Koshien", a kind of a nation-wide competition of the contents of disaster education conducted in schools. This survey was carried out through an analysis of the contents read from outline documents downloaded from the relevant website, in terms of assumed disasters, activity type, relation with curriculum, expected achievement, and so on. The type of education is mainly a temporary event such as evacuation drills.
  • 1-7 2010年チリ地震津波に対する四国における避難行動に関する調査, 森 伸一郎, 松浦 尚輝, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 26, 17, 20, 20100000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547197, Tsunami warning of major tsunami/tsunami was issued by The Japan Meteorological Agency (JMA) in the morning of the next day of occurrence of the magnitude 8.8 earthquake off the Chilean coast on February 27, 2010, and it was followed by issuance of evacuation warning alerts by local goverments in the related regions. The ratios of the number of evacuees to that of residents necessary to be evacuated were extremely low. Authors have conducted a preliminary investigation on resident evacuation from the tsunami expected to hit by individual interviews to 53 residents in 23 districts of 6 cities in Ehime and Kochi prefectures. This paper reports the result of the investigation.
  • DS-1 来る南海地震に備えて今できること(ディスカッションセッション,<特集>第45回地盤工学研究発表会), 森 伸一郎, 地盤工学会誌, 地盤工学会, 地盤工学会誌, 58, 12, 20100000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008095409
  • 松山城城山の斜面崩壊の被害原因―集中豪雨による複合要因災害の可能性―, 森伸一郎, 矢田部龍一, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 29th, 37, 38, 20100000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102294829485056
  • 谷池型ため池堰堤の微動測定と表面波探査, 古川将也, 森伸一郎, 農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2010(CD-ROM), ROMBUNNO.3-10, 20100000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102286899286503
  • 谷池型ため池堰堤の微小地震観測, 森伸一郎, 古川将也, 農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 2010(CD-ROM), ROMBUNNO.3-11, 20100000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102265841753317
  • 微小地震観測による既存土構造物の地震応答特性評価, 古川将也, 森伸一郎, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 29th, 15, 16, 20100000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102202454821345
  • 地盤卓越周期推定のための微動時刻歴の質的評価指標, 森伸一郎, 松村裕樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 64th, Disk 1, ROMBUNNO.III-255, 20090803, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263080103975
  • 道路斜面の振動特性の特徴と評価方法, 森伸一郎, 堂上祐治, 河野幸一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 64th, Disk 1, ROMBUNNO.III-091, 20090803, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241100560266
  • 道路盛土の簡易増幅スペクトルの開発, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 神野邦彦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 1369, 1370, 20090713, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290897766450
  • 杭耐震性評価チャートの妥当性検討, 須賀幸一, 小倉和壽, 森伸一郎, 明石達雄, 明石行雄, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 1187, 1188, 20090713, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263516085269
  • 埋立地における地盤の一次元地震応答のばらつき, 森伸一郎, 田村一樹, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 1541, 1542, 20090713, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248688859399
  • 微動測定によるカトマンズ盆地内地盤の卓越周期分布, 久木留貴裕, 森伸一郎, BHANDARY Netra Prakash, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 1543, 1544, 20090713, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239796044670
  • 常時微動測定による河川堤防と地盤の卓越周期の相関, 神野邦彦, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 田窪裕一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 44th, 1367, 1368, 20090713, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210510530469
  • Efficiency of Equal Energy Assumption for Evaluating Ductility Factors of a Pile, Proc. 3rd Greece-Japan Workshop on Seismic Design, Observation and Retrofit of Foundations, 71, 81, 20090000
  • Evaluation chart of existing pile foundation against seismic soil displacements, Proc. Intl. Conf. on Performance-Based Design in Earthquake Geotechnical Engineering, 667, 674, 20090000
  • 38.防災教育のあり方に関する地域内合意形成の試み, 森 伸一郎, 鳥居 謙一, 飯田 英功, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 25, 123, 126, 20090000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547190, Ainan Town, the local government of small town in Ehime Prefecture, has currently established its own disaster education initiative in collaboration with Ehime University and other local institutes. This paper reports the anti-disaster activities of each institute and the process of collaboration until this establishment. After understanding those situation, the paper discusses the efficiency of collaboration with a local university for establishing disaster education initiative and potential key issues for development of a sustainable curriculum with materials and methodology for disaster education in Japanese compulsory schooling system.
  • F-10 愛媛県における昭和南海地震体験談の収集と震度分布の推定, 久木留 貴裕, 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 24, 89, 92, 20090000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547142, Next Nankai Earthquake is assumed as the scenario earthquake to have a magnitude larger than Showa Nankai Earthquake in 1946. Althogh seismic intencities in Cities of Matsuyama and Uwajima were announced to be IV as per JMA scale of that time, any detailed follow-up survey seems to have been done under rebuilding from the devastation due to fierce air assult covering the cities in the ending term of Waorld War II. Similar situation is speculated in other areas in Ehime Prefecture. Thus, we conducted a series of activity of collecting narratives of earthquake experience through group interviews to estimate detailed distribution of seismic intencities in the areas.
  • F-9 地震体験談を活用した地域の世代間連帯防災活動, 森 伸一郎, 久木留 貴裕, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 24, 85, 88, 20090000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009547141, Descriptions and narratives of earthquake experiences have been collected and compiled for research and educational campaign by efforts of many researchers and communities in the past disastrous earthquakes. Mori and Kukidome (2008) have been collecting narratives of experiences of Showa Nankai earthquake in Ehime Prefecture and reported activities related to the narratives. The objectives of this paper are to report examples of utilization of them for educational campaign on disaster preparedness activity of local community with enhancement of sense of community among three generations in Hisayoshi district of Ainan Town, Ehime Prefecture.
  • 既存道路橋杭基礎の耐震性評価チャートの開発と適用, 明石達雄, 須賀幸一, 森伸一郎, 日本道路会議論文集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.40050, 20090000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002219384284730
  • 防災カルテを利用した道路斜面の地震リスク評価法の開発と適用, 森伸一郎, 日本道路会議論文集(CD-ROM), 28th, ROMBUNNO.40053, 20090000, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002218310130298
  • 2008年岩手・宮城内陸地震における斜面災害と地表地震断層の関係, 森伸一郎, 久木留貴裕, 日本地震工学会大会梗概集, 6th, 150, 151, 20081100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297494580033
  • 常時微動測定に基づく軟弱地盤上の道路盛土の地震動増幅モデルの開発, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 冨田雄一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.1-161, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297337247940
  • 道路斜面地震リスク評価における評価要因の寄与度, 堂上祐治, 森伸一郎, 藤本創士, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-104, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292626054679
  • 新潟県中越沖地震で舗装被害の見られた柏崎市中心部のせん断波速度構造, 飯塚晃史, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-031, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291049619711
  • 表面波探査による河川堤防と周辺地盤のせん断波速度構造, 田窪裕一, 神野邦彦, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-444, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279543028076
  • 常時微動測定による桑野川堤防の地震動増幅特性, 神野邦彦, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 西本健一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-005, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265867494745
  • 愛媛県内における2006年6月12日大分県西部地震のアンケート震度調査, 久木留貴裕, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 2, ROMBUNNO.CS07-02, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257965467354
  • 中間土に対するひずみ依存の変形特性モデルの適用性評価, 河田皓介, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-002, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246859260889
  • 道路橋杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性能評価チャートの開発, 森伸一郎, 山崎竜馬, 明石達雄, 森春樹, 冨田雄一, 明石行雄, 須賀幸一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-128, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902242063332629
  • 既設道路橋杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性評価チャートの適用, 須賀幸一, 小倉和壽, 明石達雄, 森春樹, 富田雄一, 明石行雄, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-129, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238169802210
  • 2007年能登半島地震における門前町道下地区の家屋被害と地盤地震応答, 門田慶史, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.1-162, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220324378229
  • 道路橋杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性能評価チャートの概念と前提条件, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 63rd, Disk 1, ROMBUNNO.3-127, 20080813, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220120868049
  • 常時微動測定による砂質地盤上の道路盛土の増幅特性の評価, 神野邦彦, 田窪裕一, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1591, 1592, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282178923347
  • 2007年新潟県中越沖地震における柏崎市中心部の舗装被害のメカニズムの考察, 飯塚晃史, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1727, 1728, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273186670157
  • 既存杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性評価チャートの開発, 森伸一郎, 山崎竜馬, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1621, 1622, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263578831072
  • 2001年芸予地震における被害分析に基づく道路斜面地震リスク評価法の開発, 堂上祐治, 森伸一郎, 藤本創士, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1931, 1932, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263559926062
  • 山岳道路斜面の地震被害評価手法の開発, 藤本創士, 森伸一郎, 堂上祐治, 河野幸一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1929, 1930, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263374431245
  • 2007年能登半島地震による門前町道下地区における集中家屋被害の原因, 門田慶史, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1919, 1920, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261238110858
  • 既存杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性評価チャート:徳島道への適用, 小倉和壽, 須賀幸一, 森伸一郎, 森春樹, 冨田雄一, 明石行雄, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1625, 1626, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260567018761
  • アンケート震度に基づく島根県内の高密度震動特性, 河原荘一郎, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1909, 1910, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259183541353
  • 道路盛土の地震動増幅特性に及ぼす盛土直下地盤の圧密の影響, 西本健一, 神野邦彦, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1595, 1596, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231765097235
  • 土の変形特性モデルの広範囲な粒度に対する適用性評価, 河田皓介, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 431, 432, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231578754818
  • 既存杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性評価チャート:高知道への適用, 須賀幸一, 小倉和壽, 森伸一郎, 森春樹, 冨田雄一, 明石行雄, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1623, 1624, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225276442299
  • 既存杭基礎の地震時地盤変位に対する耐震性評価チャートの概念, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1619, 1620, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220551091890
  • 濃尾平野における地盤の常時微動H/Vスペクトル比の特徴, 久木留貴裕, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1897, 1898, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219513011443
  • 表面波探査による砂質地盤上の道路盛土のせん断波速度構造の評価, 田窪裕一, 神野邦彦, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1593, 1594, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209937775740
  • 現場実測に基づく軟弱地盤上の道路盛土の地震動増幅モデルの開発, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 43rd, 1589, 1590, 20080612, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206371668267
  • Features of H/V Spectral Ratios of Surface Ground in Nobi Plain, Proc. International Conference on Disaster and Development, Kathmandhu, November 23-24, 2008, 295, 304, 20080000
  • Design and Its Verification of a High R/C Smokestack Supported by Long Pile Foundation, Proc. International Conference on Disaster and Development, Kathmandhu, November 23-24, 2008, 240, 257, 20080000
  • Evaluation of Performance of Existing Pile Foundation against Seismic Soil Displacements,, Tokyo Institute of TechnologyProc. 5th International Conference on Urban Earthquake Engineering, 283, 288, 20080000
  • 自宅や地域に対する耐震安全性認識と防災意識の関係, 久木留 貴裕, 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 22, 69, 74, 20080000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091258, Community activities on earthquake disaster prevention depend on people's consciousness and knowledge about potential disaster. Their consciousness is anticipated to be strongly related to understanding of seismic safety with regard to their own houses and community. Then, this relation is studied based on questionnaire surveys for participants in an inter-regional forum including lectures and workshops on earthquake disaster prevention. In particular, a method of evaluation of seismic safety of house is proposed. This paper shows the survey results and demonstrates the efficiency of the proposed method. In addition, some kinds of cognitive bias in the understanding and consciousness are revealed by the analysis of the questionnaire results.
  • 地域間地震防災フォーラムによる地域バイアス認識の試み, 神野 邦彦, 森 伸一郎, 久木留 貴裕, 須賀 幸一, 高柳 朝一, 増田 信, 毛利 泰明, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 22, 85, 88, 20080000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091255, An inter-regional forum for earthquake disaster prevention in between Ainan Town and Sukumo city was held in order to raise public awareness of preparedness for disaster due to Nankai earthquake expected to occur in near future on November 4, 2007. This paper reports the outline of the forum as a case study, shows the achievements in the forum, illustrates the response of the participants, and points out issues remained. A regional bias of community people's consciousness about seismic safety of their own houses is demonstrated through a questionnaire survey.
  • 地域における地震体験談の収集と共有, 森 伸一郎, 久木留 貴裕, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 22, 65, 68, 20080000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007090706, Community activities on earthquake disaster prevention depend on people's consciousness and knowledge about disaster. In addition, the people's conciousness on disaster prevention may depend on the presence and degree of disaster experience of the people in the region. Thus, knowing and hearing earthquake experience narratives leads to relive the experience of someone else in the region and may be efficient for the advancement of the people's conciousness on disaster mitigation in the community. This paper reports the case studies of collecting and sharing the earthquake experience narratives in some regions and discusses the significance of them.
  • 門前町道下地区における常時微動測定による地盤振動特性, 森伸一郎, 久木留貴裕, 門田慶史, 佐伯嘉隆, 日本地震工学会大会梗概集, 5th, 436, 437, 20071100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298233902404
  • 能登半島地震において家屋被害の集中した門前町道下地区における表面波探査, 森伸一郎, 門田慶史, 佐伯嘉隆, 久木留貴裕, 日本地震工学会大会梗概集, 5th, 438, 439, 20071100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298020145669
  • 2007年新潟県中越沖地震よる柏崎市の液状化調査, 森伸一郎, 河田皓介, 飯塚晃史, 日本地震工学会大会梗概集, 5th, 494, 495, 20071100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250520717860
  • 2007年新潟県中越地震における柏崎市中心部の地盤変状と地形の関係, 森伸一郎, 飯塚晃史, 河田皓介, 河野幸一, 日本地震工学会大会梗概集, 5th, 492, 493, 20071100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223043038886
  • 都市内高架橋の振動特性について, 蒲原武志, 高嶋豊, 小山明久, 佐々木保隆, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 62nd, Disk 1, ROMBUNNO.1-094, 20070901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238582190265
  • 都市内に建設された高架橋および周辺地盤の固有振動特性について, 小山明久, 高嶋豊, 佐々木保隆, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 62nd, Disk 1, ROMBUNNO.1-095, 20070901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283839214506
  • 高知道における道路橋杭基礎の地盤変位の影響を考慮した耐震設計検討事例, 須賀幸一, 小倉和壽, 右城猛, 筒井秀樹, 水田勝也, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1347, 1348, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276516439995
  • 異なる拘束圧下にある土層のせん断波速度, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 337, 338, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277328613070
  • 現位置試験と中空ねじり試験による土のせん断剛性評価, 河田皓介, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 311, 312, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279965812241
  • 微動観測から推定した境港地域の表層地盤のS波速度構造, 新井洋, 森伸一郎, 和仁晋哉, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1797, 1798, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280169509071
  • 2001年芸予地震で影響を受けた斜面の常時微動による振動特性, 藤井琢也, 森伸一郎, 河野幸一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1847, 1848, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284754205440
  • 松山市小坂における地盤振動特性と地盤種別の関係, 久木留貴裕, 森伸一郎, 和仁晋哉, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1779, 1780, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285141639788
  • 2004年新潟県中越地震における川口町の強震動の評価と表層地盤増幅特性, 土谷基大, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1803, 1804, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902289785304715
  • 2006年ジョグジャ地震における地震被害と地盤特性の関係, 片山雅夫, 森伸一郎, 岡村未対, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1925, 1926, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200337077111
  • 高知道における道路橋杭基礎の2次元FEM動的相互作用解析, 谷脇一弘, 三宮麻友子, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1699, 1700, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203177550060
  • 2000年鳥取県西部地震における境港地域の地盤応答, 和仁晋哉, 森伸一郎, 新井洋, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1799, 1800, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224239059250
  • 常時微動による高速道路盛土の地震動増幅特性, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 河野幸一, 神野邦彦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1785, 1786, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233629943842
  • 2次元FEM解析による水平成層地盤上の高速道路盛土の地震動増幅特性, 神野邦彦, 西本健一, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1711, 1712, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234470411115
  • 最近の強震動記録を用いたK‐Net地点の非線形増幅特性の評価, 森伸一郎, 垣内健吾, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1771, 1772, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235778061308
  • 地震被害を受けた補修斜面の常時微動測定による振動特性評価, 藤本創士, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1845, 1846, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248857975751
  • 2次元FEM解析による傾斜基盤上の高速道路盛土の地震動増幅特性, 西本健一, 神野邦彦, 森伸一郎, 佐伯嘉隆, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 1713, 1714, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257798079967
  • 表面波探査による高速道路盛土堤体のせん断波速度, 田窪裕一, 神野邦彦, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 河野幸一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 42nd, 37, 38, 20070611, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270849215565
  • Estimation of seismic actions on damaged piles from inertia force and soil displacement, Proc. 4th U.S.-Japan Workshop On Soil-Structure-InteractionTsukuba, Japan, March 28-30, 2007, 1, 8, 20070000
  • 地方自治体のBCPの特徴とその策定推進に関する考察, 丸谷 浩明, 森 伸一郎, 新井 伸夫, 田和 淳一, 天國 邦博, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 21, 95, 100, 20070000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091411, Business Continuity Plan (BCP) of local governments has been widely recognized, but few developed. Therefore, in order to promote development of local government's BCP, authors conducted a questionnaire survey and a group-interview on attitude toward the development with local governments participating in Organization of Kansai Unity (OKU). The results of the survey reveals that only a few governments has made financial and organizational preparation and that many are expecting a variety of BCP's effect from the municipal viewpoint. Finally, authors propose development of system for exchange of know-how and cooperation among the governments, involvement of advisory people and organizations, and support for the leading authorities by the central government.
  • F-2 津波避難訓練時の行動調査事例(F.一般セッション), 九木留 貴裕, 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 20, 63, 66, 20070000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091230, Tsunami evacuation training was carried out at Hisayoshi District in Ainann town, Ehime prefecture. This town has highest risk of tsunami disaster in Ehime Prefecture. A questionnaire survey on the actions and consumed time of residents before and during the training. The questionnaire sheets were distributed to participants of the traing and the participants were asked to record all actions and time consumed for the actions and to fill the sheets.
  • F-3 津波災害後の復興に関する住民の意識調査(F.一般セッション), 森 伸一郎, 九木留 貴裕, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 20, 67, 70, 20070000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091229, A workshop on tsunami evacuation and reconstruction after possible tsunami disaster was held at Hisayoshi district of in Ainann town, Ehime prefecture. The workshop was carried out after a tsunami evacuation training. A questionnaire survey on attitude of residents of the district about reconstruction after possible tsunami disaster prior to the tsunami evacuation training and the workshop. Relocation of district community before/after an earthquake tsunami,which would be an effective measure against devasting tsunami disaster is emphasized.
  • 高松港湾域の上部更新統土の土質特性, 森伸一郎, 河田皓一, 田仲伊一, 下元幸夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.3-323, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284713975575
  • 高知自動車道における軟弱地盤の卓越周期の測定と数値解析, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 和仁晋哉, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.1-266, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268798882427
  • 新潟県中越地震において被災した木沢トンネルの最も可能性の高い被害原因の推定, 土谷基大, 森伸一郎, 神野邦彦, 増田信, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.1-426, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240301550734
  • 高松港湾域の上部更新統土の繰返し変形・強度特性, 森伸一郎, 河田浩介, 下元幸夫, 田仲伊一, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.3-287, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239239446390
  • 道路防災点検の結果を利用した松山周辺の道路斜面の耐震性評価, 藤本創士, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.3-187, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217296292673
  • 土佐市における軟弱地盤の不撹乱土の繰返し変形特性, 河田皓介, 森伸一郎, 松下怜, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.3-288, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216816664998
  • 津波防災地図作成ワークショップにおける津波浸水シミュレーション, 栗山利男, 森伸一郎, 須賀幸一, 神野邦彦, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 61st, Disk 1, ROMBUNNO.2-125, 20060901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206908102192
  • 道路斜面の豪雨に対する点検結果を利用した耐震性評価の可能性, 藤本創士, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 2203, 2204, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291301491154
  • 新潟県中越地震において被災した木沢トンネル周辺地山の地すべり性変状の実態, 増田信, 森伸一郎, 土谷基大, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 1993, 1994, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285544297704
  • 家屋の実地震被害率に違いが見られた境港の表層地盤振動特性, 和仁晋哉, 森伸一郎, 新井洋, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 1999, 2000, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281268267051
  • 高知自動車道における軟弱地盤の南海地震時の応答特性, 神野邦彦, 森伸一郎, 和仁晋哉, 西本健一, 佐伯嘉隆, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 2139, 2140, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218692760260
  • 不撹乱細粒土の繰返し変形特性の拘束圧依存性, 河田皓介, 森伸一郎, 松下怜, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 337, 338, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220937241102
  • 新潟県中越地震において被災した木沢トンネルの周辺地盤被害, 土谷基大, 森伸一郎, 増田信, 神野邦彦, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 1991, 1992, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902242934694045
  • 道路盛土における地震動増幅に関する常時微動測定, 佐伯嘉隆, 森伸一郎, 福村耕平, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 1875, 1876, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259988068921
  • 土の変形特性試験法における多段階拘束圧法の適用性, 松下怜, 森伸一郎, 河田皓介, 地盤工学研究発表会発表講演集, 41st, 335, 336, 20060620, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261667897041
  • 2004年新潟県中越地震における新幹線脱線区間における地盤と高架橋の地震応答推定, 森伸一郎, 和仁晋哉, 構造工学論文集 A, 52, 1, 277, 288, 20060320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244514599449
  • 2004年新潟県中越地震における新幹線脱線区間における地盤と高架橋の地震応答推定, 土木学会構造工学論文集, 52A, 277, 288, 20060000
  • 境港市の埋立地において重度の液状化の起きた地盤の地震応答, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 538, 541, 20060000
  • 2004年新潟県中越地震における木沢トンネルの被害原因の推定, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 1434, 1437, 20060000
  • 不撹乱細粒土の繰返し変形特性の拘束圧依存性, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 442, 445, 20060000
  • 道路斜面の豪雨に対する点検結果を利用した地震リスク評価の可能性, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, 570, 573, 20060000
  • F-1. 愛媛県愛南町における住民による津波防災地図作成ワークショップ(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 神野 邦彦, 森 伸一郎, 須賀 幸一, 高柳 朝一, 増田 信, 毛利 泰明, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 57, 60, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091184, 愛媛地震防災技術研究会(代表:森伸一郎,会員数50名,平成14年9月設立)では,来るべき南海地震を想定した住民の防災意識の向上を図る目的で,津波に着目した住民参加型ワークショップを実施した。本報告では,愛南町久良地区における津波防災地図作成ワークショップの事例を紹介し,その成果や地区住民の感想,今後の課題等を報告する。
  • F-2. 津波防災地図作成ワークショップの運営方法に関する研究(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 須賀 幸一, 弓立 晃, 玉岡 亮一, 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 61, 62, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091183, 愛媛県愛南町久良地区は,南海地震による津波被害が懸念される地域である。従来から避難訓練は実施されているが,防災対策の基本となる津波ハザードマップはまだ作成されていない。そこで「地域住民が自分たちで津波防災地図を作成し,避難場所や避難ルートを考える」ことを目的とした参加型ワークショップを実施した。その概要と効果,今後の課題等について報告する。
  • F-3. 津波防災地図作成ワークショップにおける津波浸水シミュレーションの効果(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 栗山 利男, 森 伸一郎, 須賀 幸一, 神野 邦彦, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 63, 64, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091182, 愛知県愛南町久良地区で実施した住民参加型の津波防災地図作成ワークショップにおいて,対象地域の津波浸水シミュレーション結果の可視化,およびシミュレーション結果に基づく津波浸水ハザードマップを参加住民に提示した。本報告では,愛南町久良地区を対象とした津波浸水シミュレーションについて報告するとともに,ワークショップにおいて対象地域でのシミュレーション結果を参加住民に提示することの効果などについて報告する。
  • F-4. 愛媛県愛南町久良地区の避難経路の耐震安全性(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 増田 信, 高柳 朝一, 森 伸一郎, 須賀 幸一, 神野 邦彦, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 65, 66, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091181, 愛媛地震防災技術研究会(代表:森伸一郎,会員数50名,平成14年9月設立)では,来るべき南海地震による津波を想定した住民参加型ワークショップを愛南町久良地区で実施した。住民が作成した津波防災地図には地震時の避難場所とその避難経路が図示された。本報告では,津波防災地図に示された避難経路の耐震安全性や避難経路としての課題等を報告する。
  • F-5. 津波防災地図作成ワークショップにおける住民のコミュニケーションの分析(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 毛利 泰明, 森 伸一郎, 須賀 幸一, 神野 邦彦, 高柳 朝一, 増田 信, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 67, 70, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091180, 著者らは,来るべき南海地震による津波を想定した住民参加型の津波防災地図作成ワークショップを数回実施してきた。このワークショップで防災地図を作成した際に書かれたタックシールの内容及び最後の成果発表で語られた感想等から参加者間のコミュニケーションで用いられた防災に関する言葉をデータマイニングという手法を応用して分析した結果を報告する。
  • F-6. 津波ハザードマップ作成ワークショップによる地域地震防災活動の推進(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表), 森 伸一郎, 須賀 幸一, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 18, 71, 74, 20060000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091179, 著者らは,来るべき南海地震による津波を想定した住民参加型の津波防災地図作成ワークショップを数回実施してきた。一連のワークショップの概要とそれらを通してわかったことを述べる。災害の経験や災害への畏れが意識にどのように現れているか,ワークショップを通して参加者が学んだことは何か,不参加者と参加者の比較による゜学習効果は何か,などを明らかにする。また,このようなワークショップによる地域防災活動が有効であることを報告する。
  • 不撹乱細粒土の繰返し変形特性の拘束圧依存性, 森伸一郎, 河田皓介, 松下怜, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.0084, 20060000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902228881879525
  • 2004年新潟県中越地震における木沢トンネルの被害原因の推定, 森伸一郎, 土谷基大, 増田信, 神野邦彦, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.0332, 20060000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902237135390056
  • 道路斜面の豪雨に対する点検結果を利用した地震リスク評価の可能性, 森伸一郎, 藤本創士, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.0116, 20060000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243317961970
  • 境港市の埋立地において重度の液状化の起きた地盤の地震応答, 森伸一郎, 和仁晋哉, 日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.0108, 20060000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279916653405
  • 新潟県中越地震における新幹線脱線における一考察, 和仁晋哉, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.1-676, 20050820, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282216065376
  • 地域の地震防災における住民参加型ワークショップの活用, 須賀幸一, 弓立晃, 玉岡亮一, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.1-204, 20050820, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239932709281
  • 減災に向けた津波防災ハザードマップ作成ワークショップの取り組み, 岩本圭吾, 神野邦彦, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.1-205, 20050820, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236390906159
  • 2004年新潟県中越地震における開削トンネル直上の建物と道路の被害, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.1-664, 20050820, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205879860183
  • 新潟県中越地震における木沢トンネルの被害形態と地山挙動の影響, 土谷基大, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 60th, Disk 1, ROMBUNNO.1-665, 20050820, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200832802337
  • 新潟県中越地震における木沢トンネルの被害, 土谷基大, 森伸一郎, 増田信, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2329, 2330, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290660611029
  • 2004年新潟県中越地震における榎トンネルの被害, 神野邦彦, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2325, 2326, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902258412379356
  • 径の異なる供試体に対する繰返し中空ねじり試験, 松下怜, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 461, 462, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256503908804
  • 新潟県中越地震における羽黒トンネルの被害, 森伸一郎, 土谷基大, 増田信, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2323, 2324, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248306565030
  • 2004年新潟県中越地震における羽黒歩道トンネルの被害とその原因, 増田信, 森伸一郎, 土谷基大, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2327, 2328, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236773028279
  • 同じ地盤に立つ建物群の動的相互作用特性, 福村耕平, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2031, 2032, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205752059678
  • 新潟県中越地震における新幹線脱線現場の地盤増幅特性, 和仁晋哉, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 40th, 2331, 2332, 20050615, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223219202920
  • Seismic Actions on Piles due to Oscillation of Liquefying Soil, Proc. International Symposium on Earthquake Engineering Commemorating Tenth Anniversary of the 1995 Kobe Earthquake (ISEE Kobe 2005), #B-3-6, 1-8, 20050000
  • 新潟県中越地震における木沢トンネルの被害とそのメカニズム, 土木学会地震工学論文集, 28, #182, pp.1-10, 20050000
  • 深部地盤構造が表層地盤の液状化挙動に与える影響, 森伸一郎, 日本コンクリート工学協会論文集, JCI-C62, 375, 382, 20040716, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259815195944
  • 多段階拘束圧下での土の繰返し変形特性試験, 岡崎健, 森伸一郎, 松下怜, 地盤工学研究発表会発表講演集, 39th, 431, 432, 20040615, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS39.0.431.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220243044610
  • 種々の拘束圧下での竹内シルトの液状化特性, 松下怜, 森伸一郎, 岡崎健, 地盤工学研究発表会発表講演集, 39th, 353, 354, 20040615, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS39.0.353.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230990353180
  • アレー強震観測記録に対する有効応力解析の適用性, 森伸一郎, 曽我部繁之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 39th, 1963, 1964, 20040615, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS39.0.1963.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239013880675
  • Design and actual performance of a super high R/C smokestack on soft ground, Proceedings of the 3rd UJNR Workshop on Soil-Structure Interaction, March 29-30, 2004, Vallombrosa Center, Menlo Park, CA, USA, CD-ROM, 20040000
  • Observation of Pore Water Behavior in Liquefied Silty Ground, Proceedings of the 3rd International Conference on Continental Earthquakes – Mechanism, Prediction, Emergency Management & Insurance (III ICCE), CD-ROM, 20040000
  • Damage to piles due to oscillation of liquefying ground, Proc. 13th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, Paper No. 1160, pp.1-12, 20040000
  • Limits in the gradation curves of liquefiable soils, Proc. 13th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, Paper No. 1190, 20040000
  • 深部地盤構造が表層地盤の液状化挙動に与える影響, 日本コンクリート工学協会近年の被害地震におけるコンクリート構造物の耐震性能評価に関する研究委員会報告書・論文集, 375, 382, 20040000
  • 3. 2001年芸予地震の経験を踏まえた愛媛県地震被害想定結果の考察(A.被害予測と緊急対応,D.都市施設の防災性向上と社会的支援,口頭発表), 森 伸一郎, 地域安全学会梗概集, 地域安全学会事務局, 地域安全学会梗概集, 14, 9, 12, 20040000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007091090, The puipose of this paper is to show the result of seismic damage evaluation in Ehime Prefecture subject to major influential earthquakes and to discuss it from the viewpoint of the experience of the 2001 Geiyo earthquake. Compared with the estimated loss in Ehime Prefecture in the result of the seismic damage evaluation in Japan by forthcoming Nankai earthquake, big difference is shown between the two and the importance of the fragility curve for wooden houses is illustrated in the overall evaluation on the seismic damage. Furthermore, the interpretation on the result of the seismic damage evaluation and the continuing education of it is encouraged.
  • 液状化による噴砂の粒度組成に基づいた非液状化層の評価法の提案, 沼田淳紀, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 38th, 1989, 1990, 20030606, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS38.0.1989.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208969198675
  • 境港の液状化地点での地震動に及ぼす深い地盤の増幅特性の影響, 土木学会地震工学論文集, 27, #229, pp.1-8, 20030000
  • 芸予地震におけるアンケート調査に基づく液状化認知方法の開発, 土木学会地震工学論文集, 27, #230, pp.1-8, 20030000
  • 噴砂の粒度組成, 沼田 淳紀, 森 伸一郎, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 722, 129, 147, 20021221, 02897806, 10.2208/jscej.2002.722_129, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010460424, 液状化によって生じた噴砂は, その発生原理から液状化した土層の情報を多く保持し, しかも, 採取が容易であるので数多くの試料の分析が可能であり, 採取方法などに注意すれば, 液状化しやすい粒度組成を推定するための大きな手掛かりになると考えられる. このような理由から, 噴砂を数多く収集しその粒度組成について分析を行った. 対象とした噴砂は, 近年発生した13地震の液状化地点より採取されたもので, 合計823試料である. 本論文では, 噴砂の採取地点と粒度組成を示し, 海岸埋立地に代表される若齢な地盤と沖積地盤に代表される地盤で採取された噴砂の違い, 噴砂の粒度組成の特徴および範囲とその工学的意味を明らかにし, 液状化し得る粒度組成の細粒側の下限値を見出した.
  • 噴砂の粒度組成, 沼田淳紀, 森伸一郎, 土木学会論文集, 722, 129, 147, 20021221, 0289-7806, 10.2208/jscej.2002.722_129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157826441206
  • 震度と人的被害発生来の関係―2000年鳥取県西部地震と2001年芸予地震の特徴, 村上ひとみ, 伊藤英二, 森伸一郎, 重松尚久, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 2405, 2410, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184334404345
  • 2001年芸予地震におけるアンケート調査による推定震度の精度とばらつき, 森伸一郎, 掛水真一, 俵司, 村上ひとみ, 河原荘一郎, 向谷光彦, 重松尚久, 山下祐一, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 5, 10, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185380516804
  • 砂質土の繰り返し変形特性の試験方法, 森伸一郎, 岡崎健, 門脇慶典, 御子柴正, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 677, 680, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180935076676
  • 砂の液状化における累積損傷度理論の適用性に関する一実験, 森伸一郎, 門脇慶典, 沢田純男, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 701, 706, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174892868662
  • 松山平野における2001年芸予地震の震度と被害の関係, 森伸一郎, 俵司, 掛水真一, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 469, 474, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168909142636
  • 鳥取県西部地震における島根県内のアンケート震度に及ぼす地形・地盤の影響, 河原荘一郎, 森伸一郎, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 451, 454, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136770412138
  • 芸予地震における大洲液状化アレー観測地点の地盤の非線形挙動, 森伸一郎, 阿部雅弘, 曽我部繁之, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 831, 836, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113769997238
  • 境港での液状化地盤の地震時挙動における液状化の影響分析, 森伸一郎, 曽我部繁之, 阿部雅弘, 日本地震工学シンポジウム論文集, 11th, 825, 830, 20021120, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101152588383
  • 2000年鳥取県西部地震における液状化地盤でのアンケート震度, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, I-868, 20020901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191441495295
  • 2001年芸予地震における広島県内のアンケート震度調査および呉市の被害について, 重松尚久, 森伸一郎, 河村進一, 俵司, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, I-752, 20020901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155368283768
  • 反力分散沓を用いた連続桁橋の非線形動的応答におけるモデル化の違いの影響, 小倉和寿, 森伸一郎, 野上武志, 弓立晃, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 57th, I-422, 20020901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902148553063484
  • 液状化メカニズム・予測法と設計法 : 2. 兵庫県南部地震とそれ以降の地震の液状化被害(その3), 森 伸一郎, 土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering, 地盤工学会, 土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering, 50, 7, 61, 66, 20020701, 00413798, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003976779
  • 液状化メカニズム・予測法と設計法 2 兵庫県南部地震とそれ以降の地震の液状化被害 (その3), 森伸一郎, 土と基礎, 50, 7, 61, 66, 20020701, 0041-3798, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157120957870
  • エネルギー一定則による杭の地震時非線形応答の評価, 森伸一郎, 平田昭博, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 1495, 1496, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.1495.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107084161277
  • 2001年芸予地震におけるアンケート震度の精度, 森伸一郎, 掛水真一, 俵司, 村上ひとみ, 河原荘一郎, 向谷光彦, 重松尚久, 山下裕一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 2153, 2154, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.2153.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122217637023
  • 複数周波数の調和波載荷による液状化特性の解釈, 森伸一郎, 門脇慶典, 沢田純男, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 533, 534, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.533.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133729095801
  • 中空ねじり試験機による砂質土の繰返し変形特性の試験方法, 森伸一郎, 岡崎健, 門脇慶典, 御子柴正, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 551, 552, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.551.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902138320400051
  • 松山平野における地震の揺れと家屋被害の関係, 森伸一郎, 俵司, 掛水真一, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 2149, 2150, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.2149.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902153262426753
  • 2000年鳥取県西部地震における液状化地点の地震時非線形挙動, 森伸一郎, 曽我部繁之, 阿部雅弘, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 1951, 1952, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.1951.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902162651036951
  • 大洲の液状化アレー観測記録に見られる地盤の非線形挙動, 森伸一郎, 阿部雅弘, 曽我部繁之, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 2117, 2118, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.2117.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902175712980008
  • 2001年芸予地震における液状化調査, 森伸一郎, 門脇慶典, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 1957, 1958, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.1957.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182931555521
  • 鳥取県西部地震における島根県内のアンケート震度に及ぼす地形・地盤の影響, 河原荘一郎, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 37th, 2151, 2152, 20020617, 1342-2863, 10.11512/jiban.JGS37.0.2151.0, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197470995505
  • 液状化メカニズム・予測法と設計法 : 2. 兵庫県南部地震とそれ以降の地震の液状化被害(その1), 森 伸一郎, 高橋 嘉樹, 土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering, 地盤工学会, 土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering, 50, 5, 49, 52, 20020501, 00413798, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003969202
  • 液状化メカニズム・予測法と設計法 2 兵庫県南部地震とそれ以降の地震の液状化被害 (その1), 森伸一郎, 高橋嘉樹, 土と基礎, 50, 5, 49, 52, 20020501, 0041-3798, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136843192395
  • 異なる2つ地盤における液状化アレー観測と記録の分析, 西川 純一, 林 宏親, 江川 拓也, 三輪 滋, 池田 隆明, 森 伸一郎, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 703, 327, 343, 20020421, 02897806, 10.2208/jscej.2002.703_327, http://ci.nii.ac.jp/naid/10008220148
  • 異なる2つの地盤における液状化アレー観測と記録の分析, 西川純一, 林宏親, 江川拓也, 三輪滋, 池田隆明, 森伸一郎, 土木学会論文集, 703, 327, 343, 20020421, 0289-7806, 10.2208/jscej.2002.703_327, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194602734456
  • 杭基礎構造物の一斉地震応答解析, 森伸一郎, 三浦房紀, ZHANG F, 岸下崇裕, 岩上憲一, 砂坂善雄, 構造工学論文集 A, 48A, 2, 457, 468, 20020320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182520660855
  • 地盤‐杭基礎構造物系の地震応答に及ぼす系構成要素の非線形性の影響, 森伸一郎, 平田昭博, 構造工学論文集 A, 48A, 2, 469, 478, 20020320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122279732863
  • 噴砂の粒度組成,,No. , pp. , 2002.12., 土木学会論文集, 722/III-61, 129, 147, 20020000
  • 平成芸予地震の概要と土木・建築構造物の被害状況, 森伸一郎, 大賀水田生, 氏家勲, 矢田部龍一, 安全工学研究発表会講演予稿集, 34th, 31, 34, 20011126, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156786338141
  • 液状化地盤における杭の水平地盤反力特性, 森伸一郎, 込山貴士, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 56th, B, 60, 61, 20010901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185548719250
  • 異なる周波数の重合調和波載荷による砂の液状化特性, 森伸一郎, 門脇慶典, 沢田純男, 込山貴士, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 56th, A, 158, 159, 20010901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172968200264
  • 鳥取県西部地震における島根県内のアンケート震度, 河原荘一郎, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 56th, A, 54, 55, 20010901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142209551250
  • 地盤‐杭基礎構造物系の地震応答に及ぼす系構成要素の非線形性の影響, 森伸一郎, 平田昭博, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 56th, B, 98, 99, 20010901, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126700343230
  • 常時微動測定により推定された松山平野の構造と河道との関係, 森伸一郎, 俵司, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2337, 2338, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194402877988
  • 2000年鳥取県西部地震における震源地付近のアンケート震度, 森伸一郎, 円井洋介, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2125, 2126, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186637474136
  • 2000年鳥取県西部地震における境港市の地震応答に関する検討, 森伸一郎, 阿部雅弘, 服部加奈子, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2341, 2342, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112573895554
  • 遠心場において推定された杭の水平地盤反力特性, 森伸一郎, 込山貴士, 木村亮, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 1657, 1658, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114583672769
  • 2000年鳥取県西部地震における境港および米子のアンケート震度, 森伸一郎, 円井洋介, 盛川仁, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2127, 2128, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126203770460
  • 常時微動測定による高知平野の卓越周期分布, 森伸一郎, 森直樹, 俵司, 岡本和泰, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2335, 2336, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902161734082827
  • 2000年鳥取県西部地震における液状化調査と噴砂の粒度特性, 森伸一郎, 門脇慶典, 地盤工学研究発表会発表講演集, 36th, 2153, 2154, 20010508, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182007027659
  • 地盤の非線形地震応答に影響を及ぼす周波数成分に関する検討, 森伸一郎, 阿部雅弘, 西垣好彦, 亀井祐聡, 構造工学論文集 A, 47A, 2, 559, 570, 20010320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902147813080063
  • 常時微動測定による松山平野の三次元地盤構造の推定, 森伸一郎, 俵司, 構造工学論文集 A, 47A, 2, 529, 538, 20010320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180749302593
  • 単杭の水平地盤反力--変位関係の推定, 森 伸一郎, 込山 貴士, 愛媛大学工学部紀要, 愛媛大学工学部, 愛媛大学工学部紀要, 20, 105, 114, 20010200, 02856107, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004431620
  • 常時微動測定による松山平野の三次元地盤構造の推定, 森 伸一郎, 俵 司, 愛媛大学工学部紀要, 愛媛大学工学部, 愛媛大学工学部紀要, 20, 95, 104, 20010200, 02856107, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004431619
  • 常時微動測定による松山平野の三次元地盤構造の推定, 森伸一郎, 俵司, 愛媛大学工学部紀要, 20, 95, 104, 20010200, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109468642119
  • 単杭の水平地盤反力~変位関係の推定, 森伸一郎, 込山貴士, 愛媛大学工学部紀要, 20, 105, 114, 20010200, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185172068792
  • 地盤の非線形地震応答に影響を及ぼす周波数成分に関する検討, 構造工学論文集, 47A, 559, 570, 20010000
  • 常時微動測度による松山平野の三次元地盤構造の推定, 構造工学論文集, 47A, 529, 538, 20010000
  • 中国・四国全域における2001年芸予地震のアンケート震度調査 (日本地震工学会S), 森伸一郎, 村上ひとみ, 河原荘一郎, 向谷光彦, 重松尚久, 山下祐一, 俵司, 第一回日本地震工学研究発表・討論会梗概集 平成13年, 116, 20010000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197295331860
  • 2001年芸予地震における大洲の液状化アレー観測記録 (日本地震工学会S), 森伸一郎, 阿部雅弘, 第一回日本地震工学研究発表・討論会梗概集 平成13年, 117, 20010000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174912628116
  • 複数周波数の調和波載荷による砂の液状化特性 (日本地震工学会S), 森伸一郎, 門脇慶典, 沢田純男, 第一回日本地震工学研究発表・討論会梗概集 平成13年, 50, 20010000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168902532293
  • 杭の地盤反力‐変位関係の推定と推定方法の検証, 森伸一郎, 込山貴士, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 55th, B, 32, 33, 20000831, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174065165171
  • 1999年台湾集集地震における南投市のある高層建物の液状化災害, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 55th, B, 854, 855, 20000831, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902111213742564
  • 杭基礎構造物に対する質点ばね系モデルの提案とその実被害への適用, 森伸一郎, 応用力学論文集, 3, 609, 620, 20000828, 1345-9139, 10.2208/journalam.3.609, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119136046526
  • 杭の水平地盤反力特性の推定におけるひずみ計補正の効果, 森伸一郎, 込山貴士, 地盤工学研究発表会発表講演集, 35th, 1749, 1750, 20000531, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188112017659
  • 1999年台湾集集地震における中寮開閉所の被害分析, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 35th, 247, 248, 20000531, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185027089854
  • 1999年台湾集集大地震における液状化, 沼田淳紀, 森伸一郎, 幸左賢二, 原忠, 地盤工学研究発表会発表講演集, 35th, 2289, 2290, 20000531, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122917417520
  • 松山城城壁の振動特性, 森伸一郎, 俵司, 構造工学論文集 A, 46A, 2, 977, 983, 20000320, 0910-8009, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140264459557
  • 1999年兵庫県南部地震で被災したコンクリート杭に対するAE法破損度調査の適用性, 森 伸一郎, 塩谷 智基, 岩城 圭介, 土木学会論文集, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 644, 644, 135, 147, 20000315, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.2000.644_135, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004542643, 新たに開発したAE法によるコンクリート杭の破損度調査法を, 1995年兵庫県南部地震で被災した構造物基礎杭に適用した. 実施の現場での適用に当たってはAE計測のための導波棒の方式を新たに開発した. 3件の現場において適用し, 開発した手法を掘削観察法や衝撃弾性波法などの他の調査法と比較することなどによりその妥当性や手法の特徴を検討した. その結果, 比較が可能な範囲では本手法の妥当性が確認された. また, 導波棒による間接計測と杭体の直接計測との比較により, 本手法の背景となる現象も観察できた.
  • 常時微動のH/Vスペクトルによる松山平野の基盤構造の推定の試み, 森 伸一郎, 愛媛大学工学部紀要, 愛媛大学工学部, 愛媛大学工学部紀要, 19, 187, 191, 20000200, 02856107, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004431579
  • 常時微動のH/Vスペクトルによる松山平野の基盤構造の推定の試み, 森伸一郎, 愛媛大学工学部紀要, 19, 187, 191, 20000200, 0285-6107, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902141270620790
  • 松山城城壁の振動特性, 構造工学論文集, 46A, 977, 983, 20000000
  • 杭基礎構造物に対する質点ばね系モデルの提案とその実被害への適用, 森 伸一郎, 応用力学論文集, 土木学会, 応用力学論文集, 3, 3, 609, 620, 20000000, 13459139, 10.2208/journalam.3.609, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006445560
  • 液状化で生じた砂脈と噴砂に関する-考察, 沼田 淳紀, 森 伸一郎, 陶野 郁雄, 遠藤 邦彦, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 638, 311, 323, 19991221, 02897806, 10.2208/jscej.1999.638_311, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004446290, 地震によって液状化した地盤の土質特性などを知るために, 液状化で生じた噴砂を採取して分析することがある. しかし, 遺跡で発掘された液状化砂脈の観察により, 砂脈内の粒度組成と液状化層のそれとは異なることが示され, これを根拠に噴砂を分析することの有効性を否定する意見も示されてきた. この相対する見解を検討するために, ここでは, 2つの地震で生じた3つの液状化地点で実施されたトレンチ調査結果を基に, 砂脈内の土の物理的性質, 砂脈形成のメカニズム, 砂脈と噴砂と液状化層の関係の考察を行った. この結果, 砂脈内の土は分級され下方ほど粗くなり, 液状化層や噴砂とは一致しないこと, また, 砂脈内の土に比べ, 噴砂は液状化層の粒度組成に類似することがわかった.
  • 液状化で生じた砂脈と噴砂の一考察, 沼田淳紀, 森伸一郎, 陶野郁雄, 遠藤邦彦, 土木学会論文集, 638, 311, 323, 19991221, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.1999.638_311, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155827569262
  • 1999年コジャエリ地震断層と断層沿いの地盤災害の特徴, 衣笠 善博, 須貝 俊彦, DOGAN Bulent, 堀 宗朗, 森 伸一郎, 須藤 研, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999, 2, 19991109, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004476826
  • 1999年コジャエリ地震断層と断層沿いの地盤災害の特徴, 衣笠善博, 須貝俊彦, DOGAN B, 堀宗朗, 森伸一郎, 須藤研, 日本地震学会秋季大会講演予稿集, 1999, 196, 19991109, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187698427218
  • 常時微動測定による松山平野の基盤構造の推定, 森伸一郎, 武内良方, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 18th, 43, 44, 19991000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902162891934574
  • 低拘束圧における乾燥砂地盤中の杭の水平地盤反力の推定, 森伸一郎, 込山貴士, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 54th, A, 856, 857, 19990801, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106763608845
  • 四国地域におけるK‐NET地震動記録を用いた逆応答波に関する検討, 森伸一郎, 河本規宏, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 54th, B, 260, 261, 19990801, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902148251071895
  • 芸予地震の被害状況の異なる松山市内2地域における地盤振動特性, 森伸一郎, 武内良方, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 54th, B, 278, 279, 19990801, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184455006665
  • 液状化した埋立シルト地盤における杭基礎の被害の進展過程, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 25th, 553, 556, 19990729, 10.11532/proee1997.25.553, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109111591249
  • 杭の水平地盤反力の推定に関する検討, 森伸一郎, 込山貴士, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 25th, 505, 508, 19990729, 10.11532/proee1997.25.505, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116539581392
  • 常時微動のH/Vスペクトルによる松山平野の基盤構造の推定の試み, 森伸一郎, 武内良方, 地盤工学研究発表会発表講演集, 34th, 1909, 1910, 19990618, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103583094240
  • 四国地域におけるK‐NET地震動記録を用いた逆応答波に関する検討, 森伸一郎, 河本規宏, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5th, 30, 31, 19990522, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190634249945
  • 平面ひずみ状態における杭セグメントの水平地盤抵抗の非線形性, 森伸一郎, 押村大司, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5th, 164, 165, 19990522, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902130760974431
  • 杭の水平地盤反力の推定に関する基礎的検討, 森伸一郎, 込山貴士, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5th, 162, 163, 19990522, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126645040274
  • 10地震における液状化噴砂の特徴, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5th, 190, 191, 19990522, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117404012009
  • 常時微動測定による松山平野の地盤振動特性と基盤構造に関する研究, 森伸一郎, 武内良方, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 5th, 68, 69, 19990522, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902111722468919
  • 液状化地盤中の翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動実験, 森 伸一郎, 三輪 滋, 土木学会論文集, 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 612, 612, 67, 83, 19990121, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.1999.612_67, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002526891
  • 液状化地盤中の翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験, 森 伸一郎, 三輪 滋, 土木学会論文集, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集, 1999, 612, 67, 83, 19990000, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.1999.612_67, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003801316, 大規模地震の際に, 液状化した地盤の中でも, 地盤との相対変位に対して安定した水平抵抗を発揮する機能を有することを期待した翼付杭を, 新しい概念の液状化対策杭として考案した. 振動台実験により普通杭と翼付杭のモデルの杭頭振動変位振幅を比較し, その効果を検討した. 乾燥砂または飽和砂から成る地盤に対して実験を行い, 入力加速度, 地盤の密度, 杭頭付加質量をパラメータとして検討した. スペクトル分析と杭の慣性力~変位関係に基づき, 杭頭変位低減メカニズムを明らかにした. どの場合でも約80%に低減する効果があること, 杭の剛性の増加と杭の投影面積の増加に比例する地盤ばね増大効果以上の水平抵抗増大効果があること, これらの効果は杭頭慣性力に対することがわかった.
  • 神戸ポートアイランドにおける地震応答解析と簡易液状化判定, 沼田淳紀, 森伸一郎, GUAN B, 日本地震工学シンポジウム論文集, 10th, 1481, 1486, 19981100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191878688661
  • 液状化アレー観測記録を用いた地盤の地震時挙動の検討, 林宏親, 西川純一, 谷口啓二郎, 池田隆明, 三輪滋, 森伸一郎, 日本地震工学シンポジウム論文集, 10th, 1217, 1222, 19981100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128273031861
  • 地震で被災したコンクリート杭に対するAE法による破損度調査法の開発, 森 伸一郎, 塩谷 智基, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 605, 61, 77, 19981021, 02897806, 10.2208/jscej.1998.605_61, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001950379, 構造物が強い地震動を受けた場合, 上部構造は地震直後に外観の目視により被害調査がなされるのに対して, 基礎構造, 特に杭基礎については, 明らかに杭に被害があるという場合を除いて調査がなされないことが多い. さらに, 地中深部の杭の状況が調査されることは極めて稀である. 杭の耐震安全性評価や杭の耐震設計法の向上のためにも, 杭の被害調査法の開発が望まれている. 著者らは, 地震時に生じた破損部から射出されるAE波を利用した, コンクリート杭の非破壊試験としての破損度調査法を考案した. 本論文では, 方法の原理, 背景, 仮説を述べ, 室内実験で原理を検証し, 大地震による杭被害が推測されている実構造物に本手法を適用し、現場適用性について議論した.
  • 神戸ポートアイランド地盤改良地点における簡易液状化判定, 沼田淳紀, 森伸一郎, 関宝き, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 53rd, A, 286, 287, 19981000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183678249318
  • 液状化側方流動に対する橋脚基礎の補強方法, 森伸一郎, 寺沢正人, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 53rd, B, 616, 617, 19981000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174670762521
  • 地震で被災したコンクリート杭に対するAE法による破損度調査法の開発, 森伸一郎, 塩谷智基, 土木学会論文集, 605, 61, 77, 19981000, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.1998.605_61, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149540947193
  • 1995年兵庫県南部地震における軟弱地盤上のRC超高煙突の非線形挙動, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, GUAN B, 日本建築学会構造系論文集, 512, 67, 74, 19981000, 1340-4202, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105319190358
  • 20283 神戸ポートアイランドにおける地震応答解析, 関 宝〓, 沼田 淳紀, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998, 565, 567, 19980730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004215523
  • 神戸ポートアイランドにおける地震応答解析, GUAN B, 沼田淳紀, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1998, 565, 566, 19980700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184281366551
  • 橋脚基礎の新しい液状化側方流動対策--隣接フ-チング連結工法(スタイファル工法) (特集:耐震補強技術), 森 伸一郎, 建設機械, 日本工業出版, 建設機械, 34, 5, 42, 46, 19980500, 03859878, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001079621
  • まさ土れきの振動台を用いた液状化試験の開発 その2 液状化特性の評価, 沼田淳紀, 森伸一郎, 田口勝夫, 染谷昇, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 885, 886, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110711601289
  • 耐震補強技術 橋脚基礎の新しい液状化側方流動対策 隣接フーチング連結工法(スタイファル工法), 森伸一郎, 建設機械, 34, 5, 42, 46, 19980500, 0385-9878, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902124636874348
  • 杭基礎の地震被害における杭頭部被害形態の考察, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, 4th, 288, 289, 19980500, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902141075946290
  • 液状化した埋立シルト地盤における杭基礎の被害, 森伸一郎, 沼田淳紀, GUAN B, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 815, 816, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157555871315
  • 1997年鹿児島県北西部地震の液状化地点と噴砂の物理特性, 染谷昇, 沼田淳紀, 森伸一郎, 三輪滋, 池田隆明, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 891, 892, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166036513729
  • 液状化アレー観測における盛土形状の影響, 谷口啓二郎, 西川純一, 林宏親, 池田隆明, 三輪滋, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 911, 912, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182699741429
  • 函館港埋立地盤における1993年北海道南西沖地震の際の地震動推定, GUAN B, 森伸一郎, 沼田淳紀, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 817, 818, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188760374718
  • まさ土れきの振動台を用いた液状化試験の開発 その1 試験方法, 田口勝夫, 沼田淳紀, 森伸一郎, 染谷昇, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 883, 884, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192412240713
  • 振動台を用いた応力ひずみ履歴に基づく動的変形特性の測定, 嶋本栄治, 沼田淳紀, 森伸一郎, 田口勝夫, 染谷昇, 地盤工学研究発表会発表講演集, 33rd, 2-1, 887, 888, 19980500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109844309833
  • "1995年兵庫県南部地震におけるまさ土埋立地盤の液状化挙動に関する振動台実験"への討議・回答, 宮島 昌克, 北浦 勝, 近藤 宏樹, 森 伸一郎, 三輪 滋, 沼田 淳紀, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 591, 391, 394, 19980421, 02897806, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001884631
  • 東京層砂層の液状化強度に関する一考察, 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 土木学会論文集, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 589, 589, 141, 154, 19980321, 1882-7187|0289-7806, 10.2208/jscej.1998.589_141, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001883404, 東京都新宿区四谷の江戸城四谷御門外の一連の遺跡調査において, 江戸城外堀の盛土周辺の洪積層である東京層砂層が液状化したことが確認された. この地点の東京層砂層の液状化特性を検討した. まず, 周辺地盤の既往の標準貫入試験結果とN値に基づく推定液状化強度の統計分析を行った. 次に, スウェーデン式サウンディング試験に基づいて東京層砂層の原位置液状化強度を推定した. さらに, 液状化地点の不攪乱試料を用いて液状化試験を行い, この推定の妥当性を検討した. この結果, 東京層砂層の上部付近には液状化強度の低い部分が, それ以深の東京層砂層と比較して相対的に多く存在していることがわかった.
  • 1997年鹿児島県北西部地震における被害調査, 沼田淳紀, 池田隆明, 三輪滋, 森伸一郎, 西原征司, 永井裕規, 長谷部聡, とびしま技報 土木, 48, 148, 149, 19980300, 0386-8796, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184486041540
  • 1997年鹿児島県北西部地震における液状化の特徴とK‐NET川内の地震動増幅特性, 沼田淳紀, 三輪滋, 池田隆明, 森伸一郎, 自然災害科学研究西部地区部会報, 22, 161, 166, 19980300, 0916-3891, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168000801550
  • まさ土埋立地盤の液状化振動台実験, 森伸一郎, 三輪滋, 沼田淳紀, GUAN B, 伊藤寛治, 田口勝夫, 染谷昇, とびしま技報 土木, 48, 150, 151, 19980300, 0386-8796, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109966357332
  • 液状化側方流動対策としての隣接フーチング連結工法, 森伸一郎, 寺沢正人, 林栄司, 垣本弘, 三輪滋, アーバンインフラ・テクノロジー推進会議技術研究発表論文集, 9th, 175, 182, 19980200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156250677210
  • 1995年兵庫県南部地震における軟弱地盤上のRC超高煙突の非線形挙動, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, 関 宝〓, 日本建築学会構造系論文集, 日本建築学会, 日本建築学会構造系論文集, 63, 512, 67, 74, 19980000, 13404202, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004322421, A towering reinforced concrete(R/C) smokestack of 200m in height of an LNG thermal power plant constructed on a reclaimed land in Osaka bay area were strongly excited during the 1995 Hyogoken Nanbu earthquake. 12 sets of earthquake motion records including either this strong motion or weak motions before and after this event are analysed and studied at the standpoint of changes in predominant periods of the ground and the smokestack. For the ground, fundamental frequency during the strong event is lower than those before the event and those after the event are equal to before. Otherwise, for the smokestack, fundamental frequency during the event is much lower than those before the event, but those after the event are lower than before. The ground is reversible, but the smokestack is nonreversible. Nonlinear behavior of the ground and the smokestack are discussed not only on measured data analysis but also on numerical analysis results by a Penzien-type model adopted for the design of this smokestack.
  • 動的問題1 (液状化), 森 伸一郎, 土と基礎, 土質工学会, 土と基礎, 46, 12, 29, 30, 19980000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003971546
  • 東京層砂層の液状化の痕跡調査と一考察, 森 伸一郎, 池田 悦夫, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 582, 247, 263, 19971221, 02897806, 10.2208/jscej.1997.582_247, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001865222, 東京都新宿区四谷の江戸城四谷御門外の一連の遺跡調査において, 江戸城外堀の盛土周辺で地震の痕跡が検出された. 地震の痕跡には, 地割れ, 地滑りのほか, 噴砂脈が認められた. 現地調査, サウンディング, 粒度・比重・重鉱物・珪藻などの土質分析, および周辺の地質調査資料に基づき, 噴砂脈の供給源が更新統 (洪積層) である東京層にあることを確認した. 考古学・地震学・地盤地震工学の観点から, 地震の発生時期を特定した. 液状化しにくいと考えられていた洪積砂層も強地震動の下では液状化しうることを示した. 有史以来の歴史地震で洪積層が液状化したことを確認した初めての例である.
  • 1993年北海道南西沖地震による河成れき層の液状化, 陶野郁雄, 遠藤邦彦, 鈴木正章, 保坂吉則, 中村裕昭, 森伸一郎, 規矩大義, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 16th, 27, 28, 19971000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902115859314892
  • 更新統である東京層砂層を液状化させた地震動の大きさ, 森伸一郎, 池田悦夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 52nd, A, 264, 265, 19970900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179271061767
  • 1993年北海道南西沖地震で液状化したシルト埋立地盤の液状化強度, 沼田淳紀, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 52nd, A, 262, 263, 19970900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149164648449
  • 21181 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 : その3 加速度応答時刻歴に関する考察, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, 沼田 淳紀, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 361, 362, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213060
  • 21180 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 : その2 伝達関数に関する考察, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, 沼田 淳紀, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 359, 360, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213059
  • 21178 超高RC煙突の地震観測による弱〜強震動下の挙動特性 : その3 煙突の固有振動数と非線形性の考察, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, GUAN Baoqi, 山本 昌士, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 355, 356, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213057
  • 21179 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 : その1 地震記録の特徴と煙突の安全性, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, 前川 康雄, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 357, 358, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213058
  • 21177 超高RC煙突の地震観測による弱〜強震動下の挙動特性 : その2 地盤の固有震動数と非線形特性の考察, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, 沼田 淳紀, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 353, 354, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213056
  • 21176 超高RC煙突の地震観測による弱〜強震動下の挙動特性 : その1 分析の方針と最大加速度の伝達特性, 古和田 明, 前田 昇, 森 伸一郎, 池田 隆明, GUAN Baoqi, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1997, 351, 352, 19970730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004213055
  • 超高RC煙突の地震観測による弱~強震動下の挙動特性 その2 地盤の固有振動数と非線形特性の考察, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, 沼田淳紀, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 353, 354, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129402976947
  • 液状化アレー観測記録に対する等価線形法の適用性, 池田隆明, 森伸一郎, 三輪滋, 西川純一, 林宏親, 谷口啓二郎, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 125, 128, 19970700, 10.11532/proee1997.24.125, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131053856577
  • 函館港の軟弱地盤とその近傍地盤における地震動の比較, 関宝き, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 185, 188, 19970700, 10.11532/proee1997.24.185, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902132894657419
  • 超高RC煙突の地震観測による弱~強震動下の挙動特性 その1 分析の方針と最大加速度の伝達特性, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, BAOQI G, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 351, 352, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902137784333431
  • 液状化した更新統である東京層砂層の液状化強度, 沼田淳紀, 森伸一郎, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 457, 460, 19970700, 10.11532/proee1997.24.457, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902157018175116
  • 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 その2 伝達関数に関する考察, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, 沼田淳紀, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 359, 360, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902159075437430
  • 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 その3 加速度応答時刻歴に関する考察, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, 沼田淳紀, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 361, 362, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174787619193
  • 超高RC煙突の兵庫県南部地震に対する設計モデルの検証 その1 地震記録の特徴と煙突の安全性, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, 池田隆明, 前川康雄, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 357, 358, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185055879135
  • 更新統の東京層砂層の液状化事例と地震動強さ, 森伸一郎, 池田悦夫, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 453, 456, 19970700, 10.11532/proee1997.24.453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902195756651410
  • 群杭基礎の相互作用ばねの簡易評価式に関する検討, 三輪滋, 森伸一郎, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 641, 644, 19970700, 10.11532/proee1997.24.641, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198052266005
  • 超高RC煙突の地震観測による弱~強震動下の挙動特性 その3 煙突の固有振動数と非線形性の考察, 古和田明, 前田昇, 森伸一郎, BAOQI G, 山本昌士, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1997, 355, 356, 19970700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109793686912
  • 液状化アレー観測地点における近接道路盛土の影響, 谷口啓二郎, 西川純一, 林宏親, 森伸一郎, 三輪滋, 池田隆明, 土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 24th, 121, 124, 19970700, 10.11532/proee1997.24.121, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103710579313
  • 後志利別川下流域における液状化トレンチ調査で確認した砂脈の粒度特性 φスケールふるい法による検討, 中村裕昭, 似内徹, 陶野郁雄, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 32nd, 2-1, 1167, 1168, 19970500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182574635880
  • 東京層砂層の推定液状化強度に関する統計的性質, 沼田淳紀, 森伸一郎, 地盤工学研究発表会発表講演集, 32nd, 2-1, 1171, 1172, 19970500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173029378146
  • 更新統である東京層砂層の液状化事例, 森伸一郎, 池田悦夫, 地盤工学研究発表会発表講演集, 32nd, 2-1, 1169, 1170, 19970500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163333482710
  • 後志利別川下流域の液状化地点における砂脈のトレンチ観察と粒度特性の検討, 染谷昇, 沼田淳紀, 森伸一郎, 陶野郁雄, 中村裕昭, 地盤工学研究発表会発表講演集, 32nd, 2-1, 1165, 1166, 19970500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152126843522
  • AEを利用したコンクリート杭破損部調査法, 藤井清司, 山本清広, 宇良成泰, 森伸一郎, 塩谷智基, 徳島大学工学部研究報告, 42, 41, 47, 19970300, 0371-5949, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902118941131428
  • 液状化による砂脈の形成とその堆積構造 神戸市における開削調査, 陶野郁雄, 遠藤邦彦, 鈴木正章, 森伸一郎, 規矩大義, 吉田一成, 日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 15th, 25, 26, 19961100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133280472648
  • 1995年兵庫県南部地震におけるまさ土埋立地盤の液状化挙動に関する振動台実験, 森 伸一郎, 三輪 滋, 沼田 淳紀, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 公益社団法人 土木学会, 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE, 549, 231, 248, 19961021, 02897806, 10.2208/jscej.1996.549_231, http://ci.nii.ac.jp/naid/10001807595, 1995年1月17日の兵庫県南部地震においては, 神戸ポートアイランドをはじめ阪神地域の臨海埋立地や人工島では大規模な液状化が発生し, 各種構造物は多大な被害を受けた. これらの地盤は液状化しにくいと考えられてきたまさ土による埋立地盤であった. 著者らは, 臨海埋立地盤の液状化という観点から, まさ土地盤の液状化特性, 鉛直動の影響, 地盤の地震動増幅特性, および, この地震動の耐震設計上の位置づけを明らかにすることを目的として, 液状化により噴出したまさ土を用いて, 模型地盤を振動台で加振するという液状化実験を行った. 実験結果は, 実際の沈下特性や応答特性をおおむね説明できた. また, この実験結果に立脚しこの地震動の耐震設計上の一考察を示した.
  • 1995年兵庫県南部地震におけるまさ土埋立地盤の液状化挙動に関する振動台実験, 森伸一郎, 三輪滋, 沼田淳紀, 土木学会論文集, 549, 231, 248, 19961000, 0289-7806, 10.2208/jscej.1996.549_231, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902108567527635
  • 新しい液状化対策杭の小型振動台実験における振動変位抑制のメカニズム, 三輪滋, 森伸一郎, 笹木弘, 槙島修, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 51st, B, 794, 795, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197386571481
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の二次元標定法の適用, 山本清広, 森伸一郎, 塩谷智基, 藤井清司, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 51st, B, 28, 29, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112972081269
  • 新しい液状化対策杭の小型振動台実験における振動変位抑制効果の定量評価, 森伸一郎, 三輪滋, 槙島修, 笹木弘, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 51st, B, 796, 797, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120658560600
  • コンクリート杭破損部から放射されたAE波形の特徴, 塩谷智基, 森伸一郎, 岩城圭介, 境野典夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 51st, B, 30, 31, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123207657227
  • 新しい液状化対策杭の小型振動台実験での振動変位抑制効果に及ぼす影響要因, 槙島修, 森伸一郎, 三輪滋, 笹木弘, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 51st, B, 792, 793, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136762919509
  • 1995年兵庫県南部地震の液状化地点における掘削調査と砂脈の物理的性質, 沼田淳紀, 森伸一郎, 陶野郁雄, 遠藤邦彦, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 51st, A, 288, 289, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158635185567
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法におけるサスペンション型導波棒の適用, 岩城圭介, 森伸一郎, 塩谷智基, 境野典夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 51st, B, 32, 33, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170496535116
  • 新しい液状化対策杭の振動変位抑制効果を評価する小型振動台実験, 笹木弘, 森伸一郎, 三輪滋, 槙島修, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 51st, B, 790, 791, 19960900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902193175754789
  • 21145 1994年北海道東北沖地震における函館港の軟弱埋立地盤とその近傍の地震動の比較, 関 宝〓, 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 三輪 滋, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1996, 289, 290, 19960730, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004210004
  • 20323 AEを利用したコンクリート杭破損調査法の新しい位置標定法の提案, 森 伸一郎, 山本 清広, 塩谷 智基, 藤井 清司, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 645, 646, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209616
  • 20322 AEを利用したコンクリート杭破損調査法の高層建物基礎への適用と検証, 森 伸一郎, 塩谷 智基, 岩城 圭介, 境野 典夫, 田中 幹夫, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 643, 644, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209615
  • 20321 AEを利用したコンクリート杭破損調査法の短杭構造物への適用, 森 伸一郎, 境野 典夫, 岩城 圭介, 塩谷 智基, 小堀 隆治, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 641, 642, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209614
  • 20320 AEを利用したコンクリート杭破損調査法の中層建物基礎への適用と検証, 森 伸一郎, 岩城 圭介, 塩谷 智基, 境野 典夫, 秋山 映雄, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 639, 640, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209613
  • 20283 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 : その4 : 振動変位抑制効果の定量評価, 森 伸一郎, 三輪 滋, 槙島 修, 笹木 弘, 宇都宮 伸三, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 565, 566, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209576
  • 20282 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 : その3 : 振動変位抑制のメカニズムの検討, 三輪 滋, 森 伸一郎, 笹木 弘, 槙島 修, 宇都宮 伸三, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 563, 564, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209575
  • 20281 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 : その2 : 振動変位抑制効果の影響要因の検討, 槙島 修, 森 伸一郎, 三輪 滋, 笹木 弘, 宇都宮 伸三, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 561, 562, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209574
  • 20280 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 : その1 : 実験概要, 笹木 弘, 森 伸一郎, 三輪 滋, 槙島 修, 宇都宮 伸三, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996, 559, 560, 19960730, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004209573
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の中層建物基礎への適用と検証, 森伸一郎, 岩城圭介, 塩谷智基, 境野典夫, 秋山映雄, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 639, 640, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902127287274698
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の新しい位置標定法の提案, 森伸一郎, 山本清広, 塩谷智基, 藤井清司, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 645, 646, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146877447282
  • 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 その2: 振動変位抑制効果の影響要因の検討, 槙島修, 森伸一郎, 三輪滋, 笹木弘, 宇都宮伸三, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 561, 562, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191344601668
  • 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 その4: 振動変位抑制効果の定量評価, 森伸一郎, 三輪滋, 槙島修, 笹木弘, 宇都宮伸三, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 565, 566, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126830226880
  • 1994年北海道東方沖地震における函館港の軟弱埋立地盤とその近傍の地震動の比較, GUAN B, 森伸一郎, 沼田淳紀, 三輪滋, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1996, 289, 290, 19960700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126693683306
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の高層建物基礎への適用と検証, 森伸一郎, 塩谷智基, 岩城圭介, 境野典夫, 田中幹夫, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 643, 644, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119004613952
  • 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 その3: 振動変位抑制のメカニズムの検討, 三輪滋, 森伸一郎, 笹木弘, 槙島修, 宇都宮伸三, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 563, 564, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106378848053
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の短杭構造物への適用, 森伸一郎, 境野典夫, 岩城圭介, 塩谷智基, 小堀隆治, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 641, 642, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103752840127
  • 液状化対策としての翼付杭の振動変位抑制効果に関する小型振動台実験 その1: 実験概要, 笹木弘, 森伸一郎, 三輪滋, 槙島修, 宇都宮伸三, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1996, 559, 560, 19960700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100125414270
  • 1994年北海道東方沖地震における道東地域の地震動強さ, 三輪滋, 森伸一郎, 沼田淳紀, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-1, 1125, 1126, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191026514535
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の中層建物への適用と検証, 森伸一郎, 岩城圭介, 塩谷智基, 境野典夫, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-2, 1695, 1696, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184727618096
  • 1993年北海道南西沖地震におけるJMA87型強震計観測記録に見られるやや長周期成分の特徴, 森伸一郎, 沼田淳紀, GUAN B, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-1, 1123, 1124, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902164556467905
  • 1994年北海道東方沖地震における液状化, 沼田淳紀, 森伸一郎, 三輪滋, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-1, 1221, 1222, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155650259225
  • 誘発させたAEを利用したコンクリート杭の破損調査法の実建物への適用, 森伸一郎, 塩谷智基, 岩城圭介, 境野典夫, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-2, 1697, 1698, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105810975510
  • AEを利用したコンクリート杭破損調査法の軟弱地盤上の構造物基礎への適用, 森伸一郎, 塩谷智基, 地盤工学研究発表会発表講演集, 31st, 2-2, 1699, 1700, 19960500, 1342-2863, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129905871115
  • コンクリート杭のAE破損調査法におけるAEパラメータの検討, 森伸一郎, 宇良成泰, 塩谷智基, 藤井清司, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 50th, B, 950, 951, 19950900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902151028372205
  • 21130 1994年北海道東方沖地震における釧路西港埋立地盤での地震動記録, 三輪 滋, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1995, 259, 260, 19950720, 13414461, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206874
  • 20562 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 : その3 : 地震動増幅特性, 森 伸一郎, 三輪 滋, 沼田 淳紀, 関 宝〓, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1995, 1123, 1124, 19950720, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206733
  • 20561 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 : その2 : 液状化特性と沈下量, 沼田 淳紀, 森仲 一郎, 三輪 滋, 関 宝〓, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1995, 1121, 1122, 19950720, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206732
  • 20560 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 : その1 : 実験概要, 森仲 一郎, 三輪 滋, 沼田 淳紀, 関 宝〓, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1995, 1119, 1120, 19950720, 13414453, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004206731
  • 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 その3 地震動増幅特性, 森伸一郎, 三輪滋, 沼田淳紀, GUAN B, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1995, 1123, 1124, 19950700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114571488881
  • 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 その1 実験概要, 森伸一郎, 三輪滋, 沼田淳紀, GUAN B, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1995, 1119, 1120, 19950700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152223640490
  • 神戸人工島で噴出したまさ土の振動台による液状化実験 その2 液状化特性と沈下量, 沼田淳紀, 森伸一郎, 三輪滋, GUAN B, 日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 1995, 1121, 1122, 19950700, 1341-4453, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170729264940
  • 1994年北海道東方沖地震における釧路西港埋立地盤での地震動記録, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 1995, 259, 260, 19950700, 1341-4461, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198298066153
  • AEを利用したコンクリート杭の破損調査法, 森伸一郎, 宇良成康, 塩谷智基, 藤井清司, 土質工学研究発表会発表講演集, 30th, 3-2, 1581, 1582, 19950500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128873916662
  • 地盤の地震動増幅特性に及ぼす過剰間隙水圧の影響, 三輪滋, 森伸一郎, 日本地震工学シンポジウム論文集, 9th, Pt 1, 211, 216, 19941200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128695291882
  • 苫小牧市の砂地盤における液状化アレー観測, 西川純一, 小田島大, 森伸一郎, 三輪滋, GUAN B, 日本地震工学シンポジウム論文集, 9th, Pt 1, 655, 660, 19941200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101173524830
  • 函館港の軟弱埋立地盤での地震動増幅特性, 三輪滋, 森伸一郎, 土質工学会シンポジウム発表論文集, Nanjaku Jiban ni okeru Jishindo Zofuk..., 245, 252, 19941000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902199678457763
  • 1993年釧路沖地震で被災した釧路港埋立地盤の地震動増幅特性, 森伸一郎, 三輪滋, GUAN B, 土質工学会シンポジウム発表論文集, Nanjaku Jiban ni okeru Jishindo Zofuk..., 211, 218, 19941000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166352789663
  • 1993年北海道南西沖地震における青森県車力村下牛潟での再々液状化, 三輪滋, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 49th, B, 1440, 1441, 19940900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180836438345
  • 2707 1994年ノースリッジ地震における液状化被害調査, 沼田 淳紀, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 1413, 1414, 19940725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004204109
  • 2706 1993年北海道南西沖地震の本震と余震における江差町水堀地区の再液状化, 三輪 滋, 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 1411, 1412, 19940725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004204108
  • 2705 1993年北海道南西沖地震におけるシルト質浚渫埋立土層の液状化, 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 1409, 1410, 19940725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004204107
  • 2209 地中地震計の埋設方位の誤差が相対変位算定に及ぼす影響, 森 伸一郎, 関 宝〓, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1994, 417, 418, 19940725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004203611
  • 1993年北海道南西沖地震の本震と余震における江差町水堀地区の再液状化, 三輪滋, 森伸一郎, 沼田淳紀, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1994, 1411, 1412, 19940700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165005807574
  • 地中地震計の埋設方位の誤差が相対変位算定に及ぼす影響, 森伸一郎, GUAN B, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1994, 417, 418, 19940700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155637264570
  • 1994年ノースリッジ地震における液状化被害調査, 沼田淳紀, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1994, 1413, 1414, 19940700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902132471949510
  • 1993年北海道南西沖地震におけるシルト質しゅんせつ埋立土層の液状化, 森伸一郎, 沼田淳紀, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1994, 1409, 1410, 19940700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107305303497
  • 1993年北海道南西沖地震における青森県車力村での再液状化(構造系), 三輪 滋, 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 日本建築学会東北支部研究報告集, 一般社団法人日本建築学会, 日本建築学会東北支部研究報告集, 57, 289, 292, 19940618, 13434713, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006886608
  • 1993年北海道南西沖地震における青森県車力村での再液状化, 三輸滋, 森伸一郎, 沼田淳紀, 日本建築学会東北支部研究報告集, 57, 289, 292, 19940600, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902124866441823
  • 函館市の北埠頭埋立地盤における1993年北海道南西沖地震の余震観測, 三輪滋, 森伸一郎, GUAN B, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-2, 1019, 1022, 19940500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107473629438
  • 1993年北海道南西沖地震における液状化地点調査, 森伸一郎, 沼田淳紀, 三輪滋, 柴田登, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-2, 1009, 1012, 19940500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133828620756
  • 1993年北海道南西沖地震における液状化の特徴, 森伸一郎, 沼田淳紀, 三輪滋, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-2, 1005, 0008, 19940500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136020856816
  • 1993年北海道南西沖地震における函館市の臨海埋立地の液状化, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-2, 1015, 1018, 19940500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165913962240
  • 1993北海道南西沖地震で液状化した埋立地盤の地震応答解析, 三輪滋, 森伸一郎, 立花秀夫, GUAN B, 土質工学研究発表会発表講演集, 29th, 3-2, 1013, 1014, 19940500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174673522637
  • 1993年釧路沖地震における液状化アレ-観測, 西川 純一, 小田島 大, 森 伸一郎, 三輪 滋, 土と基礎, 地盤工学会, 土と基礎, 42, 3, p57, 62, 19940300, 00413798, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003967974
  • 1993年釧路沖地震における液状化アレー観測, 西川純一, 小田島大, 森伸一郎, 三輪滋, 土と基礎, 42, 3, 57, 62, 19940300, 0041-3798, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123647381452
  • 函館市臨海埋立地盤における1993年北海道南西沖地震の余震観測, GUAN B, 三輪滋, 森伸一郎, 土質工学会北海道支部技術報告集, 34, 120, 129, 19940200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129400892789
  • 1993年釧路沖地震における液状化発生地点と液状化被害, 森伸一郎, 土質工学会北海道支部技術報告集, 34, 14, 23, 19940200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902135378563911
  • 1993年北海道南西沖地震における液状化調査, 森伸一郎, 沼田淳紀, 三輪滋, 柴田登, 土質工学会北海道支部技術報告集, 34, 64, 73, 19940200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173671446414
  • 1993年北海道南西沖地震で液状化の発生した地盤の地震応答解析, GUAN B, 三輪滋, 森伸一郎, 土質工学会北海道支部技術報告集, 34, 88, 97, 19940200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189402286420
  • 不撹乱粗粒土の動的変形特性と動的強度およびその関係, 沼田淳紀, 森伸一郎, 境野典夫, 土質工学会シンポジウム発表論文集, Jiban oyobi Tsuchi..., 199, 204, 19940100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158744633383
  • 千葉・関宿における1923年関東地震時の液状化による地盤変状, 関真一, 森伸一郎, 立花秀夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 48th, 18, 19, 19930900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190292242820
  • 幅広地下構造物の簡易な耐震計算法の提案, 池田隆明, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 48th, 428, 429, 19930900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902171304078309
  • 1993年2月7日能登半島沖地震における液状化調査, 森伸一郎, 三輪滋, 関真一, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 48th, 32, 33, 19930900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156958584859
  • 1993年2月7日能登半島沖地震における斜面崩壊に関する現地調査, 三輪滋, 森伸一郎, 関真一, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 48th, 30, 31, 19930900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123791515684
  • 大阪層群明石累層の粗粒土層における動的強度の評価方法, 沼田淳紀, 森伸一郎, 境野典夫, 染谷昇, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 48th, 484, 485, 19930900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122627360371
  • 2245 中層S造建築物の地震時の挙動特性, 池田 隆明, 三輪 滋, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1993, 489, 490, 19930725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004198511
  • 2068 設計用入力地震動作成手法に関する研究 : その10 : 建物の動的応答から見た工学的基盤入力地震動の評価, 関 宝〓, 森 伸一郎, 三輪 滋, 寺本 隆幸, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1993, 135, 136, 19930725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004198334
  • 2063 設計用入力地震動作成手法に関する研究 : その5 : 過剰間隙水圧を考慮した表層地盤の非線形増幅特性, 三輪 滋, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1993, 125, 126, 19930725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004198329
  • 2148 地盤の非線形性が高層建築物の地震応答に及ぼす影響 : その5 高層建築物の地震応答に及ぼす液状化の影響評価, 森 伸一郎, 加藤 真人, 関 宝〓, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1993, 295, 296, 19930725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004198414
  • 2067 設計用入力地震動作成手法に関する研究 : (その9)設計用入力地震動による建物の応答特性, 村上 勝英, 寺本 隆幸, 鹿嶋 俊英, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1993, 133, 134, 19930725, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004198333
  • 設計用入力地震動作成手法に関する研究 その10: 建物の動的応答から見た工学的基盤入力地震動の評価, GUAN B, 森伸一郎, 三輪滋, 寺本隆幸, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1993, 135, 136, 19930700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902196559750984
  • 設計用入力地震動作成手法に関する研究 その5: 過剰間隙水圧を考慮した表層地盤の非線形増幅特性, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1993, 125, 126, 19930700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149339299361
  • 中層S造建築物の地震時の挙動特性, 池田隆明, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1993, 489, 490, 19930700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126919208932
  • 設計用入力地震動作成手法に関する研究 (その9) 設計用入力地震動による建物の応答特性, 村上勝英, 寺本隆幸, 鹿嶋俊英, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1993, 133, 134, 19930700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101003321676
  • 地盤の非線形性が高層建築物の地震大答に及ぼす影響 その5 高層建築物の地震応答に及ぼす液状化の影響評価, 森伸一郎, 加藤真人, 関宝き, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1993, 295, 296, 19930700, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100644165180
  • 1993年1月15日釧路沖地震における液状化調査, 森伸一郎, 土質工学研究発表会発表講演集, 28th, 2-1, 1091, 1094, 19930500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101567827219
  • 千葉・関宿における1923年関東地震による液状化跡の掘削調査の方法, 関真一, 森伸一郎, 立花秀夫, 土質工学研究発表会発表講演集, 28th, 2-1, 101, 102, 19930500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123198852089
  • 大阪層群明石累層の粗粒土層の動的変形特性, 境野典夫, 沼田淳紀, 森伸一郎, 染谷昇, 土質工学研究発表会発表講演集, 28th, 2-1, 1007, 1008, 19930500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902144789848010
  • 大正12年関東地震の液状化跡の発掘と現場公開, 森伸一郎, 土と基礎, 41, 5, 57,1(5)-(6), 19930500, 0041-3798, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166581348140
  • ワイルドライフの地震動記録を用いた地盤の増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響の検討, 三輪滋, 森伸一郎, GUAN B, 土質工学研究発表会発表講演集, 28th, 2-1, 1145, 1148, 19930500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902175130399963
  • 大阪層群明石累層の粗粒土層の動的強度とそれにおよぼす物理的性質, 沼田淳紀, 森伸一郎, 境野典夫, 染谷昇, 土質工学研究発表会発表講演集, 28th, 2-1, 1003, 1006, 19930500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184118388122
  • 中層S造建築物の地震観測と地震時の挙動特性, 森伸一郎, 池田隆明, 三輪滋, とびしま技報 建築, 26, 113, 125, 19930300, 0387-5113, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142549287710
  • 8 中層S造建築物の地震観測と地震時の挙動特性(構造), 池田 隆明, 三輪 滋, 森 伸一郎, 研究報告集. 構造系, 一般社団法人日本建築学会, 研究報告集. 構造系, 63, 29, 32, 19930220, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006944510
  • 中層S造建築物の地震観測と地震時の挙動特性, 池田隆明, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会関東支部研究報告集 構造系, 63rd, 29, 32, 19930200, 1343-9308, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182038272872
  • 大正12年関東地震の液状化跡の発掘と現場公開, 森 伸一郎, 土と基礎, 土質工学会, 土と基礎, 41, 5, 19930000, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003967893
  • 地震時液状化の際の杭基礎構造物の動的応答に及ぼす非線形相互作用バネ特性の影響, 森伸一郎, 池田隆明, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 47th, 158, 159, 19920900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902091594050212
  • 非線形一次元解析法による足柄平野での地震動予測 その2 強震動記録に基づく地盤モデルの見直し, 三輪滋, 森伸一郎, 武藤正人, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 47th, 844, 845, 19920900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902089973172070
  • 鎌倉市由比が浜の遺跡における液状化の痕跡の現地調査と液状化履歴砂の時間効果, 関真一, 森伸一郎, 立花秀夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 47th, 292, 293, 19920900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902082617753373
  • 杭基礎構造物の動的相互作用解析法に関する検討 修正Penzienモデルと3次元波動論解との比較, 三輪滋, 清水勝美, 田蔵隆, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 47th, 154, 155, 19920900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902066517531548
  • 非線形一次元解析法による足柄平野での地震動予測 その1 強震動のブラインド予測, 三輪滋, 武藤正人, 森伸一郎, 関宝き, 池田隆明, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 47th, 842, 843, 19920900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902010014516996
  • 2242 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 : その4 : 影響度の判定指標としての液状化抵抗率F_Lについての検討, 三輪 滋, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 483, 484, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193571
  • 2239 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 : その2 地盤の地震時応答評価における非線形全応力解析と非線形有効応力解析, 池田 隆明, 森 伸一郎, 関 真一, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 477, 478, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193568
  • 2238 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 : その1 地盤の地震時応答評価における等価線形解析と非線形全応力解析, 森 伸一郎, 池田 隆明, 関 真一, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 475, 476, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193567
  • 2252 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その6)煙突の振動実験と解析の比較, 金檀 勲, 岩井 道雄, 鈴村 雄三, 森 伸一郎, 山本 昌士, 堀内 晃, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 503, 504, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193581
  • 2251 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その5)基礎の常時微動測定と解析の比較, 堀内 晃, 金檀 勲, 鈴村 雄三, 森 伸一郎, 岩井 道雄, 加藤 真人, 林 雅弘, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 501, 502, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193580
  • 2250 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その4)動的相互作用を考慮した地震応答解析, 寺沢 正人, 森 伸一郎, 堀田 潔, 山川 勝, 木田 隆, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 499, 500, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193579
  • 2249 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その3)動的相互作用を考慮した解析モデル, 森 伸一郎, 寺沢 正人, 三輪 滋, 山川 勝, 木田 隆, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 497, 498, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193578
  • 2248 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その2)煙突外筒部のモデル化, 堀田 潔, 森 伸一郎, 前川 靖雄, 山川 勝, 木田 隆, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 495, 496, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193577
  • 2247 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 : (その1)耐震設計の概要, 木田 隆, 森 伸一郎, 原 悦男, 増渕 孝二, 御厨 孝二, 山川 勝, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 493, 494, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193576
  • 2241 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 : その4 基礎固定モデルによる入力波の検討, 加藤 真人, 森 伸一郎, 山本 昌士, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 481, 482, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193570
  • 2240 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 : その3 基礎固定モデルによる減衰モデルの検討, 山本 昌士, 森 伸一郎, 加藤 真人, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 479, 480, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193569
  • 2155 地中埋設地震計の方位推定, 林 雅弘, 山本 昌士, 中野 裕公, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1992, 309, 310, 19920801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004193484
  • 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 (その2 地盤の地震時応答評価における非線形全応力解析と非線形有効応力解析), 池田隆明, 森伸一郎, 関真一, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 477, 478, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902095228767584
  • 地中埋設地震計の方位推定, 林雅弘, 山本昌士, 中野裕公, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 309, 310, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902094142245406
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その3) 動的相互作用を考慮した解析モデル, 森伸一郎, 寺沢正人, 三輪滋, 山川勝, 木田隆, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 497, 498, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902091123556019
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その5) 基礎の常時微動測定と解析の比較, 堀内晃, 金檀勲, 鈴村雄三, 森伸一郎, 岩井道雄, 加藤真人, 林雅弘, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 501, 502, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902090442863750
  • 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 (その1 地盤の地震時応答評価における等価線形解析と非線形全応力解析), 森伸一郎, 池田隆明, 関真一, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 475, 476, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902090414360115
  • 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 (その4 基礎固定モデルによる入力波の検討), 加藤真人, 森伸一郎, 山本昌士, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 481, 482, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902080066050721
  • 地盤の非線形性が高層建築物の地震時応答に及ぼす影響 (その3 基礎固定モデルによる減衰モデルの検討), 山本昌士, 森伸一郎, 加藤真人, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 479, 480, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902012688354919
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その1) 耐震設計の概要, 木田隆, 森伸一郎, 原悦男, 増淵孝二, 御厨孝二, 山川勝, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 493, 494, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902034226920599
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その6) 煙突の振動実験と解析の比較, 金檀勲, 岩井道雄, 鈴村雄三, 森伸一郎, 山本昌士, 堀内晃, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 503, 504, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902042497816773
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その2) 煙突外筒部のモデル化, 堀田潔, 森伸一郎, 前川靖雄, 山川勝, 木田隆, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 495, 496, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902050531031287
  • 軟弱地盤上の200mRC煙突の耐震設計と動的解析モデルの検証 (その4) 動的相互作用を考慮した地震応答解析, 寺沢正人, 森伸一郎, 堀田潔, 山川勝, 木田隆, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 499, 500, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902055632854200
  • 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 (その4 影響度の判定指標としての液状化抵抗率FLについての検討), 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1992, 483, 484, 19920800, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902067805160623
  • 大阪層群明石累層のれき質土の物理的性質と静的強度特性, 沼田淳紀, 太田直之, 森伸一郎, 境野典夫, 長谷川昌弘, 土質工学研究発表会発表講演集, 27th, 2-1, 263, 266, 19920500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902049721491529
  • 杭基礎構造物と動的応答に及ぼす液状化の影響に関する振動台実験と解析, 森伸一郎, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 27th, 2-1, 1097, 1100, 19920500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902079207711850
  • せん断土槽を用いた振動台実験における緩い飽和砂地盤の応答の再現性, 森伸一郎, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 27th, 2-1, 1139, 1142, 19920500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902099060254735
  • Mindlin‐II解を用いた群杭基礎の相互作用バネの簡易評価式に関する検討, 三輪滋, 森伸一郎, 土質工学研究発表会発表講演集, 27th, 2-1, 1051, 1054, 19920500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902034735001942
  • 大阪層群明石累層のれき質土の不撹乱サンプリング, 森伸一郎, 関真一, 沼田淳紀, 太田直之, 立花秀夫, 土質工学研究発表会発表講演集, 27th, 2-1, 259, 262, 19920500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902012731181454
  • 14 東京湾臨海埋立地における地盤の液状化解析(構造), 森 伸一郎, 池田 隆明, 関 眞一, 松島 健一, 研究報告集. 構造系, 一般社団法人日本建築学会, 研究報告集. 構造系, 62, 53, 56, 19920120, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006944467
  • 13 過剰間隙水圧を考慮した地盤の非線形増幅特性と判定指標としての液状化抵抗率F_Lの検討(構造), 三輪 滋, 森 伸一郎, 研究報告集. 構造系, 一般社団法人日本建築学会, 研究報告集. 構造系, 62, 49, 52, 19920120, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006944466
  • 12 1990年フィリピン・ルソン島地震の液状化発生地点と噴砂の液状化強度に基づく地表面加速度の検討(構造), 三輪 滋, 森 伸一郎, 関 眞一, 戸早 孝幸, 研究報告集. 構造系, 一般社団法人日本建築学会, 研究報告集. 構造系, 62, 45, 48, 19920120, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006944465
  • 過剰間隙水圧を考慮した地盤の非線形増幅特性と判定指標としての液状化抵抗率FLの検討, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会関東支部研究報告集 構造系, 62nd, 49, 52, 19920100, 1343-9308, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902092664089568
  • 東京湾臨海埋立地における地盤の液状化解析, 森伸一郎, 池田隆明, 関真一, 松島健一, 日本建築学会関東支部研究報告集 構造系, 62nd, 53, 56, 19920100, 1343-9308, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902073127284503
  • 1990年フィリピン・ルソン島地震の液状化発生地点と噴砂の液状化強度に基づく地表面加速度の検討, 三輪滋, 森伸一郎, 関真一, 戸早孝幸, 日本建築学会関東支部研究報告集 構造系, 62nd, 45, 48, 19920100, 1343-9308, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902047849901670
  • 1990年フィリピン・ルソン島地震における液状化調査(構造)(関東支部)(1990年度支部研究発表梗概), 三輪 滋, 森 伸一郎, 戸早 孝幸, 関 眞一, 建築雑誌. 建築年報, 一般社団法人日本建築学会, 建築雑誌. 建築年報, 1991, 19910920, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003801788
  • 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 その1: 緩い砂質地盤の最大加速度応答, 三輪滋, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1991, 473, 474, 19910900, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902088127967802
  • 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 その2: 臨海埋立地盤の最大加速度応答, 加藤真人, 森伸一郎, 三輪滋, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1991, 475, 476, 19910900, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902042723354095
  • 埋立地盤における地盤の加速度応答に及ぼす間隙水圧の影響, 三輸滋, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 46th, 1294, 1295, 19910900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902016588300744
  • 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 その3: 基本的な考え方と研究の方向性の提示, 森伸一郎, 三輪滋, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1991, 477, 478, 19910900, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902008246988385
  • 2239 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 : その3 : 基本的な考え方と研究の方向性の提示, 森 伸一郎, 三輪 滋, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1991, 477, 478, 19910801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004189785
  • 2237 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 : その1 : 緩い砂質地盤の最大加速度応答, 三輪 滋, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1991, 473, 474, 19910801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004189783
  • 2238 地盤の地震動増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響 : その2 : 臨海埋立地盤の最大加速度応答, 加藤 真人, 森 伸一郎, 三輪 滋, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1991, 475, 476, 19910801, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004189784
  • 地盤の非線形増幅特性に及ぼす間隙水圧の影響, 森伸一郎, 三輪滋, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 21st, 93, 96, 19910700, 10.2208/proee1957.21.93, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902040307197301
  • 細粒分の多い成田層砂の液状化特性, 森伸一郎, 関真一, 浅野俊太郎, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 21st, 217, 220, 19910700, 10.2208/proee1957.21.217, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902074204931173
  • 緩い飽和砂地盤の地震時過剰間隙水圧の発生・上昇の特性, 森伸一郎, 池田隆明, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 21st, 201, 204, 19910700, 10.2208/proee1957.21.201, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902081945882419
  • 幅広地下構造物の地震時挙動と地震荷重, 森伸一郎, 池田隆明, 松島健一, 立花秀夫, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 21st, 473, 476, 19910700, 10.2208/proee1957.21.473, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902085545624556
  • 液状化により生じた噴砂と沖積層における細粒分含有率と粘土分含有率, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 21st, 213, 216, 19910700, 10.2208/proee1957.21.213, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902091454212875
  • 1990年フィリピン・ルソン島地震における液状化による噴砂の諸特性, 森伸一郎, 関真一, 立花秀夫, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 881, 884, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902016379188287
  • 成田層砂の液状化特性, 森伸一郎, 関真一, 浅野俊太郎, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 837, 840, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902024004770763
  • 緩い飽和砂地盤における過剰間隙水圧の応答に対する実験と解析の比較 その2: せん断応力・せん断ひずみと過剰間隙水圧, 森伸一郎, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 957, 960, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902045450866500
  • 沖積層の細粒分含有率と粘土分含有率, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 865, 868, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902099174502259
  • 緩い飽和砂地盤における過剰間隙水圧の応答に対する実験と解析の比較 その1: 加速度と過剰間隙水圧, 森伸一郎, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 953, 956, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902015736049979
  • 地盤の加速度応答に及ぼす間隙水圧の影響, 森伸一郎, 三輪滋, 土質工学研究発表会発表講演集, 26th, 2-1, 995, 998, 19910600, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902013205539294
  • 地盤‐構造物連成系の液状化解析システムの開発, 森伸一郎, 滝本幸夫, 武藤正人, 戸早孝幸, 池田隆明, とびしま技報 建築, 24, 83, 96, 19910300, 0387-5113, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902062116994949
  • 1990年フィリピン・ルソン島地震被害調査 (その2;液状化による被害), 三輪滋, 戸早孝幸, 森伸一郎, 関真一, とびしま技報 建築, 24, 111, 127, 19910300, 0387-5113, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902049470534266
  • 埋立地の液状化で生じた噴砂の諸特性 (液状化の予測と対策・最近の傾向-2-<特集>), 森 伸一郎, 沼田 淳紀, 境野 典夫, 長谷川 昌弘, 土と基礎, 地盤工学会, 土と基礎, 39, 2, p17, 22, 19910200, 00413798, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003972299
  • 小特集 液状化の予測と対策・最近の傾向 埋立地の液状化で生じた噴砂の諸特性, 森伸一郎, 沼田淳紀, 境野典夫, 長谷川昌弘, 土と基礎, 39, 2, 17, 22, 19910200, 0041-3798, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902072743011778
  • 28 1990年フィリピン・ルソン島地震における液状化調査(構造), 三輪 滋, 戸早 孝幸, 森 伸一郎, 関 眞一, 研究報告集. 構造系, 一般社団法人日本建築学会, 研究報告集. 構造系, 61, 109, 112, 19910120, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006944423
  • 1990年フィリピン・ルソン島地震における液状化調査, 三輪滋, 戸早孝幸, 森伸一郎, 関真一, 日本建築学会関東支部研究報告集 構造系, 61st, 109, 112, 19910100, 1343-9308, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902045744123440
  • 地盤‐構造物連成系に対する有効応力液状化解析の適用性, 森伸一郎, 滝本幸夫, 武藤正人, 戸早孝幸, 池田隆明, 日本地震工学シンポジウム論文集, 8th, Pt 1, 801, 806, 19901200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902059572910373
  • 埋立地の液状化で生じた噴砂に関する研究, 森伸一郎, 沼田淳紀, 日本地震工学シンポジウム論文集, 8th, Pt 1, 903, 908, 19901200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902057833535319
  • 2185 工学的基盤内の地震動特性の一考察 : 仙台高密度観測記録の解析, 戸早 孝幸, 森 伸一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1990, 369, 370, 19900901, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004185586
  • 1989年ロマ・プリエタ地震で生じた噴砂の液状化特性, 沼田淳紀, 森伸一郎, 太田直之, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 45th, 692, 693, 19900900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902086555214972
  • 1989年ロマプリエタ地震における液状化現象について, 柳沢栄司, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 45th, 690, 691, 19900900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902014270230949
  • 1989年7月の伊豆半島東方沖群発地震の被害調査と余震観測, 森伸一郎, 戸早孝幸, 境野典夫, 長谷川昌弘, 太田直之, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 45th, 1016, 1017, 19900900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902021007323319
  • 地盤の振動台実験と液状化解析, 森伸一郎, 滝本幸夫, 武藤正人, 戸早孝幸, 池田隆明, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 45th, 636, 637, 19900900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902042647594588
  • 工学的基盤内の地震動特性の一考察 (仙台高密度観測記録の解析), 戸早孝幸, 森伸一郎, 日本建築学会学術講演梗概集B 構造1, 1990, 369, 370, 19900900, 0915-0129, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902045151683598
  • 液状化地盤における杭基礎構造物の動的相互作用と液状化解析の適用性, 森伸一郎, 滝本幸夫, 戸早孝幸, 武藤正人, 池田隆明, 土質工学会シンポジウム発表論文集, Kozobutsu no Kiso to Jiban tono..., 173, 180, 19900700, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902070275509310
  • 液状化解析の適用性に関する研究 (その3) 地盤の実験と解析, 武藤正人, 滝本幸夫, 森伸一郎, 戸早孝幸, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 25th, 2-1, 995, 998, 19900500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902014862842998
  • 1989年ロマ・プリエタ地震における液状化調査と噴砂の物理的性質, 森伸一郎, 沼田淳紀, 土質工学研究発表会発表講演集, 25th, 2-1, 67, 70, 19900500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902018456536717
  • 液状化解析手法の適用性に関する研究 (その2 要素試験と土質パラメータの設定), 境野典夫, 森伸一郎, 武藤正人, 沼田淳紀, 太田直之, 土質工学研究発表会発表講演集, 25th, 2-1, 991, 994, 19900500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902039242560553
  • 液状化解析の適用性に関する研究 (その1 解析手法と実験手法), 森伸一郎, 滝本幸夫, 武藤正人, 戸早孝幸, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 25th, 2-1, 987, 990, 19900500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902086573689015
  • 液状化解析の適用性に関する研究 (その4) 地盤―構造物連成系の実験と解析, 戸早孝幸, 滝本幸夫, 森伸一郎, 武藤正人, 池田隆明, 土質工学研究発表会発表講演集, 25th, 2-1, 999, 1002, 19900500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902087354916428
  • 飛島式免震構法の開発 (その3) 技術研究所・風洞実験棟の地震応答解析, 宮永英彦, 松島健一, 林雅弘, 森伸一郎, 山本昌士, 加藤真人, とびしま技報 建築, 22, 120, 129, 19900300, 0387-5113, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902039381482400
  • 1987年千葉県東方沖地震で生じた噴砂の液状化特性 I, 長谷川昌弘, 境野典夫, 森伸一郎, 沼田淳紀, 太田直之, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 44th, 588, 589, 19891000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902054930791495
  • 1987年千葉県東方沖地震で生じた噴砂の液状化特性 II, 森伸一郎, 境野典夫, 沼田淳紀, 長谷川昌弘, 太田直之, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 44th, 590, 591, 19891000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902033055360526
  • 2696 細粒分含有率の異なる噴砂の液状化特性, 森 伸一郎, 長谷川 昌弘, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1989, 1391, 1392, 19890901, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004182634
  • せん断土槽による砂地盤の振動台実験, 滝本幸夫, 森伸一郎, 武藤正人, 戸早孝幸, 池田隆明, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 20th, 301, 304, 19890700, 10.2208/proee1957.20.301, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902079856713161
  • 1987年千葉県東方沖地震で生じた噴砂の液状化特性 細粒分含有率の差異の実験的検討, 沼田淳紀, 太田直之, 森伸一郎, 境野典夫, 長谷川昌弘, 滝本幸夫, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 20th, 241, 244, 19890700, 10.2208/proee1957.20.241, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902021802250800
  • 液状化による地盤の永久変位に起因する杭基礎の被害と解析, 森伸一郎, 清水勝美, 鈴木信久, 高木政美, 中村晋, 土木学会地震工学研究発表会講演概要, 20th, 25, 28, 19890700, 10.2208/proee1957.20.25, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902015722155431
  • 1987年千葉県東方沖地震で生じた噴砂のコンシステンシー特性, 森伸一郎, 池田隆明, 滝本幸夫, 長谷川昌弘, 土質工学研究発表会発表講演集, 24th, 2-1, 267, 270, 19890500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902038176151080
  • 1987年千葉県東方沖地震で生じた噴砂の粒子形状の観察, 滝本幸夫, 森伸一郎, 長谷川昌弘, 上野光, 土質工学研究発表会発表講演集, 24th, 2-1, 265, 266, 19890500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902028352119028
  • 1987年12月17日千葉県東方沖地震における液状化による噴砂の粒度特性, 森伸一郎, 滝本幸夫, 長谷川昌弘, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部, 43rd, 458, 459, 19881000, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902025048259132
  • 1987年12月17日千葉県東方沖地震における液状化調査, 森伸一郎, 滝本幸夫, 長谷川昌弘, 土質工学研究発表会発表講演集, 23rd, 2-1, 943, 946, 19880500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902013476683854
  • 軟弱地盤に立つ超高RC煙突の設計 関西電力南港火力発電所ボイラー用集合煙突, 原悦男, 堀田潔, 前川康雄, 森伸一郎, 寺沢正人, とびしま技報 建築, 19, 15, 33, 19880400, 0387-5113, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902077413732888
  • 杭を有する大型ケーソンの有効入力の実測例, 森伸一郎, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 42nd, 828, 829, 19870900, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902044429604426
  • 2237 低層建築物の地震観測記録に見られる入力損失効果, 森 伸一郎, 武井 一夫, 佐藤 真一郎, 谷 浩一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I, 一般社団法人日本建築学会, 学術講演梗概集. B, 構造I, 1987, 473, 474, 19870825, 09150129, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004175999
  • 神奈川県厚木市における沖積層の地震観測, 森伸一郎, 谷浩一郎, 三輪滋, 土質工学研究発表会発表講演集, 22nd, 2-1, 679, 682, 19870500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902048564718577
  • 杭を有する大型ケーソンの地震時挙動, 森伸一郎, 谷浩一郎, 土質工学研究発表会発表講演集, 22nd, 2-1, 849, 852, 19870500, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902077149926822
  • 地震観測と常時微動測定に見られる地盤と地中構造物の相互作用, 森伸一郎, 三輪滋, 武藤正人, 谷浩一郎, 日本地震工学シンポジウム論文集, 7th, 925, 930, 19861200, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902032988010112
  • 常時微動測定による地中構造物の周辺地盤拘束効果の検討, 三輪滋, 森伸一郎, 滝本幸夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 41st, 915, 916, 19861100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902047425542956
  • 地震観測による地中構造物の動的相互作用の検討, 森伸一郎, 増淵孝二, 松島健一, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 41st, 917, 918, 19861100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902098844278790
  • 常時微動測定による円形立坑の周辺地盤拘束効果の検討, 谷浩一郎, 森伸一郎, 武藤正人, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第1部, 41st, 913, 914, 19861100, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902070776111490
  • 地中構造物の常時微動特性の時間的変動, 森伸一郎, 滝本幸夫, 武藤正人, 谷浩一郎, 土質工学研究発表会発表講演集, 21th, 2-1, 789, 792, 19860507, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902093399979501
  • 地すべり抑止ロックアンカー緊張時の現場打コンクリートのりわくの現場計測, 高橋鉄臣, 小野兼美, 藤原雅博, 森伸一郎, 武藤正人, とびしま技報 土木, 35, 56, 67, 19850700, 0386-8796, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902011874276913
  • プレロードと地盤の弾塑性を考慮した山留め解析, 津田政憲, 村上清基, 森伸一郎, とびしま技報 土木, 30, 85, 86, 19830100, 0386-8796, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902063052580734
  • 連続地中壁とアンカーによる大規模山留め壁の挙動, 米田靖, 津田政憲, 小林延房, 森伸一郎, 村上清基, とびしま技報 土木, 29, 145, 148, 19820700, 0386-8796, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902095598686575
  • 連続地中壁とアンカーによる大規模山留め壁の挙動, 米田靖, 津田政憲, 小林延房, 森伸一郎, 村上清基, 土質工学研究発表会発表講演集, 17th, 2-1, 785, 788, 19820430, 0285-7340, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902047891529277
  • 71, 81, 20090000
  • 667, 674, 20090000
  • 295, 304, 20080000
  • 240, 257, 20080000
  • 283, 288, 20080000
  • 1, 8, 20070000
  • #B-3-6, 1-8, 20050000
  • CD-ROM, 20040000
  • CD-ROM, 20040000
  • CD-ROM, Paper No. 1160, pp.1-12, 20040000
  • CD-ROM, Paper No. 1190, 20040000
  • 46A, 977, 983, 20000000
  • 3, 609, 620, 20000000

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.