詳細検索はこちら

三浦 和尚ミウラ カズナオ

所属部署
教育学部 国語教育
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 1974年, 広島大学, 教育学部, 高等学校教員養成課程

所属学協会

  • 全国大学国語教育学会
  • 日本国語教育学会
  • 日本近代文学会
  • 中国四国教育学会
  • 日本教師教育学会

委員歴

  •   2005年, 全国大学国語教育学会, 理事
  •   2000年 - 2002年, 日本国語教育学会, 理事

研究活動情報

研究分野

  • 科学教育
  • 日本文学

研究キーワード

    国語科授業論, 文学の学習指導, 音声言語の学習指導, 教育話法の研究, 無頼文学

MISC

  • 指導法としての教師の話し言葉
    三浦 和尚, 月刊国語教育研究, (526) 28 - 31,   2016年02月
  • 高村光太郎「レモン哀歌」の指導
    三浦 和尚, 愛媛国文研究, (65) 1 - 10,   2015年12月
  • 国語科研究授業「曠原淑女(宮沢賢治)」の検討
    三浦 和尚, 国語科研究紀要, (46) 62 - 68,   2015年11月
  • 大学教員による提案的授業実践の意義
    三浦 和尚, 愛媛大学, 62,   2015年10月
  • 俳句を楽しむ心を育てる
    三浦 和尚, 愛媛国文と教育, (47) 25 - 35,   2015年03月
  • 文学として味わう「古文」
    三浦 和尚, 愛媛国文研究, (64) 1 - 12,   2014年12月
  • 小学生の話し合う力をどう見取るか
    三浦 和尚 他6名, 日本教科教育学会誌, 37, (1) 53 - 62,   2014年06月
  • 豊かな文学世界の教授と言葉の力の獲得
    三浦 和尚, 愛媛国文研究, (63) 1 - 16,   2013年12月
  • 説得力の基盤としての思考力と相手意識
    三浦 和尚, 月刊国語教育研究, (483) 4 - 9,   2012年07月
  • 俳句の創作教育の在り方
    三浦 和尚, 日本語学, 30, (15) 12 - 21,   2011年12月
  • コミュニケーション能力を育てる言語活動の探究
    三浦 和尚, 愛媛大学教育学部紀要, (60) 1 - 9,   2013年10月
  • 国語科教育実習における話法の問題-範読を中心として-
    教育学研究紀要(中国四国教育学会),   1984年
  • 六年制教育課程の実証的研究-古典(中3)のばあい-
    広島大学附属中・高等学校国語科研究紀要,   1987年
  • 短歌・俳句を読もう(中学二年)-教科書の単元にもとづく単元的展開-
    月刊国語教育研究,   1990年
  • 国語科における教育話法の研究-発問のばあい-
    教育学研究紀要(中国四国教育学会), 35,   1990年
  • 「走れメロス」における課題作文-読みの多様な深化をめざして-
    広島大学附属中・高等学校国語科研究紀要,   1990年
  • ニュアンスをとらえさせる語彙指導-井上靖「わな(しろばんば)」をもとに-
    広島大学附属中学校研究紀要,   1991年
  • 高等学校小説指導の単元的実践-「気の弱い男」(遠藤周作)の場合-
    愛媛大学教育学部紀要, 38,   1992年
  • 中学校における文学教材指導上の問題点-太宰治「走れメロス」の場合-
    愛媛大学教育学部紀要, 39,   1992年
  • 国語科における教育話法の研究-助言の場合2-
    教育学研究紀要(中国四国教育学会), 38, (2) 79 - 84,   1993年
  • 国語科における教育話法の研究-描写の場合-
    愛媛大学教育学部紀要 第I部教育科学, 40, (1) 73 - 84,   1993年
  • 国語科における教育語法の研究-朗読にかかわる諸問題-
    教育学研究紀要(中国四国教育学会), 39,   1994年
  • 文学教材学習指導における発問に類型と構成
    愛媛大学教育学部紀要 第I部教育科学, 41,   1994年
  • 「実の場」で育つ今日的な力
    月刊国語教育研究,   1996年
  • 言葉のおもしろさに目を開かせる指導
    月刊国語教育,   1996年
  • 作文の態度面の重視とその指導改善
    月刊国語教育,   1997年
  • 小山清先生の授業論・教師教育実践
    国語科研究紀要,   1998年
  • これからの詩の学習指導
    月刊国語教育, 206,   1998年
  • 「快い言葉体験」を求めて-教育話法の基本問題-
    月刊国語教育研究, 324,   1999年
  • 関く姿勢・態度の育成
    教育科学国語教育, (576) 19 - 22,   1999年
  • 教育実習到達目標段階表の開発と試行
    教科教育学研究, (18) 83 - 102,   2000年
  • 情報収集・活用の目的性
    月刊国語教育研究,   2000年
  • 聞くことの学習の成立
    愛媛大学教育学部紀要, 47,   2000年
  • 説明的文章の学習指導のあり方
    愛媛国文と教育,   2001年
  • 教育実習を核とした教科教育指導プログラムの開発に関する実証的、比較教育学的研究
    平成12年度~平成14年度 科学研究費補助金、基盤研究(C)(1)研究成果報告書,   2003年
  • 中学校文学教材における「第三の書く」
    愛媛大学教育学部国語国文学会愛媛国文と教育,   1996年
  • 学習材としての『坊っちゃん』『吾輩は猫である』
    明治書院日本語学, (2004.7) 16 - 23,   2004年
  • 授業研究のねらいと方法
    東京法令出版月刊国語教育, (266) 24 - 27,   2003年
  • 音声言語の学習活動の組織と支援
    東京法令出版月刊国語教育, (245) 14 - 19,   2001年
  • 文学作品を読む能力の発達に関する研究-<つづき物語>の量的分析を中心として-
    全国大学国語教育学会国語科教育, (49) 57 - 64,   2001年
  • 読むことに関する評価
    生きて働く国語の力を育てる授業の創造, 14,   2000年
  • 教育話法の自覚と研鑽
    東京法令出版月刊国語教育, (234) 18 - 21,   2000年
  • 「聞く」における「技術」と「能力」
    教育科学国語教育, (644) 14 - 46,   2004年
  • 「かかわりあい」を生み出す音声言語活動
    明治図書実践国語研究, (183) 69 - 73,   1998年
  • 高校のコミュニケーション教育-基底としての話し合い学習-
    日本語学, 17, (8) 62 - 69,   1998年
  • 「経験」の見直しを図る
    明治図書「生きる力」を育む国語学習, (6) 88 - 90,   1999年
  • 古典の読みを豊かにする言語活動
    月刊国語教育, (297) 88 - 91,   2005年
  • 読むことの学習指導における文章内容と技能
    広島大学附属中・高等学校国語科研究紀要, (36) 28 - 33,   2005年
  • 小学校教員養成における「教科に関する科目」のカリキュラムフレームワークの開発
      2006年
  • 活動型の学習における評価のあり方
    愛媛大学国語教育研究会国語教育実践研究,   2002年
  • 豊かな教室コミュニケーションの成立
    日本国語教育学会月刊国語教育研究, (365) 28 - 33,   2002年
  • 学習の個別化あるいは段階化の工夫
    明治図書教育科学国語教育, (671) 8 - 10,   2006年
  • 古典学習の入り口設定の多様性
    日本国語教育学会月刊国語教育研究, (416) 4 - 9,   2006年
  • 読むことの学習指導の方法改善に向けて
    明治書院日本語学, 26, (14) 4 - 13,   2007年
  • 学習記録機能の強化と記録の活用
    明治図書『教育科学国語教育』, (695) 8 - 10,   2008年
  • 日・中・韓三国の比較教育学的研究に基づく教科に関する教師教育スタンダードの開発
      2009年
  • 幼・小の接続期におけることばの発達とその指導
    『愛媛大学教育学部紀要』, 56,   2009年
  • 文学(こころ)を教室で読むことの意義
    三浦 和尚, 日本語学, 32, (4) 52 - 61

書籍等出版物

作品

  • 教育実習到達目標段階表の研究
      2000年 - 2000年
  • 不登校及び教育総合相談に係る共同研究
      2004年 - 2006年

受賞

  •   2012年01月, 愛媛出版文化賞選定委員会, 愛媛出版文化賞, 米山日記を読む

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.